基本情報

写真a

長谷川 翔平(ハセガワ ショウヘイ)

HASEGAWA Shohei


職名

医員

生年

1991年

分野紹介URL

https://twitter.com/tmduswallow

 

https://www.facebook.com/profile.php?id=100057415630990

 

https://www.tmd.ac.jp/dept-drh/

 

https://www.youtube.com/channel/UCW2qITceUFpzKfqvopNPb1A

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  医歯学専攻  博士課程  2022年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 臨床研修医
  • 2017年04月
    -
    2020年11月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 大学院生
  • 2020年12月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野 大学院生
  • 2022年03月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野 大学院生
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔機能系診療領域 摂食嚥下リハビリテーション科 医員

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tamai T, Hara K, Nakagawa K, Namiki C, Yamaguchi K, Yoshimi K, Yanagida R, Hasegawa S, Nakane A, Okumura T, Ishii M, Tohara H. Strength and morphology of a suprahyoid muscle and their relationship to forward head posture in healthy older adults. Geriatrics & gerontology international. 2022.09; 22 (9): 779-784. ( PubMed, DOI )

  2. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Tomoe Tamai, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Haruka Tohara. Time Spent Away from Bed to Maintain Swallowing Function in Older Adults Gerontology. 2022.04; 1-10. ( PubMed, DOI )

  3. Shohei Hasegawa, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Miki Ishii, Takuma Okumura, Koji Hara, Shunsuke Minakuchi, Haruka Tohara. Jaw-retraction exercise increases anterior hyoid excursion during swallowing in older adults with mild dysphagia Gerodontology. 2021.10; 39 (1): 98-105. ( PubMed, DOI )

  4. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Tomoe Tamai, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Haruka Tohara. Higher Activity and Quality of Life Correlates with Swallowing Function in Older Adults with Low Activities of Daily Living Gerontology. 2021.09; 68 (6): 1-9. ( PubMed, DOI )

  5. Ayako Nakane, Shohei Hasegawa, Miki Ishii, Tomoe Tamai, Rieko Moritoyo, Mitsuko Saito, Mariko Ando, Haruka Tohara. Swallowing Function Evaluation in a Patient with Gerstmann-Sträussler-Scheinker Disease with Pro105Leu: A Case Report. Int J Environ Res Public Health. 2021.09; 18 (18): ( PubMed, DOI )

  6. 長谷川 翔平, 安藤 麻里子. 【どうして?どうする?診療室からはじまる高齢者歯科】(Keyword 14)心 デンタルハイジーン. 2020.11; 別冊 (どうして?どうする?診療室からはじまる高齢者歯科): 117-125. ( 医中誌 )

  7. 田村 厚子, 大友 文雄, 田中 正史, 黒田 裕之, 小佐野 みゆき, 長谷川 翔平, 吉見 佳那子, 戸原 玄, 横井 希光子, 金子 ひとみ, 矢板橋 幸子, 大保寺 和子. 高齢者の摂食嚥下、栄養に関する地域包括的ケアについての研究 高齢者の口腔、嚥下機能健康調査、大学病院、行政との5年間の連携取組み 栃木県歯科医学会誌. 2020.04; 72 17-20. ( 医中誌 )

  8. 長谷川 翔平, 戸原 玄. 服部万里子Presents 重度の妻を多職種連携で在宅介護(第4回) 嚥下の訪問診療 多職種連携で洋子さんの嚥下機能を維持し支える、その内容とは 医療と介護Next. 2019.08; 5 (4): 324-327. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Rieko Moritoyo, Kazuharu Nakagawa, Kohei Yamaguchi, Shohei Hasegawa, Miki Ishii, Kanako Yoshimi, Ayako Nakane, Haruka Tohara. Diet level is associated with jaw closing force in older adults without functional occlusal support.. European Society for Swallowing Disorders 2022 2022.09.15 Leuven, Belgium

  2. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Haruka Tohara. Application of Bioimpedance Analysis at Homes and in Nursing Homes: Relationship between Nutrition and Swallowing Function. the 30th Annual Meeting of the Dysphagia Research Society 2022.03.18 Online

  3. 齋木章乃, 吉見佳那子, 中川量晴, 長谷川翔平, 柳田陵介, 中根綾, 山口浩平, 戸原玄. とろみ付き炭酸飲料が嚥下動態に与える効果の検証. 第86回 口腔病学会学術大会 2021.12.03

  4. Shohei Hasegawa, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Miki Ishii, Takuma Okumura, Haruka Tohara. The jaw-retraction exercise improves the anterior displacement of the hyoid bone during swallowing in elderly patients with mild dysphagia.. World Dysphagia Summit 2021 2021.08.20 Nagoya, Japan / Online

  5. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Tomoe Tamai, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Haruka Tohara. Time Spent Away from Bed to Maintain Swallowing Function in Older Adults. World Dysphagia Summit 2021 2021.08 Nagoya, Japan and Online

  6. THE EFFECT OF THICKENED CARBONATED BEVERAGE ON SWALLOWING DYNAMICS. 2021.08

  7. 石井美紀,中川量晴,吉見佳那子,奥村拓真,長谷川翔平,山口浩平,中根綾子,戸原 玄. 嚥下障害患者が着替えて装うことは誤嚥の有無に関連するか. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.23 幕張,web開催

  8. 森豊理英子,中川量晴,山口浩平,長谷川翔平,石井美紀,吉見佳那子,中根綾子, 戸原 玄. 機能的咬合支持の無い高齢者の閉口力と食事形態の関連性. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.23 幕張メッセ

  9. 長谷川翔平, 中川量晴, 石井美紀, 吉見佳那子, 山口浩平, 中根綾子, 戸原玄. 訓練時のとろみ濃度を漸減することで安全なストロー飲みを獲得できた舌癌術後の症例. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.22

  10. 長谷川翔平, 戸原玄. 訓練実施体制の構築により重度嚥下障害患者に対し経口摂取支援を行った症例. 日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.10 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館,新潟市,新潟県

  11. 石井 美紀,中川 量晴,奥村 拓真,長谷川翔平,山口 浩平,吉見 佳那子,中根 綾子,戸原 玄. 摂食嚥下リハビリテーションの進行に合わせ経皮経食道胃管から胃瘻へ変更した一例. 第37回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2022.05.31 横浜,web開催

  12. 石井美紀,中川量晴,山口浩平,吉見佳那子, 奥村拓真,長谷川翔平,中根綾子,戸原玄. 慢性期高齢者の体液貯留は摂食嚥下機能と日々の過ごし方の影響を受ける. 第26・27回合同学術大会日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08.21 名古屋,web開催

  13. 有瀧 航太, 中川 量晴, 吉澤 彰, 長谷川 翔平, 吉見 佳那子, 山口 浩平, 中根 綾子, 戸原 玄. 頚椎疾患の術前後嚥下機能の運動学的解析 -咀嚼嚥下の検討-. 第26・27回合同学術大会日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08.20

  14. 石井 美紀,中川 量晴,吉見 佳那子,奥村 拓真,長谷川 翔平,山口 浩平,中根 綾子,戸原 玄. 嚥下訪問診療は地域高齢者の生活の質に良い影響を及ぼす -地域包括ケアにおける新たな歯科医療の役割-. 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06.13 web開催

  15. 石井 美紀,中川 量晴,吉見 佳那子,奥村 拓真,長谷川 翔平,原 豪志,山口 浩平,中根 綾子,玉井 斗萌,長澤 祐季,吉澤 彰,戸原 玄. 離床する要介護高齢者は筋肉量,生活の質および摂食嚥下機能が維持されるか. 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06.12 web開催

  16. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,原 豪志,中根綾子,長谷川翔平,石井美紀,奥村拓真,玉井斗萌,長澤祐季,戸原 玄. 頚椎疾患患者の術後嚥下機能の運動学的解析 -年代と術式による比較. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07 WEB開催

  17. 原良子,中根綾子,戸原玄,久保田一政,佐藤茉莉恵,吉住結,安藤麻里子,小原万奈,長谷川翔平,奥村拓真,石井美紀,Chantaramanee Ariya,河合陽介,小谷朋子,中冨葉奈,堀内玲,水口俊介. 慢性期施設入所の嚥下障害者における頚部への経皮的干渉波電気感覚刺激の効果. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07 Web

  18. 中冨 葉奈, 中川 量晴, 長谷川 翔平, 奥村 拓真, 十時 久子, 戸原 玄. 遷延性意識障害患者に対する摂食嚥下と書字による感情表出リハの1例. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2019.12.01

  19. 安藤 麻里子, 長谷川 翔平, 原 豪志, 水口 俊介, 戸原 玄. 在宅嚥下障害患者に笑いでQOLを高めよう!. 日本在宅医療連合学会大会プログラム・講演抄録集 2019.07.01

  20. 長谷川 翔平, 吉見 佳那子, 山口 浩平, 原 豪志, 中川 量晴, 中根 綾子, 戸原 玄, 水口 俊介. 軽度の嚥下障害を有する高齢者において顎引き訓練によりUESの開大および舌骨の前方運動が改善した症例. 一般社団法人日本老年歯科医学会第30回学術大会 2019.06.07 仙台

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 包括臨床実習PhaseⅡ 摂食嚥下リハ1,2021年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 丸の内カラダフルネスアクション,丸の内ビルディング,2022年05月19日 - 2022年05月21日