基本情報

写真a

岸田 晶夫(キシダ アキオ)

KISHIDA Akio


職名

教授

ホームページ

http://www.labonet.info/kishida/

研究分野・キーワード

再生医療、機能性材料、高分子、界面科学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学部  高分子化学科  1983年04月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学研究科  高分子化学専攻  修士課程  1985年03月  修了

  • 京都大学  工学研究科  高分子化学専攻  博士課程  1988年03月  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士  京都大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 物質医工学 教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 物質医工学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1989年03月
    財団法人ヒューマンサイエンス振興財団 国立衛生研究所 流動研究員
  • 1990年04月
    -
    1992年03月
    国立循環器病センター 研究所 室員
  • 1992年04月
    -
    1994年03月
    鹿児島大学 工学部 助教
  • 1994年04月
    -
    1999年09月
    鹿児島大学 工学部 准教授
  • 1999年10月
    -
    2004年06月
    国立循環器病センター 研究所 部長

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本人工臓器学会

  • 米国化学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    現在
    ISO TC194国内委員会 委員
  • 1999年
    -
    現在
    日本人工臓器学会 評議員
  • 2008年04月
    -
    現在
    日本学術会議 連携会員
  • 2015年11月
    -
    2017年10月
    日本人工臓器学会 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 高分子化学

  • 生体医工学・生体材料学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • プログラム細胞死細胞を原料とした新しい人工細胞外小胞の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • 脱細胞化異種半月板移植は同種半月板移植に代替するか

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 脱細胞化生体組織を規範とするTissueoid(人工生体組織)の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 脱細胞化生体組織を基盤とする組織完全復元化技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2014年

  • 不妊治療のための革新的子宮再生着床パッチの創製

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shunji Kurokawa,Yoshihide Hashimoto,Seiichi Funamoto,Kozue Murata,Akitatsu Yamashita,Kazuhiro Yamazaki,Tadashi Ikeda,Kenji Minatoya,Akio Kishida,Hidetoshi Masumoto . In vivo recellularization of xenogeneic vascular grafts decellularized with high hydrostatic pressure method in a porcine carotid arterial interpose model PLoS One. 2021.07; 16 (7): e0254160. ( DOI )

  • Tsuyoshi Kimura, Rino Tokunaga, Yoshihide Hashimoto, Naoko Nakamura, Akio Kishida. Tumor growth suppression by implantation of an anti-CD25 antibody-immobilized material near the tumor via regulatory T cell capture Science and Technology of Advanced Materials. 2021.06; 22 (1): 607-615.

  • Mako Kobayashi,Masako Ohara,Yoshihide Hashimoto,Naoko Nakamura,Toshiya Fujisato,Tsuyoshi Kimura,Akio Kishida. Effect of luminal surface structure of decellularized aorta on thrombus formation and cell behavior PLOS ONE. 2021.05; ( DOI )

  • Mako Kobayashi, Masao Ohara, Yoshihide Hashimoto, Naoko Nakamura, Toshiya Fujisato, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. In vitro evaluation of surface biological properties of decellularized cardiovascular use J. Mater. Chem. B. 2020.12; 2020 (48): 10977-10989. ( DOI )

  • Masaki Watanabe, Hanako Maeda, Yoshihide Hashimoto, Tsuyoshi Kimura, Akio Kishida. Protein adsorption and cell adhension behavior of engineering plastics plasticized by supercritical carbon dioxide Dent. Mater. J. 2020.12; 39 (6): 1033-1038. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 岸田晶夫. 高静水圧処理による生物組織からの再生医療用材料の開発, 高圧力の科学と技術. 日本高圧力学会, 2020.03 高静水圧処理による生物組織からの再生医療用材料の開発

  • Y. Hashimoto, S. Funamoto, S. Sasaki, T. Kimura, H. Kobayashi, A. Kishida. Decellularized matrix for corneal tissue engineering: Recent advances in development and clinical potential. RSC publishing, 2019.12 Chapter 12 (ISBN : 978-1-78801-467-0)

  • 小林尚俊, 橋本良秀, 舩本誠一, 岸田晶夫. 第Ⅲ編 第14章 角膜, 脱細胞化組織の作製法と医療・バイオ応用. 2019.04

  • 岸田晶夫. 第Ⅰ編 第1章 脱細胞化組織の動向, 脱細胞化組織の作製法と医療・バイオ応用. シーエムシー出版, 2019.04

  • 岸田晶夫. 第Ⅱ編 第5章 脱細胞化組織の課題, 脱細胞化組織の作製法と医療・バイオ応用. シーエムシー出版, 2019.04

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 松浦黎,中村奈緒子,木村剛,岸田晶夫. 脱細胞化腎臓の細胞外マトリクスが及ぼす再細胞化への影響. 第60回日本生体医工学会大会 2021.06.15 WEB開催

  • 木村剛,鈴木美加,橋本良秀,高橋宏信,清水達也,中村奈緒子,岸田晶夫. 靭帯再生を目指した脱細胞化膜状組織によるin vitro組織再構築. 第60回日本生体医工学会大会 2021.06.15 WEB開催

  • 後藤雄也,中村奈緒子,木村剛,岸田晶夫. 舌機能再構築を目指した脱細胞化舌の開発. 第60回日本生体医工学会大会 2021.06.15 WEB開催

  • 橋本良秀, 根岸淳, 舩本誠一, 木村剛, 小林尚俊, 岸田晶夫. 角膜実質組織の再構築を目指した透明脱細胞化角膜実質の開発. 第20回日本再生医療学会総会 2021.03.11 オンライン開催

  • 徳野陽子, 木村剛, 新田渉, 内田健哉,橋本良秀, 岸田晶夫. 生体組織を模倣した三次元配向型コラーゲンナノファイバー構造体の液中における特性評価. 第20回日本再生医療学会総会 2021.03.11 オンライン開催

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 粒子状脱細胞化組織の製造方法

    特許番号: 特許第6623333号

  • 脱細胞化組織を用いた癒着防止材及び代用生体膜

    特許番号: TWI715560

  • 脱細胞化組織を用いた癒着防止材及び代用生体膜

    特許番号: 特許第6793113号

  • 粒子状脱細胞化組織の製造方法

    特許番号: KR2240373

  • 粒子状脱細胞化組織の製造方法

    特許番号: EP2995325

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第30回ライフサポート学会 フロンティア講演会 奨励賞(小林真子),2021年03月

  • 第30回ライフサポート学会 フロンティア講演会 奨励賞(小原雅子),2021年03月

  • 第19回 IBB BioFuture Research Encouragement Prize 学部生部門 最優秀賞(安田英莉),2021年01月

  • 第19回 IBB BioFuture Research Encouragement Prize 大学院修士課程部門 優秀賞(小原雅子),2021年01月

  • 2020年度Yoshimi Memorial T.M.P Grant (橋本良秀),日本人工臓器学会,2020年11月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 4. 臓器の再生医学,2020年11月

    ニュートン別冊「最新ES細胞 iPS細胞」, pp.136-168.
    青山朋樹, 池口良輔, 永樂元次, 岸田晶夫, 長船健二, 岸田晶夫, 木村剛

  • 2. 幹細胞研究の最前線,2020年11月

    ニュートン別冊「最新ES細胞iPS細胞」, pp.28-54.
    阿久津英憲, 家田真樹, 岸田晶夫, 千葉親文, 戸口田淳也,山中伸弥

  • 細胞除去し「骨格」だけ活用,2019年09月

    日本経済新聞 2019年9月16日付 pp.9
    脱細胞化組織の自国製品についてコメント

  • 医療を支える新素材(3) 細胞外マトリックスによる組織・臓器再建,2019年06月

    現代化学(579), pp.60-62.

  • 萌芽研究ポスター賞と若手研究者奨励,2018年12月

    人工臓器 47巻3号 145頁 巻頭言

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生体材料学

  • 医歯薬産業技術特論

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 機能性材料化学,東邦大学

  • 生体材料学,慶應義塾大学