基本情報

写真a

壽美田 一貴(スミタ カズタカ)

Sumita Kazutaka


職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  脳神経外科学  博士課程  2008年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 助教
  • 2015年01月
    -
    2017年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 助教
  • 2017年04月
    -
    2017年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 助教
  • 2017年06月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 血管内治療学 講師
  • 2018年04月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 血管内治療学 講師
  • 2020年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 血管内治療学 教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳神経外傷学会

  • 日本小児神経外科学会

  • 日本神経内視鏡学会

  • 日本脳腫瘍の外科学会

  • 日本脳腫瘍学会

  • 日本脳卒中の外科学会

  • 日本脳卒中学会

  • 日本脳神経外科コングレス

  • 日本脳神経血管内治療学会

  • 日本脳神経外科学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 脳神経外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脳腫瘍における分子生物学的解析,2015年01月 - 現在

  • 神経シナプスにおける裏打ちタンパクの研究,2004年04月 - 2008年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 悪性神経膠腫にて活性化するGTP代謝経路を標的とした治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 悪性脳腫瘍治療の新規標的分子の発見をめざしたメチオニン集積機構の分子細胞学的検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Fujita K, Fujii S, Hirai S, Yamaoka H, Ishikawa M, Karakama J, Miki K, Yoshimura M, Nemoto S, Sumita K. P2Y12 reaction units and ischemic and bleeding events after neuro-endovascular treatment. Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association. 2022.09; 31 (9): 106631. ( PubMed, DOI )

  2. Ayabe Fuga, Sumita Kazutaka, Fujii Shoko, Fujita Kyohei, Miki Kazunori, Aizawa Yuki, Karakama Jun, Maehara Taketoshi, Nemoto Shigeru. Simulation Model of Arteriovenous Malformation Embolization Using Onyx Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.11; 15 (11): 741-746. ( 医中誌 )

  3. Kuroda T, Akaza M, Miki K, Fujii S, Yagi Y, Kanouchi T, Sanjo N, Sumita K, Yokota T. Sacral dural arteriovenous fistula mimicking multiple mononeuropathy. Clinical neurology and neurosurgery. 2021.11; 210 106993. ( PubMed, DOI )

  4. Miki Kazunori, Sumita Kazutaka, Fujii Shoko, Fujita Kyohei, Aizawa Yuki, Karakama Jun, Yoshino Yoshikazu, Emoto Hirofumi, Nemoto Shigeru. A Case of Idiopathic Intracranial Hypertension Treated by Transverse Sinus Stenting Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.10; 15 (10): 653-658. ( 医中誌 )

  5. Masataka Yoshimura, Kazutaka Sumita, Shoko Fujii, Kazunori Miki, Yuki Aizawa, Kyohei Fujita, Shinji Yamamoto, Shigeru Nemoto, Taketoshi Maehara. Periprocedural Variability of Platelet Functions in Carotid Artery Stenting: An Analysis Using VerifyNow Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.08; 15 (8): 505-516. ( DOI )

  6. Kyohei Fujita,Shoko Fujii,Hiroto Yamaoka,Fuga Ayabe,Sakyo Hirai,Kittipong Srivatanakul,Kazutaka Sumita. Results of an International Questionnaire Investigating Changes in Acute Stroke Management between Before and During the COVID-19 Pandemic Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.08; 15 (8): 498-504. ( DOI )

  7. Fujii S, Fujita K, Yamaoka H, Miki K, Hirai S, Nemoto S, Sumita K. Refractory in-stent stenosis after flow diverter stenting associated with delayed cobalt allergic reaction. Journal of neurointerventional surgery. 2021.08; 14 (4): e4. ( PubMed, DOI )

  8. Hirai Sakyo, Tanaka Yoji, Sato Hirotaka, Kato Koichi, Kim Yongson, Yamamura Toshihiro, Sumita Kazutaka, Arai Toshinari. Quantitative collateral assessment evaluated by cerebral blood volume measured by CT perfusion in patients with acute ischemic stroke JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2021.07; 30 (7): 105797. ( PubMed, DOI )

  9. Fujii Shoko, Miki Kazunori, Aizawa Yuki, Karakama Jun, Fujita Kyohei, Maehara Taketoshi, Nemoto Shigeru, Sumita Kazutaka. Mid-/Long-Term Outcome of Neuroendovascular Treatment for Chronic Carotid Artery Total Occlusion Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.05; 15 (5): 288-294. ( 医中誌 )

  10. Kazunori Miki, Yuki Aizawa, Shoko Fujii, Jun Karakama, Kyohei Fujita, Yoshiyuki Sasaki, Shigeru Nemoto, Kazutaka Sumita. Combined Technique Thrombectomy with a Long Balloon-Guiding Catheter and Long Sheath Aids in Rapid and Stable Recanalization in Patients with Anterior Circulation Acute Ischemic Stroke Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.05; 15 (5): 281-287. ( DOI )

  11. Maehara T, Kamiya K, Fujimaki T, Matsumura A, Hongo K, Kuroda S, Matsumae M, Takeshima H, Sugo N, Nakao N, Saito N, Ikawa F, Tamura N, Sakurada K, Shimokawa S, Arai H, Tamura K, Sumita K, Hara S, Kato Y, Gender Equality Committee of the Japan Neurosurgical Society.. A Questionnaire to Assess the Challenges Faced by Women Who Quit Working as Full-Time Neurosurgeons. World neurosurgery. 2020.01; 133 331-342. ( PubMed, DOI )

  12. Yamada Kenji, Tanaka Yoji, Sumita Kazutaka, Nemoto Shigeru, Maehara Taketoshi. Computational Fluid Dynamics Analysis of the Offending Artery at Sites of Neurovascular Compression in Trigeminal Neuralgia Using Preoperative MRI Data NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA. 2019.11; 59 (11): 415-422. ( PubMed, DOI )

  13. Kofuji S, Hirayama A, Eberhardt AO, Kawaguchi R, Sugiura Y, Sampetrean O, Ikeda Y, Warren M, Sakamoto N, Kitahara S, Yoshino H, Yamashita D, Sumita K, Wolfe K, Lange L, Ikeda S, Shimada H, Minami N, Malhotra A, Morioka S, Ban Y, Asano M, Flanary VL, Ramkissoon A, Chow LML, Kiyokawa J, Mashimo T, Lucey G, Mareninov S, Ozawa T, Onishi N, Okumura K, Terakawa J, Daikoku T, Wise-Draper T, Majd N, Kofuji K, Sasaki M, Mori M, Kanemura Y, Smith EP, Anastasiou D, Wakimoto H, Holland EC, Yong WH, Horbinski C, Nakano I, DeBerardinis RJ, Bachoo RM, Mischel PS, Yasui W, Suematsu M, Saya H, Soga T, Grummt I, Bierhoff H, Sasaki AT. IMP dehydrogenase-2 drives aberrant nucleolar activity and promotes tumorigenesis in glioblastoma. Nature cell biology. 2019.08; 21 (8): 1003-1014. ( PubMed, DOI )

  14. Jun Karakama, Tadashi Nariai, Shoko Hara, Shihori Hayashi, Kazutaka Sumita, Motoki Inaji, Yoji Tanaka, Kei Wagatsuma, Kenji Ishii, Shigeru Nemoto, Taketoshi Maehara. Unique Angiographic Appearances of Moyamoya Disease Detected with 3-Dimensional Rotational Digital Subtraction Angiography Imaging Showing the Hemodynamic Status. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2018.08; 27 (8): 2147-2157. ( PubMed, DOI )

  15. Hiroyuki Akagawa, Maki Mukawa, Tadashi Nariai, Shunsuke Nomura, Yasuo Aihara, Hideaki Onda, Taku Yoneyama, Takumi Kudo, Kazutaka Sumita, Taketoshi Maehara, Takakazu Kawamata, Hidetoshi Kasuya. variants in Japanese pediatric patients with moyamoya disease. Hum Genome Var. 2018.01; 5 17060. ( PubMed, DOI )

  16. Xiaoshu Dong, Kaoru Tamura, Daisuke Kobayashi, Noboru Ando, Kazutaka Sumita, Taketoshi Maehara. LAPTM4B-35 is a novel prognostic factor for glioblastoma. J. Neurooncol.. 2017.04; 132 (2): 295-303. ( PubMed, DOI )

  17. Maki Mukawa, Tadashi Nariai, Hideaki Onda, Taku Yoneyama, Yasuo Aihara, Kengo Hirota, Takumi Kudo, Kazutaka Sumita, Taketoshi Maehara, Takakazu Kawamata, Hidetoshi Kasuya, Hiroyuki Akagawa. Exome Sequencing Identified CCER2 as a Novel Candidate Gene for Moyamoya Disease. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2016.10; 26 (1): 150-161. ( PubMed, DOI )

  18. Hideyuki Arita, Kai Yamasaki, Yuko Matsushita, Taishi Nakamura, Asanao Shimokawa, Hirokazu Takami, Shota Tanaka, Akitake Mukasa, Mitsuaki Shirahata, Saki Shimizu, Kaori Suzuki, Kuniaki Saito, Keiichi Kobayashi, Fumi Higuchi, Takeo Uzuka, Ryohei Otani, Kaoru Tamura, Kazutaka Sumita, Makoto Ohno, Yasuji Miyakita, Naoki Kagawa, Naoya Hashimoto, Ryusuke Hatae, Koji Yoshimoto, Naoki Shinojima, Hideo Nakamura, Yonehiro Kanemura, Yoshiko Okita, Manabu Kinoshita, Kenichi Ishibashi, Tomoko Shofuda, Yoshinori Kodama, Kanji Mori, Yusuke Tomogane, Junya Fukai, Koji Fujita, Yuzo Terakawa, Naohiro Tsuyuguchi, Shusuke Moriuchi, Masahiro Nonaka, Hiroyoshi Suzuki, Makoto Shibuya, Taketoshi Maehara, Nobuhito Saito, Motoo Nagane, Nobutaka Kawahara, Keisuke Ueki, Toshiki Yoshimine, Etsuo Miyaoka, Ryo Nishikawa, Takashi Komori, Yoshitaka Narita, Koichi Ichimura. A combination of TERT promoter mutation and MGMT methylation status predicts clinically relevant subgroups of newly diagnosed glioblastomas. Acta Neuropathol Commun. 2016.08; 4 (1): 79. ( PubMed, DOI )

  19. Kazutaka Sumita, Yu-Hua Lo, Koh Takeuchi, Miki Senda, Satoshi Kofuji, Yoshiki Ikeda, Jumpei Terakawa, Mika Sasaki, Hirofumi Yoshino, Nazanin Majd, Yuxiang Zheng, Emily Rose Kahoud, Takehiro Yokota, Brooke M Emerling, John M Asara, Tetsuo Ishida, Jason W Locasale, Takiko Daikoku, Dimitrios Anastasiou, Toshiya Senda, Atsuo T Sasaki. The Lipid Kinase PI5P4Kβ Is an Intracellular GTP Sensor for Metabolism and Tumorigenesis. Mol. Cell. 2016.01; 61 (2): 187-198. ( PubMed, DOI )

  20. Miho Watanabe, Haiying Li, Aimee G Kim, Aaron Weilerstein, Anteneta Radu, Marcus Davey, Stavros Loukogeorgakis, Melissa D Sánchez, Kazutaka Sumita, Naoki Morimoto, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Alan W Flake. Complete tissue coverage achieved by scaffold-based tissue engineering in the fetal sheep model of Myelomeningocele. Biomaterials. 2016.01; 76 133-143. ( PubMed, DOI )

  21. Nazanin Majd, Kazutaka Sumita, Hirofumi Yoshino, Dillon Chen, Jumpei Terakawa, Takiko Daikoku, Satoshi Kofuji, Richard Curry, Trisha M. Wise-Draper, Ronald E. Warnick, Jessica Guarnascheli, Atsuo T. Sasaki. A review of the Potential Utility of Mycophenolate Mofetil as a Cancer Therapeutic, Journal of Cancer Resarch Journal of Cancer Resarch. 2014.07;

  22. Kazutaka Sumita, Hirofumi Yoshino, Mika Sasaki, Nazanin Majd, Emily Rose Kahoud, Hidenori Takahashi, Koh Takeuchi, Taruho Kuroda, Susan Lee, Pascale G Charest, Kosuke Takeda, John M Asara, Richard A Firtel, Dimitrios Anastasiou, Atsuo T Sasaki. Degradation of activated K-Ras orthologue via K-Ras-specific lysine residues is required for cytokinesis. J. Biol. Chem.. 2014.02; 289 (7): 3950-3959. ( PubMed, DOI )

  23. Rachael Baker, Emily M Wilkerson, Kazutaka Sumita, Daniel G Isom, Atsuo T Sasaki, Henrik G Dohlman, Sharon L Campbell. Differences in the regulation of K-Ras and H-Ras isoforms by monoubiquitination. J. Biol. Chem.. 2013.12; 288 (52): 36856-36862. ( PubMed, DOI )

  24. Arasukumar Subramani, Samer Alsidawi, Sajjeev Jagannathan, Kazutaka Sumita, Atsuo T Sasaki, Bruce Aronow, Ronald E Warnick, Sean Lawler, James J Driscoll. The brain microenvironment negatively regulates miRNA-768-3p to promote K-ras expression and lung cancer metastasis. Sci Rep. 2013.08; 3 2392. ( PubMed, DOI )

  25. Mindy I Davis, Atsuo T Sasaki, Min Shen, Brooke M Emerling, Natasha Thorne, Sam Michael, Rajan Pragani, Matthew Boxer, Kazutaka Sumita, Koh Takeuchi, Douglas S Auld, Zhuyin Li, Lewis C Cantley, Anton Simeonov. A homogeneous, high-throughput assay for phosphatidylinositol 5-phosphate 4-kinase with a novel, rapid substrate preparation. PLoS ONE. 2013.01; 8 (1): e54127. ( PubMed, DOI )

  26. Yijun Bao, Kazutaka Sumita, Takumi Kudo, Kanchanamala Withanage, Kentaro Nakagawa, Mitsunobu Ikeda, Kikuo Ohno, Yunjie Wang, Yutaka Hata. Roles of mammalian sterile 20-like kinase 2-dependent phosphorylations of Mps one binder 1B in the activation of nuclear Dbf2-related kinases. Genes Cells. 2009.12; 14 (12): 1369-1381. ( PubMed, DOI )

  27. S Hirabayashi, K Nakagawa, K Sumita, S Hidaka, T Kawai, M Ikeda, A Kawata, K Ohno, Y Hata. Threonine 74 of MOB1 is a putative key phosphorylation site by MST2 to form the scaffold to activate nuclear Dbf2-related kinase 1. Oncogene. 2008.07; 27 (31): 4281-4292. ( PubMed, DOI )

  28. Junko Iida, Hiroyoshi Ishizaki, Miki Okamoto-Tanaka, Akira Kawata, Kazutaka Sumita, Shintaro Ohgake, Yuji Sato, Hiroshi Yorifuji, Nobuyuki Nukina, Kazumasa Ohashi, Kensaku Mizuno, Tomonari Tsutsumi, Akira Mizoguchi, Jun Miyoshi, Yoshimi Takai, Yutaka Hata. Synaptic scaffolding molecule alpha is a scaffold to mediate N-methyl-D-aspartate receptor-dependent RhoA activation in dendrites. Mol. Cell. Biol.. 2007.06; 27 (12): 4388-4405. ( PubMed, DOI )

  29. Kazutaka Sumita, Yuji Sato, Junko Iida, Akira Kawata, Mamiko Hamano, Susumu Hirabayashi, Kikuo Ohno, Elior Peles, Yutaka Hata. Synaptic scaffolding molecule (S-SCAM) membrane-associated guanylate kinase with inverted organization (MAGI)-2 is associated with cell adhesion molecules at inhibitory synapses in rat hippocampal neurons. J. Neurochem.. 2007.01; 100 (1): 154-166. ( PubMed, DOI )

  30. Akira Kawata, Junko Iida, Mitsunobu Ikeda, Yuji Sato, Hiroki Mori, Ai Kansaku, Kazutaka Sumita, Naoyuki Fujiwara, Chiaki Rokukawa, Mamiko Hamano, Susumu Hirabayashi, Yutaka Hata. CIN85 is localized at synapses and forms a complex with S-SCAM via dendrin. J. Biochem.. 2006.05; 139 (5): 931-939. ( PubMed, DOI )

  31. Ueno Hiroshi, Yamaoka Hiroto, Hirai Sakyo, Fujita Kyohei, Ishikawa Mariko, Fujii Shoko, Aizawa Yuki, Ishii Yosuke, Yoshimura Masataka, Yamada Kenji, Yoshino Yoshikazu, Kurata Morito, Seto Katsutoshi, Ishibashi Hironori, Okubo Kenichi, Nemoto Shigeru, Sumita Kazutaka. Endovascular treatment for acute ischemic stroke after video-assisted thoracoscopic pulmonary lobectomy in patients with lung cancer: A report of four cases and literature review JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2022.08; 31 (8): 106593. ( PubMed, DOI )

  32. Kim Y, Kudo T, Tamura K, Sumita K, Kobayashi D, Tanaka Y, Inaji M, Nariai T, Ishii K, Maehara T. [Clinical Findings of Thalamic and Brainstem Glioma Including Diffuse Midline Glioma, H3K27M Mutant:A Clinical Study]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2021.07; 49 (4): 901-908. ( PubMed, DOI )

  33. 相澤 有輝, 藤田 恭平, 藤井 照子, 山岡 寛人, 三木 一徳, 根本 繁, 壽美田 一貴. 【AIS高難度病変-私はこう治療する!】Tandem lesionの治療戦略 頭蓋内外主幹動脈閉塞に対する血行再建術における治療戦略 脳神経外科速報. 2021.05; 31 (3): 461-466. ( 医中誌 )

  34. 相澤 有輝, 三木 一徳, 藤井 照子, 岩瀬 遼, 藤田 恭平, 澤田 佳奈, 三枝 邦康, 前原 健寿, 根本 繁, 壽美田 一貴. 高安動脈炎を背景とした脳梗塞に対して経皮的血管形成術および血栓回収術を施行した1例 脳神経外科ジャーナル. 2021.02; 30 (2): 139-145. ( 医中誌 )

  35. 相澤有輝、三木一徳、藤井照子、室田祐大、岩瀬遼、藤田恭平、唐鎌淳、前原健寿、根本繁、壽美田一貴. 頭蓋内外主幹動脈閉塞に対して逆行性アプローチを第一選択とした血行再建術における治療戦略 脳神経外科ジャーナル. 2020.11; 29 (11): 795-804.

  36. Ujikawa T, Tanaka Y, Onaka K, Kudo T, Sugawara T, Sumita K, Maehara T. [A Case Report of Clivus Chordoma Presenting with Cerebrospinal Fluid Rhinorrhea]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.07; 48 (7): 601-606. ( PubMed, DOI )

  37. Ishikawa M, Sumita K, Tamura K, Kobayashi D, Tsukahara Y, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Maehara T. [Cerebellar Glioblastoma with Intrathecal Dissemination:A Report of Four Cases]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.03; 48 (3): 237-244. ( PubMed, DOI )

  38. 壽美田 一貴, 山田 健嗣, 唐鎌 淳, 清水 一秀, 菅原 貴志, 三木 一徳, 金 瑛仙, 平沢 光明, 前原 健寿, 根本 繁. くも膜下出血の出血源の同定が困難であった5ヶ所の多発脳動脈瘤に対してネッククリッピングとコイル塞栓術を施行した1例 脳卒中. 2019.09; 41 (5): 404-410. ( 医中誌 )

  39. 澤柳 文菜, 壽美田 一貴, 田中 洋次, 唐鎌 淳, 工藤 琢巳, 田村 郁, 菅原 貴志, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 遠位部前大脳動脈瘤の部位,親動脈を同定するためのカラードップラーエコーの有用性 Neurological Surgery. 2019.03; 47 (3): 321-327. ( 医中誌 )

  40. 壽美田 一貴, 唐鎌 淳, 三木 一徳, 石川 茉莉子, 前原 健寿, 根本 繁. 舌動脈仮性動脈瘤の塞栓術中に外頸動脈から内頸動脈へコイルがmigrationした1例 Neurosurgical Emergency. 2018.12; 23 (2): 127-132. ( 医中誌 )

  41. Kazutaka Sumita, Jun Karakama, Ippei Makita, Kazunori Miki, Yoshikazu Yoshino, Masataka Yoshimura, Taketoshi Maehara, Shigeru Nemoto. [A Case of Pseudoaneurysm of the Lingual Artery that was Difficult to be Distinguished from Epistaxis]. No Shinkei Geka. 2018.10; 46 (10): 911-916. ( PubMed, DOI )

  42. 壽美田 一貴, 武川 麻紀, 工藤 琢巳, 田村 郁, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直. 小児もやもや病診断・治療の進歩と長期予後 小児期に出血で発症したもやもや病の長期治療成績 The Mt. Fuji Workshop on CVD. 2018.07; 36 10-12. ( 医中誌 )

  43. Yukika Arai, Kazutaka Sumita, Kaoru Tamura, Daisuke Kobayashi, Jun Karakama, Kei Ito, Masae Kuroha, Motoki Inaji, Yoji Tanaka, Tadashi Nariai, Taketoshi Maehara. [A Rare Case of Radiation-Induced Meningioma that Occurred Only 3 Years and 6 Months after Radiation Therapy for Oligodendroglioma]. No Shinkei Geka. 2018.06; 46 (6): 515-521. ( PubMed, DOI )

  44. 吉野 義一, 根本 繁, 三木 一徳, 山本 信二, 壽美田 一貴, 芳村 雅隆. 色素血管母斑症に合併した内頸動脈錐体部巨大動脈瘤の1例 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2013.07; 7 (3): 172-178. ( 医中誌 )

  45. 寺門 利継, 神田 仁, 山科 元滋, 芳村 雅隆, 廣田 晋, 壽美田 一貴, 山本 信二. 眼窩上壁骨折に伴う脳挫傷に対して前頭蓋底再建術を施行した1例 茨城県農村医学会雑誌. 2012.12; 25 18-20. ( 医中誌 )

  46. 石井 洋介, 山崎 信吾, 河野 能久, 壽美田 一貴, 小幡 佳輝, 平井 作京, 小寺 実, 橋本 邦雄. 超急性期脳梗塞の治療成績の検討 r-tPA静注療法と血管内治療の有用性と役割について Neurosurgical Emergency. 2009.07; 14 (1): 54-61. ( 医中誌 )

  47. 大島 乃里子, 石沢 麻以子, 平田 美佐子, 坂田 優, 宮坂 尚幸, 坂本 秀一, 久保田 俊郎, 麻生 武志, 壽美田 一貴, 鳥山 英之, 大野 喜久郎. 脳室腹腔シャント機能不全のため腹膜外帝王切開術を行った1例 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2002.09; 51 (3): 358-361. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 壽美田一貴. キホンの知識と最新情報を総ざらい!ナースのための脳血管内治療2020. (株)メディカ出版, 2020.11 脳動脈瘤 コイル塞栓術

  2. 壽美田一貴. デキル内科医のコンサルト 専門医が教える隠れたエッセンス . (株)医学書院, 2020.04 未破裂脳動脈瘤を疑う場合

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 壽美田一貴. 若手術者に言語化して伝える血管内治療 〜ワイヤー操作からステント留置にいたるまで〜. 第36回日本脳神経血管内治療学会九州地方会 2022.07.30

  2. 壽美田一貴. 見えなかった壁を越える!シャント疾患へのiconoからの挑戦状. 第28回日本血管内治療学会学術総会 2022.06.25 名古屋

  3. 壽美田一貴. 血管撮影装置からマイクロガイドワイヤーにいたるこだわり. 第31回 脳神経外科手術と機器学会 2022.04.15 東京

  4. 壽美田一貴. 小児脳血管奇形. 第45回日本脳神経CI学会総会 2022.04.09 横浜

  5. 壽美田一貴, 芳村雅隆, 重田恵吾, 佐藤洋平, 石和田宰弘, 山村俊弘, 小幡佳輝, 山岡寛人, 藤井照子, 藤田恭平, 平井作京, 根本繁. 硬膜動静脈瘻におけるOnyx適応部位における経動脈的および経静脈的塞栓の検討. 第37回日本脳神経血管内治療学会学術集会 2021.11.26 博多

  6. 壽美田一貴. Phenom、SHIELD、そしてPremier適応による新たなステージへ. 第37回日本脳神経血管内治療学会学術集会 2021.11.26

  7. 壽美田一貴. Framingからつくるfinishingへの道 〜Finishingを極める〜. 第37回日本脳神経血管内治療学会学術集会 2021.11.26

  8. 壽美田一貴. Artis icono D-spin 1年間全力で使ってみた. 第37回日本脳神経血管内治療学会学術集会 2021.11.26

  9. 壽美田一貴, 藤井照子, 藤田恭平, 山岡寛人, 平井作京, 千葉慶太郎, 石井洋介, 根本繁. Flow diverter stentの治療成績と抗血栓療法継続期間の検討. 日本脳神経外科学会第80回学術総会 2021.10.27 横浜

  10. 壽美田一貴. 小型動脈瘤に対してFramingから使用するOPTIMAコイルの実力. 日本脳神経外科学会第80回学術総会 2021.10.27 横浜

  11. 壽美田一貴. IC-PC動脈瘤. 第12回Hybrid Neurosurgery 研究会 2021.09.25

  12. 壽美田一貴. CCF DAVF. 第1回東京脳神経血管内治療教育セミナー 2021.09.24 横浜

  13. 壽美田一貴. 抗血小板剤による合併症と効果判定への対応. 第15回東京脳卒中の血管内治療セミナー 2021.09.05 東京

  14. 壽美田一貴. Flowdiverter stentの弱点はcoilで補えるか?. 第20回日本脳神経血管内治療学会関東地方会・学術集会 2021.08.21 東京

  15. 壽美田一貴. 脳卒中の予防から治療~血管内治療でできること~. 文京区医師会セミナー 2021.07.06

  16. 壽美田一貴. 挑戦から安定、そして安心へ. 第46回日本脳卒中学会学術集会 2021.03.13 福岡

  17. 壽美田一貴. Framingからのi-ED coil. 第46回日本脳卒中学会学術集会 2021.03.11 福岡

  18. 壽美田一貴、藤井照子、藤田恭平、三木一徳、山岡寛人、三木一徳、根本繁. 適応拡大となったflow diverterが対象とする動脈瘤の治療成績. 第46回日本脳卒中学会学術集会 2021.03.11 福岡

  19. 壽美田一貴. Covid19診療と脳卒中診療を両立するために 〜当院に求められた診療体制の変革〜. 第19回日本脳神経血管内治療学会関東地方会・学術集会 2021.02.20 東京

  20. 壽美田一貴. Flow diverterを視野に入れたneck bridge stentの使用につい. 第19回日本脳神経血管内治療学会関東地方会・学術集会 2021.02.20 東京

  21. 壽美田一貴、藤井照子、三木一徳、藤田恭平、根本繁. 硬膜動静脈瘻における経動脈的および経静脈的塞栓の利点、欠点. 第36回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2020.11.19 京都

  22. 藤田恭平,藤井照子,三木一徳,横田隆徳,根本繁,壽美田一貴. 血管内治療周術期の合併症予測におけるP2Y12 reaction unitの有用性. 第36回日本脳神経血管内治療学会学術集会 2020.11.19

  23. 壽美田一貴、三木一徳、藤井照子、藤田恭平、根本繁. Flow diverter stent留置後の中長期経過観察中の抗血栓療法継続期間の検討. 日本脳神経外科学会第79回学術総会 2020.10.15 岡山

  24. 唐鎌 淳, 菅原貴志, 稲次基希, 田中洋次, 成相 直, 藤井照子, 藤田恭平, 三木一徳, 壽美田一貴, 前原健寿. 当施設における脊髄硬膜動静脈瘻の治療成績. 第79回日本脳神経外科学会学術総会 2020.10.15

  25. 壽美田一貴. Flowdiverter留置術中のトラブル、術後合併症の3例. 第11回Hybrid Neurosurgery研究会 2020.10.03

  26. 壽美田一貴. マイクロカテーテル、マイクロガイドワイヤーを駆使した閉塞血管の掘削の限界. 第14回東京脳卒中の血管内治療セミナー 2020.09.06

  27. 藤田 恭平、三木 一徳、藤井 照子、唐鎌 淳、根本 繁、壽美田 一貴. 難治性の横静脈洞部硬膜動静脈瘻に対して複合的治療を行い、シャントを閉塞した一例. 第18回 日本脳神経血管内治療学会 関東地方会 2020.09.05

  28. 壽美田一貴、三木一徳、唐鎌淳、藤井照子、相澤有輝、根本繁. 動脈瘤閉塞率と周術期合併症から検討するFlowdiverter stentの有用性. 第45回日本脳卒中学会学術集会 2020.08.25 横浜

  29. 唐鎌 淳, 成相 直, 原 祥子, 山科元滋, 壽美田一貴, 稲次基希, 田中洋次, 根本 繁, 前原健寿. もやもや病におけるperiventricular anastomosisの脳血管造影における特徴および臨床像との比較. 第45回日本脳卒中学会学術集会 2020.08.23

  30. 唐鎌 淳, 稲次基希, 沖野礼一, 髙橋 暁, 壽美田一貴, 菅原貴志, 田中洋次, 成相 直, 前原健寿. 当施設における高齢者頭部外傷の検討. 第43回日本脳神経外傷学会 2020.03.06

  31. 壽美田一貴. 医療へのVirtual reality機器の導入〜血管内治療における可能性〜. 第43回日本脳神経CI学会 2020.01.25 岡山

  32. 壽美田一貴, 三木一徳, 唐鎌 淳, 藤井照子, 相澤有輝, 根本 繁. VerifyNowによる抗血小板剤効果測定から見る脳血管内治療の合併症の検討. 第35回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2019.11.22 福岡

  33. 壽美田一貴, 芳村雅隆, 三木一徳, 唐鎌 淳, 藤井照子, 相澤有輝, 道崎瞳, 玉木香菜, 山本信二, 根本 繁. 血管内治療周術期における抗血小板剤の効果に及ぼす因子の検討. 日本脳神経外科学会第78回学術総会 2019.10.11 大阪

  34. 壽美田一貴. 東京医科歯科大学における急性期血栓回収療法〜Combined Techniqueの効果〜. 第6回日本心血管脳卒中学会学術集会 2019.06.28

  35. 壽美田一貴. 急性期血栓回収療法を安全に素早く行うためのデバイスの選択と工夫. 第16回日本脳神経血管内治療学会関東地方会学術集会 2019.06.15 東京

  36. 壽美田一貴, 三木一徳, 唐鎌 淳, 根本 繁. 急性期血行再建におけるSAVE techniqueならびに100cmバルーン付きガイディングカテールの有用性. 第44回日本脳卒中学会学術集会 2019.03.21 横浜

  37. 壽美田一貴、唐鎌淳、三木一徳、根本繁. 術前シミュレーションおよびカテーテルシェイピングへのMixed Reality(MR)機器の導入. 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2018.11.23

  38. 壽美田一貴、唐鎌淳、三木一徳、根本繁. 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対する下錐体静脈洞からの海綿静脈洞へのアプローチの検討. 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2018.11.22

  39. 壽美田一貴、唐鎌淳、三木一徳、根本繁. Virtual Reality(VR)機器を使用した血管内治療術前シュミレーション、カテーテルシェイピング. 日本脳神経外科学会第77回学術総会 2018.10.11

  40. 壽美田一貴、唐鎌淳、三木一徳、根本繁. Galaxy G3ランダムループコイルの有用性. Brush-up Seminar of Neuroendovascular Therapy 2018 2018.09.14

  41. 壽美田一貴、唐鎌淳、三木一徳、根本繁. Framing coilを選ばないGalaxy G3ランダムループコイルの特性. 第12回東京脳卒中の血管内治療セミナー 2018.09.02

  42. 壽美田一貴、唐鎌淳、三木一徳、根本繁. Virtual Reality(VR)機器を使用した動脈瘤塞栓術におけるカテーテルシェイプ. 第15回日本脳神経血管内治療学会関東地方会学術集会 2018.07.14

  43. 壽美田一貴、柳町昌克、高木正稔、田村郁、工藤琢巳、稲次基希、田中洋次、成相直、根本繁、前原健寿. 初発時から10年後に再発したmedulloblastomaの1例. 第46回日本小児神経外科学会 2018.06.08

  44. 壽美田一貴、三木一徳、唐鎌 淳、吉野義一、根本 繁. 高齢者に対する急性期血行再建の課題 . 第43回日本脳卒中学会学術集会 2018.03.17

  45. 壽美田一貴、相澤有輝、田村郁、工藤琢巳、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. Gliomaに対するBevacizumab投与開始時期、投与後の再発様式の検討. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26 高松

  46. 田村 郁、董 暁書、小林大輔、安藤登、壽美田一貴、前原健寿. 膠芽腫におけるLAPTM4B-35の発現と予後因子としての意義. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26 高松

  47. 工藤琢巳,Edward Green,壽美田一貴,田村郁,前原健寿,Michael Platten. 免疫制御因子であるTDO2の発現は転写因子のCEBPBによって制御される. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26 高松

  48. 唐鎌 淳, 三木一徳, 壽美田一貴, 吉野義一, 前原健寿, 根本 繁. 当施設における硬膜動静脈瘻の治療戦略と成績. 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017.11.23

  49. 壽美田 一貴、唐鎌 淳、芳村 雅隆、藤井 照子、三木 一徳、吉野 義一、山本 信二、菅原 貴志、稲次 基希、田中 洋次、前原 健寿、根本 繁. 腫瘍内塞栓を目指した塞栓術の合併症の検討. 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017.11.23

  50. 壽美田一貴、三木一徳、唐鎌 淳、吉野義一、根本 繁. 高齢者に対する急性期血行再建の有用性と問題点. 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017.11.23 東京

  51. 田中洋次,稲次基希,菅原貴志,壽美田一貴,田村郁,工藤琢巳,成相直,前原健寿. 経鼻内視鏡手術における3Dヘッドマウントディスプレイの有用性. 第24回日本神経内視鏡学会 2017.11.09

  52. 田中洋次,稲次基希,菅原貴志,壽美田一貴,田村郁,工藤琢巳,成相直,前原健寿. 髄液鼻漏閉鎖術における瘻孔の直接確認・閉鎖の重要性. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  53. 壽美田一貴、唐鎌淳、芳村雅隆、藤井照子、三木一徳、吉野義一、山本信二、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、前原健寿、根本繁. 腫瘍内塞栓を目指した塞栓術の安全性の検討. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12 名古屋

  54. 工藤琢巳、壽美田一貴、田村郁、前原健寿. RASSF3は膠芽腫において腫瘍抑制因子として機能する. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12 名古屋

  55. 菅原貴志,原祥子,壽美田一貴,稲次基希,田中洋次,成相直,堤剛,前原健寿. 小脳橋角部髄膜腫に対する手術戦略-スタンダード(Simpson grade II)とチャレンジ(Simpson grade I)- . 第22回日本脳腫瘍の外科学会 2017.09.08

  56. 壽美田一貴、唐鎌淳、芳村雅隆、藤井照子、三木一徳、吉野義一、山本信二、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、前原健寿、根本繁. 腫瘍内塞栓を目的とした術前腫瘍塞栓術の安全性の検討. 第22回日本脳腫瘍の外科学会 2017.09.08 鹿児島

  57. 壽美田一貴、武川麻紀、工藤琢巳、田村郁、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、前原健寿、成相直. 小児期に出血で発症したもやもや病の長期治療成績. 第36回The Mt.Fuji Workshop 2017.08.26 大阪

  58. 工藤琢巳、壽美田一貴、田村郁、前原健寿. RASSF3 functions as a tumor suppressor via p53 in glioblastoma. . 第18回日本分子脳神経外科学会 2017.08.25 山梨

  59. 田中洋次,稲次基希,大仲圭祐,壽美田一貴,工藤琢巳,菅原貴志,前原健寿. 髄液鼻漏で発症した斜台部脊索腫の1例. 関東脳神経外科懇話会 2017.06.24

  60. 澤栁文菜,壽美田一貴,田村郁,工藤琢巳,塚原悠介,小林大輔,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. 異なる経過及び組織学的悪性度を示した病変を持つMultifocal gliomaの症例. 第132回日本脳神経外科学会関東支部学術集会 2017.04.08

  61. 壽美田一貴、田中洋次、武井孝麿、工藤琢巳、田村 郁、菅原貴志、稲次基希、成相直、前原健寿. 遠位部前大脳動脈瘤に対するカラードップラーの有用性. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.16 大阪

  62. 伊藤慧,菅原貴志,工藤琢巳,壽美田一貴,田村郁,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. くも膜下出血後正常圧水頭症のリスク因子の検討. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.16

  63. 壽美田一貴、田中洋次、武井孝麿、工藤琢巳、田村 郁、菅原貴志、稲次基希、成相直、前原健寿. 遠位部前大脳動脈瘤の部位、親動脈を同定するためのカラードップラーの有用性. 第40回日本脳神経CI学会総会 2017.03.04 鹿児島

  64. 田中真理,柳町昌克,西村聡,星野顕宏,満生紀子,今井耕輔,高木正稔,壽美田一貴,戸田一真,吉村亮一,金兼弘和,森尾友宏. 脊髄・脳室へ多発する播種性再発をきたし急激な経過をたどったDIPGの1例. 第45回小児血液腫瘍症例検討会 2017.01.07 東京

  65. 壽美田一貴、田村郁、玉置正史、山本信二、三枝邦康、澤田佳奈、清川樹里、笹川麻由、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 神経膠腫に対するカルムスチン脳内留置用剤の治療成績と有害事象の検討. 日本脳腫瘍学会 2016.12.04

  66. 清水一秀、田村郁、黒羽真砂恵、壽美田一貴、稲次基希、田中洋次、小林大輔、佐久間一郎、前原健寿. 5-ALAと分光計測法を用いた脳腫瘍の局所的・定量的術中蛍光診断. 第34回日本脳腫瘍学会学術集会 2016.12.04

  67. 山岡寛人、壽美田一貴、田村郁、Thamamongood Thiparpa、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 高齢者膠芽腫の術後放射線化学療法と治療成績. 第34回日本脳腫瘍学会学術集会 2016.12.04

  68. 伊藤慧,田村郁,小林大輔,玉置正史,壽美田一貴,前原健寿. 膠芽腫長期生存例の検討. 第34回日本脳腫瘍学会学術集会 2016.12.04 甲府

  69. 澤栁文菜、武井孝麿、壽美田一貴、塚原悠介、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 診断に苦慮した第三脳室内腫瘍の一例. 第131回日本脳神経外科学会関東支部会 2016.12.03

  70. 4. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、壽美田一貴、田村郁、成相直、前原健寿. 3Dヘッドマウントディスプレイを用いた経鼻内視鏡手術. 第23回日本神経内視鏡学会  2016.11.17 東京

  71. 武井孝麿、菅原貴志、田村郁、壽美田一貴、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 慢性硬膜下血腫に対する術後利水剤(五苓散)投与の検討. 第25回日本脳神経漢方医学会 2016.11.05

  72. 清水一秀、田村郁、黒羽真砂恵、武井孝麿、壽美田一貴、稲次基希、田中洋次、小林大輔、佐久間一郎、前原健寿. 5-ALAによるGlioma術中蛍光診断の経験と分光計測による定量化の試み. 第75回日本脳神経外科学会総会 2016.10.01

  73. 壽美田一貴、田村郁、玉置正史、山本信二、三枝邦康、澤田佳奈、清川樹里、笹川麻由、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. カルムスチン脳内留置用剤を使用した神経膠腫50例の検討. 日本脳神経外科学会総会 2016.09.29

  74. 金子聡, 菅原貴志, 壽美田一貴, 稲次基希, 田中洋次, 成相直, 小林大輔, 前原健寿. 当院での悪性髄膜腫の治療成績と予後. 第75回脳神経外科学会総会 2016.09.29 福岡

  75. 武川麻紀、成相直、壽美田一貴、工藤琢巳、稲次基希、田中洋次、赤川浩之、糟谷英俊、前原健寿. RNF213遺伝子14576多型陰性もやもや病患者の臨床像の検討. 第75回日本脳神経外科学会総会 2016.09.29

  76. 石川茉莉子、壽美田一貴、田村郁、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 当院における小脳発症の膠芽腫の検討. 第75回日本脳神経外科学会総会 2016.09.29

  77. 3. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、壽美田一貴、田村郁、成相直、前原健寿. 経鼻内視鏡手術における3Dヘッドマウントディスプレイの有用性. 第75回日本脳神経外科学会総会 2016.09.29 博多

  78. 伊藤慧,田村郁,小林大輔,壽美田一貴,玉置正史,前原健寿. 膠芽腫長期生存例の臨床的、病理学的検討. 日本脳神経外科学会 第75回学術総会 2016.09.29 福岡

  79. 清水一秀、田村郁、壽美田一貴、稲次基希、田中洋次、小林大輔、佐久間一郎、前原健寿. 5-ALAによるGlioma術中蛍光診断の経験と分光計測による定量化の試み. 第21回日本脳腫瘍の外科学会 2016.09.10

  80. 壽美田一貴 塚原悠介 田村郁 稲次基希 田中洋次 成相直 前原健寿. 悪性神経膠腫に対してGTP代謝経路の治療標的としての可能性. ニューロオンコロジィの会 2016.08.21

  81. 武井孝麿、壽美田一貴、澤柳文菜、菅原貴志、稲次基希、田村郁、田中洋次、成相直、前原健寿. 診断に苦慮した第三脳室内腫瘍の症例. 第25回文京脳腫瘍研究会 2016.07.11

  82. 清水一秀、田村郁、壽美田一貴、稲次基希、田中洋次、小林大輔、佐久間一郎、前原健寿. 分光計測による5-ALA蛍光定量化の試みと病理組織学的検討. 第12回日本脳神経外科光線力学学会 2016.06.26 横浜

  83. 壽美田一貴 武川麻紀 稲次基希 田中洋次 前原健寿 成相直. 出血発症した小児もやもや病の長期治療成績. 日本小児神経外科学会 2016.06.24 筑波

  84. 武川麻紀、成相直、壽美田一貴、工藤琢巳、稲次基希、田中洋次、糟谷英俊、前原健寿、赤川浩之. 小児もやもや病におけるRNF213遺伝子型と臨床像との関連の検討. 第44回日本小児神経外科学会 2016.06.23

  85. 壽美田一貴 武川麻紀 稲次基希 田中洋次 前原健寿 成相直. 出血発症した小児もやもや病の検討. 日本脳卒中学会 2016.04.14 北海道

  86. 武川麻紀、成相直、壽美田一貴、工藤琢巳、恩田英明、米山琢、糟谷英俊、川俣貴一、前原健寿、赤川浩之. もやもや病における新規遺伝子変異の解析. 第41回日本脳卒中学会総会 2016.04.14

  87. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、河野能久、壽美田一貴、田村郁、前原健寿. 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡手術. 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 第8回学術集会 2015.12.19

  88. 壽美田 一貴、Mindy I. Davis、Rajan Pragani、寺川 純平、大黒 多希子、吉野 裕史、 小藤 智史、前原 健寿、佐々木 敦朗. 神経膠芽腫の新規治療標的分子Phosphatidylinositol-5-phosphate-4 kinaseの機能解析. 日本脳神経外科学会総会 2015.10.14 北海道

  89. 武川麻紀、成相直、壽美田一貴、工藤琢己、恩田英明、米山琢、糟谷英俊、川俣貴一、前原健寿、赤川浩之. もやもや病におけるRNF213遺伝子の新規変異の解析. 第74回日本脳神経外科学会総会 2015.10.14

▼全件表示