基本情報

写真a

島袋 将弥(シマブクロ マサヤ)

Shimabukuro Masaya


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京工業高等専門学校  専攻科 物質工学専攻  2015年03月  卒業

  • 東京医科歯科大学  大学院医歯学総合研究科  修士課程 医歯理工学専攻  2017年03月  卒業

  • 東京医科歯科大学  大学院医歯学総合研究科  博士課程 生命理工学系専攻  2020年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 金属材料学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 金属生体材料学 大学院生
  • 2022年04月
    -
    2023年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 無機生体材料学 助教
  • 2023年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 材料科学研究部門 無機生体材料学分野 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2022年03月
    九州大学 大学院歯学研究院 口腔機能修復学講座 生体材料学分野 特任助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 無機生体材料学分野 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本歯科理工学会

  • 表面技術協会

  • 日本セラミックス協会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 薄膜、表面界面物性

  • 生体材料学

  • 生体医工学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 精密組成制御に基づく抗菌性バイオセラミックスの開発と新機能開拓,2023年07月 - 2025年03月

  • 金属ナノ粒子担持チタニアナノシートを用いた抗菌性ジルコニア歯科補綴装置の開発,2023年04月 - 2026年03月

  • 骨領域感染制御のための光熱抗菌バイオセラミックス創製,2023年04月 - 2025年03月

  • 骨吸収抑制薬関連顎骨壊死治療のための亜鉛修飾炭酸アパタイトハニカム骨補填材の創製,2023年04月 - 2024年03月

  • 口腔内感染制御のためのチタン表面の光機能化,2023年04月 - 2024年03月

  • 医療応用に向けた材料表面修飾とその高機能化,2023年04月 - 2024年03月

  • 骨領域における感染症治療のための革新的医療機器開発,2023年01月 - 2025年01月

  • 骨領域感染症治療を志向した有機-無機ハイブリッドセメントの開発,2022年12月 - 2024年03月

  • 抗菌性を付与した新規デジタル義歯床用3Dプリント光硬化性樹脂の開発,2022年10月 - 2024年03月

  • 医療応用に向けた真鍮メッキの界面解析,2022年05月 - 2023年03月

  • 医療応用に向けた真鍮メッキの界面解析,2022年05月 - 2023年03月

  • 骨髄炎治療のための抗感染性ハニカム骨補填材の創製,2022年03月 - 2023年04月

  • 骨髄炎治療のための抗感染性ハニカム骨補填材の創製,2022年03月 - 2023年04月

  • 硬組織再生と感染予防とを同時達成する生体吸収性人工骨の組成最適化,2021年08月 - 2023年03月

  • 硬組織再生と感染予防とを同時達成する生体吸収性人工骨の組成最適化,2021年08月 - 2023年03月

  • 抗菌元素―生体組織間相互作用に基づいたチタンインプラントの感染制御,2021年04月 - 2025年03月

  • 抗菌元素―生体組織間相互作用に基づいたチタンインプラントの感染制御,2021年04月 - 2025年03月

  • 銅による免疫応答制御に基づいた血管新生誘導・硬組織再生,2021年04月 - 2022年03月

  • 銅による免疫応答制御に基づいた血管新生誘導・硬組織再生,2021年04月 - 2022年03月

  • 抗菌性炭酸アパタイト骨補填材の創製,2020年09月 - 2022年03月

  • 抗菌性炭酸アパタイト骨補填材の創製,2020年09月 - 2022年03月

  • 海外交流補助金,2019年08月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 抗菌元素―生体組織間相互作用に基づいたチタンインプラントの感染制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2024年

  • 骨領域感染制御のための光熱抗菌バイオセラミックス創製

    文部科学省/日本学術振興会

  • 金属ナノ粒子担持チタニアナノシートを用いた抗菌性ジルコニア歯科補綴装置の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 親水性表面の保護と骨誘導能を有する歯科インプラント体表面処理技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Katada H, Inokoshi M, Kamijo S, Liu H, Xu K, Kawashita M, Yokoi T, Shimabukuro M, Minakuchi S. Effects of multiple firings on the translucency, crystalline phase, and mechanical strength of highly translucent zirconia. Dent Mater J. 2023.11;

  2. Ant‐nest type porous scaffold with micro‐struts consisting of carbonate apatite for promoting bone formation and scaffold resorption Journal of biomedical materials research. Part A. 2023.09; ( PubMed, DOI )

  3. Metallic Substrate Influences on the Osteogenic Cell Compatibility and Antibacterial Activity of Silver-Incorporated Porous Oxide Layers Formed by Micro-Arc Oxidation 2023.08; 1 (8): 2288-2294. ( DOI )

  4. Kanae Suzuki, Misato Iwatsu, Takayuki Mokudai, Maiko Furuya, Kotone Yokota, Hiroyasu Kanetaka, Masaya Shimabukuro, Taishi Yokoi, Masakazu Kawashita. Visible-Light-Enhanced Antibacterial Activity of Silver and Copper Co-Doped Titania Formed on Titanium via Chemical and Thermal Treatments Molecules. 2023.01; 28 (2): 650. ( PubMed, DOI )

  5. Yokoi T, Watanabe M, Goto T, Meng S, Sekino T, Shimabukuro M, Kawashita M. Synthesis of Octacalcium Phosphate Containing Glutarate Ions with a High Incorporation Fraction. Materials (Basel, Switzerland). 2022.12; 16 (1): 64. ( PubMed, DOI )

  6. Tan Janice Lay Tin, Shimabukuro Masaya, Kishida Ryo, Ishikawa Kunio. Fabrication and histological evaluation of ant-nest type porous carbonate apatite artificial bone using polyurethane foam as a porogen Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials . 2022.10; 111 (3): 560-567. ( PubMed, DOI )

  7. Yokoi Taishi, Shimabukuro Masaya, Kawashita Masakazu. Octacalcium phosphate with incorporated carboxylate ions: a review Science and Technology of Advanced Materials. 2022.07; 23 (1): 434-445. ( PubMed, DOI )

  8. Koichiro Hayashi, Toshiki Yanagisawa, Masaya Shimabukuro, Ryo Kishida, Kunio Ishikawa. Granular honeycomb scaffolds composed of carbonate apatite for simultaneous intra- and inter-granular osteogenesis and angiogenesis. Materials today. Bio. 2022.03; 14 100247. ( PubMed, DOI )

  9. Shimabukuro M, Hayashi K, Kishida R, Tsuchiya A, Ishikawa K. Surface functionalization with copper endows carbonate apatite honeycomb scaffold with antibacterial, proangiogenic, and pro-osteogenic activities. Biomaterials advances. 2022.03; 135 212751. ( PubMed, DOI )

  10. Elsheikh M, Kishida R, Hayashi K, Tsuchiya A, Shimabukuro M, Ishikawa K. Effects of pore interconnectivity on bone regeneration in carbonate apatite blocks. Regenerative biomaterials. 2022.02; 9 (1): rbac010. ( PubMed, DOI )

  11. Koichiro Hayashi, Akira Tsuchiya, Masaya Shimabukuro, Kunio Ishikawa. Multiscale Porous Scaffolds Constructed of Carbonate Apatite Honeycomb Granules for Bone Regeneration Materials & Design. 2022.02; 14 110468. ( DOI )

  12. Freitas P, Kishida R, Hayashi K, Tsuchiya A, Shimabukuro M, Ishikawa K. Fabrication and histological evaluation of porous carbonate apatite blocks using disodium hydrogen phosphate crystals as a porogen and phosphatization accelerator. Journal of biomedical materials research. Part A. 2022.02; 110 (6): 1278-1290. ( PubMed, DOI )

  13. Masaya Shimabukuro, Koichiro Hayashi, Ryo Kishida, Akira Tsuchiya, Kunio Ishikawa. Effects of carbonate ions in phosphate solution on the fabrication of carbonate apatite through a dissolution–precipitation reaction Ceramics International. 2022.01; 48 (1): 1032-1037. ( DOI )

  14. Hayashi K, Shimabukuro M, Ishikawa K. Antibacterial Honeycomb Scaffolds for Achieving Infection Prevention and Bone Regeneration. ACS applied materials & interfaces. 2022.01; 14 (3): 3762-3772. ( PubMed, DOI )

  15. Shimabukuro M, Hayashi K, Kishida R, Tsuchiya A, Ishikawa K. No-Observed-Effect Level of Silver Phosphate in Carbonate Apatite Artificial Bone on Initial Bone Regeneration. ACS infectious diseases. 2022.01; 8 (1): 159-169. ( PubMed, DOI )

  16. Koichiro Hayashi, Masaya Shimabukuro, Ryo Kishida, Akira Tsuchiya, Kunio Ishikawa. Structurally Optimized Honeycomb Scaffolds with Outstanding Ability for Vertical Bone Augmentation Journal of Advanced Research. 2022.01; 41 101-112. ( DOI )

  17. Koichiro Hayashi, Masaya Shimabukuro, Ryo Kishida, Akira Tsuchiya, Kunio Ishikawa. Honeycomb Scaffolds Capable of Achieving Barrier Membrane-Free Guided Bone Regeneration Materials Advances. 2021.09; 2 (23): 7638-7649. ( DOI )

  18. Tsutsumi Harumi, Tsutsumi Yusuke, Shimabukuro Masaya, Manaka Tomoyo, Chen Peng, Ashida Maki, Ishikawa Kunio, Katayama Hideki, Hanawa Takao. Investigation of the Long-Term Antibacterial Properties of Titanium by Two-Step Micro-Arc Oxidation Treatment Coatings. 2021.07; 11 (7): 798. ( DOI )

  19. Shimabukuro Masaya, Tsutsumi Harumi, Tsutsumi Yusuke, Manaka Tomoyo, Chen Peng, Ashida Maki, Ishikawa Kunio, Katayama Hideki, Hanawa Takao. Enhancement of antibacterial property of titanium by two-step micro arc oxidation treatment Dental Materials Journal. 2021.05; 40 (3): 592-598. ( 医中誌 )

  20. Shimabukuro Masaya, Tsutsumi Harumi, Tsutsumi Yusuke, Manaka Tomoyo, Chen Peng, Ashida Maki, Ishikawa Kunio, Katayama Hideki, Hanawa Takao. Enhancement of antibacterial property of titanium by two-step micro arc oxidation treatment DENTAL MATERIALS JOURNAL. 2021.05; 40 (3): 592-598. ( PubMed, DOI )

  21. Magda Dziaduszewska, Masaya Shimabukuro, Tomasz Seramak, Andrzej Zieliński, Takao Hanawa. Formation and characterization of anodic titanium oxide films containing Ca, P and Si ions on selective-laser melted Ti13Zr13Nb alloy Engineering of Biomaterials. 2021; 24 (163):

  22. Shimabukuro M. Antibacterial Property and Biocompatibility of Silver, Copper, and Zinc in Titanium Dioxide Layers Incorporated by One-Step Micro-Arc Oxidation: A Review. Antibiotics (Basel, Switzerland). 2020.10; 9 (10): 716. ( PubMed, DOI )

  23. Hiji Akari, Hanawa Takao, Shimabukuro Masaya, Chen Peng, Ashida Maki, Ishikawa Kunio. Initial formation kinetics of calcium phosphate on titanium in Hanks' solution characterized using XPS Surface and Interface Analysis. 2020.10; 53 (2): 185-193. ( DOI )

  24. Shimabukuro Masaya, Tsutsumi Yusuke, Nozaki Kosuke, Chen Peng, Yamada Risa, Ashida Maki, Doi Hisashi, Nagai Akiko, Hanawa Takao. Investigation of antibacterial effect of copper introduced titanium surface by electrochemical treatment against facultative anaerobic bacteria Dental Materials Journal. 2020.08; 39 (4): 639-647. ( DOI )

  25. Dziaduszewska Magda, Shimabukuro Masaya, Seramak Tomasz, Zielinski Andrzej, Hanawa Takao. Effects of Micro-Arc Oxidation Process Parameters on Characteristics of Calcium-Phosphate Containing Oxide Layers on the Selective Laser Melted Ti13Zr13Nb Alloy Coatings. 2020.07; 10 (8): 745. ( DOI )

  26. Shimabukuro M, Tsutsumi Y, Nozaki K, Chen P, Yamada R, Ashida M, Doi H, Nagai A, Hanawa T. Investigation of antibacterial effect of copper introduced titanium surface by electrochemical treatment against facultative anaerobic bacteria. Dental materials journal. 2020.07; 39 (4): 639-647. ( PubMed, DOI )

  27. Shimabukuro Masaya, Hiji Akari, Manaka Tomoyo, Nozaki Kosuke, Chen Peng, Ashida Maki, Tsutsumi Yusuke, Nagai Akiko, Hanawa Takao. Time-Transient Effects of Silver and Copper in the Porous Titanium Dioxide Layer on Antibacterial Properties Journal of Functional Biomaterials. 2020.06; 11 (2): 44. ( PubMed, DOI )

  28. Shimabukuro Masaya, Manaka Tomoyo, Tsutsumi Yusuke, Nozaki Kosuke, Chen Peng, Ashida Maki, Nagai Akiko, Hanawa Takao. Corrosion Behavior and Bacterial Viability on Different Surface States of Copper Materials Transactions. 2020; 61 (6): 1143-1148. ( DOI )

  29. Shimabukuro Masaya, Tsutsumi Yusuke, Yamada Risa, Ashida Maki, Chen Peng, Doi Hisashi, Nozaki Kosuke, Nagai Akiko, Hanawa Takao. Investigation of Realizing Both Antibacterial Property and Osteogenic Cell Compatibility on Titanium Surface by Simple Electrochemical Treatment ACS Biomaterials Science & Engineering. 2019.11; 5 (11): 5623-5630. ( PubMed, DOI )

  30. Shimabukuro Masaya, Tsutsumi Yusuke, Nozaki Kosuke, Chen Peng, Yamada Risa, Ashida Maki, Doi Hisashi, Nagai Akiko, Hanawa Takao. Chemical and Biological Roles of Zinc in a Porous Titanium Dioxide Layer Formed by Micro-Arc Oxidation Coatings. 2019.10; 9 (11): ( DOI )

  31. Shimabukuro Masaya, Ito Haruka, Tsutsumi Yusuke, Nozaki Kosuke, Chen Peng, Yamada Risa, Ashida Maki, Nagai Akiko, Hanawa Takao. The Effects of Various Metallic Surfaces on Cellular and Bacterial Adhesion Metals. 2019.10; 9 (11): ( DOI )

  32. DRN Correa, LA Rocha, AR Ribeiro, S Gemini-Piperni, BS Archanjo, CA Achete, J Werckmann, CRM Afonso, M Shimabukuro, H Doi, Y Tsutsumi, T Hanawa. Growth mechanisms of Ca- and P-rich MAO films in Ti-15Zr-xMo alloys for osseointegrative implants Surface and Coatings Technology. 2018.06; 344 373-382. ( DOI )

  33. Masaya Shimabukuro, Yusuke Tsutsumi, Maki Ashida, Peng Chen, Hisashi Doi, Takao Hanawa. Electrochemical Surface Treatment for Controlling the Release of Silver Ion As Antibacterial Agent on Titanium ECS Meeting Abstracts. 2016.09; (53): 4030.

  34. Yusuke Tsutsumi, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Masaya Shimabukuro, Maki Ashida, Peng Chen, Hisashi Doi, Takao Hanawa. Electrochemical Surface Treatment of a β-titanium Alloy to Realize an Antibacterial Property and Bioactivity Metals. 2016.03; 6 (4): ( DOI )

  35. バイオマテリアル研究を振り返って バイオマテリアル-生体材料-. 2023.07; 41 (3): 249.

  36. 島袋 将弥, 横井 太史, 川下 将一. 骨・関節感染症治療のための抗菌性バイオマテリアル 細胞. 2022.09; 54 (10): 583-585. ( 医中誌 )

  37. 島袋 将弥, 横井 太史, 川下 将一. 骨・関節感染症治療のための抗菌性バイオマテリアル 月刊細胞. 2022.09; 54 (10): 49(583)-51(585).

  38. Yusuke TSUTSUMI, Masaya SHIMABUKURO, Harumi TSUTSUMI, Takao HANAWA. Development of Novel Implant Material Surface with Controllable Antibacterial Properties Denki Kagaku. 2021.12; 89 (4): 346-352. ( DOI )

  39. 島袋将弥, 真中智世, 堤祐介, 野崎浩佑, 陳鵬, 蘆田茉希, 永井亜希子, 塙隆夫. 表面化学状態の異なる銅の腐食挙動と抗菌効果 材料と環境. 2021; 70 (8): 265-270. ( DOI )

  40. 島袋 将弥, 林 幸壱朗, 石川 邦夫. 擬似体液中における抗菌性ポーラスチタン酸化物の劣化挙動 日本歯科理工学会誌. 2020.12; 39 (Special Issue76): 37. ( 医中誌 )

  41. 島袋将弥. 毒性学の父にならって まてりあ. 2018.04; 58 (4): 218.

  42. 島袋将弥. Biomaterials International 2017 バイオマテリアル-生体材料-. 2018.01; 36 (1): 80.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Innovative Bioceramics in Translational Medicine I. Springer Series in Biomaterials Science and Engineering, 2022.01 Chapter 6 Surface Functionalization of Titanium for the Control and Treatment of Infections

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. PREPARATION OF BIOACTIVE TITANIUM WITH VISIBLE LIGHT- ENHANCED ANTIBACTERIAL ACTIVITY BY HYDROGEN PEROXIDE, COPPER ACETATE, AND HEAT TREATMENTS. 2023.08.01

  2. ANTIBACTERIAL CARBONATE APATITE ARTIFICIAL BONE FOR BONE REGENERATION AND INFECTION PREVENTION. 2023.07.31

  3. Masaya Shimabukuro, Koichiro Hayashi, Taishi Yokoi, Masakazu Kawashita, Kunio Ishikawa. Surface Functionalization of Honeycomb Scaffolds Consisting of Carbonate Apatite for Bone Regeneration and Infection Prevention. Visual-JW 2022 & DEJI2MA-2 2022.10.25

  4. 黒山 かれん, 依田 哲也, 黒山 かれん, 藤川 竜一, 島袋 将弥, 川下 将一, 横井 太史, 後藤 知代, 関野 徹, 中村 郁哉, 木村 廣美[須田], 長谷川 智香. 有機修飾リン酸八カルシウムを用いた特異な機械的性質を発現するリン酸カルシウム系複合材料の創製. 北海道外科雑誌 2023.06.01

  5. 島袋 将弥, 川下 将一, 海瀬 晃, 細田 秀樹. 電気メッキによるチタン表面の抗菌機能化. 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2023.04.01

  6. 島袋将弥, 川下将一, 石川邦夫. 骨再生・感染予防のための抗菌性炭酸アパタイト骨補填材の開発. DEJl2MA 第 1 回公開討論会 2023.03.11

  7. 島袋将弥, 川下将一, 海瀬晃, 細田秀樹. 電気メッキによるチタン表面の抗菌機能化. 令和4年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2023.03.03

  8. 横井 太史, 島袋 将弥, 川下 将一. ジスルフィド結合を有するジカルボン酸を導入したリン酸八カルシウムの合成. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2022.11.01

  9. 宋 博丞, 横井 太史, 島袋 将弥, 川下 将一. 化学・熱処理によるチタン表面への可視光応答型抗菌性銅ドープ酸化チタンの形成. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2022.11.01

  10. 岸田 良, 林 幸壱朗, 土谷 享, 島袋 将弥, 石川 邦夫. 炭酸アパタイトセメントの創製およびin vivo骨伝導性評価. 日本歯科理工学会誌 2022.05.01

  11. 島袋将弥, 塙隆夫, 石川邦夫. 骨再生における炭酸アパタイト骨補填材中のリン酸銀の無毒性量. 日本金属学会 2022年春期 第170回講演大会 2022.03.16

  12. 島袋 将弥, 林 幸壱朗, 石川 邦夫. 擬似体液中における抗菌性ポーラスチタン酸化物の劣化挙動. 日本歯科理工学会誌 2020.12.01

  13. 島袋 将弥, 堤 祐介, 野崎 浩佑, 陳 鵬, 蘆田 茉希, 塙 隆夫. ポーラスチタン酸化物に導入した銀、銅、亜鉛の化学的状態の経時変化が抗菌効果・骨形成に及ぼす影響. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2019.11.01

  14. 島袋 将弥, 堤 祐介, 野崎 浩佑, 蘆田 茉希, 塙 隆夫. 抗菌性金属と細菌との相互作用 表面分析による検討. 日本歯科理工学会誌 2019.09.01

  15. 島袋 将弥, 堤 祐介, 野崎 浩佑, 蘆田 茉希, 土居 壽, 塙 隆夫. 亜鉛含有ポーラス酸化物の抗菌メカニズムの解明と骨芽細胞に及ぼす影響の評価. 日本歯科理工学会誌 2019.04.01

  16. 島袋 将弥, 堤 祐介, 山田 理沙, 蘆田 茉希, 陳 鵬, 土居 壽, 野崎 浩佑, 塙 隆夫. 電気化学処理による抗菌性と硬組織適合性を両立したチタン表面の創製. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2018.11.01

  17. 堤 祐介, 島袋 将弥, 陳 鵬, 蘆田 茉希, 土居 壽, 塙 隆夫. 骨形成促進と抗菌性とを両立する金属性インプラントデバイス表面の創成に関する基礎的研究(その2). 日本骨形態計測学会雑誌 2018.05.01

  18. 島袋 将弥, 堤 祐介, 山田 理沙, 野崎 浩佑, 蘆田 茉希, 土居 壽, 永井 亜希子, 塙 隆夫. 電気化学的処理によって銀を導入したチタン表面のin vitro硬組織適合性評価. 日本歯科理工学会誌 2018.03.01

  19. 島袋 将弥, 堤 祐介, 山田 理沙, 野崎 浩介, 蘆田 茉希, 陳 鵬, 土居 寿, 永井 亜希子, 塙 隆夫. マイクロアーク酸化によってチタン表面に導入した銀、銅、亜鉛、ガリウムの抗菌効果. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2017.11.01

  20. 島袋 将弥, 堤 祐介, 山田 理沙, 野崎 浩佑, 蘆田 茉希, 土居 壽, 永井 亜希子, 塙 隆夫. 電気化学的処理によって亜鉛またはガリウムを導入したチタン表面の抗菌性評価. 日本歯科理工学会誌 2017.09.01

  21. 堤 祐介, 島袋 将弥, 蘆田 茉希, 陳 鵬, 土居 壽, 塙 隆夫. 骨形成促進と抗菌性とを両立する金属製インプラントデバイス表面の創成に関する基礎的研究. 日本骨形態計測学会雑誌 2017.05.01

  22. 島袋 将弥, 堤 祐介, 山田 理沙, 野崎 浩佑, 蘆田 茉希, 陳 鵬, 土居 壽, 永井 亜希子, 塙 隆夫. 電気化学的処理によって表面に銅を導入したチタンの抗菌性評価. 日本歯科理工学会誌 2017.03.01

  23. Karen Kuroyama, Ryuichi Fujikawa, Tomoyo Goto, Tohru Sekino, Tetsuya Yoda, Masaya Shimabukuro, Masakazu Kawashita, Taishi Yokoi. Development of composites materials with unique mechanical properties made from organically modified octacalcium phosphate. The 20th Asian BioCeramics Symposium (ABC2022) 2022.12.01

  24. Masakazu Kawashita, Po-Cheng Sung, Masaya Shimabukuro, Taishi Yokoi, Takayuki Mokudai. Preparation of copper-doped titanium with apatite-forming ability and visible-light enhanced antibacterial activity. The 20th Asian BioCeramics Symposium (ABC2022) 2022.12.01

  25. Taishi Yokoi, Tomoyo Goto, Tohru Sekino, Tomoka Hasegawa, Masaya Shimabukuro, Masakazu Kawashita. Octacalcium Phosphate with Incorporated Aromatic Carboxylate Ions: A Biofriendly Imaging Prove. The 20th Asian BioCeramics Symposium (ABC2022) 2022.12.01

  26. 宋博丞, 横井太史, 島袋将弥, 川下将一. 化学・熱処理によるチタン表面への可視光応答型抗菌性銅ドープ酸化チタンの形成. 第44回日本バイオマテリアル学会大会 2022.11.01

  27. P-C.Sung, T.Yokoi, M.Shimabukuro, M.Kawashita. isible-light-enhanced Antibacterial and Bioactive Titanium Surface Prepared by H2O2 Heat Treatment and Copper Doping. The 2nd International Symposium on Design & Engineering by Joint Inverse Innovation for Materials Architecture 2022.10.01

  28. 工藤紘士, 小川智之, 横井太史, 島袋将弥, 川下将一. 液相析出法によるスライドガラス基板上への窒化鉄膜の形成. 日本セラミックス協会 第35回秋期シンポジウム 2022.09.01

  29. 島袋将弥, 塙隆夫, 横井太史, 川下将一. 銀イオン含有電解浴中でのマイクロアーク酸化によるチタン表面上での多孔質酸化物層の形成. 日本セラミックス協会 第35回秋期シンポジウム 2022.09.01

  30. Masaya Shimabukuro, Takao Hanawa, Masakazu Kawashita. Antibacterial and Pro-osteogenic Porous Titanium dioxide Layer Formed by Micro-arc Oxidation in the Electrolyte with Silver ion. Interface Summer Seminar 2022 The 17th International Workshop on Biomaterials in Interface Science 2022.08.01

  31. 島袋将弥, 林幸壱朗, 石川邦夫. 擬似体液中における抗菌性ポーラス酸化物の劣化挙動. 2020年度日本歯科理工学会九州地方会秋期セミナー 2020.11.01

  32. 樋地あかり, 島袋将弥, 陳 鵬, 蘆田茉希, 塙隆夫. チタン表面におけるリン酸カルシウム形成機構の解明. 第2回日本金属学会 第7分野講演会 2019.12.01

  33. Comparison of antibacterial property of Ag, Cu, Zn and Ga incorporated to Ti surface. 2019.11.01

  34. Masaya Shimabukuro, Yusuke Tsutsumi, Maki Ashida, Peng Chen, Takao Hanawa. Optimization of Ag concentration on Ti surface for realizing dual function. International Symposium on Creation of Life Innovation Materials for Interdisciplinary and International Researcher Development Satellite (ICMaSS2018) 2019.11.01

  35. 島袋将弥, 堤祐介, 野崎浩佑, 陳 鵬, 蘆田茉希, 塙隆夫. ポーラスチタン酸化物に導入した銀、銅、亜鉛の化学的状態の経時変化が抗菌効果・骨形成に及ぼす影響. 第41回日本バイオマテリアル学会 2019.11.01

  36. 樋地あかり, 島袋将弥, 陳鵬, 蘆田茉希, 塙隆夫. Ti表面でのリン酸カルシウム初期形成過程の速度論的解析. 日本金属学会2019年秋期 (第165回) 講演大会 2019.10.01

  37. 島袋将弥, 堤祐介, 野崎浩佑, 陳鵬, 蘆田茉希, 土居壽, 塙隆夫. 気化学的処理によるチタン表面への抗菌性付与. 第66回材料と環境討論会 2019.10.01

  38. 島袋将弥, 堤祐介, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 土居壽, 塙隆夫. 抗菌性金属と細菌との相互作用 –表面分析による検討-. 第74回日本歯科理工学会学術講演会 2019.10.01

  39. Masaya Shimabukuro, Yusuke Tsutsumi, Kosuke Nozaki, Peng Chen, Hisashi Doi, Takao Hanawa. Antibacterial property of Ag, Cu, Zn, and Ga incorporated to Ti surface by micro-arc oxidation treatment. 30th Annual conference of the European society for biomaterials (ESB 2019) 2019.09.01

  40. 島袋将弥, 堤祐介, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 土居壽, 塙隆夫. 亜鉛含有ポーラス酸化物の抗菌メカニズムの解明と骨芽細胞に及ぼす影響の評価. 第73回日本歯科理工学会学術講演会 2019.03.01

  41. 島袋将弥, 堤祐介, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 塙隆夫. 抗菌性ポーラス酸化物の骨芽細胞に及ぼす影響とその評価. 日本金属学会2019年春期 (第164回) 講演大会 2019.03.01

  42. 島袋将弥, 堤祐介, 野崎浩佑, 陳 鵬, 蘆田茉希, 塙隆夫. 各種純金属表面における細胞と細菌の接着挙動. 第2回日本金属学会 第7分野講演会 2019.02.01

  43. Shimabukuro M, Hanawa T. Dual functionalization of titanium surface with micro-arc oxidation. The 5th Joint Symposium between IBB/TMDU and Chulalongkorn University on "Biomedical Materials and Engineering" 2019.01.01

  44. 島袋将弥, 堤祐介, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 塙隆夫. 抗菌性‐骨伝導性 デュアルファンクション表面の創製. 第27回インテリジェント・ナノ材料システム研究会 2019.01.01

  45. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 野崎浩佑, 塙隆夫. 電気化学処理による抗菌性と硬組織適合性を両立したチタン表面の創製. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.01

  46. 島袋将弥, 堤祐介, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 塙隆夫. 電気化学的処理によるTi表面へのCuの導入とその生体機能性評価. 第1回日本金属学会 第4分野講演会 2018.10.01

  47. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. Cuの抗菌性とその表面特性および界面反応との相関の検討. 日本金属学会 2018年秋期(第163回)講演大会 2018.09.01

  48. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. 電気化学的処理によって表面に銀を導入したチタンのIn vitro硬組織適合性評価. 日本歯科理工学会 平成30年度春期第71回学術講演会 2018.04.01

  49. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. MAO処理によりチタン表面に導入した抗菌元素の状態分析とその抗菌作用. 日本金属学会 2018年春期(第162回)講演大会 2018.03.01

  50. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. 細菌感染リスクフリーのインプラントデバイス創出に向けた新規表面処理法の開発. 表面技術協会 第137回講演大会 2018.03.01

  51. 島袋将弥. 長期間に渡って抗菌性を維持するチタン表面の創出. 第16回iBB Biofuture Research Encouragement Prize 研究発表会 2018.02.01

  52. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. 長期間抗菌性を持続するインプラントデバイス表面の創出. 第27回インテリジェント材料・システムシンポジウム 2018.01.01

  53. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. マイクロアーク酸化によってチタン表面に導入した銀、銅、亜鉛、ガリウムの抗菌効果. 第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017.11.01

  54. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. 電気化学的処理によって亜鉛またはガリウムを導入したチタン表面の抗菌性評価. 日本歯科理工学会 第70回秋期学術講演会 2017.10.01

  55. Masaya Shimabukuro, Yusuke Tsutsumi, Risa Yamada, Kosuke Nozaki, Maki Ashida, Peng Chen, Hisashi Doi, Akiko Nagai, Takao Hanawa. Electrochemical treatment on titanium surface to realize antibacterial property. Biomaterial international 2017 (BMI2017) 2017.08.01

  56. 島袋将弥. 電気化学的処理によるチタンへの抗菌性付与に関する研究. 日本歯科理工学会 関東地方会 夏季セミナー 2017.08.01

  57. 堤祐介, 島袋将弥, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 塙隆夫. 骨形成促進と抗菌性とを両立する金属製インプラントデバイス表面の創成に関する基礎的研究. 第37回日本骨形態計測学会 2017.06.01

  58. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. 電気化学的処理によって表面に銅を導入したチタンの抗菌性評価. 日本歯科理工学会 第69回春期学術講演会 2017.04.01

  59. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. MAO処理によるTi表面へのZn含有多孔質酸化物層の形成とその抗菌性の評価. 日本金属学会 2017年春期講演大会 2017.03.01

  60. 島袋将弥. MAO処理によるTi表面への抗菌性付与. 第15回iBB Biofuture Research Encouragement Prize 研究発表会 2017.01.01

  61. Yusuke Tsutsumi, Masaya Shimabukuro, Maki Ashida, Peng Chen, Hisashi Doi, Takao Hanawa. The surface treatment to realize both antibacterial property and bioactivity. IDMC2016 2016.11.01

  62. 島袋将弥, 堤祐介, 山田理沙, 野崎浩佑, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 永井亜希子, 塙隆夫. 電気化学的処理によるTi表面へのCuの導入とその抗菌性の評価. 第38回日本バイオマテリアル学会大会 2016.11.01

  63. Masaya Shimabukuro, Yusuke Tsutsumi, Maki Ashida, Peng Chen, Takao Hanawa. Electrochemical Surface Treatment for Controlling the Release of Silver Ion As Antibacterial Agent on Titanium. PRiME 2016 2016.10.01

  64. Yusuke Tsutsumi, Masaya Shimabukuro, Maki Ashida, Peng Chen, Hisashi Doi, Takao Hanawa. Simple electrochemical surface treatment to achieve antibacterial property on titanium. iLIM-PT-33 2016.10.01

  65. 島袋将弥, 堤祐介, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 塙隆夫. MAO処理によるTi表面へのCu含有多孔質酸化物層の形成とその抗菌性. 日本金属学会第159回春期講演大会 2016.09.01

  66. Yusuke Tsutsumi, Masaya Shimabukuro, Maki Ashida, Peng Chen, Hisashi Doi, Takao Hanawa. Anti-bacterial surface coating on metallic biomaterials by simple electrochemical surface treatment. WBC2016 2016.05.01

  67. 島袋将弥, 堤祐介, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 塙隆夫. マイクロアーク酸化処理条件の相違による多孔質酸化物層の構造変化と銀イオン溶出挙動の変化. 日本金属学会第158回春期講演大会 2016.03.01

  68. Yusuke Tsutsumi, Masaya Shimabukuro, Maki Ashida, Peng Chen, Hisashi Doi, Takao Hanawa. Formation of bioactive and antibacterial ceramic layer on titanium by simple electrochemical surface treatment. ABC2015 2015.12.01

  69. Yusuke Tsutsumi, Masaya Shimabukuro, Maki Ashida, Peng Chen, Hisashi Doi, Takao Hanawa. Optimization of silver ion release from electrochemically-treated titanium surface. 2015.12.01

  70. 堤祐介, 島袋将弥, 仲井正昭, 蘆田茉希, 陳鵬, 土居壽, 新家光雄, 塙隆夫. 電気化学処理によるチタンおよびチタン合金への抗菌性と硬組織適合性の同時付与. 第37回日本バイオマテリアル学会大会 2015.11.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Best Poster Paper Award,2023年08月

  • 最優秀ポスター賞,日本金属学会第2回第7分野研究会,2019年12月

  • 最優秀ポスター賞,日本金属学会第2回第7分野研究会,2019年12月

  • 優秀研究ポスター賞,第41回日本バイオマテリアル学会,2019年11月

  • Outstanding Presentation Award,2019年11月

  • 優秀ポスター賞,日本金属学会 2019年秋期 (第165回) 講演大会,2019年09月

  • 研究奨励賞 (大学院生部門),日本歯科理工学会 第73回春期学術講演会,2019年04月

  • 優秀賞,第17回iBB Biofuture Research Encouragement Prize 研究発表会,2019年01月

  • 最優秀ポスター賞,日本金属学会第1回第4分野講演会,2018年10月

  • 学術奨励講演賞,表面技術協会 第137回講演大会,2018年03月

  • 優秀賞,第16回iBB Biofuture Research Encouragement Prize 研究発表会,2018年02月

  • 優秀研究ポスター賞,第39回日本バイオマテリアル学会大会,2017年12月

▼全件表示