基本情報

写真a

松倉 遊(マツクラ ユウ)

MATSUKURA Yu


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  2015年03月  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 感覚・皮膚・運動機能診療領域 整形外科 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 異所性骨化における線溶系酵素の役割の解明と新規骨形成薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2024年

  • 新しい椎間板変性治療

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Atsushi Okawa. A comparative study of surgical outcomes between anterior cervical discectomy with fusion and selective laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy. J Orthop Sci. 2022.11; 27 (6): 1228-1233. ( PubMed, DOI )

  2. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Yu Matsukura, Atsushi Okawa. Impact of preoperative cervical sagittal alignment for cervical myelopathy caused by ossification of the posterior longitudinal ligament on surgical treatment. J Orthop Sci. 2022.11; 27 (6): 1208-1214. ( PubMed, DOI )

  3. Toshitaka Yoshii, Shingo Morishita, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Shunji Tsutsui, Takashi Hirai, Yu Matsukura, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Masao Koda, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Satoshi Maki, Narihito Nagoshi, Norihiro Nishida, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Kei Ando, Hiroaki Nakashima, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Masayuki Miyagi, Takashi Kaito, Kei Yamada, Tomohiro Banno, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Hiroshi Taneichi, Shiro Imagama, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. Prospective Investigation of Surgical Outcomes after Anterior Decompression with Fusion and Laminoplasty for the Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Propensity Score Matching Analysis. J Clin Med. 2022.11; 11 (23): 7012. ( PubMed, DOI )

  4. Narihito Nagoshi, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Shunji Tsutsui, Takashi Hirai, Yu Matsukura, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Masao Koda, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Satoshi Maki, Norihiro Nishida, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Kei Ando, Hiroaki Nakashima, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Masayuki Miyagi, Takashi Kaito, Kei Yamada, Tomohiro Banno, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Kota Watanabe, Hiroshi Taneichi, Shiro Imagama, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Masaya Nakamura, Morio Matsumoto, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. Clinical Indicators of Surgical Outcomes After Laminoplasty for Patients With Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Prospective Multicenter Study. Spine (Phila Pa 1976). 2022.08; 47 (15): 1077-1083. ( PubMed, DOI )

  5. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Satoru Egawa, Motonori Hashimoto, Yu Matsukura, Hiroyuki Inose, Nobuo Sanjo, Takanori Yokota, Atsushi Okawa. Case Report: Dural Dissection With Ventral Spinal Fluid-Filled Collection in Superficial Siderosis: Insights Into the Pathology From Anterior-Approached Surgical Cases. Front Neurol. 2022.07; 13 919280. ( PubMed, DOI )

  6. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Junya Katayanagi, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Perioperative Complications of Anterior Decompression with Fusion in Degenerative Cervical Myelopathy-A Comparative Study between Ossification of Posterior Longitudinal Ligament and Cervical Spondylotic Myelopathy Using a Nationwide Inpatient Database. J Clin Med. 2022.06; 11 (12): 3398. ( PubMed, DOI )

  7. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Jun Hashimoto, Shuta Ushio, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Narihito Nagoshi, Kazuhiro Takeuchi, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Soraya Nishimura, Kota Watanabe, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Hiroaki Nakashima, Shiro Imagama, Kazuma Murata, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Satoru Egawa, Yu Matsukura, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa, Masashi Yamazaki, Yoshiharu Kawaguchi. Clinical Characteristics of Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament and a High OP Index: A Multicenter Cross-Sectional Study (JOSL Study). J Clin Med. 2022.06; 11 (13): 3694. ( PubMed, DOI )

  8. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Comparison of perioperative complications in anterior decompression with fusion and posterior decompression with fusion for thoracic ossification of the posterior longitudinal ligament -a retrospective cohort study using a nationwide inpatient database. J Orthop Sci. 2022.05; 27 (3): 600-605. ( PubMed, DOI )

  9. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Masanao Sasaki, Yu Matsukura, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Akihiro Hirakawa, Atsushi Okawa. Comparison of decompression, decompression plus fusion, and decompression plus stabilization: a long-term follow-up of a prospective, randomized study. Spine J. 2022.05; 22 (5): 747-755. ( PubMed, DOI )

  10. Kanji Mori, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Shunji Tsutsui, Takashi Hirai, Yu Matsukura, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Masao Koda, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Satoshi Maki, Narihito Nagoshi, Norihiro Nishida, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Kei Ando, Hiroaki Nakashima, Masahiko Takahata, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Masayuki Miyagi, Takashi Kaito, Kei Yamada, Tomohiro Banno, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Hiroshi Taneichi, Shiro Imagama, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. Impact of obesity on cervical ossification of the posterior longitudinal ligament: a nationwide prospective study. Sci Rep. 2022.05; 12 (1): 8884. ( PubMed, DOI )

  11. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Takashi Hirai, Kyohei Sakaki, Yu Matsukura, Atsushi Okawa. Early Experiences of One-Level Total Disc Replacement (Prestige LP) in Japan: A Comparison of Short-Term Outcomes with Anterior Cervical Discectomy with Fusion. Spine Surg Relat Res. 2022.05; 6 (6): 581-588. ( PubMed, DOI )

  12. Takuya Takahashi, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Atsuyuki Kawabata, Jun Hashimoto, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Motonori Hashimoto, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Risk factors for recurrence and regrowth of spinal schwannoma. J Orthop Sci. 2022.04; (22): 00069-0. ( PubMed, DOI )

  13. Reina Miyamoto, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroaki Onuma, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Kouhei Yamamoto, Hirotaka Koyanagi, Shingo Sato, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Surgical Strategy for Osteoid Osteoma Localized in Anterior Lumbar Vertebral Body: A Case Report. Spine Surg Relat Res. 2022.02; 6 (4): 408-411. ( PubMed, DOI )

  14. Jun Hashimoto, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Atsuyuki Kawabata, Kurando Utagawa, Yu Matsukura, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Tsuyoshi Yamada, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Satoshi Sumiya, Fujiki Numano, Kazuyuki Fukushima, Shoji Tomizawa, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa. Impact of body mass index on surgical outcomes and complications in adult spinal deformity. J Orthop Sci. 2022.01; 27 (1): 89-94. ( PubMed, DOI )

  15. Osamu Shirado, Yoshiyasu Arai, Tetsuhiro Iguchi, Shiro Imagama, Mamoru Kawakami, Takuya Nikaido, Tadanori Ogata, Sumihisa Orita, Daisuke Sakai, Kimiaki Sato, Masahiko Takahata, Katsushi Takeshita, Takashi Tsuji, Structured abstract preparation team. Formulation of Japanese Orthopaedic Association (JOA) clinical practice guideline for the management of low back pain- the revised 2019 edition. J Orthop Sci. 2022.01; 27 (1): 3-30. ( PubMed, DOI )

  16. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shinichi Shirasawa, Shinji Takahashi, Masatoshi Hoshino, Yu Yamato, Yu Matsukura, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Time Course of Acute Vertebral Fractures: A Prospective Multicenter Cohort Study. J Clin Med. 2021.12; 10 (24): 5961. ( PubMed, DOI )

  17. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Junya Katayanagi, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Perioperative Complications of Laminoplasty in Degenerative Cervical Myelopathy -A Comparative Study Between Ossification of Posterior Longitudinal Ligament and Cervical Spondylotic Myelopathy Using a Nationwide Inpatient Database. Global Spine J. 2021.12; 21925682211063867. ( PubMed, DOI )

  18. Motoyoshi Takayuki, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Inose Hiroyuki, Matsukura Yu, Egawa Satoru, Kobayashi Yutaka, Utagawa Kurando, Hashimoto Jun, Kawabata Atsuyuki, Takahashi Takuya, Tanaka Tomoyuki, Okawa Atsushi. Association between diffuse idiopathic skeletal hyperostosis and thoracic kyphosis in patients with cervical myelopathy: a retrospective observational study. BMC Musculoskelet Disord. 2021.11; 22 (1): 964. ( PubMed, DOI )

  19. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Shuta Ushio, Shingo Morishita, Satoru Egawa, Hiroaki Onuma, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Takuya Takahashi, Motonori Hashimoto, Kentaro Sakaeda, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Anterior Cervical Corpectomy with Fusion versus Anterior Hybrid Fusion Surgery for Patients with Severe Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Involving Three or More Levels: A Retrospective Comparative Study. J Clin Med. 2021.11; 10 (22): 5315. ( PubMed, DOI )

  20. Soraya Nishimura, Takashi Hirai, Narihito Nagoshi, Toshitaka Yoshii, Jun Hashimoto, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Kazuhiro Takeuchi, Shuta Ushio, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Hiroaki Nakashima, Shiro Imagama, Kazuma Murata, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Yu Matsukura, Hiroyuki Inose, Masashi Yamazaki, Kota Watanabe, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Association between Severity of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis and Ossification of Other Spinal Ligaments in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2021.10; 10 (20): 4690. ( PubMed, DOI )

  21. Yu Matsukura, Toshitaka Yoshii, Shingo Morishita, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Atsuyuki Kawabata, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Tsuyoshi Yamada, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Satoshi Sumiya, Fujiki Numano, Kazuyuki Fukushima, Shoji Tomizawa, Satoru Egawa, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa. Comparison of Lateral Lumbar Interbody Fusion and Posterior Lumbar Interbody Fusion as Corrective Surgery for Patients with Adult Spinal Deformity-A Propensity Score Matching Analysis. Journal of Clinical Medicine. 2021.10; 10 (20): 4737. ( PubMed, DOI )

  22. Takashi Hirai, Takuya Takahashi, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Intradiscal Injection With Condoliase (Chondroitin Sulfate ABC Endolyase) For Painful Radiculopathy Caused By Lumbar Disc Herniation Spine Surgery and Related Research. 2021.10; ( DOI )

  23. Takashi Hirai, Takuya Takahashi, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Intradiscal Injection with Condoliase (Chondroitin Sulfate ABC Endolyase) for Painful Radiculopathy Caused by Lumbar Disc Herniation. Spine Surg Relat Res. 2021.10; 6 (3): 252-260. ( PubMed, DOI )

  24. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Application of an index derived from the area under a neutrophil curve as a predictor of surgical site infection after spinal surgery. BMC Surg. 2021.09; 21 (1): 354. ( PubMed, DOI )

  25. Takashi Hirai, Soraya Nishimura, Toshitaka Yoshii, Narihito Nagoshi, Jun Hashimoto, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Kazuhiro Takeuchi, Shuta Ushio, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Kota Watanabe, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Hiroaki Nakashima, Shiro Imagama, Kazuma Murata, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Masashi Yamazaki, Yu Matsukura, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Associations between Clinical Findings and Severity of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2021.09; 10 (18): 4137. ( PubMed, DOI )

  26. Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Yoshiyasu Arai, Hidetsugu Maehara, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Laminar Closure in Double-door Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy with Nonkyphotic Alignment. Spine (Phila Pa 1976). 2021.08; 46 (15): 999-1006. ( PubMed, DOI )

  27. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Comparison of Perioperative Complications in Anterior Decompression With Fusion and Posterior Decompression With Fusion for Cervical Spondylotic Myelopathy: Propensity Score Matching Analysis Using a Nationwide Inpatient Database. Clin Spine Surg. 2021.08; 34 (7): E425-E431. ( PubMed, DOI )

  28. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Atsushi Okawa. K-Line Tilt is a Predictor of Postoperative Kyphotic Deformity After Laminoplasty for Cervical Myelopathy Caused by Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Global Spine J. 2021.05; 21925682211012687. ( PubMed, DOI )

  29. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Hiroaki Onuma, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Predictive Factors Affecting Surgical Outcomes in Patients with Degenerative Lumbar Spondylolisthesis. Spine (Phila Pa 1976). 2021.05; 46 (9): 610-616. ( PubMed, DOI )

  30. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Atsushi Okawa. A Prospective Cohort Study of Dysphagia After Subaxial Cervical Spine Surgery. Spine (Phila Pa 1976). 2021.04; 46 (8): 492-498. ( PubMed, DOI )

  31. Atsuyuki Kawabata, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa. Sagittal alignment changes and postoperative complications following surgery for adult spinal deformity in patients with Parkinson's disease: a multi-institutional retrospective cohort study. BMC Musculoskelet Disord. 2021.04; 22 (1): 357. ( PubMed, DOI )

  32. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Hiroaki Onuma, Tomoyuki Tanaka, Atsushi Okawa. Ann Case Rep, an open access journal Annals of Case Reports Case Report Cauda Equina Caused by Lumbar Canal Stenosis Following Intradical Injection of Condoliase: Case Report Annals of Medicine. 2021.03; 6 (2): 1-3. ( DOI )

  33. Kawabata A, Yoshii T, Sakai K, Hirai T, Yuasa M, Inose H, Utagawa K, Hashimoto J, Matsukura Y, Tomori M, Torigoe I, Kusano K, Otani K, Mizuno K, Satoshi S, Kazuyuki F, Tomizawa S, Arai Y, Shindo S, Okawa A. Identification of Predictive Factors for Mechanical Complications After Adult Spinal Deformity Surgery: A Multi-Institutional Retrospective Study. Spine (Phila Pa 1976). 2020.09; 45 (17): 1185-1192. ( PubMed, DOI )

  34. Yamada Tsuyoshi, Yoshii Toshitaka, Matsukura Yu, Oyaizu Takuya, Yuasa Masato, Hirai Takashi, Sakaki Kyohei, Inose Hiroyuki, Torigoe Ichiro, Sakai Kenichiro, Okawa Atsushi, Arai Yoshiyasu. Retrospective analysis of surgical outcomes for atlantoaxial subluxation JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND RESEARCH. 2019.03; 14 (1): 75. ( PubMed, DOI )

  35. Kawabata Atsuyuki, Sakai Kenichiro, Sato Hirokazu, Sasaki Shinichi, Torigoe Ichiro, Tomori Masaki, Yuasa Masato, Matsukura Yu, Arai Yoshiyasu. Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Nasal Swab and Suction Drain Tip Cultures in 4573 Spinal Surgeries Efficacy in Management of Surgical Site Infections SPINE. 2018.04; 43 (7): E430-E435. ( PubMed, DOI )

  36. Katagiri Kenta, Yu Matsukura, Takeshi Muneta, Nobutake Ozeki, Mitsuru Mizuno, Hisako Katano, Ichiro Sekiya.. Fibrous synovium releases higher numbers of mesenchymal stem cells than adipose synovium in a suspended synovium culture model. Arthroscopy. 2017.04; 33 (4): 800-810. ( PubMed )

  37. Arata Yuuki, Takeshi Muneta, Toshiyuki Ohara, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Associated lateral/medial knee instability and its relevant factors in anterior cruciate ligament-injured knees. J Orthop Sci. 2017.03; 22 (2): 300-305. ( PubMed, DOI )

  38. Ohara Toshiyuki, Muneta Takeshi, Nakagawa Yusuke, Matsukura Yu, Ichinose Shizuko, Koga Hideyuki, Tsuji Kunikazu, Sekiya Ichiro. 初代滑膜間葉系幹細胞において低酸素条件は軟骨形成能を伴うコロニー形成率上昇を通じて増殖を促進させる(Hypoxia enhances proliferation through increase of colony formation rate with chondrogenic potential in primary synovial mesenchymal stem cells) Journal of Medical and Dental Sciences. 2016.12; 63 (4): 61-70. ( 医中誌 )

  39. Miyatake Kazumasa, Muneta Takeshi, Ojima Miyoko, Yamada Jun, Matsukura Yu, Abula Kahaer, Sekiya Ichiro, Tsuji Kunikazu. Coordinate and synergistic effects of extensive treadmill exercise and ovariectomy on articular cartilage degeneration BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS. 2016.05; 17 238. ( PubMed, DOI )

  40. Ohara T, Muneta T, Nakagawa Y, Matsukura Y, Ichinose S, Koga H, Tsuji K, Sekiya I. <Original Article>Hypoxia enhances proliferation through increase of colony formation rate with chondrogenic potential in primary synovial mesenchymal stem cells. Journal of medical and dental sciences. 2016; 63 (4): 61-70. ( PubMed, DOI )

  41. Abula Kahaer, Muneta Takeshi, Miyatake Kazumasa, Yamada Jun, Matsukura Yu, Inoue Makiko, Sekiya Ichiro, Graf Daniel, Economides Aris N., Rosen Vicki, Tsuji Kunikazu. Elimination of BMP7 from the developing limb mesenchyme leads to articular cartilage degeneration and synovial inflammation with increased age FEBS LETTERS. 2015.05; 589 (11): 1240-1248. ( PubMed, DOI )

  42. Matsukura Yu, Muneta Takeshi, Tsuji Kunikazu, Miyatake Kazumasa, Yamada Jun, Abula Kahaer, Koga Hideyuki, Tomita Makoto, Sekiya Ichiro. Mouse synovial mesenchymal stem cells increase in yield with knee inflammation. J Orthop Res. 2015.02; 33 (2): 246-253. ( PubMed, DOI )

  43. Matsukura Yu, Muneta Takeshi, Tsuji Kunikazu, Koga Hideyuki, Sekiya Ichiro. Mesenchymal stem cells in synovial fluid increase after meniscus injury. Clin Orthop Relat Res. 2014.05; 472 (5): 1357-1364. ( PubMed, DOI )

  44. Matsukura Yu, Muneta Takeshi, Tsuji Kunikazu, Koga Hideyuki, Sekiya Ichiro. Mesenchymal Stem Cells in Synovial Fluid Increase After Meniscus Injury (vol 472, pg 1357, 2014) CLINICAL ORTHOPAEDICS AND RELATED RESEARCH. 2014.03; 472 (3): 1049. ( DOI )

  45. Yamada Jun, Tsuji Kunikazu, Miyatake Kazumasa, Matsukura Yu, Abula Kahaer, Inoue Makiko, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi. Follistatin alleviates synovitis and articular cartilage degeneration induced by carrageenan. Int J Inflam. 2014; 2014 959271. ( PubMed, DOI )

  46. Miyatake K, Tsuji K, Yamaga M, Yamada J, Matsukura Y, Abula K, Sekiya I, Muneta T. Human YKL39 (chitinase 3-like protein 2), an osteoarthritis-associated gene, enhances proliferation and type II collagen expression in ATDC5 cells. Biochemical and biophysical research communications. 2013.02; 431 (1): 52-7. ( PubMed, DOI )

  47. 小柳津 卓哉, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛, 松倉 遊, 関谷 晃一, 絹田 泰三, 榎本 光宏. 頸椎症における頸部痛と頸部周囲筋疲労の関係 済生会医学・福祉共同研究. 2021.12; 令和2年度 7-10. ( 医中誌 )

  48. 松倉 遊. 【いま最新を知りたい人のための「超」まるごと脊椎】(第2章)脊椎疾患の知識と術前までの治療 その他の脊椎疾患 高齢者の脊柱変形 整形外科看護. 2021.05; (2021春季増刊): 100-107. ( 医中誌 )

  49. 田村 友里, 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 松倉 遊, 大川 淳. 除圧術により長期間の重度下肢運動麻痺から完全回復した強直化した頸椎後彎変形を伴う胸椎靱帯骨化症の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2021.02; 52 (1): 18-21. ( 医中誌 )

  50. 榊 経平, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 頸椎前方固定術後の嚥下障害に関する前向き研究 Journal of Spine Research. 2020.10; 11 (10): 1152-1156. ( 医中誌 )

  51. 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 胸腰移行部の骨粗鬆症性椎体骨折後後彎症に対する局所矯正固定術の適応についての検討 Journal of Spine Research. 2020.09; 11 (9): 1083-1089. ( 医中誌 )

  52. 大塚 彩子, 太田 剛, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 八百 陽介, 橋本 泉智, 新井 嘉容. 舟状骨骨折手術においてO-arm(術中モバイルCT)を使用した2例 埼玉県医学会雑誌. 2019.12; 54 (1): np68. ( 医中誌 )

  53. 松倉 遊, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 平井 高志, 大谷 和之, 草野 一生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 将司, 大川 淳. 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対する3 column osteotomyとLLIF併用後方矯正固定術の比較研究 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 31 (3): 417. ( 医中誌 )

  54. 竹内 彩子, 太田 剛, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓也. 舟状骨骨折・偽関節手術におけるO-arm(術中モバイルCT)使用の試み 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 31 (3): 345. ( 医中誌 )

  55. 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 酒枝 健太郎, 田村 友里, 大川 淳. 腰椎椎間板ヘルニア後方摘出術の術後コルセットの必要性に関する前向きコホート研究 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 31 (3): 409. ( 医中誌 )

  56. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 高志, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 新井 嘉容, 大川 淳. 脊椎外科における新技術 O-armナビゲーション支援による頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方骨化浮上術 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 31 (3): 240. ( 医中誌 )

  57. 友利 正樹, 福島 和之, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓也, 黒佐 義郎, 大川 淳. 神経線維種症1型に伴う後側彎症により両下肢不全麻痺を呈した1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 31 (3): 310. ( 医中誌 )

  58. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 椎間板変性に起因した成人脊柱変形に対する2つの椎体間矯正固定術の術後2年成績の比較 PLIF/TLIF併用後方単独矯正とLLIF併用二期的前後方矯正 Journal of Spine Research. 2019.08; 10 (8): 1185-1189. ( 医中誌 )

  59. 大塚 彩子, 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 橋本 泉智, 大川 淳. 間接除圧を目的とした側方経路腰椎椎体間固定術(LLIF)と経皮的椎弓根スクリュー(PPS)による低侵襲前後合併手術の術後2年成績 Journal of Spine Research. 2019.08; 10 (8): 1197-1201. ( 医中誌 )

  60. 松倉 遊, 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 小柳津 卓哉, 橋本 泉智, 大塚 彩子, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対するLLIF手技による低侵襲前後方固定術の治療成績 従来法と比較し固定範囲を減らすことが可能か Journal of Spine Research. 2019.08; 10 (8): 1177-1180. ( 医中誌 )

  61. 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. PLIF椎体間ケージの素材の違いが骨癒合に及ぼす影響に関する前向き比較研究 Journal of Spine Research. 2019.03; 10 (3): 428. ( 医中誌 )

  62. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 吉井 俊貴, 大川 淳. O-armナビゲーション支援による頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方骨化浮上術 Journal of Spine Research. 2019.03; 10 (3): 262. ( 医中誌 )

  63. 松倉 遊, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 小柳津 卓哉, 平井 高志, 大谷 和之, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 将司, 前原 秀二, 大川 淳, 医科歯科大脊椎グループ. 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対する3 column osteotomyとLLIF併用後方矯正固定術の比較研究 Journal of Spine Research. 2019.03; 10 (3): 719. ( 医中誌 )

  64. 橋本 泉智, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 新井 嘉蓉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰椎後椎体間固定術におけるブーメラン型チタンコーティングPEEKケージの有用性 Journal of Spine Research. 2019.03; 10 (3): 356. ( 医中誌 )

  65. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 成人脊柱変形に対するLLIF併用二期的前後方矯正固定術におけるLLIF椎間の骨癒合の要因 術中終板損傷がケージ内骨癒合に最も影響する Journal of Spine Research. 2019.03; 10 (3): 630. ( 医中誌 )

  66. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎術後の嚥下障害発生に関する前向き研究 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (3): S562. ( 医中誌 )

  67. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨髄液を低圧導入した多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体単独のLLIFにおける骨癒合 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (3): S1144. ( 医中誌 )

  68. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨髄液を低圧導入した多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体単独のLLIFにおける骨癒合 Journal of Spine Research. 2019.03; 10 (3): 613. ( 医中誌 )

  69. 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後後彎症Osteoporotic Posttraumatic Kyphosis(OPK)は術前PT30度以下であれば骨盤からの固定は不要である Journal of Spine Research. 2019.03; 10 (3): 444. ( 医中誌 )

  70. 公平 勇二, 鳥越 一郎, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳, 新井 嘉容. K-wireガイド下フリーハンド挿入法(KF法)における胸腰椎椎弓根スクリューの椎骨レベル別逸脱率とその危険因子の検討 透視下経皮的挿入法との比較 Journal of Spine Research. 2018.10; 9 (10): 1520-1524. ( 医中誌 )

  71. 松倉 遊, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 【頸椎前方手術Up To Date】チタンコーティングPEEKケージと多孔質HAp/Col人工骨を用いた頸椎前方椎体間固定術 脊椎脊髄ジャーナル. 2018.08; 31 (8): 715-720. ( 医中誌 )

  72. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 新規頸椎矢状面バランスパラメーター"K-line tilt"は頸椎後縦靱帯骨化症に対する椎弓形成術後後彎変形の予測因子である 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (3): S727. ( 医中誌 )

  73. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症・腰椎変性すべり症に対する3つの椎体間固定術(open-TLIF、MIS-TLIF、LLIF)の有用性と問題点 Journal of Spine Research. 2018.03; 9 (3): 755. ( 医中誌 )

  74. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰椎変性後彎・後側彎症に対する2つの椎体間矯正固定術の比較 多椎間TLIF併用後方単独矯正vs.多椎間LLIF併用前後方矯正 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (2): S115. ( 医中誌 )

  75. 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 椎体骨折後局所後彎に対する局所矯正術による脊椎骨盤パラメータの変化 バランス良好群と不良群の比較、術後バランスへ影響する術前因子について Journal of Spine Research. 2018.03; 9 (3): 603. ( 医中誌 )

  76. 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 最新技術を用いて作られた椎体間骨癒合素材の有用性 Journal of Spine Research. 2018.03; 9 (3): 466. ( 医中誌 )

  77. 松倉 遊, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎前方除圧固定術におけるチタンコーティングPEEKケージの有用性 Journal of Spine Research. 2018.03; 9 (3): 353. ( 医中誌 )

  78. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎術後の嚥下障害発生に関する前向き研究 前方除圧固定術vs.後方除圧固定術vs.椎弓形成術 Journal of Spine Research. 2018.03; 9 (3): 687. ( 医中誌 )

  79. 松倉 遊, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 当院における破壊性脊椎関節症に対する腰椎固定術の成績 Journal of Spine Research. 2017.10; 8 (10): 1616-1621. ( 医中誌 )

  80. 森下 真伍, 鳥越 一郎, 佐々木 真一, 松倉 遊, 川畑 篤礼, 新井 嘉容, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対するLLIF手技による伸張型椎体置換cageの治療経験 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.08; 48 (4): 232. ( 医中誌 )

  81. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. LLIFにおける術中終板損傷とcage subsidence・骨癒合・臨床成績との関連 術後1年時での調査 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S120. ( 医中誌 )

  82. 新井 嘉容, 佐々木 真, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. PLIF椎体間PEEKケージへのチタンコーティングの有用性 チタンコーティングPEEKとカーボンPEEKの前向き比較研究 Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 412. ( 医中誌 )

  83. 佐々木 真一, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. Oblique lateral interbody fusion後の腰筋の経時的変化と術後大腿部症状に関連する因子 Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 319. ( 医中誌 )

  84. 湯浅 将人, 鳥越 一郎, 森下 真伍, 松倉 遊, 友利 正樹, 坂井 顕一郎, 佐々木 真一, 佐藤 浩一, 大川 淳, 新井 嘉容. LLIFケージ内ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体(HA/Col)の骨形成過程の特徴 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S119. ( 医中誌 )

  85. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川畑 篤礼, 佐藤 浩一, 大川 淳. 同一期間に施行した腰部脊柱管狭窄症に対するLLIFとPLIFの短期臨床成績の比較 Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 603. ( 医中誌 )

  86. 森下 真伍, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 川畑 篤礼, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰椎硬膜外脂肪腫症(Lumbar Epidural Lipomatosis、LEL)と代謝性疾患の関連性 Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 398. ( 医中誌 )

  87. 佐々木 真一, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 太田 剛, 大川 淳. 腰椎側方進入椎体間固定術oblique lateral interbody fusion(OLIF)の腰筋侵襲の術後経時的変化 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S124. ( 医中誌 )

  88. 川畑 篤礼, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 脊椎手術における鼻腔培養・ドレーン培養と術後感染との関連性 Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 562. ( 医中誌 )

  89. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 新規頸椎矢状面バランスパラメーター'K-line tilt'は頸椎後縦靱帯骨化症に対する椎弓形成術後後彎変形の予測因子である Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 538. ( 医中誌 )

  90. 友利 正樹, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川畑 篤礼, 佐藤 浩一, 大川 淳. 成人脊柱変形患者におけるProximal junctional kyphosis 頭蓋骨重力中心を含めた検討 Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 731. ( 医中誌 )

  91. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 非後彎型頸椎症性脊髄症に対する椎弓形成術の手術成績 局所アライメント型による違い Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 380. ( 医中誌 )

  92. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸髄症患者の胸腰椎アライメントは椎弓形成術後後穹化の危険因子となるか Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 738. ( 医中誌 )

  93. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症1・2椎間病変に対する前方椎間除圧固定術と選択的椎弓形成術の比較研究 Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 675. ( 医中誌 )

  94. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術後硬膜外血腫の前向き研究 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S150. ( 医中誌 )

  95. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する多椎間前方除圧固定術における移植骨脱転の危険因子 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S485. ( 医中誌 )

  96. 松倉 遊, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎前方除圧固定術後の隣接椎間障害 単一施設約400症例の検討 Journal of Spine Research. 2017.03; 8 (3): 674. ( 医中誌 )

  97. 松倉 遊, 新井 嘉容. 整形外科ナースのためのお悩み相談室 脊椎疾患の患者で、術後も変わらずしびれを訴える場合があります。手術をしてもしびれは取れないものなのでしょうか?また、しびれを訴える患者にはどう対応すべきですか? 整形外科看護. 2017.01; 22 (1): 75-77. ( 医中誌 )

  98. 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳, 湯浅 将人, 松倉 遊, 鳥越 一郎, 水野 広一. 【骨折(四肢・脊椎脊髄外傷)の診断と治療(その1)】脊椎 びまん性特発性骨増殖症例における骨折 びまん性特発性骨増殖症に発生した脊椎骨折のパターンと治療法 別冊整形外科. 2016.10; (70): 206-210. ( 医中誌 )

  99. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 佐藤 浩一, 大川 淳. 3DCTを用いて調査した腸骨稜形態とL4/5椎間との関連 側方経路腰椎椎体間固定術(LLIF)施行の観点から Journal of Spine Research. 2016.08; 7 (8): 1285-1288. ( 医中誌 )

  100. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 大川 淳. K-line Tilt、新規の頸椎矢状面バランスパラメーター、は頸椎後縦靱帯骨化症に対する椎弓形成術後後彎変形の予測因子である 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.08; 28 (3): 377. ( 医中誌 )

  101. 橋本 淳, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 松倉 遊, 森下 真伍, 大川 淳. THA後、脊柱後彎症の進行に伴い、股関節前方脱臼を生じた1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2016.08; 47 (4): 252-253. ( 医中誌 )

  102. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 太田 剛, 佐々木 真一, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 大沼 円, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症に対するLLIFを用いた低侵襲腰椎椎体間固定術の短期成績 従来のPLIFとの比較 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.08; 28 (3): 330. ( 医中誌 )

  103. 森下 真伍, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 松倉 遊, 橋本 淳, 大川 淳. 腰椎硬膜外脂肪腫症(lumbar epidura lipomatosis、LEL)の手術成績 関東整形災害外科学会雑誌. 2016.08; 47 (4): 257. ( 医中誌 )

  104. 佐々木 真一, 小森 博達, 四宮 謙一, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川畑 篤礼, 大川 淳. 腰椎変性疾患に対する内視鏡下片側進入両側除圧術の中期成績 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.08; 28 (3): 326. ( 医中誌 )

  105. 新井 嘉容, 佐々木 真一, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川畑 篤礼, 佐藤 浩一, 大川 淳. 多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体は頸椎前方椎体間固定の骨癒合判定において有用な素材である 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.08; 28 (3): 346. ( 医中誌 )

  106. 橋本 淳, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 大川 淳. THA後、脊柱後彎症の進行に伴い、股関節前方脱臼を生じた一例 関東整形災害外科学会雑誌. 2016.03; 47 (臨増号外): 67. ( 医中誌 )

  107. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰椎疾患患者における全脊椎矢状面アライメントの立位・座位での比較検討 Journal of Spine Research. 2016.03; 7 (3): 471. ( 医中誌 )

  108. 湯浅 将人, 鳥越 一郎, 橋本 淳, 松倉 遊, 友利 正樹, 坂井 顕一郎, 佐藤 浩一, 新井 嘉容, 大川 淳. 腰椎後方椎体間固定術(PLIF)における新しい人工骨 多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン(Hap/Col)の骨形成能 Journal of Spine Research. 2016.03; 7 (3): 688. ( 医中誌 )

  109. 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 橋本 淳, 松倉 遊, 友利 正樹, 鳥越 一郎, 佐藤 浩一, 新井 嘉容, 大川 淳. 腰椎後方椎体間固定術(PLIF)における新しい人工骨 多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン(HAp/Col)の有用性 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (3): S695. ( 医中誌 )

  110. 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 湯浅 将人, 松倉 遊, 佐藤 浩一, 大川 淳. 成人脊柱変形患者における術前後の立位・座位バランス変化 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (2): S197. ( 医中誌 )

  111. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. 側方経路腰椎椎体間固定術(LLIF)における術中終板損傷 術直後CTによる調査 Journal of Spine Research. 2016.03; 7 (3): 484. ( 医中誌 )

  112. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 佐藤 浩一, 大川 淳. 側方経路腰椎椎体間固定術(LLIF)におけるcageによる術中終板損傷 術直後CTによる調査 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (3): S890. ( 医中誌 )

  113. 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 湯浅 将人, 松倉 遊, 佐藤 浩一, 大川 淳. 下位胸椎を固定上位端とした変形矯正固定術におけるPJKの検討 Journal of Spine Research. 2016.03; 7 (3): 735. ( 医中誌 )

  114. 大原 敏之, 宗田 大, 松倉 遊, 辻 邦和, 大川 淳, 関矢 一郎. 低酸素環境培養は初代ヒト滑膜間葉系幹細胞の軟骨分化能を維持してコロニー形成率を上昇させ増殖を促進する 日本整形外科学会雑誌. 2015.09; 89 (8): S1723. ( 医中誌 )

  115. 片桐 健太, 宗田 大, 松倉 遊, 辻 邦和, 大川 淳, 関矢 一郎. 間葉系幹細胞は滑膜から関節液中に直接動員される 浮遊滑膜産生細胞培養モデルによる解析 日本整形外科学会雑誌. 2015.09; 89 (8): S1725. ( 医中誌 )

  116. 松倉 遊. 運動器疼痛に対する集学的診療システムの構築に向けて わが国の慢性の痛み対策の現状 日本整形外科学会雑誌. 2015.03; 89 (3): S822. ( 医中誌 )

  117. 大原 敏之, 宗田 大, 松倉 遊, 辻 邦和, 大川 淳, 関矢 一郎. ヒト滑膜間葉系幹細胞のコロニー形成能は低酸素培養条件下で増強される 日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88 (8): S1489. ( 医中誌 )

  118. Abula Kahaer, 宗田 大, 山田 淳, 松倉 遊, 井上 牧子, 大川 淳, 関矢 一郎, Rosen Vicki, 辻 邦和. 内在性のBMP7は軟骨基質分解酵素の発現を抑制し関節軟骨の退行変性を予防する 日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88 (8): S1532. ( 医中誌 )

  119. 三浦 貴大, 辻 邦和, 松倉 遊, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. マンノースは、滑膜細胞の増殖、アポトーシスには影響しないが、ヒアルロン酸産生量を有意に減少させる 日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88 (8): S1538. ( 医中誌 )

  120. 大原 敏之, 宗田 大, 松倉 遊, 辻 邦和, 大川 淳, 関矢 一郎. ヒト滑膜間葉系幹細胞のコロニー形成能は低酸素培養条件下で増強される 日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88 (8): S1489. ( 医中誌 )

  121. Abula Kahaer, 宗田 大, 山田 淳, 松倉 遊, 井上 牧子, 大川 淳, 関矢 一郎, Rosen Vicki, 辻 邦和. 内在性のBMP7は軟骨基質分解酵素の発現を抑制し関節軟骨の退行変性を予防する 日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88 (8): S1532. ( 医中誌 )

  122. 三浦 貴大, 辻 邦和, 松倉 遊, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. マンノースは、滑膜細胞の増殖、アポトーシスには影響しないが、ヒアルロン酸産生量を有意に減少させる 日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88 (8): S1538. ( 医中誌 )

  123. 関矢 一郎, 古賀 英之, 小田邉 浩二, 堀江 雅史, 中村 智祐, 渡邊 敏文, 中川 裕介, 松倉 遊, 宗田 大. 軟骨再生治療の現状と未来 滑膜幹細胞による軟骨再生 JOSKAS. 2014.07; 39 (4): 104. ( 医中誌 )

  124. 関矢 一郎, 古賀 英之, 小田邉 浩二, 堀江 雅史, 中村 智祐, 渡邊 敏文, 中川 裕介, 松倉 遊, 宗田 大. 軟骨再生治療の現状と未来 滑膜幹細胞による軟骨再生 JOSKAS. 2014.07; 39 (4): 104. ( 医中誌 )

  125. 松倉 遊, 関矢 一郎, 辻 邦和, 宮武 和正, 山田 淳, Kahaer Abula, 井上 牧子, 宗田 大. 滑膜間葉系幹細胞の収量は滑膜炎症の程度と相関する マウスモデルでの検討 移植. 2014.05; 49 (1): 179. ( 医中誌 )

  126. 松倉 遊, 関矢 一郎, 辻 邦和, 宮武 和正, 山田 淳, Kahaer Abula, 井上 牧子, 宗田 大. 滑膜間葉系幹細胞の収量は滑膜炎症の程度と相関する マウスモデルでの検討 移植. 2014.05; 49 (1): 179. ( 医中誌 )

  127. 関矢 一郎, 堀江 雅史, 小田邉 浩二, 古賀 英之, 中村 智祐, 渡邊 敏文, 中川 裕介, 松倉 遊, 大関 信武, 大川 淳, 宗田 大. ヒト幹細胞承認後に実施されている臨床研究 滑膜間葉系幹細胞投与による縫合半月板治癒促進 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (2): S462. ( 医中誌 )

  128. 関矢 一郎, 堀江 雅史, 小田邉 浩二, 古賀 英之, 中村 智祐, 渡邊 敏文, 中川 裕介, 松倉 遊, 大関 信武, 大川 淳, 宗田 大. ヒト幹細胞承認後に実施されている臨床研究 滑膜間葉系幹細胞投与による縫合半月板治癒促進 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (2): S462. ( 医中誌 )

  129. 山田 淳, 辻 邦和, 宮武 和正, 松倉 遊, Kahaer Abula, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. Follistatinの関節内投与は滑膜炎症を緩和し、carrageenan誘導性関節炎における関節軟骨破壊を抑制する 日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87 (8): S1404. ( 医中誌 )

  130. 山田 淳, 辻 邦和, 宮武 和正, 松倉 遊, Kahaer Abula, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. マウスの系統の違いによる遺伝的背景の差が卵巣摘除後の強制走行モデルにおける軟骨変性の重症度を変化させる 日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87 (8): S1414. ( 医中誌 )

  131. 松倉 遊, 関矢 一郎, 辻 邦和, 宮武 和正, 山田 淳, Kahaer Abula, 井上 牧子, 大川 淳, 宗田 大. 滑膜炎症の程度と滑膜間葉系幹細胞の収量は相関する マウスモデルでの検討 日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87 (8): S1326. ( 医中誌 )

  132. Kahaer Abula, 辻 邦和, 宮武 和正, 片桐 洋樹, 山田 淳, 松倉 遊, 井上 牧子, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. 内在性のBMP7は滑膜の炎症に対して抑制的に機能し加齢に伴う軟骨の退行変性を予防する 日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87 (8): S1398. ( 医中誌 )

  133. 関矢 一郎, 堀江 雅史, 古賀 英之, 中村 智祐, 初鹿 大祐, 片桐 洋樹, 中川 裕介, 松倉 遊, 辻 邦和, 大川 淳, 宗田 大. 骨関節の再生医療の現状と展望 滑膜幹細胞による半月板再生 日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87 (8): S1543. ( 医中誌 )

  134. 中川 裕介, 関矢 一郎, 大関 信武, 宇土 美於, 齋藤 龍佑, 柳澤 克昭, 松多 誠也, 松倉 遊, 片桐 洋樹, 鈴木 志郎, 堀江 雅史, 古賀 英之, 辻 邦和, 大川 淳, 宗田 大. 骨髄間葉系幹細胞はin vitroペレット培養系およびin vivoの軟骨欠損部の移植でルブリシンを発現した 日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87 (8): S1323. ( 医中誌 )

  135. 関矢 一郎, 堀江 雅史, 古賀 英之, 中村 智祐, 初鹿 大祐, 片桐 洋樹, 大関 信武, 奥野 真起子, 中川 裕介, 松倉 遊, 宗田 大. 半月板損傷に対する治療法の現状と展望 滑膜幹細胞による半月板治癒促進 JOSKAS. 2013.06; 38 (4): 118. ( 医中誌 )

  136. 関矢 一郎, 古賀 英之, 中村 智祐, 堀江 雅史, 望月 智之, 渡邊 敏文, 片桐 洋樹, 大関 信武, 中川 裕介, 松倉 遊, 宗田 大. 軟骨再生医療の最前線 現状と展望 滑膜幹細胞による軟骨再生 現状と展望 JOSKAS. 2013.06; 38 (4): 111. ( 医中誌 )

  137. 関矢 一郎, 中川 いずみ, 古賀 英之, 堀江 雅史, 中村 智祐, 中川 裕介, 松倉 遊, 清水 則夫, 森尾 友宏, 大川 淳, 宗田 大. 運動器再生医療研究の最先端 滑膜間葉系幹細胞を用いる軟骨再生医療の実際 特に安全性の観点から 日本整形外科学会雑誌. 2013.03; 87 (2): S21. ( 医中誌 )

  138. 山田 淳, 辻 邦和, 宮武 和正, 松倉 遊, Kahaer Abula, 関矢 一郎, 宗田 大. 変形性膝関節症に対する三次元歩行解析の有用性について Journal of Musculoskeletal Pain Research. 2012.10; 4 (2): 89. ( 医中誌 )

  139. 山賀 美芽, 辻 邦和, 宮武 和正, 山田 淳, 松倉 遊, Kahaer Abula, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. ACL再建術を施行した患者由来の関節液におけるオステオポンチン量は関節痛の重症度と相関がある 日本整形外科学会雑誌. 2012.08; 86 (8): S1133. ( 医中誌 )

  140. 山田 淳, 辻 邦和, 宮武 和正, 松倉 遊, Kahaer Abula, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. C57B1/6マウスにおいて6週60kmの走行負荷は卵巣摘除後の関節軟骨退行変性を抑制する 日本整形外科学会雑誌. 2012.08; 86 (8): S1220. ( 医中誌 )

  141. Kahaer Abula, 宗田 大, 宮武 和正, 山田 淳, 松倉 遊, 大川 淳, 関矢 一郎, 辻 邦和. BMP7欠損マウスでは早期に関節軟骨の退行変性が観察される 日本整形外科学会雑誌. 2012.08; 86 (8): S1213. ( 医中誌 )

  142. 松倉 遊, 関矢 一郎, 辻 邦和, 大川 淳, 宗田 大. 半月板損傷後に関節液中の間葉系幹細胞は増加する 日本整形外科学会雑誌. 2012.08; 86 (8): S1335. ( 医中誌 )

  143. 宮武 和正, 辻 邦和, 山田 淳, 松倉 遊, Kahaer Abula, 大川 淳, 関矢 一郎, 宗田 大. 変形性関節症(OA)発症における卵巣摘出と強制走行の影響 日本整形外科学会雑誌. 2012.08; 86 (8): S1136. ( 医中誌 )

  144. 関矢 一郎, 鈴木 志郎, 小田邉 浩二, 中川 裕介, 松倉 遊, 二村 昭元, 島谷 雅之, 古賀 英之, 森戸 俊行, 大川 淳, 宗田 大. 軟骨再生を目的とした滑膜間葉系幹細胞の培養 日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86 (3): S401. ( 医中誌 )

  145. 松倉 遊, 鈴木 康司, 河内 貞臣, 南家 秀樹, 能瀬 宏行, 日山 鐘浩. 大転子剥離骨折に合併した大腿骨転子部不顕性骨折の1例 茨城県臨床医学雑誌. 2012.02; (47): 53-54. ( 医中誌 )

  146. 日山 鐘浩, 河内 貞臣, 南家 秀樹, 鈴木 康司, 能瀬 宏行, 松倉 遊. 腰椎椎間関節嚢腫の治療経験 茨城県臨床医学雑誌. 2012.02; (47): 49. ( 医中誌 )

  147. 猪野又 慶, 鈴木 康司, 河内 貞臣, 南家 秀樹, 能瀬 宏行, 松倉 遊, 日山 鐘浩, 加藤 敦史. 103歳および104歳時に大腿骨近位部骨折を発症し手術治療した1例 茨城県農村医学会雑誌. 2011.11; 24 77-79. ( 医中誌 )

  148. 日山 鐘浩, 鈴木 康司, 能瀬 宏行, 松倉 遊, 南家 秀樹, 河内 貞臣. HIV強陽性患者の整形外科手術治療経験 茨城県農村医学会雑誌. 2011.11; 24 99-101. ( 医中誌 )

  149. 鈴木 康司, 河内 貞臣, 南家 秀樹, 能瀬 宏行, 松倉 遊, 日山 鐘浩. 【骨粗鬆症-新たなる骨折を防ぐ最新の治療戦略】大腿骨近位部(頸部)骨折の病態・診断・治療と連携 連携 クリニカルパス(病院から診療所を含めての地域連携) 急性期病院における大腿骨頸部骨折治療およびクリニカルパスの変遷 別冊整形外科. 2011.10; (60): 160-163. ( 医中誌 )

  150. 鈴木 康司, 河内 貞臣, 松倉 遊, 日山 鐘浩. 急性期病院における大腿骨頸部骨折クリニカルパスの変遷 初期パスから地域連携パスに変遷して Hip Joint. 2011.09; 37 319-320. ( 医中誌 )

  151. 渡辺 恵莉, 日山 鐘浩, 松倉 遊, 能瀬 宏行, 鈴木 康司, 南家 秀樹, 河内 貞臣. 腰椎疾患を合併した大腿骨近位部脆弱性骨折の1例 日本農村医学会雑誌. 2010.09; 59 (3): 212. ( 医中誌 )

  152. 大谷 和之, 中井 修, 進藤 重雄, 水野 広一, 相馬 真, 福島 和之, 坂井 顕一郎, 木村 晶理, 松倉 遊, 牛尾 修太. 腰椎後彎変形に対する矯正固定術 後方前方後方三段階矯正固定術と後方矯正骨切り術の比較 日本整形外科学会雑誌. 2010.04; 84 (4): S365. ( 医中誌 )

  153. 松倉 遊, 奥田 直樹, 小林 雅文, 石井 研史. OCMアプローチによる人工骨頭置換術の有用性 Hip Joint. 2009.10; 35 415-418. ( 医中誌 )

  154. 松倉 遊, 若林 良明, 藤田 浩二, 四宮 謙一, 太田 剛. 有鉤骨体部前額面骨折の治癒経験 関東整形災害外科学会雑誌. 2008.08; 39 (4): 236. ( 医中誌 )

  155. 松倉 遊, 中川 照彦, 土屋 正光. 後十字靱帯脛骨付着部剥離骨折の治療経験 関東整形災害外科学会雑誌. 2008.02; 39 (1): 43. ( 医中誌 )

  156. 松倉 遊, 若林 良明, 石井 宣一, 菅田 裕美, 藤田 浩二, 宮崎 恭子, 太田 剛, 四宮 謙一. 有鉤骨体部前額面骨折の治療経験 関東整形災害外科学会雑誌. 2008.02; 39 (臨増号外): 127. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 松倉遊,大川淳,岡田隆平,加茂実武,鏑木秀俊,加藤真弓,星野ちさと,谷田けい. 体表からわかる人体解剖学. 南江堂, 2021.12 脊柱と背部 (ISBN : 978-4-524-22857-7)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 橋本 淳, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 森下 真伍, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)による健常者胸髄神経活動の非侵襲的機能評価. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  2. Toshiyuki Ohara,Takeshi Muneta, Yusuke Nakagawa, Yu Matsukura, Kunikazu Tsuji, Ichiro Sekiya. Hypoxia enhances proliferation with chondrogenic potential in primary synovial MSCs. Orthopaedic Research Society 2015 Annual Meeting 2016.03.05

  3. Miyatake Kazumasa,Tsuji Kunikazu,Yamada Jun,Matsukura Yu,Abula Kahaer,Arai Yoshinori,Sekiya Ichiro,Muneta Takeshi. Articular cartilage degeneration and synovitis observed in the ovariectomized mice are greatly exacerbated by forced running. 2013 ORS 2013.01.26 San Antonio

  4. J Yamada,K Tsuji,K Miyatake,Y Matsukura,A Kahar,Y Arai,I Sekiya,T Muneta. Forced running (60km in 6wks) reverses bone and articular cartilage degeneration induced by ovariectomy in C57Bl/6 mice. 2013 ORS 2013.01.26 San Antonio

  5. Kahaer Abula, Takeshi Muneta, Mika Yamaga, Kazumasa Miyatake, Jun Yamada, Yu Matsukura, Ichiro Sekiya, and Kunikazu Tsuji. Endogenous BMP7 activity is prerequisite for postnatal joint homeostasis . The 27th Annual Research Meeting of The Japanese Orthopedic Association 2012.10.27 Nagoya, Japan

  6. Kahaer Abula, Takeshi Muneta, Mika Yamaga, Kazumasa Miyatake, Jun Yamada, Yu Matsukura, Ichiro Sekiya, and Kunikazu Tsuji. Endogenous BMP7 activity is prerequisite for postnatal joint homeostasis. The American Society for Bone and Mineral Research’s 2012 Annual Meeting 2012.10.13 Minneapolis, US

  7. Miyatake, Tsuji, Yamada, Kahaer, Matsukura, Sekiya, Muneta. Articular cartilage degradation induced by extensive treadmill exercise is greatly exacerbated by estrogen depletion in mice. 2013 OARSI 2012.04.26 Barcelona

  8. Tsuji, K., Yamada, J., Miyatake, K., Abula, K., Matsukura, Y., Sekiya, I., and Muneta, T. Follistatin alleviates synovitis and articular cartilage degradation induced by carrageenan in mice. World Congress on Osteoarthritis, Barcelona’s International Convention Centre 2012.04.26 Barcelona, Spain

  9. Kahaer Abula, Takeshi Muneta, Mika Yamaga, Kazumasa Miyatake, Jun Yamada, Yu Matsukura, Ichiro Sekiya, and Kunikazu Tsuji. BMP7 is prerequisite for postnatal joint homeostasis. The 25th Annual Meeting of The Japanese Society of Cartilage Metabolism 2012.03.09 Nagoya, Japan

  10. Kahaer Abula, Takeshi Muneta, Mika Yamaga, Kazumasa Miyatake, Jun Yamada, Yu Matsukura, Ichiro Sekiya, and Kunikazu Tsuji. BMP7 is prerequisite for postnatal joint homeostasis. The 6th Global COE International Symposium 2012.01.23 Tokyo, Japan

  11. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 松倉 遊, 江川 聡, 橋本 淳, 宮武 和正, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症患者と変形性股関節症患者における術後遺残性疼痛と破局的思考の関連. 第30回 日本腰痛学会 2022.10.22 岩手

  12. 川端 茂徳, 橋本 淳, 東川 尚人, 田中 雄太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測による腰椎疾患の神経機能評価. 第30回 日本腰痛学会 2022.10.22 岩手

  13. 佐藤 信吾, 船内 雄生, 平井 高志, 松倉 遊, 本橋 正隆, 辻野 昭平, 大川 淳. 骨転移に対する骨修飾薬投与は毎月必要か 骨代謝マーカーの動向から見えてきた新たな知見. 第55回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2022.07.14 船堀, 東京

  14. 辻野 昭平, 佐藤 信吾, 船内 雄生, 平井 高志, 松倉 遊, 工藤 篤, 小野 宏晃, 大川 淳. 神経内分泌腫瘍骨転移の臨床的特徴. 第55回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2022.07.14 船堀, 東京

  15. 猪瀬 弘之,松倉 遊,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 脊椎手術後SSIの予測因子としての好中球曲線下の面積から得られた指標の有用性について. 第45回日本骨・関節感染症学会 2022.07.09 金沢

  16. 橋本 淳, 川端茂徳, ⽥中雄太,東川尚⼈, ⾜⽴善昭,渡部泰⼠,⽯⽥洸樹,上中沙衿, ⼭本祐輔,江川 聡,松倉 遊,平井⾼志,猪瀬弘之,吉井俊貴, ⼤川 淳. 脊磁図による脊髄・神経根障害診断. 第37回日本生体磁気学会大会 2022.06.14 札幌

  17. 吉井 俊貴, 山田 剛史, 牛尾 修太, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 松倉 遊, 江川 聡, 大川 淳. 頚椎症性筋萎縮症の診断と治療成績「頚椎症性筋萎縮症 ー手術成績と筋力改善に関わる因子ー」. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.21 神戸

  18. 佐藤 信吾, 加来 拓実, 王 耀東, 小柳 広高, 船内 雄生, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 吉井 俊貴, 大川 淳. 非定型大腿骨骨折の病態と治療 骨転移診療における骨修飾薬投与と非定型大腿骨骨折. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.20 神戸

  19. 橋本 淳, 川端 茂徳, 田中 雄太, 渡部 泰士, 足立 善昭, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰部神経根症・馬尾症における新たな非侵襲的機能評価法としての神経磁界計測の有用性の検討. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  20. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 猪瀬 弘之, 友利 正樹, 平井 高志, 榊 経平, 松倉 遊, 小沼 博明, 新井 嘉容, 大川 淳. 1椎間頸椎人工椎間板置換術と前方除圧固定術の短期成績比較. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  21. 森下 真伍, 片柳 順也, 簗瀬 司, 竹内 彩子, 小沼 宏樹, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 松倉 遊, 大川 淳, 神野 哲也. 腰椎カーブを有する特発性側彎症患者において年齢と矢状断バランス不良は術前健康関連QOL低下に関連する. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  22. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 松倉 遊, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎固定術後の隣接椎間障害のリスクファクター 「L3 Slope」に着目する. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  23. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 片柳 順也, 神野 哲也, 大川 淳, 藤原 武男. 頸椎変性疾患における椎弓形成術の周術期合併症 全国規模入院データベースを用いた後縦靱帯骨化症と頸椎症性脊髄症の比較研究. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  24. 猪瀬 弘之,小林 裕,松倉 遊,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 脊椎手術後SSIの予測因子としての好中球曲線下の面積から得られた指標の有用性の評価. 第51回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.22 横浜

  25. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 松倉 遊, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎変性すべり症に対する手術治療の前向き比較研究の長期成績. 第51回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.22 横浜

  26. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,長岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,小林裕,江川聡,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 脊磁図を用いた腰部神経根症・馬尾症における新たな非侵襲的神経機能評価. 第51回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  27. 平井 高志、佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 森下 真伍, 松倉 遊, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 転移性脊椎腫瘍の脊髄麻痺予防を目的とした集学的院内診療体制. 第51回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  28. 平井 高志, 榊 経平, 加藤 剛, 富澤 将司, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 新井 嘉容, 大川 淳. 多施設共同調査によるコンドリアーゼ椎間板内注入療法の治療成績. 第51回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  29. 松倉 遊,吉井俊貴,江川聡,猪瀬弘之,平井高志,大川淳. 罹病期間に着目した頚椎後縦靱帯骨化症に対する手術成績の多施設前向き調査. 第51回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  30. 橋本 泉智、吉井 俊貴、小林 裕、江川 聡、松倉 遊、平井 高志、猪瀬 弘之、羽田 紘人、大山 潤、大川 淳. 髄液漏出を伴う脳表ヘモジデリン沈着症に対する,新しいモダリティ 4D dynamic CT Myelography を用い た瘻孔部位の同定. 第51回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  31. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 松倉 遊, 伏見 清秀, 片柳 順也, 神野 哲也, 大川 淳, 藤原 武男. 頸椎後縦靱帯骨化症、頸椎症性脊髄症に対する椎弓形成術における周術期合併症調査. 第51回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  32. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 高志, 榊 経平, 松倉 遊, 小沼 博明, 橋本 泉智, 新井 嘉容, 大川 淳. 2椎間頸椎人工椎間板置換術と前方除圧固定術の短期成績比較. 第51回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  33. 橋本 淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,金 碩燦,佐藤慎司,高橋陽一郎,⾧岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,小林 裕,江川聡,松倉 遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測を用いた腰部神経根症・馬尾症患者における神経電気活動の非侵襲的評価. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  34. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,小林裕,江川聡,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川 淳. 頚椎後方除圧固定術後に生じたC5麻痺と術中脊髄機能モニタリングとの関係. 第23回圧迫性脊髄症研究会 2022.01.22 オンライン

  35. 橋本 淳, 川端 茂徳, 田中 雄太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 高橋 陽一郎, 長岡 信頼, 石田 洸樹, 上中 沙衿, 山本 祐輔, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者の新たな非侵襲的機能評価法. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  36. 橋本 淳, 川端 茂徳, 小林 裕, 江川 聡, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 術中脊髄機能モニタリング精度向上のための工夫 Multi-train刺激による経頭蓋刺激筋誘発電位と自発筋電図(Spontaneous EMG, Free run EMG). 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  37. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,佐藤慎司,長岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第14回日本運動器疼痛学会 2021.11.20 オンライン

  38. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,星野優子,関原謙介,足立善昭,橋本泉智,渡部泰士,小林裕,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者に対する新たな非侵襲的神経機能評価. 第29回日本腰痛学会 2021.10.22 虎ノ門

  39. 橋本 泉智、平井 高志、佐藤 信吾、松倉 遊、船内 雄生、猪瀬 弘之、吉井 俊貴、大川 淳. 当院で手術加療を施行した転移性胸椎腫瘍症例の検討 . 第29回 日本腰痛学会 2021.10.22 虎ノ門, 東京

  40. 橋本 淳,川端 茂徳,足立 善昭,渡部 泰士,森下 真伍,松倉 遊,湯浅 将人,平井 高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,大川 淳. 神経磁界計測を用いた腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  41. 猪瀬 弘之,加藤 剛,松倉 遊,平井 高志,吉井 俊貴,平川 晃弘,大川 淳. 腰椎変性すべり症に対する前向き比較研究の長期成績. 第30回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.02 名古屋

  42. 松倉遊,吉井俊貴,猪瀬弘之,平井高志,湯浅将人,小林裕,橋本泉智,酒枝健太郎,東川尚人,大川淳. 頚椎後方除圧固定術後のC5麻痺発生のリスク因子の検討. 第30回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.01

  43. 坂井顕一郎,吉井俊貴,新井嘉容,鳥越一郎,友利正樹,榊経平,松倉遊,平井敬悟,小沼博明,大川淳. 頸椎人工椎間板置換術と前方除圧固定術の短期成績比較. 第30回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.01

  44. 橋本 泉智, 平井 高志, 佐藤 信吾, 松倉 遊, 船内 雄生, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 転移性胸椎腫瘍患者における当院での手術成績の検討. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  45. 松倉 遊, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 大谷 和之, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 大川 淳, 東京医科歯科大学脊椎グループ. 脊椎外科領域の低侵襲手術の実際 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対するmultiple PLIFとLLIF併用矯正固定術の比較研究. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  46. 平井 高志, 佐藤 信吾, 松倉 遊, 船内 雄生, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 転移性骨腫瘍に対する治療戦略 「転移性脊椎腫瘍による脊髄麻痺予防を目的とした集学的院内診療 東京医科歯科大学整形外科の取り組み」. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  47. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症における前方除圧固定術および後方除圧固定術の周術期合併症比較. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  48. 平井高志 佐藤信吾 湯浅将人 小柳広高 森下真伍 松倉遊 猪瀬弘之 吉井俊貴 大川淳. 脊椎転移による脊髄麻痺の予防を目的とした集学的院内診療体制. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  49. 平井高志 榊経平 加藤剛 富澤将司 吉井俊貴 猪瀬弘之 湯浅将人 松倉遊 森下真伍 新井嘉容 大川淳. 多施設共同調査による腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内注入療法の治療成績. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  50. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊髄前方圧迫因子を認める頸椎症性脊髄症に対する頸椎後方除圧固定術の有意性の検討. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  51. 橋本 淳, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 森下 真伍, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)を用いた腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  52. 吉井 俊貴, 橋本 泉智, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 羽田 紘人, 大山 潤, 大川 淳. 硬膜瘻孔を伴うヘモジデリン沈着症に対する新しい4D dynamic CT Myelographyを用いた瘻孔部位同定. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  53. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 森下 真伍, 松倉 遊, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎疾患再手術例の疫学的検証 単一施設1000超症例の検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  54. 高橋 拓也, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 化膿性脊椎炎における長期入院の予測因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  55. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 大川 淳. 頸椎人工椎間板置換術と前方除圧固定術の短期成績比較. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  56. 松倉 遊, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 森下 真伍, 橋本 泉智, 大川 淳. 頸椎変性疾患手術における術中および周術期合併症の調査. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  57. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 大川 淳, 藤原 武男. 頸椎症性脊髄症における前方除圧固定術および後方除圧固定術の周術期合併症比較 全国規模入院データベースを用いた傾向スコアマッチング解析. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  58. 橋本 泉智, 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 森下 真伍, 松倉 遊, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 当院における転移性胸椎腫瘍患者の麻痺重症度と術後改善度の検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  59. 高橋 拓也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 当施設で手術を行った脊椎に発生する神経鞘腫の再発,増大リスク因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  60. 田原 龍希, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 大川 淳. 頸髄髄膜腫再発例に対して後方・前方の二期的腫瘍摘出術を行った一例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  61. 高桑 拓也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 橋本 泉智, 大川 淳. 頸椎後彎と術後血腫により脊髄症再発を来した頸椎神経線維腫の一例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  62. 宮本 玲奈, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小柳 広高, 柳下 和慶, 大川 淳. 比較的稀な腰椎椎体前方に発生した類骨骨腫に対し前側方アプローチで腫瘍切除術を施行した1例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  63. 橋本 泉智、平井 高志、佐藤 信吾、湯浅 将人、小柳 広高、森下 信吾、松倉 遊、猪瀬 弘之、吉井 俊貴、大川 淳. 当院における転移性胸椎腫瘍患者の麻痺重症度と術後改善度の検討. 第3回 御茶ノ水脊椎研究会 2021.02.13 オンライン

  64. 橋本 淳、吉井 俊貴、坂井 顕一郎、平井 高志、湯浅 将人、猪瀬 弘之、川畑 篤礼、歌川 蔵人、松倉 遊、友利 正樹、鳥越 一郎、山田 剛史、草野 和生、大谷 和之、角谷 智、沼野 藤希、福島 和之、富澤 将司、新井 嘉容、進藤 重雄、大川 淳. 成人脊柱変形において BMI が手術成績・合併症に及ぼす影響 . 第3回 御茶ノ水脊椎研究会 2021.02.13 オンライン

  65. 友利正樹,新井嘉容,榊経平,松倉遊. 特発性側弯症Lenke type1に対する後方矯正固定術後の方バランスのと冠状面バランスの関連. 第54回日本側彎症学会 2020.11.06

  66. 平井 高志, 榊 経平, 富澤 将司, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 新井 嘉容, 大川 淳. 多施設共同調査による腰椎椎間板ヘルニアへのコンドリアーゼ椎間板内注射の治療成績. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  67. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 藤原 武男. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期全身合併症および死亡に関連する因子の検討 全国規模入院データベースを用いた解析. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  68. 松倉遊,新井嘉容,坂井顕一郎,鳥越一郎,友利正樹,榊経平,小柳津卓哉,吉井俊貴,大川淳. 1椎間の下位腰椎後方椎体間固定術における使用ケージ角度と獲得前弯角の検討-ブーメラン型ケージ5°と12°の比較-. 第29回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2020.10.23

  69. 森下真伍,吉井俊貴,大川淳,猪瀬弘之,平井高志,湯浅将人,松倉遊,伏見清秀,藤原武男. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期全身合併症および死亡に関連する因子の検討 全国規模入院データベースを用いた解析. 第29回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2020.10.23

  70. 坂井顕一郎,吉井俊貴,鳥越一郎,友利正樹,榊経平,松倉遊,小柳津卓哉,平井敬悟,新井嘉容,大川淳. 頚椎人工椎間板置換術の適応はどれくらいあるか?‐同一施設過去症例の検討‐. 第29回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2020.10.23

  71. 平井 高志, 榊 経平, 富澤 将司, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 新井 嘉容, 大川 淳, 吉井 俊貴. 多施設共同調査による腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内注射の治療成績. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  72. 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 脊椎手術におけるO-armの応用. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  73. 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 矢状面バランス正常な頸椎症性脊髄症(CSM)に対する頸椎椎弓形成術術後後彎化の術前予測因子. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  74. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 成人脊柱変形に対する2つの椎体間矯正固定術の術後2年成績の比較 多椎間PLIF/TLIF併用後方単独法vs多椎間LLIF併用前後合併法. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  75. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 中下位頸椎術後の嚥下障害発生に関する前向き研究(第2報). 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  76. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 松倉 遊, 友利 正樹, 鳥越 一郎, 草野 和生, 大谷 和之, 水野 広一, 新井 嘉容, 大川 淳. パーキンソン病患者における成人脊柱変形手術の術後成績の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  77. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 成人脊柱変形に対する多椎間LLIF併用前後合併矯正固定術におけるケージ内骨癒合遅延は術中終板損傷が最も影響する. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  78. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 頸椎人工椎間板置換術の適応はどれくらいあるのか? 同一施設内過去症例の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  79. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 藤原 武男. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期全身合併症および死亡に関連する因子の検討 全国規模入院データベースを用いた解析. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  80. 田村 友里, 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 松倉 遊, 酒枝 健太郎, 大川 淳. 除圧術により長期間の下肢完全運動麻痺から独歩可能となった精神遅滞と脊柱変形を伴う脊柱靱帯骨化症の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  81. 松倉 遊, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小柳津 卓哉, 大川 淳 . 術者からみた脊椎手術の術後管理のピットフォールと対策 脊椎後方手術における術後管理のピットフォールとその対策 . 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  82. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 吉井 俊貴, 大川 淳. 頸椎術後の嚥下障害発生に関する前向き研究(第2報). 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  83. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 成人脊柱変形に対する側方経路腰椎椎体間固定併用前後方矯正固定術におけるケージ内骨癒合は術中終板損傷が最も影響する. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  84. 松倉 遊, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 平井 高志, 大谷 和之, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳, 医科歯科脊椎G. 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対するmultiple PLIFとLLIF併用矯正固定術の比較研究. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  85. 小柳津 卓哉, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 新井 嘉容, 大川 淳. 首下がり姿勢における頸椎姿勢保持筋の機能評価. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  86. 松倉遊,坂井顕一郎,鳥越一郎,友利正樹,榊経平,小柳津卓哉,酒枝健太郎,田村友里,新井嘉容. O-armとNavigation system支援下脊椎手術に対する当院での応用. 第33回埼玉脊椎・脊髄研究会 2020.02.22

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本低侵襲脊椎外科学会学会奨励賞,日本低侵襲脊椎外科学会,2019年11月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 脊椎前方手術の魅力,旭化成ファーマ,Spine Collaboration Conference,2022年07月29日

  • 脊椎疾患と骨粗鬆症,旭化成ファーマ,旭化成ファーマ 社内勉強会,2022年03月22日