基本情報

写真a

鏑木 秀俊(カブラギ ヒデトシ)

KABURAGI Hidetoshi


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 大学院生
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • IoT化したスマート杖の開発と高齢者における運動誘発効果の検証

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tetsuya Nagata, Chrissa A Dwyer, Kie Yoshida-Tanaka, Kensuke Ihara, Masaki Ohyagi, Hidetoshi Kaburagi, Haruka Miyata, Satoe Ebihara, Kotaro Yoshioka, Takashi Ishii, Kanjiro Miyata, Kenichi Miyata, Berit Powers, Tomoko Igari, Syunsuke Yamamoto, Naoto Arimura, Hideki Hirabayashi, Toshiki Uchihara, Rintaro Iwata Hara, Takeshi Wada, C Frank Bennett, Punit P Seth, Frank Rigo, Takanori Yokota. Cholesterol-functionalized DNA/RNA heteroduplexes cross the blood-brain barrier and knock down genes in the rodent CNS. Nat Biotechnol. 2021.12; 39 (12): 1529-1536. ( PubMed, DOI )

  2. Haruhiko Shimura, Tatsunobu Ikeda, Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura. Radiation educational program significantly reduces intraoperative fluoroscopy time during locking plate fixation for distal radius fractures. J Orthop Sci. 2021.10; ( PubMed, DOI )

  3. Haruhiko Shimura, Akimoto Nimura, Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi. Comparison of the efficacy of the tension band wiring with eyelet wire versus anatomical locking plate fixation for the treatment of displaced olecranon fractures. J Orthop Surg (Hong Kong). 2021.09; 29 (3): 23094990211059231. ( PubMed, DOI )

  4. Hiroyuki Yokoyama, Takashi Hirai, Tetsuya Nagata, Mitsuhiro Enomoto, Hidetoshi Kaburagi, Li Leiyo, Takayuki Motoyoshi, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Takanori Yokota. DNA Microarray Analysis of Differential Gene Expression in the Dorsal Root Ganglia of Four Different Neuropathic Pain Mouse Models. J Pain Res. 2020.11; 13 3031-3043. ( PubMed, DOI )

  5. Leyang Li, Hiroyuki Yokoyama, Hidetoshi Kaburagi, Takashi Hirai, Kunikazu Tsuji, Mitsuhiro Enomoto, Yoshiaki Wakabayashi, Atsushi Okawa. Remnant neuromuscular junctions in denervated muscles contribute to functional recovery in delayed peripheral nerve repair. Neural Regen Res. 2020.04; 15 (4): 731-738. ( PubMed, DOI )

  6. Fujita K., Kaburagi H., Nimura A., Miyamoto T., Wakabayashi Y., Seki Y., Aoyama H., Shimura H., Kato R., Okawa A.. Lower grip strength and dynamic body balance in women with distal radial fractures OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL. 2019.05; 30 (5): 949-956. ( PubMed, DOI )

  7. Fujita K., Kaburagi H., Nimura A., Miyamoto T., Wakabayashi Y., Seki Y., Aoyama H., Shimura H., Kato R., Okawa A.. Lower grip strength and dynamic body balance in women with distal radial fractures (vol 30, 2019) OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL. 2019.03; 30 (3): 697. ( PubMed, DOI )

  8. Satoshi Zeniya, Hiroya Kuwahara, Kaiichi Daizo, Akihiro Watari, Masuo Kondoh, Kie Yoshida-Tanaka, Hidetoshi Kaburagi, Ken Asada, Tetsuya Nagata, Masahiro Nagahama, Kiyohito Yagi, Takanori Yokota. Angubindin-1 opens the blood-brain barrier in vivo for delivery of antisense oligonucleotide to the central nervous system. J Control Release. 2018.08; 283 126-134. ( PubMed, DOI )

  9. Mitsuhiro Enomoto, Takashi Hirai, Hidetoshi Kaburagi, Takanori Yokota. Efficient Gene Suppression in Dorsal Root Ganglia and Spinal Cord Using Adeno-Associated Virus Vectors Encoding Short-Hairpin RNA. Methods Mol Biol. 2016; 1364 277-290. ( PubMed, DOI )

  10. Madoka Onuma-Ukegawa, Kush Bhatt, Takashi Hirai, Hidetoshi Kaburagi, Shinichi Sotome, Yoshiaki Wakabayashi, Shizuko Ichinose, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa, Mitsuhiro Enomoto. Bone Marrow Stromal Cells Combined With a Honeycomb Collagen Sponge Facilitate Neurite Elongation In Vitro and Neural Restoration in the Hemisected Rat Spinal Cord. Cell Transplant. 2015; 24 (7): 1283-1297. ( PubMed, DOI )

  11. Takashi Hirai, Mitsuhiro Enomoto, Hidetoshi Kaburagi, Shinichi Sotome, Kie Yoshida-Tanaka, Madoka Ukegawa, Hiroya Kuwahara, Mariko Yamamoto, Mio Tajiri, Haruka Miyata, Yukihiko Hirai, Makoto Tominaga, Kenichi Shinomiya, Hidehiro Mizusawa, Atsushi Okawa, Takanori Yokota. Intrathecal AAV serotype 9-mediated delivery of shRNA against TRPV1 attenuates thermal hyperalgesia in a mouse model of peripheral nerve injury. Mol Ther. 2014.02; 22 (2): 409-419. ( PubMed, DOI )

  12. 鏑木 秀俊, 二村 昭元. 【上肢の手術進入路の手引き】各関節周囲ならびに関節内アプローチ 肩後方アプローチ Orthopaedics. 2021.05; 34 (5): 85-92. ( 医中誌 )

  13. 山下 理子, 山田 淳, 児玉 隼人, 猪野又 慶, 片桐 健太, 鏑木 秀俊, 佐藤 哲也, 清水 禎則, 長瀬 寅, 中川 照彦, 土屋 正光. Preserveαステムを用いた大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術の短期成績 日本人工関節学会誌. 2020.12; 50 261-262. ( 医中誌 )

  14. 山田 淳, 平澤 直之, 児玉 隼人, 山下 理子, 猪野又 慶, 片桐 健太, 鏑木 秀俊, 佐藤 哲也, 清水 禎則, 長瀬 寅, 中川 照彦, 土屋 正光. THA後のCup central migrationに対し、Cupを温存し、再置換術を施行した1例 日本人工関節学会誌. 2020.12; 50 495-496. ( 医中誌 )

  15. 佐藤 哲也, 中川 照彦, 鏑木 秀俊, 佐々木 研, 鈴木 志郎, 二村 昭元. 著明な外旋機能障害のある腱板断裂に対する大円筋・広背筋移行術 肩関節. 2020.11; 44 (2): 338-341. ( 医中誌 )

  16. 山田 淳, 長谷川 清一郎, 川副 陽子, 片桐 健太, 鏑木 秀俊, 佐藤 哲也, 清水 禎則, 長瀬 寅, 中川 照彦, 土屋 正光. 前外側アプローチの人工股関節置換術において体位の違いが出血量にどの程度影響を与えるか 日本人工関節学会誌. 2019.12; 49 567-568. ( 医中誌 )

  17. 太田 剛, 鏑木 秀俊, 八百 洋介, 二村 昭元, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折に伴う橈骨茎状突起骨片へのスクリュー刺入位置とプレート選択 骨折. 2019.06; 41 (3): 720-723. ( 医中誌 )

  18. 志村 治彦, 竹村 昌敏, 小山 恭史, 串田 淑久, 鏑木 秀俊, 大川 淳. 橈骨遠位端(脆弱性)骨折の骨粗鬆症治療率 10年前の治療率との比較 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.03; 31 (1): 43-45. ( 医中誌 )

  19. 太田 剛, 鏑木 秀俊, 大沼 円, 二村 昭元, 大川 淳. 前腕骨矯正骨切り術に対する低出力超音波パルス治療(LIPUS)の骨癒合促進効果 日本手外科学会雑誌. 2018.11; 35 (2): 179-181. ( 医中誌 )

  20. 中川 照彦, 佐藤 哲也, 佐々木 研, 鏑木 秀俊. 【腱板断裂治療のフローチャート】肩甲下筋腱断裂の診断と手術、後療法 関節外科. 2018.07; 37 (7): 755-767. ( 医中誌 )

  21. 平井 高志, 榎本光裕 , 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 永田 哲也, 横田 隆徳, 大川 淳. 【腰痛治療の革新-慢性腰痛・神経障害性疼痛に対する治療のbreakthrough】 神経障害性疼痛のメカニズム探索と分子標的による新規治療戦略 Journal of Spine Research. 2018.06; 9 (6): 1022-1030. ( 医中誌 )

  22. 藤原鷹, 志村治彦, 鏑木秀俊, 二村昭元, 宮本崇, 藤田浩二. 橈骨遠位端骨折治療後の回旋変形治癒に対して矯正骨切り術を施行した 1 例 整形外科. 2018.04; 69 (4): 347-351.

  23. 太田 剛, 鏑木 秀俊, 大川 淳. 投球骨折の装具療法を用いた保存的治療の検討 骨折. 2018.04; 40 (2): 319-321. ( 医中誌 )

  24. 太田 剛, 大沼 円, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 若林 良明, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折掌側ロッキングプレートにおける橈骨茎状突起刺入スクリュー位置の新しい指標と術後整復位との相関の検討 日本手外科学会雑誌. 2018.02; 34 (5): 768-770. ( 医中誌 )

  25. 鏑木 秀俊, 志村 治彦, 二村 昭元, 宮本 崇, 藤田 浩二. 小児橈骨遠位骨幹部若木骨折後の再骨折 日本手外科学会雑誌. 2018.01; 34 (4): 648-651. ( 医中誌 )

  26. 太田 剛, 大沼 円, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 若林 良明, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折marginal fractureに対する治療方法 プレート選択と併用処置について 日本手外科学会雑誌. 2017.12; 34 (3): 442-444. ( 医中誌 )

  27. 志村 治彦, 串田 淑久, 二村 昭元, 鏑木 秀俊, 藤田 浩二, 宮本 崇. JuggerKnot Soft Anchorの使用時に発生した器械トラブルの検討 日本手外科学会雑誌. 2016.12; 33 (3): 380-382. ( 医中誌 )

  28. 鏑木 秀俊, 若林 良明, 二村 昭元, 平井 高志, 大川 淳. 両側特発性手根管症候群の片側手術後における非手術側の臨床経過 日本手外科学会雑誌. 2013.02; 29 (5): 470-472. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Koji Fujita, Hirotaka Iijima, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Atsuhi Okawa. Gait Analysis Of Patients With Distal Radius Fracture Using A Novel Laser-tug System. The 2019 American College of Sports Medicine 2019.05.30 Orlando, USA

  2. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa. Decreased Grip Strength and Dynamic Body Balancing in Women with Distal Radial Fractures. ASSH 2018 2018.09.13 Boston, USA

  3. Koji Fujita Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Ryuichi. Kato, Atsushi Okawa. Decreased grip strength and dynamic body balancing in women with distal radial fractures . 7th Fragility Fracture Network Global Congress 2018.07.06 Dublin, Ireland

  4. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Atsushi Okawa. Distal radius fracture patients showed declined dynamic body balancing ability and Grip strength. 11th APFSSH 2017 2017.11.07 Cebu,Philippines

  5. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Atsushi Okawa . Distal radius fracture patients over 70 years of age showed declined body balancing ability and osteoporosis. Eurohand 2017 2017.06.21 Budapest, Hungary

  6. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Atsushi Okawa. Distal radius fracture patients show declined ability of dynamic body balancing.. American Association for Hand Surgery 2017 Annual Meeting 2017.01.09 Hawaii

  7. Hidetoshi Kaburagi, Takashi Hirai, Takanori Yokota, Atsushi Okawa, Mitsuhiro Enomoto. Role of voltage-gated sodium channels and calcium channel subunit alpha-2/delta-1 in the lumbar dorsal root ganglions of persistent peripheral neuropathic pain model mice . Society for Neuroscience 2016Annual Meeting 2016.11.12 San Diego,USA

  8. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Yoshiaki Wakabayashi, Atsushi Okawa. Distal radius fracture patients show reduced ability of dynamic body balancing. International Federation of Societies for Surgery of the Hand 2016 2016.10.24 Buenos Aires, Argentina

  9. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Yoshiaki Wakabayashi, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa. Distal Radius Fracture Patients Show Declined Ability of Dynamic Body Balancing. 71st Annual Meeting of the American Society for Surgery of the Hand(ASSH 2016) 2016.09.29 Austin,USA

  10. Hidetoshi Kaburagi, Koji Fujita, Takashi Miyamoto, Yoshiaki Wakabayashi, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa. Distal radius fracture patients show reduced ability of dynamic body balancing. The American Society for Bone and Mineral Research 2016 Annual Meeting 2016.09.16 Atlanta, USA

  11. 田中 雄太,川端 茂徳,橋本  淳,足立 善昭,渡部 泰士,石田 洸樹 ,鏑木 秀俊 , 藤田 浩二 ,二村 昭元,大川  淳. 神経磁界計測装置を用いた肘部尺骨神経機能の非侵襲的評価方法の検討. 第65回日本手外科学会学術集会 2022.04.14 北九州

  12. 田中 雄太,川端 茂徳,橋本 淳,石田 洸樹,渡部 泰士,足立 善昭,鏑木 秀俊,藤田 浩二,二村 昭元,吉井 俊貴,大川 淳. 神経磁界計測を用いた腕神経叢部から頚椎の神経活動の非侵襲的評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  13. 野呂瀬 美生, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 大川 淳, 秋田 恵一. 母指CM関節安定化機構解明を目指した筋・腱膜と関節包に基づく解剖学的解析. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  14. 小山 恭史, 藤田 浩二, 松井 良太, 野呂瀬 美生, 佐々木 亨, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 杉浦 裕太, 斎藤 英雄, 大川 淳. 非接触型センサーを用いた手指動作高次元解析と機械学習によるスクリーニング法の開発. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  15. 小山 恭史, 藤田 浩二, 野呂瀬 美生, 佐々木 亨, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 飯島 弘貴, 高橋 正樹, 大川 淳. laser-TUGシステムを用いた頸髄症患者の歩行特性の抽出. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  16. 小山 恭史, 渡辺 拓郎, 藤田 浩二, 野呂瀬 美生, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 杉浦 裕太, 大川 淳. 筆圧による手根管症候群スクリーニング法の開発. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  17. 野呂瀬 美生, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 大川 淳, 秋田 恵一. 筋・腱膜と関節包に基づいた解剖学的解析による母指CM関節安定化機構の解明. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  18. 小山 恭史, 加藤 花歩, 藤田 浩二, 野呂瀬 美生, 佐々木 亨, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 杉浦 裕太, 斉藤 英雄, 大川 淳. 手指動作解析による頸髄症スクリーニングの試み. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  19. 田中 雄太, 藤田 浩二, 小山 恭史, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 若林 良明. 神経伝導検査を用いた手根管症候群術後回復の評価と予後予測への応用. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  20. 志村 治彦, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鏑木 秀俊. Modified Gartland type4小児上腕骨顆上骨折の治療経験. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎ハイブリッド

  21. 佐藤 哲也, 中川 照彦, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 佐々木 亨, 山田 英理久. 母指MP関節不安定症の術後成績不良因子の検討. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎ハイブリッド

  22. 藤田 浩二, 小山 恭史, 佐藤 修祐, 鏑木 秀俊, 野呂瀬 美生, 二村 昭元, 杉浦 裕太. 深層学習法を用いた手根管症候群スクリーニングアプリの開発と精度検証. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎ハイブリッド

  23. 横山 裕之, 平井 高志, 榎本 光裕, 鏑木 秀俊, 吉井 俊貴, 永田 哲也, 横田 隆徳, 大川 淳. DNAマイクロアレイを用いたマウス腰部後根神経節における神経障害性疼痛関連遺伝子の調査. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.15 オンライン

  24. 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 加藤 龍一, 高橋 正樹, 大川 淳. ドミノ骨折予防を目指した橈骨遠位端骨折患者の歩行評価. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 Web

  25. 鏑木秀俊, 中川照彦, 佐藤哲也. 当院における鏡視下Bankart修復術の治療成績 . 第46回 日本肩関節学会 2019.10.25 長野

  26. 李 楽陽, 榎本 光裕, 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 平井 高志, 若林 良明, 大川 淳. 末梢神経損傷再建後の標的神経筋内でのSchwann細胞と神経筋接合部構成分子の発現変化. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  27. 藤田 浩二, 飯島弘貴, 奥村篤史, 八百陽介, 鏑木秀俊, 二村昭元, 加藤龍一, 大川淳, 高橋正樹. Laser-TUGシステムを用いた橈骨遠位端骨折患者の歩行状態の評価 転倒とドミノ骨折の予防を目指して . 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  28. 鏑木秀俊, 中川照彦, 佐藤哲也. 成長期野球選手における上腕骨内側上顆裂離骨折の治療成績 . 第31回 日本肘関節学会学術集会 2019.02.08 小樽

  29. 鏑木秀俊, 中川照彦, 佐藤哲也. ECRBとsuture tapeを用い、SwiveLockで再建した陳旧性舟状月状骨解離の1例 . 第33回 東日本手外科研究会 2019.02.02 新潟

  30. 李 楽陽, 榎本 光裕, 横山 裕之, 鏑木 秀俊, 平井 高志, 若林 良明, 大川 淳. マウス腓骨神経損傷慢性期での神経再建後の再生様式と機能回復 再建方法による違い. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  31. 志村 治彦, 竹村 昌敏, 小山 恭史, 串田 淑久, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 当院における橈骨遠位端(脆弱性)骨折患者の骨粗鬆症治療率. 第67回 東日本整形災害外科学会学術集会 2018.09.21 秋田

  32. 鏑木 秀俊, 太田 剛, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 当院における針刺しによる末梢神経損傷例の調査. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  33. 太田 剛, 鏑木 秀俊, 大川 淳. 投球骨折に対する保存的治療の適応と限界. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  34. 藤田 浩二, 鏑木 秀俊,宮本 崇,志村 治彦,青山 広道,松山 嘉彦,関 康弘,若林 良明,二村 昭元,大川 淳 . 握力低下は初発橈骨遠位端骨折の主要なリスク因子である. 第61回 日本手外科学会学術集会 2018.04.26 新宿

  35. 鏑木 秀俊, 太田 剛,二村 昭元,藤田 浩二. DDA2 創外固定器によるPIP 関節脱臼骨折の治療成績. 第61回 日本手外科学会学術集会 2018.04.26 新宿

  36. 鏑木 秀俊, 太田 剛. 有頭骨単独骨折の 1 例. 第32回 東日本手外科研究会 2018.02.03 本郷

  37. 平井 高志, 榎本 光弘, 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 永田 哲也, 横田 隆徳, 大川 淳. 神経障害性疼痛のメカニズム探索と分子標的による新規治療戦略. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  38. 横山 裕之, 榎本 光裕, 平井 高志, 鏑木 秀俊, 大川 淳, 若林 良明. 複数の神経障害性疼痛マウスモデルの腰部後根神経節における電位依存性カルシウムチャネルα2δ-1サブユニット発現と疼痛パターンの比較検討. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  39. 李 楽陽, 榎本 光裕, 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 平井 高志, 若林 良明, 大川 淳. マウス腓骨神経再生のための神経筋接合部の役割. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  40. 平井 高志, 榎本 光裕, 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 大川 淳. 次世代シーケンサーを用いた疼痛モデルにおけるRNAの3'UTRにおける新たなバリアント 治療として最も効率的な標的分子の探索. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  41. 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 宮本 崇, 二村 昭元, 松山 嘉彦, 志村 治彦, 若林 良明, 加藤 龍一, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折患者は筋力が低下している. 第19回 日本骨粗鬆症学会 2017.10.20 大阪

  42. 鏑木 秀俊, 藤田 浩二, 二村 昭元, 大川 淳. 高齢橈骨遠位端骨折患者の易骨折性の評価. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  43. 鏑木秀俊, 太田 剛. 有頭骨単独骨折の1 例. 第62回 埼玉手外科研究会 2017.09.02 浦和

  44. 藤田浩二, 鏑木秀俊, 二村昭元, 宮本崇, 大川淳. 撓骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している. 第60回 日本手外科学会 2017.04.27 名古屋

  45. 鏑木秀俊, 志村 治彦, 藤原 鷹, 二村昭元, 宮本崇, 藤田 浩二. 小児橈骨遠位1/3骨幹部骨折に対する保存療法後の再骨折症例の検討. 第31回 東日本手外科研究会 2017.02.11 札幌

  46. 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 宮本 崇, 若林 良明, 志村 治彦, 松山 嘉彦, 大沼 円, 佐々木 研, 関 康弘, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折患者の運動能力解析. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  47. 鷲見 晶, 鏑木 秀俊, 平井 高志, 大川 淳, 榎本 光裕. 神経障害性疼痛モデルにおける腰部後根神経節での電位依存性ナトリウムおよびカルシウムチャネルα2δサブユニットの役割. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  48. 鏑木 秀俊, 藤田 浩二, 二村 昭元, 宮本 崇, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折患者の体幹バランス、骨粗鬆症評価 脆弱性骨折の二次予防を目指して. 第18回 日本骨粗鬆症学会 2016.10.06 仙台

  49. 鏑木 秀俊, 榎本 光裕, 伊奈 沙織, 平井 高志, 若林 良明, 横田 隆徳, 大川 淳. 末梢神経損傷モデルにおける後根神経節でのカルシウムチャネルα2δサブユニットの発現変化. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

▼全件表示