基本情報

写真a

増田 孝広(マスダ タカヒロ)

MASUDA Takahiro


職名

助教

生年

1979年

研究室住所

東京都文京区湯島 1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5959

メールアドレス

tmasicu@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

集中治療医学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  文学部  行動文化学科社会心理学専修課程  2001年03月  卒業

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2008年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 集中治療部 助教
  • 2015年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学 助教
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 集中治療部 助教
  • 2018年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 生体集中管理学 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 集中治療部 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 集中治療部 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本集中治療医学会

  • 日本麻酔科学会

  • 日本呼吸療法医学会

  • ESICM(European Society of Intensive Care Medicine)

  • 日本急性血液浄化学会

  • 日本静脈経腸栄養学会

  • 医療の質・安全学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 集中治療医学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 麻酔科指導医

  • 集中治療専門医

  • 呼吸療法専門医

  • 麻酔科専門医

  • 麻酔科標榜許可

  • JB-POT

  • 医師

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 集中治療領域における栄養療法,2018年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ICU における栄養療法と ICUAW の関連についての前向き観察研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Nosaka Nobuyuki, Masuda Takahiro. Sedation and Ventilator Liberation Protocol vs Usual Care and Duration of Invasive Ventilation in Pediatric Intensive Care Units JAMA-JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL ASSOCIATION. 2021.12; 326 (22): 2328-2329. ( PubMed, DOI )

  2. Yoshiko Ishisaka, Nobuyuki Nosaka, Yuka Mishima, Takahiro Masuda, Michio Nagashima, Yosuke Tanaka, Kouhei Yamamoto, Masayuki Yoshida, Hidenobu Shigemitsu. COVID-19 case of ventilator-induced lung injury on extracorporeal membrane oxygenation: Physicians' clinical struggle and ethical conflict in a novel pandemic. Clin Case Rep. 2021.12; 9 (12): e05223. ( PubMed, DOI )

  3. Eiki Nagaoka, Hirokuni Arai, Toyomu Ugawa, Takahiro Masuda, Kanae Ochiai, Meiyo Tamaoka, Naoki Kurashima, Keiji Oi, Tatsuki Fujiwara, Masayuki Yoshida, Hidenobu Shigemitsu, Yasuhiro Otomo. Efficacy of multidisciplinary team approach with extracorporeal membrane oxygenation for COVID-19 in a low volume ECMO center. Artif Organs. 2021.09; 45 (9): 1061-1067. ( PubMed, DOI )

  4. Masuda T, Nosaka N, Nagashima M. Intubation Practices and Adverse Peri-intubation Events in Critically Ill Patients. JAMA. 2021.08; 326 (6): 568-569. ( PubMed, DOI )

  5. Masuda T, Uchimido R, Nosaka N, Akiyama H, Kamisato A, Yoshida M. Concerns in Methodology for Self-Administered Questionnaire: Needs for Involvement of Social Scientists. Chest. 2021.07; 160 (1): e92-e93. ( PubMed, DOI )

  6. Takahiro Masuda, Nobuyuki Nosaka, Ryo Uchimido, Michio Nagashima. Use of stylet and airway management procedure in critically ill patients. Intensive Care Med. 2021.07; 47 (12): 1497-1498. ( PubMed, DOI )

  7. Yoshida Takuo, Uchino Shigehiko, Sasabuchi Yusuke, Hagiwara Yasuhiro, Yoshida Tomonao, Nashiki Hiroshi, Suzuki Hajime, Takahashi Hiroshi, Kishihara Yuki, Nagasaki Shinya, Okazaki Tomoya, Katayama Shinshu, Sakuraya Masaaki, Ogura Takayuki, Inoue Satoki, Uchida Masatoshi, Osaki Yuka, Kuriyama Akira, Irie Hiromasa, Kyo Michihito, Shima Nozomu, Saito Junichi, Nakayama Izumi, Jingushi Naruhiro, Nishiyama Kei, Masuda Takahiro, Tsujita Yasuyuki, Okumura Masatoshi, Inoue Haruka, Aoki Yoshitaka, Kondo Takashiro, Nagata Isao, Igarashi Takashi, Saito Nobuyuki, Nakasone Masato. Prognostic impact of sustained new-onset atrial fibrillation in critically ill patients INTENSIVE CARE MEDICINE. 2020.01; 46 (1): 27-35. ( DOI )

  8. Moritoki Egi, Jun Kataoka, Takashi Ito, Osamu Nishida, Hideto Yasuda, Hiroshi Okamaoto, Akira Shimoyama, Masayo Izawa, Shinsaku Matsumoto, Nana Furushima, Shigeki Yamashita, Koji Takada, Masahide Ohtsuka, Noritomo Fujisaki, Nobuaki Shime, Nobuhiro Inagaki, Yasuhiko Taira, Tomoaki Yatabe, Kenichi Nitta, Takeshi Yokoyama, Shigeki Kushimoto, Kentaro Tokunaga, Matsuyuki Doi, Takahiro Masuda, Yasuo Miki, Kenichi Matsuda, Takehiko Asaga, Keita Hazama, Hiroki Matsuyama, Masaji Nishimura, Satoshi Mizobuchi, . Oxygen management in mechanically ventilated patients: A multicenter prospective observational study. J Crit Care. 2018.08; 46 1-5. ( PubMed, DOI )

  9. Chieko Mitaka, Takahiro Masuda, Koji Kido, Tokujiro Uchida, Shinya Abe, Taku Miyasho, Makoto Tomita, Eiichi Inada. Polymyxin B hemoperfusion prevents acute kidney injury in sepsis model. J. Surg. Res.. 2016.03; 201 (1): 59-68. ( PubMed, DOI )

  10. Takafumi Ohmori, Nobuhiro Shiota, Akihiro Haramo, Takahiro Masuda, Fumi Maruyama, Kenji Wakabayashi, Yushi U Adachi, Koichi Nakazawa. Post-operative cardiac arrest induced by co-administration of amiodarone and dexmedetomidine: a case report. J Intensive Care. 2015.10; 3 43. ( PubMed, DOI )

  11. 日下 琢雅, 野田 浩太郎, 久保 俊裕, 三島 有華, 内御堂 亮, 塩田 修玄, 増田 孝広, 野坂 宜之, 長島 道生, 山内 英雄, 重光 秀信. COVID-19におけるPAI-1上昇を考察する 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1338. ( 医中誌 )

  12. 長岡 英気, 鵜川 豊世武, 増田 孝広, 落合 香苗, 玉岡 明洋, 吉田 雅幸, 倉島 直樹, 溝江 亜紀子, 山下 直美, 藤原 立樹, 大井 啓司, 荒井 裕国. COVID-19重症肺炎に対するExtracorporeal membrane oxygenation 多職種チームアプローチによる包括的治療の役割 人工臓器. 2020.10; 49 (2): S-34. ( 医中誌 )

  13. 塩田 修玄, 高田 将規, 増田 孝広, 丸山 史, 若林 健二, 高橋 英夫, 重光 秀信. ICUにおける多職種回診の早期リハビリテーションへの効果の検討 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 593. ( 医中誌 )

  14. 丸山 史, 三島 有華, 仲村 太一, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 長島 道生, 山内 英雄, 高橋 英夫, 重光 秀信. 異なる臨床経過をたどった抗NMDA受容体抗体脳炎の2症例 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 714. ( 医中誌 )

  15. 相関 良紀, 三島 有華, 日下 琢雅, 仲村 太一, 塩田 修玄, 増田 孝広, 丸山 史, 山内 英雄, 羽田野 義郎, 重光 秀信. 心肺停止に至った破傷風の社会復帰に成功した1例 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 547. ( 医中誌 )

  16. 長島 道生, 犬飼 慎, 仲村 太一, 丸山 史, 三島 有華, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 高橋 英夫, 重光 秀信. 中心静脈カテーテル先端が血管内にあることの確認にマイクロバブル試験が有効であった1症例 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 679. ( 医中誌 )

  17. 高橋 英夫, 長島 道生, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. RRSに期待される医療安全との連携-次世代に向けた新しい流れ- Rapid Response System(RRS)で対応した患者のCode Statusに関する報告 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [SY8-5]. ( 医中誌 )

  18. 飯嶋 正子, 横倉 千恵子, 小池 正朗, 石川 潮音, 高橋 洋子, 増田 孝広, 石垣 裕美, 西 奈緒. ICUにおける手指衛生に関係する因子の検討 看護必要度との関連 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [O95-5]. ( 医中誌 )

  19. 森下 幸治, 尾林 聡, 鳥羽 三佳代, 石垣 裕美, 小野 和代, 佐瀬 裕子, 増田 孝広, 高橋 弘充, 田中 直文, 大友 康裕. 当院における初期研修医の安全管理レポート提出についての検討 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 379. ( 医中誌 )

  20. 石垣 裕美, 小野 和代, 佐瀬 裕子, 高橋 弘充, 増田 孝広, 森下 幸治, 工藤 篤, 田中 直文, 尾林 聡, 鳥羽 三佳代. 当院における病理結果の未確認防止に関するフロー作成 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 355. ( 医中誌 )

  21. 小野 和代, 石垣 裕美, 鳥羽 三佳代, 佐瀬 裕子, 高橋 弘充, 増田 孝広, 森下 幸治, 工藤 篤, 田中 直文, 尾林 聡. 当院における死亡事例検証システムの運用実態とその有用性・課題 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 363. ( 医中誌 )

  22. 田中 直文, 石垣 裕美, 小野 和代, 工藤 篤, 森下 幸治, 増田 孝広, 高橋 弘充, 佐瀬 裕子, 鳥羽 三佳代, 尾林 聡. 近隣病院の医療テレメーターが混信した事例と対策について 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 368. ( 医中誌 )

  23. 三島 有華, 犬飼 慎, 佐藤 幸世, 片平 舞, 藤永 潤, 塩田 修玄, 増田 孝広, 丸山 史, 若林 健二, 重光 秀信. 人工弁感染性心内膜炎の経過中に器質化肺炎の合併を疑いステロイド治療を行った1例 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [O52-2]. ( 医中誌 )

  24. 朝田 瑞穂, 増田 孝広, 大沼 優, 塩田 修玄, 三島 有華, 片平 舞, 貫井 陽子, 高橋 英夫, 重光 秀信. ICUにおける多職種回診を通じたantimicrobial stewardshipが抗菌薬処方動向に及ぼす効果の検討 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [P90-1]. ( 医中誌 )

  25. 長島 道生, 高橋 英夫, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. ICUとERスタッフがコラボレートしたCritical Care Outreach Team(CCOT)による全病棟回診の試み 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [O93-5]. ( 医中誌 )

  26. 増田 孝広, 塩田 修玄, 丸山 史, 若林 健二, 高橋 英夫, 重光 秀信. ECMOにて加療した子宮頸癌を原発とするplmonary tumor thrombotic microangiopathyの1例 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [O38-5]. ( 医中誌 )

  27. 増田 孝広, 清水 行栄, 大石 純子, 斎藤 恵子. 心臓血管外科領域における周術期の蛋白摂取量が術後在院日数に及ぼす影響についての検討 日本静脈経腸栄養学会雑誌. 2018.01; 33 (Suppl.): 346. ( 医中誌 )

  28. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 増田 孝広, 森下 幸治, 田中 よし子, 小野 和代, 田中 直文, 尾林 聡, 伏見 清秀. 一般病棟における『重症度、医療・看護必要度』と転倒転落の関連についての検討 医療の質・安全学会誌. 2017.10; 12 (Suppl.): 266. ( 医中誌 )

  29. 斎藤 恵子, 清水 行栄, 有本 正子, 杉原 華織, 大石 純子, 増田 孝広, 河野 辰幸. 重症弁膜症の開心術後、原因不明の高ビリルビン血症を発症した2症例 日本静脈経腸栄養学会雑誌. 2017.01; 32 (Suppl.): 644. ( 医中誌 )

  30. 増田 孝広, 中沢 弘一, 三高 千惠子. 手術を契機に発症した非典型溶血性尿毒症症候群に対し、エクリズマブを投与した症例 日本集中治療医学会雑誌. 2016.11; 23 (6): 673-674.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 増田 孝広, 中沢 弘一. 新・麻酔科研修の素朴な疑問に答えます. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2016.09 吸入ガスの加温・加湿はなぜ必要か (ISBN : 978-4-89592-866-3)

  2. 増田 孝広, 中沢 弘一. 麻酔科クリニカルクエスチョン101. 診断と治療社, 2016.05 Q85. 術後の抜管基準はどのようなものか?どのような患者で術後人工呼吸が必要か? (ISBN : 978-4-7878-2218-5)

  3. 増田 孝広, 中沢 弘一. 気道管理に強くなる. 羊土社, 2016.05 周術期における呼吸器合併症予防のテクニック (ISBN : 978-4-7581-1791-3)

  4. 増田 孝広,中沢 弘一. モニター数値・波形の「読める力」「動ける力」UPガイド 特集12 カプノメータ. 株式会社メディカ出版, 2015.12 特集12 カプノメータ (ISBN : 978-4-8404-5068-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hinoshita Takuga, Noda Koutaro, Kubo Toshihiro, Mishima Yuka, Uchimido Ryo, Shiota Nobuhiro, Nosaka Nobuyuki, Masuda Takahiro, Yamanouchi Hideo, Shigemitsu Hidenobu. PAI-1 of COVID-19 patients in ICU(和訳中). 日本集中治療医学会雑誌 2021.09.01

  2. Takahiro Masuda, Chieko Mitaka, May Khin Hnin Si, Koji Kido, Yu Qi, Tokujiro Uchida, Shinya Abe, Taku Miyasho, Makoto Tomita. Polymyxin B hemoperfusion prevents renal tubular cell death in a rat model of cecal ligation and puncture. International Symposium Intensive Care Medicine and Emergency Medicine 2015.03.17 Brussels, Belgium

  3. 塩田 修玄, 三島 有華, 内御堂 亮, 増田 孝広, 野坂 宣之, 丸山 史, 長島 道生, 山内 英雄, 鵜川 豊世武, 重光 秀信. 当院ICU長期滞在患者の特徴と予後に関する検討. 日本集中治療医学会雑誌 2021.09.01

  4. 久保 俊裕, 野坂 宜之, 鍔田 拓那, 野田 浩太郎, 三島 有華, 塩田 修玄, 増田 孝広, 長島 道生, 山内 英雄, 重光 秀信. COVID-19における至適PEEP管理の有用性. 日本集中治療医学会雑誌 2021.09.01

  5. 高橋 英夫, 長島 道生, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. RRSに期待される医療安全との連携-次世代に向けた新しい流れ- Rapid Response System(RRS)で対応した患者のCode Statusに関する報告. 日本集中治療医学会雑誌 2019.02.01

  6. 高橋 英夫, 長島 道生, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. RRSに期待される医療安全との連携-次世代に向けた新しい流れ- Rapid Response System(RRS)で対応した患者のCode Statusに関する報告. 日本集中治療医学会雑誌 2019.02.01

  7. 高橋 英夫, 長島 道生, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. RRSに期待される医療安全との連携-次世代に向けた新しい流れ- Rapid Response System(RRS)で対応した患者のCode Statusに関する報告. 日本集中治療医学会雑誌 2019.02.01

  8. 高橋 英夫, 長島 道生, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. RRSに期待される医療安全との連携-次世代に向けた新しい流れ- Rapid Response System(RRS)で対応した患者のCode Statusに関する報告. 日本集中治療医学会雑誌 2019.02.01

  9. 増田 孝広,清水 行栄,大石 純子,斎藤 恵子. 心臓血管外科領域における周術期の蛋白摂取量が術後在院日数に及ぼす影響についての検討. 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2018.02.23 横浜市

  10. 増田 孝広,塩田 修玄,丸山 史,若林 健二,高橋 英夫,重光 秀信. ECMO にて加療した子宮頸癌を原発とする pulmonary tumor thrombotic microangiopathy の 1 例. 第45回日本集中治療医学会学術集会 2018.02.21 千葉県千葉市

  11. 増田 孝広, 塩田 修玄, 原茂 明弘, 若林 健二, 足立 裕史, 中沢 弘一. 胸膜悪性中皮腫術後発生した肺瘻 およびそれに続発した肺炎/ARDSに対し、 分離肺換気及びV-V ECMOにて呼吸管理を行った一例. 第 38 回日本呼吸療法医学会学術集会 2016.07.17 名古屋市

  12. 丸山史、谷口あやめ、阿久津智洋、大森敬文、篠田健、増田孝広、伯水崇史、三高千恵子、中沢弘一. 急激に敗血症性ショックを発症し早期の治療介入により順調な経過をたどった B群β溶連菌による左下腿蜂窩織炎の一例. 第23回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 2014.08.23

  13. 増田 孝広,佐藤 悠,奥田 淳,佐伯 陽子,阿久津 麗香,豊田 佳隆. 術中のHydroxyethyl Starch(HES)70/0.5製剤の投与は術後30日の腎機能低下と関連する. 日本麻酔科学会第60回学術集会 2013.05.25

  14. 増田 孝広,佐藤 正顕,小安永 佳乃,小林 みどり,島田 宗明. 脳神経外科手術における全身麻酔中の高体温についての検討. 日本麻酔科学会第59回学術集会 2012.06

  15. 増田 孝広,佐藤 正顕,安藤 岳史,逢坂 佳宗,島田 宗明. 敗血症合併妊娠に対する全身管理. 第39回日本集中治療医学会学術集会 2012.03

  16. 増田 孝広,舘岡 一芳,北村 晋逸. 上川北部二次医療圏における周産期搬送の現況. 第37回日本集中治療医学会学術集会 2010.03

  17. 阿久津智洋、谷口あやめ、大森敬文、山本雄大、増田孝広、篠田健、丸山史、三高千恵子、中沢弘一. 抗GBM抗体症候群に対する持続透析・血漿交換目的のvascular access catheterが上大静脈を穿通し、右胸腔へ迷入した一例. 第23回日本集中治療医学会関東甲信越地方会

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 急性期栄養学,2021年 - 現在

  • 敗血症・多臓器不全,2015年 - 現在