基本情報

写真a

小林 正典(コバヤシ マサノリ)

KOBAYASHI Masanori


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2016年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2018年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 特任助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 特任助教
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 特殊診療領域 光学医療診療部 特任助教
  • 2022年04月
    -
    2022年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 助教
  • 2022年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 消化器内科 助教

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 膵神経内分泌腫瘍の分子生物学的特性と転移機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • オルガノイド培養系を用いた膵充実性偽乳頭腫瘍の成立・悪性化機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Masanori Kobayashi, Shomei Ryozawa, Kazuo Ohtsuka, Minoru Tanabe, Ryuichi Okamoto. A convenient and reliable method for endoscopic mapping biopsy of cholangiocarcinoma using a double-lumen cytology device. VideoGIE. 2022.05; 7 (5): 182-184. ( PubMed, DOI )

  2. Masanori Kobayashi, Akashi Fujita, Tomoya Ogawa, Yuki Tanisaka, Masafumi Mizuide, Nobuaki Kondo, Yuki Imaizumi, Takaaki Hirotsu, Shomei Ryozawa. Caenorhabditis elegans as a Diagnostic Aid for Pancreatic Cancer. Pancreas. 2021.06; 50 (5): 673-678. ( PubMed, DOI )

  3. Masanori Kobayashi, Tomoaki Tashima, Koji Nagata, Shinichi Sakuramoto, Akihiko Osaki, Shomei Ryozawa. Colorectal and gastric metastases from lobular breast cancer that resembled superficial neoplastic lesions. Clin J Gastroenterol. 2021.02; 14 (1): 103-108. ( PubMed, DOI )

  4. Masanori Kobayashi, Shomei Ryozawa, Hirotoshi Iwano, Ryuichiro Araki, Yuki Tanisaka, Akashi Fujita, Tsutomu Kobatake. The usefulness of wire-guided endoscopic snare papillectomy for tumors of the major duodenal papilla. PLoS One. 2019; 14 (1): e0211019. ( PubMed, DOI )

  5. Yuki Tanisaka, Shomei Ryozawa, Masafumi Mizuide, Masanori Kobayashi, Akashi Fujita, Kazuhiro Minami, Tsutomu Kobatake, Kumiko Omiya, Hirotoshi Iwano, Ryuichiro Araki. Usefulness of the "newly designed" short-type single-balloon enteroscope for ERCP in patients with Roux-en-Y gastrectomy: a pilot study. Endosc Int Open. 2018.12; 6 (12): E1417-E1422. ( PubMed, DOI )

  6. Kobayashi M, Ryozawa S, Araki R, Nagata K, Tanisaka Y, Fujita A, Kobatake T. Investigation of Factors Affecting the Sensitivity of Bile Duct Brush Cytology. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2018.08; ( PubMed, DOI )

  7. M Kobayashi, S Ryozawa, K Nagata. Hepatobiliary and Pancreatic: A case of pure squamous cell carcinoma of the gallbladder. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2018.05; 33 (5): 976. ( PubMed, DOI )

  8. Yuki Tanisaka, Shomei Ryozawa, Masanori Kobayashi, Maiko Harada, Tsutomu Kobatake, Kumiko Omiya, Hirotoshi Iwano, Shin Arai, Kouichi Nonaka, Yumi Mashimo. Usefulness of endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration for lymphadenopathy. Oncol Lett. 2018.04; 15 (4): 4759-4766. ( PubMed, DOI )

  9. Yuki Tanisaka, Shomei Ryozawa, Masanori Kobayashi, Maiko Harada, Tsutomu Kobatake, Kumiko Omiya, Hirotoshi Iwano, Shin Arai, Kouichi Nonaka, Yumi Mashimo. Endoscopic removal of laser-cut covered self-expandable metallic biliary stents: A report of six cases. Mol Clin Oncol. 2018.02; 8 (2): 269-273. ( PubMed, DOI )

  10. Yoichi Nibe, Shigeru Oshima, Masanori Kobayashi, Chiaki Maeyashiki, Yu Matsuzawa, Kana Otsubo, Hiroki Matsuda, Emi Aonuma, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Shinichiro Nakada, Mamoru Watanabe. Novel polyubiquitin imaging system, PolyUb-FC, reveals that K33-linked polyubiquitin is recruited by SQSTM1/p62. Autophagy. 2017.11; 1-43. ( PubMed, DOI )

  11. Masanori Kobayashi, Ou Yamaguchi, Koji Nagata, Kouichi Nonaka, Shomei Ryozawa. Acute hemorrhagic gastritis after nivolumab treatment. Gastrointest. Endosc.. 2017.11; 86 (5): 915-916. ( PubMed, DOI )

  12. Chiaki Maeyashiki, Shigeru Oshima, Kana Otsubo, Masanori Kobayashi, Yoichi Nibe, Yu Matsuzawa, Michio Onizawa, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. HADHA, the alpha subunit of the mitochondrial trifunctional protein, is involved in long-chain fatty acid-induced autophagy in intestinal epithelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2017.03; 484 (3): 636-641. ( PubMed, DOI )

  13. Masanori Kobayashi, Shigeru Oshima, Chiaki Maeyashiki, Yoichi Nibe, Kana Otsubo, Yu Matsuzawa, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. The ubiquitin hybrid gene UBA52 regulates ubiquitination of ribosome and sustains embryonic development. Sci Rep. 2016.11; 6 36780. ( PubMed, DOI )

  14. Yu Matsuzawa, Shigeru Oshima, Masahiro Takahara, Chiaki Maeyashiki, Yasuhiro Nemoto, Masanori Kobayashi, Yoichi Nibe, Kengo Nozaki, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Averil Ma, Mamoru Watanabe. TNFAIP3 promotes survival of CD4 T cells by restricting MTOR and promoting autophagy. Autophagy. 2015.06; 11 (7): 1052-1062. ( PubMed, DOI )

  15. Yu Matsuzawa, Shigeru Oshima, Yoichi Nibe, Masanori Kobayashi, Chiaki Maeyashiki, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. RIPK3 regulates p62-LC3 complex formation via the caspase-8-dependent cleavage of p62. Biochem Biophys Res Commun. 2015.01; 456 (1): 298-304. ( PubMed, DOI )

  16. Masanori Kobayashi, Akahito Sako, Toshiko Ogami, So Nishimura, Naoki Asayama, Tomoyuki Yada, Naoyoshi Nagata, Toshiyuki Sakurai, Chizu Yokoi, Masao Kobayakawa, Mikio Yanase, Naohiko Masaki, Nozomi Takeshita, Naomi Uemura. Validation of the 3-day rule for stool bacterial tests in Japan. Intern. Med.. 2014.03; 53 (6): 533-539. ( PubMed )

  17. 大塚和朗、福田将義、竹中健人、鈴木康平、長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、小林正典、渡辺 守. 【大腸内視鏡の話題-機器と挿入法】 挿入補助具 バルーン内視鏡 a.シングルバルーン Intestine. 2018.11; 22 (6): 567-569. ( 医中誌 )

  18. 小林 正典, 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 藤田 曜, 南 一洋, 小畑 力, 水出 雅文. 胆管カニュレーション困難症例に対する細胞診ブラシのカニュラへの応用 胆道. 2018.08; 32 (3): 504. ( 医中誌 )

  19. 水出 雅文, 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 南 一洋, 藤田 曜, 小林 正典, 小畑 力. 【高リスク患者の内視鏡】 胆膵 重症急性胆管炎患者に対する緊急胆道ドレナージの注意点と対策 消化器内視鏡. 2018.07; 30 (7): 915-919. ( 医中誌 )

  20. 水出 雅, 良沢 昭銘, 藤田 曜, 小林 正典, 谷坂 優樹, 小畑 力. 【膵癌update】 治療 胆管ドレナージ,ステント 臨床消化器内科. 2018.05; 33 (7): 876-881. ( 医中誌 )

  21. 谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 水出 雅文, 小畑 力, 小林 正典, 南 一洋, 藤田 曜, 高林 英日己, 田島 知明, 新井 晋, 野中 康一, 真下 由美. 術後再建腸管症例におけるShort-SBEを用いた胆管結石治療の検討 Gastroenterological Endoscopy. 2018.04; 60 (Suppl.1): 726. ( 医中誌 )

  22. 南 一洋, 良沢 昭銘, 小林 正典. 内視鏡的十二指腸乳頭切除術の現況と問題点 内視鏡的十二指腸乳頭切除術における、術前後の病理学的診断の検討 Gastroenterological Endoscopy. 2018.04; 60 (Suppl.1): 593. ( 医中誌 )

  23. 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 小畑 力, 小林 正典, 藤田 曜, 水出 雅文. 胆道疾患に対する内視鏡診療 胆道. 2018.03; 32 (1): 72-77. ( 医中誌 )

  24. 谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 水出 雅文, 小畑 力, 小林 正典, 南 一洋, 藤田 曜, 田島 知明, 高林 英日己, 新井 晋, 野中 康一, 真下 由美, 花田 敬士, 佐々木 民人. 【診療ガイドライン最新版による膵癌診療アップデート】 局所進行切除不能膵癌に対する非切除治療 切除不能膵癌の消化管閉塞に対する対処法 肝・胆・膵. 2018.03; 76 (3): 443-448. ( 医中誌 )

  25. 谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 水出 雅文, 小畑 力, 小林 正典, 南 一洋, 藤田 曜. 消化器内視鏡領域における医工学診療の最近の進歩 腫大リンパ節に対するEUS-FNAの有用性の検討 医工学治療. 2018.03; 30 (Suppl.): 97. ( 医中誌 )

  26. 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 小畑 力, 小林 正典, 藤田 曜, 南 一洋, 水出 雅文, 田島 知明, 高林 英日己, 新井 晋, 野中 康一, 真下 由美. 【外科医が知っておくべき-最新Endoscopic Intervention】肝胆膵 術後膵液漏を含む腹腔内膿瘍に対する超音波内視鏡ガイド下ドレナージ術 臨床外科. 2018.02; 73 (2): 199-204. ( 医中誌 )

  27. 小林正典、良沢昭銘、谷坂優樹、小畑 力、水出雅文. 【あれから5年 抗血栓薬-とめない覚悟と勇気】抗血栓薬服用者における経乳頭処置 消化器内視鏡. 2018; 30 1466-1473.

  28. 谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 小畑 力, 小林 正典, 藤田 曜. 術後腸管患者に対する胆膵内視鏡の進歩 Short-SBEを用いた術後腸管患者に対するERCP関連手技の検討 Progress of Digestive Endoscopy. 2017.12; 92 (Suppl.): s92. ( 医中誌 )

  29. 藤田 曜, 良沢 昭銘, 小林 正典, 谷坂 優樹, 小畑 力. 胆膵内視鏡-日常臨床におけるERCP・EUSの役割と将来展望- 消化管粘膜下腫瘍に対するEUS-FNAの有用性の検討 Progress of Digestive Endoscopy. 2017.12; 92 (Suppl.): s69. ( 医中誌 )

  30. 小林 正典, 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 小畑 力, 藤田 曜. 消化管ステントの進歩 当院における悪性胃十二指腸狭窄に対する内視鏡的ステント留置術の現状 Progress of Digestive Endoscopy. 2017.12; 92 (Suppl.): s84. ( 医中誌 )

  31. 谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 小畑 力, 原田 舞子, 小林 正典, 藤田 曜, 田島 知明, 新井 晋, 野中 康一, 真下 由美. 【内視鏡安全学-偶発症の予防と発生時の対応】 胆・膵 術後再建腸管におけるERCPおよび関連手技の注意点 消化器内視鏡. 2017.11; 29 (11): 2060-2063. ( 医中誌 )

  32. 小林 正典, 良沢 昭銘, 谷坂 優樹. 膵・胆道癌に対する内視鏡的診断法の新たな展開 悪性胆道狭窄における胆汁細胞診、擦過細胞診に影響を与える因子の検討 日本消化器病学会雑誌. 2017.09; 114 (臨増大会): A613. ( 医中誌 )

  33. 小林 正典, 良沢 昭銘, 谷坂 優樹. 膵・胆道癌に対する内視鏡的診断法の新たな展開 悪性胆道狭窄における胆汁細胞診、擦過細胞診に影響を与える因子の検討 Gastroenterological Endoscopy. 2017.09; 59 (Suppl.2): 2057. ( 医中誌 )

  34. 合川 公康, 渡邉 幸博, 上野 陽介, 岡田 克也, 岡本 光順, 谷坂 優樹, 小畑 力, 小林 正典, 原田 舞子, 良沢 昭銘, 櫻本 信一, 山口 茂樹, 小山 勇. 肝切除後胆汁瘻における内視鏡的胆道ドレナージの有用性 胆道. 2017.08; 31 (3): 517. ( 医中誌 )

  35. 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 小畑 力, 原田 舞子, 小林 正典. 【内視鏡データリファレンスブック2017】 胆道・膵臓 総胆管結石の治療 EST、EPBD 消化器内視鏡. 2017.08; 29 (8): 1582-1584. ( 医中誌 )

  36. 小畑 力, 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 原田 舞子, 小林 正典. 当科における術後再建腸管例の胆管結石に対するショートシングルバルーン内視鏡治療 胆道. 2017.08; 31 (3): 550. ( 医中誌 )

  37. 小林 正典, 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 原田 舞子, 小畑 力, 新井 晋, 真下 由美, 野中 康一. 悪性胆道病変における胆汁細胞診、擦過細胞診の感度に関わる因子の解析 胆道. 2017.08; 31 (3): 533. ( 医中誌 )

  38. 小林 正典, 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 原田 舞子, 小畑 力. 膵胆道疾患に対する、より低侵襲内視鏡治療の現状は 膵炎予防を目的とした膵管ガイドワイヤー留置下内視鏡的乳頭切除術の検討 Progress of Digestive Endoscopy. 2017.06; 91 (Suppl.): s87. ( 医中誌 )

  39. 谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 原田 舞子, 小畑 力, 小林 正典. 挿入困難例に対する工夫 大腸、術後腸管、胆膵領域 術後再建腸管症例におけるShort-SBEを用いたERCP関連手技の検討 Progress of Digestive Endoscopy. 2017.06; 91 (Suppl.): s75. ( 医中誌 )

  40. 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 小畑 力, 原田 舞子, 小林 正典. 【胆膵EUSの進歩】 EUSの基本事項 臨床消化器内科. 2017.06; 32 (8): 1073-1079. ( 医中誌 )

  41. 谷坂 優樹, 良沢 昭銘, 原田 舞子, 小林 正典, 小畑 力, 新井 晋, 野中 康一, 真下 由美. 膵疾患診療におけるERCPの役割を見直す 当院における非切除膵癌による胆道狭窄に対する内視鏡的胆道ドレナージの治療成績 膵臓. 2017.05; 32 (3): 428. ( 医中誌 )

  42. 原田 舞子, 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 小畑 力, 小林 正典, 新井 晋, 野中 康一, 真下 由美. 悪性胃十二指腸狭窄に対する内視鏡的ステント留置術の検討 Gastroenterological Endoscopy. 2017.04; 59 (Suppl.1): 969. ( 医中誌 )

  43. 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 小畑 力, 原田 舞子, 小林 正典. 【診断と治療のABC[121]胆石症・胆管結石 胆道炎・胆道がん】 (第1章)胆石症 胆管結石内視鏡治療 最新医学. 2017.04; 別冊 (胆石症・胆管結石・胆道炎・胆道がん): 41-47. ( 医中誌 )

  44. 小畑 力, 良沢 昭銘, 岩野 博俊, 大宮 久美子, 谷坂 優樹, 原田 舞子, 小林 正典, 新井 晋, 野中 康一, 真下 由美. 当院における術後再建腸管例の胆管結石に対するショートシングルバルーン内視鏡治療 Gastroenterological Endoscopy. 2017.04; 59 (Suppl.1): 1088. ( 医中誌 )

  45. 良沢 昭銘, 谷坂 優樹, 小畑 力, 原田 舞子, 小林 正典. 【消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック】 胆膵内視鏡 治療 EST 消化器内視鏡. 2017.03; 29 (3): 609-611. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Otsubo K, Maeyashiki C, Aonuma E, Matsuda H, Nibe Y, Kobayashi M, Matsuzawa Y, Watanabe M, Oshima S. Long-chain fatty acid regulates autophagy and polyubiquitination in intestinal epithelial cells. Keystone Symposia - Ubiquitin Signaling (A8) 2018.01.30 Tahoe(USA)

  2. Matsuda H, Nibe Y, Aonuma E, Otsubo K, Maeyashiki C, Kobayashi M, Matsuzawa Y, Nakada S, Watanabe M, Oshima S. K33-linked polyubiquitin is recruited by SQSTM1/p62.. Keystone Symposia - Ubiquitin Signaling (A8) 2018.01.30 Tahoe(USA)

  3. Nibe Y, Matsuda H, Aonuma E, Otsubo K, Maeyashiki C, Kobayashi M, Matsuzawa Y, Nakada S, Mamoru Watanabe M, Oshima S. Novel polyubiquitin imaging system, PolyUb-FC, visualized atypical polyubiquitin chain in living cells.. Keystone Symposia - Ubiquitin Signaling (A8) 2018.01.30 Tahoe(USA)

  4. Aonuma E, Nibe Y, Matsuda H, Otsubo K, Maeyashiki C, Kobayashi M, Matsuzawa Y, Watanabe M, Oshima S. Necroptosis stimulation regulates SQSTM1/p62-LC3 complex formation and polyubiquitination. Keystone Symposia - Ubiquitin Signaling (A8) 2018.01.29 Tahoe(USA)

  5. Kana Otsubo, Shigeru Oshima, Chiaki Maeyashiki, Emi Aonuma, Hiroki Matsuda, Masanori Kobayashi, Yoichi Nibe, Yu Matsuzawa, Mamoru Watanabe. HADHA, the alpha subunit of the mitochondrial trifunctional protein, is involved in long-chain fatty acid-induced autophagy in intestinal epithelial cells. The 8th International Symposium on Autophagy 2017.05.29 Nara Kasugano International Forum 甍 IRAKA(Japan)

  6. Yoichi Nibe, Shigeru Oshima, Emi Aonuma, Hiroki Matsuda, Kana Otsubo, Chiaki Maeyashiki, Masanori Kobayashi, Yu Matsuzawa, Shinichiro Nakada, Mamoru Watanabe. Novel polyubiquitin imaging reveals that atypical polyubiquitin contribute to autophagy via p62.. The 8th International Symposium on Autophagy 2017.05.29 Nara Kasugano International Forum 甍 IRAKA(Japan)

  7. Kobayashi m, Oshima S, Maeyashiki C, Nibe Y, Otsubo K, Watanabe M. The Ubiquitin Hybrid Gene UBA52 Regulates Cell Cycle and Ubiquitination of Ribosome in Colon Cancer. DDW 2017 2017.05.09 Chicago (USA)

  8. Masanori Kobayashi, Shigeru Oshima, Yoishi Nibe, Chiaki Maeyashiki, Mamoru Watanabe. UBA52, ubiquitin hybrid ribisomal protein, regulates NF-κB signaling in colon cancer. DDW2016 2016.05.24 San Diego

  9. Chiaki Maeyashiki, Shigeru Oshima, Yoishi Nibe, Masanori Kobayashi, Mamoru Watanabe. Indentification of autophagic regulators as therapeutic targets in intestinal epithelial cells. DDW2016 2016.05.23 San Diego

  10. Masanori Kobayashi, Shigeru Oshima, Yoishi Nibe, Chiaki Maeyashiki, Mamoru Watanabe. UBA52, ubiquitin hybrid protein, regulates NF κB signaling. 第102回日本消化器病学会総会_The 5th International Forum 2016.04.21 Tokyo

  11. 大島 茂、前屋舗千明、仁部洋一、小林正典、松沢 優、鬼澤道夫、Averil Ma、渡辺 守. TNFAIP3 によるネクロプトーシス制御機構の解明. 第24回日本Cell Death学会学術集会 2015.07.11 大阪

  12. 小林正典,伊藤剛,申貴広, 山下宏成,工藤篤,田邉稔,岡本隆一. 膵SPNの病態解明にむけた集学的解析. JDDW2022 2022.10.28

  13. 小林正典. 線虫C.elegansを用いた癌スクリーニング検査の膵癌に対する有用性の検討. 第107回 日本消化器病学会総会 2021.04.16 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  14. 渡邊沙希、三好正人、小林正典、加藤 周、日比谷秀爾、本林麻衣子、清水寛路、竹中健人、福田将義、新田沙由梨、齊藤詠子、藤井俊光、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡田英理子、柿沼 晴、長堀正和、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に合併した2型自己免疫性膵炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第357回例会 2019.12.07 海運クラブ

  15. 神谷昂汰、河本亜美、村川美也子、小林正典、北畑富貴子、新田沙由梨、油井史郎、根本泰宏、井津井康浩、大島 茂、岡田英理子、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、根木真理子. 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例. 日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019.09.21 海運クラブ(東京)

  16. 大島 茂、小林正典、田村皓子、松田浩紀、青沼映美、大坪加奈、仁部洋一、渡辺 守. ユビキチンコード遺伝子の大腸腫瘍における役割. 第56回日本消化器免疫学会 2019.08.01 メルパルク京都

  17. 小林正典、谷坂優樹、水出雅文、良沢昭銘、大塚和朗、渡辺 守. 細胞診ブラシのカニューラへの応用. 第97回日本消化器内視鏡学会総会 2019.05.31 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)

  18. 伊藤 晃、伊東詩織、渡部太郎、小林正典、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、東 正新、岡本隆一、土屋輝一郎、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎の経過中に原発性硬化性胆管炎を併発した一例. 日本消化器病学会関東支部第351回例会 2018.09.22 海運クラブ(東京都千代田区)

  19. 山本竜也、桑原小の実、大岡真也、東 正新、仁部洋一、野崎賢吾、小林正典、勝倉暢洋、福田将義、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、村野竜朗、鬼澤道夫、井津井康浩、中川美奈、柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守、石川敏昭. 【研修医Ⅱ(胃・十二指腸2、小腸)】直腸癌化学療法中に食道静脈瘤破裂を来した一例. 日本消化器病学会関東支部第340回例会 2016.07.16 海運クラブ(東京都千代田区)

  20. 大島 茂、松沢 優、前屋舗千明、大坪加奈、仁部洋一、小林正典、 渡辺 守. クローン病感受性遺伝子TNFAIP3 によるオートファジー制御解析. 第53回日本消化器免疫学会総会 2016.07.15 ホテルニューオータニ大阪(大阪府大阪市)

  21. 前屋舖千明、大島 茂、仁部洋一、小林正典、渡辺 守. 【IBD 基礎1】 腸管におけるオートファジーに関わる新規分子の探索. 第102回消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(新宿区)

  22. 小林正典、大島 茂、仁部洋一、前屋舗千明、渡辺 守. 【大腸腫瘍 基礎】大腸癌細胞株におけるユビキチンコード遺伝子UBA52 の機能解析. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.21 東京

  23. 前屋舖千明、大島 茂、松沢 優、仁部洋一、小林正典、Averil Ma、渡辺 守. リンパ球におけるクローン病感受性遺伝子TNFAIP3の機能解析. 第52回日本消化器免疫学会総会 2015.07.31 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 分担研究者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂,2020年04月

  • 公益財団法人 内視鏡医学研究振興財団 研究助成B「超音波内視鏡を用いた微小膵神経内分泌腫瘍の転移予測についての研究」 研究代表者:小林正典 分担研究者:工藤 篤,2020年01月

  • American Pancreatic Association 2019 Young Investigator Travel Award「Effectiveness of endoscopic ultrasonography-guided fine-needle aspiration for the diagnosis of pancreatic neuroendocrine tumors」 受賞者:小林正典,2019年11月

  • 令和元年度 文部科学省研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 研究分担者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂,2019年04月