基本情報

写真a

池田 裕一(イケダ ユウイチ)

IKEDA Yuichi


職名

非常勤講師

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dent/peri/peri-J.htm

研究分野・キーワード

エナメルマトリックス、組織再生、接合上皮、エナメル質、

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  生体支持組織学講座 歯周病学分野  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

  • 学士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 総合診療科 第2総合診療室 臨床研修医
  • 2013年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 ティーチング・アシスタント
  • 2014年04月
    -
    2014年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員(歯病)
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 特任研究員
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 助教
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 助教
  • 2022年04月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔維持系診療領域 歯周病科 助教
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 歯周病学分野 非常勤講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    2017年03月
    トロント大学 歯学部 マトリックスダイナミクスグループ ポストドクトラルフェロー

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 口腔病学会

  • 歯科基礎医学会

  • 日本歯科保存学会

  • 日本歯周病学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

  • 常態系口腔科学

  • 分子生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科保存学会 専門医

  • 日本歯周病学会 歯周病専門医

  • ITパスポート

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医

  • 日本歯科保存学会 認定医

  • 日本歯周病学会 認定医

  • 歯科医師

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 2種類のエナメルプロテインを用いた多機能性歯周組織再生用メンブレンの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 歯周炎を有する口腔がん患者の口腔内細菌叢の網羅的解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • エナメルプロテインを用いた多機能性メンブレンの歯周組織再生への応用

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Ikeda E, Tanaka D, Glogauer M, Tenenbaum H C , Ikeda Y. Healing effects of monomer and dimer resveratrol in a mouse periodontitis model. BMC Oral Health. 2022.11; 22 (1): 460. ( PubMed, DOI )

  2. Ikeda Y, Holcroft J, Ikeda E, Ganss B. Amelotin Promotes Mineralization and Adhesion in Collagen-Based Systems Cellular and Molecular Bioengineering. 2022.03;

  3. Chigasaki O, Aoyama N, Sasaki Y, Takeuchi Y, Mizutani K, Ikeda Y, Gokyu M, Umeda M, Izumi Y, Iwata T, Aoki A. Porphyromonas gingivalis, the most influential pathogen in red-complex bacteria: A cross-sectional study on the relationship between bacterial count and clinical periodontal status in Japan. Journal of Periodontology. 2021.12; 92 (12): 1719-1729. ( PubMed, DOI )

  4. Tanaka D, Ikeda Y, Ikeda E, Yokose M, Ganss B, Iwata T. Effect of Amelotin on Bone Growth in the Murine Calvarial Defect Model. Annals of Biomedical Engineering. 2021.12; 49 (12): 3676-3684. ( PubMed, DOI )

  5. Ikeda Y, Kawada A, Tanaka D, Ikeda E, Kobayashi H, Iwata T. A comparative questionnaire study of patient complaint levels between magnetostrictive ultrasonic scaler (Cavitron(R)) and piezoelectric ultrasonic scalers International Journal of Dental Hygiene. 2021.08; 19 (3): 273-278. ( PubMed, DOI )

  6. Ikawa T, Mizutani K, Sudo T, Kano C, Ikeda Y, Akizuki T, Kobayashi H, Izumi Y, Iwata T. Clinical comparison of an electric-powered ionic toothbrush and a manual toothbrush in plaque reduction: A randomized clinical trial. International Journal of Dental Hygiene. 2021.02; 19 (1): 93-98. ( PubMed, DOI )

  7. Kawasaki M, Ikeda Y, Ikeda E, Takahashi M, Tanaka D, Nakajima Y, Arakawa S, Izumi Y, Miyake S. Oral infectious bacteria in dental plaque and saliva as risk factors in patients with esophageal cancer. Cancer. 2021.02; 127 (4): 512-519. ( PubMed, DOI )

  8. Harada Y, Sunaga M, Takeuchi Y, Mizutani K, Katagiri S, Ikeda Y, Aoki A, Iwata T, Kinoshita A. Standardization of examiners using a dental model for pocket probe training: Adequacy of evaluation with model and standard accuracy rate of skilled examiners Journal of medical and dental sciences. 2021.02; 68 49-54.

  9. Ikeda E, Shiba T, Ikeda Y, Suda W, Nakasato A, Takeuchi Y, Azuma M, Hattori M, Izumi Y. Japanese subgingival microbiota in health vs disease and their roles in predicted functions associated with periodontitis. Odontology. 2020.04; 108 (2): 280-291. ( PubMed, DOI )

  10. Khemwong Thatawee, Kobayashi Hiroaki, Ikeda Yuichi, Matsuura Takanori, Sudo Takeaki, Kano Chihiro, Mikami Ryo, Izumi Yuichi. Fretibacterium sp. human oral taxon 360 is a novel biomarker for periodontitis screening in the Japanese population PLOS ONE. 2019.06; 14 (6): e0218266. ( PubMed, DOI )

  11. Kobayashi T, Suda T, Mizutani K, Aoyama N, Koyanagi T, Hayakumo S, Ikeda Y, Izumi Y. Clarification of Quantitative Intraoral Circumstances with the Community Periodontal Index of Treatment Needs Data using Covariance Structure Analysis Journal of Clinical and Diagnostic Research. 2019.06; 13 (6): ZC41-ZC44. ( DOI )

  12. Ikeda E, Shiba T, Ikeda Y, Suda W, Nakasato A, Takeuchi Y, Azuma M, Hattori M, Izumi Y. Deep sequencing reveals specific bacterial signatures in the subgingival microbiota of healthy subjects. Clinical oral investigations. 2019.03; 23 (3): 1489-1493. ( PubMed, DOI )

  13. Ikeda Y, Neshatian M, Holcroft J, Ganss B. The enamel protein ODAM promotes mineralization in a collagen matrix. Connective Tissue Research. 2018.12; 59 (sup1): 62-66. ( PubMed, DOI )

  14. Khemwong T, Kobayashi H, Ikeda Y, Sudo T, Kano C, Matsuura T, Izumi Y . Eubacterium Saphenum as a Novel Bacterial Biomarker for Periodontitis Screening 口腔病学会雑誌. 2018.07; 85 (2): 62-67.

  15. Chigasaki O, Takeuchi Y, Aoki A, Sasaki Y, Mizutani K, Aoyama N, Ikeda Y, Gokyu M, Umeda M, Ishikawa I, Izumi Y. A cross-sectional study on the periodontal status and prevalence of red complex periodontal pathogens in a Japanese population. J Oral Sci. 2018.06; 60 (2): 293-303. ( PubMed, DOI )

  16. Ikeda E, Ikeda Y, Wang Y, Fine N, Sheikh Z, Viniegra A, Barzilay O, Ganss B, Tenenbaum H, Glogauer M. Resveratrol derivative-rich melinjo seed extract induces healing in a murine model of established periodontitis. Journal of Periodontology. 2018.05; 89 (5): 586-595. ( PubMed, DOI )

  17. Sheikh Z, Hamdan N, Ikeda Y, Grynpas M, Ganss B, Glogauer M. Natural graft tissues and synthetic biomaterials for periodontal and alveolar bone reconstructive applications: a review. Biomaterials Research. 2017.06; 21 9. ( PubMed, DOI )

  18. Sheikh Z, Qureshi J, Alshahrani AM, Nassar H, Ikeda Y, Glogauer M, Ganss B. Collagen based barrier membranes for periodontal guided bone regeneration applications. Odontology. 2017.01; 105 (1): 1-12. ( PubMed, DOI )

  19. Gokyu M, Kobayashi H, Nanbara H, Sudo T, Ikeda Y, Suda T, Izumi Y. Thrombospondin-1 production is enhanced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide in THP-1 cells. PLoS ONE. 2014.12; 9 (12): e115107. ( PubMed, DOI )

  20. Ikeda Y, Ito K, Izumi Y, Shinomura T. A candidate enhancer element responsible for high-level expression of the aggrecan gene in chondrocytes. The Journal of Biochemistry. 2014.07; 156 (1): 21-28. ( PubMed, DOI )

  21. Oshiro A, Iseki S, Miyauchi M, Terashima T, Kawaguchi Y, Ikeda Y, Shinomura T. Lipopolysaccharide induces rapid loss of follicular dendritic cell-secreted protein in the junctional epithelium. Journal of Periodontal Research. 2012.12; 47 (6): 689-694. ( PubMed, DOI )

  22. 池田 裕一. GPが知っておきたいペリオドントロジー最新トピックス】確実で効果的な歯周基本治療 DENTAL DIAMOND. 2021.11; 46 (15): 46-49.

  23. 岡田宗大,井川貴博,水谷幸嗣,三神 亮,武田浩平,須藤毅顕,落合 茜,木内佑実音,池田裕一,岩田隆紀,和泉雄一. ラバーソフト毛を有する新規電子歯ブラシのプラーク除去効果について: クロスオーバー試験 日本歯科保存学雑誌. 2021.10; 64 (5): 339-347. ( DOI )

  24. 青木 章, 竹内康雄, 秋月達也, 水谷幸嗣, 片桐さやか, 池田裕一, 前川祥吾, 渡辺数基, 海老原新, 秀島雅之, 二階堂徹, 小田 茂, 荒木孝二, 岩田隆紀, 和泉雄一. 東京医科歯科大学歯学部歯学科学生の歯周治療臨床実習の改革とその現状 2018年卒業生の実習内容とその実績から 日本歯周病学会会誌. 2020.03; 62 (1): 38-46. ( 医中誌 )

  25. 青山典生, 須田智也, 池田裕一, 杵渕恵那, 関内孝侑, 小柳達郎, 早雲彩絵, 水谷幸嗣, 秋月達也, 和泉雄一. 東京医科歯科大学歯学部附属病院歯周病外来初診患者での全身状態に関する調査 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 37-44.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Jr.,Paul A. Levi (著), Robert J. Rudy (著), Y.Natalie Jeong (著), Daniel K. Coleman (著), 和泉 雄一 (翻訳), 木下 淳博 (翻訳), 長澤 敏行 (翻訳), 青木 章 (翻訳). 歯科医師・歯科衛生士のためのClinical Handbook 非外科治療による歯周病コントロール. 医歯薬出版, 2018.06

  2. 和泉 雄一, 小田 茂, 菊池 重成, 秋月 達也 他. 歯周外科の基本テクニック 術前検査からメインテナンスまで. 医歯薬出版株式会社, 2017.12

  3. 和泉雄一 監著 小田茂・竹内康雄・水谷幸嗣 編著 他. 歯周外科のハプニング・リカバリー 早わかりQ&A96. クインテッセンス出版株式会社, 2016.11

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Maekawa S, Suzuki S, Aoki A, Katagiri S, Ikeda Y, Ejiri K, Kong S, Nagata M, Yamaguchi Y, Ohshima M, Izumi Y. A new screening system for periodontitis using Hepatocyte growth factor. 104th Annual Meeting of American Academy of Periodontology 2018.10.29 Vancouver

  2. T. Khemwong, H. Kobayashi, T. Sudo, C. Kano, T. Matsuura, Y. Ikeda, Y. Izumi. Fretibacterium oral taxon 360 is salivary biomarker for periodontitis. Europerio9 2018.06.23 アムステルダム オランダ

  3. Ikeda Y, Abbarin N, Neshatian M, Holcroft J, Ganss B. The Enamel Proteins Amelotin and Odam Induce Hydroxyapatite Mineralization in a Collagen Matrix. the 12th International Conference on the Chemistry and Biology of Mineralized Tissues 2017.05.30 Potsdam, Germany

  4. Ikeda E, Grazieli M, Ikeda Y, Wang Y, Fine N, Sheikh Z, Casati M, Ganss B, Glogauer M and Tenenbaum H. Antioxidants/Aryl Hydrocarbon-Receptor Antagonists Resveratrol and Curcumin both Prevent and Reverse Periodontitis-Mediated Bone Loss in Rodents. Resveratrol2016, the 4th International Conference of Resveratrol and Health 2016.11.18 Taipei Medical University, Taipei, Taiwan

  5. Yuichi Ikeda, Nastaran Abbarin, James Holcroft, Bernhard Ganss. The Enamel Protein Amelotin is an Inducer of Hydroxyapatite Mineralization in a Collagen Matrix. 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2016.06.24 COEX Convention Center, Seoul, South Korea

  6. Ikeda E, Takeuchi Y, Suda W, Ikeda Y, Nakasato A, Hattori M, Izumi Y.. Pyrosequencing analysis of subgingival microbiota in chronic periodontitis. 45th Annual Meeting and Exhibition of the American Association for Dental Research 2016.03.18 Los Angeles Convention Center, Los Angeles, California, USA

  7. Matsuura T, Ikeda Y, Kobayashi H, Gokyu M, Sakamaki Y, Tsuchiya Y, Nose S, Takahashi Y, Izumi Y. A NOVEL DIAGNOSTIC LOGIC USING SALIVA PATHOGEN AND A SELF-ADMINISTERED QUESTIONNAIRE FOR SCREENING PERIODONTITIS. 101st Annual Meeting of American Academy of Periodontology 2015.11.15 Orland, USA

  8. Abbarin N, Ikeda Y, Holcroft J, Ganss B. The enamel protein Amelotin Promotes Collagen-based Mineralization. AAC 2015 Annual Meeting and Research Symposium 2015.10.22

  9. Maekawa S, Ikeda Y, Takeuchi Y, Katagiri S, Suda T, Matsuura T, Sekiuchi T, Ikeda E, Nakasato A, Izumi Y. Appropriate Recall Interval For Periodontal Patients During Supportive Periodontal Therapy. 11th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting 2015.10.08 Discovery Kartika Plaza Hotel, Bali, Indonesia

  10. Yuichi Ikeda. A candidate enhancer element responsible for high-level expression of the aggrecan gene in chondrocytes. Matrix Dynamics Group Gruop Seminar 2014.11.24 University of Toronto, Ontario, Canada

  11. Yuichi, Ikeda, Yuichi Izumi, Tamayuki Shinomura. A New Enhancer Sequence Responsible for Aggrecan Gene Expression. Penn Periodontal Conference 2013 2013.06.27 University of Pennsylvania, USA

  12. Yuichi Ikeda, Tamayuki Shinomura. Production of Recombinant Human FDC-SP (Follicular Dendritic Cell Secreted Protein) in Escherichia coli. 2nd International conference for research presentation by dental students 2007.02.25 Beijing, China

  13. 田中大貴、池田裕一、池田恵莉、横瀬真子、岩田隆紀. マウスの頭蓋骨欠損モデルにおけるアメロチンの骨再生への効果. 第63回秋季日本歯周病学会学術大会 2020.10.16 Web開催

  14. 河田絢子, 池田裕一, 田中大貴, 池田恵莉, 小林宏明, 岩田隆紀. マグネット式超音波スケーラーCavitron®使用時の満足感・不快感に関する患者アンケート研究. 第63回春季日本歯周病学会学術大会 2020.05.29 Web開催

  15. 清水精一, 斎藤 宏, 斎藤高雄, 羽室浩爾, 松村康弘, 池田恵莉, 池田裕一, 甲田哲之. Lactobacillus pentosus strain B240の継続摂取による無刺激唾液分泌量、成分および性状に及ぼす影響 ―無作為化二重盲検プラセボ対照比較試験―. 日本歯科保存学会2019年度春季大会 (第150回) 2019.06.28 石川

  16. 原田悠介,須永昌代,竹内康雄,水谷幸嗣,秋月達也,片桐さやか,池田裕一,青木 章,岩田隆紀,木下淳博. 歯周ポケット測定訓練用顎模型を用いた測定者の標準化 ―顎模型での評価の妥当性と熟練測定者としての基準正解率―. 第62回春季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会会誌61(春季特別号)p128,2019年5月24-25日 2019.05.25 神奈川県民ホール(神奈川県横浜市)

  17. 岩渕義之、井川貴博、鈴木彩、加納千博、須藤毅顕、池田裕一、水谷幸嗣、和泉雄一. T字型歯ブラシ(T-STYLE)を用いた歯垢除去に対する臨床評価. 第148回日本歯科保存学会2018年度春季学術大会 2018.06.15

  18. 平井亮、井川貴博、加納千博、吉田直晃、池田裕一、水谷幸嗣、和泉雄一. 高密度植毛歯ブラシを用いたプラーク除去効果の検討. 第61回春季日本歯周病学会学術大会 2018.06.01 東京

  19. 青木 章, 竹内 康雄, 秋月 達也, 水谷 幸嗣, 片桐 さやか, 池田 裕一, 前川 祥吾, 渡辺 数基, 松浦 孝典, 大津 杏理, 柿﨑 翔, 駒崎 利奈, 三上 理沙子, 秀島 雅之, 二階堂 徹, 荒木 孝二, 和泉 雄一. 東京医科歯科大学歯学部第5・第6学年の歯周治療臨床実習の現状. 第61回春季日本歯周病学会学術大会 2018.06.01 京王プラザホテル, 東京

  20. 池田裕一, 和泉雄一. 歯周病安定期治療中の患者へのメリンジョ由来レスベラトロールの効果の検討 (パイロットスタディー). 第9回みつばち研究助成基金 成果発表会 2018.03.02 アークホテル岡山, 岡山

  21. 池田裕一, 和泉雄一. Development of New Functionalized GTR Membrane Using Enamel Protein, Amelotin - In vitro study - . 第82回 口腔病学会学術大会 2017.11.20 東京医科歯科大学, 東京

  22. 千ヶ崎乙文,佐々木好幸,水谷幸嗣,青木 章,竹内康雄,青山典生,池田裕一,御給美沙,梅田 誠,和泉雄一. 唾液中Red-Complex細菌数と歯槽骨高さとの相関性. 第60回春季日本歯周病学会学術大会 2017.05.13

  23. 松浦孝典, 池田裕一, 小林宏明, 御給美沙, Thatawee Khemwong, 加納千博, 和泉雄一. 唾液中の歯周病原細菌量とアンケート調査を用いた歯周炎スクリーニングのための新規診断ロジックの開発. 第59回日本歯周病学会学術大会 2016.10.07 新潟

  24. Yuichi Ikeda. Basic research for Clinical Application of Amelotin. Toronto party TLSC Meeting 2016.04.22 SickKids hospital, Toronto, ON, Canada

  25. 小林 宏明,池田 裕一,御給 美沙,松浦 孝典,坂巻 陽介,土屋 祐介,野瀬 翔平,高橋 洋一,和泉 雄一. Webアンケートによるオーラルケア実態調査. 第58回秋季日本歯周病学会学術大会 2015.09.12

  26. 中里昭仁, 池田裕一, 竹内康雄, 片桐さやか, 須田智也, 前川祥吾, 松浦孝典, 池田恵莉, 和泉雄一. 歯周病患者における適切なSPT間隔. 第58回秋季日本歯周病学会学術大会 2015.09.12 アクトシティ浜松, 名古屋

  27. 御給 美沙,小林 宏明,南原 弘美,須藤 毅顕,池田 裕一,須田 智也,和泉 雄一. Porphyromonas gingivalis LPSによるTLR2を介したThrombospondin-1産生. 第58回秋季日本歯周病学会学術大会 2015.09.12 アクトシティー浜松, 名古屋

  28. 杵渕 恵那, 須田 智也, 池田 裕一, 水谷 幸嗣, 青山 典生, 早雲 彩絵, 小柳 達郎, 関内 孝侑, 塩山 秀裕, 和泉 雄一. 全身疾患と歯周組織状態に関する臨床統計学的検討. 第142回日本歯科保存学会2015年度春季学術大会 2015.06.25 アクトシティー浜松, 名古屋

  29. 千ヶ崎乙文,青山典生,佐々木好幸,青木章,竹内康雄,水谷幸嗣,池田裕一,御給美沙,梅田誠,和泉雄一. Red-Complex細菌数と歯周病の罹患率および重症度との関係. 第58回日本歯周病学会春季学術大会 2015.05.15 幕張メッセ, 千葉

  30. 御給美沙, 葉暢暢, 片桐さやか, 小林宏明, 竹内康雄, 南原弘美, 須田智也, 池田裕一, 須藤毅顕, 長澤敏行, 和泉雄一. 切迫早産と低体重児出産における歯周病原細菌とその抗体価に関する研究. 第140回 日本歯科保存学会 2014年度春期学術大会 2014.06.19 琵琶湖コンサートホール, 滋賀

  31. Yuichi Ikeda, Kazuo Ito, Tamayuki Shinomura. A New Enhancer Sequence Responsible for Aggrecan Gene Expression. 第26回日本軟骨代謝学会 2013.03.01 千里ライフサイエンスセンター, 大阪

  32. Yuichi Ikeda, Akiko Oshiro, Yuichi Izumi, Tamayuki Shinomura. アグリカンの高レベル発現に必要な新たなエンハンサー配列について. 第55回秋季日本歯周病学会学術大会 2012.09.23 つくば国際会議場, 茨城

  33. Yuichi Ikeda、Akiko Oshiro, Yuichi Izumi、Tamayuki Shinomura. アグリカンの高レベル発現に必要な新たなエンハンサー配列について. 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会 2012.09.15 奥羽大学, 福島

  34. Y. Ikeda, K. Ito, T. Shinomura. アグリカンの高レベルな発現には特別なエンハンサーが必要らしい. 第44回日本結合組織学会学術大会・第59回マトリックス研究大会合同学術集会 2012.06.07 日本青年館ホテル, 東京

  35. 千ヶ崎乙文 、梅田 誠、青木 章、竹内康雄、佐々木好幸、水谷幸嗣、青山典生、池田裕一、鈴木允文 、石川 烈 、和泉雄一. 歯周病原細菌の検出とconditionの横断的研究. 第134日本歯科保存学会 2014年度春期学術大会 2011.06.10 東京ベイ舞浜ホテル, 千葉

  36. 大城暁子, 井関祥子, 寺島達夫, 池田裕一, 篠村多摩之. FDC-SPタンパク質の分泌と局在. 第52回歯科基礎医学会学術大会・総会 2010.09.21 タワーホール船堀, 東京

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 歯周病進行度の数値化装置、及び、数値化プログラム

    特許番号: 特許第6709031号

  • 歯周病菌検出用オリゴヌクレオチドセット及び歯周病菌の検出方法

    特許番号: 特許第6579874号

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2018年度日本歯周病学会教育賞,日本歯周病学会,2019年05月

  • 最優秀演題賞-基礎部門- (池田裕一),口腔病学会,2017年11月

  • 学長裁量優秀若手研究者奨励賞(池田裕一),東京医科歯科大学,2017年08月

  • Young Investigator Travel Award (池田裕一),Twelfth International Conference on the Chemistry and Biology of Mineralized Tissues,2017年06月

  • 研究者育成ファンドによる奨学金助成(池田裕一),日本歯周病学会,2015年06月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年01月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「 口腔内細菌は食道がんのリスクファクターである 」 ― 唾液や歯垢を用いた食道がんスクリーニング法の開発に期待 ―,2020年12月

    Cancer

 

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 外来医長(歯周病外来),2020年04月 - 2021年03月

  • 医局長(歯周病学分野),2019年04月 - 2020年03月

  • 副医局長(歯周病学分野),2018年04月 - 2019年03月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「体の中の菌」と「食べ物」いまわかっていることのすべて,小学館,女性セブン,2021年09月09日

  • 唾液でがん超早期発見,産経新聞社,夕刊フジ 健康手帖,2021年02月05日

  • がんも心筋梗塞も認知症も糖尿病も 「歯周病と虫歯」が引き起こす!,小学館,女性セブン,2021年01月06日

  • 食道がんと口中最近に関係 患者では高い検出率,共同通信社,47NEWS「医療新世紀」,2020年12月15日

  • ヒト試験によるグネチンCの歯周病に対する効果,株式会社ヘルスビジネスマガジン社,調剤薬局ジャーナル,2019年10月19日