基本情報

写真a

貫井 陽子(ヌクイ ヨウコ)

NUKUI Yoko


職名

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学  医学部  1999年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学研究科  内科学  博士課程  2006年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2017年04月
    -
    2017年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2017年06月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2018年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2019年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2001年03月
    国家公務員共済組合連合会 虎ノ門病院 臨床研修医
  • 2001年04月
    -
    2002年03月
    聖路加国際病院 感染症科 臨床研究員
  • 2006年04月
    -
    2008年11月
    ヒューマンサイエンス振興財団 リサーチレジデント
  • 2009年01月
    -
    2009年07月
    東京大学医学部附属病院 感染症内科 医員
  • 2009年08月
    -
    2012年01月
    東京大学医学部附属病院 感染制御部 助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本感染症学会

  • 日本環境感染学会

  • 米国微生物学会(American Society of Microbiology)

  • 日本総合健診医学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    現在
    文京区 新型インフルエンザ等感染症医療体制検討会議 専門家医員
  • 2020年08月
    -
    現在
    国公立大学感染対策協議会 職業感染対策作業部会委員
  • 2020年08月
    -
    現在
    国公立大学感染対策協議会 COVID-19対応ワーキング委員
  • 2015年02月
    -
    現在
    日本環境感染学会 評議員
  • 2015年05月
    -
    2019年03月
    日本環境感染学会 教育委員会 委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 感染症内科学

  • 細菌学(含真菌学)

  • 病院・医療管理学

  • ウイルス学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本感染症学会専門医・指導医

  • 日本医師会認定産業医

  • 人間ドック健診専門医

  • インフェクションコントロールドクター

  • 日本エイズ学会指導医

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • カルバペネム耐性腸内細菌感染症の効果的感染対策の確立及び新規治療標的の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 病院ビッグデータ活用による費用対効果に優れた感染対策新規指標の作成及び実証

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kaneko S, Nukui Y, Arashiro T, Aiso Y, Sugii M, Hadano Y, Nagata K, Taki R, Ueda K, Hanada S, Suzaki S, Harada N, Yamaguchi Y, Nakanishi H, Kurosaki M, Nagasawa M, Izumi N. Clinical validation of an immunochromatographic SARS-Cov-2 IgM/IgG antibody assay with Japanese cohort. Journal of medical virology. 2020.07; ( PubMed, DOI )

  • Usui Y, Nukui Y, Koike R, Tohda S, Saito R. Draft Genome Sequence of a Clostridioides difficile Sequence Type 97 Strain Belonging to Hypervirulent Clade 2. Microbiology resource announcements. 2020.04; 9 (14): ( PubMed, DOI )

  • 貫井 陽子, 齋藤 良一, 相曽 啓史, 井上 健斗, 羽田野 義郎, 東田 修二, 小池 竜司. NDM-5メタロβラクタマーゼ・OXA-1同時産生Klebsiella oxytoca検出事例 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (臨増): 314. ( 医中誌 )

  • Nukui Yoko, Chino Takashi, Tani Chihiro, Sonobe Kazunari, Aiso Yoshibumi, Tohda Shuji, Koike Ryuji, Saito Ryoichi. Molecular epidemiologic and clinical analysis of Helicobacter cinaedi bacteremia in Japan HELICOBACTER. 2020.02; 25 (1): e12675. ( PubMed, DOI )

  • 相曽 啓史, 丸谷 美保子, 渡邉 由香, 齋藤 良一, 貫井 陽子, 高橋 弘充. 早期感染制御研修プログラム導入による薬剤師次世代育成への試み 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2020.02; 35回 P35-3. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Yoko Nukui, Ryoichi Saito, Kotarou Aoki, Yoshibumi Aiso, Mari Shima, Kazunari Sonobe, Shuji Tohda, Ryuji Koike. Molecular epidemiological analysis of multidrug resistant Achromobacter xylosoxidans that caused an outbreak in Japan. 2020.06.18 Chicago

  • Yoko Nukui, Yoshibumi Aiso, Jun Nakajima, Kazunari Sonobe, Ryoichi Saito, Shuji Tohda, Ryuji Koike. Molecular epidemiological analysis of multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa that caused an outbreak in an intensive care unit in Japan. ASM Microbe 2019 2019.06.23 San Francisco

  • 鈴木貴子, 相曽啓史, 丸谷美保子, 杉井麻耶, 渋谷有香, 羽田野義郎, 貫井陽子. ASは広域抗菌薬初回投与時の血液培養実施率に影響をあたえるか. 第67回日本化学療法学会学術集会 2019.05.23 東京

  • 渋谷有香, 相曽啓史, 鈴木貴子, 丸谷美保子, 杉井麻耶, 羽田野義郎, 貫井陽子. MRSA菌血症患者に対する抗菌薬適正支援の評価. 第67回日本化学療法学会学術集会 2019.05.23 東京

  • 貫井陽子, 羽田野義郎, 相曽啓史, 齋藤良一, 東田修二, 小池竜司.. 本邦初のNDM-5 メタロβラクタマーゼ産生大腸菌ST167による感染事例. 第93回日本感染症学会総会・学術集会 2019.04.05 名古屋

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 感染臨床ブロック,2015年 - 現在

  • 保健衛生学科 感染症の予防とコントロール,2020年 - 現在

  • 医学導入 国際医療,2016年 - 現在

  • MMA リスク管理,2015年 - 現在

  • 歯学部口腔保健学科衛生学分野 臨床医学2,2015年 - 現在

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 感染症対策,プレジデント社,プレジデント,2020年01月28日

  • インフルエンザのウソ・ホント,毎日新聞出版,サンデー毎日,2020年01月28日

  • 認知症予防をテーマに朝田隆特任教授との対談,産経新聞社,夕刊フジ,2019年04月17日

  • 手洗いうがい,日経BP社,日経ビジネス,2018年11月22日

  • 風邪予防法(運動と食品),文藝春秋,週刊文春,2018年11月22日