基本情報

写真a

廣岡 佳代(ヒロオカ カヨ)

HIROOKA Kayo


職名

准教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 国際的看護システム開発学 看護システムマネジメント学 大学院生
  • 2012年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 国際的看護システム開発学 看護システムマネジメント学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 国際的看護システム開発学 看護システムマネジメント学 大学院生
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 臨床看護開発学講座 在宅がんエンドオブライフケア看護学 在宅ケア看護学 准教授
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 認知症を持つ高齢がん患者の疼痛緩和に向けたケアモデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2022年

  • 高齢者施設における終末期ケアの質改善に向けた介入プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kayo Hirooka, Hiroyuki Otani, Tatsuya Morita, Tomofumi Miura, Hiroki Fukahori, Maho Aoyama, Yoshiyuki Kizawa, Yasuo Shima, Satoru Tsuneto, Mitsunori Miyashita. End-of-life experiences of family caregivers of deceased patients with cancer: A nation-wide survey. Psychooncology. 2017.07; ( PubMed, DOI )

  2. Miharu Nakanishi, Kaori Endo, Kayo Hirooka, Taeko Nakashima, Yuko Morimoto, Eva Granvik, Lennart Minthon, Katarina Nägga, Atsushi Nishida. Dementia behaviour management programme at home: impact of a palliative care approach on care managers and professional caregivers of home care services. Aging Ment Health. 2017.05; 1-6. ( PubMed, DOI )

  3. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Kanako Taku, Taisuke Togari, Asao Ogawa. Examining Posttraumatic Growth Among Bereaved Family Members of Patients With Cancer Who Received Palliative Care at Home. Am J Hosp Palliat Care. 2017.04; 1049909117703358. ( PubMed, DOI )

  4. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Kanako Taku, Taisuke Togari, Asao Ogawa. Quality of death, rumination, and posttraumatic growth among bereaved family members of cancer patients in home palliative care. Psychooncology. 2017.04; ( PubMed, DOI )

  5. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Miwa Ozawa, Yumi Akita. Differences in posttraumatic growth and grief reactions among adolescents by relationship with the deceased. Journal of Advanced Nursing. 2016.11; ( PubMed )

  6. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Yumi Akita, Miwa Ozawa. Posttraumatic Growth Among Japanese Parentally Bereaved Adolescents: A Web-Based Survey. Am J Hosp Palliat Care. 2016.01; ( PubMed, DOI )

  7. Kayo Hirooka, Mitsunori Miyashita, Tatsuya Morita, Takeyuki Ichikawa, Saran Yoshida, Nobuya Akizuki, Miki Akiyama, Yutaka Shirahige, Kenji Eguchi. Regional medical professionals' confidence in providing palliative care, associated difficulties and availability of specialized palliative care services in Japan. Jpn. J. Clin. Oncol.. 2014.03; 44 (3): 249-256. ( PubMed, DOI )

  8. 森 陽子,大山 裕美子,廣岡 佳代,深堀 浩樹. 新たに訪問看護分野に就労した看護師が訪問看護への移行期に経験した困難とその関連要因 日本看護管理学会誌 Vol.20,N02,2016. 2016.12; 20 (2): 104-114.

  9. 廣岡佳代, 川越博美, 渡邉美也子他 . 在宅緩和ケアを担う訪問看護師に求められる実践能力 がん看護. 2016.11; 21 (7): 742-748.

  10. 廣岡佳代, 坂口幸弘, 岩本喜久子. Bereavement Risk Assessment Tool 日本語版の作成:家族を対象とした予備的検討 Palliative Care Research. 2016.10; 11 (3): 225-233.

  11. 大河原 啓文, 深堀 浩樹, 廣岡 佳代, 宮下 光令. 日本の高齢者ケア施設における看取りの質の評価・改善に関する研究の動向 Palliative Care Research. 2016.02; 11 (1): 401-412. ( DOI )

  12. 佐野知美、草島悦子、白井由紀、瀬戸山真理子、玉井照枝、廣岡佳代、佐藤 隆裕, 宮下 光令, 河 正子, 岡部 健. 在宅終末期がん患者家族介護者の死別後の成長感と看取りに関する体験との関連 日本緩和医療学会誌. 2014.03; 9 (3): 140-150. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Yumi Akita, Miwa Ozawa.. Posttraumatic growth among Japanese parentally bereaved adolescents: a web-based survey. 19th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) 2016.03.14 Chiba, Japan

  2. Hirofumi Ogawara, Hiroki Fukahori, Kayo Hirooka, Mitsunori Miyashita. Quality evaluation and improvement for end-of-life care toward residents in long term care facilities in Japan: a literature review. 19th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) 2016.03 Chiba

  3. 廣岡 佳代, 深堀 浩樹, 宅 香菜子, 戸ヶ里 泰典, 小川 朝生. 良い看取りは在宅緩和ケアを受けたがん患者遺族の心的外傷後成長に関連するか?. 第22回日本緩和医療学会学術大会 2017.06.24 横浜

  4. 廣岡 佳代, 大谷 弘行, 三浦 智史, 森田 達也, 木澤 義之, 恒藤 暁, 志真 康夫, 青山 真帆,宮下 光令, J-HOPE3研究グループ. 未成年の子どもを持つがん患者の遺族の体験とサポートニーズに関する調査. 第21回日本緩和医療学会学術大会 2016.06 京都

  5. 猪澤 咲子, 廣岡 佳代, 深堀 浩樹, 宅 香菜子, 小川 朝生. 在宅がん患者遺族の心的外傷後成長 自由記述の内容分析. 第21回日本緩和医療学会学術大会 2016.06 京都

  6. 坂口幸弘, 廣岡佳代. 精神疾患患者が自殺した場合の遺族のリスクアセスメント BRAT日本語訳版を用いて. 第39回日本死の臨床研究会年次大会 2015.10.11

  7. 安田 由美, 廣岡 佳代, 深堀 浩樹, 小澤 美和. がんの親と死別した子どもの死別前後の状況と外傷後成長に関する調査. 第29回日本がん看護学会学術集会 2015.02.28

  8. 森陽子、大山裕美子、廣岡佳代、深堀浩樹. 病院での勤務経験のある看護師が経験した訪問看護への困難とその関連要因. 2014.08.29

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 学術論文優秀賞,日本看護管理学会,2017年05月