基本情報

写真a

福島 啓司(フクシマ ヒロシ)

FUKUSHIMA Hirosh


職名

助教

生年

1985年

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 泌尿器科 医員
  • 2019年11月
    -
    2019年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 泌尿器科 特任助教
  • 2020年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 泌尿器科 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器癌の癌悪液質におけるサルコペニアの不可逆性の機序の解明と新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • HiroshiFukushima1KazutakaSaito1YosukeYasuda1HajimeTanaka1DattatrayaPatil2Brittney H.Cotta3Sunil H.Patel3Viraj A.Master2Ithaar H.Derweesh3YasuhisaFujii. Female sex predicts favorable prognosis in non-metastatic clear cell renal cell carcinoma patients undergoing curative surgery: results from the International Marker Consortium for Renal Cancer (INMARC) 2019.11;

  • Hiroshi Fukushima, Yasuhisa Fujii. Editorial Comment to Does asymptomatic bacteriuria affect the response to intravesical bacillus Calmette-Guérin? Int. J. Urol.. 2019.10; ( PubMed, DOI )

  • Hiroshi Fukushima, Yasuhisa Fujii, Fumitaka Koga. Metabolic and Molecular Basis of Sarcopenia: Implications in the Management of Urothelial Carcinoma. Int J Mol Sci. 2019.02; 20 (3): ( PubMed, DOI )

  • Rie Kato, Hiroshi Fukushima, Masaki Kobayashi, Keizo Kawano, Shinji Morimoto.. A young female case of primary renal carcinoid tumor mimicking fat-poor angiomyolipoma Int Canc Conf J. 2018.10; 7 (4): 156-158.

  • Fukushima Hiroshi, Takemura Kosuke, Suzuki Hiroaki, Koga Fumitaka.. Impact of Sarcopenia as a Prognostic Biomarker of Bladder Cancer. Int J Mol Sci. 2018.10; 19 (10):

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 海野陽介、内田裕將、松岡陽、加藤理絵、松本峻弥、戸出真宏、福田翔平、福島啓司、上原翔、森山真吾、田中一、木島敏樹、横山みなと、石岡淳一郎、齋藤一隆、藤井靖久. 血小板減少と気管支動脈出血をきたした前立腺小細胞癌・骨髄癌腫症に対し早期EP療法が奏功した1例. 第632回日本泌尿器科学会東京地方会 2020.02.21 東京

  • 松本峻弥、森山真吾、木島敏樹、内田裕將、戸出真宏、福田翔平、福島啓司、上原翔、田中一、吉田宗一郎、横山みなと、石岡淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、藤井靖久. Pembrolizumab投与で異なる機序による2度の血小板減少を来たした転移性膀胱がんの1例. 第631回日本泌尿器科学会東京地方会 2019.12.12 東京

  • 横山みなと, 射場朝子, 岡安健, 野田一真, 宮﨑緑, 福島啓司, 吉田宗一郎, 石岡淳一郎, 松岡陽, 齋藤一隆, 藤井靖久. 排尿ケアチームが介入した 維持血液透析患者の2例. 第26回日本排尿機能学会 2019.09.14 東京

  • Kijima T., Teramatsu R., Fukuda S., Fukushima H.,Moriyama S., Uehara S., Yasuda Y., Yoshida S., Yokoyama M., Ishioka J.Matsuoka Y., Saito K., Fujii Y. ,. High levels of heat-shock factor 1 (HSF1) are associated with poor prognosisin muscle-invasive bladder cancer patients treated with chemoradiation-basedbladder sparing protocol.. 113th annual meeting of the American Urological Association 2019.05.04 Chicago, USA

  • Fukushima H., Toide M., Fukuda S., Moriyama S., Yasuda Y., Uehara S., Kijima T., Yoshida S., Yokoyama M., Ishioka J., Matsuoka Y., Saito K., Fujii Y.. Impact of bladder neck involvement and positive urine cytology in substratifying intermediate-risk non-muscle-invasive bladder cancer patients based on the prediction of high-risk recurrence. . 113th annual meeting of the American Urological Association 2019.05.04 Chicago, USA

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀演題,第10回泌尿器腫瘍放射線(GUTR)研究会,2014年08月

  • Outstanding Poster Presentation,第108回米国泌尿器科学会,2014年05月

  • Best Poster Presentation,第28回欧州泌尿器科学会,2013年03月