基本情報

写真a

髙木 俊輔(タカギ シュンスケ)

TAKAGI Shunsuke


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 大学院生
  • 2014年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 医員(医病)
  • 2016年04月
    -
    2016年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 精神科 助教
  • 2019年04月
    -
    2023年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 助教
  • 2023年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 脳・神経・精神診療領域 精神科 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2016年09月
    -
    2019年03月
    嬉野が丘 サマリヤ人病院 医師
  • 2017年04月
    -
    現在
    九州大学 九州大学精神病態医学 共同研究員
  • 2021年04月
    -
    現在
    公益財団法人神経研究所 客員研究員
  • 2021年04月
    -
    現在
    早稲田大学 睡眠研究所 招聘研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本てんかん学会

  • 日本睡眠学会

  • 日本スポーツ精神医学会

  • 日本精神神経学会

  • 日本総合病院精神医学会

  • 日本臨床神経生理学会

  • Society for Neuroscience

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    2017年
    日本周産期メンタルヘルス学会 コンセンサスガイド作成委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本スポーツ精神医学会 スポーツ精神医学雑誌編集委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本スポーツ精神医学会 評議員
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本総合病院精神医学会 総合病院精神医学雑誌編集委員
  • 2019年09月
    -
    現在
    日本スポーツ精神医学会 理事
  • 2020年
    -
    現在
    日本スポーツ精神医学会 研究推進委員
  • 2021年
    -
    現在
    てんかん学会 てんかん専門医療施設検討委員会
  • 2021年
    -
    現在
    臨床神経生理学会 教育委員会
  • 2021年08月
    -
    現在
    てんかん学会 評議員
  • 2021年12月
    -
    現在
    臨床神経生理学会 代議員
  • 2023年04月
    -
    現在
    日本スポーツ精神医学会 スポーツ精神医学雑誌編集長

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 精神神経科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • てんかん専門医

  • 睡眠専門医

  • メンタルヘルス運動指導士

  • スポーツドクター

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 定位頭蓋内脳波(sEEG)を用いた複雑な記憶の脳内機構解明-リップル波に注目して,2023年04月 - 2026年03月

  • テレワーカーの健康課題発生リスクや労働生産性に関連する生活・運動・睡眠習慣および身体機能の検証とそれに基づく指針作成のための研究,2022年 - 2024年

  • 日中の眠気の新規客観的評価・鑑別法の確立―脳波の聴覚情報処理反応の応用,2020年04月 - 2023年03月

  • てんかんの地域診療連携体制の推進のためのてんかん診療拠点病院運用ガイドラインに関する研究,2019年04月 - 2021年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • てんかんの地域診療連携体制の推進のためのてんかん診療拠点病院運用ガイドラインに関する研究

    厚生労働省 : 2019年04月 - 2021年03月

  • 日中の眠気の新規客観的評価・鑑別法の確立―脳波の聴覚情報処理反応の応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 定位頭蓋内脳波(sEEG)を用いた複雑な記憶の脳内機構解明-リップル波に注目して

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yusei Yamaguchi, Shunsuke Takagi, Hidehiko Takahashi, Genichi Sugihara. Effectiveness of vortioxetine for winter depression in bipolar disorder: A case report 2024.03; ( DOI )

  2. Maruo T, Takagi S, Uchida S, Takahashi H, Sugihara G. Temporal patterns of sleep latency in central hypersomnia and attention deficit hyperactivity disorder: a cluster analysis exploration using Multiple Sleep Latency Test. Frontiers in psychiatry. 2024; 15 1361140. ( PubMed, DOI )

  3. Shunsuke Takagi. Sports and epilepsy: A comprehensive review in the Japanese context 2023.11; ( DOI )

  4. Kawamoto M, Takagishi H, Ishihara T, Takagi S, Kanai R, Sugihara G, Takahashi H, Matsuda T. Hippocampal volume mediates the relationship of parental rejection in childhood with social cognition in healthy adults. Scientific reports. 2023.11; 13 (1): 19167. ( PubMed, DOI )

  5. Nakamura H, Sugihara G, Hara K, Inaji M, Noha M, Takumi I, Watanabe M, Takahashi H, Maehara T, Yamamoto H, Takagi S. Seizure-related stress and arousal responses mediate a relationship between anxiety trait and state in epilepsy. Epilepsy & behavior : E&B. 2023.09; 147 109442. ( PubMed, DOI )

  6. Ishii S, Takagi S, Kobayashi N, Jitoku D, Sugihara G, Takahashi H. Hyperfocus symptom and internet addiction in individuals with attention-deficit/hyperactivity disorder trait. Frontiers in psychiatry. 2023.05; 14 1127777. ( PubMed, DOI )

  7. Miyashita T, Takagi S, Ishii S, Kobayashi N, Jitoku D, Sugihara G, Takahashi H. Moderation effect of the eveningness chronotype on the relationship between ADHD tendency and Internet addiction. Psychiatry and clinical neurosciences. 2023.03; 77 (6): 366-367. ( PubMed, DOI )

  8. Abe D, Inaji M, Hashimoto S, Takagi S, Maehara T. Epilepsy surgery for dominant-side mesial temporal lobe epilepsy without hippocampal sclerosis. Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia. 2023.03; 111 16-21. ( PubMed, DOI )

  9. Yawata Takumi, Takagi Shunsuke, Tamura Takehiro, Sugihara Genichi, Takahashi Hidehiko. Psychosis treatment in a patient with Parkinsonian type multiple system atrophy using modified electroconvulsive therapy: a case report PSYCHOGERIATRICS. 2023.03; 23 (2): 364-367. ( PubMed, DOI )

  10. Takagi S, Sugihara G, Takahashi H, Inoue Y. The optimal dose of Ramelteon for the better treatment adherence of delayed sleep-wake phase disorder: a dropout rate study. Frontiers in neurology. 2023; 14 1280131. ( PubMed, DOI )

  11. Takagi Shunsuke, Yamaguchi Tatsuya, Hori Hikaru, Ochi Shinichiro, Nishida Masaki, Maruo Takashi, Takahashi Hidehiko. Motor Functional Characteristics in Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder and Autism Spectrum Disorders: A Systematic Review NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT. 2022.10; 18 1679-1695. ( PubMed, DOI )

  12. Tamura Takehiro, Sugihara Genichi, Okita Kyoji, Mukai Yohei, Matsuda Hiroshi, Shiwaku Hiroki, Takagi Shunsuke, Daisaki Hiromitsu, Tateishi Ukihide, Takahashi Hidehiko. Dopamine dysfunction in depression: application of texture analysis to dopamine transporter single-photon emission computed tomography imaging TRANSLATIONAL PSYCHIATRY. 2022.08; 12 (1): 309. ( PubMed, DOI )

  13. Takagi Shunsuke, Yamashiro Katsumi, Sugihara Genichi, Matsuura Masato, Takahashi Hidehiko. Hippocampal calcification and its effects on cognitive function and symptoms in dementia PSYCHOGERIATRICS. 2022.07; 22 (4): 427-432. ( PubMed, DOI )

  14. Masaki Nishida, Shunsuke Takagi, Tatsuya Yamaguchi, Hiroaki Yamamoto, Satoshi Yoshino, Kazuyoshi Yagishita, Takao Akama. Mental health services at the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games during the COVID-19 pandemic 2022.05; 1 (2): 36-38. ( DOI )

  15. Kuroda N, Kubota T, Horinouchi T, Ikegaya N, Kitazawa Y, Kodama S, Kuramochi I, Matsubara T, Nagino N, Neshige S, Soga T, Takayama Y, Sone D, IMPACT-J EPILEPSY (In-depth Multicenter analysis during Pandemic of Covid19 Throughout Japan for Epilepsy practice) study group., Kanemoto K, Ikeda A, Terada K, Goji H, Ohara S, Hagiwara K, Kamada T, Iida K, Ishikawa N, Shiraishi H, Iwata O, Sugano H, Iimura Y, Higashi T, Hosoyama H, Hanaya R, Shimotake A, Kikuchi T, Yoshida T, Shigeto H, Yokoyama J, Mukaino T, Kato M, Sekimoto M, Mizobuchi M, Aburakawa Y, Iwasaki M, Nakagawa E, Iwata T, Tokumoto K, Nishida T, Takahashi Y, Kikuchi K, Matsuura R, Hamano SI, Fujimoto A, Enoki H, Tomoto K, Watanabe M, Takubo Y, Fukuchi T, Nakamoto H, Kubota Y, Kunii N, Shirota Y, Ishikawa E, Nakasato N, Maehara T, Inaji M, Takagi S, Enokizono T, Masuda Y, Hayashi T. Impact of COVID-19 pandemic on epilepsy care in Japan: A national-level multicenter retrospective cohort study. Epilepsia open. 2022.05; 7 (3): 431-41. ( PubMed, DOI )

  16. Kuroda Naoto, Iwayama Takayuki, Kubota Takafumi, Horinouchi Toru, Ikegaya Naoki, Kitazawa Yu, Kodama Satoshi, Matsubara Teppei, Nagino Naoto, Neshige Shuichiro, Soga Temma, Sone Daichi, Takayama Yutaro, Kuramochi Izumi, IMPACT-J EPILEPSY study group. Post-hoc analysis of a cross-sectional nationwide survey assessing psychological distress in electroencephalography technicians during the COVID-19 pandemic in Japan: Qualitative and quantitative text analysis of open-ended response data 2022.03; 14 (1): 58-70. ( DOI )

  17. Kuroda Naoto, Kubota Takafumi, Horinouchi Toru, Ikegaya Naoki, Kitazawa Yu, Kodama Satoshi, Matsubara Teppei, Nagino Naoto, Neshige Shuichiro, Soga Temma, Sone Daichi, Takayama Yutaro, Kuramochi Izumi, Kanemoto Kousuke, Ikeda Akio, Terada Kiyohito, Goji Hiroko, Ohara Shinji, Hagiwara Koichi, Kamada Takashi, Iida Koji, Ishikawa Nobutsune, Shiraishi Hideaki, Iwata Osato, Sugano Hidenori, Iimura Yasushi, Higashi Takuichiro, Hosoyama Hiroshi, Hanaya Ryosuke, Shimotake Akihiro, Kikuchi Takayuki, Yoshida Takeshi, Shigeto Hiroshi, Yokoyama Jun, Mukaino Takahiko, Kato Masaaki, Sekimoto Masanori, Mizobuchi Masahiro, Aburakawa Yoko, Iwasaki Masaki, Nakagawa Eiji, Iwata Tomohiro, Tokumoto Kentaro, Nishida Takuji, Takahashi Yukitoshi, Kikuchi Kenjiro, Matsuura Ryuki, Hamano Shin-ichiro, Yamanouchi Hideo, Watanabe Satsuki, Fujimoto Ayataka, Enoki Hideo, Tomoto Kyoichi, Watanabe Masako, Takubo Youji, Fukuchi Toshihiko, Nakamoto Hidetoshi, Kubota Yuichi, Kunii Naoto, Shirota Yuichiro, Ishikawa Eiichi, Nakasato Nobukazu, Maehara Taketoshi, Inaji Motoki, Takagi Shunsuke, Enokizono Takashi, Masuda Yosuke, Hayashi Takahiro. Risk factors for psychological distress in electroencephalography technicians during the COVID-19 pandemic: A national-level cross-sectional survey in Japan EPILEPSY & BEHAVIOR. 2021.12; 125 108361. ( PubMed, DOI )

  18. Takagi Shunsuke. Exploring Ripple Waves in the Human Brain CLINICAL EEG AND NEUROSCIENCE. 2021.07; 15500594211034371. ( PubMed, DOI )

  19. Matsumoto Yukiko, Fujino Junya, Shiwaku Hiroki, Miyajima Miho, Doi Satomi, Hirai Nobuhide, Jitoku Daisuke, Takagi Shunsuke, Tamura Takehiro, Maruo Takashi, Shidei Yuki, Kobayashi Nanase, Ichihashi Masanori, Noguchi Shiori, Oohashi Kanako, Takeuchi Takashi, Sugihara Genichi, Okada Takayuki, Fujiwara Takeo, Takahashi Hidehiko. Factors affecting mental illness and social stress in hospital workers treating COVID-19: Paradoxical distress during pandemic era JOURNAL OF PSYCHIATRIC RESEARCH. 2021.05; 137 298-302. ( PubMed, DOI )

  20. Shiwaku Hiroki, Doi Satomi, Miyajima Miho, Matsumoto Yukiko, Fujino Junya, Hirai Nobuhide, Jitoku Daisuke, Takagi Shunsuke, Tamura Takehiro, Maruo Takashi, Shidei Yuki, Kobayashi Nanase, Ichihashi Masanori, Noguchi Shiori, Oohashi Kanako, Takeuchi Takashi, Sugihara Genichi, Okada Takayuki, Fujiwara Takeo, Takahashi Hidehiko. Novel brief screening scale, Tokyo Metropolitan Distress Scale for Pandemic (TMDP), for assessing mental and social stress of medical personnel in COVID-19 pandemic PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES. 2020.11; 75 (1): 24-25. ( PubMed, DOI )

  21. Takagi S, Balu DT, Coyle JT. Factors regulating serine racemase and D-amino acid oxidase expression in the mouse striatum. Brain research. 2020.11; 147202. ( PubMed, DOI )

  22. Takagi Shunsuke, Puhl Matthew D., Anderson Thea, Balu DarrickT, Coyle Joseph T.. Serine Racemase Expression by Striatal Neurons CELLULAR AND MOLECULAR NEUROBIOLOGY. 2020.05; 42 (1): 279-289. ( PubMed, DOI )

  23. Takagi Shunsuke, Yamashiro Yoshihiro, Sugihara Genichi, Takahashi Hidehiko, Matsuura Masato. Very early-onset of RBD with ADHD: a case report study NEUROCASE. 2020.01; 26 (1): 60-63. ( PubMed, DOI )

  24. Puhl Matthew D., Desai Rajeev I., Takagi Shunsuke, Presti Kendall T., Doyle Michelle R., Donahue Rachel J., Landino Samantha M., Bergman Jack, Carlezon William A. Jr., Coyle Joseph T.. N-Methyl-d-aspartate receptor co-agonist availability affects behavioral and neurochemical responses to cocaine: insights into comorbid schizophrenia and substance abuse ADDICTION BIOLOGY. 2019.01; 24 (1): 40-50. ( PubMed, DOI )

  25. Takagi Shunsuke, Terasawa Yuuya, Takeuchi Takashi. Asystole a Few Seconds After the Electrical Stimulation of Electroconvulsive Therapy PSYCHOSOMATICS. 2019; 60 (1): 66-69.

  26. Takagi Shunsuke, Takeuchi Takashi, Yamamoto Naoki, Fujita Munehisa, Furuta Ko, Ishikawa Hiroyo, Motohashi Nobutaka, Nishikawa Toru. Short- and long-term evaluation of cognitive functions after electroconvulsive therapy in a Japanese population PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES. 2018.02; 72 (2): 95-102. ( PubMed, DOI )

  27. Takagi Shunsuke, Yamamoto Tatsuya, Hara Koichiro, Muramatsu Kazuhiro, Watanabe Masako, Iwaki Hirotaka, Kaneko Sunao. Age at onset and response to antiepileptic drugs in patients with various subtypes of idiopathic generalized epilepsy - preliminary investigation for the prevention of epilepsy Epilepsy & Seizure. 2018; 10 (1): 95-106. ( DOI )

  28. Sleep and epilepsy 2017.07; 15 (3): 189-196. ( DOI )

  29. Balu DT, Li Y, Takagi S, Presti KT, Ramikie TS, Rook JM, Jones CK, Lindsley CW, Conn PJ, Bolshakov VY, Coyle JT. An mGlu5-Positive Allosteric Modulator Rescues the Neuroplasticity Deficits in a Genetic Model of NMDA Receptor Hypofunction in Schizophrenia. Neuropsychopharmacology. 2016.08; 41 (8): 2052-2061.

  30. Takagi S, Balu DT, Coyle JT. Subchronic pharmacological and chronic genetic NMDA receptor hypofunction differentially regulate the Akt signaling pathway and Arc expression in juvenile and adult mice. Schizophr Res. 2015.03; 162 (1-3): 216-221. ( PubMed, DOI )

  31. Balu Darrick T, Takagi S, Puhl Matthew D, Benneyworth Michael A, Coyle Joseph T. D-serine and serine racemase are localized to neurons in the adult mouse and human forebrain. Cell Mol Neurobiol. 2014.04; 34 (3): 419-435. ( PubMed, DOI )

  32. 高木 俊輔. 【「ねむい」を診わける:日中の眠気,起床困難】ADHD,ゲーム障害と睡眠相後退症候群 臨床精神医学. 2024.01; 53 (1): 75-79. ( 医中誌 )

  33. 大木 絵美梨, 小倉 龍也, 二井矢 峻, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 藤野 純也, 杉原 玄一, 高橋 英彦. レビー小体型認知症に伴う重症抑うつ状態に右片側性ECTが著効した1例 精神神経学雑誌. 2023.05; 125 (5): 448. ( 医中誌 )

  34. 中村 啓信, 高木 俊輔. 【てんかん レジデントが知っておきたい診断や治療のコツ!】Vignette 2 診断 診断 脳波検査 精神科Resident. 2023.05; 4 (2): 99-102. ( 医中誌 )

  35. 高木俊輔. ASD,ADHD診療における運動機能と運動(スポーツ)の役割 スポーツ精神医学. 2023; 20

  36. 高木俊輔. てんかん患者の睡眠中の呼吸状態に注目したてんかん患者における突然死のリスクと機構の解明 てんかん治療研究振興財団研究年報. 2023; 34

  37. 髙木 俊輔. 発達障害とスポーツ—Neurodevelopmental disorders and sports—特集 スポーツ精神医学の展開 臨床精神医学 = Japanese journal of clinical psychiatry. 2022.07; 51 (7): 791-795.

  38. 三輪 勇介, 稲次 基希, 橋本 聡華, 高木 俊輔, 前原 健寿. 抗てんかん薬に伴う精神症状に対する抑肝散の効果 脳神経外科と漢方. 2022.07; 7 44-50. ( 医中誌 )

  39. 八幡 拓実, 内山 紗也, 本川 友紀子, 涌井 隆行, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 松本 有紀子, 杉原 玄一, 高橋 英彦. パーキンソニズムが主体の多系統萎縮症(MSA-P)に伴う精神病症状に修正型電気けいれん療法(mECT)がした1例 精神神経学雑誌. 2022.06; 124 (6): 423. ( 医中誌 )

  40. 内山 紗也, 八幡 拓実, 本川 友紀子, 涌井 隆行, 田村 赳紘, 松本 有紀子, 高木 俊輔, 杉原 玄一, 高橋 英彦. 微弱な陽性症状を伴わないARMSへの治療的介入についての考察 精神神経学雑誌. 2022.06; 124 (6): 418. ( 医中誌 )

  41. 高木 俊輔. 【脳波の読み方-up to date】睡眠脳波 Clinical Neuroscience. 2022.04; 40 (4): 425-428. ( 医中誌 )

  42. 稲次基希, 金子聡, 小林一太, 高木俊輔, 前原健寿. 当院におけるSEEGの初期経験 てんかん研究. 2022; 40 (2):

  43. 中村啓信, 高木俊輔, 高橋英彦, 原恵子, 原恵子. 触覚刺激で誘発される発作を示したミオクロニーてんかんが疑われる一症例 てんかん研究. 2022; 40 (2):

  44. 谷口 豪, 井上 真一郎, 岩城 弘隆, 高木 俊輔, 倉持 泉, 朝山 健太郎, 辻富 基美, 本岡 大道, 岸 泰宏, 和田 健. 総合病院精神医学会におけるてんかん診療の現状・ニーズ調査(予備研究) 総合病院精神医学. 2021.11; 33 (Suppl.): S-186. ( 医中誌 )

  45. 高木 俊輔. スポーツからみた精神医学のこれまでとこれから 神経発達障害の運動特性 精神神経学雑誌. 2021.09; (2021特別号): S530. ( 医中誌 )

  46. 上田 光人, 林 賢秀, 沢尻 修司, 丸尾 享司, 市橋 雅典, 宮島 美穂, 松本 有紀子, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 竹内 崇, 杉原 玄一, 高橋 英彦. 失語症や失声症との鑑別を要した緘黙を主体とするうつ病性カタトニアの1例 精神神経学雑誌. 2021.08; 123 (8): 530. ( 医中誌 )

  47. 市橋 雅典, 四方 昭義, 丸尾 享司, 田村 赳紘, 松本 有紀子, 高木 俊輔, 杉原 玄一, 高橋 英彦. 複数の嗜癖性障害の合併を契機にADHD不注意型と診断された1例 精神神経学雑誌. 2021.08; 123 (8): 531. ( 医中誌 )

  48. 中村 啓信, 高木 俊輔, 高橋 英彦, 原 恵子. 発作後に精神病を呈した6症例の臨床的診断と分類 てんかん研究. 2021.07; 39 (2): 439. ( 医中誌 )

  49. 高木 俊輔. ADHDの運動特性 (特集 成人期の注意欠如・多動性障害(ADHD) 評価と診断) 臨床精神医学 = Japanese journal of clinical psychiatry. 2021.04; 50 (4): 361-368. ( 医中誌 )

  50. 高木 俊輔. 【てんかん領域におけるリエゾン精神医学(psycho-epileptology)入門】てんかんに合併する精神症状 総合病院精神医学. 2021.01; 33 (1): 23-28. ( 医中誌 )

  51. 高木俊輔. てんかんの地域診療連携体制推進のためのてんかん診療拠点病院運用ガイドラインに関する研究 てんかん患者の包括的治療ケアのためのストレスおよび睡眠の量的質的状態調査とそれらのSUDEPリスクとの関係の分析 てんかんの地域診療連携体制の推進のためのてんかん診療拠点病院運用ガイドラインに関する研究 令和2年度 総括・分担研究報告書(Web). 2021;

  52. 治徳 大介, 竹内 崇, 丸尾 享司, 杉原 玄一, 松岡 裕美, 平井 伸英, 三宅 智, 野口 詩織, 大橋 花菜子, 四手井 友紀, 市橋 雅典, 小林 七彩, 藤野 純也, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 松本 有紀子, 宮島 美穂, 高橋 英彦. 東京医科歯科大学におけるCOVID-19に関連した職員メンタルヘルスの実際 総合病院精神医学. 2020.11; 32 (Suppl.): S-204. ( 医中誌 )

  53. 高木 俊輔. リエゾンで役立つてんかんの知識up-to-date リエゾンで役立つてんかんの知識 (治療方針・薬物療法) 総合病院精神医学. 2020.11; 32 (Suppl.): S-99. ( 医中誌 )

  54. 高木 俊輔. 医学部快眠センター・過眠症外来、夜間異常行動外来の取り組み 睡眠口腔医学. 2020.11; 7 (総会特別号): 42. ( 医中誌 )

  55. 佐野 貴志, 稲次 基希, 橋本 聡華, 高木 俊輔, 前原 健寿. シナプス小胞阻害抗てんかん薬によるイライラ感に対する抑肝散投与の有用性 脳神経外科と漢方. 2020.09; 6 1-5. ( 医中誌 )

  56. 高木 俊輔. てんかん専門精神科医の現在・これから てんかんと睡眠 両者の専門医から生まれる視点 精神神経学雑誌. 2020.09; (2020特別号): S232. ( 医中誌 )

  57. 高木 俊輔, 堀 輝, 丸尾 享司, 山口 達也, 越智 紳一郎, 西多 昌規, 高橋 英彦, スポーツ精神医学会研究推進委員会. ASDおよびADHDの運動特性 システマティックレビュー スポーツ精神医学. 2020.08; 17 A14. ( 医中誌 )

  58. 髙木 俊輔. 意識障害,せん妄 (特集 精神科臨床評価マニュアル〔改訂版〕) -- (精神科臨床評価 : 特定の精神障害に関連したもの) 臨床精神医学 = Japanese journal of clinical psychiatry. 2020.08; 49 (8): 1189-1198.

  59. 高木 俊輔. 【精神科診療のエビデンス-国内外の重要ガイドライン解説】(第13章)てんかん Epilepsies: diagnosis and management(NICE clinical guideline,CG137) 精神医学. 2020.05; 62 (5): 726-732. ( 医中誌 )

  60. 髙木 俊輔. (特集 精神科診療のエビデンス : 国内外の重要ガイドライン解説) -- (てんかん) 精神医学 = Clinical psychiatry. 2020.05; 62 (5): 726-732. ( DOI )

  61. 高木 俊輔. 【早わかり診療ガイドライン100-エッセンス&リアルワールド】神経 てんかん てんかん診療ガイドライン2018 Medicina. 2020.04; 57 (4): 242-245. ( 医中誌 )

  62. 高木 俊輔. 【アスリートと睡眠】運動が脳機能に与える影響 睡眠医療. 2020.03; 14 (1): 17-21. ( 医中誌 )

  63. 高木俊輔. てんかんの地域診療連携体制推進のためのてんかん診療拠点病院運用ガイドラインに関する研究 てんかん患者の包括的治療ケアのためのストレスおよび睡眠の量的質的状態調査とそれらのSUDEPリスクとの関係の分析 てんかんの地域診療連携体制の推進のためのてんかん診療拠点病院運用ガイドラインに関する研究 令和元年度 総括・分担研究報告書(Web). 2020;

  64. 髙木 俊輔. 運動が脳機能に与える影響 (特集 アスリートと睡眠) 睡眠医療 : 睡眠医学・医療専門誌. 2020; 14 (1): 17-21.

  65. 佐野 貴志, 稲次 基希, 橋本 聡華, 高木 俊輔, 前原 健寿. シナプス小胞阻害抗てんかん薬によるイライラ感に対する抑肝散投与の有用性 脳神経外科と漢方 = Journal of neurosurgery and kampo medicine : 日本脳神経外科漢方医学会機関誌. 2020; 6 1-5.

  66. 普天間 国博, 高木 俊輔, 松浦 雅人. 【精神科で知っておくべきてんかんの知識】てんかんの精神症状 精神科. 2019.12; 35 (6): 536-541. ( 医中誌 )

  67. 高木 俊輔. てんかん領域におけるリエゾン精神医学(psycho-epileptology)入門 てんかんに合併する精神症状 総合病院精神医学. 2019.11; 31 (Suppl.): S-99. ( 医中誌 )

  68. 橋本 聡華, 稲次 基希, 高木 俊輔, 赤座 実穂, 宮島 美穂, 原 恵子, 前原 健寿. てんかん外科からみた社会参画とダイバーシティ てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 432. ( 医中誌 )

  69. 高木 俊輔, 松浦 雅人. 認知症疾患医療センターにおける高齢発症てんかんの発症-治療GAPと治療-発作停止GAP てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 635. ( 医中誌 )

  70. 高木 俊輔, 高橋 英彦. 【脳機能イメージングの最前線】統合失調症 fMRIによる統合失調症の神経ネットワークの変化 医学のあゆみ. 2019.08; 270 (9): 770-775. ( 医中誌 )

  71. 髙木 俊輔, 髙橋 英彦. fMRIによる統合失調症の神経ネットワークの変化—Neural network of Schizophrenia defined by functional MRI—第5土曜特集 脳機能イメージングの最前線 ; 統合失調症 医学のあゆみ. 2019.08; 270 (9): 770-775.

  72. 高良 史司, 笹生 明也乃, 神谷 敦子, 照屋 寛貴, 武田 泉, 高木 俊輔, 普天間 国博, 松浦 雅人, 山城 義広. 夜間REM睡眠行動障害(RBD)患者の頤、上肢、下肢筋電図におけるRWA(REMSleepWitoutAtonia)の出現についての検討 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 44回 232. ( 医中誌 )

  73. 高木 俊輔. 新規抗てんかん薬:薬理作用と実臨床 てんかんの薬物療法の展望 発病防止は可能か? 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2018.11; 28回・48回 118. ( 医中誌 )

  74. 嘉手川 淳, 饒波 正博, 高木 俊輔, 高橋 幸利, 太組 一朗. 妊娠に伴う辺縁系脳炎後の側頭葉てんかんの一例 てんかん研究. 2018.09; 36 (2): 543. ( 医中誌 )

  75. 高木 俊輔, 松浦 雅人. 認知症との鑑別を要した高齢発症てんかん症例 認知症に合併した高齢発症てんかんとの比較 てんかん研究. 2018.09; 36 (2): 598. ( 医中誌 )

  76. 高木俊輔, 高木俊輔, 松浦雅人, 松浦雅人. 認知症との鑑別を要した高齢発症てんかん症例―認知症に合併した高齢発症てんかんとの比較 てんかん研究. 2018.09; 36 (2): 598.

  77. 高木 俊輔. うつ病患者および認知症患者における身体運動機能の評価の試み スポーツ精神医学. 2018.08; 15 A21. ( 医中誌 )

  78. 高木 俊輔, 山崎 まどか, 江田 英雄, 笹生 明也乃, 神谷 敦子, 武田 泉, 高良 史司, 松浦 雅人, 山城 義広. 睡眠時無呼吸症候群における呼吸イベントに伴う血圧変動 カフレス連続血圧推定の試み 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2018.07; 43回 212. ( 医中誌 )

  79. 笹生 明也乃, 神谷 敦子, 高良 史司, 高木 俊輔, 山城 義広, 松浦 雅人, 竹井 太. 離島圏における遠隔モニタリングシステムを用いた現地CPAP診療フォローの試み 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2018.07; 43回 254. ( 医中誌 )

  80. 高木 俊輔. てんかん臨床の窓から てんかんとスポーツ Epilepsy: てんかんの総合学術誌. 2018.05; 12 (1): 34-36. ( 医中誌 )

  81. 高木俊輔, 高木俊輔. てんかんとスポーツ Epilepsy. 2018.05; 12 (1): 34‐36-36.

  82. 高木 俊輔. 夜間の異常行動・異常運動 総合病院精神医学. 2018.04; 30 (2): 149-156. ( 医中誌 )

  83. 高木俊輔, 松浦雅人. 脳機能と運転能力 てんかんと運転能力および法改定 IATSS Review (International Association of Traffic and Safety Sciences). 2018.02; 42 (3): 177‐184.

  84. 高木 俊輔, 松浦 雅人. 【術後認知機能障害】コラム:高齢者の脳波,せん妄時の脳波の特徴 LiSA. 2018.01; 25 (1): 68-71. ( 医中誌 )

  85. 髙木 俊輔, 松浦 雅人. 高齢者の脳波,せん妄時の脳波の特徴 (徹底分析シリーズ 術後認知機能障害) LiSA : Life support and anesthesia. 2018.01; 25 (1): 68-71. ( DOI )

  86. 高木俊輔. てんかんの薬物療法の展望:発病防止は可能か? 日本臨床精神神経薬理学会プログラム・抄録集. 2018; 28th 118.

  87. 高木 俊輔, 松浦 雅人. 【「精神科診療に必要な書式マニュアル」第四版】(第7章)法務・司法 運転免許にかかわる診断書 臨床精神医学. 2017.12; 46 (増刊): 314-323. ( 医中誌 )

  88. 高木 俊輔, 松浦 雅人. 睡眠臨床に役立つ脳波解読のコツ(第4回) てんかんとせん妄の鑑別 睡眠医療. 2017.12; 11 (4): 573-579. ( 医中誌 )

  89. Takagi S, Matsuura M. [Epilepsy and Driving]. Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo. 2017.10; 69 (10): 1069-1077. ( PubMed, DOI )

  90. 高木 俊輔, 松浦 雅人. 【成人てんかん-知っておきたい6つのトピック】てんかんと運転 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2017.10; 69 (10): 1069-1077. ( 医中誌 )

  91. 高木 俊輔, 稲次 基希, 原 恵子, 前原 健寿. 脳外科てんかんチームより精神科併診依頼のあった症例の精神科的特徴 てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 581. ( 医中誌 )

  92. 三高 裕, 島袋 盛洋, 松隈 憲吾, 高木 俊輔, 外間 宏人, 三原 一雄, 近藤 毅. 産後うつをきっかけに受診しCADASILが疑われた1例 九州神経精神医学. 2017.08; 63 (2): 83-87. ( 医中誌 )

  93. 高木 俊輔, 松浦 雅人. 【てんかん-New guideline compact】てんかんの臨床 てんかんと精神症状 Clinical Neuroscience. 2017.07; 35 (7): 808-811. ( 医中誌 )

  94. 高木俊輔, 松浦雅人. てんかんの臨床 てんかんと精神症状 Clinical Neuroscience. 2017.07; 35 (7): 808‐811.

  95. 高木 俊輔, 山城 義広, 笹生 明也乃, 松浦 雅人. 8歳からSocial withdrawalとなっていた概日リズム睡眠障害、自由継続型の29歳男性例 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2017.06; 42回 230. ( 医中誌 )

  96. 高木 俊輔, 松浦 雅人. 【てんかんと臨床検査】てんかんの基本を学ぼう Medical Technology. 2017.06; 45 (6): 546-551. ( 医中誌 )

  97. 高木俊輔, 松浦雅人. てんかんと臨床検査 1.てんかんの基本を学ぼう Medical Technology. 2017.06; 45 (6): 546‐551.

  98. 高木俊輔, 松浦雅人. てんかん診療のフロントライン てんかんと自動車運転―道路交通法の改定も含めて― 月刊神経内科. 2017.05; 86 (5): 576‐582.

  99. 小林 七彩, 高木 俊輔, 甫母 瑞枝, 光定 博生, 車地 暁生, 西川 徹. 潰瘍性大腸炎治療中にステロイド精神病を発症した思春期の1例 精神科治療学. 2017.02; 32 (2): 259-264. ( 医中誌 )

  100. 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 田端 梓, 原 恵子, 赤座 美穂, 高木 俊輔, 前原 健寿. 慢性頭蓋内脳波記録中に心因性発作を認めた内側側頭葉てんかんの1例 てんかん研究. 2017.01; 34 (3): 652. ( 医中誌 )

  101. 小林七彩,高木俊輔,尾崎 茂,中村 満. 東京都区西北部精神科救急における危険ドラッグ使用患者の臨床的特徴. 精神医学. 2016.06; 58 (6): 513-523.

  102. 伊津野拓司, 高木俊輔, 中村元昭, 成島健二, 内山登紀夫, 西川徹. 遷延性の重度昏迷および脳波異常を認め,約2年後に著明な回復を示した青年男性の1例. 精神神経学雑誌. 2016.03; 118 (3): 125-132.

  103. 高木俊輔, 竹内 崇. 【精神科臨床評価マニュアル[2016年版]】 (第3章)精神科臨床評価 特定の精神障害に関連したもの 1.意識障害、せん妄. 臨床精神医学. 2016.01; 44 267-276.

  104. 高木 俊輔, 竹内 崇. 【急性薬物中毒 精神疾患を持つ患者の自殺企図へのアプローチ】 この患者ではどう対応する?エキスパートが教えるココがポイント! 自殺未遂を繰り返している患者 薬局. 2015.10; 66 (11): 2806-2810. ( 医中誌 )

  105. Treatment readiness and prognosis for problematic smartphone use: Evaluation of the Stages of Change, Readiness, and Treatment Eagerness Scale (SOCRATES) and log data 2024.03; ( DOI )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 臨床精神医学. 臨床精神医学第52巻増刊号. 2023.02 運転免許にかかわる診断書

  2. 村井 俊哉. てんかん睡眠・覚醒障害 . 2022.02 睡眠関連てんかん

  3. 日本臨床. 最新臨床睡眠学(第2版). (株)日本臨床社, 2020.11 【睡眠障害の基礎と臨床】その他の睡眠障害 睡眠関連てんかん

  4. 樋口 輝彦. 精神科のくすりハンドブック. 2020 レベチラセタム、レベチラセタム点滴静注

  5. 日本スポーツ精神医学会. スポーツ精神医学 改訂第2版. 診断と治療社, 2018.12 てんかんとスポーツ (ISBN : 4787823574)

  6. 臨床精神医学. 臨床精神医学第46巻増刊号. 2017.12 運転免許にかかわる診断書

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Shunsuke Takagi. Sleep disorders and epilepsy. 13th Asian & Oceanian Epilepsy Congress (AOEC) 2021.06.11

  2. S. TAKAGI. Serine Racemase expression and its function in striatum and in striatal GABAergic interneuron.. Australasian Neuroscience society annual scientific meeting 2019.11.04 Aderaide

  3. 高木 俊輔. Wide-band EEGと神経科学 リップル波と意思決定. 臨床神経生理学 2023.10.01

  4. 高木 俊輔. 「運動やスポーツの精神科臨床への応用」 ASD、ADHD診療における運動機能と運動(スポーツ)の役割. スポーツ精神医学 2023.08.01

  5. 高木俊輔. 精神科医が脳波を学ぶために 睡眠脳波、PSG. 精神神経学会 2023.06.23

  6. 高木俊輔. 精神科医が脳波を臨床に生かすために 睡眠に関連した脳波所見. 精神神経学会 2023.06.23

  7. 高木 俊輔. 精神科における臨床神経生理学的アプローチ 精神科における睡眠障害と神経生理検査. 臨床神経生理学 2022.10.01

  8. 高木 俊輔. 問題症例のEEG. 臨床神経生理学 2022.10.01

  9. 高木 俊輔. てんかんとスポーツ. てんかん研究 2022.08.01

  10. 中村 啓信, 高木 俊輔, 高橋 英彦, 原 恵子. 触覚刺激で誘発される発作を示したミオクロニーてんかんが疑われる一症例. てんかん研究 2022.08.01

  11. 稲次 基希, 金子 聡, 小林 一太, 高木 俊輔, 前原 健寿. 当院におけるSEEGの初期経験. てんかん研究 2022.08.01

  12. 髙木俊輔. 脳波の基礎コース 睡眠脳波、PSG. 精神科医が脳波を学ぶために 2022.06.16 福岡

  13. 髙木俊輔. 脳波の応用コース 睡眠に関連した脳波所見. 精神科医が脳波を臨床に生かすために 2022.06.16

  14. 八幡 拓実, 内山 紗也, 本川 友紀子, 涌井 隆行, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 松本 有紀子, 杉原 玄一, 高橋 英彦. パーキンソニズムが主体の多系統萎縮症(MSA-P)に伴う精神病症状に修正型電気けいれん療法(mECT)がした1例. 精神神経学雑誌 2022.06.01

  15. 中野谷 貴子, 高木 俊輔, 長濱 誉佳, 田中 貴, 松崎 達哉, 楯林 義孝, 高橋 英彦. うつ病と気象の関連についての機械学習による検討. 精神神経学雑誌 2022.04.01

  16. 高木 俊輔. てんかん診療で精神科医が関わる場面で必要なてんかんの知識 高齢者のてんかんについて. 総合病院精神医学 2021.11.01

  17. 谷口 豪, 井上 真一郎, 岩城 弘隆, 高木 俊輔, 倉持 泉, 朝山 健太郎, 辻富 基美, 本岡 大道, 岸 泰宏, 和田 健. 総合病院精神医学会におけるてんかん診療の現状・ニーズ調査(予備研究). 総合病院精神医学 2021.11.01

  18. 高木 俊輔. スポーツからみた精神医学のこれまでとこれから 神経発達障害の運動特性. 精神神経学雑誌 2021.09.01

  19. 上田 光人, 林 賢秀, 沢尻 修司, 丸尾 享司, 市橋 雅典, 宮島 美穂, 松本 有紀子, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 竹内 崇, 杉原 玄一, 高橋 英彦. 失語症や失声症との鑑別を要した緘黙を主体とするうつ病性カタトニアの1例. 精神神経学雑誌 2021.08.01

  20. 市橋 雅典, 四方 昭義, 丸尾 享司, 田村 赳紘, 松本 有紀子, 高木 俊輔, 杉原 玄一, 高橋 英彦. 複数の嗜癖性障害の合併を契機にADHD不注意型と診断された1例. 精神神経学雑誌 2021.08.01

  21. 中村 啓信, 高木 俊輔, 高橋 英彦, 原 恵子. 発作後に精神病を呈した6症例の臨床的診断と分類. てんかん研究 2021.07.01

  22. 高木俊輔. <脳波の基礎コース> 精神科医が脳波を学ぶために 睡眠. 精神神経学会 2021.06.20

  23. 高木俊輔. <脳波の応用コース> 脳波検査とその解釈 脳波検査をどう臨床にいかしていくのか 睡眠検査の結果と解釈. 精神神経学会 2021.06.20

  24. 高木 俊輔. 医学部快眠センター・過眠症外来、夜間異常行動外来の取り組み. 睡眠口腔医学 2020.11.01

  25. 髙木俊輔. てんかん領域におけるリエゾン精神医学(psycho-epileptology)入門 てんかんに合併する精神症状. 第32回日本総合病院精神医学会 2019.11.15 岡山

  26. 高木俊輔, 成島健二, 西川 徹. 修正型電気けいれん療法で刺激約9秒後にasystoleをきたした症例. 第28回日本総合病院精神医学会総会 2015.11.28 徳島

  27. 治徳大介,武藤仁志,川俣光太郎,高木俊輔,甫母瑞枝,光定博生,武田充弘,成島健二,竹内 崇,山本直樹,車地暁生,西川 徹. 東京医科歯科大学におけるクロザピン投与患者8症例についての検討. 第28回日本総合病院精神医学会 2015.11.27 徳島

  28. 阿部又一郎,高木俊輔,光定博生,車地暁生,西川 徹. 左側頭葉切除術後てんかん患者の慢性期のburden of normality について. 第9回日本てんかん学会関東地方会 2015.06.13 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 医療チーム功労賞,東京医科歯科大学,2020年12月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Tokyo2020 オリンピック・パラリンピック コラボレータ 選手村ポリクリニック医師,2021年07月23日 - 2021年09月05日

  • 新型コロナウイルス禍における医療スタッフのメンタルヘルスケア,NHK,報道番組、ニュースの特集等,2020年06月08日

  • 音楽誘発てんかんに関して,TBS,マサカの映像グランプリ,2019年07月09日