基本情報

写真a

貫井 陽子(ヌクイ ヨウコ)

NUKUI Yoko


職名

非常勤講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学  医学部  1999年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学研究科  内科学  博士課程  2006年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2017年04月
    -
    2017年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2017年06月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2018年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2019年05月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 感染制御部 准教授
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 感染制御部 准教授
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 全人的医療開発学講座 統合臨床感染症学分野 非常勤講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2001年03月
    国家公務員共済組合連合会 虎ノ門病院 臨床研修医
  • 2001年04月
    -
    2002年03月
    聖路加国際病院 感染症科 臨床研究員
  • 2006年04月
    -
    2008年11月
    ヒューマンサイエンス振興財団 リサーチレジデント
  • 2009年01月
    -
    2009年07月
    東京大学医学部附属病院 感染症内科 医員
  • 2009年08月
    -
    2012年01月
    東京大学医学部附属病院 感染制御部 助教
  • 2012年02月
    -
    2015年04月
    東京大学医学部附属病院 感染制御部 特任講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本感染症学会

  • 日本環境感染学会

  • 米国微生物学会(American Society of Microbiology)

  • 日本総合健診医学会

  • 日本臨床検査医学会

  • 日本エイズ学会

  • 日本臨床微生物学会

  • 日本結核・非定型抗酸菌症学会

  • 日本旅行医学会

  • 日本渡航医学会

  • 日本化学療法学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    現在
    文京区 新型インフルエンザ等感染症医療体制検討会議 専門家医員
  • 2020年08月
    -
    現在
    国公立大学感染対策協議会 職業感染対策作業部会委員
  • 2020年08月
    -
    現在
    国公立大学感染対策協議会 COVID-19対応ワーキング委員
  • 2015年02月
    -
    現在
    日本環境感染学会 評議員
  • 2015年05月
    -
    2019年03月
    日本環境感染学会 教育委員会 委員
  • 2016年05月
    -
    2019年03月
    職業感染制御研究会 幹事
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本環境感染学会 職業感染制御委員会 委員
  • 2017年07月
    -
    現在
    日本渡航医学会 評議員
  • 2019年04月
    -
    現在
    職業感染制御研究会 功労会員
  • 2020年01月
    -
    現在
    日本感染症学会 評議員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 感染症内科学

  • 細菌学

  • 医療管理学、医療系社会学

  • ウイルス学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本感染症学会専門医・指導医

  • 日本医師会認定産業医

  • 人間ドック健診専門医

  • インフェクションコントロールドクター

  • 日本エイズ学会指導医

  • 日本臨床微生物学会認定医

  • 日本結核病学会認定医

  • 抗菌化学療法指導医

  • 日本渡航学会認定医

  • 日本旅行医学会認定医療職

  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • カルバペネム耐性腸内細菌感染症の効果的感染対策の確立及び新規治療標的の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 病院ビッグデータ活用による費用対効果に優れた感染対策新規指標の作成及び実証

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yusuke Ota, Isaac Prah, Yoko Nukui, Ryuji Koike, Ryoichi Saito. blaKPC-2-encoding IncP-6 plasmids in Citrobacter freundii and Klebsiella variicola strains from hospital sewage in Japan. Appl Environ Microbiol. 2022;

  2. Bastard P, Gervais A, Le Voyer T, Rosain J, Philippot Q, Manry J, Michailidis E, Hoffmann HH, Eto S, Garcia-Prat M, Bizien L, Parra-Martínez A, Yang R, Haljasmägi L, Migaud M, Särekannu K, Maslovskaja J, de Prost N, Tandjaoui-Lambiotte Y, Luyt CE, Amador-Borrero B, Gaudet A, Poissy J, Morel P, Richard P, Cognasse F, Troya J, Trouillet-Assant S, Belot A, Saker K, Garçon P, Rivière JG, Lagier JC, Gentile S, Rosen LB, Shaw E, Morio T, Tanaka J, Dalmau D, Tharaux PL, Sene D, Stepanian A, Megarbane B, Triantafyllia V, Fekkar A, Heath JR, Franco JL, Anaya JM, Solé-Violán J, Imberti L, Biondi A, Bonfanti P, Castagnoli R, Delmonte OM, Zhang Y, Snow AL, Holland SM, Biggs C, Moncada-Vélez M, Arias AA, Lorenzo L, Boucherit S, Coulibaly B, Anglicheau D, Planas AM, Haerynck F, Duvlis S, Nussbaum RL, Ozcelik T, Keles S, Bousfiha AA, El Bakkouri J, Ramirez-Santana C, Paul S, Pan-Hammarström Q, Hammarström L, Dupont A, Kurolap A, Metz CN, Aiuti A, Casari G, Lampasona V, Ciceri F, Barreiros LA, Dominguez-Garrido E, Vidigal M, Zatz M, van de Beek D, Sahanic S, Tancevski I, Stepanovskyy Y, Boyarchuk O, Nukui Y, Tsumura M, Vidaur L, Tangye SG, Burrel S, Duffy D, Quintana-Murci L, Klocperk A, Kann NY, Shcherbina A, Lau YL, Leung D, Coulongeat M, Marlet J, Koning R, Reyes LF, Chauvineau-Grenier A, Venet F, Monneret G, Nussenzweig MC, Arrestier R, Boudhabhay I, Baris-Feldman H, Hagin D, Wauters J, Meyts I, Dyer AH, Kennelly SP, Bourke NM, Halwani R, Sharif-Askari NS, Dorgham K, Sallette J, Sedkaoui SM, AlKhater S, Rigo-Bonnin R, Morandeira F, Roussel L, Vinh DC, Ostrowski SR, Condino-Neto A, Prando C, Bonradenko A, Spaan AN, Gilardin L, Fellay J, Lyonnet S, Bilguvar K, Lifton RP, Mane S, HGID Lab., COVID Clinicians., COVID-STORM Clinicians., NIAID Immune Response to COVID Group., NH-COVAIR Study Group., Danish CHGE., Danish Blood Donor Study., St. James's Hospital., SARS CoV2 Interest group., French COVID Cohort Study Group., Imagine COVID-Group., Milieu Intérieur Consortium., CoV-Contact Cohort., Amsterdam UMC Covid-19., Biobank Investigators., COVID Human Genetic Effort., CONSTANCES cohort., 3C-Dijon Study., Cerba Health-Care., Etablissement du Sang study group., Anderson MS, Boisson B, Béziat V, Zhang SY, Vandreakos E, Hermine O, Pujol A, Peterson P, Mogensen TH, Rowen L, Mond J, Debette S, de Lamballerie X, Duval X, Mentré F, Zins M, Soler-Palacin P, Colobran R, Gorochov G, Solanich X, Susen S, Martinez-Picado J, Raoult D, Vasse M, Gregersen PK, Piemonti L, Rodríguez-Gallego C, Notarangelo LD, Su HC, Kisand K, Okada S, Puel A, Jouanguy E, Rice CM, Tiberghien P, Zhang Q, Cobat A, Abel L, Casanova JL. Autoantibodies neutralizing type I IFNs are present in <b>~</b>4% of uninfected individuals over 70 years old and account for <b>~</b>20% of COVID-19 deaths. Science immunology. 2021.08; 6 (62): ( PubMed, DOI )

  3. Nagano K, Tani-Sassa C, Iwasaki Y, Takatsuki Y, Yuasa S, Takahashi Y, Nakajima J, Sonobe K, Ichimura N, Nukui Y, Takeuchi H, Tanimoto K, Tanaka Y, Kimura A, Tohda S. SARS-CoV-2 R.1 lineage variants that prevailed in Tokyo in March 2021. Journal of medical virology. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  4. Nawa N, Kuramochi J, Sonoda S, Yamaoka Y, Nukui Y, Miyazaki Y, Fujiwara T. Seroprevalence of SARS-CoV-2 in Utsunomiya City, Greater Tokyo, after the first pandemic in 2020. Journal of general and family medicine. 2021.05; 22 (3): 160-162. ( PubMed, DOI )

  5. Ayibieke Alafate, 山田 華代, 山田 景土, 荻原 真二, 相曽 啓史, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 小池 竜司, 東田 修二, 齋藤 良一. 東京の2病院から分離されたS.epidermidis血流感染症の分子性状(Molecular characterization of S.epidermidis bloodstream isolates from two hospitals in Tokyo) 日本臨床微生物学会雑誌. 2020.12; 31 (Suppl.1): 198. ( 医中誌 )

  6. Kaneko S, Nukui Y, Arashiro T, Aiso Y, Sugii M, Hadano Y, Nagata K, Taki R, Ueda K, Hanada S, Suzaki S, Harada N, Yamaguchi Y, Nakanishi H, Kurosaki M, Nagasawa M, Izumi N. Clinical validation of an immunochromatographic SARS-Cov-2 IgM/IgG antibody assay with Japanese cohort. Journal of medical virology. 2020.07; ( PubMed, DOI )

  7. Usui Y, Nukui Y, Koike R, Tohda S, Saito R. Draft Genome Sequence of a Clostridioides difficile Sequence Type 97 Strain Belonging to Hypervirulent Clade 2. Microbiology resource announcements. 2020.04; 9 (14): ( PubMed, DOI )

  8. Nukui Yoko, Chino Takashi, Tani Chihiro, Sonobe Kazunari, Aiso Yoshibumi, Tohda Shuji, Koike Ryuji, Saito Ryoichi. Molecular epidemiologic and clinical analysis of Helicobacter cinaedi bacteremia in Japan HELICOBACTER. 2020.02; 25 (1): e12675. ( PubMed, DOI )

  9. Ayibieke Alafate, 山田 景士, 相曽 啓史, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 小池 竜司, 東田 修二, 齋藤 良一. Epidemiological characteristics of bloodstream S. epidermidis isolates from two hospitals in Tokyo(和訳中) 日本細菌学雑誌. 2020.01; 75 (1): 113. ( 医中誌 )

  10. Mishima Y., Asada M., Hadano Y., Nagashima M., Aiso Y., Shibuya Y., Sugii M., Nawa N., Fujiwara T., Nukui Y., Shigemitsu H.. The Impact of Antibiotic Time Outs in Multidisciplinary ICU Rounds for Antimicrobial Stewardship Program in Japan: An Interrupted Time Series Analysis AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2020; 201

  11. Saito Ryoichi, Usui Yukino, Ayibieke Alafate, Nakajima Jun, Prah Isaac, Sonobe Kazunari, Aiso Yoshibumi, Ito Shiori, Itsui Yasuhiro, Hadano Yoshiro, Nukui Yoko, Koike Ryuji, Tohda Shuji. Hypervirulent clade 2, ribotype 019/sequence type 67 Clostridioides difficile strain from Japan GUT PATHOGENS. 2019.11; 11 (1): 54. ( PubMed, DOI )

  12. Nukui Y, Ayibieke A, Taniguchi M, Aiso Y, Shibuya Y, Sonobe K, Nakajima J, Kanehira S, Hadano Y, Tohda S, Koike R, Saito R. Whole-genome analysis of EC129, an NDM-5-, CTX-M-14-, OXA-10- and MCR-1-co-producing Escherichia coli ST167 strain isolated from Japan. Journal of global antimicrobial resistance. 2019.07; 18 148-150. ( PubMed, DOI )

  13. Toba M, Moriwaki M, Oshima N, Aiso Y, Shima M, Nukui Y, Obayashi S, Fushimi K. Prevention of surgical site infection via antibiotic administration according to guidelines after gynecological surgery. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2018.07; ( PubMed, DOI )

  14. Alafate Ayibieke, 溝口 美祐紀, 山田 景土, 佐藤 智明, 森屋 恭爾, 相曽 啓史, 藤江 俊秀, 貫井 陽子, 小池 竜司, 齋藤 良一. Staphylococcus epidermidis分離菌における消毒薬に対する不応性について(Tolerance to antiseptics among Staphylococcus epidermidis isolates) 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2018.02; 33回 469-470. ( 医中誌 )

  15. 貫井 陽子. 【医療従事者のための感染予防-COVID-19流行を機会に見直す自分と仲間を守る職業感染予防技術】肝炎ウイルスの病態と曝露後対応 医学のあゆみ. 2021.05; 277 (6): 455-458. ( 医中誌 )

  16. 國島 広之, 吉川 徹, 網中 眞由美, 遠藤 史郎, 菅野 みゆき, 豊川 真弘, 貫井 陽子, 藤田 昌久, 森兼 啓太, 四柳 宏, 和田 耕治, 佐藤 智明, 青柳 哲史, 飯沼 由嗣, 泉川 公一, 植田 貴史, 内山 正子, 藤村 茂, 美島 路恵, 三鴨 廣繁, 職業感染制御委員会. 職業感染制御委員会・臨床研究推進委員会 新型コロナウイルス感染症診療における医療従事者の針刺し切創についてのアンケート調査 日本環境感染学会誌. 2021.05; 36 (3): 179-180. ( 医中誌 )

  17. 國島 広之, 吉川 徹, 網中 眞由美, 遠藤 史郎, 菅野 みゆき, 豊川 真弘, 貫井 陽子, 藤田 昌久, 森兼 啓太, 四柳 宏, 和田 耕治, 佐藤 智明, 青柳 哲史, 飯沼 由嗣, 泉川 公一, 植田 貴史, 内山 正子, 藤村 茂, 美島 路恵, 三鴨 廣繁, 職業感染制御委員会. 職業感染制御委員会・臨床研究推進委員会 医療従事者の新型コロナウイルス感染症感染事例についてのアンケート調査 日本環境感染学会誌. 2021.05; 36 (3): 181-183. ( 医中誌 )

  18. 森岡 悠, 大毛 宏喜, 長尾 美紀, 加藤 英明, 小門 諒平, 山田 康一, 山田 尚広, 下野 信行, 貫井 陽子, 吉原 真吾, 酒巻 一平, 野坂 生郷, 久保 有子, 川村 英樹, 藤倉 雄二, 北浦 剛, 八木 哲也, 砂川 光宏. 大学病院における周術期抗菌薬使用の実態 日本化学療法学会雑誌. 2021.03; 69 (2): 226. ( 医中誌 )

  19. 佐々 千尋, 中島 淳, 園部 一成, 市村 直也, 貫井 陽子, 東田 修二. 新型コロナウイルスPCR検査におけるDTT前処理の有用性および、PCR試薬の比較検討 日本臨床微生物学会雑誌. 2020.12; 31 (Suppl.1): 233. ( 医中誌 )

  20. 落合 香苗, 相星 淳一, 本藤 憲一, 漆畑 直, 長島 道生, 重光 秀信, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 山下 直美, 溝江 亜紀子, 大友 康裕. COVID-19感染拡大に伴うICU preparednessとその後の長期計画を考える 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2039. ( 医中誌 )

  21. 三島 有華, 朝田 瑞穂, 羽田野 義郎, 長島 道生, 相曽 啓史, 渋谷 有香, 那波 伸敏, 藤原 武男, 貫井 陽子, 重光 秀信. 薬剤耐性時代における抗菌薬適正使用〜集中治療室で私たちに求められること〜 ICUにおける多職種回診を基盤としたAntimicrobial stewardship programが患者転帰に及ぼす影響 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 345. ( 医中誌 )

  22. 貫井 陽子, 齋藤 良一, 相曽 啓史, 井上 健斗, 羽田野 義郎, 東田 修二, 小池 竜司. NDM-5メタロβラクタマーゼ・OXA-1同時産生Klebsiella oxytoca検出事例 感染症学雑誌. 2020.03; 94 (臨増): 314. ( 医中誌 )

  23. 吉川 徹, 貫井 陽子, 森屋 恭爾, 一般社団法人職業感染制御研究会. 医療従事者 医療機関における職業感染対策と感染管理担当者の役割 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2020.02; 35回 SY23-1. ( 医中誌 )

  24. 相曽 啓史, 丸谷 美保子, 渡邉 由香, 齋藤 良一, 貫井 陽子, 高橋 弘充. 早期感染制御研修プログラム導入による薬剤師次世代育成への試み 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2020.02; 35回 P35-3. ( 医中誌 )

  25. 貫井 陽子. 【院内の味方をドンドン作ろう!「分かってくれないスタッフ&病院幹部」に響く一言と次の一手】ビッグデータを活用して病院幹部を納得させる INFECTION CONTROL. 2020.01; 29 (1): 58-61. ( 医中誌 )

  26. 森脇 睦子, 鳥羽 三佳代, 相曽 啓史, 貫井 陽子, 伏見 清秀. 薬剤耐性(AMR)アクションプランに向けた入院内服抗菌薬使用状況動向調査法の検討 日本医療マネジメント学会雑誌. 2019.07; 20 (Suppl.): 166. ( 医中誌 )

  27. 貫井 陽子. 【実践的感染症診療】実地医家の知っておきたい多剤耐性菌 Medical Practice. 2019.04; 36 (臨増): 43-48. ( 医中誌 )

  28. 渋谷 有香, 相曽 啓史, 鈴木 貴子, 丸谷 美保子, 杉井 麻耶, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 鳥羽 美貴子, 高橋 弘充. MRSA菌血症患者に対する抗菌薬適正支援の評価 日本化学療法学会雑誌. 2019.03; 67 (Suppl.A): 267. ( 医中誌 )

  29. 鈴木 貴子, 相曽 啓史, 丸谷 美保子, 杉井 麻耶, 渋谷 有香, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 鳥羽 美貴子, 高橋 弘充. ASは広域抗菌薬初回投与時の血液培養実施率に影響をあたえるか 日本化学療法学会雑誌. 2019.03; 67 (Suppl.A): 265. ( 医中誌 )

  30. 貫井 陽子, 羽田野 義郎, 齋藤 良一, 相曽 啓史, 東田 修二, 小池 竜司, Ayibieke Alfate. 本邦初のNDM-5メタロβラクタマーゼ産生大腸菌ST167による感染事例 感染症学雑誌. 2019.03; 93 (臨増): 348. ( 医中誌 )

  31. 相曽 啓史, 渋谷 有香, 丸谷 美保子, 鳥羽 美貴子, 森 美奈子, 齋藤 良一, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 高橋 弘充. 血液培養陽性例へのASによりみえてくるものは 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2019.02; 34回 [P-589]. ( 医中誌 )

  32. 島 眞理, 千葉 尚子, 渡邉 由香, 相曽 啓史, 羽田野 義郎, 貫井 陽子. エピネットサーベイランスを活用した針刺し・切創防止活動の報告 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2019.02; 34回 [P-549]. ( 医中誌 )

  33. 島 眞理, 鶴岡 広美, 高橋 祐太, 足達 淑子, 沖畠 里恵, 松本 宏之, 砂川 光宏, 貫井 陽子. アデノシン三リン酸(ATP)測定による歯科ユニット周囲の環境汚染の評価 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2019.02; 34回 [O-117]. ( 医中誌 )

  34. 小林 亜由香, 園部 一成, 久保田 栞, 中島 淳, 高橋 里枝子, 金平 紗季, 谷 千尋, 湯淺 そのか, 本橋 智子, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 東田 修二. ポテトデキストロース寒天培地における糸状菌のジャイアントコロニーの比較 日本臨床微生物学会雑誌. 2018.12; 29 (Suppl.1): 429. ( 医中誌 )

  35. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 相曽 啓史, 貫井 陽子, 尾林 聡, 伏見 清秀. 抗菌薬使用状況の可視化とアウトカム評価による子宮全摘術における術後感染予防抗菌薬の適正使用化活動 日本医療マネジメント学会雑誌. 2018.12; 19 (3): 157-160. ( 医中誌 )

  36. 金平 紗季, 園部 一成, 湯淺 そのか, 谷 千尋, 小林 亜由香, 中島 淳, 久保田 栞, 高橋 里枝子, 本橋 智子, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 東田 修二. レミエール症候群の血液培養よりVerigeneシステムと培養法で異なる菌種が検出された1例 日本臨床微生物学会雑誌. 2018.12; 29 (Suppl.1): 423. ( 医中誌 )

  37. 貫井 陽子. 【高齢者における感染症up date】高齢者施設で重要な感染症およびその対策 Geriatric Medicine. 2018.11; 56 (11): 1047-1051. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yoko Nukui, Ryoichi Saito, Kotarou Aoki, Yoshibumi Aiso, Mari Shima, Kazunari Sonobe, Shuji Tohda, Ryuji Koike. Molecular epidemiological analysis of multidrug resistant Achromobacter xylosoxidans that caused an outbreak in Japan. 2020.06.18 Chicago

  2. Yoko Nukui, Yoshibumi Aiso, Jun Nakajima, Kazunari Sonobe, Ryoichi Saito, Shuji Tohda, Ryuji Koike. Molecular epidemiological analysis of multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa that caused an outbreak in an intensive care unit in Japan. ASM Microbe 2019 2019.06.23 San Francisco

  3. 貫井陽子, 羽田野義郎, 相曽啓史, 齋藤良一, 東田修二, 小池竜司.. 本邦初のNDM-5 メタロβラクタマーゼ産生大腸菌ST167による感染事例. 第93回日本感染症学会総会・学術集会 2019.04.05 名古屋

  4. Mari Shima, Yoshibumi Aiso, Yuka Watanabe, Yoshiro Hadano, Yoko Nukui. Assessment of the infection control round in our hospital. 9th International Congress of the Asia Pacific Society of Infection Control 2019.03.25 Danan, Vietnam

  5. 鈴木貴子, 相曽啓史, 丸谷美保子, 杉井麻耶, 渋谷有香, 羽田野義郎, 貫井陽子. ASは広域抗菌薬初回投与時の血液培養実施率に影響をあたえるか. 第67回日本化学療法学会学術集会 2019.05.23 東京

  6. 渋谷有香, 相曽啓史, 鈴木貴子, 丸谷美保子, 杉井麻耶, 羽田野義郎, 貫井陽子. MRSA菌血症患者に対する抗菌薬適正支援の評価. 第67回日本化学療法学会学術集会 2019.05.23 東京

  7. 相曽啓史, 渋谷有香, 貫井陽子. 血液培養陽性例への抗菌薬適正使用でみえてくるものは. 第34回日本環境感染学会学術集会 2019.02.23 神戸

  8. 島眞理, 鶴岡広美, 砂川光宏, 貫井陽子. アデノシン三リン酸[ATP]測定による歯科ユニット周囲の環境汚染の評価. 第34回日本環境感染学会総会 2019.02.23 神戸

  9. 島眞理, 相曽啓史, 羽田野義郎, 貫井陽子.. エピネットサーベイランスを活用した針刺し、切創防止活動の報告. 第34回日本環境感染学会総会 2019.02.23 神戸

  10. 佐瀬 裕子, 貫井 陽子, 相曽 啓史, 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 島 眞理, 小堺 隆寛, 北村 優佳, 高橋 弘充, 伏見 清秀. 医療データを活用したカルバペネム系薬・抗MRSA薬投与前の血液培養実施率モニタリングシステムの構築. 第26回日本医療薬学会年会 2016.09.17

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「デルタ株の特徴が追加された国内由来オミクロン株 BA.2 系統の市中感染事例を初めて確認」 〜第6波長期化への懸念〜 ― 医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第13報 ―,2022年05月

  • 「デルタ株の特徴に類似した変異が追加された 国内由来BA.2系統の市中感染事例をさらに確認」 〜第6波の下げ止まりから感染再拡大(第7波)への懸念〜 ― 医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第14報 ―,2022年05月

  • 「新たな遺伝的性質をもつカルバペネム耐性菌」 ― 環境における薬剤耐性菌拡散の原因解明に期待 ―,2022年04月

    Applied and Environmental Microbiology

  • 「新たな変異を有するオミクロン系統株を含むBA.1.1系統株の流行拡大、 およびBA.2系統株への置き換わりに影響をおよぼす可能性」 ― 医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第12報 ―,2022年02月

  • 「オミクロン系統株:BA.2の新たな市中感染、および本邦において長期間存続しているデルタ系統株へのさらなる市中感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第11報~,2022年01月

  • 「北米地域で確認されているオミクロン系統株の本邦市中流行、および市中に長期間存続しているデルタ系統株への感染事例を確認」~医科歯科大 新型コロナウイルス全ゲノム解析プロジェクト 第10報~ ,2022年01月

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 感染臨床ブロック,2015年 - 現在

  • 保健衛生学科 感染症の予防とコントロール,2020年 - 現在

  • 医学導入 国際医療,2016年 - 現在

  • MMA リスク管理,2015年 - 現在

  • 歯学部口腔保健学科衛生学分野 臨床医学2,2015年 - 現在

  • 感染基礎ブロック,2015年 - 現在

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 感染症対策,プレジデント社,プレジデント,2020年01月28日

  • インフルエンザのウソ・ホント,毎日新聞出版,サンデー毎日,2020年01月28日

  • 認知症予防をテーマに朝田隆特任教授との対談,産経新聞社,夕刊フジ,2019年04月17日

  • 手洗いうがい,日経BP社,日経ビジネス,2018年11月22日

  • 風邪予防法(運動と食品),文藝春秋,週刊文春,2018年11月22日