基本情報

写真a

新井 マリステラ 小百合(アライ マリステラ サユリ)

ARAI Marisutera Sayuri


職名

非常勤講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 非常勤講師
  • 2016年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 非常勤講師
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 臨床研修医
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 臨床研修医
  • 2018年05月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学分野 非常勤講師

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Correlation between brain activity and articulatory movement during speech in cleft lip/palate

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshida M, Honda E, Ozawa E, Inoue-Arai SM, Ohmori H, Moriyama K, Ono T, Kurabayashi T, Yoshihara H, Nunthayanon Parakonthun K. Principles of the magnetic resonance imaging movie method for articulatory movement. Oral Radiology. 2019.05; 35 (2): 91-100. ( PubMed, DOI )

  • Nunthayanon K, Honda E, Shimazaki K, Ohmori H, Inoue-Arai MS,Kurabayashi T, Ono T.. A pilot study on characterization of articulatory movements during fricative /s/ sound in an anterior open-bite subject: A tooth-visualized 3-T magnetic resonance imaging video evaluation Journal of the World Federation of Orthodontists. 2015.06; 4 (2): 71-77.

  • Kulthida Nunthayanon, Ei-ichi Honda, Kazuo Shimazaki, Hiroko Ohmori, Maristela Sayuri Inoue-Arai, Tohru Kurabayashi, Takashi Ono. Use of an advanced 3-T MRI movie to investigate articulation. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2015.06; 119 (6): 684-694. ( PubMed, DOI )

  • Kulthida Nunthayanon, Ei-ichi Honda, Kazuo Shimazaki, Hiroko Ohmori, Maristela Sayuri Inoue-Arai, Tohru Kurabayashi, Takashi Ono. Differences in Velopharyngeal Structure during Speech among Asians Revealed by 3-Tesla Magnetic Resonance Imaging Movie Mode. Biomed Res Int. 2015; 2015 126264. ( PubMed, DOI )

  • Gereltzul E, Baba Y, Suda N, Shiga M, Inoue MS, Tsuji M, Shin I, Hirata Y, Ohyama K, Moriyama K. Case report of de novo dup(18p)/del(18q) and r(18) mosaicism. J Hum Genet. 2008; 53 (10): 941-946. ( PubMed, DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Ekprachayakoon I, Miyamoto JJ, Inoue-Arai MS, Takada J, Moriyama K. New application of dynamic magnetic resonance imaging for the assessment of deglutitive tongue movement. 95th European Orthodontic Society Congress 2019.06.17 Nice, France

  • 井上マリステラ小百合、小野卓史、本田栄一、倉林亨、森山啓司. 破裂音発生時における舌の形状および重心の構音点依存性の経時的変化. . 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  • Inoue-Arai MS, Ono T, Honda E, Moriyama K. Avaliação da Articulação da Fala Utilizando RMfuncional e RMmovie em Pacientes Fissurado e Não Fissurado.. 7th Associacao Brasileira de Ortodontia e Ortopedia Facial 2009.10.08 Brasilia-DF・Brasil

  • Inoue-Arai MS, Sato-Wakabayashi M, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Mapping of brain activation areas in covert and overt articulation in subjects with and without cleft lip and palate.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10 Fortaleza

  • Inoue-Arai MS, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Geometrical changes in the tongue shape during articulation in subjects with and without CLP revealed by MRI movie.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10 Foltaleza

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀発表賞”Mapping of brain activation in covert/overt articulation in subjects with/without CLP using fMRI.”(Ono T, Inoue-Arai MS, Sato-Wakabayashi M, Miyamoto JJ, Honda E, Hashimoto K, Kurabayashi T, Moriyama K),2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society,2008年12月

  • 優秀ポスター賞「機能的磁気共鳴画像法を用いた口唇口蓋裂患者における外言語・内言語生成時の脳賦活領域のマッピング.」(若林みちる, 井上マリステラ小百合, 宮本順, 誉田栄一, 橋本幸治, 倉林亨, 小野卓史, 森山啓司),第32回日本口蓋裂学会学術集会,2008年05月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費補助金(特別研究員奨励費) ,2009年04月

    「口唇口蓋裂患者の発話時における脳活動と構音器官運動相関」研究代表者 森山啓司

  • 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費補助金(特別研究員奨励費) ,2008年04月

    「口唇口蓋裂患者の発話時における脳活動と構音器官運動相関」研究代表者 森山啓司

  • 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費補助金(特別研究員奨励費) ,2007年04月

    「口唇口蓋裂患者の発話時における脳活動と構音器官運動相関」研究代表者 森山啓司