基本情報

写真a

難波 大輔(ナンバ ダイスケ)

NANBA Daisuke


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 M&Dタワー22階

研究室電話番号

0358035838

研究室FAX番号

0358030243

メールアドレス

nanbscm@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/scm/index.html

研究分野・キーワード

皮膚、幹細胞、再生医療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  理学部  生物学科  1996年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  理学研究科  生物科学専攻  修士課程  1998年03月  修了

  • 大阪大学  理学研究科  生物科学専攻  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  大阪大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 幹細胞医学分野 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年03月
    大阪大学 医学部 博士研究員
  • 2002年04月
    -
    2004年03月
    愛媛大学 医学部 博士研究員
  • 2004年04月
    -
    2005年10月
    愛媛大学 医学部 特任助手
  • 2005年11月
    -
    2007年10月
    日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2007年11月
    -
    2009年07月
    スイス連邦工科大学ローザンヌ校 博士研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本再生医療学会

  • 日本研究皮膚科学会

  • 日本細胞生物学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年
    -
    2018年
    日本研究皮膚科学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学

  • 細胞生物学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 細胞動態解析による表皮再生原理の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • PI3Kシグナルと幹細胞動態の階層的数理解析による自己組織化機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • ヒト表皮多層化に伴う細胞動態とアクチン繊維動態の全系譜解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 細胞運動能を指標とした再生医療向け非侵襲的口腔粘膜上皮細胞評価システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • ヒト幹細胞培養系に出現する異質細胞の非侵襲的検出法の開発とその出現機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Nanba Daisuke, Dreesen Oliver. Meeting Report: Japan - Singapore International Skin Conference, Singapore April 10-12, 2019 JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE. 2019.05; 94 (2): 253-257. ( DOI )

  • Muraguchi Taichi, Nanba Daisuke, Nishimura Emi K., Tashiro Tomoko. IGF-1R deficiency in human keratinocytes disrupts epidermal homeostasis and stem cell maintenance JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE. 2019.05; 94 (2): 298-305. ( PubMed, DOI )

  • Liu Nan, Matsumura Hiroyuki, Kato Tomoki, Ichinose Shizuko, Takada Aki, Namiki Takeshi, Asakawa Kyosuke, Morinaga Hironobu, Mohri Yasuaki, De Arcangelis Adele, Geroges-Labouesse Elisabeth, Nanba Daisuke, Nishimura Emi K.. Stem cell competition orchestrates skin homeostasis and ageing NATURE. 2019.04; 568 (7752): 344-+. ( PubMed, DOI )

  • 難波 大輔, 松崎 恭一. 【創傷治癒のトピックス-第5回世界創傷治癒学会連合会議-】 重症下肢虚血における表皮角化幹細胞のクローナル・コンバージョンに関する研究への取り組み 形成外科. 2017.11; 60 (11): 1264-1274. ( 医中誌 )

  • Nanba Daisuke, Mohri Yasuaki, Okamoto Sakura, Matsumura Hiroyuki, Usami Takako, Aida Tomomi, Tanaka Koichi, Nishimura Emi K.. クローニングフリーCRISPR/Cas9技術によるDct遺伝子座を有するメラノサイト幹細胞の標的化(Targeting melanocyte stem cells with Dct locus by cloning-free CRISPR/Cas9 technology) 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム. 2017.11; 42回 253. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 難波大輔. 再生医療バンドブック. メディカル・トリビューン, 2015.03 表皮幹細胞

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Daisuke Nanba. Tracing stem cell motion in human keratinocyte colonies using deep learning-based object tracking. 1st Japan-Singapore International Skin Conference 2019 2019.04.10

  • Daisuke Nanba. Kinetic analysis and modeling of human epidermal stem cell behavior in multilayered sheet formation. 1st International symposium on Interdisciplinary Approaches to Integrative Understanding of Biological Signaling Networks 2019.02.01

  • 難波大輔、松崎恭一. 重症下肢虚血における表皮角化幹細胞の特性解析. 第27回日本形成外科学会基礎学術集会 2018.10.19

  • 難波大輔、棟居卓弥、土岐富士緒、一色正晴、 柳原圭雄、西村栄美、木下浩二. 画像解析によるヒト表皮角化幹細胞コロニーの同定と培養幹細胞の品質評価法の開発. 第16回日本再生医療学会総会 2018.03.23

  • Nanba D, Morhi Y, Okamoto S, Matsumura H, Usami T, Aida T, Tanaka K, Nishimura EK. Targeting melanocyte stem cells with Dct locus by cloning-free CRISPR/Cas9 technology. 日本研究皮膚科学会 第42回大会 2017.12.16

全件表示 >>

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 分子細胞生物学,愛媛大学医学部医学科

  • 基礎研究方法論,愛媛大学大学院医学専攻

  • 生物科学特論,名古屋大学理学部生命理学科

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 成長因子「IGF-1」(*1)が、表皮幹細胞(*2)を活性化させることを確認,富士フィルム株式会社,プレスリリース,2017年06月26日

  • 乾燥やシワの遺伝子をゲノム編集、加齢による肌の変化を表皮モデルで再現可能に,ITmedia,MONOist,2017年04月11日