基本情報

写真a

北澤 萌恵(キタザワ モエ)

KITAZAWA Moe


職名

非常勤講師

研究分野・キーワード

発生生物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 統合エピゲノミクス 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2018年04月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 エピジェネティクス 助教
  • 2018年05月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 エピジェネティクス 助教
  • 2021年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 実験動物センター 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 実験動物センター 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 進化生物学

  • 発生生物学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 有袋類の胎盤形成におけるPEG10の機能解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 鏡ー緒方症候群におけるPEG11のin vivoノックダウン治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kitazawa M., Sutani A., Kaneko-Ishino T. and Ishino F.. The role of eutherian-specific RTL1 in the nervous system and its implications for the Kagami-Ogata and Temple syndromes. Genes to cells. 2021.01; ( DOI )

  2. Kitazawa M., Hayashi S., Imamura M., Takeda S., Oishi Y., Kaneko-Ishino T. and Ishino F.. Deficiency and overexpression of Rtl1 in the mouse cause distinct muscle abnormalities related to Temple and Kagami-Ogata syndromes. Development. 2020.09; 147 ( PubMed, DOI )

  3. Ohsugi Y, Katagiri S, Hirota T, Niimi N, Hatasa M, Watanabe K, Shimohira T, Mizutani K, Kitazawa M, Matsuzawa A, Kadokura H, Yokose S, Iwata T, Aoki A. Laser irradiation decreases sclerostin expression in bone and osteogenic cells. The FASEB Journal. 2020.08; 34 (9): 12877-12893.

  4. Kitazawa M., Tamura M., Kaneko-Ishino T. and Ishino F.. Severe damage to the placental fetal capillary network cause mid to late fetal lethality and reduction of placental size in Peg11/Rtl11 KO mice. Genes to cells. 2017.01; 22 174-188. ( PubMed, DOI )

  5. Ono R., Ishii M., Fujiwara M., Kitazawa M., Usami T., Kaneko-Ishino T., Kanno J., Ikawa M. and Ishino F.. Double strand break repair by capture of retrotransposon sequence and reverse-transcribed spliced mRNA sequence in mouse zygotes. Scientific reports. 2015.07; ( PubMed, DOI )

  6. Ito M.,Sferruzzi-Perri A. N., Edward C. A., Adalsteinsson B. T., Allen S. E., Loo T. H., Kitazawa M., Kaneko-Ishino T., Ishino F., Stewart C. L. and Ferguson-Smith A. C.. A trans-homologe interaction between reciprocally imprinted miR-127 and Rtl1 regulates placentadevelopment. Development. 2015.07; 142 ( PubMed, DOI )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ohsugi Y, Katagiri S, Hirota T, Niimi H, Hatasa M, Watanabe K, Shimohira T, Mizutani K, Kitazawa M, Matsuzawa A, Kadokura H, Yokose S, Iwata T, Aoki A. Laser irradiation decreases Sost expression in bone and osteogenic cells. The 106th Annual meeting American Academy of Periodontology 2020.11 Web開催

  2. Moe Kitazawa, Tomoko Kaneko-Ishino, Fumitoshi Ishino. PEG11/RTL1 in paternal and maternal uniparental disomy of chromosome 14. 12th International Symposium of The Institute Network 2017.11

  3. Moe Kitazawa, Tomoko Kaneko-Ishino, Fumitoshi Ishino. Role of LTR retrotransposon-derived gene, Peg11/Rtl1, in placenta and fetal development. The 2nd Japan-Korea International Symposium for Transposable Elements 2017.07

  4. 北澤萌恵、金児-石野知子、石野史敏. マウスにおけるPeg11/Rtl1の欠損と過剰発現はTemple症候群とKagami-Ogata症候群に関連した異なる筋肉異常を引き起こす. 第43回日本分子生物学会年会 2020.12

  5. 大杉勇人, 片桐さやか, 廣田朝光, 新見ひろみ, 畑佐将宏, 渡辺数基, 下平 剛, 水谷幸嗣, 門倉弘志, 横瀬敏志, 岩田隆紀, 青木 章 . Er:YAGレーザー照射は骨組織と骨細胞様細胞においてsclerostinの発現を減少する. 第63回秋季日本歯周病学会学術大会 2020.10 Web開催

  6. 石野史敏、北澤萌恵、金児-石野知子. Peg11/Rtl1は哺乳類の胎児・新生児期の骨格筋発生に関与する鏡-緒方症候群・テンプル症候群の主要原因遺伝子である. 第42回日本分子生物学会年会 2019.12

  7. 北澤萌恵、金児-石野知子、石野史敏. LTRレトロトランスポゾン由来遺伝子Peg11/Rtl1の胎盤及び胎児の発生における役割. 2018年度遺伝研研究会「転移因子と宿主の相互作用による生命機能と進化」 2018.08

  8. 北澤萌恵、林晋一郎、今村道博、武田伸一、大石由美子、金児−石野知子、石野史敏. 真獣類特異的遺伝子Peg11は胎盤および胎仔の発生に重要である. 第40回日本分子生物学会年会 2017.12

  9. 北澤萌恵、林晋一郎、今村道博、大石由美子、武田伸一、金児−石野知子、石野史敏. Peg11/Rtl1は真獣類の胎仔期の筋発生に重要である. 日本筋学会第3回学術集会 2017.08

  10. 北澤萌恵、田村勝、金児−石野知子、石野史敏. 胎盤における胎仔毛細血管網の損傷がPeg11/Rtl1 KOマウスの胎仔期中期・後期致死と胎盤形成不全の原因である. 第11回日本エピジェネティクス研究会 2017.05

  11. 北澤萌恵、小野竜一、岡彩子、金児−石野知子、石野史敏. 真獣類特異的遺伝子Peg11のマウス新生仔の生存に対する影響. 第38回日本分子生物学会年会 2015.12

  12. 北澤萌恵、小野竜一、岡彩子、金児−石野知子、石野史敏. 真獣類特異的遺伝子Peg11の胎仔と胎盤における影響. 第9回エピジェネティクス研究会 2015.05

  13. 北澤萌恵、小野竜一、田村勝、金児−石野知子、石野史敏. 真獣類特異的遺伝子Peg11の胎盤と胎仔への影響. 第37回日本分子生物学会年会 2014.11

  14. 北澤萌恵、小野竜一、田村勝、金児−石野知子、石野史敏. 真獣類特異的遺伝子Peg11/Rtl1の胎仔・胎盤における役割. 第86回日本遺伝学会 2014.09

  15. 北澤萌恵、小野竜一、金児−石野知子、石野史敏. 真獣類特異的遺伝子Peg11/Rtl1の胎仔・胎盤における役割. 第8回エピジェネティクス研究会 2014.05

  16. 北澤萌恵、関田洋一、小野竜一、金児−石野知子、石野史敏. 真獣類特異的遺伝子Peg11の胎盤・胎仔への影響. 第36回日本分子生物学会年会 2013.12

  17. 北澤萌恵、関田洋一、小野竜一、金児−石野知子、石野史敏. 真獣類特異的遺伝子Peg11の胎盤における役割と成長への影響. 第7回エピジェネティクス研究会 2013.05

  18. 北澤萌恵、関田洋一、小野竜一、金児−石野知子、石野史敏. 真獣類特異的遺伝子Peg11の胎盤における役割と成長への影響. 第35回日本分子生物学会年会 2012.12

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「指定難病の鏡-緒方症候群はRTL1遺伝子の過剰発現で発症する」―RTL1が胎児・新生児期の筋肉にだけ発現する理由は?―,2020年09月

    Development