基本情報

写真a

大西 威一郎(オオニシ イイチロウ)

ONISHI Iichiroh


職名

助教

生年

1979年

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2008年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2016年06月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 疾患バイオリソースセンター 特任助教
  • 2016年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 助教
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨髄微小環境の構築、骨髄腫瘍の解析,2014年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オートファゴソーム形成に着目した骨髄異形成症候群の予後解析と層別化

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Oda G, Nakagawa T, Uemura N, Mori H, Mori M, Fujioka T, Onishi I, Uetake H. Axillary lymph node recurrence in patients with breast cancer who underwent breast reconstruction using a latissimus dorsi flap after mastectomy. Molecular and clinical oncology. 2021.03; 14 (3): 49. ( PubMed, DOI )

  • Taguchi T, Kurata M, Onishi I, Kinowaki Y, Sato Y, Shiono S, Ishibashi S, Ikeda M, Yamamoto M, Kitagawa M, Yamamoto K. SECISBP2 is a novel prognostic predictor that regulates selenoproteins in diffuse large B-cell lymphoma. Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology. 2021.02; 101 (2): 218-227. ( PubMed, DOI )

  • 中川 剛士, 小田 剛史, 熊木 裕一, 若菜 公雄, 大島 乃里子, 中村 玲子, 高橋 健太, 吉田 雅幸, 甲畑 宏子, 植竹 宏之, 大西 威一郎. 5臓器7病変の多臓器多発癌を発症したLynch症候群の1例 癌と化学療法. 2020.12; 47 (13): 1966-1968. ( 医中誌 )

  • 本橋 正隆, 小柳 広高, 瀬川 裕子, 佐藤 信吾, 大西 威一郎, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨髄炎と鑑別を要した母趾末節骨類骨骨腫の1例 臨床整形外科. 2020.10; 55 (10): 1173-1176. ( 医中誌 )

  • 大西 威一郎, 倉田 盛人, 山本 浩平, 木村 剛, 岸田 晶夫, 北川 昌伸. 脱細胞化骨を用いた、ヒト骨髄微小環境再構築の試み 日本癌学会総会記事. 2020.10; 79回 PJ14-16. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小田剛史, 中川剛士, 笠原舞, 石場俊之, 藤岡友之, 久保田一徳, 大西威一郎, 植竹宏之. 非浸潤癌に対する治療 DCIS針生検検体におけるHER2検査の意義. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  • 小田剛史、中川剛士、福田未緒、石場俊之、大西威一郎 藤岡友之 久保田徳、植竹宏之.. 感染を伴う潰瘍を形成した 乳癌局所再発の一例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  • 廣田由佳、大西威一郎、明石巧. Melanotic neuroectodermal tumor of infancyの一例. 第105回 日本病理学会総会 2016.04

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍学ブロック,2014年 - 2017年