基本情報

写真a

畑山 貴志(ハタヤマ タカシ)

HATAYAMA Takashi


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2017年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 医員
  • 2017年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 非常勤講師
  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 医員
  • 2019年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 特任助教
  • 2020年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 特任助教
  • 2021年10月
    -
    2023年06月
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔維持系診療領域 むし歯科 特任助教
  • 2023年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔維持系診療領域 むし歯科 助教

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 骨欠損レベル毎のレジンコア築造歯の最適ポスト長に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kouta Kibe, Takashi Hatayama, Yasushi Shimada. In vitro performance of an autocured universal adhesive system in bonding to dentin BMC ORAL HEALTH. 2023.11; 23 (1): 933. ( PubMed, DOI )

  2. Kanamori Y, Seki N, Foxton R, Moross J, Komagamine Y, Mizutani K, Hosaka K, Kanazawa M, Hatayama T, Komada W, Yonemitsu I, Akiyama M, Kaewmanee PC, Kaewsutha N, Nitta H, Wakabayashi N, Morio I. Fostering globally competent dental students through virtual team-working, problem-solving and person-centred multi-disciplinary care planning. Journal of Dental Sciences. 2022.07; 18 (1): 95-104. ( PubMed, DOI )

  3. Sanon K, Tichy A, Hatayama T, Thanatvarakorn O, Prasansuttiporn T, Wada T, Shimada Y, Hosaka K, Nakajima M. Addition of metal chlorides to a HOCl conditioner can enhance bond strength to smear layer deproteinized dentin. Dental materials : official publication of the Academy of Dental Materials. 2022.06; 38 (8): 1235-1247.

  4. Sanon K, Hatayama T, Tichy A, Thanatvarakorn O, Prasansuttiporn T, Wada T, Ikeda M, Hosaka K, Nakajima M. Smear layer deproteinization with NaOCl and HOCl: Do application/wash-out times affect dentin bonding of one-step self-etch adhesives? Dental materials journal. 2022.01; 41 (3): 353-362. ( PubMed, DOI )

  5. Shioya Yorichika, Tichy Antonin, Yonekura Kazuhide, Hasegawa Mayu, Hatayama Takashi, Ikeda Masaomi, Tagami Junji, Nakajima Masatoshi, Hosaka Keiichi. Sodium p-Toluenesulfinate Enhances the Bonding Durability of Universal Adhesives on Deproteinized Eroded Dentin POLYMERS. 2021.11; 13 (22): 3901. ( PubMed, DOI )

  6. Takaaki Sato, Tomohiro Takagaki, Takashi Hatayama, Toru Nikaido, Junji Tagami. Update on enamel bonding strategies Frontiers in Dental Medicine. 2021.06; ( DOI )

  7. Qi Feng, Otsuki Masayuki, Hiraishi Noriko, Hatayama Takashi, Wijethunge Chamari Lasindra, Tagami Junji. Effect of photo-thermal acceleration on in-office bleaching ODONTOLOGY. 2021.05; 109 (4): 828-835. ( PubMed, DOI )

  8. Alshahni Rima Zakzuk, Sato Kento, Hosaka Keiichi, Hatayama Takashi, Chiba Ayaka, Foxton Richard M., Tagami Junji, Sumi Yasunori, Shimada Yasushi, Nakajima Masatoshi. Effect of smear layer deproteinization with enzyme solutions on bonding efficacy of one-step self-etch adhesives INTERNATIONAL JOURNAL OF ADHESION AND ADHESIVES. 2020.10; 102 ( DOI )

  9. 斉 楓, 大槻 昌幸, 畑山 貴志, 田上 順次. 光による加熱が歯の漂白効果に及ぼす影響(Effect of photo-thermal acceleration on in-office bleaching) 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2020.06; 152回 39. ( 医中誌 )

  10. Kusumasari C, Abdou A, Tichy A, Hatayama T, Hosaka K, Foxton RM, Wada T, Sumi Y, Nakajima M, Tagami J. Effect of smear layer deproteinization with chemo-mechanical caries removal agents on sealing performances of self-etch adhesives. Journal of dentistry. 2020.03; 94 103300. ( PubMed, DOI )

  11. Hatayama Takashi, Kano Yukinori, Aida Asami, Chiba Ayaka, Sato Kento, Seki Naoko, Hosaka Keiichi, Foxton Richard M., Tagami Junji, Nakajima Masatoshi. The combined effect of light-illuminating direction and enamel rod orientation on color adjustment at the enamel borders of composite restorations CLINICAL ORAL INVESTIGATIONS. 2019.10; 24 (7): 2305-2313. ( PubMed, DOI )

  12. Hatayama Takashi, Chiba Ayaka, Kainose Kimisuke, Nakajima Masatoshi, Hosaka Keiichi, Wakabayashi Noriyuki, Foxton Richard M., Tagami Junji. 歯槽骨の水準を基準としてポスト先端の深さを様々に変えたレジンコア支台築造を行った歯に、2通りの方向で荷重を負荷した時に歯内に発生する応力分布(Stress distribution in tooth resin core build-ups with different post-end positions in alveolar bone level under two kinds of load directions) Dental Materials Journal. 2018.06; 37 (3): 474-483. ( 医中誌 )

  13. Takashi Hatayama, Ayaka Chiba, Kimisuke Kainose, Masatoshi Nakajima, Keiichi Hosaka, Noriyuki Wakabayashi, Richard M Foxton, Junji Tagami. Stress distribution in tooth resin core build-ups with different post-end positions in alveolar bone level under two kinds of load directions. Dent Mater J. 2018.02; 37 (3): 474-483. ( PubMed, DOI )

  14. Chiba Ayaka, Hatayama Takashi, Kainose Kimisuke, Nakajima Masatoshi, Pashley David H., Wakabayashi Noriyuki, Tagami Junji. コア材料の弾性率がレジン築盛した歯牙での接着界面におけるせん断応力分布に及ぼす影響(The influence of elastic moduli of core materials on shear stress distributions at the adhesive interface in resin built-up teeth) Dental Materials Journal. 2017.02; 36 (1): 95-102. ( 医中誌 )

  15. Ayaka Chiba, Takashi Hatayama, Kimisuke Kainose, Masatoshi Nakajima, David H Pashley, Noriyuki Wakabayashi, Junji Tagami. The influence of elastic moduli of core materials on shear stress distributions at the adhesive interface in resin built-up teeth. Dent Mater J. 2017.01; 36 (1): 95-102. ( PubMed, DOI )

  16. 畑山 貴志. 【ハイエンドなSkill & Knowledgeを活かしたワンランク上のコンポジットレジン修復】ここまでできるCR修復-見るだけでレベルアップするCR修復の使いこなし デジタルを活用した新しいダイレクトCRブリッジ修復へのアプローチ PPAP法 日本歯科評論. 2023.10; (増刊2023): 102-105. ( 医中誌 )

  17. 佐藤 隆明, 田端 倫子, 畑山 貴志, 赤羽根広大, 佐藤 綾花, 馬場 雄大, 高橋 礼奈, 井上 剛, 平石 典子, 角 保徳, 島田 康史, 田上 順次. エナメル象牙境におけるエッチングの影響 日本歯科保存学雑誌. 2021.08; 64 (4): 271-278. ( DOI )

  18. 三木 仁志, 田代 浩史, 高垣 智博, 畑山 貴志, 保坂 啓一, 田上 順次. コンポジットレジン直接修復による欠損部回復の生存解析 接着歯学. 2020.09; 38 (3): 124. ( 医中誌 )

  19. 田代 浩史, 三木 仁志, 高垣 智博, 畑山 貴志, 保坂 啓一, 田上 順次. コンポジットレジン直接修復による欠損部回復の臨床経過報告 接着歯学. 2020.09; 38 (3): 124. ( 医中誌 )

  20. 保坂 啓一, 畑山 貴志. 【コンポジットレジンによる最新MI修復 東京医科歯科大学田上教室の研究と臨床】基本編 隣接面修復のマトリックスワーク 適切な器材とテクニック 歯界展望. 2019.06; 別冊 (コンポジットレジンによる最新MI修復): 65-71. ( 医中誌 )

  21. 中島 正俊, 保坂 啓一, 畑山 貴志. 【コンポジットレジンによる最新MI修復 東京医科歯科大学田上教室の研究と臨床】基本編 コンポジットレジン修復物の色調適合を得るための基本術式 歯界展望. 2019.06; 別冊 (コンポジットレジンによる最新MI修復): 80-87. ( 医中誌 )

  22. 保坂 啓一, 米倉 和秀, 田口 啓太, アントニーン ティヒー, 久野 裕介, 永野 大樹, 荒岡 大輔, 畑山 貴志, 佐藤 健人, 高橋 真広, 西谷 佳浩, 池田 正臣, 中島 正俊, 田上 順次. タッチキュアがセルフエッチシステムの深部根管壁象牙質接着性能に及ぼす効果 日本歯科保存学雑誌. 2019.02; 62 (1): 39-46.

  23. 保坂 啓一, 米倉 和秀, 田口 啓太, アントニーン・ティヒー , 久野 裕介, 永野 大樹, 荒岡 大輔, 畑山 貴志, 佐藤 健人, 高橋 真広, 西谷 佳浩, 池田 正臣, 中島 正俊, 田上 順次. タッチキュアがセルフエッチシステムの深部根管壁象牙質接着性能に及ぼす効果 日本歯科保存学雑誌. 2019.02; 62 (1): 39-46. ( 医中誌 )

  24. 畑山 貴志, 千葉 彩香, 貝ノ瀬 公典, 中島 正俊, 保坂 啓一, 若林 則幸, 田上 順次. ポスト先端部と歯槽骨(皮質骨・海綿骨)の位置関係と荷重方向の違いがレジンコア築造歯の応力分布に与える影響 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2017.05; 146回 30. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 高橋礼奈,佐藤隆明,畑山貴志,田端倫子. エキスパートから学ぶ!CR修復の超レベルアップ30. デンタルダイヤモンド社, 2022.04 (ISBN : 9784885105340)

  2. 保坂 啓一,畑山 貴志,米倉 和秀. 手に取るようにわかるコンポジットレジン修復のメソッド. 医歯薬出版株式会社, 2022.03

  3. 監修 田上順次、共同執筆 中島正俊、保坂啓一. コンポジットレジンによる最新MI修復 東京医科歯科大学田上教室の研究と臨床. 医歯薬出版株式会社, 2019.06

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hitoshi Miki, Hirofumi Tashiro, Junji Tagami, Tomohiro Takagaki, Keiichi Hosaka, Takaaki Sato, Takashi Hatayama, Yasushi Shimada. Clinical effectiveness of the mono-block direct composite crown restoration. The 7th International Congress on Adhesive Dentistry 2023.06.01 Konya, Turkey

  2. Sanon Kittisak, Hiraishi Noriko, Hatayama Takashi, Nakajima Masatoshi, Shimada Yasushi. Papain gel enhances bond strength to eroded dentin. The157th Meeting of the Japanese Society of Conservative Dentistry 2022.11.10 Okayama

  3. 斉 楓, 杜 紫娟, 畑山 貴志, 平石 典子, 大槻 昌幸, 島田 康史. ホームブリーチの適用方法が漂白効果に及ぼす影響. 歯科審美 2022.10.15

  4. Hatayama Takashi. Direct resin-bonded fixed dental prothesis with digital workflow: A New Technique. 5th Brawijaya Scientific Meeting in Dentistry 2022.07.17 Web

  5. Yasushi Shimada, Hirotoshi Iwabuchi, Kei Ushijima, Tadamu Gondo, Syunsuke Takano, Yukiko Tsuji, Takaaki Sato, Hisaichi Nakagawa, Tomoko Tabata, Takashi Hatayama, Yasunori Sumi . 3D evaluation of smooth surface enamel caries using OCT. 100th General Session & Exhibition of the IADR 2022.06.25

  6. Miki H, Tashiro H, Tagami J, Takagaki T, Hosaka K, Sato T, Hatayama T, Shimada Y. Survival of the anterior mono-block direct composite crown. IAD2022@Sapporo 2022.06.03

  7. Tashiro H, Miki H, Tagami J, Takagaki T, Hosaka K, Sato T, Hatayama T, Shimada Y. Clinical performance of mono-block direct composite crown restorations. IAD2022@Sapporo 2022.06.03

  8. Hatayama Takashi. Direct Composite Resin Bridge. EECD & ICCD 2021.12.15 Web

  9. Sanon Kittisak, Hatayama Takashi, Hosaka Keiichi, Shimada Yasushi, Nakajima Masatoshi. . SrCl2/HOCl Smear Layer Deproteinization Improves Dentin Bonding Durability of 1-SEAs. International Academy for Adhesive Dentistry 2021.11.19 Web

  10. Sanon Kittisak, Hatayama Takashi, Hosaka Keiichi, Shimada Yasushi, Nakajima Masatoshi. . Effect of Zinc Chloride on HOCl-Smear Layer Deproteinization. Academy of Dental Materials 2021.10.07 Web

  11. Sanon Kittisak, Hatayama Takashi, Hosaka Keiichi, Shimada Yasushi, Nakajima Masatoshi. Effect of strontium chloride-containing HOCl-smear layer deproteinization on dentin bond strength of 1-SEAs. The 155th Meeting of the Japanese Society of Conservative Dentistry 2021.10.01 Web

  12. Sanon Kittisak, Hatayama Takashi, Hosaka Keiichi, Shimada Yasushi, Nakajima Masatoshi. 1-SEAsの象牙質接着強度に対する塩化ストロンチウム含有HOClスメア層の除タンパク質化の影響(Effect of strontium chloride-containing HOCl-smear layer deproteinization on dentin bond strength of 1-SEAs). 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2021.10.01

  13. Sanon Kittisak, Hatayama Takashi, Hosaka Keiichi, Shimada Yasushi, Nakajima Masatoshi. 1-SEAsの象牙質接着強度に対する塩化ストロンチウム含有HOClスメア層の除タンパク質化の影響(Effect of strontium chloride-containing HOCl-smear layer deproteinization on dentin bond strength of 1-SEAs). 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2021.10.01

  14. Sanon Kittisak, Hatayama Takashi, Hosaka Keiichi, Shimada Yasushi, Nakajima Masatoshi. 1-SEAsの象牙質接着強度に対する塩化ストロンチウム含有HOClスメア層の除タンパク質化の影響(Effect of strontium chloride-containing HOCl-smear layer deproteinization on dentin bond strength of 1-SEAs). 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2021.10.01

  15. Sanon Kittisak, Hatayama Takashi, Tagami Junji, Hosaka Keiichi, Nakajima Masatoshi.. Bonding Durability of 1-SEAs to HOCl-Smear Layer Deproteinized Dentin. 99th General Session of International Association of Dental Research 2021.07.21 Web

  16. Sanon Kittisak, Hatayama Takashi, Tagami Junji, Hosaka Keiichi, Nakajima Masatoshi. Effect of HOCI-application and wash-out time on dentin bond strength of one-step self-etch adhesives. The 154th Meeting of the Japanese Society of Conservative Dentistry 2021.05.01 Web

  17. Kusumasari Citra, Nakajima Masatoshi, Abdou Ahmed, Hatayama Takashi, Tichy Antonin, Hosaka Keiichi, Tagami Junji. Papacarie and Carisolv Pretreatments Improve Dentin Bonding Using Self-etch Adhesives. 2020 IADR/AADR/CADR General Session 2020 Washington, D.C., USA

  18. Kusumasari Citra, Nakajima Masatoshi, Abdou Ahmed, Hatayama Takashi, Tichy Antonin, Hosaka Keiichi, Tagami Junji. Effect of Papain Enzyme and NaOCl-based Gel on Sealing Performances of Self-etch Adhesives.. ConsAsia 2019 2019.11.09

  19. Hosaka Keiichi, Hatayama Takashi. The Power of Direct Composite Restoration -Hands on-. 20th NADTI Trade Exhibit 2019.09.25 Manilla, Philipines

  20. Hatayama T, Nakajima M, Hosaka K, Kainose K, Wakabayashi N, Tagami J. Stress Distribution in Resin-Core Build-Up Tooth under Different Load Directions. Academy of Dental Materials 2015 Annual Meeting 2015.10.08 Lahaina, Maui, HI

  21. 畑山 貴志, 田端 倫子, 木部 航太, 池田 正臣, 角 保徳, 島田 康史. 新規低重合収縮レジンコアシステムに対するSS-OCTを用いた接着界面解析と根管象牙質への接着性能評価. 第159回日本歯科保存学会2023年度秋季学術大会 2023.11.12 静岡県浜松市

  22. 田代 浩史, 保坂 啓一, 田上 順次, 畑山 貴志, 島田 康史. 重度歯周病患者の口腔機能回復治療として直接法コンポジットレジン修復で対応し3年経過した1症例. 第159回日本歯科保存学会2023年度秋季学術大会 2023.11.12 静岡県浜松市

  23. 木部 航太, 畑山 貴志, 島田 康史. 新規化学重合型ボンディング材の接着強さと窩洞適合性の評価. 第158回日本歯科保存学会2023年度春季学術大会 2023.06.22 島根県松江市

  24. 三木 仁志、田代 浩史、田上 順次、高垣 智博、保坂 啓一、佐藤 隆明、畑山 貴志、島田 康史. コンポジットレジン直接修復による永久歯先天欠如への審美回復症例. 2022年度・日本歯科審美学会第33回学術大会 2022.10.15

  25. 三木 仁志, 田代 浩史, 田上 順次, 高垣 智博, 保坂 啓一, 佐藤 隆明, 畑山 貴志, 島田 康史. コンポジットレジン直接修復による永久歯先天欠如への審美回復症例. 歯科審美 2022.10.15

  26. 畑山 貴志. UNIVERSAL シンプルな術式がもたらすもの. 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2022.10.01

  27. 畑山貴志. ダイレクトモノブロック修復 -歯根を救え-. JT Concept Master Course 2021.11.27 浜松

  28. 豊島 由佳子, 上野 俊明, 岩崎 圭祐, 高垣 智博, 畑山 貴志, 近藤 尚知, 蒲原 一之, 奥脇 透. オリンピック日本代表候補選手の歯科保健状況. 日本臨床スポーツ医学会誌 2021.10.01

  29. 豐島 由佳子, 上野 俊明, 岩崎 圭祐, 高垣 智博, 畑山 貴志, 近藤 尚知, 蒲原 一之, 奥脇 透. オリンピック日本代表候補選手の歯科保健状況. 日本臨床スポーツ医学会 2021.10.01

  30. 豊島 由佳子, 上野 俊明, 岩崎 圭祐, 高垣 智博, 畑山 貴志, 近藤 尚知, 蒲原 一之, 奥脇 透. オリンピック日本代表候補選手の歯科保健状況. 日本臨床スポーツ医学会誌 2021.10.01

  31. 豊島 由佳子, 上野 俊明, 岩崎 圭祐, 高垣 智博, 畑山 貴志, 近藤 尚知, 蒲原 一之, 奥脇 透. オリンピック日本代表候補選手の歯科保健状況. 日本臨床スポーツ医学会誌 2021.10.01

  32. 畑山 貴志, 中島 正俊, 保坂 啓一, 中川 寿一, 田端 倫子, 角 保徳. 新規低重合収縮レジンコア材の根管象牙質接着性能評価とSS-OCTを用いた根管内挙動解析. 第154回日本歯科保存学会春季学術大会 2021.06.10 Web

  33. 畑山貴志. Perfect Matrix Works. 東京歯科大学保存科講演 2020.09.08

  34. 畑山貴志、千葉彩香、貝ノ瀬公典、中島正俊、保坂啓一、若林則幸、田上順次. ポスト先端部と歯槽骨(皮質骨・海綿骨)の位置関係と荷重方向の違いがレジンコア築造歯の応力分布に与える影響. 第146回日本歯科保存学会学術大会 2017.06.08

  35. 米倉和秀、保坂啓一、田口敬太、畑山貴志、高橋真広、神原啓介、池田正臣、中島正俊、田上順次. 根管象牙質に対するレジンコアシステムの接着性能に及ぼすエアブロー法の検討. 第35回日本接着歯学会学術大会 2016.12.03

  36. 千葉彩香、畑山貴志、貝ノ瀬公典、中島正俊、若林則幸、田上順次. コンポジットレジンの弾性率がレジン支台築造歯の内部応力分布に及ぼす影響. 第143回日本歯科保存学会学術大会 2015.10.13 東京

  37. 田口敬太,畑山貴志,佐藤健人,吉峰斉昭,高橋真広,保坂啓一,中島正俊,田上順次. 1ステップセルフエッチングシステムの根管象牙質接着性能に対する温風エアブローの効果. 第142回日本歯科保存学会2015年度春季学術大会 2015.06.25 西日本総合展示場・北九州国際会議場

  38. 畑山貴志、中島正俊、保坂啓一、貝ノ瀬公典、若林則幸、田上順次. 頬側咬頭に対する荷重方向の違いがレジンコア支台築造モデルにおける接合界面のせん断応力分散に及ぼす影響. 第142回日本歯科保存学会学術大会 2015.06.25 北九州、福岡

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士・歯科助手 おしごとハンドブック(畑山貴志),2022年03月

    分担執筆

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • D6臨床実習一般ライター,2021年 - 2022年

  • う蝕制御学特論,2021年 - 2022年

  • D5ケーススタディ,2021年 - 2022年

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 保存修復学,日本医歯薬専門学校

  • 国試対策授業,日本医歯薬専門学校

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学オープンキャンパス動画作成,2022年07月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • モノブロックダイレクトクラウン修復 MONO-BLOCK DIRECT COMPOSITE CROWN:SAVE the Root(畑山貴志),田代浩史,JT concept Master Course,浜松,2022年12月17日 - 2022年12月18日

  • Direct BRIGDE PPAP With Digital Workflow: A New Technique(Takashi HATAYAMA),田代浩史,JT concept Master Course クラブミーティング,御茶の水,2022年12月11日

  • Perfect Matrix Works 2022 (畑山貴志),C.D.E.(Continuing Dental Education),東京医科歯科大学,2022年12月04日

  • クリアフィル® マジェスティ® ESフロー -我々の日常臨床を変えた フロアブルレジンの魅力と可能性-(畑山貴志),MORITA,Webinar,2022年10月21日 - 2023年02月20日

  • ダイレクトモノブロック修復 -歯根を救え- (畑山貴志),田代浩史,JT concept Master Course,浜松,2022年07月30日 - 2022年07月31日

  • The Summary of Direct Monoblock Restoration (Takashi HATAYAMA),IFDC,2022年07月08日

  • CR修復を成功に導くための戦略的ホワイトニング (畑山貴志),C.D.E.(Continuing Dental Education),東京医科歯科大学,2022年07月02日

  • 明日から実践するワンランク上のCR修復(畑山貴志),White cross,White cross Live,Web,2022年05月20日

  • The Summary of Direct Monoblock Restoration (Takashi HATAYAMA),IFDC,2022年02月01日

  • Dental Product News掲載「始まっています。大学病院・講座でのCAMBRA」,株式会社ヨシダ,Dental Product News,2020年07月10日

▼全件表示