基本情報

写真a

新宅 洋(シンタク ヒロシ)

SHINTAKU Hiroshi


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 診断病理学 助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 中央診療施設等 病理部 助教
  • 2020年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 中央診療施設等 病理部 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 病理部 助教

▼全件表示

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Miyauchi M, Akashi T, Furukawa A, Uchida K, Tamura T, Ando N, Kirimura S, Shintaku H, Yamamoto K, Ito T, Miura K, Kayamori K, Ariizumi Y, Asakage T, Kudo A, Tanabe M, Fujii Y, Ishibashi H, Okubo K, Murakami M, Yamada T, Takemoto A, Bae Y, Eishi Y, Ohashi K. PHOX2B is a Sensitive and Specific Marker for the Histopathological Diagnosis of Pheochromocytoma and Paraganglioma. Endocr Pathol. 2022.12; 33 (4): 506-518.

  2. Tsugeno Yuta, Kawachi Hiroshi, Kirimura Susumu, Hirota Yuka, Shintaku Hiroshi, Ito Takashi, Kikuchi Akifumi, Ohtsuka Kazuo, Akashi Takumi, Kitagawa Masanobu. 里吉症候群患者の多発性異所性腸粘膜下腺から発生した腺癌(Adenocarcinoma arising in the multiple heterotopic submucosal glands of the intestine in a Satoyoshi syndrome patient: A case report) Pathology International. 2021.02; 71 (2): 147-154. ( 医中誌 )

  3. Akihiro Hoshino, Akira Nishimura, Takuya Naruto, Tsubasa Okano, Kazuaki Matsumoto, Keisuke Okamoto, Hiroshi Shintaku, Shown Tokoro, Hiroyuki Okamoto, Taizo Wada, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. High-throughput analysis revealed the unique immunoglobulin gene rearrangements in plasmacytoma-like post-transplant lymphoproliferative disorder. Br J Haematol. 2020.03; 189 (4): e164-e168. ( PubMed, DOI )

  4. Hiroshi Shintaku, Mari Yamaguchi, Shuta Toru, Masanobu Kitagawa, Katsuiku Hirokawa, Takanori Yokota, Toshiki Uchihara. Three-dimensional surface models of autopsied human brains constructed from multiple photographs by photogrammetry. PLoS One. 2019; 14 (7): e0219619. ( PubMed, DOI )

  5. Winklehner Michael, Bauer Jan, Endmayr Verena, Schwaiger Carmen, Ricken Gerda, Motomura Masakatsu, Yoshimura Shunsuke, Shintaku Hiroshi, Ishikawa Kinya, Tsuura Yukio, Lizuka Takahiro, Yokota Takanori, Irioka Takashi, Hoeftberger Romana. Paraneoplastic Cerebellar Degeneration With P/Q-VGCC vs Yo Autoantibodies NEUROLOGY-NEUROIMMUNOLOGY & NEUROINFLAMMATION. 2022.07; 9 (4): ( PubMed, DOI )

  6. Herbig Maik, Isozaki Akihiro, Di Carlo Dino, Guck Jochen, Nitta Nao, Damoiseaux Robert, Kamikawaji Shogo, Suyama Eigo, Shintaku Hirofumi, Wu Angela Ruohao, Nikaido Itoshi, Goda Keisuke. Best practices for reporting throughput in biomedical research NATURE METHODS. 2022.06; 19 (6): 633-634. ( PubMed, DOI )

  7. Ozaki Kokoro, Irioka Takashi, Uchihara Toshiki, Yamada Akane, Nakamura Ayako, Majima Takamasa, Igarashi Susumu, Shintaku Hiroshi, Yakeishi Mayumi, Tsuura Yukio, Okazaki Yasushi, Ishikawa Kinya, Yokota Takanori. Neuropathology of SCA34 showing widespread oligodendroglial pathology with vacuolar white matter degeneration: a case study ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS. 2021.10; 9 (1): 172. ( PubMed, DOI )

  8. Tsugeno Yuta, Kawachi Hiroshi, Kirimura Susumu, Hirota Yuka, Shintaku Hiroshi, Ito Takashi, Kikuchi Akifumi, Ohtsuka Kazuo, Akashi Takumi, Kitagawa Masanobu. Adenocarcinoma arising in the multiple heterotopic submucosal glands of the intestine in a Satoyoshi syndrome patient: A case report PATHOLOGY INTERNATIONAL. 2021.02; 71 (2): 147-154. ( PubMed, DOI )

  9. Miura Keiko, Akashi Takumi, Namiki Takeshi, Hishima Tsunekazu, Bae Yuan, Sakurai Urara, Murano Keimei, Shiraishi Junichi, Warabi Masahiro, Tanizawa Toru, Tanaka Michio, Bhunchet Ekapot, Kumagai Jiro, Ayabe Shinya, Sekiya Takahiro, Ando Noboru, Shintaku Hiroshi, Kinowaki Yuko, Tomii Shohei, Kirimura Susumu, Kayamori Kou, Yamamoto Kurara, Ito Takashi, Eishi Yoshinobu. Engrailed Homeobox 1 and Cytokeratin 19 Are Independent Diagnostic Markers of Eccrine Porocarcinoma and Distinguish It From Squamous Cell Carcinoma AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY. 2020.10; 154 (4): 499-509. ( PubMed, DOI )

  10. Uchihara Toshiki, Toru Shuta, Yamane Michio, Shintaku Hiroshi, Kitagawa Masanobu, Hirokawa Katsuiku, Irie Tetsuya. Autopsy on home-cared patients with neurological disorders. Nitobe model to improve patient care, medical education and research BRAIN PATHOLOGY. 2019.02; 29 182.

  11. Shintaku Hiroshi, Yamaguchi Mari, Toru Shuta, Kitagawa Masanobu, Hirokawa Katsuiku, Yokota Takanori, Uchihara Toshiki. Stereoscopic inspection of autopsied brain reconstructed from two-dimensional images BRAIN PATHOLOGY. 2019.02; 29 47.

  12. 土田 真吏奈, 佐々木 広和, 川畑 仁人, 新宅 洋, 廣田 由佳, 上阪 等. 再発性の皮膚動脈炎と回盲部潰瘍を呈したtrisomy 8の78歳男性 関東リウマチ. 2017.03; 50 210-216. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Irioka Takashi, Motomura Masakatsu, Uchihara Toshiki, Shintaku Hiroshi, Ishikawa Kinya, Igarashi Susumu, Majima Takamasa, Takahashi Yuko K., Iwase Ryo, Otani Tai, Kitanosono Hiroko, Shiraishi Hirokazu, Tsuura Yukio, Yokota Takanori. カルシウムチャネル抗体関連小脳失調症患者の臨床病理学的研究(Clinicopathological study of a patient with calcium channels antibody-associated cerebellar ataxia). 臨床神経学 2019.11.01

  2. Shintaku Hiroshi, Yamaguchi Mari, Toru Syuuta, Kitagawa Masanobu, Hirokawa Katsuiku, Uchihara Toshiki, Yokota Takanori. 2D画像からの3D表面再構成 ヒト剖検脳への適用(3-dimensional surface reconstruction from 2-dimensional images. Application to human autopsied brain). 臨床神経学 2018.12.01

  3. 黒岩 伸明, 加藤 祐己, 新宅 洋, 北川 昌伸, 廣川 勝いく, 内原 俊記, 山根 道雄, 融 衆太. 悪性症候群による不可逆的な項部ジストニアを契機に進行性核上性麻痺の診断に至った1剖検例. 日本内科学会関東地方会 2022.12.01

  4. 中嶋 裕, 戸張 友加里, 地野 祐輔, 木村 あずさ, 坂田 泰子, 安藤 登, 大西 威一郎, 新宅 洋, 國枝 純子, 桐村 進, 倉田 盛人, 明石 巧, 古澤 春彦, 大橋 健一. SMARCA4欠損胸部腫瘍2例の細胞像の比較. 日本臨床細胞学会雑誌 2022.10.01

  5. 尾崎 心, 入岡 隆, 内原 俊記, 山田 茜, 中村 綾子, 延原 幸嗣, 馬嶋 貴正, 五十嵐 奨, 新宅 洋, 矢毛石 真由美, 津浦 幸夫, 岡崎 康司, 石川 欽也, 横田 隆徳. SCA34の病理報告 オリゴデンドロサイト異常と空胞性白質変性、PSP様タウ病理. 臨床神経学 2022.10.01

  6. 安達 彩織, 加藤 祐己, 新宅 洋, 金尾 季範, 横手 裕明, 北川 昌伸, 内原 俊記, 融 衆太. 亜急性に進行する四肢筋力低下を認め、傍腫瘍性神経症候群と診断した70歳男性剖検例. 臨床神経学 2022.08.01

  7. 松本 卓矢, 横山 みなと, 赤星 径一, 小宮 力, 新宅 洋, 島田 航, 三谷 康輝, 山口 良友, 片岡 円, 中村 祐基, 内田 裕將, 戸出 真宏, 福田 翔平, 福島 啓司, 安田 庸輔, 上原 翔, 田中 一, 吉田 宗一郎, 松岡 陽, 藤井 靖久. ニボルマブ治療中の膵転移切除後に1型糖尿病を発症し、発症前の背景膵組織を確認しえた転移性腎癌の1例. 泌尿器外科 2022.07.01

  8. 荻野 絢, 五十嵐 奨, 入岡 隆, 新宅 洋, 内原 俊記. 胸腺癌治療後にAMPA受容体抗体陽性脳炎を発症した61歳男性例. 臨床神経学 2022.04.01

  9. 新宅 洋, 冨井 翔平, 大橋 健一. 術前にEUS-FNAが施行された膵過誤腫の一例. 日本病理学会会誌 2022.03.01

  10. 坂井 桃華, 伊藤 崇, 古川 あすか, 富田 嘉信, 高田 晃輔, 加藤 祐己, 山本 くらら, 新宅 洋, 大橋 健一. 食道SM癌における浸潤先端部の組織像の臨床病理学的意義. 日本病理学会会誌 2022.03.01

  11. 新宅洋, 他. 免疫チェックポイント阻害薬による膵島炎の2例. 日本病理学会 2021.04.22

  12. 新宅 洋, 冨井 翔平, 足立 淳一郎, 笠原 一郎, 小宮 力, 赤星 径一, 横山 みなと, 明石 巧. 免疫チェックポイント阻害薬による膵島炎の2例. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  13. 金 亮秀, 入岡 隆, 新宅 洋, 内原 俊記, 横田 隆徳. 水痘・帯状疱疹ウイルス脳炎の1剖検例、病態機序に関する病理学的解析. 臨床神経学 2020.11.01

  14. 内原 俊記, 融 衆太, 山根 道雄, 岡田 猛, 新宅 洋, 北川 昌伸, 廣川 勝いく, 入江 徹也. Zooming into CPC在宅剖検事業「おだやかな看取りを明日に活かすみち」WebCPCの試み. Dementia Japan 2020.10.01

  15. 融 衆太, 内原 俊記, 山田 哲夫, 新宅 洋, 佐藤 志津子, 北川 昌伸, 廣川 勝いく. 中枢神経原発悪性リンパ腫の治療後在宅療養中にlymphomatosis cerebriを発症した1剖検例. 日本在宅医療連合学会大会プログラム・講演抄録集 2020.06.01

  16. 新宅 洋, 樋口 京子, 大野 玲, 廣川 勝いく. 胃原発絨毛癌とAFP産生胃癌の1共存例. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  17. 新宅洋, 他. 胃原発絨毛癌とAFP産生胃癌の1共存例. 日本病理学会 2020

  18. 大石 愛奈, 高橋 健太, 新宅 洋, 吉野 育典, 中村 玲子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. Struma Ovariiから発生したと考えられる卵巣低分化甲状腺癌の一例. 関東連合産科婦人科学会誌 2019.09.01

  19. 内原 俊記, 融 衆太, 佐藤 志津子, 中村 洋一, 山根 道雄, 新宅 洋, 明石 巧, ぬで島 次郎, 北川 昌伸, 廣川 勝いく, 入江 徹也. おだやかな看取りを明日に活かすみち 在宅療養者を病理解剖の対象とする試みと問題点. 臨床神経学 2018.12.01

  20. 融 衆太, 内原 俊記, 片山 優希, 新宅 洋, 石田 尚子, 北川 昌伸, 廣川 勝いく. Lewy小体型認知症と臨床診断したが、Lewy小体を欠き進行性核上性麻痺の病理を示す3例. Dementia Japan 2018.09.01

  21. 野村 知弘, 前田 佳真, 新宅 洋, 菅原 江美子, 山口 洋平, 櫻井 牧人, 西口 康介, 植田 初江, 土井 庄三郎. 重症肺高血圧による動脈管右左短絡が持続したDown症候群の1剖検例. 日本小児循環器学会雑誌 2018.07.01

  22. 新宅 洋, 山本 浩平, 桑原 小の実, 大岡 真也, 裴 慧烈, 齋田 幸久, 明石 巧, 元井 亨, 北川 昌伸. 胃原発未分化多形肉腫の45歳女性剖検例. 日本病理学会会誌 2018.04.01

  23. 柘野 佑太, 桐村 進, 廣田 由佳, 新宅 洋, 竹本 暁, 伊藤 崇, 菊池 章史, 大塚 和朗, 明石 巧, 北川 昌伸. 十二指腸、小腸、結腸に多発する腺癌を合併した里吉病の1例. 日本病理学会会誌 2018.04.01

  24. 内原 俊記, 融 衆太, 中村 洋一, 山根 道雄, 新宅 洋, 明石 巧, ぬで島 次郎, 北川 昌伸, 廣川 勝いく, 入江 徹也. 「おだやかな看取りを明日に活かすみち」 新渡戸記念中野総合病院の在宅剖検の実践からみえてくる地域包括医療の新たなかたち. 日本在宅医学会大会 2018.04.01

  25. 新宅 洋, 大西 威一郎, 星野 顕宏, 西村 聡, 北川 昌伸. 臍帯血移植後に形質細胞性の移植後リンパ増殖症を発症し、複数の自己免疫疾患を合併した1例. 日本病理学会会誌 2017.03.01

  26. 新宅 洋、叶内 匡、横田隆徳. 大脳皮質基底核症候群におけるミオクローヌスの病態生理. 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.21 神戸

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • M2 病理学,2019年 - 現在