基本情報

写真a

藤原 武男(フジワラ タケオ)

FUJIWARA Takeo


職名

教授

メールアドレス

fujiwara.hlth@tmd.ac.jp

ホームページ

http://tmduglobalhealthpromotion.com/

研究分野・キーワード

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 非常勤講師
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 教授
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 教授
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 教授
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年10月
    国立成育医療センター こころの診療部 研究員
  • 2006年10月
    -
    2008年03月
    ブリティッシュ・コロンビア大学 小児科 ポストドクトラル・フェロー
  • 2008年04月
    -
    2010年08月
    国立保健医療科学院 生涯保健部 室長
  • 2010年09月
    -
    2016年03月
    国立成育医療研究センター 研究所 成育社会医学研究部 部門長
  • 2011年04月
    -
    2016年03月
    三重大学 大学院 医学系研究科 連携教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本疫学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本子ども虐待防止学会

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 社会的ハイリスク妊婦の把握と切れ目のない支援のための保健・医療連携システム構築に関する研究

    厚生労働省 : 2018年04月 - 2021年03月

  • 地域の実情に応じた自殺対策推進のための包括的支援モデルの構築と展開方策に関する研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 認知症予防のためのライフコース要因と社会・物理的環境の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 小児死亡事例に関する登録・検証システムの確立に向けた実現可能性の検証に関する研究

    厚生労働省 : 2016年12月 - 2019年03月

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Takeo Fujiwara, Iseki Takamoto, Airi Amemiya, Masamichi Hanazato, Norimichi Suzuki, Yuiko Nagamine, Yuri Sasaki, Yukako Tani, Aki Yazawa, Yosuke Inoue, Kokoro Shirai, Yugo Shobugawa, Naoki Kondo, Katsunori Kondo. Is a hilly neighborhood environment associated with diabetes mellitus among older people? Results from the JAGES 2010 study. Soc Sci Med. 2017.06; 182 45-51. ( PubMed, DOI )

  • Mina Nakagawa, Nobutoshi Nawa, Eiko Takeichi, Taro Shimizu, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Takeo Fujiwara, Mamoru Watanabe, Yujiro Tanaka, Yasuhiro Asahina, . Mac-2 binding protein glycosylation isomer as a novel predictive biomarker for patient survival after hepatitis C virus eradication by DAAs. J. Gastroenterol. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  • Nawa N, Numasawa M, Nakagawa M, Sunaga M, Fujiwara T, Tanaka Y, Kinoshita A. Associations between demographic factors and the academic trajectories of medical students in Japan. PloS one. 2020.05; 15 (5): e0233371. ( PubMed, DOI )

  • Yamaoka Y, Fujiwara T, Fujino Y, Matsuda S, Fushimi K. Incidence and age distribution of hospitalized presumptive and possible abusive head trauma of children under 12 months old in Japan. JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY. 2020.02; 30 (2): 91-97. ( PubMed, DOI )

  • Kano M, Tani Y, Ochi M, Sudo N, Fujiwara T. Association Between Caregiver's Perception of "Good" Dietary Habits and Food Group Intake Among Preschool Children in Tokyo, Japan. Frontiers in pediatrics. 2020.01; 7 554. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 藤原 武男. 日本医師会雑誌 2020年7月号 第149巻・第4号. 株式会社杏林舎, 2020.06 わが国の子どもの貧困・虐待と乳幼児保健

  • 藤原 武男. 月刊誌「小児科臨床」第72巻 第12号. 日本小児医事出版社, 2019.12 Ⅳ.妊娠期から思春期までの虐待予防 4.妊娠期からの泣き声対策

  • 藤原 武男, 土井 理美, 三瓶 舞紀子, 伊角 彩. 保健師にもできる 妊産婦のメンタルヘルスケア. 大修館書店, 2019.11

  • 伊角 彩, 土井 理美, 藤原 武男. 精神医学 2019年10月号 (通常号) ( Vol.61 No.10). 株式会社 医学書院, 2019.10 特集トラウマインフォームドケアと小児期逆境体験「小児期逆境体験の影響に関する疫学研究」

  • 編者:奥山眞紀子, 執筆者:奥山眞紀子, 中坂育美, 佐藤拓代, 多門裕貴, 立花良之, ロング明子, 渡辺好恵, 藤原武男, 奥山千鶴子, 柳川敏彦, 加藤則子, 田中康雄, 広岡智子, 小平かやの, 青木豊, 辻井弘美, 亀岡智美, 鈴木秀洋, 井上登生, 田尻由貴子, 他. こころの科学 2019年7月号 通巻 206号. 日本評論社, 2019.06 子育て支援と虐待予防 乳幼児期の子育て支援と虐待予防 乳幼児揺さぶられ症候群の予防 (ISBN : 978-4-535-14106-3)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 土井理美、藤原武男、伊角彩、光田信明. 乳児の泣きに関する教育ビデオによる産後うつ症状の予防効果〜クラスターランダム化比較試験〜. 第26回日本行動医学会学術総会 2019.12.07 東京

  • Doi S, Fujiwara T. Combined effect of adverse childhood experiences and young age on self-harm ideation after birth. 12th European Public Health Conference 2019.11.22 Marseille, France

  • Ito K, Isumi A, Doi S, Ochi M, Fujiwara T. The association between eating vegetables at start of meal and dental caries among Japanese children. 12th European Public Health Conference 2019.11.20 Marseille, France

  • 小山佑奈、藤原武男、伊角彩、土井理美. 子ども手当は子供の疾病予防に効果的か?. 第78回日本公衆衛生学会総会 2019.10.25 高知

  • Funakoshi Y, Isumi A, Doi S, Ochi M, Fujiwara T. The association of social capital with behavior problems among children in Japan. 第78回日本公衆衛生学会総会 2019.10.25 高知

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度事業提案制度感謝状,東京都,2019年02月

  • 日本医師会医学研究奨励賞,公益社団法人日本医師会,2017年11月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウイルス感染患者向けバイタル測定スマホアプリ 実証研究プロジェクトがAMED事業に採択 〜LINEと連携したモニタリングシステムで医療崩壊を防ぐ〜,2020年07月

  • 「動画視聴で赤ちゃんへの虐待を半減」―泣きへの対処に関する動画教材による揺さぶりと口塞ぎの予防を実証―,2020年02月

    Child Abuse & Neglect

  • 「【研究発表】日本初の『子どもの貧困調査研究コンソーシアム』を発足」,2019年09月

    -

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究B(海外学術調査) ,2016年

    「モンゴロイドにおける顎顔面形態の国際比較研究」研究代表者 森山啓司

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 国際動向特論,2018年 - 2019年

  • 公衆衛生学(M3),2018年 - 2019年

  • 社会医学,2018年 - 2019年

  • 公衆衛生学(M4),2018年 - 2019年

  • 包括医療統合教育②,2018年 - 2019年

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 「環境ヘルスサイエンス」社会疫学 ライフコース疫学,慶應義塾大学

  • くらしと健康A,東京外国語大学

  • 公衆衛生学,大阪大学

  • 公衆衛生学,岡山大学

  • 社会と健康Ⅰ,東京大学

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 人生100年時代の生き方について,聖教新聞社,聖教新聞,2020年04月03日

  • 【委会】日本公衆衛生学会 ライフコース・ビックデータ検討委員会,一般社団法人日本公衆衛生学会,2019年12月09日 - 2021年09月27日

  • 【プログラムディレクター】革新的自殺研究推進プログラム,国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター,2019年12月09日 - 2020年12月14日

  • 【講演】児童虐待未然防止のための妊娠期からの支援(京都市),京都市,2019年12月05日

  • 【講演】あだちスマイルママ&エンジェルプロジェクト関係機関ネットワーク連絡会議,足立区,2019年12月02日

全件表示 >>