基本情報

写真a

石塚 聖洋(イシヅカ マサヒロ)

ISHIZUKA Masahiro


職名

助教

研究分野・キーワード

間質性肺炎、過敏性肺炎

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  統合呼吸器病学  博士課程  2015年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 総合教育研修センター 臨床研修医
  • 2009年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 呼吸器内科 助教
  • 2018年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 呼吸器内科 助教
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 呼吸器内科 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 呼吸器内科 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    草加市立病院 臨床研修医
  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    社会保険中央総合病院 内科 常勤嘱託医
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    秀和総合病院 呼吸器内科 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本呼吸器内視鏡学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本呼吸器学会

  • 日本肺癌学会

  • アメリカ胸部学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年02月
    -
    現在
    日本呼吸器学会 代議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器内科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 過敏性肺炎におけるIL-17、好中球の慢性化を含めた経時的な役割の検討

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Masahiro Ishizuka, Yasunari Miyazaki, Tomoya Tateishi, Toshiharu Tsutsui, Kimitake Tsuchiya, Naohiko Inase. Validation of inhalation provocation test in chronic bird-related hypersensitivity pneumonitis and new prediction score. Annals of the American Thoracic Society, Tokyo Medical and Dental University. 2015.02; 12 (2): 167-173. ( PubMed, DOI )

  2. Masahiro Ishizuka, Yasunari Miyazaki, Masahiro Masuo, Kozo Suhara, Tomoya Tateishi, Makito Yasui, Naohiko Inase. Interleukin-17A and Neutrophils in a Murine Model of Bird-Related Hypersensitivity Pneumonitis. PLoS ONE. 2015.09; 10 (9): e0137978. ( PubMed, DOI )

  3. Sahoko Chiba, Kimitake Tsuchiya, Takumi Akashi, Masahiro Ishizuka, Tsukasa Okamoto, Haruhiko Furusawa, Tomoya Tateishi, Mitsuhiro Kishino, Yasunari Miyazaki, Ukihide Tateishi, Tamiko Takemura, Naohiko Inase. Chronic Hypersensitivity Pneumonitis With a Usual Interstitial Pneumonia-Like Pattern: Correlation Between Histopathologic and Clinical Findings. Chest. 2016.06; 149 (6): 1473-1481. ( PubMed, DOI )

  4. Mitsumura Takahiro, Okamoto Tsukasa, Shirai Tsuyoshi, Iijima Yuki, Sakakibara Rie, Honda Takayuki, Ishizuka Masahiro, Aiboshi Junichi, Tateishi Tomoya, Tamaoka Meiyo, Shigemitsu Hidenobu, Arai Hirokuni, Otomo Yasuhiro, Tohda Shuji, Anzai Tatsuhiko, Takahashi Kunihiko, Yasuda Shinsuke, Miyazaki Yasunari. Predictors associated with clinical improvement of SARS-CoV-2 pneumonia(和訳中) Journal of Infection and Chemotherapy. 2021.06; 27 (6): 857-863. ( 医中誌 )

  5. Iijima Y, Okamoto T, Shirai T, Mitsumura T, Sakakibara R, Honda T, Ishizuka M, Tateishi T, Tamaoka M, Aiboshi J, Otomo Y, Anzai T, Takahashi K, Miyazaki Y. MuLBSTA score is a useful tool for predicting COVID-19 disease behavior. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2021.02; 27 (2): 284-290. ( PubMed, DOI )

  6. Mitsumura T, Okamoto T, Shirai T, Iijima Y, Sakakibara R, Honda T, Ishizuka M, Aiboshi J, Tateishi T, Tamaoka M, Shigemitsu H, Arai H, Otomo Y, Tohda S, Anzai T, Takahashi K, Yasuda S, Miyazaki Y. Predictors associated with clinical improvement of SARS-CoV-2 pneumonia. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2021.02; ( PubMed, DOI )

  7. Iijima Yuki, Okamoto Tsukasa, Shirai Tsuyoshi, Mitsumura Takahiro, Sakakibara Rie, Honda Takayuki, Ishizuka Masahiro, Tateishi Tomoya, Tamaoka Meiyo, Aiboshi Junichi, Otomo Yasuhiro, Anzai Tatsuhiko, Takahashi Kunihiko, Miyazaki Yasunari. MuLBSTA score is a useful tool for predicting COVID-19 disease behavior(和訳中) Journal of Infection and Chemotherapy. 2021.02; 27 (2): 284-290. ( 医中誌 )

  8. Yamana T, Okamoto T, Ishizuka M, Hanzawa S, Ejima M, Shibata S, Miyazaki Y. IL-17A-Secreting Memory γδ T Cells Play a Pivotal Role in Sensitization and Development of Hypersensitivity Pneumonitis. Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950). 2021.01; 206 (2): 355-365. ( PubMed, DOI )

  9. Shiraki H, Morishita K, Kishino M, Nakatsutsumi K, Kimura K, Shirai T, Ishizuka M, Miyazaki Y, Aiboshi J, Otomo Y. An Experience of Multiple Hematomas in a Coronavirus Disease-19 Patient Administered with ART-123 and Heparin. Open access emergency medicine : OAEM. 2021; 13 207-211. ( PubMed, DOI )

  10. Hanzawa S, Tateishi T, Ishizuka M, Inoue Y, Honda T, Kawahara T, Tomita M, Miyazaki Y. Changes in serum KL-6 levels during short-term strict antigen avoidance are associated with the prognosis of patients with fibrotic hypersensitivity pneumonitis caused by avian antigens Respiratory Investigation. 2020.11; 58 (6): 457-464. ( 医中誌 )

  11. Hanzawa S, Tateishi T, Ishizuka M, Inoue Y, Honda T, Kawahara T, Tomita M, Miyazaki Y. Changes in serum KL-6 levels during short-term strict antigen avoidance are associated with the prognosis of patients with fibrotic hypersensitivity pneumonitis caused by avian antigens. Respiratory investigation. 2020.07; ( PubMed, DOI )

  12. Iijima Y, Sakakibara R, Ishizuka M, Honda T, Shirai T, Okamoto T, Tateishi T, Sakashita H, Tamaoka M, Takemoto A, Kumaki Y, Ikeda S, Miyazaki Y. Notable response to nivolumab during the treatment of SMARCA4-deficient thoracic sarcoma: a case report. Immunotherapy. 2020.06; 12 (8): 563-569. ( PubMed, DOI )

  13. Ishizuka M., Miyazaki Y.. Neutrophils but Not Lymphocyte in Bronchial Alveolar Lavage Increase After Inhalation of Antigens Even in Chronic Hypersensitivity Pneumonitis AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2020; 201

  14. Hanzawa S, Tateishi T, Kawahara T, Ishizuka M, Miyazaki Y. Antigen Avoidance Test Is Beneficial for Predicting The Prognosis of Patients with Chronic Hypersensitivity Pneumonitis Treated with Corticosteroid Therapy AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2019; 199

  15. Ishizuka M, Inoue Y, Honda T, Miyazaki Y. A Single-Center Prospective Cohort Study of Diagnostic Procedure of Interstitial Pneumonia in Clinical Setting; The Importance of Distinguishing Chronic Hypersensitivity Pneumonitis from Idiopathic Pulmonary Fibrosis AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE. 2019; 199

  16. Masahiro Masuo, Yasunari Miyazaki, Kozo Suhara, Masahiro Ishizuka, Toshihide Fujie, Naohiko Inase. Factors associated with positive inhalation provocation test results in subjects suspected of having chronic bird-related hypersensitivity pneumonitis. Respiratory Investigation. 2016.11; 54 (6): 454-461. ( PubMed, DOI )

  17. Kozo Suhara, Yasunari Miyazaki, Tsukasa Okamoto, Masahiro Ishizuka, Kimitake Tsuchiya, Naohiko Inase. Fragmented gelsolins are increased in rheumatoid arthritis-associated interstitial lung disease with usual interstitial pneumonia pattern. Allergology International. 2016.01; 65 (1): 88-95. ( PubMed, DOI )

  18. Makito Yasui, Yasunari Miyazaki, Keiko Mitaka, Masahiro Ishizuka, Koji Unoura, Meiyo Tamaoka, Yuki Sumi, Naohiko Inase. Epithelial-mesenchymal transition in chronic hypersensitivity pneumonitis. Journal of medical and dental sciences. 2012.03; 59 (1): 29-41. ( PubMed )

  19. 石塚 聖洋, 越智 淳一. アレクチニブが原発巣と胃転移巣で異なる効果を認めたALK陽性肺癌の一例 肺癌. 2018.06; 58 (3): 231-236. ( DOI )

  20. 尾形 朋之,土屋 公威,石塚 聖洋,岡本 師,白井 剛,増尾 昌宏,筒井 俊晴,坂下 博之,宮崎 泰成,稲瀬 直彦. 気腫を伴う慢性過敏性肺炎の臨床的検討 日本呼吸器学会誌. 2014.03; 3 (2): 214-220.

  21. 駒崎 義利,角 勇樹,筒井 俊晴,石塚 聖洋,岡本 師,藤江 俊秀,玉岡 明洋,坂下 博之,宮崎 泰成,稲瀬 直彦. 器質化肺炎を呈したIgG4関連肺疾患の1例 日本胸部臨床. 2013.03; 72 (3): 306-311.

  22. 尾形 朋之, 土屋 公威, 園田 史朗, 山内 秀太, 石塚 聖洋, 根井 雄一郎, 藤江 俊秀, 稲瀬 直彦. びまん性肺胞傷害を認めたテムシロリムスによる薬剤性肺障害の1例 気管支学. 2012.11; 34 (6): 568-572.

  23. 石塚 聖洋,宮崎 泰成,岡本 師,駒崎 義利,玉岡 明洋,瀬山 邦明,稲瀬 直彦. 気胸の家族歴と特徴的なCT所見を認めたBirt-Hogg-Dubé症候群の一例 お茶の水医学雑誌. 2012.03; 60 113-117.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 滝澤 始,竹内 万彦,前田 豊樹,福冨 友馬,松倉 節子,山口 正雄,土橋 邦生,原田 広顕,坂部 貢,大久保 公裕,谷口 正美,中村 陽一,扇谷 昌宏,石塚 聖洋,藤原 清宏. 呼吸器内科 31巻第3号 特集 呼吸器診療に必要な臨床アレルギー学. 科学評論社, 2017.03 過敏性肺炎の吸入誘発試験の実際

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ishizuka M, Inoue Y, Honda T, Miyazaki Y. A Single-Center Prospective Cohort Study of Diagnostic Procedure of Interstitial Pneumonia in Clinical Setting; The Importance of Distinguishing Chronic Hypersensitivity Pneumonitis from Idiopathic Pulmonary Fibrosis. ATS 2019 INTERNATIONAL CONFERENCE 2019.05.19 Dallas, Texas, US

  2. Masahiro Ishizuka, Yasunari Miyazaki, Naohiko Inase. Validation of new prediction score in inhalation provocation test for chronic hypersensitivity pneumonitis. ATS 2017 2017.05.23 Washington, DC. Walter E. Washignton Convention Center

  3. Masahiro Ishizuka, Yasunari Miyazaki, Tomoya Tateishi, Haruhiko Furusawa, Kimitake Tsuchiya, Toshihide Fujie, Meiyo Tamaoka, Hiroyuki Sakashita, Yuki Sumi, Naohiko Inase. Basophils in a murine model of bird-related hypersensitivity pneumonitis.. ATS 2013 2013.05.21 Philadelphia Pennsylvania

  4. 石塚 聖洋, 井上 幸久, 宮崎 泰成. 当院における間質性肺炎初診時からの前向き報告. 第68回日本アレルギー学会学術大会 2019.06.15 東京(東京国際フォーラム)

  5. 石塚 聖洋, 井上 幸久, 惠島 将, 宮崎 泰成. 当院における未治療間質性肺炎に対しての前向き研究の中間報告. 第59回日本呼吸器学会学術講演会 2019.04.14 東京(東京国際フォーラム)

  6. 石塚 聖洋,井上 幸久,宮崎 泰成,稲瀬 直彦. 慢性過敏性肺炎における抗原吸入誘発後のVC・FVCの経時的推移. 第67回日本アレルギー学会学術大会 2018.06.24 幕張メッセ/ホテルニューオータニ幕張

  7. 石塚 聖洋,井上 幸久,宮崎 泰成,稲瀬 直彦. 慢性過敏性肺炎における抗原吸入誘発後呼吸機能検査の有用性の検討. 第58回日本呼吸器学会学術講演会 2018.04.29 大阪国際会議場

  8. 石塚 聖洋,井上 幸久,宮崎 泰成,稲瀬 直彦. 慢性過敏性肺炎における吸入誘発試験の新判定基準に対する検証. 第66回日本アレルギー学会学術大会 2017.06.16 東京国際フォーラム

  9. 石塚 聖洋,井上 幸久,宮崎 泰成,稲瀬 直彦. 過敏性肺炎における吸入誘発試験の新判定基準に対する検証. 第57回日本呼吸器学会学術講演会 2017.04.23 東京国際フォーラム

  10. 石塚 聖洋,宮崎 泰成,須原 宏造,岡本 師,立石 知也,古澤 春彦,土屋 公威,藤江 俊秀,玉岡 明洋,坂下 博之,角 勇樹,稲瀬 直彦. 抗原吸入誘発試験の有用性と安全性の検討. 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014.05.10 国立京都国際会館

  11. 石塚 聖洋、宮崎 泰成、須原 宏造、岡本 師、立石 知也、古澤 春彦、土屋 公威、藤江 俊秀、玉岡 明洋、坂下 博之、角 勇樹、稲瀬 直彦. 抗原吸入誘発試験の有用性と安全性の検討. 第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2014.04.14 国立京都国際会館

  12. 石塚 聖洋、宮崎 泰成、須原 宏造、筒井 俊晴、安井 牧人、小松崎 恵子、立石 知也、古澤 春彦、稲瀬 直彦. 鳥関連過敏性肺炎マウスモデルにおけるTh17の関与. 第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.04.20 東京国際フォーラム

  13. 石塚 聖洋、土屋 公威、藤江 俊秀、玉岡 明洋、坂下 博之、宮崎 泰成、角 勇樹、稲瀬 直彦. 当院における間質性肺炎初回入院患者102例の臨床的検討. 第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.04.20 神戸国際会議場・展示場・ポートピアホテル

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 研究奨励賞,東京呼吸病態研究会,2015年11月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器内科,2018年 - 現在

  • 呼吸器内科,2015年 - 2016年

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 災害対策委員,2018年04月 - 現在

  • クリニカルクラークシップチューター,2020年04月 - 現在

  • 内視鏡係,2018年04月 - 現在

  • 医療材料担当者,2018年04月 - 現在

  • クリニカル・リサーチマネージャー,2018年04月 - 2020年03月

  • 環境安全管理担当者,2018年04月 - 2020年03月

  • 廃液管理担当者,2018年04月 - 2020年03月

  • 毒物劇物管理者,2018年04月 - 2020年03月

  • 化学物質管理担当者,2018年04月 - 2020年03月

▼全件表示