基本情報

写真a

森脇 睦子(モリワキ ムツコ)

Moriwaki Mutsuko


職名

特任准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  保健学研究科  健康情報学  博士課程  2007年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 クオリティ・マネジメント・センター 特任講師
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 クオリティ・マネジメント・センター 講師
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 クオリティ・マネジメント・センター 講師
  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 クオリティ・マネジメント・センター 講師
  • 2019年04月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 東京都地域医療政策学講座 准教授
  • 2019年05月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 東京都地域医療政策学講座 准教授
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 クオリティ・マネジメント・センター 特任准教授
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 診療管理部門 クオリティ・マネジメント・センター 特任准教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本医療マネジメント学会

  • 医療の質安全学会

  • 日本医療・病院管理学会

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 医療の質および患者アウトカムの向上に資する、看護ニーズに基づく適切な看護サービス・マネジメント手法の開発

    厚生労働省 : 2021年04月 - 2023年03月

  • 看護必要度から解析する転倒リスク・パラメーター作成に関する基礎的検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 関節リウマチをモデルとした専門性が高い疾患領域の地域連携体制構築に向けた検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 入院中の骨折および外傷性頭蓋内出血の予測モデル開発と追加的医療費算出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 医療安全指針の開発及び他施設間比較体制の検討と病理部門等と安全管理部門との連携が院内の医療安全体制に与える影響に関する研究

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2018年03月

  • 医療安全指標の開発及び他施設間比較体制の検討と病理部門等と安全管理部門との連携が院内の医療安全体制に与える影響に関する研究

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2017年03月

  • 日々の患者状態データを用いた診療・ケアの質評価と看護業務マネジメント手法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 患者特性、診療内容および看護師配置状況が日々の患者状態変化に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会

  • 特定機能病院における医療安全の定量評価法の開発と有害事象に伴う追加的医療費の検討

    文部科学省/日本学術振興会

  • 日々の患者状態と診療情報を用いた病棟の忙しさと有害事象発生に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • レセプトデータを用いた高齢者に注意が必要な処方薬に関する薬剤疫学研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 看護必要度から解析する転倒リスク・パラメーター作成に関する基礎的検討

    文部科学省/日本学術振興会

  • 患者特性、診療内容および看護師配置状況が日々の患者状態変化に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会

  • レセプトデータを用いた高齢者におけるPolypharmacyに関する薬剤疫学研究

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Noriko Morioka, Suguru Okubo, Mutsuko Moriwaki, Kenshi Hayashida. Evidence of the association between nurse staffing levels and patient and nurses’ outcomes in acute care hospitals across Japan: A scoping review Healthcare. 2022.06; 10 (6): 1052. ( DOI )

  2. 野田 京花,森脇 睦子,額賀 みのり,佐々木 美樹,山内 和志,林田 賢史,緒方 泰子. 自宅から入院した高齢患者の自宅外退院に影響する要因の検討:誤嚥性肺炎を例に 日本医療・病院管理学会誌. 2022; 59 (3):

  3. Ogawa T, Jinno T, Moriwaki M, Yoshii T, Nazarian A, Fushimi K, Okawa A. Association between hospital surgical volume and complications after total hip arthroplasty in femoral neck fracture: A propensity score-matched cohort study. Injury. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  4. Ogawa T, Yoshii T, Morishita S, Moriwaki M, Okawa A, Nazarian A, Fushimi K, Fujiwara T. Seasonal impact on surgical site infections in hip fracture surgery: Analysis of 330,803 cases using a nationwide inpatient database. Injury. 2020.10; ( PubMed, DOI )

  5. Ogawa Takahisa, Yoshii Toshitaka, Moriwaki Mutsuko, Morishita Shingo, Oh Yoto, Miyatake Kazumasa, Nazarian Ara, Shiba Koichiro, Okawa Atsushi, Fushimi Kiyohide, Fujiwara Takeo. Association between Hemiarthroplasty vs. Total Hip Arthroplasty and Major Surgical Complications among Patients with Femoral Neck Fracture JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE. 2020.10; 9 (10): ( PubMed, DOI )

  6. Morioka N, Moriwaki M, Tomio J, Kashiwagi M, Fushimi K, Ogata Y. Structure and process of dementia care and patient outcomes after hip surgery in elderly people with dementia: A retrospective observational study in Japan. International journal of nursing studies. 2019.11; 102 103470. ( PubMed, DOI )

  7. Noriko Morioka, Mutsuko Moriwaki, Jun Tomio, Masayo Kashiwagi, Kiyohide Fushimi, Yasuko Ogata. Structure and process of dementia care and patient outcomes after hip surgery in elderly people with dementia: A retrospective observational study in Japan International Journal of Nursing Studies. 2019.11; In Press ( DOI )

  8. Nitta A., Imai S., Moriwaki M., Kusama M., Tomita N., Arai H.. Association between benzodiazepine use with the risk of fractures among elderly inpatients with hyperlipidemia : A analysis of the clinical database. JOURNAL OF THE AMERICAN GERIATRICS SOCIETY. 2019.04; 67 S52-S53.

  9. Toba Mikayo, Moriwaki Mutsuko, Oshima Noriko, Aiso Yoshibumi, Shima Mari, Nukui Yoko, Obayashi Satoshi, Fushimi Kiyohide. Prevention of surgical site infection via antibiotic administration according to guidelines after gynecological surgery JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH. 2018.09; 44 (9): 1800-1807. ( PubMed, DOI )

  10. Toba Mikayo, Moriwaki Mutsuko, Oshima Noriko, Aiso Yoshibumi, Shima Mari, Nukui Yoko, Obayashi Satoshi, Fushimi Kiyohide. 婦人科手術後のガイドラインに準じた抗菌薬投与による手術部位感染の予防(Prevention of surgical site infection via antibiotic administration according to guidelines after gynecological surgery) The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 2018.09; 44 (9): 1800-1807. ( 医中誌 )

  11. Yamana Hayato, Moriwaki Mutsuko, Horiguchi Hiromasa, Kodan Mariko, Fushimi Kiyohide, Yasunaga Hideo. Validity of diagnoses, procedures, and laboratory data in Japanese administrative data JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY. 2017.10; 27 (10): 476-482. ( PubMed, DOI )

  12. Yamana Hayato, Moriwaki Mutsuko, Horiguchi Hiromasa, Kodan Mariko, Fushimi Kiyohide, Yasunaga Hideo. 日本の医療管理データにおける診断名、処置情報、検査値の妥当性(Validity of diagnoses, procedures, and laboratory data in Japanese administrative data) Journal of Epidemiology. 2017.10; 27 (9-10): 476-482. ( 医中誌 )

  13. Yoshikawa Rokusuke, Izumi Taisuke, Nakano Yusuke, Yamada Eri, Moriwaki Miyu, Misawa Naoko, Ren Fengrong, Kobayashi Tomoko, Koyanagi Yoshio, Sato Kei. Small ruminant lentiviral Vif proteins commonly utilize cyclophilin A, an evolutionarily and structurally conserved protein, to degrade ovine and caprine APOBEC3 proteins MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY. 2016.06; 60 (6): 427-436. ( DOI )

  14. Shimatani T, Kuroiwa T, Moriwaki M, Xu J, Tazuma S, Inoue M. Acid-suppressive effects of various regimens of omeprazole in Helicobacter pylori-negative CYP2C19 homozygous extensive metabolizers: which regimen has the strongest effect? Digestive diseases and sciences. 2007.10; 52 (10): 2826-32. ( PubMed, DOI )

  15. Shimatani T, Inoue M, Kuroiwa T, Moriwaki M, Xu J, Ikawa K, Morikawa N, Tazuma S. Which has superior acid-suppressive effect, 10 mg omeprazole once daily or 20 mg famotidine twice daily? Effects of single or repeated administration in Japanese Helicobacter pylori-negative CYP2C19 extensive metabolizers. Digestive diseases and sciences. 2007.02; 52 (2): 390-5. ( PubMed, DOI )

  16. 山内 和志, 田口 健, 森脇 睦子, 河原 和夫. 東京都の医師の近隣県への派遣の状況に関する検討 2018年東京都が実施した調査に基づく分析 厚生の指標. 2021.02; 68 (2): 1-8. ( 医中誌 )

  17. 工藤 篤, 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 赤星 径一, 伴 大輔, 小川 康介, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔, 伏見 清秀. 新しいクオリティインディケーター膵液瘻算出ロジックの創出 日本消化器外科学会総会. 2020.12; 75回 O17-5. ( 医中誌 )

  18. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 伏見 清秀. 院内ビッグデータ分析を活用した広汎子宮全摘術後の尿路感染減少に向けた取り組み 日本医療マネジメント学会雑誌. 2020.10; 21 (Suppl.): 266. ( 医中誌 )

  19. 森脇 睦子, 林田 賢史, 松田 晋哉. 重症度、医療・看護必要度における評価法Iと評価法IIの差異に関する検討 日本医療・病院管理学会誌. 2020.10; 57 (4): 131-140. ( 医中誌 )

  20. 森脇 睦子, 湯浅 ひとみ, 鈴木 英明, 小林 廉毅. 脳性まひ児を持つ母の介護負担に与える影響と地域要因に関する分析 産科医療補償制度診断協力医作成の診断書データに基づく分析 脳と発達. 2020.08; 52 (Suppl.): S341. ( 医中誌 )

  21. 森脇 睦子. 病院データを診療・ケアの質評価と看護業務マネジメントに活かす 日々の疑問をデータで表現する Administrative dataの分析結果を活かしエビデンスベースの看護を提供するために 日本看護評価学会誌. 2020.07; 10 (1): 45-49. ( 医中誌 )

  22. 森脇 睦子. 【「重症度,医療・看護必要度」を俯瞰する 実態を把握し,マネジメントや質評価の鍵を探ろう!】重症度,医療・看護必要度の評価法IとIIの差異に注目して 急性期医療機関750施設の分析結果から 看護管理. 2020.07; 30 (7): 625-631. ( 医中誌 )

  23. 森脇 睦子. 【「重症度,医療・看護必要度」を俯瞰する 実態を把握し,マネジメントや質評価の鍵を探ろう!】評価法IとIIの差異から 個別の医療機関における改善点を探る 看護管理. 2020.07; 30 (7): 632-637. ( 医中誌 )

  24. 森脇 睦子. 【「重症度,医療・看護必要度」を俯瞰する 実態を把握し,マネジメントや質評価の鍵を探ろう!】一般病棟用「重症度,医療・看護必要度」関連データの変化 2020年度診療報酬改定における評価項目および判定基準の変更を基に 看護管理. 2020.07; 30 (7): 638-642. ( 医中誌 )

  25. 秋山 智弥, 林田 賢史, 森脇 睦子. 【「重症度,医療・看護必要度」を俯瞰する 実態を把握し,マネジメントや質評価の鍵を探ろう!】【座談会】「重症度,医療・看護必要度」を看護マネジメントに活かす 現場の実態を反映したデータに基づく適切な質評価を目指して 看護管理. 2020.07; 30 (7): 644-652. ( 医中誌 )

  26. 森脇 睦子, 坂元 与志子, 新井 貴子, 長田 恵子. 退院支援に関するスクリーニング評価に関する実態調査 実践家と「分析屋」が協同した質評価の試み 看護管理. 2020.06; 30 (6): 554-559. ( 医中誌 )

  27. 仁科 亮一郎, 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 入院中に外傷性頭部損傷を発生した高齢患者の特性と死亡リスク因子の検討 DPCデータを用いた後方視的コホート研究 医療の質・安全学会誌. 2020.01; 15 (1): 3-12. ( 医中誌 )

  28. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 伏見 清秀. 患者構成の違いに着目した病棟毎の医療機能評価手法の検討 日本医療マネジメント学会雑誌. 2019.12; 20 (3): 126-132. ( 医中誌 )

  29. 新井 貴子, 坂元 与志子, 長田 恵子, 森脇 睦子. 退院支援に関する介入実施状況と今後の課題 2013年からの取り組みの経年的評価と更なる改善に向けた課題の抽出 国立病院総合医学会講演抄録集. 2019.11; 73回 O2-2. ( 医中誌 )

  30. 工藤 篤, 鳥羽 三佳代, 小野 和代, 石垣 裕美, 佐瀬 裕子, 森脇 睦子, 高橋 弘光, 森下 幸治, 塚田 さよみ, 伏見 清英. 手術チームのレジリエントパフォーマンスの機序と実装 外科手術におけるリスクとベネフィットを抽出する新しいロジックの創設 医療の質・安全学会誌. 2019.11; 14 (Suppl.): 200. ( 医中誌 )

  31. 湯浅 ひとみ, 森脇 睦子, 後藤 励, 鈴木 英明. 脳性麻痺児の看護・介護の実態把握に関する調査 新生児看護の視点より 日本新生児看護学会講演集. 2019.11; 29回 113. ( 医中誌 )

  32. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 石垣 裕美, 佐瀬 裕子, 塚田 さゆみ, 森下 幸治, 工藤 篤, 小野 和代, 尾林 聡, 伏見 清秀. 65歳以上患者の総合機能評価と転倒・転落リスクについての検討 医療の質・安全学会誌. 2019.11; 14 (Suppl.): 458. ( 医中誌 )

  33. 森脇 睦子, 湯浅 ひとみ, 鈴木 英明, 小林 廉毅. 脳性まひ児の介護負担に影響を与える要因に関する探索的検討 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019.10; 78回 458. ( 医中誌 )

  34. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 相曽 啓史, 貫井 陽子, 伏見 清秀. 薬剤耐性(AMR)アクションプランに向けた入院内服抗菌薬使用状況動向調査法の検討 日本医療マネジメント学会雑誌. 2019.07; 20 (Suppl.): 166. ( 医中誌 )

  35. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 入院中に骨折・外傷性頭部損傷を発生した65歳以上の患者についての検討 日本医療マネジメント学会雑誌. 2019.07; 20 (Suppl.): 185. ( 医中誌 )

  36. 森脇 睦子. 【病院データは"宝の山"! データ分析に基づく看護マネジメント 日々の数字を根拠に,現場を改革するために】加工と分析の具体例 重症系病棟から一般病棟に移るタイミングを評価するには 看護管理. 2019.07; 29 (7): 612-616. ( 医中誌 )

  37. 森脇 睦子. 【病院データは"宝の山"! データ分析に基づく看護マネジメント 日々の数字を根拠に,現場を改革するために】加工と分析の具体例 自院の「一般病床の看護必要度の評価基準を満たす患者割合」を把握するには 看護管理. 2019.07; 29 (7): 606-611. ( 医中誌 )

  38. 秋山 智弥, 林田 賢史, 森脇 睦子. 【病院データは"宝の山"! データ分析に基づく看護マネジメント 日々の数字を根拠に,現場を改革するために】病院データを看護マネジメントや看護の質評価に活かす 日々の疑問を数字で表現し,それを根拠に改革していくために 看護管理. 2019.07; 29 (7): 636-644. ( 医中誌 )

  39. 森脇 睦子. 【病院データは"宝の山"! データ分析に基づく看護マネジメント 日々の数字を根拠に,現場を改革するために】看護必要度を医療安全に活用する 入院中の転倒転落事象を看護必要度で分析 看護管理. 2019.07; 29 (7): 623-627. ( 医中誌 )

  40. 新田 明美, 今井 志乃ぶ, 森脇 睦子, 冨田 尚希, 荒井 啓行. 高齢入院患者におけるベンゾジアゼピン系薬剤投与と骨折発生との関連 日本老年医学会雑誌. 2019.05; 56 (Suppl.): 161. ( 医中誌 )

  41. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 尾林 聡, 伏見 清秀. 重症度、医療・看護必要度を用いた転倒転落ハイリスク患者の識別モデルとリスクスコア開発に関する検討 日本医療・病院管理学会誌. 2019.04; 56 (2): 49-59. ( 医中誌 )

  42. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 相曽 啓史, 貫井 陽子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 抗菌薬使用状況の可視化とアウトカム評価による子宮全摘術における術後感染予防抗菌薬の適正使用化活動 日本医療マネジメント学会雑誌. 2018.12; 19 (3): 157-160. ( 医中誌 )

  43. 仁科 亮一郎, 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 入院中に外傷性頭部損傷を発生した65歳以上患者についての検討 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 323. ( 医中誌 )

  44. 鳥羽 三佳代, 仁科 亮一郎, 森脇 睦子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 急性期病院における入院中に骨折した65歳以上患者についての検討 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 322. ( 医中誌 )

  45. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 伏見 清秀, 大川 淳. 東京医科歯科大学の医療を可視化する i・Kashika 診療科とクオリティ・マネジメント・センターが作るQuality Indicator 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 398. ( 医中誌 )

  46. 森脇 睦子. 明確な問題点と有用な改善策に結びつけるデータ分析とは何か?〜カラフルな棒グラフや円グラフを作って満足していませんか?〜 日々の疑問点をデータで表現するには PPDACに基づく分析を活用して 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 242. ( 医中誌 )

  47. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 堀口 裕正, 安樂 真樹, 後 信, 小松 康宏, 尾林 聡, 内藤 善哉, 長谷川 友紀, 伏見 清秀. DPCデータを用いた医療安全指標の評価 日本医療・病院管理学会誌. 2018.07; 55 (3): 143-153. ( 医中誌 )

  48. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 帝王切開後血栓塞栓症中リスク症例における予防策に関する指標 他施設間比較用指標 日本医療マネジメント学会雑誌. 2018.05; 19 (Suppl.): 245. ( 医中誌 )

  49. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 伏見 清秀. 病床機能報告に向けた「高度急性期」と「急性期」の分類基準の検討 日本医療マネジメント学会雑誌. 2018.05; 19 (Suppl.): 217. ( 医中誌 )

  50. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 増田 孝広, 森下 幸治, 田中 よし子, 小野 和代, 田中 直文, 尾林 聡, 伏見 清秀. 一般病棟における『重症度、医療・看護必要度』と転倒転落の関連についての検討 医療の質・安全学会誌. 2017.10; 12 (Suppl.): 266. ( 医中誌 )

  51. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 尾林 聡, 伏見 清秀. パクリタキセル・カルボプラチン療法(TC療法)薬剤変更に伴う婦人科悪性腫瘍症例における有害事象増加報告 Grade 2の血管外漏出と静脈炎の増加 日本医療・病院管理学会誌. 2017.10; 54 (4): 215-222. ( 医中誌 )

  52. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 尾林 聡, 伏見 清秀. 75歳以上退院患者の入院中の予期せぬ骨折発症率に関するリスク分析 医療の質・安全学会誌. 2017.10; 12 (Suppl.): 231. ( 医中誌 )

  53. 森脇 睦子, 山名 隼人, 今井 志乃ぶ, 堀口 裕正, 梯 正之, 伏見 清秀. 大病院を時間外受診する軽症患者の識別と推計 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2017.10; 76回 613. ( 医中誌 )

  54. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 寺内 公一, 宮坂 尚幸, 伏見 清秀. DPCデータを用いた産科入院後2年以内の骨折症例の臨床疫学的検討 妊娠後骨粗鬆症に関する予備的調査 日本骨粗鬆症学会雑誌. 2017.09; 3 (Suppl.1): 312. ( 医中誌 )

  55. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 一般病棟における転倒転落事例発生と重症度、医療・看護必要度との関連についての検討 日本医療・病院管理学会誌. 2017.09; 54 (Suppl.): 101. ( 医中誌 )

  56. 森脇 睦子, 梯 正之, 伏見 清秀. 病院機能と地域医療提供体制が及ぼす大病院外来の軽症患者受診減少に関する検討 日本医療・病院管理学会誌. 2017.09; 54 (Suppl.): 93. ( 医中誌 )

  57. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 尾林 聡, 長谷川 友紀, 伏見 清秀. DPCデータによる医療安全指標の検討と我が国の実態 日本医療マネジメント学会雑誌. 2017.07; 18 (Suppl.): 269. ( 医中誌 )

  58. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 横内 清子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 入院中の転倒・転落に起因する骨折および頭蓋内出血症例の検出 診療報酬情報と他の医療情報を統合したモニタリング手法の開発 医療の質・安全学会誌. 2017.07; 12 (3): 270-278. ( 医中誌 )

  59. 森脇 睦子. QIによる医療の質の可視化から改善活動、そしてクオリティーをマネジメントする人材育成へ 課題解決型高度医療人材養成プログラム「PDCA医療クオリティーマネージャー養成事業」成果報告を含めて データ分析に基づく病院組織マネジメントを実現する人材育成を目指して 日本医療マネジメント学会雑誌. 2017.07; 18 (Suppl.): 147. ( 医中誌 )

  60. 森脇 睦子, 山名 隼人, 今井 志乃ぶ, 堀口 裕正, 梯 正之, 伏見 清秀. 大病院を時間外受診する軽症患者の識別と推計 日本医療・病院管理学会誌. 2017.07; 54 (3): 139-149. ( 医中誌 )

  61. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 術後感染予防抗菌薬適正使用化PDCA活動 DPCデータを用いた可視化とアウトカム評価 日本医療マネジメント学会雑誌. 2017.07; 18 (Suppl.): 210. ( 医中誌 )

  62. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 伏木 淳, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸, 伏見 清秀. DPCデータを用いた子宮摘出術の入院死亡と術後合併症のリスク因子の検討 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2017.06; 35 (3): 648. ( 医中誌 )

  63. 森脇 睦子, 梯 正之, 伏見 清秀. 病院機能と地域医療提供体制が及ぼす大病院外来の軽症患者受診減少に関する検討 日本医療マネジメント学会雑誌. 2016.12; 17 (3): 117-122. ( 医中誌 )

  64. 横内 清子, 田中 よし子, 高橋 洋子, 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 石井 理恵, 田中 直文, 伏見 清秀, 尾林 聡, 大川 淳. 医療事故調査制度に伴い導入した患者死亡時チェックシートの運用報告 導入7ヵ月後の運用上の課題について 医療の質・安全学会誌. 2016.10; 11 (Suppl.): 220. ( 医中誌 )

  65. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 増田 孝弘, 東海林 裕, 村田 希吉, 田中 よし子, 横内 清子, 田中 直文, 尾林 聡, 伏見 清秀. 診療報酬情報を用いた入院中の転倒転落に起因する骨折および頭蓋内出血症例の検出 単施設における質管理のためのモニタリング手法開発 医療の質・安全学会誌. 2016.10; 11 (Suppl.): 256. ( 医中誌 )

  66. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 佐瀬 裕子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 診療報酬情報を用いた中心静脈カテーテル挿入に伴う重症気胸事例検出法 内部監査における診療報酬情報利用の可能性 日本医療・病院管理学会誌. 2016.10; 53 (4): 217-225. ( 医中誌 )

  67. 田中 よし子, 横内 清子, 高橋 洋子, 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 田中 直文, 石井 理恵, 尾林 聡, 伏見 清秀, 大川 淳. 当院における院内全死亡事例検証についての報告 医療の質・安全学会誌. 2016.10; 11 (Suppl.): 220. ( 医中誌 )

  68. 森脇 睦子, 佐藤 裕子, 鳥羽 三佳代, 伏見 清秀. 医療用データを活用した抗菌薬の使用状況の可視化と改善活動へのアプローチ 医療の質・安全学会誌. 2016.10; 11 (Suppl.): 224. ( 医中誌 )

  69. 鳥羽 三佳代, 佐瀬 裕子, 森脇 睦子, 伏見 清秀. DPCデータを用いた子宮体癌手術の入院死亡率算出 日本医療・病院管理学会誌. 2016.09; 53 (Suppl.): 155. ( 医中誌 )

  70. 森脇 睦子, 伏見 清秀, 梯 正之. 軽症患者の大病院外来受診に関する検討 日本医療・病院管理学会誌. 2016.09; 53 (Suppl.): 168. ( 医中誌 )

  71. 高橋 洋子, 田中 よし子, 鳥羽 三佳代, 石井 理恵, 森脇 睦子, 村田 希吉, 伏見 清秀, 尾林 聡. 医療事故調査制度に伴い導入した患者死亡時チェックシートの運用報告 日本医療マネジメント学会雑誌. 2016.04; 17 (Suppl.): 252. ( 医中誌 )

  72. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 伏見 清秀. 外来縮小に向けて地域医療にシフトできる患者像の可視化 日本医療マネジメント学会雑誌. 2016.04; 17 (Suppl.): 301. ( 医中誌 )

  73. 河崎 翔, 村田 希吉, 高橋 洋子, 田中 よし子, 尾林 聡, 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 伏見 清秀. 重大インシデントの危険因子に関する検討 日本医療マネジメント学会雑誌. 2016.04; 17 (Suppl.): 210. ( 医中誌 )

  74. 森脇 睦子, 梯 正之, 伏見 清秀. 軽症患者の大病院外来受診に関する検討 日本医療・病院管理学会誌. 2016.04; 53 (2): 103-112. ( 医中誌 )

  75. 高橋 洋子, 田中 よし子, 鳥羽 三佳代, 石井 理恵, 森脇 睦子, 村田 希吉, 伏見 清秀, 尾林 聡. 当院における院内全死亡事例検証に関する報告 日本医療マネジメント学会雑誌. 2016.04; 17 (Suppl.): 252. ( 医中誌 )

  76. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 田中 よし子, 高橋 洋子, 村田 希吉, 尾林 聡, 伏見 清秀. 安全管理レポートとDPCデータを用いた入院患者転倒の重症化に影響する因子分析 日本医療マネジメント学会雑誌. 2016.04; 17 (Suppl.): 211. ( 医中誌 )

  77. 今井 志乃ぶ, 森脇 睦子, 伏見 清秀, 小山田 光孝, 野呂 岳志, 山内 一恭, 東島 彰人, 高橋 朗. 持参薬に関する有害事象回避プログラム開発を目指した多施設実態調査 日本病院薬剤師会雑誌. 2015.12; 51 (12): 1449-1454. ( 医中誌 )

  78. 森脇 睦子, 伏見 清秀. 【キャリア支援のできる組織をつくる師長になる】クオリティマネージャー養成プログラムの開発と導入&実践 病院機能の高度化に相応した病院組織マネジメントを担う人材育成 ナースマネジャー. 2015.11; 17 (9): 26-31. ( 医中誌 )

  79. 鳥羽 三佳代, 佐瀬 裕子, 森脇 睦子, 伏見 清秀. DPCデータを用いた合併症症例抽出の試み 中心静脈カテーテル挿入に伴う重症気胸事例について 日本医療・病院管理学会誌. 2015.10; 52 (Suppl.): 128. ( 医中誌 )

  80. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 佐瀬 裕子, 伏見 清秀. 医療実データ分析に基づいた病院組織マネジメントのための人材育成プログラムの開発・体制整備・実践 日本医療・病院管理学会誌. 2015.10; 52 (Suppl.): 127. ( 医中誌 )

  81. 鳥羽 三佳代, 佐瀬 裕子, 森脇 睦子, 田中 よし子, 高橋 洋子, 東海林 裕, 村田 希吉, 田中 直文, 尾林 聡, 伏見 清秀. 安全管理レポートを用いた転倒・転落事例の臨床疫学的検討 医療の質・安全学会誌. 2015.10; 10 (Suppl.): 244. ( 医中誌 )

  82. 森脇 睦子, 伏見 清秀. クオリティマネージャー養成プログラムの開発と実践 日本医療マネジメント学会雑誌. 2015.06; 16 (Suppl.): 179. ( 医中誌 )

  83. 丸山 和子, 森脇 睦子, 本郷 千草, 坂本 浩志, 石井 優子, 石原 敬子, 村井 紀子, 佐藤 由美, 佐々木 真由美. 急性期内科・外科患者における転倒・転落ハイリスク患者識別のためのアセスメント項目の検討 国立病院総合医学会講演抄録集. 2014.11; 68回 439. ( 医中誌 )

  84. 森脇 睦子. データから見るNHO病院の生き残り方 PDCAに基づく医療の質の改善の取り組み 診療機能分析レポートを地域医療分析に活かす 国立病院総合医学会講演抄録集. 2013.11; 67回 300. ( 医中誌 )

  85. 森脇 睦子, 伏見 清秀. 病院機能分析の実際【最終回】様々な診療機能比較分析 病院. 2013.09; 72 (9): 740-743. ( 医中誌 )

  86. 森脇 睦子, 伏見 清秀. 病院機能分析の実際 診療科ベンチマーク分析 病院. 2013.08; 72 (8): 648-651. ( 医中誌 )

  87. 森脇 睦子, 伏見 清秀, 堀口 裕正. 類似度を応用した診療科単位のベンチマーク分析の開発 日本医療・病院管理学会誌. 2013.08; 50 (Suppl.): 233. ( 医中誌 )

  88. 森脇 睦子, 伏見 清秀. 病院機能分析の実際 地域患者シェアと診療圏分析 病院. 2013.07; 72 (7): 564-567. ( 医中誌 )

  89. 森脇 睦子. 診療機能分析を経営に活かす 診療機能分析レポートについて 国立病院総合医学会講演抄録集. 2012.11; 66回 286. ( 医中誌 )

  90. 堀口 裕正, 後 信, 森脇 睦子, 坂井 浩美, 野本 亀久雄. 医療事故の全国の発生頻度の推計に関する検討 医療の質・安全学会誌. 2010.02; 5 (1): 5-11. ( 医中誌 )

  91. 坂井 浩美, 堀口 裕正, 森脇 睦子, 後 信, 野本 亀久雄. 医療事故情報収集等事業における医療事故情報の報告の現況 手術・処置部位における左右間違いに関連した医療事故 医療の質・安全学会誌. 2009.11; 4 (Suppl.): 171. ( 医中誌 )

  92. 森脇 睦子, 坂井 浩美, 堀口 裕正, 後 信, 野本 亀久雄. 医療事故情報収集等事業における医療事故情報の報告の現況 輸血療法に関連した医療事故 医療の質・安全学会誌. 2009.11; 4 (Suppl.): 170. ( 医中誌 )

  93. 堀口 裕正, 森脇 睦子, 坂井 浩美, 後 信, 野本 亀久雄. 医療事故情報収集等事業における医療事故情報の報告の現況 薬剤量間違いに関連した医療事故 医療の質・安全学会誌. 2009.11; 4 (Suppl.): 171. ( 医中誌 )

  94. 堀口 裕正, 坂井 浩美, 森脇 睦子, 後 信, 野本 亀久雄. 医療事故情報収集等事業における医療事故情報の報告の現況 人工呼吸器に関連した医療事故に着目して 医療の質・安全学会誌. 2008.11; 3 (Suppl.): 239. ( 医中誌 )

  95. 坂井 浩美, 森脇 睦子, 堀口 裕正, 後 信, 野本 亀久雄. 医療事故情報収集等事業における医療事故情報の報告の現況 薬剤間違いに関連した医療事故に着目して 医療の質・安全学会誌. 2008.11; 3 (Suppl.): 239. ( 医中誌 )

  96. 森脇 睦子, 坂井 浩美, 堀口 裕正, 後 信, 野本 亀久雄. 医療事故情報収集等事業における医療事故情報の報告の現況 化学療法に関連した医療事故に着目して 医療の質・安全学会誌. 2008.11; 3 (Suppl.): 240. ( 医中誌 )

  97. 黒岩 寿美子, 森脇 睦子, 林田 賢史, 梯 正之, 山口 昇, 烏帽子田 彰. 「健康で長生きしたい」と思うことと地域高齢者の生活習慣・健康行動との関連性についての検討 広島大学保健学ジャーナル. 2007.09; 6 (2): 135-145. ( 医中誌 )

  98. 森脇 睦子. 医療費に及ぼす受療行動の背景要因に関する研究 広島大学保健学ジャーナル. 2007.09; 6 (2): 162-163. ( 医中誌 )

  99. 黒岩 寿美子, 林田 賢史, 森脇 睦子, 梯 正之, 烏帽子田 彰. 「将来、健康で長生きできると思う」ことが健康・社会的環境に与える要因の検討 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2006.10; 65回 790. ( 医中誌 )

  100. 後 信, 堀口 裕正, 木村 眞子, 森脇 睦子, 坂井 浩美, 野本 亀久雄. 医療事故情報収集等事業の現況について 医療の質・安全学会誌. 2006.10; 1 (1): 76-82. ( 医中誌 )

  101. Moriwaki M. [The influence of grasping the need of residents on the implemention of municipal health services]. [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health. 2006.07; 53 (7): 516-24. ( PubMed )

  102. 森脇 睦子, 黒岩 寿美子, 林田 賢史, 山口 扶弥, 梯 正之, 烏帽子田 彰. 全国市町村健康づくり事業において住民ニーズの把握が事業に与える影響について 日本公衆衛生雑誌. 2006.07; 53 (7): 516-524. ( 医中誌 )

  103. 森脇 睦子, 西山 美香. 遺体からの感染の可能性に関する調査 民族衛生. 2006.07; 72 (4): 160-167. ( 医中誌 )

  104. 森脇 睦子, 梯 正之, 西亀 正之. 診療費の情報提供と病院の満足度に関する調査 広島大学保健学ジャーナル. 2005.10; 5 (1): 1-9. ( 医中誌 )

  105. 林田 賢史, 黒岩 寿美子, 森脇 睦子, 粟屋 智一, 小林 敏生, 梯 正之, 今中 雄一, 烏帽子田 彰. 「健康日本21」地方計画策定に関する全国調査 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2004.10; 63回 360. ( 医中誌 )

  106. 森脇 睦子, 黒岩 寿美子, 林田 賢史, 山口 扶弥, 三浦 公嗣, 梯 正之, 石津 政雄, 久野 譜也, 烏帽子田 彰. 全国市町村健康づくり事業における住民のニーズと企画・実施・連携に関する検討 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2004.10; 63回 302. ( 医中誌 )

  107. 梯 正之, 黒岩 寿美子, 森脇 睦子, 林田 賢史, 山口 扶弥, 西山 美香, 曽根 智史, 烏帽子田 彰. 「実施者の満足度」は事業効果指標として有効か 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2004.10; 63回 323. ( 医中誌 )

  108. 黒岩 寿美子, 森脇 睦子, 林田 賢史, 岡 紳爾, 三輪 茂之, 前田 光哉, 大浦 秀子, 小林 敏生, 梯 正之, 安武 繁, 山口 昇, 烏帽子田 彰. 地域高齢者がサクセスフルに過ごすための関連要因に関する検討 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2004.10; 63回 681. ( 医中誌 )

  109. 山口 扶弥, 森脇 睦子, 黒岩 寿美子, 林田 賢史, 久野 譜也, 川口 毅, 梯 正之, 石津 政雄, 烏帽子田 彰. 都道府県等における「体力づくり」の取り組み 調査から見た実態と課題について 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2004.10; 63回 346. ( 医中誌 )

  110. 西山 美香, 作田 裕美, 松本 晴美, 土井 龍一, 重松 靖久, 森脇 睦子, 村上 正哲, 野間 文次郎, 森山 美知子, 梯 正之. 現在の医療規制を乗り越えた医療と介護のビジネスモデル ホスピス・ナーシングホーム"クリーム"の取り組み 病院. 2004.08; 63 (8): 680-683. ( 医中誌 )

  111. 眞田 幸三, 岩森 茂, 新田 康郎, 松村 誠, 津谷 隆之, 徳永 豊, 立山 義朗, 伊藤 稲造, 西亀 正之, 烏帽子田 彰, 梯 正之, 西山 美香, 森脇 睦子. 広島県医師会員の喫煙行動と喫煙に対する態度に関する調査 日本医師会雑誌. 2003.07; 130 (2): 283-291. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 院内ビッグデータ分析による病院機能高度化. 2016.06 (ISBN : 978-4840748575)

  2. ナースに必要な問題解決思考と病院データ分析力. ナースに必要な問題解決思考と病院データ分析力. 南山堂, 1918.09 (ISBN : 978-4-525-50051-1)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 松村 いつみ,森脇 睦子,大成 佳純,緒方 泰子,佐々木 美樹. 大腿骨近位部骨折患者におけるADL回復過程の可視化と関連する施設要因の検討ーDPCデータを用いた探索的分析-. 第26回日本看護管理学会学術集会 2022.08.19 福岡

  2. 野田 京花,森脇 睦子,額賀 みのり,佐々木 美樹,山内 和志,林田 賢史,緒方 泰子. 誤嚥性肺炎で自宅から入院した高齢患者の自宅外退院に影響する要因の検討ーDPCデータを用いた後方視的分析ー. 第59回日本医療・病院管理学会学術総会 2021.10

  3. 額賀 みのり,森脇 睦子,野田 京花,佐々木 美樹,緒方 泰子. 脳梗塞で自宅から入院した高齢患者の自宅外退院に影響する要因の検討ーDPCデータを用いた後方視的分析ー. 第25回日本看護管理学会学術集会 2021.08.28 横浜

  4. 森脇睦子、湯浅ひとみ、鈴木英明、小林廉毅. 脳性まひ児の介護負担に影響を与える要因に関する検討. 第79回日本公衆衛生学会総会 2020.10.23 高知県

  5. 坂元 与志子,新井 貴子,森脇 睦子,長田 恵子. 退院支援に関するスクリーニングの実施状況と改善課題の抽出. 第22回日本医療マネジメント学会学術総会 2020.10.07

  6. 森脇 睦子,湯浅 ひとみ,鈴木 英明,小林 廉毅. 脳性まひ児を持つ母の介護負担に与える影響と地域要因に関する分析 ―産科医療補償制度診断協力医作成の診断書データに基づく分析―. 第62回日本小児神経学会学術集会 2020.09.01

  7. 秋山 智弥,森脇 睦子,林田 賢史,緒方 泰子. 看護管理のエビデンスを見える化し革新につなげる ~日頃蓄積している重症度、医療・看護必要度の俯瞰から始めよう~. 第24回日本看護管理学会学術集会 2020.08.29

  8. 森岡典子, 森脇睦子, 緒方泰子. 大腿骨手術症例を対象とした看護配置と患者アウトカムの関連-DPCデータを用いた後ろ向きコホート研究-. 第23回日本看護管理学会学術集会 2019.08.23 新潟

▼全件表示

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 保険政策論,広島大学