基本情報

写真a

角田 達彦(ツノダ タツヒコ)

TSUNODA TATSUHIKO


職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学部  物理学科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  物理学専攻素粒子物理  修士課程  修了

  • 東京大学  工学系研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

  • 博士(工学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 医科学数理 教授
  • 2015年12月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 医科学数理 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 医科学数理分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    東京大学 大学院 理学系研究科 生物科学専攻 医科学数理(角田研) 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

  • 日本人類遺伝学会

  • アメリカ人類遺伝学会(American Society of Human Genetics)

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 心房細動の治療効果を規定する分子機構の解明とリスク診断

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 次世代ヒト全ゲノム・オミクスの解析方法論の開発と応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2021年

  • マルチオミックス解析による遺伝子発現制御領域内のがん化を導く変異の予測

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 個別化医療の開発のための統計的方法論の構築とその実践に関する総合的研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 薬剤感受性およびゲノム異常に基づいた難治性卵巣癌個別化治療戦略の確立

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kyohei Hakozaki, Nobuyuki Tanaka, Kimiharu Takamatsu, Ryohei Takahashi, Yota Yasumizu, Shuji Mikami, Toshiaki Shinojima, Kazuhiro Kakimi, Takashi Kamatani, Fuyuki Miya, Tatsuhiko Tsunoda, Eriko Aimono, Hiroshi Nishihara, Ryuichi Mizuno, Mototsugu Oya. Landscape of prognostic signatures and immunogenomics of the AXL/GAS6 axis in renal cell carcinoma. Br J Cancer. 2021.10; ( PubMed, DOI )

  • Kimiharu Takamatsu, Nobuyuki Tanaka, Kyohei Hakozaki, Ryohei Takahashi, Yu Teranishi, Tetsushi Murakami, Ryohei Kufukihara, Naoya Niwa, Shuji Mikami, Toshiaki Shinojima, Takashi Sasaki, Yusuke Sato, Haruki Kume, Seishi Ogawa, Kazuhiro Kakimi, Takashi Kamatani, Fuyuki Miya, Tatsuhiko Tsunoda, Eriko Aimono, Hiroshi Nishihara, Kazuaki Sawada, Takeshi Imamura, Ryuichi Mizuno, Mototsugu Oya. Profiling the inhibitory receptors LAG-3, TIM-3, and TIGIT in renal cell carcinoma reveals malignancy. Nat Commun. 2021.09; 12 (1): 5547. ( PubMed, DOI )

  • Nobuhiko Okamoto, Fuyuki Miya, Tatsuhiko Tsunoda, Yonehiro Kanemura, Shinji Saitoh, Mitsuhiro Kato, Kumiko Yanagi, Tadashi Kaname, Kenjiro Kosaki. Four pedigrees with aminoacyl-tRNA synthetase abnormalities. Neurol Sci. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  • Alok Sharma, Artem Lysenko, Keith A Boroevich, Edwin Vans, Tatsuhiko Tsunoda. DeepFeature: feature selection in nonimage data using convolutional neural network. Brief Bioinform. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  • Jun Hosoe, Ken Suzuki, Fuyuki Miya, Takashi Kato, Tatsuhiko Tsunoda, Yukinori Okada, Momoko Horikoshi, Nobuhiro Shojima, Toshimasa Yamauchi, Takashi Kadowaki. Structural basis of ethnic-specific variants of PAX4 associated with type 2 diabetes. Hum Genome Var. 2021.07; 8 (1): 25. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Tatsuhiko Tsunoda, Toshihiro Tanaka, Yusuke Nakamura (Eds.). Genome-Wide Association Studies. Springer Nature, 2019.11 (ISBN : 978-9811381768)

  • Vans E., Sharma A., Patil A., Shigemizu D., Tsunoda T. Subject-Specific-Frequency-Band for Motor Imagery EEG Signal Recognition Based on Common Spatial Spectral Pattern. In: Nayak A., Sharma A. (eds) PRICAI 2019: Trends in Artificial Intelligence. PRICAI 2019. Lecture Notes in Computer Science. Springer, 2019.08

  • Singh V, Sharma A, Chandra A, Dehzangi A, Shigemizu D, Tsunoda T. Computational Prediction of Lysine Pupylation Sites in Prokaryotic Proteins Using Position Specific Scoring Matrix into Bigram for Feature Extraction. In: Nayak A., Sharma A. (eds) PRICAI 2019: Trends in Artificial Intelligence. PRICAI 2019. Lecture Notes in Computer Science. Springer, 2019.08 (ISBN : 978-3-030-29893-7)

  • Vans E., Sharma A., Patil A., Shigemizu D., Tsunoda T. Clustering of Small-Sample Single-Cell RNA-Seq Data via Feature Clustering and Selection. In: Nayak A., Sharma A. (eds) PRICAI 2019: Trends in Artificial Intelligence. PRICAI 2019. Lecture Notes in Computer Science. Springer, 2019.08

  • Lopez Y, Kamola PJ, Sharma R, Shigemizu D, Tsunoda T, Sharma A.. Encyclopedia of Bioinformatics and Computational Biology. Elsevier, 2018.08 Computational Pipelines and Workflows in Bioinformatics. (ISBN : 9780128114148)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 角田 達彦. ゲノム医科学を推進する深層学習と数理科学. 第25回日本がん分子標的治療学会学術集会 2021.05.27 東京(オンライン)

  • 角田 達彦. 新たな知によるゲノム医科学. 東京大学ゲノム医科学研究機構2020年度シンポジウム 2021.03.25

  • Tatsuhiko Tsunoda. Exploring etiologies, sub-classification, and risk prediction of diseases based on big-data analysis of clinical and whole omics data in medicine. ERCIM-JST Joint Symposium on Big Data and Artificial Intelligence 2021.02.18

  • Tatsuhiko Tsunoda. Exploring etiologies, sub-classification, and risk prediction of diseases based on big-data analysis of clinical and whole omics data in medicine. CREST International Symposium on Big Data Application 2021.01.23

  • 角田 達彦. 深層学習が拓く新たなゲノム医科学. 第16回日本がん分子標的治療学会TRワークショップ 2021.01.19

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • DeepInsight: Package of DeepInsight methodology,コンピュータソフト,2019年08月

  • IMSIndel: An accurate intermediate-size indel detection tool incorporating de novo assembly and gapped global-local alignment with split read analysis.,コンピュータソフト,2018年04月

  • DRAGON: Matlab package of DRAGON clustering approach,コンピュータソフト,2017年09月

  • 2D-EM: Matlab package of 2D-EM clustering approach,コンピュータソフト,2017年08月

  • Arete - an analysis toolkit for network-based gene prioritisation,コンピュータソフト,2017年04月

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Dream Challenges Certificate of Best Performance - Disease Module Identification DREAM Challenge Sub-Challenge 2,DREAM Challenge,2016年11月

  • 日本人類遺伝学会奨励賞,日本人類遺伝学会,2009年

  • The 13th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience on Genome Analysis and Medicine Poster Award,Takeda Science Foundation,2004年

  • 情報処理学会第48回全国大会奨励賞,情報処理学会,1994年

  • International Joint Conference on Neural Networks Student Award,International Joint Conference on Neural Networks,1993年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 人工知能でゲノミクスを-遺伝子など非画像データを深層学習で扱う方法-,2019年08月

    Scientific Reports

  • ゲノム情報の「見える化」、AIが効率的に解析 理研などが新手法開発,2019年08月

    live doorニュース掲載

  • ゲノム情報の「見える化」、AIが効率的に解析 理研などが新手法開発,2019年08月

    BIGLOBEニュース掲載

  • ゲノム情報の「見える化」、AIが効率的に解析 理研などが新手法開発,2019年08月

    財経新聞掲載

  • アルツハイマー病 原因遺伝子を同定 – 理研-東京医科歯科大など,2018年08月

    化学工業日報掲載

全件表示 >>