基本情報

写真a

北畑 富貴子(キタハタ フキコ)

KITAHATA Fukiko


職名

特任助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 総合診療部 医員
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 総合診療部 医員
  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 総合診療部 特任助教
  • 2019年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 特任助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 特任助教
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 特任助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 消化器内科 特任助教

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ウイルス制御下における肝発癌・進展機構の解明と新規治療標的の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • iPS細胞を用いたゲノムとHBV integrationが関わる肝発癌機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝癌ゲノム情報と癌微小環境の空間的多様性の機械学習による臨床予測モデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mina Nakagawa, Nobutoshi Nawa, Eiko Takeichi, Taro Shimizu, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Takeo Fujiwara, Mamoru Watanabe, Yujiro Tanaka, Yasuhiro Asahina, . Mac-2 binding protein glycosylation isomer as a novel predictive biomarker for patient survival after hepatitis C virus eradication by DAAs. J. Gastroenterol. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  2. Sayuri Nitta, Kazuaki Takahashi, Fukiko Kawai-Kitahata, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Miyako Murakawa, Yasuhiro Istui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe, Yasuhiro Asahina. Time course alterations of virus sequences and immunoglobulin titers in a chronic hepatitis E patient Hepatology Research. 2020; 50 (4): 524-531.

  3. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina, Shun Kaneko, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Minoru Tanabe, Emiko Sugawara, Akira Takemoto, Hidenori Ojima, Michiie Sakamoto, Masaru Muraoka, Shinichi Takano, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Comprehensive genetic analysis of cholangiolocellular carcinoma with a coexistent hepatocellular carcinoma-like area and metachronous hepatocellular carcinoma. Hepatol Res. 2019.12; 49 (12): 1466-1474. ( PubMed, DOI )

  4. Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Kazumoto Murata, Masashi Mizokami, Mamoru Watanabe. Association of serum interferon-λ3 levels with hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents. Hepatol. Res.. 2019.05; 49 (5): 500-511. ( PubMed, DOI )

  5. Sayuri Nitta, Yasuhiro Asahina, Takanobu Kato, Jun Tsuchiya, Emi Inoue-Shinomiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Hayato Hikita, Tetsuo Takehara, Mamoru Watanabe. Impact of novel NS5A resistance-associated substitutions of hepatitis C virus detected in treatment-experienced patients. Sci Rep. 2019.04; 9 (1): 5722. ( PubMed, DOI )

  6. Tomoyuki Tsunoda, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Akihide Kamiya, Shun Kaneko, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Tsuyoshi Sogo, Haruki Komatsu, Ryutaro Mukouchi, Ayano Inui, Tomoo Fujisawa, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Loss of fibrocystin promotes interleukin-8-dependent proliferation and CTGF production of biliary epithelium. J. Hepatol.. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  7. Masato Miyoshi, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Tomoyuki Tsunoda, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Shun Kaneko, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. LIM homeobox 2 promotes interaction between human iPS-derived hepatic progenitors and iPS-derived hepatic stellate-like cells. Sci Rep. 2019.02; 9 (1): 2072. ( PubMed, DOI )

  8. Seishin Azuma, Yasuhiro Asahina, Sei Kakinuma, Keiko Azuma, Masato Miyoshi, Emi Inoue, Tomoyuki Tsunoda, Ayako Sato, Shun Kaneko, Hiroko Nagata, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Makoto Tomita, Mina Nakagawa, Mamoru Watanabe. Diabetic Retinopathy as a Risk Factor Associated with the Development of Hepatocellular Carcinoma in Nonalcoholic Fatty Liver Disease. Dig Dis. 2019; 37 (3): 247-254. ( PubMed, DOI )

  9. Nakagawa Mina, Asahina Yasuhiro, Kawai-Kitahata Fukiko, Murakawa Miyako, Nitta Sayuri, Itsui Yasuhiro, Azuma Seishin, Kakinuma Sei, Tomita Makoto, Watanabe Mamoru. Post-Treatment M2BPGi Level Is Useful for Predicting HCC Occurrence and Recurrence after Viral Eradication in Chronic Hepatitis C Patients HEPATOLOGY. 2018.10; 68 398A.

  10. Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Ayako Sato, Yu Asano, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Shun Kaneko, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Toshihiko Nouchi, Hideki Sakai, Makoto Tomita, Mamoru Watanabe, . Effect of interferon-based and -free therapy on early occurrence and recurrence of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C. J. Hepatol.. 2017.06; ( PubMed, DOI )

  11. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Sei Kakinuma, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Satoshi Otani, Shun Kaneko, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Yu Asano, Ayako Sato, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Toshihiko Nouchi, Yohei Furumoto, Tooru Asano, Yoshimichi Chuganji, Shuji Tohda, Mamoru Watanabe. ITPA gene variation and ribavirin-induced anemia in patients with genotype 2 chronic hepatitis C treated with sofosbuvir plus ribavirin. Hepatol. Res.. 2017.01; ( PubMed, DOI )

  12. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Fukiko Kawai-Kitahata, Mina Nakagawa, Sayuri Nitta, Satoshi Otani, Hiroko Nagata, Shun Kaneko, Yu Asano, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Yasuhito Tanaka, Sayuki Iijima, Kaoru Tsuchiya, Namiki Izumi, Shuji Tohda, Mamoru Watanabe. Hepatic IFNL4 expression is associated with non-response to interferon-based therapy through the regulation of basal interferon-stimulated gene expression in chronic hepatitis C patients. [Epub ahead of print] J. Med. Virol.. 2016.12; ( PubMed, DOI )

  13. Fumio Goto, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Shun Kaneko, Ayako Sato, Yu Asano, Satoshi Otani, Seishin Azuma, Hiroko Nagata, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Bone morphogenetic protein-4 modulates proliferation and terminal differentiation of fetal hepatic stem/progenitor cells. Hepatol. Res.. 2016.09; ( PubMed, DOI )

  14. Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Yuki Nishimura-Sakurai, Yu Asano, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Shun Kaneko, Fumio Goto, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Naoko Tojo, Shuji Tohda, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe, . Serial measurement of Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein is useful for predicting liver fibrosis and the development of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients treated with IFN-based and IFN-free therapy.[Epub ahead of print] Hepatol Int. 2016.07; ( PubMed, DOI )

  15. Shun Kaneko, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Akihide Kamiya, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Sayuri Nitta, Yu Asano, Hiroko Nagata, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Hiromitsu Nakauchi, Hironori Nishitsuji, Saneyuki Ujino, Kunitada Shimotohno, Masashi Iwamoto, Koichi Watashi, Takaji Wakita, Mamoru Watanabe. Human induced pluripotent stem cell-derived hepatic cell lines as a new model for host interaction with hepatitis B virus. Sci Rep. 2016.07; 6 29358. ( PubMed, DOI )

  16. Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Tanaka S, Kakinuma S, Murakawa M, Nitta S, Watanabe T, Otani S, Taniguchi M, Goto F, Nagata H, Kaneko S, Tasaka-Fujita M, Nishimura-Sakurai Y, Azuma S, Itsui Y, Nakagawa M, Tanabe M, Takano S, Fukasawa M, Sakamoto M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Comprehensive analyses of mutations and hepatitis B virus integration in hepatocellular carcinoma with clinicopathological features 2016.05;

  17. Miki Taniguchi, Megumi Tasaka-Fujita, Mina Nakagawa, Takako Watanabe, Fukiko Kawai-Kitahata, Satoshi Otani, Fumio Goto, Hiroko Nagata, Shun Kaneko, Sayuri Nitta, Miyako Murakawa, Yuki Nishimura-Sakurai, Seishin Azuma, Yasuhiro Itsui, Kenichi Mori, Shintaro Yagi, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Evaluation of Interferon Resistance in Newly Established Genotype 1b Hepatitis C Virus Cell Culture System. J Clin Transl Hepatol. 2016.03; 4 (1): 5-11. ( PubMed, DOI )

  18. Satoshi Otani, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Fumio Goto, Shun Kaneko, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Yu Asano, Fukiko Kawai-Kitahata, Sayuri Nitta, Toru Nakata, Ryuichi Okamoto, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Yasuhiro Asahina, Tomoyuki Yamaguchi, Naohiko Koshikawa, Motoharu Seiki, Hiromitsu Nakauchi, Mamoru Watanabe. Matrix metalloproteinase-14 mediates formation of bile ducts and hepatic maturation of fetal hepatic progenitor cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2016.01; 469 (4): 1062-1068. ( PubMed, DOI )

  19. Seishin Azuma, Yasuhiro Asahina, Yuki Nishimura-Sakurai, Sei Kakinuma, Shun Kaneko, Hiroko Nagata, Fumio Goto, Satoshi Ootani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miki Taniguchi, Miyako Murakawa, Takako Watanabe, Megumi Tasaka-Fujita, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Mamoru Watanabe. Efficacy of additional radiofrequency ablation after transcatheter arterial chemoembolization for intermediate hepatocellular carcinoma.[Epub ahead of print] Hepatol Res. 2015.07; ( PubMed, DOI )

  20. 朝比奈靖浩、北畑富貴子. 臨床家の立場から視た肝癌のゲノム解析と病態生理 肝癌の病態と関連する遺伝子変異 The Liver Cancer Journal. 2017.12; 9 (2): 110-115. ( 医中誌 )

  21. 北畑富貴子、朝比奈靖浩. 【内科医が知っておくべき肝癌治療最前線】 肝癌ゲノム解析の進歩 精密医療への展開を目指して 消化器・肝臓内科. 2017.07; 2 (1): 120-124. ( 医中誌 )

  22. 中川美奈、朝比奈靖浩、村川美也子、永田紘子、金子 俊、大谷賢志、北畑富貴子、新田沙由梨、櫻井 幸、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、今田安津子、伊藤 崇、谷合麻紀子、橋本悦子、田中雄二郎、渡辺 守. 5年にわたる経時的な経過観察の中で急激なエコー上変化をきたした原発性硬化性胆管炎の1例 肝臓. 2016.08; 57 (8): 382-390. ( 医中誌 )

  23. 武市瑛子、柿沼 晴、大谷賢志、小橋健一郎、東 正新、北畑富貴子、村川美也子、櫻井 幸、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、朝比奈靖浩、渡辺 守. Direct-acting antiviralsによる抗ウイルス療法が著効し、C型肝炎ウイルス関連クリオグロブリン腎症が改善した一例 肝臓. 2016.08; 57 (8): 405-411. ( 医中誌 )

  24. 北畑 富貴子, 朝比奈 靖浩. 【目指せ!C型肝炎ウイルスの克服-肝がん制圧に向けての更なる挑戦-】 ここまで分かった!肝がんゲノムとは? 肝臓クリニカルアップデート. 2016.05; 2 (1): 39-43. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Mina Nakagawa, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina. Factors associated with HCC development and patients’ survival in patients with an SVR. JSH International Liver Conference 2021 2021.10.03

  2. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina , Sei Kakinuma, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Masato Miyoshi, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Taro Shimizu, Eiko Takeichi, Mina Nakagawa, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Shinji Tanaka , Minoru Tanabe, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto and Mamoru Watanabe. Comprehensive analysis of cancer-related genes and AAV/Hepatitis B virus integration into genome on development of hepatocellular carcinoma in patients with prior Hepatitis B virus infection. EASL The Digital International Liver Congress 2020 2020.08.28 Online

  3. Yasuhiro Asahina Y, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma. Comprehensive analysis of cancer gene mutations and viral integration in hepatocellular carcinoma arising from non-fibrotic liver. AASLD The Liver Meeting 2019 2019.11.10 Hynes Convention Center

  4. MIna Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Msato Miyosh, Emi Inoue, Fukiko Kawai-Kitahata, MIyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Makoto Tomita, Mamoru Watanabe. Impact of HCV clearance on HCC development and patient survival: Propensity score-matched analysis of an ongoing database of 2173 CHC patients. EASL, The International Liver Congress 2019 2019.04.13 Messe Wien Congress and Exhibition Center(Vienna (Austria))

  5. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Emi Inoue, Mina Nakagawa, Jun Tuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Fukiko Kitahata-Kawai, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe. The association of serum IFN-lambda 3 levels with liver fibrosis and hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents . EASL, The International Liver Congress 2019 2019.04.13 Vienna (Austria)

  6. Nitta S, Kato T, Tuchiya J, Sato A, Tsunoda T, Miyoshi M, Inoue- Shinomiya E, Kawai-Kitahata F, Murakawa M, Itsui Y, Nakagawa M, Azuma S, Kakinuma S, Asahina Y. The Characteristic and the Anti-HCV Reagents Susceptibility Analysis of NS5A Resistance-Associated Substitutions (RAS) Detected after Daa Treatment Failure Patients. AASLD, The Liver Meeting 2018 2018.11.10 San Francisco (USA)

  7. Nakagawa M, Asahina Y, Kawai-Kitahata F, Murakawa M, Nitta S, Itsui Y, Azuma S, Kakinuma S, Tomita M, Watanabe M.. Post-Treatment M2BPGi Level Is Useful for Predicting HCC Occurrence and Recurrence after Viral Eradication in Chronic Hepatitis C Patients. AASLD, The Liver Meeting 2018 2018.11.10 San Francisco (USA)

  8. Asahina Y, Kawai-Kitahata F, Murakawa M, Nitta S, Nakagawa M, Kakinuma S, Watanabe M. Gene Mutational Profile and Viral Integration in Hepatocellular Carcinoma with or without HBV/HCV Suppression. AASLD, The Liver Meeting 2018 2018.11.10 San Francisco (USA)

  9. Nitta S, Kato T, Tuchiya J, Shinomiya-Inoue E, Sato A, Tsunoda T, Miyoshi M, Kitahata-Kawai F, Murakawa M, Istui Y, Azuma S, Nakagawa M, Kakinuma S, Asahina Y. The in vitro analysis of NS5A resistance-associated substitutions (RAS) observed in DAA treatment failure patients. 25th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses 2018.10.09 Dublin(Ireland)

  10. Fukiko Kawai-Kitahata. Difference of gene mutational profile among viral- and non-viral HCC with or without prior HBV infection: Results of comprehensive deep sequencing analyses of cancer genes and HBV/A AV integration. . EASL, The International Liver Congress 2018 2018.04.14 Paris(France)

  11. Nakagawa M, Asahina Y, Nagata H, Kaneko S, Kawai-Kitahata F, Murakawa M, Nitta S, Itsui Y, Azuma S, Kakinuma S, Tanaka Y, Watanabe M. Evaluation of an early occurrence and recurrence of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients treated with All-Oral DAAs - propensity score-matched analysis of a prospective database -. AASLD, The Liver Meeting 2017 2017.10.22 Washington D.C (USA)

  12. Shun Kaneko, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Akihide Kamiya, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Emi Inoue-Shinomiya, Sayuri Nitta, Ayako Sato, Yu Asano, Hiroko Nagata, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Mamoru Watanabe. A novel culture model for coinfection of hepatitis B and hepatitis C viruses using human induced pluripotent stem cell–derived hepatic cells for analyses of changes in host-innate immune responses . AASLD The Liver Meeting 2017 2017.10.22 Washington DC

  13. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Hiroko Nagata, Syun Kaneko, Yu Asano, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Emi Inoue-Shinomiya, Ayako Sato, Yasuhiro Itsui, Sei Kakinuma, Seishin Azuma, Mamoru Watanabe. On-treatment higher levels of alpha-fetoprotein and M2BPGi are associated with development of hepatocellular carcinoma during nucleos(t)ide analog therapy in patients with HBV chronic infection. AASLD, The Liver Meeting 2017 2017.10.21 Washington DC

  14. Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Kakinuma S, Murakawa M, Niita S, Nagata H, Kaneko S, Otani S, Miyoshi M, Tsunoda T, Sato A, Nakagawa M, Itsui Y, Azuma S, Tanaka S, Tanabe M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Genetic differences in hepatocellular carcinoma among chronic persistent hepatitis B virus infection with or without viral suppression and prior hepatitis B virus infection. EASL The International Liver Congress 2017 2017.04.20 Amsterdam

  15. Shun Kaneko, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Akihide Kamiya,Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Sayuri Nitta, Ayako Sato, Yu Asano, Hiroko Nagata, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Mamoru Watanabe. Genetically modified human induced pluripotent stem cell-derived hepatic progenitor-like cell lines as a model for interaction between hepatitis B virus and host cells.. AASLD The Liver meeting 2016 2016.11.11 Boston

  16. Kaneko S, Kakinuma S, Asahina Y, Kamiya A, Nitta S, Tsunoda T, Miyoshi M, Asano Y, Nagata H , Goto F., Otani S, Kitahata F, Murakawa M, Itsui Y, Nakagawa M, Azuma S, Watanabe M. A new model for studying interaction between hepatitis B virus and host cells derived from human induced pluripotent stem cells.. EASL The International Liver Congress 2016 2016.04.14 Barcelona

  17. Kaneko S, Kakinuma S, Asahina Y, Kamiya A, Nitta S, Tsunoda T, Miyoshi M, Asano Y, Nagata H, Goto F, Otani S, Kitahata F, Murakawa M , Itsui Y, Nakagawa M, Azuma S, Watanabe M. A Model for Interaction between HBV and Host Cells Derived from Human Induced Pluripotent Stem Cells.. The 25th Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2016.02.22 Tokyo

  18. Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Tanaka S, Kakinuma S, Murakawa M, Nitta S, Otani S, Goto F, Nagata H, Kaneko S, Asano Y, Miyoshi M, Tsunoda T, Azuma S, Itsui Y, Nakagawa M, Tanabe M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Comprehensive analyses of mutations and hepatitis B virus integration in hepatocellular carcinoma. The 25th Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2016.02.22 International Convention Center Pamir, Tokyo(JAPAN)

  19. Shun Kaneko, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Akihide Kamiya, Sayuri Nitta, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Hiroko Nagata, Fumio Goto, Satoshi Otani, Miyako Murakawa, Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Mamoru Watanabe. Human induced pluripotent stem cell-derived hepatic progenitor-like cells and hepatocyte-like cells as a model for interaction between hepatitis B virus and host cells. AASLD The Liver Meeting 2015 2015.11.16 San Francisco, CA

  20. Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Tanaka S, Kakinuma S, Murakawa M, Nitta S, Watanabe T, Otani S, Goto F, Nagata H, Kaneko S, Azuma S, Itsui Y, Nakagawa M, Tanabe M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Comprehensive analyses of mutations and hepatitis B virus integration in hepatocellular carcinoma with clinicopathological features.. AASLD The Liver Meeting 2015 2015.11.14 San Francisco

  21. Kitahata F, Asahina Y, Watanabe M. Gene alterations in TERT promoter, CTNNB1, and TP53 are closely associated with development and prognosis of hepatocellular carcinoma: Comprehensive analyses by next generation sequencing technology.. The 3rd JSGE International Topic Conference 2015.05.24 Sendai

  22. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina, Shun Kaneko, Hiroko Nagata, Fumio Goto, Satoshi Otani, Miki Taniguchi, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Takako Watanabe, Megumi Tasaka-Fujita, Yuki Nishimura-Sakurai, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Shinji Tanaka , Minoru Tanabe, Nobuyuki Enomoto and Mamoru Watanabe. Gene alterations in TERT promoter, CTNNB1, and TP53 are closely associated with development and prognosis of hepatocellular carcinoma : Comprehensive analyses by next generation sequencing technology. The 3rd JSGE International Topic Conference 2015.04.24 仙台

  23. 村川美也子、朝比奈靖浩、中川美奈、北畑富貴子、志水太郎、土屋 淳、佐藤綾子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴. 核酸アナログによるHBV制御後の発癌予測因子の検討. 第56回日本肝癌研究会 2020.12.22

  24. 加納嘉人、北畑富貴子、村川美也子、柿沼晴、東正新、中川美奈、 井津井康浩、新田沙由梨、三好正人、青柳康子、松寺翔太郎、遠山皓基、 田邉稔、三宅智、池田貞勝、朝比奈靖浩. 進行肝細胞癌に対するがんゲノム診療における網羅的遺伝子パネル検査の有用性とバイオマーカー探索. 第56回日本肝癌研究会  2020.12.22

  25. 柿沼晴、佐藤綾子、三好正人、紙谷聡英、土屋 淳、志水太郎、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. 肝間葉系細胞によるvasoactive intestinal peptideを介した胆管形成調節機構. 第27回 肝細胞研究会 2020.12.15 Web開催

  26. 川西真明、河﨑 翔、田中将平、伊藤 剛、北畑富貴子、水谷知裕、新田沙由梨、福田将義、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、朝比奈靖浩、岡本隆一. 遺伝子解析により確定された大量輸血後のE型急性肝炎の1例. 日本消化器病学会 関東支部第362回例会 2020.12.05

  27. 佐藤綾子、柿沼 晴、志水太郎、土屋 淳、三好正人、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩. Vasoactive intestinal peptideの肝内胆管形成および胆汁うっ滞性肝障害への寄与. 第24回 日本肝臓学会大会 2020.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  28. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、柿沼 晴. B型肝炎ウイルスの制御状態による肝細胞癌の癌関連遺伝子とviral integrationの解析. 第56回日本肝臓学会総会 2020.08.29 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  29. 久壽米木駿、勝田景統、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、石田尚子、伊藤 崇 . 肝膿症との鑑別を要したG-CSF生産を伴う肝内胆管癌の1例. 日本消化器病学会関東支部第358回例会 2020.02.22 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  30. 村川美也子、中川美奈、土屋 淳、佐藤綾子、三好正人、北畑富貴子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、朝比奈靖浩. B型肝炎ウイルスキャリアにおけるHBs抗原陰性化および発癌に関わる臨床因子の検討. JDDW2019 第23回日本肝臓学会大会 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  31. 柿沼 晴、角田知之、渡辺 守. ヒトiPS細胞による疾患モデルを利用した先天性肝線維症分子標的の探索. JDDW2019(第23回日本肝臓学会大会) 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  32. 神谷昂汰、河本亜美、村川美也子、小林正典、北畑富貴子、新田沙由梨、油井史郎、根本泰宏、井津井康浩、大島 茂、岡田英理子、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、根木真理子. 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例. 日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019.09.21 海運クラブ(東京)

  33. 北畑富貴子. 細胆管細胞癌内の異なる表現型及び肝細胞癌における癌関連遺伝子の網羅的解析. 第40回臨床肝臓カンファレンス 2019.07.06 海運クラブ(東京都千代田区)

  34. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、金子 俊、村川美也子、新田沙由梨、柿沼 晴、 三好正人、佐藤綾子、井津井康浩、中川美奈、東 正新、田邉 稔、菅原江美子、竹本 暁、坂元亨宇、尾島英知、村岡 優、前川伸哉 、榎本信幸 、渡辺 守. 細胆管細胞癌内の異なる表現型及び肝細胞癌における癌関連遺伝子の網羅的解析. 第55回日本肝癌研究会 2019.07.05 ホテル椿山荘(東京都文京区)

  35. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、村川美也子、新田沙由梨、柿沼 晴、角田知之 、三好正人、四宮恵美、佐藤綾子、土屋 淳、井津井康浩、中川美奈、 東 正新、田中真二、田邉 稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺 守. 背景肝の線維化からみた肝細胞癌における癌関連遺伝子変異とviral integrationの解析. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  36. 村川美也子、朝比奈靖浩、四宮恵美、中川美奈、土屋 淳、佐藤綾子、三好正人、角田知之、北畑富貴子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、渡辺 守. C型慢性肝疾患におけるSVR後肝発癌とIFN-λ3の関連. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル(東京)

  37. 角田知之、柿沼 晴、三好正人、紙谷聡英、佐藤綾子、土屋 淳、金子 俊、四宮恵美、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. ヒトiPS細胞疾患モデルを利用した先天性肝線維症における病態と分子標的の解明. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル(東京)

  38. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【シンポジウム5-2:次世代シークエンサを用いたウイルスゲノム・マイクロバイオーム・エク ソゾーム解析による肝疾患研究】F0 の背景肝から発症した肝細胞癌における癌関連遺伝子変異とviral integrationの検討. 第42回日本肝臓学会東部会 2018.12.07 ザ・プリンスパークタワー東京(東京都品川区)

  39. 井津井康浩、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、中川美奈、東 正新、柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守. 免疫抑制状態によるE 型肝炎慢性化症例の解析. 第42回日本肝臓学会東部会 2018.12.07 ザ・プリンスパークタワー東京(東京都品川区)

  40. 東 正新、朝比奈靖浩、三好正人、井上恵美、角田知之、佐藤綾子、金子 俊、永田紘子、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、柿沼 晴、渡辺 守. NAFLD由来の肝細胞癌に関連したリスク因子の検討. JDDW2018 2018.11.01 神戸国際展示場(兵庫県神戸市)

  41. 川内結加里、秋山慎太郎、福田将義、鈴木康平、竹中健人、鬼澤道夫、北畑冨貴子、村川美也子、新田沙由梨、藤井俊光、岡田英理子、中川美奈、柿沼 晴、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 回腸瘻から大量出血を来した小腸型クローン病の1例. 日本消化器病学会関東支部第350回例会 2018.07.14 海運クラブ(東京都千代田区)

  42. 山﨑佳穗、竹中健人、日比谷秀爾、勝倉暢洋、仁部洋一、根本泰宏、鬼澤道夫、新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、藤井俊光、岡田英里子、柿沼 晴、岡本隆一、中川美奈、大島 茂、福田正義、山内慎一、大西威一郎、大塚和朗、渡辺 守. 貧血を契機に小腸バルーン内視鏡で診断されたLST様回腸腫瘍の一例. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  43. 三好正人、柿沼 晴、金子 俊、紙谷聡英、佐藤綾子、角田知之、四宮恵美、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. ヒトiPS 細胞由来星細胞様細胞における転写因子LHX2 の機能解析. 第54回日本肝臓学会 2018.06.15 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  44. 北畑富貴子. 【ワークショップ11】癌関連遺伝子変異とウイルスのヒトゲノムへの挿入から検討する肝炎ウイルス制御下肝細胞 癌の病態. 第54回日本肝臓学会 2018.06.15 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  45. 新田沙由梨. HCV NS5A キメラ株感染培養系を用いたNS5A 阻害剤に対する耐性変異と薬剤感受性評価シ ステムの構築. 第54回日本肝臓学会 2018.06.14 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  46. 新田沙由梨. In vitroにおけるHCV-NS5A 薬剤耐性関連変異(Resistance associated substitutions; RAS) の特性と薬剤感受性の解析. 第28回抗ウイルス療法学会 2018.06.09 北海道大学医学部学友会館フラテ大ホール(北海道札幌市)

  47. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【シンポジウム1:臨床検体を用いたトランスレーショナルリサーチ】肝癌の臨床検体を用いた癌関連遺伝子プロファイルと病態の解析. 第104回 日本消化器病学会総会 2018.04.19 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  48. 村川美也子、朝比奈靖浩、中川美奈、東 正新、柿沼 晴、井津井康浩、新田沙由梨、北畑富貴子、金子 俊、永田紘子、浅野 侑、三好正人、角田知之、井上恵美、佐藤綾子、渡辺 守. B型慢性肝疾患における核酸アナログ治療成績と肝発癌予測因子の検討. JDDW2017 第21回肝臓学会大会 2017.10.13

  49. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、田中信二、村川美也子、新田沙由梨、柿沼 晴、永田紘子、金子 俊、浅野 侑、角田知之、三好正人、井上恵美、佐藤綾子、井津井康浩、中川美奈、東 正新、田邉 稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺 守. 【シンポジウム1 肝炎ウイルス制御後の肝癌の特性と治療:エビデンスとコンセンサス】肝炎ウイルス制御下およびB型肝炎ウイルス既往感染における肝細胞癌遺伝子変異の検討. 第53回日本肝癌研究会 2017.07.06 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  50. 柿沼  晴、浅野 侑、三好正人、佐藤綾子、角田知之、金子 俊、大谷賢志、永田紘子、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. 食餌誘導性NASHモデルマウスにおけるMatrix Metalloporoteinase-2の機能的解析. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.09 広島国際会議場(広島県広島市)

  51. 井津井康浩、大谷賢志、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、中川美奈、柿沼 晴、東 正新、高橋和明、朝比奈靖浩、渡辺 守. 免疫抑制状態でのE型肝炎慢性化症例の解析. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.08 広島国際会議場(広島県広島市)

  52. 新田沙由梨、村川美也子、永田紘子、佐藤綾子、三好正人、角田知之、浅野 侑、金子 俊、大谷賢志、北畑富貴子、東 正新、柿沼 晴、中川美奈、加藤孝宣、朝比奈靖浩、渡辺 守. HCV-NS5A阻害薬使用に関連する薬剤耐性変異ウイルスとその特徴. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.08 広島国際会議場(広島県広島市)

  53. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【ワークショップ2:ウイルス性肝炎の病態解析と新規治療】B型肝炎ウイルス制御下における肝細胞癌遺伝子変異の検討. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.08 広島国際会議場(広島県広島市)

  54. 北畑富貴子. 専修医VIII (肝1) 司会. 第344回日本消化器病学会 関東支部例会 2017.05.27 海運クラブ(東京都千代田区)

  55. 井津井康浩、大谷賢志、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、中川美奈、東 正新、柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守. 免疫抑制状態におけるE 型急性肝炎の慢性化リスクについて. 第41回日本肝臓学会東部会 2016.12.09 京王プラザホテル(新宿区)

  56. 持田知洋、松本太一、中田 徹、日比谷秀爾、鬼澤道夫、村野竜朗、野崎賢吾、北畑富貴子、村川美也子、新田沙百梨、井津井康浩、中川美奈、柿沼 晴、東 正新、大岡真也、中村哲也、朝比奈靖浩、渡辺 守、竹中健人、勝倉暢洋. 先行する皮膚症状をきっかけとしてクインケ浮腫による胃腸炎の診断に至った1例. 日本消化器病学会関東支部第342回例会 2016.12.03 海運クラブ(東京都千代田区)

  57. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【パネルディスカッション3】宿主ゲノム変異の網羅的解析からみたウイルス制御下における発癌の検討. JDDW2016 2016.11.03 神戸

  58. 柿沼 晴、後藤文男、大谷賢志、角田知之、三好正人、東 正新、金子 俊、浅野 侑、永田紘子、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【デジタルポスターセッション】肝再生・基礎研究2 BMP-4による肝幹/前駆細胞の増殖と終末分化の制御機構. JDDW2016 2016.11.03 神戸

  59. 村川美也子、朝比奈靖浩、中川美奈、浅野 侑、三好正人、角田知之、永田紘子、金子 俊、大谷賢志、北畑富貴子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、渡辺 . 【デジタルポスターセッション】C型肝炎(治療)9_C型慢性肝疾患のDAA治療効果に関わるウイルス・宿主因子の解析. JDDW2016 2016.11.03 神戸

  60. 山本竜也、桑原小の実、大岡真也、東 正新、仁部洋一、野崎賢吾、小林正典、勝倉暢洋、福田将義、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、村野竜朗、鬼澤道夫、井津井康浩、中川美奈、柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守、石川敏昭. 【研修医Ⅱ(胃・十二指腸2、小腸)】直腸癌化学療法中に食道静脈瘤破裂を来した一例. 日本消化器病学会関東支部第340回例会 2016.07.16 海運クラブ(東京都千代田区)

  61. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、田中真二、村川美也子、新田沙由梨、大谷賢志、後藤文男、永田紘子、金子 俊、浅野 侑、三好正人、角田知之、井津井靖浩、柿沼 晴、中川美奈、東 正新、田邊 稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺 守. HBV 持続感染とHBV 既感染肝細胞癌における宿主ゲノム変異とHBV integrationの比較検討. 第52回日本肝臓学会総会 2016.05.19 ホテルニューオータニ幕張(千葉県千葉市)

  62. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【シンポジウム7:肝癌の病態解明を見据えた新戦略】肝細胞癌の病態に関連する宿主ゲノム変異とB 型肝炎ウイルスX 蛋白の機能解析. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 東京

  63. 東 正新、朝比奈靖浩、櫻井 幸、井津井康浩、三好正人、井上恵美、浅野 侑、金子 俊、永田紘子、後藤文男、大谷賢志、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、中川美奈、柿沼 晴、渡辺 守. Intermediate HCCに対する治療戦略. 第102回消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(新宿区)

  64. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、田中真二、金子 俊、永田紘子、後藤文男、谷口未樹、大谷賢志、村川美也子、新田沙由梨、中川美奈、柿沼 晴、田邉 稔、榎本信幸、渡辺 守. 次世代シークエンサーを用いた肝細胞癌の病態・予後に関連する宿主ゲノム変異の網羅的解析. 第51回日本肝癌研究会 2015.07.23 神戸

  65. 永田紘子、朝比奈靖浩、井津井康浩、北畑富貴子、金子 俊、後藤文男、大谷賢志、谷口未樹、村川美也子、新田沙由里、渡辺貴子、櫻井 幸、中川美奈、東 正新、柿沼 晴、田中真二、田邉 稔、榎本信幸、渡辺 守. 肝細胞癌の病態に関連する宿主ゲノム変異とB 型肝炎ウイルスX 蛋白の関連解析. 第51回日本肝癌研究会 2015.07.23 神戸

  66. 永田紘子、朝比奈靖浩、井津井康浩、北畑富貴子、金子 俊、後藤文男、大谷賢志、谷口未樹、村川美也子、新田沙由里、渡辺貴子、櫻井 幸、中川美奈、東 正新、柿沼 晴、田中真二、田邉 稔、榎本信幸、渡辺 守. 肝細胞癌の病態に関連する宿主ゲノム変異とB 型肝炎ウイルスX 蛋白の関連解析. 第51回日本肝臓学会総会 2015.05.22 熊本

  67. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、渡辺 守. 次世代シークエンサーを用いた肝細胞癌の病態・予後に関連する宿主ゲノム変異の網羅的解析. 第51回日本肝臓学会総会 2015.05.21 熊本

  68. 北畑富貴子. 肝細胞癌の遺伝子変異解析により病態を予測する. 第20回 東京西部消化器先端医療勉強会 2014.06.16 東京

  69. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、後藤文男、大谷賢志、谷口未樹、村川美也子、新田沙由梨、渡辺貴子、井津井康浩、中川美奈、柿沼 晴、田中真二、田邊稔、榎本信幸、渡辺 守. 次世代シークエンサーを用いた肝細胞癌の病態に関連する遺伝子変異の解析. 第50回日本肝臓学会総会 2014.05.29 東京

  70. 田川泰寛、斎藤詠子、石川喜也、江頭徹哉、福島啓太、河合富貴子、藤木純子、藤井俊光、櫻井 幸、土屋輝一郎、東 正新、長堀正和、渡辺 守、鈴木伸治、長沼 誠、森尾純子、岡田英理子、荒木昭博、吉岡篤史. 空腸に限局した小腸結核をダブルバルーン小腸内視鏡にて観察し得た一例. 第318回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.02.25 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度 学長裁量経費 ビッグデータ活用に係る研究提案「肝癌ゲノム情報と癌微小環境の空間的多様性の機械学習による臨床予測モデルの構築」 受賞者:北畑富貴子,2020年07月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「次世代シークエンス技術を用いたC型肝炎の直接作用型抗ウイルス薬による治療後病態に影響をおよぼす因子に関する研究」 研究開発代表者:榎本信幸 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:新田沙由梨、北畑富貴子,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 「C型肝炎ウイルス排除治療による肝硬変患者のアウトカムに関する研究開発」 研究開発代表者:竹原徹郎 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:村川美也子、北畑富貴子,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「B型肝炎ウイルスの感染複製増殖機構解明による創薬基盤形成に関する研究」 研究開発代表者:村松正道 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:新田沙由梨、北畑富貴子,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「ヒトiPS細胞誘導性肝オルガノイドを用いた革新的疾患モデルの開発および肝線維化と発がんを抑止する治療法の創成」 研究開発代表者:朝比奈靖浩 研究開発分担者:柿沼 晴 研究参加者:新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、三好正人、東 正新、井津井康浩、土屋 淳、志水太郎,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究:19K17453「iPS細胞を用いたゲノムとHBV integrationが関わる肝発癌機構の解明」 研究代表者:北畑富貴子,2020年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「次世代シークエンス技術を用いたC型肝炎の直接作用型抗ウイルス薬による治療後病態に影響をおよぼす因子に関する研究」 研究開発代表者:榎本信幸 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子,2019年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「B型肝炎ウイルスの感染複製増殖機構解明による創薬基盤形成に関する研究」 研究開発代表者:脇田隆字 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:新田沙由梨、北畑富貴子,2019年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策事業 「ヒトiPS細胞誘導性肝オルガノイドを用いた革新的疾患モデルの開発および肝線維化と発がんを抑止する治療法の創成」 研究開発代表者:朝比奈靖浩 研究開発分担者:柿沼晴 研究参加者:新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、三好正人、佐藤綾子、土屋 淳,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究:19K17453 「iPS細胞を用いたゲノムとHBV integrationが関わる肝発癌機構の解明」 研究代表者:北畑富貴子,2019年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 若手(B) 「ウイルス制御下における肝発癌・進展機構の解明と新規治療標的の探索」研究代表者:北畑富貴子 ,2018年04月

  • 第30回日本消化器病学会奨励賞,日本消化器病学会,2017年04月

  • 平成29年度 文部科学省科学研究費補助金 若手(B) : 17K15932「ウイルス制御下における肝発癌・進展機構の解明と新規治療標的の探索」研究代表者:北畑富貴子,2017年04月

  • 2017年度 GSKジャパン研究助成「肝炎ウイルス存在下および制御下における肝発癌・進展機構の解明と新規治療標的の探索」受賞者:北畑富貴子,2017年04月

  • 2016年度 日本肝臓学会第15回MSD Award賞 「次世代シークエンサーを用いたC型肝癌の病態に関連する宿主ゲノム変異の網羅的解析.」受賞者:北畑富貴子,2016年10月

  • 公益財団法人宮川庚子記念研究財団 平成28年度研究助成金「肝細胞癌の多段階発癌機構およびHBV感染による発癌機構の解明」受賞者:北畑富貴子,2016年05月

  • 平成27年度公益財団法人ウイルス肝炎研究財団研究助成事業 「次世代シークエンサーを用いた肝細胞癌の 病態・予後に関連する宿主ゲノム変異の網羅的解析.」受賞者:北畑富貴子 ,2016年02月

  • 平成27年度Liver Forum in Kyoto研究奨励賞「次世代シークエンサーを用いた肝細胞癌の病態に関連するゲノム変異の網羅的解析」受賞者:北畑富貴子,2015年07月

▼全件表示