基本情報

写真a

金兼 弘和(カネガネ ヒロカズ)

KANEGANE Hirokazu


職名

教授

研究分野・キーワード

原発性免疫不全症

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  医学部  医学科  1986年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  医学研究科  博士課程  1991年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  金沢大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 准教授
  • 2018年04月
    -
    2018年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 准教授
  • 2018年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 小児地域成育医療学講座 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫不全症研究会

  • 日本造血細胞移植学会

  • Clinical Immunology Society (臨床免疫学会)

  • European Society for Immunodeficiency (ヨーロッパ免疫不全症学会)

  • 日本血液学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 小児科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 小児血液・がん専門医

  • 小児血液・がん指導医

  • 医師

  • 造血細胞移植認定医

  • 日本血液学会血液指導医

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自己炎症性疾患とその類縁疾患の全国診療体制整備、移行医療体制の構築、診療ガイドライン確立に関する研究

    厚生労働省 : 2020年04月 -

  • 先天性骨髄不全症の登録システムの構築と診断基準・重症度分類・診断ガイドラインの確立に関する研究

    厚生労働省 : 2019年04月 - 2022年03月

  • 自己炎症性疾患とその類縁疾患の全国診療体制整備、重症度分類、診療ガイドライン確立に関する研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 原発性免疫不全症における腸内細菌叢解析と分子病態解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 慢性活動性EBウイルス感染症とその類縁疾患の診療ガイドライン作成と患者レジストリの構築

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2019年03月

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Miho Maeda, Akira Morimoto, Yoko Shioda, Takeshi Asano, Yuhki Koga, Yozo Nakazawa, Hirokazu Kanegane, Kazuko Kudo, Shouichi Ohga, Eiichi Ishii, . Long-term outcomes of children with extracutaneous juvenile xanthogranulomas in Japan. Pediatr Blood Cancer. 2020.05; e28381. ( PubMed, DOI )

  • 29) 大原智子, 宮井健太郎, 谷田けい, 平石知佳, 福山希央, 田村英一郎, 河合利尚, 今井耕輔, 金兼弘和, 清原鋼二. リファンピシン投与に関連してマクロファージ活性化症候群を合併した慢性肉芽腫症 日本小児科学会雑誌. 2020.05; 124 (5): 838-844.

  • Tzu-Wen Yeh, Tsubasa Okano, Takuya Naruto, Motoi Yamashita, Miko Okamura, Kay Tanita, Likun Du, Qiang Pan-Hammarström, Noriko Mitsuiki, Satoshi Okada, Hirokazu Kanegane, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio. APRIL-dependent life-long plasmacyte maintenance and immunoglobulin production in humans. J. Allergy Clin. Immunol. 2020.04; ( PubMed, DOI )

  • Tomonori Kadowaki, Hidenori Ohnishi, Norio Kawamoto, Saori Kadowaki, Tomohiro Hori, Kenichi Nishimura, Chie Kobayashi, Tomonari Shigemura, Shohei Ogata, Yuzaburo Inoue, Eitaro Hiejima, Kazushi Izawa, Tadashi Matsubayashi, Kazuaki Matsumoto, Kohsuke Imai, Ryuta Nishikomori, Shuichi Ito, Hirokazu Kanegane, Toshiyuki Fukao. Immunophenotyping of A20 haploinsufficiency by multicolor flow cytometry. Clin. Immunol.. 2020.04; 108441. ( PubMed, DOI )

  • 満生紀子, 金兼弘和. CTLA-4ハプロ不全 臨床免疫・アレルギー科. 2020.03; 73 (3): 315-321.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 金兼弘和. 新臨床内科学 第10版. 医学書院, 2020.03 原発性免疫不全症(X連鎖無ガンマグロブリン血症, X連鎖リンパ増殖症候群, 自己免疫性リンパ増殖症候群, APECED, IPEX症候群など) (ISBN : 978-4-260-03806-5)

  • 渡邉健一郎, 金兼弘和. 先天性骨髄不全症診療ガイドライン2017. 診断と治療社, 2017.10 Shwachman-Diamond症候群 (ISBN : 978-4-7878-2331-1)

  • 金兼弘和. 小児科診療. 診断と治療者, 2017.04 重症複合免疫不全症

  • 金兼弘和. 原発性 免疫不全症候群 診療の手引き 「Xリンパ増殖症候群(XLP)」. 治療と診断社, 2017.04 Xリンパ増殖症候群(XLP)

  • 金兼弘和. 原発性 免疫不全症候群 診療の手引き 「IgG サブクラス欠損症」. 治療と診断社, 2017.04 IgG サブクラス欠損症

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 西村聡,成戸卓也,星野顕宏,天野敬史郎,岩本彰太郎,平山雅治,Andrew Grigg,Julian J.Bosco,右田昌宏,高木正稔,小原収,森尾友宏,Menno C.van Zelm,金兼弘和. X連鎖無ガンマグロブリン血症における白血病発症因子のゲノム解析. 第3回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2020.02.16 東京

  • 谷田けい,今井耕輔,岡野翼,成戸卓也,甲畑宏子,岡田賢,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. 原発性免疫不全症に対する保険診療による遺伝子検査175例についての検討 . 第3回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2020.02.16 東京

  • 西川拓朗, 岡村賢, 森山瑞葵, 指宿敦子, 鮫島誠治, 谷田けい, 金蔵択郎, 金兼弘和, 鈴木民夫, 河野嘉文. Novel AP3B1遺伝子変異を認めたHermansky-Pudlak syndrome. 第3回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2020.02.16 東京

  • Yoonsun Yoon, Ji-man Kang, Junsik Choi, Kangmo Ahn, Keon Hee Yoo, Eun-Suk Kang, Kyoung-Mee Kim, Jung Eun Lee, Geum-Youn gawk, Kihyun Kim, Kosuke Imai, Hirokazu Kanegane, Yae-jean Kim. Yae-jean Kim. Cancer development in a Korean family with CTLA-4 haploinsufficiency. 第3回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2020.02.16 東京

  • 友田昂宏,岡野翼,森田俊平,西島暁彦,井上健斗,山下基,神谷尚宏,磯田健志,山本正英,柳町昌克,高木正稔,金兼弘和,今井耕輔,森尾友宏. 活性化PI3K-delta症候群5例に対する造血細胞移植経験. 第3回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2020.02.15 東京

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 X連鎖リンパ増殖症候群1型の臨床症状軽症化のメカニズムを解明 」― 体細胞復帰変異T細胞を用いた遺伝子治療に期待 ―,2018年10月

    Journal of Allergy and Clinical Immunology

  • 「 IKBKB遺伝子の機能獲得型変異による新たな複合免疫不全症を発見 」 ― 免疫応答におけるNF-κ B経路の重要性が明らかに ―,2018年10月

    Journal of Experimental Medicine

  • A20ハプロ不全症(若年発症ベーチェット病)の新たな病像と治療法を発見,2017年12月

    Journal of Allergy and Clinical Immunology

  • 第120回日本小児科学会学術集会 総合シンポジウム8 座長(金兼弘和),2017年04月

    若い先生に「リサーチマインドを」~明日の小児科を築くPhysician scientistを~

  • 120回日本小児科学会学術集会 分野別シンポジウム(金兼弘和),2017年04月

    血球貧食性リンパ組織球症の診断治療

全件表示 >>