基本情報

写真a

山内 慎一(ヤマウチ シンイチ)

YAMAUCHI Shinichi


職名

助教

研究分野・キーワード

消化器外科、腫瘍外科、大腸癌

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2003年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  腫瘍外科学分野  博士課程  2013年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2004年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 研修医
  • 2009年04月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 大腸・肛門外科 医員(医病)
  • 2009年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腫瘍外科学 大学院生
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 所属
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 大腸・肛門外科 助教
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 大腸・肛門外科 助教
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 大腸・肛門外科 助教
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 外科系診療領域 大腸・肛門外科 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 助教

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2004年06月
    -
    2004年09月
    山梨県立中央病院 麻酔科 医員(医病)
  • 2004年10月
    -
    2006年03月
    三島社会保険病院(現・三島総合病院) 外科 医員(医病)
  • 2006年04月
    -
    2009年03月
    国立がんセンター(現・がん研究センター)中央病院 外科 レジデント
  • 2012年04月
    -
    2013年05月
    三島社会保険病院(現・三島総合病院) 外科 部長
  • 2013年06月
    -
    2014年08月
    南カリフォルニア大学ノリスがんセンター 腫瘍内科 博士研究員
  • 2014年09月
     
     
    南カリフォルニア大学ノリスがんセンター 腫瘍内科 研究者

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 米国腫瘍外科学会

  • 国際外科学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本癌学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本内視鏡外科学会

  • 日本大腸肛門病学会

  • 日本臨床外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本外科学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Shimpei Ogawa, Michio Itabashi, Yoshiko Bamba, Kimitaka Tani, Shigeki Yamaguchi, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara . Stage II colon cancer staging using the number of retrieved lymph nodes may be superior to current TNM staging for prognosis stratification: the Japanese study group for postoperative follow-up of colorectal cancer International journal of colorectal disease. 2021.10; 36 (10): 2205-2214. ( DOI )

  2. Kentaro Ochiai, Kazushige Kawai, Hiroaki Nozawa, Kazuhito Sasaki, Manabu Kaneko, Koji Murono, Shigenobu Emoto, Hiroaki Ishii, Hirofumi Sonoda, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara, Soichiro Ishihara. Prognostic Impact and Clinicopathological Features of Multiple Colorectal Cancers and Extracolorectal Malignancies: A Nationwide Retrospective Study Digestion. 2021.07; 102 (6): 911-920. ( DOI )

  3. Hiroaki Inoue, Kazuhito Sasaki, Hiroaki Nozawa, Kazushige Kawai, Koji Murono, Shigenobu Emoto, Yuuki Iida, Hiroaki Ishii, Yuichiro Yokoyama, Hiroyuki Anzai, Hirofumi Sonoda, Kousuke Ozaki, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara, Soichiro Ishihara. Therapeutic significance of D3 dissection for low rectal cancer: a comparison of dissections between the lateral pelvic lymph nodes and the lymph nodes along the root of the inferior mesenteric artery in a multicenter retrospective cohort study International journal of colorectal disease. 2021.06; 36 (6): 1263-1270. ( DOI )

  4. Takatoshi Matsuyama, Shinichi Yamauchi, Taiki Masuda, Akifumi Kikuchi, Masanori Tokunaga, Kenichi Sugihara, Yusuke Kinugasa, Japanese Study Group for Postoperative Follow-up of Colorectal Cancer. Treatment and subsequent prognosis in locally recurrent rectal cancer: a multicenter retrospective study of 498 patients International journal of colorectal disease. 2021.06; 36 (6): 1243-1250.

  5. Sasaki Megumi, Ishikawa Toshiaki, Ishiguro Megumi, Okazaki Satoshi, Yamauchi Shinichi, Kikuchi Akifumi, Matsuyama Takatoshi, Kawada Kenro, Tokunaga Masanori, Uetake Hiroyuki, Kinugasa Yusuke. The effectiveness of plasma miR-33a-5p as a predictive biomarker for the efficacy of colorectal cancer chemotherapy ONCOLOGY LETTERS. 2021.06; 21 (6): ( DOI )

  6. Yuka Ahiko, Dai Shida, Yozo Kudose, Yuya Nakamura, Konosuke Moritani, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara, Yukihide Kanemitsu, Japanese Study Group for Postoperative Follow-up of Colorectal Cancer. Recurrence hazard of rectal cancer compared with colon cancer by adjuvant chemotherapy status: a nationwide study in Japan Journal of gastroenterology. 2021.04; 56 (4): 371-381. ( DOI )

  7. Kazuhiro Ishimaru, Kazushige Kawai, Hiroaki Nozawa, Kazuhito Sasaki, Koji Murono, Shigenobu Emoto, Hiroaki Ishii, Hiroyuki Anzai, Hirofumi Sonoda, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara, Soichiro Ishihara, And other members of the University of Tokyo Study Group. Hazard function analysis of metastatic recurrence after colorectal cancer surgery-A nationwide retrospective study Journal of surgical oncology. 2021.03; 123 (4): 1015-1022. ( DOI )

  8. Ayumi Takaoka, Toshiaki Ishikawa, Satoshi Okazaki, Shuichi Watanabe, Fuyuki Miya, Tatsuhiko Tsunoda, Akifumi Kikuchi, Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Masanori Tokunaga, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa. ELF3 Overexpression as Prognostic Biomarker for Recurrence of Stage II Colorectal Cancer In vivo. 2021.02; 35 (1): 191-201.

  9. Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa . Minimally Invasive Surgery for Colorectal Cancer Japan Medical Association journal. 2021.01; 4 (1): 17-23. ( DOI )

  10. Marie Hanaoka, Hitoshi Hino, Akio Shiomi, Hiroyasu Kagawa, Shoichi Manabe, Yusuke Yamaoka, Shunichiro Kato, Shinichi Yamauchi, Yusuke Kinugasa, Kenichi Sugihara. The Eastern Cooperative Oncology Group Performance Status as a prognostic factor of stage I-III colorectal cancer surgery for elderly patients: a multi-institutional retrospective analysis Surgery today. 2021; Online ahead of print ( DOI )

  11. Dai Shida, Manabu Inoue, Taro Tanabe, Konosuke Moritani, Shunsuke Tsukamoto, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara, Yukihide Kanemitsu. Prognostic impact of primary tumor location in Stage III colorectal cancer-right-sided colon versus left-sided colon versus rectum: a nationwide multicenter retrospective study Journal of gastroenterology. 2020.10; 55 (10): 958-968.

  12. Heita Ozawa, Shinichi Yamauchi, Hiroki Nakanishi, Junichi Sakamoto, Shin Fujita, Kenichi Sugihara . Clinical impact of non-predominant histopathological subtypes on the long-term prognosis of colorectal cancer patients in Japan International journal of colorectal disease. 2020.08; Online ahead of print

  13. Ichiro Yamada, Shinichi Yamauchi, Hiroyuki Uetake, Masamichi Yasuno, Yusuke Kinugasa, Yukihisa Saida, Ukihide Tateishi, Daisuke Kobayashi . Diffusion tensor imaging of rectal carcinoma: Clinical evaluation and its correlation with histopathological findings Clinical imaging. 2020.08; 13 (67): 177-188.

  14. Tsuyoshi Ozawa, Yojiro Hashiguchi, Soichiro Ishihara, Tamuro Hayama, Takeshi Tsuchiya, Keijiro Nozawa, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara, Keiji Matsuda. Proposal for a post-operative surveillance strategy for stage I colorectal cancer patients based on a novel recurrence risk stratification: a multicenter retrospective study International journal of colorectal disease. 2020.08; Online ahead of print ( DOI )

  15. Tomoki Yamano, Shinichi Yamauchi, Masataka Igeta, Yuya Takenaka, Jihyung Song, Kei Kimura, Michiko Yasuhara, Akihito Babaya, Kozo Kataoka, Naohito Beppu, Masataka Ikeda, Naohiro Tomita, Kenichi Sugihara. Combination of preoperative tumour markers and lymphovascular invasion with TNM staging as a cost and labour efficient subtyping of colorectal cancer Scientific reports. 2020.06; 10 (1): 10238.

  16. S Matsui, K Okabayashi, H Hasegawa, M Tsuruta, K Shigeta, T Ishida, T Yamada, T Kondo, S Yamauchi, K Sugihara, Y Kitagawa . Prognostic impact of primary tumor location in Stage III colorectal cancer-right-sided colon versus left-sided colon versus rectum: a nationwide multicenter retrospective study BJS open. 2020.06; 4 (3): 508-515.

  17. Yujiro Nakayama, Hiroshi Kobayashi, Hidetaka Kawamura, Rie Matsunaga, Yukitoshi Todate, Yoshinao Takano, Keiichi Takahashi, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara, Michitaka Honda. The long-term outcomes in adolescent and young adult patients with colorectal cancer -A multicenter large-scale cohort study Journal of Cancer. 2020.03; 11 (11): 3180-3185.

  18. Tomiyuki Miura, Megumi Ishiguro, Toshiaki Ishikawa, Satoshi Okazaki, Hironobu Baba, Akifumi Kikuchi, Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa. Methylation of bone morphogenetic protein 2 is associated with poor prognosis in colorectal cancer Oncology letters. 2020.01; 19 (1): 229-238.

  19. Tomokazu Kishiki, Kristine Kuchta, Hiroyoshi Matsuoka, Koichiro Kojima, Nobuyoshi Asou, Ayumi Beniya, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara, Tadahiko Masaki. The impact of tumor location on the biological and oncological differences of colon cancer: Multi-institutional propensity score-matched study American journal of surgery. 2019.01; 217 (1): 46-52. ( DOI )

  20. Tomoki Yamano, Shinichi Yamauchi, Kiyoshi Tsukamoto, Masafumi Noda, Masayoshi Kobayashi, Michiko Hamanaka, Akihito Babaya, Kei Kimura, Chihyon Son, Ayako Imada, Shino Tanaka, Masataka Ikeda, Naohiro Tomita, Kenichi Sugihara, . Evaluation of appropriate follow-up after curative surgery for patients with colorectal cancer using time to recurrence and survival after recurrence: a retrospective multicenter study. Oncotarget. 2018.05; 9 (39): 25474-25490. ( PubMed, DOI )

  21. Yamada I, Hikishima K, Yoshino N, Sakamoto J, Miyasaka N, Yamauchi S, Uetake H, Yasuno M, Saida Y, Tateishi U, Kobayashi D, Eishi Y. Colorectal carcinoma: Ex vivo evaluation using q-space imaging; Correlation with histopathologic findings. J Magn Reson Imaging. 2018.03; [Epub ahead of print]. ( PubMed, DOI )

  22. Yamauchi S., Takaoka A., Seki R., Matsumiya Y., Orita F., Sasaki M., Miura T., Kikuchi A., Matsuyama T., Ishiguro M., Ishikawa T., Uetake H., Yasuno M., Kinugasa Y., Sugihara K.. Indication of Extended Lateral Lymph Node Dissection for Patients with Lower Rectal Cancer ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2018.02; 25 S164.

  23. S Matsusaka, S Cao, D L Hanna, Y Sunakawa, M Ueno, N Mizunuma, W Zhang, D Yang, Y Ning, S Stintzing, A Sebio, S Stremitzer, S Yamauchi, A Parekh, S Okazaki, M D Berger, R El-Khoueiry, A Mendez, W Ichikawa, F Loupakis, H-J Lenz. CXCR4 polymorphism predicts progression-free survival in metastatic colorectal cancer patients treated with first-line bevacizumab-based chemotherapy. Pharmacogenomics J.. 2017.12; 17 (6): 543-550. ( PubMed, DOI )

  24. Satoshi Okazaki, Hironobu Baba, Noriko Iwata, Shinichi Yamauchi, Kenichi Sugihara. Carcinoembryonic antigen testing after curative liver resection for synchronous liver metastasis of colorectal cancer: a Japanese multicenter analysis. Surg. Today. 2017.10; 47 (10): 1223-1229. ( PubMed, DOI )

  25. Marie Hanaoka, Toshiaki Ishikawa, Megumi Ishiguro, Michiyo Tokura, Shinichi Yamauchi, Akifumi Kikuchi, Hiroyuki Uetake, Masamichi Yasuno, Tatsuyuki Kawano. Expression of ATF6 as a marker of pre-cancerous atypical change in ulcerative colitis-associated colorectal cancer: a potential role in the management of dysplasia. J. Gastroenterol.. 2017.09; ( PubMed, DOI )

  26. Tomoki Yamano, Shinichi Yamauchi, Kei Kimura, Akihito Babaya, Michiko Hamanaka, Masayoshi Kobayashi, Miki Fukumoto, Kiyoshi Tsukamoto, Masafumi Noda, Naohiro Tomita, Kenichi Sugihara, . Influence of age and comorbidity on prognosis and application of adjuvant chemotherapy in elderly Japanese patients with colorectal cancer: A retrospective multicentre study. Eur. J. Cancer. 2017.08; 81 90-101. ( PubMed, DOI )

  27. Hanaoka M, Yasuno M, Ishiguro M, Yamauchi S, Kikuchi A, Tokura M, Ishikawa T, Nakatani E, Uetake H.. Morphologic change of the psoas muscle as a surrogate marker of sarcopenia and predictor of complications after colorectal cancer surgery. Int J Colorectal Dis. 2017.06; 32 (6): 847-856.

  28. Berger MD, Yamauchi S, Cao S, Hanna DL, Sunakawa Y, Schirripa M, Matsusaka S, Yang D, Groshen S, Zhang W, Ning Y, Okazaki S, Miyamoto Y, Suenaga M, Lonardi S, Cremolini C, Falcone A, Heinemann V, Loupakis F, Stintzing S, Lenz HJ.. Autophagy-related polymorphisms predict hypertension in patients with metastatic colorectal cancer treated with FOLFIRI and bevacizumab: Results from TRIBE and FIRE-3 trials. Eur J Cancer. 2017.05; 77 13-20.

  29. Matsusaka S, Wu AH, Cao S, Hanna DL, Chin K, Yang D, Zhang W, Ning Y, Stintzing S, Sebio A, Sunakawa Y, Stremitzer S, Yamauchi S, Okazaki S, Berger MD, Parekh A, Miyamoto Y, Mizunuma N, Lenz HJ.. Prognostic impact of FOXF1 polymorphisms in gastric cancer patients. Pharmacogenomics J. 2017.04; [Epub ahead of print]

  30. Yamada I, Yoshino N, Hikishima K, Miyasaka N, Yamauchi S, Uekake H, Yasuno M, Saida Y, Tateishi U, Kobayashi D, Eishi Y.. Cololectal carcinoma:Ex vivo evaluation using 3-T high-spatial-resolution quantitative T2 mapping and its correlation with histopathologic findings. Magn Reson Imaging. 2017.03; 38 174-181.

  31. Stremitzer S, Berghoff AS, Volz NB, Zhang W, Yang D, Stintzing S, Ning Y, Sunakawa Y, Yamauchi S, Seboi A, Matsusaka S, Okazaki S, Hanna D, Parekh A, Mendez A, Berger MD, El-Khoueiry R, Birner P, Preusser M, Lenz HJ.. Genetic variants associated with colorectal brain metastases susceptibility and survival. Pharmacogenomics J. 2017.01; 17 (1): 29-35.

  32. Y Sunakawa, S Stremitzer, S Cao, W Zhang, D Yang, T Wakatsuki, Y Ning, S Yamauchi, S Stintzing, A Sebio, R El-Khoueiry, S Matsusaka, A Parekh, A Barzi, M Azuma, M Watanabe, W Koizumi, H-J Lenz. Association of variants in genes encoding for macrophage-related functions with clinical outcome in patients with locoregional gastric cancer. Ann. Oncol.. 2015.02; 26 (2): 332-339. ( PubMed, DOI )

  33. Ana Sebio, Armin Gerger, Satoshi Matsusaka, Dongyun Yang, Wu Zhang, Stefan Stremitzer, Sebastian Stintzing, Yu Sunakawa, Shinichi Yamauchi, Yan Ning, Yoshiya Fujimoto, Masashi Ueno, Heinz-Josef Lenz. Genetic variants within obesity-related genes are associated with tumor recurrence in patients with stages II/III colon cancer. Pharmacogenet. Genomics. 2015.01; 25 (1): 30-37. ( PubMed, DOI )

  34. Yu Sunakawa, Takeru Wakatsuki, Dongyun Yang, Wu Zhang, Yan Ning, Sebastian Stintzing, Stefan Stremitzer, Shinichi Yamauchi, Ana Sebio, Rita El-khoueiry, Syma Iqbal, Afsaneh Barzi, Armin Gerger, Michael Stotz, Mizutomo Azuma, Masahiko Watanabe, Wasaburo Koizumi, Heinz-Josef Lenz. Prognostic impact of the c-MET polymorphism on the clinical outcome in locoregional gastric cancer patients. Pharmacogenet. Genomics. 2014.12; 24 (12): 588-596. ( PubMed, DOI )

  35. Takeru Wakatsuki, Sebastian Stintzing, Wu Zhang, Dongyun Yang, Mizutomo Azuma, Yan Ning, Shinichi Yamauchi, Satoshi Matsusaka, Nico B Volz, Yu Sunakawa, Wasaburo Koizumi, Masahiko Watanabe, Afsaneh Barzi, Anthony B El Khoueiry, Manish A Shah, Heinz-Josef Lenz. Single nucleotide polymorphisms in AREG and EREG are prognostic biomarkers in locally advanced gastric cancer patients after surgery with curative intent. Pharmacogenet. Genomics. 2014.11; 24 (11): 539-547. ( PubMed, DOI )

  36. Yamauchi S, Iida S, Ishiguro M, Ishikawa T, Uetake H, Sugihara K.. Clinical significance of platelet-derived growth factor-C expression in colorectal cancer. J Cancer Therapy. 2014.01; 5 11-20.

  37. 角田龍太、岩田乃理子、増田大機、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介. 特集 解剖学的変異を考慮した下部消化管手術 PDM症例に対する大腸癌手術 手術. 2021.07; 75 (8): 1303-1309.

  38. 米澤 博貴, 松山 貴俊, 新井 聡大, 伊藤 その, 角田 龍太, 滋野 高史, 中島 啓, 南角 哲俊, 溝口 正子, 松宮 由利子, 山本 雄大, 増田 大機, 菊池 彰史, 山内 慎一, 徳永 正則, 絹笠 祐介. 当科における超低位DST再建を行ったロボット支援下低位前方切除術の短期成績の検討 日本臨床外科学会雑誌. 2021.04; 82 (4): 812. ( 医中誌 )

  39. 絹笠 祐介, 松山 貴俊, 山内 慎一, 増田 大機, 山本 雄大, 松宮 由利子, 山下 大和, 溝口 正子, 角田 龍太, 南角 哲俊, 新井 聡大, 伊藤 その, 米澤 博貴, 中島 啓, 徳永 正則. 直腸癌に対するロボット支援下腹腔鏡下手術の現状と展望 直腸癌に対するロボット支援下手術 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021.03; 25 (7): SY4-KL1. ( 医中誌 )

  40. 高岡 亜弓, 岡埼 聡, 石川 敏昭, 茂原 富美, 青柳 康子, 山本 雄大, 松宮 由利子, 馬場 裕信, 菊池 章史, 山内 慎一, 松山 貴俊, 絹笠 祐介, 植竹 宏之. 当院における切除不能進行・再発大腸癌に対するFOLFOXIRI療法の使用経験 日本大腸肛門病学会雑誌. 2021.02; 74 (2): 109. ( 医中誌 )

  41. 赤星 径一、中川 剛士、山内 慎一、岡本 健太郎、岡田 英理子、遠藤 彰、八島 正文、石橋 洋則、絹笠 祐介、植竹 宏之、大久保 憲一、大友 康裕、荒井 裕国、田邉 稔. 外科系新専門医制度のあるべきグランドデザイン 外科系新専門医制度の現状分析と課題 日本外科学会雑誌. 2021.01; 122 (1): 86-89.

  42. 馬場 裕信、島野 瑠美、笠井 俊輔、篠原 元、富 義明、杉下 哲夫、井垣 尊弘、塩原 寛之、田澤 美也子、山下 大和、青柳 康子、山本 雄大、高岡 亜弓、松宮 由利子、菊池 章史、山内 慎一、松山 貴俊、徳永 正則、絹笠 祐介. 【消化器外科手術 助手の極意-開腹からロボット手術まで】下部消化管領域 ロボット支援下直腸切除術における助手の極意 臨床外科. 2020.11; 75 (12): 1325-1330.

  43. 田澤美也子、絹笠祐介、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊. 直腸癌手術における最適な剥離層 浅い剥離層(いわゆるa層)の立場から 手術 . 2020.03; 74 (4):

  44. 山下大和、菊池章史、笠井俊輔、塩原寛之、茂原富美、田澤美也子、高岡亜弓、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 特集【「縫合不全!!」を防ぐ大腸】直腸低位前方切除術での直腸吻合:ロボット支援下 臨床外科. 2020.02; 75 (2): 202-205.

  45. 福与 涼介, 馬場 裕信, 松山 貴俊, 菊池 章史, 山内 慎一, 髙岡 亜弓, 松宮 由利子, 山本 雄大, 徳永 正則, 絹笠 祐介. 大腸癌に対するロボット支援下腹腔鏡下結腸右半切除術の2例 日本消化器外科学会雑誌. 2020.02; 53 (2): 164-171.

  46. 髙岡亜弓、石川敏昭、岡﨑聡、茂原富美、青柳康子、山本雄大、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介、植竹宏之. 放射線療法と薬物療法が奏功した骨盤内デスモイド型線維腫の1例 癌と化学療法. 2020.02; 47 (2): 337-339.

  47. 茂原富美、青柳康子、山本雄大、高岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介. 小腸・大腸 直腸前方切除術 臨床外科(増刊号). 2019.10; 74 (11): 127-130.

  48. 齋藤稔史、茂原富美、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介. 特集 これだけは押さえたい!―大腸癌取扱い規約・治療ガイドライン―改訂のポイント 大腸癌資料ガイドライン2019 腹腔鏡手術 横行結腸癌、下行結腸癌、直腸癌などの適応 臨床外科. 2019.08; 74 (8): 952-956.

  49. 山本雄大、絹笠祐介、青柳康子、髙岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊. 特集【消化器疾患に対する機能温存・再建手術】下部消化管領域 ロボット支援手術は直腸癌切除後の合併症低減に寄与するか 外科. 2019.04; 81 (5): 500-505.

  50. 髙岡亜弓、石川敏昭、佐々木恵、織田福一郎、三浦富之、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 再発巣感染による敗血症を合併した直腸癌術後骨盤内再発に放射線療法が有用であった2例 癌と化学療法. 2018.11; 45 (13): 2078-2080.

  51. 荒井 瑠美、石川 敏昭、関 亮太、高岡 亜弓、松宮 由利子、織田 福一郎、佐々木 恵、三浦 富之、山内 慎一、菊池 章史、松山 貴俊、石黒 めぐみ、明石 巧、植竹 宏之、安野 正道、絹笠 祐介 . Meckel憩室内に神経内分泌腫瘍を認めた1例 日本臨床外科学会雑誌 . 2018.09; 79 (9): 1984.

  52. 山内慎一、絹笠祐介、植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ. 大腸癌の化学療法 臨牀と研究. 2018.03; 95 (3): 92-98.

  53. 三浦富之、石川敏昭、織田福一郎、佐々木恵、十倉三千代、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、植竹宏之、安野正道.. 脳転移に対するガンマナイフ治療により長期生存が得られた直腸癌術後脳転移・肺転移の1例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1179-1181.

  54. 織田福一郎、石川敏昭、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之.. 大腸癌多発転移による重症肝不全に対する肝動注化学療法+Cetuximabが奏効し全身化学療法に移行できた2症例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1245-1247.

  55. 佐々木恵、石川敏昭、山内慎一、織田福一郎、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之.. 放射線療法により症状緩和の得られた直腸癌術後頭蓋底転移の1症例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1335-1337.

  56. 安野正道、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 直腸癌側方転移の頻度と手術適応. 外科. 2017.06; 79 (6): 507-511.

  57. 山内慎一、菊池章史、岡崎聡、安野正道.. 大腸憩室. 臨床外科. 2016; 71 (11): 270-273.

  58. 花岡まりえ、山内慎一、菊池章史、十倉三千代、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、植竹宏之.. 集学的治療を必要とした特異な転移形式を来した上行結腸癌の1例. 癌と化学療法. 2016; 43 (12): 2169-2171.

  59. 山内慎一、植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ、安野正道.. 大腸癌術後補助化学療法. 癌と化学療法. 2016; 43 (2): 156-159.

  60. 山内慎一、植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ、菊池章史、安野正道.. 大腸癌切除術後の補助化学療法. 消化器外科. 2016; 39 (8): 1125-1132.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 山内慎一、杉原健一. 病期・病態・重症度からみた 疾患別看護過程 病態関連図 第4版. 医学書院, 2020.10 (ISBN : 978-4-260-04245-1)

  2. 山内慎一、植竹宏之.. Adjuvant Therapy 後に再発した症例、一次治療の選択肢は?.. ヴァン メディカル, 2017.09 進行・再発大腸癌の分子標的治療

  3. 山内慎一、植竹宏之. 治療法各論:腫瘍性疾患 大腸癌(進行癌).プリンシプル消化器疾患の臨床2 腸疾患診療の現在. 中山書店, 2017.08

  4. 杉原健一、山内慎一. 大腸悪性腫瘍(癌、リンパ腫、肉腫).内科学 [第11版]. 朝倉書店, 2017.03 大腸悪性腫瘍(癌、リンパ腫、肉腫)

  5. 梶原由規、上野秀樹、神藤英二、長谷和生、山内慎一、杉原健一. 切除可能な肝転移を有するStageⅣ大腸癌の予後規定因子に関する多施設共同研究.大腸疾患NOW2017-2018. 日本メディカルセンター, 2017.01

  6. 山内慎一、杉原健一.. 大腸癌.病期・病態・重症度からみた 疾患別看護過程【第3版】. 医学書院, 2016.12

  7. 山内慎一、杉原健一.. 病期・病態・重症度からみた 疾患別看護過程【第3版】. 医学書院, 2016.12 大腸癌

  8. 山内慎一、杉原健一. 痔核.第3版 病期・病態・重症度からみた 疾患別看護過程. 医学書院, 2016.12

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ayumi Takaoka, Shinichi Yamauchi, Yasuko Aoyagi, Yudai Yamamoto, Yuriko Matsumiya, Hironobu Baba, Akifumi Kikuchi, Takatoshi Matsuyama, Yusuke Kinugasa. Experiences from robotic surgery for rectal cancer followed by preoperative Chemoradiotherapy. The 33rd Annual Meeting of the Japanese Society for Endoscopic Surgery 2021.03.10 WEB

  2. Takatoshi Matsuyama, Shinichi Yamauchi, Akifumi Kikuchi, Hironobu Baba, Yasuko Aoyagi, Yudai Yamamoto, Yuriko Matsumiya, Ayumi Takaoka, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa. Perioperative outcome of high BMI patients in robot-assisted rectal surgery. The 33rd Annual Meeting of the Japanese Society for Endoscopic Surgery 2021.03.10 WEB

  3. Yudai Yamamoto, Shinichi Yamauchi, Yasuko Aoyagi, Ayumi Takaoka, Yuriko Matsumiya, Hironobu Baba, Akihiro Kikuchi, Takatoshi Matsuyama, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa. Short term outcomes of robotic-assisted abdominoperineal resection in our hospital. The 33rd Annual Meeting of the Japanese Society for Endoscopic Surgery 2021.03.10 WEB

  4. Yuriko Matsumiya, Akifumi Kikuchi, Yasuko Aoyagi, Yudai Yamamoto, Ayumi Takaoka, Hironobu Baba, Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa. The safety robotic-assisted laparoscopic surgery for rectal cancer in elderly patients. The 33rd Annual Meeting of the Japanese Society for Endoscopic Surgery 2021.03.10 WEB

  5. Yuriko Matsumiya, ShinichinYamauchi, Hiroki Yonezawa, Sono Ito, Masayoshi Sakano, Takashi Shigeno, Kei Nakajima, Ryuta Kakuta, Sodai Arai, Masako Mizoguchi, Akitoshi Nankaku, Yudai Yamamoto, Taiki Masuda, Akifumi Kikuchi, Takatoshi Matsuyama, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa. The risk factors of postoperative outcomes for elderly colorectal cancer patients. The International Society of University Colon and Rectal Surgeons 30th Biennial Congress(ISUCRS 2020) 2020.11.13 WEB

  6. Yudai Yamamoto, Shinichi Yamauchi, Sodai Arai, Sono Ito, Ryuta Kakuta, Takashi Shigeno, Akitoshi Nankaku, Kei Nakajima, Masako Mizoguchi, Yuriko Matsumiya, Taiki Masuda, Akifumi Kikuchi, Takatoshi Matsuyama, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa. Short-term outcomes of robotic-assisted abdominoperineal resection in our hospital. The International Society of University Colon and Rectal Surgeons 30th Biennial Congress(ISUCRS 2020) 2020.11.13 WEB

  7. Yusuke Kinugasa, Takatoshi Matsuyama, Shinichi Ymauchi, Akifumi Kikuchi, Taiki Masuda, Yuriko Matsumiya, Yuudai Yamamoto, Yamato Yamashita, Masako Mizoguchi, Kei Nakajima, Tetsutoshi Nankaku, Hiroki Yonezawa, Masayoshi Sakano. The surgical technique and outcome of robotic colorectal cancer surgery in high volume center in Japan. The International Society of University Colon and Rectal Surgeons 30th Biennial Congress(ISUCRS 2020) 2020.11.12 WEB

  8. Shinichi Yamauchi, Yasuko Aoyagi, Yudai Yamamoto, Ayumi Takaoka, Hironobu Baba, Akifumi Kikuchi, Satoshi Okazaki, Takatoshi Matsuyama, Toshiaki Ishikawa, Yasuaki Nakajima, Kazuyuki Kojima, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa, Kenichi Sugihara. Clinical significance of extended lateral lymph node dissection for patients with lower rectal cancer: A propensity score analysis in a multicenter retrospective study. SSO 2019 Annual Cancer Symposium (72nd Annual Cancer Symposium of the Society of Surgical Oncology) 2019.03.29 San Diego(USA)

  9. Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Ayumi Takaoka, Yuriko Matsumiya, Ryota Seki, Fukuichiro Orita, Megumi Sasaki, Tomiyuki Miura, Akifumi Kikuchi, Megumi Ishiguro, Toshiaki Ishikawa, Hiroyuki Uetake, Masamichi Yasuno, Yasuaki Nakajima, Kazuyuki Kojima, Yusuke Kinugasa. Laparoscopic and open surgery for ulcerative colitis. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO2018) 2018.04.12 Tokyo

  10. Takatoshi Matsuyama, Shinichi Yamauchi, Akifumi Kikuchi, Kazuyuki Kojima, Yasuaki Nakajima, Masamichi Yasuno, Yusuke Kinugasa. Initial experience of laparoscopic total colectomy with transanal minimally invasive proctectomy for ulcerative colitis. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO2018) 2018.04.12 Tokyo

  11. Tomiyuki Miura, Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Megumi Ishiguro, Toshiaki Ishikawa, Yasuaki Nakajima, Kazuyuki Kojima, Masamichi Yasuno, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa. A case of Incarcerated Internal Hernia through a Defect of the Falciform Ligament. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO2018) 2018.04.04 Tokyo

  12. Shinichi Yamauchi, Ayumi Takaoka, Yuriko Matsumiya, Ryota Seki, Fukuichiro Orita, Megumi Sasaki, Tomiyuki Miura, Akifumi Kikuchi, Takatoshi Matsuyama, Megumi Ishiguro, Toshiaki Ishikawa, Masamichi Yasuno, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa, Kenichi Sugihara. Indication of Extended Lateral Lymph Node Dissection for Patients with Lower Rectal Cancer. SSO 2018 Annual Cancer Symposium 2018.03.23 Chicago, US

  13. Miura T, Yamauchi S, Takaoka A, Seki R, Matsumiya Y, Orita F, Sasaki M, Tokura M, Kikuchi A, Matsuyama T, Ishiguro M, Ishikawa T, Uetake H, Yasuno M.. Negative pressure wound therapy for closure of ileostomy and colostomy.. The 1st International Conference of Surgical Infection Society Asia-Pacific 2017.11.29 Tokyo

  14. Yamauchi S, Yasuno M, Takaoka A, Matsumiya Y, Seki R, Orita F, Sasaki M, Miura T, Kikuchi A, Matsuyama T, Ishiguro M, Ishikawa T, Uetake H, Sugihara K.. Clinical significance of extended lateral lymph node dissection for lower rectal cancer.. Asian Surgical Association 21st Asian Congress of Surgery 2017.11.12 Tokyo

  15. 山内慎一. Extended Lateral Lymph Node Dissection for Lower Rectal Cancer. 第二屆同済胃腸外科與精准医学論罈 2017.10.14 上海(中国)

  16. Yamauchi S, Okazaki S, Kikuchi A, Ishiguro M, Ishikawa T, Uetake H, Yasuno M, Sugihara K.. Prognostic factor of lower rectal cancer with lateral pelvic lymph node metastasis treated with lateral lymph node dissection.. Sosiety of Surgical Oncology (SSO) 2017 Annual Meeting 2017.03.16 Seattle(USA)

  17. Hanaoka M, Ishikawa T, Ishiguro M, Tokura M, Yamauchi S, Kikuchi A, Yasuno M, Uetake H, Kawano T. . ATF6, a UPR related gene, expression in malignant conversion and progression of Ulcerative colitis (UC)-associated and non-UC-associated colorectal cancer. . Sosiety of Surgical Oncology (SSO) 2017 Annual Meeting 2017.03.16 Seattle(USA)

  18. Yamauchi S, Loupakis F, Matsusaka S, Zhang W, Yang D, Ning Y, Stintzing S, Sunakawa Y, Stremitzer S, Sebio A, El-Khoueiry RE, Pasquini G, Marmorino F, Schirripa M, Fujimoto Y, Ueno M, Mizunuma N, Lenz HJ.. Association of single nucleotide polymorphisms in genes involved in autophagy with overall survival in patients with metastatic colorectal cancer.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  19. Siamak S, Sunakawa Y, Loupakis F, Yang D, Zhang W, Ning Y, Stintzing S, Stremitzer S, Sebio A, Yamauchi S, Matsusaka S, El-Khoueiry RE, Antoniotti C, Rossini D, Cremolini C, Falcone A, Lenz HJ.. CCL2 polymorphism as a predictive marker for bevacizumab (Bev) in combination with FOLFIRI as first-line treatment in metastatic colorectal cancer (mCRC) patients (pts).. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  20. Stremitzer S, Zhang W, Yang D, Ning Y, Stintzing S, Sebio A, Sunakawa Y, Yamauchi S, Matsusaka S, El-Khoueiry RE, Stift J, Wrba F, Gruenberger T, Lenz HJ.. Influence of genetic variations of the angiopoietin and pericyte pathways in resected colorectal liver metastases.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  21. Stremitzer S, Zhang W, Yang D, Ning Y, Stintzing S, Sebio A, Sunakawa Y, Yamauchi S, Matsusaka S, El-Khoueiry RE, Stift J, Wrba F, Gruenberger T, Lenz HJ.. Association outcome with genes involved in immune response and checkpoints in patients with resected colorectal liver metastases.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  22. Hanna DL, Sebio A, Zhang W, Yang D, Loupakis F, Stintzing S, Stremitzer S, Ning Y, Sunakawa Y, Yamauchi S, Matsusaka S, Cremolini C, El-Khoueiry RE, Falcone A, Lenz HJ.. Common genetic variants in genes involved in the Hippo pathway: Novel biomarkers in metastatic colorectal cancer patients treated with irinotecan plus cetuximab.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  23. Sunakawa Y, Volz NB, Zhang W, Yang D, Wakatsuki T, Ning Y, Stintzing S, Stremitzer S, Sebio A, Yamauchi S, Matsusaka S, El-Khoueiry RE, Iqbal S, Barzi A, Azuma M, Watanabe M, Koizumi W, Lenz HJ.. Genetic variants in tumor immune checkpoints as prognostic markers in patients (pts) with localized advanced gastric cancer (AGC).. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  24. Sebio A, Marmorino F, Gerger A, Zhang W, Yang D, Ning Y, Stintzing S, Stremitzer S, Sunakawa Y, Yamauchi S, Matsusaka S, Salvatore L, Cremolini C, El-Khoueiry RE, Falcone A, Lenz HJ.. Genetic variant in the down syndrome candidate region 1 (DSCR1) gene: A novel biomarker in metastatic colorectal cancer.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  25. Stintzing S, Stremitzer S, Heinemann V, Falcone A, Loupakis F, Cremolini C, Antoniotti C, Sunakawa Y, Matsusaka S, Yamauchi S, Zhang W, Yang D, Ning Y, Sebio A, Hanna DL, Siamak S, Lenz HJ.. Biomarker validation study: Genes involved in ubiquitin proteasome system (UPS) dependent EGFR-degradation for prediction of efficacy in metastatic colorectal cancer patients treated with cetuximab.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  26. Preusser M, Stremitzer S, Berghoff AS, Volz NB, Zhang W, Yang D, Stintzing S, Ning Y, Sunakawa Y, Yamauchi S, Sebio A, Matsusaka S, El-Khoueiry RE, Birner P, Lenz HJ.. Influence of genetic variants of genes potentially associated with brain metastases on overall survival in 70 colorectal cancer patients.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  27. Ning Y, Stintzing S, Heinemann V, Zhang W, Yang D, Sunakawa Y, Stremitzer S, Sebio A, Yamauchi S, Matsusaka S, El-khoueiry RE, Barzi A, El-Khoueiry AB, Lenz HJ.. Genetic variants of TCF7L2 and AXIN2 predict gender and tumor location-dependent clinical outcome in FIRE-3 trial: A validation study.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  28. Sunakawa Y, Zhang W, Yang D, Wakatsuki T, Ning Y, Stintzing S, Stremitzer S, Sebio A, Yamauchi S, Matsusaka S, El-Khoueiry RE, Iqbal S, Barzi A, Azuma M, Watanabe M, Koizumi W, Lenz HJ.. Association of polymorphisms in the CCL2/CCR2 axis with clinical outcome in localized advanced gastric cancer (AGC) patients (pts) from the United States and Japan.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  29. Zhang W, Schumacher F, Loupakis F, van Den Berg D, Cremolini C, Stintzing S, Ning Y, Sebio A, Stremitzer S, Sunakawa Y, Matsusaka S, Yamauchi S, El-khoueiry RE, Falcone A, Lenz HJ.. High-throughput exome array for identification of novel polymorphisms associated with clinical outcome in mCRC patients treated with first-line FOLFOXIRI/BEV versus FOLFIRI/BEV (TRIBE trial; NCT00719797).. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  30. Matsusaka S, Loupakis F, Zhang W, Yang D, Ning Y, Stintzing S, Sunakawa Y, Yamauchi S, Stremitzer S, Sebio A, El-Khoueiry RE, Pasquini G, Marmorino F, Schirripa M, Inoshita N, Ishikawa Y, Ueno M, Mizunuma N, Lenz HJ.. Association of the prognostic role of CXCR4/CXCL12 polymorphism with treatment outcomes after bevacizumab-based chemotherapy in metastatic colorectal cancer.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  31. Ning Y, Zhang W, Yang D, Stintzing S, Sunakawa Y, Stremitzer S, Sebio A, Yamauchi S, Matsusaka S, Zoratto F, Loupakis F, El-Khoueiry RE, Barzi A, El-Khoueiry AB, Kahn M, Lenz HJ.. Genetic variants of CBP and SOX9 to predict clinical outcome in metastatic colorectal cancer (mCRC) patients (pts) treated with first-line FOLFIRI and bevacizumab (FOLFIRI/BEV).. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  32. Sebastian Stintzing, Stefan Stremitzer, Volker Heinemann, Andreas Jung, Yu Sunakawa, Satoshi Matsusaka, Shinichi Yamauchi, Wu Zhang, Dongyun Yang, Yan Ning, Ana Sebio, Diana L. Hanna, Saadat Siamak, Heinz-Josef Lenz. Amphiregulin (AREG) SNP rs161511 to predict cetuximab efficacy independent of AREG mRNA levels: Data from FIRE3 (AIO KRK-0306).. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  33. Sebio A, Zhang W, Yang D, Stremitzer S, Stintzing S, Ning Y, Sunakawa Y, Yamauchi S, Matsusaka S, El-Khoueiry RE, Barzi A, Iqbal S, El-Khoueiry AB, Lenz HJ.. Germline polymorphisms in genes involved in the Hippo pathway to predict recurrence in locally advanced colon cancer.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  34. Yang D, Stremitzer S, Zhang W, Ning Y, Stintzing S, Sebio A, Sunakawa Y, Yamauchi S, Matsusaka S, El-Khoueiry RE, Stift J, Wrba F,Gruenberger T, Lenz HJ.. Association of outcome with genes involved in tumor dormancy in patients with resected colorectal liver metastases.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2014 2014.06 Chicago (USA)

  35. 山内慎一、石橋直弥、島野瑠美、塚本史雄、中川俊作、松永史穂、龍喬子、溝口正子、田澤美也子、花岡まりえ、岩田乃理子、増田大機、徳永正則、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下直腸切除術の短期治療成績と術者育成状況. 第14回日本ロボット外科学会学術集会 2022.02.27 WEB

  36. 塚本史雄、岩田乃理子、石橋直弥、島野瑠美、中川俊作、松永史穂、龍喬子、田澤美也子、溝口正子、花岡まりえ、増田大機、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下側方郭清術の短期成績の検討. 第14回日本ロボット外科学会学術集会 2022.02.27 WEB

  37. 田澤 美也子、山内 慎一、石橋 直弥、島野 瑠美、塚本 史雄、中川 俊作、松永 史穂、龍 喬子、溝口 正子、花岡 まりえ、岩田 乃理子、増田 大機、徳永 正則、絹笠 祐介. 当院におけるロボット支援下結腸切除術53例の周術期短期成績の検討. 第14回日本ロボット外科学会学術集会 2022.02.27 WEB

  38. 岩田 乃理子、山内 慎一、島野 瑠美、松永 史穂、中川俊作、龍喬子、塚本史雄、石橋 直弥、溝口 正子、田澤 美也子、花岡 まりえ、増田 大機、徳永 正則、絹笠 祐介. 当科におけるロボット支援下結腸切除術Overlap吻合法の手術手技と短期成績. 第14回日本ロボット外科学会学術集会 2022.02.27 WEB

  39. 絹笠 祐介、山内 慎一、増田 大機、岩田 乃理子、花岡 まりえ、田澤 美也子、溝口 正子、石橋 直弥、松永 史穂、島野 瑠美、塚本 史雄、中川 俊作、龍 喬子、徳永 正則. 外科領域における骨盤リンパ節郭清. 第14回日本ロボット外科学会学術集会 2022.02.27 WEB

  40. 花岡まりえ、田澤美也子、溝口正子、石橋直弥、島野瑠美、松永史穂、岩田乃理子、増田大機、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 直腸癌に対するロボット支援下他臓器合併切除の手術手技と短期成績. 第14回日本ロボット外科学会学術集会 2022.02.26 WEB

  41. 溝口正子、山内慎一、石橋直弥、島野瑠美、塚本史雄、松永史穂、龍喬子、田澤美也子、花岡まりえ、岩田乃理子、増田大機、徳永正則、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下括約筋間直腸切除術の検討. 第96回大腸癌研究会 2022.01.20 東京

  42. 岩田 乃理子、山内 慎一、松永 史穂、島野 瑠美、石橋 直弥、溝口 正子、田澤 美也子、花岡 まりえ、増田 大機、徳永 正則、絹笠 祐介. 当科におけるロボット支援下結腸切除術Overlap吻合法の手術手技と短期成績. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.04 神戸

  43. 松永 史穂、岩田 乃理子、石橋 直弥、島野 瑠美、田澤 美也子、溝口 正子、花岡 まりえ、増田 大機、山内 慎一、徳永 正則、絹笠 祐介. 当院における直腸神経内分泌腫瘍に対するロボット支援下腹腔鏡下直腸切除術の短期成績. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.04 神戸

  44. 田澤 美也子、山内 慎一、石橋 直弥、島野 瑠美、塚本 史雄、中川 俊作、松永 史穂、龍 喬子、溝口 正子、花岡 まりえ、岩田 乃理子、増田 大機、徳永 正則、絹笠 祐介. 当院におけるロボット支援下結腸切除術45例の周術期短期成績の検討. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.04 神戸

  45. 島野 瑠美、花岡 まりえ、溝口 正子、田澤 美也子、石橋 直弥、松永 史穂、中川 俊作、龍 喬子、塚本 史雄、岩田 乃理子、増田 大機、山内 慎一、徳永 正則、絹笠 祐介. 術前前立腺浸潤が強く疑われた膿瘍形成性直腸癌に対してロボット支援下骨盤内臓全摘術を施行した1例. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.04 神戸

  46. 石橋 直弥、増田 大機、島野 瑠美、田澤 美也子、溝口 正子、花岡 まりえ、岩田 乃理子、山内 慎一、徳永 正則、絹笠 祐介. 当院におけるロボット支援下直腸切除術の短期成績. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.04 神戸

  47. 増田 大機、石橋 直弥、島野 瑠美、塚本 史雄、中川 俊作、松永 史穂、龍 喬子、田澤 美也子、溝口 正子、花岡 まりえ、岩田 乃理子、山内 慎一、徳永 正則、絹笠 祐介. 当科における経肛門内視鏡併用腹腔鏡下大腸全摘術の治療成績. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.04 神戸

  48. 山内 慎一、渡邊 駿、石橋 直弥、島野 瑠美、塚本 史雄、中川 俊作、松永 史穂、龍 喬子、溝口 正子、田澤 美也子、花岡 まりえ、岩田 乃理子、増田 大機、絹笠 祐介、徳永 正則. 鏡視下およびロボット支援下縫合結紮手技の習熟度比較 縫合結紮評価システムを用いた検討. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.03 神戸

  49. 花岡 まりえ、田澤 美也子、溝口 正子、石橋 直弥、島野 瑠美、松永 史穂、岩田 乃里子、増田 大機、山内 慎一、徳永 正則、絹笠 祐介. ロボット支援下骨盤リンパ節郭清における各科の違いと共有できるポイント. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.03 神戸

  50. 絹笠 祐介、山内 慎一、増田 大機、岩田 乃理子、花岡 まりえ、溝口 正子、田澤 美也子、石橋 直弥、島野 瑠美、塚本 史雄、中川 俊作、松永 史穂、龍 喬子、徳永 正則. 外科領域における骨盤リンパ節郭清. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.03 神戸

  51. 絹笠祐介、山内慎一、増田大機、岩田乃理子、花岡まりえ、溝口正子、田澤美也子、石橋直弥、島野瑠美、塚本史雄、中川俊作、松永史穂、龍喬子、徳永正則. 下部消化管領域におけるロボット手術教育. 下部消化管領域におけるロボット手術教育 2021.12.02 神戸

  52. 井上裕章、佐々木和人、野澤宏彰、川合一茂、室野浩二、江本成伸、岸川純子、小澤毅士、横山雄一郎、阿部真也、永井雄三、安西鉱幸、山内慎一、石原聡一郎. 下部進行直腸癌に対するD3郭清の治療的意義 側方リンパ節郭清と下腸管膜動脈根部リンパ節郭清の比較. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.19 東京

  53. 花岡 まりえ、田澤 美也子、溝口 正子、石橋 直弥、島野 瑠美、松永 史穂、岩田 乃理子、増田 大機、山内 慎一、絹笠 祐介. 解剖に基づいたロボット支援下側方リンパ節郭清の手術手技と短期成績. 第76回日本大腸肛門病学会学術集会 2021.11.13 東京

  54. 山内 慎一、石橋 直弥、島野 瑠美、塚本 史雄、中川 俊作、松永 史穂、龍 喬子、溝口 正子、田澤 美也子、花岡 まりえ、岩田 乃理子、増田 大機、絹笠 祐介、杉原 健一. 根治手術を施行した大腸pT1癌の臨床病理学的特徴と予後に関する検討. 第76回日本大腸肛門病学会学術集会 2021.11.12 東京

  55. 増田 大機、石橋 直弥、島野 瑠美、塚本 史雄、中川 俊作、松永 史穂、龍 喬子、田澤 美也子、溝口 正子、花岡 まりえ、岩田 乃理子、山内 慎一、徳永 正則、絹笠 祐介. 潰瘍性大腸炎に対するTa-TME手技を併用した手術成績の検討. 第76回日本大腸肛門病学会学術集会 2021.11.12 東京

  56. 岩田 乃理子、山内 慎一、松永 史穂、島野 瑠美、石橋 直弥、溝口 正子、田澤 美也子、花岡 まりえ、増田 大機、絹笠 祐介. 当科におけるロボット支援下結腸切除術Overlap吻合法の手術手技と短期成績. 第76回日本大腸肛門病学会学術集会 2021.11.12 東京

  57. 絹笠祐介、山内慎一、増田大機、岩田乃理子、花岡まりえ、徳永正則、溝口正子、田澤美也子. 大腸癌に対するロボット手術の現状と今後の展望. 第59回日本癌治療学会学術集会 2021.10.22 横浜(ハイブリッド)

  58. 絹笠祐介、山内慎一、増田大機、岩田乃理子、花岡まりえ、徳永正則、溝口正子、田澤美也子. 直腸癌に対するロボット手術. 第59回日本癌治療学会学術集会 2021.10.21 横浜(ハイブリッド)

  59. 松山貴俊、伊藤その、滋野高史、山本雄大、松宮由利子、岩田乃理子、増田大機、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 大腸全摘、回腸嚢肛門吻合時の吻合困難リスク因子としての術前内臓脂肪測定の有用性. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.09 WEB

  60. 増田大機、伊藤その、滋野高史、山本雄大、松宮由利子、岩田乃理子、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 潰瘍性大腸炎に対するTa-TMEを併用した手術手技の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.09 WEB

  61. 溝口正子、山内慎一、新井聡大、山本雄大、松宮由利子、岩田乃理子、増田大機、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当科における結腸癌に対するロボット支援下腹腔鏡下結腸切除術の工夫と短期治療成績. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 WEB

  62. 松宮由利子、末永光邦、角田龍太、岩田乃理子、増田大機、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、石川敏昭、絹笠祐介. 大腸癌術後患者におけるBacteroides fragilisと予後の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 WEB

  63. 米澤博貴、松山貴俊、溝口正子、山本雄大、松宮由利子、岩田乃理子、増田大機、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 当科における肛門管内DST吻合を用いたロボット支援下低位前方切除術の短期成績の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 WEB

  64. 山本雄大、山内慎一、米澤博貴、坂野正佳、松宮由利子、岩田乃理子、増田大機、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下直腸手術の現状と今後. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 WEB

  65. 山内慎一、渡邊駿、南角哲俊、山本雄大、松宮由利子、岩田乃理子、増田大機、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 縫合結紮評価システムを用いた腹腔鏡下およびロボット支援下腹腔鏡下縫合手技の比較検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 WEB

  66. 岩田乃理子、山内慎一、米澤博貴、坂野正佳、山本雄大、松宮由利子、増田大機、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下結腸切除術Overlap吻合法の手術手技とその短期成績. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 WEB

  67. 石橋直弥、増田大機、島野瑠美、松永史穂、田澤美也子、溝口正子、花岡まりえ、岩田乃理子、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下直腸切除術の短期成績. 第95回大腸癌研究会 2021.07.01 WEB

  68. 松永史穂、岩田乃理子、石橋直弥、島野瑠美、田澤美也子、溝口正子、花岡まりえ、増田大機、山内慎一、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下腹腔鏡下結腸切除術に対する周術期短期成績の検討. 第95回大腸癌研究会 2021.07.01 WEB

  69. 田澤美也子、山内慎一、石橋直弥、島野瑠美、塚本史雄、中川俊作、松永史穂、龍喬子、溝口正子、花岡まりえ、岩田乃理子、増田大機、絹笠祐介. 75歳以上の後期高齢者直腸癌に対するロボット支援下直腸切除術の周術期短期成績. 第95回大腸癌研究会 2021.07.01 WEB

  70. 溝口正子、山内慎一、新井聡大、南角哲俊、山本雄大、松宮由利子、岩田乃理子、増田大機、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下括約筋間直腸切除術の検討. 第75回手術手技研究会 2021.05.14 WEB

  71. 中島啓、山内慎一、米澤博貴、伊藤その、坂野正佳、滋野高史、角田龍太、新井聡大、溝口正子、南角哲俊、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 潰瘍性大腸炎に対する緊急腹腔鏡手術と開腹手術の治療成績の比較および術後合併症の危険因子について. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.10 WEB

  72. 山内慎一、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、溝口正子、米澤博貴、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 結腸癌に対するロボット支援下腹腔鏡下結腸切除術の短期治療成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  73. 伊藤その、松山貴俊、新井聡大、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、溝口正子、米澤博貴、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下側方郭清の短期成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  74. 米澤博貴、菊池章史、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、溝口正子、松宮由利子、山本雄大、増田大機、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 人工肛門閉鎖術における機械吻合回数の検討. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  75. 増田大機、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、溝口正子、米澤博貴、山本雄大、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下直腸手術の現状と今後の展望. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  76. 坂野正佳、松山貴俊、新井聡大、伊藤その、角田龍太、滋野高史、南角哲俊、米澤博貴、松宮由利子、山本雄大、増田大機、菊池章史、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 当院における炎症性疾患関連癌・異形成手術症例の検討. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  77. 松山貴俊、伊藤その、米澤博貴、坂野正佳、滋野高史、中島啓、新井聡大、角田龍太、溝口正子、南角哲俊、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する術式選択と短期成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  78. 松山貴俊、山内慎一、新井聡大、伊藤その、南角哲俊、溝口正子、米澤博貴、坂野正佳、滋野高史、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、徳永正則、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下大腸がん手術の短期成績と合併症回避の工夫. 第33回日本内視鏡外科学会総会 2021.03.12 WEB

  79. 絹笠祐介、松山貴俊、山内慎一、増田大機、山本雄大、松宮由利子、山下大和、溝口正子、角田龍太、南角哲俊、新井聡大、伊藤その、米澤博貴、中島啓、徳永正則. 直腸癌に対するロボット支援下手術. 第33回日本内視鏡外科学会総会 2021.03.10 WEB

  80. 溝口正子、山内慎一、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、増田大機、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当科における脾弯曲部結腸癌に対するロボット支援下結腸切除術の工夫. 第33回日本内視鏡外科学会総会 2021.03.10 WEB

  81. 溝口正子、山内慎一、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、米澤博貴、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当科における脾弯曲部結腸癌に対するロボット支援下結腸切除術の工夫. 第13回日本ロボット外科学会学術集会 2021.01.23 WEB

  82. 伊藤その、松山貴俊、新井聡大、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、溝口正子、米澤博貴、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下結腸切除術Overlap吻合の短期成績. 第13回日本ロボット外科学会学術集会 2021.01.23 WEB

  83. 絹笠祐介、松山貴俊、山内慎一、増田大機、松宮由利子、山本雄大、中島啓、南角哲俊、溝口正子、米澤博貴、坂野正佳、新井聡大、伊藤その、角田龍太、滋野高史、徳永正則. 下部消化管外科領域の骨盤外科手術における解剖のポイント. 第13回日本ロボット外科学会学術集会 2021.01.23 WEB

  84. 山本理恵子、松山貴俊、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、溝口正子、米澤博貴、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. ロボット支援下腹腔鏡下残直腸全摘、回腸嚢肛門管吻合術を施行した1例. 第13回日本ロボット外科学会学術集会 2021.01.23 WEB

  85. 松山貴俊、伊藤その、米澤博貴、坂野正佳、滋野高史、中島啓、新井聡大、角田龍太、溝口正子、南角哲俊、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下側方郭清の術中術後短期成績の検討. 第13回日本ロボット外科学会学術集会 2021.01.23 WEB

  86. 溝口正子、山内慎一、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、米澤博貴、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、松山貴俊、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下括約筋間直腸切除術の検討. 第94回大腸癌研究会 2021.01.21 WEB

  87. 米澤博貴、松山貴俊、新井聡大、伊藤その、角田龍太、滋野高史、中島啓、南角哲俊、溝口正子、松宮由利子、山本雄大、増田大機、菊池章史、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. 当科における超低位DST再建を行ったロボット支援下低位前方切除術の短期成績の検討. 第858回外科集談会 2020.12.19 WEB

  88. 絹笠祐介、松山貴俊、山内慎一、菊池章史、髙岡亜弓、山本雄大、松宮由利子、青柳康子、笠井俊輔、徳永正則. ロボット支援下直腸癌手術. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.16 WEB

  89. 山内慎一、髙岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. StageⅠ下部直腸癌手術症例の予後因子について. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 WEB

  90. 髙岡亜弓、岡﨑聡、石川敏昭、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介、植竹宏之. StageⅡ大腸癌におけるELF3遺伝子発現量による予後予測. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 WEB

  91. 松山貴俊、山本雄大、青柳康子、松宮由利子、髙岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、徳永正則、絹笠祐介. Stage Ⅱ/Ⅲ大腸癌におけるTumor depositsの臨床的意義. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 WEB

  92. 山本雄大、馬場裕信、青柳康子、髙岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下腹腔鏡下低位前方切除術と超低位前方切除術の比較検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 WEB

  93. 馬場裕信、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 結腸癌に対するロボット支援下手術. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 WEB

  94. 菊池章史、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 回腸stoma造設後のoutlet obstruction、及びhigh output stomaの危険因子の検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 WEB

  95. 松宮由利子、松山貴俊、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、馬場裕信、山内慎一、菊池章史、徳永正則、絹笠祐介. 閉塞性左側大腸癌に対する術前減圧法別治療成績. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 WEB

  96. 山本雄大、山内慎一、新井聡大、伊藤その、角田龍太、滋野高史、南角哲俊、中島啓、溝口正子、松宮由利子、増田大機、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当院における腹会陰式直腸切除術の検討. 第33回日本外科感染症学会総会学術集会 2020.11.27 WEB

  97. 山内慎一、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、溝口正子、米澤博貴、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、松山貴俊、絹笠祐介. 当科における直腸癌に対するロボット支援下手術の治療成績と手術手技に関する検討. 第75回日本大腸肛門病学会学術集会 2020.11.14 WEB

  98. 溝口正子、山内慎一、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、中島啓、南角哲俊、米澤博貴、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、松山貴俊、絹笠祐介. 下咽頭癌に対する咽喉頭食道摘出術遊離空腸再建術後に空腸捻転を来した一例. 第75回日本大腸肛門病学会学術集会 2020.11.13 WEB

  99. 菊池章史、山本雄大、松宮由利子、増田大機、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下腹腔鏡下括約筋間直腸切除術の9手術例. 第75回日本大腸肛門病学会学術集会 2020.11.13 WEB

  100. 松山貴俊、新井聡大、角田龍太、溝口正子、南角哲俊、山本雄大、松宮由利子、増田大機、菊池章史、山内慎一、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡、経肛門内視鏡同時手術の短期成績. 第75回日本大腸肛門病学会学術集会 2020.11.13 WEB

  101. 笠井俊輔、松山貴俊、福与涼介、田澤美也子、杉下哲夫、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、山内慎一、菊池章史、絹笠祐介. 機械学習を用いた直腸癌側方リンパ節転移予測の有用性の検討. Japan Digestive Disease Week 2020 (JDDW2020) 2020.11.05 WEB

  102. 松山貴俊、山内慎一、新井聡大、伊藤その、角田龍太、坂野正佳、滋野高史、中島啓、南角哲俊、溝口正子、米澤博貴、増田大機、菊池章史、徳永正則、絹笠祐介. 当科における直腸がんに対するロボット支援下手術の短期成績と工夫. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.30 WEB

  103. 絹笠祐介、松山貴俊、山内慎一、菊池章史、増田大機、山本雄大、松宮由利子、角田龍太、新井聡大、溝口正子、滋野高史、徳永正則. 下部消化管領域のロボット支援下手術. 第58回日本癌治療学会学術集会 2020.10.22 WEB

  104. 山内慎一、井垣尊弘、杉下哲夫、田澤美也子、山下大和、笠井俊輔、塩原寛之、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、杉原健一、絹笠祐介. StageⅠ下部直腸癌手術症例の再発形式と予後因子に関する検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

  105. 馬場裕信、笠井俊輔、塩原寛之、田澤美也子、山下大和、茂原富美、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 結腸癌に対するロボット支援下腹腔鏡下結腸切除術の9例. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

  106. 松山貴俊、山内慎一、田澤美也子、山下大和、笠井俊輔、塩原寛之、茂原富美、山本雄大、青柳康子、髙岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、徳永正則、中島康晃、杉原健一、絹笠祐介. 直腸癌術後局所再発537例の治療法別成績と予後因子についての検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

  107. 髙岡亜弓、岡﨑聡、石川敏昭、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介、植竹宏之. StageⅡ大腸癌の予後予測バイオマーカーの同定. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

  108. 山野智基、山内慎一、松原孝明、宋智亨、木村慶、馬場谷彰仁、安原美千子、片岡幸三、別府直仁、内野基、池田正孝、池内浩基、冨田尚裕、杉原健一. 治癒切除を受けた大腸癌患者における年齢・併存症の治療法選択への影響. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

  109. 赤星径一、伴大輔、中川剛士、山内慎一、岡本健太郎、岡田英理子、遠藤彰、八島正文、石橋洋則、絹笠祐介、植竹宏之、大久保憲一、大友康裕、荒井裕国、田邉稔. 外科系新専門医制度の現状分析と課題. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.14 WEB

  110. 笠井俊輔、馬場裕信、塩原寛之、茂原富美、田澤美也子、山下大和、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 小腸神経内分泌腫瘍の診断と治療ー当科で経験した特徴的な2例を踏まえてー. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.13 WEB

  111. 山本雄大、松山貴俊、笠井俊輔、山下大和、田澤美也子、塩原寛之、、杉下哲夫、茂原富美、青柳康子、髙岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、山内慎一、菊池章史、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 当科における大腸NEN手術症例の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.13 WEB

  112. 山内慎一. 腹腔鏡下S状結腸切除術 ビデオクリニック. 第9回御茶ノ水内視鏡手術セミナー WEB(ZOOM)開催 2020.07.02 WEB

  113. 髙岡亜弓、松山貴俊、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、絹笠祐介. 直腸癌術後局所再発に対しロボット支援下に切除した3例. 第42回日本癌局所療法研究会 2020.05.29 WEB

  114. 西澤会美奈、馬場裕信、島野瑠美、篠原元、杉下哲夫、茂原富美、井垣尊弘、富義明、山本雄大、青柳康子、髙岡亜弓、松宮由利子、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、中島康晃、徳永正則、絹笠祐介. Pagetoid spreadを伴った肛門管癌に対しロボット支援下に切除術を行った1例. 第12回日本ロボット外科学会学術集会 2020.04.17 WEB

  115. 馬場裕信、島野瑠美、笠井俊輔、篠原元、富義明、杉下哲夫、井垣尊弘、塩原寛之、田澤美也子、山下大和、茂原富美、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下手術の短期成績の検討. 第12回日本ロボット外科学会学術集会 2020.04.17 WEB

  116. 島野瑠美、井垣尊弘、杉下哲夫、笠井俊輔、田澤美也子、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 直腸肛門管に発生したamphicrine carcinomaの一例. 第856回外科集談会(日本臨床外科学会東京支部会) 2020.03.28 東京

  117. 高岡亜弓、山内慎一、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、絹笠祐介. 当院における早期大腸癌手術症例における再発リスク因子の検討. 第92回大腸癌研究会 2020.01.24 広島

  118. 福井雄大、星野明弘、肥田、西崎大輔、山内慎一、杉原健一、坂井義治. High risk stage Ⅰ大腸癌は存在するか. 第92回大腸癌研究会 2020.01.24 広島

  119. 菊池章史、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、高岡亜弓、馬場裕信、山内慎一、松山貴俊、中島康晃、絹笠祐介. 当科における直腸腫瘍に対するロボット支援下手術の短期成績と術者育成状況. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.07 横浜

  120. 山内慎一、高岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、佐藤雄哉、中川正敏、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、川田研郎、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. Stage Ⅳ大腸癌に対する開腹および腹腔鏡下原発切除の手術成績に関する検討. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.06 横浜

  121. 馬場裕信、笠井俊輔、田澤美也子、山下大和、茂原富美、青柳康子、高岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. ロボット支援下腹腔鏡下超低位前方切除術の周術期短期成績. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.06 神戸

  122. 笠井俊輔、馬場裕信、塩原寛之、田澤美也子、山下大和、茂原富美、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、高岡亜弓、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下腹腔鏡下結腸切除術の短期成績の検討. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.06 横浜

  123. 松宮由利子、山内慎一、松山貴俊、笠井俊輔、田澤美也子、塩原寛之、山下大和、茂原富美、青柳康子、山本雄大、高岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 潰瘍性大腸炎緊急手術に対する腹腔鏡下手術の妥当性と安全性の検討. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.05 横浜

  124. 松山貴俊、田澤美也子、山下大和、笠井俊輔、茂原富美、青柳康子、松宮由利子、高岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 経肛門内視鏡併用腹腔鏡下大腸全摘、回腸嚢肛門吻合を施工した症例の術後排便機能についての検討. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.05 横浜

  125. 高岡亜弓、松山貴俊、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下直腸癌手術100例の短期手術成績の検討. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.05 横浜

  126. 高岡亜弓、松山貴俊、茂原富美、青柳康子、山本雄大、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、中島康晃、絹笠祐介. 高齢者大腸癌における予後予測因子. JDDW 2019 KOBE 2019.11.23 神戸

  127. 馬場裕信、茂原富美、青柳康子、山本雄大、高岡亜弓、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介. 当院における超低位直腸癌に対するロボット支援下低位前方切除術(DST吻合)の短期成績. JDDW 2019 KOBE 2019.11.22 神戸

  128. 松宮由利子、岡崎聡、石川敏昭、青柳康子、山本雄大、高岡亜弓、馬場裕信、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、植竹宏之、絹笠祐介. Pagetoid spreadを伴う肛門管腺癌に対しmFOLFOX6+Bevacizumab療法が有効であった1例. 第81回日本臨床外科学会総会 2019.11.16 高知

  129. 絹笠祐介、松山貴俊、菊池章史、山内慎一、馬場裕信、高岡亜弓、松宮由利子、青柳康子、山本雄大、茂原富美、笠井俊輔、田澤美也子、山下大和、塩原寛之、徳永正則. 大腸癌手術の臨床試験から外科医が学ぶべきこと. 第81回日本臨床外科学会総会 2019.11.14 高知

  130. 絹笠祐介、松山貴俊、菊池章史、山内慎一、馬場裕信、高岡亜弓、松宮由利子、青柳康子、山本雄大、茂原富美、笠井俊輔、田澤美也子、山下大和、塩原寛之、徳永正則. 下部消化管領域におけるロボット手術. 第81回日本臨床外科学会総会 2019.11.14 高知

  131. 高岡亜弓、岡崎聡、石川敏昭、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介、植竹宏之. 当院における切除不能進行・再発大腸癌に対するFOLFOXIRI療法の使用経験. 第81回日本臨床外科学会総会 2019.11.14 高知

  132. 絹笠祐介、松山貴俊、菊池章史、山内慎一、馬場裕信、高岡亜弓、松宮由利子、青柳康子、山本雄大、茂原富美、笠井俊輔、田澤美也子、山下大和、塩原寛之、徳永正則. 下部消化管領域のロボット手術. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.25 福岡

  133. 山本雄大、馬場裕信、茂原富美、青柳康子、髙岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下腹腔鏡下低位前方切除術と超低位前方切除術の比較検討. 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.12 東京

  134. 馬場裕信、茂原富美、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下腹腔鏡下超低位前方切除術の短期成績. 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.12 東京

  135. 髙岡亜弓、松山貴俊、茂原富美、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介. 当院における原発性空腸・回腸癌15例の検討. 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.12 東京

  136. 山内慎一、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、石川敏昭、植竹宏之、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 直腸神経内分泌腫瘍に対する手術治療成績. 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.11 東京

  137. 絹笠祐介、松山貴俊、菊池章史、山内慎一、馬場裕信、髙岡亜弓、松宮由利子、青柳康子、山本雄大. 直腸外科医から見た直腸癌手術に必要な骨盤解剖. 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.11 東京

  138. 絹笠祐介、松山貴俊、菊池章史、山内慎一、馬場裕信、髙岡亜弓、松宮由利子、青柳康子、山本雄大. ロボット手術. 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.11 東京

  139. 笠井俊輔、馬場裕信、篠原元、井垣尊弘、塩原寛之、杉下哲夫、田澤美也子、山下大和、茂原富美、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 腹腔鏡下に治療し得た盲腸捻転症の1例. 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.11 東京

  140. 絹笠祐介、松山貴俊、山内慎一、菊池章史、馬場裕信、髙岡亜弓、松宮由利子、青柳康子、山本雄大、徳永正則、中島康晃. 下部消化管領域におけるロボット手術. 第41回日本手術医学科医総会 2019.09.27 東京

  141. 保田惇ノ介、馬場裕信、山内慎一、笠井俊輔、塩原寛之、田澤美也子、山下大和、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 虫垂胚細胞カルチノイド術後骨盤内再発に対しロボット支援下直腸手術を施行した一例. 第854回外科集団会 2019.09.14 東京

  142. 佐々木恵、石川敏昭、石黒めぐみ、岡崎聡、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、中島康晃、植竹宏之、絹笠祐介. 大腸癌化学療法における感受性予測因子としての血漿中miR-33-5pの有用性. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  143. 馬場裕信、茂原富美、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、中島康晃、絹笠祐介. ロボット支援下直腸癌手術における術者教育状況の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  144. 松山貴俊、石川敏昭、岡崎聡、山内慎一、高橋直樹、山田康秀、中島康晃、Goel Ajay、植竹宏之、絹笠祐介. stageⅡ/Ⅲ大腸癌における間葉関連遺伝子パネルによる再発リスク予測. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  145. 山内慎一、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、岡崎聡、石川敏昭、中島康晃、井ノ口幹人、植竹宏之、絹笠祐介. StageⅣ大腸癌に対する原発切除後の周術期合併症と予後に関する検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  146. 菊池章史、茂原富美、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、馬場裕信、山内慎一、松山貴俊、中島康晃、絹笠祐介. 回腸双孔式人工肛門造設後のoutlet obstructionの危険因子の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  147. 髙岡亜弓、岡崎聡、石川敏昭、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、中島康晃、植竹宏之、絹笠祐介. StageⅡ大腸癌の予後予測バイオマーカーの同定. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17 東京

  148. 山本雄大、松山貴俊、青柳康子、髙岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、中島康晃、絹笠祐介. 当院におけるComplex CDに対する腹腔鏡手術の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17 東京

  149. 髙岡亜弓、岡崎聡、石川敏昭、茂原富美、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介、植竹宏之. 当院における切除不能進行・再発大腸癌に対するFOLFOXIRI療法の使用経験. 第91回大腸癌研究会 2019.07.05 東京

  150. 松山貴俊、問山裕二、石川敏昭、奥川喜永、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、中島康晃、植竹宏之、Ajay Goel、絹笠祐介. 血中大腸癌遠隔転移関連miRNAによるstageⅡ/Ⅲ大腸癌の再発予測. 第28回日本癌病態治療研究会 2019.06.28 川越市

  151. 茂原富美、松山貴俊、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、髙岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、絹笠祐介. 家族性大腸腺腫症に対して経肛門内視鏡併用腹腔鏡下大腸全摘・回腸嚢肛門吻合術を施行した2例. 第28回日本癌病態治療研究会 2019.06.28 川越市

  152. 山本雄大、松山貴俊、青柳康子、髙岡亜弓、馬場裕信、山内慎一、菊池章史、絹笠祐介. 直腸癌術後局所再発に対してロボット支援下に切除した1例. 第28回日本癌病態治療研究会 2019.06.27 川越市

  153. 髙岡亜弓、石川敏昭、岡崎聡、茂原富美、青柳康子、山本雄大、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、植竹宏之、絹笠祐介. 放射線療法と薬物療法が奏功した骨盤内デスモイド型繊維腫の1例. 第41回日本癌局所療法研究会 2019.06.21 岡山

  154. 絹笠祐介、松山貴俊、菊池章史、山内慎一、馬場裕信、髙岡亜弓、松宮由利子、青柳康子、山本雄大、茂原富美. 下部消化管領域におけるロボット手術の現状と課題. 第73回手術手技研究会 2019.05.25 東京

  155. 馬場裕信、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介. ロボット結腸癌手術における術者育成譲許の検討. 第73回手術手技研究会 2019.05.24 東京

  156. 吉敷智和、正木忠彦、松岡弘芳、小嶋幸一郎、麻生喜祥、紅谷鮎美、阪本良弘、森俊幸、山内慎一、杉原健一、阿部展次. 大腸癌プレシジョン・メディシン導入の出発点として、左右結腸癌のStage別臨床病理学的相違の検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.20 大阪

  157. 山内慎一、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、中島康晃、植竹宏之、小嶋一幸、田邉稔、絹笠祐介、杉原健一. 大腸癌における発症原発部位別の臨床的特徴. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.20 大阪

  158. 松山貴俊、山内慎一、菊池章史、山本雄大、青柳康子、馬場裕信、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 家族性大腸腺腫症に対する経肛門内視鏡併用腹腔鏡下大腸全摘、回腸嚢肛門吻合術. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  159. 織田福一郎、石川敏昭、石黒めぐみ、岡崎聡、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 潰瘍性大腸炎におけるPHLDA1発現と発癌との関連の検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  160. 石川敏昭、岡崎聡、石黒めぐみ、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介、植竹宏之. 進行・再発大腸癌におけるMSIとCD8 T細胞浸潤~免疫チェックポイント阻害剤の症例選択を考える. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  161. 青柳康子、山内慎一、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、山本雄大、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. Nivolumab関連大腸炎の手術経験. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  162. 髙岡亜弓、山内慎一、青柳康子、山本雄大、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 当院におけるロボット支援下直腸癌手術40例び短期手術成績の検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.18 大阪

  163. 松山貴俊、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 当科におけるロボット支援下直腸がん手術の短期成績. 第11回日本ロボット外科学会学術集会 2019.01.26 名古屋

  164. 馬場裕信、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、松山貴俊、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介. 当院におけるコンソールサージョン育成状況の検討. 第11回日本ロボット外科学会学術集会 2019.01.26 名古屋

  165. 髙岡亜弓、山内慎一、茂原富美、青柳康子、山本雄大、馬場裕信、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介. 術前化学放射線療法施行後にロボット支援下手術を施行した直腸癌の経験. 第90回大腸癌研究会 2019.01.25 福岡

  166. 松山貴俊、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、山内慎一、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡、経肛門内視鏡同時手術の手技と短期成績. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  167. 菊池章史、髙岡亜弓、三浦富之、織田福一郎、佐々木恵、馬場裕信、山内慎一、松山貴俊、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 当科における直腸腫瘍に対するロボット支援下手術の現状. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  168. 山内慎一、松山貴俊、菊池章史、馬場裕信、岡崎聡、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、髙岡亜弓、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 開腹歴のある大腸癌患者に対する腹腔鏡および開腹手術の治療成績について. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.07 福岡

  169. 髙岡亜弓、松山貴俊、青柳康子、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 膿瘍・穿通を伴うクローン病に対して腹腔鏡下手術を施行した3例. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06 福岡

  170. 松山貴俊、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 当科における回腸人工肛門と結腸人工肛門の閉鎖時のアウトカムに関する検討. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.23 東京

  171. 髙岡亜弓、松山貴俊、青柳康子、山本雄大、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 当院における原発性空腸・回腸癌13例の検討. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018.11.10 東京

  172. 山内慎一、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介、杉原健一. 下部直腸癌根治手術後の再発に関する検討. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018.11.09 東京

  173. 松山貴俊、梅林佑弥、菊池章史、山内慎一、馬場裕信、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、岡崎聡、石川敏昭、石黒めぐみ、植竹宏之、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡,経肛門内視鏡同時手術の手技と短期成績. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018.11.09 東京

  174. 菊池章史、髙岡亜弓、三浦富之、佐々木恵、織田福一郎、馬場裕信、山内慎一、岡崎聡、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介. 回腸双孔式人工肛門増設後のoutlet obstructionの危険因子の検討. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018.11.09 東京

  175. 菊池章史、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、中島康晃、植竹宏之、小嶋一幸、絹笠祐介、杉原健一. 多施設症例集積データを用いた大腸同時性多発癌の臨床的検討. JDDW2018 (Japan Digestive Disease Week)第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.03 神戸

  176. 松山貴俊、織田福一郎、佐々木恵、髙岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. Stage Ⅱ/Ⅲ大腸癌患者における術後血清CEA、CA19-9値測定の臨床的意義. JDDW2018 (Japan Digestive Disease Week)第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  177. 松永史穂、馬場裕信、梅林佑弥、山本雄大、齋藤稔史、青柳康子、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 診断に難渋した小腸腫瘍の1例. 第850回外科集談会 2018.09.29 東京

  178. 青柳康子、山内慎一、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、絹笠祐介、根木真理子、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、山本雄大、中島康晃、小嶋一幸. 診断に難渋した炎症性大腸癌の1例. 第850回外科集談会 2018.09.29 東京

  179. 三浦富之、石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、松山貴俊、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、安野正道、絹笠祐介. 大腸癌におけるBMP2遺伝子の発現およびメチル化とその臨床的意義. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  180. 佐々木恵、石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、松山貴俊、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 大腸癌化学療法における継時的な血漿中micro RNAの網羅的解析. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  181. 石黒めぐみ、石川敏昭、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、安野正道、絹笠祐介、植竹宏之. 大腸癌の発見契機と予後との関連の検討ー検診の重要性の啓蒙に向けて. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  182. 石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、安野正道、絹笠祐介、田邉稔、植竹宏之. 大腸癌多発肝転移に対する化学療法(FP+OX+Bmab療法)後肝切除の有用性と肝切除のタイミングの検討. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  183. 菊池章史、絹笠祐介、三浦富之、佐々木恵、織田福一郎、山内慎一、松山貴俊、安野正道、中島康晃、小嶋一幸. 回腸双孔式人工肛門造設後の outlet obstruction の危険因子の検討. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  184. 松山貴俊、石川敏昭、山内慎一、菊池章史、安野正道、石黒めぐみ、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 大腸癌遠隔転移関連miRNAの血中バイオマーカーとしての意義. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  185. 山内慎一、松山貴俊、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 潰瘍性大腸炎に対する開腹手術と腹腔鏡下手術の治療成績に関する検討. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.11 鹿児島

  186. 髙岡亜弓、石川敏昭、佐々木恵、織田福一郎、三浦富之、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、安野正道、中島康晃、小島一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 再発巣感染により敗血症を合併した直腸癌術後骨盤内再発に放射線療法が有用であった2例. 第40回日本癌局所療法研究会 2018.06.15 東京

  187. 松山貴俊、山内慎一、菊池章史、安野正道、石川敏昭、石黒めぐみ、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する経肛門内視鏡併用腹腔鏡下大腸全摘術の手技と初期成績. 第72回手術手技研究会 2018.05.11 徳島

  188. 松山貴俊、安野正道、菊池章史、山内慎一、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する経肛門内視鏡併用腹腔鏡補助下大腸全摘、回腸嚢肛門吻合術. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  189. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、安野正道、絹笠祐介、田邉稔、植竹宏之. 大腸癌同時性肝転移に対するWait-and-see policyの検討. 第118回外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  190. 佐々木恵、菊池章史、高岡亜弓、関亮太、松宮由利子、織田福一郎、三浦富之、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. クローン病を背景とした難治性術後腹腔内膿瘍から十二指腸へ瘻孔形成をきたした一例. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.08 東京

  191. 佐々木恵、山内慎一、高岡亜弓、関亮太、松宮由利子、織田福一郎、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、植竹宏之、絹笠祐介. Stage Ⅱ大腸癌における郭清リンパ節個数の予後に与える影響. 第23回大腸癌術後フォローアップ研究会 2018.02.17 東京

  192. 織田福一郎、山内慎一、高岡亜弓、松宮由利子、関亮太、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、絹笠祐介、杉原健一. 他施設症例集積データを用いた大腸癌における発症原発部位別の臨床的特徴. 第88回大腸癌研究会 2018.01.26 東京

  193. 菊池章史、安野正道、高岡亜弓、松宮由利子、織田福一郎、三浦富之、佐々木恵、山内慎一、松山貴俊、石川敏昭. 腹腔鏡下直腸手術後の下腿コンパートメント症候群3例の経験と当科における対策. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.09 京都

  194. 松山貴俊、安野正道、山内慎一、菊池章史、石川敏昭、石黒めぐみ、植竹宏之、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下三期分割手術の手技と成績. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.09 京都

  195. 山内慎一、松山貴俊、髙岡亜弓、松宮由利子、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之。菊池章史、石川敏昭、安野正道.. 当科における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術の治療成績に関する検討.. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.07 京都

  196. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、安野正道、植竹宏之.. 大腸癌H2/3肝転移症例に対する集学的治療の有用性~化学療法後肝切除の治療成績.. 第79日本臨床外科学会総会 2017.11.25 東京

  197. 山内慎一、髙岡亜弓、松宮由利子、関亮太、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. Colitic cancer を合併した潰瘍性大腸炎患者に対する腹腔鏡下大腸全摘術.. 第79日本臨床外科学会総会 2017.11.23 東京

  198. 三浦富之、山内慎一、菊池章史、髙岡亜弓、関亮太、松宮由利子、織田福一郎、佐々木恵、十倉三千代、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 腹腔鏡補助下超低位前方切除術後に下腿コンパートメント症候群を発症した2例.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  199. 山内慎一、安野正道、髙岡亜弓、松宮由利子、関亮太、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、杉原健一.. 下部直腸癌根治手術における側方郭清の意義.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  200. 松山貴俊、石川敏昭、石黒めぐみ、菊池章史、山内慎一、植竹宏之、安野正道.. 大腸癌における新規上皮間葉転換関連遺伝子 ITGBL の臨床的意義.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  201. 織田福一郎、菊池章史、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、植竹宏之.. コック式回腸瘻の reservoir 内に多発早期癌を発症した1例.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  202. 佐々木恵、菊池章史、髙岡亜弓、関亮太、松宮由利子、織田福一郎、三浦富之、十倉三千代、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、植竹宏之.. X連鎖無ガンマグロブリン血症に合併したS状結腸癌の一例.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  203. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、菊池章史、松山貴俊、安野正道、植竹宏之.. 切除不能大腸癌に対する当科の方針と治療成績の検討~1次治療におけるFP+OX+Bmab療法の有用性.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  204. 菊池章史、安野正道、織田福一郎、三浦富之、佐々木恵、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 回腸双孔式人工肛門造設後の outlet obstruction の危険因子の検討.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.10 福岡

  205. 梶原由規、神藤英二、望月早月、末山貴浩、渡邊智記、山寺勝人、阿尾理一、米村圭介、関澤明徳、山本裕之、永田健、曽田悠葵、安部紘生、田代恵太、辻本広紀、青笹季文、山本順司、山内慎一、杉原健一、上野秀樹.. 多施設症例を用いたStageII大腸癌における再発危険因子の再検証.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.10 福岡

  206. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、安野正道、植竹宏之.. 当科におけるレゴラフェニブとTAS102の使い分けと治療成績の検討.. 第55回日本癌治療学会学術集会 2017.10.22 横浜

  207. 山野智基、山内慎一、木村慶、馬場谷彰仁、浜中美千子、小林政義、塚本潔、野田雅史、冨田尚裕、杉原健一.. 大腸癌治癒切除後、再発までの期間、再発後の生存期間と関係する因子の解析.. 第55回日本癌治療学会学術集会 2017.10.21 横浜

  208. 山内慎一,安野正道,菊池章史,岡崎聡,石黒めぐみ,石川敏昭,植竹宏之,小嶋一幸,田邉稔,河野辰幸. 人工肛門閉鎖術の皮膚閉鎖創に対する局所陰圧閉鎖療法. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  209. 花岡まりえ、石川敏昭、石黒めぐみ、十倉三千代、山内慎一、菊池章史、岡崎聡、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. 小胞体ストレス反応関連遺伝子ATF6の大腸癌/UC関連癌における発現とDysplasia識別診断補助としての有用性.. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21 金沢

  210. 花岡まりえ、石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、菊池章史、植竹宏之、安野正道.. 潰瘍性大腸炎における小胞体ストレス応答関連蛋白ATF6の発現:Dysplasia識別における有用性.. 第87回大腸癌研究会 2017.07.07 三重

  211. 菊池章史、安野正道、織田福一郎、三浦富之、佐々木恵、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 当科における下部直腸癌に対する開腹手術と腹腔鏡下手術のdistal marginの検討.. 第87回大腸癌研究会 2017.07.07 三重

  212. 福田将義、和田祥成、竹中健人、岡田英理子、荒木昭博、藤井俊光、松岡克善、大塚和朗、渡辺守、根木真理子、伊藤栄作、松山貴俊、山内慎一、菊池章史、安野正道.. 潰瘍性大腸炎罹患粘膜に発生した腫瘍性病変に対するESDの検討.. 第87回大腸癌研究会 2017.07.07 三重

  213. 織田 福一郎、石川敏昭、佐々木恵、三浦 富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之. 切除不能大腸癌肝転移に対するHAI + Cmab が奏功し全身化学療法に移行できた2 症例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  214. 三浦富之、石川敏昭、織田福一郎、佐々木恵、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之.. 脳転移に対するガンマナイフ治療により長期生存が得られた直腸癌術後脳・肺転移の1例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  215. 佐々木恵、石川敏昭、山内慎一、織田福一郎、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之. 放射線療法により症状緩和の得られた直腸癌術後頭蓋底転移の1 症例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  216. 梶原由規、神藤英二、末山貴浩、渡邊智記、山寺勝人、関澤明徳、山本裕之、永田健、曽田悠葵、阿部紘生、田代恵太、平木修一、野呂拓史、守屋智之、辻本広紀、青笹季文、長谷和生、山本順司、山内慎一、杉原健一、上野秀樹.. 同時性肺転移を伴うStageIV大腸癌における肺転移Grage亜分類の試みー多施設症例での検討.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29 横浜

  217. 岡崎聡、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. 結腸癌の漿膜露出(SE)症例に対する腹腔鏡手術後vs開腹手術後の播種再発.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29 横浜

  218. 山内慎一、安野正道、岡崎聡、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、小嶋一幸、河野辰幸、杉原健一.. 側方リンパ節転移を有する下部直腸癌根治手術症例の予後に関する検討.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.28 横浜

  219. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、田邉稔、安野正道、植竹宏之.. 大腸癌H2/3肝転移症例に対する化学療法後肝切除の治療成績.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.28 横浜

  220. 橋口陽二郎、土屋剛史、松田圭二、野澤慶次郎、岡本耕一、端山軍、島田竜、赤羽根拓弥、福島慶久、塚本充雄、八木貴博、堀内敦、山内慎一、杉原健一.. 直腸癌の臨床病期分類におけるN3リンパ節の意義~大腸癌取扱い規約第8版,TNM分類第7版および新規分類を比較して.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  221. 花岡まりえ、石川敏昭、石黒めぐみ、十倉三千代、山内慎一、菊池章史、岡崎聡、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. 大腸癌およびUC関連大腸癌における小胞体ストレスセンサーATF6の遺伝子発現の解析.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  222. 山内慎一. 進行再発大腸癌におけるベクティビックスの役割.. 3rd A/E Care Web Seminar 2017.03.28 東京

  223. 織田福一郎.. StageⅢ若年発症大腸癌の特徴について.. 第22回大腸癌術後フォローアップ研究会 2017.02.04 東京

  224. 山内慎一、安野正道、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、杉原健一.. 多施設症例集積データを用いた大腸癌における浸潤増殖様式の臨床的意義に関する検討.. 第86回大腸癌研究会 2017.01.20 盛岡

  225. 菊池章史、花岡まりえ、山内慎一、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 直腸前方切除における吻合法の選択肢としての側端吻合.. 第86回大腸癌研究会 2017.01.20 盛岡

  226. 山内慎一.. 当科での大腸癌術後補助化学療法の実態について.. 大鵬薬品工業株式会社 社内研修会 2016.12.20 東京

  227. 菊池章史、織田福一郎、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 腹腔鏡補助下超低位前方切除後に重症下肢コンパートメント症候群を合併した1例.. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.09 横浜

  228. 石川敏昭、安野正道、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、植竹宏之、河野辰幸.. 原発巣切除が可能なStageⅣ大腸癌に対する治療戦略~原発巣切除先行の立場から~.. 第78回日本臨床外科学会総会 2016.11.25 東京

  229. 山内慎一、岡崎聡、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、杉原健一.. 下部直腸癌根治手術症例の予後因子と再発に関する検討.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.11.19 三重

  230. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、安野正道.. 同時性H1肝転移に対する治療戦略~Wait-and-see policyの検討.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.11.18 三重

  231. 花岡まりえ、山内慎一、菊池章史、石川敏昭、石黒めぐみ、十倉三千代、植竹宏之、杉原健一、安野正道.. 高齢者大腸癌に対すする術後補助化学療法が有用な背景因子の検討.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.11.18 三重

  232. 菊池章史、三浦富之、織田福一郎、十倉三千代、花岡まりえ、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 重症潰瘍性大腸炎に対する粘液瘻造設を伴う3期分割手術を腹腔鏡下に施行し得た2手術例.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.11.18 三重

  233. 花岡まりえ、山内慎一、菊池章史、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 高齢者大腸癌の合併症のリスク因子の検討-腸腰筋萎縮度とCONUTスコアを組み合わせたMalnutrition Indexの有用性-. 第24回日本消化器関連学会週間(JDDW2016) 2016.11.05 兵庫

  234. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、安野正道、植竹宏之.. 大腸癌化学療法における肝動注化学療法(レスキュー肝動注)の有用性の検討.. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10.22 横浜

  235. 山野智基、馬場谷彰仁、浜中美千子、吉村美衣、塚本潔、野田雅史、松原長秀、山内慎一、冨田尚裕、杉原健一.. 大腸癌治癒切除症例での併存疾患・年齢と予後・補助療法との関係.. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10.22 神奈川

  236. 梶原由規、上野秀樹、神藤英二、末山貴浩、渡邊智記、山寺勝人、関澤明徳、白石壮宏、山本裕之、永田健、曽田悠葵、平木修一、野呂拓史、守屋智之、辻本広紀、青笹季文、山本順司、長谷和生、山内慎一、杉原健一.. StageⅣ大腸癌における治療成績の時期的変遷についてー多施設症例の解析よりー.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.10.18 三重

  237. 丸山陽介、山内慎一、織田福一郎、三浦富之、佐々木恵、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. 鑑別に難渋した骨盤内巨大脾症の一例.. 第842回外科集談会 2016.09.10 東京

  238. 花岡まりえ、安野正道、十倉三千代、染野泰典、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 大腸癌術前の腸腰筋形態変化・栄養学的指標は術後合併症の指標となりうるか?.. 第71回日本消化器外科学会総会 2016.07.16 徳島

  239. 山内慎一、山田一郎、宮坂尚幸、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、伊藤崇、吉野教夫、安野正道、河野辰幸.. 高磁場MRIによる大腸癌壁深達度診断とリンパ節転移診断の有用性の検証.. 第71回日本消化器外科学会総会 2016.07.14 徳島

  240. 安野正道、山内慎一、菊池章史、花岡まりえ、十倉三千代、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、河野辰幸.. 下部直腸癌局所再発(脈管・リンパ節遺残)の外科治療戦略:自験例からの検討.. 第71回日本消化器外科学会総会 2016.07.06 徳島

  241. 山内慎一、岡崎聡、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、杉原健一.. 治癒切除直腸癌症例における進行度分類と予後、再発に関する検討.. 第85回大腸癌研究会 2016.07.01 大阪

  242. 梶原由規、上野秀樹、神藤英二、末山貴浩、渡邊智記、山寺勝人、関澤明徳、白石壮宏、山本裕之、永田健、曽田悠葵、平木修一、辻本広紀、青笹季文、長谷和生、山本修二、山内慎一、杉原健一.. 肺転移を伴うStageⅣ大腸癌におけるGrade分類(規約第8版)の意義について.. 第85回大腸癌研究会 2016.07.01 大阪

  243. 橋口陽二郎、土屋剛史、松田圭二、野澤慶次郎、岡本耕一、端山軍、島田竜、赤羽根拓弥、福島慶久、塚本充雄、八木貴博、山内慎一、杉原健一.. 大腸癌取扱い規約第8版とTMN分類第7版の比較~予後分別能と術後補助化学療法の適応選択に注目して.. 第85回大腸癌研究会 2016.07.01 大阪

  244. 菊池章史、十倉三千代、花岡まりえ、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 当科における局所進行結腸癌T4a症例に対する腹腔鏡下手術の検討(開腹手術との比較).. 第85回大腸癌研究会 2016.07.01 大阪

  245. 青柳栄子、櫻井幸、山口委久江、佐藤晴香、萩原三千男、叶内匡、山内慎一、安野正道、東田修二.. 骨盤内間葉系腫瘍が疑われた脾症(splenosis)の1例.. 第41回日本超音波検査学会学術集会 2016.06.11 宮城

  246. 花岡まりえ、安野正道、十倉三千代、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 集学的治療を必要とした特異な再発形式を来した上行結腸癌の一例.. 第38回日本癌局所療法研究会 2016.06.10 東京

  247. 山内慎一.. 大腸癌の外科治療と大腸癌術後補助化学療法.. 中外製薬株式会社 社内研修 2016.05.16 東京

  248. 花岡まりえ、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、十倉三千代、植竹宏之、安野正道.. 潰瘍性大腸炎に対する大腸全摘回腸嚢肛門吻合術後合併症の危険因子について検討.. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.16 大阪

  249. 山内慎一、岡崎聡、安野正道、十倉三千代、花岡まりえ、染野泰典、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、河野辰幸、杉原健一.. StageⅢ直腸癌の手術例における予後因子の解析~多施設集積データの解析~. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.16 大阪

  250. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、染野泰典、菊池章史、松山貴俊、安野正道、田邉稔、河野辰幸、植竹宏之.. 当科の大腸癌肝転移に対するwait-and-see policyの検討.. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.15 大阪

  251. 花岡まりえ、安野正道、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 特異な再発形式を来した上行結腸癌の一例.. 第49回制癌剤適応研究会 2016.03.25 福島

  252. 十倉三千代、植竹宏之、花岡まりえ、染野泰典、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道.. TAS-102によって長期にコントロールされた上行結腸癌腹膜再発の一例.. 第49回制癌剤適応研究会 2016.03.25 福島

  253. 石川敏昭、石黒めぐみ、十倉三千代、花岡まりえ、染野泰典、菊池章史、山内慎一、安野正道、河野辰幸、植竹宏之.. 大腸癌における免疫学的バイオマーカーとMSIの検討.. 第49回制癌剤適応研究会 2016.03.25 福島

  254. 花岡まりえ、十倉三千代、染野泰典、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 80歳以上の超高齢大腸癌患者の予後因子の解析と術後補助化学療法の意義に関する検討.. 第21回大腸癌術後フォローアップ研究会 2016.02.06 東京

  255. 山内慎一、山田一郎、宮坂尚幸、染野泰典、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、伊藤崇、吉野教夫、安野正道.. 高磁場MRIによる大腸癌壁深達度診断の有用性の検証.. 第84回大腸癌研究会 2016.01.15 熊本

  256. 十倉三千代、小林宏寿、花岡まりえ、染野泰典、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、杉原健一.. 下行結腸空腸瘻を合併した大腸型クローン病に対し腹腔鏡補助下手術を行った1例.. 第28回日本内視鏡外科学会総会 2015.12.12 大阪

  257. 末田敬志朗、菊池章史、十倉三千代、花岡まりえ、谷岡利朗、染野泰典、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. Tailgut Cystの1手術例.. 第839回外科集談会 2015.12.12 東京

  258. 小林宏寿、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 瘻孔を有するクローン病に対する腹腔鏡下手術.. 第70回日本大腸肛門病学会学術集会 2015.11.14 愛知

  259. 十倉三千代、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、小林宏寿、石川敏昭、杉原健一.. 膿瘍形成を伴う急性虫垂炎の術後に診断された虫垂杯細胞カルチノイドの1例.. 第70回日本大腸肛門病学会学術集会 2015.11.14 愛知

  260. 菊池章史、十倉三千代、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、小林宏寿.. 直腸癌術後1か月で虚血性腸炎を発症し穿孔に至った1例.. 第70回日本大腸肛門病学会学術集会 2015.11.13 愛知

  261. 石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、染野泰典、菊池章史、松山貴俊、河野辰幸、植竹宏之.. 大腸癌治療における免疫学的バイオマーカーの探索.. 第53回日本癌治療学会学術集会 2015.10.30 京都

  262. 山内慎一、Loupakis F、松阪聡、砂川優、岡崎聡、河野辰幸、植竹宏之、Lenz HJ.. 切除不能進行大腸癌患者におけるオートファジー遺伝子の一塩基多型と予後の相関.. 第53回日本癌治療学会学術集会 2015.10.30 京都

  263. 石川敏昭、山内慎一、染野泰典、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之.. 切除不能H2/H3肝単独転移および切除可能肝・肺転移に対する化学療法後転移巣切除の治療成績の検討.. 第83回大腸癌研究会 2015.07.03 福岡

  264. 山内慎一.. 当科における今後の大腸癌化学療法の展望について.. 大鵬薬品工業株式会社 社内研修会 2015.06.23 東京

  265. 室生暁、小林宏寿、十倉三千代、谷岡利朗、五木田憲太朗、染野泰典、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、河野辰幸.. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の腸管狭窄に対し腹腔鏡補助下結腸切除術を施行した1例.. 第837回外科集談会 2015.06.13 東京

  266. 佐野隆一郎、小林宏寿、十倉三千代、谷岡利朗、五木田憲太朗、染野泰典、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、河野辰幸.. 腸間膜脂肪織炎によるS状結腸狭窄に対し腹腔鏡補助下に切除した1例.. 第837回外科集談会 2015.06.13 東京

  267. 山内慎一.. 大腸癌のバイオマーカ研究、大腸癌化学療法における分子標的治療.. 武田薬品工業株式会社 社内勉強会 2015.05.26 東京

  268. 青柳康子、加納嘉人、遠山皓基、松寺翔太郎、熊木裕一、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡﨑聡、石川敏昭、伴大輔、工藤篤、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、植竹宏之、田邉稔、三宅智、絹笠祐介、池田貞勝. 消化管がん患者におけるFoundationOne® CDxを用いたがんゲノム解析の有用性の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学科3年 消化器ブロック講義 下部消化管腫瘍,2018年

  • がんプロ講義「低侵襲がん治療I(鏡視下手術)」大腸疾患,2016年 - 2017年

  • 医学科3年 消化器ブロック講義 下部消化管の腹腔鏡下手術,2016年 - 2017年

  • 歯学科3年講義「外科総論」(概念、侵襲と生体),2015年 - 2018年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ブルーリボンキャラバン2018 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大腸・肛門外科/大学院応用腫瘍学講座/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン/認定NPO法人キャンサーネットジャパン,2018年03月03日

  • ブルーリボンキャラバン2017 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座) ,東京医科歯科大学M&Dタワー,2017年03月05日

  • ブルーリボンキャラバン2016 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/腫瘍化学療法外科/大腸・肛門外科/NPO法人キャンサーネットジャパン,2016年03月24日