基本情報

写真a

壽美田 一貴(スミタ カズタカ)

Sumita Kazutaka


職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  脳神経外科学  博士課程  2008年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 助教
  • 2015年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 助教
  • 2017年04月
    -
    2017年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 助教
  • 2017年06月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 血管内治療学 講師
  • 2018年04月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 血管内治療学 講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳神経外傷学会

  • 日本小児神経外科学会

  • 日本神経内視鏡学会

  • 日本脳腫瘍の外科学会

  • 日本脳腫瘍学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 脳神経外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脳腫瘍における分子生物学的解析,2015年01月 - 現在

  • 神経シナプスにおける裏打ちタンパクの研究,2004年04月 - 2008年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 悪性神経膠腫にて活性化するGTP代謝経路を標的とした治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 悪性脳腫瘍治療の新規標的分子の発見をめざしたメチオニン集積機構の分子細胞学的検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Maehara T, Kamiya K, Fujimaki T, Matsumura A, Hongo K, Kuroda S, Matsumae M, Takeshima H, Sugo N, Nakao N, Saito N, Ikawa F, Tamura N, Sakurada K, Shimokawa S, Arai H, Tamura K, Sumita K, Hara S, Kato Y, Gender Equality Committee of the Japan Neurosurgical Society.. A Questionnaire to Assess the Challenges Faced by Women Who Quit Working as Full-Time Neurosurgeons. World neurosurgery. 2020.01; 133 331-342. ( PubMed, DOI )

  • Yamada Kenji, Tanaka Yoji, Sumita Kazutaka, Nemoto Shigeru, Maehara Taketoshi. Computational Fluid Dynamics Analysis of the Offending Artery at Sites of Neurovascular Compression in Trigeminal Neuralgia Using Preoperative MRI Data NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA. 2019.11; 59 (11): 415-422. ( PubMed, DOI )

  • 壽美田 一貴, 山田 健嗣, 唐鎌 淳, 清水 一秀, 菅原 貴志, 三木 一徳, 金 瑛仙, 平沢 光明, 前原 健寿, 根本 繁. くも膜下出血の出血源の同定が困難であった5ヶ所の多発脳動脈瘤に対してネッククリッピングとコイル塞栓術を施行した1例 脳卒中. 2019.09; 41 (5): 404-410. ( 医中誌 )

  • Kofuji S, Hirayama A, Eberhardt AO, Kawaguchi R, Sugiura Y, Sampetrean O, Ikeda Y, Warren M, Sakamoto N, Kitahara S, Yoshino H, Yamashita D, Sumita K, Wolfe K, Lange L, Ikeda S, Shimada H, Minami N, Malhotra A, Morioka S, Ban Y, Asano M, Flanary VL, Ramkissoon A, Chow LML, Kiyokawa J, Mashimo T, Lucey G, Mareninov S, Ozawa T, Onishi N, Okumura K, Terakawa J, Daikoku T, Wise-Draper T, Majd N, Kofuji K, Sasaki M, Mori M, Kanemura Y, Smith EP, Anastasiou D, Wakimoto H, Holland EC, Yong WH, Horbinski C, Nakano I, DeBerardinis RJ, Bachoo RM, Mischel PS, Yasui W, Suematsu M, Saya H, Soga T, Grummt I, Bierhoff H, Sasaki AT. IMP dehydrogenase-2 drives aberrant nucleolar activity and promotes tumorigenesis in glioblastoma. Nature cell biology. 2019.08; 21 (8): 1003-1014. ( PubMed, DOI )

  • 澤柳 文菜, 壽美田 一貴, 田中 洋次, 唐鎌 淳, 工藤 琢巳, 田村 郁, 菅原 貴志, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 遠位部前大脳動脈瘤の部位,親動脈を同定するためのカラードップラーエコーの有用性 Neurological Surgery. 2019.03; 47 (3): 321-327. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 壽美田一貴, 三木一徳, 唐鎌 淳, 藤井照子, 相澤有輝, 根本 繁. VerifyNowによる抗血小板剤効果測定から見る脳血管内治療の合併症の検討. 第35回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2019.11.22 福岡

  • 壽美田一貴, 芳村雅隆, 三木一徳, 唐鎌 淳, 藤井照子, 相澤有輝, 道崎瞳, 玉木香菜, 山本信二, 根本 繁. 血管内治療周術期における抗血小板剤の効果に及ぼす因子の検討. 日本脳神経外科学会第78回学術総会 2019.10.11 大阪

  • 壽美田一貴. 東京医科歯科大学における急性期血栓回収療法〜Combined Techniqueの効果〜. 第6回日本心血管脳卒中学会学術集会 2019.06.28

  • 壽美田一貴. 急性期血栓回収療法を安全に素早く行うためのデバイスの選択と工夫. 第16回日本脳神経血管内治療学会関東地方会学術集会 2019.06.15 東京

  • 壽美田一貴, 三木一徳, 唐鎌 淳, 根本 繁. 急性期血行再建におけるSAVE techniqueならびに100cmバルーン付きガイディングカテールの有用性. 第44回日本脳卒中学会学術集会 2019.03.21 横浜

全件表示 >>