基本情報

写真a

伊藤 晃(イトウ アキラ)

ITO Akira


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 中央診療施設等 総合教育研修センター 臨床研修医
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学分野 大学院生
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 医員(医病)
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. 伊藤 晃、上田浩樹、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、赤星径一、小野宏晃、田邉 稔. 胆石症の分類と各種治療法 臨床外科増刊号. 2023.10; 78 (11): 230-235.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Akira Ito, Keiichi Akahoshi, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Prognostic Impact of Reticular Pattern around Superior Mesenteric Artery in CT Images of Pancreatic Cancer. The 3rd International Congress of the Asian Oncology Society 2023.10.20 Yokohama

  2. Shotaro Gan, Daisuke Asano, Akira Ito, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Determining the Indication of Surgery for High grade pNENs. The 3rd International Congress of the Asian Oncology Society 2023.10.20 Yokohama

  3. Atsushi Nara, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Shotaro Gan, Hironari Yamashita, Koichiro Morimoto, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Preoperative sarcopenia assessment predicts loss of independence after Pancreaticoduodenectomy (PD) in pancreatic cancer patients. The 3rd International Congress of the Asian Oncology Society 2023.10.20 Yokohama

  4. Shotaro Gan, Daisuke Asano, Masaru Takeuchi, Masahiro Yamane, Akira Ito, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. A case of unresectable pancreatic ductal adenocarcinoma (UR-PDAC) in an elderly patient who underwent radical resection after preoperative chemotherapy and survived without recurrence for 1 year. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  5. Hiroki Ueda, Atsushi Nara, Masaru Takeuchi, Masahiro Yamane, Akira Ito, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishiakwa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Age and Sarcopenia Are Risk Factors for ADL Decline After Pancreaticoduodenectomy; Our approach to maintain ADLs before and after surgery. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.07.01 Tokyo

  6. Akira Ito, Keiichi Akahoshi, Masaru Takeuchi, Masahiro Yamane, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Hepatectomy After Pancreatoduodenectomy Has a High Risk of Postoperative Complications. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.06.30 Tokyo

  7. Atsushi Nara, Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Shotaro Gan, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Pancreatic duct stent AMY after pancreaticoduodenectomy is a predictor of pancreatic fistula. The 35th Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2023.06.30 Tokyo

  8. Atsushi Nara, Keiichi Akahoshi, Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Masaru Takeuchi, Masahiro Yamane, Akira Ito, Shotaro Gan, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Isikawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Usefulness of the Novel Rupture Severity Score (NRSS) in Determining the Timing of Transarterial Embolization (TAE) for Ruptured Hepatocellular Carcinoma. IASGO-CME 2022.10.26 Fukuoka

  9. Takeshi Ishii, Keiichi Akahosi, Akira Ito, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Kouhei Yagi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Efficacy and safety of FOLFONI therapy for unresectable pancreatic cancer. Joint Congress of the 26th Meeting of IAP and the 53rd Annual Meeting of JPS 2022.07.09 Kyoto

  10. Akira Ito, Daisuke Asano, Shotaro Gan, Atsushi Nara, Koichiro Morimoto, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Kohei Yagi, Takeshi Ishii, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Strategy of pancreatic ductal adenocarcinoma treatment. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  11. Shotaro Gan, Hiroki Ueda, Atsushi Nara, Akira Ito, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Munetaka Kimura, Kohei Yagi, Takeshi Ishii, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Discussion on the treatment of liver cysts at our hospital. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.11 Ehime

  12. Kohei Yagi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Akira Ito, Atsushi Nara, Syotaro Gan, Munetaka Kimura, Hironari Yamashita, Takeshi Ishii, Daisuke Aasano, Syuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Significance of MGMT expression for streptozocin treatment of pancreatic neuroendocrine neoplasms. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  13. Hironari Yamashita, Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Shoutaro Gan, Atsushi Nara, Munetaka Kimura, Koichiro Morimoto, Kouhei Yagi, Takeshi Ishi, Daisuke Asano, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Clinical outcome of pT1 pancreatic ductal adenocarcinoma-what is the risk factor of poor prognosis?. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  14. Keiichi Akahoshi, Akira Ito, Atsushi Nara, Shotaro Gan, Takeshi Ishii, Kohei Yagi, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Munetaka Kimura, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Transpapillary or transmural drainage for postoperative pancreatic fistula after distal pancreatectomy. The 34th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2022.06.10 Ehime

  15. Akira Ito, Keiichi Akahoshi, Daisuke Asano, Hiroki Ueda, Minoru Tanabe. A Case of Dissection Abscess Complicated by Hepatis Resection after Pancreaticoduodenectomy. IASGO-CME Advanced Post-Graduate Course in Nagasaki 2021 2021.10.09 Web

  16. 上田浩樹、宮澤 傑、鳫翔大郎、伊藤 晃、奈良 篤、山下宏成、森本紘一朗、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除後のADL低下とその推移. 第85回日本臨床外科学会総会 2023.11.18 岡山

  17. 犬竹 平、浅野大輔、森本紘一朗、本橋翔平、小山照央、宮澤 傑、鳫翔大郎、伊藤 晃、山下宏成、渡邉秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、田邉 稔. 幽門側胃切除術後の膵体尾部切除術の安全性に関する検討. 第85回日本臨床外科学会総会 2023.11.16 岡山

  18. 伊藤 晃、小野宏晃、山根聖弘、竹内 将、鳫翔大郎、 奈良 篤、森本紘一朗、木村宗貴、山下宏成、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、 田中真二、田邉 稔. 膵癌における Gemcitabine に対するCDK4/6阻害の影響. JDDW 2023 KOBE 2023.11.04 神戸

  19. 山下宏成、小野宏晃、竹内 将、山根聖弘、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、木村宗貴、森本紘一朗、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、池田貞勝、田中真二、田邉 稔. 包括的ゲノムプロファイリングに基づいた肝胆膵領域悪性腫瘍に対する横断的な遺伝子変異解析および治療成績. JDDW 2023 KOBE 2023.11.03 神戸

  20. 伊藤 晃、小野宏晃、八木宏平、森本紘一朗、山下宏成、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍においてMGMT発現低下によりstreptozocinの効果が増強する. 第11回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2023.10.14 宇都宮

  21. 伊藤 晃、赤星径一、渡邊秀一、竹内 将、山根聖弘、鳫翔大郎、奈良 篤、森本紘一朗、木村宗貴、 山下宏成、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵断端膿瘍に対する経乳頭的ドレナージの有用性. 第54回日本膵臓学会大会 2023.07.21 福岡

  22. 伊藤 晃、小野宏晃、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌におけるGemcitabine に対するCDK4/6 阻害の影響. 第78回日本消化器外科学会総会 2023.07.14 函館

  23. 伊藤 晃. MENⅠ型を背景とした膵消化管神経内分泌腫瘍における手術症例の検討. 第29回日本遺伝性腫瘍学会学術集会 2023.06.17 高知

  24. 赤星径一、鳫翔大郎、、伊藤 晃、奈良 篤、森本紘一朗、山下宏成、木村宗貴、八木宏平、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 大学病院における若手医師の働き方改革に向けた積極的取り組み. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.29 東京

  25. 山下宏成、赤星径一、竹内 将、山根聖弘、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、木村宗貴、森本紘一朗、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. pT1膵癌における病理学的特徴および予後不良因子について. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.29 東京

  26. 森本紘一朗、工藤 篤、赤星径一、山根聖弘、竹内 将、奈良篤、鳫翔大郎、伊藤 晃、山下宏成、八木宏平、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 10mm以下のP-NENにおける臨床病理学的特徴と予後. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.29

  27. 山根聖弘、石川喜也、竹内 将、鳫翔大郎、伊藤 晃、奈良 篤、木村宗貴、山下宏成、森本紘一朗、八木宏平、浅野大輔、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 背側膵動脈の分岐形態. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.28 東京

  28. 鳫翔大郎、上田浩樹、竹内 将、山根聖弘、伊藤 晃、奈良 篤、森本紘一朗、山下宏成、木村宗貴、八木宏平、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝嚢胞治療のベストプラクティス;手術かドレナージか?. 第123回日本外科学会定期学術集会 2023.04.27 東京

  29. 上田浩樹、奈良 篤、伊藤 晃、鳫翔大郎、山下宏成、森本絋一朗、八木宏平、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 「75歳以上」は膵体尾部切除術後のLoss of Independenceのリスクである. 第84回日本臨床外科学会総会 2022.11.25 福岡

  30. 鳫翔大郎、浅野大輔、伊藤 晃、奈良 篤、森本絋一朗、山下宏成、八木宏平、渡邊秀一 、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 積極的肝切除経験から導かれた神経内分泌腫瘍肝転移の治療戦略. 第84回日本臨床外科学会総会 2022.11.25 福岡

  31. 石井 武、赤星径一、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、森本紘一朗、木村宗貴、山下宏成、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能膵癌に対するFOLFONI療法の有効性と安全性に関する検討. JDDW 2022 Fukuoka 2022.10.28 福岡

  32. 伊藤 晃、赤星径一、石川喜也、浅野大輔、竹内 将、山根聖弘、鳫翔大郎、奈良 篤、森本紘一朗、木村宗貴、山下宏成、八木宏平、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵体尾部切除後の膵液瘻に対するENPDの有用性. 第49回日本膵切研究会 2022.08.20 大津

  33. 伊藤 晃、赤星径一、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵体尾部切除後の膵液瘻に対するENPDの有用性. 第77回日本消化器外科学会総会 2022.07.22 横浜

  34. 浅野大輔、石川喜也、赤星径一、上田浩樹、小野宏晃、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、石井 武、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における腹腔鏡下垂体尾部切除の定型化と新世代多自由度鉗子の使用経験. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.15 熊本

  35. 伊藤 晃、浅野大輔、鳫翔大郎、奈良 篤、石井 武、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 局所進行膵癌の治療戦略. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  36. 奈良 篤、石川喜也、伊藤 晃、鳫翔大郎、森本紘一朗、山下宏成、木村宗貴、八木宏平、石井 武、浅野大輔、上田浩樹、小野宏晃、小川康介、赤星径一、田邉 稔、明石 巧. 当科における傍大動脈リンパ節転移陽性の胆道癌の検討. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14

  37. 鳫翔大郎、小野宏晃、奈良 篤、伊藤 晃、山下宏成、森本紘一朗、木村宗貴、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田邉 稔. スニチニブ→S-1/STZ併用療法を中心とした集学的治療により長期生存を得た進行性PanNEN(NET-G3) の2症例. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  38. 山下宏成、小野宏晃、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、木村宗貴、森本紘一朗、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌に対する新規治療法を目指した、細胞増殖関連タンパク PCNA の機能解析. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  39. 八木宏平、小野宏晃、奈良 篤、鳫翔大郎、伊藤 晃、木村宗貴、森本紘一朗、山下宏成、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における MGMT 発現解析および STZ ベースレジメンに対する治療効果への影響. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  40. 森本紘一朗、小野宏晃、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、山下宏成、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における16番リンパ節転移症例に対する切除の意義. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  41. 上田浩樹、鳫翔大郎、奈良 篤、伊藤 晃、森本紘一朗、山下宏成、八木宏平、石井 武、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 75歳以上の高齢者に対する膵体尾部切除術の治療成績. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  42. 金原正太朗、石井 武、浅野大輔、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、森本紘一朗、山下宏成、八木宏平、渡邊秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膵頭部混合型 IPMN と膵尾部 NET 合併症に対し中央区域温存膵切除術を施行した一例. 第863回外科集談会 2022.03.12 WEB開催

  43. 奈良 篤、上田浩樹、伊藤 晃、鳫翔大郎、木村宗貴、森本紘一朗、山下宏成、石井 武、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、小川康介、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. 当院における肝細胞癌破裂例の検討. 第13回日本Acute Care Surgery学会 2021.11.26 長崎

  44. 河野里咲、上田浩樹、伊藤 晃、奈良 篤、鳫翔太郎、浅野大輔、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵嚢胞内出血後の嚢胞破綻由来の後腹膜膿瘍に対し集学的治療にて救命し得た一例. 第13回日本Acute Care Surgery学会 2021.11.26 長崎

  45. 高橋建叡、浅野大輔、伊藤 晃、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 急速増大する膵頭部腫瘤に対して膵頭十二指腸切除術施行し膵紡錘細胞型退形成癌の診断を得た1例. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.20 東京

  46. 浅野大輔、石川喜也、赤星径一、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、石井 武、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における腹腔鏡下膵体尾部切除の定型化と頭側からのアプローチを意識した尾側膵切除. 第13回膵臓内視鏡外科研究会 2021.11.17 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀賞,伊藤 晃、第11回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会,2023年10月