基本情報

写真a

大石 敦之(オオイシ アツシ)

OISHI Atsushi


職名

助教

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45東京医科歯科大学歯学部付属病院小児歯科外来

研究室FAX番号

03-5803-0204

メールアドレス

oishi.dohs@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dent/pedo/pedo-J.htm

研究分野・キーワード

歯根破折、歯髄、脱臼、外傷、ナノバブル、マイクロバブル、マイクロCT

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2007年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  小児歯科学分野  博士課程  2013年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 スポーツ医歯学 大学院生
  • 2009年04月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学 大学院生
  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 医員(歯病)
  • 2012年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学 医員
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 小児歯科外来 医員
  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 小児歯科外来 特任助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学 特任助教
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学・障害者歯科学分野 特任助教
  • 2020年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 小児歯科外来 特任助教
  • 2020年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学・障害者歯科学 特任助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学・障害者歯科学分野 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 口腔病学会

  • 日本小児歯科学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    現在
    日本小児歯科学会関東地方会 関東地方会モニター委員会、委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 成長、発育系歯学

  • 口腔再生医学、歯科医用工学

  • 外科系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会専門医

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 歯科外傷治療における酸素ナノバブル利用の有効性の検討,2014年04月 - 現在

  • 歯根破折の修復機構,2009年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脱落・再植した歯と歯髄の保存的治療における酸素ナノバブル投与の有効性の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 脱落・再植した歯と歯髄の保存的治療における酸素ナノバブル投与の有効性の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 脱落歯のウルトラファインバブル水浸漬による治癒促進効果

    文部科学省/日本学術振興会

  • 唾液を用いた胃・腸管感染症リスク診断応用への可能性の探索

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Sugimoto A, Iwata K, Kurogoushi R, Tanaka M, Nakashima Y, Yamakawa Y, Oishi A, Yoshizaki K, Fukumoto S, Yamamoto A, Ishimaru N, Iwamoto T. C-terminus of PIEZO1 governs Ca(2+) influx and intracellular ERK1/2 signaling pathway in mechanotransduction. Biochemical and biophysical research communications. 2023.11; 682 39-45. ( PubMed, DOI )

  2. Sekiya T, Sugimoto K, Kubota A, Tsuchihashi N, Oishi A, Yoshida N. Assessment of psychological changes in young children during dental treatment: Analysis of the autonomic nervous activity and electroencephalogram. International journal of paediatric dentistry. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  3. Hideo Yonezawa,Mizuho Motegi,Atsushi Oishi,Fuhito Hojo,Seiya Higashi,Eriko Nozaki,Kentaro Oka,Motomichi Takahashi,Takako Osaki,Shigeru Kamiya. Lantibiotics Produced by Oral Inhabitants as a Trigger for Dysbiosis of Human Intestinal Microbiota International Journal of Molecular Sciences. 2021.04; 22 (7): 3343.

  4. Atsushi Oishi,Yohei Hama,Emi Kanai,Michiyo Miyashin. Color-changeable chewing gum to motivate chewing training with complete dentures for a male patient with hypohidrotic ectodermal dysplasia and oligodontia Pediatric Dental Journal. 2021.04; 31 (1): 123-127. ( DOI )

  5. Yonezawa H, Motegi M, Oishi A, Hojo F, Higashi S, Nozaki E, Oka K, Takahashi M, Osaki T, Kamiya S. Lantibiotics Produced by Oral Inhabitants as a Trigger for Dysbiosis of Human Intestinal Microbiota. International journal of molecular sciences. 2021.03; 22 (7): ( PubMed, DOI )

  6. Miura Kennichi, Miyashin Michiyo, Kanao Takako, Oishi Atsushi. Eruption disturbance caused by an odontoma that was partially attached to the crown of the adjacent maxillary first molar, and step lesion excavation for the tooth preservation: A case report Clinical Case Report. 2019.10; 7 (12): 2462-2465.

  7. Atsushi Oishi,Hitoyata Shimokawa,Eri Sakaniwa,Masayoshi Takahashi,Michiyo Miyashin,Shinichi Arakawa. Oxygen and air nanobubbles in water inhibit proliferation of dental follicle stem cells in vitro Journal of Dental Health, Oral Disorders & Therapy. 2018.11; 9 (6): 460-462. ( DOI )

  8. Oishi A. Intentional replantation with retrograde root canal filling for transverse root fracture accompanied by periodontal-endodontic disease in an immature incisor: a case report and 4 years of follow-up. Journal of Clinical Pediatric Dentistry. 2017.05; 41 (3): 187-192.

  9. Oishi, A. Intentional Replantation of an Immature Incisor with a Transverse Root Fracture and Endo-Perio Condition: 4 Year Follow-Up JOURNAL OF CLINICAL PEDIATRIC DENTISTRY. 2017; 41 (3): 187-192. ( PubMed, DOI )

  10. Atsushi Oishi, Tatsuo Terashima, Michiyo Miyashin, Yuzo Takagi. Repair processes of experimental root fractures in rat molars examined by histopathological techniques and 3D micro-CT imaging. Pediatric Dental Journal. 2013.04; 23 (1): 8-15.

  11. 金井 恵未, 宮新 美智世, 上原 智己, 和田 奏絵, 大石 敦之, 長弘 茂樹, 柿野 聡子, 岩本 勉. 歯頸部歯根破折を生じた下顎左側側切歯の17年後の経過を評価した1例 小児歯科学雑誌. 2022.11; 60 (3): 141-147. ( 医中誌 )

  12. 大石 敦之. 【歯髄の保存を中心とした外傷歯への対応】症例別にみた対応法 露髄を伴う歯冠破折 幼若永久歯の部分断髄と歯髄保存 水酸化カルシウムを用いた生活断髄法 日本歯科評論. 2021.03; 81 (3): 36-39. ( 医中誌 )

  13. Michiyo Miyashin, Kanae Wada, Atsushi Oishi, Takako Sugahara, Yuzo Takagi. 新たな小児歯科歯内療法実習用模型の評価 小児歯科学雑誌. 2012; 50 (2): 250.

  14. 宮新美智世、和田奏絵、大石敦之、池尾茉莉、高木裕三. 乳臼歯咬合面に適したコンポジットレジンによる歯冠修復法 小児歯科学雑誌. 2011; 49 (4): 317.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 和田奏絵、大石敦之,杉本明日菜(掲載頁順). 臨床医のための小児歯科 BASIC & CASEBOOK. デンタルダイヤモンド, 2022.06 (ISBN : 978-4-88510-536-4)

  2. 大石敦之, 岩本勉. 歯科衛生士のための小児歯科のきほん (5 章) 小児の歯科治療における歯科衛生士の役割 治療の原則 歯内療法. デンタルダイヤモンド社, 2020.12 治療の原則 歯内療法

  3. 大石敦之, 岩本勉. 歯科衛生士のための小児歯科のきほん (5 章) 小児の歯科治療における歯科衛生士の役割 治療の原則 歯冠修復. デンタルダイヤモンド社, 2020.12 治療の原則 歯冠修復

  4. 大石敦之, 岩本勉. 歯科衛生士のための小児歯科のきほん (5 章) 小児の歯科治療における歯科衛生士の役割 治療の原則 麻酔法. デンタルダイヤモンド社, 2020.12 治療の原則 麻酔法

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Oishi A, Shimokawa H, Wit Yee Wint, Arakawa S, Miyashin M. Effects of Nanobubble water on human cells derived from impacted supernumerary teeth. 10th Biennial Conference of the Pediatric Dentistry Association of Asia in conjunction with 54th Annual Conference of the Japanese Society of Pediatric Dentistry 2016.05.27 Tokyo, Japan

  2. Atsushi Oishi, Tatsuo Terashima, Michiyo Miyashin, Yuzo Takagi. Experimental study on the root fracture of rat immature molars.. The 59th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2011.01

  3. 大石敦之、宮新美智世、高木裕三. 幼若な歯根破折歯の感染に外科的に対応した1例.. 第10回日本外傷歯学会・学術大会 2010.11.13

  4. 武永 嶺,和田奏絵,大石敦之,杉本明日菜,小樋香織, 岩田こころ,黑厚子璃佳,岩本 勉. 小児⻭科の未来・人工知能の予測とわれわれの予測の比較. 日本小児歯科学会 第38回関東地方会 2023.10.01 川口市

  5. 新田 瑠璃子, 大石 敦之, 内藤 悠, 岩田 こころ, 黒厚子 璃佳, 山本 奏, 岩本 勉. 当院・小児歯科へ来院する初診患者の実態調査. 第61回 日本小児歯科学会大会 2023.05.18

  6. 大石敦之,内藤悠,井上佳怜,和田奏絵,中島結美子,山木奏,岩本勉. 当院・小児科病棟における歯科オンライン診療システムの構築と実践において得られた成果と課題. 日本小児歯科学会第37回関東地方会大会 2022.10.16 茨城県取手市

  7. 山木 奏, 大石敦之, 内藤 悠, 井上佳怜, 杉本明日菜, 岩本 勉. 当院・小児科と小児歯科での医科歯科連携の診療に対する新型コロナウィルス感染症の影響と今後 の展望. 第37回日本小児歯科学会関東地方会 2022.10.16 取手市

  8. 内藤 悠, 和田 奏絵, 島田 学, 大石 敦之, 上原 智己, 関矢 多希, 小樋 香織, 松村 木綿子, 柿野 聡子, 宮新 美智世. 小児のための歯科オンライン診療システムの構築 口腔内ビデオカメラの活用. 小児歯科学雑誌 2020.02.01

  9. 金井 恵未, 柿野 聡子, 大石 敦之, 和田 奏絵, 上原 智己, 古澤 慧美, 長弘 茂樹, 関 裕子, 小樋 香織, 宮新 美智世. 歯頸部に複雑な歯根破折を生じた根未完成歯を長期経過観察した1例. 小児歯科学雑誌 2020.02.01

  10. 三浦 謙一, 大石 敦之, 金尾 貴子, 國本 洋志, 宮新 美智世. 硬組織により咬合面が覆れた大臼歯萠出遅延の1例. 第57回日本小児歯科学会大会 2019.06.11 札幌

  11. 大石敦之、浜洋平、小樋香織、金井恵未、松原龍生、宮新美智世. 無歯症児の全部床義歯の使用において、色変わりガムが義歯使用のモチベーション向上に寄与した1例. 日本小児歯科学会第36 回北日本地方会· 第33 回関東地方会合同大会 2018.10.07 宇都宮

  12. 大石敦之、藤田晴子、宮新美智世. 先天性部分無歯症に対して早期から小児義歯を作製した1例. 第52回日本小児歯科学会大会 2014.05.17 東京

  13. 大石敦之. 根未完成歯に実験的に作製した外傷性歯根破折の修復過程―病理組織切片と3次元マイクロCTイメージングによる観察. 日本小児歯科学会第28回関東地方会 2013.10.27

  14. 大石敦之、宮新美智世、高木裕三. ラットを用いた外傷性歯根破折モデルの病理組織像と3次元マイクロCTイメージングによる経時的観察. 第12回日本外傷歯学会 総会・学術学会 2012.10.13

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 大石敦之:PEDIATRIC DENTAL JOURNAL優秀論文賞 Color-changeable chewing gum to motivate chewing training with complete dentures for a male patient with hypohidrotic ectodermal dysplasia and oligodontia,日本小児歯科学会,2022年05月

  • 大石敦之:PEDIATRIC DENTAL JOURNAL優秀論文賞 Repair processes of experimental root fractures in rat molars examined by histopathological techniques and 3D micro-CT imaging. ,日本小児歯科学会,2014年05月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 歯の延命に貢献する大気圧低温プラズマを用いた安全な歯根の新規洗浄・殺菌法の開発(大石敦之),2023年12月

    東京医科歯科大学・東京工業大学マッチングファンド

  • 文部科学省科学研究費助成金 若手研究 代表,2021年04月

    「脱落歯のウルトラファインバブル水浸漬による治癒促進効果」課題番号19K19018 2019-2021年度 研究代表者 大石敦之

  • 文部科学省科学研究費助成金 若手研究(B)代表,2018年01月

    「脱落・再植した歯と歯髄の保存的治療における酸素ナノバブル投与の有効性の検討」課題番号26870173 H26-H29
    研究代表者:大石敦之

  • 文部科学省科学研究費助成金 基盤研究(C) 分担,2018年01月

    「唾液を用いた胃・腸管感染症リスク診断応用への可能性の探索」課題番号15K11426 H27-29 分担研究者:大石敦之

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • D6臨床セミナー,2021年 - 現在

  • 歯科衛生臨床実習OH3、4,2021年 - 現在

  • 包括臨床実習(D5、D6),2021年 - 現在

  • D5小児の成長発育と咬合育成 実習(模型実習),2021年 - 現在

  • D3臨床予備実習,2021年 - 現在

  • D3臨床歯学イントロダクション,2021年 - 現在

▼全件表示

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 医療安全管理室 委員,2021年04月 - 現在

  • オンライン診療WG委員,2021年04月 - 現在

  • 災害対策WG委員,2021年04月 - 現在

  • 5Sリーダー,2021年04月 - 現在

  • 医療情報委員会 委員,2021年04月 - 現在

  • 分野LAN管理担当,2021年01月 - 現在

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会関東地方会モニター委員(大石敦之),日本小児歯科学会関東地方会,2020年01月01日 - 現在

  • 東京都歯科医師会主催 卒後研修「安心・安全な小児歯科臨床」,東京都歯科医師会,東京都歯科医師会主催 卒後研修「安心・安全な小児歯科臨床」,東京都文京区東京医科歯科大学,2018年09月09日

  • “子どもの歯科を学ぶ—TMDU 小児歯科の最新トピック” ,東京医科歯科大学歯科同窓会,平成30年度 東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.E. 学術講演会,東京都千代田区TKPガーデンシティ御茶ノ水,2018年08月05日

  • 公開シンポジウム 舌小帯短縮症の考え方,(公社)小児科と小児歯科の保健検討委員会,2014年08月17日

  • 日本小児歯科学会第50回記念大会,2012年05月12日 - 2012年05月13日