基本情報

写真a

萬 巴里子(ヨロズ パリコ)

YOROZU Pariko


職名

URA

研究分野・キーワード

サルコイドーシス、臨床研究のデータマネジメント

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  2015年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年03月
     
     
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 医療イノベーション推進センター 技術補佐員
  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 医療イノベーション推進センター 技術職員
  • 2017年04月
    -
    2017年07月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 イノベーション推進本部 医療イノベーション推進センター 技術職員
  • 2017年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 リサーチ・ユニバーシティ推進機構 リサーチ・アドミニストレーター室 URAトレイニー
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 リサーチ・ユニバーシティ推進機構 リサーチ・アドミニストレーター室 URA
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Takagi Masatoshi, Ogawa Chitose, Aoki-Nogami Yuki, Iehara Tomoko, Ishibashi Eri, Imai Minoru, Kihara Tetsuro, Nobori Kiyoshi, Hasebe Kazuhisa, Mizutani Shuki, Kimura Toshimi, Nagata Masashi, Yasuhara Masato, Yoshimura Kenichi, Yorozu Pariko, Hosoi Hajime, Koike Ryuji. Phase I clinical study of oral olaparib in pediatric patients with refractory solid tumors: study protocol BMC PEDIATRICS. 2019.01; 19 (1): 31. ( PubMed, DOI )

  2. Pariko Yorozu, Asuka Furukawa, Keisuke Uchida, Takumi Akashi, Tomoya Kakegawa, Tomohisa Ogawa, Junko Minami, Yoshimi Suzuki, Nobuyasu Awano, Haruhiko Furusawa, Yasunari Miyazaki, Naohiko Inase, Yoshinobu Eishi. Propionibacterium acnes catalase induces increased Th1 immune response in sarcoidosis patients. Respir Investig. 2015.07; 53 (4): 161-169. ( PubMed, DOI )

  3. Yorozu Pariko, Furukawa Asuka, Uchida Keisuke, Akashi Takumi, Kakegawa Tomoya, Ogawa Tomohisa, Minami Junko, Suzuki Yoshimi, Awano Nobuyasu, Furusawa Haruhiko, Miyazaki Yasunari, Inase Naohiko, Eishi Yoshinobu. Propionibacterium acnesカタラーゼはサルコイドーシス患者におけるTh1免疫反応亢進を誘発する(Propionibacterium acnes catalase induces increased Th1 immune response in sarcoidosis patients) Respiratory Investigation. 2015.07; 53 (4): 161-169. ( 医中誌 )

  4. 萬 巴里子, 吉田 雅幸, 小池 竜司. 東京医科歯科大学における倫理審査申請Webシステムの導入と人を対象とする研究の把握 臨床薬理. 2017.11; 48 (Suppl.): S335. ( 医中誌 )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 萬巴里子, 吉田雅幸, 小池竜司. 東京医科歯科大学における倫理審査Webシステムの導入と人を対象とする研究の把握. 第38日本臨床薬理学会 2017.12.08

  2. 江石 義信, 内田 佳介, 古川 あすか, 鈴木 好美, 峰岸 佳菜, 萬 巴里子, 鈴木 高成.. アレルギー性内因性感染症としてのサルコイドーシス.. 第97回日本細菌学会関東支部総会 2014.10.31 東京ドームホテル