基本情報

写真a

大見 武弘(オオミ タケヒロ)

OMI Takehiro


職名

理学療法士

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 首都大学東京  健康福祉学部  理学療法学科  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 首都大学東京  人間健康科学研究科  理学療法科学域  修士課程  2013年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(理学療法学)  首都大学東京

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 理学療法士
  • 2014年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 理学療法士
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 スポーツサイエンス機構 スポーツ医歯学診療センター アスレティックリハビリテーション部門 理学療法士
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 理学療法士
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 理学療法士

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2014年09月
    IMSグループ 医療法人明芳会 高島平中央総合病院 リハビリテーション科 理学療法士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本理学療法士協会

  • 日本体力医学会

  • 日本スポーツ理学療法学会

  • 日本予防理学療法学会

  • 日本基礎理学療法学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年06月
    -
    現在
    一般社団法人日本スポーツ医学検定機構 Medical Advisory Board
  • 2018年06月
    -
    2018年12月
    日本スポーツ理学療法学会 第5回学術大会準備委員 総務部
  • 2018年06月
    -
    現在
    NECレッドロケッツ 理学療法士(非常勤)
  • 2018年06月
    -
    現在
    日本運動器理学療法学会 学術大会演題査読者
  • 2018年06月
    -
    現在
    日本理学療法士協会 ガイドライン・用語策定委員会足関節捻挫システマティックレビュー班副班長

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • リハビリテーション科学・福祉工学

  • スポーツ科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 理学療法士

  • 認定理学療法士(スポーツ理学療法)

  • 日本体力医学会健康科学アドバイザー

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ランニング傷害予防のためのリスクファクターに関する前向き研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 片脚ジャンプ着地中の運動力学的変数の非対称性に着目した膝損傷予防動作指導の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ohji Shunsuke, Aizawa Junya, Hirohata Kenji, Ohmi Takehiro, Koga Hideyuki, Okawa Atsushi, Jinno Tetsuya, Yagishita Kazuyoshi. The Gap Between Subjective Return to Sports and Subjective Athletic Performance Intensity After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction ORTHOPAEDIC JOURNAL OF SPORTS MEDICINE. 2020.09; 8 (9): 2325967120947402. ( PubMed, DOI )

  • 大見武弘, 相澤純也, 廣幡健二, 大路駿介, 柳下和慶. 内側脛骨過労性骨膜炎の既往がある大学男子長距離ランナーの前方ステップ動作中の床反力の特徴 日本臨床スポーツ医学会誌. 2020.04; 28 (2): 313-320.

  • 大見 武弘,相澤 純也,廣幡 健二,大路 駿介,柳下 和慶. 定量荷重アーチ計測法による足部内側縦アーチ計測の信頼性と妥当性 理学療法科学. 2020.04; 35 (2): 179-185. ( DOI )

  • 廣幡 健二, 相澤 純也, 大見 武弘, 大路 駿介, 柳下 和慶. 片脚垂直連続ホッピングにおけるReactive strength index計測の再現性 日本臨床スポーツ医学会誌. 2020.04; 28 (2): 291-297. ( 医中誌 )

  • 大見 武弘, 相澤 純也, 廣幡 健二, 大路 駿介, 柳下 和慶. 内側脛骨過労性骨膜炎の既往の有無による大学男子長距離ランナーの前方ステップ動作中の床反力の違い 日本臨床スポーツ医学会誌. 2020.04; 28 (2): 313-320. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大見 武弘,相澤 純也,山田 拓実,大川 淳,柳下 和慶. 別冊整形外科No.75 整形外科診療における最先端技術. 南江堂, 2019.04 三次元動作解析装置を用いたPoint Cluster Techniqueとその応用 (ISBN : 978-4-524-27775-9)

  • 大見武弘(相澤純也,中丸宏二,平尾利行・編著). 疾患別整形外科理学療法ベストガイド 下肢編. 中外医学社 , 2018.11 脛骨内側ストレス症候群(シンスプリント) (ISBN : 449808330X)

  • 大見武弘(小山貴之・玉置龍也・監訳). 腰 痛 ─エビデンスに基づく予防とリハビリテーション─【原著第3版】〔Web 動画つき〕. ナップ, 2017.05 9章 患者の評価 (ISBN : 4905168473)

  • 大見武弘(相澤純也・監). クリニカルリーズニングで運動器の理学療法に強くなる!. 羊土社, 2017.04 内側脛骨ストレス症候群 / シンスプリント (ISBN : 475810218X)

  • 大見武弘(地神裕史,斉藤秀之 編集). 上肢の理学療法-局所機能と全身運動を結びつけるインタラクティブ・アプローチ. 三輪書店, 2016.06 第3節 整形外科疾患 9)肘関節脱臼 (ISBN : 4895905551)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 大見武弘,相澤純也,大原敏之,廣幡健二,大路駿介,見供翔,柳下和慶. 内側脛骨過労性骨膜炎の既往がある男子長距離選手の下腿筋横断面積とジョギング中の運動力学データとの関連. 第7回日本スポーツ理学療法学会学術大会 2021.01.28

  • 佐藤義尚,山田拓実,島村亮太,大見武弘,廣澤全紀,山内智之,田澤智央,加藤淳平. 健常成人と高齢者におけるFunctional Reach Testの運動パターンと身体機能との関係 -運動パターンごとのリーチ距離とCenter of Pressure移動距離,身体機能の検討-. 第25回日本基礎理学療法学会学術大会 2020.12.12

  • 金城里於, 和田敬広, 中禮宏, 大見武弘, 林海里, 柳下和慶, 宇尾基弘, 上野俊明. スポーツクレンチングとパフォーマンスの関係解明のためのマウスガード型ウェアラブルセン サ開発. 日本歯科理工学会関東地方会学術講演会 2020.10.31 東京都千代田区

  • 大見武弘,山田拓実,美﨑定也,島村亮太,田澤智央,加藤淳平,杉本和隆. ローテーティングヒンジ型人工膝関節を用いた再置換術後患者の立脚初期における歩行解析. 第50回日本人工関節学会 2020.02.22 福岡市

  • 相澤純也,廣幡健二,大見武弘,大路駿介. 膝スポーツ傷害後の再受傷予防と競技復帰に向けた応急管理と術前後アスレティックリハビリテーションの実践的技術. 日本理学療法士協会2019年度理学療法士講習会 2020.01.18 東京

全件表示 >>

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 物理理学療法学,文京学院大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ひざ痛予防教室(おしゃべり会),東京都荒川区福祉部高齢者福祉課,南千住8丁目リバーパーク汐入町会会館,2016年02月22日