基本情報

写真a

友松 伸允(トモマツ ノブヨシ)

TOMOMATSU Nobuyoshi


職名

助教

研究室住所

東京医科歯科大学 10号館 6階

研究室電話番号

03-5803-5500

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

口腔外科、顎変形症

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  顎顔面外科  博士課程  2009年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 医員
  • 2015年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 顎顔面外科外来 医員(歯病)
  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 医員(歯病)
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 医員
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 助教
  • 2022年04月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔外科系診療領域 口腔外科 助教
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本睡眠歯科学会

  • 日本口腔科学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本口腔外科学会

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新たな顎骨浸潤モデルの構築とTNF-αインヒビターを利用した新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 顎変形症の術後の長期経過患者における睡眠時無呼吸症の発症リスクと顎骨移動の関係

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tomomatsu N, Takahara N, Nakakuki K, Kurasawa Y, Iwasaki T, Yoda T. Study of Morphological Changes in the Inferior Turbinate After Le Fort I Osteotomy. The Journal of craniofacial surgery. 2022.06; ( PubMed, DOI )

  2. Tomomatsu N, Takahara N, Nakakuki K, Kimura A, Kurasawa Y, Terauchi M, Yoda T. A study of unfavorable splits in the sagittal ramus osteotomy with a short lingual cut. Int J Oral Maxillofac Surg. 2021.10; 50 (10): 1329-1335. ( PubMed, DOI )

  3. Tomomatsu N, Takahara N, Kurasawa Y, Terauchi M, Iwasaki T, Yoda T. Three-dimensional changes in cystic lesions of the mandible after marsupialization Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2021.10; ( DOI )

  4. Kurasawa Y, Yoshitake H, Tomomatsu N, Yoda T. Long-term follow-up after arthroplasty for pediatric temporomandibular joint ankylosis performed before the critical period of mandibular growth: A case report. International journal of surgery case reports. 2021.09; 86 106330. ( PubMed, DOI )

  5. Namiaki Takahara, Nobuyoshi Tomomatsu, Diana Hsieh, Yasuhiro Kurasawa, Kei-Ichi Morita, Tetsuya Yoda. Short-Term Stability After Segmental Le Fort I Maxillary Impaction Surgery With Mandibular Autorotation in Seven High-Angle Class II Patients: A Case Series. J Craniofac Surg. 2021.08; 33 (2): e135-e138. ( PubMed, DOI )

  6. Aragaki Tadanobu, Tomomatsu Nobuyoshi, Michi Yasuyuki, Hosaka Hisashi, Fukai Yasuyuki, Iijima Misa, Yoda Tetsuya. ラムシルマブ関連口腔内化膿性肉芽腫 2症例報告(Ramucirumab-related Oral Pyogenic Granuloma: A Report of Two Cases) Internal Medicine. 2021.08; 60 (16): 2601-2605. ( 医中誌 )

  7. Aragaki T, Tomomatsu N, Michi Y, Hosaka H, Fukai Y, Iijima M, Yoda T. Ramucirumab-related Oral Pyogenic Granuloma: A Report of Two Cases Internal Medicine. 2021.03; ( DOI )

  8. Takahara N, Kimura A, Tomomatsu N, Nakakuki K, Yoda T. Does the amount of mandibular setback during bimaxillary surgery correlate with the degree of surgical relapse? Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology. 2020.05; 129 (5): 447-452. ( PubMed, DOI )

  9. Kurohara K, Tomomatsu N, Nakakuki K, Arai N, Yoda T. Skeletal stability after maxillary step osteotomy compared with original Le Fort I osteotomy during one-year of follow-up. Scientific reports. 2019.07; 9 (1): 9742. ( PubMed, DOI )

  10. Kurohara K, Tomomatsu N, Nakakuki K, Sakuma T, Arai N, Yoda T. Treatment of refractory non-union after maxillary osteotomy: A case report. Journal of Stomatology, Oral and Maxillofacial Surgery. 2018.12; ( PubMed, DOI )

  11. Narikazu Uzawa, Miho Suzuki, Chika Miura, Nobuyoshi Tomomatsu, Toshiyuki Izumo, Kiyoshi Harada. Primary ameloblastic carcinoma of the maxilla: A case report and literature review. Oncol Lett. 2015.01; 9 (1): 459-467. ( PubMed, DOI )

  12. N Tomomatsu, N Uzawa, T Aragaki, K Harada. Aperture width of the osteomeatal complex as a predictor of successful treatment of odontogenic maxillary sinusitis. Int J Oral Maxillofac Surg. 2014.11; 43 (11): 1386-1390. ( PubMed, DOI )

  13. Hiroyuki Nakachi, Kazuhiro Aoki, Nobuyoshi Tomomatsu, Neil Alles, Kenichi Nagano, Masashi Yamashiro, Hongtao Zhang, Ramachandran Murali, Mark I Greene, Keiichi Ohya, Teruo Amagasa. A structural modulator of tumor necrosis factor type 1 receptor promotes bone formation under lipopolysaccharide-induced inflammation in a murine tooth extraction model. Eur. J. Pharmacol.. 2012.03; 679 (1-3): 132-138. ( PubMed, DOI )

  14. Nobuyoshi Tomomatsu, Kazuhiro Aoki, Neil Alles, Niroshani S Soysa, Anower Hussain, Hiroyuki Nakachi, Souma Kita, Hitoyata Shimokawa, Keiichi Ohya, Teruo Amagasa. LPS-induced inhibition of osteogenesis is TNF-alpha dependent in a murine tooth extraction model. J. Bone Miner. Res.. 2009.10; 24 (10): 1770-1781. ( PubMed, DOI )

  15. Neil Alles, Niroshani S Soysa, M D Anower Hussain, Nobuyoshi Tomomatsu, Hiroaki Saito, Roland Baron, Nobuyuki Morimoto, Kazuhiro Aoki, Kazunari Akiyoshi, Keiichi Ohya. Polysaccharide nanogel delivery of a TNF-alpha and RANKL antagonist peptide allows systemic prevention of bone loss. Eur J Pharm Sci. 2009.05; 37 (2): 83-88. ( PubMed, DOI )

  16. Takahara Namiaki, Tomomatsu Nobuyoshi, Kimura Atsushi, Kosugi Machiko, Kurasawa Yasuhiro, Morita Kei-Ichi, Yoda Tetsuya. Changes in the condylar volume and skeletal relapse following orthognathic surgery in patients with dentofacial deformity: A retrospective study CRANIO-THE JOURNAL OF CRANIOMANDIBULAR & SLEEP PRACTICE. 2022.05; 1-11. ( PubMed, DOI )

  17. 倉沢 泰浩, 森田 圭一, 高原 楠旻, 友松 伸允, 佐久間 朋美, 原園 陽介, 池田 通, 依田 哲也. エナメル上皮腫再発に関与する因子の臨床病理学的検討 日本口腔外科学会雑誌. 2022.04; 68 (4): 184-192. ( 医中誌 )

  18. 友松伸允,和智宏太郎,和気創,高原楠旻,儀武啓幸,依田哲也. 悪性外耳道炎より波及した感染性顎関節炎の1例 日本口腔外科学会誌. 2022.01; 68 (1): 15-20.

  19. 寺内 正彦, 布川 裕規, 友松 伸允, 三浦 千佳, 池田 通, 依田 哲也. 下唇に発生したNon-neural granular cell tumorの1例 日本口腔外科学会雑誌. 2022.01; 68 (1): 42-47. ( 医中誌 )

  20. 本多 奈津子, 道 泰之, 友松 伸允, 石田 尚子, 坂本 啓, 山口 聰. 硬化性歯原性癌の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2019.11; 65 (11): 708-713. ( 医中誌 )

  21. 岩井 俊憲, 竹信 俊彦, 管野 貴浩, 山内 健介, 大井 一浩, 古賀 陽子, 佐藤 貴子, 友松 伸允, 成田 真人, 吉岡 徳枝, 小林 正治. 顎変形症治療コンセンサスミーティングにおけるアンケート調査 日本顎変形症学会雑誌. 2019.04; 29 (1): 11-22. ( 医中誌 )

  22. 友松伸允, 黒原一人, 中久木康一, 小杉真智子, 倉沢朋美, 依田哲也. アンケート調査による顎矯正手術の問題点の検討 口腔病学会雑誌. 2018.11; 85 (3): 83-93. ( 医中誌 )

  23. 友松伸允, 道 泰之, 水谷美保, 森田琢磨, 小杉真智子, 山口 聰. 舌癌術後の化学放射線療法中に偽膜性大腸炎と多発膿瘍を発症した1例 日本口腔科学会雑誌. 2018.09; 67 (3): 228-234. ( 医中誌 )

  24. 稲葉好則,大山厳雄,友松伸允,道 泰之,山口 聰. 口腔外科手術後栄養管理における新規濃厚流動食(ハイネイーゲル)の有用性 日本口腔外科学会雑誌. 2018.08; 64 (8): 464-469.

  25. 友松 伸允, 中久木 康一, 儀武 啓幸, 園田 格, 黒原 一人. 馬蹄形骨切り併用Le Fort I骨切り術のための上顎骨の解剖学的検討 日本顎変形症学会雑誌. 2017.12; 27 (4): 197-205. ( 医中誌 )

  26. 渡辺 高、友松伸允、細木美佐、稲葉好則、原田 清、藤井英治. 同一家系に発現した母斑基底細胞癌症候群の3例. 日本口腔外科学会雑誌. 2016.05; 62 (5): 226-231.

  27. 黒原一人, 新井直也, 中久木康一, 友松伸允, 岡村武志, 吉増秀實, 天笠光雄, 原田 清. 東京医科歯科大学顎顔面外科学分野における過去12年間の顎矯正手術症例の検討. 日本顎変形症学会雑誌. 2014.04; 24 (1): 63-72.

  28. 岡村武志, 黒原一人, 佐藤 豊, 儀武啓幸, 中久木康一, 細木美佐, 友松伸允, 小杉真智子, 原田 清. . 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎顔面外科における過去5年間の顎変形症患者に対する自己血輸血の検討 日本顎変形症学会雑誌. 2014.04; 24 (1): 53-62.

  29. 友松伸允, 町田奈美, 中久木康一, 佐藤 豊, 山城正司, 原田 清. 口腔症状を主訴に来院した筋萎縮性側索硬化症(ALS)の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2014.03; 60 (3): 142-146.

  30. 友松伸允, 鵜澤成一, 道 泰之, 黒原一人, 岡田憲彦, 天笠光雄. 角化嚢胞性歯原性腫瘍の臨床的検討. 日本口腔外科学会雑誌. 2008.05; 54 (5): 323-333.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 友松伸允, 依田哲也. 医局紹介:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面外科学分野.. the Quintessence, 2021.09

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 中久木 康一, 友松 伸允, 高原 楠旻, 岩崎 拓也, 赤池 優, 原園 陽介, 木村 敦, 佐久間 朋美, 倉沢 泰浩, 細木 美佐, 依田 哲也. 上下顎骨骨切り術におけるハイドロキシアパタイト含有ポリ-L-乳酸製骨接合材に関わる偶発症の検討. 日本顎変形症学会雑誌 2022.05.01

  2. 友松 伸允, 赤池 優, 佐藤 雄大, 高原 楠旻, 倉沢 泰浩, 依田 哲也. 吸収性プレート(Rapidsorb)を用いたLeFort I型骨切り術の術後安定性について. 日本顎変形症学会雑誌 2022.05.01

  3. 高原 楠旻, 友松 伸允, 木村 敦, 倉沢 泰浩, 山本 大介, 丸田 上, 依田 哲也. 下顎前突症と下顎後退症におけるLe Fort I型骨切りの移動精度について. 日本顎変形症学会雑誌 2022.05.01

  4. 津田晋平, 友松伸允, 中久木康一, 黒原一人, 佐久間朋美, 倉沢泰浩, 高原楠旻, 依田哲也. Le FortⅠ型骨切り後の長期骨癒合不全症例に対して腸骨移植併用による再固定を行った1例. 第212回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2021.12.18

  5. 友松伸允. 顎変形症治療の基本知識と手術手技. 日本メディカルネクスト Webinar 2021.12.02

  6. 山本大介, 高原楠旻, 依田哲也, 友松伸允, 中久木康一. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症における三次元的評価による術後安定性. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12

  7. 倉沢泰浩, 儀武啓幸, 高原楠旻, 友松伸允, 依田哲也. 成長期前の学童の顎関節強直症に対し顎関節授動術を施行し長期経過観察した1例. 第34回日本顎関節学会総会・学術集会 2021.10.23

  8. 友松 伸允. ビギナーとスペシャリストの間の目線より. OGS Webinar 2021.09.04

  9. 友松伸允, 高原楠旻, 中久木康一, 木村敦, 倉沢泰浩, 岩崎拓也, 依田哲也. LeFortⅠ型骨切り施行後の鼻腔内の形態変化に関する検討. 第31回日本顎変形症学会総会・学術集会 2021.06.11

  10. 岩崎拓也, 友松伸允, 高原楠旻, 中久木康一, 中里桂一郎, 木村敦, 倉沢泰浩, 依田哲也. オトガイ形成術のための下顎管アンテリアループの3次元的解剖学的検討. 第31回日本顎変形症学会総会・学術集会 2021.06.11

  11. 中里桂一郎, 高原 楠旻, 坂本 啓, 山崎新太郎, 星 礼子, 木原 翼, 友松 伸允, 依田 哲也. 舌に生じた筋肉内血管腫の 1 例. 第210回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2020.12.19

  12. 和智宏太郎、友松伸允、和気 創、 高原楠旻、儀武啓幸、依田哲也. 顎関節に炎症が波及した悪性外耳道炎の1例. 第210回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2020.12.19

  13. 友松 伸允, 高原 楠旻, 中久木 康一, 木村 敦, 依田 哲也. Short lingual cutによる両側下顎枝矢状分割術の下顎骨分割状態と後戻りに関する検討. 第30回日本顎変形症学会総会・学術集会 2020.06.24 新潟

  14. 黒原 一人, 友松 伸允, 中久木 康一, 新井 直也, 依田 哲也. Le Fort I型骨切り術における異なる骨切り線による術後安定性の検討 . 第74回日本口腔科学会総会学術集会 2020.04.16 新潟

  15. 友松伸允、高原楠旻、中久木康一、倉沢泰浩、長岡亮介、木村敦、小杉真智子、依田哲也. Short lingual cutによる両側下顎枝矢状分割術の下顎骨分割状態に関する検討. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.25 札幌

  16. 小杉真智子,中久木康一,友松伸允,高原楠旻,木村敦,依田哲也. HA含有ポリ-L-乳酸製骨接合性プレートによる上下顎骨骨切り術後の下顎の安定性の検討. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.25 札幌コンベンションセンター

  17. 小杉 真智子, 中久木 康一, 友松 伸允, 高原 楠旻, 木村 敦, 依田 哲也. 移動に骨干渉のないLe Fort I型骨切り術において、切開を分割し可及的に侵襲を小さくした2例 . 第29回 日本顎変形症学会総会・学術大会 2019.06.08 東京

  18. 高原 楠旻, 木村 敦, 小杉 真智子, 友松 伸允, 中久木 康一, 依田 哲也. 顔面非対称患者に対する顎矯正手術後の下顎骨関節突起体積変化について. 第29回 日本顎変形症学会総会・学術集会 2019.06.08 東京

  19. 黒原一人, 友松伸允, 中久木康一, 新井直也, 依田哲也. Le Fort Ⅰ型骨切り術における骨切り様式と術後安定性の検討. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.03

  20. 森田 圭一, 外内 えり奈, 友松 伸充, 高原 楠旻, 中久木 康一, 依田 哲也. 東京医科歯科大学における顎口腔変形疾患研究情報DB構築とバイオバンク事業との連携. 第63回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2018年11月2-4日 2018.11.02

  21. 友松伸允. 合併症~上顎骨癒合不全について~. Matrix Consensus Meeting 2018 2018.06.16

  22. 小杉真智子, 中久木康一, 佐久間朋美, 友松伸允. 顔面非対称症例に対するLe Fort I型骨切り術の骨固定材ごとの術後安定性の検討. 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.15

  23. 友松伸允, 中久木康一, 儀武啓幸, 園田 格, 黒原一人. 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術のための上顎骨の解剖学的検討. 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.15

  24. 友松伸允, 黒原一人, 中久木康一, 佐久間朋美, 小杉真智子, 金丸智紀. 顎矯正手術患者における手術後アンケート調査. 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.14

  25. 佐久間 朋美, 中久木 康一, 黒原 一人, 小杉 真智子, 友松 伸允. Le Fort I型骨切り術後の骨癒合不全に対して再手術を要した3症例の検討. 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.14

  26. 友松 伸允, 黒原 一人, 中久木 康一, 儀武 啓幸, 山口 聰. MOJシステム使用によるLeFortⅠ型骨切り術の上顎骨の術後安定性に対する検討.. 第62回 日本口腔外科学会総会 2017.10.21

  27. スーパーフィクソーブMX (R)ステッププレートの有用性の検討. 第62回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会 2017.10.20

  28. 中久木 康一, 友松 伸允, 黒原 一人, 隈 陽一郎, 小杉 真智子. 超音波固定生体吸収ピンを用いたシステムをLe Fort I型骨切り術に適応する場合のメッシュ屈曲の工夫. 第27回 日本顎変形症学会・学術大会 2017.06.16 東京

  29. 友松 伸允、道 泰之、水谷 美保、小杉 真知子、山口 聰. 舌癌術後CCRT中に偽膜性大腸炎、多発膿瘍を併発した1例. 第203回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2017.05.24 東京

  30. 松 伸允, 黒原 一人, 中久木 康一, 儀武 啓幸, 園田 格, 原田 清. 下行口蓋動脈周囲の骨量と上顎後方挙上の正確度との相関性について(第2報). 第25回 顎変形症学会・学術大会 2015.06.04

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第28回日本顎変形症学会:学会賞:馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術のための上顎骨の解剖学的検討:友松伸允,日本顎変形症学会,2018年06月