基本情報

写真a

松崎 京子(マツザキ キョウコ)

MATSUZAKI Kyoko


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学部  生物化学科  2003年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  生物化学専攻  修士課程  2005年03月  修了

  • 東京大学  理学系研究科  生物化学専攻  博士課程  2008年03月  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 病態代謝解析学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 病態代謝解析学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年06月
    -
    2015年04月
    東京大学 医科学研究所 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本Cell Death学会

  • 日本癌学会

  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学一般

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ストレス顆粒の生理的意義の解明と皮膚老化への関与

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • サルコペニア病態におけるサテライト細胞の加齢性変化の寄与

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Xinliang Jiang, Junichi Maruyama, Hiroaki Iwasa, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Hiroshi Nishina, Yutaka Hata. Heat shock induces the nuclear accumulation of YAP1 via SRC. Exp Cell Res. 2021.02; 399 (1): 112439. ( PubMed, DOI )

  • Takanobu Shimizu, Takeshi Nakamura, Hironori Inaba, Hiroaki Iwasa, Junichi Maruyama, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Takao Nakata, Hiroshi Nishina, Yutaka Hata. The RAS-interacting chaperone UNC119 drives the RASSF6-MDM2-p53 axis and antagonizes RAS-mediated malignant transformation. J Biol Chem. 2020.08; 295 (32): 11214-11230. ( PubMed, DOI )

  • Manami Kodaka, Fengju Mao, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Masami Kitamura, Xiaoyin Xu, Zeyu Yang, Kentaro Nakagawa, Junichi Maruyama, Kana Ishii, Chihiro Akazawa, Takuya Oyaizu, Naoki Yamamoto, Mari Ishigami-Yuasa, Nozomi Tsuemoto, Shigeru Ito, Hiroyuki Kagechika, Hiroshi Nishina, Yutaka Hata. Characterization of a novel compound that promotes myogenesis via Akt and transcriptional co-activator with PDZ-binding motif (TAZ) in mouse C2C12 cells. PLoS One. 2020.04; 15 (4): e0231265. ( PubMed, DOI )

  • Shikshya Timalsina, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Masami Kitamura, Xiaoyin Xu, Qiu Wenzhe, Mari Ishigami-Yuasa, Hiroyuki Kagechika, Yutaka Hata. Chemical compounds that suppress hypoxia-induced stress granule formation enhance cancer drug sensitivity of human cervical cancer HeLa cells. J Biochem. 2018.11; 164 (5): 381-391. ( PubMed, DOI )

  • Hiroaki Iwasa, Aradhan Sarkar, Takanobu Shimizu, Takeru Sawada, Shakhawoat Hossain, Xiaoyin Xu, Junichi Maruyama, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Kanchanamala Withanage, Kentaro Nakagawa, Hidetake Kurihara, Hidehito Kuroyanagi, Yutaka Hata. UNC119 is a binding partner of tumor suppressor Ras-association domain family 6 and induces apoptosis and cell cycle arrest by MDM2 and p53. Cancer Sci. 2018.09; 109 (9): 2767-2780. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 久保田 裕二, 松崎(有本) 京子, 武川 睦寛. ストレス顆粒の生理機能と疾患. 2015.08

  • Ohshima D, Arimoto-Matsuzaki K, Tomida T, Takekawa M, Ichikawa K.. Stochastic Simulation of Stress Granules. Springer, 2015 (ISBN : 978-4-431-55561-2)

  • 有本 京子, 斎藤 春雄. ヒトの環境ストレスシグナル経路. 2008.10

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度(第29回)中冨健康科学振興財団「研究助成金」,公益財団法人 中冨健康科学振興財団,2017年01月

  • 平成29年度 日本人若手研究者研究助成金,中島記念国際交流財団,2016年12月

  • 第5回(平成28年度)研究助成,公益財団法人小林国際奨学財団,2016年12月

  • 2016年度 医学系研究奨励,武田科学振興財団,2016年

  • 平成28年度ホーユー科学財団研究助成金,ホーユー科学財団,2016年

全件表示 >>