基本情報

写真a

大西 威一郎(オオニシ イイチロウ)

ONISHI Iichiroh


職名

助教

生年

1979年

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2008年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2016年06月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 疾患バイオリソースセンター 特任助教
  • 2016年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2020年06月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 病理部 助教
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨髄微小環境の構築、骨髄腫瘍の解析,2014年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オートファゴソーム形成に着目した骨髄異形成症候群の予後解析と層別化

    文部科学省/日本学術振興会

  • 脱細胞化骨を用いた、新しい人工ヒト骨髄およびヒト骨髄異形成症候群モデルの作成

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Fujioka T, Mori M, Kubota K, Yamaga E, Yashima Y, Oda G, Nakagawa T, Onishi I, Ishiba T, Tateishi U. Clinical Usefulness of Ultrasound-Guided Fine Needle Aspiration and Core Needle Biopsy for Patients with Axillary Lymphadenopathy. Medicina (Kaunas, Lithuania). 2021.07; 57 (7): ( PubMed, DOI )

  • Mori M, Fujioka T, Kubota K, Katsuta L, Yashima Y, Nomura K, Yamaga E, Tsuchiya J, Hosoya T, Oda G, Nakagawa T, Onishi I, Tateishi U. Relationship between Prognostic Stage in Breast Cancer and Fluorine-18 Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography/Computed Tomography. Journal of clinical medicine. 2021.07; 10 (14): ( PubMed, DOI )

  • Ikeda Sadakatsu, Kudo Ryo, Yamashita Yamato, Noji Rika, Yokobori Jyunko, Ohki Mika, Takamine Eriko, Kobayashi Yumi, Egawa Makiko, Ebana Yusuke, Kimura Koichiro, Yokoyama Kohta, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Kirimura Susumu, Kinowaki Yuko, Tanimoto Kosuke, Miya Fuyuki, Kano Yoshihito, Yoshida Masayuki, Miyake Satoshi. Clinical utility of multi-disciplinary expert panel discussion in precision cancer medicine ANNALS OF ONCOLOGY. 2021.07; 32 S287. ( DOI )

  • Fujioka T, Mori M, Onishi I, Yashima Y, Yamaga E, Oyama J, Yokoyama K, Kubota K, Oda G, Nakagawa T, Tateishi U. A Rare Case of Primary Breast Osteosarcoma Evaluated with Multiple Modalities. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2021.06; 11 (7): ( PubMed, DOI )

  • Ogawa A, Nakagawa T, Oda G, Hosoya T, Hayashi K, Yoshino M, Mori H, Uemura N, Fujioka T, Mori M, Onishi I, Igari K, Uetake H. Study of the protocol used to evaluate skin-flap perfusion in mastectomy based on the characteristics of indocyanine green. Photodiagnosis and photodynamic therapy. 2021.06; 35 102401. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小田剛史, 中川剛士, 笠原舞, 石場俊之, 藤岡友之, 久保田一徳, 大西威一郎, 植竹宏之. 非浸潤癌に対する治療 DCIS針生検検体におけるHER2検査の意義. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  • 小田剛史、中川剛士、福田未緒、石場俊之、大西威一郎 藤岡友之 久保田徳、植竹宏之.. 感染を伴う潰瘍を形成した 乳癌局所再発の一例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  • 廣田由佳、大西威一郎、明石巧. Melanotic neuroectodermal tumor of infancyの一例. 第105回 日本病理学会総会 2016.04

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍学ブロック,2014年 - 2017年