基本情報

写真a

有坂 慶紀(アリサカ ヨシノリ)

ARISAKA Yoshinori


職名

助教

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/org/index.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京女子医科大学  医学研究科  先端生命医科学系専攻 再生医工学分野  博士課程  2013年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京女子医科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 有機材料学 助教
  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 有機生体材料学 助教
  • 2016年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 有機生体材料学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2013年03月
    日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2013年04月
    -
    2015年03月
    早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 生命医科学科 助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人 高分子学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 一般社団法人 日本歯科理工学会

  • The Society For Biomaterials

  • The Materials Research Society

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年11月
    -
    2018年03月
    日本バイオマテリアル学会 編集委員会 (編集幹事)
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本バイオマテリアル学会 評議員
  • 2021年03月
    -
    現在
    日本バイオマテリアル学会 学会構想WG 委員

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)

  • 防災士

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 繰り返し応力集中を自動回避する超分子系生体組織接着剤の設計

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • 分子運動性超分子の異方性スキャホールドによる歯根の安定保持可能な歯周組織の再生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2020年

  • 細胞機能を成熟化する超分子介在型成長因子導入表面の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 固定化高分子鎖のベルクロ様絡み合い制御による生体環境下での界面接着・脱着

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 分子運動性による吸着タンパク質の変性抑制・配向制御に基づいた細胞生育環境の構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 有坂慶紀, 由井伸彦. 縫わずに治す医療用組織接着剤 ―非共有結合性架橋がヒドロゲルを強くする― 化学. 2021.09; 76 (9): 68-69.

  • Yoshinori Arisaka, Masahiro Hakariya, Takanori Iwata, Hiroki Masuda, Tetsuya Yoda, Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui. Surface-tethering of methylated polyrotaxanes with 4-vinylbenzyl groups onto poly(ether ether ketone) substrates for improving osteoblast compatibility Dental Materials Journal. 2021.05; 40 (3): 813-819. ( PubMed, DOI )

  • Qutaiba Alsandi, Masaomi Ikeda, Yoshinori Arisaka, Toru Nikaido, Yumi Tsuchida, Alireza Sadr, Nobuhiko Yui, Junji Tagami. Evaluation of mechanical and physical properties of light and heat polymerized UDMA for DLP 3D printer Sensors. 2021.05; 21 (10): 3331.

  • Hiroki Masuda, Yoshinori Arisaka, Masahiro Hakariya, Takanori Iwata, Tetsuya Yoda, Nobuhiko Yui. Synergy of molecularly mobile polyrotaxane surfaces with endothelial cell co-culture for mesenchymal stem cell mineralization RSC Advances. 2021.05; 11 (30): 18685-18692. ( DOI )

  • 有坂慶紀. プラスチックに替わるオールナチュラル材料 化学. 2021.03; 76 (3): 62-63.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 有坂慶紀, 由井伸彦. 手術用シーラント材・癒着防止材の利便化向上を目指した製品開発. 株式会社 技術情報協会, 2016.12 第1章 ~事例から学ぶ~外科材料への応用を目的とした原料の開発と作製/加工/評価 第20節 ポリロタキサン表面の動的特性を活かした細胞機能の調節 (ISBN : 978-4-86104-631-5)

  • 有坂慶紀, 由井伸彦. 表面・界面技術ハンドブック. 株式会社 エヌ・ティー・エス, 2016.04 第8章 人の健康に寄与する材料 第1節 健康寿命の延伸と医療器具に求められる表面特性 -高分子バイオマテリアルに求められる表面特性- (ISBN : 978-86469-075-1)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 有坂慶紀. シクロデキストリンを基盤とした超分子バイオ界面による細胞応答制御. 第37回 シクロデキストリンシンポジウム 2021.09.02

  • 益田 洋輝, 有坂 慶紀, 依田 哲也, 由井 伸彦. ポリロタキサン表面に接着した細胞の網羅的遺伝子発現解析. 第50回医用高分子シンポジウム 2021.07.05

  • 有坂慶紀, 田村篤志, 由井伸彦. 超分子ポリロタキサンの自己開始型光重合によって表面改質したPEEK基板が骨芽細胞分化に与える効果. 第77回日本歯科理工学会学術講演会 2021.04.10

  • 有坂 慶紀、利根川 朝人、田村 篤志、由井 伸彦. 骨芽細胞分化を促進する超分子固定化PEEK 表面の設計. 際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト 第5回公開討論会 2020.11.30

  • 井関祥子,Worachat Namangkalakul,有坂慶紀,由井伸彦. 分子可動性とマクロファージ活性化. 第41回日本炎症・再生医学会 2020.07.09

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞,シクロデキストリン学会,2021年09月

  • 企業賞,日本歯科理工学会,2021年04月

  • 研究奨励賞 (若手研究者部門),日本歯科理工学会,2019年10月

  • ポスター賞,シクロデキストリン学会,2019年09月

  • Material Research Society 2018 MRS Fall Meeting & Exhibit Best Poster Award Nominee,Material Research Society,2018年12月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「超分子バイオマテリアル表面による免疫細胞応答の調節」―再生医療を支える組織工学足場への応用に更なる期待―,2021年02月

    Biomaterials Science

  • 「超分子表面の分子可動性と表面電荷による幹細胞分化制御の新たな可能性」― 異種細胞からなる複合組織の再生にむけた挑戦 ―,2020年12月

    Biomaterials Science

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生体機能材料特論,2018年 - 現在

  • 応用生体材料学,2018年 - 現在

  • Advanced Biomaterials Science,2016年 - 現在

  • 有機生体材料学特論,2016年 - 現在

  • 生体材料学,2016年 - 現在

全件表示 >>