基本情報

写真a

朝蔭 孝宏(アサカゲ タカヒロ)

Asakage Takahiro


職名

教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 頭頸部外科学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 頭頸部外科学 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本嚥下医学会

  • 日本口腔・咽頭科学会

  • 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー感染症学会

  • 耳鼻咽喉科臨床学会

  • 日本顔面神経学会

  • 日本気管食道科学会

  • 日本頭蓋底外科学会

  • 特定非営利活動法人 日本小児がん研究グループ

  • 日本喉頭科学会

  • 一般社団法人 日本癌治療学会

  • 特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会

  • 一般社団法人 日本頭頸部癌学会

  • 一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

  • 一般社団法人 日本内分泌外科学会

  • 日本サルコーマ治療研究学会

  • 一般社団法人 日本抗加齢医学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 代議員
  • 2018年03月
    -
    2020年03月
    一般社団法人 日本癌治療学会 がん診療ガイドライン統括・連絡委員会協力委員(頭頸部がん担当)
  • 2018年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 学術部先端研究委員会委員
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本嚥下医学会 評議員
  • 2018年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本頭頸部癌学会 理事
  • 2018年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本頭頸部癌学会 代議員
  • 2018年11月
    -
    現在
    日本口腔・咽頭科学会 評議員
  • 2019年03月
    -
    現在
    日本喉頭科学会 理事
  • 2019年03月
    -
    現在
    日本喉頭科学会 編集委員会 会報編集委員
  • 2019年03月
    -
    現在
    日本喉頭科学会 渉外担当理事
  • 2019年04月
    -
    2020年03月
    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 平成31年度専門医認定試験最終確認委員
  • 2019年04月
    -
    2021年03月
    特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会 ホームページ改訂ワーキンググループ 担当責任者
  • 2019年04月
    -
    現在
    特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会 専門医制度委員会担当理事
  • 2019年04月
    -
    現在
    特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会 保健医療副担当理事
  • 2019年04月
    -
    現在
    特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会 理事
  • 2019年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 東京都地方部会 幹事
  • 2019年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 東京都地方部会 代議員
  • 2019年08月
    -
    現在
    一般社団法人 日本癌治療学会 代議員
  • 2019年10月
    -
    現在
    一般社団法人 日本癌治療学会 理事
  • 2020年02月
    -
    現在
    一般社団法人 日本癌治療学会 編集委員会 IJCO編集部会Associate Editor
  • 2020年02月
    -
    現在
    一般社団法人 日本癌治療学会 e-ラーニング運営部会部会長
  • 2020年02月
    -
    現在
    一般社団法人 日本癌治療学会 教育委員会 委員
  • 2020年02月
    -
    現在
    一般社団法人 日本癌治療学会 ICCJ編集部会 Associate Editor
  • 2020年04月
    -
    2020年12月
    日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会 評議員
  • 2020年04月
    -
    現在
    耳鼻咽喉科臨床学会 運営委員
  • 2020年04月
    -
    現在
    日本顔面神経学会 評議員
  • 2020年04月
    -
    現在
    特定非営利活動法人 日本気管食道科学会 評議員
  • 2020年04月
    -
    現在
    特定非営利活動法人 日本気管食道科学会 理事
  • 2020年04月
    -
    現在
    日本頭蓋底外科学会 理事
  • 2020年04月
    -
    現在
    日本喉頭科学会 評議員
  • 2020年04月
    -
    現在
    特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会 評議員
  • 2020年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本頭頸部癌学会 教育委員会 担当理事
  • 2020年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 財務部財務委員会委員長
  • 2020年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 専門医認定試験MCQ諮問委員
  • 2021年01月
    -
    現在
    日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー感染症学会 評議員
  • 2021年04月
    -
    現在
    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 近未来の耳鼻咽喉科治療の在り方ワーキンググループ メンバー
  • 2021年04月
    -
    現在
    日本頭蓋底外科学会 国際委員会 委員
  • 2021年04月
    -
    現在
    日本頭蓋底外科学会 教育委員会 委員
  • 2021年04月
    -
    現在
    日本頭蓋底外科学会 会長候補選出委員会 委員
  • 2021年04月
    -
    現在
    特定非営利活動法人 日本小児がん研究グループ 横紋筋肉腫委員会 委員

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規RASシグナル阻害剤の頭頸部癌治療応答基盤解,2022年04月 - 現在

  • 再発転移頭頸部癌に対する近赤外線免疫療法症例におけるバイオマーカー探索研究,2021年04月 - 現在

  • 成人固形がんに対する標準的治療確立のための基盤研究(JCOG),2018年04月 - 現在

  • StageⅠ/Ⅱ舌癌に対する予防的頸部郭清省略の意義を検証するための多施設共同臨床試験,2018年04月 - 現在

  • 再発転移頭頸部癌に対するニボルマブ最適化投与のためのバイオマーカーに関する研究,2018年04月 - 2021年03月

  • 頭頸部癌全国登録システムの構築と臓器温存治療のエビデンス創出,2018年04月 - 2019年03月

  • 頭頸部癌全国症例登録システムの構築と臓器温存治療のエビデンス創出,2017年04月 - 2018年03月

  • 脳卒中患者への医科歯科連携が及ぼす効果に関する総合研究,2016年04月 - 2019年03月

  • 非介入・介入観察研究・頭頸部癌に対する機能温存・再建治療に関するシステマック・レビュー,2016年04月 - 2017年03月

  • 副鼻腔悪性腫瘍に対する内視鏡科頭蓋底手術の標準化を目指した他施設共同研究,2016年04月 - 2017年03月

  • 頭頚部扁平上皮癌におけるP13K経路上の変異解析とクリニカルシーケンスへの応用,2015年04月 - 2018年03月

  • 頭頚部がん患者の問題解決スキルに焦点を当てた心理的介入プログラムの開発と効果検証,2015年04月 - 2018年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 再発転移頭頸部癌に対するニボルマブ最適化投与のためのバイオマーカーに関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 頭頸部がん患者の問題解決スキルに焦点を当てた心理的介入プログラムの開発と効果検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 頭頸部扁平上皮癌におけるPI3K経路上の変異解析とクリニカルシーケンスへの応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 新規RASシグナル阻害剤の頭頸部癌治療応答基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 再発転移頭頸部癌に対する近赤外光線免疫療法症例におけるバイオマーカー探索研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kentaro Tanaka, Nobuko Suesada, Tsutomu Homma, Hiroki Mori, Takeshi Tsutsumi, Takahiro Asakage, Mutsumi Okazaki. Muscle-penetration method: Cable nerve grafting with well vascularized surrounding tissue and shortest graft length. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2022.07; 75 (7): 2387-2440. ( PubMed, DOI )

  2. Rika Noji, Kohki Tohyama, Takuma Kugimoto, Takeshi Kuroshima, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Yasuyuki Michi, Akihisa Tasaki, Kazuchika Ohno, Yosuke Ariizumi, Iichiroh Onishi, Mitsukuni Suenaga, Takehiko Mori, Ryuichi Okamoto, Ryoichi Yoshimura, Masahiko Miura, Takahiro Asakage, Satoshi Miyake, Sadakatsu Ikeda, Hiroyuki Harada, Yoshihito Kano. Comprehensive Genomic Profiling Reveals Clinical Associations in Response to Immune Therapy in Head and Neck Cancer. Cancers (Basel). 2022.07; 14 (14): ( PubMed, DOI )

  3. Naomi Kiyota, Makoto Tahara, Junki Mizusawa, Takeshi Kodaira, Hirofumi Fujii, Tomoko Yamazaki, Hiroki Mitani, Shigemichi Iwae, Yasushi Fujimoto, Yusuke Onozawa, Nobuhiro Hanai, Takenori Ogawa, Hiroki Hara, Nobuya Monden, Eiji Shimura, Shujiro Minami, Takashi Fujii, Kaoru Tanaka, Akihiro Homma, Seiichi Yoshimoto, Nobuhiko Oridate, Koichi Omori, Tsutomu Ueda, Kenji Okami, Ichiro Ota, Kiyoto Shiga, Masashi Sugasawa, Takahiro Asakage, Yuki Saito, Shigeyuki Murono, Yasumasa Nishimura, Kenichi Nakamura, Ryuichi Hayashi, . Weekly Cisplatin Plus Radiation for Postoperative Head and Neck Cancer (JCOG1008): A Multicenter, Noninferiority, Phase II/III Randomized Controlled Trial. J Clin Oncol. 2022.06; 40 (18): 1980-1990. ( PubMed, DOI )

  4. Ryosuke Takahashi, Hiroaki Kawabe, Nobuaki Koide, Akihisa Tasaki, Kazuchika Ohno, Yosuke Ariizumi, Daisuke Kobayashi, Takahiro Asakage. Superior mediastinal paraganglioma initially suspected of being a mediastinal thyroid goiter. Auris Nasus Larynx. 2022.06; 49 (3): 520-524.

  5. Kazuchika Ohno, Motomi Nasu, Hidetoshi Matsui, Yoshifumi Baba, Takushi Yasuda, Jun Sakuma, Kenichiro Ikeda, Takashi Maruo, Takumi Okuda, Norihiko Narita, Hisayuki Kato, Taiji Kawasaki, Hiroshi Sato, Kunihiko Tokashiki, Naoki Akisada, Hajime Ishinaga, Ken Akashi, Kenji Okami, Kosuke Murayama, Soichiro Yamamoto, Yuji Kumakura, Kenro Kawada, Akihiro Shiotani, Takahiro Asakage. Real-world treatment patterns and outcomes in Japanese patients with cervical esophageal cancer. Esophagus. 2022.05; ( PubMed, DOI )

  6. Takahiro Asakage. [Common Sense in Head and Neck Surgery for Malignant Skull Base Disease:Lack of Common Sense in Neurosurgery]. No Shinkei Geka. 2022.05; 50 (3): 578-585. ( PubMed, DOI )

  7. Yoshinori Imamura, Naomi Kiyota, Makoto Tahara, Nobuhiro Hanai, Takahiro Asakage, Kazuto Matsuura, Ichiro Ota, Yuki Saito, Daisuke Sano, Takeshi Kodaira, Atsushi Motegi, Koichi Yasuda, Shunji Takahashi, Tomoya Yokota, Susumu Okano, Kaoru Tanaka, Takuma Onoe, Yosuke Ariizumi, Akihiro Homma. Systemic therapy for salivary gland malignancy: current status and future perspectives. Jpn J Clin Oncol. 2022.04; 52 (4): 293-302. ( PubMed, DOI )

  8. Takahiro Asakage. Epidemiology and treatment of head and neck malignancies in the AYA generation. Int J Clin Oncol. 2022.03; 27 (3): 465-472. ( PubMed, DOI )

  9. Ryuji Yasumatsu, Yasushi Shimizu, Nobuhiro Hanai, Shin Kariya, Tomoya Yokota, Takashi Fujii, Kiyoaki Tsukahara, Mizuo Ando, Kenji Hanyu, Tsutomu Ueda, Hitoshi Hirakawa, Shunji Takahashi, Takeharu Ono, Daisuke Sano, Moriyasu Yamauchi, Akihito Watanabe, Koichi Omori, Tomoko Yamazaki, Nobuya Monden, Naomi Kudo, Makoto Arai, Syuji Yonekura, Takahiro Asakage, Takahiro Nekado, Takayuki Yamada, Akihiro Homma. Outcomes of long-term nivolumab and subsequent chemotherapy in Japanese patients with head and neck cancer: 2-year follow-up from a multicenter real-world study. Int J Clin Oncol. 2022.01; 27 (1): 95-104. ( PubMed, DOI )

  10. Yasuko Aoyagi, Yoshihito Kano, Kohki Tohyama, Shotaro Matsudera, Yuichi Kumaki, Kenta Takahashi, Takahiro Mitsumura, Yohei Harada, Akemi Sato, Hideaki Nakamura, Eisaburo Sueoka, Naoko Aragane, Koichiro Kimura, Iichiro Onishi, Akira Takemoto, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Toshiaki Ishikawa, Masanori Tokunaga, Tsuyoshi Nakagawa, Noriko Oshima, Reiko Nakamura, Masatoshi Takagi, Takahiro Asakage, Hiroyuki Uetake, Minoru Tanabe, Satoshi Miyake, Yusuke Kinugasa, Sadakatsu Ikeda. Clinical utility of comprehensive genomic profiling in Japan: Result of PROFILE-F study. PLoS One. 2022; 17 (3): e0266112. ( PubMed, DOI )

  11. Ryo-Ichi Yoshimura, Kazuma Toda, Hiroshi Watanabe, Atsushi Kaida, Hiroyuki Harada, Takahiro Asakage, Masahiko Miura. Efficacy and Safety of Induction Chemotherapy and/or External Beam Radiotherapy Followed by Brachytherapy in Patients With Tongue Cancer. Anticancer Res. 2021.12; 41 (12): 6259-6266. ( PubMed, DOI )

  12. Kaori Mohri, Kentaro Tanaka, Takashi Sugawara, Takahiro Asakage, Takeshi Tsutsumi. Management of the temporal bone defect after resection of external auditory canal cancer. Auris Nasus Larynx. 2021.12; 48 (6): 1157-1161. ( PubMed, DOI )

  13. Kentaro Tanaka, Takashi Sugawara, Takahiro Asakage, Mutsumi Okazaki. A Concept of "Boundary Determination" by the Combination of a Local Flap and Free Tissue Transfer Useful for the Prevention of Postoperative Complications After Complex and Widespread Skull Base Reconstruction. J Craniofac Surg. 2021.11; 32 (8): e820-e822. ( PubMed, DOI )

  14. Kiyoto Shiga, Ken-Ichi Nibu, Yasushi Fujimoto, Takahiro Asakage, Akihiro Homma, Hiroki Mitani, Takenori Ogawa, Kenji Okami, Shigeyuki Murono, Shigeru Hirano, Tsutomu Ueda, Nobuhiro Hanai, Kiyoaki Tsukahara, Ichiro Ota, Seiichi Yoshimoto, Takeshi Shinozaki, Shigemichi Iwae, Katsunori Katagiri, Daisuke Saito, Naomi Kiyota, Makoto Tahara, Fumiaki Takahashi, Ryuichi Hayashi. Sites of invasion of cancer of the external auditory canal predicting oncologic outcomes. Head Neck. 2021.10; 43 (10): 3097-3105. ( PubMed, DOI )

  15. Emi Yamaga, Tomoyuki Fujioka, Takahiro Asakage, Keiko Miura, Ukihide Tateishi. 18F-FDG-Detected Brown Tumor Confined to the Maxillary Bone With Parathyroid Adenoma. Clin Nucl Med. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  16. Kentaro Tanaka, Nobuko Suesada, Tsutomu Homma, Hiroki Mori, Takashi Sugawara, Takeshi Tsutsumi, Takahiro Asakage, Mutsumi Okazaki. The different concepts of surgical managements between anterior and lateral skull base reconstructions based on surgical purposes. Auris Nasus Larynx. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  17. Jun Inoue, Masahiro Kishikawa, Hitoshi Tsuda, Yasuaki Nakajima, Takahiro Asakage, Johji Inazawa. Identification of PDHX as a metabolic target for esophageal squamous cell carcinoma. Cancer Sci. 2021.07; 112 (7): 2792-2802. ( PubMed, DOI )

  18. Masahiro Kishikawa, Jun Inoue, Hidetoshi Hamamoto, Katsunori Kobayashi, Takahiro Asakage, Johji Inazawa. Augmentation of lenvatinib efficacy by topical treatment of miR-634 ointment in anaplastic thyroid cancer Biochem Biophys Rep. 2021.07; 26 101009. ( PubMed, DOI )

  19. Shin Kariya, Yasushi Shimizu, Nobuhiro Hanai, Ryuji Yasumatsu, Tomoya Yokota, Takashi Fujii, Kiyoaki Tsukahara, Masafumi Yoshida, Kenji Hanyu, Tsutomu Ueda, Hitoshi Hirakawa, Shunji Takahashi, Takeharu Ono, Daisuke Sano, Moriyasu Yamauchi, Akihito Watanabe, Koichi Omori, Tomoko Yamazaki, Nobuya Monden, Naomi Kudo, Makoto Arai, Shuji Yonekura, Takahiro Asakage, Akinori Fujiwara, Takayuki Yamada, Akihiro Homma. Effectiveness of nivolumab affected by prior cetuximab use and neck dissection in Japanese patients with recurrent or metastatic head and neck cancer: results from a retrospective observational study in a real-world setting. Int J Clin Oncol. 2021.06; 26 (6): 1049-1056. ( PubMed, DOI )

  20. Nobuhiro Hanai, Yasushi Shimizu, Shin Kariya, Ryuji Yasumatsu, Tomoya Yokota, Takashi Fujii, Kiyoaki Tsukahara, Masafumi Yoshida, Kenji Hanyu, Tsutomu Ueda, Hitoshi Hirakawa, Shunji Takahashi, Takeharu Ono, Daisuke Sano, Moriyasu Yamauchi, Akihito Watanabe, Koichi Omori, Tomoko Yamazaki, Nobuya Monden, Naomi Kudo, Makoto Arai, Daiju Sakurai, Takahiro Asakage, Issei Doi, Takayuki Yamada, Akihiro Homma. Correction to: Effectiveness and safety of nivolumab in patients with head and neck cancer in Japanese real‑world clinical practice: a multicentre retrospective clinical study. Int J Clin Oncol. 2021.05; 26 (5): 1005-1006. ( PubMed, DOI )

  21. Ohno K, Kawada K, Sugimoto T, Kiyokawa Y, Kawabe H, Takahashi R, Koide N, Tateishi Y, Tasaki A, Ariizumi Y, Asakage T. Evaluation of synchronous multiple primary superficial laryngo-pharyngeal cancers that were treated by endoscopic laryngo-pharyngeal surgery. Auris, nasus, larynx. 2021.04; ( PubMed, DOI )

  22. Kiyoto Shiga, Ken-Ichi Nibu, Yasushi Fujimoto, Takahiro Asakage, Akihiro Homma, Hiroki Mitani, Takenori Ogawa, Kenji Okami, Shigeyuki Murono, Shigeru Hirano, Tsutomu Ueda, Nobuhiro Hanai, Kiyoaki Tsukahara, Ichiro Ota, Seiichi Yoshimoto, Takeshi Shinozaki, Shigemichi Iwae, Katsunori Katagiri, Daisuke Saito, Naomi Kiyota, Makoto Tahara, Fumiaki Takahashi, Ryuichi Hayashi. Multi-institutional Survey of Squamous Cell Carcinoma of the External Auditory Canal in Japan. Laryngoscope. 2021.03; 131 (3): E870-E874. ( PubMed, DOI )

  23. Nobuhiro Hanai, Yasushi Shimizu, Shin Kariya, Ryuji Yasumatsu, Tomoya Yokota, Takashi Fujii, Kiyoaki Tsukahara, Masafumi Yoshida, Kenji Hanyu, Tsutomu Ueda, Hitoshi Hirakawa, Shunji Takahashi, Takeharu Ono, Daisuke Sano, Moriyasu Yamauchi, Akihito Watanabe, Koichi Omori, Tomoko Yamazaki, Nobuya Monden, Naomi Kudo, Makoto Arai, Daiju Sakurai, Takahiro Asakage, Issei Doi, Takayuki Yamada, Akihiro Homma. Effectiveness and safety of nivolumab in patients with head and neck cancer in Japanese real-world clinical practice: a multicenter retrospective clinical study. Int J Clin Oncol. 2021.03; 26 (3): 494-506. ( PubMed, DOI )

  24. Atsuto Katano, Ryousuke Takenaka, Hideomi Yamashita, Mizuo Ando, Masafumi Yoshida, Yuki Saito, Takahiro Asakage, Osamu Abe, Keiichi Nakagawa. A retrospective analysis of radiotherapy in the treatment of external auditory canal carcinoma. Mol Clin Oncol. 2021.03; 14 (3): 45. ( PubMed, DOI )

  25. Shunichi Baba, Takumi Akashi, Kou Kayamori, Tomoyuki Ohuchi, Ikuko Ogawa, Nobuhisa Kubota, Keisuke Nakano, Hitoshi Nagatsuka, Hiromasa Hasegawa, Kenichi Matsuzaka, Shohei Tomii, Keisuke Uchida, Noriko Katsuta, Takahiro Sekiya, Noboru Ando, Keiko Miura, Hironori Ishibashi, Yousuke Ariizumi, Takahiro Asakage, Yasuyuki Michi, Hiroyuki Harada, Kei Sakamoto, Yoshinobu Eishi, Kenichi Okubo, Tohru Ikeda. Homeobox transcription factor engrailed homeobox 1 is a possible diagnostic marker for adenoid cystic carcinoma and polymorphous adenocarcinoma. Pathol Int. 2021.02; 71 (2): 113-123. ( PubMed, DOI )

  26. Susumu Okano, Akihiro Homma, Naomi Kiyota, Makoto Tahara, Nobuhiro Hanai, Takahiro Asakage, Kazuto Matsuura, Takenori Ogawa, Yuki Saito, Daisuke Sano, Takeshi Kodaira, Atsushi Motegi, Koichi Yasuda, Shunji Takahashi, Kaoru Tanaka, Takuma Onoe, Tomoya Yokota, Yoshinori Imamura, Yosuke Ariizumi, Tetsuo Akimoto, Ryuichi Hayashi. Induction chemotherapy in locally advanced squamous cell carcinoma of the head and neck. Jpn J Clin Oncol. 2021.02; 51 (2): 173-179. ( PubMed, DOI )

  27. Yusuke Kiyokawa, Yousuke Ariizumi, Kazuchika Ohno, Taku Ito, Yoshiyuki Kawashima, Atsunobu Tsunoda, Seiji Kishimoto, Takahiro Asakage, Takeshi Tsutsumi. Indications for and extent of elective neck dissection for lymph node metastasis from external auditory canal carcinoma. Auris Nasus Larynx. 2020.12; ( PubMed, DOI )

  28. Takahashi R, Kawabe H, Koide N, Tasaki A, Ohno K, Ariizumi Y, Kobayashi D, Asakage T. Superior mediastinal paraganglioma initially suspected of being a mediastinal thyroid goiter. Auris, nasus, larynx. 2020.11; ( PubMed, DOI )

  29. Yokoyama Kota, Manabe Osamu, Tsuchiya Jyunichi, Oyama Jun, Kawabe Hiroaki, Tateishi Yumiko, Asakage Takahiro, Yamamoto Kouhei, Tateishi Ukihide. A rare case of cranial and spinal leptomeningeal dissemination of recurrent ethmoid carcinoma detected by [18F]-FDG PET/CT EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING. 2020.09; 48 (4): 1266-1267. ( PubMed, DOI )

  30. Ichikura K, Nakayama N, Matsuoka S, Ariizumi Y, Sumi T, Sugimoto T, Fukase Y, Murayama N, Tagaya H, Asakage T, Matsushima E. Efficacy of stress management program for depressive patients with advanced head and neck cancer: A single-center pilot study. International journal of clinical and health psychology : IJCHP. 2020.09; 20 (3): 213-221. ( PubMed, DOI )

  31. Tomoya Yokota, Akihiro Homma, Naomi Kiyota, Makoto Tahara, Nobuhiro Hanai, Takahiro Asakage, Kazuto Matsuura, Takenori Ogawa, Yuki Saito, Daisuke Sano, Takeshi Kodaira, Atsushi Motegi, Koichi Yasuda, Shunji Takahashi, Kaoru Tanaka, Takuma Onoe, Susumu Okano, Yoshinori Imamura, Yosuke Ariizumi, Ryuichi Hayashi, . Immunotherapy for squamous cell carcinoma of the head and neck. Jpn. J. Clin. Oncol.. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  32. Yuki Saito, Ryuichi Hayashi, Yoshiyuki Iida, Takatsugu Mizumachi, Takashi Fujii, Fumihiko Matsumoto, Takeshi Beppu, Masafumi Yoshida, Hirotaka Shinomiya, Ryosuke Kamiyama, Mutsukazu Kitano, Kazuhiko Yokoshima, Yasushi Fujimoto, Takanori Hama, Taku Yamashita, Kenji Okami, Kouki Miura, Takuo Fujisawa, Daisuke Sano, Hisayuki Kato, Shujiro Minami, Masashi Sugasawa, Muneyuki Masuda, Ichiro Ota, Shigemichi Iwae, Ryo Kawata, Nobuya Monden, Takayuki Imai, Takahiro Asakage, Masafumi Okada, Takanori Yoshikawa, Kensuke Tanioka, Megumi Kitayama, Mariko Doi, Satoshi Fujii, Masato Fujii, Nobuhiko Oridate, Munenaga Nakamizo, Seiichi Yoshimoto, Akihiro Homma, Ken-Ichi Nibu, Katsunari Yane. Optimization of therapeutic strategy for p16-positive oropharyngeal squamous cell carcinoma: Multi-institutional observational study based on the national head and neck cancer registry of Japan. Cancer. 2020.07; 126 (18): 4177-4187. ( PubMed, DOI )

  33. Takeshi Shinozaki, Chikatoshi Katada, Kiyoto Shiga, Takahiro Asakage, Tetsuji Yokoyama, Tomonori Yano, Ichiro Oda, Yuichi Shimizu, Kenichi Takemura, Hideki Ishikawa, Akira Yokoyama, Manabu Muto. Effectiveness of planned surveillance for detecting second primary head and neck cancers after endoscopic resection of esophageal squamous cell carcinoma. Jpn. J. Clin. Oncol.. 2020.06; ( PubMed, DOI )

  34. 井上 剛志, 野村 文敬, 清川 佑介, 朝蔭 孝宏. 特徴的な嚥下障害をきたしたZenker憩室の一例 口腔・咽頭科. 2020.06; 33 (2): 131-135. ( 医中誌 )

  35. Kohtaro Eguchi, Shigeo Kawai, Masayoshi Mukai, Hiroaki Nagashima, Satoshi Shirakura, Taro Sugimoto, Takahiro Asakage. Medial lingual lymph node metastasis in carcinoma of the tongue. Auris Nasus Larynx. 2020.02; 47 (1): 158-162. ( PubMed, DOI )

  36. Nomura Fuminori, Ariizumi Yosuke, Kiyokawa Yusuke, Tasaki Akihisa, Tateishi Yumiko, Koide Nobuaki, Kawabe Hiroaki, Sugawara Takashi, Tanaka Kentaro, Asakage Takahiro. 顎関節に生じた色素性絨毛結節性滑膜炎(Pigmented villonodular synovitis occurring in the temporomandibular joint) Auris・Nasus・Larynx. 2019.08; 46 (4): 609-617. ( 医中誌 )

  37. Fuminori Nomura, Yosuke Ariizumi, Yusuke Kiyokawa, Akihisa Tasaki, Yumiko Tateishi, Nobuaki Koide, Hiroaki Kawabe, Takashi Sugawara, Kentaro Tanaka, Takahiro Asakage. Pigmented villonodular synovitis occurring in the temporomandibular joint. Auris Nasus Larynx. 2019.08; 46 (4): 609-617. ( PubMed, DOI )

  38. , Nobuya Monden, Takahiro Asakage, Naomi Kiyota, Akihiro Homma, Kazuto Matsuura, Nobuhiro Hanai, Takeshi Kodaira, Sadamoto Zenda, Hirofumi Fujii, Makoto Tahara, Tomoya Yokota, Tetsuo Akimoto, Shigemichi Iwae, Tetsuro Onitsuka, Takenori Ogawa, Susumu Okano, Shunji Takahashi, Yasushi Shimizu, Koichiro Yonezawa, Ryuichi Hayashi. A review of head and neck cancer staging system in the TNM classification of malignant tumors (eighth edition). Jpn J Clin Oncol. 2019.07; 49 (7): 589-595. ( PubMed, DOI )

  39. Toshifumi Tomioka, Takeshi Beppu, Takashi Fujii, Taijirou Ozawa, Takahiro Asakage, Tetsuro Onitsuka, Yasushi Fujimoto, Kazuto Matsuura, Kazuyoshi Kawabata, Ryuichi Hayashi. Surgical management around the paratracheal area of hypopharyngeal cancer. Jpn J Clin Oncol. 2019.05; 49 (5): 452-457. ( PubMed, DOI )

  40. Takeshi Namiki, Kohei Nojima, Sakiko Chikazawa, Yutaro Iwamoto, Yuki Otsuki, Hind Albusani, Keiko Miura, Yusuke Kiyokawa, Takahiro Asakage, Hiroo Yokozeki. Dramatic effect of nivolumab against melanoma and immune-related liver toxicity: A detailed histopathological and immunohistochemical analysis of nivolumab-induced liver toxicity. J Dermatol. 2019.05; 46 (5): e182-e183. ( PubMed, DOI )

  41. Nobuhiro Hanai, Takahiro Asakage, Naomi Kiyota, Akihiro Homma, Ryuichi Hayashi. Controversies in relation to neck management in N0 early oral tongue cancer. Jpn J Clin Oncol. 2019.04; 49 (4): 297-305. ( PubMed, DOI )

  42. Ryuhei Okada, Taku Ito, Fuminori Nomura, Susumu Kirimura, Yuichiro Cho, Masaki Sekine, Yumiko Tateishi, Yosuke Ariizumi, Takahiro Asakage. The quantitative analysis of the human papillomavirus DNA load in submandibular gland lesions with droplet digital polymerase chain reaction. Acta Otolaryngol. 2019.01; 139 (1): 105-110. ( PubMed, DOI )

  43. Kiyo Tanaka, Nobuhiro Hanai, Junko Eba, Junki Mizusawa, Takahiro Asakage, Akihiro Homma, Naomi Kiyota, Haruhiko Fukuda, Ryuichi Hayashi, . Randomized phase III study to evaluate the value of omission of prophylactic neck dissection for stage I/II tongue cancer: Japan Clinical Oncology Group study (JCOG1601, RESPOND). Jpn J Clin Oncol. 2018.12; 48 (12): 1105-1108. ( PubMed, DOI )

  44. 岸川 正大, 井上 純, 濱本 英利, 小林 勝則, 藤原 恭子, 朝蔭 孝宏, 稲澤 譲治. 皮膚癌に対するmiR-634軟膏の塗布による抗腫瘍効果 日本癌学会総会記事. 2018.09; 77回 1476. ( 医中誌 )

  45. 朝蔭孝宏. 鼻副鼻腔癌に対する特殊なアプローチ法 JOHNS. 2018.09; 34 (9): 1357-1361.

  46. Akira Toriihara, Masashi Nakadate, Tomoyuki Fujioka, Jun Oyama, Takeshi Tsutsumi, Takahiro Asakage, Atsunobu Tsunoda, Ukihide Tateishi. Clinical Usefulness of 18F-FDG PET/CT for Staging Cancer of the External Auditory Canal. Otol Neurotol. 2018.06; 39 (5): e370-e375. ( PubMed, DOI )

  47. Kenro Kawada, Taro Sugimoto, Ryuhei Okada,Kazuya Yamaguchi, Yudai Kawamura,Masafumi Okuda, Yuuichiro Kume,Andres Mora,Tairo Ryotokuji,Takuta Okada,Akihiro Hoshino,Yutaka Tokairin,Yausaki Nakajima,Yusuke kiyokawa,Fuminori Nomura,Yosuke Ariizumi, Shohei Tomii, Takashi Ito, Takahiro Asakage, Yusuke Kinugasa, Tatsuyuki Kawano. A case of simultaneous triple primary cancers of the hypopharynx, esophagus and stomach which were dissected by endoscopic laryngo-pharyngeal surgery combined with endoscopic submucosal dissection Open Journal of Gastroenterilogy. 2018.03; 8 (3): 94-102. ( DOI )

  48. 朝蔭孝宏. D’s Mind 医の道をつなぐ D-to-D. 2018.01; (30): 4-9.

  49. kawada k, Kawano T, Okada T, Yamaguchi K,Kawamura Y, Matsui T,Okuda M,Ogo T,Kume Y,Nakajima Y,Anderes Mora,Hoshino A, Tokairin Y, Nakajima Y,Okada R,Kiyokawa Y,Nomura F,Ariizumi Y,Sugimoto T,Asakage T,Ito T. The usefullness of intra-oropharyngeal U-turm method using trans-nasal endoscopy for detecting superficial squamous cell carcinoma of the base of the tongue J Otolaryngol ENT Res. 2017.08; 8 240.

  50. kawada k, Kawano T, Sugimoto T,Yamaguchi K,Kawamura Y,Matsui T,Okuda M,Ogo T,Kume Y,Nakajima Y,Andres Mora, Okada T,Hoshino A, Tokairin Y,Nakajima Y,Okada R,Kiyokawa Y,Nomura F,Asakage T,Shimoda R,Ito T. Case of suprficial cancer located at the pharyngoesophageal jinction which was dissected by endoscopic laryngopharyngeal surgery combined with endoscopic submucosal dissection Case Rep Otolaryngol. 2017.08; ( DOI )

  51. Ken-Ichi Nibu, Ryuichi Hayashi, Takahiro Asakage, Hiroya Ojiri, Yoshihiro Kimata, Takeshi Kodaira, Toshitaka Nagao, Torahiko Nakashima, Takashi Fujii, Hirofumi Fujii, Akihiro Homma, Kazuto Matsuura, Nobuya Monden, Takeshi Beppu, Nobuhiro Hanai, Tadaaki Kirita, Yuzuru Kamei, Naoki Otsuki, Naomi Kiyota, Sadamoto Zenda, Ken Omura, Koichi Omori, Tetsuo Akimoto, Kazuyoshi Kawabata, Seiji Kishimoto, Hiroya Kitano, Iwai Tohnai, Takashi Nakatsuka. Japanese Clinical Practice Guideline for Head and Neck Cancer. Auris Nasus Larynx. 2017.08; 44 (4): 375-380. ( PubMed, DOI )

  52. Go Omura, Mizuo Ando, Yuki Saito, Osamu Fukuoka, Ken Akashi, Masafumi Yoshida, Akinobu Kakigi, Takahiro Asakage, Tatsuya Yamasoba. Survival impact of local extension sites in surgically treated patients with temporal bone squamous cell carcinoma. Int J Clin Oncol. 2017.06; 22 (3): 431-437. ( PubMed, DOI )

  53. 河邊 浩明, 大野 十央, 川田 研郎, 高橋 亮介, 立石 優美子, 岡田 隆平, 有泉 陽介, 杉本 太郎, 朝蔭 孝宏. 内視鏡的咽喉頭手術を施行した下咽頭類基底細胞癌の2例 日本気管食道科学会会報 . 2022.06; 73 (3): 222-230. ( DOI )

  54. 朝蔭孝宏. 【一生使える頭蓋底外科の"知"と"技"】頭蓋底外科手術に必要な解剖・生理・病理の知識 悪性頭蓋底疾患に対する頭頸部外科での常識 脳神経外科の非常識 Neurological Surgery. 2022.05; 50 (3): 578-585.

  55. 佐藤 尊陽, 有泉 陽介, 田崎 彰久, 大野 十央, 河邊 浩明, 高橋 亮介, 立石 優美子, 朝蔭 孝宏. 上顎洞血瘤腫に対する術前血管塞栓術を行わない経鼻内視鏡単独手術の安全性 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会会報. 2022.02; 125 (2): 143-150. ( 医中誌 )

  56. 松崎理樹, 高橋亮介, 相澤有輝, 藤田恭平, 壽美田一貴, 朝蔭孝宏. 症例をどうみるか 栄養血管塞栓術後に摘出術を施行した頸動脈小体腫瘍の症例 JOHNS. 2022.02; 38 (2): 237-240.

  57. 岡田 隆平, 大野 十央, 高橋 亮介, 河邊 浩明, 立石 優美子, 有泉 陽介, 堤 剛, 朝蔭 孝宏. 頭蓋底転移で発見された甲状腺低分化癌例 耳鼻咽喉科臨床. 2022.02; 115 (2): 159-165. ( DOI )

  58. 遠山皓基, 加納嘉人, 野地理夏, 青柳康子, 松寺翔太郎, 大野十央, 有泉陽介, 道泰之, 富岡寛文, 島本裕彰, 吉村 亮一, 朝蔭孝宏, 原田浩之, 三宅智, 三浦雅彦, 池田貞勝. 再発・転移頭頸部癌に対する網羅的がんゲノム解析と臨床的有用性. 頭頸部癌. 2021.12; 47 (4): 359-365. ( DOI )

  59. 川田 研郎,河邊 浩明,大野 十央,岡田 隆平,田崎 彰久,篠原 元,塩原 寛之,角田 龍太,齋藤 賢将,藤原 直人,星野 明弘,徳永 正則,絹笠 祐介, 杉本 太郎,朝蔭 孝宏. 【咽頭表在癌の内視鏡診断と治療】咽頭表在癌の治療選択とその実際 ESD/ELPSを中心に 胃と腸. 2021.10; 56 (11): 1419-1426. ( 医中誌 )

  60. 大野 十央,朝蔭 孝宏. 外来診療に役立つ機器・材料・薬剤 鼻出血の処置に役立つパッキングキット JOHNS . 2021.10; 37 (10): 1378-1380. ( 医中誌 )

  61. 河邊 浩明,立石 優美子,朝蔭 孝宏,堤 剛. 【がんの嚥下障害と栄養】2 頭頸部がん治療における嚥下障害 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine . 2021.08; 58 (8): 864-868. ( DOI 医中誌 )

  62. 有泉 陽介,大野 十央, 朝蔭 孝宏. 【必読!!耳鼻咽喉科医が知っておくべきCOVID-19の知識】耳鼻咽喉科診療と新型コロナウイルス感染症対策 気管切開術の取り扱い JOHNS. 2021.07; 37 (7): 728-730. ( 医中誌 )

  63. 平野 滋,朝蔭 孝宏,花井 信広,猪原 秀典,日本頭頸部外科学会頸部郭清術の保険点数改訂に向けたワーキンググループ. 頭頸部悪性腫瘍手術における原発巣切除術と頸部郭清術併施の手術時間に関する全国アンケート調査 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.05; 124 (5): 783-789. ( 医中誌 )

  64. 柳橋 賢,小出 暢章,高橋 亮介,河邊 浩明,田崎 彰久,大野 十央,有泉 陽介,朝蔭 孝宏. 未分化多型肉腫が疑われ広範囲頭蓋底手術を行った上顎洞癌の1例 頭頸部癌. 2021.05; 47 (2): 254. ( 医中誌 )

  65. 大野 十央,川田 研郎,河邊 浩明,高橋 亮介,小出 暢章,立石 優美子,田崎 彰久,有泉 陽介,杉本 太郎,朝蔭 孝宏. 下咽頭・頸部食道表在癌に対するハイブリッド内視鏡手術の検討 頭頸部癌. 2021.05; 47 (2): 218. ( 医中誌 )

  66. 家村 綾子,柳町 昌克,田崎 彰久,廣田 由佳,大西 威一郎,神谷 尚宏,津島 文彦,原田 浩之,木下 伊寿美,孝橋 賢一,小田 義直,高木 正稔,明石 巧,朝蔭 孝宏,森尾 友宏. 出生時から開口障害を認めたデスモイド型線維腫症 日本小児科学会雑誌. 2021.04; 125 (4): 619-624. ( 医中誌 )

  67. 小出 暢章,柳橋 賢,朝蔭 孝宏. 症例をどうみるか 術中・術後出血を契機に慢性DICと判明した1例 JOHNS. 2021.04; 37 (4): 441-443. ( 医中誌 )

  68. 朝蔭 孝宏. 【頭蓋底腫瘍の治療オプション-開頭手術・内視鏡手術・放射線治療】前頭蓋底(髄膜腫とその他の腫瘍)Cranio-facial resection Clinical Neuroscience. 2021.04; 39 (4): 418-420. ( 医中誌 )

  69. 小出 暢章,有泉 陽介,高橋 亮介,河邊 浩明,立石 優美子,田崎 彰久,大野 十央,朝蔭 孝宏. 高用量シスプラチン同時併用放射線療法における緊急入院と長期入院の危険因子 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 587. ( 医中誌 )

  70. 有泉 陽介,朝蔭 孝宏. 【術前画像と術中解剖-カンファレンスで突っ込まれないための知識】頭頸部癌領域 鼻副鼻腔癌に対する外切開による手術 局所進行上顎洞癌に対する上顎全摘術 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2021.04; 93 (5): 224-231.

  71. 佐藤 尊陽,有泉 陽介,田崎 彰久,大野 十央,川邊 亮介,小出 暢章,立石 優美子,朝蔭 孝宏. 上顎洞血瘤腫の5例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 672. ( 医中誌 )

  72. 河邊 浩明,高橋 亮介,小出 暢章,立石 優美子,田崎 彰久,大野 十央,有泉 陽介,朝蔭 孝宏. 化学放射線療法後の再発についての検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 587. ( 医中誌 )

  73. 苦瓜 治彦,高橋 良介,河邊 浩明,小出 暢章,立石 優美子,田崎 彰久,大野 十央,有泉 陽介,朝蔭 孝宏. 急速増大により上気道狭窄を来した鼻腔未分化癌の1例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 678. ( 医中誌 )

  74. 清川 佑介,有泉 陽介,大野 十央,伊藤 卓,川島 慶之,朝蔭 孝宏,堤 剛. 外耳道扁平上皮癌の治療法選択と予後因子について 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.02; 124 (2): 95-102. ( 医中誌 )

  75. 大野 十央, 朝蔭 孝宏. 【小児がん手術の問題点-わたしはここを重視している】頭頸部横紋筋肉腫 小児外科. 2020.12; 52 (12): 1277-1281. ( 医中誌 )

  76. 高橋 亮介, 河邊 浩明, 小出 暢章, 大野 十央, 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. 下咽頭喉頭全摘出術を施行した下咽頭癌における術後副甲状腺機能の検討 日本気管食道科学会会報. 2020.12; 71 (6): 397-404. ( 医中誌 )

  77. 川田 研郎, 齋藤 賢将, 藤原 直人, 篠原 元, 星野 明弘, 大野 十央, 河邊 浩明, 朝蔭 孝宏, 徳永 正則, 絹笠 祐介. 【咽喉頭・頸部食道癌を見逃すな-拾い上げから治療まで】ハイリスク群に対する咽喉頭・頸部食道の精密観察 経鼻内視鏡によるIEEを併用した咽喉頭精密診断 消化器内視鏡. 2020.12; 32 (12): 1833-1841. ( 医中誌 )

  78. 柳橋 賢, 小出 暢章, 高橋 直人, 高橋 亮介, 河邊 浩明, 大野 十央, 朝蔭 孝宏. 慢性DICにより止血に難渋した音声手術の1例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2020.12; (補冊155): 96. ( 医中誌 )

  79. 川勝 紗樹, 川田 研郎, 大野 十央, 河邊 浩明, 伊藤 その, 米澤 博貴, 坂野 正佳, 篠原 元, 齋藤 賢将, 藤原 直人, 星野 明弘, 松山 貴俊, 徳永 正則, 朝蔭 孝宏, 絹笠 祐介. 新型極細径内視鏡(GIF-1200N)による術前精査が有用だった多発咽頭表在癌の1例 Progress of Digestive Endoscopy. 2020.12; 98 (Suppl.): s129. ( 医中誌 )

  80. 渡邊 愛, 河邊 浩明, 高橋 亮介, 小出 暢章, 大野 十央, 朝蔭 孝宏. 気道狭窄症状で初発した甲状腺癌2症例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2020.12; (補冊155): 186. ( 医中誌 )

  81. 朝蔭孝宏. 【カラー術中写真でよくわかる 達人による頭頸部がん拡大切除】顎顔面・頭蓋底手術 前中頭蓋底手術 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2020.12; 92 (13): 1074-1079. ( 医中誌 )

  82. 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. 【めずらしい腫瘍に対するアプローチ】治療法がめずらしい 若年性血管線維腫 JOHNS. 2020.11; 36 (11): 1535-1538. ( 医中誌 )

  83. 朝蔭 孝宏. 見逃してはいけない身体所見(No.13) 頸部の診かた 頸部腫脹・甲状腺 日本医師会雑誌. 2020.10; 149 (7): 1256-1257. ( 医中誌 )

  84. 遠山 皓基, 加納 嘉人, 青柳 康子, 松寺 翔太郎, 大野 十央, 有泉 陽介, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 吉村 亮一, 朝蔭 孝宏, 原田 浩之, 三宅 智, 三浦 雅彦, 池田 貞勝. 再発・転移頭頸部癌に対するがんゲノムリアルワールド解析と有用性 頭頸部癌. 2020.07; 46 (2): 190. ( 医中誌 )

  85. 柳橋 賢, 小出 暢章, 高橋 亮介, 河邊 浩明, 田崎 彰久, 大野 十央, 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. 未分化多型肉腫が疑われ広範囲頭蓋底手術を行った上顎洞癌の1例 頭頸部癌. 2020.07; 46 (2): 217. ( 医中誌 )

  86. 北川 智介, 小出 暢章, 河邊 浩明, 有泉 陽介, 高橋 亮介, 田崎 彰久, 大野 十央, 朝蔭 孝宏. 周術期に脳梗塞を発症した頭頸部癌再建手術の2例 頭頸部癌. 2020.07; 46 (2): 204. ( 医中誌 )

  87. 高橋 亮介, 河邊 浩明, 小出 暢章, 田崎 彰久, 大野 十央, 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. 症例をどうみるか 頭蓋底手術を施行した修復性巨細胞肉芽腫の1例 JOHNS. 2020.06; 36 (6): 780-783. ( 医中誌 )

  88. 朝蔭 孝宏. 【小児がんプロフェッショナル養成講座-基礎編】頭頸部腫瘍 小児外科. 2020.05; 52 (5): 497-500. ( 医中誌 )

  89. 大野 十央, 川田 研郎, 清川 佑介, 松井 俊大, 川邊 浩明, 高橋 亮介, 小出 暢章, 立石 優美子, 田崎 彰久, 有泉 陽介, 杉本 太郎, 朝蔭 孝宏. 経口腔的内視鏡下切除術を施行した咽喉頭同時性多重癌症例の検討 日本気管食道科学会会報. 2020.04; 71 (2): s31. ( 医中誌 )

  90. 高橋 亮介, 有泉 陽介, 大野 十央, 立石 優美子, 小出 暢章, 河邊 浩明, 朝蔭 孝宏. 下咽頭・喉頭全摘出術を施行した下咽頭癌の術後副甲状腺機能の検討 日本気管食道科学会会報. 2020.04; 71 (2): s79. ( 医中誌 )

  91. 大野 十央, 朝蔭 孝宏. 【頸部エコーを使いこなす-描出のコツと所見の読み方】対象別:描出のコツと所見の読み方 舌がんの深達度 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2020.03; 92 (3): 262-265. ( 医中誌 )

  92. 朝蔭 孝宏. 専門家による私の治療 下咽頭癌 週刊日本医事新報. 2020.03; (5003): 49.

  93. 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. 【命と機能を守る頭頸部がん診療】頭頸部の非扁平上皮がん 日本医師会雑誌. 2019.09; 148 (6): 1090. ( 医中誌 )

  94. 大野 十央, 朝蔭 孝宏. 【私はこうしている-口腔咽喉頭頸部手術編】口腔・咽頭手術 舌腫瘍切除術 舌悪性腫瘍 JOHNS. 2019.09; 35 (9): 1075-1077. ( 医中誌 )

  95. 朝蔭 孝宏. 【早わかり!耳鼻咽喉科診断ガイドライン、手引き・マニュアル-私の活用法-】頭頸部癌診療ガイドライン2018 ENTONI. 2019.09; (236): 136-144. ( 医中誌 )

  96. 朝蔭孝宏. 頸部食道癌 ここまできた!頸部稀少癌の治療戦略 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 . 2019; 91 (2): 122-127.

  97. 田崎 彰久, 杉本 太郎, 角 卓郎, 清川 佑介, 野村 文敬, 有泉 陽介, 岸本 誠司, 朝蔭 孝宏. 頭頸部癌に対するDocetaxel、Cisplatin、5-FU(TPF療法)同時併用化学放射線療法における有効性および有害事象の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.12; 121 (12): 1486-1492. ( 医中誌 )

  98. 朝蔭 孝宏. 疾患REVIEW 『頭頸部癌取扱い規約』および『頭頸部癌診療ガイドライン』改定 SRL宝函. 2018.10; 39 (3): 17-25. ( 医中誌 )

  99. 朝蔭 孝宏. 【私はこうしている-鼻科手術編】 各種疾患に対する手術 鼻副鼻腔癌に対する特殊なアプローチ法 JOHNS. 2018.09; 34 (9): 1357-1361. ( 医中誌 )

  100. 朝蔭 孝宏. 【どこが変わった頭頸部癌診療ガイドライン】 口腔癌 耳鼻頭頸. 2018.09; 90 (10): 800-805. ( 医中誌 )

  101. 立石 優美子, 朝蔭 孝宏. 【手術に必要な画像診断-口腔・咽頭編】 舌腫瘍手術 舌腫瘍切除術 JOHNS. 2018.05; 34 (5): 541-546. ( 医中誌 )

  102. 清川 佑介, 朝蔭 孝宏. 【患者・家族への説明ガイド-正しく伝え,納得を引き出し,判断を促すために】腫瘍のこと 医師・医療者から説明しておきたいこと 下咽頭喉頭全摘出術を行う前に 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2018.04; 90 (5): 300-301. ( 医中誌 )

  103. 清川 佑介, 朝蔭 孝宏. 【患者・家族への説明ガイド-正しく伝え,納得を引き出し,判断を促すために】腫瘍のこと 医師・医療者から説明しておきたいこと 喉頭全摘出術を行う前に 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2018.04; 90 (5): 298-299. ( 医中誌 )

  104. 清川 佑介, 野村 文敬, 朝蔭 孝宏. 翼口蓋窩に進展した再発歯原性角化嚢胞の一例 口腔・咽頭科. 2018.03; 31 (1): 137-141. ( 医中誌 )

  105. 朝蔭孝宏. 機能温存し、がんを根治する新技術 夕刊フジ. 2018.02;

  106. 花澤 豊行, 小林 正佳, 中川 隆之, 鴻 信義, 藤本 保志, 児玉 悟, 讃岐 徹治, 田中 秀峰, 有泉 陽介, 丹生 健一, 朝蔭 孝宏. 本邦における鼻副鼻腔腫瘍に対する内視鏡下経鼻手術の現況と課題 全国アンケートからの解析結果 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.02; 121 (2): 119-126. ( 医中誌 )

  107. 朝蔭孝宏. 頭頸部がん治療の進歩 ドクターサロン. 2018.01; 62 (2): 48-52.

  108. 朝蔭孝宏.  上顎洞癌  今日の治療指針 私はこう治療している. 2017.06;

  109. 朝蔭孝宏. ここが変わった頭頸部がんTNM分類 口腔がん 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 . 2017.05; 89 (13): 1062-1067.

  110. 朝蔭孝宏. 早期舌癌に対する頸部の取り扱い 耳鼻咽喉科展望. 2017.04; 60 (5): 8-15.

  111. 朝蔭孝宏. 頭頸部癌における導入化学療法 耳鼻咽喉科臨床. 2016.03; 109 (3): 147-154.

  112. 朝蔭孝宏. 導入化学療法を用いた機能温存療法 都耳鼻咽喉科会報. 2016; (149): 32-37.

  113. 朝蔭孝宏. 下咽頭腫瘍 耳鼻咽喉科・頭頸部外科研修ノート 改訂版2版. 2016;

  114. 朝蔭孝宏. 頸部腫脹 耳鼻咽喉科・頭頸部外科研修ノート 改定第2版. 2016;

  115. 角卓郎、朝蔭孝宏. 口腔がん 10、頭頸部がん 耳鼻咽喉科処方マニュアル 耳鼻咽喉科・頭頸部外科増刊号. 2016; 88 (5):

  116. 朝蔭孝宏. アルコール分解酵素の遺伝子多型と頭頸部癌 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2016; 119 222-223.

  117. 朝蔭孝宏. 頭頸部悪性腫瘍に対する低侵襲治療 最新の医学. 2016; 71 334-341.

  118. 朝蔭孝宏, 安藤瑞生 他. 経口的腫瘍切除および導入化学療法による下咽頭癌喉頭温存治療の成績. 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2015; 118 (9): 1118-1123.

  119. 朝蔭孝宏. 前頭蓋底へのアプローチ オープンサージェリーの場合 JOHNS. 2015; 31 891-893.

  120. 朝蔭孝宏, 安藤瑞生 他. 中咽頭癌に対する導入化学療法および化学放射線療法の成績 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2015; 118 (10): 1226-1232.

  121. 朝蔭孝宏. V.頭頸部腫瘍領域 B.治療各論 5)口腔 1.舌癌に対する予防的頸部郭清のエビデンスは? EBM耳鼻咽喉科・頭頸部外科の治療 . 2015; 595-598.

  122. 朝蔭孝宏. 口腔癌、中咽頭癌 今日の治療指針 私はこうしている 山口 徹、北原光夫監修. 2015; 280-283.

  123. 朝蔭孝宏. 舌癌、扁桃腫瘍 南山堂医学大辞典 第20版. 2015; 1381,2260.

  124. 朝蔭孝宏. V.頸部の手術 頸部郭清術 modified radical neck dissection  耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2015; 87 (5): 280-283.

  125. 朝蔭孝宏. 【一生使える頭蓋底外科の"知"と"技"】頭蓋底外科手術に必要な解剖・生理・病理の知識 悪性頭蓋底疾患に対する頭頸部外科での常識 脳神経外科の非常識 Neurological Surgery. 2002.05; 50 (3): 578-585.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 朝蔭 孝宏. 手術数でわかるいい病院2021(週刊朝日ムック). 朝日新聞出版, 2021.02 頭頸部がん手術 (ISBN : 978-4022775788)

  2. 朝蔭 孝宏. 今日の治療指針2021. 医学書院, 2021.01 下咽頭癌 (ISBN : 978-4260042826)

  3. 朝蔭孝宏. 週刊朝日 2020年10月23日号. 朝日新聞出版, 2020.10 名医が教える日本人の病気の最新治療 頭頸部がん(2)喉頭がん

  4. 朝蔭孝宏. 国民のための名医ランキング 2021~2023. 桜の花出版, 2020.08 頭頸部外科 (ISBN : 4434275992)

  5. 朝蔭孝宏. 耳鼻咽喉科・頭頸部手術アトラス 下巻 第2版. 医学書院, 2020.05 下歯肉癌 (ISBN : 978-4-260-02425-9)

  6. 朝蔭孝宏. 今日の診断指針 第8版. 医学書院, 2020.03 口腔癌 (ISBN : 978-4-260-03808-9)

  7. 朝蔭孝宏. 今日の治療指針 2019年版. 医学書院, 2019.01 舌癌 (ISBN : 978-4260036504)

  8. 小西敏郎監修、朝蔭孝宏 他. オペナースのための“イイトコ取り”解剖図 . MCメディカ出版, 2018.09 8章 耳鼻咽喉科 (ISBN : 978-4-8404-6254-9)

  9. 朝蔭孝宏 他. 今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針. 医学書院, 2018.06 舌癌 (ISBN : 978-4-260-03452-4)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. T Sugimoto, T Asakage, K Kawada, Y Kiyokawa, et al. Salvage Endoscopic Transoral Surgery for the Recurrent Hypopharyngeal Cancer after Chemoradiotherapy and Bioradiotherapy. 2015 International Congress of Korean Society of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery 2015.04 Seoul, Korea

  2. T Sugimoto, T Asakage, K Kawada. Challenging Cases of Flexible Endoscopic Surgery for Laryngo-Hypopharyngeal Cancer. 5th International robotic surgery symposium 2015.10 Seoul, Korea

  3. Asakage T. A personal experience of 100 cases of skull base surgery. International Symposium American Academy of Otolaryngology-Head and Neck Surgery 2021, Annual meeting & Oto experience 2021.10 Los Angeles, USA and WEB

  4. Asakage T. Present status of endoscopic surgery for malignant sinonasal tumors in Japan.. 15th Japan-Taiwan Conference on Otoalryngology-Head and Neck Surgery. 2019.12 Fukuoka

  5. Asakage T. Moderator Symposium 3 Skull base. 15th Japan-Taiwan Conference on Otoalryngology-Head and Neck Surgery. 2019.12 福岡

  6. Asakage T. An experience of 100 case of skull base surgery.. The 107th Annual congress and international symposium of the Taiwan society of otorhinolarynogology head and neck surgery 2019.11.01 Kaohsiun

  7. Asakage T, et al. Head and Neck Sarcoma in AYA generation.. 6th Asian Society for Head and Neck Oncology 2019.03 Seoul、Korea

  8. Asakage T. Chairman Oral Presentation 16.Central Neck Dissection 1. 2nd Asia-Pacific Society of Thyroid Surgery Okinawa 2017.11.01 沖縄

  9. Ichikura Kanako, Yamashita Aya, Matsuoka Shiho, Nakayama Nao, Ariizumi Yousuke, Sumi Takuro, Sugimoto Taro, Asakage Takahiro, Matsushima Eisuke. Stress coping skill training for patients with head and neck cancer: Interim report of a randomized controlled trial. 19th World Congress of Psycho-Oncology and Psychosocial Academy 2017.08.18 Berlin, Germany

  10. 朝蔭孝宏. 鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する内視鏡下頭蓋底手術の標準化を目指した多施設共同研究 . 日本医療研究開発機構 Medical Artsの創成に関する研究 公開シンポジウム  2017.01.15 東京

  11. Asakage T. Year in review from Japan. International session 16 head and neck cancer . 54th Japan Society Clinical Oncology annual meeting 2016.10.20 Yokohama

  12. Asakage T. Surgical treatment of frontal sinus carcinoma. Breakfast Seminar 2-3 Ultimate Management of Orbital and Frontal Sinus Tumor. 7th International congress of the world federation of skull base societies. 2016.06.15 Osaka

  13. Asakage T. Chairman. Breakfast Seminar 2-3 Ultimate Management of Orbital and Frontal Sinus Tumor.. 7th International congress of the world federation of skull base societies 2016.06.14 Osaka

  14. T Asakage. Chairman Update of head and neck cancer treatment point of view of a French otolaryngologist expert.. Expect Meeting at Head & Neck Cancer 2015.07 Tokyo

  15. T Asakage. Chairman Oral (English) case report 1 . The joint meeting of 4th congress of Asian society of head and neck oncology & 39th annual meeting of Japan society for head and neck cancer 2015.06.04 Kobe

  16. T Asakage. Symposium 4 Oral Cancer -Oral Cancers in Asian Countries-. The joint meeting of 4th congress of Asian society of head and neck oncology & 39th annual meeting of Japan society for head and neck cancer Kobe 2015.06 Kobe, JAPAN

  17. M Ando, Y Saito, T Asakage. Identification of a MET mutation by next generation sequencing. Identification of a MET mutation by next generation sequencing.. The joint meeting of 4th congress of Asian society of head and neck oncology & 39th annual meeting of Japan society for head and neck cancer 2015.06

  18. Y Saito, G Omura, T Asakage. Under40 symposium6 nasopharynx, sinonasal cavity A retrospective analysis and prognostic factors of maxillary squamous cell carcinoma.. The joint meeting of 4th congress of Asian society of head and neck oncology & 39th annual meeting of Japan society for head and neck cancer 2015.06 Kobe

  19. G Omura, M Ando, T Asakage. Under40 symposium1 Basic science Comorbidities predicts poor prognosis for surgical treated advanced head and neck cancer pateints. . The joint meeting of 4th congress of Asian society of head and neck oncology & 39th annual meeting of Japan society for head and neck cancer 2015.06 Kobe, JAPAN

  20. Asakage T. Chairman Luncheon Seminar . 16th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery 2015.03 Tokyo

  21. 朝蔭 孝宏. 頭頸部癌診療ガイダンス改訂と集学的治療について. 第44回城北・埼玉南部耳鼻咽喉科学術集会 2022.09.29 WEB開催

  22. 朝蔭孝宏. 頭頸部癌治療に関して. 第10回関西鼻科臨床談話会 2022.09.03 大阪

  23. 朝蔭孝宏. 頭頸部外科領域の最新情報の共有. 第2回 Skull Base Web Seminar 2022.08.26 WEB開催

  24. 朝蔭孝宏,鹿野真人,小針健太,松浦一登,石井亮,別府武,金子昌行. 守・破・離 パネルディスカッション 頭頸部. 第70回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会東北地方部会連合学術講演会 2022.07.23 山形

  25. 朝蔭孝宏. 頭蓋底悪性腫瘍の術前画像診断と手術. JCRミッドサマーセミナー2022 2022.07.16 神戸

  26. 朝蔭孝宏. 座長:ショートセミナー1 頭頸部光免疫療法の概要と経験. 第23回耳鼻咽喉科手術支援システム・ナビ研究会 2022.07.10 広島

  27. 朝蔭孝宏. 座長:一般演題 第1群 頭頸部. 第23回耳鼻咽喉科手術支援システム・ナビ研究会 2022.07.10 広島

  28. 朝蔭孝宏. 座長:第21群 難聴・聴器腫瘍. 第84回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会 2022.07.09 広島

  29. 朝蔭孝宏. 座長:教育セミナー 頭蓋手外科の基本と展開. 第34回日本頭蓋底外科学会 2022.07.08 両国

  30. 朝蔭孝宏. 座長:特別企画1(第2部) 次世代へ継ぐべき頭蓋底外科と教育. 第34回日本頭蓋底外科学会 2022.07.07 両国

  31. 朝蔭孝宏. 東京医科歯科大学 頭頸部外科における頭蓋底外科と教育体制. 第34回日本頭蓋底外科学会 2022.07.07 両国

  32. 朝蔭孝宏. 提言書「頸部手術に起因した気道閉塞に係る死亡事例の分析」から. 第34回日本内分泌外科学会総会 2022.06.24 つくば

  33. 朝蔭孝宏. 座長:教育講演4(耳鼻咽喉科 領域講習)世界に挑戦する日本の内視鏡AI. 第46回日本頭頸部癌学会学術講演会 2022.06.18 奈良

  34. 朝蔭孝宏. 座長:頭頸部外科領域におけるエネルギーデバイスの安全使用. 第46回日本頭頸部癌学会学術講演会 2022.06.18 奈良

  35. 朝蔭孝宏. 座長:頭蓋底手術の基本. 第123回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 2022.05.28 神戸

  36. 朝蔭孝宏. 頸部手術後の窒息事故を避ける!~頸部手術後の気道閉塞による死亡事例の検討から~. 第123回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 2022.05.28 神戸

  37. 朝蔭孝宏. 座長:頭頸部アルミノックス治療(光免疫療法)の理論と実際. 第123回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 イブニングセミナー 2022.05.26 神戸

  38. 朝蔭孝宏. 座長:PART22 頭頸部アルミノックス治療(光免疫療法)~第5のがん治療を目指して~. 全国頭頸部外科専門医を対象とした講演会 2022.05.07 渋谷

  39. 朝蔭孝宏. 座長:首都圏及び関東エリアの医師向け、頭頸部アルミノックス治療の症例や適応患者の周知. 頭頸部アルミノックス治療キックオフミーティング 2022.04.22 東京

  40. 朝蔭孝宏. 座長:頭頸部イルミノックス治療の症例や適用患者について. 関東 頭頸部イルミノックス治療カンファレンス 2022.03.17 WEB開催

  41. 朝蔭孝宏. 座長:パネルディスカッション1 進行喉頭癌治療の有害事象とその対策. 第34回日本喉頭科学会総会 2022.03.10 佐賀

  42. 朝蔭孝宏. 座長:シンポジウム3 口腔癌手術の最適化 ~バイオマーカーを用いて~. 第31回日本頭頸部外科学会 2022.03.03 大阪

  43. 朝蔭孝宏. 座長:ランチョンセミナー1 実臨床から考える再発・転移頭頸部癌の薬物療法シークエンス. 第31回日本頭頸部外科学会 2022.03.03 大阪

  44. 朝蔭孝宏. 座長:第6群 頭頸部癌1. 第45回日本嚥下医学会総会 2022.02 福岡

  45. 朝蔭 孝宏. 座長:スポンサードセミナー3 再発転移頭頸部癌の治療戦略アップデート-CPSと患者背景を考慮した個別化治療を目指して-. 第72回日本気管食道科学会 2021.11.12 WEB

  46. 朝蔭孝宏. 当院における頭蓋底手術の実際. 頭頸部・甲状腺がん治療Webセミナー 2021.10.01 Web配信

  47. 朝蔭 孝宏. 特別企画 3学会合同シンポジウム「新型コロナウイする感染症とがん診療」 東京医科歯科大学におけるコロナ禍のがん診療および頭頸部外科の取り組み. 第59回日本癌治療学会学術集会 2021.10 横浜

  48. 朝蔭 孝宏. 座長:臓器別シンポジウム15 口腔癌に対する治療戦略. 第59回日本癌治療学会学術集会 2021.10 横浜

  49. 朝蔭 孝宏. シンポジウム3 頭頸部がん・稀少がんの診療と療育 小児頭頸部癌の外科治療. 第16回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2021.07.09 大阪

  50. 朝蔭 孝宏. 座長:シンポジウム6 外耳道癌 激論!手術かケモラジか粒子線か!?. 第33回日本頭蓋底外科学会 2021.07.02 東京

  51. 朝蔭 孝宏. 座長:シンポジウム11 高齢者頭頸部癌の予防と対策. 第21回日本抗加齢医学会総会 2021.06.25 京都

  52. 朝蔭 孝宏. 座長:シンポジウム7 早期舌癌治療のパラダイムシフトへむけて 医科歯科病理の知の融合. 第45回日本頭頸部癌学会 2021.06.18 千葉

  53. 朝蔭 孝宏. 座長:教育講演7 小児がん治療の進歩. 第122回日本耳鼻咽喉科学会総会 2021.05.15 京都

  54. 朝蔭 孝宏. 頭蓋底手術100例の治療経験. 宮崎県頭頸部腫瘍カンファレンス 2021.03.11 WEB開催

  55. 朝蔭 孝宏. 座長 第1群 悪性腫瘍. 第44回日本嚥下医学会 2021.03.05 WEB開催

  56. 朝蔭 孝宏. 頭蓋底手術100例の臨床病理組織学的検討. 第36回奈良県頭頸部腫瘍研究会 2021.01.23 奈良+WEB

  57. 朝蔭 孝宏. コロナ下の頭頸部癌診療. 令和2年度頸部郭清講習会 2021.01.10 名古屋+WEB

  58. 朝蔭孝宏. 座長 第1郡 頭頸部手術. 第82回耳鼻咽喉科臨床学会 2020.12.24 京都+WEB

  59. 川勝紗樹、川田研郎、大野十央、河邊浩明、伊藤その、米澤博貴、坂野正佳、篠原元、齋藤賢将、藤原直人、星野明弘、松山貴俊、徳永正則、朝蔭孝宏、絹笠祐介. 新型極細径内視鏡(GIF-1200N)による術前精査が有用だった多発咽頭表在癌の1例. 第111回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2020.12.19 WEB

  60. 朝蔭孝宏. 舌癌に対する頸部の取り扱い. 第179回 御茶ノ水耳鼻咽喉・頭頸科治療研究会 2020.12.10 東京都

  61. 朝蔭孝宏. 頭頸底手術100例の治療経験. H&N Seminar in Tokyo 2020.12.04 東京都(WEB開催)

  62. 朝蔭孝宏. 座長 頭頸部癌治療における最新知見. 第2回H&N Expert Lecture 2020.11.13 東京都(WEB開催)

  63. 朝蔭孝宏. 座長 第26回日本癌治療学会教育セミナー がん免疫学を学ぶ. 第58回日本癌治療学会学術集会 2020.10.24 京都

  64. 朝蔭孝宏. 座長 学術セミナー26 頭頸部がん治療における免疫療法. 第58回日本癌治療学会学術講演会 2020.10.23 京都

  65. 朝蔭孝宏. 臓器別シンポジウム7 頭頸部癌に対する機能温存治療の現状と将来展望 外切開による機能温存手術の現状と将来展望. 第58回日本癌治療学会学術講演会 2020.10.22 京都

  66. 朝蔭孝宏. 座長 一般口演1 頭頸部癌1. 第58回日本癌治療学会学術講演会 2020.10.22 京都

  67. 朝蔭孝宏. 座長 頭頸部癌治療における最新知見. 第1回H&N Expert Lecture 2020.10.09 東京

  68. 朝蔭孝宏. 座長 パネルディスカッション2 AMED研究. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会 2020.10.06 岡山

  69. 朝蔭孝宏. 座長 頭頸部癌治療に関する講演会. Immuno-Oncology H&N Expert Seminar 2020 2020.09.25

  70. 朝蔭孝宏. 座長 第6群 症例1. 第32回日本喉頭科学会 2020.09.03 仙台

  71. 朝蔭孝宏. 頭頸部癌の新しい薬物療法. Head & NeckCancer Internet Seminar 2020.07.31 東京

  72. 朝蔭孝宏. 座長 共催セミナー2 化学放射線治療後の救済手段としての頸部郭清術. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.07.16 東京都(WEB開催)

  73. 朝蔭孝宏. 頭頸部癌に対する機能温存手術:頭頸部癌における臓器温存療法は本当に機能温存につながっているのか. 第44回日本頭頸部癌学会 シンポジウム5 2020.07.16

  74. 朝蔭孝宏. シンポジウム5 頭頸部癌における臓器温存療法は本当に機能温存につながっているのか 頭頸部癌に対する機能温存手術. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05 WEB開催

  75. 朝蔭孝宏. 座長 シンポジウム2 鼻科手術の最前線. 第30回日本頭頸部外科学会学術講演会 2020.01.30 沖縄

  76. 朝蔭孝宏. 甲状腺がんにおけるTKI導入のタイミングについて. Thyroid Cancer Up Date Conference(TC-UDC) 2020.01.24 東京都新宿区

  77. 朝蔭孝宏. 広範囲頭蓋底手術100例の自験例に関する検討. 第27回広島頭蓋底外科研究会 2020.01.17 広島

  78. 朝蔭孝宏. 座長 食道・重複癌. 第71回日本気管食道科学会総会 2019.11.28 宇都宮

  79. 朝蔭孝宏. 頭頸部癌に関する特別講演. 文京区薬剤師会学術講演会 2019.11.15 東京都文京区

  80. 朝蔭孝宏. 頭頸部癌治療 up to date. 文京区薬剤師会学術講演会 2019.11.15 東京都文京区

  81. 朝蔭孝宏. 頭蓋底手術(ほぼ)100例の自験例の検討. 第17回新潟頭頸部DIF研究会 2019.11.09 新潟

  82. 朝蔭孝宏. 座長 腫瘍1. 第29回日本耳科学会総会 2019.10 山形

  83. 朝蔭孝宏. 座長 頭頸部癌 治療・予後. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10 福岡

  84. 朝蔭孝宏. 座長:頭頸部癌治療の最新話題. H&N Cancer I-O symposium in Tokyo 2019.07.21 東京都

  85. 朝蔭孝宏. 側頭下窩悪性腫瘍への手術アプローチ. 第31回日本頭蓋底外科学会 2019.07.11 神戸

  86. 朝蔭孝宏. 座長 悪性腫瘍. 第31回日本頭蓋底外科学会 2019.07.11 神戸

  87. 朝蔭孝宏. 座長 シンポジウム2 下咽頭喉頭癌 機能温存への挑戦はどう進んでいるか. 第43回日本頭頸部癌学会 2019.06 金沢

  88. 朝蔭孝宏. 座長 頭頸部1. 第81回耳鼻咽喉科臨床学会 2019.06 名古屋

  89. 朝蔭孝宏. 座長:頭頸部癌に関する講演. Immuno-Oncology H&N Expert Seminar 2019 2019.05.17

  90. 朝蔭孝宏. エナジーデバイスを用いた頸部郭清術. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会  2019.05 大阪

  91. 朝蔭孝宏. 座長 第19群頭頸部Ⅰ. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2019.05 大阪

  92. 朝蔭孝宏. 頸部郭清術の歴史. 平成30年度頸部郭清講習会 2019.03.03 名古屋

  93. 朝蔭孝宏. 座長:第8群 悪性腫瘍1. 第31回日本喉頭科学会総会・学術講演会 2019.03 久留米

  94. 川田研郎、中島康晃、朝蔭孝宏. 頭頸部表在癌に対する経口的手術~内視鏡医の立場から. 第29回日本気管食道科学会専門医大会 2019.02.24 東京

  95. 朝蔭孝宏. 座長:ランチョンセミナー4 分子標的治療薬登場後の頭頸部癌化学療法の実際と今後の展望. 第29回日本頭頸部外科学会総会ならびに学術講演会 2019.01 仙台

  96. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭頸部癌における免疫療法の実際. H&Nがん免疫療法セミナー 2018.11.28 高知県高知市

  97. 朝蔭孝宏. 座長:第6群 甲状腺・悪性腫瘍1. 第70回日本気管食道科学会総会 2018.11.08

  98. 朝蔭孝宏. 座長:一般演題54 頭頸部癌. 第56回日本癌治療学会学術集会 2018.10.19 神奈川県横浜市

  99. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭蓋底手術の治療経験. 第19回大山頭頸部腫瘍カンファレンス 2018.10.18 鳥取県米子市

  100. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭頸部癌TNM分類とガイドラインの改定点について. 第8回南大阪頭頸部腫瘍フォーラム 2018.09.29 大阪府

  101. 朝蔭孝宏. 頭頸部癌治療に関するセミナー. 頭頸部がん全国講演会 2018.08.25 東京都

  102. 朝蔭孝宏. 頭頸部癌におけるエビデンスの整理. 東京都 国保・社保耳鼻咽喉科審査委員会合同検討会 2018.08.03 東京都

  103. 朝蔭孝宏. 座長:頭頸部癌に関するセミナー. 頭頸部外科 腫瘍免疫療法セミナー 2018.07.27 東京都

  104. 朝蔭孝宏. 座長:頭頸部癌化学療法における最新の知見. Meet the Expert in Tokyo 2018.07.20

  105. 朝蔭孝宏. 座長:Olfactory neuroblastomaの治療戦略. 第30回日本頭蓋底外科学会 2018.07.13

  106. 朝蔭孝宏. 両側眼球摘出となった女児の一例. 第30回日本頭蓋底外科学会 2018.07.12 東京都

  107. 朝蔭孝宏. エナジーデバイスを用いた頭頸部郭清術. 第1回エナジーデバイス検討会 2018.06.15 東京都新宿区

  108. 朝蔭孝宏. 座長:シンポジウム1 新TNM分類の改定点と問題点. 第42回日本頭頸部癌学会 2018.06.14 東京都

  109. 朝蔭孝宏. AMED研究 頭頸部領域 鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する内視鏡下頭蓋底手術の標準化を目指した多施設共同研究. 第119計日本耳鼻咽喉科学会 2018.06.01 神奈川県横浜市

  110. 朝蔭孝宏. 座長:症例報告. Immuno-Oncology H&N Expert Seminar 2018 2018.05.11 東京都

  111. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭頸部癌取扱い規約および頭頸部癌診療ガイドラインの改定点. 第36回北陸頭頸部腫瘍研究会 2018.04.20 石川県金沢市

  112. 朝蔭孝宏. 座長 第5群 悪性腫瘍2. 第30回日本咽喉科学会 2018.03.01

  113. 朝蔭孝宏. 座長 パネルディスカッション2 鼻副鼻腔悪性腫瘍の内視鏡手術. 第28回頭頸部外科学会 2018.01.25 宇都宮

  114. 朝蔭孝宏. 全国アンケート結果および内視鏡下頭蓋底手術. 第28回頭頸部外科学会 パネルディスカッション2 2018.01.25 栃木県宇都宮市

  115. 朝蔭孝宏. 座長 特別講演 Immuno-Oncology WEBライブセミナー. WEBセミナー 2017.12.18 東京

  116. 朝蔭孝宏. 座長 特別講演 Immuno-H&N Expert SEminar. 頭頸部癌におけるがん免疫療法の役割 2017.11.17 東京

  117. 朝蔭孝宏. 座長 第19群 甲状腺. 第69回日本気管食道学会 2017.11.08 大阪

  118. 朝蔭孝宏. 教育講演 教育セッション9「頭頸部がん」. 第55回日本癌治療学会 2017.10.20 横浜

  119. 市倉加奈子・中山菜央・副島沙彩・竹下若那・本松裕子・三宅智・松島英介. 終末期がん患者および家族における療養先の意思不一致がQOLに及ぼす影響:一時解析に関する結果報告. 第30回日本サイコオンコロジー学会総会 2017.10.14

  120. 朝蔭孝宏. 座長 特別講演 頭頸部癌の免疫療法. がん免疫療法セミナー 2017.09.22 東京

  121. 朝蔭孝宏. 座長 第13群口腔腫瘍・悪性2. 第30回日本口腔・喉頭科学会 2017.09.07 金沢

  122. 朝蔭孝宏. 特別講演 TNM分類の改訂とこれからの頭頸部癌治療. 山形頭頸部癌治療セミナー 2017.07.15 山形

  123. 朝蔭孝宏. 座長 P14群副甲状腺. 第79回耳鼻咽喉科臨床学会 2017.07.06 下関

  124. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、Andres Mora、川村雄大、山口和哉、岡田隆平、野村文敬、清川佑介、有泉陽介、朝蔭孝宏、伊藤崇、河野辰幸. ELPS+ESDを行った下咽頭〜食道を往来する下咽頭癌の1例. 第18回頭頸部表在癌研究会 2017.07.01 東京

  125. 朝蔭孝宏. がん免疫療法 適正使用のためのキーポイント. OPDIVO頭頸部癌承認記念講演会 2017.06.17 東京

  126. 朝蔭孝宏. 特別企画 ディベート. 第29回日本頭蓋底外科学会 2017.06.15 東京

  127. 朝蔭孝宏. 座長 シンポジウム6 鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する外科治療の最適化. 第41回日本頭頸部癌学会 2017.06.08 京都

  128. 川田研郎、河野辰幸、杉本太郎、岡田隆平、野村文敬、清川佑介、有泉陽介、朝蔭孝宏. 舌根表在癌拾い上げに置ける上部消化管経鼻内視鏡による中咽頭反転法の有用性. 第41回日本頭頸部癌学会 2017.06.08 京都

  129. 朝蔭孝宏. 座長 学術セミナー3 頭蓋底外科の現状. 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会ならびに学術集会 2017.05.17 広島

  130. 朝蔭孝宏. 座長 第10群 悪性腫瘍3. 第29回日本喉頭科学会総会ならびに学術講演会 2017.04.06 盛岡

  131. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭蓋底悪性腫瘍に対する包括的治療. 第31回千葉頭頸部腫瘍研究会 2017.02.18 千葉

  132. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭蓋底悪性腫瘍に対する治療経験 . 三浦連合耳鼻咽喉科医会学術講演会 2017.02.17 横須賀

  133. 朝蔭孝宏. 頸部郭清術 手術手技セミナー4. 第27回日本頭頸部外科学会 2017.02.03 東京

  134. 朝蔭孝宏. 座長 シンポジウム4 咽喉頭癌の低侵襲治療. 第68回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2016.11.17 東京

  135. 朝蔭孝宏. 中咽頭癌 Tumor Board. 第29回日本放射線腫瘍学会 2016.11 京都

  136. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭蓋底悪性腫瘍に対する手術治療. 第4回西日本中部地区東亜警部腫瘍研究会 2016.10.28 岡山

  137. 朝蔭孝宏. 座長 第13群中咽頭癌. 第29回日本航空・咽頭科学会総会ならびに学術講演会 2016.09.08 松江

  138. 朝蔭孝宏. 特別講演 早期舌癌の頸部の取り扱いに関する最近の話題および無結紮頸部郭清術のビデオ供覧 . 第64回日本耳鼻咽喉科学会東北地方部会連合学術講演会  2016.07 山形

  139. 朝蔭孝宏. 模擬授業 国立大学唯一の頭頸部外科へようこそ. 平成28年度東京医科歯科大学オープンキャンパス 2016.07 東京

  140. 朝蔭孝宏. 座長 P38群副甲状腺. 第78回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会 2016.06.22 鹿児島

  141. 朝蔭孝宏. 座長 シンポジウム1 化学放射線療法後(分子標的薬を含む)再発例に対する治療方法の選択 . 第40回日本頭頸部癌学会 2016.06.08 大宮

  142. 朝蔭孝宏. 座長: 第30群 頭頸部癌. 第117回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2016.05.18 名古屋

  143. 朝蔭孝宏. 講演 早期舌癌の頸部郭清術. 第99回金沢医大がん診療連携拠点病院研修会  2016.04.08 金沢

  144. 朝蔭孝宏. 機能温存を目指した咽頭癌治療. 第25回「大田区喉頭がん検診」精度管理研究会 2016.04 東京 大田区

  145. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭蓋底悪性腫瘍の予後因子. 第10回Head and Neck Forum 2016.03.11 名古屋

  146. 朝蔭孝宏. 座長 第3群 悪性腫瘍2. 第28回日本喉頭科学会総会・学術講演会 2016.03.04 大阪

  147. 朝蔭孝宏. 特別講演:頭蓋底悪性腫瘍の治療経験. 第4回札幌耳鼻科フォーラム 2016.03 札幌

  148. 朝蔭孝宏. 特別講演:早期舌癌の頸部の取り扱いについて. 第33回東海頭頸部腫瘍研究会 2016.02.27 名古屋大学医学部

  149. 朝蔭孝宏. 特別講演: 頭蓋底悪性腫瘍の治療経験. 第24回文京脳腫瘍研究会 2016.02 東京

  150. 朝蔭孝宏. 特別講演:頭蓋底悪性腫瘍の治療経験. 第16回日耳鼻東京都地方部会医療研究会 2016.02 東京

  151. 朝蔭孝宏. 特別講演:導入化学療法を用いた中・下咽頭がん治療. 埼玉県耳鼻咽喉科学術集会 2016.02 埼玉

  152. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭頸部がんってなに?頭頸部がんにならないための生活習慣 . 第1回東京医科歯科大学 「がんを考える」市民公開講座 2016.01 東京

  153. 朝蔭孝宏. 座長 第14群 咽頭1. 第26回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会 2016.01

  154. 朝蔭孝宏. 特別講演 導入化学療法を用いた機能温存療法. 東京都耳鼻咽喉科医会学術講演会  2015.12.19 東京

  155. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭頸部癌の内視鏡診断と低侵襲治療. 第67回川崎市耳鼻咽喉科セミナー 2015.12.03 川崎

  156. 朝蔭孝宏. 頭蓋底悪性腫瘍の治療経験. 東京医科歯科大学 第7回キャンサーボード. 2015.12 東京

  157. 朝蔭孝宏. 講演 臓器別がんの診療I 「頭頸部がん」. 次世代がん治療推進専門家養成プラン 2015.11 東京

  158. 朝蔭孝宏. 座長 P6群 頸部・甲状腺. 第67回日本気管食道科学会 2015.11 福島

  159. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭蓋底悪性腫瘍の治療経験 . 第269回筑後耳鼻咽喉科カンファレンス 2015.09.15 久留米

  160. 朝蔭孝宏. 座長 唾液腺腫瘍2. 第29回日本口腔咽頭科学会 2015.09.11 大坂

  161. 野村文敬, 杉本太郎, 清川佑介, 朝蔭孝宏. 頬粘膜に発生した粘液性腺癌の一例. 第28回日本口腔咽頭科学会 2015.09.11

  162. 朝蔭孝宏. 特別講演 導入化学療法を用いた中下咽頭癌治療. 第16回栃木耳鼻咽喉科アレルギー・がんセミナー  2015.09.01 宇都宮

  163. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭蓋底悪性腫瘍手術の治療経験. 第18回北和耳鼻咽喉科病診連携懇話会  2015.07.25 奈良

  164. 朝蔭孝宏. 座長 O-4 悪性腫瘍1. 第27回日本頭蓋底外科学会 2015.07.10

  165. 篠崎剛, 武藤学, 朝蔭孝宏、他. 早期食道癌内視鏡治療例における異時性頭頸部癌の検討.. 第39回日本頭頸部癌学会 2015.06.04 神戸

  166. 朝蔭孝宏. 座長 P17群甲状腺・副甲状腺3 . 第77回耳鼻咽喉科臨床学会学術講演会  2015.06 浜松

  167. 朝蔭孝宏. 特別講演 頭蓋底悪性腫瘍手術の予後因子. 第79回山形県耳鼻咽喉科疾患研究会  2015.05.30 山形

  168. 朝蔭孝宏. 座長 第9群 頸部良性腫瘍. 第116回日本耳鼻咽喉科学会総会ならびに学術講演会 2015.05.21 東京

  169. 朝蔭孝宏. 特別講演 舌癌の臨床病理学的検討. 大阪頭頸部癌懇話会 2015.04.17 大坂

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • ポスターの監修,2022年07月

    疾患啓蒙ポスターの監修

  • 日本癌治療学会第23回アップデート教育コース,2022年03月

    がん治療の最前線と未来
    ・がんゲノム医療の現状と未来
    ・看護師の立場からみた今日の緩和医療
    ・AYA世代のがん患者の医療と支援
    ・サルコペニア・フレイルとがん医療
    ・大腸がんロボット手術の現状と未来
    ・乳がん治療の最前線
    ・進行肺がんを対象とした遺伝子スクリーニング基礎の構築と個別化医療の確立への挑戦

  • 頭頸部癌治療の進歩 ,2017年09月

    ラジオNIKKEI

  • マイナビDOCTOR,2017年05月

    http://doctor.mynavi.jp/doctor/16/

  • 文藝春秋 有力医師が推薦するがん手術の名医107人,2016年

    朝蔭孝宏 頭頸部外科医

  • 週刊現代 ガン治療「人間として信頼できる医師100人」,2015年12月

    朝蔭孝宏

  • 週刊文春 本当に手術が巧いがん外科医リスト,2015年08月

    朝蔭孝宏

  • NEW WAVE 「味蕾」 ,2015年06月

    朝蔭孝宏

  • 夕刊フジ「病院の実力」 高度な技術とチーム連携でQOL考えた癌治療に臨む,2015年05月

    朝蔭孝宏

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 『頭頸部・臨床』頭頸部外科ミニケース1,2016年

  • 『頭頸部・臨床』頭頸部外科学総論,2015年 - 現在

  • 『頭頸部・臨床』鼻副鼻腔・頭蓋底の腫瘍,2015年 - 現在

  • 『頭頸部・臨床』口腔の腫瘍,2015年 - 現在

  • 頭頸部外科疾患,2015年 - 現在

  • 頭頸部外科疾患総論,2015年 - 現在

  • 『頭頸部・基礎』頭頸部の臨床3 口腔・唾液腺の臨床,2015年

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 全身性疾患学,山形大学医学部

  • 感覚器コース;臓器疾患学,山形大学医学部

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「頭頸部がん」のこと、知っていますか?~耳・鼻・のど・口・舌のがん~,楽天メディカルジャパン株式会社,ウェブで参加する市民講座 世界頭頸部がんの日,Web,2022年07月27日

  • 頭頸部外科・耳鼻咽頭科インタビュー,株式会社Doctorbook,Doctorbook,2019年11月08日

  • 舌がんの最新知見,株式会社Qlife,がんサポート,2019年10月01日

  • 頭頸部表在癌の低侵襲治療について,株式会社Doctorbook,Doctorbook,2019年09月20日

  • 総合的学習「夢の実現に向けて」,豊田市立若園中学校,東京医科歯科大学頭頸部外科学分野医局,2019年06月05日

  • 口腔がんの検診・治療について,朝日新聞社,朝日新聞,2019年03月26日

  • 舌癌,産経新聞社,産経新聞,2019年02月27日

  • 「舌がん」について,日本テレビ,ズームイン!サタデー,2019年02月23日

  • 「舌がん」について,TBSテレビ,Nスタ,2019年02月22日

  • 舌癌の手術、経過、リハビリについて,テレビ朝日,ワイド!スクランブル,2019年02月21日

  • 堀ちえみさんの舌癌公表に関して,フジテレビ,直撃LIVE グッディ!,2019年02月20日

  • 舌がんについて,中京テレビ,キャッチ!,2019年02月19日

  • 口腔がんについて スタジオ生出演,フジテレビ,直撃LIVE グッディ!,2019年02月19日

  • 舌がんについて,日本テレビ,News every,2019年02月19日

  • 舌癌について,TBSテレビ,Nスタ,2019年02月19日

  • 将来就きたい職業や関心のある職業に就いている人と出会う,愛知県豊田市立若園中学校,東京医科歯科大学頭頸部外科学分野,2018年06月06日

  • 頭頸部外科の現状と未来,総合メディカル株式会社,DtoD,2017年11月24日

  • 第9回 嚥下機能評価研修会,日本気管食道科学会,東京医科歯科大学,2016年11月18日

▼全件表示