基本情報

写真a

竹下 斉史(タケシタ マサシ)

TAKESHITA Masashi


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 心臓血管外科 助教
  • 2014年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 心臓血管外科学 助教
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 心臓血管外科 助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 心臓血管外科学分野 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Oishi K, Arai H, Yoshida T, Oi K, Nagaoka E, Yashima M, Fujiwara T, Takeshita M, Okumura Y, Mizuno T. Coronary Ostial Patch Angioplasty With Femoral Artery in Takayasu Arteritis. The Annals of thoracic surgery. 2020.11; 110 (5): e427-e430. ( PubMed, DOI )

  2. TakeshitaM, Arai H, Nagaoka E, Mizuno T. Papillary muscle relocation and annular repositioning for functional tricuspid regurgitation JTCVS techniques. 2020.09; 3 162-165. ( DOI )

  3. Mizuno T, Ohuchi K, Fujiwara T, Oi K, Nagaoka E, Oishi K, Yashima M, Takeshita M, Arai H. Development of a novel heart positioner for minimally invasive coronary surgery. The Annals of thoracic surgery. 2020.06; ( PubMed, DOI )

  4. Oishi K, Arai H, Oi K, Yashima M, Kuroki H, Fujiwara T, Takeshita M, Mizuno T. Safe and effective ultrasound-guided myectomy and mitral valve repair for HCM. The Annals of thoracic surgery. 2019.12; 108 (6): e369-e371. ( PubMed, DOI )

  5. Takeshita M, Mizuno T, Yashima M, Oi K, Kuroki H, Fujiwara T, Oishi K, Kubo T, Arai H. Surgical Repair of an Arch and Descending Aortic Aneurysm in a Child. The Annals of thoracic surgery. 2019.11; 108 (5): e315-317. ( PubMed, DOI )

  6. Takeshita M, Arai H, Mizuno T, Yashima M. Successful mitral valve repair involving division of bridging tissue in a patient with double orifice mitral valve. J Thorac Cardiovasc Surg. 2019.05; 157 (5): e293-e295.

  7. Sakai K, Mizuno T, TWatanabe T, Nagaoka E, Oi K, Yashima M, Hachimaru T, Kuroki H, Fujiwara T, Takeshita M, Tanabe M, Arai H.. Management of Right Gastroepiploic Arterial Coronary Grafts in Subsequent Abdominal Surgeries. Ann. Thorac. Surg.. 2018.07; 106 (1): 52-57. ( PubMed, DOI )

  8. Takeshita M, Arai H, Mizuno T, Oi K, Yashima M. Mitral Valve Repair for Mitral Regurgitation with Congenital Anomalies of the Papillary Muscles. The Journal of heart valve disease. 2017.11; 26 (6): 688-692. ( PubMed )

  9. Mizuno T., Hachimaru T., Oi K., Watanabe T., Kuroki H., Fujiwara T., Sakurai S., Takeshita M., Kinoshita R., Arai H.. Easy and Safe Total Debranching of Arch Aneurysms Using Axilloaxillary Arterial Bypass Ann Thorac Surg. 2015.10; 100 (4): 1476-1478.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 竹下斉史. 全部わかる!心臓血管外科 -治療法と術後管理- 1章 心臓血管外科の術後ケア. 総合医学社, 2016.08 1章 心臓血管外科の術後ケアP2-7

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Takeshita M, Arai H, Mizuno T, Oi K, Fujiwara T, Oishi K. Surgical results of subvalvular procedures for tricuspid regurgitation patients with leaflet tethering. 35th EACTS Annual Meeting 2021.10.15 Virtual

  2. Masashi Takeshita Hirokuni Arai, Tomohiro Mizuno, Keiji Oi, Eiki Nagaoka, Masafumi Yashima, Tatsuki Fujiwara, Kiyotoshi Oishi . Surgical strategy and midterm results of tricuspid valve repair for tricuspid regurgitation concomitant with mitral valve surgery . The 34th Annual Meeting of European Association for Cardio-Thoracic Surgery 2020.10.09 Barcelona, Spain

  3. Takeshita M, Arai H, Mizuno T, Oi K, Yashima M, Kuroki H, Fujiwara T, Oishi K, Kubo T, Okumura Y, Nabeshima J. Impact of Subvalvular Procedures in Tricuspid Valve Repair. AATS Mitral Conclave 2019 2019.05.03 New York, USA

  4. Takeshita M, Yashima M, Mizuno T, Oi K, Hachimaru T, Nagaoka E, Kuroki H, Tasaki D, Fujiwara T, Kinoshita R, Arai H. Successful Mitral Valve Repair involving Division of Bridging Tissue in a Patient with Double Orifice Mitral Valve. AATS Mitral Conclave 2017 2017.04.27 New York, NY, USA

  5. Takeshita M, Arai H, Mizuno T, Oi K, Yashima M, Hachimaru T, Nagaoka E, Kuroki H, Tasaki D, Fujiwara T, Kinoshita R. Left atrioventricular valve repair in adult partial atrioventricular septal defect cases. The 25th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 2017.03.24 Seoul, Korea

  6. Takeshita M., Mizuno T., Oi K., Yashima M., Hachimaru T., Watanabe T., Kuroki H., Fujiwara T., Sakurai S., Kinoshita R., Arai H. . Left Atrioventricular Valve Plasty for Partial Atrioventricular Septal Defect Cases in Adult. Mitral Conclave 2015 2015.04.23 New York, USA

  7. 竹下斉史, 水野友裕, 八島正文, 鍋島惇也, 石井卓, 細川奨, 山口洋平. 乳児期大動脈炎後、遠隔期に巨大胸部大動脈瘤を呈した女児 に対し、胸部大動脈人工血管置換術を施行した1治験例. 第58回日本小児循環器学会総会・学術集会 2022.07.23 札幌

  8. 竹下斉史, 水野友裕, 大井啓司, 長岡英気, 八島正文, 藤原立樹, 大石清寿, 鍋島惇也, 田原禎生, 荒井 裕国. 重度tetheringを合併した三尖弁逆流症例に対するTAP+複合弁下手技の手術成績. 第52回日本心臓血管外科学会学術総会 2022.03.03 横浜

  9. 竹下斉史, 水野友裕, 大井啓司, 長岡英気, 八島正文, 藤原立樹, 大石清寿, 鍋島惇也, 田原禎生, 荒井裕国. Tetheringを合併したTR症例に対するTAP+弁下手技の治療成績. 第74回日本胸部外科学会定期学術集会 2021.11.02 東京

  10. 竹下斉史, 八島正文, 水野友裕, 大井啓司, 長岡英気, 藤原立樹, 大石清寿, 崔容俊, 田原禎生, 荒井裕国. Unroofed coronary sinus, 単心房, 重複左室房室弁口を伴う不完全型房室中隔欠損症根治術の1治験例. 第57回日本小児循環器学会総会・学術集会 2021.07 オンライン

  11. 竹下 斉史, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 長岡 英気, 藤原 立樹, 大石 清寿, 奥村 裕士, 崔 容俊, 荒井 裕国. 先天性心疾患修復術後の右側房室弁逆流に対する弁形成術の有用性. 第56回日本小児循環器学会総会・学術集会 2020.11.22 京都

  12. 竹下 斉史, 水野 友裕, 大井 啓司, 長岡 英気, 八島 正文, 藤原 立樹, 大石 清寿,崔 容俊, 田原 禎生, 荒井 裕国. Functional TRに対する三尖弁手術戦略とその治療成績. 第73回日本胸部外科学会定期学術集会 2020.10.29 愛知

  13. 竹下 斉史, 水野 友裕, 大井 啓司, 長岡 英気, 八島 正文, 藤原 立樹, 大石 清寿, 奥村 裕士, 関 晴永, 崔 容俊, 荒井 裕国. (パネルディスカッション)機能性三尖弁逆流症に対し弁尖・弁下手技を要した三尖弁形成術の治療成績. 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 2020.08.17

  14. 竹下斉史, 水野友裕, 大井啓司, 長岡英気, 八島正文, 藤原立樹, 大石清寿, 奥村裕士, 崔容俊, 関晴永, 荒井裕国. 逆流の原因に応じた三尖弁形成術 – 三尖弁輪縫縮術+弁下手技の有用性 -. 第10回日本心臓弁膜症学会 2019.11.29 東京

  15. 竹下斉史, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 黒木秀仁, 藤原立樹, 大石清寿, 奥村裕士, 関晴永, 崔容俊, 荒井裕国. Tethering を伴う重度機能性三尖弁逆流症例に対 する Annular Re-positioning の治療成績. 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 2019.10.31 京都、日本

  16. 竹下 斉史, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 黒木 秀仁, 藤原 立樹, 大石 清寿, 久保 俊裕, 奥村 裕士, 鍋島 惇也, 荒 井 裕国. Ross手術後19年で自己弁温存大動脈基部置換術, 肺動脈弁置換 術, 三尖弁輪縫縮術を施行した1例. 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 2019.06.29 北海道

  17. 竹下 斉史、水野 友裕、大井 啓司、八島 正文、黒木 秀仁、藤原 立樹、大石 清寿、久保 俊裕、奥村 裕士、鍋島 惇也、 荒井 裕国. TVR 回避のための三尖弁形成手技(自己心膜による leaflet augmentation と乳頭筋吊り上げ術). 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.27

  18. 竹下斉史, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 黒木秀仁, 藤原立樹, 大石清寿, 久保俊裕, 奥村裕士, 鍋島惇也, 荒井裕国. Tetheringを有する機能性三尖弁逆流症に対する乳頭筋吊り上げ術. 第49回日本心臓血管外科学会学術総会 2019.02.12 岡山

  19. 竹下斉史, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 黒木秀仁, 藤原立樹, 大石清寿, 久保俊裕, 奥村裕士, 鍋島惇也, 荒井裕国. 当院における左心系弁膜症に合併した三尖弁逆流に対する治療戦略. 第71回日本胸部外科学会定期学術集会 2018.10.05 東京

  20. 竹下 斉史, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 黒木 秀仁, 藤原 立樹, 横山 賢司, 櫻井 翔吾, 櫻井 啓暢, 久保 俊裕, 荒井 裕国. 乳頭筋分化異常に起因した僧帽弁逆流に対する僧帽弁形成術. 第48回日本心臓血管外科学会学術総会 2018.02.19 三重

  21. 竹下斉史, 八島正文, 水野友裕, 大井啓司, 八丸剛, 長岡英気, 黒木秀仁, 藤原立樹, 横山賢司, 木下亮二, 櫻井啓暢, 荒井裕国. 成人先天性左側房室弁疾患に対する弁形成術. 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 2017.09.27 札幌

  22. 竹下斉史, 八島正文, 水野友裕, 大井啓司, 八丸剛, 長岡英気, 黒木秀仁, 田崎大, 藤原立樹, 木下亮二, 荒井裕国. 成人先天性重複僧帽弁口症に対するbridging tissue切離を伴う僧帽弁形成術の1治験例 - 術後12年の追跡 -. 日本小児循環器学会 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 2017.07.08 静岡

  23. 竹下 斉史, 八島 正文, 水野 友裕, 大井 啓司, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 木下 亮二, 荒井 裕国. 成人先天性僧帽弁疾患に対する僧帽弁形成術. 第47回日本心臓血管外科学会学術総会 2017.02.28 東京

  24. 竹下斉史,八島正文,水野友裕,大井啓司,八丸剛,長岡英気,黒木秀仁,田崎大,藤原立樹,木下亮二,荒井裕国. 逆流を呈する成人パラシュート僧帽弁に対する弁形成術. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会 2015.10.20 兵庫

  25. 竹下斉史, 広岡一信, 八島正文, 荒井裕国. 術式決定に検討を要した成人期Bland-White-Garland症候群の1治験例. 第51回日本小児循環器学会総会・学術集会 2015.07.16 東京

  26. 竹下斉史, 八島正文, 水野友裕, 大井啓司, 八丸剛, 渡辺大樹, 黒木秀仁, 藤原立樹, 櫻井翔吾, 木下亮二, 荒井裕国. 成人パラシュート様僧帽弁に対して弁形成術を施行した1治験例. 第168回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2015.06.27 東京

  27. 竹下斉史, 八島正文, 水野友裕, 大井啓司, 八丸剛, 渡辺大樹, 黒木秀仁, 藤原立樹, 櫻井翔吾, 木下亮二, 荒井裕国. 成人期に初回左側房室弁形成術を施行した 部分型房室中隔欠損症症例の検討. 第45回心臓血管外科学会学術集会 2015.02.17 京都

▼全件表示