基本情報

写真a

畑山 貴志(ハタヤマ タカシ)

HATAYAMA Takashi


職名

特任助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2017年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 医員
  • 2017年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 非常勤講師
  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 医員
  • 2019年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 特任助教

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 骨欠損レベル毎のレジンコア築造歯の最適ポスト長に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Alshahni Rima Zakzuk, Sato Kento, Hosaka Keiichi, Hatayama Takashi, Chiba Ayaka, Foxton Richard M., Tagami Junji, Sumi Yasunori, Shimada Yasushi, Nakajima Masatoshi. Effect of smear layer deproteinization with enzyme solutions on bonding efficacy of one-step self-etch adhesives INTERNATIONAL JOURNAL OF ADHESION AND ADHESIVES. 2020.10; 102 ( DOI )

  • 田代 浩史, 三木 仁志, 高垣 智博, 畑山 貴志, 保坂 啓一, 田上 順次. コンポジットレジン直接修復による欠損部回復の臨床経過報告 接着歯学. 2020.09; 38 (3): 124. ( 医中誌 )

  • 三木 仁志, 田代 浩史, 高垣 智博, 畑山 貴志, 保坂 啓一, 田上 順次. コンポジットレジン直接修復による欠損部回復の生存解析 接着歯学. 2020.09; 38 (3): 124. ( 医中誌 )

  • 斉 楓, 大槻 昌幸, 畑山 貴志, 田上 順次. 光による加熱が歯の漂白効果に及ぼす影響(Effect of photo-thermal acceleration on in-office bleaching) 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2020.06; 152回 39. ( 医中誌 )

  • Kusumasari C, Abdou A, Tichy A, Hatayama T, Hosaka K, Foxton RM, Wada T, Sumi Y, Nakajima M, Tagami J. Effect of smear layer deproteinization with chemo-mechanical caries removal agents on sealing performances of self-etch adhesives. Journal of dentistry. 2020.03; 94 103300. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 監修 田上順次、共同執筆 中島正俊、保坂啓一. コンポジットレジンによる最新MI修復 東京医科歯科大学田上教室の研究と臨床. 医歯薬出版株式会社, 2019.06

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 畑山貴志. Perfect Matrix Works. 東京歯科大学保存科講演 2020.09.08

  • Kusumasari Citra, Nakajima Masatoshi, Abdou Ahmed, Hatayama Takashi, Tichy Antonin, Hosaka Keiichi, Tagami Junji. Papacarie and Carisolv Pretreatments Improve Dentin Bonding Using Self-etch Adhesives. 2020 IADR/AADR/CADR General Session 2020 Washington, D.C., USA

  • Kusumasari Citra, Nakajima Masatoshi, Abdou Ahmed, Hatayama Takashi, Tichy Antonin, Hosaka Keiichi, Tagami Junji. Effect of Papain Enzyme and NaOCl-based Gel on Sealing Performances of Self-etch Adhesives.. ConsAsia 2019 2019.11.09

  • Hosaka Keiichi, Hatayama Takashi. The Power of Direct Composite Restoration -Hands on-. 20th NADTI Trade Exhibit 2019.09.25 Manilla, Philipines

  • 畑山貴志、千葉彩香、貝ノ瀬公典、中島正俊、保坂啓一、若林則幸、田上順次. ポスト先端部と歯槽骨(皮質骨・海綿骨)の位置関係と荷重方向の違いがレジンコア築造歯の応力分布に与える影響. 第146回日本歯科保存学会学術大会 2017.06.08

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Dental Product News掲載「始まっています。大学病院・講座でのCAMBRA」,株式会社ヨシダ,Dental Product News,2020年07月10日