基本情報

写真a

大西 威一郎(オオニシ イイチロウ)

ONISHI Iichiroh


職名

助教

生年

1979年

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2008年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2016年06月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 疾患バイオリソースセンター 特任助教
  • 2016年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2020年06月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 病理部 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 病理部 助教

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨髄微小環境の構築、骨髄腫瘍の解析,2014年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オートファゴソーム形成に着目した骨髄異形成症候群の予後解析と層別化

    文部科学省/日本学術振興会

  • 脱細胞化骨を用いた、新しい人工ヒト骨髄およびヒト骨髄異形成症候群モデルの作成

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Fujioka T, Mori M, Yashima Y, Yamaga E, Oyama J, Yokoyama K, Kubota K, Oda G, Nakagawa T, Onishi I, Tateishi U. A useful case of ultrasound-guided axillary lymph node aspiration in a breast cancer patient with improved needle visibility. Radiology case reports. 2021.11; 16 (11): 3295-3299. ( PubMed, DOI )

  2. Oda G, Nakagawa T, Uemura N, Mori H, Mori M, Fujioka T, Onishi I, Uetake H. Immediate breast reconstruction is oncologically safe for node-positive patients: Comparison using propensity score matching. Medicine. 2021.09; 100 (36): e27184. ( PubMed, DOI )

  3. Sekine Y, Yamamoto K, Kurata M, Honda A, Onishi I, Kinowaki Y, Kawade G, Watabe S, Nomura S, Fukuda S, Ishibashi S, Ikeda M, Yamamoto M, Kitagawa M. HADHB, a fatty acid beta-oxidation enzyme, is a potential prognostic predictor in malignant lymphoma. Pathology. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  4. Kinowaki Y, Taguchi T, Onishi I, Kirimura S, Kitagawa M, Yamamoto K. Overview of Ferroptosis and Synthetic Lethality Strategies. International journal of molecular sciences. 2021.08; 22 (17): ( PubMed, DOI )

  5. Fujioka T, Mori M, Kubota K, Yamaga E, Yashima Y, Oda G, Nakagawa T, Onishi I, Ishiba T, Tateishi U. Clinical Usefulness of Ultrasound-Guided Fine Needle Aspiration and Core Needle Biopsy for Patients with Axillary Lymphadenopathy. Medicina (Kaunas, Lithuania). 2021.07; 57 (7): ( PubMed, DOI )

  6. Mori M, Fujioka T, Kubota K, Katsuta L, Yashima Y, Nomura K, Yamaga E, Tsuchiya J, Hosoya T, Oda G, Nakagawa T, Onishi I, Tateishi U. Relationship between Prognostic Stage in Breast Cancer and Fluorine-18 Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography/Computed Tomography. Journal of clinical medicine. 2021.07; 10 (14): ( PubMed, DOI )

  7. Ikeda Sadakatsu, Kudo Ryo, Yamashita Yamato, Noji Rika, Yokobori Jyunko, Ohki Mika, Takamine Eriko, Kobayashi Yumi, Egawa Makiko, Ebana Yusuke, Kimura Koichiro, Yokoyama Kohta, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Kirimura Susumu, Kinowaki Yuko, Tanimoto Kosuke, Miya Fuyuki, Kano Yoshihito, Yoshida Masayuki, Miyake Satoshi. Clinical utility of multi-disciplinary expert panel discussion in precision cancer medicine ANNALS OF ONCOLOGY. 2021.07; 32 S287. ( DOI )

  8. Fujioka T, Mori M, Onishi I, Yashima Y, Yamaga E, Oyama J, Yokoyama K, Kubota K, Oda G, Nakagawa T, Tateishi U. A Rare Case of Primary Breast Osteosarcoma Evaluated with Multiple Modalities. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2021.06; 11 (7): ( PubMed, DOI )

  9. Ogawa A, Nakagawa T, Oda G, Hosoya T, Hayashi K, Yoshino M, Mori H, Uemura N, Fujioka T, Mori M, Onishi I, Igari K, Uetake H. Study of the protocol used to evaluate skin-flap perfusion in mastectomy based on the characteristics of indocyanine green. Photodiagnosis and photodynamic therapy. 2021.06; 35 102401. ( PubMed, DOI )

  10. Oda G, Nakagawa T, Uemura N, Mori H, Mori M, Fujioka T, Onishi I, Uetake H. Axillary lymph node recurrence in patients with breast cancer who underwent breast reconstruction using a latissimus dorsi flap after mastectomy. Molecular and clinical oncology. 2021.03; 14 (3): 49. ( PubMed, DOI )

  11. Matsudera Shotaro, Kano Yoshihito, Aoyagi Yasuko, Tohyama Kohki, Takahashi Kenta, Kumaki Yuichi, Mitsumura Takahiro, Kimura Koichiro, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Ban Daisuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ogino Kei, Watanabe Shun, Tani Yukiko, Yamaguchi Takeshi, Nakajima Masanobu, Morita Shinji, Yamaguchi Satoru, Takagi Masatoshi, Ishikawa Toshiaki, Nakagawa Tsuyoshi, Okamoto Kentaro, Uetake Hiroyuki, Tanabe Minoru, Miyake Satoshi, Tsuchioka Takashi, Kojima Kazuyuki, Ikeda Sadakatsu. A Pilot Study Analyzing the Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling Using Plasma Cell-Free DNA for Solid Tumor Patients in Japan (PROFILE Study) ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2021.03; ( DOI )

  12. Taguchi T, Kurata M, Onishi I, Kinowaki Y, Sato Y, Shiono S, Ishibashi S, Ikeda M, Yamamoto M, Kitagawa M, Yamamoto K. SECISBP2 is a novel prognostic predictor that regulates selenoproteins in diffuse large B-cell lymphoma. Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology. 2021.02; 101 (2): 218-227. ( PubMed, DOI )

  13. Oda G, Nakagawa T, Ogawa A, Kumaki Y, Hosoya T, Sugimoto H, Ishiba T, Mio M, Fujioka T, Kubota K, Onishi I, Uetake H. Predictors for upstaging of ductal carcinoma <i>in situ</i> (DCIS) to invasive carcinoma in non-mass-type DCIS. Molecular and clinical oncology. 2020.07; 13 (1): 67-72. ( PubMed, DOI )

  14. Takeda T, Ito T, Onishi I, Yokomura M, Kawashima Y, Fujikawa T, Tsutsumi T. Denosumab-induced osteonecrosis of external auditory canal. Auris, nasus, larynx. 2020.07; ( PubMed, DOI )

  15. Takahashi Kenta, Gen Yasuyuki, Tanimoto Kousuke, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ban Daisuke, Takemoto Akira, Onishi Iichiro, Kumaki Yuichi, Yokobori Junko, Takamine Eriko, Kano Yoshihito, Miyake Satoshi, Miyasaka Naoyuki, Tanabe Minoru, Inazawa Johji, Ikeda Sadakatsu. Clinical impact of hemizygous deletion detection and panel-size in comprehensive genomic profiling. JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2020.05; 38 (15):

  16. Kitagawa M, Kurata M, Onishi I, Yamamoto K. Bone marrow niches in myeloid neoplasms. Pathology international. 2020.02; 70 (2): 63-71. ( PubMed, DOI )

  17. Kitagawa Masanobu, Kurata Morito, Onishi Iichiroh, Yamamoto Kouhei. Bone marrow niches in myeloid neoplasms(和訳中) Pathology International. 2020.02; 70 (2): 63-71. ( 医中誌 )

  18. Yamamoto A, Kurata M, Onishi I, Sugita K, Matsumura M, Ishibashi S, Ikeda M, Yamamoto K, Kitagawa M. CRISPR screening identifies M1AP as a new MYC regulator with a promoter-reporter system. PeerJ. 2020; 8 e9046. ( PubMed, DOI )

  19. Mori M, Fujioka T, Katsuta L, Tsuchiya J, Kubota K, Kasahara M, Oda G, Nakagawa T, Onishi I, Tateishi U. Diagnostic performance of time-of-flight PET/CT for evaluating nodal metastasis of the axilla in breast cancer. Nuclear medicine communications. 2019.07; ( PubMed, DOI )

  20. Nogawa Daichi, Gulinisha Aihemaiti, Yamamoto Akiko, Onishi Iichiroh, Kurata Morito, Miyasaka Naoyuki, Yamamoto Kohei, Kitagawa Masanobu. Subcellular localization of MCM2 correlates with the prognosis of ovarian clear cell carcinoma CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 503.

  21. Sano T, Kobayashi Z, Takaoka K, Ota K, Onishi I, Iizuka M, Tomimitsu H, Shintani S. Retrobulbar optic neuropathy associated with sphenoid sinus mucormycosis. Neurology and clinical neuroscience. 2018.09; 6 (5): 146-147. ( PubMed, DOI )

  22. Sano Tatsuhiko, Kobayashi Zen, Takaoka Ken, Ota Kiyobumi, Onishi Iichiroh, Iizuka Mihoko, Tomimitsu Hiroyuki, Shintani Shuzo. Retrobulbar optic neuropathy associated with sphenoid sinus mucormycosis(和訳中) Neurology and Clinical Neuroscience. 2018.09; 6 (5): 146-147. ( 医中誌 )

  23. 野川 大地, グリニサ・アヒマティ , 山本 阿紀子, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 宮坂 尚幸, 山本 浩平, 北川 昌伸. 卵巣癌におけるMCM2タンパクの細胞内局在に着目した臨床病理学的検討(Subcellular localization of MCM2 correlates with the prognosis of ovarian clear cell carcinoma) 日本癌学会総会記事. 2018.09; 77回 751. ( 医中誌 )

  24. Aihemaiti G, Kurata M, Nogawa D, Yamamoto A, Mineo T, Onishi I, Kinowaki Y, Jin XH, Tatsuzawa A, Miyasaka N, Kitagawa M, Yamamoto K. Subcellular localization of MCM2 correlates with the prognosis of ovarian clear cell carcinoma. Oncotarget. 2018.06; 9 (46): 28213-28225. ( PubMed, DOI )

  25. 野川 大地, グリニサ・アヒマティ , 山本 阿紀子, 立澤 杏奈, 峰尾 竜徳, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 宮坂 尚幸, 山本 浩平, 北川 昌伸. 卵巣癌におけるMCM2タンパクの細胞内局在に着目した臨床病理学的検討(Subcellular localization of MCM2 correlates with the prognosis of ovarian clear cell carcinoma) 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 389. ( 医中誌 )

  26. Kinowaki Yuko, Yamamoto Kohei, Kurata Morito, Onishi Iichiroh, Kitagawa Masanobu. Clinico-pathological analysis of GPX4 expression in Diffuse large B cell lymphoma CANCER SCIENCE. 2018.01; 109 683.

  27. 木脇 祐子, 山本 浩平, 倉田 盛人, 大西 威一郎, 北川 昌伸. びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるGPX4の臨床病理学的検討 日本癌学会総会記事. 2017.09; 76回 P-2230. ( 医中誌 )

  28. Naoki Kasahata, Tomohide Sato, Iichiroh Onishi, Masanobu Kitagawa, Toshiki Uchihara, Katsuiku Hirokawa. Three-Repeat Tau with Grain-Like Structures and Distribution in an 83-Year-Old Man. J. Alzheimers Dis.. 2017.06; 58 (3): 681-685. ( PubMed, DOI )

  29. 木脇 祐子, 山本 浩平, 倉田 盛人, 大西 威一郎, 北川 昌伸. びまん性大細胞リンパ腫におけるGPX4の臨床病理学的検討(Clinico-pathological analysis of GPX4 expression in diffuse large B cell lymphoma) 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 464. ( 医中誌 )

  30. Ayano Imai, Hiroshi Takase, Ken-Ichi Imadome, Go Matsuda, Iichiro Ohnishi, Kouhei Yamamoto, Takumi Kudo, Yoji Tanaka, Taketoshi Maehara, Osamu Miura, Ayako Arai. Development of Extranodal NK/T-cell Lymphoma Nasal Type in Cerebrum Following Epstein-Barr Virus-positive Uveitis. Intern. Med.. 2017.02; 56 (11): 1409-1414. ( PubMed, DOI )

  31. Miyamoto Norikazu, Kurata Morito, Nagiri Toshiya, Abe Shinya, Yamamoto Kouhei, Onishi Iichiroh, Kirimura Susumu, Murayama Toshihiko, Hidaka Michihiro, Kitagawa Masanobu. Differential expression of ACINUS variants in bone marrow in myelodysplastic syndromes INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY. 2017; 10 (4): 4330-4338.

  32. 家村 綾子, 柳町 昌克, 田崎 彰久, 廣田 由佳, 大西 威一郎, 神谷 尚宏, 津島 文彦, 原田 浩之, 木下 伊寿美, 孝橋 賢一, 小田 義直, 高木 正稔, 明石 巧, 朝蔭 孝宏, 森尾 友宏. 出生時から開口障害を認めたデスモイド型線維腫症 日本小児科学会雑誌. 2021.04; 125 (4): 619-624. ( 医中誌 )

  33. 奈良 篤, 宇田川 勝, 大西 威一郎, 末吉 国誉, 五木田 憲太郎, 渡辺 雄一郎, アディクリスナ・ラマ . 5回の手術治療を含む集学的治療を行い長期生存が得られた進行再発直腸癌の1例 癌と化学療法. 2020.01; 47 (1): 114-116. ( 医中誌 )

  34. 熊木 裕一, 高橋 健太, 三ツ村 隆弘, 横堀 潤子, 高嶺 恵理子, 石橋 恵理, 坂下 博之, 石川 敏昭, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 大島 乃里子, 中川 剛士, 木村 浩一朗, 久保田 一徳, 大西 威一郎, 田邉 稔, 植竹 宏之, 三宅 智, 池田 貞勝. FoundationOne CDx検査を用いたがんゲノム解析の臨床的有用性(PROFILE-F Study) 癌と化学療法. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( 医中誌 )

  35. 大西 威一郎, 倉田 盛人. 【新しい解析技術の展開】CRISPR/Cas9 screeningとその応用 臨床免疫・アレルギー科. 2019.09; 72 (3): 287-292. ( 医中誌 )

  36. 上杉 豪, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 佐々木 亨, 大西 威一郎, 田村 聡史, 鈴木 志郎, 藤田 浩二, 大川 淳. Guyon管に発生し尺骨神経麻痺をきたした脂肪腫の一例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 31 (3): 367. ( 医中誌 )

  37. 高野 哲史, 片山 優希, 小川 晋一, 大西 威一郎, 小林 禅, 石原 正一郎, 冨滿 弘之, 新谷 周三. 悪性リンパ腫による眼窩先端部症候群の80歳女性例 臨床神経学. 2019.05; 59 (5): 298. ( 医中誌 )

  38. 杉田 佳祐, 倉田 盛人, 中山 蘭, 大西 威一郎, 山本 浩平, 北川 昌伸. CRISPR libraryを用いた細胞相互作用における薬剤耐性機序の解明 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 500. ( 医中誌 )

  39. 大西 威一郎, 倉田 盛人, 山本 浩平, 北川 昌伸. オートファゴソーム形成に着目した骨髄異形成症候群の予後解析 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 420. ( 医中誌 )

  40. 山崎 佳穗, 竹中 健人, 日比谷 秀爾, 勝倉 暢洋, 仁部 洋一, 根本 泰宏, 鬼澤 道夫, 新田 沙由梨, 村川 美也子, 北畑 富貴子, 藤井 俊光, 岡田 英理子, 柿沼 晴, 岡本 隆一, 中川 美奈, 大島 茂, 福田 将義, 山内 慎一, 大西 威一郎, 大塚 和朗, 渡辺 守. 貧血を契機に小腸バルーン内視鏡で診断されたLST様回腸腫瘍の一例 Progress of Digestive Endoscopy. 2018.06; 93 (Suppl.): s105. ( 医中誌 )

  41. 小田 剛史, 中川 剛士, 笠原 舞, 石場 俊之, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 非浸潤癌に対する治療 DCIS針生検検体におけるHER2検査の意義 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 541. ( 医中誌 )

  42. 大西 威一郎, 倉田 盛人, 山本 浩平, 北川 昌伸. オートファゴソーム形成に着目した骨髄異形成症候群の予後解析 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 358. ( 医中誌 )

  43. 木脇 祐子, 山本 浩平, 倉田 盛人, 大西 威一郎, 北川 昌伸. GPX4はびまん性大細胞型B細胞リンパ腫においてROS誘導性の細胞死を抑制する 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 357. ( 医中誌 )

  44. 太田 浄文, 小関 紗代, 池上 謙次, 大西 威一郎, 冨滿 弘之, 新谷 周三. 首下がりで発症した原発性副甲状腺機能亢進症性ミオパチーの1例 臨床神経学. 2018.03; 58 (3): 193-197. ( 医中誌 )

  45. Ota K, Koseki S, Ikegami K, Onishi I, Tomimitsu H, Shintani S. [Dropped head syndrome as first manifestation of primary hyperparathyroid myopathy]. Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology. 2018.03; 58 (3): 193-197. ( PubMed, DOI )

  46. 小田剛史、中川剛士、福田未緒、石場俊之、久保田一徳、藤岡友之、大西威一郎、植竹宏之. 感染を伴う潰瘍を形成した乳癌局所再発の1例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1850-1852.

  47. 宇田川 勝, 水野 裕貴, 大西 威一郎, 杉下 哲夫, 角田 悟, 村瀬 芳樹, 渡辺 雄一郎, アディクリスナ・ラマ . 集学的治療にてSchnitzler転移が消失し長期生存中の腹腔洗浄細胞診陽性胃癌の1例 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1626-1628. ( 医中誌 )

  48. 小田 剛史, 中川 剛士, 福田 未緒, 石場 俊之, 久保田 一徳, 藤岡 友之, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 感染を伴う潰瘍を形成した乳癌局所再発の1例 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1850-1852. ( 医中誌 )

  49. 福田 未緒, 小田 剛史, 中川 剛士, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 秋田 くらら, 大西 威一郎, 明石 巧, 秋山 太, 植竹 宏之. 腺筋上皮腫が悪性転化し局所再発した1例 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2017.07; 25回 645. ( 医中誌 )

  50. 久下 晶子, 渡邊 稔之, 竹村 友秀, 成川 研介, 中司 峰生, 大西 威一郎, 瀧 和博, 櫻井 うらら, 長田 薫. 胃全摘10年後に骨髄癌腫症で再発した印環細胞癌の一例 日本病院総合診療医学会雑誌. 2017.07; 13 (1): 94. ( 医中誌 )

  51. 新宅 洋, 大西 威一郎, 星野 顕宏, 西村 聡, 北川 昌伸. 臍帯血移植後に形質細胞性の移植後リンパ増殖症を発症し、複数の自己免疫疾患を合併した1例 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 474. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 大西 威一郎, 倉田 盛人, 山本 浩平, 木村 剛, 岸田 晶夫, 北川 昌伸. 脱細胞化骨を用いた、ヒト骨髄微小環境再構築の試み. 日本癌学会総会記事 2020.10.01

  2. 田口 登和子, 山本 浩平, 木脇 祐子, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 山本 正英, 北川 昌伸. びまん性大細胞性リンパ腫においてSECISBP2はセレノプロテインを調整する新規の予後予測因子になりうる. 日本癌学会総会記事 2020.10.01

  3. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 青柳 康子, 遠山 皓基, 木村 浩一朗, 大西 威一郎, 竹本 暁, 荻野 恵, 岡本 健太郎, 植竹 宏之, 田邉 稔, 三宅 智, 土岡 丘, 小嶋 一幸, 池田 貞勝. Liquid biopsyが変えるがん治療 がんゲノム医療におけるリキッドバイオプシーの臨床的有用性の検討. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2020.10.01

  4. 倉田 盛人, 大西 威一郎, 山本 浩平, 北川 昌伸. CRISPR libraryを用いたNRAS発現調整可能THP-1細胞株によるシグナル解析. 日本癌学会総会記事 2020.10.01

  5. 野川 大地, グリニサ・アヒマティ , 山本 阿紀子, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 宮坂 尚幸, 山本 浩平, 北川 昌伸. 卵巣癌におけるMCM2タンパクの細胞内局在に着目した臨床病理学的検討(Subcellular localization of MCM2 correlates with the prognosis of ovarian clear cell carcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  6. 野川 大地, グリニサ・アヒマティ , 山本 阿紀子, 立澤 杏奈, 峰尾 竜徳, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 宮坂 尚幸, 山本 浩平, 北川 昌伸. 卵巣癌におけるMCM2タンパクの細胞内局在に着目した臨床病理学的検討(Subcellular localization of MCM2 correlates with the prognosis of ovarian clear cell carcinoma). 日本病理学会会誌 2019.04.01

  7. 野地 理夏, 加納 嘉人, 平井 秀明, 山下 大和, 工藤 亮, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 大西 威一郎, 三浦 雅彦, 吉村 亮一, 三宅 智, 池田 貞勝, 原田 浩之. がんゲノム解析によりニボルマブ耐性機構が示唆された再発頬粘膜癌の一例. 頭頸部癌 2021.05.01

  8. 林 久美子, 中川 剛士, 吉野 真穂, 小川 あゆみ, 細矢 徳子, 小田 剛史, 森 美央, 藤岡 友之, 大西 威一郎, 森 弘樹. 再建乳頭の潰瘍化により局所再発が判明した乳癌の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2021.04.01

  9. 印南 優衣, 小川 あゆみ, 林 久美子, 吉野 真穂, 細矢 徳子, 小田 剛史, 中川 剛士, 森 美央, 藤岡 友之, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 乳房全切除後のドレーンの留置期間の検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2021.04.01

  10. 小川 あゆみ, 林 久美子, 吉野 真穂, 細矢 徳子, 杉本 斉, 小田 剛史, 中川 剛士, 森 美央, 藤岡 友之, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 乳房切除におけるインドシアニングリーンを用いた皮弁血流の測定と皮弁壊死の予測に関する検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2021.04.01

  11. 大西 威一郎, 倉田 盛人, 山本 浩平, 北川 昌伸. 骨髄の病理:基礎から病理診断まで 骨髄の病理診断. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  12. 小柳 杏莉, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 藪中 傑, 木村 剛, 岸田 晶夫, 北川 昌伸. 脱細胞化骨への侵入に必要な間葉系幹細胞の因子の同定. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  13. 川出 玄二, 山本 浩平, 龍澤 杏奈, 有賀 縁, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 北川 昌伸. 肝細胞癌における4-hydroxylnonenal蓄積の臨床病理学的検討及び4-hydroxylnonenal代謝カスケードの検索. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  14. 綾部 真弥, 倉田 盛人, 関根 正喜, 杉田 佳祐, 大西 威一郎, 山本 浩平, 新井 文子, 明石 巧, 北川 昌伸. EB virus in situ hybridizationとT細胞マーカー二重染色法の検討. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  15. 田中 陽典, 倉田 盛人, 上林 秀孝, 亘 優季, 山本 阿紀子, 大西 威一郎, 山本 浩平, 北川 昌伸. CRISPR activation libraryを用いたMYCの転写活性化因子の探求. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  16. 平河内 悠, 倉田 盛人, 古野 秀裕, 亘 優季, 大西 威一郎, 山本 浩平, Largaespada David, 北川 昌伸. CRISPR activation libraryを用いたNRASシグナルの解析. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  17. 杉田 佳祐, 倉田 盛人, 中山 蘭, 大西 威一郎, 山本 浩平, 北川 昌伸. CRISPR KO libraryを用いた細胞間相互作用により誘導される薬剤耐性の解明. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  18. 吉野 真穂, 小川 あゆみ, 細矢 徳子, 笠原 舞, 小田 剛史, 中川 剛士, 大西 威一郎, 藤岡 友之. 線維腺腫内への特異な浸潤型式を呈した乳癌の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2021.02.01

  19. 中川 剛士, 小田 剛史, 熊木 裕一, 若菜 公雄, 大島 乃里子, 中村 玲子, 高橋 健太, 吉田 雅幸, 甲畑 宏子, 植竹 宏之, 大西 威一郎. 5臓器7病変の多臓器多発癌を発症したLynch症候群の1例. 癌と化学療法 2020.12.01

  20. 田中 萌子, 石川 智則, 齋藤 和毅, 大西 威一郎, 明石 巧, 宮坂 尚幸. 子宮内膜症性嚢胞を合併した不妊症患者に対して腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術を施行し、類内膜境界悪性腫瘍の診断に至った一例. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2020.11.01

  21. 本橋 正隆, 小柳 広高, 瀬川 裕子, 佐藤 信吾, 大西 威一郎, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨髄炎と鑑別を要した母趾末節骨類骨骨腫の1例. 臨床整形外科 2020.10.01

  22. 小川 あゆみ, 林 久美子, 吉野 真穂, 細矢 徳子, 杉本 斉, 小田 剛史, 中川 剛士, 森 美央, 藤岡 友之, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 乳癌を併発したWerner症候群の1例. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2020.10.01

  23. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 遠山 皓基, 青柳 康子, 木村 浩一朗, 大西 威一郎, 竹本 暁, 荻野 恵, 岡本 健太郎, 植竹 宏之, 土岡 丘, 小嶋 一幸, 高木 正稔, 三宅 智, 池田 貞勝. 小児・AYA世代の固形がん患者におけるがん遺伝子パネル検査の有用性の検討. 日本小児外科学会雑誌 2020.09.01

  24. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 遠山 皓基, 青柳 康子, 熊木 裕一, 高橋 健太, 木村 浩一朗, 大西 威一郎, 荻野 恵, 伴 大輔, 中川 剛士, 高木 正稔, 石川 敏明, 岡本 健太郎, 植竹 宏之, 田邊 稔, 土岡 丘, 小嶋 一幸, 三宅 智, 池田 貞勝. がんゲノム医療におけるリキッドバイオプシーの有用性の検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020.08.01

  25. 山本 浩平, 倉田 盛人, 大西 威一郎, 桐村 進, 木脇 祐子, 北川 昌伸. 骨髄の病理とゲノム異常 骨髄微小環境の変化からみた骨髄系腫瘍の病態把握. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  26. 川出 玄二, 山本 浩平, 立澤 杏奈, 大西 威一郎, 倉田 盛人, 北川 昌伸. 肝細胞癌におけるGPX4の臨床病理学的検討. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  27. 大西 威一郎, 倉田 盛人, 山本 浩平, 木村 剛, 岸田 晶夫, 北川 昌伸. 脱細胞化骨組織を用いたヒト骨髄微小環境の構築. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  28. 田口 登和子, 山本 浩平, 倉田 盛人, 大西 威一郎, 北川 昌伸. 悪性リンパ腫におけるSBP2とセレノプロテイン発現についての臨床病理学的検討. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  29. 平河内 悠, 倉田 盛人, 古野 秀裕, 大西 威一郎, 山本 浩平, David Largaespada, 山田 哲夫, 北川 昌伸. CRISPR libraryを用いたNRASシグナルの解析. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  30. 綾部 真弥, 倉田 盛人, 関根 正喜, 杉田 佳祐, 大西 威一郎, 山本 浩平, 新井 文子, 明石 巧, 北川 昌伸. CAEBV診断に向けたEB virus in situ hybridizationとT細胞マーカー2重染色法の検証. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  31. 杉田 佳祐, 倉田 盛人, 中山 蘭, 大西 威一郎, 山本 浩平, 北川 昌伸. CRISPR KO libraryを用いた細胞相互作用における薬剤耐性機序の解明. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  32. 中山 蘭, 倉田 盛人, 山本 阿紀子, 山本 浩平, 大西 威一郎, 小松 博義, 北川 昌伸. CRISPR libraryを用いたMYCの転写活性の制御に関わる分子のスクリーニング. 日本病理学会会誌 2020.03.01

  33. 任 洋輝, 馬渕 卓, 佐々木 真理, 山本 くらら, 大西 威一郎, 酒井 和久, 山田 徹, 竹村 洋典. 心肺停止蘇生後にParoxysmal Sympathetic Hyperactivityを呈したAggrecan遺伝子変異を有する1例. 日本内科学会関東地方会 2020.02.01

  34. 矢部 早希子, 小田 剛史, 中川 剛士, 笠原 舞, 熊木 裕一, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 広背筋皮弁再建を施行した腋窩副乳癌の1例. 癌と化学療法 2020.02.01

  35. 宇田川 勝, 大西 威一郎, 奈良 篤, 末吉 国誉, 新井 聡大, 村瀬 芳樹, 杉下 哲夫, 五木田 憲太郎, 渡辺 雄一郎, アディクリスナ ラマ. NAC後に根治術を施行し腹膜播種転移に対してNivolumabで長期無増悪生存中の胃癌の1例. 癌と化学療法 2020.02.01

  36. 宮本 佳奈, 伊藤 孝美, 小川 晋一, 大西 威一郎, 冨井 翔平. 長期間にわたる胸水貯留の経過中に原発性体腔液リンパ腫類似リンパ腫と診断された2例. 臨床血液 2019.10.01

  37. 久保田 一徳, 藤岡 友之, 森 美央, 勝田 玲於奈, 菊池 夕絵, 野村 京子, 中川 剛士, 小田 剛史, 笠原 舞, 大西 威一郎, 立石 宇貴秀. 乳房画像診断のQuality Indicator作成の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  38. 小田剛史, 中川剛士, 笠原舞, 石場俊之, 藤岡友之, 久保田一徳, 大西威一郎, 植竹宏之. 非浸潤癌に対する治療 DCIS針生検検体におけるHER2検査の意義. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  39. 小田剛史、中川剛士、福田未緒、石場俊之、大西威一郎 藤岡友之 久保田徳、植竹宏之.. 感染を伴う潰瘍を形成した 乳癌局所再発の一例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  40. 廣田由佳、大西威一郎、明石巧. Melanotic neuroectodermal tumor of infancyの一例. 第105回 日本病理学会総会 2016.04

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍学ブロック,2014年 - 2017年