基本情報

写真a

赤座 実穂(アカザ ミホ)

Akaza Miho


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  脳神経病態学分野  博士課程  2010年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 生命情報解析開発学講座 生命機能情報解析学 特任助教
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 生命情報解析開発学講座 生命機能情報解析学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 呼吸器・神経系解析学分野 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • JAとりで総合医療センター 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • てんかん学会

  • 臨床神経生理学会

  • 神経学会

  • 内科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 血糖変動と糖尿病微小血管障害との関連の研究,2015年10月 - 現在

  • 筋力低下をきたす疾患の障害分布および進展様式の探索

  • てんかんに対するスティグマ(偏見)の研究③,2017年03月 - 2020年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 血糖変動と糖尿病末梢神経障害および酸化ストレスとの関連

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 生体磁場計測装置を用いた末梢神経活動電流の可視化

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Akaza M, Kawabata S, Ozaki I, Miyano Y, Watanabe T, Adachi Y, Sekihara K, Sumi Y, Yokota T. Noninvasive measurement of sensory action currents in the cervical cord by Clinical Neurophysilogy. 2021.02; 132 (2): 382-391. ( PubMed, DOI )

  2. Akaza M, Akaza I, Kanouchi T, Sasano T, Sumi Y, Yokota T.. Nerve conduction study of the association between glycemic variability and diabetes neuropathy. Diabetology and Metabolic Syndrome. 2018.09; 12 (10): 69.

  3. Kuroda T, Akaza M, Miki K, Fujii S, Yagi Y, Kanouchi T, Sanjo N, Sumita K, Yokota T. Sacral dural arteriovenous fistula mimicking multiple mononeuropathy Clinical Neurology and Neurosurgery. 2021.10; ( PubMed, DOI )

  4. Matsubayashi T, Akaza M, Hayashi Y, Hamaguchi T, Yamada M, Shimohata T, Yokota T, Sanjo N. Focal sharp waves are a specific early-stage marker of the MM2-cortical form of sporadic Creutzfeldt-Jakob disease Prion. 2020.12; 14 (1): 207-213. ( PubMed, DOI )

  5. Miyano Y, Kawabata S, Akaza M, Sekihara K, Hoshino Y, Sasaki T, Watanabe T, Kim S, Sato S, Mitani Y, Adachi Y, Okawa A. Visualization of electrical activity in the cervical spinal cord and nerve roots after ulnar nerve stimulation using magnetospinography Clinical Neurophysilogy. 2020.10; 131 (10): 2460-2468. ( PubMed, DOI )

  6. Sasaki T, Kawabata S, Hoshino Y, Sekihara K, Adachi Y, Akaza M, Ozaki I, Fujita K,Nimura A, Yoshii T, Miyano Y, Mitani Y, Watanabe T, Sato S, Kim S, Okawa A.. Visualization of electrophysiological activity at the carpal tunnel area using magnetoneurography Clinical Neurophysilogy. 2020.04; 131 (4): 951-957. ( PubMed, DOI )

  7. Yuri Yoshimura, Keiko Hara, Miho Akaza, Kaseya Ohta, Yuki Sumi, Motoki Inaji, Eriko Yanagisawa, Taketoshi Maehara. Effects of antiepileptic monotherapy on hematological and biochemical parameters Epilepsy and Seizure. 2019.01; 11 (1): 1-13.

  8. Nagamori C, Hara K, Hirose Y, Ohta K, Akaza M, Sumi Y. Public awareness and experiences associated with epilepsy in Japan, 2013-2017. Epilepsy Behav. 2018.09; 86 138-144.

  9. Nagamori C1, Hara K2, Ohta K3, Akaza M1, Sumi Y1. Longitudinal investigation into implicit stigma of epilepsy among Japanese medical students before and after mass media coverage of car accidents associated with people with epilepsy. Epilepsy Behavior. 2017.01; 73 95-99.

  10. Sakakibara Y, Ohtani Y, Jinta T, Fujie T, Miyazaki Y, Inase N, Saito R, Akaza M, Sasano T, Sumi Y.. Concentrations of Immunoglobulin G Antibodies Against Pertussis Toxin Does Not Decrease Over a Long Period of Time in Japan Internal Medicine. 2016.11; 55 (22): 3257-3263. ( PubMed, DOI )

  11. Saya Nagai, Toshifumi Kudo, Yoshinori Inoue, Miho Akaza, Tetsuo Sasano, Yuki Sumi. Preoperative Predictors of Long-Term Mortality after Elective Endovascular Aneurysm Repair for Abdominal Aortic Aneurysm. Ann Vasc Dis. 2016; 9 (1): 42-47. ( PubMed, DOI )

  12. 永森 千寿子, 赤座 実穂, 前原 健寿, 稲次 基希, 角 勇樹, 原 恵子. 30歳代発症の欠神てんかんが疑われる一例 てんかん研究. 2018.01; 36 (1): 52-58.

  13. 藤間詩央里, 原恵子, 田端梓, 笹野哲郎, 稲次基希, 赤座実穂, 前原健寿, 松浦雅人, 角勇樹. 医療系学生と一般健常者におけるてんかんに対する潜在的偏見 てんかん研究. 2016.06; 34 (1): 10-22.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 赤座 実穂、横田 隆徳. MMN治療はどのように進めていけばいいでしょうか?. 2018.02

  2. 赤座実穂. パーキンソン病、認知症.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Miho Akaza 他. Magnetic recordings of sensory action currents in the cervical cord.. 31st International Congress of Clinical Neurophysiology of the IFCN 2018.05.03

  2. Miho Akaza, Shigenori Kawabata, Isamu Ozaki, Yuki Hasegawa, Taishi watanabe, Yoshiaki Adachi, Yuki Sumi, Takanori Yokota. Magnetic recordings of sensory action currents in the cervical cord. Biomagnetic Sendai 2017.05.23

  3. 赤座 実穂, 赤座 至, 叶内 匡, 笹野 哲郎, 角 勇樹, 横田 隆徳 . Study for association between glycemic variability and diabetic neuropathy assessed by NCS. 第59回神経学会総会 2018.05.24

  4. Miho Akaza, Shigenori Kawabata, Isamu Ozaki, Yuki Hasegawa, Taishi watanabe, Shuta Ushio, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Shuta Ushio, Takanori Yokota. Posteroanterior action currents in the cervical cord following median nerve stimulation visualized by magnetic recording. American Clinical Neurophysiology Society 2017.02.10

  5. 赤座実穂、赤座至、叶内匡、笹野哲郎、角勇樹、横田隆徳. 血糖変動と糖尿病神経障害との関連の検討. 2017.11.29

  6. 赤座実穂 他. 脊磁計を用いたC8神経根障害の診断. 第48回臨床神経生理学会学術大会 2018.11.09

  7. 赤座実穂、笹野哲郎、戸塚実、沢辺元司、窪田哲朗、角勇樹. 臨床検査技師検体採取実習導入における新たな試み. 第12回日本臨床検査学教育学会学術大会 2017.08.24

  8. 飯田 真太朗, 叶内 匡, 赤座 実穂, 沼波 仁, 能勢裕里江, 西田陽一郎, 横田隆徳. 2時間の臥床後に両下肢麻痺をきたした41歳女性. 第11回首都圏神経筋電気診断フォーラム 2017.01.14 東京

  9. 青栁栄子、叶内 匡、赤座実穂、飯田真太朗、鳴海 純、太田那津美、角 勇樹、横田隆徳、萩原三千男、東田修二. 神経伝導検査における精度管理の検討. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.29 郡山

  10. 八木洋輔, 赤座実穂, 飯田真太朗, 角勇樹, 叶内匡, 横田隆徳. 放射線性神経叢障害についての後方視的検討. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.29 郡山

  11. 赤座実穂、叶内匡、横田隆徳、笹野哲郎、角勇樹、赤座至. 持続血糖測定モニターによる血糖変動評価と糖尿病神経障害との関連. 2016.10.28 郡山

  12. 赤座実穂、原恵子、永森千寿子、沼沢祥行、叶内匡、相馬沙紀、笹野哲郎、稲次基希、角勇樹、前原健寿、横田隆徳. 扁桃体腫大を伴う側頭葉てんかんが疑われる1例. 日本てんかん学会関東甲信越地方会 2016.07.09

  13. 赤座実穂、小林禅、小林大輔、内原俊記、板谷早希子、太田浄文、冨滿弘之、新谷周三. 関節リウマチ寛解維持治療中に発症した、劇症型EBV脳脊髄炎の65歳女性例. 第57回日本神経病理学会総会学術研究会 2016.06.03

  14. 太田那津美、叶内 匡、赤座実穂、青栁栄子、鳴海 純、柳奈緒美、角 勇樹、横田隆徳、萩原三千男、東田修二. 神経伝導検査における精度管理のための検討. 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.20 神戸

  15. 赤座実穂, 叶内匡, 尾崎心, 佐藤望, 西田陽一郎, 大久保卓哉, 石橋哲, 三條伸夫,笹野哲郎, 角勇樹, 横田隆徳. 免疫グロブリン大量療法単独治療の多巣性運動ニューロパチーにおける軸索変性の検討. 日本神経学会総会 2016.05.18 神戸コンベンションセンター

  16. 天野永一朗,鈴木基弘,尾崎心,石橋哲,赤座実穂,叶内 匡,東田修二,横田隆徳. 遠位部に病変の強い感覚優位型CIDPの1例. 第10回首都圏神経筋電気診断フォーラム 2016.01.30 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 医学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2021年12月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床病態Ⅰ,2015年 - 現在

  • 生理検査学講義Ⅱ,2015年 - 現在

  • 臨床病態Ⅱ,2015年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 臨床神経生理技術講習会,臨床神経生理学会,第10回臨床神経生理技術講習会,東京,2015年04月01日 - 現在