基本情報

写真a

堤 剛(ツツミ タケシ)

TSUTSUMI Takeshi


職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  1992年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1992年06月
    -
    1993年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 耳鼻咽喉科 臨床研修医
  • 1996年07月
    -
    1998年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 耳鼻咽喉科 医員(医病)
  • 1998年05月
    -
    1999年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 耳鼻咽喉科 助教
  • 1999年04月
    -
    2003年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 耳鼻咽喉科学 助教
  • 2003年05月
    -
    2005年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 耳鼻咽喉科 講師
  • 2015年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 耳鼻咽喉科学 教授
  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 耳鼻咽喉科学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 耳鼻咽喉科学 教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1994年03月
    都立豊島病院 耳鼻咽喉科 医師
  • 1994年04月
    -
    1995年03月
    小川赤十字病院 耳鼻咽喉科 医師
  • 1995年04月
    -
    1996年06月
    多摩老人医療センター 耳鼻咽喉科 医師
  • 2005年07月
    -
    2007年03月
    青梅市立総合病院 耳鼻咽喉科 部門長
  • 2007年04月
    -
    2011年04月
    獨協医科大学越谷病院 耳鼻咽喉科 准教授
  • 2011年05月
    -
    2015年03月
    埼玉医科大学総合医療センター 耳鼻咽喉科 准教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会

  • 日本音声言語医学会

  • 耳鼻咽喉科臨床学会

  • 日本聴覚医学会

  • 日本耳科学会

  • 日本めまい平衡医学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会

  • 日本嚥下医学会

  • 日本顔面神経学会

  • 日本口腔咽頭学会

  • 日本喉頭科学会

  • 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会

  • 日本小児耳鼻咽喉科学会

  • 日本鼻科学会

  • 日本頭頸部外科学会

  • バラニー学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会 評議員
  • 日本耳鼻咽喉科学会 代議員
  • 日本めまい平衡医学会 代議員
  • 日本めまい平衡医学会 編集委員長
  • 日本めまい平衡医学会 めまい相談医
  • 日本めまい平衡医学会 専門会員
  • 日本耳鼻咽喉科学会 専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会 編集委員
  • 日本顔面神経学会 評議員
  • 日本口腔咽頭学会 評議員
  • 日本小児耳鼻咽喉科学会 評議員
  • 日本喉頭科学会 評議員
  • 耳鼻咽喉科臨床学会 運営委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 耳鼻咽喉科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 眼球映像を利用した耳石器・重力認知機能検査の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2020年

  • 超高齢化社会における転倒リスク評価のための重力認知機能パラメータ開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tanaka K, Suesada N, Homma T, Mori H, Tsutsumi T, Asakage T, Okazaki M. Muscle-penetration method: Cable nerve grafting with well vascularized surrounding tissue and shortest graft length. Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  2. Tanaka K, Suesada N, Homma T, Hidaka T, Mori H, Okazaki M, Sugawara T, Tsutsumi T, Asakage T. Early postoperative complications and their measures after skull base reconstruction: A study from the standpoint of plastic and reconstructive surgeons. Auris, nasus, larynx. 2022.03; ( PubMed, DOI )

  3. Ito T, Kawashima Y, Yamazaki A, Tsutsumi T. Application of a virtual and mixed reality-navigation system using commercially available devices to the lateral temporal bone resection. Annals of medicine and surgery (2012). 2021.12; 72 103063. ( PubMed, DOI )

  4. Yamazaki Ayame, Ito Taku, Sugimoto Maki, Yoshida Soichiro, Honda Keiji, Kawashima Yoshiyuki, Fujikawa Taro, Fujii Yasuhisa, Tsutsumi Takeshi. 没入体験式の解剖教育への利用および側頭骨手術時の手術計画への利用を目的とする、患者ごとに構築した仮想現実および複合現実(Patient-specific virtual and mixed reality for immersive, experiential anatomy education and for surgical planning in temporal bone surgery) Auris・Nasus・Larynx. 2021.12; 48 (6): 1081-1091. ( 医中誌 )

  5. Mohri Kaori, Tanaka Kentaro, Sugawara Takashi, Asakage Takahiro, Tsutsumi Takeshi. 外耳道癌の切除術後に生じる側頭骨欠損の管理法(Management of the temporal bone defect after resection of external auditory canal cancer) Auris・Nasus・Larynx. 2021.12; 48 (6): 1157-1161. ( 医中誌 )

  6. Takeda Takamori, Ito Taku, Onishi Iichiroh, Yokomura Masaru, Kawashima Yoshiyuki, Fujikawa Taro, Tsutsumi Takeshi. デノスマブで誘発された外耳道の骨壊死(Denosumab-induced osteonecrosis of external auditory canal) Auris・Nasus・Larynx. 2021.12; 48 (6): 1199-1203. ( 医中誌 )

  7. Kiyokawa Yusuke, Ariizumi Yousuke, Ohno Kazuchika, Ito Taku, Kawashima Yoshiyuki, Tsunoda Atsunobu, Kishimoto Seiji, Asakage Takahiro, Tsutsumi Takeshi. 外耳道癌由来のリンパ節転移例に対する選択的頸部郭清術の適応とその郭清範囲(Indications for and extent of elective neck dissection for lymph node metastasis from external auditory canal carcinoma) Auris・Nasus・Larynx. 2021.08; 48 (4): 745-750. ( 医中誌 )

  8. Yamazaki A, Ito T, Sugimoto M, Yoshida S, Honda K, Kawashima Y, Fujikawa T, Fujii Y, Tsutsumi T. Patient-specific virtual and mixed reality for immersive, experiential anatomy education and for surgical planning in temporal bone surgery. Auris, nasus, larynx. 2021.05; 48 (6): 1081-1091. ( PubMed, DOI )

  9. Mori K, Tanaka K, Sugawara T, Asakage T, Tsutsumi T. Management of the temporal bone defect after resection of external auditory canal cancer. Auris, nasus, larynx. 2021.02; 48 (6): 1157-1161. ( PubMed, DOI )

  10. Kiyokawa Y, Ariizumi Y, Ohno K, Ito T, Kawashima Y, Tsunoda A, Kishimoto S, Asakage T, Tsutsumi T. Indications for and extent of elective neck dissection for lymph node metastasis from external auditory canal carcinoma. Auris, nasus, larynx. 2020.12; ( PubMed, DOI )

  11. Fujikawa Taro, Honda Keiji, Ito Taku, Kishino Mitsuhiro, Kimura Naoki, Umezawa Natsuka, Hirano Mana, Aoki Natsuki, Kawashima Yoshiyuki, Tsutsumi Takeshi. Enhanced fallopian canal as a potential marker for temporal bone vasculitis LARYNGOSCOPE INVESTIGATIVE OTOLARYNGOLOGY. 2020.11; ( DOI )

  12. Honjo Motomu, Honda Keiji, Tsutsumi Takeshi. Unusual Vestibulo-Ocular Reflex Responses in Patients With Peripheral Vestibular Disorders Detected by the Caloric Step Stimulus Test FRONTIERS IN NEUROLOGY. 2020.11; 11 597562. ( PubMed, DOI )

  13. Tomoki Ooka, Jing Bay, Takamori Takeda, Keiji Honda, Takuo Ikeda and Takeshi Tsutsumi. Clinical application of 3D-VOG analysis for quantitative evaluation of Otolith-Ocular reflex in the roll and pitch planes ACTA OTO-LARYNGOLOGICA. 2020.10; 140 (11): 925-929. ( DOI )

  14. Takeda T, Ito T, Onishi I, Yokomura M, Kawashima Y, Fujikawa T, Tsutsumi T. Denosumab-induced osteonecrosis of external auditory canal. Auris, nasus, larynx. 2020.07; 48 (6): 1199-1203. ( PubMed, DOI )

  15. Maruyama A, Kawashima Y, Fujikawa T, Makabe A, Ito T, Takeda T, Tsutsumi T. Potential Confounding Factors May Influence the Association Between Configurations of the Vertebrobasilar System and the Incidence of Idiopathic Sudden Sensorineural Hearing Loss and Canal Paresis. Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology. 2020.03; 41 (5): 548-555. ( PubMed, DOI )

  16. Makabe A, Kawashima Y, Sakamaki Y, Maruyama A, Fujikawa T, Ito T, Kurima K, Griffith AJ, Tsutsumi T. Systemic Fluorescent Gentamicin Enters Neonatal Mouse Hair Cells Predominantly Through Sensory Mechanoelectrical Transduction Channels. Journal of the Association for Research in Otolaryngology : JARO. 2020.03; ( PubMed, DOI )

  17. Watanabe Hiroki, Makabe Ayane, Hirai Chiaki, Takeda Takamori, Honda Keiji, Demura Shinichi, Tsutsumi Takeshi. Frequency analyses of posturography using logarithmic translation ACTA OTO-LARYNGOLOGICA. 2020.01; 140 (1): 1-7. ( PubMed, DOI )

  18. Yamazaki Ayame, Ikeda Takuo, Tsutsumi Takeshi. Main sequence of torsional saccadic eye movement - analysis by three-dimensional video-oculography ACTA OTO-LARYNGOLOGICA. 2019.11; 139 (11): 987-989. ( PubMed, DOI )

  19. Takeda Takamori, Ikeda Takuo, Tsutsumi Takeshi. The evaluation of gravitational recognition in patients with spinocerebellar degeneration using Listing's plane ACTA OTO-LARYNGOLOGICA. 2019.04; 139 (7): 581-587. ( PubMed, DOI )

  20. Ito T, Kawashima Y, Fujikawa T, Honda K, Makabe A, Kitamura K, Tsutsumi T. Rapid screening of copy number variations in <i>STR</i>C by droplet digital PCR in patients with mild-to-moderate hearing loss. Human genome variation. 2019; 6 41. ( PubMed, DOI )

  21. Ito Taku, Kawashima Yoshiyuki, Fujikawa Taro, Honda Keiji, Makabe Ayane, Kitamura Ken, Tsutsumi Takeshi. Rapid screening of copy number variations in STRC by droplet digital PCR in patients with mild-to-moderate hearing loss(和訳中) Human Genome Variation. 2019; 6 1 of 6-6 of 6. ( 医中誌 )

  22. Ito T, Ikeda S, Asamori T, Honda K, Kawashima Y, Kitamura K, Suzuki K, Tsutsumi T. Increased expression of pendrin in eosinophilic chronic rhinosinusitis with nasal polyps. Brazilian journal of otorhinolaryngology. 2018.08; ( PubMed, DOI )

  23. Takeda T, Kawashima Y, Hirai C, Makabe A, Ito T, Fujikawa T, Yamamoto K, Maruyama A, Tsutsumi T. Vestibular Dysfunction in Patients With Superficial Siderosis of the Central Nervous System. Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology. 2018.07; 39 (6): e468-e474. ( PubMed, DOI )

  24. Toriihara A, Nakadate M, Fujioka T, Oyama J, Tsutsumi T, Asakage T, Tsunoda A, Tateishi U. Clinical Usefulness of 18F-FDG PET/CT for Staging Cancer of the External Auditory Canal. Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology. 2018.06; 39 (5): e370-e375. ( PubMed, DOI )

  25. Mori Y, Kawashima Y, Takahashi M, Maruyama A, Fujikawa T, Tsutsumi T. . Bilateral cochlear ossification in a patient with Takayasu Arteritis. 2018.04;

  26. Takeda T, Makabe A, Hirai C, Tsutsumi T.. Determination of the time course of caloric nystagmus in patients with spinocerebellar degeneration using caloric step stimulus procedure. Acta Otolaryngol. 2018.04; 138 (1): 41-45.

  27. Takeda Takamori, Makabe Ayane, Hirai Chiaki, Tsutsumi Takeshi. Determination of the time course of caloric nystagmus in patients with spinocerebellar degeneration using caloric step stimulus procedure ACTA OTO-LARYNGOLOGICA. 2018; 138 (1): 41-45. ( PubMed, DOI )

  28. Tsujino T, Komura K, Ichihashi A, Tsutsumi T, Matsunaga T, Yoshikawa Y, Maenosono R, Okita K, Takai T, Oide R, Minami K, Uehara H, Taniguchi K, Hirano H, Nomi H, Ibuki N, Takahara K, Inamoto T, Azuma H. The combination of preoperative platelet count and neutrophil lymphocyte ratio as a prognostic indicator in localized renal cell carcinoma. Oncotarget. 2017.12; 8 (66): 110311-110325. ( PubMed, DOI )

  29. Suzuki Y., Inaba Y., Kajino K., Tsutsumi T.. SURGICAL EFFECTS FOR OSAS PATIENTS IN OUR DEPARTMENT SLEEP MEDICINE. 2017.12; 40 E321.

  30. Suzuki Y., Inaba Y., Tsutsumi T.. A herbal medicine might be effective for the chronic rhinitis patients ALLERGY. 2017.08; 72 412.

  31. Tsutsumi T, Okamoto Y, Takano N, Wakatsuki D, Tomaru T, Nakajima T. High-frequency power within the QRS complex in ischemic cardiomyopathy patients with ventricular arrhythmias: Insights from a clinical study and computer simulation of cardiac fibrous tissue. Computers in biology and medicine. 2017.08; 87 132-140. ( PubMed, DOI )

  32. Ohno K, Kimura Y, Matsuda Y, Takahashi M, Honjyou M, Arai T, Tsutsumi T.. Increased number of IgG4-positive plasma cells in chronic rhinosinusitis. Acta Otolaryngol. 2017.04; 137 (2): 186-190.

  33. Ohno Keiko, Kimura Yurika, Matsuda Yoko, Takahashi Masatoki, Honjyou Motomu, Arai Tomio, Tsutsumi Takeshi. Increased number of IgG4-positive plasma cells in chronic rhinosinusitis ACTA OTO-LARYNGOLOGICA. 2017.02; 137 (2): 186-190. ( PubMed, DOI )

  34. Fujiwara T, Tsutsumi T, Nakata K, Nakatsuji H, Tanabe Y. Asymmetric Total Syntheses of Two 3-Acyl-5,6- dihydro-2H-pyrones: (R)-Podoblastin-S and (R)- Lachnelluloic Acid with Verification of the Absolute Configuration of (-)-Lachnelluloic Acid. Molecules (Basel, Switzerland). 2017.01; 22 (1): ( PubMed, DOI )

  35. Hirai Chiaki, Yamamoto Yukiko, Takeda Takamori, Tasaki Akihisa, Inaba Yuichiro, Kiyokawa Yusuke, Suzuki Yasuhiro, Tsutsumi Takeshi. Nystagmus at the Onset of Vertiginous Attack in Meniere's Disease OTOLOGY & NEUROTOLOGY. 2017.01; 38 (1): 110-113. ( PubMed, DOI )

  36. Ohki M, Baba Y, Kikuchi S, Ohata A, Tsutsumi T, Tanaka S, Tahara A, Urata S, Ishikawa J. Potentially lethal pharyngolaryngeal edema with dyspnea in adult patients with mumps: A series of 5 cases Ear Nose Throat J. 2015; 94 184-186.

  37. Tsutsumi T, Ikeda T, Kikuchi S.. Periodic alternating nystagmus caused by a medullary lesion in ADEM. Otology & Neurotology. 2014.04; 35 861-865.

  38. Tsutsumi T, Ikeda T, Fukuoka Y, Watanabe K, Kikuchi S.. Optokinetic stimulation can break Listing's law without induction of eye movement. Auris Nasus Larynx. 2013.04; 40 343-347.

  39. Tsutsumi T, Ikeda T, Fukuoka Y, Watanabe K, Kikuchi S.. Time course of the recovery of three-dimensional eye positon in patients with acute cerebellitis. Auris Nasus larynx. 2012.04; 39 540-543.

  40. Tsutsumi T, Ikeda T, Watanabe K, Kikuchi S.. Changes in Listing’s plane thickness caused by vestibular schwannoma: a parameter for evaluating the accuracy of the gravity-oriented internal model. Otol Neurotol. 2011.04; 32 1513-1517.

  41. Tsutsumi T, Tokumaru A, Murakami M, Kawaishi J, Chida W, Watanabe K. . On-off asymmetries of responses to caloric step stimuli. J Vest Res. 2011.04; 21 111-115.

  42. Tsutsumi. T, Murakami. M, Kawaishi. J, Chida. W, Fukuoka. Y, Watanabe. K.. Postural stability during visual stimulation and the contribution from the vestibular apparatus. Acta Otolaryngol. 2010.04; 130 464-471.

  43. Tsutsumi T, Hiruma M, Kawaishi J, Chida W, Watanabe K.. Ocular flutter associated with a lesion of the right upper pontine tegmentum. Auris Nasus Larynx. 2009.04; 36 695-697.

  44. Tsutsumi T, Nakajima N, Hirose T, Watanabe K.. Total-length invasion of the facial nerve by parotid carcinoma ex pleomorphic adenoma. Auris Nasus Larynx. 2009.04; 36 618-622.

  45. Tsutsumi T. Kitamura K.. Discrepancy between the directions of body translation and gaze during simultaneous optokinetic and posterior neck muscle vibration stimulation. Equilibrium Research. 2007.04; 66 130-135.

  46. Tsutsumi T. Inaoka H. Fukuoka Y. Masuda T. Kitamura K.. Cross-coupling in a body-translating reaction: interaural optokinetic stimulation reflects a gravitational cue. Acta Otolaryngologica. 2007.04; 127 273-279.

  47. Tsutsumi T. Nozawa M. Inaoka H. Fukuoka Y. Ishida A. Kitamura K.. Time course analysis of angular control of the body and head while rising from a chair. Acta Otolaryngologica. 2004.04; 124 798-802.

  48. Tsutsumi T. Inaoka H. Fukuoka Y. Ishida A. Kitamura K.. Contribution of the vestibular apparatus to postural control when rising from a chair. Acta Otolaryngologica . 2003.04; 123 1054-1059.

  49. Tsutsumi T. Komatsuzaki A. Noguchi Y. Mitsuhashi M. Kitamura K.. Effects of visual input on galvanic body sway test of unilateral vestibular deficiency in patients with unilateral vestibular schwannoma. Auris Nasus Larynx. 2003.04; 30 35-40.

  50. Tsutsumi T. Kobayashi M. Kohda H. Kitamura K.. Clinical characteristics of audio-vestibular impairment in Meniere’s disease; does vestibular function deteriorate in accordance with cochlear function? Acta Otolaryngologica . 2003.04; 123 396-400.

  51. Tsutsumi T. Kitamura K. Ishikawa K.. Revision surgery for tympanomastoidectomy failure with persistent infection by methicillin resistant staphylococcus aureus (MRSA). Recent Advances in Otitis Media. 2001.04; 517-522.

  52. Tsutsumi T. Komatsuzaki A. Noguchi Y. Tokano H. Kitamura K.. Postoperative vestibular-evoked myogenic potentials in cases with vestibular schwannomas. Acta Otolaryngologica. 2001.04; 121 490-493.

  53. Tsutsumi T. Nishida H. Noguchi Y. Komatsuzaki A. Kitamura K.. Audiologic findings in patients with myoclonic epilepsy associated with ragged-red fibers. The Journal of Laryngology and Otology. 2001.04; 115 777-781.

  54. Tsutsumi T. Kitamura K. Tsunoda A. Yoshihiro N. Mitsuhashi M. Electronystagmographic findings in patients with cerebral degenerative disease. Acta Otolaryngologica. 2001.04; Suppl 545 136-139.

  55. Tsutsumi T. Tsunoda A. Noguchi Y. Komatsuzaki A. . Prediction of the nerves of origin of vestibular schwannomas with vestibular evoked myogenic potentials. The American Journal of Otology. 2000.04; 21 712-715.

  56. Tsutsumi T. Komatsuzaki A.. An adequate parameter evaluating the galvanic body sway test: comparison with the caloric test in patients with vestibular schwannomas. The Journal of Laryngology and Otology. 1999.04; 113 118-121.

  57. Tsutsumi T. Tsunoda A. Shimamoto K. Komatsuzaki T.. Aberrant jugular bulb vein obstructing approach to intracanalicular vestibular schwannoma. The Journal of Laryngology and Otology. 1998.04; 112 772-774.

  58. Tsutsumi T. Oku T. Komatsuzaki A.. Solitary plexiform neurofibroma of the submandibular gland. The Journal of Laryngology and Otology. 1996.04; 110 1173-1175.

  59. Tanaka Kentaro, Suesada Nobuko, Homma Tsutomu, Mori Hiroki, Sugawara Takashi, Tsutsumi Takeshi, Asakage Takahiro, Okazaki Mutsumi. The different concepts of surgical managements between anterior and lateral skull base reconstructions based on surgical purposes AURIS NASUS LARYNX. 2022.04; 49 (2): 271-278. ( PubMed, DOI )

  60. 堤 剛. めまい医療の進歩 片頭痛とめまい 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会会報. 2022.03; 125 (3): 309-312. ( 医中誌 )

  61. 堤 剛. 【頸部リンパ節を見直す】頸部リンパ節腫脹への対応 組織球性壊死性リンパ節炎 JOHNS. 2022.03; 38 (3): 311-314. ( 医中誌 )

  62. 岡田 隆平, 大野 十央, 高橋 亮介, 河邊 浩明, 立石 優美子, 有泉 陽介, 堤 剛, 朝蔭 孝宏. 頭蓋底転移で発見された甲状腺低分化癌例 耳鼻咽喉科臨床. 2022.02; 115 (2): 159-165. ( 医中誌 )

  63. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 澤田 光毅, 柳橋 賢, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 倉田 奈都子, 西尾 綾子, 山本 桂, 本田 圭司, 高橋 正時, 堤 剛. 高齢者への人工内耳 手術の安全性と聴取成績 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会会報. 2022.02; 125 (2): 151-158. ( 医中誌 )

  64. 岡田 隆平, 大野 十央, 高橋 亮介, 河邊 浩明, 立石 優美子, 有泉 陽介, 堤 剛, 朝蔭 孝宏. 頭蓋底転移で発見された甲状腺低分化癌例 耳鼻咽喉科臨床. 2022.02; 115 (2): 159-165. ( DOI )

  65. 堤 剛. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 良性発作性頭位めまい症 日本医事新報. 2022.01; (5098): 42-43. ( 医中誌 )

  66. 堤 剛. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺) 日本医事新報. 2022.01; (5099): 45-46. ( 医中誌 )

  67. Ito Taku, Fujikawa Taro, Honda Keiji, Makabe Ayane, Watanabe Hiroki, Bai Jing, Kawashima Yoshiyuki, Miwa Toru, Griffith Andrew J., Tsutsumi Takeshi. Cochlear Pathomorphogenesis of Incomplete Partition Type II in Slc26a4-Null Mice JARO-JOURNAL OF THE ASSOCIATION FOR RESEARCH IN OTOLARYNGOLOGY. 2021.12; 22 (6): 681-691. ( PubMed, DOI )

  68. Kurata Natsuko, Kawashima Yoshiyuki, Ito Taku, Ooka Tomoki, Tsutsumi Takeshi. Four-Hour Delayed Gadolinium-Enhanced 3D-FLAIR MR Imaging Highlights Intralabyrinthine Micro-Schwannomas OTOLOGY & NEUROTOLOGY. 2021.12; 42 (10): E1444-E1448. ( PubMed, DOI )

  69. 堤 剛. 【よくわかる医療文書の書き方】障害年金と文書作成 JOHNS. 2021.10; 37 (10): 1309-1314. ( 医中誌 )

  70. 堤 剛. 【チャートでみる耳鼻咽喉科診療】症状から診断へ 耳科領域 難聴 JOHNS. 2021.09; 37 (9): 914-917. ( 医中誌 )

  71. 田中 崇嗣, 臼見 莉沙, 米満 郁男, 稲葉 雄一郎, 河邊 浩明, 鈴木 康弘, 堤 剛, 小野 卓史. 顎変形症患者における口蓋扁桃肥大が顎顔面形態および呼吸機能に与える影響 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2021.09; 80 (2): 69-75. ( 医中誌 )

  72. 河邊 浩明, 立石 優美子, 朝蔭 孝宏, 堤 剛. 【がんの嚥下障害と栄養】2 頭頸部がん治療における嚥下障害 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine . 2021.08; 58 (8): 864-868. ( DOI 医中誌 )

  73. 河邊 浩明, 立石 優美子, 朝蔭 孝宏, 堤 剛. 【がんの嚥下障害と栄養】2 頭頸部がん治療における嚥下障害 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2021.08; 58 (8): 864-868. ( 医中誌 )

  74. 堤 剛. 【内科医が知っておくべき高齢者の感覚器障害】高齢者のめまい、平衡感覚異常 老年内科. 2021.08; 4 (2): 136-143. ( 医中誌 )

  75. 市原 寛子, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 川島 慶之, 山本 桂, 倉田 奈都子, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 堤 剛. 炎症性腸疾患患者に合併した耳症状の社会的・心理的影響の質問紙調査 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.06; 124 (6): 890-896. ( 医中誌 )

  76. 溝口 平恵, 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 野口 佳裕, 喜多村 健, 堤 剛. アブミ骨手術における顕微鏡的アプローチと内視鏡的アプローチの比較 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 608. ( 医中誌 )

  77. 堤 剛. 【術前画像と術中解剖-カンファレンスで突っ込まれないための知識】耳領域 側頭骨悪性腫瘍に対する手術 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2021.04; 93 (5): 066-074. ( 医中誌 )

  78. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 倉田 奈都子, 本田 圭司, 柳橋 賢, 高橋 正時, 堤 剛. 高齢者への人工内耳植込術 年齢により層別した手術成績 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 566. ( 医中誌 )

  79. 松崎 理樹, 新藤 晋, 大澤 威一郎, 堤 剛, 池園 哲郎. 詳細な前庭機能解析を行った内耳奇形の1例 Equilibrium Research. 2021.04; 80 (2): 112-119. ( 医中誌 )

  80. 有泉 陽介, 伊藤 卓, 高橋 亮介, 堤 剛, 朝蔭 孝宏. 複合現実(MR:Mixed Reality)技術の頭蓋底手術ナビゲーションへの応用 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 582. ( 医中誌 )

  81. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 大岡 知樹, 本田 圭司, 渡邊 裕基, 山本 桂, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 聴神経腫瘍症例における内耳造影MRI所見と臨床像の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 571. ( 医中誌 )

  82. 伊藤 卓, 山崎 あやめ, 堤 剛. 耳鼻咽喉科教育におけるExtended Reality技術の活用 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 620. ( 医中誌 )

  83. 毛利 香織, 藤川 太郎, 藤井 俊光, 澤田 光毅, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 堤 剛. 炎症性腸疾患に合併した聴覚障害に関する検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 571. ( 医中誌 )

  84. 堤 剛, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 朝蔭 孝宏. 外耳道癌切除後の側頭骨欠損部の処理について 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 583. ( 医中誌 )

  85. 大野 慶子, 木村 百合香, 毛利 香織, 高橋 正時, 森 友里絵, 田中 祥兵, 堤 剛. パーキンソン病における嚥下障害 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.04; 124 (4): 695. ( 医中誌 )

  86. 菅原 貴志, 角田 篤信, 堤 剛, 前原 健寿. 頸静脈孔部腫瘍摘出術における顔面神経の処置と機能予後 Facial Nerve Research. 2021.03; 40 209-211. ( 医中誌 )

  87. 清川 佑介, 有泉 陽介, 大野 十央, 伊藤 卓, 川島 慶之, 朝蔭 孝宏, 堤 剛. 外耳道扁平上皮癌の治療法選択と予後因子について 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.02; 124 (2): 95-102. ( 医中誌 )

  88. 堤 剛. 【最新知識からめまい症例を診る!】症例から診るめまい診療 上半規管裂隙症候群 JOHNS. 2021.01; 37 (1): 63-67. ( 医中誌 )

  89. 堤 剛. 急性・慢性めまいの診断 病態の理解・患者説明の観点から 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021.01; 124 (1): 5-10. ( 医中誌 )

  90. 本田 圭司, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 鈴木 康弘, 堤 剛. 読影支援のための内耳造影MRIを模した内外リンパ腔連続断面画像 Equilibrium Research. 2020.12; 79 (6): 557-562. ( 医中誌 )

  91. 竹田 貴策, 川島 慶之, 伊藤 卓, 佐藤 尊陽, 藤川 太郎, 本田 圭司, 堤 剛. 経乳突洞アプローチによる閉鎖術が奏功したS状静脈洞骨壁欠損に伴う拍動性耳鳴症例 Otology Japan. 2020.12; 30 (4): 323-331. ( 医中誌 )

  92. 毛利 香織, 石原 明子, 堤 剛. 当院におけるHIV感染症の現状と耳鼻咽喉科受診症例の検討 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2020.12; (補冊155): 191. ( 医中誌 )

  93. 鈴木 康弘, 田崎 彰久, 井上 みどり, 毛利 香織, 堤 剛. 歯性上顎洞炎手術症例における治療効果の検討 日本鼻科学会会誌. 2020.12; 59 (Suppl.): S50. ( 医中誌 )

  94. 鈴木 康弘, 堤 剛. 【漢方医学入門-耳鼻咽喉科で漢方薬を使いこなす】私の推奨 代表的な漢方薬の使い方 苓桂朮甘湯と五苓散,柴苓湯をメニエール病に用いる 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2020.11; 92 (12): 984-987. ( 医中誌 )

  95. 本田 圭司, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 堤 剛. 3Dプリンターで作成した内外リンパ腔のヒト内耳実体模型 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 152. ( 医中誌 )

  96. 伊藤 卓, 竹田 貴策, 川島 慶之, 佐藤 尊陽, 藤川 太郎, 本田 圭司, 山崎 あやめ, 堤 剛. 耳科手術ナビゲーションシステムにおけるAugmented Reality技術の応用 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 116. ( 医中誌 )

  97. 佐藤 尊陽, 竹田 貴策, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 堤 剛. 経乳突洞アプローチによる骨壁再建術が奏功したS状静脈洞骨壁欠損に伴う拍動性耳鳴症例 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 205. ( 医中誌 )

  98. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 倉田 奈都子, 竹田 貴策, 大岡 知樹, 山本 桂, 堤 剛. 突発性難聴に対する高気圧酸素治療および鼓室内ステロイド注入療法の治療効果の傾向スコアマッチング解析 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 249. ( 医中誌 )

  99. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 川島 慶之, 本田 圭司, 藤川 太郎, 大岡 知樹, 堤 剛. 移動式画像撮影システムO-armの人工内耳手術における応用 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 127. ( 医中誌 )

  100. 堤 剛, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基. 外耳道扁平上皮癌の治療法選択と予後因子について 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 291. ( 医中誌 )

  101. 藤川 太郎, 本田 圭司, 伊藤 卓, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 川島 慶之, 堤 剛. グラディエント・エコー法を用いた造影3D MRIによるANCA関連血管炎性中耳炎の血管炎像の描出 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2020.11; 30回 254. ( 医中誌 )

  102. 大岡 知樹, 本田 圭司, 竹田 貴策, 池田 卓生, 堤 剛. 静的前庭眼反射における頸眼反射の寄与について Equilibrium Research. 2020.10; 79 (5): 493. ( 医中誌 )

  103. 堤 剛, 大岡 知樹, 渡邊 浩基, 本田 圭司, 伊藤 卓, 池田 卓生. 前額断面および矢状断面での耳石動眼反射の3D-VOGを用いた計測について Equilibrium Research. 2020.10; 79 (5): 466. ( 医中誌 )

  104. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 本田 圭司, 白 静, 大岡 知樹, 川島 慶之, 藤川 太郎, 池田 卓生, 堤 剛. Pendred症候群モデルマウスの前庭動眼反射の定量的評価 Equilibrium Research. 2020.10; 79 (5): 447. ( 医中誌 )

  105. 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 竹田 貴策, 鈴木 康弘, 堤 剛. Microsoft Excelによるめまい診断基準判定支援システム Equilibrium Research. 2020.10; 79 (5): 452. ( 医中誌 )

  106. 渡邊 浩基, 本田 圭司, 竹田 貴策, 鈴木 康弘, 堤 剛. 3次元眼位解析を利用した静的前庭動眼反射の定量化法の開発 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1142. ( 医中誌 )

  107. 田中 祥兵, 高橋 正時, 大野 慶子, 三輪 好, 堤 剛. 超高齢者の新規補聴器装用に関する検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1138. ( 医中誌 )

  108. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 経外耳道的内視鏡下耳科手術における中耳リスクと術後聴力成績の関係について 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1063. ( 医中誌 )

  109. 本田 圭司, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 移動型術中イメージングシステムO-armによる側頭骨外科ナビゲーション 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1082. ( 医中誌 )

  110. 堤 剛. 急性・慢性めまいの診断と治療指針 急性・慢性めまいの診断 病態の理解・患者説明の観点から 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 967. ( 医中誌 )

  111. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 竹田 貴策, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 山本 桂, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 各種の急性感音難聴症例における内耳遅延造影MRI所見の比較検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1059. ( 医中誌 )

  112. 福島 亮, 川島 慶之, 渡邊 浩基, 藤川 太郎, 服部 夏子, 堤 剛. 中耳炎として加療され耳症状出現から2年後に確定診断された中耳サルコイドーシス症例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1102. ( 医中誌 )

  113. 山本 桂, 堤 剛. 一側性重度難聴患者の安静時ネットワークの変化 Audiology Japan. 2020.09; 63 (5): 302. ( 医中誌 )

  114. 青木 夏姫, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 伊藤 卓, 川島 慶之, 堤 剛. グルタミン酸受容体デルタ1欠損による進行性難聴の原因は外有毛細胞のcochlear synaptopathyである 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1057. ( 医中誌 )

  115. 鈴木 康弘, 堤 剛. 【耳鼻咽喉科診療Q&A】その他 漢方薬と西洋薬を併用する際どのようなことに注意しますか? JOHNS. 2020.09; 36 (9): 1311-1312. ( 医中誌 )

  116. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. OTOPLANを用いて術前CTから推定した後天性難聴症例の蝸牛管長 人工内耳電極全挿入例と部分挿入例の比較 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2020.09; 123 (4): 1085. ( 医中誌 )

  117. 伊藤 卓, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 白 静, 川島 慶之, 藤川 太郎, 堤 剛. マイクロCTを用いたPendred症候群モデルマウスの迷路骨包および耳石形態の検証 Equilibrium Research. 2020.08; 79 (4): 236-243. ( 医中誌 )

  118. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 堤 剛. Middle Ear Risk Index(MERI)とOssiculoplasty Outcome Parameter Staging(OOPS)Indexを用いた内視鏡下鼓室形成術の術後聴力予測について Otology Japan. 2020.05; 30 (2): 122-126. ( 医中誌 )

  119. 本田 圭司, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. バルサルバ法により聴力改善を認めた外傷性耳小骨連鎖離断の1例 Otology Japan. 2020.05; 30 (2): 127-131. ( 医中誌 )

  120. 堤 剛, 稲葉 雄一郎. カンファレンスルーム(CASE 2) 頸部捻転・圧迫により惹起されるめまい Equilibrium Research. 2020.04; 79 (2): 95-97. ( 医中誌 )

  121. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 耳小骨奇形に対する高精細4K内視鏡システムを用いた経外耳道的内視鏡下アブミ骨手術 Otology Japan. 2019.12; 29 (4): 297-301. ( 医中誌 )

  122. 堤 剛. めまい平衡検査の原点から現状、そして未来へ 視刺激検査 Equilibrium Research. 2019.12; 78 (6): 549-561. ( 医中誌 )

  123. 青山 祐希, 森 祥子, 小宮 力, 池田 賢司, 辻本 和峰, 中堤 啓太, 大野 十央, 大友 康裕, 堤 剛, 山田 哲也. バセドウ病による甲状腺クリーゼに対し、甲状腺全摘術を施行した1例 日本内科学会関東地方会. 2019.11; 655回 28. ( 医中誌 )

  124. 田中 崇嗣, 臼見 莉沙, 米満 郁男, 鈴木 康弘, 堤 剛, 小野 卓史. 顎変形症患者における睡眠呼吸障害と口蓋扁桃肥大との関連 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 221. ( 医中誌 )

  125. 伊藤 卓, 竹田 貴策, 小出 暢章, 渡邊 愛, 川島 慶之, 堤 剛. 耳科手術における次世代型O-armナビゲーション手術の有用性 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 241. ( 医中誌 )

  126. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 船曳 和雄, 池田 卓生, 堤 剛. 頭部傾斜によるマウスの静的な前庭動眼反射の評価 Equilibrium Research. 2019.10; 78 (5): 458. ( 医中誌 )

  127. 竹田 貴策, 山崎 あやめ, 渡邊 浩基, 本田 圭司, 鈴木 康弘, 堤 剛. 遅発性内リンパ水腫における遅延造影MRIの有用性の検討 Equilibrium Research. 2019.10; 78 (5): 505. ( 医中誌 )

  128. 本田 圭司, 本庄 需, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 川島 慶之, 堤 剛. 温度刺激検査の3次元流体シミュレーション Equilibrium Research. 2019.10; 78 (5): 527. ( 医中誌 )

  129. 本庄 需, 本田 圭司, 堤 剛. 末梢前庭障害に対するstep stimulus法を用いた温度眼振検査の有用性(第2報) Equilibrium Research. 2019.10; 78 (5): 526. ( 医中誌 )

  130. 堤 剛, 池田 卓生, 渡邊 浩基, 竹田 貴策, 本田 圭司, 伊藤 卓. 回旋性サッケードのmain sequenceのサンプリング頻度による差について Equilibrium Research. 2019.10; 78 (5): 430. ( 医中誌 )

  131. 山本 桂, 堤 剛. 一側性高度難聴患者の騒音下聴取時の脳活動・機能的結合性の検討 Audiology Japan. 2019.10; 62 (5): 443. ( 医中誌 )

  132. 堤 剛. 【進化する経外耳道的内視鏡下耳科手術(TEES)-エキスパートに学ぶスタンダードな手術手技】TEESのスタンダードな手術手技 錐体尖病変に対する手術 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2019.10; 91 (11): 950-954. ( 医中誌 )

  133. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 耳内内視鏡下アブミ骨手術におけるReversal Steps Stapedotomyの有用性の検討 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 452. ( 医中誌 )

  134. 山崎 あやめ, 伊藤 卓, 堤 剛. 没入型バーチャルリアリティ用いた側頭骨モデルの可能性 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 205. ( 医中誌 )

  135. 堤 剛, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基. 当科における外耳道癌症例の短期治療成績 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 361. ( 医中誌 )

  136. 藤川 太郎, 本田 圭司, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 16Sメタゲノム解析による真珠腫性中耳炎と慢性中耳炎の菌叢の多様性の比較 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 226. ( 医中誌 )

  137. 堤 剛, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基. ORBEYE使用経験 臨床上の有用性 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 137. ( 医中誌 )

  138. 本田 圭司, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. バルサルバ法により聴力改善を認めた外傷性耳小骨連鎖離断の1例 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 299. ( 医中誌 )

  139. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 本田 圭司, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 真壁 彩音, 堤 剛. 前庭動眼反射検査と温度刺激検査を用いたPendred症候群モデルマウスの平衡障害の評価 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集. 2019.10; 29回 515. ( 医中誌 )

  140. 大野 慶子, 木村 百合香, 高橋 正時, 田中 祥兵, 堤 剛. 慢性副鼻腔炎における血清IgG4値に関する検討 日本鼻科学会会誌. 2019.09; 58 (3): 628. ( 医中誌 )

  141. 堤 剛. 【メニエール病-押さえておきたい診断・治療のコツ-】メニエール病類似症状を呈する疾患とその鑑別診断 ENTONI. 2019.07; (234): 65-70. ( 医中誌 )

  142. 佐藤 由紀, 鈴木 康弘, 稲葉 雄一郎, 堤 剛. 蝶形骨洞内単独病変の臨床的検討 日本鼻科学会会誌. 2019.07; 58 (2): 167-174. ( 医中誌 )

  143. 清川 佑介, 堤 剛. 第一鰓裂と第二鰓裂の特徴が混在した頸瘻例 耳鼻咽喉科臨床. 2019.06; 112 (6): 365-369. ( 医中誌 )

  144. 堤 剛. 基礎研究の将来展望 三次元眼球運動解析によるListing平面描出と耳石器・重力認知機能の定量化を目指して Equilibrium Research. 2019.06; 78 (3): 197-202. ( 医中誌 )

  145. 大野 貴史, 清川 佑介, 畑中 章生, 堤 剛. 頸部外切開により摘出した咽頭腔外異物の1症例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2019.06; (補冊154): 95. ( 医中誌 )

  146. 山崎 あやめ, 黒石川 泰, 堤 剛. 小児患者における急性低音障害型感音難聴の症例検討 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2019.06; (補冊154): 79. ( 医中誌 )

  147. 藤井 可絵, 森友 里絵, 中澤 美賀, 小松 充孝, 川島 慶之, 堤 剛. 6歳時に両側性の急性感音難聴を発症した先天性サイトメガロウイルス感染症例 小児耳鼻咽喉科. 2019.05; 40 (2): 174. ( 医中誌 )

  148. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 大岡 知樹, 野口 佳裕, 喜多村 健, 堤 剛. 耳硬化症の側頭骨CTにおける内耳道前壁憩室様所見の陽性率と臨床像の検討 Otology Japan. 2019.05; 29 (2): 168-173. ( 医中誌 )

  149. 竹田 貴策, 堤 剛. 【耳鼻咽喉科領域の外傷をマスターする】内耳振盪症と外傷性めまい JOHNS. 2019.05; 35 (5): 566-568. ( 医中誌 )

  150. 竹田 貴策、堤 剛. 内耳振盪症と外傷性めまい JOHNS. 2019.05; 35 (5): 566-568.

  151. 堤 剛. 【耳管のすべて】耳管の発生と解剖の最新知見 JOHNS. 2019.04; 35 (4): 408-410. ( 医中誌 )

  152. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 堤 剛. 耳科手術における4K-3Dビデオ顕微鏡システムORBEYEの使用経験 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2019.04; 122 (4): 640. ( 医中誌 )

  153. 堤 剛, 清川 佑介, 有泉 陽介, 川島 慶之, 朝蔭 孝宏. 外耳道非扁平上皮癌例の特徴とその対応 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2019.04; 122 (4): 597. ( 医中誌 )

  154. 川島 慶之, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 喜多村 健, 堤 剛. 人工中耳Vibrant Soundbridge(VSB)術後にMRSA感染を生じ骨固定型補聴器Bahaへ変更した先天性外耳道閉鎖症例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2019.04; 122 (4): 642. ( 医中誌 )

  155. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 船曳 和雄, 堤 剛. モデルマウスを用いたPendred症候群における平衡障害の病態解析 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2019.04; 122 (4): 577. ( 医中誌 )

  156. 横村 優, 川島 慶之, 藤川 太郎, 堤 剛. 髄膜炎を伴った不全型Ramsay Hunt症候群を発症した二分内耳道症例 Facial Nerve Research. 2019.03; 38 158-160. ( 医中誌 )

  157. 堤 剛, 田中 顕太郎, 朝蔭 孝宏. 顔面神経の同定・温存とその限界-確実な温存と確実な切除のジレンマ- 側頭骨腫瘍摘出時の顔面神経温存・切除再建のジレンマとその工夫 Facial Nerve Research. 2019.03; 38 20-23. ( 医中誌 )

  158. 有泉 陽介, 堤 剛, 田中 顕太郎, 朝蔭 孝宏. 側頭開頭を加えた頭蓋底手術により顔面神経を温存して全摘した顎関節滑膜軟骨腫症の1例 Facial Nerve Research. 2019.03; 38 161-163. ( 医中誌 )

  159. 藤川 太郎, 大庭 聖也, 川島 慶之, 真壁 彩音, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 堤 剛. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の耳科学的臨床像 好酸球性中耳炎との比較において Otology Japan. 2019.02; 29 (1): 45-51. ( 医中誌 )

  160. 本田 圭司, 堤 剛. 内リンパ嚢のイオン輸送機構 Equilibrium Research. 2018.12; 77 (6): 574-578. ( 医中誌 )

  161. 竹田 貴策, 堤 剛. 【見逃してはならない耳鼻咽喉科疾患-こんな症例には要注意!】耳領域 良性発作性頭位めまい症だと思っていたら悪性発作性頭位めまい症だった! 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2018.11; 90 (12): 1006-1009. ( 医中誌 )

  162. 森 友里絵, 川島 慶之, 高橋 正時, 藤川 太郎, 丸山 絢子, 竹田 貴策, 立石 優美子, 伊藤 卓, 堤 剛. 難聴を伴った高安動脈炎の耳科学的臨床像 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.11; 121 (11): 1381-1388. ( 医中誌 )

  163. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 堤 剛. マイクロCTを用いたPendred症候群モデルマウスの平衡障害の病態解析 Equilibrium Research. 2018.10; 77 (5): 447. ( 医中誌 )

  164. 稲葉 雄一郎, 平井 千晶, 竹田 貴策, 田崎 彰久, 清川 祐介, 鈴木 康弘, 堤 剛. 聴力変動、輻輳異常、上眼瞼向き眼振および外眼筋トーヌス亢進様の異常眼球運動を認めた1症例 Equilibrium Research. 2018.10; 77 (5): 425. ( 医中誌 )

  165. 本田 圭司, 本庄 需, 堤 剛. 温度眼振検査におけるstep stimulus法と従来法の比較 Equilibrium Research. 2018.10; 77 (5): 452. ( 医中誌 )

  166. 本庄 需, 本田 圭司, 堤 剛. 末梢前庭障害に対するstep stimulus法を用いた温度眼振検査の有用性 Equilibrium Research. 2018.10; 77 (5): 453. ( 医中誌 )

  167. 堤 剛, 竹田 貴策, 山崎 あやめ, 池田 卓生, 福岡 豊. 基礎研究の将来展望 三次元眼球運動解析によるListing平面描出と耳石器・重力認知機能の定量化を目指して Equilibrium Research. 2018.10; 77 (5): 382. ( 医中誌 )

  168. 田崎 彰久, 竹田 貴策, 稲葉 雄一郎, 清川 佑介, 鈴木 康弘, 平井 千晶, 堤 剛. 健常者の重心動揺周波数の加齢変化 対数化パワースペクトル解析による検討 Equilibrium Research. 2018.10; 77 (5): 461. ( 医中誌 )

  169. 竹田 貴策, 田崎 彰久, 稲葉 雄一郎, 清川 佑介, 鈴木 康弘, 堤 剛. 遅発性内リンパ水腫におけるMRIでの患側決定について Equilibrium Research. 2018.10; 77 (5): 444. ( 医中誌 )

  170. 堤 剛. デノスマブ投与後に発症し急激に進行した外耳道真珠腫例 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌. 2018.09; 6 (3): 74. ( 医中誌 )

  171. 竹田 貴策, 伊藤 卓, 横村 優, 川島 慶之, 藤川 太郎, 堤 剛. デノスマブ投与後に発症し急激に進行した外耳道真珠腫例 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 356. ( 医中誌 )

  172. 川島 慶之, 丸山 絢子, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 蝶型軟骨を用いた経外耳道的内視鏡下鼓膜形成術 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 275. ( 医中誌 )

  173. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 耳小骨奇形に対する経外耳道的内視鏡下アブミ骨手術の有用性 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 473. ( 医中誌 )

  174. 堤 剛, 竹田 貴策, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 川島 慶之. 耳内内視鏡下に開放しえた錐体尖コレステリン嚢胞例 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 453. ( 医中誌 )

  175. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 喜策, 堤 剛. 当科における経外耳道的内視鏡下耳科手術 III型・IV型伝音再建の術後聴力成績 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 347. ( 医中誌 )

  176. 山本 桂, 喜多村 健, 堤 剛. 健常者の聴覚刺激における聴覚野の非対称性についてfMRI研究より Audiology Japan. 2018.09; 61 (5): 443. ( 医中誌 )

  177. 本田 圭司, 堤 剛. マウス内リンパ嚢上皮におけるアクアポリンmRNAの発現 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 492. ( 医中誌 )

  178. 真壁 彩音, 伊藤 卓, 本田 圭司, 三輪 徹, 川島 慶之, 藤川 太郎, 堤 剛. マイクロCTを用いたSlc26a4ノックアウトマウス内耳形態の三次元解析 Otology Japan. 2018.09; 28 (4): 493. ( 医中誌 )

  179. 川島 慶之, 丸山 絢子, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 堤 剛. 蝶型軟骨を用いた内視鏡下鼓膜形成術 耳鼻咽喉科臨床. 2018.06; 111 (6): 378-379. ( 医中誌 )

  180. 堤 剛. 【わかりやすい感覚器疾患】 感覚器の構造と機能 聴覚・平衡覚 前庭・三半規管 日本医師会雑誌. 2018.06; 147 (特別1): S57-S58. ( 医中誌 )

  181. 清川 佑介, 堤 剛. 第一鰓裂と第二鰓裂の特徴が混在した頸瘻の1例 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2018.06; (補冊153): 80. ( 医中誌 )

  182. 清川 佑介, 梶野 紘平, 立石 優美子, 岡田 隆平, 田崎 彰久, 野村 文敬, 有泉 陽介, 堤 剛, 朝蔭 孝宏. 外耳道癌に対する化学放射線療法の検討 頭頸部癌. 2018.05; 44 (2): 181. ( 医中誌 )

  183. 堤 剛. 顔面神経麻痺 今日の治療指針. 2018.04; 60 1561-1563.

  184. 青木 夏姫, 藤川 太郎, 岡田 隆平, 川島 慶之, 朝蔭 孝宏, 堤 剛. 高用量シスプラチン投与時のマグネシウム補充は内耳毒性を軽減できるか 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.04; 121 (4): 571. ( 医中誌 )

  185. 堤 剛. 【医科歯科連携で取り組むオーラルマネジメント 一歩進んだケア技術と効果的な連携のポイント】 (第1章)オーラルマネジメントの技術 嚥下機能の評価と訓練 嚥下機能評価 看護技術. 2018.04; 64 (5): 429-438. ( 医中誌 )

  186. 堤 剛. 【患者・家族への説明ガイド-正しく伝え,納得を引き出し,判断を促すために】めまいと顔面神経麻痺のこと (Question 27)14歳の娘が立ちくらみを頻繁に訴えています。大丈夫でしょうか? 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2018.04; 90 (5): 88-89. ( 医中誌 )

  187. 堤 剛. 【患者・家族への説明ガイド-正しく伝え,納得を引き出し,判断を促すために】めまいと顔面神経麻痺のこと (Question 28)朝,寝返りすると10秒程度のグルグル回るめまいを感じます。どうすればよいでしょうか? 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2018.04; 90 (5): 90-91. ( 医中誌 )

  188. 本庄 需, 本田 圭司, 近藤 景介, 朝守 智明, 堤 剛. クラリスロマイシンが有効であった線維素性唾液管炎の一例 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.04; 121 (4): 605. ( 医中誌 )

  189. 丸山 絢子, 川島 慶之, 平井 千晶, 竹田 貴策, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 真壁 彩音, 堤 剛. 一側半規管麻痺122例のMR脳槽撮影画像に基づく椎骨脳底動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈の走行形態の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.04; 121 (4): 562. ( 医中誌 )

  190. 堤 剛, 竹田 貴策, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 川島 慶之. 中・後頭蓋窩良性腫瘍手術における顔面神経機能温存と再建の工夫 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.04; 121 (4): 586. ( 医中誌 )

  191. 朝守 智明, 伊藤 卓, 本庄 需, 本田 圭司, 川島 慶之, 喜多村 健, 堤 剛. 好酸球性副鼻腔炎とPendrin発現の関連 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2018.04; 121 (4): 536. ( 医中誌 )

  192. 朝守 智明, 伊藤 卓, 渡邊 浩基, 本庄 需, 本田 圭司, 堤 剛. 慢性副鼻腔炎の分類と鼻中隔彎曲の関連 日本鼻科学会会誌. 2018.04; 57 (1): 38-45. ( 医中誌 )

  193. 伊藤 卓, 野口 佳裕, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 堤 剛. デジタルPCRを用いたSTRC遺伝子コピー数変化の検出 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 281. ( 医中誌 )

  194. 本田 圭司, 喜多村 健, 堤 剛. ホールマウント免疫染色によるマウス内リンパ嚢の形態評価 Equilibrium Research. 2017.10; 76 (5): 470. ( 医中誌 )

  195. 真壁 彩音, 川島 慶之, 丸山 絢子, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 堤 剛. 全身投与されたアミノグリコシド系抗菌薬の内耳有毛細胞への進入経路の解明 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 555. ( 医中誌 )

  196. 堤 剛, 池田 卓生, 平井 千晶, 竹田 貴策, 稲葉 雄一郎, 田崎 彰久, 清川 佑介, 鈴木 康弘. 回旋性サッケードにおけるMain Sequence Equilibrium Research. 2017.10; 76 (5): 465. ( 医中誌 )

  197. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 倉田 奈都子, 大岡 知樹, 堤 剛. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の耳科学的臨床像 好酸球性中耳炎との比較 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 628. ( 医中誌 )

  198. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 大岡 知樹, 野口 佳裕, 喜多村 健, 堤 剛. 耳硬化症の高分解能CTにおける内耳道前壁憩室様所見の陽性率と臨床像の検討 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 493. ( 医中誌 )

  199. 稲葉 雄一郎, 平井 千晶, 竹田 貴策, 田崎 彰久, 清川 祐介, 鈴木 康弘, 堤 剛. 胸鎖乳突筋圧迫刺激により刺激側に向かう眼振を両側頸部で誘発し得た1症例 Equilibrium Research. 2017.10; 76 (5): 509. ( 医中誌 )

  200. 田崎 彰久, 大岡 知樹, 竹田 貴策, 稲葉 雄一郎, 清川 佑介, 鈴木 康弘, 平井 千晶, 堤 剛. 造影剤通常用量でのMRIによる内リンパ水腫可視化 Equilibrium Research. 2017.10; 76 (5): 510. ( 医中誌 )

  201. 伊藤 卓, 鈴木 恵子, 堤 剛. 都市と農村における慢性副鼻腔炎の病態に関する研究 共済エグザミナー通信. 2017.10; (41): 20-27. ( 医中誌 )

  202. 平井 千晶, 鈴木 康弘, 清川 佑介, 稲葉 雄一郎, 田崎 彰久, 竹田 貴策, 堤 剛. SCD症例の重心動揺パワースペクトルの健常者との比較 対数座標上での直線近似による評価 Equilibrium Research. 2017.10; 76 (5): 482. ( 医中誌 )

  203. 本田 圭司, 喜多村 健, 堤 剛. Single-cell RNA-seqによるマウス内リンパ嚢の網羅的遺伝子発現解析 Otology Japan. 2017.10; 27 (4): 538. ( 医中誌 )

  204. 竹田 貴策, 倉田 奈都子, 田崎 彰久, 稲葉 雄一郎, 清川 佑介, 鈴木 康弘, 真壁 彩音, 平井 千晶, 堤 剛. 脊髄小脳変性症症例におけるListing平面を用いた平衡覚認知能の評価 Equilibrium Research. 2017.10; 76 (5): 465. ( 医中誌 )

  205. 鈴木 康弘, 稲葉 雄一郎, 梶野 紘平, 堤 剛. 当科における歯性上顎洞炎症例の検討 手術症例を中心に 日本鼻科学会会誌. 2017.09; 56 (3): 403. ( 医中誌 )

  206. 堤 剛. 【耳鼻咽喉科疾患と生活指導-予防とセルフケア】 耳鼻咽喉科疾患に対する生活指導・予防・セルフケア 動揺病 JOHNS. 2017.08; 33 (8): 999-1001. ( 医中誌 )

  207. 本庄 需, 本田 圭司, 朝守 智明, 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 畑中 章生, 川島 慶之, 堤 剛. 緊急気管切開を要した35症例の検討 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2017.07; (補冊150): 138. ( 医中誌 )

  208. 堤 剛. 眼振のしくみ 耳鼻咽喉科臨床 補冊. 2017.07; (補冊150): 67. ( 医中誌 )

  209. 堤 剛. 動揺病 耳鼻咽喉科疾患と生活指導-予防とセルフケア JOHNS. 2017.05; 33 (8): 999-1001.

  210. 堤 剛. 上半規管裂隙症候群 めまい診療のNew Trend 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2017.04; 89 (1): 86-89.

  211. 堤 剛. Ⅱめまい・平衡機能検査 Q11中枢性めまいを鑑別するための検査は? 耳鼻咽喉科・頭頸部外科(5)増刊号 耳鼻咽喉科検査マニュアル. 2017.04; 89 (5): 172-173.

  212. 堤 剛. Ⅱめまい・平衡機能検査 2電気眼振図(ENG) 耳鼻咽喉科・頭頸部外科89(5)増刊号 耳鼻咽喉科検査マニュアル. 2017.04; 89 (5): 115-121.

  213. 堤 剛. 【臨床力UP! 耳鼻咽喉科検査マニュアル】めまい・平衡機能検査 電気眼振図(electronystagmograph:ENG) 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2017.04; 89 (5): 115-121. ( 医中誌 )

  214. 堤 剛. 【臨床力UP! 耳鼻咽喉科検査マニュアル】めまい・平衡機能検査 Q&A (Q11)中枢性めまいを鑑別するための検査は? 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2017.04; 89 (5): 172-173. ( 医中誌 )

  215. 堤 剛. 【診断に苦慮した耳鼻咽喉科疾患-私が経験した症例を中心に-】 上半規管裂隙症候群 ENTONI. 2017.04; (205): 45-50. ( 医中誌 )

  216. 川島 慶之, 真壁 彩音, 丸山 絢子, 澤田 光毅, 平井 千晶, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 一側性または両側性の聴覚情報の欠如が姿勢安定性に及ぼす影響の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 524. ( 医中誌 )

  217. 堤 剛, 岡田 隆平, 清川 佑介, 野村 文敬, 有泉 陽介, 川島 慶之, 朝蔭 孝宏. 外耳道癌手術における外側側頭骨切除の適応限界について 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 565. ( 医中誌 )

  218. 丸山 絢子, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 伊藤 卓, 堤 剛. 突発性難聴150例のMR脳槽撮影画像に基づく椎骨脳底動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈の走行形態の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 633. ( 医中誌 )

  219. 竹田 貴策, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 山本 桂, 丸山 絢子, 堤 剛. 脳表ヘモジデリン沈着症9例の耳科学的臨床像 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 529. ( 医中誌 )

  220. 稲葉 雄一郎, 立石 優美子, 岡田 隆平, 鈴木 康弘, 堤 剛. 舌エクササイズと口蓋扁桃摘出術を組み合わせたOSAの治療成績 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 554. ( 医中誌 )

  221. 森 友里絵, 川島 慶之, 高橋 正時, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 藤川 太郎, 立石 優美子, 伊藤 卓, 堤 剛. 難聴を伴った高安動脈炎8例の臨床像 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 667. ( 医中誌 )

  222. 藤川 太郎, 畑中 章生, 白倉 聡, 岡崎 雅, 岡野 渉, 得丸 貴夫, 山田 雅人, 朝蔭 孝宏, 堤 剛, 別府 武. 高齢者頭頸部癌再建手術症例で術後せん妄は長期の嚥下機能低下の危険因子である 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2017.04; 120 (4): 643. ( 医中誌 )

  223. 堤 剛. 上半規管裂隙症候群(増刊号:診断に苦慮した耳鼻咽喉科疾) ENTONI. 2017.03; 205 45-50.

  224. 堤 剛. おとなのかぜ 上・下気道症状を有するかぜの診断と治療-混合型- (特集・おとなのかぜ、こどものかぜ) JOHNS. 2017.02; 33 (1): 63-65.

  225. 堤 剛. 【めまい診療のNew Trend】《めまい診療のトピックス》 上半規管裂隙症候群 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2017.01; 89 (1): 86-89. ( 医中誌 )

  226. 堤 剛. 【おとなのかぜ、こどものかぜ】 おとなのかぜ 上・下気道症状を有するかぜの診断と治療 混合型 JOHNS. 2017.01; 33 (1): 63-65. ( 医中誌 )

  227. 堤 剛. 外来に必須!外用薬の上手な使い方 抗菌点耳薬 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2016.12; 88 (12): 914-916.

  228. 堤 剛. 耳鼻咽喉科処方マニュアル:組織球性壊死性リンパ節炎 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2016.05; 88 (5): 160-161.

  229. 堤 剛. 私が愛用する手術器具148 シュミット探膿針、サイドバイテン鉗子 JOHNS. 2016.04; 32 (4): 521-522.

  230. 山本由貴子、平井千晶、竹田貴策、田崎彰久、稲葉雄一郎、清川佑介、藤川太郎、鈴木康弘、堤 剛. ENGにて上・下眼瞼向き眼振を認めた症例の検討 Equilibrium Research. 2016; 75 106-114.

  231. 渡邊浩基、伊藤卓、山田雅人、小出暢章、渡部大樹、今村公俊、東裕哉、堤剛. 鼻内内視鏡手術を行った先天性鼻涙管嚢胞例 日本鼻科学会会誌. 2016; 55 (4): 544-548.

  232. 竹田貴策、伊藤卓、川島慶之、畑中章生、渡部誠一、喜多村健、堤 剛. 小児深頸部感染症の臨床統計 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2016; 119 1379-1387.

  233. 渡邊浩基、伊藤卓、山田雅人、小出暢章、渡部大樹、今村公俊、東裕哉、堤 剛. 鼻内内視鏡手術を行った先天性鼻涙管嚢胞例 日本鼻科学会誌. 2016; 55 (4): 1-5.

  234. 川島慶之、野口佳裕、伊藤卓、水島豪太、高橋正時、喜多村健、堤 剛. 耳症状を主訴に受診したANCA関連血管炎20例の臨床像 全身型による比較検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2016; 119 110-117.

  235. 堤 剛. 論説:めまいの外科治療 耳鼻咽喉科臨床. 2015; 108 (9): 661-666.

  236. 田中 是、菊地 茂、大畑 敦、堤 剛、大木 雅文. 急性喉頭蓋炎285例の臨床的検討 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2015; 118 1301-1308.

  237. 堤 剛、津久井慶、喜多村健. 市販3DVOGデータのFick座標系から主軸解析への変換とその信頼性 Equilibrium Research. 2008.04; 67 (6): 522-527.

  238. 堤 剛. サッケード、視運動性眼振急速相、温度眼振急速相の内転および外転眼の角速度変化について Equilibrium Research. 2008.04; 67 (2): 95-100.

  239. ◎Tsutsumi T, Ikeda T, Kikuchi S. Periodic alternating nystagmus caused by a medullary lesion in ADEM. Otol Neurotol. 2014.07; 35 861-865. ( DOI )

  240. ◎(堤 剛). 小児の気管切開・カニューレの管理 耳鼻咽喉科臨床. 2014.03; 107 (4): 336-337. ( DOI )

  241. ◎(Tsutsumi T), Ikeda T, Fukuoka Y, Watanabe K, Kikuchi S. Optokinetic stimulation can break Listing's law without induction of eye movement. Auris Nasus Larynx. 2013.06; 40 343-347. ( DOI )

  242. ◎Urata S, Ohki M, (Tsutsumi T), Kikuchi S. Organized haematoma of the maxillary sinus: pathophysiological differences suggesting a new aetiological hypothesis. The Journal of Laryngology & Otology. 2013.04; 237 519-524. ( DOI )

  243. ◎(Tsutsumi T), Ikeda T, Fukuoka Y, Watanabe K, Kikuchi S.. Time course of the recovery of three-dimensional eye positon in patients with acute cerebellitis. Auris Nasus Larynx. 2012.10; 39 540-543. ( DOI )

  244. ◎Murakami A, (Tsutsumi T), Watanabe K.. Middle ear effusion and fungi. Annals of Otology, Rhinology & Laryngology. 2012.06; 237 519-524.

  245. ◎Murakami A, (Tsutsumi T), Watanabe K.. Middle ear effusion and fungi. Annals of Otology, Rhinology & Laryngology. 2012.06; 237 519-524.

  246. ◎(堤 剛)、菊地茂. 急性感音難聴の最新治療戦略・注意すべき急性感音難聴の鑑別診断 JOHNS. 2012.05; 28 (5): 741-743.

  247. ◎(Tsutsumi T), Ikeda T, Watanabe K, Kikuchi S.. Changes in Listing's plane thickness caused by vestibular schwannoma: a parameter for evaluating the accuracy of the gravity-oriented internal model. Otol Neurotol. 2011.12; 32 1513-1517. ( DOI )

  248. ◎(Tsutsumi T), Tokumaru A, Murakami M, Kawaishi J, Chida W, Watanabe K.. On-off asymmetries of responses to caloric step stimuli. 2011.07; 21 111-115. ( DOI )

  249. 嚥下内視鏡検査による嚥下機能評価 耳鼻咽喉科臨床. 2010.09; 103 (9): 888-889. ( DOI )

  250. step stimulusによる温度眼振反応のon、off特性の解析 Equilibrium Research. 2010.02; 69 (2): 80-86. ( DOI )

  251. ◎(Tsutsumi. T), Murakami. M, Kawaishi. J, Chida. W, Fukuoka. Y, Watanabe. K.. Postural stability during visual stimulation and the contribution from the vestibular apparatus. Acta Otolaryngolocica. 2010.01; 130 464-471. ( DOI )

  252. ◎(Tsutsumi T), Nakajima N, Hirose T, Watanabe K.. Total-length invasion of the facial nerve by parotid carcinoma ex pleomorphic adenoma. 2009.01; 36 618-622. ( DOI )

  253. ◎(Tsutsumi T), Hiruma M, Kawaishi J, Chida W, Watanabe K.. Ocular flutter associated with a lesion of the right upper pontine tegmentum. 2009.01; 36 695-697. ( DOI )

  254. VOGによる矢状断面での静的頭部傾斜時のListing平面の計測 Equilibrium Research. 2008.04; 67 (4): 311-315. ( DOI )

  255. Intracranial angiosarcoma arising from a shwannoma. The Journal of Laryngology & Otology. 2007.05; 121 (1): 68-71. ( DOI )

  256. Tsutsumi T. Inaoka H. Fukuoka Y. Masuda T. Kitamura K.. Cross-coupling in a body-translating reaction: interaural optokinetic stimulation reflects a gravitational cue Acta Otolaryngologica. 2007.01; 127 273-279. ( DOI )

  257. ◎(Tsutsumi T). Kitamura K.. Discrepancy between the directions of body translation and gaze during simultaneous optokinetic and posterior neck muscle vibration stimulation. Equilibrium Research. 2007.01; 66 130-135. ( DOI )

  258. VOGとENGによる急速眼球運動速度計測の信頼性 Equilibrium Research. 2005.06; 64 (6): 451-456. ( DOI )

  259. 前頭蓋底アプローチにより開放術を施行したAllergic fungal rhinosinusitisの1症例 JOHNS. 2005.05; 21 675-678.

  260. 前庭機能の動作解析 神経研究の進歩・医学書院. 2005.02; 49 (2): 205-214. ( DOI )

  261. めまい・脳と延髄 BRAIN MEDICAL. 2005.02; 17 (2): 47-52.

  262. 側頭骨線維性骨異形成症の手術-ナビゲーションシステムのシュミレーション手術への応用 耳鼻咽喉科展望. 2004.05; 47 89-90.

  263. A clinical and genetic study in a large cohort of patients with spinocerebellar ataxia type 6. Journal of Human Genetics. 2004.05; 49 256-264. ( DOI )

  264. ◎(Tsutsumi T). Nozawa M. Inaoka H. Fukuoka Y. Ishida A. Kitamura K.. Time course analysis of angular control of the body and head while rising from a chair. 2004.01; 124 798-802. ( DOI )

  265. ◎(Tsutsumi T). Komatsuzaki A. Noguchi Y. Mitsuhashi M. Kitamura K.. Effects of visual input on galvanic body sway test of unilateral vestibular deficiency in patients with unilateral vestibular schwannoma. 2003.01; 30 35-40. ( DOI )

  266. ◎(Tsutsumi T). Inaoka H. Fukuoka Y. Ishida A. Kitamura K.. Contribution of the vestibular apparatus to postural control when rising from a chair. 2003.01; 123 1054-1059. ( DOI )

  267. ◎(Tsutsumi T). Kobayashi M. Kohda H. Kitamura K.. Clinical characteristics of audio-vestibular impairment in Menier's disease: does vestibular function deteriorate in accordance with cochlear function? 2003.01; 123 396-400. ( DOI )

  268. Creutzfeldt-Jakob disease after Jannetta's operation with cadaveric dura mater graft: initial manifestations related to the grafted site. Journal of Neurology. 2002.05; 249 480-483. ( DOI )

  269. 特集・眼の動きと脳:変性症と異常眼球運動 BRAIN MEDICAL. 2001.02; 13 (2): 59-64.

  270. ◎(Tsutsumi T). Kitamura K. Tsunoda A. Yoshihiro N. Mitsuhashi M.. Electronystagmographic findings in patients with cerebral degenerative disease. 2001.01; Suppl 545 136-139.

  271. ◎(Tsutsumi T). Nishida H. Noguchi Y. Komatsuzaki A. Kitamura K.. Audiologic findings in patients with myoclonic epilepsy associated with ragged-red fibers. 2001.01; 115 777-781. ( DOI )

  272. ◎(Tsutsumi T). Komatsuzaki A. Noguchi Y. Tokano H. Kitamura K.. Postoperative vestibular-evoked myogenic potentials in cases with vestibular schwannomas. 2001.01; 121 490-493.

  273. Relationship between cystic change and rotatory vertigo in patients with acoustic neuroma. Acta Otolaryngologica. 2000.05; 542 6-8.

  274. ◎(Tsutsumi T). Tsunoda A. Noguchi Y. Komatsuzaki A.. Prediction of the nerves of origin of vestibular schwannomas with vestibular evoked myogenic potentials. 2000.01; 21 712-715.

  275. ◎(Tsutsumi T). Komatsuzaki A.. An adequate parameter evaluating the galvanic body sway test: comparison with the caloric test in patients with vestibular schwannomas. 1999.01; 113 118-121.

  276. ◎(Tsutsumi T). Tsunoda A. Shimamoto K. Komatsuzaki T.. Aberrant jugular bulb vein obstructing approach to intracanalicular vestibular schwannoma. 1998.01; 112 772-774.

  277. ◎(Tsutsumi T). Oku T. Komatsuzaki A. Solitary plexiform neurofibroma of the submandibular gland. 1996.01; 110 1173-1175.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 堤 剛. 今日の治療指針. 医学書院, 2017.01 耳鼻咽喉科疾患 耳鳴・耳閉感

  2. 堤 剛. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 研修ノート 第2版. 診断と治療社, 2016.12 内耳・後迷路疾患 平衡障害

  3. 堤 剛、喜多村健. 生理機能検査学. 2015 平衡機能検査、その他の検査(聴覚・味覚・嗅覚)

  4. 大久保 仁、堤 剛、川島 慶之. 聴き取り構造の比較機能解剖学. インテルナ出版, 2007.11

  5. 感覚機能検査 1.平衡機能検査. 臨床検査学講座(第3版) 生理機能検査学 (医歯薬出版株式会社), 2011.10

  6. 感覚機能検査 3.その他の検査(聴覚・味覚・嗅覚). 臨床検査学講座(第3版) 生理機能検査学, 2011.10

  7. 聴き取り構造の比較機能解剖学-耳管をめぐる聴き取り機能の進化を中心に-. インテルナ出版, 2007.10

  8. Revision surgery for tympanomastoidectomy failure with persistent infection by methicillin resistant staphylococcus aureus (MRSA).. 2001.01

  9. ENGによる記録法と検査. CLIENT 21 8めまい・平衡障害(野村恭也、小松崎篤、本庄巌・編 中山書店), 1999.05

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 白 静, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 倉田 奈都子, 堤 剛. マウスの生後における耳嚢石灰化過程のマイクロCTによる可視化(Calcification Process of the Otic Capsule in Postnatal Stage of Mice Visualized with Micro-CT). 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  2. Takeshi Tsutsumi, Taku Ito, Yoshiyuki Kawashima, Yosuke Ariizumi, Takahiro Asakage. Short-term outcome of 47 external auditory canal cancer treated at a single institution.. 15th Japan-Taiwan Conference onOtolaryngology-Head and Neck Surgery 2019.12.06 Fukuoka

  3. Takeshi Tsutsumi, Ayame Taniguchi, Takamori Takeda, Taku Ito, Yoshiyuki Kawashima, Takuo Ikeda.. Frequency analyses of posturography using logarithmic translation.. VOR Meeting 2019.05.19

  4. Takamori Takeda, Takuo Ikeda, Takeshi Tsutsumi.. The evaluation of gravitational recognition in patients with spinocerebellar degeneration.. Vestibular Oriented Research Meeting 2019.05.19

  5. Taku Ito, Yoshiyuki Kawashima, Taro Fujikawa, Keiji Honda, Takamori Takeda, Ayane Makabe, Takeshi Tsutsumi. . Morphometric analysis of otoconia in a mouse model of Pendred Syndrome by X-ray computed microtomography.. Vestibular Oriented Research Meeting 2019.05.19

  6. Ayako Maruyama, Yoshiyuki Kawahima, Taro Fujikawa, Taku Ito, Takamori Takeda, Takeshi Tsutsumi.. Potential confounding factors may bias the association between configurations of the vertebrobasilar artery system and the incidence of idiopathic sudden sensorineural hearing loss and canal paresis.. COSM2019 (Combined Otolaryngology Spring Meetings)-AOS(The American Otological Society) 2019.05.01

  7. Taku Ito, Taro Fujikawa, Ayane Makabe, Keiji Honda, Yoshiyuki Kawashima, Takeshi Tsutsumi, Andrew Griffith.. Correlation of micro-CT and histopathology in Slc26a4-null mice unveils the cochlear pathogenesis of incomplete partition type II.. ARO 42th Annual MidWinter Meeting 2019.02.09

  8. Takamori Takeda, Taro Fujikawa, Yuriko Sakamaki, Masato Fujioka, Yoshiyuki Kawashima, Taku Ito, Ayane Makabe, Takeshi Tsutsumi, Michisuke Yuzaki.. GluD1 deficiency causes progressive high-frequency hearing loss and insufficient efferent synapse formation on outer hair cells. . ARO 42th Annual MidWinter Meeting 2019.02.09

  9. Tsutsumi T, Ikeda T, Fukuoka Y.. Main sequence of torsional saccade under videooculography recordings.. 30th Barany Society Meeting 2018.06.11

  10. Tsutsumi T, Makabe A, Hirai C, Takeda T, Kawashima Y.. Power-spectral analysis of gravicorder in patients with spino-cerebellar degeneration – Linear regression on logarithmic coordinates.. 17th Korea-Japan Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery 2018.04.06

  11. Tsutsumi T, Makabe A, Hirai C, Yamamoto Y, Takeda T, Kawashima Y.. Time course of caloric nystagmus in cases with spinocerebellar degeneration.. ARO 40th Annual MidWinter Meeting 2017.02.11 Baltimore

  12. Tsutsumi T, Takeda T, Ikeda T, Fukuoka Y.. Evaluation of gravity perception using Listing’s plane analysis.. 29th Barany Society Meeting 2016.06.05

  13. Takeshi Tsutsumi. Japanese Health System. Ground Round of Vanderbilt University, Bill Wilkerson Center 2015.08.28

  14. 田中 崇嗣, 臼見 莉沙, 米満 郁男, 鈴木 康弘, 堤 剛, 小野 卓史. 顎変形症患者における睡眠呼吸障害と口蓋扁桃肥大との関連. 東京矯正歯科学会雑誌 2021.12.01

  15. 堤 剛、大岡知樹、渡邊浩基、本田圭司、伊藤卓 池田卓生. 前額断面および矢状断面での耳石動眼反射の3D-VOGを用いた計測について. 第79回日本めまい平衡医学会 2021.11.26

  16. 古賀 千佳子, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 山崎 あやめ, 鈴木 康弘, 堤 剛. 1年の経過で著明な内リンパ水腫縮小を認めたメニエール病確定診断例の1例. Equilibrium Research 2021.10.01

  17. 堤 剛. ヘッドアップサージャリーによる耳科手術 ORBEYEがもたらす新たな価値. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  18. 伊藤 卓, 本田 圭司, 山崎 あやめ, 堤 剛. 3Dホログラムと内耳実体模型の平衡医学教育への活用. Equilibrium Research 2021.10.01

  19. 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 山崎 あやめ, 鈴木 康弘, 堤 剛. メニエール病確定診断例の臨床像と内リンパ水腫の進展様式. Equilibrium Research 2021.10.01

  20. 堤 剛, 水島 豪太, 本田 圭司, 大岡 知樹, 山崎 あやめ, 渡邉 浩基, 鈴木 康弘. 視線追跡搭載型VRヘッドセットによる眼球運動検査装置の開発. Equilibrium Research 2021.10.01

  21. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 青木 夏姫, 堤 剛. 真珠腫性中耳炎における外耳道内マイクロバイオームの変容 種レベルの16Sメタゲノム解析. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  22. 渡邊 浩基, 伊藤 卓, 本田 圭司, 川島 慶之, 藤川 太郎, 大岡 知樹, 池田 卓生, 堤 剛. 温度刺激検査を用いたPendred症候群モデルマウスの前庭機能評価 病的回旋運動や内耳形態との関連について. Equilibrium Research 2021.10.01

  23. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 伊藤 卓, 大岡 知樹, 藤川 太郎, 山本 桂, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 堤 剛. 微小な迷路内神経鞘腫の診断における内耳遅延造影MRIの有用性. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  24. 梶野 晃雅, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 山崎 あやめ, 鈴木 康弘, 堤 剛. 左椎骨動脈閉塞に合併した左メニエール病確定診断例の1例. Equilibrium Research 2021.10.01

  25. 大岡 知樹, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 池田 卓生, 堤 剛. 前額断面における静的頸眼反射の評価. Equilibrium Research 2021.10.01

  26. 堤 剛. 前庭機能解明への取り組み-基礎から臨床応用へ- 三次元眼位解析と耳石・重力認知機能の定量化へ向けて. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  27. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 堤 剛. 側頭骨耳科手術におけるExtended Reality技術の活用. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  28. 青木 夏姫, 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 堤 剛. 中耳炎を合併しMRIで血管炎との関連が示唆された巨細胞性動脈炎の一例. 日本耳科学会総会・学術講演会抄録集 2021.10.01

  29. 鈴木 康弘, 堤 剛. オスラー病の反復性鼻出血の症状改善に漢方薬が有効であった1症例. 日本鼻科学会会誌 2021.09.01

  30. 山本 桂, 堤 剛. 難聴耳の左右差における脳構造・機能の変化について VBMの研究より. Audiology Japan 2021.09.01

  31. 堤 剛、朝蔭孝宏、菅原貴志、田中顕太郎. シンポジウム9新世代のチーム医療 「外耳道癌切除時の切除範囲決定と顔面神経合併切除への対応」. 第33回日本頭蓋底外科学会 2021.07.01

  32. 伊藤 卓, 山崎 あやめ, 堤 剛. ヘッドマウントディスプレイを用いた内リンパ嚢手術シミュレーション. 耳鼻咽喉科臨床 補冊 2021.06.01

  33. 松崎 理樹, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 造瘻術によって症状の消失が得られたトーンワルト病の1例. 耳鼻咽喉科臨床 補冊 2021.06.01

  34. 木村 真緒, 本田 圭司, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 川島 慶之, 渡邊 浩基, 堤 剛. 顔面神経鞘腫との鑑別を要した迷路上型錐体部真珠腫の1例. 耳鼻咽喉科臨床 補冊 2021.06.01

  35. 堤 剛、川島慶之、伊藤卓、藤川太郎、本田圭司、渡邊浩基、大岡知樹、朝蔭孝宏. 外耳道癌切除後の側頭骨欠損部の処理について. 第122回日本耳鼻咽喉科学会 2021.05.12

  36. 溝口 平恵, 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 野口 佳裕, 喜多村 健, 堤 剛. アブミ骨手術における顕微鏡的アプローチと内視鏡的アプローチの比較. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2021.04.01

  37. 大野 慶子, 木村 百合香, 毛利 香織, 高橋 正時, 森 友里絵, 田中 祥兵, 堤 剛. パーキンソン病における嚥下障害. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2021.04.01

  38. 堤 剛, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 朝蔭 孝宏. 外耳道癌切除後の側頭骨欠損部の処理について. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2021.04.01

  39. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 大岡 知樹, 倉田 奈都子, 本田 圭司, 柳橋 賢, 高橋 正時, 堤 剛. 高齢者への人工内耳植込術 年齢により層別した手術成績. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2021.04.01

  40. 有泉 陽介, 伊藤 卓, 高橋 亮介, 堤 剛, 朝蔭 孝宏. 複合現実(MR:Mixed Reality)技術の頭蓋底手術ナビゲーションへの応用. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2021.04.01

  41. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 大岡 知樹, 本田 圭司, 渡邊 裕基, 山本 桂, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 聴神経腫瘍症例における内耳造影MRI所見と臨床像の検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2021.04.01

  42. 伊藤 卓, 山崎 あやめ, 堤 剛. 耳鼻咽喉科教育におけるExtended Reality技術の活用. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2021.04.01

  43. 毛利 香織, 藤川 太郎, 藤井 俊光, 澤田 光毅, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 堤 剛. 炎症性腸疾患に合併した聴覚障害に関する検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2021.04.01

  44. 堤 剛、川島慶之、伊藤 卓、藤川太郎、本田圭司、渡邊浩基. 外耳道扁平上皮癌の治療法選択と予後因子について. 第30回日本耳科学会 2020.11.12

  45. 堤 剛. 教育講演「急性・慢性めまいの診断と治療指針」. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会 2020.10.06

  46. 渡邊 浩基, 本田 圭司, 竹田 貴策, 鈴木 康弘, 堤 剛. 3次元眼位解析を利用した静的前庭動眼反射の定量化法の開発. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  47. 青木 夏姫, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 伊藤 卓, 川島 慶之, 堤 剛. グルタミン酸受容体デルタ1欠損による進行性難聴の原因は外有毛細胞のcochlear synaptopathyである. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  48. 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. OTOPLANを用いて術前CTから推定した後天性難聴症例の蝸牛管長 人工内耳電極全挿入例と部分挿入例の比較. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  49. 福島 亮, 川島 慶之, 渡邊 浩基, 藤川 太郎, 服部 夏子, 堤 剛. 中耳炎として加療され耳症状出現から2年後に確定診断された中耳サルコイドーシス症例. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  50. 田中 祥兵, 高橋 正時, 大野 慶子, 三輪 好, 堤 剛. 超高齢者の新規補聴器装用に関する検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  51. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 本田 圭司, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 経外耳道的内視鏡下耳科手術における中耳リスクと術後聴力成績の関係について. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  52. 本田 圭司, 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 渡邊 浩基, 堤 剛. 移動型術中イメージングシステムO-armによる側頭骨外科ナビゲーション. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  53. 堤 剛. 急性・慢性めまいの診断と治療指針 急性・慢性めまいの診断 病態の理解・患者説明の観点から. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  54. 倉田 奈都子, 川島 慶之, 竹田 貴策, 本田 圭司, 渡邊 浩基, 山本 桂, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 堤 剛. 各種の急性感音難聴症例における内耳遅延造影MRI所見の比較検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2020.09.01

  55. 堤 剛、伊藤 卓、川島慶之、有泉陽介、朝蔭孝宏. 当科における外耳道癌手術加療の短期成績. 第30回日本頭頸部外科学会 2020.01.30

  56. 堤 剛、池田卓生、山崎あやめ、渡邉浩紀、竹田貴策、本田圭司、伊藤卓. 回旋性サッケードのmain sequenceのサンプリング頻度による差について. 第78回日本めまい平衡医学会 2019.10.23

  57. 堤 剛、川島慶之、伊藤卓、藤川太郎、本田圭司、竹田貴策、渡邊浩基. 当科における外耳道癌症例の短期治療成績. 第29回日本耳科学会 2019.10.11

  58. 堤 剛. 「ヘッドアップサージャリーによる耳科手術~4K3Dイメージングがもたらす新たな可能性~」. 第29回日本耳科学会 2019.10.10

  59. 堤 剛、清川佑介、有泉陽介、川島慶之、朝蔭孝宏. 外耳道非扁平上皮癌例の特徴とその対応. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会 2019.05.08

  60. 伊藤 卓, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 船曳 和雄, 堤 剛. モデルマウスを用いたPendred症候群における平衡障害の病態解析. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  61. 藤川 太郎, 川島 慶之, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 堤 剛. 耳科手術における4K-3Dビデオ顕微鏡システムORBEYEの使用経験. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  62. 堤 剛, 清川 佑介, 有泉 陽介, 川島 慶之, 朝蔭 孝宏. 外耳道非扁平上皮癌例の特徴とその対応. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  63. 川島 慶之, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 竹田 貴策, 喜多村 健, 堤 剛. 人工中耳Vibrant Soundbridge(VSB)術後にMRSA感染を生じ骨固定型補聴器Bahaへ変更した先天性外耳道閉鎖症例. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019.04.01

  64. 堤 剛、清川佑介、有泉陽介、朝蔭孝宏. 外耳道癌手術症例における側頭骨切除部処理について. 第29回日本頭頸部外科学会 2019.01.24

  65. 堤 剛, 竹田 貴策, 山崎 あやめ, 池田 卓生, 福岡 豊. 基礎研究の将来展望 三次元眼球運動解析によるListing平面描出と耳石器・重力認知機能の定量化を目指して. Equilibrium Research 2018.10.01

  66. 堤 剛. シンポジウム2 「顔面神経の同定・温存とその限界 -確実な温存と確実な切除のジレンマ-」側頭骨腫瘍摘出時の顔面神経温存・再建の工夫. 第41回日本顔面神経学会 2018.06.06

  67. 堤 剛、竹田貴策、藤川太郎、伊藤卓、川島慶之. 中・後頭蓋窩良性腫瘍手術における顔面神経機能温存と再建の工夫. 第119回日本耳鼻咽喉科学会総会 2018.05.30

  68. 本庄 需, 本田 圭司, 近藤 景介, 朝守 智明, 堤 剛. クラリスロマイシンが有効であった線維素性唾液管炎の一例. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2018.04.01

  69. 丸山 絢子, 川島 慶之, 平井 千晶, 竹田 貴策, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 真壁 彩音, 堤 剛. 一側半規管麻痺122例のMR脳槽撮影画像に基づく椎骨脳底動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈の走行形態の検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2018.04.01

  70. 青木 夏姫, 藤川 太郎, 岡田 隆平, 川島 慶之, 朝蔭 孝宏, 堤 剛. 高用量シスプラチン投与時のマグネシウム補充は内耳毒性を軽減できるか. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2018.04.01

  71. 朝守 智明, 伊藤 卓, 本庄 需, 本田 圭司, 川島 慶之, 喜多村 健, 堤 剛. 好酸球性副鼻腔炎とPendrin発現の関連. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2018.04.01

  72. 堤 剛, 竹田 貴策, 藤川 太郎, 伊藤 卓, 川島 慶之. 中・後頭蓋窩良性腫瘍手術における顔面神経機能温存と再建の工夫. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2018.04.01

  73. 堤 剛他. 回旋性サッケードにおけるMain Sequence. 第76回日本めまい平衡医学会 2017.11.30

  74. 堤 剛. 専門医領域講習「眼振の自動解析」. 第79回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会 2017.07.07

  75. 堤 剛、岡田隆平、清川佑介、野村文敬、有泉陽介、川島慶之、朝蔭孝宏. 外耳道癌手術における外側側頭骨切除の適応限界について. 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2017.05.18

  76. 川島 慶之, 真壁 彩音, 丸山 絢子, 澤田 光毅, 平井 千晶, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 堤 剛. 一側性または両側性の聴覚情報の欠如が姿勢安定性に及ぼす影響の検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2017.04.01

  77. 藤川 太郎, 畑中 章生, 白倉 聡, 岡崎 雅, 岡野 渉, 得丸 貴夫, 山田 雅人, 朝蔭 孝宏, 堤 剛, 別府 武. 高齢者頭頸部癌再建手術症例で術後せん妄は長期の嚥下機能低下の危険因子である. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2017.04.01

  78. 森 友里絵, 川島 慶之, 高橋 正時, 竹田 貴策, 丸山 絢子, 藤川 太郎, 立石 優美子, 伊藤 卓, 堤 剛. 難聴を伴った高安動脈炎8例の臨床像. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2017.04.01

  79. 稲葉 雄一郎, 立石 優美子, 岡田 隆平, 鈴木 康弘, 堤 剛. 舌エクササイズと口蓋扁桃摘出術を組み合わせたOSAの治療成績. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2017.04.01

  80. 竹田 貴策, 川島 慶之, 伊藤 卓, 藤川 太郎, 山本 桂, 丸山 絢子, 堤 剛. 脳表ヘモジデリン沈着症9例の耳科学的臨床像. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2017.04.01

  81. 丸山 絢子, 川島 慶之, 藤川 太郎, 竹田 貴策, 伊藤 卓, 堤 剛. 突発性難聴150例のMR脳槽撮影画像に基づく椎骨脳底動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈の走行形態の検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2017.04.01

  82. 堤 剛, 岡田 隆平, 清川 佑介, 野村 文敬, 有泉 陽介, 川島 慶之, 朝蔭 孝宏. 外耳道癌手術における外側側頭骨切除の適応限界について. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2017.04.01

  83. 堤 剛. 特別講演「めまいのみかた」. 第34回東京医科大学 医療連携耳鼻科・頭頸部外科カンファレンス講習会(専門医領域講習) 2016.11.24

  84. 堤 剛、山本由貴子、平井千晶、竹田貴策、田崎彰久、稲葉雄一郎、清川佑介、鈴木康弘. 脊髄小脳変性症における温度刺激検査の経時特性について. 第75回日本めまい平衡医学会 2016.10.27

  85. 堤 剛、池田卓生、竹田貴策、田崎彰久、稲葉雄一郎、清川佑介、藤川太郎、鈴木康弘. 市販VOG画像からの頭位変換時のListing平面変化の抽出. 第117回日本耳鼻咽喉科学会総会 2016.05.18

  86. 堤 剛. 聴覚の進化と比較機能解剖学. 日本耳鼻咽喉科学会埼玉県地方部会学術集会 2016.02.07

  87. 堤 剛. 「聴覚の進化と比較機能解剖学. 日本耳鼻咽喉科学会埼玉県地方部会 2016.02.07

  88. 堤 剛、清川佑介、田崎彰久、稲葉雄一郎、平井千晶、山本由貴子、角田篤信. 視覚・体性感覚外乱の同時負荷による重心動揺検査. 第74回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 2015.11.26

  89. 堤 剛、杉本裕彦、杉木司、田中是、菊地茂. ラバー負荷重心動揺検査における健常者の周波数特性変化. 第116回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2015.05.22

  90. 堤 剛. パネルディスカッション:「めまいの診療-あなたならどうする(救急医、神経内科医、耳鼻咽喉科医の立場から)」. 日本めまい平衡医学会 2012.11.29

  91. 堤 剛. 視運動刺激・後頸部振動刺激下の重心偏倚と眼位の比較. 第67回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 学会賞受賞講演 2008.10.30

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成19年度『学会賞』最優秀研究論文 基礎系,日本めまい平衡医学会,2007年11月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 教えて!ヨミドック 車酔いはなぜ起こる、予防は?,2019年10月

    車酔いのメカニズムについて

  • めまい、名医のいる専門外来,2019年10月

    めまい専門外来の紹介

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 口腔保健学科 耳鼻咽喉科(耳科学・平衡神経科学),2016年 - 現在

  • 口腔保健学科 耳鼻咽喉科学(鼻科学・口腔咽頭科学),2016年 - 現在

  • 頭頸部臨床 オリエンテーション,2015年 - 現在

  • 頭頸部臨床 耳鼻咽喉科総論・手術解剖,2015年 - 現在

  • 頭頸部臨床 耳鼻咽喉科 耳科学1(解剖・生理),2015年 - 現在

  • 頭頸部臨床 耳鼻咽喉科 耳科学2(めまい・平衡障害),2015年 - 現在

  • 頭頸部臨床 耳鼻咽喉科 嚥下・救急・気道管理,2015年 - 現在

  • 頭頸部臨床 耳鼻咽喉科TBL,2015年 - 現在

  • 耳鼻咽喉科BSLクルズス(頭頸部手術解剖),2015年 - 現在

  • 耳鼻咽喉科BSLクルズス(めまい),2015年 - 現在

  • PCC(頭頸部基礎1),2015年 - 現在

  • PCC(頭頸部の診察),2015年 - 現在

  • 保健衛生学科 臨床検査学(耳鼻咽喉科),2015年 - 現在

  • 保健衛生学科 臨床検査学(聴覚・平衡機能検査),2015年 - 現在

  • 保健衛生学科 臨床検査学実習(聴覚・平衡機能検査),2015年 - 現在

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 生理機能検査学(平衡機能検査),文京学院大学

  • 生理機能検査学(聴覚・嗅覚・味覚),文京学院大学

  • 耳鼻咽喉科学,文京学院大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 起床時のめまい症について,株式会社日経ラジオ社,ラジオNIKKEI ドクターサロン,2022年05月02日 - 2022年07月14日

  • 耳鳴りの改善方法について,毎日新聞社,毎日新聞,2022年04月20日

  • めまい症,ラジオNIKKEI,ドクターサロン,2021年12月09日

  • 慢性化したら注意が必要 気になってつらい 難聴のきざしかも!?,株式会社毎日が発見,毎日が発見,2020年11月06日

  • 末梢性めまいに対する診断と治療について,株式会社Doctorbook,「Doctorbook医療の今を知る」「Clinicacloud」,2020年02月28日 - 2020年03月13日

  • メニエール病との上手なつきあいかた,株式会社日刊現代,日刊ゲンダイ,2020年02月12日

  • 教えて!「耳鼻咽喉科」のお医者さん,株式会社ニュートンプレス,Newton,2020年01月24日

  • 片側前庭障害,読売新聞東京本社,読売新聞,2020年01月17日

  • めまいについて,毎日新聞社,毎日新聞,2019年11月21日

  • 車酔い,読売新聞社,読売新聞,2019年10月16日

  • めまい,株式会社医療新聞社,その病気を治せる名医を探す!名医のいる専門外来,2019年03月01日

  • めまいの原因、診断、治療について,朝日新聞社,朝日新聞,2017年12月27日

▼全件表示