基本情報

写真a

武田 浩平(タケダ コウヘイ)

TAKEDA Kohei


職名

非常勤講師

研究分野・キーワード

歯周病

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  卒業

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 大学院生
  • 2019年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 医員(歯病)
  • 2019年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2020年04月
    -
    2021年01月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2021年02月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔維持系診療領域 歯周病科 医員
  • 2022年04月
    -
    2023年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師
  • 2023年05月
    -
    2024年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師
  • 2024年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 大学院生
  • 2019年10月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2019年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 医員(歯病)
  • 2019年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2020年04月
    -
    2021年01月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2021年02月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 糖尿病状態におけるβ-TCPを用いた歯周組織再生療法の効果への影響,2020年04月 - 2023年03月

  • 糖尿病状態におけるβ-TCPを用いた歯周組織再生療法の効果への影響,2020年04月 - 2023年03月

  • 糖尿病状態におけるβ-TCPを用いた歯周組織再生療法の効果への影響

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 糖尿病状態におけるβ-TCPを用いた歯周組織再生療法の効果への影響

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hirota R, Terashima Y, Ohnishi H, Yamashita T, Yokogawa N, Sasagawa T, Ando K, Nakashima H, Segi N, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Watanabe K, Yamane J, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Terai H, Tamai K, Shirasawa E, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S. Prognostic Factors for Respiratory Dysfunction for Cervical Spinal Cord Injury and/or Cervical Fractures in Elderly Patients: A Multicenter Survey. Global spine journal. 2024.01; 14 (1): 101-112. ( PubMed, DOI )

  2. Matsuura, T; Mikami, R; Mizutani, K; Shioyama, H; Aoyama, N; Suda, T; Kusunoki, Y; Takeda, K; Izumi, Y; Aida, J; Aoki, A; Iwata, T. Assessment of bone defect morphology for the adjunctive use of bone grafting combined with enamel matrix derivative: A 3-year cohort study JOURNAL OF PERIODONTOLOGY. 2023.11; ( PubMed, DOI )

  3. Takemura S, Mizutani K, Mikami R, Nakagawa K, Hakariya M, Sakaniwa E, Saito N, Kominato H, Kido D, Takeda K, Aoki A, Iwata T. Enhanced periodontal tissue healing via vascular endothelial growth factor expression following low-level erbium-doped: yttrium, aluminum, and garnet laser irradiation: In vitro and in vivo studies. Journal of periodontology. 2023.11; ( PubMed, DOI )

  4. Nagao, K; Yoshiike, T; Okubo, R; Matsui, K; Kawamura, A; Izuhara, M; Utsumi, T; Hazumi, M; Shinozaki, M; Tsuru, A; Sasaki, Y; Takeda, K; Komaki, H; Oi, H; Kim, Y; Kuriyama, K; Takahashi, H; Miyama, T; Nakagome, K. Association between health anxiety dimensions and preventive behaviors during the COVID-19 pandemic among Japanese healthcare workers HELIYON. 2023.11; 9 (11): e22176. ( PubMed, DOI )

  5. Prima Buranasin, Hiromi Kominato, Koji Mizutani, Risako Mikami, Natsumi Saito, Kohei Takeda, Takanori Iwata. Influence of Reactive Oxygen Species on Wound Healing and Tissue Regeneration in Periodontal and Peri-Implant Tissues in Diabetic Patients. Antioxidants (Basel). 2023.09; 12 (9): ( PubMed, DOI )

  6. Mikami R, Mizutani K, Gohda T, Matsuyama Y, Gotoh H, Nakagawa K, Takemura S, Aoyama N, Matsuura T, Kido D, Takeda K, Saito N, Izumi Y, Iwata T. Malnutrition- inflammation- atherosclerosis (MIA) syndrome associates with periodontitis in end-stage renal disease patients undergoing hemodialysis: a cross-sectional study. Scientific reports. 2023.07; 13 (1): 11805. ( PubMed, DOI )

  7. Mikami Risako, Sudo Takeaki, Fukuba Shunsuke, Takeda Kohei, Matsuura Takanori, Kariya Tomoaki, Takeuchi Shunsuke, Ochiai Akane, Kawamoto Sakurako, Toyoshima Keita, Mizutani Koji, Arakawa Shinichi, Aoki Akira, Iwata Takanori. 遺伝子組換えヒト線維芽細胞増殖因子-2を用いた歯周組織再生療法に影響する予後因子 3年のコホート研究(Prognostic factors affecting periodontal regenerative therapy using recombinant human fibroblast growth factor-2: A 3-year cohort study) Regenerative Therapy. 2022.12; 21 271-276. ( 医中誌 )

  8. Mikami R, Mizutani K, Matsuyama Y, Gohda T, Gotoh H, Aoyama N, Matsuura T, Kido D, Takeda K, Saito N, Fujiwara T, Izumi Y, Iwata T. Association of type 2 diabetes with periodontitis and tooth loss in patients undergoing hemodialysis PloS one. 2022.05; 17 (5): e0267494. ( PubMed, DOI )

  9. Takeda K, Mizutani K, Matsuura T, Kido D, Mikami R, Buranasin P, Saito N, Kominato H, Takemura S, Nakagawa K, Iwata T. Antioxidant effect of enamel matrix derivative for early phase of periodontal tissue regeneration in diabetes. Journal of periodontology. 2021.11; 93 (8): 1206-1217. ( PubMed, DOI )

  10. Mikami R, Mizutani K, Shioyama H, Matsuura T, Aoyama N, Suda T, Kusunoki Y, Takeda K, Izumi Y, Aida J, Aoki A, Iwata T. Influence of aging on periodontal regenerative therapy using enamel matrix derivative: A 3-year prospective cohort study. Journal of clinical periodontology. 2021.09; 49 (2): 123-133. ( PubMed, DOI )

  11. Kominato H, Takeda K, Mizutani K, Mikami R, Kido D, Buranasin P, Saito N, Takemura S, Nakagawa K, Nagasawa T, Iwata T. Metformin accelerates wound healing by Akt phosphorylation of gingival fibroblasts in insulin-resistant prediabetes mice. Journal of periodontology. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  12. Mizutani Koji, Buranasin Prima, Mikami Risako, Takeda Kohei, Kido Daisuke, Watanabe Kazuki, Takemura Shu, Nakagawa Keita, Kominato Hiromi, Saito Natsumi, Hattori Atsuhiko, Iwata Takanori. Effects of Antioxidant in Adjunct with Periodontal Therapy in Patients with Type 2 Diabetes: A Systematic Review and Meta-Analysis ANTIOXIDANTS. 2021.08; 10 (8): ( PubMed, DOI )

  13. Mikami Risako, Mizutani Koji, Matsuyama Yusuke, Matsuura Takanori, Kido Daisuke, Takeda Kohei, Takemura Shu, Nakagawa Keita, Mukaiyama Yuto, Suda Tomonari, Yasuda Takako, Ohta Syujiro, Takaya Norihide, Fujiwara Takeo, Izumi Yuichi, Iwata Takanori. Association between periodontal inflammation and serum lipid profile in a healthy population: A cross-sectional study JOURNAL OF PERIODONTAL RESEARCH. 2021.07; 56 (6): 1037-1045. ( PubMed, DOI )

  14. Kohei Takeda, Koji Mizutani, Isao Minami, Daisuke Kido, Risako Mikami, Kuniha Konuma, Natsumi Saito, Hiromi Kominato, Shu Takemura, Keita Nakagawa, Yuichi Izumi, Yoshihiro Ogawa, Takanori Iwata. Association of periodontal pocket area with type 2 diabetes and obesity: a cross-sectional study. BMJ Open Diabetes Res Care. 2021.03; 9 (1): ( PubMed, DOI )

  15. Nakayama Y, Mizutani K, Tsumanuma Y, Yoshino H, Aoyama N, Inagaki K, Morita M, Izumi Y, Murakami S, Yoshimura H, Matsuura T, Murakami T, Yamamoto M, Yoshinari N, Mezawa M, Ogata Y, Yoshimura A, Kono K, Maruyama K, Sato S, Sakagami R, Ito H, Numabe Y, Nikaido M, Hanioka T, Seto K, Fukuda J, Warnakulasuriya S, Nagao T. A multicenter prospective cohort study on the effect of smoking cessation on periodontal therapies in Japan Journal of Oral Science. 2021.01; 63 (1): 114-118. ( PubMed, DOI )

  16. Koji Mizutani, Hidehiro Shioyama, Takanori Matsuura, Risako Mikami, Kohei Takeda, Yuichi Izumi, Akira Aoki, Takanori Iwata. Periodontal regenerative therapy in patients with type 2 diabetes using minimally invasive surgical technique with enamel matrix derivative under 3-year observation: A prospective cohort study. J Periodontol. 2020.12; ( PubMed, DOI )

  17. Koji Mizutani, Risako Mikami, Tomohito Gohda, Hiromichi Gotoh, Norio Aoyama, Takanori Matsuura, Daisuke Kido, Kohei Takeda, Yuichi Izumi, Yoshiyuki Sasaki, Takanori Iwata. Poor oral hygiene and dental caries predict high mortality rate in hemodialysis: a 3-year cohort study. Sci Rep. 2020.12; 10 (1): 21872. ( PubMed, DOI )

  18. Mikami Risako, Mizutani Koji, Gohda Tomohito, Gotoh Hiromichi, Matsuyama Yusuke, Aoyama Norio, Matsuura Takanori, Kido Daisuke, Takeda Kohei, Izumi Yuichi, Fujiwara Takeo, Iwata Takanori. Association between circulating tumor necrosis factor receptors and oral bacterium in patients receiving hemodialysis: a cross-sectional study CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY. 2020.08; 25 (1): 58-65. ( PubMed, DOI )

  19. Takeda K, Mizutani K, Matsuura T, Kido D, Mikami R, Noda M, Buranasin P, Sasaki Y, Izumi Y. Correction: Periodontal regenerative effect of enamel matrix derivative in diabetes. PloS one. 2019; 14 (6): e0218798. ( PubMed, DOI )

  20. Kohei Takeda, Koji Mizutani, Takanori Matsuura, Daisuke Kido, Risako Mikami, Masahiro Noda, Prima Buranasin, Yoshiyuki Sasaki, Yuichi Izumi. Periodontal regenerative effect of enamel matrix derivative in diabetes. PLoS ONE. 2018; 13 (11): e0207201. ( PubMed, DOI )

  21. Buranasin P, Mizutani K, Iwasaki K, Pawaputanon Na Mahasarakham C, Kido D, Takeda K, Izumi Y. High glucose-induced oxidative stress impairs proliferation and migration of human gingival fibroblasts. PloS one. 2018; 13 (8): e0201855. ( PubMed, DOI )

  22. Daisuke Kido, Koji Mizutani, Kohei Takeda, Risako Mikami, Takanori Matsuura, Kengo Iwasaki, Yuichi Izumi. Impact of diabetes on gingival wound healing via oxidative stress. PLoS ONE. 2017.12; 12 (12): e0189601. ( PubMed, DOI )

  23. Takeda Kohei, Mizutani Koji, Mikami Risako, Fujino Aiko, Ito Yuri, Takeuchi Shunsuke, Saito Natsumi, Iwata Takanori. Morphological analysis of the impact of diabetes on gingival capillaries with non-invasive blood flow scope-A preliminary study JOURNAL OF DENTAL SCIENCES. 2023.07; 18 (3): 1134-1140. ( PubMed, DOI )

  24. 坂庭 愛理, 水谷 幸嗣, 三上 理沙子, 齋藤 夏実, 小湊 広美, 竹村 修, 中川 佳太, 秤屋 雅弘, 城戸 大輔, 武田 浩平, 美馬 晶, 岩田 隆紀. Porphyromonas gingivalis由来LPSによる高血糖状態でのメサンギウム細胞の線維化への影響 日本歯周病学会会誌. 2023.04; 65 (春季特別): 127. ( 医中誌 )

  25. 武田 浩平. 【歯周病の新分類対応 アップデート・ザ・ペリオ~超高齢社会へのアプローチ~】(3章)歯周外科治療 歯周形成手術の適応と実際 DENTAL DIAMOND. 2023.04; 48 (6): 106-111. ( 医中誌 )

  26. 武田 浩平. 【歯周病の新分類対応 アップデート・ザ・ペリオ~超高齢社会へのアプローチ~】(3章)歯周外科治療 歯周形成手術の適応と実際 DENTAL DIAMOND. 2023.04; 48 (6): 106-111. ( 医中誌 )

  27. Mikami R, Mizutani K, Aoyama N, Matsuura T, Suda T, Takeda K, Saito N, Arakawa S, Izumi Y, Iwata T, Aida J. Income-related inequalities in the association of smoking with periodontitis: a cross-sectional analysis in Tokyo Metropolitan Districts Clinical Oral Investigations. 2023.02; 27 (2): 519-528. ( PubMed, DOI )

  28. 武田浩平. MY FIRST STAGE 広汎型慢性歯周炎ステージIII,グレードBに歯周組織再生療法および矯正歯科治療を行った1症例 The Quintessence. 2022.12; 41 (12): 2856-2859. ( 医中誌 )

  29. 武田 浩平. MY FIRST STAGE 広汎型慢性歯周炎ステージIII,グレードBに歯周組織再生療法および矯正歯科治療を行った1症例 The Quintessence. 2022.12; 41 (12): 2856-2859. ( 医中誌 )

  30. 岩田 隆紀, 武田 浩平. 【歯周外科のベーシック&アドバンス-フラップ手術の基本とマイクロサージェリーをマスターする!-】歯周外科治療の位置づけを再考する 日本歯科評論. 2022.10; (増刊2022): 8-17. ( 医中誌 )

  31. 岩田 隆紀, 武田 浩平. 【歯周外科のベーシック&アドバンス-フラップ手術の基本とマイクロサージェリーをマスターする!-】歯周外科治療の位置づけを再考する 日本歯科評論. 2022.10; (増刊2022): 8-17. ( 医中誌 )

  32. 三上 理沙子, 水谷 幸嗣, 塩山 秀裕, 松浦 孝典, 青山 典生, 須田 智也, 楠 侑香子, 武田 浩平, 和泉 雄一, 相田 潤, 青木 章, 荒川 真一, 岩田 隆紀. 加齢がエナメルマトリックスタンパクを用いた歯周組織再生療法に与える影響 3年前向き研究 日本歯周病学会会誌. 2022.05; 64 (春季特別): 117. ( 医中誌 )

  33. Saito N, Mikami R, Mizutani K, Takeda K, Kominato H, Kido D, Ikeda Y, Buranasin P, Nakagawa K, Takemura S, Ueno T, Hosaka K, Hanawa T, Shinomura T, Iwata T. Impaired dental implant osseointegration in rat with streptozotocin-induced diabetes Journal of Periodontal Research. 2022.04; 57 (2): 412-424. ( PubMed, DOI )

  34. 武田浩平. 【GPが知っておきたいペリオドントロジー最新トピックス】口腔内スキャナーを用いた歯周組織検査 DENTAL DIAMOND. 2021.11; 46 (15): 36-38. ( 医中誌 )

  35. 岡田 宗大,井川 貴博,水谷 幸嗣,三神 亮,武田 浩平,須藤 毅顕,落合 茜,木内 佑実音,池田 裕一,岩田 隆紀,和泉 雄一. ラバーソフト毛を有する新規電子歯ブラシのプラーク除去効果について: クロスオーバー試験 日本歯科保存学雑誌. 2021.10; 64 (5): 339-347. ( DOI )

  36. 小湊 広美, 水谷 幸嗣, 武田 浩平, 城戸 大輔, 三上 理沙子, 齋藤 夏実, 竹村 修, 中川 佳太, 岩田 隆紀. 高脂肪食誘発型糖尿病マウスにおける歯肉創傷治癒に対するメトホルミン投与の効果 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2021.05; 154回 79. ( 医中誌 )

  37. 齋藤 夏実, 三上 理沙子, 水谷 幸嗣, 武田 浩平, 小湊 広美, 城戸 大輔, 池田 裕一, 中川 佳太, 竹村 修, 上野 剛史, 保坂 啓一, 塙 隆夫, 篠村 多摩之, 岩田 隆紀. 糖尿病による歯科用インプラントのオッセオインテグレーションの低下 日本歯周病学会会誌. 2021.05; 63 (春季特別): 92. ( 医中誌 )

  38. 藤野 愛子, 武田 浩平, 水谷 幸嗣, 三上 理沙子, 石角 篤, 木平 成子, 竹内 俊介, 伊藤 裕理, 岩田 隆紀. 2型糖尿病が歯肉毛細血管に及ぼす影響 日本歯周病学会会誌. 2020.10; 62 (秋季特別): 123. ( 医中誌 )

  39. 三上 理沙子, 水谷 幸嗣, 武田 浩平, 宮安 杏奈, 岩田 隆紀. 前歯部の審美不良を伴う広汎型重度慢性歯周炎患者に対して歯周組織再生療法と歯周形成手術を含む治療を行った一症例 日本歯周病学会会誌. 2020.10; 62 (秋季特別): 132. ( 医中誌 )

  40. 水谷幸嗣, 三上理沙子, 佐々木好幸, 高谷典秀, 太田秀二郎, 松浦孝典, 城戸大輔, 武田浩平, 向山雄人, 須田智也, 和泉雄一, 岩田隆紀. 人間ドック受診者に対する歯周病スクリーニング方法の検討 単一施設横断研究 日本歯科保存学雑誌. 2020.06; 63 (3): 245-253. ( 医中誌 )

  41. 水谷 幸嗣, 三上 理沙子, 佐々木 好幸, 高谷 典秀, 太田 秀二郎, 松浦 孝典, 城戸 大輔, 武田 浩平, 向山 雄人, 須田 智也, 和泉 雄一, 岩田 隆紀. 人間ドック受診者に対する歯周病スクリーニング方法の検討 単一施設横断研究 日本歯科保存学雑誌. 2020.06; 63 (3): 245-253. ( 医中誌 )

  42. 石川 聡, 土岡 弘明, 臼井 通彦, 鬼塚 理, 工藤 求, 酒井 和人, 澤辺 正規, 竹内 祥吾, 武田 浩平, 山脇 史寛, 杵渕 恵那, 中島 啓介. 日本歯周病学会学術大会におけるハンズオンセミナー"歯周組織再生療法に必要なTips"の開催と受講者の満足度調査 日本歯周病学会会誌. 2020.05; 62 (春季特別): 131. ( 医中誌 )

  43. 土岡弘明, 武田浩平. STUDY GROUP紹介 the Quintessence. Vol.39. 2020.02; 39 (2): 205.

  44. 土岡弘明, 武田浩平. STUDY GROUP紹介 the Quintessence. Vol.39. 2020.02; 39 (2): 205.

  45. 福場駿介, 武田浩平. 海外レポート 井の中の蛙大海を知らずされど空の深さを知る the Quintessence. Vol.38. 2019.09; 38 (9): 212-213.

  46. 福場駿介, 武田浩平. 海外レポート 井の中の蛙大海を知らずされど空の深さを知る the Quintessence. Vol.38. 2019.09; 38 (9): 212-213.

  47. Takeda Kohei, Mizutani Koji, Matsuura Takanori, Kido Daisuke, Mikami Risako, Noda Masahiro, Buranasin Prima, Sasaki Yoshiyuki, Izumi Yuichi. Periodontal regenerative effect of enamel matrix derivative in diabetes PLOS ONE. 2018.11; 13 (11): ( DOI )

  48. 水谷 幸嗣, 武田 浩平, 城戸 大輔, 三上 理沙子. 【歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで】Chapter2 歯周外科手術の基本テクニック 骨整形 骨整形の必要性診断および方法 歯界展望. 2017.12; 別冊 (歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで): 90-98. ( 医中誌 )

  49. 水谷 幸嗣, 武田 浩平, 城戸 大輔, 三上 理沙子. 【歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで】Chapter2 歯周外科手術の基本テクニック 骨整形 骨整形の必要性診断および方法 歯界展望. 2017.12; 別冊 (歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで): 90-98.

  50. 武田 浩平, 水谷 幸嗣, 松浦 孝典, 野田 昌宏, 城戸 大輔, 三上 理沙子, 和泉 雄一. 糖尿病ラットにおけるエナメルマトリックスタンパク質の再生効果への影響 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2017.10; 147回 89. ( 医中誌 )

  51. 武田 浩平, 水谷 幸嗣, 松浦 孝典, 野田 昌宏, 城戸 大輔, 三上 理沙子, 和泉 雄一. 糖尿病ラットにおけるエナメルマトリックスタンパク質の再生効果への影響 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2017.10; 147回 89. ( 医中誌 )

  52. 城戸 大輔, 水谷 幸嗣, 武田 浩平, 三上 理沙子, 小沼 邦葉, 松浦 孝典, 和泉 雄一. インスリン抵抗性発現による糖尿病ラットの歯肉の創傷治癒への影響 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2017.05; 146回 67. ( 医中誌 )

  53. 城戸 大輔, 水谷 幸嗣, 武田 浩平, 三上 理沙子, 小沼 邦葉, 松浦 孝典, 和泉 雄一. インスリン抵抗性発現による糖尿病ラットの歯肉の創傷治癒への影響 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2017.05; 146回 67.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 小田 茂,岩田 隆紀. 必ず上達 歯肉移植. クイッテッセンス出版株式会社, 2024.02 (ISBN : 978-4-7812-0990-6)

  2. 新田 浩,礪波健一,土岡弘明,斎田寛之,中村一寿,酒井和人,関根 聡,奈良嘉峰,福場駿介,武田浩平,竹内祥吾. 患者さんのやる気が変わる!スタッフも楽しくなる!歯周治療を成功に導く世界標準のコミュニケーション技法 PMI ペリオドンタルモチベーショナルインタービューイング. クインテッセンス出版株式会社, 2020.02 歯周病患者さんのタイプ分類に応じた個別対応のすヽめ

  3. 新田 浩, 礪波健一, 土岡弘明, 斎田寛之, 中村一寿, 酒井和人, 関根 聡, 奈良嘉峰, 福場駿介, 武田浩平, 竹内祥吾. 患者さんのやる気が変わる!スタッフも楽しくなる!歯周治療を成功に導く世界標準のコミュニケーション技法 PMI ペリオドンタルモチベーショナルインタービューイング. クインテッセンス出版株式会社, 2020.02 歯周病患者さんのタイプ分類に応じた個別対応のすヽめ

  4. 和泉 雄一, 小田 茂, 菊池 重成, 秋月 達也 他. 歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで. 医歯薬出版株式会社, 2017.12

  5. 和泉 雄一, 小田 茂, 菊池 重成, 秋月 達也. 歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで. 医歯薬出版株式会社, 2017.12

  6. 和泉 雄一, 小田 茂, 菊池 重成, 秋月 達也. 歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで. 医歯薬出版株式会社, 2017.12

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Takeda K, Mizutani K, Matsuura T, Kido D, Mikami R, Noda M, Buranasin P, Sasaki Y, Izumi Y, Iwata T. Periodontal regenerative effect of enamel matrix derivative in diabetes. IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2019.06.20

  2. Takeda K, Mizutani K, Matsuura T, Kido D, Mikami R, Noda M, Buranasin P, Sasaki Y, Izumi Y, Iwata T. Periodontal regenerative effect of enamel matrix derivative in diabetes. IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2019.06.20

  3. Daisuke Kido, Koji Mizutani, Kohei Takeda, Takanori Matsuura, Yuichi Izumi. Insulin resistance causes impaired gingival wound healing in diabetic rats. the 95th General Session & Exhibition of the IADR 2017.03.24

  4. Daisuke Kido, Koji Mizutani, Kohei Takeda, Takanori Matsuura, Yuichi Izumi. Insulin resistance causes impaired gingival wound healing in diabetic rats. the 95th General Session & Exhibition of the IADR 2017.03.24

  5. 中川佳太、水谷幸嗣、渡辺数基、齋藤夏実、竹村修、坂庭愛理、三上理沙子、城戸大輔、武田浩平、小湊広美、服部淳彦、岩田隆紀. 糖尿病モデルラットにおける実験的歯周炎の治癒期の網羅的遺伝子発現解析. 第66回春季日本歯周病学会学術大会  2023.05.26 レグザムホール(香川県民ホール)

  6. 竹村修、水谷幸嗣、三上理沙子、中川佳太、秤屋雅弘、坂庭愛理、齋藤夏実、城戸大輔、武田浩平、小湊広美、青木章、岩田隆紀. 低出力Er:YAGレーザー照射の血管内皮細胞への影響. 第66回春季日本歯周病学会学術大会 2023.05.26 レグザムホール(香川県県民ホール)

  7. 坂庭愛理,三上理沙子,水谷幸嗣,齋藤夏実,小湊広美,竹村修,中川佳太,秤屋雅弘,城戸大輔,武田浩平,美馬晶,岩田隆紀. Porphyromonas gingivalis 由来LPSによる高血糖状態でのメサンギウム細胞の線維化への影響. 第66回春季日本歯周病学会学術大会 2023.05.26 高松

  8. 坂庭 愛理, 水谷 幸嗣, 三上 理沙子, 齋藤 夏実, 小湊 広美, 竹村 修, 中川 佳太, 秤屋 雅弘, 城戸 大輔, 武田 浩平, 美馬 晶, 岩田 隆紀. Porphyromonas gingivalis由来LPSによる高血糖状態でのメサンギウム細胞の線維化への影響. 日本歯周病学会会誌 2023.04.01

  9. 中川 佳太, 水谷 幸嗣, 渡辺 数基, 齋藤 夏実, 竹村 修, 坂庭 愛理, 三上 理沙子, 城戸 大輔, 武田 浩平, 小湊 広美, 服部 淳彦, 岩田 隆紀. 糖尿病モデルラットにおける実験的歯周炎の治癒期の網羅的遺伝子発現解析. 日本歯周病学会会誌 2023.04.01

  10. 竹村 修, 水谷 幸嗣, 中川 佳太, 秤屋 雅弘, 坂庭 愛理, 三上 理沙子, 齋藤 夏実, 城戸 大輔, 武田 浩平, 小湊 広美, 青木 章, 岩田 隆紀. 低出力Er:YAGレーザー照射の血管内皮細胞への影響. 日本歯周病学会会誌 2023.04.01

  11. 水谷幸嗣,塩山秀裕,松浦孝典,三上理沙子,武田浩平,和泉雄一,青木章,岩田隆紀. 2 型糖尿病患者へ低侵襲手術にてエナメルマトリックスデリバティブを応用した歯周再生療法の 3年経過:前向きコホート研究. 第65回春季日本歯周病学会学術大会 2022.06.04 東京

  12. 三上理沙子,水谷幸嗣,塩山秀裕,松浦孝典,青山典生,須田智也, 楠侑香子,武田浩平,和泉雄一,相田潤,青木章,荒川真一, 岩田隆紀. 加齢がエナメルマトリックスタンパクを用いた歯周組織再生療法に与える影響 ─3年前向き研究─. 第65回春季日本歯周病学会学術大会 2022.06.04 東京

  13. 刈屋友彰,須藤毅顕,三上理沙子,武田浩平,福場駿介,竹内俊介, 落合茜,川本櫻子,豊嶋啓汰,水谷幸嗣,青木章,岩田隆紀. FGF-2製剤を用いた歯周組織再生療法の臨床的評価 ─3年後ろ向きコホート研究─. 第65回春季日本歯周病学会学術大会 2022.06.04 東京

  14. 藤野愛子,武田浩平,水谷幸嗣,三上理沙子,石角 篤,木平成子,竹内俊介,伊藤裕理,岩田隆紀. 2型糖尿病が歯肉毛細血管に及ぼす影響. 第63回秋季日本歯周病学会学術大会 2020.10.16 Web開催

  15. 藤野愛子, 武田浩平, 水谷幸嗣, 三上理沙子, 石角 篤, 木平成子, 竹内俊介, 伊藤裕理, 岩田隆紀. 2型糖尿病が歯肉毛細血管に及ぼす影響. 第63回秋季日本歯周病学会学術大会 2020.10.16 Web開催

  16. 石川 聡, 土岡弘明, 臼井通彦, 鬼塚 理, 工藤 求, 酒井和人, 澤辺正規, 竹内祥吾, 武田浩平, 山脇史寛, 杵渕恵那, 中島啓介. 日本歯周病学会学術大会におけるハンズオンセミナー"歯周組織再生療法に必要なTips"の開催と受講者の満足度調査. 第63回春季日本歯周病学会学術大会 2020.07.13 Web開催

  17. 石川 聡, 土岡弘明, 臼井通彦, 鬼塚 理, 工藤 求, 酒井和人, 澤辺正規, 竹内祥吾, 武田浩平, 山脇史寛, 杵渕恵那, 中島啓介. 日本歯周病学会学術大会におけるハンズオンセミナー"歯周組織再生療法に必要なTips"の開催と受講者の満足度調査. 第63回春季日本歯周病学会学術大会 2020.07.13 Web開催

  18. 武田浩平,水谷幸嗣,城戸大輔,松浦孝典,野田昌宏,三上理沙子,和泉雄一. 糖尿病ラットにおけるエナメルマトリックスタンパク質の再生効果への影響. 2017.10.26

  19. 武田浩平, 水谷幸嗣, 城戸大輔, 松浦孝典, 野田昌宏, 三上理沙子, 和泉雄一. 糖尿病ラットにおけるエナメルマトリックスタンパク質の再生効果への影響. 2017.10.26

  20. 城戸大輔,水谷幸嗣,武田浩平,三上理沙子,小沼邦葉,松浦孝典,和泉雄一. インスリン抵抗性発現による糖尿病ラットの歯肉の創傷治癒への影響. 日本歯科保存学会2017年度春期学術大会(第146回) 2017.06.08

  21. 城戸大輔, 水谷幸嗣, 武田浩平, 三上理沙子, 小沼邦葉, 松浦孝典, 和泉雄一. インスリン抵抗性発現による糖尿病ラットの歯肉の創傷治癒への影響. 日本歯科保存学会2017年度春期学術大会(第146回) 2017.06.08

  22. 城戸 大輔, 水谷 幸嗣, 武田 浩平, 三上 理沙子, 小沼 邦葉, 松浦 孝典, 和泉 雄一. インスリン抵抗性発現による糖尿病ラットの歯肉の創傷治癒への影響. 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2017.05.01

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士のためのペリオ・インプラント重要12キーワード ベスト240論文,2017年12月

    翻訳
    インプラント周囲粘膜炎. 歯科衛生士のためのペリオ・インプラント重要12キーワードベスト240論文.クインテッセンス出版,東京,116-125

  • 歯科衛生士のためのペリオ・インプラント重要12キーワード ベスト240論文,2017年12月

    翻訳
    インプラント周囲粘膜炎. 歯科衛生士のためのペリオ・インプラント重要12キーワードベスト240論文.クインテッセンス出版,東京,116-125

  • LipStaT: 口唇安定化術-適応と症例選択のガイドライン,過度な歯肉露出(EGD)の分類.,2015年05月

    翻訳
    武田浩平、秋月達也、和泉雄一
    Int J Periodontics Restorative Dent 日本語版
    2015;23(5):102-113