基本情報

写真a

櫻田 宏一(サクラダ コウイチ)

SAKURADA Koichi


職名

教授

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/legm/houshi_top.html

研究分野・キーワード

歯科所見、骨、顔画像、血液、体液、DNA、神経剤

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学  歯学部  歯学科  1990年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  法医学  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年03月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 法歯学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 法歯学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1997年03月
    酒井歯科医院 一般臨床医
  • 2001年04月
    -
    2001年09月
    東京大学法医学教室 助教
  • 2001年10月
    -
    2003年03月
    警察庁科学警察研究所 主任研究官
  • 2003年04月
    -
    2014年03月
    警察庁科学警察研究所 室長
  • 2014年04月
    -
    2015年01月
    警察庁科学警察研究所 部付主任研究官

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 口腔病学会

  • 日本法科学技術学会

  • 日本法歯科医学会

  • 日本法医学会

  • 日本犯罪学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本犯罪学会評議員
  • 口腔病学会理事
  • 日本法科学技術学会理事
  • 日本法歯科医学会理事
  • 日本法医学会評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 法医学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 死体解剖資格(法医)

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薬毒物に関する研究

  • 生体試料を用いた個人識別に関する研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ピンク歯現象の発色および退色機序に関する検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2022年 - 2024年

  • 日本人の顔面部形態に特化した復顔法確立のための研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 新規PAM類似体の脳内活性に関する検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 量子ビームを用いた生体組織中の微量元素・微細構造解析技術の開発と診断への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 血液脳関門通過性オキシム類による有機リン中毒の解毒に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • マルチプレックスRT-PCR法による包括的な体液の識別検査法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 抽出・精製方法の違いがmRNAを指標とした体液の識別検査に及ぼす影響

    文部科学省/日本学術振興会

  • 欠損のある頭蓋骨の欠損部形態推定とそれに伴う復顔法に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 法科学的体液資料を網羅する汎用性の高い体液の識別検査法の確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 歯を用いた生化学的、形態学的及び画像解析による個人識別手段の検証

    文部科学省/日本学術振興会

  • 高齢者の身体的虐待の特徴と傾向に基づく関連機関の連携に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Saki Minegishi, Hajime Utsuno, Jun Ohta, Shuuji Namiki, Maiko Toya, Nozomi Sumi, Kana Unuma, Hisako Saitoh, Hirotaro Iwase, Koichi Uemura, Koichi Sakurada. Sixty-eight cases of postmortem pink teeth observed in dental autopsies of unidentified cadavers. J Forensic Sci. 2022.05; 67 (3): 1280-1287. ( PubMed, DOI )

  2. Tomoko Akutsu, Isao Yokota, Ken Watanabe, Kochi Toyomane, Takayuki Yamagishi, Koichi Sakurada. Precise and comprehensive determination of multiple body fluids by applying statistical cutoff values to a multiplex reverse transcription-PCR and capillary electrophoresis procedure for forensic purposes. Leg Med (Tokyo). 2022.05; 58 102087. ( PubMed, DOI )

  3. Mariko Kazuta, Utsuno Hajime, Yohsuke Makino, Saki Minegishi, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada. A post-mortem computed tomography imaging method for predicting the anteroposterior and superoinferior positions of the Japanese adult eyeball in the orbit. Forensic Imaging. 2022.04; 29 200504.

  4. Saki Minegishi, Hisako Saitoh, Hajime Utsuno, Jun Ohta, Shuuji Namiki, Maiko Toya, Nozomi Sumi, Koichi Sakurada. Association of Cadaveric Factors with the Degree and Region of Discoloration on Pink Teeth: An Approach to Serial Cases. Appled Sciences. 2022.04; 12 4242.

  5. Ohta J, Konishi-Kato Y, Minegishi S, Sakurada K. Oral bacterial DNA-based discrimination of human and canine saliva for the analysis of indistinct bite marks. Forensic science international Genetics. 2021.07; 54 102566. ( PubMed, DOI )

  6. Rutsuko Yamaguchi, Koichi Sakurada, Hisako Saitoh, Maiko Yoshida, Yohsuke Makino, Suguru Torimitsu, Satomi Mizuno, Hirotaro Iwase. Fatal airway obstruction due to Ludwig's angina from severe odontogenic infection during antipsychotic medication: A case report and a literature review. J Forensic Sci. 2021.04; ( PubMed, DOI )

  7. Nagai M, Sakurada K, Imaizumi K, Ogawa Y, Uo M, Funakoshi T, Uemura K. Evaluation of Parameters for Estimating the Postmortem Interval of Skeletal Remains Using Bovine Femurs: A Pilot Study. Diagnostics. 2020.12; 10 (12): ( PubMed, DOI )

  8. Chihiro Tanaka, Hajime Utsuno,Yohsuke Makino, Saki Minegishi, Jun Ota, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada.. Facial soft tissue thickness of the Japanese population determined using post mortem computed tomography images Forensic Imaging. 2020.12; 23 200423.

  9. Koichi Sakurada, Ken Watanabe, Tomoko Akutsu. Current Methods for Body Fluid Identification Related to Sexual Crime: Focusing on Saliva, Semen, and Vaginal Fluid. Diagnostics. 2020.09; 10 (9): ( PubMed, DOI )

  10. Sakurada K, Ohta H. No promising antidote 25 years after the Tokyo subway sarin attack: A review. Legal medicine (Tokyo, Japan). 2020.07; 47 101761. ( PubMed, DOI )

  11. Tomoko Akutsu, Isao Yokota, Ken Watanabe, Koichi Sakurada. Development of a multiplex RT-PCR assay and statistical evaluation of its use in forensic identification of vaginal fluid. Leg Med (Tokyo). 2020.05; 45 101715. ( PubMed, DOI )

  12. Kitayama T, Fukagawa T, Watahiki H, Mita Y, Fujii K, Unuma K, Sakurada K, Uemura K, Sekiguchi K, Mizuno N. Evaluation of Rapid DNA system for buccal swab and disaster victim identification samples. Legal medicine (Tokyo, Japan). 2020.05; 46 101713. ( PubMed, DOI )

  13. Jun Ohta, Nanaka Noda, Saki Minegishi, Koichi Sakurada. Application of DNA repair for Streptococcus salivarius DNA-based identification of saliva from ultraviolet-exposed samples. Forensic Sci. Int.. 2020.01; 306 110077. ( PubMed, DOI )

  14. Komuro T, Tsutsumi H, Izawa H, Katsumura S, Saitoh H, Sakurada K, Sato K, Furukawa A. Social contribution of forensic odontology in Japan. The Japanese dental science review. 2019.11; 55 (1): 121-125. ( PubMed, DOI )

  15. Jun Ohta, Koichi Sakurada. Oral gram-positive bacterial DNA-based identification of saliva from highly degraded samples. Forensic Sci Int Genet. 2019.09; 42 103-112. ( PubMed, DOI )

  16. Jun Ohta, Nanaka Noda, Koichi Sakurada. Comparison of Catalytic and Immunological Amylase Tests for Identifying of Saliva from Degraded Samples. J. Forensic Sci.. 2019.05; 64 (3): 873-877. ( PubMed, DOI )

  17. Minegishi S, Ohtani S, Noritake K, Funakoshi T, Ishii N, Utsuno H, Sakuma A, Saitoh H, Yamaguchi S, Marukawa E, Harada H, Uemura K, Sakurada K. Preparation of dentin standard samples for age estimation based on increased aspartic acid racemization rate by heating. Legal Medicine. 2019.03; 38 25-31. ( PubMed, DOI )

  18. Saitoh H, Moriya T, Takeyama M, Yusa K, Sakuma A, Chiba F, Torimitsu S, Ishii N, Sakurada K, Iino M, Iwase H, Tokanai F. Estimation of birth year by radiocarbon dating of tooth enamel: Approach to obtaining enamel powder. Journal of forensic and legal medicine. 2019.01; 62 97-102. ( PubMed, DOI )

  19. Hisako Saitoh, Hiroshi Ikegaya, Koichi Sakurada, Hiroyuki Inoue, Sayaka Nagasawa, Ayaka Sakuma, Namiko Ishii, Go Inokuchi, Fumiko Chiba, Suguru Torimitsu, Hirotaro Iwase. Usefulness of human herpes simplex virus type 1 genotyping for tracing the geographical origins of unidentified cadavers. Future Virology. 2018.06; 13 (6): 391-398. ( DOI )

  20. Hajime Utsuno, Toru Kageyama, Keiicchi Uchida, Namiko Ishii, Saki Minegishi, Koichi Uemura, Koichi Sakurada. Establishment of a prediction method for the mid-facial region of unknown human Mongoloid skeletal remains. Forensic Sci. Int.. 2018.05; 288 297-303. ( PubMed, DOI )

  21. Tomoko Akutsu, Ken Watanabe, Ayari Takamura, Koichi Sakurada. Evaluation of skin- or sweat-characteristic mRNAs for inferring the human origin of touched contact traces. Leg Med (Tokyo). 2018.05; 33 36-41. ( PubMed, DOI )

  22. Ken Watanabe, Tomoko Akutsu, Ayari Takamura, Koichi Sakurada. Practical evaluation of an RNA-based saliva identification method. Sci. Justice. 2017.11; 57 (6): 404-408. ( PubMed, DOI )

  23. Tomoko Akutsu, Hisako Saito, Hirotaro Iwase, Ken Watanabe, Ayari Takamura, Koichi Sakurada, Sachio Miyasaka. The applicability of ELISA detection of gastric mucosa-expressing proteins for the identification of vomit. Int. J. Legal Med.. 2017.03; 131 (2): 359-364. ( PubMed, DOI )

  24. Ken Watanabe, Tomoko Akutsu, Ayari Takamura, Koichi Sakurada. Evaluation of a blood-specific DNA methylated region and trial for allele-specific blood identification from mixed body fluid DNA. Leg Med (Tokyo). 2016.09; 22 49-53. ( PubMed, DOI )

  25. Victor A Voicu, Andrei Valentin Medvedovici, Koichi Sakurada, Hikoto Ohta, Flavian Stefan Rădulescu, Dalia Simona Miron. The forgotten or underestimated relevance of biopharmaceutical-based assessments for the oral absorption studies of oxime reactivators. Expert Opin Drug Metab Toxicol. 2016.07; 12 (7): 743-752. ( PubMed, DOI )

  26. Hajime Utsuno, Toru Kageyama, Keiichi Uchida, Kazuhiko Kibayashi, Koichi Sakurada, Koichi Uemura. Pilot study to establish a nasal tip prediction method from unknown human skeletal remains for facial reconstruction and skull photo superimposition as applied to a Japanese male populations. J Forensic Leg Med. 2016.02; 38 75-80. ( PubMed, DOI )

  27. Ken Watanabe, Tomoko Akutsu, Koichi Sakurada. Development of a Real-Time PCR-Based Method for Analyzing Semen-Specific Unmethylated DNA Regions and Methylation Status in Aged Body Fluid Stains. J. Forensic Sci.. 2016.01; 61 Suppl 1 S208-S212. ( PubMed, DOI )

  28. Akihisa Igoh, Yusuke Doi, Koichi Sakurada. Identification and evaluation of potential forensic marker proteins in vaginal fluid by liquid chromatography/mass spectrometry. Anal Bioanal Chem. 2015.09; 407 (23): 7135-7144. ( PubMed, DOI )

  29. Tomoko Akutsu, Tetsushi Kitayama, Ken Watanabe, Koichi Sakurada. Comparison of automated and manual purification of total RNA for mRNA-based identification of body fluids. Forensic Sci Int Genet. 2015.01; 14 11-17. ( PubMed, DOI )

  30. Victor Voicu, Costel Sârbu, Florentin Tache, Florina Micăle, Ştefan Flavian Rădulescu, Koichi Sakurada, Hikoto Ohta, Andrei Medvedovici. Lipophilicity indices derived from the liquid chromatographic behavior observed under bimodal retention conditions (reversed phase/hydrophilic interaction): application to a representative set of pyridinium oximes. Talanta. 2014.05; 122 172-179. ( PubMed, DOI )

  31. Ken Watanabe, Yasuki Iwashima, Tomoko Akutsu, Kazumasa Sekiguchi, Koichi Sakurada. Evaluation of a co-extraction method for real-time PCR-based body fluid identification and DNA typing. Leg Med (Tokyo). 2014.01; 16 (1): 56-59. ( PubMed, DOI )

  32. Hiroyuki Inoue, Hisako Motani-Saitoh, Koichi Sakurada, Hiroshi Ikegaya, Daisuke Yajima, Sayaka Nagasawa, Hirotaro Iwase. Genotypic polymorphisms of hepatitis B virus provide useful information for estimating geographical origin or place of long-term residence of unidentified cadavers. J. Forensic Sci.. 2014.01; 59 (1): 236-241. ( PubMed, DOI )

  33. Stuart J McLean, Hiroshi Ikegaya, Pekka J Saukko, Huang Yung Zheng, Tomoko Akutsu, Daisuke Miyamori, Noboru Ishikawa, Koichi Sakurada. A trial of the utilization of stable isotope analysis for the estimation of the geographic origins of unidentified cadavers. Forensic Sci. Int.. 2013.10; 232 (1-3): 237.e1-237.e5. ( PubMed, DOI )

  34. Ken Watanabe, Mayuko Hosoya, Koichi Hirayama, Hisako Saitoh, Hirotaro Iwase, Hiroshi Ikegaya, Tomoko Akutsu, Kazumasa Sekiguchi, Koichi Sakurada. Forensic validation of the modified ABO genotyping method using a DNA chip. Leg Med (Tokyo). 2013.07; 15 (4): 222-225. ( PubMed, DOI )

  35. Sakurada K, Akutsu T, Watanabe K, Miyasaka S, Kasai K. Identification of body fluid stains using real-time RT-PCR: Discrimination between salivary, nasal, and vaginal secretions Jpn J Forensic Sci Tech. 2013.02; 18 (1): 1-11.

  36. Hirata R, Takasaka T, Miyamori D, Ahmed S, Sakurada K, Nishigaki K, Ikegaya H. Use of the genome profiling method for the identification of saliva and sweat samples Jpn J Forensic Sci Tech. 2013.02; 18 (1): 79-83.

  37. Tomoko Akutsu, Ken Watanabe, Koichi Sakurada. Specificity, sensitivity, and operability of RSID™-urine for forensic identification of urine: comparison with ELISA for Tamm-Horsfall protein. J. Forensic Sci.. 2012.11; 57 (6): 1570-1573. ( PubMed, DOI )

  38. Koichi Sakurada, Tomoko Akutsu, Ken Watanabe, Mineo Yoshino. Identification of nasal blood by real-time RT-PCR. Leg Med (Tokyo). 2012.07; 14 (4): 201-204. ( PubMed, DOI )

  39. Nagisa Suwa, Hiroshi Ikegaya, Tomokazu Takasaka, Koichi Nishigaki, Koichi Sakurada. Human blood identification using the genome profiling method. Leg Med (Tokyo). 2012.05; 14 (3): 121-125. ( PubMed, DOI )

  40. Tomoko Akutsu, Hisako Motani, Ken Watanabe, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada. Detection of bacterial 16S ribosomal RNA genes for forensic identification of vaginal fluid. Leg Med (Tokyo). 2012.05; 14 (3): 160-162. ( PubMed, DOI )

  41. Tomoko Akutsu, Ken Watanabe, Hisako Motani, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada. Evaluation of latex agglutination tests for fibrin-fibrinogen degradation products in the forensic identification of menstrual blood. Leg Med (Tokyo). 2012.01; 14 (1): 51-54. ( PubMed, DOI )

  42. Koichi Sakurada, Tomoko Akutsu, Ken Watanabe, Yoshihito Fujinami, Mineo Yoshino. Expression of statherin mRNA and protein in nasal and vaginal secretions. Leg Med (Tokyo). 2011.11; 13 (6): 309-313. ( PubMed, DOI )

  43. Tomokazu Takasaka, Koichi Sakurada, Tomoko Akutsu, Koichi Nishigaki, Hiroshi Ikegaya. Trials of the detection of semen and vaginal fluid RNA using the genome profiling method. Leg Med (Tokyo). 2011.09; 13 (5): 265-267. ( PubMed, DOI )

  44. Yoshihito Fujinami, Hitomi S Kikkawa, Yohei Kurosaki, Koichi Sakurada, Mineo Yoshino, Jiro Yasuda. Rapid discrimination of Legionella by matrix-assisted laser desorption ionization time-of-flight mass spectrometry. Microbiol. Res.. 2011.02; 166 (2): 77-86. ( PubMed, DOI )

  45. Ken Watanabe, Hiroshi Ikegaya, Koichi Hirayama, Hisako Motani, Hirotaro Iwase, Hiroto Kaneko, Hisayo Fukushima, Tomoko Akutsu, Koichi Sakurada. A novel method for ABO genotyping using a DNA chip. J. Forensic Sci.. 2011.01; 56 Suppl 1 S183-S187. ( PubMed, DOI )

  46. Tomoko Akutsu, Ken Watanabe, Yoshihito Fujinami, Koichi Sakurada. Applicability of ELISA detection of statherin for forensic identification of saliva. Int. J. Legal Med.. 2010.09; 124 (5): 493-498. ( PubMed, DOI )

  47. Kohji Ishihama, Satoshi Sumioka, Koichi Sakurada, Mikihiko Kogo. Floating aerial blood mists in the operating room. J. Hazard. Mater.. 2010.09; 181 (1-3): 1179-1181. ( PubMed, DOI )

  48. 藤浪良仁,永金正考,黒崎陽平,櫻田宏一,吉野峰生,安田二朗. 清涼飲料水中における病原細菌の生存率 法科学技術. 2010.08; 15 (2): 125-133.

  49. Koichi Sakurada, Hikoto Ohta. Liquid chromatography-tandem mass spectrometry method for determination of the pyridinium aldoxime 4-PAO in brain, liver, lung, and kidney. J. Chromatogr. B Analyt. Technol. Biomed. Life Sci.. 2010.05; 878 (17-18): 1414-1419. ( PubMed, DOI )

  50. Hiroyuki Inoue, Hisako Motani-Saitoh, Koichi Sakurada, Hiroshi Ikegaya, Daisuke Yajima, Mutsumi Hayakawa, Yayoi Sato, Katsura Otsuka, Kazuhiro Kobayashi, Sayaka Nagasawa, Hirotaro Iwase. Determination of the geographical origin of unidentified cadavers based on geographical differences in genotype of varicella-zoster virus. J. Med. Virol.. 2010.05; 82 (5): 903-908. ( PubMed, DOI )

  51. Tomoko Akutsu, Hiroshi Ikegaya, Ken Watanabe, Hisayo Fukushima, Hisako Motani, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada. Evaluation of Tamm-Horsfall protein and uroplakin III for forensic identification of urine. J. Forensic Sci.. 2010.05; 55 (3): 742-746. ( PubMed, DOI )

  52. 阿久津智子,池谷 博,渡邊 賢,櫻田宏一. 酵素抗体法による無髄毛髪のABO 式血液型検査 法科学技術. 2010.02; 15 (1): 39-48.

  53. Hiroyuki Inoue, Hisako Motani-Saitoh, Koichi Sakurada, Hiroshi Ikegaya, Daisuke Yajima, Mutsumi Hayakawa, Yayoi Sato, Katsura Otsuka, Kazuhiro Kobayashi, Sayaka Nagasawa, Hirotaro Iwase. Detection of varicella-zoster virus DNA in 414 human trigeminal ganglia from cadavers by the polymerase chain reaction: a comparison of the detection rate of varicella-zoster virus and herpes simplex virus type 1. J. Med. Virol.. 2010.02; 82 (2): 345-349. ( PubMed, DOI )

  54. Koichi Sakurada, Tomoko Akutsu, Hisayo Fukushima, Ken Watanabe, Mineo Yoshino. Detection of dermcidin for sweat identification by real-time RT-PCR and ELISA. Forensic Sci. Int.. 2010.01; 194 (1-3): 80-84. ( PubMed, DOI )

  55. Ishiwari A, Akutsu T, Ikegaya H, Sakurada K. Purification and characterization of a lectin from Chinese quince (Chaenomeles sinensis) fruit J Plant Biochem Biotech. 2010; 19 (2): 243-245.

  56. Koichi Sakurada, Hiroshi Ikegaya, Hikoto Ohta, Hisayo Fukushima, Tomoko Akutsu, Ken Watanabe. Effects of oximes on mitochondrial oxidase activity. Toxicol. Lett.. 2009.09; 189 (2): 110-114. ( PubMed, DOI )

  57. Koichi Sakurada, Hiroshi Ikegaya, Hisayo Fukushima, Tomoko Akutsu, Ken Watanabe, Mineo Yoshino. Evaluation of mRNA-based approach for identification of saliva and semen. Leg Med (Tokyo). 2009.05; 11 (3): 125-128. ( PubMed, DOI )

  58. Sou Okuno, Koichi Sakurada, Hikoto Ohta, Hiroshi Ikegaya, Yuko Kazui, Tomoko Akutsu, Takehiko Takatori, Kimiharu Iwadate. Blood-brain barrier penetration of novel pyridinealdoxime methiodide (PAM)-type oximes examined by brain microdialysis with LC-MS/MS. Toxicol. Appl. Pharmacol.. 2008.02; 227 (1): 8-15. ( PubMed, DOI )

  59. Hiroshi Ikegaya, Hirotaro Iwase, Pekka J Saukko, Tomoko Akutsu, Koichi Sakurada, Mineo Yoshino. JC viral DNA chip allows geographical localization of unidentified cadavers for rapid identification. Forensic Sci Int Genet. 2008.01; 2 (1): 54-60. ( PubMed, DOI )

  60. Hiroshi Ikegaya, Hisako Motani, Koichi Sakurada, Keita Sato, Tomoko Akutsu, Mineo Yoshino. Forensic application of Epstein-Barr virus genotype: correlation between viral genotype and geographical area. J. Virol. Methods. 2008.01; 147 (1): 78-85. ( PubMed, DOI )

  61. Hiroshi Ikegaya, Hisako Motani, Pekka Saukko, Keita Sato, Tomoko Akutsu, Koichi Sakurada. BK virus genotype distribution offers information of tracing the geographical origins of unidentified cadaver. Forensic Sci. Int.. 2007.11; 173 (1): 41-46. ( PubMed, DOI )

  62. Sakurada K, Ikegaya H, Motani H, Iwase H, Sekiguchi K, Akutsu T, Yoshino M, Takatori T, Yoshida K. JC virus genotyping can be used to narrow down the native place of persons from urine stains Jpn J Forensic Sci Tech. 2007.07; 10 (2): 111-117.

  63. Tomoko Akutsu, Kaoru Kobayashi, Koichi Sakurada, Hiroshi Ikegaya, Tomomi Furihata, Kan Chiba. Identification of human cytochrome p450 isozymes involved in diphenhydramine N-demethylation. Drug Metab. Dispos.. 2007.01; 35 (1): 72-78. ( PubMed, DOI )

  64. Hiroaki Nakanishi, Takeshi Ohmori, Tomoko Akutsu, Koichi Sakurada. Preparation of latex reagents combined with IgM and its F(ab')2 fragment from commercial ABO blood grouping reagent. Colloids Surf B Biointerfaces. 2007.01; 54 (1): 114-117. ( PubMed, DOI )

  65. Ikegaya H, Motani H, Akutsu T, Sakurada K. Detection of JC virus DNA from whole blood and urine samples Internet J Microbiol. 2007; 3 (2):

  66. Hikoto Ohta, Takeshi Ohmori, Shinichi Suzuki, Hiroshi Ikegaya, Koichi Sakurada, Takehiko Takatori. New safe method for preparation of sarin-exposed human erythrocytes acetylcholinesterase using non-toxic and stable sarin analogue isopropyl p-nitrophenyl methylphosphonate and its application to evaluation of nerve agent antidotes. Pharm. Res.. 2006.12; 23 (12): 2827-2833. ( PubMed, DOI )

  67. Hisako Motani, Koichi Sakurada, Hiroshi Ikegaya, Tomoko Akutsu, Mutsumi Hayakawa, Yayoi Sato, Daisuke Yajima, Kaoru Sato, Kazuhiro Kobayashi, Hirotaro Iwase. Detection of herpes simplex virus type 1 DNA in bilateral human trigeminal ganglia and optic nerves by polymerase chain reaction. J. Med. Virol.. 2006.12; 78 (12): 1584-1587. ( PubMed, DOI )

  68. Hiroshi Ikegaya, Pekka J Saukko, Risto Tertti, Kaj P Metsärinne, Michael J Carr, Brendan Crowley, Koichi Sakurada, Huai-Ying Zheng, Tadaichi Kitamura, Yoshiaki Yogo. Identification of a genomic subgroup of BK polyomavirus spread in European populations. J. Gen. Virol.. 2006.11; 87 (Pt 11): 3201-3208. ( PubMed, DOI )

  69. Koichi Sakurada, Hiroshi Ikegaya, Hikoto Ohta, Tomoko Akutsu, Takehiko Takatori. Hydrolysis of an acetylthiocholine by pralidoxime iodide (2-PAM). Toxicol. Lett.. 2006.10; 166 (3): 255-260. ( PubMed, DOI )

  70. Hisako Motani, Koichi Sakurada, Tomoko Akutsu, Hiroshi Ikegaya, Mutsumi Hayakawa, Yayoi Sato, Daisuke Yajima, Kaoru Sato, Kazuhiro Kobayashi, Hirotaro Iwase. Usefulness of dura mater in providing DNA samples for identifying cadavers. J. Forensic Sci.. 2006.07; 51 (4): 888-892. ( PubMed, DOI )

  71. Tomoko Akutsu, Kazumasa Sekiguchi, Takeshi Ohmori, Koichi Sakurada. Individual comparisons of the levels of (E)-3-methyl-2-hexenoic acid, an axillary odor-related compound, in Japanese. Chem. Senses. 2006.07; 31 (6): 557-563. ( PubMed, DOI )

  72. Hiroshi Ikegaya, Kanju Saka, Koichi Sakurada, Mihoko Nakamura, Ken-ichi Yoshida. A case of sudden death after intramuscular injection of butylscopolamine bromide. Leg Med (Tokyo). 2006.05; 8 (3): 194-197. ( PubMed, DOI )

  73. Takasaka T, Ohta N, Zheng HY, Ikegaya H, Sakurada K, Kitamura T, Yogo Y. JC polyomavirus lineages common among Kiribati Islanders:implications for human dispersal in the Pacific Anthropol Sci. 2006; 114 133-140.

  74. 窪田 聡,岩田祐子,松田秀明,今泉和彦,櫻田宏一,井上博之,宮坂祥夫,佐藤 元. コカイン反復投与後のラット脳の病理組織学的および定量形態学的研究 法科学技術. 2005.12; 10 (1): 19-29.

  75. Hiroshi Ikegaya, Hirotaro Iwase, Huai-Ying Zheng, Makoto Nakajima, Koichi Sakurada, Takehiko Takatori, Masashi Fukayama, Tadaichi Kitamura, Yoshiaki Yogo. JC virus genotyping using formalin-fixed, paraffin-embedded renal tissues. J. Virol. Methods. 2005.06; 126 (1-2): 37-43. ( PubMed, DOI )

  76. Koichi Sakurada, Ikuko Sakai, Kazumasa Sekiguchi, Tomoko Shiraishi, Hiroshi Ikegaya, Ken-ichi Yoshida. Usefulness of a latex agglutination assay for FDP D-dimer to demonstrate the presence of postmortem blood. Int. J. Legal Med.. 2005.05; 119 (3): 167-171. ( PubMed, DOI )

  77. Zheng H, Ikegaya I, Nakajima M, Sakurada K, Takasaka T, Kitamura T, Yogo Y. Two distinct genotypes (MY-x and MX) of JC virus previously identified in Hokkaido Ainu Anthropol sci. 2005; 113 225-231.

  78. Takatori T, Nagao M, Iwase H, Sakurada K. Sarin poisoning diagnosis in the Tokyo subway Res Legal Med. 2004; 34 113-133.

  79. Sakurada K, Kobayashi M, Ikegaya H, Takatori T, Yoshida K. Detection of 7-aminoflunitrazepam in mummified liver and kidney by gas chromatography-mass spectrometry Can Soc Forensic Sci J. 2004; 37 (4): 207-213.

  80. 白石智子,関口和正,大森 毅,櫻田宏一. ヘモキャッチを用いた人血検査に及ぼす界面活性剤・消毒薬の影響 法科学技術. 2004; 9 (2): 143-149.

  81. Koichi Sakurada, Ichiro Toida, Ikuko Sakai, Kazumasa Sekiguchi, Tomoko Shiraishi, Takehiko Takatori. The BCG scar after percutaneous multiple puncture vaccination may help establish the nationalities of unidentified cadavers. J Clin Forensic Med. 2003.12; 10 (4): 235-241. ( PubMed, DOI )

  82. Koichi Sakurada, Kazuo Matsubara, Keiko Shimizu, Hiroshi Shiono, Yasuo Seto, Koichiro Tsuge, Mineo Yoshino, Ikuko Sakai, Harutaka Mukoyama, Takehiko Takatori. Pralidoxime iodide (2-pAM) penetrates across the blood-brain barrier. Neurochem. Res.. 2003.09; 28 (9): 1401-1407. ( PubMed )

  83. Hiroshi Ikegaya, Masahiko Kobayashi, Koichi Sakurada, Hisako Takeichi, Ken-ichi Yoshida, Hirotaro Iwase. Detection of the calcium antagonist nicardipine and its metabolites by gas chromatography-mass spectrometry. Forensic Sci. Int.. 2002.11; 130 (1): 25-28. ( PubMed )

  84. Koichi Sakurada, Masahiko Kobayashi, Hirotaro Iwase, Mineo Yoshino, Harutaka Mukoyama, Takehiko Takatori, Ken-ichi Yoshida. Production of gamma-hydroxybutyric acid in postmortem liver increases with time after death. Toxicol. Lett.. 2002.03; 129 (3): 207-217. ( PubMed )

  85. Atsuchi M, Noguchi K, Kubota S, Imaizumi K, Sakurada K, Yoshino M, Fraser NL, Thomas CDL, Clement JG. Evaluation of morphometric matching for the identification of caucasian faces from blurred images Jpn J Sci Tech Iden. 2002; 6 (2): 135-138.

  86. M Kobayashi, H Ikegaya, I Takase, K Hatanaka, K Sakurada, H Iwase. Development of rigor mortis is not affected by muscle volume. Forensic Sci. Int.. 2001.04; 117 (3): 213-219. ( PubMed )

  87. H Ikegaya, H Iwase, K Hatanaka, K Sakurada, K Yoshida, T Takatori. Diagnosis of cyanide intoxication by measurement of cytochrome c oxidase activity. Toxicol. Lett.. 2001.02; 119 (2): 117-123. ( PubMed )

  88. H Iwase, K Sakurada, H Ikegaya, K Hatanaka, H Takeichi, M Kobayashi, K Yoshida. Thiol-oxidizing agent diamide and acidic pH enhance lipid peroxidation of rat heart mitochondria and cardiolipin-cytochrome c complex. IUBMB Life. 2001.01; 51 (1): 39-43. ( PubMed, DOI )

  89. K Sakurada, H Iwase, M Kobayashi, H Uemura, H Nakaya, H Ikegaya, K Yoshida. cis-9,10-Methylenehexadecanoic acid inhibits contractility and actomyosin ATPase activity of guinea pig myocardium. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2000.08; 274 (2): 533-536. ( PubMed, DOI )

  90. H Iwase, K Sakurada, K Hatanaka, M Kobayashi, T Takatori. Effect of cytochrome c on the linoleic acid-degrading activity of porcine leukocyte 12-lipoxygenase. Free Radic. Biol. Med.. 2000.03; 28 (6): 912-919. ( PubMed )

  91. H Ikegaya, H Iwase, K Hatanaka, K Sakurada, Y Matsuda, M Kobayashi, T Takatori. Postmortem changes in cytochrome c oxidase activity in various organs of the rat and in human heart. Forensic Sci. Int.. 2000.02; 108 (3): 181-186. ( PubMed )

  92. M Kobayashi, T Takatori, M Nakajima, K Sakurada, K Hatanaka, H Ikegaya, Y Matsuda, H Iwase. Onset of rigor mortis is earlier in red muscle than in white muscle. Int. J. Legal Med.. 2000; 113 (4): 240-243. ( PubMed )

  93. M Kobayashi, K Sakurada, M Nakajima, H Iwase, K Hatanaka, Y Matsuda, H Ikegaya, T Takatori. A 'keyhole lesion' gunshot wound in an adipocere case. Leg Med (Tokyo). 1999.09; 1 (3): 170-173. ( PubMed )

  94. K Sakurada, H Iwase, T Takatori, M Nagao, M Nakajima, H Niijima, Y Matsuda, M Kobayashi. Identification of cis-9,10-methylenehexadecanoic acid in submitochondrial particles of bovine heart. Biochim. Biophys. Acta. 1999.02; 1437 (2): 214-222. ( PubMed )

  95. H Iwase, T Takatori, K Sakurada, M Nagao, H Niijima, Y Matsuda, M Kobayashi. Calcium is required for quasi-lipoxygenase activity of hemoproteins. Free Radic. Biol. Med.. 1998.11; 25 (8): 943-952. ( PubMed )

  96. H Iwase, K Sakurada, T Takatori, M Nagao, H Niijima, Y Matsuda, M Kobayashi. Calcium ions potentiate lipoxygenase activity of cytochrome c at the physiological pH. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 1998.02; 243 (2): 485-491. ( PubMed, DOI )

  97. 大田 隼,大村 雅子,峰岸 沙希,櫻田 宏一. α-アミラーゼ測定キットを用いた唾液予備検査の法科学的評価 日本法科学技術学会誌. 2021.07; 26 (2): 231-238.

  98. 櫻田 宏一. 平成の犯罪と令和への法歯学 犯罪学雑誌. 2021.06; 87 (1 & 2): 20-23.

  99. 岡 広子,竹内明子,鈴木敏彦,葛城梨江香,斉藤久子,櫻田宏一,山下裕美. 死因究明等に関する教育及び研究拠点での法歯学(歯科法医学)分野の現状 日本法歯科医学会誌. 2020.09; 13 (1): 8-13.

  100. 峰岸 沙希,櫻田 宏一. 最新の歯学 法歯学 1本の歯から年齢を推定する法歯学的手法 口病誌. 2020.03; 87 (1): 8. ( 医中誌 )

  101. 市岡 宏顕,櫻田 宏一,斉藤 久子,大谷 真紀,熊谷 渉,池谷 博.. 歯科臨床医を対象とした死後デンタルチャート作成実習の教育効果 日本法歯科医学会誌. 2019.03; 11 (1): 10-14.

  102. 櫻田 宏一. 生体試料に関わる物体検査の現在 ~唾液証明を中心に~ 犯罪学雑誌. 2017.12; 83 (6): 150-157.

  103. 櫻田 宏一. 唾液からの個人識別 東京都歯科医師会雑誌. 2017.07; 65 (7): 3-10. ( 医中誌 )

  104. Koichi Sakurada. [Application to Individual Identification of Parastic Virus Genotypes]. Kokubyo Gakkai Zasshi. 2015.11; 82 (3): 81-87. ( PubMed )

  105. 岩嶋泰樹,渡邊賢,北山哲史,藤井宏治,中原弘明,櫻田宏一,関口和正. DNA型分析のための毛髪表面からの汚染除去法の評価 法科学技術. 2015.07; 20 (2): 165-173.

  106. 渡邊 賢,細谷真悠子,平山幸一,池谷 博,斉藤久子,岩瀬博太郎,阿久津智子,櫻田宏一. DNAチップの改良による高精度ヒトABO遺伝子型判定法の確立 法科学技術. 2015.01; 20 (1): 41-50.

  107. 阿久津智子,渡邊 賢,櫻田宏一. 間接ELISA法による尿の識別に適用可能な抗Tamm-Horsfall protein (uromucoid)抗体の検証 科警研報告. 2014; 63 (1): 1-7.

  108. 阿久津 智子,松村 一利,田中 和佳,渡邊 賢,櫻田 宏一. 法科学的試料における人血検査へのOC-ヘモキャッチS‘栄研’の有用性の検証 法科学技術. 2014; 19 (2): 103-110.

  109. 阿久津智子,渡邊 賢,福島久代,藤浪良仁,櫻田宏一. Statherin, dermcidin およびTamm-Horsfall proteinを指標としたELISA法による唾液,汗および尿の体系的識別法の開発 法科学技術. 2011.03; 16 (1): 1-11.

  110. 池谷博,岩瀬博太郎,阿久津智子,櫻田宏一,吉野峰生. BKウイルスを用いた身元不明死体出身地域DNAチップの開発 法科学技術. 2008.04; 13 (1): 51-58.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 高橋 雅典、都築 民幸、山田 良広、櫻田 宏一. 法歯科医学 第2版. 株式会社永末書店, 2022.02 (ISBN : 978-4-8160-1402-4)

  2. 高取健彦,長尾正崇,櫻田宏一,他. Newエッセンシャル法医学 第6版. 医歯薬出版, 2019.03 物体検査 (ISBN : 978-4-263-73189-5)

  3. 池谷 博,櫻田 宏一. あたらしい検案・解剖マニュアル. 金芳堂, 2018.11 (ISBN : 978-4-7653-1759-7)

  4. 櫻田 宏一. Q&A 大規模災害発生時の身元確認方法. デンタルダイヤモンド社, 2018.06 歯科一般

  5. 高橋 雅典、都築 民幸、山田 良広、櫻田 宏一、他. 法歯科医学. 2017.11 (ISBN : 978-4-8160-1333-1)

  6. 櫻田 宏一. サリン中毒に効果的な解毒剤の候補化合物を合成. 化学, 2017.06

  7. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~1本の歯が持つ力と法歯学の未来~. デンタルダイヤモンド社, 2017.06 歯は雄弁に語る

  8. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~歯からの血液型とDNA型~. デンタルダイヤモンド社, 2017.05 歯は雄弁に語る

  9. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~歯痕と虐待~. デンタルダイヤモンド社, 2017.04 歯は雄弁に語る

  10. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~歯と骨からの性別推定~. デンタルダイヤモンド社, 2017.03 歯は雄弁に語る

  11. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~ラセミ化と放射性同位体を用いた年齢推定~. デンタルダイヤモンド社, 2017.02 歯は雄弁に語る

  12. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~歯と骨からの年齢推定~. デンタルダイヤモンド社, 2017.01 歯は雄弁に語る

  13. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~デンタルX線写真とCT画像~. デンタルダイヤモンド社, 2016.12 歯は雄弁に語る

  14. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~口腔内写真とデンタルチャート~. デンタルダイヤモンド社, 2016.11 歯は雄弁に語る

  15. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~法医解剖での身元確認~. デンタルダイヤモンド社, 2016.10 歯は雄弁に語る

  16. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~なぜ身元確認に歯が使えるの?~. デンタルダイヤモンド社, 2016.09 歯は雄弁に語る

  17. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~身元確認はどんな方法で?~. デンタルダイヤモンド社, 2016.08 歯は雄弁に語る

  18. 櫻田 宏一. 歯は雄弁に語る ~歯科医師が社会貢献できる大きな使命~. デンタルダイヤモンド社, 2016.07 歯は雄弁に語る

  19. 合澤 啓二,櫻田 宏一 他. 南山堂医学大辞典 第20版. 南山堂, 2015.04 (ISBN : 978-4-525-01080-5)

  20. 槻木恵一, 櫻田宏一 他. 非侵襲的検体検査の最前線 -唾液検査・呼気検査を中心に-. シーエムシー出版, 2015.01 唾液を用いた個人識別 (ISBN : 978-4-7813-1052-7)

  21. 高取健彦, 櫻田宏一 他. NEWエッセンシャル法医学 第5版. 2012.06

  22. 金子周一, 堀池靖浩, 櫻田宏一 他. バイオチップ実用化ハンドブック. 2010.04

  23. 高取健彦、櫻田宏一 他. 捜査のための法科学  第一部(法生物学・法心理学・文書鑑識). 2004.11

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hajime Utsuno, Shuuji Namiki, Yohsuke Makino, Saki Minegishi, Maikmo Toya, Nozomi Sumi, Hirotaro Iwase, Koichi Sakurada. Landmark comparisons of the alar region in the prediction of the ala of the nose using post-mortem computed tomography images. The Nineteenth Biennial Scientific Meeting of the International Association for Craniofacial Identification 2022.07.29 Liverpool, UK

  2. 大田隼,峰岸沙希, 宇都野創, 櫻田宏一. Comparison of bacterial DNA and human RNA markers for identification of saliva from forensic samples. 第104次日本法医学会学術全国集会 2020.09.24 京都

  3. Tomoko Akutsu, Isao Yokota, Ken Watanabe, Koichi Sakurada.. Development of a Multiplex RT-PCR Assay and Its Statistical Evaluation for the Forensic Identification of Vaginal Fluid.. The 28th International Congress of International Society for Forensic Genetics. 2019.09.12 The Czech Republic, Prague Congress Center

  4. Jun Ohta, Nanaka Noda, Koichi Sakurada. Efficacy of mtDNA-based individualization and bacterial DNA-based saliva identification of degraded forensic samples. 24th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2018.06.08 Fukuoka

  5. Namiko Ishii, Hisako Saitoh, Hajime Utsuno, Saki Minegishi, Koichi Sakurada. Improvement of the age estimation method using dentin aspartic acid racemization: Study of aspartic acid extraction technique. 24th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2018.06.08 Fukuoka

  6. Saki Minegishi, Namiko Ishii, Hajime Utsuno, Kanako Noritake, Takeshi Funakoshi, Koichi uemura, Ayaka Sakuma, Hisako Saitoh, Susumu Ohtani, Koichi Sakurada. Preparation of dentin satndard samples for age estimation based on increased aspartic acid racemization rate with overheating. 第102次日本法医学会学術全国集会 2018.06.07 福岡

  7. Hisako Saitoh, Toru Moriya, Mirei Takeyama, Ayaka Sakuma, Hiroko Abe, Sayaka Nagasawa, Namiko Ishii, Saki Minegishi, Koichi Sakurada, Hirotaro Iwase, Fuyuki Tokanai. Date of birth estimation via radiocarbons using teeth: analysis of corpse conditions in Japanese cadavers. 24th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2018.06.06 Fukkuoka

  8. Hajime Utsunom Toru Kageyama, Keiichi Uchida, Namiko Ishii, Saki Minegishi, Koichi Sakurada, Koichi Uemura. Morphological sex differences of mid facial propotion in Japanese population. 24th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2018.06.06 Fukuoka

  9. Tomoko Akutsu1, Ken Watanabe1, Ayari Takamura1, Koichi Sakurada. Quantitative evaluation of candidate genes and development of a multiplex RT-PCR assay for the forensic identification of vaginal fluid. 27th Congress of the International Society for Forensic Genetics 2017.08.31 Korea

  10. Hajime Utsuo, Toru Kageyama, Keiichi Uchida, Kazuhiko Kibayashi, Koichi Sakurada . Establishment of prediction Method for Mid-Facial Region of Unknown Human Mongoloid Skeletal Remains . 17th Meeting of the International Association for Craniofacial Identification 2017.07.17 Australia

  11. Development of real-time multipkex polymerase chain reation assys for identyfing vaginal fluid in forensic investigations by detection of bacterial 16S ribosomal RNA genes. 9th International Symposium on Advance in Legal Medicine 2014

  12. Development of BBB-penetrative antidotes for reactivation of inhibited AChE in nerve agent poisoning. 2012 International Congress of the Romanian Society of Pharmacology, Therapeutics and Clinical Toxicology 2012

  13. The utilization of stable isotopes for estimating the geographic origins of unidentified cadavers. 第95次日本法医学会学術全国集会 2011

  14. Identification of human cytochrome P450 isozymes involved in diphenhydramine N-demethylation. 日本薬物動態学会第21回年会 2006

  15. Geographical Identification using human polyomavirus (JCV) DNA chip. 2006 Nordic Conference in Forensic Medicine 2006

  16. Narrowing down the native place of unidentified cadavers using JC virus genotyping. 2005 International Forensic Science Symposium 2005

  17. JC virus genotyping using urine stains. 8th Indo-Pacific Congress on Legal Medicine and Forensic Sciences 2004

  18. Evidence of Pralidoxime iodide (2-PAM) penetration across the blood-brain barrier. World Conference on Dosing of Antiinfectives 2004

  19. Pralidoxime iodide (2-PAM) penetrates across the blood-brain barrier. Fifth International Symposium on Advances in Legal Medicine 2002

  20. The effect of cis-9,10-methylenehexadecanoic acid on myocardium. 18th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2000

  21. The improvement to enzymatic digestion method of detecting planktons by removal of carbon particles in the lungsl. 18th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2000

  22. Thymocyte death in rats induced by immobilization stress. 18th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2000

  23. Rapid progress of rigor mortis in red muscle. 18th Congress of the International Academy of Legal Medicine 2000

  24. Postmortem changes in levels of ATP, glycogen and lactic acid and in pH in rat muscles depend on the proportion of fiber types rat. International Association of Forensic Sciences 15th Triennial Meeting 1999

  25. 櫻田宏一、峰岸沙希、井上惠司、中島孝至、寺田仁志. 身元不明死体の歯科所見採取時に見られたピンク歯現象と死体状況との関連. 第19回警察歯科医会全国大会 2022.08.06 大阪市

  26. 岡 広子、竹内明子、鈴木敏彦、葛城梨江香、斉藤久子、櫻田宏一、山下裕美. 死因究明等に関する教育及び研究拠点での法歯学分野の現状 -令和三年度の概要報告と令和元年度からの変化-. 第19回警察歯科医会全国大会 2022.08.06

  27. 宇都野創,數田茉莉子,槇野陽介,斉藤久子,並木修司,峰岸沙希,戸谷麻衣子,大田 隼,岩瀬博太郎,櫻田宏一. 死後CT画像を用いた日本人成人頭蓋骨の眼窩と眼球の位置関係に関する研究. 第106次日本法医学会学術全国集会 2022.06.09 名古屋市

  28. 大田 隼,峰岸沙希,野田菜央,宇都野創,櫻田宏一. 唾液試料の状態変化による唾液識別マーカーの性質的変化. 第106次日本法医学会学術全国集会 2022.06.09 名古屋市

  29. 壽美 望、峰岸 沙希、宇都野 創、並木 修司、戸谷 麻衣子、大田 隼、櫻田 宏一. ピンク歯現象における発色機序に関する研究 - ウシの歯を用いた基礎的検討 -. 日本法歯科医学会第16回学術大会 2022.05.15 横浜市

  30. 斉藤 久子、峰岸 沙希、鳥光 優、千葉 文子、星岡 佑美、永澤 明佳、石井 名実子、岩瀬 博太郎、櫻田 宏一. 下顎第一小臼歯の全歯冠部粉末の放射線炭素濃度によるヒトの出生年推定. 日本法歯科医学会第16回学術大会 2022.05.15 横浜市

  31. 大田 隼, 大村 雅子, 峰岸 沙希, 櫻田 宏一. α‐アミラーゼ測定キットを用いた唾液予備検査の法科学的試料に対する有用性の検討. 日本法歯科医学会第27回学術大会 2021.11.11 オンライン開催

  32. 阿久津 智子、横田 勲、渡邊 賢、豊間根 耕地、山岸 孝幸、櫻田 宏一. マルチプレックスRT-PCR法による包括的な体液の識別検査法の開発. 日本法科学技術学会第27回学術集会 2021.11.11 オンライン開催

  33. 峰岸 沙希,並木 修司,大田 隼,戸谷 麻衣子,壽美 望,宇都野 創,斉藤 久子,櫻田 宏一. 年齢推定に用いる生活歯および失活歯のラセミ化率の比較検討. 日本法歯科医学会第15回学術大会 2021.07.31 京都

  34. 並木 修司,宇都野 創,槇野 陽介,峰岸 沙希,戸谷 麻衣子,壽美 望,岩瀬 博太郎,櫻田 宏一. 日本人集団における死後CT画像を用いた頭蓋骨からの欠損下顎骨推定法の確立. 日本法歯科医学会第15回学術大会 2021.07.31 京都

  35. 峰岸沙希,大田 隼,並木修司,戸谷麻衣子,宇都野 創,船越丈司,斉藤久子,岩瀬博太郎,上村公一,櫻田宏一. 象牙質ラセミ化法による年齢推定における失活歯の影響について. 第105次日本法医学会学術全国集会 2021.06.11 誌上開催

  36. 宇都野 創,並木修司,槇野陽介,斉藤久子,峰岸沙希,戸谷麻衣子,岩瀬博太郎,櫻田宏一. 日本人の頭蓋骨における鼻翼部推定法確立のための検討. 第105次日本法医学会学術全国集会 2021.06.10 誌上開催

  37. 櫻田 宏一,財津 崇,關 奈央子. ユニット(社会・教育)5年間の研究報告および今後の計画について. 最先端口腔科学研究推進プロジェクトシンポジウム 2021.02.13 オンライン開催

  38. 櫻田 宏一,關 奈央子,梅森 幸. 最先端口腔科学研究推進プロジェクト「社会・教育」 . 第85回口腔病学会学術大会 2020.12.05 東京医科歯科大学

  39. 櫻田 宏一. 平成の犯罪と令和への法歯学. 第57回日本犯罪学会総会 2020.11.28 オンライン開催

  40. 大田 隼,加藤優子,峰岸沙希,櫻田宏一.. 細菌DNAを指標としたヒトおよびイヌ唾液の同定-分子生物学的な咬傷解析法の開発-. 日本法科学技術学会第26回学術集会 2020.11.12 オンライン開催

  41. 宇都野創,槇野陽介,並木修司,峰岸沙希,大田隼,戸谷麻衣子,岩瀬博太郎,櫻田宏一.. 日本人男性の頭蓋骨における鼻翼部推定法確立のための研究. 第89回日本法医学会学術関東地方集会 2020.10.10 文京区

  42. 峰岸沙希、宇都野創、大田 隼、石井名実子、咲間彩香、並木修司、戸谷麻衣子、斉藤久子、槇野陽介、櫻田宏一.. 身元不明死体の歯科所見と死体状況との関連性に関する検討(第1報). 日本法歯科医学会第14回学術大会 2020.10.04 岩手

  43. 宇都野創,槇野陽介,斉藤久子,峰岸沙希,大田隼,岩瀬博太郎,櫻田宏一. 日本人成人の三次元的顔面軟組織厚に関する研究. 第104次日本法医学会学術全国集会 2020.09.24 京都

  44. 山口るつ子,櫻田宏一,斉藤久子,吉田真依子,槇野陽介,鳥光優,水野聡美,恒矢重毅,吉良圭,岩瀬博太郎.. 口腔底・深頸部・顔面に波及した重症歯性感染症による気道狭窄からの窒息の1剖検例. 第104次日本法医学会学術全国集会 2020.09.24 京都

  45. 峰岸沙希、大田 隼、田中千紘、宇都野創、石井名実子、斉藤久子、櫻田宏一. 象牙質ラセミ化法の年齢推定における酵素を用いた標準試料作製の検討. 日本法歯科医学会第13回学術大会 2019.11.03 広島市

  46. 宇都野創,田中千紘,槇野陽介,斉藤久子,峰岸沙希,大田隼,岩瀬博太郎,櫻田宏一.. 上顎骨の梨状口周囲における鼻翼形態の推定法に関する研究. 第88回日本法医学会学術関東地方集会 2019.10.12 新宿区

  47. 櫻田宏一,峰岸沙希,宇都野創,大田隼,田中千紘,太田彦人.. PAM類似体の脳内活性に関する研究 ~MATP+を用いたAChE活性測定系の検討~. 第88回日本法医学会学術関東地方集会 2019.10.12 新宿区

  48. 田中千紘,宇都野 創,槇野陽介,石井名実子,峰岸沙希,大田 隼,斉藤久子,岩瀬博太郎,櫻田宏一.. 日本人における梨状口形態と鼻唇溝の走行に関する検討. 第103次日本法医学会学術全国集会 2019.06.13 仙台市

  49. 永井みどり,櫻田宏一,今泉和彦,小川好則,船越丈司,則竹香菜子,小松亜由美,加世田莉奈,宇尾基弘,上村公一.. ウシ大腿骨を用いた骨の死後経過時間に関する検討. 第103次日本法医学会学術全国集会 2019.06.13 仙台市

  50. 大田 隼,野田菜央,立野志生,田中千紘,峰岸沙希,櫻田宏一. BSAおよびCaCl2によるアミラーゼ阻害耐性ブルースターチ・アガロース平板法の開発. 日本法科学技術学会第24回学術集会 2018.11.09 中野区,中野サンプラザ

  51. 大田 隼,野田菜央,立野志生,田中千紘,峰岸沙希,石井名実子,宇都野創,櫻田宏一.. 口腔内細菌叢の局在性を利用した法科学的試料に付着する唾液の由来推定(第一報). 日本法歯科医学会第12回学術大会 2018.10.20 千葉市,京成ホテルミラマーレ

  52. 石井名実子,斉藤久子,宇都野創,咲間彩香,峰岸沙希,大田 隼,田中千紘,櫻田宏一.. 感染症を伴う法医解剖における歯科検査のリスク. 日本法歯科医学会第12回学術大会 2018.10.20 千葉市,京成ホテルミラマーレ

  53. 田中千紘,宇都野創,槇野陽介,石井名実子,峰岸沙希,大田 隼,咲間彩香,斉藤久子,岩瀬博太郎,櫻田宏一.. 死後CT画像を用いた日本人成人顔面軟組織厚に関する研究. 第87回日本法医学会学術関東地方集会 2018.10.06 文京区

  54. 櫻田 宏一. 個人識別における法歯学の役割. 第86回松本歯科大学学会(総会) 2018.06.30 塩尻市

  55. 櫻田 宏一. 個人識別の現状. 第2回死因究明・個人識別システム研究会 2018.04.08 東京大学

  56. 櫻田 宏一. 最先端口腔科学研究推進プロジェクト シンポジウム 「社会・教育」. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.19 東京医科歯科大学

  57. 市岡 宏顕,櫻田 宏一,斉藤 久子,大谷 真紀,熊谷 渉,池谷 博.. 歯科臨床医を対象としたデンタルチャート作成実習の教育効果. 日本法歯科医学会第11回学術大会 2017.11.18 明海大学

  58. 石井 名実子,斉藤 久子,宇都野 創,峰岸 沙希,櫻田 宏一.. 象牙質のアスパラギン酸におけるラセミ化反応を用いた年齢推定法の改良~アミノ酸の抽出法の検討~.. 日本法歯科医学会第11回学術大会 2017.11.18 明海大学

  59. 斉藤 久子,咲間 彩香,石井 名実子,宇都野 創,峰岸 沙希,矢島 大介,猪口 剛,本村 あゆみ,井之上弘幸,永澤 明佳,槇野 陽介,千葉 文子,櫻田 宏一,岩瀬 博太郎.. 歯科所見採取におけるCT再構成画像の有用性.. 日本法歯科医学会第11回学術大会 2017.11.18 明海大学

  60. 斉藤 久子,咲間 彩香,石井 名実子,宇都野 創,峰岸 沙希,矢島 大介,猪口 剛,本村 あゆみ,槇野 陽介,千葉 文子,鳥光 優,櫻田 宏一,岩瀬 博太郎. 死後CT再構成画像が口腔内所見採取において有用であった3例. 第86回日本法医学会学術関東地方集会 2017.10.28 杏林大学

  61. 阿久津 智子,渡邊 賢,髙村 彩里,櫻田 宏一. リアルタイムRT-PCR法による法科学的試料の汗垢証明mRNAマーカーの評価. 第86回日本法医学会学術関東地方集会 2017.10.28 杏林大学

  62. 櫻田 宏一. 犯罪捜査 ~身元を明らかにすることの意義~. 東京医科歯科大学オープンキャンパス 2017.07.28 東京医科歯科大学

  63. 峰岸 沙希,石井 名実子,宇都野 創,則竹 香菜子,船越 丈司,上村 公一,咲間 彩香,斉藤 久子,大谷 進,櫻田 宏一.. 歯を用いたアミノ酸ラセミ化による年齢推定法のための標準試料作製に関する基礎的研究. 第101次日本法医学会学術全国集会 2017.06.09 岐阜市 長良川国際会議場

  64. 大谷 進,井口 蘭,猩々 英紀,安達 登,峰岸 沙希,櫻田 宏一,則竹 香菜子,船越 丈司,上村 公一.. 硬組織におけるD-アスパラギン酸の比較. 第101次日本法医学会学術全国集会 2017.06.08 岐阜市 長良川国際会議場

  65. 宇都野 創,石井 名実子,峰岸 沙希,櫻田 宏一.. 日本人男性頭蓋骨からの鼻下点推定に関する研究. 第101次日本法医学会学術全国集会 2017.06.08 岐阜市 長良川国際会議場

  66. 櫻田 宏一. 法歯学の使命とは. 第2回京都法歯学セミナー 2017.03.04 京都府立医科大学

  67. 櫻田 宏一. 法医歯学領域の使命とは~個人識別~. 平成28年度第6回記者懇談会 2017.02.16 東京医科歯科大学

  68. 櫻田 宏一. 「最先端口腔科学研究推進プロジェクト」キックオフシンポジウム セッション2 「社会・教育」. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.26 文京区湯島 東京医科歯科大学

  69. 櫻田 宏一,渡邊 賢,阿久 津智子. セミナー4「血痕・体液斑等からの物体検査法の紹介」. 日本法歯科医学会第10回記念学術大会 2016.11.06 ステーションコンファレンス東京

  70. 渡邊 賢,阿久津 智子,髙村 彩里,櫻田 宏一. 血液特異的DNAメチル化部位を指標としたリアルタイムPCRによる血液証明法の検討. 第85回日本法医学会学術関東地方集会 2016.10.29 神奈川歯科大学

  71. 宇都野 創,石井 名実子,峰岸 沙希,櫻田 宏一. 復顔法を実施する際の留意すべき男女差と咬合状態. 第15回警察歯科医会全国大会 2016.09.03 岐阜市 岐阜グランドホテル

  72. 大谷 進,井口 蘭,猩々 英紀,安達 登,則竹 香菜子,船越 丈司,櫻田 宏一,上村 公一,山田 良広. アミノ酸ラセミ化法による歯からの年齢推定が身元確認に特に有効であった1例. 第100次日本法医学会学術全国集会 2016.06.17 品川区東大井 きゅりあん(品川区立総合区民会館)

  73. 阿久津 智子,渡邊 賢,髙村 彩里,斉藤 久子,岩瀬 博太郎,櫻田 宏一,宮坂 祥夫. 間接ELISA法による吐物の証明法に関する基礎的検討. 第84回日本法医学会学術関東地方集会 2015.10.24 千代田区富士見 日本歯科大学生命歯学部

  74. 藤浪 良仁,櫻田 宏一,阿久津 智子,渡邊 賢,水野 なつ子. ヒト体液種スクリーニング法としてのMatrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometryの有効性. 第84回日本法医学会学術関東地方集会 2015.10.24 千代田区富士見 日本歯科大学生命歯学部

  75. 櫻田 宏一. 個人識別のための体液の役割. 第28回日本口腔診断学会 2015.09.04 文京区湯島 東京医科歯科大学

  76. 櫻田 宏一. 捜査のための法科学. 口腔病学会例会 2015.06.25 文京区湯島 東京医科歯科大学

  77. 渡邊 賢,阿久津 智子,櫻田 宏一. リアルタイムPCR法を用いた精液特異的DNA脱メチル化部位の定量的解析法の確立. 第99次日本法医学会学術全国集会 2015.06.11 高知市文化プラザかるぽーと

  78. リアルタイムPCRを用いたDNA脱メチル化部位を指標とする精液証明法の確立. 第83回日本法医学会学術関東地方集会 2014

  79. FDPラテックス凝集キットによる月経血証明法の検証. 日本法歯科医学会第8回学術大会 2014

  80. 歯科法医学の現状と教育における課題. 岡山大学歯学部特別講演 2014

  81. 乳酸菌等の16SリボソームRNA遺伝子を指標とした膣液証明に関する基礎的検討. 日本法科学技術学会第19回学術集会 2013

  82. 体液斑証明におけるリアルタイムRT-PCR法の応用. 日本法歯科医学会第7回学術大会 2013

  83. DNA脱メチル化部位を指標とした精液証明法に関する予備的検討. 第82回日本法医学会学術関東地方集会 2013

  84. ヒトABO遺伝子型判定DNAチップの開発. 日本法科学技術学会第19回学術集会 2013

  85. 身元不明死体の出身地域推定法について. 東北管区検死官研究会 2013

  86. DNAチップを用いたABO遺伝子型判定法の検討. 日本法科学技術学会第18回学術集会 2012

  87. 個人識別における体液斑証明法の検討 -鼻汁、膣液及び唾液の証明-. 日本法歯科医学会第6回学術大会 2012

  88. レクチンによる法生物学的試料からのABO式血液型抗原検出法. 第95次日本法医学会学術全国集会 2011

  89. 個人識別における体液斑証明のための新試験法に関する研究 -鼻血の証明に関する基礎的検討-. 日本法歯科医学会第5回学術大会 2011

  90. 唾液,汗および尿のELISA法による体系的識別法の開発と予備検査法との比較. 第80回日本法医学会学術関東地方集会 2011

  91. リアルタイムRT-PCR法による体液斑証明 -鼻汁,唾液及び膣液の識別に関する検討-. 日本法科学技術学会第17回学術集会 2011

  92. B型およびC型肝炎ウイルス遺伝子型多型を指標にした身元不明死体の出身地域推定法-VZV法を併用した身元不明死体への実際の適応-. 日本法科学技術学会第17回学術集会 2010

  93. 水痘帯状疱疹ウイルスDNAの地域多型を利用した身元不明死体の出身地域推定. 第94次日本法医学会学術全国集会 2010

  94. DNAチップ技術を応用した血液型検査法の開発(第2報). 第94次日本法医学会学術全国集会 2010

  95. B型肝炎ウイルス及びC型肝炎ウイルス遺伝子多型を利用した身元不明死体の出身地域推定法. 日本法科学技術学会第16回学術集会 2010

  96. 新たな身元不明死体の出身地域推定法について. 宮崎県警察歯科医会研修会 2010

  97. 法科学と歯科. 長崎大学歯学部関東同窓会設立大会 2010

  98. 法科学と唾液 -犯罪捜査における体液の位置づけ-. 第54回日本唾液腺学会学術大会 2009

  99. 清涼飲料水中における病原細菌の安定性評価. 第78回日本法医学会関東地方会 2009

  100. ELISA法による体系的な体液種の識別 -唾液,汗および尿の証明-. 日本法科学技術学会第15回学術集会 2009

  101. DNAチップによるABO式血液型検査法の開発. 日本法歯科医学会第3回学術大会 2009

  102. ヒト三叉神経節内に潜伏感染する水痘帯状疱疹ウイルスを指標とした身元不明死体の出身地域推定法. 第77回日本法医学会関東地方会 2008

  103. 生体に寄生する微生物DNAを用いた出身地域推定法. 明海大学特別講演会 2008

  104. 身元不明死体の出身地域推定法について. 愛媛県警察歯科医会研修会 2008

  105. 新たな身元不明死体の出身地域推定法. 長崎県警察歯科医会研修会 2008

  106. 神経ガス中毒治療における新規パム類似体のBBB通過に関する検討. 第92次日本法医学会総会 2008

  107. DNAチップ技術を応用した血液型検査法の開発. 第92次日本法医学会総会 2008

  108. Real-Time RT-PCR法による体液種識別の検討. 日本法歯科医学会第2回学術大会 2008

  109. モノクローナル抗体固定化微粒子(ABOsphia)の鑑定実務への検討. 日本法科学技術学会第13回学術集会 2007

  110. 最新の物体検査. 日本法歯科医学会設立記念大会 2007

  111. Brain Microdialysis LC-MS/MS法を用いた新規PAM型オキシム類の血液脳関門通過に関する検討. 第76回日本法医学会関東地方会 2007

  112. 4-ヒドロキシ酪酸の死後産生に関する基礎的研究. 第75回日本法医学会関東地方会 2006

  113. ヒト単純ヘルペスウイルスIのDNAを応用した出身地域推定の検討. 第90次日本法医学会総会 2006

  114. 身元不明死体の出身地域推定-JCV DNAチップの開発-. 第90次日本法医学会総会 2006

  115. 抗ABHモノクローナル抗体固定化着色微粒子を用いた血液型抗原の検出法(続報). 第90次日本法医学会総会 2006

  116. 口腔内カンジダ属の多様性と宿主の出身地域に関する基礎的研究-C.albicansの迅速タイピングの検討-. 第90次日本法医学会総会 2006

  117. ラテックス凝集反応によるABO式血液型検査法の開発. 第90次日本法医学会総会 2006

  118. カリン果実中に存在する精子凝集能を持つレクチンの性質と法科学的応用. 第90次日本法医学会総会 2006

  119. BKウイルスの法医学的な応用. 第54回日本ウイルス学会学術集会 2006

  120. BKポリオーマウイルスの尿中排泄と年齢との関係. 第54回日本ウイルス学会学術集会 2006

  121. BKウイルスを用いた出身地域推定のための基礎的研究 (1). 第74回日本法医学会関東地方会 2005

  122. Detection of (E)-3-methyl-2-hexenoic acid, an axillary odor related compound, in Japanese by GC/MS. 第78回日本生化学会大会 2005

  123. 三叉神経節に寄生する単純ヘルペスウイルス1の検出. 日本ウイルス学会第53回学術集会 2005

  124. 唾液検査の簡便化を目的としたラテックス試薬の調整. 日本法科学技術学会第11回学術集会 2005

  125. 酵素抗体法を用いた無随毛髪からのABO式血液型検査. 日本法科学技術学会第11回学術集会 2005

  126. JCウイルスDNAゲノム型を用いた尿斑痕からの出身地域推定. 日本鑑識科学技術学会第10回学術集会 2004

  127. 日本人におけるIID座位のSTRタイピング. 第12回日本DNA多型学会学術集会 2003

  128. 身元不明死体の国籍識別におけるBCG痕の有用性に関する研究. 第87次日本法医学会総会 2003

  129. 日本におけるJCVゲノム型を用いた出身地解明の有用性. 第72回日本法医学会関東地方会 2003

  130. ヘモキャッチを用いた人血検査における偽陽性反応に関する検討. 日本鑑識科学技術学会第9回学術集会 2003

  131. 臨床用ヒトヘモグロビン検査用試薬「OC-ヘモキャッチ」の人血証明への応用. 日本鑑識科学技術学会第8回学術集会 2002

  132. Pralidoxime iodide (2-PAM)の血液脳関門通過に関する研究. 第71回日本法医学会関東地方会 2002

  133. Gamma-hydroxybutyric acidの肝臓における死後産生に関する研究. 第70回日本法医学会関東地方会 2001

  134. 一酸化炭素による細胞障害〜酸化ストレスの関与. 第85次日本法医学会総会 2001

  135. 右椎骨動脈損傷が右小脳梗塞を発生させたと考えられる事例. 第69回日本法医学会関東地方会 2000

  136. JCウイルスを用いた行旅死亡人の身元推定. 第84次日本法医学会総会 2000

  137. 拘束ストレスによるラット胸腺細胞死について. 第84次日本法医学会総会 2000

  138. プランクトン検出における酵素法の改良〜ヘキサンを用いた肺組織中の炭粉除去〜. 第69回日本法医学会関東地方会 2000

  139. ラットとヒトにおけるチトクロームオキシダーゼ活性の死後変化について. 第68回日本法医学会関東地方会 1999

  140. 死体硬直の発現順序に関する基礎的研究(第1報). 第83次日本法医学会総会 1999

  141. ヘムタンパク質の好中球リポキシゲナーゼ活性に対する影響. 第83次日本法医学会総会 1999

  142. 生体におけるシクロプロパン脂肪酸の局在. 第83次日本法医学会総会 1999

  143. 頭蓋骨射創において射入・射出口の鑑別が困難であった一剖検例. 第67回日本法医学会関東地方会 1998

  144. 牛心筋ミトコンドリア亜分画の脂肪酸の変化について. 第82次日本法医学会総会 1998

  145. 地下鉄サリン事件例の脳組織からのサリン代謝物の検出について. 第67回日本法医学会関東地方会 1998

  146. 音声認識による剖検記録システム〜法医学用音声認識エンジンの展示〜. 第67回日本法医学会関東地方会 1998

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 人獣判定するためのプライマーセット及びプローブ

    出願番号: 特願2012-191936

  • ABO式血液型判定するためのプライマーセット及びプローブ

    出願番号: 特願2012-192044

  • BKウイルスのゲノム型を判定するためのオリゴヌクレオチドプローブ及びマイクロアレイ

    出願番号: PCT/JP2009/057337

  • ABO式血液型を判定するためのプローブセット

    出願番号: PCT/JP2008/058234

  • OLOGONUCLEOTIDE PROBES AND MICROARRAY FOR DETERMINING GENOTYPES

    出願番号: 米国11/987,919

  • ゲノム型を判定するためのオリゴヌクレオチドプローブおよびマイクロアレイ

    特許番号: 特許第5318346号

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本法科学技術学会論文賞,2013年

  • JPファミリー生きがい振興財団警察研究論文最優秀奨励賞,2009年

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 法医学,東京大学 医学部

  • 法医学,東京大学 法科大学院

  • 法医学,千葉大学 医学部

  • 法医学,京都府立医科大学 医学部

  • 法医学,長崎大学 歯学部

  • 歯科法医学,岡山大学 歯学部

  • 歯科法医学,鶴見大学 歯学部

▼全件表示

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 日本法科学技術学会ヒト対象医学的研究等倫理審査委員会,2019年06月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 法医実務における個人識別鑑定,2015年03月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 令和4年度身元確認に関する歯科医師研修会(第1回)(櫻田宏一) ,東京都歯科医師会,日本歯科医師会館,2022年07月24日

  • 令和3年度身元確認に関する歯科医師研修会(第1回)(櫻田宏一) ,東京都歯科医師会,日本歯科医師会館 ,2021年12月10日

  • 荒川区歯科医師会講演会(櫻田宏一),荒川区歯科医師会 ,オンライン開催 ,2021年12月01日

  • 個人識別鑑定・検査等(43件),2021年10月01日 - 2022年09月30日

  • 杉並区歯科医師会講演会(櫻田宏一),杉並区歯科医師会,オンライン開催 ,2021年04月28日

  • 荒川区歯科医師会講演会(櫻田宏一),荒川区歯科医師会 ,オンライン開催 ,2020年12月02日

  • 個人識別鑑定・検査等(60件),2020年01月01日 - 2020年12月31日

  • 令和元年度身元確認に関する歯科医師研修会(第1回)(櫻田宏一),東京都歯科医師会,日本歯科医師会館,2019年11月16日

  • 平成30年度身元確認に関する歯科医師研修会(第2回)(櫻田宏一),東京都歯科医師会,日本歯科医師会館,2019年02月25日

  • 個人識別鑑定(54件),2019年01月01日 - 2019年12月31日

  • 出廷(1件)(櫻田宏一),2019年01月01日 - 2019年12月31日

  • 遺体のピンク歯について(電話取材),テレビ朝日,グット!モーニング,2018年12月19日

  • 遺体のピンク歯について,読売テレビ,かんさい情報ネット ten.,2018年12月14日

  • 平成30年度身元確認に関する歯科医師研修会(第1回)(櫻田宏一),東京都歯科医師会,日本歯科医師会館,2018年11月19日

  • DNA型鑑定(櫻田宏一),ダイヤモンド社,ダイヤモンドオンライン,2018年11月14日

  • 身元不明死体の絞り込みについて(櫻田宏一),群馬県警察医会,2018年09月22日

  • 平成30年度東京都・中央区・港区合同総合防災訓練(櫻田宏一),東京都,中央区立総合スポーツセンター,2018年09月02日

  • 歯科医師による身元確認の役割(櫻田宏一),東京都,検視・検案・身元確認訓練PT会議,浜町メモリアル,2018年07月24日

  • 法歯学の役割~東京医科歯科大学における法歯学鑑定業務・検査、 関連研究をとおして~(櫻田宏一),北海道大学大学院歯学研究院,北海道大学大学院歯学研究院平成30年度第3回FD講演会,北海道大学,2018年06月20日

  • 平成30年度東京医科歯科大学技友会総会学術講演会(櫻田宏一),東京医科歯科大学技友会,東京医科歯科大学,2018年03月17日

  • 平成29年度第2回IT・総合管理講演会(櫻田宏一),世田谷区歯科医師会,世田谷区歯科医師会館,2018年03月14日

  • 平成29年度身元確認に関する歯科医師研修会(第2回,東京都)(櫻田宏一),東京都歯科医師会,日本歯科医師会館,2018年02月14日

  • 歯科所見による身元確認検査等(分野75件), 2018,東京医科歯科大学、東京大学、千葉大学、国際医療福祉大学,2018年01月01日 - 2018年12月31日

  • 平成29年度身元確認に関する歯科医師研修会(第1回,東京都)(櫻田宏一),東京都歯科医師会,日本歯科医師会館,2017年11月28日

  • 第2回千葉県検案・身元確認訓練(石井名実子、宇都野創、櫻田宏一),千葉大学法医学教育センター,千葉県歯科医師会,千葉大学医学部ゐのはな同窓会館,2017年11月26日

  • 八南歯科医師会講演会(櫻田宏一),八南歯科医師会,八王子市 八南歯科医師会,2017年11月13日

  • 平成28年度身元確認に関する歯科医師研修会(第2回、東京都)(櫻田宏一),東京都歯科医師会,東京都歯科医師会,2017年02月09日

  • 歯科所見による身元確認検査等(分野79件), 2017,東京医科歯科大学,東京大学,千葉大学,2017年01月01日 - 2017年12月31日

  • 歯科所見による身元確認検査等(分野61件), 2016,東京医科歯科大学,東京大学,千葉大学,2016年01月01日 - 2016年12月31日

▼全件表示