基本情報

写真a

廣岡 佳代(ヒロオカ カヨ)

HIROOKA Kayo


職名

准教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 国際的看護システム開発学 看護システムマネジメント学 大学院生
  • 2012年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 国際的看護システム開発学 看護システムマネジメント学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 国際的看護システム開発学 看護システムマネジメント学 大学院生
  • 2022年04月
    -
    2022年09月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 臨床看護開発学講座 在宅がんエンドオブライフケア看護学 在宅ケア看護学 准教授
  • 2022年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 臨床看護開発学講座 在宅がんエンドオブライフケア看護学 在宅・緩和ケア看護学分野 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本老年看護学会

  • 日本緩和医療学会

  • 日本看護科学学会

  • 日本がん看護学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
    2017年
    日本ホスピス緩和ケア協会 (2012-2017) 専門緩和ケア看護師教育カリキュラム 事業実施担当者
  • 2016年
    -
    現在
    日本緩和医療学会 教育・研修委員会 ELNEC-J WPG
  • 2017年
    -
    現在
    日本緩和医療学会 オンラインジャーナル編集委員
  • 2019年
    -
    2021年
    日本看護科学学会 研究・学術推進委員会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 高齢者看護学、地域看護学

  • 臨床看護学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 認知症を持つ高齢がん患者の疼痛緩和に向けたケアモデルの構築,2018年04月 - 2022年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 認知症を持つ高齢がん患者の疼痛緩和に向けたケアモデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2022年

  • 高齢者施設における終末期ケアの質改善に向けた介入プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • ナショナルデータベースや介護保険総合データベース等を活用した医療・介護特性を総合的に捉えたAI プロトタイプの開発と分析結果を根拠とした医療介護特性別の最 適介入

    厚生労働省

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hirooka K, Okumura Y, Matsumoto S, Fukahori H, Ogawa A. Quality of End-of-Life in Cancer Patients With Dementia: Using A Nationwide Inpatient Database. Journal of pain and symptom management. 2022.03; 64 (1): 1-7. ( PubMed, DOI )

  2. Shorey S, Ang E, Baridwan NS, Bonito SR, Dones LBP, Flores JLA, Freedman-Doan R, Fukahori H, Hirooka K, Koy V, Lee WL, Lin CC, Luk TT, Nantsupawat A, Nguyen ATH, Nurumal MS, Phanpaseuth S, Setiawan A, Shibuki T, Sumaiyah Jamaluddin TS, Tq H, Tun S, Wati NDNK, Xu X, Kunaviktikul W. Salutogenesis and COVID-19 pandemic impacting nursing education across SEANERN affiliated universities: A multi-national study. Nurse education today. 2022.01; 110 105277. ( PubMed, DOI )

  3. Hirooka Kayo, Nakanishi Miharu, Fukahori Hiroki, Nishida Atsushi. 認知症ががん患者のquality of deathに及ぼす影響 在宅緩和ケア受療者の観察研究(Impact of dementia on quality of death among cancer patients: An observational study of home palliative care users) Geriatrics & Gerontology International. 2020.04; 20 (4): 354-359. ( 医中誌 )

  4. Kayo Hirooka, Miharu Nakanishi, Hiroki Fukahori, Atsushi Nishida. Hospital death in dementia patients and regional provision of palliative and end-of-life care: National patient data analysis Cogent Medicine. 2018.05; ( DOI )

  5. Nakanishi M, Endo K, Hirooka K, Granvik E, Minthon L, Nägga K, Nishida A. Psychosocial behaviour management programme for home-dwelling people with dementia: A cluster-randomized controlled trial. International journal of geriatric psychiatry. 2018.03; 33 (3): 495-503. ( PubMed, DOI )

  6. Nakanishi M, Hirooka K, Imai Y, Inoue S, Yukari Y, Katayama C, Miyamoto Y, Shindo Y, Ueno H, Toya J, Takano Y, Nishida A. Dementia Care Competence Among Care Professionals and Reduced Challenging Behavior of Home-Dwelling Persons with Dementia: A Pre- and Post-Intervention Data Analysis. Journal of Alzheimer's disease : JAD. 2018; 64 (2): 515-523. ( PubMed, DOI )

  7. Nakanishi M, Hirooka K, Morimoto Y, Nishida A. Quality of care for people with dementia and professional caregivers' perspectives regarding palliative care in Japanese community care settings. International journal of geriatric psychiatry. 2017.12; 32 (12): 1342-1351. ( PubMed, DOI )

  8. Kayo Hirooka, Hiroyuki Otani, Tatsuya Morita, Tomofumi Miura, Hiroki Fukahori, Maho Aoyama, Yoshiyuki Kizawa, Yasuo Shima, Satoru Tsuneto, Mitsunori Miyashita. End-of-life experiences of family caregivers of deceased patients with cancer: A nation-wide survey. Psychooncology. 2017.07; ( PubMed, DOI )

  9. Miharu Nakanishi, Kaori Endo, Kayo Hirooka, Taeko Nakashima, Yuko Morimoto, Eva Granvik, Lennart Minthon, Katarina Nägga, Atsushi Nishida. Dementia behaviour management programme at home: impact of a palliative care approach on care managers and professional caregivers of home care services. Aging Ment Health. 2017.05; 22 (8): 1-6. ( PubMed, DOI )

  10. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Kanako Taku, Taisuke Togari, Asao Ogawa. Examining Posttraumatic Growth Among Bereaved Family Members of Patients With Cancer Who Received Palliative Care at Home. Am J Hosp Palliat Care. 2017.04; 35 (2): 1049909117703358. ( PubMed, DOI )

  11. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Kanako Taku, Taisuke Togari, Asao Ogawa. Quality of death, rumination, and posttraumatic growth among bereaved family members of cancer patients in home palliative care. Psychooncology. 2017.04; 26 (12): 2168-2174. ( PubMed, DOI )

  12. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Miwa Ozawa, Yumi Akita. Differences in posttraumatic growth and grief reactions among adolescents by relationship with the deceased. Journal of Advanced Nursing. 2016.11; 73 (4): 955-965. ( PubMed, DOI )

  13. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Yumi Akita, Miwa Ozawa. Posttraumatic Growth Among Japanese Parentally Bereaved Adolescents: A Web-Based Survey. Am J Hosp Palliat Care. 2016.01; ( PubMed, DOI )

  14. Kayo Hirooka, Mitsunori Miyashita, Tatsuya Morita, Takeyuki Ichikawa, Saran Yoshida, Nobuya Akizuki, Miki Akiyama, Yutaka Shirahige, Kenji Eguchi. Regional medical professionals' confidence in providing palliative care, associated difficulties and availability of specialized palliative care services in Japan. Jpn. J. Clin. Oncol.. 2014.03; 44 (3): 249-256. ( PubMed, DOI )

  15. 廣岡 佳代, 二宮 彩子, 石橋 智昭. 居宅要介護高齢者に対する緩和ケアの提供状況 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2020.10; 79回 392. ( 医中誌 )

  16. 二宮 彩子, 土屋 瑠見子, 廣岡 佳代, 石橋 智昭. 要介護高齢者の抑うつ及び認知機能障害と同居有無に着目した介護者のストレスとの関連 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2020.10; 79回 488. ( 医中誌 )

  17. 廣岡 佳代, 二宮 彩子, 石橋 智昭. 家族との関係性とアドバンス・ケア・プランニングとの関連 アセスメントデータに基づく施設入所者の分析 日本応用老年学会大会. 2020.09; 15回 33. ( 医中誌 )

  18. 廣岡 佳代, 松本 佐知子, 深堀 浩樹. 【看護研究における報告ガイドライン2】看護研究で念頭に置いておきたい報告ガイドライン30 StaRI 実装研究の報告基準に関するStaRI声明 看護研究. 2020.04; 53 (2): 116-117. ( 医中誌 )

  19. 廣岡 佳代, 松本 佐知子, 深堀 浩樹. 【看護研究における報告ガイドライン2】看護研究で念頭に置いておきたい報告ガイドライン30 StaRI 実装研究の報告基準に関するStaRI声明 看護研究. 2020.04; 53 (2): 116-117. ( 医中誌 )

  20. Hirooka Kayo, Fukahori Hiroki, Taku Kanako, Izawa Sakiko, Ogawa Asao. Posttraumatic growth in bereaved family members of patients with cancer: a qualitative analysis SUPPORTIVE CARE IN CANCER. 2019.04; 27 (4): 1417-1424. ( PubMed, DOI )

  21. 山縣 千尋, 廣岡 佳代, 菅野 雄介, 田口 敦子, 松本 佐知子, 宮下 光令, 深堀 浩樹. 高齢者ケア施設におけるエンド・オブ・ライフケアのIntegrated Care Pathwayに関する介入・実装研究 スコーピングレビュー Palliative Care Research. 2018.12; 13 (4): 313-327. ( 医中誌 )

  22. 廣岡 佳代. 遺族の声を臨床に生かす J-HOPE3研究(多施設遺族調査)からの学び(第9回) 特徴的な集団に関する検討 (付帯18)未成年の子どもをもつがん患者の遺族の体験とサポートニーズに関する研究 がん看護. 2018.11; 23 (7): 693-695. ( 医中誌 )

  23. 廣岡 佳代, 公益財団法人東京都医学総合研究所心の健康プロジェクト. 【訪問看護におけるリスクマネジメント 療養者・家族・医療者の安全をどう確保するか】 (第2章)医療機器管理や医療処置におけるリスクマネジメント 輸液療法 看護技術. 2017.04; 63 (5): 442-448. ( 医中誌 )

  24. 廣岡 佳代, 公益財団法人東京都医学総合研究所心の健康プロジェクト. 【訪問看護におけるリスクマネジメント 療養者・家族・医療者の安全をどう確保するか】(第2章)医療機器管理や医療処置におけるリスクマネジメント 輸液療法 看護技術. 2017.04; 63 (5): 442-448. ( 医中誌 )

  25. 廣岡 佳代. 【実践としてのビリーブメントケア 熟練者のスキルを取りこむ】 ビリーブメントリスクのアセスメント 緩和ケア. 2017.03; 27 (2): 085-088. ( 医中誌 )

  26. 廣岡 佳代. 【実践としてのビリーブメントケア 熟練者のスキルを取りこむ】ビリーブメントリスクのアセスメント 緩和ケア. 2017.03; 27 (2): 085-088. ( 医中誌 )

  27. 森 陽子,大山 裕美子,廣岡 佳代,深堀 浩樹. 新たに訪問看護分野に就労した看護師が訪問看護への移行期に経験した困難とその関連要因 日本看護管理学会誌 Vol.20,N02,2016. 2016.12; 20 (2): 104-114.

  28. 廣岡佳代, 川越博美, 渡邉美也子他 . 在宅緩和ケアを担う訪問看護師に求められる実践能力 がん看護. 2016.11; 21 (7): 742-748.

  29. 廣岡佳代, 坂口幸弘, 岩本喜久子. Bereavement Risk Assessment Tool 日本語版の作成:家族を対象とした予備的検討 Palliative Care Research. 2016.10; 11 (3): 225-233.

  30. 大河原 啓文, 深堀 浩樹, 廣岡 佳代, 宮下 光令. 日本の高齢者ケア施設における看取りの質の評価・改善に関する研究の動向 Palliative Care Research. 2016.02; 11 (1): 401-412. ( DOI )

  31. 佐野知美、草島悦子、白井由紀、瀬戸山真理子、玉井照枝、廣岡佳代、佐藤 隆裕, 宮下 光令, 河 正子, 岡部 健. 在宅終末期がん患者家族介護者の死別後の成長感と看取りに関する体験との関連 日本緩和医療学会誌. 2014.03; 9 (3): 140-150. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kayo Hirooka, Hiroki Fukahori, Yumi Akita, Miwa Ozawa.. Posttraumatic growth among Japanese parentally bereaved adolescents: a web-based survey. 19th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) 2016.03.14 Chiba, Japan

  2. Hirofumi Ogawara, Hiroki Fukahori, Kayo Hirooka, Mitsunori Miyashita. Quality evaluation and improvement for end-of-life care toward residents in long term care facilities in Japan: a literature review. 19th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) 2016.03 Chiba

  3. 石橋 智昭, 廣岡 佳代, 二宮 彩子. 要介護認定をアウトカム指標とした短期集中予防サービスの効果検証. 日本公衆衛生学会総会抄録集 2021.11.01

  4. 廣岡 佳代, 深堀 浩樹. 在宅終末期ケアにおける訪問看護師の介護職に対する支援. 日本看護科学学会学術集会講演集 2020.12.01

  5. 廣岡 佳代, 二宮 彩子, 石橋 智昭. 居宅要介護高齢者に対する緩和ケアの提供状況. 日本公衆衛生学会総会抄録集 2020.10.01

  6. 二宮 彩子, 土屋 瑠見子, 廣岡 佳代, 石橋 智昭. 要介護高齢者の抑うつ及び認知機能障害と同居有無に着目した介護者のストレスとの関連. 日本公衆衛生学会総会抄録集 2020.10.01

  7. 廣岡 佳代, 二宮 彩子, 石橋 智昭. 家族との関係性とアドバンス・ケア・プランニングとの関連 アセスメントデータに基づく施設入所者の分析. 日本応用老年学会大会 2020.09.01

  8. 廣岡 佳代, 中西 三春, 深堀 浩樹, 西田 淳志. 認知症の有無ががん患者の看取りの質に与える影響. Palliative Care Research 2019.06.01

  9. 山縣 千尋, 深堀 浩樹, 廣岡 佳代, 菅野 雄介, 田口 敦子, 松本 佐知子, 宮下 光令. 高齢者ケア施設におけるエンド・オブ・ライフ・ケアのIntegrated Care Pathwaysに関する介入・実装研究 スコーピングレビュー. Palliative Care Research 2018.06.01

  10. 廣岡 佳代, 坂口 幸弘. Bereavement Risk Assessment Tool(BRAT)日本語版の実用化に向けた予備的調査の実施. 日本サイコオンコロジー学会総会・日本臨床死生学会総会合同大会プログラム・抄録集 2017.10.01

  11. 廣岡 佳代, 深堀 浩樹, 宅 香菜子, 戸ヶ里 泰典, 小川 朝生. 良い看取りは在宅緩和ケアを受けたがん患者遺族の心的外傷後成長に関連するか?. 第22回日本緩和医療学会学術大会 2017.06.24 横浜

  12. 廣岡 佳代, 大谷 弘行, 三浦 智史, 森田 達也, 木澤 義之, 恒藤 暁, 志真 康夫, 青山 真帆,宮下 光令, J-HOPE3研究グループ. 未成年の子どもを持つがん患者の遺族の体験とサポートニーズに関する調査. 第21回日本緩和医療学会学術大会 2016.06 京都

  13. 猪澤 咲子, 廣岡 佳代, 深堀 浩樹, 宅 香菜子, 小川 朝生. 在宅がん患者遺族の心的外傷後成長 自由記述の内容分析. 第21回日本緩和医療学会学術大会 2016.06 京都

  14. 坂口幸弘, 廣岡佳代. 精神疾患患者が自殺した場合の遺族のリスクアセスメント BRAT日本語訳版を用いて. 第39回日本死の臨床研究会年次大会 2015.10.11

  15. 安田 由美, 廣岡 佳代, 深堀 浩樹, 小澤 美和. がんの親と死別した子どもの死別前後の状況と外傷後成長に関する調査. 第29回日本がん看護学会学術集会 2015.02.28

  16. 森陽子、大山裕美子、廣岡佳代、深堀浩樹. 病院での勤務経験のある看護師が経験した訪問看護への困難とその関連要因. 2014.08.29

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 学術論文優秀賞,日本看護管理学会,2017年05月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 認知症の有無が がん患者の「終末期のQOL」に影響を与える可能性が明らかに,慶應義塾大学,2020年03月

  • 認知症の有無が がん患者の「終末期のQOL」に影響を与える可能性が明らかに,慶應義塾大学,2020年03月