基本情報

写真a

森 雅亮(モリ マサアキ)

MORI MASAAKI


職名

教授

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/lci/

プロフィール

私たちの研究室は、子どもから、成人、高齢者まで一生涯にわたり、膠原病・リウマチ性疾患などの「免疫難病」の研究・教育・診療体制の統合を目指す、世界に類をみない大学講座です。膠原病・リウマチ内科と小児科がタイアップして、従来の講座では達成できなかった難病が抱える諸問題を手掛けていきます。本講座のホームページでは、私たちの研究活動と、時代が求めている「難病に小児科/内科の枠組みなし」の考え方について解説しています。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 三重大学  医学部  1988年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  横浜市立大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 薬害監視学講座 教授
  • 2015年07月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 薬害監視学講座 教授
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 生涯免疫難病学講座 教授
  • 2017年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 生涯免疫難病学講座 教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 生涯免疫難病学講座 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1995年08月
    -
    1998年05月
    米国シンシナティイ大学医学部 内科免疫学 リサーチ・アシスタント
  • 2019年04月
    -
    現在
    昭和大学 医学部小児科学(小児内科学部門) 客員教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    聖マリアンナ医科大学  リウマチ・膠原病・アレルギー内科 教授
  • 2023年04月
    -
    現在
    東海大学 医学部(小児科) 客員教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会(代議員、地域総合小児総合医療合同委員、英文誌委員、パリビズマブガイドライン改定WG委員)、日本リウマチ学会(理事、指導医、専門医制度委員、学会誌MR編集委員会Transmitting Editor、小児リウマチ調査検討委員長、医学用語委員、社会保険委員、移行期医療検討委員長)、日本小児リウマチ学会(理事、教育委員、移行期支援委員、薬事委員会顧問)、日本感染症学会(評議員、指導医、ICD、試験問題作成委員、オリンピック・パラリンピックアドホック委員)、日本小児感染症学会(副理事長、評議員、将来計画委員長、薬事委員、機関誌編集委員、英文誌編集委員、臓器移植および免疫不全状態における予防接種ガイドライン改訂委員、災害対策G委員長、新型コロナウイルス感染症WGオブザーバー)、日本化学療法学会(指導医)、日本アレルギー学会(指導医)、日本川崎病学会(利益相反委員、学術集会委員)、日本アフェレーシス学会(理事、評議員)、日本外来小児科学会(倫理審査委員)、日本臨床リウマチ学会(理事、評議員)、日本免疫学会、日本臨床免疫学会(学術・認定医委員)、日本免疫不全・自己炎症学会(移行期医療WG委員)

  • 日本小児科学会(代議員、地域総合小児総合医療合同委員、パリビズマブガイドライン改定WG委員)、日本リウマチ学会(理事、評議員、専門医制度委員、学会誌MR編集委員会Transmitting Editor、小児リウマチ調査検討委員長、医学用語委員、社会保険委員、移行期医療検討委員長)、日本小児リウマチ学会(理事、教育・資格認定委員、成人移行支援委員会、薬事委員会顧問)、日本感染症学会(評議員、指導医、ICD、オリンピック・パラリンピックアド・ホック委員)、日本小児感染症学会(副理事長、評議員、将来計画委員長、薬事委員、機関誌編集委員、英文誌編集委員、臓器移植および免疫不全状態における予防接種ガイドライン改訂委員、災害対策G委員長、新型コロナウイルス感染症WGオブザーバー)、日本川崎病学会(評議員、利益相反委員、学術委員)、日本アフェレシス学会(理事、評議員)、日本外来小児科学会(倫理審査委員)、日本臨床リウマチ学会(理事、評議員)、日本免疫学会、日本臨床免疫学会(学術・認定医委員)、日本免疫不全・自己炎症学会(移行期医療WG委員)

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 神奈川県感染対策協議会(COVID-19対策会議)
  • 神奈川県動物由来感染症対策検討会構成員
  • 医薬品医療機器総合機構(PMDA)医薬品審査専門委員
  • 神奈川県アレルギー疾患対策推進協議会 委員
  • JCCG(日本小児がん)効果安全性評価 委員
  • 全国高等学校体育連盟 感染症アドバイザー
  • 2016年02月
    -
    現在
    厚生労働省 疾病・障害認定審査会 感染症・予防接種審査分科会
  • 2018年02月
    -
    現在
    厚生労働省 厚生科学審議会疾病対策部会リウマチ等対策委員会
  • 2019年04月
    -
    現在
    神奈川県感染症発生動向調査解析委員会

▼全件表示

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 研究概要を参照

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患に関する調査研究

    厚生労働省 : 2023年04月 - 2026年03月

  • 自己炎症性疾患とその類縁疾患における、移行期医療を含めた診療体制整備、 患者登録推進、全国疫学調査に基づく診療ガイドライン構築に関する研究

    厚生労働省 : 2023年04月 - 2026年03月

  • 関節リウマチ診療ガイドラインの改訂による医療水準の向上に関する研究

    厚生労働省 : 2022年04月 - 2024年03月

  • 移行期JIAを中心としたリウマチ性疾患における患者の層別化に基づいた生物学的製剤等の適正使用に資する研究

    厚生労働省 : 2021年07月 - 2024年03月

  • 移行期JIAを中心としたリウマチ性疾患における患者の層別化に基づいた生物学的製剤等の適正使用に資する研究

    厚生労働省 : 2021年07月 - 2024年03月

  • 強直性脊椎炎に代表される脊椎関節炎及び類縁疾患の医療水準ならびに患者QOL向上に資する大規模多施設研究

    厚生労働省 : 2021年04月 - 2024年03月

  • 強直性脊椎炎に代表される脊椎関節炎及び類縁疾患の医療水準ならびに患者QOL向上に資する大規模多施設研究

    厚生労働省 : 2021年04月 - 2024年03月

  • 自己免疫疾患に関する調査研究

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2024年03月

  • 難治性・希少免疫疾患におけるアンメットニーズの把握とその解決に向けた研究

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2023年03月

  • 難治性・希少免疫疾患におけるアンメットニーズの把握とその解決に向けた研究

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2023年03月

  • ライフステージに応じた関節リウマチ患者支援に関する研究

    厚生労働省 : 2019年08月 - 2022年03月

  • 強直性脊椎炎に代表される脊椎関節炎の疫学調査・診断基準作成と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究

    厚生労働省 : 2019年04月 - 2021年03月

  • 我が国の関節リウマチ診療の標準化に関する臨床疫学研究

    厚生労働省 : 2018年04月 - 2021年03月

  • 自己免疫疾患に関する調査研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 小児期および成人移行期小児リウマチ患者の全国調査データの解析と両者の異同性に基づいた全国的「シームレス」診療ネットワーク構築による標準的治療の均てん化

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 小児期あるいは成人移行の若年性特発性関節炎(JlA)の全国実態調査とその臨床的検討

    厚生労働省 : 2016年12月 - 2017年03月

  • 若年性特発性関節炎を主とした小児リウマチ性疾患の診断基準・重症度分類の標準化とエビデンスに基づいた診療ガイドラインの策定に関する研究

    厚生労働省 : 2015年04月 - 2018年03月

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yoji Komiya, Takahiko Sugihara, Fumio Hirano, Takumi Matsumoto, Mari Kamiya, Hirokazu Sasaki, Tadashi Hosoya, Naoki Kimura, Tatsuro Ishizaki, Masaaki Mori, Shigeto Tohma, Shinsuke Yasuda, Toshihiro Matsui. Factors associated with impaired physical function in elderly rheumatoid arthritis patients who had achieved low disease activity. Mod Rheumatol. 2023.12; 34 (1): 60-67. ( PubMed, DOI )

  2. Susumu Yamazaki, Kazushi Izawa, Masakazu Matsushita, Akinori Moriichi, Dai Kishida, Hajime Yoshifuji, Ken Yamaji, Ryuta Nishikomori, Masaaki Mori, Takako Miyamae. Promoting awareness of terminology related to unmet medical needs in context of rheumatic diseases in Japan: a systematic review for evaluating unmet medical needs. Rheumatol Int. 2023.11; 43 (11): 2021-2030. ( PubMed, DOI )

  3. Masaaki Mori, Kanako Yoshizaki, Shinichi Watabe, Mika Ishige, Akinari Hinoki, Takuya Kondo, Tomoaki Taguchi, Hisaya Hasegawa, Tomoko Hatata, Naoyuki Tanuma, Kosuke Kirino, Akihiro Hirakawa, Takuya Naruto, Minoru Imai, Ryuji Koike, Kenichiro Hosoi, Satoshi Kusuda. Safety, efficacy and pharmacokinetics of palivizumab in off-label neonates, infants, and young children at risk for serious respiratory syncytial virus infection: a multicenter phase II clinical trial. Lancet Reg Health West Pac. 2023.10; 39 100847. ( PubMed, DOI )

  4. Masaaki Mori, Tomoyo Matsubara. Overview of Guidelines for the Medical Treatment of Acute Kawasaki Disease in Japan (2020 Revised Version) and Positioning of Plasma Exchange Therapy in the Acute Phase. Pediatr Infect Dis J. 2023.09; 42 (9): e328-e332. ( PubMed, DOI )

  5. Hidehiko Narazaki, Shinji Akioka, Yuko Akutsu, Mariko Araki, Mikiya Fujieda, Daisuke Fukuhara, Ryoki Hara, Kunio Hashimoto, Seira Hattori, Ren Hayashibe, Tomoyuki Imagawa, Yuzaburo Inoue, Hiroyuki Ishida, Shuici Ito, Yasuhiko Itoh, Tomohiro Kawabe, Toshiyuki Kitoh, Ichiro Kobayashi, Tadashi Matsubayashi, Takako Miyamae, Mao Mizuta, Masaaki Mori, Ayako Murase, Yasuo Nakagishi, Koji Nagatani, Naoko Nakano, Toyoki Nishimura, Tomo Nozawa, Nami Okamoto, Yuka Okura, Hiromi Sawada, Emi Sawanobori, Yuko Sugita, Yujiro Tanabe, Minako Tomiita, Ken-Ichi Yamaguchi, Ryuhei Yasuoka, Koji Yokoyama. Epidemiology conduction of paediatric rheumatic diseases based on the registry database of the Pediatric Rheumatology Association of Japan. Mod Rheumatol. 2023.08; 33 (5): 1021-1029. ( PubMed, DOI )

  6. Athimalaipet V Ramanan, Pierre Quartier, Nami Okamoto, Ivan Foeldvari, Alberto Spindler, Šárka Fingerhutová, Jordi Antón, Zhongkai Wang, Gabriella Meszaros, Joana Araújo, Ran Liao, Stuart Keller, Hermine I Brunner, Nicolino Ruperto, , . Baricitinib in juvenile idiopathic arthritis: an international, phase 3, randomised, double-blind, placebo-controlled, withdrawal, efficacy, and safety trial. Lancet. 2023.08; 402 (10401): 555-570. ( PubMed, DOI )

  7. Mariko Mouri, Toru Kanamori, Eriko Tanaka, Kanako Hiratoko, Mariko Okubo, Michio Inoue, Tomohiro Morio, Masaki Shimizu, Ichizo Nishino, Naoko Okiyama, Masaaki Mori. Hepatic veno-occlusive disease accompanied by thrombotic microangiopathy developed during treatment of juvenile dermatomyositis and macrophage activation syndrome: A case report. Mod Rheumatol Case Rep. 2023.06; 7 (2): 404-409. ( PubMed, DOI )

  8. Shuya Kaneko, Masaki Shimizu, Asami Shimbo, Hitoshi Irabu, Koji Yokoyama, Kenji Furuno, Takayuki Tanaka, Kazuyuki Ueno, Shuhei Fujita, Naomi Iwata, Junya Fujimura, Keiji Akamine, Mao Mizuta, Yasuo Nakagishi, Toshinori Minato, Kenichi Watanabe, Anna Kobayashi, Takuya Endo, Katsuhiko Tabata, Masaaki Mori, Tomohiro Morio. Clinical significance of serum cytokine profiles for differentiating between Kawasaki disease and its mimickers. Cytokine. 2023.06; 169 156280. ( PubMed, DOI )

  9. Xavier Carbonell-Estrany, Eric Af Simões, Louis J Bont, Bosco A Paes, . Prioritising respiratory syncytial virus prevention in low-income and middle-income countries. Lancet Glob Health. 2023.05; 11 (5): e655-e657. ( PubMed, DOI )

  10. Masaki Shimizu, Kenichi Nishimura, Naomi Iwata, Takahiro Yasumi, Hiroaki Umebayashi, Yasuo Nakagishi, Yuka Okura, Nami Okamoto, Noriko Kinjo, Mao Mizuta, Masato Yashiro, Junko Yasumura, Hiroyuki Wakiguchi, Tomohiro Kubota, Mariko Mouri, Utako Kaneko, Masaaki Mori. Treatment for macrophage activation syndrome associated with systemic juvenile idiopathic arthritis in Japan. Int J Rheum Dis. 2023.05; 26 (5): 938-945. ( PubMed, DOI )

  11. Shuya Kaneko, Masaki Shimizu, Futaba Miyaoka, Asami Shimbo, Hitoshi Irabu, Mao Mizuta, Yasuo Nakagishi, Naomi Iwata, Junya Fujimura, Masaaki Mori, Tomohiro Morio. The dynamics of laboratory markers reflecting cytokine overproduction in macrophage activation syndrome complicated with systemic juvenile idiopathic arthritis. Clin Immunol. 2023.03; 248 109270. ( PubMed, DOI )

  12. Yutaka Kawahito, Akio Morinobu, Yuko Kaneko, Masataka Kohno, Shintaro Hirata, Mitsumasa Kishimoto, Yohei Seto, Takahiko Sugihara, Eiichi Tanaka, Hiromu Ito, Toshihisa Kojima, Isao Matsushita, Keiichiro Nishida, Masaaki Mori, Atsuko Murashima, Hisashi Yamanaka, Takeo Nakayama, Masayo Kojima, Masayoshi Harigai. Drug treatment algorithm and recommendations from the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis-secondary publication. Mod Rheumatol. 2023.01; 33 (1): 21-35. ( PubMed, DOI )

  13. Ryosuke Wakatsuki, Masaki Shimizu, Asami Shimbo, Eriko Adachi, Toru Kanamori, Susumu Yamazaki, Tomohiro Udagawa, Kei Takasawa, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio, Masaaki Mori. Atrophic autoimmune thyroiditis complicated with systemic lupus erythematosus. Mod Rheumatol Case Rep. 2023.01; 7 (1): 65-67. ( PubMed, DOI )

  14. Hiromu Ito, Keiichiro Nishida, Toshihisa Kojima, Isao Matsushita, Masayo Kojima, Shintaro Hirata, Yuko Kaneko, Mitsumasa Kishimoto, Masataka Kohno, Masaaki Mori, Akio Morinobu, Atsuko Murashima, Yohei Seto, Takahiko Sugihara, Eiichi Tanaka, Takeo Nakayama, Hisashi Yamanaka, Yutaka Kawahito, Masayoshi Harigai. Non-drug and surgical treatment algorithm and recommendations for the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis-secondary publication. Mod Rheumatol. 2023.01; 33 (1): 36-45. ( PubMed, DOI )

  15. Masaki Shimizu, Hitoshi Irabu, Asami Shimbo, Shuya Kaneko, Masaaki Mori. Monthly intravenous immunoglobulin for refractory intestinal IgA vasculitis. Pediatr Int. 2023.01; 65 (1): e15470. ( PubMed, DOI )

  16. Megumi Matsumoto, Susumu Yamazaki, Eisuke Inage, Keisuke Jimbo, Mitsuyoshi Suzuki, Masaaki Mori, Toshiaki Shimizu. TAFRO syndrome in an adolescent with acute hepatitis-like imaging findings. Pediatr Int. 2023; 65 (1): e15695. ( PubMed, DOI )

  17. Kosei Yamashita, Takeru Kanazawa, Yoshifusa Abe, Takuya Naruto, Masaaki Mori. Kawasaki disease without changes in inflammatory biomarkers: A case report. World J Clin Cases. 2022.12; 10 (35): 13038-13043. ( PubMed, DOI )

  18. Mariko Mouri, Mitsuru Imamura, Shotaro Suzuki, Tatsuya Kawasaki, Yoshiki Ishizaki, Keiichi Sakurai, Hiroko Nagafuchi, Norihiro Matsumura, Marina Uchida, Takayasu Ando, Kohei Yoshioka, Seido Ooka, Takahiko Sugihara, Hiroshi Miyoshi, Masaaki Mori, Tomoyuki Okada, Masao Yamaguchi, Hiroyuki Kunishima, Motohiro Kato, Kimito Kawahata. Serum polyethylene glycol-specific IgE and IgG in patients with hypersensitivity to COVID-19 mRNA vaccines. Allergol Int. 2022.10; 71 (4): 512-519. ( PubMed, DOI )

  19. Fumiaki Kondo, Takahiko Sugihara, Natsuka Umezawa, Hisanori Hasegawa, Tadashi Hosoya, Naoki Kimura, Masaaki Mori, Shinsuke Yasuda. Associated factors with poor treatment response to initial glucocorticoid therapy in patients with adult-onset Still's disease. Arthritis Res Ther. 2022.04; 24 (1): 92. ( PubMed, DOI )

  20. Masayo Kojima, Mieko Hasegawa, Shintaro Hirata, Hiromu Ito, Yuko Kaneko, Mitsumasa Kishimoto, Masataka Kohno, Toshihisa Kojima, Isao Matsushita, Masaaki Mori, Akio Morinobu, Atsuko Murashima, Keiichiro Nishida, Yohei Seto, Yasumori Sobue, Takahiko Sugihara, Eiichi Tanaka, Takeo Nakayama, Yutaka Kawahito, Masayoshi Harigai. Patients' perspectives of rheumatoid arthritis treatment: a questionnaire survey for the 2020 update of the Japan college of rheumatology clinical practice guidelines. Mod Rheumatol. 2022.02; 32 (2): 307-312. ( PubMed, DOI )

  21. Takahiko Sugihara, Yutaka Kawahito, Akio Morinobu, Yuko Kaneko, Yohei Seto, Toshihisa Kojima, Hiromu Ito, Masataka Kohno, Takeo Nakayama, Yasumori Sobue, Keiichiro Nishida, Isao Matsushita, Atsuko Murashima, Masaaki Mori, Eiichi Tanaka, Shintaro Hirata, Mitsumasa Kishimoto, Hisashi Yamanaka, Masayo Kojima, Masayoshi Harigai. Systematic review for the treatment of older rheumatoid arthritis patients informing the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2022.02; 32 (2): 313-322. ( PubMed, DOI )

  22. Masaaki Mori, Shinji Akioka, Toru Igarashi, Yuzaburo Inoue, Hiroaki Umebayashi, Shiro Ohshima, Susumu Nishiyama, Motomu Hashimoto, Toshihiro Matsui, Takako Miyamae, Takahiro Yasumi. Transitioning from paediatric to adult rheumatological healthcare: English summary of the Japanese Transition Support Guide. Mod Rheumatol. 2022.02; 32 (2): 248-255. ( PubMed, DOI )

  23. Hiromu Ito, Koichi Murata, Yasumori Sobue, Toshihisa Kojima, Keiichiro Nishida, Isao Matsushita, Yutaka Kawahito, Masayo Kojima, Shintaro Hirata, Yuko Kaneko, Mitsumasa Kishimoto, Masataka Kohno, Masaaki Mori, Akio Morinobu, Atsuko Murashima, Yohei Seto, Takahiko Sugihara, Eiichi Tanaka, Takeo Nakayama, Masayoshi Harigai. Comprehensive risk analysis of postoperative complications in patients with rheumatoid arthritis for the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2022.02; 32 (2): 296-306. ( PubMed, DOI )

  24. Masaki Shimizu, Asami Shimbo, Susumu Yamazaki, Yuko Segawa, Masaaki Mori. Septic arthritis of the pubic symphysis in a patient with SLE. Pediatr Int. 2022.01; 64 (1): e14875. ( PubMed, DOI )

  25. Eiichi Tanaka, Yutaka Kawahito, Masataka Kohno, Shintaro Hirata, Mitsumasa Kishimoto, Yuko Kaneko, Hiroya Tamai, Yohei Seto, Akio Morinobu, Takahiko Sugihara, Atsuko Murashima, Masayo Kojima, Masaaki Mori, Hiromu Ito, Toshihisa Kojima, Yasumori Sobue, Keiichiro Nishida, Isao Matsushita, Takeo Nakayama, Hisashi Yamanaka, Masayoshi Harigai. Systematic review and meta-analysis of biosimilar for the treatment of rheumatoid arthritis informing the 2020 update of the Japan College of Rheumatology clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2022.01; 32 (1): 74-86. ( PubMed, DOI )

  26. Yasumori Sobue, Toshihisa Kojima, Hiromu Ito, Keiichiro Nishida, Isao Matsushita, Yuko Kaneko, Mitsumasa Kishimoto, Masataka Kohno, Takahiko Sugihara, Yohei Seto, Eiichi Tanaka, Takeo Nakayama, Shintaro Hirata, Atsuko Murashima, Akio Morinobu, Masaaki Mori, Masayo Kojima, Yutaka Kawahito, Masayoshi Harigai. Does exercise therapy improve patient-reported outcomes in rheumatoid arthritis? A systematic review and meta-analysis for the update of the 2020 JCR guidelines for the management of rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2022.01; 32 (1): 96-104. ( PubMed, DOI )

  27. Susumu Yamazaki, Asami Shimbo, Takahiro Kamiya, Masaki Shimizu, Masaaki Mori. Ankylosing spondylitis, Crohn's disease, and myelodysplasia in an adolescent. Pediatr Int. 2022.01; 64 (1): e15215. ( PubMed, DOI )

  28. Yurika Hoshi, Masaki Shimizu, Asami Shimbo, Susumu Yamazaki, Masaaki Mori. Overt myositis in a girl with systemic lupus erythematosus. Pediatr Int. 2022.01; 64 (1): e15338. ( PubMed, DOI )

  29. Masaki Shimizu, Syuji Takei, Masaaki Mori, Akihiro Yachie. Pathogenic roles and diagnostic utility of interleukin-18 in autoinflammatory diseases. Front Immunol. 2022; 13 951535. ( PubMed, DOI )

  30. Yuki Ichimura, Risa Konishi, Miwako Shobo, Sae Inoue, Mari Okune, Akemi Maeda, Ryota Tanaka, Noriko Kubota, Isao Matsumoto, Akiko Ishii, Akira Tamaoka, Asami Shimbo, Masaaki Mori, Tomohiro Morio, Takayuki Kishi, Takako Miyamae, Jantima Tanboon, Michio Inoue, Ichizo Nishino, Manabu Fujimoto, Toshifumi Nomura, Naoko Okiyama. Reliability of antinuclear matrix protein 2 antibody assays in idiopathic inflammatory myopathies is dependent on target protein properties. J Dermatol. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  31. Yuri Matsubara, Yosikazu Nakamura, Naoto Tamura, Hideto Kameda, Kotaro Otomo, Mitsumasa Kishimoto, Yuho Kadono, Shigeyoshi Tsuji, Tatsuya Atsumi, Hiroaki Matsuno, Michiaki Takagi, Shigeto Kobayashi, Keishi Fujio, Norihiro Nishimoto, Nami Okamoto, Ayako Nakajima, Kiyoshi Matsui, Masahiro Yamamura, Yasuharu Nakashima, Atsushi Kawakami, Masaaki Mori, Tetsuya Tomita. A Nationwide Questionnaire Survey on the Prevalence of Ankylosing Spondylitis and Non-Radiographic Axial Spondyloarthritis in Japan. Mod Rheumatol. 2021.11; ( PubMed, DOI )

  32. Yuichi Yamasaki, Norimoto Kobayashi, Shinji Akioka, Kazuko Yamazaki, Shunichiro Takezaki, Haruna Nakaseko, Asami Ohara, Kenichi Nishimura, Yutaka Nishida, Satoshi Sato, Takayuki Kishi, Motomu Hashimoto, Masaaki Mori, Yuka Okazaki, Masataka Kuwana, Akiko Ohta. Clinical impact of myositis-specific autoantibodies on long-term prognosis of juvenile idiopathic inflammatory myopathies: multicentre study. Rheumatology (Oxford). 2021.10; 60 (10): 4821-4831. ( PubMed, DOI )

  33. Masaki Shimizu, Asami Shimbo, Susumu Yamazaki, Masaaki Mori. Concurrent lupus enteritis and cystitis. Pediatr Int. 2021.09; 63 (9): 1142-1143. ( PubMed, DOI )

  34. Hermine I Brunner, Carlos Abud-Mendoza, Masaaki Mori, Clarissa A Pilkington, Reema Syed, Syuji Takei, Diego O Viola, Richard A Furie, Sandra Navarra, Fengchun Zhang, Damon L Bass, Gina Eriksson, Anne E Hammer, Beulah N Ji, Mohamed Okily, David A Roth, Holly Quasny, Nicolino Ruperto. Efficacy and safety of belimumab in paediatric and adult patients with systemic lupus erythematosus: an across-study comparison. RMD Open. 2021.09; 7 (3): ( PubMed, DOI )

  35. Masakatsu Yanagimachi, Sayaka Fukuda, Fumiko Tanaka, Mari Iwamoto, Chiho Takao, Kunihiro Oba, Natsuko Suzuki, Koji Kiyohara, Dai Kuranobu, Norimasa Tada, Ayako Nagashima, Taku Ishii, Yoko Ino, Yayoi Kimura, Nobutoshi Nawa, Takeo Fujiwara, Takuya Naruto, Tomohiro Morio, Shouzaburo Doi, Masaaki Mori. Leucine-rich alpha-2-glycoprotein 1 and angiotensinogen as diagnostic biomarkers for Kawasaki disease. PLoS One. 2021.09; 16 (9): e0257138. ( PubMed, DOI )

  36. Susumu Yamazaki, Masaki Shimizu, Yuko Akutsu, Asami Shimbo, Masaaki Mori. Tacrolimus as an alternative treatment for patients with juvenile idiopathic arthritis. Mod Rheumatol. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  37. Syuji Takei, Toru Igarashi, Tomohiro Kubota, Eriko Tanaka, Kenichi Yamaguchi, Kazuko Yamazaki, Yasuhiko Itoh, Satoru Arai, Keisuke Okamoto, Masaaki Mori. Clinical practice guidance for childhood-onset systemic lupus erythematosus-secondary publication. Mod Rheumatol. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  38. Yuji Fujita, Yuya Sato, Yuhi Takagi, Yoshimasa Nakazato, Masaki Shimizu, Masaaki Mori, Shigemi Yoshihara. Hemophagocytic lymphohistiocytosis associated with primary cutaneous gamma-delta T-cell lymphoma presenting with subcutaneous panniculitis in a 12-year-old girl. Pediatr Blood Cancer. 2021.07; 68 (7): e29035. ( PubMed, DOI )

  39. Asami Shimbo, Yuko Akutsu, Susumu Yamazaki, Masaki Shimizu, Masaaki Mori. Giant Iliopsoas Bursitis in Systemic Juvenile Idiopathic Arthritis. Arthritis Rheumatol. 2021.07; 73 (7): 1328. ( PubMed, DOI )

  40. Yuki Ichimura, Risa Konishi, Miwako Shobo, Sae Inoue, Mari Okune, Akemi Maeda, Ryota Tanaka, Noriko Kubota, Isao Matsumoto, Akiko Ishii, Akira Tamaoka, Asami Shimbo, Masaaki Mori, Tomohiro Morio, Takayuki Kishi, Takako Miyamae, Jantima Tanboon, Michio Inoue, Ichizo Nishino, Manabu Fujimoto, Toshifumi Nomura, Naoko Okiyama. Anti-nuclear matrix protein 2 antibody-positive inflammatory myopathies represent extensive myositis without dermatomyositis-specific rash. Rheumatology (Oxford). 2021.06; ( PubMed, DOI )

  41. Yasumori Sobue, Masayo Kojima, Toshihisa Kojima, Hiromu Ito, Keiichiro Nishida, Isao Matsushita, Shintaro Hirata, Yuko Kaneko, Mitsumasa Kishimoto, Masataka Kohno, Atsuko Murashima, Akio Morinobu, Masaaki Mori, Takeo Nakayama, Takahiko Sugihara, Yohei Seto, Eiichi Tanaka, Mieko Hasegawa, Yutaka Kawahito, Masayoshi Harigai. Patient satisfaction with total joint replacement surgery for rheumatoid arthritis: a questionnaire survey for the 2020 update of the Japan college of rheumatology clinical practice guidelines. Mod Rheumatol. 2021.03; 1-6. ( PubMed, DOI )

  42. Masaaki Mori, Shinichi Watabe, Tomoaki Taguchi, Hisaya Hasegawa, Mika Ishige, Naoyuki Tanuma, Akihiro Hirakawa, Ryuji Koike, Satoshi Kusuda. Study protocol: a multicenter, uncontrolled, open-label study of palivizumab in neonates, infants, and preschool children at high risk of severe respiratory syncytial virus infection. BMC Pediatr. 2021.03; 21 (1): 106. ( PubMed, DOI )

  43. Masaaki Mori, Susumu Yamazaki, Takuya Naruto. The Benefits and Respective Side-Effects of PE Therapy for Intractable Kawasaki Disease. J Clin Med. 2021.03; 10 (5): 1062. ( PubMed, DOI )

  44. Minako Tomiita, Ichiro Kobayashi, Yasuhiko Itoh, Yuzaburo Inoue, Naomi Iwata, Hiroaki Umebayashi, Nami Okamoto, Yukiko Nonaka, Ryoki Hara, Masaaki Mori. Clinical practice guidance for Sjögren's syndrome in pediatric patients (2018) - summarized and updated. Mod Rheumatol. 2021.03; 31 (2): 283-293. ( PubMed, DOI )

  45. Yasumori Sobue, Toshihisa Kojima, Hiromu Ito, Keiichiro Nishida, Isao Matsushita, Yuko Kaneko, Mitsumasa Kishimoto, Masataka Kohno, Takahiko Sugihara, Yohei Seto, Eiichi Tanaka, Takeo Nakayama, Shintaro Hirata, Atsuko Murashima, Akio Morinobu, Masaaki Mori, Masayo Kojima, Yutaka Kawahito, Masayoshi Harigai. Does exercise therapy improve patient-reported outcomes in rheumatoid arthritis? - A systematic review and meta-analysis for the update of the 2020 JCR guidelines for the management of rheumatoid arthritis Mod Rheumatol . 2021.02; ( DOI )

  46. Susumu Yamazaki, Yuko Akutsu, Asami Shimbo, Masaki Shimizu, Yuko Segawa, Masaaki Mori. Childhood-onset systemic lupus erythematosus with trisomy X and the increased risk for bone complications: a case report. Pediatr Rheumatol Online J. 2021.02; 19 (1): 20. ( PubMed, DOI )

  47. Yoshiya Tanaka, Masataka Kuwana, Takao Fujii, Hideto Kameda, Yoshinao Muro, Keishi Fujio, Yasuhiko Itoh, Hidekata Yasuoka, Shusaku Fukaya, Konomi Ashihara, Daisuke Hirano, Koichiro Ohmura, Yuya Tabuchi, Hisanori Hasegawa, Ryo Matsumiya, Yuichiro Shirai, Takehisa Ogura, Yumi Tsuchida, Mariko Ogawa-Momohara, Hidehiko Narazaki, Yoshino Inoue, Ippei Miyagawa, Kazuhisa Nakano, Shintaro Hirata, Masaaki Mori. 2019 Diagnostic criteria for mixed connective tissue disease (MCTD): From the Japan research committee of the ministry of health, labor, and welfare for systemic autoimmune diseases. Mod Rheumatol. 2021.01; 31 (1): 29-33. ( PubMed, DOI )

  48. Takehiko Mori, Masuho Saburi, Maki Hagihara, Masaaki Mori, Rie Yamazaki, Jun Kato. Long-term remission of cryopyrin-associated periodic syndrome after allogeneic haematopoietic stem cell transplantation. Ann Rheum Dis. 2020.11; ( PubMed, DOI )

  49. Kenji Okada, Mihoko Mizuno, Hiroyuki Moriuchi, Satoshi Kusuda, Ichiro Morioka, Masaaki Mori, Keisuke Okamoto, Kuniyuki Okada, Shigemi Yoshihara, Hiroyuki Yamagishi, Utako Yokoyama, Tomohiro Kubota, Kazuko Kudo, Masatoshi Takagi, Shuichi Ito, Yutaka Kanamori, Yoji Sasahara. The Working Group for Revision of "Guidelines for the Use of Palivizumab in Japan": A Committee Report. Pediatr Int. 2020.11; 62 (11): 1223-1229. ( PubMed, DOI )

  50. Masaaki Mori. What are the main revised points in the 6th diagnostic guidelines for Kawasaki disease? Pediatr Int. 2020.10; 62 (10): 1133-1134. ( PubMed, DOI )

  51. Tomoya Kaneda, Eriko Tanaka, Yuko Akutsu, Toru Kanamori, Mariko Mouri, Tomohiro Morio, Masaaki Mori. Refractory secondary thrombotic microangiopathy with kidney injury associated with systemic lupus erythematosus in a pediatric patient. CEN Case Rep. 2020.10; 9 (4): 301-307. ( PubMed, DOI )

  52. Takumi Matsumoto, Masaaki Mori. Questionnaire survey on transitional care for patients with juvenile idiopathic arthritis (JIA) and families. Mod Rheumatol. 2020.10; 1-6. ( PubMed, DOI )

  53. Keisuke Okamoto, Tomohiro Morio, Yoshikazu Nakamura, Hiroshi Hataya, Koichi Mizuta, Masaaki Mori. Hospitalisations due to respiratory syncytial virus infection in children with Down syndrome before and after palivizumab recommendation in Japan. Acta Paediatr. 2020.10; ( PubMed, DOI )

  54. Naomi Iwata, Minako Tomiita, Ichiro Kobayashi, Yusaburo Inoue, Yukiko Nonaka, Nami Okamoto, Hiroaki Umebayashi, Ryoki Hara, Yasuhiko Ito, Yasunori Sato, Masaaki Mori. Utility of the EULAR Sjögren syndrome disease activity index in Japanese children: a retrospective multicenter cohort study. Pediatr Rheumatol Online J. 2020.09; 18 (1): 73. ( PubMed, DOI )

  55. Toru Igarashi, Syuji Takei, Eriko Tanaka, Utako Kaneko, Tomohiro Kubota, Keisuke Okamoto, Shiro Ohshima, Masaaki Mori. Investigation of dual-energy X-ray absorptiometry units necessary for pediatric rheumatologists in Japan and a proposal for shared access to equipment among hospitals. J Nippon Med Sch. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  56. Kazuko Yamazaki, Akiko Ohta, Shinji Akioka, Yuichi Yamasaki, Asami Ohara, Haruna Nakaseko, Kenichi Nishimura, Norimoto Kobayashi, Yutaka Nishida, Satoshi Sato, Shunichiro Takezaki, Takayuki Kishi, Motomu Hashimoto, Ichiro Kobayashi, Masaaki Mori. External validation of the EULAR/ACR idiopathic inflammatory myopathies classification criteria with a Japanese paediatric cohort. Rheumatology (Oxford). 2020.08; ( PubMed, DOI )

  57. Hiroshi Yokomichi, Keiko Tanaka-Taya, Rie Koshida, Takashi Nakano, Yoshinori Yasui, Masaaki Mori, Yuka Ando, Saeko Morino, Hideo Okuno, Hiroshi Satoh, Satoru Arai, Mie Mochizuki, Zentaro Yamagata. Immune thrombocytopenic purpura risk by live, inactivated and simultaneous vaccinations among Japanese adults, children and infants: a matched case-control study. Int J Hematol. 2020.07; 112 (1): 105-114. ( PubMed, DOI )

  58. Soya Kobayashi, Ayano Inui, Tomoyuki Tsunoda, Syuichiro Umetsu, Tsuyoshi Sogo, Masaaki Mori, Masato Shinkai, Tomoo Fujisawa. Liver cirrhosis in a child associated with Castleman's disease: A case report. World J Clin Cases. 2020.05; 8 (9): 1656-1665. ( PubMed, DOI )

  59. Ichiro Kobayashi, Shinji Akioka, Norimoto Kobayashi, Naomi Iwata, Shunichiro Takezaki, Haruna Nakaseko, Satoshi Sato, Yutaka Nishida, Tomo Nozawa, Yuichi Yamasaki, Kazuko Yamazaki, Satoru Arai, Ichizo Nishino, Masaaki Mori. Clinical practice guidance for juvenile dermatomyositis (JDM) 2018-Update. Mod Rheumatol. 2020.05; 30 (3): 411-423. ( PubMed, DOI )

  60. Susumu Yamazaki, Asami Shimbo, Yuko Akutsu, Hiroshi Takase, Tomohiro Morio, Masaaki Mori. Importance of pediatric rheumatologists and transitional care for juvenile idiopathic arthritis-associated uveitis: a retrospective series of 9 cases. Pediatr Rheumatol Online J. 2020.03; 18 (1): 26. ( PubMed, DOI )

  61. Masaki Shimizu, Mao Mizuta, Nami Okamoto, Takahiro Yasumi, Naomi Iwata, Hiroaki Umebayashi, Yuka Okura, Noriko Kinjo, Tomohiro Kubota, Yasuo Nakagishi, Kenichi Nishimura, Mariko Mohri, Masato Yashiro, Junko Yasumura, Hiroyuki Wakiguchi, Masaaki Mori. Tocilizumab modifies clinical and laboratory features of macrophage activation syndrome complicating systemic juvenile idiopathic arthritis. Pediatr Rheumatol Online J. 2020.01; 18 (1): 2. ( PubMed, DOI )

  62. Takumi Matsumoto, Toshihiro Matsui, Fumio Hirano, Shigeto Tohma, Masaaki Mori. Disease activity, treatment and long-term prognosis of adult juvenile idiopathic arthritis patients compared with rheumatoid arthritis patients. Mod Rheumatol. 2020.01; 30 (1): 78-84. ( PubMed, DOI )

  63. Tamura D, Kawahara Y, Mori M, Yamagata T.. Multifocal and extrapulmonary tuberculosis due to immunosuppressants. Pediatr Int. 2020.01;

  64. Kobayashi, I. and Akioka, S. and Kobayashi, N. and Iwata, N. and Takezaki, S. and Nakaseko, H. and Sato, S. and Nishida, Y. and Nozawa, T. and Yamasaki, Y. and Yamazaki, K. and Arai, S. and Nishino, I. and Mori, M.. Clinical practice guidance for juvenile dermatomyositis (JDM) 2018-Update Mod Rheumatol. 2020; 1-13.

  65. Matsumoto, T. and Matsui, T. and Hirano, F. and Tohma, S. and Mori, M.. Disease activity, treatment and long-term prognosis of adult juvenile idiopathic arthritis patients compared with rheumatoid arthritis patients Mod Rheumatol. 2020; 30 (1): 78-84.

  66. Shimizu, M. and Mizuta, M. and Okamoto, N. and Yasumi, T. and Iwata, N. and Umebayashi, H. and Okura, Y. and Kinjo, N. and Kubota, T. and Nakagishi, Y. and Nishimura, K. and Mohri, M. and Yashiro, M. and Yasumura, J. and Wakiguchi, H. and Mori, M.. Tocilizumab modifies clinical and laboratory features of macrophage activation syndrome complicating systemic juvenile idiopathic arthritis Pediatr Rheumatol Online J. 2020; 18 (1): 2.

  67. Tanaka, Y. and Kuwana, M. and Fujii, T. and Kameda, H. and Muro, Y. and Fujio, K. and Itoh, Y. and Yasuoka, H. and Fukaya, S. and Ashihara, K. and Hirano, D. and Ohmura, K. and Tabuchi, Y. and Hasegawa, H. and Matsumiya, R. and Shirai, Y. and Ogura, T. and Tsuchida, Y. and Ogawa-Momohara, M. and Narazaki, H. and Inoue, Y. and Miyagawa, I. and Nakano, K. and Hirata, S. and Mori, M.. 2019 Diagnostic criteria for mixed connective tissue disease (MCTD): From the Japan research committee of the ministry of health, labor, and welfare for systemic autoimmune diseases Mod Rheumatol. 2020; 1-5.

  68. Asano Tomoyuki, Sato Shuzo, Furuya Makiko Yashiro, Takahashi Hiroshi, Shichishima-Nakamura Akiko, Ohkawara Hiroshi, Fujiwara Tatsuo, Gunji Naohiko, Hashimoto Choichiro, Momma Tomoyuki, Saito Motonobu, Nakano Hiroshi, Watanabe Guy, Temmoku Jumpei, Fujita Yuya, Matsuoka Naoki, Kobayashi Hiroko, Watanabe Hiroshi, Mouri Mariko, Mashiyama Fumi, Sakuma Hiroko, Ohira Hiromasa, Mori Masaaki, Ikezoe Takayuki, Migita Kiyoshi. Intestinal Behcet disease associated with myelodysplastic syndrome accompanying trisomy 8 successfully treated with abdominal surgery followed by hematopoietic stem cell transplantation A case report MEDICINE. 2019.11; 98 (46): ( DOI )

  69. Miyamae Takako, Akioka Shinji, Igarashi Toru, Inoue Yuzaburo, Hashimoto Motomu, Matsui Toshihiro, Nishiyama Susumu, Ohshima Shiro, Umebayashi Hiroaki, Yasumi Takahiro, Mori Masaaki. CLINICAL PRACTICE GUIDANCE FOR THE TRANSITIONAL CARE OF YOUNG PEOPLE WITH JUVENILE-ONSET RHEUMATIC DISORDERS IN JAPAN ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2019.06; 78 1978-1979. ( DOI )

  70. Shimizu Masaki, Mizuta Mao, Yasumi Takahiro, Iwata Naomi, Okura Yuka, Kinjo Noriko, Umebayashi Hiroaki, Kubota Tomohiro, Nakagishi Yasuo, Nishimura Kenichi, Yashiro Masato, Yasumura Junko, Wakiguchi Hiroyuki, Okamoto Nami, Mori Masaaki. TOCILIZUMAB MODIFIES CLINICAL MANIFESTATIONS AND LABORATORY FEATURES OF SYSTEMIC JUVENILE IDIOPATHIC ARTHRITIS ASSOCIATED MACROPHAGE ACTIVATION SYNDROME ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2019.06; 78 1989. ( DOI )

  71. Mori Masaaki, Yanagimachi Katsumasa. DEVELOPMENT OF A NOVEL DIAGNOSTIC METHOD FOR ATYPICAL AND TREATMENT-REFRACTORY KAWASAKI DISEASE USING NEWLY IDENTIFIED PROTEINS AS BIOMARKERS ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2019.06; 78 1979. ( DOI )

  72. Sato Satoshi, Yamaguchi Kenichi, Mori Masaaki. CLINICAL FEATURE OF ACUTE RHEUMATIC FEVER AND POST-STREPTOCOCCAL REACTIVE ARTHRITIS ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2019.06; 78 1348-1349. ( DOI )

  73. Maeda, Y. and Takasawa, K. and Ishii, T. and Nagashima, A. and Mouri, M. and Kunieda, J. and Morisaki, H. and Ito, T. and Mori, M. and Kashimada, K. and Doi, S. and Morio, T.. A Nonsense SMAD3 Mutation in a Girl with Familial Thoracic Aortic Aneurysm and Dissection without Joint Abnormality Cardiology. 2019; 144 (1-2): 53-59.

  74. Mori, M.. In order to identify immunocompromised patients, what should general pediatricians do first? Pediatr Int. 2019; 61 (1): 4.

  75. Asano, T. and Sato, S. and Furuya, M. Y. and Takahashi, H. and Shichishima-Nakamura, A. and Ohkawara, H. and Fujiwara, T. and Gunji, N. and Hashimoto, C. and Momma, T. and Saito, M. and Nakano, H. and Watanabe, G. and Temmoku, J. and Fujita, Y. and Matsuoka, N. and Kobayashi, H. and Watanabe, H. and Mouri, M. and Mashiyama, F. and Sakuma, H. and Ohira, H. and Mori, M. and Ikezoe, T. and Migita, K.. Intestinal Behcet disease associated with myelodysplastic syndrome accompanying trisomy 8 successfully treated with abdominal surgery followed by hematopoietic stem cell transplantation: A case report Medicine (Baltimore). 2019; 98 (46): e17979.

  76. Yasumura, J. and Yashiro, M. and Okamoto, N. and Shabana, K. and Umebayashi, H. and Iwata, N. and Okura, Y. and Kubota, T. and Shimizu, M. and Tomiita, M. and Nakagishi, Y. and Nishimura, K. and Hara, R. and Mizuta, M. and Yasumi, T. and Yamaide, F. and Wakiguchi, H. and Kobayashi, M. and Mori, M.. Clinical features and characteristics of uveitis associated with juvenile idiopathic arthritis in Japan: first report of the pediatric rheumatology association of Japan (PRAJ) Pediatr Rheumatol Online J. 2019; 17 (1): 15.

  77. Terashita, S. and Tanaka, T. and Taneichi, H. and Adachi, Y. and Mori, M.. Mycophenolate mofetil and prednisolone for cerebral sinus venous thrombosis with Behcet's disease Pediatr Int. 2019; 61 (9): 920-922.

  78. Hara, R. and Umebayashi, H. and Takei, S. and Okamoto, N. and Iwata, N. and Yamasaki, Y. and Nakagishi, Y. and Kizawa, T. and Kobayashi, I. and Imagawa, T. and Kinjo, N. and Amano, N. and Takahashi, Y. and Mori, M. and Itoh, Y. and Yokota, S.. Intravenous abatacept in Japanese patients with polyarticular-course juvenile idiopathic arthritis: results from a phase III open-label study Pediatr Rheumatol Online J. 2019; 17 (1): 17.

  79. 井上, 健斗 and 森, 雅亮. 【小児における抗菌薬適正使用-最新の考え方からのアプローチ】小児における抗真菌薬の選び方・使い方 感染と抗菌薬. 2019; 22 (2): 138-144.

  80. 岡田, 賢司 and 水野, 美穂子 and 森内, 浩幸 and 楠田, 聡 and 森岡, 一朗 and 森, 雅亮 and 岡本, 圭祐 and 岡田, 邦之 and 吉原, 重美 and 山岸, 敬幸 and 横山, 詩子 and 久保田, 知洋 and 工藤, 寿子 and 高木, 正稔 and 伊藤, 秀一 and 金森, 豊 and 笹原, 洋二 and 日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会「日本におけるパリビズマブの使用に関するガイドライン」改訂検討ワーキンググループ and 日本小児科学会 and 日本新生児成育医学会 and 日本小児感染症学会 and 日本小児呼吸器学会 and 日本小児循環器学会 and 日本小児リウマチ学会 and 日本小児血液・がん学会 and 日本小児腎臓病学会 and 日本小児外科学会 and 日本免疫不全・自己炎症学会. 日本におけるパリビズマブの使用に関するコンセンサスガイドライン 日本小児科学会雑誌. 2019; 123 (5): 807-813.

  81. Nakaseko, H. and Iwata, N. and Yasuoka, R. and Kohagura, T. and Abe, N. and Kawabe, S. and Mori, M.. Pharmacokinetics of mycophenolate mofetil in juvenile patients with autoimmune diseases Mod Rheumatol. 2019; 29 (6): 1002-1006.

  82. Sakurai, N. and Hino-Shishikura, A. and Nozawa, T. and Kamide, H. and Ohara, A. and Nishimura, K. and Kikuchi, M. and Hara, R. and Mori, M. and Ito, S.. Clinical significance of subcutaneous fat and fascial involvement in juvenile dermatomyositis Mod Rheumatol. 2019; 29 (5): 808-813.

  83. Okamoto, N. and Yokota, S. and Takei, S. and Okura, Y. and Kubota, T. and Shimizu, M. and Nozawa, T. and Iwata, N. and Umebayashi, H. and Kinjo, N. and Kunishima, T. and Yasumura, J. and Mori, M.. Clinical practice guidance for juvenile idiopathic arthritis (JIA) 2018 Mod Rheumatol. 2019; 29 (1): 41-59.

  84. 森, 雅亮. 移行期患者におけるリウマチ診療の展望と問題点 リウマチ科. 2019; 61 (1): 99-104.

  85. 森, 雅亮. 【血液浄化療法2019】小児の血液浄化 川崎病 腎と透析. 2019; 87 (3): 492-497.

  86. 森, 雅亮. 炎症性疾患に対する生物学的製剤の応用性 小児科. 2019; 60 (8): 1173-1181.

  87. 森, 雅亮. 【小児リウマチ性疾患の診療〜これまでのエビデンスに基づく最近の知見〜】小児リウマチ性疾患の移行期医療 Pharma Medica. 2019; 37 (7): 69-73.

  88. 森, 雅亮. 【膠原病診療update-診断・治療の最新知見-】小児の膠原病 日本臨床. 2019; 77 (3): 408-413.

  89. 森, 雅亮. 【全身性疾患と腎update】(第1章)膠原病、血管炎、自己免疫疾患 IgA血管炎・リウマチ専門医の視点より 腎と透析. 2019; 86 (増刊): 106-108.

  90. 毛利, 万里子 and 森, 雅亮. 【小児科医に必要な免疫の知識】免疫関連分子を標的とした生物学的製剤update 小児内科. 2019; 51 (8): 1205-1208.

  91. Okamoto, N; Shabana, K; Nakagishi, Y; Nishimura, K; Mizuta, M; Okura, Y; Shimizu, M; Wakiguchi, H; Yasumura, J; Mori, M. Methotrexate Polyglutamates As an Evaluation Tool for Appropriate Dosage of Oral Methotrexate Administration in Pediatric Patients ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2018.09; 70

  92. Mori Masaaki. 小児のリウマチ性疾患 長期予後の改善と成人への過渡期に関するレビュー(Pediatric rheumatic diseases: a review regarding the improvement of long-term prognosis and the transition to adults) Immunological Medicine. 2018.04; 41 (1): 2-5. ( 医中誌 )

  93. 木村, 弥生 and 柳町, 昌克 and 森, 雅亮 and 平野, 久. 【川崎病アップデート〜病因・病態論の推移と展望〜】プロテオーム解析による新規バイオマーカー探索 川崎病関連タンパク質の発見 アレルギー・免疫. 2018; 25 (11): 1444-1450.

  94. Kawakami, C. and Sato, A. and Sumita, H. and Isozaki, A. and Shimizu, H. and Kanetaka, T. and Maehara, K. and Ao, K. and Nariai, A. and Takeshita, F. and Kizu, R. and Mori, M.. Fever Responses Are Enhanced with Advancing Age during Respiratory Syncytial Virus Infection among Children under 24 Months Old Tohoku J Exp Med. 2018; 245 (3): 217-222.

  95. Mori, M. and Hara, T. and Kikuchi, M. and Shimizu, H. and Miyamoto, T. and Iwashima, S. and Oonishi, T. and Hashimoto, K. and Kobayashi, N. and Waki, K. and Suzuki, Y. and Otsubo, Y. and Yamada, H. and Ishikawa, C. and Kato, T. and Fuse, S.. Infliximab versus intravenous immunoglobulin for refractory Kawasaki disease: a phase 3, randomized, open-label, active-controlled, parallel-group, multicenter trial Sci Rep. 2018; 8 (1): 1994.

  96. Mori, M.. Pediatric rheumatic diseases: a review regarding the improvement of long-term prognosis and the transition to adults Immunol Med. 2018; 41 (1): 2-5.

  97. Matsui, T. and Matsumoto, T. and Hirano, F. and Tokunaga, F. and Okamoto, K. and Tohma, S. and Morio, T. and Kohsaka, H. and Mori, M.. Survey of the awareness of adult rheumatologists regarding transitional care for patients with juvenile idiopathic arthritis in Japan Mod Rheumatol. 2018; 28 (6): 981-985.

  98. Kawakami, C. and Sato, A. and Sumita, H. and Isozaki, A. and Shimizu, H. and Kanetaka, T. and Maehara, K. and Ao, K. and Nariai, A. and Takeshita, F. and Kizu, R. and Mori, M.. Fever Responses Are Enhanced with Advancing Age during Respiratory Syncytial Virus Infection among Children under 24 Months Old Tohoku J Exp Med. 2018; 245 (3): 217-222.

  99. Shimizu, H. and Seki, K. and Shiga, K. and Nakayama, T. and Mori, M.. Safety and efficacy of DTaP-IPV vaccine use in healthcare workers for prevention of pertussis Vaccine. 2018; 36 (40): 5935-5939.

  100. Tamura, D. and Inoue, S. and Kawahara, Y. and Mori, M. and Yamagata, T.. Hypercytokinemia with hemophagocytic syndrome due to human metapneumovirus Pediatr Int. 2018; 60 (10): 974-976.

  101. Shimizu, M. and Mizuta, M. and Yasumi, T. and Iwata, N. and Okura, Y. and Kinjo, N. and Umebayashi, H. and Kubota, T. and Nakagishi, Y. and Nishimura, K. and Yashiro, M. and Yasumura, J. and Yamazaki, K. and Wakiguchi, H. and Okamoto, N. and Mori, M.. Validation of Classification Criteria of Macrophage Activation Syndrome in Japanese Patients With Systemic Juvenile Idiopathic Arthritis Arthritis Care Res (Hoboken). 2018; 70 (9): 1412-1415.

  102. Yokoyama, K. and Mori, M. and Yoshida, A.. Mycophenolate mofetil therapy for two cases of antiphospholipid antibody-associated chorea Mod Rheumatol. 2018; 28 (4): 709-711.

  103. Mori, M. and Nakagawa, M. and Tsuchida, N. and Kawada, K. and Sato, J. and Sakiyama, M. and Hirano, S. and Sato, K. and Nakamura, H.. Proposal for the development of biologics in pediatric rheumatology Pediatr Int. 2018; 60 (2): 108-114.

  104. Okumura, A. and Ida, S. and Mori, M. and Shimizu, T. and Committee on Pediatric Nutrition of The Japanese Pediatric, Society. Attitudes of pediatricians toward Children's consumption of ionic beverages BMC Pediatr. 2018; 18 (1): 176.

  105. Okumura, A. and Ida, S. and Mori, M. and Shimizu, T. and Committee on Pediatric Nutrition of the Child Health Consortium of, Japan. Vitamin B1 Deficiency Related to Excessive Soft Drink Consumption in Japan J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2018; 66 (5): 838-842.

  106. Okumura, A. and Ida, S. and Ito, S. and Oguni, T. and Suzuki, M. and Mori, M. and Shimizu, T. and Committee on Pediatric Nutrition of the Japanese Pediatric, Society. Parental awareness of young children's pattern of ionic beverage consumption Pediatr Int. 2018; 60 (10): 969-973.

  107. Nakano, N. and Mori, M. and Umebayashi, H. and Iwata, N. and Kobayashi, N. and Masunaga, K. and Imagawa, T. and Murata, T. and Kinjo, N. and Nagai, K. and Miyoshi, M. and Takei, S. and Yokota, S. and Ishii, E.. Characteristics and outcome of intractable vasculitis syndrome in children: Nation-wide survey in Japan Mod Rheumatol. 2018; 28 (4): 697-702.

  108. Mori, M. and Sugiyama, N. and Morishima, Y. and Sugiyama, N. and Kokubo, T. and Takei, S. and Yokota, S.. Safety and effectiveness of etanercept for treatment of juvenile idiopathic arthritis: Results from a postmarketing surveillance Mod Rheumatol. 2018; 28 (1): 101-107.

  109. 森, 雅亮. 【IL-6阻害療法の基礎と臨床】全身型若年性特発性関節炎(JIA)におけるトシリズマブの使い方と注意点 リウマチ科. 2018; 60 (2): 133-138.

  110. 森, 雅亮. 【頸部腫瘤の診かた】リウマチ・膠原病疾患 小児内科. 2018; 50 (2): 248-251.

  111. 森, 雅亮. 【日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患】不明熱の鑑別診断に有用な検査 画像検査 小児科診療. 2018; 81 (6): 757-761.

  112. 森, 雅亮. 【注目すべき国際感染症】国際感染症各論 結核 小児科診療. 2018; 81 (4): 505-512.

  113. 森, 雅亮. 全身型若年性特発性関節炎のデータベースによる解析 リウマチ科. 2018; 59 (1): 83-86.

  114. 森, 雅亮. 【川崎病アップデート〜病因・病態論の推移と展望〜】(序)川崎病の病因および病態へのアプローチ アレルギー・免疫. 2018; 25 (11): 1369-1372.

  115. 森, 雅亮. 【診断と治療のABC[139]リウマチ・膠原病】(第2章)若年性特発性関節炎 最新医学. 2018; 別冊 (リウマチ・膠原病): 88-97.

  116. 森, 雅亮. 【小児処方の新潮流】ステロイドがもたらす易感染性とステロイドの感染症への使用 東京小児科医会報. 2018; 37 (1): 30-35.

  117. 森, 雅亮. 【小児の治療指針】リウマチ・膠原病 混合性結合組織病 小児科診療. 2018; 81 (増刊): 290-292.

  118. 森, 雅亮. 【自己炎症性疾患-最新の基礎・臨床知見-】広義の自己炎症性疾患 全身型若年性特発性関節炎、成人発症スチル病 日本臨床. 2018; 76 (10): 1861-1867.

  119. 森, 雅亮. 【私の処方2018】アレルギー・膠原病の処方 若年性特発性関節炎 小児科臨床. 2018; 71 (5): 985-992.

  120. 森, 雅亮. 【血管炎(第2版)-基礎と臨床のクロストーク-】最新の研究トピックス 臨床研究の進歩 川崎病に対するインフリキシマブ治療の実際 日本臨床. 2018; 76 (増刊6 血管炎(第2版)): 587-592.

  121. 森, 雅亮. 【希少・難治性疾患の診断と治療の最前線】高安動脈炎 Progress in Medicine. 2018; 38 (12): 1345-1350.

  122. 森, 雅亮. 【リウマチ・膠原病の診療において注意すべき難治性疾患】血球貪食症候群/マクロファージ活性化症候群 炎症と免疫. 2018; 26 (3): 215-219.

  123. 森, 雅亮. 【これ1冊!こども皮膚病-診断と治療-】小児の膠原病 Derma.. 2018; (271): 55-63.

  124. 深間, 英輔 and 菅原, 祐之 and 佐藤, 健 and 滝島, 茂 and 久野, はる香 and 堀内, 真帆 and 竹田, 清香 and 松田, 希 and 三上, 健太郎 and 石橋, 奈保子 and 森, 雅亮 and 長谷川, 毅. 関節炎を呈した川崎病の1例 埼玉県医学会雑誌. 2018; 53 (1): 235-239.

  125. 中野, 直子 and 森, 雅亮. 【血管炎(第2版)-基礎と臨床のクロストーク-】最新の研究トピックス 臨床研究の進歩 小児期発症結節性多発動脈炎のわが国での全国調査 日本臨床. 2018; 76 (増刊6 血管炎(第2版)): 533-537.

  126. 毛利, 万里子 and 金森, 透 and 岡本, 圭祐 and 田中, 絵里子 and 今井, 耕輔 and 森尾, 友宏 and 岡本, 健太郎 and 森, 雅亮. MSH6遺伝子変異を伴い難治性腸管Behcet病を疑う超早期発症炎症性腸疾患(VEO-IBD)の1例 小児リウマチ. 2018; 9 (1): 65-69.

  127. 木澤, 敏毅 and 謝花, 幸祐 and 井上, なつみ and 大倉, 有加 and 岡本, 奈美 and 久保田, 知洋 and 清水, 正樹 and 中岸, 保夫 and 西村, 謙一 and 水田, 麻雄 and 八代, 将登 and 八角, 高裕 and 安村, 純子 and 山出, 晶子 and 脇口, 宏之 and 梅林, 宏明 and 森, 雅亮 and 厚生労働科学研究費補助金『小児期および成人移行期小児リウマチ患者の全国調査データの解析と両者の異同性に基づいた全国的「シームレス」診療ネットワーク構築による標準的治療の均てん化』JIA分担研究班. 若年性特発性関節炎に対するアバタセプト治療の手引き 小児リウマチ. 2018; 9 (1): 81-87.

  128. 毛利, 万里子 and 森, 雅亮 and 金兼, 弘和. 自己炎症性疾患におけるカナキヌマブの適応と有効性 リウマチ科. 2018; 60 (3): 309-314.

  129. Yasumura, J; Yashiro, M; Okamoto, N; Shabana, K; Umebayashi, H; Iwata, N; Kubota, T; Mizuta, M; Nishimura, K; Okura, Y; Shimizu, M; Tomiita, M; Takei, S; Mori, M. Clinical Features and Characteristics of Juvenile Idiopathic Arthritis-Associated Uveitis in Japan: the First Report from the Pediatric Rheumatology Association of Japan (PRAJ) ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2017.10; 69

  130. Tomiita, M; Kobayashi, I; Inoue, Y; Okamoto, N; Iwata, N; Nonaka, Y; Hara, R; Umebayashi, H; Itoh, Y; Mori, M. Validation of New Criteria in "The Guidance for Diagnosis of Sjogren's Syndrome in Pediatric Patients" ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2017.10; 69

  131. Shimizu, M; Mizuta, M; Yasumi, T; Iwata, N; Okura, Y; Kinjo, N; Umebayashi, H; Kubota, T; Nakagishi, Y; Nishimura, K; Yashiro, M; Yasumura, J; Yamazaki, K; Wakiguchi, H; Okamoto, N; Mori, M. Validation of 2016 ACR/EULAR Classification Criteria of Macrophage Activation Syndrome Complicating Systemic Juvenile Idiopathic Arthritis in Japanese Patients ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2017.10; 69

  132. Mori, M; Takei, S; Itoh, Y; Kobayashi, I; Tomiita, M; Okamoto, N; Yamazaki, K. National Survey of Childhood-Onset Rheumatic Diseases Followed up in the Clinical Pediatric Facilities in Japan ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2017.10; 69

  133. Jounai, N. and Yoshioka, M. and Tozuka, M. and Inoue, K. and Oka, T. and Miyaji, K. and Ishida, K. and Kawai, N. and Ikematsu, H. and Kawakami, C. and Shimizu, H. and Mori, M. and Ishii, K. J. and Takeshita, F.. Age-Specific Profiles of Antibody Responses against Respiratory Syncytial Virus Infection EBioMedicine. 2017; 16 124-135.

  134. Kimura, Y. and Yanagimachi, M. and Ino, Y. and Aketagawa, M. and Matsuo, M. and Okayama, A. and Shimizu, H. and Oba, K. and Morioka, I. and Imagawa, T. and Kaneko, T. and Yokota, S. and Hirano, H. and Mori, M.. Identification of candidate diagnostic serum biomarkers for Kawasaki disease using proteomic analysis Sci Rep. 2017; 7 43732.

  135. Egawa, M. and Imai, K. and Mori, M. and Miyasaka, N. and Kubota, T.. Placental Transfer of Canakinumab in a Patient with Muckle-Wells Syndrome J Clin Immunol. 2017; 37 (4): 339-341.

  136. Shimizu, H. and Mori, M.. Usefulness of the Combination of Tuberculin Skin Test and Interferon-Gamma Release Assay in Diagnosing Children with Tuberculosis Tohoku J Exp Med. 2017; 243 (3): 205-210.

  137. Hisa, K. and Yanagimachi, M. D. and Naruto, T. and Miyamae, T. and Kikuchi, M. and Hara, R. and Imagawa, T. and Yokota, S. and Mori, M.. PADI4 and the HLA-DRB1 shared epitope in juvenile idiopathic arthritis PLoS One. 2017; 12 (2): e0171961.

  138. Fukushima, W. and Ozasa, K. and Okumura, A. and Mori, M. and Hosoya, M. and Nakano, T. and Tanabe, T. and Yamaguchi, N. and Suzuki, H. and Mori, M. and Hatayama, H. and Ochiai, H. and Kondo, K. and Ito, K. and Ohfuji, S. and Nakamura, Y. and Hirota, Y.. Oseltamivir use and severe abnormal behavior in Japanese children and adolescents with influenza: Is a self-controlled case series study applicable? Vaccine. 2017; 35 (36): 4817-4824.

  139. 奥村, 彰久 and 位田, 忍 and 伊藤, 節子 and 井ノ口, 美香子 and 大浦, 敏博 and 鈴木, 光幸 and 瀧谷, 公隆 and 土橋, 一重 and 原, 光彦 and 菊池, 透 and 杉原, 茂孝 and 吉池, 信男 and 岡田, 知雄 and 金子, 一成 and 堤, ちはる and 太田, 百合子 and 花木, 啓一 and 川上, 一恵 and 塙, 佳生 and 猪股, 弘明 and 小國, 龍也 and 山高, 篤行 and 尾藤, 祐子 and 内田, 恵一 and 児玉, 浩子 and 森, 雅亮 and 清水, 俊明 and 日本小児医療保健協議会栄養委員会. イオン飲料などの多飲によるビタミンB1欠乏症 日本小児科学会雑誌. 2017; 121 (5): 953-968.

  140. 佐藤, 吉壮 and 新庄, 正宜 and 森, 雅亮 and 尾内, 一信 and 堤, 裕幸. オセルタミビルリン酸塩(タミフル)の小児1歳未満に対する投与量および3mg/kg/dose投与時の使用実態調査の結果報告書 小児感染免疫. 2017; 29 (1): 83-88.

  141. 森, 雅亮. 【ここがポイント-小児診療ガイドラインの使い方】感染症 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014 小児領域追補版 小児科臨床. 2017; 70 (6): 965-973.

  142. 森, 雅亮. 【妊婦さんへの内科治療-リスクと安全を考える-】合併症を伴った妊婦さんの治療法 膠原病 診断と治療. 2017; 105 (10): 1263-1268.

  143. 森, 雅亮. 全身型JIAにおけるマクロファージ活性化症候群の新しい分類基準と診療の実際 リウマチ科. 2017; 57 (1): 113-117.

  144. 森, 雅亮. 【川崎病】川崎病治療における生物学的製剤の位置づけ Progress in Medicine. 2017; 37 (7): 858-862.

  145. 森, 雅亮. 【診療の「コツ」を伝える-先輩からのアドバイス】検査のコツ いつ細菌培養を行うか 小児内科. 2017; 49 (9): 1323-1326.

  146. 森, 雅亮. 【症例から学ぶ感染症診療のコツ】診断にコツを要した症例 持続する発熱、頸部リンパ節腫脹のため、通常の抗菌薬投与では軽快しなかった9歳女児 小児科診療. 2017; 80 (9): 1055-1057.

  147. 森, 雅亮. 【症例から学ぶ感染症診療のコツ】治療にコツを要した症例 白血病治療中に発熱、好中球減少をきたし、抗菌薬投与に不応であった13歳男子 小児科診療. 2017; 80 (9): 1121-1126.

  148. 森, 雅亮. 【小児膠原病-長期予後の改善と成人への移行を考える】小児膠原病の長期予後と移行期医療 総論 小児科. 2017; 58 (5): 435-439.

  149. 森, 雅亮. 【小児リウマチ性疾患の最近の知見】若年性特発性関節炎(JIA)の分類基準、疫学および病態生理 リウマチ科. 2017; 58 (3): 239-245.

  150. 森, 雅亮. 【最新免疫学×周産期医学】臨床医学・新生児編 先天性自己炎症症(自己炎症性疾患) 周産期医学. 2017; 47 (12): 1599-1606.

  151. 森, 雅亮 and 大城, 誠 and 山田, 恭聖. 【保存版 新生児の代表的疾患と病態生理 マスターブック 病因から臨床症状、治療、予後までを網羅!】(第6章)新生児の感染性疾患 真菌感染症 Neonatal Care. 2017; (2017春季増刊): 246-253.

  152. Nozawa Tomo, Mori Masaaki, Nishimura Kenichi, Sakurai Nodoka, Kikuchi Masako, Hara Ryoki, Yokota Shumpei. リウマチ性疾患患者における2種類のインターフェロン-γ遊離試験の有用性(Usefulness of two interferon-γ release assays for rheumatic disease) Pediatrics International. 2016.05; 58 (5): 347-352. ( 医中誌 )

  153. Inaba, A. and Hamasaki, Y. and Ishikura, K. and Hamada, R. and Sakai, T. and Hataya, H. and Komaki, F. and Kaneko, T. and Mori, M. and Honda, M.. Long-term outcome of idiopathic steroid-resistant nephrotic syndrome in children Pediatr Nephrol. 2016; 31 (3): 425-434.

  154. Kanetaka, T. and Mori, M. and Nishimura, K. and Nozawa, T. and Kikuchi, M. and Sakurai, N. and Hara, R. and Yamazaki, K. and Yokota, S.. Characteristics of FDG-PET findings in the diagnosis of systemic juvenile idiopathic arthritis Mod Rheumatol. 2016; 26 (3): 362-367.

  155. Kohno, S. and Tamura, K. and Niki, Y. and Izumikawa, K. and Oka, S. and Ogawa, K. and Kadota, J. and Kamei, K. and Kanda, Y. and Kiuchi, T. and Shibuya, K. and Takakura, S. and Takata, T. and Takesue, Y. and Teruya, K. and Tokimatsu, I. and Fukuda, T. and Maesaki, S. and Makimura, K. and Mikamo, H. and Mitsutake, K. and Miyazaki, Y. and Mori, M. and Yasuoka, A. and Yano, K. and Yamanaka, N. and Yoshida, M.. Executive Summary of Japanese Domestic Guidelines for Management of Deep-seated Mycosis 2014 Med Mycol J. 2016; 57 (4): E117-E163.

  156. Kato, H. and Mori, M. and Oba, M. and Kawahara, H. and Kaneko, T.. Persistence and Half-lives of Anti-measles and Anti-rubella Antibodies in Japanese Hospital Workers: A Longitudinal Study Intern Med. 2016; 55 (18): 2587-2594.

  157. 岡本, 奈美 and 岩田, 直美 and 梅林, 宏明 and 大倉, 有加 and 金城, 紀子 and 国島, 知子 and 久保田, 知洋 and 清水, 正樹 and 野澤, 智 and 安村, 純子 and 森, 雅亮 and 武井, 修治 and 横田, 俊平. 「若年性特発性関節炎初期診療の手引き」改定のためのアンケート調査結果の検討 小児リウマチ. 2016; 7 (1): 5-13.

  158. 新谷, 亮 and 高橋, 協 and 森, 雅亮 and 徳竹, 忠臣 and 文元, 礼 and 森内, 巧 and 品川, 文乃 and 宮地, 悠輔 and 中村, 幸嗣 and 勝田, 友博. 近年の小児細菌性髄膜炎の発生動向 日本小児科学会雑誌. 2016; 120 (11): 1614-1623.

  159. Nozawa, T. and Mori, M. and Nishimura, K. and Sakurai, N. and Kikuchi, M. and Hara, R. and Yokota, S.. Usefulness of two interferon-gamma release assays for rheumatic disease Pediatr Int. 2016; 58 (5): 347-352.

  160. 森, 雅亮. 【これって肝臓病?】トランスアミナーゼと病態 自己免疫疾患 小児内科. 2016; 48 (6): 860-864.

  161. 森, 雅亮. 【慢性疾患児の一生を診る】リウマチ性疾患 若年性特発性関節炎(全身型) 小児内科. 2016; 48 (10): 1658-1661.

  162. 森, 雅亮. 【増加する院内感染に立ち向かう 真菌感染対策の手引き】抗真菌薬治療のスタンダード 小児領域 感染対策ICTジャーナル. 2016; 11 (2): 136-143.

  163. 森, 雅亮. 【小児慢性疾患の成人期移行の現状と問題点】膠原病 若年性特発性関節炎 小児科臨床. 2016; 69 (4): 661-667.

  164. 森, 雅亮. 【自己免疫疾患-Preclinical Stateから発症・早期診断まで】全身性自己免疫疾患 小児リウマチ性疾患 医学のあゆみ. 2016; 258 (10): 990-998.

  165. 森, 雅亮. 【最近話題のウイルスおよび原虫感染症 今だからこそ知っておきたい感染症の日常診療】セミナー 実地医家が知っておくべき感染症の実地診療の実際 RSウイルス Medical Practice. 2016; 33 (1): 47-50.

  166. 森, 雅亮 and 三浦, 大 and 武井, 修治 and 日本小児リウマチ学会薬事委員会. 既存治療で効果不十分な急性期川崎病に対するインフリキシマブの薬事承認と使用の手引き 小児リウマチ. 2016; 7 (1): 74-77.

  167. 清水, 博之 and 菅原, 秀典 and 神垣, 佑 and 清水, 正樹 and 森, 雅亮. 高サイトカイン血症を合併したヒトメタニューモウイルス感染症の2例 日本小児科学会雑誌. 2016; 120 (6): 1000-1006.

  168. 中川, 雅生 and 土田, 尚 and 河田, 興 and 佐藤, 淳子 and 崎山, 美知代 and 平野, 慎也 and 森, 雅亮 and 中村, 秀文. 本邦における小児医薬品開発推進のための提言 日本小児科学会雑誌. 2016; 120 (10): 1453-1461.

  169. Yokota Shumpei, Kikuchi Masako, Nozawa Tomo, Kanetaka Taichi, Sato Tomomi, Yamazaki Kazuko, Sakurai Nodoka, Hara Ryoki, Mori Masaaki. 小児の全身性炎症性疾患の発病機序 川崎病、全身型若年性特発性関節炎とクリオピリン関連周期性発熱性症候群に対する抗サイトカイン単クローン性抗体に関する臨床試験から得られた知見(Pathogenesis of systemic inflammatory diseases in childhood: "Lessons from clinical trials of anti-cytokine monoclonal antibodies for Kawasaki disease, systemic onset juvenile idiopathic arthritis, and cryopyrin-associated periodic fever syndrome") Modern Rheumatology. 2015.01; 25 (1): 1-10. ( 医中誌 )

  170. Kizawa, T. and Nozawa, T. and Kikuchi, M. and Nagahama, K. and Okudela, K. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Nakamura, T. and Mori, M. and Yokota, S. and Tsutsumi, H.. Mycophenolate mofetil as maintenance therapy for childhood-onset systemic lupus erythematosus patients with severe lupus nephritis Mod Rheumatol. 2015; 25 (2): 210-214.

  171. Mori, M. and Kobayashi, R. and Kato, K. and Maeda, N. and Fukushima, K. and Goto, H. and Inoue, M. and Muto, C. and Okayama, A. and Watanabe, K. and Liu, P.. Pharmacokinetics and safety of voriconazole intravenous-to-oral switch regimens in immunocompromised Japanese pediatric patients Antimicrob Agents Chemother. 2015; 59 (2): 1004-1013.

  172. Mori, M. and Imaizumi, M. and Ishiwada, N. and Kaneko, T. and Goto, H. and Kato, K. and Hara, J. and Kosaka, Y. and Koike, K. and Kawamoto, H. and Maeda, N. and Yoshinari, T. and Kishino, H. and Takahashi, K. and Kawahara, S. and Kartsonis, N. A. and Komada, Y.. Pharmacokinetics, efficacy, and safety of caspofungin in Japanese pediatric patients with invasive candidiasis and invasive aspergillosis J Infect Chemother. 2015; 21 (6): 421-426.

  173. Masuzawa, Y. and Mori, M. and Hara, T. and Inaba, A. and Oba, M. S. and Yokota, S.. Elevated D-dimer level is a risk factor for coronary artery lesions accompanying intravenous immunoglobulin-unresponsive Kawasaki disease Ther Apher Dial. 2015; 19 (2): 171-177.

  174. Kobayashi, N. and Takezaki, S. and Kobayashi, I. and Iwata, N. and Mori, M. and Nagai, K. and Nakano, N. and Miyoshi, M. and Kinjo, N. and Murata, T. and Masunaga, K. and Umebayashi, H. and Imagawa, T. and Agematsu, K. and Sato, S. and Kuwana, M. and Yamada, M. and Takei, S. and Yokota, S. and Koike, K. and Ariga, T.. Clinical and laboratory features of fatal rapidly progressive interstitial lung disease associated with juvenile dermatomyositis Rheumatology (Oxford). 2015; 54 (5): 784-791.

  175. Kobayashi, N. and Kobayashi, I. and Mori, M. and Sato, S. and Iwata, N. and Shigemura, T. and Agematsu, K. and Yokota, S. and Koike, K.. Increased Serum B Cell Activating Factor and a Proliferation-inducing Ligand Are Associated with Interstitial Lung Disease in Patients with Juvenile Dermatomyositis J Rheumatol. 2015; 42 (12): 2412-2418.

  176. Kobayashi, I. and Mori, M. and Yamaguchi, K. and Ito, S. and Iwata, N. and Masunaga, K. and Shimojo, N. and Ariga, T. and Okada, K. and Takei, S.. Pediatric Rheumatology Association of Japan recommendation for vaccination in pediatric rheumatic diseases Mod Rheumatol. 2015; 25 (3): 335-343.

  177. Hara, R. and Miyazawa, H. and Nishimura, K. and Momoi, T. and Nozawa, T. and Kikuchi, M. and Sakurai, N. and Kizawa, T. and Shimamura, S. and Yasuda, S. and Hiromura, K. and Sada, K. E. and Kawaguchi, Y. and Tamura, N. and Takei, S. and Takasaki, Y. and Atsumi, T. and Mori, M.. A national survey on current use of mycophenolate mofetil for childhood-onset systemic lupus erythematosus in Japan Mod Rheumatol. 2015; 25 (6): 858-864.

  178. Yasuda, S. and Atsumi, T. and Shimamura, S. and Ono, K. and Hiromura, K. and Sada, K. and Mori, M. and Takei, S. and Kawaguchi, Y. and Tamura, N. and Takasaki, Y.. Surveillance for the use of mycophenolate mofetil for adult patients with lupus nephritis in Japan Mod Rheumatol. 2015; 25 (6): 854-857.

  179. Shimizu, H. and Mori, M. and Yoshimoto, N.. Clostridium difficile Infection Is More Severe When Toxin Is Detected in the Stool than When Detected Only by a Toxigenic Culture Intern Med. 2015; 54 (17): 2155-2159.

  180. Yokota, S. and Kikuchi, M. and Nozawa, T. and Kanetaka, T. and Sato, T. and Yamazaki, K. and Sakurai, N. and Hara, R. and Mori, M.. Pathogenesis of systemic inflammatory diseases in childhood: "Lessons from clinical trials of anti-cytokine monoclonal antibodies for Kawasaki disease, systemic onset juvenile idiopathic arthritis, and cryopyrin-associated periodic fever syndrome" Mod Rheumatol. 2015; 25 (1): 1-10.

  181. 加藤, 英明 and 宗佐, 博子 and 森, 雅亮 and 金子, 猛. メトロニダゾール誘発性脳症2例の症例報告および国内32例の文献的考察 感染症学雑誌. 2015; 89 (5): 559-566.

  182. 住田, 裕子 and 半澤, 典生 and 松山, 毅 and 森, 雅亮. ワクチン皮内接種のための超音波による小児皮膚の厚み測定 日本小児科学会雑誌. 2015; 119 (6): 998-1005.

  183. 原, 拓麿 and 友野, 順章 and 森, 雅亮 and 山崎, 浩. ミトコンドリアDNA解析によって診断された日本海裂頭条虫症の1例 外来小児科. 2015; 18 (3): 370-372.

  184. 金高, 太一 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【画像診断-はじめに何をどう読むか?】全身 不明熱 小児内科. 2015; 47 (6): 776-780.

  185. Nishida, N. and Yang, X. and Takasaki, I. and Imai, K. and Kato, K. and Inoue, Y. and Imamura, T. and Miyashita, R. and Kato, F. and Yamaide, A. and Mori, M. and Saito, S. and Hara, J. and Adachi, Y. and Miyawaki, T. and Kanegane, H.. Dysgammaglobulinemia Associated With Glu349del, a Hypomorphic XIAP Mutation J Investig Allergol Clin Immunol. 2015; 25 (3): 205-213.

  186. Saitoh, A. and Aizawa, Y. and Sato, I. and Hirano, H. and Sakai, T. and Mori, M.. Skin thickness in young infants and adolescents: Applications for intradermal vaccination Vaccine. 2015; 33 (29): 3384-3391.

  187. 森, 雅亮. 【私の処方2015】アレルギー・膠原病の処方 若年性特発性関節炎 小児科臨床. 2015; 68 (4): 920-927.

  188. 森, 雅亮. 【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】全身性自己免疫疾患 小児科領域における自己免疫疾患(小児期発症型) 小児期発症型混合性結合組織病 日本臨床. 2015; 別冊 (免疫症候群I): 853-857.

  189. 森, 雅亮. 【小児疾患診療のための病態生理2 改訂第5版】リウマチ性疾患とその周辺疾患 全身性エリテマトーデス 小児内科. 2015; 47 (増刊): 856-862.

  190. 森, 雅亮. 【小児疾患とアフェレシス】重症川崎病におけるアフェレシス 血漿交換療法の有用性 日本アフェレシス学会雑誌. 2015; 34 (1): 53-58.

  191. 森, 雅亮. 小児期ワクチンの実際 わが国の現況と問題点、および今後の展望 こども医療センター医学誌. 2015; 44 (2): 103-106.

  192. 森, 雅亮. 小児感染症Q&A IGRAは小児結核の診断においてどの程度信頼できますか? Up-to-date子どもの感染症. 2015; 3 (1): 26-28.

  193. 森, 雅亮. 【小児感染症2015-小児感染症のマネージメント-】小児感染症のマネージメント 深在性真菌感染症 小児科臨床. 2015; 68 (12): 2535-2541.

  194. 森, 雅亮. 【実践 子ども皮膚科外来】川崎病 Derma.. 2015; (236): 43-50.

  195. 森, 雅亮 and 原, 良紀. 小児期発症全身性エリテマトーデスに対するミコフェノール酸モフェチルの使用実態に関する全国調査 本症に対する世界初の適応拡大を目指して リウマチ科. 2015; 54 (2): 205-212.

  196. 清水, 博之 and 関根, 佳織 and 平井, 康太 and 高倉, 広充 and 鈴木, 一雄 and 多田, 奈緒 and 厚見, 恵 and 森, 雅亮 and 久保田, 千鳥. 小児科診療所における6年間(2008〜2013年)のRSV感染症395例の臨床的特徴および疫学的特徴の解析 小児感染免疫. 2015; 27 (2): 119-125.

  197. 木澤, 敏毅 and 原, 良紀 and 森, 雅亮. 【小児リウマチ性疾患の最新治療】その他の膠原病 全身性エリテマトーデスの新しい治療法 MMFの位置づけ 小児科診療. 2015; 78 (8): 1093-1099.

  198. 木澤, 敏毅 and 森, 雅亮. 【小児科領域の適応外使用 適切な薬物治療を行うためのポイント】エキスパートに学ぶ!適応外使用の実践例 全身性エリテマトーデス 薬局. 2015; 66 (2): 271-276.

  199. Nishida, N; Yang, X; Takasaki, I; Imai, K; Kato, K; Inoue, Y; Imamura, T; Miyashita, R; Kato, F; Yamaide, A; Mori, M; Saito, S; Hara, J; Adachi, Y; Miyawaki, T; Kanegane, H. Dysgammaglobulinemia Associated With Glu349del, a Hypomorphic <i>XIAP</i> Mutation JOURNAL OF INVESTIGATIONAL ALLERGOLOGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY. 2015; 25 (3): 205-213. ( PubMed )

  200. Aguilar, C. and Lenoir, C. and Lambert, N. and Begue, B. and Brousse, N. and Canioni, D. and Berrebi, D. and Roy, M. and Gerart, S. and Chapel, H. and Schwerd, T. and Siproudhis, L. and Schappi, M. and Al-Ahmari, A. and Mori, M. and Yamaide, A. and Galicier, L. and Neven, B. and Routes, J. and Uhlig, H. H. and Koletzko, S. and Patel, S. and Kanegane, H. and Picard, C. and Fischer, A. and Bensussan, N. C. and Ruemmele, F. and Hugot, J. P. and Latour, S.. Characterization of Crohn disease in X-linked inhibitor of apoptosis-deficient male patients and female symptomatic carriers J Allergy Clin Immunol. 2014; 134 (5): 1131-41 e9.

  201. Mori, M. and Morio, T. and Ito, S. and Morimoto, A. and Ota, S. and Mizuta, K. and Iwata, T. and Hara, T. and Saji, T.. Risks and prevention of severe RS virus infection among children with immunodeficiency and Down's syndrome J Infect Chemother. 2014; 20 (8): 455-459.

  202. Aoki, C. and Inaba, Y. and Choe, H. and Kaneko, U. and Hara, R. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Mori, M. and Oba, M. S. and Yokota, S. and Saito, T.. Discrepancy between clinical and radiological responses to tocilizumab treatment in patients with systemic-onset juvenile idiopathic arthritis J Rheumatol. 2014; 41 (6): 1171-1177.

  203. Yokota, S. and Imagawa, T. and Mori, M. and Miyamae, T. and Takei, S. and Iwata, N. and Umebayashi, H. and Murata, T. and Miyoshi, M. and Tomiita, M. and Nishimoto, N. and Kishimoto, T.. Longterm safety and effectiveness of the anti-interleukin 6 receptor monoclonal antibody tocilizumab in patients with systemic juvenile idiopathic arthritis in Japan J Rheumatol. 2014; 41 (4): 759-767.

  204. Watanabe, Y. and Motoi, H. and Oyama, Y. and Ichikawa, K. and Takeshita, S. and Mori, M. and Nezu, A. and Yokota, S.. Cyclosporine for acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion Pediatr Int. 2014; 56 (4): 577-582.

  205. Sonoda, K. and Mori, M. and Hokosaki, T. and Yokota, S.. Infliximab plus plasma exchange rescue therapy in Kawasaki disease J Pediatr. 2014; 164 (5): 1128-1132 e1.

  206. 菊地, 雅子 and 永嶋, 早織 and 野澤, 智 and 金高, 太一 and 木澤, 敏毅 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 筋組織内筋束間の間質性筋炎を伴った全身性炎症性疾患の3例 日本小児科学会雑誌. 2014; 118 (1): 23-29.

  207. 原, 拓麿 and 今川, 智之 and 野澤, 智 and 菊地, 雅子 and 木澤, 敏毅 and 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平 and 山中, 正二. 悪性疾患、リンパ節結核との鑑別を要した左腋窩BCGリンパ節炎の1例 小児科臨床. 2014; 67 (2): 231-236.

  208. Mori, M. and Onodera, M. and Morimoto, A. and Kosaka, Y. and Morio, T. and Notario, G. F. and Sharma, S. and Saji, T.. Palivizumab use in Japanese infants and children with immunocompromised conditions Pediatr Infect Dis J. 2014; 33 (11): 1183-1185.

  209. Ohsugi, K. and Sugawara, H. and Ebina, K. and Shiga, K. and Kikuchi, N. and Mori, M. and Yokota, S.. Comparison of brachial artery flow-mediated dilation in youth with type 1 and type 2 diabetes mellitus J Diabetes Investig. 2014; 5 (5): 615-620.

  210. 森, 雅亮. 【サイトカイン・ストーム〜病態と治療】サイトカイン阻止による治療効果からみた炎症の考え方 川崎病 臨床とウイルス. 2014; 42 (3): 104-111.

  211. 森, 雅亮. 【川崎病-基礎・臨床研究の最新知見-】川崎病の治療 血漿交換療法 日本臨床. 2014; 72 (9): 1654-1658.

  212. 森, 雅亮. 【真菌感染症-カビを極める】ピンポイント小児医療 真菌感染症ガイドライン改訂の意義について『深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014』(小児領域)から 小児内科. 2014; 46 (12): 1735-1740.

  213. 森, 雅亮. 【小児疾患診療のための病態生理1 改訂第5版】感染症 真菌感染症 小児内科. 2014; 46 (増刊): 1062-1066.

  214. 森, 雅亮. 【小児リウマチ性疾患-病態解明と治療の新展開-】川崎病の病態と治療 炎症と免疫. 2014; 22 (2): 105-109.

  215. 森, 雅亮. 【小児の治療指針】リウマチ・膠原病 混合性結合組織病 小児科診療. 2014; 77 (増刊): 297-299.

  216. 森, 雅亮. 【見逃しやすい免疫不全】生物学的製剤使用時の続発性免疫不全 小児内科. 2014; 46 (10): 1534.

  217. 森, 雅亮. 【禁煙推進】禁煙推進の実際 未成年禁煙外来の経験 横浜市立大学病院における小児禁煙外来の取り組み 日本小児科医会会報. 2014; (47): 61-65.

  218. 森, 雅亮. 【ピンポイント川崎病】ピンポイント小児医療 臨床 初期治療不応例に対する治療 血漿交換の適応と実際 小児内科. 2014; 46 (6): 769-773.

  219. 森, 雅亮. サイトカインストームの調節機構 感染症. 2014; 44 (4): 142-148.

  220. 森, 雅亮 and 横田, 俊平 and 小林, 法元 and 永井, 和重 and 一宮, 慎吾. 若年性皮膚筋炎における間質性肺炎 剖検所見からの知見と今後の対応 小児科. 2014; 55 (7): 1077-1084.

  221. 森, 雅亮 and 森尾, 友宏 and 伊藤, 秀一 and 森本, 哲 and 太田, 節雄 and 水田, 耕一 and 岩田, 力 and 原, 寿郎 and 佐地, 勉. 免疫不全児およびダウン症候群におけるRSウイルス感染重症化リスクとその感染予防 日本小児科学会雑誌. 2014; 118 (1): 9-16.

  222. 森, 雅亮 and 森尾, 友宏 and 伊藤, 秀一 and 森本, 哲 and 太田, 節雄 and 水田, 耕一 and 岩田, 力 and 原, 寿郎 and 佐地, 勉. 免疫不全およびダウン症候群におけるパリビズマブ使用の手引き 小児リウマチ. 2014; 5 (1): 5-8.

  223. 森, 雅亮 and 森島, 恒雄. 小児結核の病態・診断・治療について ツベルクリン反応、QFT、T-SPOTの関連性 SRL感染症フォーラム講演集. 2014; 18回 12-17.

  224. 本井, 宏尚 and 藤原, 祐 and 渡辺, 好宏 and 武下, 草生子 and 森, 雅亮 and 宇南山, 貴男. 横浜市における小児科医の熱性けいれんに関する調査 横浜医学. 2014; 65 (4): 495-502.

  225. Miyaji Yumiko, Kobayashi Miho, Sugai Kazuko, Tsukagoshi Hiroyuki, Niwa Shoichi, Fujitsuka-Nozawa Asako, Noda Masahiro, Kozawa Kunihisa, Yamazaki Fusae, Mori Masaaki, Yokota Shumpei, Kimura Hirokazu. 急性呼吸器疾患の日本人小児における呼吸器徴候と症状の重症度およびウイルスプロファイル(Severity of respiratory signs and symptoms and virus profiles in Japanese children with acute respiratory illness) Microbiology and Immunology. 2013.12; 57 (12): 811-821. ( 医中誌 )

  226. Yokota Shumpei, Nishikomori Ryuta, Takada Hidetoshi, Kikuchi Masako, Nozawa Tomo, Kanetaka Taichi, Kizawa Toshitaka, Miyamae Takako, Mori Masaaki, Heike Toshio, Hara Toshiro, Imagawa Tomoyuki. 日本のクリオピリン関連周期性発熱症候群患者におけるカナキヌマブ使用ガイダンス(Guidance on the use of canakinumab in patients with cryopyrin-associated periodic syndrome in Japan) Modern Rheumatology. 2013.05; 23 (3): 425-429. ( 医中誌 )

  227. Inaba, Y. and Ozawa, R. and Aoki, C. and Imagawa, T. and Mori, M. and Hara, R. and Miyamae, T. and Saito, T. and Yokota, S.. Radiologic analysis of the effect of tocilizumab on hands and large joints in children with systemic juvenile idiopathic arthritis Mod Rheumatol. 2013; 23 (4): 667-673.

  228. Kadota, K. and Mori, M. and Yanagimachi, M. and Miyamae, T. and Hara, T. and Kanetaka, T. and Nozawa, T. and Kikuchi, M. and Hara, R. and Imagawa, T. and Kaneko, T. and Yokota, S.. Analysis of gender differences in genetic risk: association of TNFAIP3 polymorphism with male childhood-onset systemic lupus erythematosus in the Japanese population PLoS One. 2013; 8 (8): e72551.

  229. Mori, M. and Fukushima, K. and Miharu, M. and Goto, H. and Yoshida, M. and Shoji, S.. A retrospective analysis of voriconazole pharmacokinetics in Japanese pediatric and adolescent patients J Infect Chemother. 2013; 19 (1): 174-179.

  230. Mori, M.. Nationwide survey of treatment for pediatric patients with invasive fungal infections in Japan J Infect Chemother. 2013; 19 (5): 946-950.

  231. Miyaji, Y. and Kobayashi, M. and Sugai, K. and Tsukagoshi, H. and Niwa, S. and Fujitsuka-Nozawa, A. and Noda, M. and Kozawa, K. and Yamazaki, F. and Mori, M. and Yokota, S. and Kimura, H.. Severity of respiratory signs and symptoms and virus profiles in Japanese children with acute respiratory illness Microbiol Immunol. 2013; 57 (12): 811-821.

  232. Kishi, T. and Miyamae, T. and Hara, R. and Nakajima, S. and Imagawa, T. and Mori, M. and Yokota, S.. Clinical analysis of 50 children with juvenile dermatomyositis Mod Rheumatol. 2013; 23 (2): 311-317.

  233. Yanagimachi, M. and Goto, H. and Kaneko, T. and Naruto, T. and Sasaki, K. and Takeuchi, M. and Tanoshima, R. and Kato, H. and Yokosuka, T. and Kajiwara, R. and Fujii, H. and Tanaka, F. and Goto, S. and Takahashi, H. and Mori, M. and Kai, S. and Yokota, S.. Influence of pre-hydration and pharmacogenetics on plasma methotrexate concentration and renal dysfunction following high-dose methotrexate therapy Int J Hematol. 2013; 98 (6): 702-707.

  234. Yokota, S. and Nishikomori, R. and Takada, H. and Kikuchi, M. and Nozawa, T. and Kanetaka, T. and Kizawa, T. and Miyamae, T. and Mori, M. and Heike, T. and Hara, T. and Imagawa, T.. Guidance on the use of canakinumab in patients with cryopyrin-associated periodic syndrome in Japan Mod Rheumatol. 2013; 23 (3): 425-429.

  235. 横田, 俊平 and 菊地, 雅子 and 野澤, 智 and 金高, 太一 and 山崎, 和子 and 佐藤, 知実 and 森, 雅亮. 【小児リウマチ性疾患の診断と治療Update】小児リウマチ性疾患の診かた・考え方 小児科臨床. 2013; 66 (5): 843-849.

  236. 稲葉, 彩 and 増澤, 祐子 and 内村, 暢 and 佐々木, 毅 and 原田, 知典 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平 and 佐々木, 裕之 and 川本, 愛里 and 十河, 剛 and 高橋, 英彦. 腎不全を合併した原発性硬化性胆管炎による肝硬変の1男児例 日本小児腎不全学会雑誌. 2013; 33 72-74.

  237. Yuzurihara, S. S. and Ao, K. and Hara, T. and Tanaka, F. and Mori, M. and Kikuchi, N. and Kai, S. and Yokota, S.. Human parechovirus-3 infection in nine neonates and infants presenting symptoms of hemophagocytic lymphohistiocytosis J Infect Chemother. 2013; 19 (1): 144-148.

  238. 原, 拓麿 and 森, 雅亮. 【小児用ワクチンRevision up 2014】予防接種各論 BCGワクチンの過去、現在、そして未来 医学のあゆみ. 2013; 別冊 (小児用ワクチンRevision up 2014): 57-63.

  239. 原, 拓麿 and 森, 雅亮. 【小児用ワクチンUpdate】予防接種各論 BCGワクチンの過去、現在、そして未来 医学のあゆみ. 2013; 244 (1): 57-63.

  240. 森, 雅亮. 【ESCMID(欧州臨床微生物学会)カンジダガイドライン2012-米国感染症学会ガイドラインとの相違-】ESCMID(欧州臨床微生物学会)カンジダガイドライン2012 小児患者 化学療法の領域. 2013; 29 (7): 1515-1521.

  241. 森, 雅亮. 小児の医薬品開発推進の新たな道を開く 臨床医の視点から小児医薬品開発について 小児リウマチ薬の適応拡大取得に向けての試みと成果、そして今後への展望 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2013; 26 (1): 29-31.

  242. 森, 雅亮. 【ワンランク上の小児の臨床検査-病態生理に基づく選び方・考え方-】自己免疫、炎症性疾患の臨床検査 関節炎 小児科学レクチャー. 2013; 3 (2): 337-345.

  243. 森, 雅亮. サイトカインストームの原因・病態 日本医事新報. 2013; (4654): 78-79.

  244. 森, 雅亮 and 岩田, 力 and 佐地, 勉 and 水田, 耕一 and 森本, 哲. パリビズマブの新しい使用の手引き 免疫不全児およびダウン症候群の児への適正使用を考える 小児科診療. 2013; 76 (11): 1843-1850.

  245. 清水, 博之 and 齋藤, 美和子 and 厚見, 恵 and 久保田, 千鳥 and 森, 雅亮. A群β溶連菌に対するペニシリン系とセフェム系抗菌薬の除菌率及び再発率 日本小児科学会雑誌. 2013; 117 (10): 1569-1573.

  246. 中野, 直子 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【血管炎-基礎と臨床のクロストーク-】最新の研究トピックス AP-VAS 2012から 血管炎の臨床研究 小児期難治性原発性血管炎の全国調査 日本臨床. 2013; 71 (増刊1 血管炎): 516-520.

  247. Takenoue Yukiko, Kaneko Tetsuji, Miyamae Takako, Mori Masaaki, Yokota Shumpei. 大気中のNO2曝露による小児の喘息発症への影響 メタアナリシスによる検討(Influence of outdoor NO2 exposure on asthma in childhood: Meta-analysis) Pediatrics International. 2012.12; 54 (6): 762-769. ( 医中誌 )

  248. Yokota Shumpei, Imagawa Tomoyuki, Murata Takuji, Tomiita Minako, Itoh Yasuhiko, Fujikawa Satoshi, Takei Syuji, Mori Masaaki. 日本における若年性特発性関節炎に対するアダリムマブ使用に関する手引き(Guidance on the use of adalimumab for juvenile idiopathic arthritis in Japan) Modern Rheumatology. 2012.08; 22 (4): 491-497. ( 医中誌 )

  249. Uchimura Toru, Mori Masaaki, Nariai Akiyoshi, Yokota Shumpei. 日本におけるインフルエンザ(H1N1)2009感染小児の重症呼吸不全の症例分析(Analysis of cases of severe respiratory failure in children with influenza (H1N1) 2009 infection in Japan) Journal of Infection and Chemotherapy. 2012.02; 18 (1): 59-65. ( 医中誌 )

  250. Imagawa, T. and Yokota, S. and Mori, M. and Miyamae, T. and Takei, S. and Imanaka, H. and Nerome, Y. and Iwata, N. and Murata, T. and Miyoshi, M. and Nishimoto, N. and Kishimoto, T.. Safety and efficacy of tocilizumab, an anti-IL-6-receptor monoclonal antibody, in patients with polyarticular-course juvenile idiopathic arthritis Mod Rheumatol. 2012; 22 (1): 109-115.

  251. Mori, M. and Imagawa, T. and Hara, R. and Kikuchi, M. and Hara, T. and Nozawa, T. and Miyamae, T. and Yokota, S.. Efficacy and limitation of infliximab treatment for children with Kawasaki disease intractable to intravenous immunoglobulin therapy: report of an open-label case series J Rheumatol. 2012; 39 (4): 864-867.

  252. Harada, T. and Ito, S. and Mori, M. and Yokota, S.. Anatomical condition mimicking superior mesenteric artery syndrome might cause duodenal involvement in Henoch-Schonlein purpura Pediatr Int. 2012; 54 (4): 579.

  253. Tsuda, K. and Iwasaki, S. and Horiguchi, H. and Mori, M. and Nishimaki, S. and Seki, K. and Taguri, M. and Yokota, S. and Ishiwada, N.. Immune response to Haemophilus influenzae type b conjugate vaccine in preterm infants Pediatr Int. 2012; 54 (1): 64-67.

  254. Takenoue, Y. and Kaneko, T. and Miyamae, T. and Mori, M. and Yokota, S.. Influence of outdoor NO2 exposure on asthma in childhood: meta-analysis Pediatr Int. 2012; 54 (6): 762-769.

  255. Shinoki, T. and Hara, R. and Kaneko, U. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Mori, M. and Yokota, S.. Safety and response to influenza vaccine in patients with systemic-onset juvenile idiopathic arthritis receiving tocilizumab Mod Rheumatol. 2012; 22 (6): 871-876.

  256. Imagawa, T. and Takei, S. and Umebayashi, H. and Yamaguchi, K. and Itoh, Y. and Kawai, T. and Iwata, N. and Murata, T. and Okafuji, I. and Miyoshi, M. and Onoe, Y. and Kawano, Y. and Kinjo, N. and Mori, M. and Mozaffarian, N. and Kupper, H. and Santra, S. and Patel, G. and Kawai, S. and Yokota, S.. Efficacy, pharmacokinetics, and safety of adalimumab in pediatric patients with juvenile idiopathic arthritis in Japan Clin Rheumatol. 2012; 31 (12): 1713-1721.

  257. Hokosaki, T. and Mori, M. and Nishizawa, T. and Nakamura, T. and Imagawa, T. and Iwamoto, M. and Yokota, S.. Long-term efficacy of plasma exchange treatment for refractory Kawasaki disease Pediatr Int. 2012; 54 (1): 99-103.

  258. Yokota, S. and Imagawa, T. and Murata, T. and Tomiita, M. and Itoh, Y. and Fujikawa, S. and Takei, S. and Mori, M.. Guidance on the use of adalimumab for juvenile idiopathic arthritis in Japan Mod Rheumatol. 2012; 22 (4): 491-497.

  259. 横田, 俊平 and 譲原, 佐栄子 and 田中, 文子 and 甲斐, 純夫 and 粟生, 耕太 and 菊地, 信行 and 原, 拓麿 and 森, 雅亮. 新生児期に高熱を生じる新興感染症ヒト・パレコウイルスの病態 横浜市でみられた小流行からの考察 日本小児科学会雑誌. 2012; 116 (4): 679-686.

  260. 横田, 俊平 and 菊地, 雅子 and 野澤, 智 and 檜佐, 香織 and 金高, 太一 and 園田, 香里 and 高橋, 真由 and 藤井, 健太郎 and 山崎, 和子 and 森, 雅亮 and 原, 拓麿 and 原, 良紀 and 今川, 智之 and 宮前, 多佳子. 炎症性サイトカインからみた炎症病態の考え方と治療法の最近の動向 川崎病、全身型若年性特発性関節炎、クリオピリン関連周期性発熱症候群に対するサイトカイン遮断療法の効果について 日本小児科学会雑誌. 2012; 116 (12): 1829-1841.

  261. 横田, 俊平 and 菊地, 雅子 and 野澤, 智 and 木澤, 敏毅 and 金高, 太一 and 門田, 景介 and 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮. 小児期のリウマチ性疾患にみる発熱 日本臨床免疫学会会誌. 2012; 35 (6): 511-519.

  262. 横田, 俊平 and 菊地, 雅子 and 野澤, 智 and 木澤, 敏毅 and 金高, 太一 and 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 西小森, 隆太 and 高田, 英俊 and 平家, 俊男 and 原, 寿郎 and 今川, 智之. クライオパイリン関連周期性発熱症候群に対するヒト化抗IL-1βモノクローナル抗体製剤カナキヌマブの効果 日本臨床免疫学会会誌. 2012; 35 (1): 23-29.

  263. 伊藤, 進 and 吉川, 徳茂 and 板橋, 家頭夫 and 岩田, 敏 and 宇理須, 厚雄 and 越前, 宏俊 and 大浦, 敏博 and 大塚, 頌子 and 河田, 興 and 佐地, 勉 and 佐藤, 淳子 and 中川, 雅生 and 中村, 秀文 and 牧本, 敦 and 森, 雅亮 and 日本小児科学会薬事委員会. ピボキシル基含有抗菌薬投与による二次性カルニチン欠乏症への注意喚起 日本小児科学会雑誌. 2012; 116 (4): 804-806.

  264. 粟生, 耕太 and 田中, 晶 and 塩島, 裕樹 and 平林, 文誉 and 白井, 加奈子 and 磯崎, 淳 and 大澤, 由記子 and 菊池, 信行 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 新生児・乳児期早期に発症したヒトパレコウイルス3型の4例 日本小児科学会雑誌. 2012; 116 (4): 715-718.

  265. Yokota, S. and Kikuchi, M. and Nozawa, T. and Kizawa, T. and Kanetaka, T. and Miyamae, T. and Mori, M. A. and Nishikomori, R. and Takata, H. and Heike, T. and Hara, T. and Imagawa, T.. [An approach to the patients with cryopyrin-associated periodic syndrome (CAPS) : a new biologic response modifier, canakinumab] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2012; 35 (1): 23-29.

  266. Yokota, S. and Kikuchi, M. and Nozawa, T. and Kizawa, T. and Kanetaka, T. and Miyamae, T. and Mori, M. A. and Nishikomori, R. and Takata, H. and Heike, T. and Hara, T. and Imagawa, T.. [An approach to the patients with cryopyrin-associated periodic syndrome (CAPS) : a new biologic response modifier, canakinumab] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2012; 35 (1): 23-29.

  267. Yokota, S. and Kikuchi, M. and Nozawa, T. and Kizawa, T. and Kanetaka, T. and Kadota, K. and Miyamae, T. and Mori, M.. [Febrile responses in patients with pediatric rheumatic diseases] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2012; 35 (6): 511-519.

  268. 横田, 俊平 and 西小森, 隆太 and 高田, 英俊 and 菊地, 雅子 and 野澤, 智 and 金高, 太一 and 木澤, 敏毅 and 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 平家, 俊男 and 原, 寿郎 and 今川, 智之. クリオピリン関連周期性発熱症候群に対する生物学的製剤治療の手引き(2012) カナキヌマブ 日本小児科学会雑誌. 2012; 116 (9): 1337-1341.

  269. 佐地, 勉 and 鮎澤, 衛 and 三浦, 大 and 小林, 徹 and 鈴木, 啓之 and 森, 雅亮 and 寺井, 勝 and 小川, 俊一 and 松裏, 裕行 and 薗部, 友良 and 上村, 茂 and 濱岡, 建城 and 荻野, 廣太郎 and 石井, 正浩 and 日本小児循環器学会学術委員会. 日本小児循環器学会研究委員会研究課題 「川崎病急性期治療のガイドライン」(平成24年改訂版) 日本小児循環器学会雑誌. 2012; 28 (Suppl.3): s1-s28.

  270. Mori, M. and Takei, S. and Imagawa, T. and Imanaka, H. and Nerome, Y. and Higuchi, R. and Kawano, Y. and Yokota, S. and Sugiyama, N. and Yuasa, H. and Fletcher, T. and Wajdula, J. S.. Safety and efficacy of long-term etanercept in the treatment of methotrexate-refractory polyarticular-course juvenile idiopathic arthritis in Japan Mod Rheumatol. 2012; 22 (5): 720-726.

  271. Ozawa, R. and Inaba, Y. and Mori, M. and Hara, R. and Kikuchi, M. and Higuchi, R. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Fujiwara, T. and Saito, T. and Yokota, S.. Definitive differences in laboratory and radiological characteristics between two subtypes of juvenile idiopathic arthritis: systemic arthritis and polyarthritis Mod Rheumatol. 2012; 22 (4): 558-564.

  272. 森, 雅亮. RSウイルス感染予防を必要とする小児の現状と今後の対策及び展望 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2012; 25 (1): 156-159.

  273. 森, 雅亮. 目で見る真菌と真菌症 診療科・基礎疾患から見た大切な真菌症 小児科 化学療法の領域. 2012; 28 (8): 1612-1620.

  274. 森, 雅亮. 【小児慢性疾患の生活指導-最新の知見から-】日常生活における管理・指導 膠原病 若年性特発性関節炎 小児科臨床. 2012; 65 (4): 749-754.

  275. 森, 雅亮. 【関節リウマチ診療update-これだけは知っておきたい知識とは?】《特殊な状態に対する配慮》 小児 内科. 2012; 109 (4): 654-658.

  276. 森, 雅亮. 【クローズアップ 小児リウマチ・膠原病】<小児リウマチ・膠原病に対する治療薬の適応と副作用> 免疫抑制薬 小児内科. 2012; 44 (1): 104-108.

  277. 森, 雅亮 and 笠井, 和子 and 横田, 俊平. 本邦における不明熱をきたす小児熱性疾患の全国実態調査とアルゴリズム案作成の試み 小児科. 2012; 53 (4): 479-485.

  278. 森, 雅亮 and 今川, 智之 and 横田, 俊平. 難治性川崎病に対するインフリキシマブ療法 リウマチ科. 2012; 48 (6): 683-690.

  279. 木澤, 敏毅 and 野澤, 智 and 原, 拓麿 and 菊地, 雅子 and 百村, 芽衣 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 横田, 俊平 and 森, 雅亮 and 堤, 裕幸. TNF阻害薬が無効でIL-6阻害薬(トシリズマブ)に変更し改善をみた難治性多関節型若年性特発性関節炎の2例 臨床リウマチ. 2012; 24 (2): 146-151.

  280. Yokota Shumpei, Imagawa Tomoyuki, Takei Syuji, Murata Takuji, Tomiita Minako, Itoh Yasuhiko, Fujikawa Satoshi, Mori Masaaki, the Pediatric Standing Committee of the Japan College of Rheumatology. 若年性特発性関節炎に対するトシリズマブ使用のガイダンス(Guidance on using tocilizumab for juvenile idiopathic arthritis) Modern Rheumatology. 2011.12; 21 (6): 563-571. ( 医中誌 )

  281. Mori Masaaki, Murata Takuji, Takei Syuji, Imagawa Tomoyuki, Yokota Shumpei. 一般的小児リウマチ疾患管理における静脈内投与シクロホスファミドの適応拡大(Acquisition of expanded indications for intravenous cyclophosphamide in the management of childhood rheumatic disease in general) Modern Rheumatology. 2011.10; 21 (5): 449-457. ( 医中誌 )

  282. Arai H, Inui K, Nishii T, Oyama Y, Takeshita S, Mori M, Goto H, Kikuchi N, Kaneko T, Masuda M.. A pleuroperitoneal shunt for interactive pleural effusions with yellow nail syndrome. J Med Cases. 2011.03;

  283. Yanagimachi Masakatsu, Miyamae Takako, Naruto Takuya, Hara Takuma, Kikuchi Masako, Hara Ryoki, Imagawa Tomoyuki, Mori Masaaki, Kaneko Tetsuji, Goto Hiroaki, Morita Satoshi, Mizuki Nobuhisa, Kimura Akinori, Yokota Shumpei. HLA-A*02:06およびHLA-DRB1*04:05と若年性特発性関節炎の臨床サブタイプとの相関(Association of HLA-A*02:06 and HLA-DRB1*04:05 with clinical subtypes of juvenile idiopathic arthritis) Journal of Human Genetics. 2011.03; 56 (3): 196-199. ( 医中誌 )

  284. Inaba, Y. and Ozawa, R. and Imagawa, T. and Mori, M. and Hara, Y. and Miyamae, T. and Aoki, C. and Saito, T. and Yokota, S.. Radiographic improvement of damaged large joints in children with systemic juvenile idiopathic arthritis following tocilizumab treatment Ann Rheum Dis. 2011; 70 (9): 1693-1695.

  285. Kasai, K. and Mori, M. and Hara, R. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Yokota, S.. National survey of childhood febrile illness cases with fever of unknown origin in Japan Pediatr Int. 2011; 53 (4): 421-425.

  286. Mori, M. and Kawashima, H. and Nakamura, H. and Nakagawa, M. and Kusuda, S. and Saji, T. and Tsutsumi, H. and Yokota, S. and Itoh, S. and Surveillance Committee for Severe, R. S. V. Infection. Nationwide survey of severe respiratory syncytial virus infection in children who do not meet indications for palivizumab in Japan J Infect Chemother. 2011; 17 (2): 254-263.

  287. Mori, M.. [Steroid therapy] Nihon Rinsho. 2011; 69 (3): 511-514.

  288. Fujitsuka, A. and Tsukagoshi, H. and Arakawa, M. and Goto-Sugai, K. and Ryo, A. and Okayama, Y. and Mizuta, K. and Nishina, A. and Yoshizumi, M. and Kaburagi, Y. and Noda, M. and Tashiro, M. and Okabe, N. and Mori, M. and Yokota, S. and Kimura, H.. A molecular epidemiological study of respiratory viruses detected in Japanese children with acute wheezing illness BMC Infect Dis. 2011; 11 168.

  289. Yanagimachi, M. and Naruto, T. and Miyamae, T. and Hara, T. and Kikuchi, M. and Hara, R. and Imagawa, T. and Mori, M. and Sato, H. and Goto, H. and Yokota, S.. Association of IRF5 polymorphisms with susceptibility to macrophage activation syndrome in patients with juvenile idiopathic arthritis J Rheumatol. 2011; 38 (4): 769-774.

  290. Yanagimachi, M. and Naruto, T. and Hara, T. and Kikuchi, M. and Hara, R. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Mori, M. and Kaneko, T. and Morita, S. and Goto, H. and Yokota, S.. Influence of polymorphisms within the methotrexate pathway genes on the toxicity and efficacy of methotrexate in patients with juvenile idiopathic arthritis Br J Clin Pharmacol. 2011; 71 (2): 237-243.

  291. Yanagimachi, M. and Miyamae, T. and Naruto, T. and Hara, T. and Kikuchi, M. and Hara, R. and Imagawa, T. and Mori, M. and Kaneko, T. and Goto, H. and Morita, S. and Mizuki, N. and Kimura, A. and Yokota, S.. Association of HLA-A*02:06 and HLA-DRB1*04:05 with clinical subtypes of juvenile idiopathic arthritis J Hum Genet. 2011; 56 (3): 196-199.

  292. Yanagimachi, M. and Goto, H. and Miyamae, T. and Kadota, K. and Imagawa, T. and Mori, M. and Sato, H. and Yanagisawa, R. and Kaneko, T. and Morita, S. and Ishii, E. and Yokota, S.. Association of IRF5 polymorphisms with susceptibility to hemophagocytic lymphohistiocytosis in children J Clin Immunol. 2011; 31 (6): 946-951.

  293. Seki, K. and Iwasaki, S. and An, H. and Horiguchi, H. and Mori, M. and Nishimaki, S. and Yokota, S.. Early discharge from a neonatal intensive care unit and rates of readmission Pediatr Int. 2011; 53 (1): 7-12.

  294. Harada, T. and Kaneko, T. and Ito, S. and Hataya, H. and Nariai, A. and Mori, M. and Yokota, S.. Superior mesenteric artery syndrome: risk factor for duodenal involvement in Henoch-Schonlein purpura Pediatr Int. 2011; 53 (5): 630-633.

  295. Yokota, S. and Imagawa, T. and Takei, S. and Murata, T. and Tomiita, M. and Itoh, Y. and Fujikawa, S. and Mori, M.. Guidance on using tocilizumab for juvenile idiopathic arthritis Mod Rheumatol. 2011; 21 (6): 563-571.

  296. 横田, 俊平 and 今川, 智之 and 村田, 卓士 and 冨板, 美奈子 and 伊藤, 保彦 and 藤川, 敏 and 武井, 修治 and 森, 雅亮 and 日本小児リウマチ学会分科会. 若年性特発性関節炎に対する生物学的製剤治療の手引き2011 アダリムマブ 日本小児科学会雑誌. 2011; 115 (11): 1836-1845.

  297. Yokota, S. and Mori, M. and Takahashi, K.. [Novel influenza A/H1N1 pandemic and influenza encephalopathy] Nihon Rinsho. 2011; 69 (3): 417-421.

  298. 横田, 俊平 and 森, 雅亮 and 高橋, 協. 【急性脳炎・脳症】急性脳炎・脳症の病因・病態 新型インフルエンザ・パンデミックとインフルエンザ脳症 日本臨床. 2011; 69 (3): 417-421.

  299. 金子, 詩子 and 岸, 崇之 and 菊地, 雅子 and 原, 良紀 and 篠木, 敏彦 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 小児期発症高安動脈炎の初期臨床像 日本小児科学会雑誌. 2011; 115 (7): 1235-1241.

  300. 関, 和男 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 当院の「授乳と薬相談外来」について 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2011; 24 (1): 107-109.

  301. Mori, M. and Murata, T. and Takei, S. and Imagawa, T. and Yokota, S.. Acquisition of expanded indications for intravenous cyclophosphamide in the management of childhood rheumatic disease in general Mod Rheumatol. 2011; 21 (5): 449-457.

  302. 森, 雅亮. 【小児感染症 なぜ繰り返す、なぜ治らない】基礎疾患のある難治性・反復性感染症への対応 免疫抑制薬およびサイトカイン阻害薬と感染症 小児内科. 2011; 43 (2): 259-263.

  303. 森, 雅亮. 【小児医療における診断・治療の進歩】治療技術 若年性特発性関節炎に対するアダリムマブ 小児科. 2011; 52 (12): 1683-1688.

  304. 森, 雅亮. 【小児リウマチ性疾患診療における最近の知見】JIAの経口薬による治療(NSAIDs、ステロイド、メトトレキサート) リウマチ科. 2011; 46 (6): 596-602.

  305. 森, 雅亮. 小児リウマチ性疾患におけるサイトカイン遮断薬について トシリズマブとエタネルセプト 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2011; 24 (1): 147-151.

  306. 森, 雅亮. 【子どもの臨床検査 症候から診断・治療へ】疾患からみる臨床検査の進めかた リウマチ性疾患が疑われるとき 小児科診療. 2011; 74 (増刊): 401-408.

  307. 森, 雅亮. 【急性脳炎・脳症】急性脳炎・脳症の予防・治療 ステロイド療法 日本臨床. 2011; 69 (3): 511-514.

  308. 森, 雅亮. 【これだけは知っておきたい小児ケアQ&A 第2版】小児の感染症と看護 結核について、教えてください ナーシングケアQ&A. 2011; (39): 234-235.

  309. Mori, M. and Takei, S. and Imagawa, T. and Imanaka, H. and Nerome, Y. and Kurosawa, R. and Kawano, Y. and Yokota, S. and Sugiyama, N. and Yuasa, H. and Fletcher, T. and Wajdula, J. S.. Etanercept in the treatment of disease-modifying anti-rheumatic drug (DMARD)-refractory polyarticular course juvenile idiopathic arthritis: experience from Japanese clinical trials Mod Rheumatol. 2011; 21 (6): 572-578.

  310. 森, 雅亮. 免疫抑制薬の臨床応用実践論(第36回) 小児SLE 炎症と免疫. 2011; 20 (1): 90-95.

  311. 森, 雅亮 and 原, 拓麿. 【よくみる子どもの感染症Q&A】細菌感染症にどう対処するか 結核 小児科学レクチャー. 2011; 1 (2): 427-433.

  312. 森, 雅亮 and 原, 拓磨. 【今知るべき小児感染症領域の新しい知見2011】見落としてはいけない疾患 結核 小児科診療. 2011; 74 (9): 1385-1390.

  313. 森, 雅亮 and 原, 拓麿. 【疑問解決 小児の診かた】疾患別の診療 感染症 最近の結核の診断法、BCGの意義について教えてください 小児内科. 2011; 43 (増刊): 562-564.

  314. 森, 雅亮 and 村田, 卓士 and 武井, 修治 and 今川, 智之 and 横田, 俊平. 「小児リウマチ性疾患全般におけるシクロホスファミド静注薬」の適応拡大の取得 日本小児科学会雑誌. 2011; 115 (3): 726-733.

  315. 大杉, 康司 and 森, 雅亮 and 大山, 宜孝 and 小川, 真喜子 and 塩島, 裕樹 and 森尾, 郁子 and 海老名, 奏子 and 藤塚, 麻子 and 原田, 知典 and 武下, 草生子 and 菊池, 信行 and 横田, 俊平. 臍炎を契機に川崎病様症状を呈した好酸球性蜂窩織炎の1例 日本小児科学会雑誌. 2011; 115 (12): 1908-1913.

  316. 藤田, 利治 and 藤井, 陽介 and 渡辺, 好宏 and 小坂, 仁 and 和田, 敬仁 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. インフルエンザ罹患後の精神神経症状と治療薬剤との関連についての薬剤疫学研究 薬剤疫学. 2011; 15 (2): 73-92.

  317. Yokota Shumpei, Mori Masaaki, Imagawa Tomoyuki, Murata Takuji, Tomiita Minako, Itoh Yasuhiko, Fujikawa Satoshi, Takei Syuji, Pediatric Standing Committee of the Japan College of Rheumatology. 日本における若年性特発性関節炎に対するエタネルセプト治療ガイドライン(Guidelines on the use of etanercept for juvenile idiopathic arthritis in Japan) Modern Rheumatology. 2010.04; 20 (2): 107-113. ( 医中誌 )

  318. Kaneko, U. and Kishi, T. and Kikuchi, M. and Hara, R. and Shinoki, T. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Mori, M. and Yokota, S.. [Infliximab therapy for three adolescent patients with refractory Takayasu's arteritis] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2010; 33 (6): 317-323.

  319. Machida, H. and Ito, S. and Hirose, T. and Takeshita, F. and Oshiro, H. and Nakamura, T. and Mori, M. and Inayama, Y. and Yan, K. and Kobayashi, N. and Yokota, S.. Expression of Toll-like receptor 9 in renal podocytes in childhood-onset active and inactive lupus nephritis Nephrol Dial Transplant. 2010; 25 (8): 2530-2537.

  320. Kaneko, U. and Kishi, T. and Kikuchi, M. and Hara, R. and Shinoki, T. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Mori, M. and Yokota, S.. [Two patients with childhood-onset Behcet's disease successfully treated by anti-tumor necrosis factor therapy] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2010; 33 (3): 157-161.

  321. Ichikawa, K. and Gakumazawa, M. and Inaba, A. and Shiga, K. and Takeshita, S. and Mori, M. and Kikuchi, N.. Acute encephalopathy of Bacillus cereus mimicking Reye syndrome Brain Dev. 2010; 32 (8): 688-690.

  322. Yokota, S. and Mori, M. and Imagawa, T. and Murata, T. and Tomiita, M. and Itoh, Y. and Fujikawa, S. and Takei, S. and Pediatric Rheumatology Association of, Japan. Guidelines on the use of etanercept for juvenile idiopathic arthritis in Japan Mod Rheumatol. 2010; 20 (2): 107-113.

  323. 横田, 俊平 and 原, 良紀 and 菊地, 雅子 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮. 【炎症性疾患・免疫疾患におけるγグロブリン大量静注療法】小児科領域におけるγグロブリン大量静注療法 川崎病 炎症と免疫. 2010; 18 (2): 162-166.

  324. 河島, 尚志 and 金兼, 弘和 and 森, 雅亮 and 今中, 啓之 and 新庄, 正宜 and 村田, 卓士 and 笠原, 善仁 and 谷口, 義弘 and 杉田, 完爾 and 宮脇, 利男. Hyper IgD and periodic fever syndrome in Japan 東京医科大学雑誌. 2010; 68 (2): 235-238.

  325. 市川, 和志 and 森, 雅亮 and 大山, 宜孝 and 小川, 真喜子 and 塩島, 裕樹 and 海老名, 奏子 and 増田, 由香 and 原田, 知典 and 武下, 草生子 and 菊池, 信行 and 横田, 俊平. パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009の感染により呼吸障害を呈した小児の8例 日本小児科学会雑誌. 2010; 114 (1): 78-81.

  326. 金子, 詩子 and 岸, 崇之 and 菊地, 雅子 and 原, 良紀 and 篠木, 敏彦 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 難治性小児期発症高安動脈炎に対するインフリキシマブの有効性 日本臨床免疫学会会誌. 2010; 33 (6): 317-323.

  327. 金子, 詩子 and 岸, 崇之 and 菊地, 雅子 and 原, 良紀 and 篠木, 敏彦 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. TNF遮断薬が有効であった小児期発症ベーチェット病の2症例 日本臨床免疫学会会誌. 2010; 33 (3): 157-161.

  328. Sato, M. and Mori, M. and Nishimaki, S. and An, H. and Naruto, T. and Sugai, T. and Shima, Y. and Seki, K. and Yokota, S.. Soluble tumor necrosis factor receptor-1 in preterm infants with chronic lung disease Pediatr Int. 2010; 52 (2): 268-272.

  329. 森, 雅亮. 【予防接種UPDATE】継続実施 BCG 小児内科. 2010; 42 (12): 1998-2002.

  330. 森, 雅亮. 【迷わない!重症感染症への抗菌薬・抗ウイルス薬】各種感染症・病態における診断の決め手と治療薬の選びかた 発熱性好中球減少症時の抗真菌薬療法 小児科診療. 2010; 73 (11): 1979-1983.

  331. 森, 雅亮. 【必携 小児の薬の使い方】疾患に対する薬剤の選び方・使い方と注意 感染症 結核 小児内科. 2010; 42 (増刊): 368-371.

  332. 森, 雅亮. 【敗血症・敗血症性ショックとDIC 臨床で役立つQ&A】特殊病態下での敗血症・敗血症性ショックとDICについて勉強してみよう 真菌感染症 小児内科. 2010; 42 (2): 318-322.

  333. 森, 雅亮. 川崎病の病因検索および難治例に対する治療戦略 横浜医学. 2010; 61 (1): 43-48.

  334. 森, 雅亮. 【小児の治療指針】リウマチ・膠原病 混合性結合組織病 小児科診療. 2010; 73 (増刊): 286-288.

  335. 森, 雅亮. 【小児におけるリウマチ・免疫疾患と生物学的製剤】小児における生物学的製剤の位置づけ 若年性特発性関節炎の治療の手引きに即して アレルギー・免疫. 2010; 17 (2): 180-187.

  336. 森, 雅亮. 【自己免疫・アレルギーと小児神経疾患】リウマチ性およびその辺縁疾患に伴う神経症状 小児科. 2010; 51 (13): 1761-1768.

  337. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 関節症状を伴う若年性特発性関節炎におけるメトトレキサートの適応拡大の取得 日本小児科学会雑誌. 2010; 114 (3): 415-425.

  338. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 小児用薬剤の適応拡大及び開発を目指して 小児における抗リウマチ薬の適正使用 メトトレキサート適応拡大、トシリズマブ治験認可の経験から 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2010; 23 (1): 54-56.

  339. 森, 雅亮 and 福島, 啓太郎 and 気賀沢, 寿人 and 三春, 晶嗣 and 後藤, 裕明 and 横田, 俊平 and 佐藤, 吉壮. 小児科領域の深在性真菌症におけるボリコナゾール使用実態調査 小児感染免疫. 2010; 22 (1): 13-21.

  340. 森, 雅亮. 【2009年新型インフルエンザパンデミックから何を学んだか】抗インフルエンザ薬の治療戦略と問題点 日本小児科医会会報. 2010; (39): 21-25.

  341. 村田, 卓士 and 森, 雅亮 and 武井, 修治. JIAの最新治療 生物学的製剤をどう使うか Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology. 2010; 4 (1): 7-17.

  342. 森, 雅亮. JIAに対するトシリズマブの有用性 Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology. 2010; 4 (1): 20-24.

  343. 森, 雅亮. 【関節リウマチ治療 新時代のリハビリテーション 変わるもの、変わらないもの】小児リウマチ性疾患における生物学的製剤治療の位置づけと効果 MEDICAL REHABILITATION. 2010; (121): 23-29.

  344. 森, 雅亮. 【フローチャートでみる私の処方】免疫・アレルギー疾患の処方 若年性特発性関節炎 小児科臨床. 2010; 63 (4): 747-754.

  345. Mori Masaaki, Naruto Takuya, Imagawa Tomoyuki, Murata Takuji, Takei Syuji, Tomiita Minako, Itoh Yasuhiko, Fujikawa Satoshi, Yokota Shumpei. 若年性特発性関節炎の治療におけるメソトレキセート 日本におけるJIA適応の承認に至る過程(Methotrexate for the treatment of juvenile idiopathic arthritis: process to approval for JIA indication in Japan) Modern Rheumatology. 2009.02; 19 (1): 1-11. ( 医中誌 )

  346. Ishikawa, S. and Mima, T. and Aoki, C. and Yoshio-Hoshino, N. and Adachi, Y. and Imagawa, T. and Mori, M. and Tomiita, M. and Iwata, N. and Murata, T. and Miyoshi, M. and Takei, S. and Aihara, Y. and Yokota, S. and Matsubara, K. and Nishimoto, N.. Abnormal expression of the genes involved in cytokine networks and mitochondrial function in systemic juvenile idiopathic arthritis identified by DNA microarray analysis Ann Rheum Dis. 2009; 68 (2): 264-272.

  347. Mima, T. and Ishikawa, S. and Aoki, C. and Yoshio-Hoshino, N. and Adachi, Y. and Imagawa, T. and Mori, M. and Tomiita, M. and Iwata, N. and Murata, T. and Miyoshi, M. and Takei, S. and Aihara, Y. and Yokota, S. and Matsubara, K. and Nishimoto, N.. Interleukin 11 and paired immunoglobulin-like type 2 receptor alpha expression correlates with the number of joints with active arthritis in systemic juvenile idiopathic arthritis Ann Rheum Dis. 2009; 68 (2): 286-287.

  348. Higuchi, R. and Mori, M. and Ozawa, R. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Nishimaki, S. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. Whole blood interferon-gamma assay for tuberculosis in children in Japan Pediatr Int. 2009; 51 (1): 97-102.

  349. Takahashi, A. and Mori, M. and Naruto, T. and Nakajima, S. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Yokota, S.. The role of heme oxygenase-1 in systemic-onset juvenile idiopathic arthritis Mod Rheumatol. 2009; 19 (3): 302-308.

  350. 横田, 俊平 and 森, 雅亮 and 今川, 智之 and 村田, 卓士 and 冨板, 美奈子 and 伊藤, 保彦 and 藤川, 敏 and 武井, 修治 and 日本小児リウマチ学会. 若年性特発性関節炎に対する生物学的製剤治療の手引き2009 エタネルセプト 日本小児科学会雑誌. 2009; 113 (8): 1344-1352.

  351. Mori, M. and Naruto, T. and Imagawa, T. and Murata, T. and Takei, S. and Tomiita, M. and Itoh, Y. and Fujikawa, S. and Yokota, S.. Methotrexate for the treatment of juvenile idiopathic arthritis: process to approval for JIA indication in Japan Mod Rheumatol. 2009; 19 (1): 1-11.

  352. Sato, M. and Nishimaki, S. and An, H. and Shima, Y. and Naruto, T. and Sugai, T. and Iwasaki, S. and Seki, K. and Imagawa, T. and Mori, M. and Yokota, S.. Soluble tumor necrosis factor receptor-I in preterm infants with chorioamnionitis J Obstet Gynaecol Res. 2009; 35 (2): 252-257.

  353. Nishimaki, S. and Higuchi, R. and Nakajima, S. and Miyamae, T. and Goto, H. and Mori, M. and Yokota, S.. Survey of psychological support for bereaved families in Japan Pediatr Int. 2009; 51 (5): 626-629.

  354. Naruto, T. and Nakagishi, Y. and Mori, M. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Yokota, S.. Hyper-IgD syndrome with novel mutation in a Japanese girl Mod Rheumatol. 2009; 19 (1): 96-99.

  355. Nakajima, S. and Naruto, T. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Mori, M. and Nishimaki, S. and Yokota, S.. Interleukin-6 inhibits early differentiation of ATDC5 chondrogenic progenitor cells Cytokine. 2009; 47 (2): 91-97.

  356. Nakajima, S. and Naruto, T. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Mori, M. and Nishimaki, S. and Yokota, S.. Improvement of reduced serum cartilage oligomeric matrix protein levels in systemic juvenile idiopathic arthritis patients treated with the anti-interleukin-6 receptor monoclonal antibody tocilizumab Mod Rheumatol. 2009; 19 (1): 42-46.

  357. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 小児薬物療法の開発・適正化の推進に向けて 具体的疾患治療薬に対する取組み 若年性特発性関節炎におけるメトトレキサートの適応拡大の取得 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2009; 22 (1): 20-28.

  358. 森, 雅亮 and 今川, 智之 and 横田, 俊平. 若年性特発性関節炎に対するアダリムマブの効果 リウマチ科. 2009; 42 (5): 535-539.

  359. 森, 雅亮 and 河島, 尚志 and 中村, 秀文 and 中川, 雅生 and 楠田, 聡 and 佐地, 勉 and 堤, 裕幸 and 横田, 俊平 and 伊藤, 進 and 重症RSウイルス感染症調査委員会. RSウイルス感染予防を必要とする小児に関する全国調査の解析 日本小児科学会雑誌. 2009; 113 (6): 1046-1048.

  360. 森, 雅亮. Q&A形式で学ぶ 真菌感染症診療の実際 小児における深在性真菌症の特徴と抗真菌薬治療の注意点 深在性真菌症: SFI Forum. 2009; 5 (1): 35-37.

  361. 森, 雅亮. 【分子標的治療】分子標的治療薬を用いた治療法の現状と問題点 RSウイルス感染症 全国調査結果から 小児科. 2009; 50 (12): 1991-1997.

  362. 森, 雅亮. 【小児感染症のすべて】小児感染症に対する抗微生物薬の使い方を考える 抗真菌薬 化学療法の領域. 2009; 25 (増刊): 1121-1127.

  363. 森, 雅亮. 【小児リウマチ性疾患をどう診るか 変貌した一次医療と専門医療】若年性特発性関節炎 初期医療 小児科臨床. 2009; 62 (9): 1973-1982.

  364. 森, 雅亮. 【これでわかる!病態からみた免疫抑制薬の使い方】免疫抑制薬の使い方 小児内科. 2009; 41 (11): 1557-1563.

  365. 板橋, 家頭夫 and 大浦, 敏博 and 大澤, 真木子 and 佐地, 勉 and 中川, 雅生 and 中村, 秀文 and 牧本, 敦 and 越前, 宏俊 and 森, 雅亮 and 伊藤, 進 and 吉川, 徳茂 and 脇口, 宏 and 日本小児科学会薬事委員会. 「降圧剤使用中の授乳について」の提案 日本小児科学会雑誌. 2009; 113 (8): 1292.

  366. Iwata, N. and Mori, M. and Miyamae, T. and Ito, S. and Imagawa, T. and Yokota, S.. [Sjogren's syndrome associated with childhood-onset systemic lupus erythematosus] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2008; 31 (3): 166-171.

  367. Miyamae, T. and Ito, S. and Machida, H. and Ozawa, R. and Higuchi, R. and Nakajima, S. and Imagawa, T. and Nakamura, T. and Mori, M. and Aihara, Y. and Ohshige, K. and Yokota, S.. [Clinical features and laboratory findings in children with both anti-dsDNA and anti-U1-RNP antibody] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2008; 31 (5): 405-414.

  368. Mori, M.. [Plasma exchange therapy for Kawasaki disease refractory to intravenous immunoglobulin] Nihon Rinsho. 2008; 66 (2): 349-354.

  369. Miyamae, T. and Nemoto, A. and Imagawa, T. and Ohshige, K. and Mori, M. and Nishimaki, S. and Yokota, S.. Cross-cultural adaptation and validation of the Japanese version of the Childhood Health Assessment Questionnaire (CHAQ) Mod Rheumatol. 2008; 18 (4): 344.

  370. Yokota, S. and Imagawa, T. and Mori, M. and Miyamae, T. and Aihara, Y. and Takei, S. and Iwata, N. and Umebayashi, H. and Murata, T. and Miyoshi, M. and Tomiita, M. and Nishimoto, N. and Kishimoto, T.. Efficacy and safety of tocilizumab in patients with systemic-onset juvenile idiopathic arthritis: a randomised, double-blind, placebo-controlled, withdrawal phase III trial Lancet. 2008; 371 (9617): 998-1006.

  371. 稲葉, 裕 and 斎藤, 知行 and 小澤, 礼美 and 今川, 智之 and 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 単純X線像からみた若年性特発性関節炎の多様性 臨床リウマチ. 2008; 20 (4): 331-335.

  372. 横田, 俊平 and 今川, 智之 and 武井, 修治 and 村田, 卓士 and 冨板, 美奈子 and 伊藤, 保彦 and 藤川, 敏 and 森, 雅亮 and 日本小児リウマチ学会. 若年性特発性関節炎に対する生物学的製剤治療の手引き(2008) トシリズマブ 日本小児科学会雑誌. 2008; 112 (5): 911-923.

  373. 横田, 俊平 and 宮前, 多佳子 and 成戸, 卓也 and 中岸, 保夫 and 伊藤, 秀一 and 森, 雅亮 and 今川, 智之. どのような症状をみたら自己炎症症候群を疑うか? 小児科臨床. 2008; 61 (6): 1103-1111.

  374. 河島, 尚志 and 五百井, 寛明 and 長谷川, 友香 and 山中, 岳 and 武隈, 孝治 and 森, 雅亮 and 斉藤, 友康 and 坂田, 宏 and 滝, 敦子 and 寺田, 明彦 and 伊藤, 陽里 and 長村, 敏生 and 佐々木, 真之 and 清澤, 伸幸 and 市川, 光太郎 and 渡辺, 晋一. Life-threatening extrapulmonary manifestations associated with respiratory syncytial virus infection in Japan 東京医科大学雑誌. 2008; 66 (4): 549-552.

  375. 佐野, 史絵 and 小澤, 礼美 and 町田, 裕之 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 奥山, 健一 and 横田, 俊平. 小児期発症全身性エリテマトーデスの姉妹例 日本臨床免疫学会会誌. 2008; 31 (3): 172-177.

  376. 佐野, 史絵 and 宮前, 多佳子 and 中岸, 保夫 and 木下, 順平 and 小澤, 礼美 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 朝山, 雅子 and 横田, 俊平. 消化器症状を契機に3D-CTアンギオグラフィにより診断確定した腎梗塞合併古典的結節性多発動脈炎の一男児例 日本臨床免疫学会会誌. 2008; 31 (5): 415-421.

  377. 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 町田, 裕之 and 小澤, 礼美 and 樋口, るみ子 and 中島, 章子 and 今川, 智之 and 中村, 智子 and 森, 雅亮 and 相原, 雄幸 and 大重, 賢治 and 横田, 俊平. 小児期発症全身性エリテマトーデスと混合性結合組織病の臨床的特徴の差異と抗U1・RNP抗体の意義 日本臨床免疫学会会誌. 2008; 31 (5): 405-414.

  378. 岩田, 直美 and 森, 雅亮 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 今川, 智之 and 横田, 俊平. 小児期発症全身性エリテマトーデスにおける二次性シェーグレン症候群合併の位置づけ 日本臨床免疫学会会誌. 2008; 31 (3): 166-171.

  379. Nakamura, Y. and Wakamatsu, E. and Matsumoto, I. and Tomiita, M. and Kohno, Y. and Mori, M. and Yokota, S. and Goto, D. and Ito, S. and Tsutsumi, A. and Sumida, T.. High prevalence of autoantibodies to muscarinic-3 acetylcholine receptor in patients with juvenile-onset Sjogren syndrome Ann Rheum Dis. 2008; 67 (1): 136-137.

  380. Sano, F. and Ozawa, R. and Machida, H. and Miyamae, T. and Ito, S. and Imagawa, T. and Mori, M. and Okuyama, K. and Yokota, S.. [Two female siblings with childhood-onset systemic lupus erythematosus] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2008; 31 (3): 172-177.

  381. Sano, F. and Miyamae, T. and Nakagishi, Y. and Kinoshita, J. and Ozawa, R. and Imagawa, T. and Mori, M. and Asayama, M. and Yokota, S.. [Gastrointestinal involvement and renal infarction in a boy with classic polyarteritis nodosa diagnosed with 3D-computed tomography angiography] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2008; 31 (5): 415-421.

  382. Nozawa, T. and Hara, R. and Kinoshita, J. and Sano, F. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Mori, M. and Hirokado, M. and Takahashi, K. and Inayama, Y. and Yokota, S.. [Infliximab for a girl with refractory pyoderma gangrenosum] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2008; 31 (6): 454-459.

  383. Nishimaki, S. and Iwasaki, S. and Miyamae, T. and Mori, M. and Yokota, S.. Cerebral blood flow in a case of fetal brain death syndrome Ultrasound Obstet Gynecol. 2008; 32 (7): 956-958.

  384. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児看護に必要なインフルエンザの知識とケア】知っておきたい知識 インフルエンザの随伴症状 平成17年度厚生労働省調査研究の結果から 小児看護. 2008; 31 (1): 43-49.

  385. 森, 雅亮 and 成戸, 卓也 and 今川, 智之 and 村田, 卓士 and 武井, 修治 and 冨板, 美奈子 and 伊藤, 保彦 and 藤川, 敏 and 横田, 俊平. 若年性特発性関節炎におけるメトトレキサート適応拡大の取得 日本小児科学会雑誌. 2008; 112 (6): 1038-1047.

  386. 中島, 章子 and 高橋, 亮岳 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平 and 大重, 賢治. 若年性特発性関節炎(JIA)の診断および活動性の評価における血清学的マーカーの検討(IgG-RF,anti-CCP antibody,MMP-3,COMP,HO-1について) 臨床リウマチ. 2008; 20 (4): 336-341.

  387. 森, 雅亮. 【川崎病 発見後40年の軌跡と今後の課題】治療 ガンマグロブリン無効例への対応 血漿交換療法 日本臨床. 2008; 66 (2): 349-354.

  388. 森, 雅亮. 【小児疾患診療のための病態生理】感染症 結核および非結核性抗酸菌症 小児内科. 2008; 40 (増刊): 1068-1073.

  389. 森, 雅亮. 【小児疾患診療のための病態生理】リウマチ性疾患とその周辺疾患 若年性特発性関節炎 小児内科. 2008; 40 (増刊): 1409-1415.

  390. 森, 雅亮. 小児リウマチ性疾患の診察法 小児感染免疫. 2008; 20 (1): 57-64.

  391. 森, 雅亮. 荒木論文に対するEditorial Comment 心臓. 2008; 40 (5): 491.

  392. 森, 雅亮. 【感染症の新しい検査法と最近のトピックス】各論 結核菌 おもにクオンティフェロンについて 小児科診療. 2008; 71 (1): 77-82.

  393. 野澤, 智 and 原, 良紀 and 木下, 順平 and 佐野, 史絵 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 廣門, 未知子 and 高橋, 一夫 and 稲山, 嘉明 and 横田, 俊平. インフリキシマブが奏効した壊疽性膿皮症の1例 日本臨床免疫学会会誌. 2008; 31 (6): 454-459.

  394. Yokota Shumpei, Mori Masaaki, Imagawa Tomoyuki, Takei Syuji, Murata Takuji, Tomiita Minako, Ito Yasuhiko, Fujikawa Satoshi. プライマリケア小児科医および非小児科リウマチ医のための、若年性特発性関節炎の診断と治療のガイドラインの提唱(2007)(Proposal for juvenile idiopathic arthritis guidance on diagnosis and treatment for primary care pediatricians and nonpediatric rheumatologists (2007)) Modern Rheumatology. 2007.10; 17 (5): 353-363. ( 医中誌 )

  395. Kinoshita, J. and Nakagishi, Y. and Ozawa, R. and Kurosawa, R. and Imagawa, T. and Mori, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Hashimoto, K. and Mukoyama, N. and Yokota, S.. [A case of aortitis syndrome diagnosed with 18F-fluorodeoxyglucose-positron tomography (18F-FDG-PET) in the early pre-pulseless phase] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2007; 30 (3): 198-201.

  396. Yokota, S. and Mori, M. and Imagawa, T. and Takei, S. and Murata, T. and Tomiita, M. and Ito, Y. and Fujikawa, S.. Proposal for juvenile idiopathic arthritis guidance on diagnosis and treatment for primary care pediatricians and nonpediatric rheumatologists (2007) Mod Rheumatol. 2007; 17 (5): 353-363.

  397. 横田, 俊平 and 今川, 智之 and 中島, 章子 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 森, 雅亮. 小児リウマチ性疾患の新しい治療 日本医事新報. 2007; (4332): 63-69.

  398. 横山, 淳史 and 浅井, 康一 and 井澤, 和司 and 矢野, 潤 and 鶴見, 文俊 and 津村, 久美 and 加藤, 文英 and 菊池, 清 and 森, 雅亮. 若年性特発性関節炎との鑑別が困難であった、溶連菌感染後反応性関節炎の1例 小児科臨床. 2007; 60 (5): 911-916.

  399. 伊藤, 秀一 and 原田, 知典 and 町田, 裕之 and 稲葉, 彩 and 相原, 雄幸 and 奥山, 健一 and 中村, 智子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. γグロブリン不応性川崎病への血漿交換療法 日本小児腎不全学会雑誌. 2007; 27 115-116.

  400. 横田, 俊平 and 森, 雅亮 and 今川, 智之 and 武井, 修治 and 村田, 卓司 and 冨板, 美奈子 and 伊藤, 保彦 and 藤川, 敏 and 日本小児リウマチ学会. 若年性特発性関節炎初期診療の手引き(2007年) 日本小児科学会雑誌. 2007; 111 (8): 1103-1112.

  401. 高橋, 協 and 赤城, 邦彦 and 池田, 裕一 and 王, 康雅 and 勝田, 友博 and 小島, 幸司 and 中尾, 歩 and 坂東, 由紀 and 森, 雅亮. 2005/06年、2006/07年のインフルエンザ2シーズンに、神奈川県内で異常行動を呈した症例の検討結果 特に「飛び出し・飛び降り」例について 小児感染免疫. 2007; 19 (4): 473-477.

  402. 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 今川, 智之 and 横田, 俊平. 【若年性特発性関節炎 診断と治療における進歩】全身型・関節型若年性特発性関節炎の治療の組み立て方 NSAIDsおよびステロイド薬の使用法と小児に対するDMARDsの限界 最新医学. 2007; 62 (5): 1042-1050.

  403. 横田, 俊平 and 梅林, 宏明 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮. 小児期の線維筋痛症3症例の経験 日本小児科学会雑誌. 2007; 111 (3): 462-468.

  404. 横田, 俊平 and 藤田, 利治 and 森, 雅亮 and 根津, 敦夫 and 奥村, 彰久 and 細矢, 光亮 and 鈴木, 宏 and 鈴木, ゆめ and 黒岩, 義之 and 森島, 恒雄. インフルエンザに伴う臨床症状の発現状況に関する調査研究(第1報) 薬剤使用および臨床症状発現の臨床的検討 日本小児科学会雑誌. 2007; 111 (12): 1545-1558.

  405. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児のくすり最新情報】小児リウマチ性疾患における抗サイトカイン薬 小児科診療. 2007; 70 (7): 1157-1163.

  406. 森, 雅亮 and 中島, 章子 and 横田, 俊平. 小児医学最近の進歩 小児リウマチ性疾患における抗CCP抗体の検出率と意義 小児科. 2007; 48 (2): 183-188.

  407. 森, 雅亮. 【予防接種Q&A】BCG・ツベルクリン検査 副反応 3ヵ月前にBCGを受けた左側の腋窩のリンパ節が大きくなりました。どう処置したらよいでしょうか 小児内科. 2007; 39 (10): 1631-1632.

  408. 森, 雅亮. 【予防接種Q&A】BCG・ツベルクリン検査 接種跡と効果 BCG接種部位が2〜3週後には炎症を起こし、その後瘢痕になると聞きましたが、まったく赤くなりませんでした。接種がうまくいかなかったのではないかと心配です。どのように対処したらよいでしょうか。ツ反をする必要はありますか 小児内科. 2007; 39 (10): 1633-1634.

  409. 森, 雅亮. 【予防接種Q&A】BCG・ツベルクリン検査 コッホ現象 BCG接種翌日から、接種部位が赤く腫れました。なぜですか。どのようなことが考えられますか。治療はどうしたらよいのでしょうか 小児内科. 2007; 39 (10): 1629-1630.

  410. 森, 雅亮. 【変貌する小児感染症の現状と対策】小児科病棟に特有の院内感染症とその対策 院内感染マニュアルの作成に向けて 化学療法の領域. 2007; 23 (3): 403-409.

  411. 森, 雅亮. 【症例に学ぶ 診断に苦慮する長引く発熱疾患】結核菌感染診断用インターフェロン-γ測定 クォンティフェロン(Quanti FERON-TB2G) 小児内科. 2007; 39 (11): 2089-2091.

  412. 森, 雅亮. 小児科各分科会でのoff-label drug承認への戦略 小児薬物療法検討会検討候補薬の選出と報告書作成進捗状況(リウマチ領域) 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2007; 20 (1): 44-47.

  413. 森, 雅亮. 小児における深在性真菌性 診断・治療のガイドラインに則して 小児科. 2007; 48 (9): 1317-1326.

  414. 森, 雅亮. 【若年性特発性関節炎 診断と治療における進歩】関節型若年性特発性関節炎に対する国際的標準治療法としてのメトトレキサート療法 最新医学. 2007; 62 (5): 1051-1055.

  415. 森, 雅亮. 【子どもの薬 私なら今これをこう使う】小児に日常よく使われる薬とその使い方 抗サイトカイン薬 小児科臨床. 2007; 60 (12): 2535-2541.

  416. 森, 雅亮. 【これだけは知っておきたい小児ケアQ&A】小児の感染症と看護 結核について、教えてください ナーシングケアQ&A. 2007; (16): 222-223.

  417. 中岸, 保夫 and 木下, 順平 and 小澤, 礼美 and 黒澤, るみ子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 山中, 正二 and 原, 光彦 and 横田, 俊平. 全身型若年性特発性関節炎として加療された腹部炎症性筋線維芽細胞性腫瘍の1例 日本小児科学会雑誌. 2007; 111 (9): 1167-1171.

  418. 藤田, 利治 and 森, 雅亮 and 根津, 敦夫 and 奥村, 彰久 and 細矢, 光亮 and 鈴木, 宏 and 森島, 恒雄 and 横田, 俊平. インフルエンザに伴う臨床症状の発現状況に関する調査研究(第2報) 薬剤使用と臨床症状発現との関連についての統計解析 日本小児科学会雑誌. 2007; 111 (12): 1559-1567.

  419. 木下, 順平 and 中岸, 保夫 and 小澤, 礼美 and 黒澤, るみ子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 橋本, 邦生 and 向山, 徳子 and 横田, 俊平. ポジトロン断層撮影法がearly pre-pulseless phaseでの早期診断に有用であった大動脈炎症候群の1女児例 日本臨床免疫学会会誌. 2007; 30 (3): 198-201.

  420. Ito, S. and Nakamura, T. and Kurosawa, R. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Mori, M. and Aihara, Y. and Yokota, S.. Glomerulonephritis in children with mixed connective tissue disease Clin Nephrol. 2006; 66 (3): 160-165.

  421. Kurosawa, R. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [A case report of childhood systemic lupus erythematosus complicated with lupus cystitis] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2006; 29 (3): 154-159.

  422. Kurosawa, R. and Umebayashi, H. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [A case of systemic scleroderma complicating pulmonary hypertension] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2006; 29 (6): 378-383.

  423. Arai, H. and Rino, Y. and Nishii, T. and Andou, K. and Kurosawa, R. and Kuroki, F. and Imagawa, T. and Mori, M. and Yokota, S. and Oshiro, H. and Takanashi, Y.. [Completion pneumonectomy for pulmonary aspergillosis with hyper immunoglobulin-E syndrome] Kyobu Geka. 2006; 59 (3): 221-224.

  424. 荒井, 宏雅 and 利野, 靖 and 西井, 鉄平 and 安藤, 耕平 and 黒澤, るみ子 and 黒木, 文子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平 and 大城, 久 and 高梨, 吉則. 高IgE症候群に伴う肺アスペルギルス症に対する肺摘除術 胸部外科. 2006; 59 (3): 221-224.

  425. 佐藤, 厚夫 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平 and 船曳, 哲典. 川崎病治療における段階的治療戦略の有効性と免疫グロブリン大量療法不応例予測スコアシステム 小児感染免疫. 2006; 18 (3): 231-238.

  426. 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 若年性特発性関節炎と生物学的製剤 リウマチ科. 2006; 35 (5): 498-502.

  427. 黒澤, るみ子 and 梅林, 宏明 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 小児期発症全身性エリテマトーデス38例の臨床的特徴と診断における問題点 日本小児科学会雑誌. 2006; 110 (3): 398-405.

  428. 黒澤, るみ子 and 梅林, 宏明 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 肺高血圧症を合併した小児全身性硬化症の一女児例 日本臨床免疫学会会誌. 2006; 29 (6): 378-383.

  429. 黒澤, るみ子 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. ループス膀胱炎を合併した小児期発症全身性エリテマトーデスの一例 日本臨床免疫学会会誌. 2006; 29 (3): 154-159.

  430. Naruto T, Mori M, Imagawa T, Yokota S. Plasma proteomics of Kawasaki disease by two-dimensional difference gel electrophoresis and mass spectrometry. Yokohama Med J . 2006; 57 23-28.

  431. 森, 雅亮 and 安, ひろみ and 西巻, 滋 and 横田, 俊平. 【周産期感染症ハンドブック】周産期感染症各論 結核 産婦人科の実際. 2006; 55 (3): 355-362.

  432. 森, 雅亮 and 今川, 智之 and 黒澤, るみ子 and 横田, 俊平. 難治性若年性特発性関節炎に対する生物学的製剤 臨床リウマチ. 2006; 18 (2): 191-196.

  433. 森, 雅亮 and 黒澤, るみ子 and 小澤, 礼美 and 今川, 智之 and 満田, 年宏 and 横田, 俊平. BCG接種の法的変更と小児期の結核対策 小児期の結核診断法の進歩 小児感染免疫. 2006; 18 (4): 411-414.

  434. 森, 雅亮. リウマチ性疾患へのメトトレキサート(MTX)、抗TNF製剤 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2006; 19 (1): 139-142.

  435. 森, 雅亮. 【川崎病 川崎病を総合的に科学する】急性期管理 γ-グロブリン不応例に対する血漿交換療法 小児科診療. 2006; 69 (7): 1005-1010.

  436. 森, 雅亮. 【小児疾患の診断治療基準】感染症 真菌感染症 小児内科. 2006; 38 (増刊): 362-363.

  437. 森, 雅亮. 【小児疾患の診断治療基準】アレルギー性疾患、自己免疫・リウマチ性疾患(膠原病) 混合性結合組織病 小児内科. 2006; 38 (増刊): 278-279.

  438. 森, 雅亮. 【小児の治療指針】リウマチ・膠原病 混合性結合組織病 小児科診療. 2006; 69 (増刊): 310-312.

  439. 木村, 宏 and 河, 敬世 and 大石, 勉 and 前田, 明彦 and 岡村, 隆行 and 大賀, 正一 and 金兼, 弘和 and 森, 雅亮 and 森本, 哲 and 森尾, 友宏 and 今井, 章介 and 岡野, 素彦 and 谷内江, 昭宏 and 土屋, 滋 and 脇口, 宏. 慢性活動性EBウイルス感染症の長期予後について 日本小児科学会雑誌. 2006; 110 (11): 1578-1580.

  440. 福田, 濶 and 杉浦, 壽康 and 小川, 實 and 雪下, 國雄 and 岩崎, 容子 and 落合, 仁 and 横田, 俊一郎 and 伊佐地, 真知子 and 岩田, 祥吾 and 三浦, 義孝 and 金原, 洋治 and 原, 正守 and 井上, 登生 and 石崎, 優子 and 谷村, 聡 and 山口, 洋一郎 and 河村, 一郎 and 釆女, 智津江 and 宝樹, 真理 and 村上, 直樹 and 田原, 卓浩 and 中谷, 正晴 and 近藤, 太郎 and 衞藤, 隆 and 崎山, 弘 and 水野, 寛太郎 and 大和田, 操 and 徳村, 光昭 and 森, 雅亮 and 沼口, 俊介 and 吉田, 勝美 and 藤本, 保 and 花田, 直樹 and 鈴木, 基司 and 吉田, ゆかり and 岡空, 輝夫 and 南里, 清一郎 and 藤澤, 知雄 and 岩坪, 哲哉 and 横山, 宏和 and 乾, 宏行 and 有田, 昌彦 and 海老澤, 元宏 and 小倉, 由紀子 and 坂本, 龍雄 and 松浦, 賢長 and 村田, 光範. 【園医,学校医の実践Q&A】 小児内科. 2006; 38 (3): 497-547,549.

  441. Miyamae, T. and Malehorn, D. E. and Lemster, B. and Mori, M. and Imagawa, T. and Yokota, S. and Bigbee, W. L. and Welsh, M. and Klarskov, K. and Nishomoto, N. and Vallejo, A. N. and Hirsch, R.. Serum protein profile in systemic-onset juvenile idiopathic arthritis differentiates response versus nonresponse to therapy Arthritis Res Ther. 2005; 7 (4): R746-R755.

  442. Mori, M. and Kurosawa, R. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Usefulness of interferon-gamma-based diagnosis of Mycobacterium tuberculosis infection in childhood tuberculosis] Kansenshogaku Zasshi. 2005; 79 (12): 937-944.

  443. Funayama, K. and Tsujimoto, A. and Mori, M. and Yamamoto, H. and Fujiwara, K. and Nishimura, T. and Hasegawa, N. and Horiguchi, I. and Mori, T. and Marui, E.. [Usefulness of QuantiFERON TB-2G in contact investigation of a tuberculosis outbreak in a university] Kekkaku. 2005; 80 (7): 527-534.

  444. Sugai, T. and Mori, M. and Nakazawa, M. and Ichino, M. and Naruto, T. and Kobayashi, N. and Kobayashi, Y. and Minami, M. and Yokota, S.. A CpG-containing oligodeoxynucleotide as an efficient adjuvant counterbalancing the Th1/Th2 immune response in diphtheria-tetanus-pertussis vaccine Vaccine. 2005; 23 (46-47): 5450-5456.

  445. Yokota, S. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Iwata, N. and Katakura, S. and Mori, M. and Woo, P. and Nishimoto, N. and Yoshizaki, K. and Kishimoto, T.. Therapeutic efficacy of humanized recombinant anti-interleukin-6 receptor antibody in children with systemic-onset juvenile idiopathic arthritis Arthritis Rheum. 2005; 52 (3): 818-825.

  446. Yokota, S. and Umebayashi, H. and Katakura, S. and Imagawa, T. and Mori, M.. [Treatment of juvenile idiopathic arthritis] Nihon Rinsho. 2005; 63 Suppl 1 453-458.

  447. Yokota, S. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Kurosawa, R. and Mori, M.. Clinical study of tocilizumab in children with systemic-onset juvenile idiopathic arthritis Clin Rev Allergy Immunol. 2005; 28 (3): 231-238.

  448. 横田, 俊平 and 森, 雅亮 and 今川, 智之 and 満田, 年宏. 感染症 結核の新しい免疫学的診断法 結核菌誘導interferon-γ定量法(QuantiFERON)の有用性 小児科臨床. 2005; 58 (11): 2313-2317.

  449. 横田, 俊平 and 梅林, 宏明 and 片倉, 茂樹 and 今川, 智之 and 森, 雅亮. 【関節リウマチ 成因研究から治療の新時代へ】関節リウマチの治療 概論的事項 若年性関節リウマチの治療 日本臨床. 2005; 63 (増刊1 関節リウマチ): 453-458.

  450. 横田, 俊平 and 梅林, 宏明 and 黒澤, るみ子 and 片倉, 茂樹 and 今川, 智之 and 森, 雅亮. 【リウマチ 最新治療のトピックス】若年性リウマチは抗IL-6受容体抗体が有効である Mebio. 2005; 22 (4): 14-19.

  451. Mori, M. and Takei, S. and Imagawa, T. and Imanaka, H. and Maeno, N. and Kurosawa, R. and Kawano, Y. and Yokota, S.. Pharmacokinetics, efficacy, and safety of short-term (12 weeks) etanercept for methotrexate-refractory polyarticular juvenile idiopathic arthritis in Japan Mod Rheumatol. 2005; 15 (6): 397-404.

  452. Okano, M. and Kawa, K. and Kimura, H. and Yachie, A. and Wakiguchi, H. and Maeda, A. and Imai, S. and Ohga, S. and Kanegane, H. and Tsuchiya, S. and Morio, T. and Mori, M. and Yokota, S. and Imashuku, S.. Proposed guidelines for diagnosing chronic active Epstein-Barr virus infection Am J Hematol. 2005; 80 (1): 64-69.

  453. Nakajima, S. and Umebayashi, H. and Kurosawa, R. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Aihara, Y. and Yokota, S. and Sogo, T. and Inui, A. and Fujisawa, T. and Hanzawa, N.. [A case of autoimmune hepatitis needed to be differentiated from EBV hepatitis, in that the histology of liver biopsy specimen was useful for diagnosis] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2005; 28 (3): 154-158.

  454. Nakajima, S. and Umebayashi, H. and Kurosawa, R. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Three cases of childhood-onset male systemic lupus erythematosus (SLE) successfully treated with a combination of pulse methylprednisolone and pulse cyclophosphamide] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2005; 28 (5): 343-348.

  455. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. Evidence-based Treatment 川崎病における血漿交換療法の効果 小児内科. 2005; 37 (5): 720-722.

  456. 森, 雅亮 and 黒澤, るみ子 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 小児結核における結核菌感染診断用インターフェロン-γ測定試薬の有用性についての検討 感染症学雑誌. 2005; 79 (12): 937-944.

  457. 森, 雅亮 and 黒澤, るみ子 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 小児リウマチ患児およびその家族は何を求めているか? 臨床リウマチ. 2005; 17 (1): 58-63.

  458. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児膠原病の臨床】膠原病治療の新しい展開 抗サイトカイン療法 小児科診療. 2005; 68 (4): 714-720.

  459. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 小児リウマチ疾患の診察と考え方 リウマチ科. 2005; 33 (1): 85-94.

  460. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児における結核への新しい予防対策と治療】小児における結核診断のポイント 小児科. 2005; 46 (3): 348-354.

  461. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児における結核への新しい予防対策と治療】小児における結核治療 小児科. 2005; 46 (3): 355-362.

  462. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 「若年性特発性関節炎におけるメトトレキサートの適応外使用」の承認に向けた申請基礎資料の作成 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2005; 18 (1): 124-128.

  463. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【エリテマトーデス診療マニュアル】小児のSLE Derma.. 2005; (99): 59-64.

  464. 森, 雅亮 and 矢崎, 茂義 and 勝呂, 宏 and 横田, 俊平. 2003〜2004年シーズンにおける横浜市内における1歳未満インフルエンザ・ウイルス感染児に関する検討 抗ウイルス薬の投与およびその有害事象の発現状況 小児感染免疫. 2005; 17 (2): 87-93.

  465. 森, 雅亮. 結核の最新の診断法 結核菌感染診断用インターフェロン-γ測定試薬(QuantiFERON-TB2G)の有用性 小児感染免疫. 2005; 17 (4): 368-369.

  466. 森, 雅亮. 【そこが知りたい小児臨床検査のポイント】自己抗体検査 リウマチ性疾患に見出される疾患標識自己抗体 全身性強皮症の疾患標識抗体 抗Scl-70抗体,抗セントロメア抗体 小児内科. 2005; 37 (増刊): 361-364.

  467. 森, 雅亮. 【"かぜ"と思っていたら…いわゆる"かぜ"とよばれる病気のケア】知っておきたい知識 "かぜ"と思っていたら…「結核」だった 小児看護. 2005; 28 (1): 43-48.

  468. 森, 雅亮. Evidence-based Treatment γ-グロブリン療法の川崎病に対するメタアナリシス評価 小児内科. 2005; 37 (4): 541-544.

  469. 中島, 章子 and 梅林, 宏明 and 黒澤, るみ子 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. メチルプレドニゾロンパルス・シクロフォスファミドパルス併用療法を行った全身性エリテマトーデスの男児3例のまとめ 日本臨床免疫学会会誌. 2005; 28 (5): 343-348.

  470. 中島, 章子 and 梅林, 宏明 and 黒澤, るみ子 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平 and 十河, 剛 and 乾, あやの and 藤澤, 知雄 and 半澤, 典生. EBV肝炎との鑑別に肝生検が有効であった自己免疫性肝炎の1例 日本臨床免疫学会会誌. 2005; 28 (3): 154-158.

  471. 梅林, 宏明 and 黒澤, るみ子 and 中島, 章子 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平 and 前田, 基晴. 末梢神経障害を合併した小児全身性エリテマトーデスの2例 臨床リウマチ. 2005; 17 (3): 194-200.

  472. Yokota Shumpei, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Iwata Naomi, Katakura Shigeki, Mori Masaaki. 炎症性サイトカインと全身発症型若年性特発性関節炎(Inflammatory cytokines and systemic-onset juvenile idiopathic arthritis) Modern Rheumatology. 2004.03; 14 (1): 12-17. ( 医中誌 )

  473. Kobayashi, N. and Mori, M. and Kobayashi, Y. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Okuyama, T. and Kurozumi, H. and Yokota, S.. Intravenous gamma-globulin therapy improves hypercytokinemia in the acute phase of Kawasaki disease Mod Rheumatol. 2004; 14 (6): 447-452.

  474. Mori, M. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Kimura, K. and Yokota, S.. Meta-analysis of the results of intravenous gamma globulin treatment of coronary artery lesions in Kawasaki disease Mod Rheumatol. 2004; 14 (5): 361-366.

  475. Mori, M. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Miyamae, T. and Okuyama, K. and Ito, S. and Nakamura, T. and Kimura, H. and Yokota, S.. Efficacy of plasma exchange therapy for Kawasaki disease intractable to intravenous gamma-globulin Mod Rheumatol. 2004; 14 (1): 43-47.

  476. Miyamae, T. and Kurosawa, R. and Mori, M. and Aihara, Y. and Aihara, M. and Yokota, S.. An infant with gamma-globulin-induced hypersensitivity syndrome who developed Evans' syndrome after a second gamma-globulin treatment Mod Rheumatol. 2004; 14 (4): 314-319.

  477. Kobayashi, Y. and Mori, M. and Naruto, T. and Kobayashi, N. and Sugai, T. and Imagawa, T. and Yokota, S.. Dynamic movement of cytochrome c from mitochondria into cytosol and peripheral circulation in massive hepatic cell injury Pediatr Int. 2004; 46 (6): 685-692.

  478. An, H. and Nishimaki, S. and Ohyama, M. and Haruki, A. and Naruto, T. and Kobayashi, N. and Sugai, T. and Kobayashi, Y. and Mori, M. and Seki, K. and Yokota, S.. Interleukin-6, interleukin-8, and soluble tumor necrosis factor receptor-I in the cord blood as predictors of chronic lung disease in premature infants Am J Obstet Gynecol. 2004; 191 (5): 1649-1654.

  479. Toshiyuki Sugai and Masatoshi Nakazawa and Masaaki Mori and Tetsuya Takamasu and Yokota, Shumpei and Minami, Mutsuhiko. Contribution of CD4+ or CD8+ T cell subsets in the induction of asthma in C57BL/6 mice Allergy International . 2004; 53 159-167.

  480. Tomono, N. and Mori, M. and Nakajima, S. and Miyamae, T. and Ito, S. and Mitsuda, T. and Yokota, S.. HLA-DRB1*15021 is the predominant allele in Japanese patients with juvenile dermatomyositis J Rheumatol. 2004; 31 (9): 1847-1850.

  481. Imagawa, T. and Mori, M. and Miyamae, T. and Ito, S. and Nakamura, T. and Yasui, K. and Kimura, H. and Yokota, S.. Plasma exchange for refractory Kawasaki disease Eur J Pediatr. 2004; 163 (4-5): 263-264.

  482. Yokota, S. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Iwata, N. and Katakura, S. and Mori, M.. Inflammatory cytokines and systemic-onset juvenile idiopathic arthritis Mod Rheumatol. 2004; 14 (1): 12-17.

  483. 横田, 俊平 and 伊藤, 玲子 and 片倉, 茂樹 and 今川, 智之 and 森, 雅亮. 【免疫不全症 そこが知りたい】高IgE症候群とインターフェロン-γ 小児内科. 2004; 36 (11): 1787-1791.

  484. 横田, 俊平 and 梅林, 宏明 and 黒澤, るみ子 and 宮前, 多佳子 and 片倉, 茂樹 and 今川, 智之 and 森, 雅亮. 【免疫2005】病気と免疫 若年性特発性関節炎における抗IL-6レセプター抗体治療 Molecular Medicine. 2004; 41 (臨増): 373-377.

  485. Nagamine, K. and Kubota, T. and Togo, S. and Nagashima, Y. and Mori, M. and Shimada, H.. Beneficial effect of hyperbaric oxygen therapy on liver regeneration after 90% hepatectomy in rats Eur Surg Res. 2004; 36 (6): 350-356.

  486. 森, 雅亮 and 安, ひろみ and 西巻, 滋. 【感染症 最新の話題】母子感染 結核 小児科. 2004; 45 (4): 774-777.

  487. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児のくすりUpdate】抗サイトカイン薬[適応外] 小児内科. 2004; 36 (5): 770-774.

  488. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【呼吸器感染のそこが知りたい】開放性肺結核患者との接触時の対応 小児内科. 2004; 36 (1): 224-228.

  489. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【感染症 最新の話題】耐性菌への対策 結核菌 小児科. 2004; 45 (4): 519-522.

  490. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【そこが知りたい小児の肝・胆道疾患】SLEに伴う肝障害と自己免疫性肝炎はどこが違うか? 小児内科. 2004; 36 (8): 1350-1351.

  491. 森, 雅亮. 【自己免疫疾患 病態に基づく治療法】全身性エリテマトーデスの病態の考え方と診断のプロセス 小児内科. 2004; 36 (9): 1418-1421.

  492. 森, 雅亮. 【免疫異常症の臨床】免疫異常あるいは免疫不均衡が基盤にある疾患 若年性特発性関節炎 アレルギー・免疫. 2004; 11 (12): 1606-1612.

  493. 森, 雅亮. 小児の皮膚筋炎には強力な治療を施す必要もある Visual Dermatology. 2004; 3 (10): 1102-1104.

  494. 森, 雅亮. 【小児によく使う薬,重要な薬】副腎皮質ステロイド薬 小児科臨床. 2004; 57 (4): 701-714.

  495. 森, 雅亮. 【若年性関節リウマチの最新の知見とケアの実際】知っておきたい知識 危険因子・合併症に対する対策 小児看護. 2004; 27 (8): 966-971.

  496. 中島, 章子 and 梅林, 宏明 and 黒澤, るみ子 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 【膠原病・アレルギー疾患】メチルプレドニゾロンパルス・シクロフォスファミドパルス併用療法を行った抗リン脂質抗体症候群・シェーグレン症候群合併型全身性エリテマトーデスの1男児例 小児科臨床. 2004; 57 (6): 1115-1120.

  497. Ito, R. and Mori, M. and Katakura, S. and Kobayashi, N. and Naruto, T. and Osamura, Y. and Aihara, Y. and Yokota, S.. Selective insufficiency of IFN-gamma secretion in patients with hyper-IgE syndrome Allergy. 2003; 58 (4): 329-336.

  498. Iwata, N. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Aihara, Y. and Yokota, S. and Kondo, M. and Sasaki, T. and Ikezawa, Y.. [Cyclophosphamide pulse therapy for pediatric systemic sclerosis] Ryumachi. 2003; 43 (4): 660-666.

  499. Kurosawa, R. and Umezawa, R. and Kobayashi, Y. and Nakajima, S. and Miyamae, T. and Ito, S. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Effects of therapies on childhood systemic lupus erythematosus] Ryumachi. 2003; 43 (4): 632-637.

  500. Mori, M. and Kobayashi, Y. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. Long-term remission in three patients with childhood-onset systemic lupus erythematosus Mod Rheumatol. 2003; 13 (3): 285-287.

  501. Miyamae, T. and Mori, M. and Inamo, Y. and Kohno, Y. and Takei, S. and Maeda, M. and Murata, T. and Nakata, S. and Kawai, H. and Hirano, Y. and Date, Y. and Kitamura, K. and Yokota, S.. [Multi-center analysis of calcinosis in children with juvenile dermatomyositis] Ryumachi. 2003; 43 (3): 538-543.

  502. Yamazaki, S. and Takahashi, H. and Fujii, H. and Miyamae, T. and Mori, M. and Fujioka, K. and Funabiki, T. and Yokota, S. and Arai, N. and Ikuta, K.. Split chimerism after allogeneic bone marrow transplantation in Chediak-Higashi syndrome Bone Marrow Transplant. 2003; 31 (2): 137-140.

  503. 岩田, 直美 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平 and 近藤, 恵 and 佐々木, 哲雄 and 池澤, 善郎. 小児全身性強皮症3症例に対するシクロホスファミド・パルス療法 リウマチ. 2003; 43 (4): 660-666.

  504. 黒澤, るみ子 and 梅沢, 礼美 and 小林, 慈典 and 中島, 章子 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 小児期発症SLEの治療法の変遷とその効果についての検討 経静脈的シクロホスファミド・パルス療法の有用性について リウマチ. 2003; 43 (4): 632-637.

  505. 黒澤, るみ子 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【免疫・アレルギー】当科における小児期発症SLEの治療法の変遷とその効果についての検討 小児科臨床. 2003; 56 (3): 320-324.

  506. 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 稲毛, 康司 and 河野, 陽一 and 武井, 修治 and 前田, 基晴 and 村田, 卓士 and 中田, 修二 and 川合, 博 and 平野, 幸子 and 伊達, 是志 and 北村, 勝彦 and 横田, 俊平. 若年性皮膚筋炎に併発する異所性石灰化の実態調査 リウマチ. 2003; 43 (3): 538-543.

  507. 岩田, 直美 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 慢性肉芽腫症の感染病巣検索におけるフルオロデオキシグルコース-ポジトロン断層検査(FDG-PET)の有用性 小児感染免疫. 2003; 15 (4): 437-441.

  508. 森, 雅亮. 【自己免疫性血管炎】中血管の血管炎(川崎病) BIO Clinica. 2003; 18 (13): 1157-1161.

  509. 森, 雅亮. 【川崎病Q&A】急性期の治療 川崎病急性期の治療において大量γ-グロブリン投与後の冠動脈病変の予知は可能でしょうか 小児内科. 2003; 35 (9): 1570-1571.

  510. 森, 雅亮. 【深在性真菌症】小児の深在性真菌症 治療学. 2003; 37 (3): 263-267.

  511. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【川崎病Q&A】川崎病の病因論的事項 細菌或いは毒素 川崎病の原因はストレス蛋白(熱ショック蛋白)ですか 小児内科. 2003; 35 (9): 1472-1474.

  512. 森, 雅亮 and 岩田, 直美 and 横田, 俊平. 【成長障害の診かたと対応】自己免疫性疾患と成長障害 小児内科. 2003; 35 (3): 473-476.

  513. 中島, 章子 and 森, 雅亮 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 伊部, 正明 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 多剤抵抗性の小児皮膚筋炎3例に対するシクロフォスファミドパルス療法の効果 リウマチ. 2003; 42 (6): 895-902.

  514. 町田, 裕之 and 岩田, 直美 and 今川, 智之 and 伊藤, 秀一 and 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. B群溶連菌性髄膜炎で異なる転帰をたどった新生児2例 小児内科. 2003; 35 (12): 2037-2040.

  515. Miyamae, T. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Yokota, S. and Yasui, K. and Aihara, Y.. [A case of classical polyarteritis nodosa diagnosed by myocardial biopsy] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2002; 25 (2): 184-190.

  516. Aihara, Y. and Miyamae, T. and Ito, S. and Kobayashi, S. and Imagawa, T. and Mori, M. and Ibe, M. and Mitsuda, T. and Yokota, S.. Mizoribine as an effective combined maintenance therapy with prednisolone in child-onset systemic lupus erythematosus Pediatr Int. 2002; 44 (2): 199-204.

  517. 安, ひろみ and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 西巻, 滋 and 立石, 格 and 関, 和男 and 横田, 俊平 and 遠藤, 方哉 and 石川, 浩史 and 安藤, 紀子 and 高橋, 恒男 and 平原, 史樹. 結核合併妊婦より出生した新生児13例の検討 日本新生児学会雑誌. 2002; 38 (3): 545-550.

  518. 横田, 俊平 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 西本, 憲弘 and 吉崎, 和幸. 【抗サイトカイン生物製剤 難病治療薬としての期待】全身型若年性特発性関節炎に対する抗IL-6レセプター抗体の有用性と問題点 治療学. 2002; 36 (12): 1268-1272.

  519. 横田, 俊平 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 森, 雅亮. 診断の指針 治療の指針 小児の結核 綜合臨床. 2002; 51 (7): 2289-2290.

  520. 横田, 俊平 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 岩田, 直美 and 藤田, 典子 and 森, 雅亮. 【ここまでできるようになっている!新しい小児医療】サイトカイン遮断療法 小児科. 2002; 43 (11): 1665-1670.

  521. 横田, 俊平 and 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 伊部, 正明 and 森, 雅亮. 【呼吸器疾患の診断・治療の最近の進歩】治療・予防 結核の治療 小児科臨床. 2002; 55 (4): 625-629.

  522. 横田, 俊平 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 玲子 and 森, 雅亮. 【リウマチ科診療マニュアル】診療の実際 若年性関節リウマチの診療 リウマチ科. 2002; 27 (Suppl.1): 648-653.

  523. 宮前, 多佳子 and 岩田, 直美 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. ステロイド薬・免疫抑制薬を使用している小児膠原病およびその類縁疾患児のインフルエンザ・ワクチンに対する有効性と副反応の検討 小児感染免疫. 2002; 14 (2): 121-124.

  524. 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平 and 安井, 清 and 相原, 雄幸. 心筋生検が診断確定に有用であった結節性多発動脈炎の1例 日本臨床免疫学会会誌. 2002; 25 (2): 184-190.

  525. 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 伊藤, 秀一 and 森, 雅亮 and 伊部, 正明 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平 and 木村, 博和. 乳幼児結核における重症播種型結核の臨床的解析 小児感染免疫. 2002; 14 (4): 317-323.

  526. 森, 雅亮. 【小児疾患診療のための病態生理】感染症 真菌感染症 小児内科. 2002; 34 (増刊): 1039-1043.

  527. Nakashima, S. and Mori, M. and Miyamae, T. and Ito, S. and Ibe, M. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Intravenous cyclophosphamide pulse therapy for refractory juvenile dermatomyositis] Ryumachi. 2002; 42 (6): 895-902.

  528. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【リウマチ科診療マニュアル】診療の実際 多中心性網状組織球症の診療 リウマチ科. 2002; 27 (Suppl.1): 892-895.

  529. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【学校健診】結核検診 保健の科学. 2002; 44 (9): 692-696.

  530. 大沢, 宏至 and 坂本, 和裕 and 林, 康史 and 石井, 治彦 and 米山, 克也 and 奥山, 健一 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平 and 稲山, 嘉明 and 伊藤, 宏之 and 乾, 健二 and 高梨, 吉則. 有茎性に発育した小児気管内平滑筋腫の1例 気管支学. 2002; 24 (7): 505-509.

  531. Mori, M. and Miyamae, T. and Kurosawa, R. and Yokota, S. and Onoki, H.. Two-generation Kawasaki disease: mother and daughter J Pediatr. 2001; 139 (5): 754-756.

  532. 横田, 俊平 and 伊部, 正明 and 森, 雅亮. 【ワクチン 最近の動向】我が国におけるBCG接種の必要性 MEDICO. 2001; 32 (8): 316-319.

  533. 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児リウマチ性疾患の診察のポイント】小児特発性関節炎の病因と診断 リウマチ科. 2001; 26 (6): 515-519.

  534. 佐藤, 厚夫 and 北澤, 克彦 and 本多, 昭仁 and 前本, 達男 and 稲川, 直浩 and 仙田, 昌義 and 小林, 裕之 and 伊部, 正明 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 小児全身性肺炎球菌感染症33例の臨床的検討 感染症学雑誌. 2001; 75 (12): 1007-1013.

  535. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【私の処方2001 小児薬物治療の実際】免疫・アレルギー疾患の処方 SLE/皮膚筋炎 小児科臨床. 2001; 54 (4): 661-665.

  536. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児疾患の診断治療基準】アレルギー性疾患,自己免疫・リウマチ性疾患(膠原病) 敗血症ショック及び全身性炎症性反応症候群 小児内科. 2001; 33 (増刊): 296-297.

  537. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児疾患の診断治療基準】アレルギー性疾患,自己免疫・リウマチ性疾患(膠原病) 小児慢性関節炎 小児内科. 2001; 33 (増刊): 278-279.

  538. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児救急医療の実際 重症化の予知とその対策】主要徴候 全身性炎症性反応症候群(SIRS) 小児科診療. 2001; 64 (11): 1697-1701.

  539. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【小児リウマチ性疾患の新しい話題】小児特発性関節炎 治療戦略 Progress in Medicine. 2001; 21 (4): 899-904.

  540. 森, 雅亮 and 浅井, 義之 and 有本, 泰造 and 大川, 尚美 and 清田, 煕 and 寺道, 由晃 and 戸塚, 武和 and 藤原, 芳人 and 宝積, 節子 and 真部, 秀治 and 三沢, 孔明 and 宮沢, 要一郎 and 矢崎, 茂義 and 吉田, 京子 and 吉田, 直隆 and 吉田, 義幸 and 渡部, 創 and 木村, 博和 and 北村, 勝彦 and 横田, 俊平 and 横浜小児インフルエンザ研究会. 小児におけるインフルエンザ・ワクチンの有効性の検討 1999/2000年シーズン横浜市内のインフルエンザ流行 小児内科. 2001; 33 (7): 1026-1027.

  541. 満田, 年宏 and 森, 雅亮. 【小児疾患の診断治療基準】感染症 ブドウ球菌感染症 小児内科. 2001; 33 (増刊): 360-363.

  542. Miyamae, T. and Nakasima, S. and Tomono, N. and Mori, M. and Ibe, M. and Yasui, K. and Yokota, S. and Mori, T.. [Two infants with classical polyarteritis nodosa but not Kawasaki disease] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2000; 23 (5): 445-453.

  543. Mori, M. and Imagawa, T. and Yasui, K. and Kanaya, A. and Yokota, S.. Predictors of coronary artery lesions after intravenous gamma-globulin treatment in Kawasaki disease J Pediatr. 2000; 137 (2): 177-180.

  544. Mori, M. and Morris, S. C. and Orekhova, T. and Marinaro, M. and Giannini, E. and Finkelman, F. D.. IL-4 promotes the migration of circulating B cells to the spleen and increases splenic B cell survival J Immunol. 2000; 164 (11): 5704-5712.

  545. Yokota, S. and Imagawa, T. and Miyamae, T. and Ito, S. and Nakajima, S. and Nezu, A. and Mori, M.. Hypothetical pathophysiology of acute encephalopathy and encephalitis related to influenza virus infection and hypothermia therapy Pediatr Int. 2000; 42 (2): 197-203.

  546. Ibe, M. and Nakajima, S. and Miyamae, T. and Ito, S. and Tomono, N. and Katakura, S. and Mori, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Why there were few isolations of tubercle bacilli in young children with pulmonary tuberculosis?] Kansenshogaku Zasshi. 2000; 74 (3): 245-249.

  547. Finkelman, F. D. and Morris, S. C. and Orekhova, T. and Mori, M. and Donaldson, D. and Reiner, S. L. and Reilly, N. L. and Schopf, L. and Urban, J. F., Jr.. Stat6 regulation of in vivo IL-4 responses J Immunol. 2000; 164 (5): 2303-2310.

  548. 伊藤, 玲子 and 満田, 年宏 and 森, 雅亮 and 伊部, 正明 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 小児科病棟におけるメチシリン耐性ブドウ球菌伝播様式のパルスフィールドゲル電気泳動法による分子疫学的解析 日本小児科学会雑誌. 2000; 104 (8): 851-855.

  549. 横田, 俊平 and 小林, 慈典 and 森, 雅亮. 【インフルエンザ 新時代のインフルエンザの臨床】インフルエンザの日常診療 小児科領域 注意すべき症状・理学所見および病型分類 カレントテラピー. 2000; 18 (11): 1999-2003.

  550. 横田, 俊平 and 宮前, 多佳子 and 中島, 章子 and 小林, 慈典 and 森, 雅亮. 小児SLEの病型と治療 リウマチ科. 2000; 24 (5): 480-485.

  551. 横田, 俊平 and 宮前, 多佳子 and 中島, 章子 and 伊藤, 秀一 and 森, 雅亮. 血球貪食症候群 リウマチ科. 2000; 24 (2): 201-207.

  552. 横田, 俊平 and 宮前, 多佳子 and 中島, 章子 and 伊藤, 秀一 and 今川, 智之 and 森, 雅亮. 【SIRSとARDS 新しい炎症論と臨床】SIRSの概念と診断 小児内科. 2000; 32 (8): 1123-1129.

  553. 伊部, 正明 and 中島, 章子 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 友野, 順章 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 乳幼児肺結核では,なぜ排菌例が少ないのか 感染症学雑誌. 2000; 74 (3): 245-249.

  554. 横田, 俊平 and 中島, 章子 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 今川, 智之 and 森, 雅亮. マクロファージ活性化症候群 臨床リウマチ. 2000; 12 (1): 3-14.

  555. 十河, 剛 and 藤沢, 知雄 and 乾, あやの and 小松, 陽樹 and 大川, 貴司 and 橋爪, 浩臣 and 関根, 勇夫 and 古座岩, 宏輔 and 田尻, 仁 and 小杉, 武史 and 吉村, 文一 and 位田, 忍 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 小児期に発症した原発性硬化性胆管炎の10例 日本小児科学会雑誌. 2000; 104 (8): 862-867.

  556. 宮前, 多佳子 and 中島, 章子 and 友野, 順章 and 森, 雅亮 and 伊部, 正明 and 安井, 清 and 横田, 俊平 and 森, 哲夫. 川崎病ではなく古典的結節性多発動脈炎が考えられた乳児例2症例についての考察 日本臨床免疫学会会誌. 2000; 23 (5): 445-453.

  557. 宮前, 多佳子 and 中島, 章子 and 今川, 智之 and 伊藤, 秀一 and 片倉, 茂樹 and 友野, 順章 and 森, 雅亮 and 伊部, 正明 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 小児期発症ループス腎炎緩解維持の改善 メチルプレドニゾロン・パルス療法後の緩解維持療法における免疫抑制剤導入の効果 リウマチ. 2000; 39 (6): 829-835.

  558. 森, 雅亮. B細胞分化における胸腺間質リンパ球増殖因子(TSLP)の役割 免疫Immunology Frontier. 2000; 10 (2): 110-113.

  559. Mori, M. and Nonoyama, S. and Neubauer, M. and Mitsuda, T. and Kosuge, K. and Yokota, S.. Mutation analysis and therapeutic response to granulocyte colony-stimulating factor in a case of hyperimmunoglobulin M syndrome with chronic neutropenia J Pediatr Hematol Oncol. 2000; 22 (3): 288-289.

  560. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【内科疾患の診断基準・病型分類・重症度】膠原病 リウマチ熱の診断基準 内科. 2000; 85 (6): 1446-1447.

  561. 森, 雅亮 and 今川, 智之 and 横田, 俊平. 【SIRSとARDS 新しい炎症論と臨床】SIRSの持続的血液濾過透析 小児内科. 2000; 32 (8): 1160-1162.

  562. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 【難治性リウマチの治療と投与法の工夫】多剤併用療法 メトトレキサートを中心とするMAP療法 医薬ジャーナル. 2000; 36 (4): 1210-1216.

  563. 森, 雅亮 and 友野, 順章 and 伊部, 正明 and 中島, 章子 and 宮前, 多佳子 and 横田, 俊平. 腸間膜血管系の限局性血管炎が疑われた2小児例 日本臨床免疫学会会誌. 2000; 23 (2): 148-155.

  564. 川口, 葉子 and 伊部, 正明 and 中島, 章子 and 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 相原, 雄幸 and 乾, あやの and 藤澤, 知雄 and 横田, 俊平. 学童期に発見されたサイトメガロウイルス肝炎の1例 日本小児科学会雑誌. 2000; 104 (12): 1211-1214.

  565. 友野, 順章 and 安達, かおり and 矢崎, 葉子 and 寺道, 貴恵 and 中島, 章子 and 宮前, 多佳子 and 片倉, 茂樹 and 栗山, 智之 and 住田, 浩子 and 高橋, 協 and 加藤, 正雄 and 渡邊, 寿美 and 今井, 光信 and 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 1998/1999年インフルエンザ流行期に中枢神経合併症を呈した小児例の検討 外来小児科. 2000; 3 (2): 260-265.

  566. Mitsuda, T. and Kuroki, H. and Ishikawa, N. and Imagawa, T. and Ito, S. and Miyamae, T. and Mori, M. and Uehara, S. and Yokota, S.. Molecular epidemiological study of Haemophilus influenzae serotype b strains obtained from children with meningitis in Japan J Clin Microbiol. 1999; 37 (8): 2548-2552.

  567. Mori, M. and Imagawa, T. and Yoshida, Y. and Kurozumi, H. and Ampo, K. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [A child of microscopic polyarteritis nodosa effectively treated with intravenous methylprednisolone pulses and serial cyclophosphamide pulse therapy] Ryumachi. 1999; 39 (4): 664-669.

  568. Miyamae, T. and Nakasima, S. and Imagawa, T. and Ito, S. and Katakura, S. and Tomono, N. and Mori, M. and Ibe, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Improvement of the maintenance therapy after methylprednisolone pulse therapy--effect of prednisolone combined with immunosuppressants] Ryumachi. 1999; 39 (6): 829-835.

  569. Miyamae, T. and Imagawa, T. and Ito, S. and Katakura, S. and Mori, M. and Ibe, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Nakanishi, S. and Kohri, T. and Yokota, S.. [Effective combination therapy of plasma exchange and subsequent cyclophosphamide pulses for catastrophic antiphospholipid antibody syndrome: a case report] Ryumachi. 1999; 39 (3): 591-597.

  570. Ibe, M. and Miyamae, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Analysis of tuberculin reaction of tuberculous children below 4 years of age] Kansenshogaku Zasshi. 1999; 73 (7): 658-663.

  571. 伊藤, 秀一 and 今川, 智之 and 宮前, 多佳子 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 友野, 順平 and 伊部, 正明 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 小児皮膚筋炎・多発性筋炎11症例の臨床的解析 リウマチ. 1999; 38 (6): 785-792.

  572. 横田, 俊平 and 森, 雅亮 and 伊部, 正明. 【小児の結核】結核の新しい診断技術 小児科診療. 1999; 62 (12): 2023-2027.

  573. 横田, 俊平 and 今川, 智之 and 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮. 【小児のウイルス性疾患 どこまで治療や管理が可能か】血球貪食症候群の新しい治療 小児内科. 1999; 31 (2): 227-230.

  574. 横田, 俊平 and 伊部, 正明 and 森, 雅亮. 【小児の感染症】細菌 抗酸菌 結核 小児科臨床. 1999; 52 (4): 481-484.

  575. 伊部, 正明 and 宮前, 多佳子 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. 乳幼児結核症におけるツベルクリン反応の大きさについて 感染症学雑誌. 1999; 73 (7): 658-663.

  576. 宮前, 多佳子 and 今川, 智之 and 伊藤, 秀一 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 伊部, 正明 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 中西, 茂則 and 郡, 建男 and 横田, 俊平. 小児劇症型抗リン脂質抗体症候群の1症例 血漿交換療法+シクロフォスファミド・パルス療法併用の試み リウマチ. 1999; 39 (3): 591-597.

  577. 森, 雅亮 and 今川, 智之 and 吉田, 義幸 and 黒住, 浩子 and 安保, 和俊 and 満田, 年宏 and 相原, 雄幸 and 横田, 俊平. メチルプレドニゾロン・パルス療法及びシクロフォスファミド・パルス療法により症状の鎮静化をみた顕微鏡的多発動脈炎の1男児例 リウマチ. 1999; 39 (4): 664-669.

  578. Ito, S. and Miyamae, T. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Tomono, J. and Ibe, M. and Mituda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Clinical analysis of 11 cases of juvenile dermatomyositis and polymyositis] Ryumachi. 1998; 38 (6): 785-792.

  579. Aihara, Y. and Mori, M. and Katakura, S. and Yokota, S.. Recombinant IFN-gamma treatment of a patient with hyperimmunoglobulin E syndrome triggered autoimmune thrombocytopenia J Interferon Cytokine Res. 1998; 18 (8): 561-563.

  580. 横田, 俊平 and 伊部, 正明 and 森, 雅亮. 【小児結核の現況】結核菌感染と生体防御系 小児内科. 1998; 30 (5): 613-618.

  581. 横田, 俊平 and 森, 雅亮 and 宮前, 多佳子 and 伊藤, 秀一 and 今川, 智之 and 伊部, 正明. 【最近開発された小児の新しい治療・技術】全身性エリテマトーデスに対するシクロフォスファミドパルス療法 小児内科. 1998; 30 (12): 1666-1668.

  582. 横田, 俊平 and 今川, 智之 and 宮前, 多佳子 and 森, 雅亮 and 伊部, 正明 and 阿部, 剛 and 三浦, 真樹. 【最近開発された小児の新しい治療・技術】免疫原性疾患に対する血漿交換療法の進歩 小児内科. 1998; 30 (12): 1659-1661.

  583. Aihara, Y. and Mori, M. and Kobayashi, T. and Yokota, S.. A pediatric case of polymyositis associated with Mycoplasma pneumoniae infection Scand J Rheumatol. 1997; 26 (6): 480-481.

  584. Imagawa, T. and Katakura, S. and Mori, M. and Aihara, Y. and Mitsuda, T. and Yokota, S.. [A case of macrophage activation syndrome developed with systemic juvenile rheumatoid arthritis] Ryumachi. 1997; 37 (3): 487-492.

  585. Ibe, M. and Mori, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Analysis of children with tuberculosis in the past 20 years] Kansenshogaku Zasshi. 1997; 71 (6): 513-521.

  586. 伊部, 正明 and 森, 雅亮 and 満田, 年宏 and 他. 当科における過去20年間の小児結核症入院例の臨床的検討 感染症学雑誌. 1997; 71 (6): 513-521.

  587. 今川, 智之 and 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 他. 全身型若年性関節リウマチに続発したマクロファージ活性化症候群の1例 リウマチ. 1997; 37 (3): 487-492.

  588. 森, 雅亮. 小児疾患診療のための病態生理 Behcet病 小児内科. 1997; 29 (増刊): 1150-1152.

  589. 相原, 雄幸 and 森, 雅亮 and 友野, 順章 and 他. 感染症罹患に伴い抗核抗体が検出された5症例の臨床的検討 小児感染免疫. 1997; 9 (2): 115-120.

  590. Aihara, Y. and Mori, M. and Yokota, S.. Successful treatment of onychomycosis with fluconazole in two patients with hyperimmunoglobulin E syndrome Pediatr Dermatol. 1996; 13 (6): 493-495.

  591. Tomono, N. and Kuriyama, T. and Mori, M. and Takahashi, Y. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Serial computed thermography for Raynaud's phenomenon of patient with progressive systemic sclerosis (PSS)] Ryumachi. 1996; 36 (3): 522-527.

  592. 横田, 俊平 and 今川, 智之 and 森, 雅亮 and 他. 混合性結合組織病 診断と治療の進歩 病態と診断 小児期発症混合性結合組織病 全国調査の結果から 日本内科学会雑誌. 1996; 85 (8): 1217-1222.

  593. 横田, 俊平 and 森, 雅亮 and 今川, 智之. 小児の血管炎症候群 血管炎症候群の治療 小児内科. 1996; 28 (4): 530-535.

  594. 森, 雅亮 and 横田, 俊平. 小児の血管炎症候群 顕微鏡的結節性多発動脈炎 小児内科. 1996; 28 (4): 558-562.

  595. 西澤, 崇 and 森, 雅亮 and 友野, 順章 and 他. 多剤少量併用療法及び早期リハビリテーションが奏効した多関節型若年性関節リウマチの1例 小児感染免疫. 1996; 8 (1): 25-28.

  596. 片倉, 茂樹 and 森, 雅亮 and 友野, 順章 and 他. 全身型若年性関節リウマチの診断・活動性マーカーとしての血清フェリチン値,フィブリン/フィブリノゲン分解産物(FDP)値の検討 リウマチ科. 1996; 15 (4): 388-394.

  597. 友野, 順章 and 栗山, 智之 and 森, 雅亮 and 他. 小児期発症進行性全身性硬化症におけるRaynaud現象の経時的サーモグラフィ所見 リウマチ. 1996; 36 (3): 522-527.

  598. Tomono, N. and Mori, M. and Kikuchi, N. and Imagawa, T. and Katakura, S. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [A case of tuberculous meningitis followed by tuberculoma with pan-hypopituitarism] Kansenshogaku Zasshi. 1995; 69 (12): 1402-1407.

  599. 横田, 俊平 and 森, 雅亮. 若年性関節リウマチに対するDMARDs治療法の新展開 メトトレキセートを中心とするMAP療法の試み 小児科. 1995; 36 (3): 271-281.

  600. 横田, 俊平 and 森, 雅亮 and 友野, 順章 and 他. 多関節型若年性関節リウマチに対する多剤少量併用療法(MAP療法)の試み 臨床リウマチ. 1995; 7 (2): 82-88.

  601. 横田, 俊平 and 友野, 順章 and 森, 雅亮. 小児の自己免疫疾患 混合性結合組織病 小児内科. 1995; 27 (6): 805-810.

  602. Mori, M. and Tomono, N. and Yokota, S.. [Coronary arteritis of Kawasaki disease unresponsive to high-dose intravenous gammaglobulin successfully treated with plasmapheresis] Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 1995; 18 (3): 282-288.

  603. 森, 雅亮 and 菊池, 信行 and 小林, 拓也 and 他. 1993〜94年にかけて当科を受診し,細菌学的解析を行ったHaemophilus influenzae type bによる髄膜脳炎の3例 小児感染免疫. 1995; 7 (1): 13-18.

  604. 森, 雅亮 and 友野, 順章 and 横田, 俊平. ガンマグロブリン大量療法が奏効せず,血漿交換にて冠動脈変化の改善をみた川崎病の1女児例 日本臨床免疫学会会誌. 1995; 18 (3): 282-288.

  605. 相原, 雄幸 and 森, 雅亮 and 高橋, 由利子 and 他. 高IgE症候群2例の爪真菌症に対するFluconazoleの効果 小児感染免疫. 1995; 7 (3): 227-231.

  606. 森, 雅亮 and 友野, 順章 and 片倉, 茂樹 and 他. 慢性肉芽腫症4症例に対するインターフェロン-γ長期投与の経過観察 日本小児科学会雑誌. 1995; 99 (6): 1123-1128.

  607. 友野, 順章 and 森, 雅亮 and 菊池, 信行 and 他. 結核性髄膜炎に続発した脳底部結核腫による汎下垂体機能低下症の1例 感染症学雑誌. 1995; 69 (12): 1402-1407.

  608. Aihara, Y. and Ibe, M. and Mitsuda, T. and Mori, M. and Shimizu, C. and Takahashi, Y. and Kuriyama, T. and Yokota, S.. [Effects of combined administration of prednisolone and mizoribine in the course of remission for SLE children with nephritis] Ryumachi. 1994; 34 (1): 64-70.

  609. Mori, M. and Kuriyama, T. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S. and Chiba, J. and Nagaoka, S.. [Familial Behcet's disease--a case report] Ryumachi. 1994; 34 (6): 988-992.

  610. Mori, M. and Kuriyama, T. and Takahashi, Y. and Shike, H. and Ibe, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Analysis of children with tuberculosis in recent 10 years] Kansenshogaku Zasshi. 1994; 68 (7): 887-893.

  611. Aihara, Y. and Mori, M. and Ibe, M. and Kuriyama, T. and Takahashi, Y. and Shimizu, C. and Shike, H. and Mitsuda, T. and Yokota, S.. [A case of juvenile dermatomyositis with calcinosis universalis--remarkable improvement with aluminum hydroxide therapy] Ryumachi. 1994; 34 (5): 879-884.

  612. Ibe, M. and Kuriyama, T. and Mori, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Evaluation of serum C3 and CH50 levels as markers of disease-activity and indicators of efficacy of treatment of lupus nephritis in childhood] Ryumachi. 1994; 34 (4): 715-724.

  613. Yokota, S. and Kuriyama, T. and Takahashi, Y. and Mori, M. and Shike, H. and Ibe, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y.. [Thermographic assessment of Raynaud's phenomenon in childhood mixed connective tissue disease] Ryumachi. 1994; 34 (6): 955-960.

  614. 伊部, 正明 and 栗山, 智之 and 森, 雅亮 and 他. 小児ループス腎炎における疾患活動性および治療効果の指標としてのC3,CH50の有用性について リウマチ. 1994; 34 (4): 715-724.

  615. 安井, 清 and 森, 雅亮 and 奥山, 利也 and 他. 胎児期よりの心房性期外収縮が生後1ヵ月に心房粗動として増悪した1例 小児科診療. 1994; 57 (7): 1335-1338.

  616. Mori, M. and Shimizu, C. and Kuriyama, T. and Ibe, M. and Mitsuda, T. and Aihara, Y. and Yokota, S.. [Behcet's disease in childhood--case reports and review of literature] Ryumachi. 1994; 34 (1): 34-41.

  617. 森, 雅亮 and 栗山, 智之 and 高橋, 由利子 and 他. 最近10年間の当科における小児結核例の検討 感染症学雑誌. 1994; 68 (7): 887-893.

  618. 森, 雅亮 and 清水, 智佐登 and 栗山, 智之 and 他. 小児ベーチェット病 自験2例を含む本邦および諸外国報告例58例の臨床的解析 リウマチ. 1994; 34 (1): 34-41.

  619. 森, 雅亮 and 栗山, 智之 and 満田, 年宏 and 他. Behcet病の母子例 リウマチ. 1994; 34 (6): 988-992.

  620. 相原, 雄幸 and 森, 雅亮 and 伊部, 正明 and 他. 水酸化アルミニウム治療により著明な石灰沈着の縮小化を認めた小児皮膚筋炎の1例 リウマチ. 1994; 34 (5): 879-884.

  621. 森, 雅亮 and 奥山, 伸彦 and 赤城, 邦彦 and 他. 経過中発疹がみられず,virus-associated hemophagocytic syndromeを合併した巨細胞性麻疹肺炎の1例 日本小児科学会雑誌. 1993; 97 (5): 1278-1283.

  622. 森, 雅亮 and 黒住, 浩子 and 赤城, 邦彦. 川崎病の経過中,手指の壊疽性変化を合併しリポ化プロスタグランジン投与にて改善のみられた1女児例 小児科臨床. 1993; 46 (6): 1375-1380.

  623. 森, 雅亮 and 黒住, 浩子 and 奥山, 伸彦 and 他. 急激な経過で死に至ったvirus-associated hemophagocytic syndrome(VAHS)の2小児例 日本臨床免疫学会会誌. 1993; 16 (2): 182-190.

  624. 森, 雅亮 and 太田, 真弓 and 赤城, 邦彦 and 他. 超大量ガンマグロブリン(1g/kg/日)療法が奏効した川崎病の1乳児例 小児内科. 1993; 25 (6): 925-928.

  625. Mori, M. and Kurozumi, H. and Akagi, K. and Tanaka, Y. and Imai, S. and Osato, T.. Monoclonal proliferation of T cells containing Epstein-Barr virus in fatal mononucleosis N Engl J Med. 1992; 327 (1): 58.

  626. 市橋, 香代 and 森, 雅亮 and 奥山, 伸彦 and 他. 多尿にて発症したシェーグレン症候群の1例 こども医療センター医学誌. 1992; 21 (4): 286-290.

  627. 森, 雅亮 and 黒住, 浩子 and 赤城, 邦彦. 補体C9欠損症に合併した髄膜炎菌性髄膜脳炎の1例 小児科. 1992; 33 (11): 1585-1587.

  628. 森, 雅亮 and 田口, 宏和 and 黒住, 浩子 and 他. 赤芽球癆を合併したJRA全身型の2症例 日本小児科学会雑誌. 1992; 96 (6): 1531-1537.

  629. 吉田, 直隆 and 高橋, 由利子 and 森, 雅亮 and 他. 腸結核および結核性胸膜炎を呈したダウン症候群の小児例 感染症学雑誌. 1989; 63 (12): 1333-1337.

  630. 森 雅亮. 新型コロナウイルス・パンデミック下におけるRSウイルスをはじめとした感染症の動向および神奈川県におけるコロナ対策の検証. 横須賀市医師会報. 2023.09; (366): 18-20.

  631. 森 雅亮. 【川崎病の子どもと家族への看護ケア】基礎知識 川崎病急性期での血漿交換治療 小児看護. 2023.08; 46 (8): 927 -933. ( 医中誌 )

  632. 森 雅亮. 巻頭言 野口英世博士ゆかりの旧細菌検査室を訪ねて 小児感染免疫.. 2023.05; 1 1-3.

  633. 森 雅亮. 【こどもの皮膚疾患検査マニュアル】こどもによくみられる膠原病・免疫不全症 Derma.. 2023.05; 334 17-27. ( 医中誌 )

  634. 森 雅亮. 【新しい時代の小児感染症】原因微生物別 真菌 カンジダ 小児内科. 2023.04; 55 (4): 669-672. ( 医中誌 )

  635. 森 雅亮. リウマチ性疾患の移行期医療. リウマチクリニック. 2023.03;

  636. 東 直人, 池田 啓, 柏倉 剛, 加藤 将, 庄田 宏文, 坪井 洋人, 中川 夏子, 深谷 進司, 森 雅亮. 医師・患者間でのコミュニケーションを見つめ直す 診療時間の限られたリウマチ医のためのコミュニケーションテクニック 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023.03; 67 991. ( 医中誌 )

  637. 森 雅亮. 【その道のプロの経験から学ぶ 小児診療のピットフォール】膠原病・リウマチ疾患 小児科. 2023.02; 64 (2): 143-151. ( 医中誌 )

  638. 森 雅亮. 【分子標的薬を極める】膠原病・自己炎症症候群 血管炎症候群(川崎病,高安動脈炎,ANCA関連血管炎など)  小児内科. 2023.02; 55 (2): 213-216. ( 医中誌 )

  639. 森 雅亮. 若年性特発性関節炎における疾患活動性評価 リウマチ科. 2023.01; 69 (1): 90-94. ( 医中誌 )

  640. 森 雅亮. 治療法の再整理とアップデートのために. 専門家による私の治療 若年性特発性関節炎(JIA). 日本医事新報. 2022.12; (5148): 43-44. ( 医中誌 )

  641. 宮岡 双葉, 宮井 健太郎, 森 雅亮, 清原 鋼二. Yersinia enterocolitica腸炎後に反応性関節炎をきたしたHLA-B27陽性女子の1例 小児リウマチ 小児リウマチ. 2022.12; 12 (1): 65-69.

  642. 森 雅亮. 若年性特発性関節炎(JIA). 私の治療. 2022.12; 5148 43.

  643. 金子 修也, 清水 正樹, 伊良部 仁, 真保 麻実, 山崎 晋, 森 雅亮. 色素性痒疹様皮疹を呈した全身型若年性特発性関節炎の1例 小児リウマチ. 2022.12; 13 (1): 54-58. ( 医中誌 )

  644. 田中 里奈, 清水 正樹, 真保 麻実, 山崎 晋, 高澤 啓, 鹿島田 健一, 森尾 友宏, 森 雅亮. 橋本病を合併した混合性結合組織病の1例 hypothyroid myopathyの鑑別の重要性 小児リウマチ. 2022.12; 13 (1): 43-47. ( 医中誌 )

  645. 17. 渡邉 浩太郎, 宇田川 智宏, 奥津 美夏, 真保 麻実, 阿久津 裕子, 山崎 晋, 森 雅亮, 田中 絵里子, 冨井 翔平, 三浦 健一郎, 服部 元史, 森尾 友宏.. 混合性結合組織病の診断に先行した膜性腎症の1例. 日本小児腎臓病学会雑誌. 2022.11;

  646. 森 雅亮. 小児領域 難治性川崎病. 日本アフェレシス学会雑誌. 2022.11; 41 68.

  647. 櫻井 謙三, 鏑木 真弓, 森 翔, 山崎 和子, 今井 健, 伊佐早 健司, 森 雅亮, 山野 嘉久. NMOSDとMCTDを合併した14歳女性にサトラリズマブ導入し良好な経過を辿った一例 神経免疫学. 2022.10; 27 (1): 199. ( 医中誌 )

  648. 森 雅亮. 新型コロナウイルス・パンデミック下におけるRSウイルスをはじめとした感染症の動向および神奈川県におけるコロナ対策の検証. 横須賀・三浦小児科医会学術講演会. 横須賀市医師会報. 2022.09;

  649. 森 雅亮. 新規川崎病識別タンパク質をバイオマーカーとした非典型および治療不応例川崎病診断法の臨床的応用 IVIG WATCH!【川崎病関連】 日経メディカル. 2022.09;

  650. 森 雅亮. 【成人患者における小児期発症慢性疾患】成人期における主な小児期発症疾患の病態・管理 膠原病・リウマチ性疾患・自己炎症性疾患 若年性特発性関節炎. 小児内科. 2022.09; 54 (9): 1598-1604.

  651. 森 雅亮. 自己免疫疾患のトピックス 自己免疫疾患の移行期自己免疫疾患の移行期医療医療 アレルギー  . 2022.08; 71 (6): 7-670. ( 医中誌 )

  652. 森 雅亮. 膠原病・リウマチ性疾患 小児科臨床. 2022.06; 75 (3): 481-486.

  653. 森 雅亮. IVIG抵抗性川崎病に対するアナキンラの有効性と安全性 リウマチ科. 2022.04; 67 (4): 462-467.

  654. 森 雅亮. 【予防接種Update-beyond COVID-19】Vaccine hesitancy(ワクチン忌避) 臨牀と研究. 2022.04; 99 (4): 482-485.

  655. 森 雅亮. 小児でみられる血管炎の診かた・考え方 日本小児皮膚科学会雑誌. 2022.02; 41 (1): 28-35.

  656. 森 雅亮. 特集 サイトカインストームと小児疾患 Ⅰ. サイトカインストームの基礎 サイトカインストームの概念 小児科診療. 2022.02; 85 (4): 415-421.

  657. 森 雅亮. 【COVID-19】総論:COVID-19の治療 免疫調整薬・免疫抑制薬 小児内科. 2022.01; 54 (1): 50-53.

  658. 森 雅亮. 編集後記. 小児感染免疫. . 2021.12; 33 (3): 330.

  659. 森 雅亮. 小児感染症Q&A. RSウイルス感染症の流行の変化. up-to-date 子どもの感染症. 2021.12; 9 (1): 10-12.

  660. 森 雅亮. 【関節リウマチの診療update-最新の診断と治療-】治療戦略の新展開 若年性特発性関節炎と移行期医療  日本臨床. 2021.09; 79 (9): 1323-1331.

  661. 森 雅亮. 特集 頭痛診療の基本から最新の知見までⅡ.頭痛を訴える疾患 慢性頭痛を訴える疾患1(若年性線維筋痛症,慢性疲労症候群など)  小児科診療. 2021.09; 84 (10): 1327-1332.

  662. 森 雅亮. 特集:川崎病の今. インフリキシマブ. 小児内科. 2021.07; 53 103-107.

  663. 安村純子、森 雅亮. 若年性特発性関節炎関連ぶどう膜炎 日本小児科学会雑誌. 2021.05; 125 (5): 732-738.

  664. 森 雅亮. 特集:移行期医療について考える. 膠原病(リウマチ性疾患). 小児科臨床. 2021.05; 74 (6): 699-703.

  665. 森 雅亮. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療-若年性特発性関節炎-. 週刊日本医事新報. 2021.01; 5047 42-43.

  666. 宮岡双葉、森 雅亮. エルシニア腸炎後に反応性関節炎をきたしたHLA-B27陽性女子の一例 小児リウマチ. 2021.01;

  667. 毛利万里子、森 雅亮.. 特集 思い込みにご用心!小児科診療ピットフォール. 発熱が持続する小児に対する診療のピットフォール. Modern Physician . 2020.01; 40 24-37.

  668. 森 雅亮. 小児重症病態治療におけるアフェレシス治療の位置づけ. 難治性川崎病. 日本アフェレシス学会雑誌. 2020.01; 39 154-159.

  669. 森 雅亮. 小児リウマチ性疾患の最近のトピック2020. 小児科臨床. 2020.01; 73 1253-1262.

  670. 横田俊平、名古希実、金田宜子、土田博和、森 雅亮.. 新型コロナウイルス感染(SARS-CoV-2)と小児:新生児から思春期まで~抗リウマチ薬治療下にある小児リウマ  チ性疾患児は治療変更が必要か~. 臨床リウマチ. 2020.01;

  671. 森 雅亮. 特集 難病を取り巻く様々な環境. 指定難病制度の現状について. 難病と在宅ケア. 2020.01; 26 5-9.

  672. 森 雅亮. 特集 “顔の赤み“鑑別・治療アトラス. 小児・顔の赤み② -若年性皮膚筋炎-. Derma. . 2020.01; 294 219-224.

  673. 森 雅亮. 特集 免疫難病における小児から成人へのtransitionの課題と対策. 若年性特発性関節炎 vs. 関節リウマチ. 炎症と免疫 . 2020.01; 28 32-37.

  674. 森 雅亮. 公的支援制度. 免疫・炎症疾患のすべて. 日本医師会雑誌. 2020.01; 149 357-361.

  675. 山﨑 晋、森 雅亮. IgA血管炎の病態、診断と治療. リウマチ科. 2020.01; 64 736-743.

  676. 森 雅亮. COVID-19第2波に備えて出来ること. 新型コロナウイルス感染症と川崎病. 2020.01; 48 269-274.

  677. 10. 楢崎 秀彦, 山口 賢一, 今川 智之, 井上 祐三朗, 根路銘 安仁, 武井 修治, 森 雅亮,. 日本小児リウマチ学会疾患登録制度委員会.小児リウマチ性疾患登録(レジストリ)研究 PRICURE ver.2の現況と今後の展望. 小児リウマチ. 2020.01; 11 (1): 3-8.

  678. 木澤 敏毅, 謝花 幸祐, 井上 なつみ, 大倉 有加, 岡本 奈美, 久保田 知洋, 清水 正樹, 中岸 保夫, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 山出 晶子, 脇口 宏之, 梅林 宏明, 森 雅亮, 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患政策研究分野)))『小児期および成人移行期小児リウマチ患者の全国調査データの解析と両者の異同性に基づいた全国的「シームレス」診療ネットワーク構築による標準的治療の均てん化』JIA分担研究班. 若年性特発性関節炎に対するアバタセプト治療の手引き 小児リウマチ. 2018.11; 9 (1): 81-87. ( 医中誌 )

  679. 森 雅亮. 【川崎病アップデート~病因・病態論の推移と展望~】(序)川崎病の病因および病態へのアプローチ アレルギー・免疫. 2018.10; 25 (11): 1369-1372. ( 医中誌 )

  680. 木村 弥生, 柳町 昌克, 森 雅亮, 平野 久. 【川崎病アップデート~病因・病態論の推移と展望~】プロテオーム解析による新規バイオマーカー探索 川崎病関連タンパク質の発見 アレルギー・免疫. 2018.10; 25 (11): 1444-1450. ( 医中誌 )

  681. 森 雅亮, 三浦 大, 武井 修治, 日本小児リウマチ学会薬事委員会. 既存治療で効果不十分な急性期川崎病に対するインフリキシマブの薬事承認と使用の手引き 小児リウマチ. 2016.09; 7 (1): 74-77. ( 医中誌 )

  682. 清水 博之, 関根 佳織, 平井 康太, 高倉 広充, 鈴木 一雄, 多田 奈緒, 厚見 恵, 森 雅亮, 久保田 千鳥. 小児科診療所における6年間(2008~2013年)のRSV感染症395例の臨床的特徴および疫学的特徴の解析 小児感染免疫. 2015.07; 27 (2): 119-125. ( 医中誌 )

  683. 森 雅亮. 【サイトカイン・ストーム~病態と治療】サイトカイン阻止による治療効果からみた炎症の考え方 川崎病 臨床とウイルス. 2014.07; 42 (3): 104-111. ( 医中誌 )

  684. 森 雅亮. 小児の医薬品開発推進の新たな道を開く 臨床医の視点から小児医薬品開発について 小児リウマチ薬の適応拡大取得に向けての試みと成果、そして今後への展望 日本小児臨床薬理学会雑誌. 2013.12; 26 (1): 29-31. ( 医中誌 )

  685. 横田 俊平, 菊地 雅子, 野澤 智, 木澤 敏毅, 金高 太一, 門田 景介, 宮前 多佳子, 森 雅亮. 小児期のリウマチ性疾患にみる発熱 日本臨床免疫学会会誌. 2012.12; 35 (6): 511-519. ( 医中誌 )

  686. 森 雅亮. 小児リウマチ性疾患の診察法 小児感染免疫. 2008.04; 20 (1): 57-64. ( 医中誌 )

  687. 森 雅亮. 【予防接種Q&A】BCG・ツベルクリン検査 接種跡と効果 BCG接種部位が2~3週後には炎症を起こし、その後瘢痕になると聞きましたが、まったく赤くなりませんでした。接種がうまくいかなかったのではないかと心配です。どのように対処したらよいでしょうか。ツ反をする必要はありますか 小児内科. 2007.10; 39 (10): 1633-1634. ( 医中誌 )

  688. 森 雅亮. 結核の最新の診断法 結核菌感染診断用インターフェロン-γ測定試薬(QuantiFERON-TB2G)の有用性 小児感染免疫. 2005.12; 17 (4): 368-369. ( 医中誌 )

  689. 横田 俊平, 森 雅亮, 今川 智之, 満田 年宏. 感染症 結核の新しい免疫学的診断法 結核菌誘導interferon-γ定量法(QuantiFERON)の有用性 小児科臨床. 2005.11; 58 (11): 2313-2317. ( 医中誌 )

  690. 森 雅亮, 矢崎 茂義, 勝呂 宏, 横田 俊平. 2003~2004年シーズンにおける横浜市内における1歳未満インフルエンザ・ウイルス感染児に関する検討 抗ウイルス薬の投与およびその有害事象の発現状況 小児感染免疫. 2005.07; 17 (2): 87-93. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 森 雅亮 . 小児臨床検査ガイド 第3版. 文光堂, 2023.12 ループスアンチコアグラント、抗リン脂質抗体 (ISBN : 978-4-8306-3047-7)

  2. 森 雅亮 他. 日常診療に役立つ小児感染症マニュアル2023. 東京医学社, 2023.12 Ⅳ.真菌. クリプトコックス. (ISBN : 978-4-88563-743-8)

  3. Janet E. McDonagh・Rachel S. Tattersall(著)/川畑 仁人・森 雅亮・山崎 和子(監訳). AYA世代のリウマチ診療 ―臨床と実践のために―. 朝倉書店, 2023.11 (ISBN : 978-4-254-32269-9)

  4. 日本医療研究開発機構 成育疾患克服等総合研究事業―BIRTHDAY 症候性先天性サイトメガロウイルス感染症を対象としたバルガンシクロビル治療の開発研究班 (編). 先天性サイトメガロウイルス感染症診療ガイドライン2023 . 診断と治療社, 2023.10 (ISBN : 978-4-7878-2550-6)

  5. 森雅亮. 膠原病・リウマチ性疾患. 小児科専門医受験のための最速トレーニング144問.. 総合医学社, 2023.07 (ISBN : 978-4-88378-947-4)

  6. 森雅亮. 小児リウマチ疾患 トシリズマブ治療の理論と実際.. メディカルレビュー社, 2023.03

  7. 森雅亮. 若年性特発性関節炎.小児科診療ガイドライン —最新の診療指針—〈第5版〉. 総合医学社, 2023.01

  8. 森 雅亮. Part 15: 第178リウマチ性疾患/179章リウマチ性疾患の治療『ネルソン小児科学 原著 第21版』. 2023.01

  9. 森 雅亮. 最新ガイドライン準拠 小児科診療・治療指針.改訂第3版. 2023.01

  10. 三村 俊英.森 雅亮.他 自己免疫疾患に関する調査研究班 成人スチル病分科会. 成人スチル病診療ガイドライン 2017年版 [2023年Update].厚生労働科学研究費補 助金難治性疾患等政策研究事業自己免疫疾患に関する調査研究班 編集. . 診断と治療社, 2023.01 (ISBN : 9784787825865)

  11. 森 雅亮. 慢性活動性EBウイルス病とその類縁疾患の診療ガイドライン2023.監修 日 本小児感染免疫学会.. 診断と治療社, 2023.01 (ISBN : 9784787825872)

  12. 森 雅亮. 新看護学 14 母子看護 第13版. . 医学書院, 2023.01 小児看護. 第2章 小児看護の基礎 B.子どもの成長・発達と生理. E.疾病の予防と 予防接種. 第4章 小児疾患患児の看護. E.消化器疾患患児の看護.F.呼吸器疾患患 児の看護. I.腎泌尿器・生殖器疾患患児の看護. (ISBN : 9784260050005)

  13. 森 雅亮. 今日の治療薬2023 解説と便覧. 南江堂, 2023.01 (ISBN : 978-4-524-20334-5)

  14. 森 雅亮. 私の治療 . 日本医事新報, 2022.12 若年性特発性関節炎(JIA)

  15. 森 雅亮 監修 原 寿郎.編集 高橋 孝雄/細井 創/齋藤昭彦.. 標準 小児科学 第9版 . 医学書院, 2022.10 第13章臨床免疫学総論.269-280.第16章リウマチ性疾患.  (ISBN : 978-4-260-04781-4)

  16. 森 雅亮  金子 一成 (監修・編集) . 小児科診療Controversy.. 中外医学社., 2022.09 (ISBN : 9784498145740)

  17. 森 雅亮. 関節リウマチ治療 実践バイブル改訂第2版. . 南江堂, 2022.05 Ⅴ. 特殊なケースの薬物療法 09.成人移行期の関節リウマチ診療. (ISBN : 978-4-524-23125-6)

  18. 森 雅亮. 日本臨牀増刊号 最新関節リウマチ学(第2版)-寛解・治療を目指した研究と最新治療-. 日本臨牀社, 2022.04 IV. 関節リウマチの治療 1.治療総論 小児, 移行期における治療戦略‐若年性特発性関節炎に承認されている抗リウマチ薬を中心に‐

  19. 森 雅亮. 新看護学14. 母子看護第12版第5刷. 医学書院, 2022.02 第2章.小児看護の基礎. B.子どもの成長・発達と生理. (p231-236) E.疾病の予防と予防接種(p254-258) 第4章小児疾患患児の看護.E.消化器疾患患児の看護(p353-359),F.呼吸器疾患患児の看護(p361-367) I.腎泌尿器・生殖器疾患患児の看護(p391-395) (ISBN : 9784260031851)

  20. 森 雅亮. 清水正樹. 監訳日本リウマチ学会小児リウマチ調査検討小委員会 翻訳協力.. サイトカインストーム症候群.‐メカニズムと治療‐. 朝倉書店, 2022.02 (ISBN : 978-4-254-32266-8)

  21. 森 雅亮. 小児リウマチレジデントガイド. 序『小児リウマチレジデントガイド』を手にとってくださっている読者の皆様へ. . 朝倉書店, 2022.02 Metropolitan Pediatric Rheumatology Conference 編集.日本小児リウマチ学会 編集協力.  (ISBN : 978-4-254-32263-7)

  22. 森 雅亮. 今日の治療薬2022 解説と便覧 . 南江堂, 2022.01 3.抗真菌薬 (ISBN : 978-4-524-23211-6)

  23. 森雅亮. 若年性皮膚筋炎、若年性多発性筋炎.Ⅷ.リウマチ性疾患とその周辺疾患-4.小児疾患診療のための病態生理2.改定第6版.「小児内科」「小児外科」編集委員会共編. . 東京医学社, 2021.12

  24. 森雅亮. Ⅳ急性期治療. 8.血漿交換. 川崎病学改訂第2版.編集日本川崎病学会.. 診断と治療社, 2021.12

  25. 森雅亮. 第2部ライフステージ別の患者支援.メディカルスタッフのためのライフステージに応じた関節リウマチ患者支援ガイド. 編集/厚生労働科学研究費補助金 免疫・アレルギー疾患政策研究事業「ライフステージに応じた関節リウマチ患者支援に関する研究」研究班.. 羊土社, 2021.12

  26. 森 雅亮.. 若年性特発性関節炎. 6関節リウマチ,慢性関節疾患および骨壊死症.今日の整形外科治療指針(第8版). 編集 土屋弘行、紺野愼一、田中康仁、田中栄、岩崎倫政、松田秀一. . 医学書院, 2021.10

  27. 森 雅亮.. 侵襲性カンジダ症に対するマネジメントのための臨床実践ガイドライン. 一般社団法人日本医真菌学会 , 2021.08

  28. 森 雅亮、清水博之. . 特殊病態下における抗菌療法 b.小児患者. Chapter2.抗微生物薬.抗菌化学療法認定薬剤師テキスト改訂版~薬剤師が知っておきたい感染症と抗菌化学療法~. 日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会 編.. 公益財団法人日本化学療法学会 発行. 東京., 2021.07

  29. 梅林宏明、宮前多佳子、森 雅亮. . 多様な患者背景に対応するために. 関節型若年性特発性関節炎の成人移行期診療 一般社団法人日本リウマチ学会 編集. 関節リウマチ診療ガイドライン 2020. . 診断と治療社, 東京, 2021., 2021.02

  30. 森 雅亮、武井修治 監修. 若年性特発性関節炎 カナキヌマブ治療の理論と実際. . メディカルレビュー社, 大阪, 2021. , 2021.02

  31. 森雅亮. 製剤別分類. IL-β阻害薬 全身型若年性特発性関節炎. 生物学的製剤適正使用ガイド-病態理解に沿った治療選択-. 藤尾圭志 編 . クリニコ出版 東京 2021., 2021.02

  32. 森 雅亮. 真菌感染症. 小児疾患診療のための病態生理1. 改訂第6版.. 東京医学社(東京), 2020.12

  33. 森 雅亮. 一般社団法人 日本リウマチ学会 小児リウマチ調査検討小委員会 ぶどう膜炎ワーキンググループ 編集. 小児非感染性ぶどう膜炎 初期診療の手引き 2020年版.. 羊土社 (東京)., 2020.12

  34. 森 雅亮. 小児感染免疫学. 日本小感染症学会 編集. . 朝倉書店(東京), 2020.11

  35. 森 雅亮. 脊椎関節炎診療の手引き 2020. 日本脊椎関節炎学会 編集.. 診断と治療社 (東京), 2020.07

  36. 森 雅亮. 若年性特発性関節炎における生物学的製剤使用の手引き 2020年度版. 厚労省移行期班 若年性特発性関節炎分担班 編集.. 羊土社(東京), 2020.06

  37. 森 雅亮. 成人診療科のための小児リウマチ性疾患移行支援ガイド. 厚労省移行期班 編集.. 羊土社(東京), 2020.06

  38. 森 雅亮. 小児リウマチ学. 伊藤秀一・森 雅亮 監修. 日本小児リウマチ学会 編集. . 朝倉書店(東京), 2020.05

  39. 森 雅亮. 小児疾患-若年性特発性関節炎. 今日の診断指針(第8版).. 医学書院(東京). , 2020.01

  40. 森 雅亮. 川崎病(冠動脈病変を除く)、非結核性抗酸菌症. 今日の小児治療指針(第17版). . 医学書院(東京), 2020.01

  41. 森 雅亮. 膠原病・リウマチ性疾患, 原発性免疫不全症-若年性特発性関節炎. 新臨床内科学(第10版). . 医学書院(東京). , 2020.01

  42. 森 雅亮. . 結核 若年性特発性関節炎. 小児科診療ガイドライン-最新の診療指針―(第4版). . 2019.04

  43. 若年性特発性関節炎. 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価. . 技術情報協会, 2018.11

  44. 森雅亮. 血漿交換療法. 川崎病学. 日本川崎病学会編集.. 診断と治療社, 2018.11

  45. 森雅亮. 若年性特発性関節炎. 診断と治療のABC 139リウマチ・膠原病.. 最新医学社, 2018.10

  46. 森雅亮. 小児リウマチ性疾患における薬剤. リウマチ・膠原病治療薬ハンドブック.. 文光堂, 2018.04

  47. 森 雅亮. 抗真菌薬. 今日の治療薬2018年版.. 南江堂, 2018.01

  48. 森 雅亮.. 新看護学14 母子看護(改訂第12版). 医学書院 , 2018.01

  49. 森 雅亮. 自己免疫疾患-Preclinical Stateから発症・早期診断まで-.別冊・医学のあゆみ. 医歯薬出版, 2017.08

  50. 森 雅亮. 受動免疫. サイトメガロウイルス、EBウイルス. 感染症専門医テキスト 第Ⅰ部 解説編. 南江堂 , 2017.04 (ISBN : 978-4-524-25337-1)

  51. 日本リウマチ学会小児リウマチ調査検討小委員会編集. 若年性特発性関節炎 診療ハンドブック 2017. . メディカルレビュー社, 2017.04 (ISBN : 978-4-7792-1881-1)

  52. 原 拓麿、森 雅亮. . BCGワクチンの過去、現在、そして未来. 小児用ワクチン UPDATE 2017. 医歯薬出版, 2017.03

  53. 森 雅亮、大城 誠、山田恭聖.. 新生児の感染症疾患-真菌感染症. 新生児の代表的疾患と病態生理マスターブック. MCメディカ出版, 2017.02 (ISBN : 978-4-8404-5898-6)

  54. 森 雅亮. 母子看護 第11版第5刷.. 医学書院, 2017.02

  55. 森 雅亮. 小児における結核の予防と治療. 今日の治療指針 2017年版.. 医学書店, 2017.01 (ISBN : 9784260028097)

  56. 森 雅亮. 抗真菌薬. 今日の治療薬2017年版(改訂第39版). 南江堂 , 2017.01 (ISBN : 9784524255320)

  57. 森 雅亮. 膠原病・リウマチ・アレルギー疾患を診療する. 若年性特発性関節炎(JIA). 2016.04

  58. 森 雅亮. 疾病別で学ぶ自己注射使用の現状と使いやすさの向上. 第13節 若年性特発性関節炎. 自己注射に対する医師・患者ニーズと製品開発への落とし込み. 技術情報協会, 2016.03

  59. 森 雅亮. 若年性特発性関節炎. 11. 免疫・膠原病. 小児科診療ガイドライン-最新の診療指針-第3版. 総合医学社, 2016.03

  60. 森 雅亮. 結核. 3. 感染症. 小児科診療ガイドライン-最新の診療指針-第3版.. 総合医学社, 2016.03

  61. 森 雅亮. 抗真菌薬. 今日の治療薬2016年版.. 南江堂 , 2016.01

  62. 若年性特発性関節炎. リウマチ病学テキスト 改訂第2版. 診断と治療社., 2016.01

  63. 真菌. 小児の肺炎 改訂版. 医薬ジャーナル社., 2016.01

  64. 森 雅亮. 小児の急性細気管支炎 今日の治療指針 2016年版. 医学書店, 2016.01

  65. 若年性特発性関節炎 初期診療の手引き2015. メディカルレビュー社, 2015.10

  66. 森雅亮. 深在性真菌症のガイドライン作成委員会. 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン 2014 小児領域追補.. 協和企画, 2015.09

  67. 森 雅亮. 病因病態~主要症状の病態生理. 小児科臨床ピクルス. 全訂新版 川崎病のすべて. 中山書店 , 2015.04

  68. 森 雅亮. リウマチ性疾患・結合組織病と類似疾患. ナースの小児科学 改訂6版. 中外医学社 , 2015.02

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yamazaki S. Mori M. Unmet Medical Needs in Rheumatic Diseases in Japan: A literture Review.. the 24th Asia-Pacific League of Associations for Rheumatology Congress (APLAR 2022). 2022.10.31 Hong Kong

  2. Mori M. Safety of Nirsevimab for the Prevention of Respiratory Syncytial Virus Disease in Immunocompromised Children: The Phase 2 MUSIC Study.. the 10th Asian Congress of Pediatric Infectious Diseases (ACPID 2022) 2022.10.26 Seoul, Korea

  3. Mori M.. Recent perspectives on vasculitis-related diseases from Japan. Advances in treatment for Kawasaki disease.apan. Advances in treatment for Kawasaki disease.. ACR Convergence 2021. USA 2021.11.07

  4. Mori M.. Usefulness and positioning of infliximab in acute treatment of Kawasaki disease. (Sponsored seminar by Mitsubishi Tanabe Pharma) . The 13th International Kawasaki Disease Symposium. 2021.10.29

  5. Mori M.. Paediatric Task Force Global Musculoskeletal Health: Cytokine targeted therapy for pediatric rheumatic diseases. . 23rd Asia-Pasific League of Associations for Rheumatology Congress. Kyoto. 2021.08.29

  6. Mori M.. APLAR Paediatric Rheumatology Special Interest Group (SIG) Symposium. Childhood Rheuatic Diseases in Asia Pacific: Challenges & Solutions. . 23rd Asia-Pasific League of Associations for Rheumatology Congress. Kyoto. 2021.08.29

  7. Mori M.. Progress in IL-6-targeting therapies– bilateral translation between bench and clinic -. IL-6 and its targeting therapy in systemic juvenile idiopathic arthritis and adult Still’s disease. . FOCIS 2021 Virtual Annual Meeting. USA. 2021.06.08

  8. 森 雅亮. アニュアルレクチャー. 小児リウマチ性疾患における移行期医療の取り組みと実際. . 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2020.08.01

  9. Ruperto N, Brunner HI , Mori M , Clinch J, Syed R, Iwata N , Bass DL , Ji B , Hammer AE , Okily M , Eriksson G , Quasny H.. PLUTO Trial: Sensitivity Analyses of SRI4 response with Belimumab vs Placebo in Paediatric Patients With Childhood-Onset Systemic Lupus Erythematosus (cSLE). . European League Against Rheumatism 2020 2020.06.01

  10. Mori M.. lasma exchange therapy for cases refractory to IVIG treatment in Kawasaki disease in Japan. Applications and effectiveness of apheresis therapy for severe conditions in children (Sympoium).. 12th World Congress of International Society for Apheresis. 2019.11

  11. 森 雅亮. 皮疹から考える小児膠原病(ランチョンセミナー). 第43回日本小児皮膚科学会学術大会. 2019.07

  12. Mori M.. Development of a novel diagnostic method for atypical and treatment-refractory Kawasaki disease using newly identified proteins as biomarkers related to Kawasaki disease. . 2019 EULAR Meeting. 2019.06 Madrid, Spain.

  13. Matsumoto T, Matsui T, Hirano F, Tohma S, Mori M. Disease activity, treatment and long-term prognosis of adult juvenile idiopathic arthritis patients compared with rheumatoid arthritis patients.. Modern rheumatology 2018.11.30

  14. Matsui Toshihiro, Matsumoto Takumi, Hirano Fumio, Tokunaga Fumika, Okamoto Keisuke, Tohma Shigeto, Morio Tomohiro, Kohsaka Hitoshi, Mori Masaaki. Survey of the awareness of adult rheumatologists regarding transitional care for patients with juvenile idiopathic arthritis in Japan(和訳中). Modern Rheumatology 2018.11.01

  15. Mori Masaaki. アジアの小児におけるマイコバクテリア症 小児の免疫低下宿主における結核(Mycobacterial Diseases in Asian Children Tuberculosis in immunocompromised hosts in childhood). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  16. Okamoto Keisuke, Morio Tomohiro, Nakamura Yoshikazu, Hataya Hiroshi, Mizuta Koichi, Mori Masaaki. 日本におけるダウン症候群に対する世界初の全国的なpalivizumab使用の経験(The world first experience with nationwide use of palivizumab for Down syndrome in Japan). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  17. Okamoto Keisuke, Morio Tomohiro, Nakamura Yoshikazu, Hataya Hiroshi, Mizuta Koichi, Mori Masaaki. 日本におけるダウン症候群に対する世界初の全国的なpalivizumab使用の経験(The world first experience with nationwide use of palivizumab for Down syndrome in Japan). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  18. Matsui Toshihiro, Matsumoto Takumi, Hirano Fumio, Tokunaga Fumika, Okamoto Keisuke, Tohma Shigeto, Morio Tomohiro, Kohsaka Hitoshi, Mori Masaaki. 日本の若年性特発性関節炎患者の移行期医療に関する成人リウマチ専門医の認識の調査(Survey of the awareness of adult rheumatologists regarding transitional care for patients with juvenile idiopathic arthritis in Japan). Modern Rheumatology 2018.11.01

  19. Nakaseko H, Iwata N, Yasuoka R, Kohagura T, Abe N, Kawabe S, Mori M. Pharmacokinetics of mycophenolate mofetil in juvenile patients with autoimmune diseases.. Modern rheumatology 2018.10.05

  20. Tamura Daisuke, Inoue Shun, Kawahara Yuta, Mori Masaaki, Yamagata Takanori. Hypercytokinemia with hemophagocytic syndrome due to human metapneumovirus(和訳中). Pediatrics International 2018.10.01

  21. Okumura Akihisa, Ida Shinobu, Ito Setsuko, Oguni Tatsuya, Suzuki Mitsuyoshi, Mori Masaaki, Shimizu Toshiaki, the Committee on Pediatric Nutrition of the Japanese Pediatric Society. Parental awareness of young children's pattern of ionic beverage consumption(和訳中). Pediatrics International 2018.10.01

  22. Tamura Daisuke, Inoue Shun, Kawahara Yuta, Mori Masaaki, Yamagata Takanori. ヒトメタニューモウイルスに起因する血球貪食症候群を伴う高サイトカイン血症(Hypercytokinemia with hemophagocytic syndrome due to human metapneumovirus). Pediatrics International 2018.10.01

  23. Okumura Akihisa, Ida Shinobu, Ito Setsuko, Oguni Tatsuya, Suzuki Mitsuyoshi, Mori Masaaki, Shimizu Toshiaki, the Committee on Pediatric Nutrition of the Japanese Pediatric Society. 乳幼児のイオン飲料摂取パターンに対する親の認識(Parental awareness of young children's pattern of ionic beverage consumption). Pediatrics International 2018.10.01

  24. Nakano Naoko, Mori Masaaki, Umebayashi Hiroaki, Iwata Naomi, Kobayashi Norimoto, Masunaga Kenji, Imagawa Tomoyuki, Murata Takuji, Kinjo Noriko, Nagai Kazushige, Miyoshi Mari, Takei Syuji, Yokota Shumpei, Ishii Eiichi. Characteristics and outcome of intractable vasculitis syndrome in children: Nation-wide survey in Japan(和訳中). Modern Rheumatology 2018.07.01

  25. Yokoyama Koji, Mori Masaaki, Yoshida Akira. 抗リン脂質抗体関連舞踏病に対しミコフェノール酸モフェチル療法を行った2例(Mycophenolate mofetil therapy for two cases of antiphospholipid antibody-associated chorea). Modern Rheumatology 2018.07.01

  26. Kawakami Chiaki, Sato Atsuo, Sumita Hiroko, Isozaki Atsushi, Shimizu Hiroyuki, Kanetaka Taichi, Maehara Koji, Ao Kota, Nariai Akiyoshi, Takeshita Fumihiko, Kizu Rika, Mori Masaaki. 生後24ヵ月未満の小児では、呼吸器合胞体ウイルス感染中に加齢に伴い発熱応答が増強される(Fever Responses Are Enhanced with Advancing Age during Respiratory Syncytial Virus Infection among Children under 24 Months Old). The Tohoku Journal of Experimental Medicine 2018.07.01

  27. Nakano Naoko, Mori Masaaki, Umebayashi Hiroaki, Iwata Naomi, Kobayashi Norimoto, Masunaga Kenji, Imagawa Tomoyuki, Murata Takuji, Kinjo Noriko, Nagai Kazushige, Miyoshi Mari, Takei Syuji, Yokota Shumpei, Ishii Eiichi. 小児における難治性血管炎症候群の特徴と転帰 日本における全国調査(Characteristics and outcome of intractable vasculitis syndrome in children: Nation-wide survey in Japan). Modern Rheumatology 2018.07.01

  28. Mori Masaaki. Pediatric rheumatic diseases: a review regarding the improvement of long-term prognosis and the transition to adults(和訳中). Immunological Medicine 2018.04.01

  29. Mori Masaaki, Sugiyama Naonobu, Morishima Yosuke, Sugiyama Noriko, Kokubo Takeshi, Takei Syuji, Yokota Shumpei. 若年性特発性関節炎に対するエタネルセプト投与の安全性と有効性 市販後調査の成績(Safety and effectiveness of etanercept for treatment of juvenile idiopathic arthritis: Results from a postmarketing surveillance). Modern Rheumatology 2018.01.01

  30. Shimizu Hiroyuki, Mori Masaaki. 結核患児の診断におけるツベルクリン皮膚試験とインターフェロンガンマ放出アッセイの併用の有用性(Usefulness of the Combination of Tuberculin Skin Test and Interferon-Gamma Release Assay in Diagnosing Children with Tuberculosis). The Tohoku Journal of Experimental Medicine 2017.11.01

  31. Kanetaka Taichi, Mori Masaaki, Nishimura Ken-ichi, Nozawa Tomo, Kikuchi Masako, Sakurai Nodoka, Hara Ryoki, Yamazaki Kazuko, Yokota Shumpei. 全身性若年性特発性関節炎の診断におけるFDG-PET所見の特性(Characteristics of FDG-PET findings in the diagnosis of systemic juvenile idiopathic arthritis). Modern Rheumatology 2016.05.01

  32. Yasuda Shinsuke, Atsumi Tatsuya, Shimamura Sanae, Ono Kota, Hiromura Keiju, Sada Kenei, Mori Masaaki, Takei Syuji, Kawaguchi Yasushi, Tamura Naoto, Takasaki Yoshinari. 日本におけるループス腎炎成人患者に対するミコフェノール酸モフェチル投与のサーベイランス(Surveillance for the use of mycophenolate mofetil for adult patients with lupus nephritis in Japan). Modern Rheumatology 2015.11.01

  33. Hara Ryoki, Miyazawa Hirotaka, Nishimura Kenichi, Momoi Takahiro, Nozawa Tomo, Kikuchi Masako, Sakurai Nodoka, Kizawa Toshitaka, Shimamura Sanae, Yasuda Shinsuke, Hiromura Keiju, Sada Ken-ei, Kawaguchi Yasushi, Tamura Naoto, Takei Syuji, Takasaki Yoshinari, Atsumi Tatsuya, Mori Masaaki. 日本における小児期発症全身性エリテマトーデスに対するミコフェノール酸モフェチルの使用実態に関する全国調査(A national survey on current use of mycophenolate mofetil for childhood-onset systemic lupus erythematosus in Japan). Modern Rheumatology 2015.11.01

  34. Kobayashi Ichiro, Mori Masaaki, Yamaguchi Ken-ichi, Ito Shuichi, Iwata Naomi, Masunaga Kenji, Shimojo Naoki, Ariga Tadashi, Okada Kenji, Takei Shuji. 小児リウマチ性疾患の予防接種に関する日本小児リウマチ学会の推奨(Pediatric Rheumatology Association of Japan recommendation for vaccination in pediatric rheumatic diseases). Modern Rheumatology 2015.05.01

  35. Kizawa Toshitaka, Nozawa Tomo, Kikuchi Masako, Nagahama Kiyotaka, Okudela Koji, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Nakamura Tomoko, Mori Masaaki, Yokota Shumpei, Tsutsumi Hiroyuki. 重度ループス腎炎を伴う小児期発症全身性エリテマトーデス患者に対する維持療法としてのミコフェノール酸モフェチル(Mycophenolate mofetil as maintenance therapy for childhood-onset systemic lupus erythematosus patients with severe lupus nephritis). Modern Rheumatology 2015.03.01

  36. Inaba Yutaka, Ozawa Remi, Aoki Chie, Imagawa Tomoyuki, Mori Masaaki, Hara Ryoki, Miyamae Takako, Saito Tomoyuki, Yokota Shumpei. 全身型若年性特発性関節炎患児の手と巨大関節に対するトシリズマブの効果に関する放射線学的解析(Radiologic analysis of the effect of tocilizumab on hands and large joints in children with systemic juvenile idiopathic arthritis). Modern Rheumatology 2013.07.01

  37. Kishi Takayuki, Miyamae Takako, Hara Ryoki, Nakajima Shoko, Imagawa Tomoyuki, Mori Masaaki, Yokota Shumpei. 若年性皮膚筋炎児50名の臨床分析(Clinical analysis of 50 children with juvenile dermatomyositis). Modern Rheumatology 2013.03.01

  38. Shinoki Toshihiko, Hara Ryoki, Kaneko Utako, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Mori Masaaki, Yokota Shumpei. トシリズマブで治療中の全身型若年性特発性関節炎患者のインフルエンザワクチンに対する安全性および反応(Safety and response to influenza vaccine in patients with systemic-onset juvenile idiopathic arthritis receiving tocilizumab). Modern Rheumatology 2012.11.01

  39. Mori Masaaki, Takei Syuji, Imagawa Tomoyuki, Imanaka Hiroyuki, Nerome Yasuhito, Higuchi Rumiko, Kawano Yoshifumi, Yokota Shumpei, Sugiyama Noriko, Yuasa Hirotoshi, Fletcher Tracey, Wajdula Joseph S.. 日本のメトトレキサート不応性多関節型若年性特発性関節炎における長期エタネルセプトの安全性と有効性(Safety and efficacy of long-term etanercept in the treatment of methotrexate-refractory polyarticular-course juvenile idiopathic arthritis in Japan). Modern Rheumatology 2012.09.01

  40. Ozawa Remi, Inaba Yutaka, Mori Masaaki, Hara Ryoki, Kikuchi Masako, Higuchi Rumiko, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Fujiwara Takeo, Saito Tomoyuki, Yokota Shumpei. 若年特発性関節炎の二つの亜型における検査特性と放射線特性の明らかな違い 全身性関節炎と多発性関節炎(Definitive differences in laboratory and radiological characteristics between two subtypes of juvenile idiopathic arthritis: systemic arthritis and polyarthritis). Modern Rheumatology 2012.08.01

  41. Mori Masaaki, Takei Syuji, Imagawa Tomoyuki, Imanaka Hiroyuki, Nerome Yasuhito, Higuchi Rumiko, Yokota Shumpei, Fletcher Tracey, Wajdula Joseph S.. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 日本におけるメトトレキサート抵抗性の多関節型若年性特発性関節炎に対する長期エタネルセプト治療の安全性と有効性(Safety and efficacy of long-term etanercept in the treatment of methotrexate-refractory polyarticular-course juvenile idiopathic arthritis in Japan). 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  42. Mori Masaaki, Takei Syuji, Imagawa Tomoyuki, Imanaka Hiroyuki, Nerome Yasuhito, Higuchi Rumiko, Yokota Shumpei, Fletcher Tracey, Wajdula Joseph S.. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)抵抗性の多関節型若年性特発性関節炎の治療におけるエタネルセプト 日本人の臨床試験からの経験(Etanercept in the treatment of disease modifying anti-rheumatic drug (DMARD) -refractory polyarticular course juvenile idiopathic arthritis: experience from Japanese clinical trials). 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2012.03.01

  43. Imagawa Tomoyuki, Yokota Shumpei, Mori Masaaki, Miyamae Takako, Takei Syuji, Imanaka Hiroyuki, Nerome Yasuhito, Iwata Naomi, Murata Takuji, Miyoshi Mari, Nishimoto Norihiro, Kishimoto Tadamitsu. 多関節進行若年性特発性関節炎の患者における抗IL-6受容体モノクローナル抗体、トシリズマブの安全性と有効性(Safety and efficacy of tocilizumab, an anti-IL-6-receptor monoclonal antibody, in patients with polyarticular-course juvenile idiopathic arthritis). Modern Rheumatology 2012.02.01

  44. Mori Masaaki, Takei Syuji, Imagawa Tomoyuki, Imanaka Hiroyuki, Nerome Yasuhito, Kurosawa Rumiko, Kawano Yoshifumi, Yokota Shumpei, Sugiyama Noriko, Yuasa Hirotoshi, Fletcher Tracey, Wajdula Joseph S.. 疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)に難治性の多関節型若年性特発性関節炎の治療におけるエタネルセプト日本での臨床試験からの経験(Etanercept in the treatment of disease-modifying anti-rheumatic drug (DMARD)-refractory polyarticular course juvenile idiopathic arthritis: experience from Japanese clinical trials). Modern Rheumatology 2011.12.01

  45. Takahashi Akitaka, Mori Masaaki, Naruto Takuya, Nakajima Shoko, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Yokota Shumpei. 全身型若年性特発性関節炎におけるヘムオキシゲナーゼ-1の役割(The role of heme oxygenase-1 in systemic-onset juvenile idiopathic arthritis). Modern Rheumatology 2009.06.01

  46. Takahashi Akitaka, Mori Masaaki, Nakajima Shoko, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Yokota Shumpei. JIA 全身型若年性特発性関節炎におけるヘムオキシゲナーゼ1の役割(The Role of Heme Oxygenase-1 in Systemic-onset Juvenile Idiopathic Arthritis). 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  47. Nakajima Shoko, Naruto Takuya, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Mori Masaaki, Nishimaki Shigeru, Yokota Shumpei. 抗インターロイキン-6受容体単クローン抗体トシリズマブにより治療された全身性若年性特発性関節炎患者における血清軟骨オリゴマー性基質蛋白値減少の改善(Improvement of reduced serum cartilage oligomeric matrix protein levels in systemic juvenile idiopathic arthritis patients treated with the anti-interleukin-6 receptor monoclonal antibody tocilizumab). Modern Rheumatology 2009.02.01

  48. Naruto Takuya, Nakagishi Yasuo, Mori Masaaki, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Yokota Shumpei. 日本人少女にみられた新規変異を伴った高IgD症候群(Hyper-IgD syndrome with novel mutation in a Japanese girl). Modern Rheumatology 2009.02.01

  49. Miyamae Takako, Nemoto Akinobu, Imagawa Tomoyuki, Ohshige Kenji, Mori Masaaki, Nishimaki Shigeru, Yokota Shumpei. 小児健康評価アンケート(CHAQ)日本語版の異文化間適合と検証(Cross-cultural adaptation and validation of the Japanese version of the Childhood Health Assessment Questionnaire (CHAQ)). Modern Rheumatology 2008.08.01

  50. 中島 章子, 成戸 卓也, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 成長板軟骨細胞に対するインターロイキン-6(IL-6)の直接効果(Direct effect of interleukin-6 (IL-6) on growth plate chondrocytes). 日本臨床免疫学会会誌 2007.08.01

  51. Nakamura Yumi, Wakamatsu Ei, Matsumoto Isao, Tomiita Minako, Kohno Yoichi, mori Masaaki, Yokota Shunpei, Mamura Mizuko, Goto Daisuke, Ito Satoshi, Tsutsumi Akito, Sumida Takayuki. 臓器特異的自己免疫病の病態と治療 若年型シェーグレン症候群患者におけるM3Rに対する自己抗体(Autoantibodies to M3R in patients with juvenile Sjogren's syndrome). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2006.11.01

  52. Mori Masaaki, Takei Syuji, Imagawa Tomoyuki, Imanaka Hiroyuki, Maeno Nobuaki, Kurosawa Rumiko, Kawano Yoshifumi, Yokota Shumpei. 日本におけるメトトレキサート抵抗性多関節型若年性特発性関節炎に対する短期(12週間)エタネルセプト治療の薬物動態,効果および安全性(Pharmacokinetics, efficacy, and safety of short-term (12 weeks) etanercept for methotrexate-refractory polyarticular juvenile idiopathic arthritis in Japan). Modern Rheumatology 2005.12.01

  53. Kobayashi Naoki, Mori Masaaki, Kobayashi Yoshinori, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Okuyama Toshiya, Kurozumi Hiroko, Yokota Shumpei. 川崎病の急性期において,ガンマグロブリンの経静脈的投与は高サイトカイン血症を改善させる(Intravenous gamma-globulin therapy improves hypercytokinemia in the acute phase of Kawasaki disease). Modern Rheumatology 2004.12.01

  54. Mori Masaaki, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Katakura Shigeki, Kimura Kazuhiro, Yokota Shumpei. 川崎病の冠動脈病変に対する経静脈的ガンマグロブリン投与の成績のメタ解析(Meta-analysis of the results of intravenous gamma globulin treatment of coronary artery lesions in Kawasaki disease). Modern Rheumatology 2004.11.01

  55. Miyamae Takako, Kurosawa Rumiko, Mori Masaaki, Aihara Yukoh, Aihara Michiko, Yokota Shumpei. 2回目のγ-グロブリン投与後にエバンス症候群を発症したγ-グロブリン誘導性過敏症の乳児(An infant with γ-globulin-induced hypersensitivity syndrome who developed Evans' syndrome after a second γ-globulin treatment). Modern Rheumatology 2004.10.01

  56. Mori Masaaki, Imagawa Tomoyuki, Katakura Shigeki, Miyamae Takako, Okuyama Ken-ichi, Ito Shuichi, Nakamura Tomoko, Kimura Hirokazu, Yokota Shumpei. 経静脈的ガンマグロブリン投与抵抗性川崎病に対する血漿交換の有効性(Efficacy of plasma exchange therapy for Kawasaki disease intractable to intravenous gamma-globulin). Modern Rheumatology 2004.03.01

  57. Mori Masaaki, Kobayashi Yoshinori, Miyamae Takako, Imagawa Tomoyuki, Katakura Shigeki, Mitsuda Toshihiro, Aihara Yukoh, Yokota Shumpei. 小児期発症全身性エリテマトーデス患者3名の長期寛解(Case report: rheumatoid arthritis occurring during observation after surgery for localized pigmented villonodular synovitis). Modern Rheumatology 2003.09.01

  58. 森 雅亮. 要確認 . 第43回日本川崎病学会・学術集会 2023.09.30 大阪

  59. 森雅亮. 小児の炎症性筋疾患. 第65 回日本小児神経学会学術集会 2023.05.26 岡山

  60. 井上 祐三朗, 酒井 良子, 井上 永介, 光永 可奈子, 清水 正樹, 杉原 毅彦, 田中 孝之, 松下 雅和, 森 雅亮, 吉藤 元, 西小森 隆太, 宮前 多佳子 .. 疫学1:RA/関節型JIAの治療 指定難病データを用いた関節型若年性特発性関節炎および高安動脈炎の医療実態の検討.. 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  61. 鈴木 翔太郎, 後藤 由多加, 川上 美里, 石崎 克樹, 松村 憲浩, 元永 裕生, 森 翔, 安藤 貴泰, 川崎 達也, 豊福 悦史, 林 祐子, 櫻井 恵一, 毛利 万里子, 水島 万智子, 吉岡 耕平, 殿岡 久美子, 高桑 由希子, 今村 充, 山崎 和子, 永渕 裕子, 山崎 宜興, 大岡 正道, 杉原 毅彦, 森 雅亮, 川畑 仁人.. サルコイドーシス、その他の疾患 ベリムマブとシクロスポリンの併用が奏功したTAFRO症候群様症状を呈した全身性エリテマトーデスの一例.. 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  62. 安藤 貴泰, 大岡 正道, 元永 裕生, 森 翔, 石崎 克樹, 川崎 達也, 鈴木 翔太郎, 松村 憲浩, 豊福 悦史, 林 祐子, 吉岡 耕平, 櫻井 恵一, 水島 万智子, 高桑 由希子, 山崎 和子, 今村 充, 永渕 裕子, 山崎 宜興, 森 雅亮, 川畑 仁人. . サルコイドーシス、その他の疾患 MRIで悪性リンパ腫を疑われたことをきっかけに診断された成人のPAPA症候群の一例. . 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  63. 森 翔, 山崎 和子, 元永 裕生, 林 祐子, 豊福 悦史, 毛利 万里子, 吉岡 耕平, 服部 成良, 伊藤 秀一, 川畑 仁人, 森 雅亮. . 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 若年性特発性関節炎に似た経過を示した肩関節滑膜性骨軟骨腫症の男児例. . 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  64. 林 祐子, 山崎 和子, 松村 憲浩, 森 翔, 豊福 悦史, 櫻井 恵一, 毛利 万里子, 吉岡 耕平, 大岡 正道, 川畑 仁人, 森 雅亮. . 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 経頭蓋超音波カラードプラ法が治療効果判定に有用であった原発性中枢神経系血管炎の女児例. . 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  65. 矢野 裕介, 山崎 和子, 櫻井 恵一, 森 翔, 石崎 克樹, 松村 憲浩, 林 祐子, 安藤 貴泰, 豊福 悦史, 川崎 達也, 鈴木 翔太郎, 吉岡 耕平, 水島 万智子, 今村 充, 高桑 由希子, 山崎 宜興, 大岡 正道, 森 雅亮, 川畑 仁人. . ステロイド抵抗性の経過を辿った高サイトカイン血症による小葉組織融解伴った成人スチル病の1例 . 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  66. 山崎 和子, 林 祐子, 豊福 悦史, 松村 憲浩, 櫻井 恵一, 吉岡 耕平, 森 翔, 大岡 正道, 森 雅亮, 川畑 仁人.. 大動脈炎,IgA腎症を合併した若年性乾癬性関節炎の女児例 . 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  67. 吉岡 耕平, 山崎 和子, 鈴木 翔太郎, 矢野 裕介, 松村 憲浩, 元永 裕生, 森 翔, 柏戸 桃子, 豊福 悦史, 林 祐子, 櫻井 恵一, 毛利 万里子, 大岡 正道, 川畑 仁人, 森 雅亮. . 難治性肛門周囲膿瘍から壊疽性膿皮症様皮疹を呈したPAPA症候群の2歳男児例. . 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  68. 川上 美里, 遠藤 信幸, 石崎 克樹, 松村 憲浩, 元永 裕生, 森 翔, 安藤 貴泰, 内田 麻理奈, 川崎 達也, 鈴木 翔太郎, 林 祐子, 櫻井 恵一, 清川 智史, 水島 万智子, 吉岡 耕平, 殿岡 久美子, 高桑 由希子, 今村 充, 山崎 和子, 杉原 毅彦, 永渕 裕子, 大岡 正道, 森 雅亮, 川畑 仁人. 発熱,複数動脈瘤破裂を同時に呈しエーラスダンロス症候群の孤発例の診断に至った一例 . 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  69. 東 直人, 池田 啓, 柏倉 剛, 加藤 将, 庄田 宏文, 坪井 洋人, 中川 夏子, 深谷 進司, 森 雅亮.. 医師・患者間でのコミュニケーションを見つめ直す 診療時間の限られたリウマチ医のためのコミュニケーションテクニック. 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.25 福岡

  70. 森 雅亮. 本邦で若年性特発性関節炎に使用できる合成抗リウマチ薬と生物学的製剤 成人との違いは? . 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.24 福岡

  71. 森 雅亮. ライフステージに合わせたシームレスなリウマチ性疾患患者の管理~小児期・AYA世代から挙児可能年齢まで~ 小児期~AYA世代の管理オーバービュー. 第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023.04.24 福岡

  72. 吉岡耕平, 山﨑和子, 元永裕生, 森翔, 米倉桃子, 豊福悦史, 林祐子, 毛利万里子, 森雅亮.. 体重増加不良を主訴とした若年性脊椎関節炎の一例. 第126回日本小児科学会学術集会 2023.04.16 東京

  73. 山﨑和子, 豊福悦史, 吉岡耕平, 林祐子, 森翔, 元永裕生, 森雅亮, 川畑仁人. 若年性突発性関節炎との鑑別を要したPachydermodactylyの2例. 第126回日本小児科学会学術集会 2023.04.15 東京

  74. 山崎 晋, 石川 仁太朗, 佐藤 俊介, 矢賀部 彩音, 武田 翔, 宮野 洋希, 遠山 雄大, 宮田 恵理, 丘 逸宏, 吉田 登, 鈴木 恭子, 清水 正樹, 森 雅亮, 清水 俊明. 若年性皮膚筋炎と全身型若年性特発性関節炎の鑑別にサイトカインプロファイル解析が有用であった1例. 第126回日本小児科学会学術集会 2023.04.15 東京

  75. 森翔, 山﨑和子, 長田洋資, 麻生健太郎, 元永裕生, 柏戸桃子, 林祐子, 豊福悦史, 毛利万里子, 吉岡耕平, 川畑仁人, 森雅亮. 心タンポナーデに対しての緊急ドレナージを要した全身性エリテマトーデスの一例. 第126回日本小児科学会学術集会 2023.04.14 東京

  76. 林祐子, 山﨑和子, 元永裕生, 森翔, 豊福悦史, 毛利万里子, 吉岡耕平, 川畑仁人, 森雅亮. 小児期および思春期・若年成人期発症全身性エリテマトーデスの臨床的特徴. 第126回日本小児科学会学術集会 2023.04.14 東京

  77. 金子修也, 宮岡双葉, 真保麻実, 衣良部仁, 高澤啓, 清水正樹, 森雅亮, 森尾友宏.. 組織球性壊死性リンパ節炎の診断における血清中インターフェロンアルフェ値の有用性. 第126回日本小児科学会学術集会 2023.04.14 東京

  78. 金子 修也 大宮岡 双葉, 真保 麻実, 伊良部 仁, 高澤 啓, 清水 正樹, 森 雅亮, 森尾 友宏. 組織球性壊死性リンパ節炎の診断における血清中インターフェロンアルファ値の有用性. 第126回日本小児科学会学術集会 2023.04.14 東京

  79. 森雅亮. 生ワクチン接種後の免疫抑制療法. 第686回日本小児科学会東京都地方会講話会 2022.12.10 東京

  80. 7. 安斎亘, 小林梢, 日隈のどか, 服部透也, 水野克己, 森雅亮.. BCG接種後早期にACTH療法を施行したWest症候群の乳児例. 第686回日本小児科学会東京都地方会講話会 2022.12.10 東京

  81. 森雅亮. 移行期SLE治療におけるベリムマブの位置づけ. 第37回日本臨床リウマチ学会 2022.10.29 札幌

  82. 森雅亮. 小児、移行期の膠原病について. 第50回日本臨床免疫学会総会 2022.10.16 福岡

  83. 森雅亮. 日本専門医機構が認定するリウマチ・膠原病領域 サブスペシャルティ専門医制度の進捗状況と小児リウマチ学会としての方向性について. 第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2022.10.15 新潟

  84. 伊良部 仁, 宮岡 双葉, 金子 修也, 真保 麻実, 阿久津 裕子, 清水 正樹, 森尾 友宏, 森 雅亮. NSAIDs抵抗性の慢性非化膿性骨髄炎の女児例. 第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2022.10.15 新潟

  85. 金子 修也, 宮岡 双葉, 真保 麻実, 伊良部 仁, 清水 正樹, 山田 茉未子, 鈴木 寿人, 小崎 健次郎, 福島 啓太郎, 森 雅亮, 森尾 友宏. 若年性特発性関節炎との鑑別が困難であった機能獲得型STAT3変異の一例. 第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2022.10.15 新潟

  86. 豊福 悦史, 山崎 和子, 林 祐子, 吉岡 耕平, 松村 憲浩, 櫻井 恵一, 大岡 正道, 森 雅亮, 川畑 仁人. 思春期・若年成人世代での服薬コンプライアンス不良から増悪した抗リン脂質抗体症候群の2症例. 第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2022.10.15 新潟

  87. 林 祐子, 山崎 和子, 松村 憲浩, 森 翔, 豊福 悦史, 櫻井 恵一, 毛利 万里子, 吉岡 耕平, 大岡 正道, 森 雅亮, 川畑 仁人. 成人Still病が疑われた化膿性脊椎炎の一例 発達障害を有するAYA期診療の問題点. 第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2022.10.15 新潟

  88. 山崎 和子, 藤川 あつ子, 野崎 太希, 元永 裕生, 林 祐子, 森 翔, 豊福 悦史, 吉岡 耕平, 川畑 仁人, 森 雅亮. 仙腸関節MRIの小児期およびAYA期の正常所見と若年性脊椎関節炎における評価. 第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2022.10.15 新潟

  89. 宮岡 双葉, 伊良部 仁, 金子 修也, 真保 麻実, 清水 正樹, 森尾 友宏, 森 雅亮. 急性ループス肺炎を合併した全身性エリテマトーデスの2例. 第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2022.10.15 新潟

  90. 森翔, 山崎 和子, 元永 裕生, 鈴木 翔太郎, 林 祐子, 豊福 悦史, 毛利 万里子, 吉岡 耕平, 小嶺 友香利, 櫻井 謙三, 川畑 仁人, 森 雅亮. 視神経脊髄炎の加療中に混合性結合組織病を発症した14歳女児例. 第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2022.10.14 新潟

  91. 金子 修也, 宮岡 双葉, 真保 麻実, 伊良部 仁, 清水 正樹, 森 雅亮, 森尾 友宏. 臨床免疫領域におけるバイオマーカーの臨床的意義 川崎病と川崎病mimickersの診断における血清中炎症性サイトカインプロファイルの有用性. 第50回日本臨床免疫学会総会 2022.10.14 東京

  92. 吉岡 耕平, 山崎 和子, 元永 裕生, 森 翔, 柏戸 桃子, 豊福 悦史, 林 祐子, 毛利 万里子, 加藤 正樹, 前畑 忠輝, 川畑 仁人, 森 雅亮. 倦怠感と腹痛を主訴に紹介され、経過中に陰部痛を呈していたAYA世代のクローン病女性例. 第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2022.10.14 新潟

  93. 森 雅亮. 自己免疫疾患の移行期医療. 第71回日本アレルギー学会学術集会 2022.10.08 東京

  94. 森雅亮. 自己免疫疾患の移行期医療. 第71回日本アレルギー学会学術集会 2022.10.08 東京

  95. 森 雅亮. TNF阻害薬および血漿交換療法が奏功する急性期の免疫病態. 第42回日本川崎病学会・学術集会 2022.09.30 埼玉

  96. 森 雅亮. 若年性突発性関節炎(JIA)におけるぶどう膜炎診療の実際. 日本脊椎関節炎学会第32回学術集会 2022.09.10 鹿児島

  97. 森 雅亮. 若年性特発性関節炎(JIA)におけるぶどう膜炎診療の実際. 日本脊椎関節炎学会第32回学術集会  2022.09.10 鹿児島

  98. 森 雅亮. 小児リウマチ移行期医療の現状とそれを打開する実際の取り組み. 第95回日本整形外科学会学術集会  2022.05.20 神戸

  99. 西村謙一, 金子詩子, 杉田侑子, 謝花幸祐, 岡本奈美, 岩田直美, 久保田知洋, 安村純子, 宮前多佳, 作村直人, 横山忠史, 梅林宏明, 木澤敏毅, 伊藤秀一, 森雅亮.. トシリズマブ皮下注製剤を使用した若年性特発性関節炎患者の実態調査: 多機関共同後ろ向き観察研究. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.27 横浜

  100. 森雅亮, 宮前多佳子, 松井利浩. 移行期における患者支援. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.27 横浜

  101. 森雅亮, 杉原毅彦. 自己免疫疾患に関する調査研究班のレジストリ研究. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.27 横浜

  102. 金子修也, 清水正樹, 真保麻実, 伊良部仁, 水田麻雄, 中岸保夫, 岩田直美, 森雅亮.. 全身型若年性特発性関節炎に合併したマクロファージ活性化症候群における活動性指標の早期診断に対する有用性. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.27

  103. 宮岡双葉, 金子修也, 真保麻実, 伊良部仁, 阿久津裕子, 山﨑晋, 毛利万里子, 清水正樹, 瀬川裕子, 森雅亮.. 当院における環軸関節炎を伴う若年性特発性関節炎7例の検討. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.27

  104. 吉岡耕平, 山崎和子, 元永裕生, 森翔, 柏戸桃子, 林祐子, 毛利万里子, 川畑仁人, 森雅亮. COVID-19ワクチン接種後に関節炎再燃と胸骨舌骨筋付着部炎を発症した多関節炎型若年性特発性関節炎の一例. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.25

  105. 水島万智子, 杉原毅彦, 櫻井恵一, 永渕裕子, 森雅亮, 松井利浩, 川畑仁人.. 関節リウマチにおける固形癌よりも悪性リンパ腫合併に関連する因子の検討. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.25 横浜

  106. 元永裕生, 森翔, 柏戸桃子, 林祐子, 毛利万里子, 吉岡耕平, 山崎和子, 川畑仁人, 森雅亮.. 種々のTNFα阻害薬に反応せず,ヒト型抗ヒトIL-17Aモノクローナル抗体製剤が有効であった若年性体軸性脊椎関節炎の1女児例. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.25 横浜

  107. 林祐子, 元永裕生, 森翔, 柏戸桃子, 毛利万里子, 吉岡耕平, 山崎和子, 高松漂太, 森雅亮, 川畑仁人.. グルココルチコイドが無効でベリムマブを導入したSLE合併リジン尿性蛋白不耐症の一例. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.25 横浜

  108. 森翔, 山崎和子, 元永裕生, 柏戸桃子, 林祐子, 毛利万里子, 吉岡耕平, 川畑仁人, 森雅亮.. 縦隔気腫を生じた急速進行性肺疾患合併若年性皮膚筋炎の1例. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.25 横浜

  109. 石﨑克樹, 櫻井恵一, 水島万智子, 遠藤信幸, 後藤由多加, 川崎達也, 品川尚志, 鈴木翔太郎, 清川智史, 高桑由希子, 殿岡久美子, 山崎和子, 今村充, 杉原毅彦, 永渕裕子, 大岡正道, 森雅亮, 川畑仁人.. アテゾリズマブによるirAEの多発筋炎の一例. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.25 横浜

  110. 石井大裕,中村隆広,武井陽,吉橋知邦,有坂敦子,大森多恵,三澤正弘,酒井愛子,鮎沢衛,森 雅亮.. 当院で経験した最初のMultisystem Inflammatory Syndrome in Children(MIS-C)の1例. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.16 福島

  111. 真保麻実,金子修也, 伊良部仁,阿久津裕子,清水正樹,森雅亮,森尾友宏.. 生物学的製剤治療中の全身型若年性特発性関節炎における腸恥滑液包炎. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.16 福島

  112. 村越未希,宇田川智広,金森透,奥津美夏,真保麻実,伊良部仁,阿久津裕子,清水正樹,森雅亮,森尾友宏.. 当院で腎生検を施行したループス腎炎24名の臨床的検討と腎生検合併症. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.15

  113. 山崎和子, 柏戸桃子, 森翔, 吉岡耕平, 元永裕生, 林祐子, 森雅亮, 川畑仁人.. 若年性特発性関節炎との鑑別が必要だったPachydermodactylyの一例. 第66回日本リウマチ学会総会・学術集会 2022.04.02 横浜

  114. 金子修也,衣良部仁,真保麻実,山崎晋,清水正樹,森 雅亮. . 関節炎のない全身型若年性特発性関節炎~川崎病との鑑別の重要性~. . 第41回日本川崎病学会 総会・学術集会  2021.11.20

  115. 森 雅亮.. 小児リウマチ学から見た川崎病.. 第41回日本川崎病学会 総会・学術集会  2021.11.20

  116. 森 雅亮.. ランチョンセミナー. 川崎病における冠動脈病変発症阻止を目指して~大量ガンマグロブリン+インフリキシマブ+血漿交換による段階的治療の実用性~.. 第42回日本アフェレシス学会学術集会  2021.10.17

  117. 山崎晋,金子修也,伊良部仁,真保麻実,阿久津裕子,清水正樹, 森 雅亮.. 若年性脊椎関節炎の治療経過中にクローン病と骨髄異形成症候群を合併した1例. . 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  118. 金子修也,伊良部仁,真保麻実,山崎晋,清水正樹, 森 雅亮. . 非定型皮疹を呈した全身型若年性突発性関節炎の一例. . 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  119. 吉岡耕平, 山崎和子, 元永裕生, 森翔, 柏戸桃子, 林祐子, 毛利万里子, 小森学, 河越龍方, 森 雅亮.. インフリキシマブが有効であった非典型Cogan症候群の一例. . 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  120. 元永裕生, 山崎和子, 森翔, 柏戸桃子, 林祐子, 吉岡耕平, 中村幸嗣, 森 雅亮. . IgG2欠損症を合併したシェーグレン症候群の女児例. . 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  121. 森 翔, 米野翔太, 花木良, 大橋啓之, 三谷義英, 元永裕生, 柏戸桃子, 林祐子, 毛利万里子, 吉岡耕平, 山崎和子, 森 雅亮, 平山雅浩.. 周期性発熱に続いて発症した大動脈炎、腎動脈狭窄に対してtocilizumabが著効した3歳男児例. . 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  122. 林祐子, 石川健, 及川慶介, 和田泰格, 遠藤幹也, 元永裕生, 森翔, 柏戸桃子, 毛利万里子, 吉岡耕平, 山崎和子, 高松漂太, 森 雅亮, 赤坂真奈美. . ネフローゼ症候群、SLE様病態を呈し、ベリムマブを導入したリジン尿性蛋白不耐症の一例.. 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  123. 金子修也,伊良部仁,真保麻実,山崎晋,清水正樹,金森透,宇田川智宏,森尾友宏, 森 雅亮. . めまい・難聴を初発症状とし多彩な臓器合併症を呈した全身性エリテマトーデスの一例.. 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  124. 佐藤幸一郎,西田豊,山田論,井上貴晴,八木久子,真保麻実,清水正樹, 森 雅亮,森尾友宏,滝沢琢己.. ベーチェット病との鑑別に苦慮したADA2欠損症の1例.. 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  125. 真保麻実,金子修也,伊良部仁,阿久津裕子,山崎晋,毛利万里子,清水正樹, 森 雅亮.. 若年性皮膚筋炎の皮膚症状に対してヒドロキシクロロキンが有効であった2例. . 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  126. 伊良部仁,真保麻実,金子修也,山崎晋,清水正樹,根本千裕,平本龍吾, 森 雅亮. . 抗NXP-2抗体陽性若年性皮膚筋炎の1例. . 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  127. 清水正樹,西岡謙一,岩田直美,八角高裕,梅林宏明,中岸保夫,大倉有加,岡本奈美,金城紀子,水田麻雄,矢代将登,安村純子,脇口宏之,久保田知洋,毛利万里子, 森 雅亮.. 全身型若年性突発性関節炎に合併したマクロファージ活性化症候群に対する治療.. 第30回日本小児リウマチ学会学術集会 2021.10.16

  128. 森 雅亮. . 免疫不全状態が懸念される状況下でのロタウイルスワクチン接種~免疫不全状態における予防接種ガイドライン(追補版)に即して~. . 第30回日本外来小児科学会年次集会  2021.08.21

  129. 田中里奈, 真保麻実, 山﨑晋, 清水正樹, 森尾友宏, 森 雅亮. . 橋本病を合併した混合性 結合組織病の1例:Hypothyroid myopathy鑑別の重要性. . 2021.04.26

  130. 保志 ゆりか,真保麻実,山﨑 晋,清水正樹,森尾友宏,森 雅亮.. Lupus myositisを呈した 小児全身性エリテマトーデスの1例. . 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.26

  131. 清水正樹, 真保麻美,阿久津裕子, 山﨑 晋,山口玲子, 瀬川裕子, 森尾友宏, 森 雅亮.. 化膿性恥骨結合炎を合併した小児全身性エリテマトーデスの1例.. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.26

  132. 真保麻実,山崎晋,清水正樹,森尾友宏,森 雅亮.. 縦隔炎・肺門部リンパ節腫脹を合併した若年発症サルコイドーシスの1例. . 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.26

  133. 山﨑 晋,真保麻美,阿久津裕子,清水正樹,森尾友宏,森 雅亮. . 多発性骨壊死を合併したXXX症候群の全身性エリテマトーデスの1例. . 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.26

  134. 宮前多佳子、森 雅亮.. トシリズマブの全身型若年性特発性関節炎に対する第II/III相試験長期予後追跡調査研究結果【中間報告】. 第65回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2021.04.26

  135. 井上祐三朗, 梅林宏明, 松井利浩, 西山進, 宮前多佳子, 森 雅亮. . ワークショップ.小児発症リウマチ性疾患患者の自立評価指標の確立.. 第65回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2021.04.26

  136. 近藤文彬、杉原毅彦、梅澤夏佳、長谷川久紀、細矢匡、木村直樹、溝口史高、森 雅亮、保田晋助. . 治療導入初期の成人発症Still病に対する副腎皮質ステロイド療法における治療反応不良因子の検討.. 第65回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2021.04.26

  137. 松井利浩, 浦田幸朋, 川畑仁人, 川人豊, 小嶋雅代,佐浦隆一,杉原毅彦,島原範芳,辻村美保,中原英子,橋本淳,橋本求,房間美恵,宮前多佳子,村島温子,森 雅亮,矢嶋宣幸. . メディカルスタッフによる関節リウマチ患者支援の実態に関するアンケート調査~ライフステージに応じた関節リウマチ患者支援ガイド作成に向けて~.. 第65回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2021.04.26

  138. 謝花幸祐, 松井利浩, 當間重人, 森 雅亮.. ワークショップ. 移行期・成人期の少・多関節炎若年性特発性関節炎と若年関節リウマチ患者の診療実態の相違点-CoNinJaとNinJaを用いた解析-. . 第65回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2021.04.26

  139. 坂川由里歌, 阿久津裕子, 真保麻実, 山崎晋, 清水正樹, 森尾友宏, 森 雅亮. . 川崎病性関節炎と全身型若年性特発性関節炎の鑑別に苦慮した一例. . 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.17

  140. 森 雅亮. 免疫抑制薬使用による免疫不全状態下でのCOVID-19感染症~最近の知見からのエビデンスを中心に~.. 第4回日本免疫不全・自己炎症学会総会学術集会. 2021.02.07

  141. 森 雅亮. 小児でみられる血管炎の診かた・考え方.. 第44回日本小児皮膚科学会学術大会. 2021.01.10

  142. 森 雅亮. 全身エリテマトーデス診療ガイドライン 2019』および『小児全身性エリテマトーデス診療の手引き 2018』に即した、小児期および移行期全身性エリテマトーデス(SLE)治療の実際. . 第55回日本小児腎臓病学会学術集会 2021.01.10

  143. 森 雅亮. シンポジウム 免疫疾患:小児から成人へ. 小児リウマチ性疾患の免疫学的特徴と成人移行期への課題.. 第46回日本臨床免疫学会総会 2020.10.01

  144. 森 雅亮. シンポジウム 難治性川崎病の新しい治療戦略. 重症川崎病治療における、生物学的製剤(インフリキシマブ)と血漿交換療法の位置づけ.. 第40回 川崎病学会学術総会 . 2020.10.01

  145. 森 雅亮, 清水正樹. . シンポジウム 難治性小児病態に対するアフェレシス. 小児膠原病リウマチ疾患に対するアフェレシス療法.. 第41回日本アフェレシス学会学術大会. 2020.10.01

  146. 森 雅亮、山﨑和子、武井修治、伊藤保彦、小林一郎、冨板美奈子、岡本奈美. . シンポジウム. みんなで創る移行期医療 ~実臨床に役立つ最近の進展と話題~. 全国調査から浮かび上がった小児リウマチ疾患の移行医療の現状と課題. . 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2020.08.01

  147. 謝花幸祐、松井利浩、當間重人、森 雅亮. . ワークショップ リウマチ性疾患の疫学. 全身型を除く若年性特発性関節炎におけるJADAS-27と関節リウマチの各疾患活動性指標の関連性についての検討- CoNinJaを利用した解析. . 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2020.08.01

  148. 真保麻実, 阿久津裕子, 山崎晋, 森 雅亮. . 付着部炎小児例の臨床像についての検討.. 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2020.08.01

  149. 山﨑晋、真保麻実、阿久津裕子、森 雅亮. . ワークショップ 妊娠・出産・移行医. 若年性特発性関節炎関連ぶどう膜炎に対する移行期医療と小児リウマチ医の重要性. . 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2020.08.01

  150. 阿久津裕⼦、真保⿇実、⽑利万⾥⼦、 ⼭崎晋、 森 雅亮. . NXP-2 抗体陽性若年性⽪膚筋炎の4 例. . 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2020.08.01

  151. 森 雅亮. ワークショップ. SLE・抗リン脂質抗体症候群. 小児及び成人のSLE患者にベリムマブを静脈内投与した際の有効性及び安全性:試験横断的比較.. 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2020.08.01

  152. 森 雅亮. シンポジウム. 関節リウマチ診療ガイドライン2020 -成人移行期医療-.. 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2020.08.01

  153. 森 雅亮.. 若年性特発性関節炎のUp To Date(総論). 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会. 2019.10

  154. 楢崎秀彦、山口賢一、今川智之、井上祐三朗、森 雅亮. . 小児リウマチ性疾患登録(レジストリ)研究PRICURE ver.2.. 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会. 2019.10

  155. 三井清誉、羽田伊知郎、小池卓也、近藤綺香、川原亜友美、田中絵里子、福原大介、清水正樹、森 雅亮、楊 國昌.. リポ化ステロイド・シクロスポリン・血漿交換療法中にマクロファージ活性化症候群の増悪を来した全身型若年性特発性関節炎の一例.. 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会. 2019.10

  156. 清水正樹、水田麻雄、岡本奈美、八角高裕、岩田直美、梅林宏明、大倉有加、金城紀子、久保田知洋、中岸保夫、西村謙一、毛利万里子、八代将登、安村純子、脇口宏之、森 雅亮.. トシリズマブ治療中に発症した全身型若年性特発性関節炎に合併したマクロファージ活性化症候群症例の臨床的特徴. 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2019.10

  157. 真保麻実、阿久津裕子、毛利万里子、山﨑 晋、山口玲子、高澤 啓、鹿島田健一、瀬川裕子、 森尾友宏、森 雅亮.. 慢性の多関節痛を呈し若年性特発医性関節炎と鑑別を要したムコリピ ドーシスⅢ型の14歳男児例. . 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会. 2019.10

  158. 山﨑 晋、真保麻実、阿久津裕子、毛利万里子、森尾友宏、森 雅亮. . 若年性特発性関節炎 関連ぶどう膜炎に対してゴリムマブ治療を要した2例. . 第29回日本小児リウマチ学会総会・ 学術集会. 2019.10

  159. 阿久津裕子、毛利万里子、真保麻実、山﨑 晋、今井耕輔、森尾友宏、森 雅亮. . 当院における小児期発症ベーチェット病の検討-遺伝学的考察を含めて-. . 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会. 2019.10

  160. 毛利万里子. 松本拓実. 森 雅亮. 東京医科歯科大学における小児期発症リウマチ性疾患 患者の診療科移行の実際. . 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2019.10

  161. 森雅亮. 免疫学から切り込んだ感染症学. 生物学的製剤と感染症(ワークシ ョップ).. 第93回 日本感染症学会総会・学術集会 2019.04

  162. 森雅亮. 祖父母から孫へ、孫から祖父母へ. 小児結核の特徴と現状およ び今後の課題(シンポジウム). . 第93回 日本感染症学会総会・学術集会. 2019.04

  163. 大原亜沙実、森 雅亮.. 間質性肺炎合併抗MDA5抗体陽性若年性皮膚筋炎患者における胸 部CT所見の治療抵抗性予測の検討.. 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019.04

  164. 謝花幸祐、森 雅亮. 全国小児リウマチ中核施設の疫学調査結果を用いたMMP-3及び骨密度についての検討. . 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2019.04

  165. 金子佳代子、森 雅亮、村島温子. 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究:中間報告. . 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2019.04

  166. 山﨑 和子、森 雅亮. リウマチ性疾患のガイドライン. 小児リウマチ性疾患の診断の手引き(シンポジウム). . 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2019.04

  167. 梅林宏明、森 雅亮.. 小児期発症リウマチ性疾患の実践的移行期診療に向けて. 若年性特発性関節炎における移行期の病態と診療の指針(シンポジウム). . 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2019.04

  168. 毛利万里子、森 雅亮. 小児期発症リウマチ性疾患の実践的移行期診療に向けて.小児科・成人科の両方で診療して感じること(シンポジウム). 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019.04

  169. 阿久津裕子、毛利万里子、森尾友宏、森 雅亮.. 難治性移行期若年性特発性関節炎患者におけるセルトリズマブ ペゴルの使用経験. . 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019.04

  170. 森雅亮. 全身型若年性特発性関節炎における生物学的製剤の位置づけと実際(ランチョ ンセミナー). . 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019.04

  171. 森雅亮. 小児リウマチ性疾患における生物学的製剤使用の実際(教育講演). 第63回 日本リウマチ学会総会・学術集会. 2019.04

  172. 森雅亮. リウマチ学領域の難病研究の最新情報. 自己免疫疾患に関する調査研究班の取 り組み(シンポジウム).. 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2019.04

  173. 森雅亮. 小児リウマチにおける工ビデンスづくりと、移行 期医療ネットワークの構築を目指して. 第63回日本リウマチ学会総会・学 術集会 2019.04 京都

  174. 森雅亮. 教育講演 小児炎症性疾患の診かた・考え方~自己炎症性疾患と自己免疫性疾患のクロストーク~.. 第651回日本小児科学会東京都地方会講話会. 2019.01

  175. 森 雅亮. 【希少・難治性疾患の診断と治療の最前線】 高安動脈炎. Progress in Medicine 2018.12.01

  176. 木澤 敏毅, 謝花 幸祐, 井上 なつみ, 大倉 有加, 岡本 奈美, 久保田 知洋, 清水 正樹, 中岸 保夫, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 山出 晶子, 脇口 宏之, 梅林 宏明, 森 雅亮, 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患等政策研究事業(免疫アレルギー疾患政策研究分野)))『小児期および成人移行期小児リウマチ患者の全国調査データの解析と両者の異同性に基づいた全国的「シームレス」診療ネットワーク構築による標準的治療の均てん化』JIA分担研究班. 若年性特発性関節炎に対するアバタセプト治療の手引き. 小児リウマチ 2018.11.01

  177. 岡本 圭祐, 森 雅亮, 松井 利浩, 溝口 史高, 星野 顕宏, 今井 耕輔, 上阪 等, 森尾 友宏. 自己免疫性疾患患者における原発性免疫不全症合併例の後方視的分析. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  178. 宮岡 双葉, 毛利 万里子, 阿久津 裕子, 森 雅亮. 当院の小児膠原病患者におけるマクロファージ活性化症候群の臨床像の検討. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  179. 深間 英輔, 堀内 真帆, 久野 はる香, 佐藤 健, 竹田 清香, 松田 希, 滝島 茂, 三上 健太郎, 石橋 奈保子, 菅原 祐之, 森 雅亮, 長谷川 毅. 不全型川崎病との鑑別に苦慮したリウマチ熱の1例. 埼玉県医学会雑誌 2018.11.01

  180. 毛利 万里子, 金森 透, 岡本 圭祐, 田中 絵里子, 今井 耕輔, 森尾 友宏, 岡本 健太郎, 森 雅亮. MSH6遺伝子変異を伴い難治性腸管Behcet病を疑う超早期発症炎症性腸疾患(VEO-IBD)の1例. 小児リウマチ 2018.11.01

  181. 岡本 圭祐, 森 雅亮, 松井 利浩, 溝口 史高, 星野 顕宏, 今井 耕輔, 上阪 等, 森尾 友宏. 自己免疫性疾患患者における原発性免疫不全症合併例の後方視的分析. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  182. 深間 英輔, 菅原 祐之, 佐藤 健, 滝島 茂, 久野 はる香, 堀内 真帆, 竹田 清香, 松田 希, 三上 健太郎, 石橋 奈保子, 森 雅亮, 長谷川 毅. 関節炎を呈した川崎病の1例. 埼玉県医学会雑誌 2018.11.01

  183. 久保田 知洋, 中岸 保夫, 岡本 奈美, 梅林 宏明, 岩田 直美, 大倉 有加, 清水 正樹, 村田 卓士, 謝花 幸祐, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 脇口 宏之, 森 雅亮. JIA患者におけるインフルエンザ罹患時の発熱期間と治療背景に関する検討. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  184. 小林 法元, 中瀬古 春奈, 大原 亜沙美, 竹崎 俊一郎, 山崎 雄一, 佐藤 智, 西田 豊, 山崎 和子, 小林 一郎, 秋岡 親司, 森 雅亮. 若年性特発性炎症性筋疾患における抗Jo-1抗体陽性例の検討. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  185. 岡本 奈美, 中岸 保夫, 西村 謙一, 清水 正樹, 大倉 有加, 安村 純子, 脇口 宏之, 謝花 幸祐, 水田 麻雄, 森 雅亮. 本邦小児における赤血球中ポリグルタミル化メトトレキサート濃度の有用性と至適用法用量の検討. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  186. 松本 拓実, 毛利 万里子, 平野 史生, 森 雅亮. 成人科とともに歩む小児リウマチ性疾患移行期医療 小児期発症リウマチ性疾患の診療に携わった成人リウマチ科医の意見. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  187. 瀬川 裕子, 森 雅亮, 毛利 万里子, 阿久津 裕子, 山口 玲子, 森尾 友宏, 大川 淳. 左股関節痛で発症しTNF阻害剤投与により症状改善が得られている強直性脊椎炎の1例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  188. 森下 祐介, 前田 明彦, 丸金 拓蔵, 浦木 諒, 澤井 孝典, 長尾 佳樹, 北村 祐介, 遠藤 友子, 白石 泰資, 岡本 圭祐, 森 雅亮, 清水 正樹. 川崎病、Blau症候群との鑑別を要した若年性特発性関節炎(JIA)の一例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  189. 井上 祐三朗, 岩田 直美, 小林 一郎, 楢崎 秀彦, 西山 進, 野澤 智, 野中 由希子, 冨板 美奈子, 森 雅亮. 小児期シェーグレン症候群患者の移行支援にむけたガイドの作成. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  190. 森 雅亮. 小児リウマチにおけるエビデンスと移行期医療の構築を目指して. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  191. 阿久津 裕子, 毛利 万里子, 田中 絵里子, 森 雅亮. マクロファージ活性化症候群を発症した若年性皮膚筋炎の治療中に、血栓性微小血管症が疑われた2例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  192. 森 雅亮. 【診断と治療のABC[139]リウマチ・膠原病】 (第2章)若年性特発性関節炎. 最新医学 2018.10.01

  193. 森 雅亮. 【自己炎症性疾患-最新の基礎・臨床知見-】 広義の自己炎症性疾患 全身型若年性特発性関節炎、成人発症スチル病. 日本臨床 2018.10.01

  194. 木村 弥生, 柳町 昌克, 森 雅亮, 平野 久. 【川崎病アップデート〜病因・病態論の推移と展望〜】 プロテオーム解析による新規バイオマーカー探索 川崎病関連タンパク質の発見. アレルギー・免疫 2018.10.01

  195. 森 雅亮. 【川崎病アップデート〜病因・病態論の推移と展望〜】 (序)川崎病の病因および病態へのアプローチ. アレルギー・免疫 2018.10.01

  196. 岡本 圭祐, 今井 耕輔, 森 雅亮, 森尾 友宏. SLE 全身性エリテマトーデスの臨床像を呈する原発性免疫不全症(monogenic SLE). 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.10.01

  197. 毛利 万里子, 森 雅亮, 金兼 弘和. 自己炎症性疾患におけるカナキヌマブの適応と有効性. リウマチ科 2018.09.01

  198. 森 雅亮. 【IL-6阻害療法の基礎と臨床】 全身型若年性特発性関節炎(JIA)におけるトシリズマブの使い方と注意点. リウマチ科 2018.08.01

  199. 永関 剛, 毛利 万里子, 金森 透, 田中 絵里子, 森 雅亮, 森尾 友宏. サイトメガロウイルス再活性化を契機に血球貪食症候群を呈した全身性若年性特発性関節炎の1例. 日本小児科学会雑誌 2018.08.01

  200. 森 雅亮. 【小児処方の新潮流】 ステロイドがもたらす易感染性とステロイドの感染症への使用. 東京小児科医会報 2018.07.01

  201. 森 雅亮. プロテオーム解析によって発見された川崎病の診断用血清バイオマーカー. 外来小児科 2018.07.01

  202. 森 雅亮. 【血管炎(第2版)-基礎と臨床のクロストーク-】 最新の研究トピックス 臨床研究の進歩 川崎病に対するインフリキシマブ治療の実際. 日本臨床 2018.07.01

  203. 中野 直子, 森 雅亮. 【血管炎(第2版)-基礎と臨床のクロストーク-】 最新の研究トピックス 臨床研究の進歩 小児期発症結節性多発動脈炎のわが国での全国調査. 日本臨床 2018.07.01

  204. 森 雅亮. 小児感染症領域のガイドラインの現状 深在性真菌症ガイドライン. 感染症学雑誌 2018.05.01

  205. 森 雅亮. 小児感染症領域のガイドラインの現状 深在性真菌症ガイドライン. 日本化学療法学会雑誌 2018.05.01

  206. 久保田 知洋, 中岸 保夫, 岡本 奈美, 梅林 宏明, 岩田 直美, 大倉 有加, 清水 正樹, 謝花 幸祐, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 脇口 宏之, 森 雅亮. リウマチ性疾患と感染症2:B型肝炎・HTLV1・インフルエンザ・ニューモシスチス 本邦JIA患者におけるインフルエンザ感染及びワクチン接種に関する現状調査 全国小児リウマチ中核施設の調査結果. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  207. 岡本 奈美, 謝花 幸祐, 梅林 宏明, 岩田 直美, 大倉 有加, 久保田 知洋, 清水 正樹, 中岸 保夫, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 脇口 宏之, 森 雅亮. リウマチ性疾患の疫学2 本邦若年性特発性関節炎の疫学的特徴 全国小児リウマチ中核施設の調査結果・診断時. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  208. 梅林 宏明, 岡本 奈美, 謝花 幸祐, 岩田 直美, 大倉 有加, 久保田 知洋, 清水 正樹, 中岸 保夫, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 脇口 宏之, 森 雅亮. リウマチ性疾患の疫学2 本邦若年性特発性関節炎の疫学的特徴 全国小児リウマチ中核施設の調査結果・予後. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  209. 櫻井 のどか, 日野 彩子, 野澤 智, 上出 浩之, 大原 亜沙実, 西村 謙一, 菊地 雅子, 原 良紀, 森 雅亮, 伊藤 秀一. 多発性筋炎・皮膚筋炎4 若年性皮膚筋炎における皮下脂肪と筋膜の評価. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  210. 謝花 幸祐, 岡本 奈美, 梅林 宏明, 岩田 直美, 久保田 知洋, 水田 麻雄, 中岸 保夫, 西村 謙一, 大倉 有加, 清水 正樹, 脇口 宏之, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 森 雅亮. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 本邦若年性特発性関節炎の疫学的特徴 全国小児リウマチ中核施設の調査結果・最終観察時. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  211. 矢嶋 宣幸, 金子 佳代子, 磯島 咲子, 岩田 恭宜, 大西 香絵, 仁科 直, 根本 卓也, 平野 亨, 中村 浩之, 宮前 多佳子, 横山 和佳, 奥 健志, 竹内 勤, 田村 直人, 森 雅亮, 村島 温子. SLE・抗リン脂質抗体症候群1 我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究【日本リウマチ学会ワーキンググループ】. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.03.01

  212. 森 雅亮. 川崎病急性期治療においてTNF阻害療法をどう位置付けるか. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  213. 安村 純子, 八代 将登, 謝花 幸祐, 岡本 奈美, 森 雅亮. 本邦の小児リウマチ専門施設における若年性特発性関節炎関連ぶどう膜炎の実態調査 疫学. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  214. 八代 将登, 安村 純子, 謝花 幸祐, 岡本 奈美, 森 雅亮. 本邦の小児リウマチ専門施設における若年性特発性関節炎関連ぶどう膜炎の実態調査 治療. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  215. 中野 直子, 森 雅亮, 金兼 弘和, 笹原 洋二, 秋岡 親司, 山崎 和子, 梅林 宏明, 西村 健一, 久保田 和洋, 八角 高裕, 越智 史博, 石井 榮一. 本邦における小児期発症結節性多発動脈炎の全国調査. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  216. 高瀬 千尋, 岡本 圭祐, 多田 憲正, 田中 絵里子, 森 雅亮, 森尾 友宏. 血球貪食症候群を伴った結節性多発動脈炎の1男子例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  217. 毛利 万里子, 森 雅亮, 金森 透, 岡本 圭祐, 田中 絵里子, 森尾 友宏, 根木 真理子, 岡本 健太郎. カナキヌマブとタクロリムスで部分的改善を得た難治性腸管ベーチェット病の2歳女児例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  218. 花谷 あき, 宮前 多佳子, 松山 毅, 谷 諭美, 森 雅亮, 今井 耕輔, 森尾 友宏, 山中 寿, 永田 智. 選択的IgA欠損症の経過中に分類不能型免疫不全症を発症し、幼児期から遷延する多関節型若年性特発性関節炎合併例の臨床像. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  219. 松本 和明, 高井 詩織, 岡本 圭祐, 多田 憲正, 田中 絵里子, 今井 耕輔, 森 雅亮, 森尾 友宏. 全身性エリテマトーデスと抗MDA5陽性若年性皮膚筋炎によるOverlap症候群の13歳女児例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  220. 谷田 けい, 星野 顕宏, 今井 耕輔, 岡田 賢, 大西 秀典, 鈴木 孝二, 南部 隆亮, 森 雅亮, 金兼 弘和, 森尾 友宏. 多彩な自己免疫疾患を合併するSTAT3機能獲得変異. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  221. 高井 詩織, 松本 和明, 岡本 圭祐, 多田 憲正, 田中 絵里子, 今井 耕輔, 森 雅亮, 森尾 友宏. 周期性発熱症候群に類似した臨床像を呈したトリソミー8を伴う骨髄異形成症候群の11歳男子例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  222. 原 良紀, 梅林 宏明, 武井 修治, 岡本 奈美, 岩田 直美, 河野 嘉文, 天野 徳仁, 高橋 陽子, 森 雅亮, 伊藤 保彦, 横田 俊平. MTX又は生物学的製剤で効果不十分の若年性特発性関節炎(JIA)におけるアバタセプトの有効性および安全性の検討 多施設共同非盲検第3相試験. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.10.01

  223. 田中 絵里子,村越 未希,岡本 圭祐,多田 憲正,森 雅亮,森尾 友宏. ループス腎炎に対するMycophenolate Mofetilの治療効果. 第52回日本小児腎臓病学会学術集会 2017.06.02 東京

  224. 小野静香,田中絵里子,岡本圭祐,多田憲正,馬場信平,,菅原祐之,高木正稔,森雅亮,森尾友宏. 糸球体腎炎を合併したAicardi-Goutieres syndromeの一例. 第52回日本小児腎臓病学会学術集会 2017.06.01

  225. 森 雅亮. 予防接種を取り巻く最新の話題とB型肝炎ワクチン接種の意義と実際. 岐阜県小児科医会報 2017.03.01

  226. 江川 真希子, 森 雅亮, 岡本 圭祐, 窪田 哲朗. 自己炎症症候群 妊娠期もカナキヌマブ投与を継続したクリオピリン関連周期熱症候群の1例. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  227. 岩田 直美, 冨板 美奈子, 伊藤 保彦, 井上 祐三朗, 梅林 宏明, 岡本 奈美, 小林 一郎, 野中 由希子, 原 良紀, 森 雅亮. シェーグレン症候群/IgG4関連疾患 小児一次性シェーグレン症候群における疾患活動性指標ESSDAIに関する検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  228. 清水 正樹, 水田 麻雄, 岩田 直美, 大倉 有加, 金城 紀子, 八角 高裕, 梅林 宏明, 久保田 知洋, 中岸 保夫, 西村 謙一, 八代 将登, 安村 純子, 山崎 和子, 脇口 宏之, 岡本 奈美, 森 雅亮. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 全身型若年性特発性関節炎に合併したマクロファージ活性化症候群ACR/EULAR診断基準2016の日本人症例における検証. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  229. 松井 利浩, 徳永 郁香, 岡本 圭祐, 松本 拓実, 平野 史生, 當間 重人, 森尾 友宏, 上阪 等, 森 雅亮. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 若年性特発性関節炎患者の成人移行後診療に関する成人診療科医の意識調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  230. 安村 純子, 八代 将登, 大倉 有加, 梅林 宏明, 西村 謙一, 原 良紀, 山崎 和子, 岩田 直美, 清水 正樹, 水田 麻雄, 謝花 幸祐, 中岸 保夫, 脇口 宏之, 久保田 知洋, 金城 紀子, 岡本 奈美, 森 雅亮. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 本邦の小児リウマチ専門施設における若年性特発性関節炎関連ぶどう膜炎の実態調査 疫学. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  231. 八代 将登, 安村 純子, 岡本 奈美, 大倉 有加, 梅林 宏明, 原 良紀, 西村 謙一, 岩田 直美, 清水 正樹, 水田 麻雄, 謝花 幸祐, 中岸 保夫, 脇口 宏之, 久保田 知洋, 金城 紀子, 山崎 和子, 森 雅亮. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 本邦の小児リウマチ専門施設における若年性特発性関節炎関連ぶどう膜炎の実態調査 治療. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2017.03.01

  232. 森 雅亮. 小児重症病態に対するアフェレシス療法 最新の知見 血漿交換療法を要する、免疫グロブリン大量点滴静注療法不応川崎病の冠動脈障害危険因子の検討. 日本アフェレシス学会雑誌 2016.11.01

  233. 森 雅亮. 小児用医薬品の開発開始時期を考える. 小児におけるバイオ医薬品等の開発. PMDA小児ワークショップ 2016.11 東京

  234. 森 雅亮. 血漿交換療法を要する、免疫グロブリン大量点滴静注療法不応川崎病の冠動脈障害危険因子の検討.. 第37回日本アフェレシス学会学術大会 2016.11 東京

  235. 徳永 郁香, 松井 利浩, 松本 拓実, 平野 史生, 川畑 仁人, 金兼 弘和, 當間 重人, 上阪 等, 森 雅亮. 発症年代別に見た成人若年性特発性関節炎患者と関節リウマチ患者の予後比較. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2016.10.01

  236. 岡本 圭祐, 森 雅亮, 青木 龍, 多田 憲正, 田中 絵里子, 森尾 友宏. カナキヌマブの予防的治療を開始したCAPSの一乳児例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2016.10.01

  237. 森 雅亮. JIA研修会-エタネルセプト. 第25回 日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2016.10 千葉

  238. 平野史生, 松本拓実, 杉原毅彦, 長坂憲治, 副島誠, 野々村美紀, 萩山裕之, 宮崎泰成, 松井利浩, 森雅亮, 針谷正祥, 上阪等. 関節リウマチに伴う間質性肺炎に対する中等量副腎皮質ステロイドとタクロリムスによる治療の短期的有効性. 日本臨床免疫学会総会 2016.09.08 東京

  239. 森 雅亮. 難治性移行期若年性特発性関節炎患者におけるセルトリズマブペゴルの使用経験. . 第44回日本臨床免疫学会総会 2016.09

  240. 森 雅亮. ドラッグ・リポジショニングが変える膠原病リウマチ性疾患治療. 既存治療で効果不十分な腸管型・神経型・血管型ベーチェット病および急性期川崎病に対して追加適応を取得したインフリキシマブ. <シンポジウム>. 第31回 日本臨床リウマチ学会 2016.09 東京

  241. 森 雅亮. 『川崎病急性期治療の夜明け:インフリキシマブ療法』 既存治療で効果不十分な急性期川崎病に対するインフリキシマブの臨床試験の概要. <シンポジウム>. 第36回 日本川崎病学会・学術集会 2016.09 横浜

  242. 平野 史生, 松本 拓実, 杉原 毅彦, 長坂 憲治, 副島 誠, 野々村 美紀, 萩山 裕之, 宮崎 泰成, 松井 利浩, 森 雅亮, 針谷 正祥, 上阪 等. 関節リウマチに伴う間質性肺炎に対する中等量副腎皮質ステロイドとタクロリムスによる治療の短期的有効性. 日本臨床免疫学会会誌 2016.08.01

  243. 金井 良浩, 渡辺 好宏, 神垣 佑, 松村 壮史, 藤原 祐, 本井 宏尚, 菅原 秀典, 清水 博之, 稲葉 彩, 町田 裕之, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮. 多発性脳梗塞を契機に発見された左房粘液腫の1例. 神奈川医学会雑誌 2016.07.01

  244. 清水 博之, 志賀 健太郎, 関 和男, 森 雅亮, 中山 哲夫. 小児に関わる医療従事者に対する四種混合ワクチン0.2mLの安全性及び有効性の検討. 神奈川医学会雑誌 2016.07.01

  245. 森 雅亮. 新生児・乳幼児の抗菌薬・抗真菌薬の投与設計 新生児・乳幼児の抗真菌薬の投与設計. 日本化学療法学会雑誌 2016.05.01

  246. 森 雅亮. 免疫不全と感染症 予防接種のガイドラインを含めて その他の免疫不全状態にある患者への予防接種. 日本化学療法学会雑誌 2016.05.01

  247. 森 雅亮. 免疫不全と感染症 予防接種のガイドラインを含めて その他の免疫不全状態にある患者への予防接種. 感染症学雑誌 2016.05.01

  248. 森 雅亮. 慢性疲労症候群-線維筋痛症の免疫学的関わり.<教育講演>. 第119回日本小児科学会学術集会 2016.05 札幌

  249. 森 雅亮. 予防接種にかかわる最近の話題~使用可能となったワクチンを中心に~. <教育セミナー> . 第119回日本小児科学会学術集会 2016.05 札幌

  250. 森 雅亮. 小児におけるバイオ医薬品等の開発および早期実用化に向けた取り組み.. 第60回日本リウマチ学会学術集会 2016.04 横浜

  251. 高橋匡輝,奥津美夏,田中絵里子,今井耕輔,金兼弘和,森雅亮,森尾友宏. 尿細管間質性腎炎を呈した小児期サルコイドーシスの一例. 第5回お茶の水小児腎カンファレンス 2016.02.19

  252. 高橋匡輝,奥津美夏,田中絵里子,今井耕輔,金兼弘和,森雅亮,森尾友宏. 非典型的な全身症状を呈し腎生検にてサルコイドーシスと診断し得た9歳女児例. 第2回小児から成人までのリウマチ診療コンソーシアム 2016.02.18

  253. 神垣 佑, 松村 壮史, 藤原 祐, 菅原 秀典, 清水 博之, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 町田 裕之, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮. 蛋白尿を契機に発見されたシスチン尿症の一女児例. 神奈川医学会雑誌 2016.01.01

  254. 田中絵里子、岡野翼、今井耕輔、小原收、小田紘嗣、森雅亮、金兼弘和、森尾友宏. 尿細管間質性腎炎を呈しNOD2変異を認めた小児期サルコイドーシスの一例. 第25会日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2015.10.10 金沢

  255. 田中 絵里子, 岡野 翼, 今井 耕輔, 小原 收, 小田 紘嗣, 森 雅亮, 金兼 弘和, 森尾 友宏. 尿細管間質性腎炎を呈しNOD2変異を認めた小児期サルコイドーシスの一例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2015.10.01

  256. 小野 真太郎, 金兼 弘和, 我有 茉希, 久保田 真理, 足洗 美穂, 宮本 智史, 満生 紀子, 今井 耕輔, 高木 正稔, 和田 泰三, 松本 和明, 田中 絵里子, 森 雅亮, 森尾 友宏. 巨大脾腫と汎血球減少を認め、悪性リンパ腫との鑑別に苦慮したサルコイドーシスの一例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2015.10.01

  257. 森 雅亮. 若手外科医増加を目指して 小児科医増加のために取り組んできたこと 危機状態からの脱却を目指して. 日本臨床外科学会雑誌 2015.10.01

  258. 原 良紀, 伊藤 秀一, 大原 亜沙実, 西村 謙一, 野澤 智, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 岩本 眞理, 横田 俊平. 免疫グロブリン大量療法不応の川崎病に対しトシリズマブの投与を行った4例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2015.10.01

  259. 森 雅亮. 重症川崎病患者との出会いと、その前で無力だった自分. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2015.10.01

  260. 清水 博之, 関根 佳織, 平井 康太, 高倉 広充, 鈴木 一雄, 多田 奈緒, 厚見 恵, 森 雅亮, 久保田 千鳥. 小児科診療所における6年間(2008〜2013年)のRSV感染症395例の臨床的特徴および疫学的特徴の解析. 小児感染免疫 2015.07.01

  261. 清水 博之, 原 拓麿, 森 雅亮. 小児結核診断におけるツベルクリン反応検査とT-SPOT.TB併用の意義. 小児感染免疫 2015.07.01

  262. 清水 博之, 松村 壮史, 藤原 祐, 神垣 佑, 本井 宏尚, 菅原 秀典, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 町田 裕之, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮. 小児結核診断におけるツベルクリン反応検査とT-SPOT.TB併用の意義. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  263. 加藤 英明, 杉山 嘉史, 大河原 愛, 廣瀬 春香, 宗佐 博子, 森 雅亮, 石ヶ坪 良明, 金子 猛. 遺伝子増幅で同定にいたったHelicobacter cinaedi菌血症の一例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  264. 本井 宏尚, 清水 博之, 神垣 佑, 松村 壮史, 藤原 祐, 菅原 秀典, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 町田 裕之, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮, 加藤 光広. 中心静脈カテーテル関連血流感染症に対してエタノールロック療法が有効であったX連鎖性滑脳症児の1例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  265. 加藤 英明, 宗佐 博子, 河原 春代, 杉山 嘉史, 森 雅亮, 金子 猛. 三次医療施設における感染症専従医新規採用後のコンサルテーション数と抗菌薬使用状況の変化. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  266. 尾高 真生, 松村 壮史, 菅原 秀典, 山崎 真弓, 藤原 祐, 本井 宏尚, 内村 暢, 清水 博之, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 町田 裕之, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮, 大谷 方子. ミトコンドリア異常症が疑われる巣状分節性糸球体硬化症と糖尿病の女児例. 神奈川医学会雑誌 2015.07.01

  267. 小林 一郎, 森 雅亮. リウマチ性疾患の合併症 小児リウマチ性疾患における予防接種ガイドライン. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2015.03.01

  268. 保田 晋助, 渥美 達也, 嶋村 抄苗, 廣村 桂樹, 佐田 憲映, 森 雅亮, 武井 修治, 川口 鎮司, 田村 直人, 高崎 芳成. リウマチ性疾患の新しい治療法 成人ループス腎炎患者におけるミコフェノール酸モフェチルの使用実態調査. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2015.03.01

  269. 森 雅亮, 原 良紀, 西村 謙一, 野澤 智, 菊地 雅子, 保田 晋助, 渥美 達也, 嶋村 抄苗, 廣村 桂樹, 佐田 憲映, 武井 修治, 川口 鎮司, 田村 直人, 高崎 芳成. リウマチ性疾患の新しい治療法 小児期SLEにおけるミコフェノール酸モフェチルの有用性 本邦使用実態調査成績からの解析. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2015.03.01

  270. 伊藤 萌, 藤原 祐, 本井 宏尚, 佐藤 和人, 松村 壮史, 内村 暢, 菅原 秀典, 清水 博之, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 町田 裕之, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮, 根津 敦夫. 当院で経験した小児重症筋無力症の臨床的特徴. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  271. 吉井 沙織, 松村 壮史, 原 拓麿, 内村 暢, 本井 宏尚, 菅原 秀典, 増澤 祐子, 大杉 康司, 清水 博之, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 町田 裕之, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮. 解熱後に冠動脈拡張を認め、初診時NT-proBNP高値を呈した川崎病不全型の1乳児例. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  272. 渡辺 好宏, 森 雅亮. 2012-2013、2013-2014シーズンにおける神奈川県内の小児インフルエンザ重症症例の調査研究. 神奈川医学会雑誌 2015.01.01

  273. 国崎 玲子, 稲垣 尚子, 佐々木 智彦, 高 蓮浩, 田 鐘寛, 小笠原 康夫, 木村 英明, 原 拓麿, 森 雅亮, 金兼 弘和, 前田 愼. 小児期発症クローン病と診断されていたX連鎖リンパ増殖症候群2型(XLP-type2)の1例. 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 2014.12.01

  274. 森 雅亮. トランスレーショナルリサーチの臨床応用 先進医療と医師主導治験 小児におけるバイオ医薬品等の開発 若年性特発性関節炎に対するトシリズマブを一例として. 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2014.11.01

  275. 板澤 寿子, 和田 拓也, 篠崎 健太郎, 金田 尚, 森 雅亮, 足立 雄一. トシリズマブ中止後の多関節型若年性特発性関節炎の再燃に対してトシリズマブ単剤にて治療再開した一例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.10.01

  276. 鬼頭 敏幸, 伊藤 秀一, 井上 祐三朗, 今川 智之, 岩田 直美, 大倉 有加, 北川 好郎, 金城 紀子, 久保田 知洋, 小林 法元, 清水 正樹, 中岸 保夫, 根路銘 安仁, 松林 正, 森 雅亮, 八角 高裕, 日本小児リウマチ学会MASワーキンググループ. 全身型若年性特発性関節炎に合併するマクロファージ活性化症候群のための新しい分類基準作成のための国際会議(ICMCC)報告. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.10.01

  277. 森 雅亮, 西村 謙一, 野澤 智, 菊地 雅子, 原 良紀. 小児SLEへのアプローチ SLEの新規治療の可能 MMFの承認状況を含めて. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.10.01

  278. 森 雅亮, 増澤 祐子, 園田 香里. 小児難治性疾患に対するアフェレシス 薬物治療とのコンビネーション 難治性川崎病に対する冠動脈後遺症ゼロを目指した治療戦略. 日本アフェレシス学会雑誌 2014.09.01

  279. 久保井 頼子, 内村 暢, 熊谷 茉莉香, 松村 壮史, 本井 宏尚, 大杉 康司, 菅原 秀典, 増澤 祐子, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮. インフルエンザA型(H1N1)による重症呼吸障害の2例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  280. 二宮 龍之介, 菅原 秀典, 熊谷 茉莉香, 長崎 梓, 松村 壮史, 内村 暢, 本井 宏尚, 大杉 康司, 増澤 祐子, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮, 横田 俊平, 伊藤 陽平. 保存的に経過観察した脊髄硬膜外血腫の1乳児例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  281. 門倉 伶那, 高橋 碧, 松村 壮史, 内村 暢, 本井 宏尚, 菅原 秀典, 増澤 祐子, 大杉 康司, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮. Valganciclovir経口内服が奏功した症候性先天性サイトメガロウイルス感染症の1例. 神奈川医学会雑誌 2014.07.01

  282. 慶野 大, 森 鉄也, 足利 朋子, 森 美佳, 山下 敦己, 長江 千愛, 北東 功, 玉置 祥子, 後藤 裕明, 田中 文子, 森本 克, 柳町 昌克, 森 雅亮, 木下 明俊, 瀧 正志. 新生児の白血球異常症 新生児期における血球貪食性リンパ組織球症. 日本産婦人科・新生児血液学会誌 2014.05.01

  283. 国崎 玲子, 石毛 崇, 山本 壽恵, 池田 良輔, 松林 真央, 木下 裕人, 佐々木 智彦, 原田 真吾, 井上 英美, 木村 英明, 原 拓麿, 森 雅亮, 杉田 昭, 齋藤 武, 吉田 英生, 田中 正則, 八角 高裕, 西小森 隆太, 金兼 弘和, 前田 愼. 小児期発症クローン病と診断されていたX連鎖リンパ増殖症候群2型(XLP-type2)の2例. 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 2014.04.01

  284. 小林 法元, 森 雅亮, 横田 俊平. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 若年皮膚筋炎における間質性肺障害の病態. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014.03.01

  285. 原 拓麿, 今川 智之, 野澤 智, 菊地 雅子, 木澤 敏毅, 宮前 多佳子, 森 雅亮, 横田 俊平, 山中 正二. 悪性疾患、リンパ節結核との鑑別を要した左腋窩BCGリンパ節炎の1例. 小児科臨床 2014.02.01

  286. 伊藤 萌, 本井 宏尚, 蒲 ひかり, 高橋 碧, 松村 壮史, 内村 暢, 大杉 康司, 菅原 秀典, 増澤 祐子, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮, 横田 俊平. 当院で過去10年間に経験したロタウイルス関連脳炎・脳症の5例について. 神奈川医学会雑誌 2014.01.01

  287. 森 雅亮, 原 拓麿, 増澤 祐子, 稲葉 彩, 横田 俊平. 小児のアフェレシス療法 最新の動向 難治性川崎病に対するアフェレシス療法. 日本アフェレシス学会雑誌 2013.11.01

  288. 山口 賢一, 藤川 敏, 今川 智之, 根路銘 安仁, 森 雅亮. 疾患登録制度. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2013.10.01

  289. 檜佐 香織, 原 拓磨, 森 雅亮, 横田 俊平, 佐久間 弘子. エタネルセプトが奏功したベーチェット病の2例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2013.10.01

  290. 原 拓麿, 檜佐 香織, 森 雅亮, 横田 俊平. 再燃時に無痛性肩関節滑液包炎を合併し、治療が困難となった全身型若年性特発性関節炎(sJIA)の5歳男児. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2013.10.01

  291. 金城 紀子, 岩田 直美, 冨板 美奈子, 岡藤 郁夫, 山口 賢一, 今川 智之, 森 雅亮, 根路銘 安仁, 武井 修治, 横田 俊平, 藤川 敏. 小児リウマチ研修会ワーキンググループのとりくみ. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2013.10.01

  292. 冨板 美奈子, 小林 一郎, 野中 由希子, 原 良紀, 伊藤 保彦, 岩田 直美, 村田 卓士, 梅林 宏明, 井上 祐三朗, 有馬 孝恭, 森田 慶紀, 森 雅亮, 佐藤 泰憲. 小児Sjogren症候群診断基準策定のためのワーキンググループ活動報告. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2013.10.01

  293. 森 雅亮. 小児領域. Medical Mycology Journal 2013.09.01

  294. 土田 哲也, 内村 暢, 本井 宏尚, 増澤 祐子, 菅原 秀典, 大杉 康司, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 原田 知典, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮, 横田 俊平, 池田 順治. 川崎病主要6症状を呈したBartonella henselae感染症の一例. 神奈川医学会雑誌 2013.07.01

  295. 村田 周子, 増澤 祐子, 内村 暢, 本井 宏尚, 大杉 康司, 菅原 秀典, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 原田 知典, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮, 横田 俊平, 林 裕介. 脱水による急性腎障害を契機に診断した腎血管性高血圧の1例. 神奈川医学会雑誌 2013.07.01

  296. 中野 晃太郎, 本井 宏尚, 内村 暢, 増澤 祐子, 菅原 秀典, 大杉 康司, 原 拓磨, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 原田 知典, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮, 横田 俊平, 高橋 幸利. マイコプラズマ感染に伴い意識障害を呈した1例. 神奈川医学会雑誌 2013.07.01

  297. 宮原 直之, 本井 宏尚, 内村 暢, 増澤 祐子, 菅原 秀典, 大杉 康司, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 原田 知典, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮, 横田 俊平, 大山 亮, 武藤 真二. 血漿交換療法により改善が得られた血球貪食性リンパ組織球症(HLH)の1例. 神奈川医学会雑誌 2013.03.01

  298. 冨板 美奈子, 小林 一郎, 野中 由希子, 原 良紀, 伊藤 保彦, 岩田 直美, 村田 卓士, 梅林 宏明, 井上 祐三朗, 森田 慶紀, 有馬 孝恭, 森 雅亮. シェーグレン症候群/線維筋痛症 小児期シェーグレン症候群患者の長期経過ワーキンググループ報告(第3報). 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2013.03.01

  299. 園田 香里, 藤井 健太郎, 山本 真由, 吉橋 知邦, 檜佐 香織, 野澤 智, 金高 太一, 菊地 雅子, 山崎 和子, 宮前 多佳子, 今川 智之, 横田 俊平, 原 拓麿, 森 雅亮. ガンマグロブリン(IVIG)不応でインフリキシマブ治療を施行した川崎病74例の検討. 神奈川医学会雑誌 2013.03.01

  300. 若宮 卓也, 大方 詩子, 増澤 祐子, 大杉 康司, 大山 宜考, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 海老名 奏子, 稲葉 彩, 原田 知典, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮. 前縦隔腫瘍が気道を圧迫し、心肺停止に至った15歳男性例. 神奈川医学会雑誌 2013.03.01

  301. 高山 梨紗, 菅原 秀典, 大杉 康司, 志賀 健太郎, 本井 宏尚, 内村 暢, 増澤 祐子, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 原田 知典, 武下 草生子, 森 雅亮, 横田 俊平, 依藤 亨. 3ヵ月で発症した新生児糖尿病の1例. 神奈川医学会雑誌 2013.03.01

  302. 森 雅亮, 原田 知典, 今川 智之, 横田 俊平. 小児重症病態とアフェレシス 本邦多施設における難治性川崎病に対する血漿交換療法の治療成績. 日本アフェレシス学会雑誌 2012.11.01

  303. 伊坂 雅行, 森 雅亮, 西方 準一郎, 野渡 正彦, 関 和男, 吉尾 博之, 猪谷 泰史, 西巻 滋. 有効なPalivizumab投与を行うため 神奈川県での取り組み. 日本未熟児新生児学会雑誌 2012.10.01

  304. 森 雅亮. 免疫疾患の臨床 若年性特発性関節炎の臨床所見と治療の実際. 日本臨床免疫学会会誌 2012.08.01

  305. 若宮 卓也, 大方 詩子, 増澤 祐子, 大杉 康司, 大山 宜考, 原 拓麿, 渡辺 好宏, 海老名 奏子, 稲葉 彩, 原田 知典, 武下 草生子, 志賀 健太郎, 森 雅亮. 前縦隔腫瘍が気道を圧迫し、心肺停止に至った15歳男性例. 神奈川医学会雑誌 2012.07.01

  306. 原 拓麿, 森 雅亮, 近藤 智津恵, 飛田 千絵, 稲森 正彦, 清水 博之, 満田 年宏, 川西 千秋, 横田 俊平. 大学保健管理センターにおける小児科参画の意義. 神奈川医学会雑誌 2012.07.01

  307. 高橋 碧, 原 拓麿, 藤原 裕, 大杉 康司, 大山 宜孝, 増澤 祐子, 海老名 奏子, 渡辺 好宏, 稲葉 彩, 原田 知典, 志賀 健太郎, 武下 草生子, 森 雅亮. Parechovirus3型が髄液・咽頭・便から分離された高サイトカイン血症を呈した1ヵ月男児. 神奈川医学会雑誌 2012.07.01

  308. 原 拓磨, 森 雅亮, 野澤 智, 木澤 敏毅, 横田 俊平, 原 良紀. 小児においてQuantiFERON-TB Goldが陽性となった12例の臨床像の検討. 小児感染免疫 2012.04.01

  309. 山本 匠子, 橋口 可奈, 森 雅亮, 大杉 康司, 大山 宣孝, 小川 真喜子, 塩島 裕樹, 森尾 郁子, 海老名 奏子, 藤塚 麻子, 原田 知典, 武下 草生子, 菊池 信行, 原 拓麿. 炎症回復期に関節炎を合併した川崎病の1例. 神奈川医学会雑誌 2012.01.01

  310. 森 雅亮, 石原 淳, 高橋 協, 瀧 正志, 小児科学会神奈川県地方会救急小委員会・感染症小委員会. 神奈川県における震災に被災したこどもたちへの支援について 「被災した子ども支援神奈川ネットワーク」の構築. 神奈川医学会雑誌 2012.01.01

  311. 小口 真実, 大杉 康司, 橋口 可奈, 大山 宜孝, 小川 真喜子, 塩島 裕樹, 森尾 郁子, 海老名 奏子, 藤塚 麻子, 原田 知典, 武下 草生子, 森 雅亮, 菊池 信行. 両側の耳下部腫脹で発症した急性乳様突起炎の新生児例. 神奈川医学会雑誌 2012.01.01

  312. 森 雅亮, 原田 知典, 稲葉 彩, 増澤 祐子, 原 拓麿, 今川 智之, 横田 俊平. 小児におけるアフェレシス療法の適応 病態を踏まえた大量ガンマグロブリン不応川崎病に対する治療戦略 血漿交換療法の有用性. 日本アフェレシス学会雑誌 2011.09.01

  313. 浅沼 和哉, 田野島 玲大, 加藤 宏美, 横須賀 とも子, 梶原 良介, 後藤 裕明, 横田 俊平, 森 雅亮. 発熱、発疹、脾腫、リンパ節腫脹で発症した自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS)の一例. 神奈川医学会雑誌 2011.07.01

  314. 有本 純, 大杉 康司, 石津 博子, 大山 宣孝, 小川 真喜子, 塩島 裕樹, 森尾 郁子, 海老名 奏子, 藤塚 麻子, 原田 知典, 武下 草生子, 森 雅亮, 菊池 信行, 松倉 節子, 志賀 健太郎. 臍炎を契機に発症し川崎病症状を呈したEosinophilic cellulitisの1例. 神奈川医学会雑誌 2011.07.01

  315. 内村 暢, 森 雅亮, 成相 昭吉, 高橋 協. 神奈川県における小児の新型インフルエンザウイルスの重症呼吸障害例の解析. 小児感染免疫 2011.07.01

  316. 山崎 博子, 大杉 康司, 大山 宜孝, 小川 真喜子, 塩島 裕樹, 森尾 郁子, 海老名 奏子, 藤塚 麻子, 原田 知典, 武下 草生子, 森 雅亮, 菊池 信行. ムンプス髄膜脳炎の1例. 神奈川医学会雑誌 2011.07.01

  317. 稲葉 裕, 小澤 礼美, 青木 千恵, 今川 智之, 宮前 多佳子, 森 雅亮, 斎藤 知行, 横田 俊平. 炎症病態からみた小児リウマチ性疾患 全身型JIAと関節型JIAのX線検査からみた違い 病態形成因子と関節破壊過程の違い. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2011.06.01

  318. 森 雅亮, 稲葉 彩, 原田 知典, 今川 智之, 岩本 眞理, 横田 俊平. IVIG不応重症川崎病症例への挑戦 炎症制御からみた治療option 大量ガンマグロブリン不応川崎病症例に対する、インフリキシマブ・血漿交換療法による「段階的治療法」の有用性. 日本小児循環器学会雑誌 2011.06.01

  319. 金子 詩子, 岸 崇之, 菊地 雅子, 原 良紀, 篠木 敏彦, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 難治性小児期発症高安動脈炎に対するインフリキシマブの有効性. 日本臨床免疫学会会誌 2010.12.01

  320. 柳町 昌克, 宮前 多佳子, 原 拓磨, 菊地 雅子, 原 良紀, 今川 智之, 森 雅亮, 金子 徹治, 森田 智視, 水木 信久, 横田 俊平, 木村 彰方. HLA-A*02:06はぶどう膜炎合併若年性特発性関節炎の疾患感受性に関連する. MHC: Major Histocompatibility Complex 2010.08.01

  321. 宮地 裕美子, 鈴木 健, 小川 真喜子, 塩島 裕樹, 大山 宜孝, 増田 由香, 海老名 奏子, 市川 和志, 原田 知典, 武下 草生子, 森 雅亮, 菊池 信行, 横田 俊平. 胆汁鬱帯をきたした溶血性尿毒症症候群(HUS)の1例. 神奈川医学会雑誌 2010.07.01

  322. 小川 真喜子, 塩島 裕樹, 大山 宜孝, 増田 由香, 海老名 奏子, 市川 和志, 原田 知典, 武下 草生子, 森 雅亮, 菊池 信行, 横田 俊平. 十二指腸潰瘍が原因であった偽性Bartter症候群の一例. 神奈川医学会雑誌 2010.07.01

  323. 塩島 裕樹, 小川 真喜子, 大山 宜孝, 増田 由香, 海老名 奏子, 市川 和志, 原田 知典, 武下 草生子, 森 雅亮, 菊池 信行, 横田 俊平. 学校検尿を契機に発見されたANCA関連腎炎の一例. 神奈川医学会雑誌 2010.07.01

  324. 森 雅亮, 福島 啓太郎, 気賀沢 寿人, 三春 晶嗣, 後藤 裕明, 横田 俊平, 佐藤 吉壮. 小児科領域の深在性真菌症におけるボリコナゾール使用実態調査. 小児感染免疫 2010.04.01

  325. 金子 詩子, 今川 智之, 岸 崇之, 菊地 雅子, 原 良紀, 篠木 敏彦, 宮前 多佳子, 森 雅亮, 横田 俊平. 小児リウマチ トシリズマブ投与中に関節炎が進行した全身型若年性特発性関節炎の7例. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  326. 西本 憲弘, 河田 祐一, 李 慧敏, 青木 千恵子, 安達 康雄, 杉野 英彦, 今川 智之, 森 雅亮, 冨板 美奈子, 岩田 直美, 村田 卓士, 三好 麻里, 相原 雄幸, 武井 修治, 横田 俊平. 小児リウマチ 全身型JIA患者におけるDNAチップを用いたトシリズマブの治療効果予測の可能性. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010.03.01

  327. 水谷 哲也, 黒田 誠, 関塚 剛史, 大場 邦弘, 絹巻 暁子, 緒方 昌平, 石井 正浩, 森 雅亮, 横田 俊平. ウイルスの網羅的解析による川崎病の原因究明. 日本小児科学会雑誌 2010.02.01

  328. 森 雅亮, 黒田 誠, 関塚 剛史, 大場 邦弘, 絹巻 暁子, 水谷 哲也, 横田 俊平. プロテオーム解析法を用いた川崎病患者血清の網羅的解析. 日本小児科学会雑誌 2010.02.01

  329. 森 雅亮, 横田 俊平. 小児薬物療法の最近の話題 臨床研究の成果と課題 小児における抗リウマチ薬の適正使用 メトトレキサート適応拡大、トシリズマブ治験. 日本小児科学会雑誌 2010.02.01

  330. 森 雅亮. 川崎病免疫グロブリン不応例の予測・層別化とそれに対する治療戦略 大量免疫グロブリン不応症例を対象とした血漿交換療法の有用性. 日本小児科学会雑誌 2010.02.01

  331. 金 晶惠, 大山 宜孝, 小川 真喜子, 塩島 裕樹, 増田 由香, 海老名 奏子, 市川 和志, 原田 知典, 武下 草生子, 森 雅亮, 菊池 信行, 横田 俊平, 池田 陽一, 石戸谷 淳一. 新生児期に呼吸障害で発症した甲状舌管嚢胞の一例. 神奈川医学会雑誌 2010.01.01

  332. 海老名 奏子, 鈴木 剛, 大山 宣孝, 堤 晶子, 稲葉 彩, 市川 和志, 志賀 健太郎, 武下 草生子, 森 雅亮, 菊池 信行, 相原 雄幸, 横田 俊平. 小学校低学年でCSII治療を導入した1型糖尿病の2例. 神奈川医学会雑誌 2009.07.01

  333. 加藤 秀一, 大山 宜孝, 鈴木 剛, 海老名 奏子, 堤 晶子, 稲葉 彩, 市川 和志, 志賀 健太郎, 武下 草生子, 森 雅亮, 菊池 信行, 相原 雄幸, 横田 俊平, 蒲原 毅. 血漿交換療法が奏効した中毒性表皮壊死症(TEN)の一男児例. 神奈川医学会雑誌 2009.07.01

  334. 森 雅亮. 小児における適応外使用(off label use)の現状 ボリコナゾール. 日本化学療法学会雑誌 2009.03.01

  335. 原 良紀, 今川 智之, 宮前 多佳子, 森 雅亮, 梅林 宏明, 岩田 直美, 冨板 美奈子, 村田 卓士, 三好 麻里, 武井 修治, 西本 憲弘, 横田 俊平. JIA トシリズマブの全身型若年性特発性関節炎に対する長期投与の検討. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  336. 森 雅亮. 小児リウマチ性疾患に対する分子標的治療薬の適応 抗IL-6レセプター抗体治療中のマクロファージ活性化症候群. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  337. 森 雅亮. 小児における適応外使用(off label use)の現状 ボリコナゾール(VRCZ). 感染症学雑誌 2009.03.01

  338. 岸 崇之, 菊地 雅子, 原 良紀, 金子 詩子, 篠木 敏彦, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. JIA 当院における若年性皮膚筋炎45例の臨床的特徴. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  339. 宮前 多佳子, 稲葉 裕, 中島 章子, 小澤 礼美, 菊地 雅子, 岸 崇之, 原 良紀, 金子 詩子, 篠木 敏彦, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. JIA 生物学的製剤の効果からみた骨・関節病変に及ぼすサイトカインの影響. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2009.03.01

  340. 成戸 卓也, 中岸 保夫, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 周期性発熱症候群の新知見 高IgD症候群. 日本小児科学会雑誌 2009.02.01

  341. 宮下 和甫, 武下 草生子, 鈴木 剛, 野澤 智, 海老名 奏子, 堤 晶子, 稲葉 彩, 市川 和志, 志賀 健太郎, 伊藤 秀一, 森 雅亮, 菊池 信行, 相原 雄幸, 横田 俊平, 本村 政勝. 診断に苦慮した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の一例. 神奈川医学会雑誌 2009.01.01

  342. 梶谷 聡子, 鈴木 剛, 野澤 智, 海老名 奏子, 堤 晶子, 稲葉 彩, 市川 和志, 志賀 健太郎, 武下 草生子, 伊藤 秀一, 森 雅亮, 菊池 信行, 相原 雄幸, 横田 俊平. ステロイドパルス療法が著効したサルモネラ脳症の1例. 神奈川医学会雑誌 2009.01.01

  343. 篠木 敏彦, 佐野 史絵, 原 良紀, 金子 詩子, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平, 甲斐 純夫, 伊辺 正明. コッホ現象を契機に発見された乳児結核の1例. 神奈川医学会雑誌 2009.01.01

  344. 佐野 史絵, 宮前 多佳子, 中岸 保夫, 木下 順平, 小澤 礼美, 今川 智之, 森 雅亮, 朝山 雅子, 横田 俊平. 消化器症状を契機に3D-CTアンギオグラフィにより診断確定した腎梗塞合併古典的結節性多発動脈炎の一男児例. 日本臨床免疫学会会誌 2008.10.01

  345. 中島 章子, 稲葉 裕, 小澤 礼美, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 骨免疫学の臨床 全身型若年性特発性関節炎における抗IL-6抗体の骨・軟骨への作用 血清学的マーカーおよび単純X線像における検討について. 日本臨床免疫学会会誌 2008.08.01

  346. 笠井 和子, 森 雅亮, 佐野 史絵, 原 良紀, 金子 詩子, 篠木 俊彦, 宮前 多佳子, 今川 智之, 横田 俊平. 「小児の不明熱に関する全国アンケート調査結果」について. Inflammation and Regeneration 2008.07.01

  347. 森 雅亮, 横田 俊平. 炎症病態の臨床研究 最近の動向 自己炎症性症候群の臨床症状と病態. Inflammation and Regeneration 2008.07.01

  348. 中島 章子, 高橋 亨岳, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 若年性特発性関節炎(JIA)の診断および活動性の評価における血清学的マーカー(抗CCP抗体、IgG RF、MMP-3、COMP、HO-1)についての検討. Inflammation and Regeneration 2008.07.01

  349. 美馬 亨, 青木 千恵子, 吉雄 直子, 安達 康雄, 今川 智之, 森 雅亮, 冨板 美奈子, 岩田 直美, 村田 卓士, 三好 麻里, 相原 雄幸, 武井 修治, 松原 謙一, 横田 俊平, 西本 憲弘. トシリズマブ治療は全身型若年性特発性関節炎におけるマクロファージ活性化に関わる分子の遺伝子発現を抑制する. Inflammation and Regeneration 2008.07.01

  350. Iwata N, Mori M, Miyamae T, Ito S, Imagawa T, Yokota S. [Sjögren's syndrome associated with childhood-onset systemic lupus erythematosus].. Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology 2008.06.01

  351. 小松 陽樹, 徳山 美香, 垂井 洋樹, 松山 剛, 石原 千詠, 東山 ふき子, 本山 治, 沢田 健, 舘野 昭彦, 森 雅亮. 不全型川崎病と鑑別が困難であった全身型若年性特発性関節リウマチの1例. 日本小児科学会雑誌 2008.02.01

  352. 十河 剛, 武田 義隆, 岩崎 陽子, 安西 有紀, 橋本 卓史, 小松 陽樹, 乾 あやの, 藤澤 知雄, 笠井 和子, 森 雅亮, 横田 俊平. 小児腹部救急疾患の診断と治療のstrategy 劇症肝不全を合併した若年性特発性関節炎の一例. 日本腹部救急医学会雑誌 2008.02.01

  353. 野澤 智, 原 良紀, 佐野 史絵, 木下 順平, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平, 廣門 未知子, 高橋 一夫, 金子 聡. インフリキシマブが著効した壊疽性膿皮症の1例. 神奈川医学会雑誌 2008.01.01

  354. 森 雅亮, 石井 正浩, 野中 善治, 横田 俊平. 冠動脈障害を減らすための治療戦略 IVIG、ステロイドの再発見 神奈川県内多施設におけるガンマグロブリン治療無効例基準および重症度スコア導入の検討. Progress in Medicine 2008.01.01

  355. 横山 淳史, 浅井 康一, 井澤 和司, 矢野 潤, 鶴見 文俊, 津村 久美, 加藤 文英, 菊池 清, 森 雅亮. 若年性特発性関節炎との鑑別が困難であった、溶連菌感染後反応性関節炎の1例. 小児科臨床 2007.05.01

  356. 森 雅亮, 横田 俊平. 良い医薬品を安心して使うために 小児科学会の取り組みと今後の方向性 小児薬物情報収集事業での取り組み 小児リウマチ学会からメトトレキサートについて. 日本小児科学会雑誌 2007.02.01

  357. 佐野 史絵, 大川 卓巳, 中岸 保夫, 木下 順平, 小澤 礼美, 黒澤 るみ子, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平, 奥山 健一, 伊藤 秀一. 全身性エリテマトーデス(SLE)の姉妹例. 神奈川医学会雑誌 2007.01.01

  358. 黒澤 るみ子, 梅林 宏明, 今川 智之, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 相原 雄幸, 横田 俊平. 肺高血圧症を合併した小児全身性硬化症の一女児例. 日本臨床免疫学会会誌 2006.12.01

  359. 佐藤 厚夫, 森 雅亮, 横田 俊平, 船曳 哲典. 川崎病治療における段階的治療戦略の有効性と免疫グロブリン大量療法不応例予測スコアシステム. 小児感染免疫 2006.10.01

  360. 中村 友美, 若松 英, 松本 功, 内藤 祐介, 冨板 美奈子, 河野 陽一, 森 雅亮, 横田 俊平, 真村 瑞子, 後藤 大輔, 伊藤 聡, 堤 明人, 住田 孝之. 小児発症シェーグレン症候群患者において高頻度に存在するM3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体に対する自己抗体. 日本臨床免疫学会会誌 2006.08.01

  361. 市川 泰広, 梶原 良介, 柳町 昌克, 黒木 文子, 後藤 裕明, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 肺アスペルギローマに対する片肺切除後に同種骨髄移植を施行した高IgE症候群の一例. 神奈川医学会雑誌 2006.07.01

  362. 鉾碕 竜範, 原 良紀, 只木 弘美, 市川 和志, 西山 嘉子, 徳弘 悦郎, 赤池 徹, 西澤 崇, 瀧聞 浄宏, 岩本 眞理, 森 雅亮, 横田 俊平. Brain natriuretic peptideは川崎病の重症度を反映するか. 神奈川医学会雑誌 2005.07.01

  363. 梅林 宏明, 黒澤 るみ子, 藤井 久紀, 中島 章子, 今川 智之, 後藤 裕明, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 横田 俊平, 木村 宏. 慢性活動性EBウイルス感染症の自験例における検証. 神奈川医学会雑誌 2005.01.01

  364. 永井 由紀子, 鹿間 芳明, 高橋 英彦, 赤城 邦彦, 森 雅亮. 亜急性壊死性リンパ節炎に罹患後5ヵ月後に肺結核を発症した1女児例. 神奈川医学会雑誌 2005.01.01

  365. 藤井 久紀, 石田 周, 黒木 文子, 今川 智之, 後藤 裕明, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 高橋 浩之, 横田 俊平. 侵襲性肺アスペルギルス症を合併した慢性肉芽腫症に対して,骨髄非破壊的前処置を用いた非血縁者間骨髄移植が有効であった1例. 小児感染免疫 2004.10.01

  366. 梅林 宏明, 黒澤 るみ子, 中島 章子, 今川 智之, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 潰瘍性大腸炎に対してアザチオプリン(AZP)を用いた5例. 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 2004.08.01

  367. 片倉 茂樹, 梅林 宏明, 黒沢 るみこ, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平, 郡 建男. 川崎病に対する大量γグロブリン投与後にHypersensitivity syndromeを来した2症例. 神奈川医学会雑誌 2004.07.01

  368. 片倉 茂樹, 梅林 宏明, 黒沢 るみこ, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平, 郡 建男. 川崎病に対する大量γグロブリン投与後にHypersensitivity syndromeを来した2症例. 神奈川医学会雑誌 2004.07.01

  369. 堤 晶子, 梅林 宏明, 黒澤 るみ子, 奥山 健一, 中村 智子, 今川 智之, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 相原 雄幸, 横田 俊平. 当科で経験したANCA関連腎炎3症例の臨床的検討. 神奈川医学会雑誌 2004.07.01

  370. 安 ひろみ, 西巻 滋, 佐藤 美保, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 早産低出生体重児の慢性肺疾患における臍帯血中サイトカインの動態(第二報) 臍帯炎の影響. 小児感染免疫 2004.07.01

  371. 市川 和志, 只木 弘美, 鉾碕 竜範, 西山 嘉子, 藤岡 憲一郎, 徳弘 悦郎, 森 雅亮. ガンマグロブリン大量療法後に特異な発熱,発疹を呈した川崎病の5例. 神奈川医学会雑誌 2004.07.01

  372. 今川 智之, 梅林 明宏, 黒澤 るみ子, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 全身型若年性特発性関節炎からマクロファージ活性化症候群への病態遷移の検討. 日本小児科学会雑誌 2004.02.01

  373. 加藤 宏美, 藤井 久紀, 石田 周, 黒木 文子, 今川 智之, 後藤 裕明, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 高橋 浩之, 横田 俊平. 長期間における感染症のコントロールののち,血縁者間造血幹細胞移植を施行した慢性肉芽腫症の1例. 神奈川医学会雑誌 2004.01.01

  374. 岩田 直美, 今川 智之, 森 雅亮, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 慢性肉芽腫症の感染病巣検索におけるフルオロデオキシグルコース-ポジトロン断層検査(FDG-PET)の有用性. 小児感染免疫 2003.12.01

  375. 岩田 直美, 林 典子, 今川 智之, 森 雅亮, 相原 雄幸, 満田 年宏, 横田 俊平. 慢性肉芽腫症の病巣感染検索におけるポジトロン断層検査の有効性. 小児感染免疫 2003.10.01

  376. 町田 大輔, 藤田 典子, 岩田 直美, 宮前 多佳子, 今川 智之, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 診断・手術適応に苦慮した肺嚢胞症の1例. 小児感染免疫 2003.10.01

  377. 十河 剛, 乾 あやの, 小松 陽樹, 藤澤 知雄, 関根 勇夫, 小林 直樹, 成戸 卓也, 菅井 敏行, 小林 慈典, 森 雅亮, 横田 俊平. 中枢神経病変がみられたEBウイルス関連血球貪食症候群の血中及び髄液中のサイトカイン. 小児感染免疫 2003.07.01

  378. 安 ひろみ, 西巻 滋, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 早産低出生体重児の慢性肺疾患における臍帯血中のサイトカインの動態. 小児感染免疫 2003.04.01

  379. 片倉 茂樹, 藤田 典子, 岩田 直美, 今川 智之, 森 雅亮, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 小児MCTDの経年的臨床スペクトラムの変化. リウマチ 2003.03.01

  380. 加藤 宏美, 藤田 典子, 岩田 直美, 今川 智之, 森 雅亮, 相原 雄幸, 横田 俊平, 黒澤 健二, 淵向 透. 不全型Behcet様症状を呈したトリソミー8症候群の1症例. 神奈川医学会雑誌 2003.01.01

  381. 十河 剛, 野崎 昌俊, 窪 智宏, 瀧沢 裕司, 乾 あやの, 小松 陽樹, 藤澤 知雄, 関根 勇夫, 村山 圭, 沼田 朋子, 小林 直樹, 成戸 卓也, 菅井 敏行, 小林 慈典, 森 雅亮, 横田 俊平. 劇症肝炎のサイトカイン動態と治療効果. 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 2002.09.01

  382. 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 小児重症結核症例の検討. 小児感染免疫 2002.07.01

  383. 町田 大輔, 岩田 直美, 今川 智之, 宮前 多佳子, 森 雅亮, 横田 俊平, 石川 結香子. 手術適応が問題となったpneumatoceleの一例. 神奈川医学会雑誌 2002.07.01

  384. 安 ひろみ, 西巻 滋, 宮前 多佳子, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 結核性合併妊婦より出生した新生8例の検討. 小児感染免疫 2002.07.01

  385. 岩田 直美, 今川 智之, 宮前 多佳子, 伊藤 秀一, 森 雅亮, 相原 雄幸, 横田 俊平. HHV-6のviremiaを証明したhypersensitivity syndromeの1症例. 小児感染免疫 2002.04.01

  386. 岩田 直美, 宮前 多佳子, 伊藤 秀一, 今川 智之, 森 雅亮, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. MAP療法施行例における関節型JIAの中・長期的予後の検討. リウマチ 2002.03.01

  387. 黒澤 るみ子, 宮前 多佳子, 森 雅亮, 横田 俊平, 奥山 利也. Two-generation MCLSの一例. 神奈川医学会雑誌 2002.01.01

  388. 藤田 秀次郎, 宮前 多佳子, 中島 章子, 森 雅亮, 伊部 正明, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 血漿交換・サイクロスポリンA・リポ化ステロイド併用療法が奏効したEBV関連血球貪食症候群の1例. 小児感染免疫 2001.10.01

  389. 宮前 多佳子, 岩田 直美, 今川 智之, 森 雅亮, 横田 俊平. 多剤抵抗性全身型若年性関節リウマチにおけるヒト型化抗IL-6レセプターモノクローナル抗体(rhMRA)の投与効果. 日本臨床免疫学会会誌 2001.10.01

  390. 伊部 正明, 奥山 健一, 伊藤 玲子, 小林 慈典, 中島 章子, 宮前 多佳子, 伊藤 秀一, 森 雅亮, 満田 年宏, 相原 雄幸. 小児肺結核症におけるツベルクリン硬結反応の診断的有用性について. 小児感染免疫 2001.07.01

  391. 長治 裕子, 奥山 健一, 小林 慈典, 中島 章子, 宮前 多佳子, 森 雅亮, 伊部 正明, 横田 俊平. 悪性リンパ腫との鑑別が困難であった両側性急性巣状細菌性腎炎の1例. 小児感染免疫 2001.07.01

  392. 鈴木 瑞枝, 伊部 正明, 奥山 健一, 宮前 多佳子, 森 雅亮, 横田 俊平, 海上 知子. 家族検診を受けることなく,発熱と咳嗽で発見された結核性胸膜炎の7歳男児例. 神奈川医学会雑誌 2001.07.01

  393. 小林 慈典, 中島 章子, 宮前 多佳子, 伊藤 秀一, 今川 智之, 友野 順章, 森 雅亮, 伊部 正明, 満田 年宏, 相原 雄幸. 小児期発症SLEの長期予後に関する検討. リウマチ 2001.04.01

  394. 奥山 健一, 長治 裕子, 小林 慈典, 中嶋 章子, 宮前 多佳子, 伊藤 秀一, 友野 順章, 森 雅亮, 伊部 正明, 満田 年宏. 前頭洞炎から波及した硬膜下膿瘍の1男児例. 小児感染免疫 2001.04.01

  395. 藤田 秀次郎, 宮前 多佳子, 中島 章子, 森 雅亮, 伊部 正明, 横田 俊平. 血漿交換療法,Cyclosporin,リポ化ステロイド併用療法が奏効したEBVAHSの1例. 神奈川医学会雑誌 2001.01.01

  396. 伊部 正明, 川口 葉子, 小林 慈典, 中島 章子, 宮前 多佳子, 伊藤 秀一, 友野 順章, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 満田 年宏. 小児肺結核症における菌検出率の検討. 小児感染免疫 2000.12.01

  397. 宮前 多佳子, 中島 章子, 友野 順章, 森 雅亮, 伊部 正明, 安井 清, 横田 俊平, 森 哲夫. 川崎病ではなく古典的結節性多発動脈炎が考えられた乳児例2症例についての考察. 日本臨床免疫学会会誌 2000.10.01

  398. 満田 年宏, 森 雅亮, 宮前 多佳子, 中島 章子, 伊藤 秀一, 友野 順章, 伊部 正明, 相原 雄幸, 横田 俊平, 黒木 春郎, インフルエンザ菌性髄膜炎疫学調査研究会. 細菌性髄膜炎症例の髄液及び血液培養由来b型インフルエンザ菌株の同一症例での分離材料別株間の相同性の分子疫学的検討. 小児感染免疫 2000.10.01

  399. 中島 章子, 宮前 多佳子, 森 雅亮, 伊藤 秀一, 伊部 正明, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 腸球菌性髄膜炎の乳児例. 小児感染免疫 2000.10.01

  400. 川口 葉子, 伊部 正明, 中島 章子, 宮前 多佳子, 伊藤 秀一, 友野 順章, 片倉 茂樹, 森 雅亮, 満田 年宏, 相原 雄幸. 学童期に発見されたサイトメガロウイルス肝炎の1例. 小児感染免疫 2000.10.01

  401. 喜多 かおる, 宮前 多佳子, 中島 章子, 伊藤 玲子, 伊藤 秀一, 森 雅亮, 伊部 正明, 満田 年宏, 横田 俊平. 急速に進行した全身性強皮症の1女児例. 神奈川医学会雑誌 2000.07.01

  402. 宮前 多佳子, 中島 章子, 伊藤 秀一, 友野 順章, 森 雅亮, 伊部 正明, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 当院におけるマクロファージ活性化症候群8例の検討. リウマチ 2000.04.01

  403. 宮前 多佳子, 中島 章子, 伊藤 秀一, 友野 順章, 森 雅亮, 伊部 正明, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 川崎病ではなく古典的結節性多発動脈炎が考えられた乳児例2症例についての考察. リウマチ 2000.04.01

  404. 森 雅亮, 友野 順章, 伊部 正明, 中島 章子, 宮前 多佳子, 横田 俊平. 腸間膜血管系の限局性血管炎が疑われた2小児例. 日本臨床免疫学会会誌 2000.04.01

  405. 伊部 正明, 中島 章子, 宮前 多佳子, 友野 順章, 森 雅亮, 満田 年宏, 相原 雄幸, 横田 俊平. 小児肺結核症における菌検出率の検討. 神奈川医学会雑誌 2000.01.01

  406. 川口 葉子, 角岡 麻子, 佐近 琢磨, 加藤 正雄, 徳弘 悦郎, 伊部 正明, 森 雅亮, 宮前 多佳子, 中島 章子, 横田 俊平. In situ hybridization法により診断されたサイトメガロウイルス肝炎の1例. 神奈川医学会雑誌 2000.01.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • リウマチ学会賞,一般社団法人日本リウマチ学会,2019年04月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 小児、移行期の膠原病 について,2022年10月

    第50回日本臨床免疫学会総会 市民公開講座~わたしの体の組織を壊す自己免疫疾患

  • 日本リウマチ学会2018市民公開講座,2018年04月

    子どもの全身型若年性特発性関節炎、大人の成人発症スチル病んの異動について、市民対象に講演した。

    その内容が、以下に掲載された。
    朝日新聞 6月16日(土)
    神奈川新聞 6月18日(日)
    AERA 6月25日(月)
    週刊朝日 6月26日(火)
    婦人公論 7月中旬~下旬

  • NHK スペシャル 「人体」,2017年10月

    小児期発症若年性特発性関節炎患者に対する生物学的製剤によるパラダイムシフトの現状説明

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • M3_皮膚・アレルギー・膠原病,2022年 - 現在

  • 生殖・発達ブロック 「小児炎症性疾患の診かた・考え方~ 自己炎症疾患と自己免疫疾患 ~」,2016年 - 現在

  • 臨床導入実習「生殖発達」 「小児期にみられる主な感染症の診断・治療・予防」,2015年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 「免疫」ユニット講義 小児炎症性疾患の診かた・考え方~ 自己炎症疾患と自己免疫疾患 ~,聖マリアンナ医科大学,

  • 感染症学各論,神奈川県立保健福祉大学

  • 病態・治療学Ⅱ,関東学院大学 看護学部

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 概要を参照,2015年07月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 皮膚病変を主症状とした小児膠原病~診断と治療のコツ~,アッヴイ合同会社,第2回炎症性皮膚疾患研究会,日本研修センター心斎橋,2023年09月23日

  • ライフサイクルに応じたリウマチ膠原病治療研究 世話人会,中外製薬株式会社,第6回ライフサイクルに応じたリウマチ膠原病治療研究会,HOTEL ARU KSP ,2023年09月16日

  • ID NOW RSウイルスアドバイザリーボード会議,アボットダイアグノスティクスメディカル株式会社,ID NOW RSウイルスアドバイザリーボード会議,ベルサール八重洲,2023年09月15日

  • レバチオ社内研修会,ヴィアトリス製薬株式会社,レバチオ社内研修会,ホテルアソシア新横浜,2023年08月22日

  • 小児から成人移行期関節リウマチにおける生物学的製剤の留意点,大正製薬株式会社,NZ 社内研修会,TKPガーデンシティPREMIUM横浜西口,2023年08月08日

  • AYA世代SLE治療の現状と課題,グラクソ・スミスクライン株式会社,神奈川AYA世代SLE Management Forum,横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ,2023年07月11日

  • リウマチ移行期の話題~小児から成人へ~,ヴィアトリス製薬株式会社,リウマチ疾患セミナーin KAWASAKI,WEB,2023年07月10日

  • 小児リウマチ性疾患における移行期医療 小児から成人までのシームレスなリウマチ・膠原病治療を目指して,ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社,第39回リウマチ薬物治療研究会,京成ホテル ミラマーレ,2023年07月07日

  • AYA世代の活動性関節炎に対するJAK阻害薬の実際,アッヴイ合同会社,小児アレルギー・自己免疫疾患セミナー in 新潟2023,ANAクラウンプラザホテル新潟,2023年06月22日

  • 小児の関節炎の鑑別診断と治療の実際 ,あゆみ製薬株式会社,第 10 回中国四国リウマチ医の会,岡山コンベンションセンター,2023年06月18日

  • 免疫不全・ダウン症候群児におけるpalivizumab ~本邦のみの適応追加が成就するまで~,アストラゼネカ株式会社,2023沖縄新生児研究会,沖縄赤十字病院,2023年06月16日

  • 川崎病,日本血液製剤機構,JCOM 2023(JCOM:Japanese Conference on Myositis),東京コンファレンスセンター,2023年06月10日

  • 若年性特発性関節炎(JIA)の診断・治療・ケアのポイント,公益財団法人日本リウマチ財団,令和5年度リウマチ月間リウマチ講演会,都市センターホテル,2023年06月10日

  • 病態に基づいた川崎病治療のupdate インフリキシマブ+血漿交換による段階的治療の実用性,田辺三菱製薬株式会社,第10回小児リウマチ研究会,AP品川アネックス,2023年06月04日

  • 免疫不全・ダウン症候群児におけるpalivizumab ~本邦のみの適応追加が成就するまで~ ,アストラゼネカ株式会社,Pediatric Conference in Nagasaki,ホテルモリノ新百合ヶ丘,2023年05月30日

  • RA Conversations in Motion in JCR2023,日本イーライリリー株式会社,RA Conversations in Motion in JCR2023,福岡サンパレス,2023年04月25日

  • VN-0200 Advisory Meeting,第一三共株式会社,VN-0200 Advisory Meeting,第一三共株式会社本社 ,2023年04月19日

  • 関節リウマチ患者における骨粗鬆症治療について ~チャイルドベアリングエージにおける骨粗鬆症治療~,旭化成ファーマ株式会社,Kanagawa RA Bone Health Age free Conference 5th,TKP横浜ランドマークタワー,2023年03月09日

  • 膠原病・リウマチの移行期医療,中外製薬株式会社,第9回小児から成人まで免疫難病コンソーシアム,ホテルメトロポリタンエドモンド Zoom,2023年02月09日

  • 小児リウマチ移行期医療の現状と取り組み状況(全国調査データ),かながわ移行期医療支援センター,2022年度移行期医療支援研修会,かながわ県民センター,2023年02月01日

  • 若年・移行期から成長した成人の関節リウマチの治療について  ,アステラス製薬株式会社,若年期から成人期の関節リウマチ治療を考える,HOTEL ARU KSP ,2023年01月16日

  • 若年性特発性関節炎に関する座談会,アッヴイ合同会社,ヒュミラJIA座談会,フォーシーズンズホテル丸の内,2022年12月18日

  • 免疫不全状態を呈する小児予防接種の現状とワクチン・感染症に関する最新の話題,MSD株式会社,第8回横浜市薬剤師会学術研修会,神奈川県総合薬事保健センター ,2022年12月17日

  • 小児・移行期SLE の治療戦略~べリムマブの位置付け~,グラクソ・スミスクライン株式会社,中四国小児SLE expert seminar,AP横浜,2022年12月12日

  • 要確認 ,ヴィアトリス製薬株式会社,アダリムマブBS社内研修会プログラム,TKP横浜駅西口カンファレンスセンター web配信,2022年12月05日

  • 要確認 ,ヴィアトリス製薬株式会社,アダリムマブBS社内研修会プログラム,TKP横浜駅西口カンファレンスセンター web配信,2022年12月05日

  • 自己炎症性疾患における移行期医療・他科連携の取り組みと実際,ノバルティスファーマ株式会社,Autoinflammatory Disease Academy2022,WEB,2022年12月04日

  • 川崎病における冠動脈病変発症をゼロにする新たな挑戦的施策と免疫不全・ダウン症候群児におけるpalivizumabの実際,アストラゼネカ株式会社,第27回阪神小児循環器疾患研究会,2022年10月22日

  • 小児、移行期の膠原病 について,日本臨床免疫学会,第50回日本臨床免疫学会総会 市民公開講座,福岡,2022年10月16日

  • 小児SLE治療の現状と課題,グラクソ・スミスクライン株式会社,第31回日本小児リウマチ学会総会・学術集会,朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 第2会場,2022年10月15日

  • 若年性特発性関節炎(JIA)の診かた・考え方,あゆみ製薬株式会社,第62回リウマチカンファレンス,新横浜プリンスホテル (ハイブリッド),2022年10月08日

  • 今後の免疫系疾患との付き合い方,令和4年度熊谷保健所難病医療講演会,熊谷地方庁舎 4階大会議室,2022年10月05日

  • 小児・移行期におけるRA(若年性特発性関節炎)治療について,リウマチ性疾患と母性外来を考える会Vol.2,WEB,2022年09月14日

  • 不明熱からみた小児リウマチ性疾患へのアプローチ,第4回Rheumatology Expert Seminar -RA治療に携わる次代の会-,WEB,2022年09月02日

  • 小児期発症SLEの移行期医療とベリムマブの位置付け,小児LUPUS Seminar ,WEB,2022年07月08日

  • 新型コロナウイルス感染症パンデミック下における感染症の変遷と現況,第49回横須賀・三浦小児科医会学術講演会,2022年07月01日

  • 小児~成人の関節リウマチに対する生物学的製剤の留意点,大正製薬株式会社 社内講演会,東京,2022年06月29日

  • With/Afterコロナでの治験実施や医療現場における課題と取り組みについて,グラクソ・スミスクライン株式会社 外部講師招聘勉強会,WEB,2022年06月24日

  • 多職種協同による移行期若年性特発性関節炎(JIA)の患者支援の必要性,第12回RAヘルスプロフェッショナル研究会,大阪(WEB),2022年06月19日

  • ①試作品評価、 ②協業企業探索における助言,株式会社ライトニックス,2022年05月23日 - 現在

  • 免疫不全・ダウン症候群児におけるpalivizumab ~本邦のみの適応追加が成就するまで~,SYNAGIS Anniversary Meeting ~この20年とその先へ~,(WEB),2022年05月14日

  • 子どもの膠原病,読売新聞社,読売新聞「医療ルネサンス」,2020年09月30日

  • 高校スポーツ,毎日新聞社,毎日新聞,2020年05月13日

  • 休校中の子どもたちの過ごし方について,朝日新聞社,朝日新聞,2020年03月06日

  • オリンピックに向けた子どもの感染症対策,日経BP,日経DUAL,2020年02月07日

  • 膠原病・リウマチ性疾患の診療のアクテムラの高安動脈炎の効能・効果追加,株式会社ライフ・サイエンス,medical forum CHUGAI,2017年12月05日

  • 概要を参照,2015年07月01日 - 2022年03月31日

▼全件表示