基本情報

写真a

星野 傑(ホシノ タカシ)

HOSHINO Takashi


職名

特任助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 特任助教
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Inomata Kei, Tsuji Kunilazu, Onuma Hroaki, Hoshino Takashi, Udo Mio, Akiyama Masako, Nakagawa Yusuke, Katagiri Hiroki, Miyatake Kazumasa, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi, Koga Hideyuki. Time course analyses of structural changes in the infrapatellar fat pad and synovial membrane during inflammation-induced persistent pain development in rat knee joint BMC Musculoskelet Disord. 2019.01; 20 (8):

  • Hiroko Ueki, Yusuke Nakagawa, Toshiyuki Ohara, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Kenta Katagiri, Kanehiro Hiyama, Mai Katakura, Takashi Hoshino, Kei Inomata, Naoko Araya, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Risk factors for residual pivot shift after anterior cruciate ligament reconstruction: data from the MAKS group Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy . 2018.12; 26 (12): 3724-3730.

  • Takashi Hoshino, Kunikazu Tsuji, Hiroaki Onuma, Mio Udo, Hiroko Ueki, Masako Akiyama, Kahaer Abula, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshihumi Watanabe, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga, Takeshi Muneta. Persistent synovial inflammation plays important roles in persistent pain development in the rat knee before cartilage degradation reaches the subchondral bone. BMC Musculoskelet Disord. 2018.08; 19 (1): 291. ( PubMed, DOI )

  • Kanehiro Hiyama, Yusuke Nakagawa, Toshiyuki Ohara, Takeshi Muneta, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Koji Otabe, Hiroki Katagiri, Kenta Katagiri, Mai Katakura, Takashi Hoshino, Hiroko Ueki, Kei Inomata, Naoko Araya, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Anterior cruciate ligament injuries result in a larger functional deficit in fighting sport athletes: comparison of functional status among different sport types. Journal of ISAKOS. 2018.03; 2018 (3): 128-133. ( DOI )

  • 星野 傑、 古賀 英之、 中川 裕介、 大原 敏之、 日山 鐘浩、 片桐 健太、 片倉 麻衣、 猪野又 慶、 植木 博子、 宗田 大. 2重束前十字靱帯再建術における半月板損傷の有無・処置法の違いが術後1年の自覚的・他覚的評価に与える影響 東京医科歯科大学多施設研究(TMDU MAKS study)における検討 JOSKAS. 2017.03; 42 (1): 124-125.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 星野 傑. 炎症の遷延化は、滑膜、膝蓋下脂肪体の器質的変化を誘導し持続的膝疼痛の発症に重要な働きを行う. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.10 奈良

  • 星野 傑. 裸足スポーツ(大相撲、柔道)におけるJones骨折の治療経験. 第21回 関東足の外科研究会 2018.08.25 東京

  • 星野 傑. 当院におけるTKA術後感染の治療に関して. 第18回 膝と歩む会 2018.07.03

  • 星野 傑、 古賀 英之、 中川 裕介、 大原 敏之、 日山 鐘浩、 片桐 健太、 片倉 麻衣,、 猪野又 慶、 植木 博子、 新谷 尚子、 関矢 一郎、 大川 淳、 宗田 大. 2重束前十字靭帯再建術における半月板損傷の有無・処置法の違いが術後1年成績に与える影響-TMDU MAKS Study-. 第10回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2018.06.14

  • 星野 傑、 古賀 英之、 中川 裕介、 大原 敏之、 日山 鐘浩、 片桐 健太、 片倉 麻衣、 猪野又 慶、 植木 博子、 新谷 尚子、 関矢 一郎、 大川 淳、 宗田 大. 2重束前十字靭帯再建術における半月板損傷の有無・処置法の違いが術後1年成績に与える影響-TMDU MAKS Study-. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24

全件表示 >>