基本情報

写真a

駒ヶ嶺 友梨子(コマガミネ ユリコ)

KOMAGAMINE Yuriko


職名

助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  東京医科歯科大学大学院  歯学研究科  全部床義歯補綴学  博士課程  2011年03月  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 助教
  • 2021年04月
    -
    2024年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 講師(キャリアアップ)
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 助教
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ガム咀嚼が歯周病と口腔機能に与える影響,2021年04月 - 2024年03月

  • 高齢者における食前ガム咀嚼は血糖値上昇を抑制するか?,2021年04月 - 2024年03月

  • 無歯顎補綴におけるマルコフモデル構築とモンテカルロ法による費用対効果分析,2017年04月 - 2020年03月

  • 欠損補綴はメタボリックシンドロームを改善させるか?-無作為化比較試験による検討,2017年04月 - 2020年03月

  • 加齢に伴う歯の喪失に対する欠損補綴は栄養摂取と認知機能を改善するか?,2016年04月 - 2019年03月

  • 欠損補綴と食事指導が高齢者の栄養状態,2014年04月 - 2017年03月

  • 義歯による欠損補綴が高齢者の栄養摂取に与える効果,2013年11月 - 2014年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 無歯顎補綴におけるマルコフモデル構築とモンテカルロ法による費用対効果分析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 欠損補綴はメタボリックシンドロームを改善させるか?-無作為化比較試験による検討-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 欠損補綴と食事指導が高齢者の栄養状態に与える影響-バイオマーカーによる評価ー

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 無歯顎補綴における Health Technology Assessment

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 欠損補綴はメタボリックシンドロームを改善させるか?-無作為化比較試験による検討-

    文部科学省/日本学術振興会

  • 高齢者における食前ガム咀嚼は血糖値上昇を抑制するか?

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hiroyuki Suzuki, Manabu Kanazawa, Yuriko Komagamine, Maiko Iwaki, Ayami Jo, Noriko Amagai, Shunsuke Minakuchi. The effect of new complete denture fabrication and simplified dietary advice on nutrient intake and masticatory function of edentulous elderly: A randomized-controlled trial. Clin Nutr. 2017.08; ( PubMed, DOI )

  2. Kanamori Y, Seki N, Foxton R, Moross J, Komagamine Y, Mizutani K, Hosaka K, Kanazawa M, Hatayama T, Komada W, Yonemitsu I, Akiyama M, Kaewmanee PC, Kaewsutha N, Nitta H, Wakabayashi N, Morio I. Fostering globally competent dental students through virtual team-working, problem-solving and person-centred multi-disciplinary care planning. Journal of Dental Sciences. 2022.07; ( DOI )

  3. Otake R, Kanazawa M, Iwaki M, Soeda Y, Hada T, Katheng A, Komagamine Y, Minakuchi S. Patient-reported outcome and cost-effectiveness analysis of milled and conventionally fabricated complete dentures in a university clinic: A retrospective study. The Journal of prosthetic dentistry. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  4. Katheng A, Kanazawa M, Komagamine Y, Iwaki M, Namano S, Minakuchi S.. Effect of post-rinsing time and method on accuracy of denture base manufactured with stereolithography. J Adv Prosthodont.. 2022.02; 14 (1): 45-55.

  5. Ryosuke Otake, Manabu Kanazawa, Maiko Iwaki, Yumika Soeda, Tamaki Hada, Awutsadaporn Katheng, Yuriko Komagamine and Shunsuke Minakuchi. Patient-reported outcome and cost-effectiveness analysis of milled and conventionally fabricated complete dentures in a university clinic: A retrospective study Journal of Prosthetic Dentistry. 2022;

  6. Sai Tun Naing, Kanazawa M, Hada T, Iwaki M, Komagamine Y, Miyayasu A, Uehara Y, Minakuchi S. In vitro study of the effect of implant position and attachment type on stress distribution of implant-assisted removable partial dentures Journal of Dental Sciences. 2022;

  7. Katheng A, Kanazawa M, Komagamine Y, Miyayasu A, Uehara Y, Sato D. Masticatory performances and maximum occlusal forces of immediate and conventional loaded two-implant supported overdentures retained by magnetic attachments: preliminary study of randomized controlled clinical trial. International Journal of Implant Dentistry. 2021.06; 7 (1): 1-9.

  8. Komagamine Y, Kanazawa M, Sato D, Iwaki M, Miyayasu A, Minakuchi S. Patient-reported outcomes with immediate-loaded two-implant-supported mandibular overdentures: Results of a 5-year prospective study. Journal of Dental Sciences. 2021.06;

  9. Doke M, Komagamine Y, Kanazawa M, Iwaki M, Suzuki H, Miyazaki Y, Mizuno T, Okayasu K, Minakuchi S. Effect of dental intervention on improvements in metabolic syndrome patients: a randomized controlled clinical trial. BMC oral health. 2021.01; 21 (1): 4. ( PubMed, DOI )

  10. Hiroyuki Suzuki, Manabu Kanazawa, Yuriko Komagamine, Maiko Iwaki, Noriko Amagai, Shunsuke Minakuchi. Influence of simplified dietary advice combined with new complete denture fabrication on masticatory function of complete denture wearers. J Oral Rehabil. 2019.06; 46 (12): 1100-1106. ( PubMed, DOI )

  11. Komagamine Y, Kanazawa M, Sato Y, Iwaki M, Jo A, Minakuchi S. Masticatory performance of different impression methods for complete denture fabrication: a randomized controlled trial. Journal of dentistry. 2019.01; 83 7-11. ( PubMed, DOI )

  12. Hiroyuki Suzuki, Manabu Kanazawa, Yuriko Komagamine, Maiko Iwaki, Noriko Amagai, Shunsuke Minakuchi. Changes in the nutritional statuses of edentulous elderly patients after new denture fabrication with and without providing simple dietary advice. J Prosthodont Res. 2019.01; ( PubMed, DOI )

  13. Komagamine Y, Kanazawa M, Sato D, Minakuchi S. A preliminary comparison of masticatory performances between immediately loaded and conventionally loaded mandibular two-implant overdentures with magnetic attachments. Clinical implant dentistry and related research. 2018.12; 21 (1): 130-137. ( PubMed, DOI )

  14. Komagamine Y, Kanazawa M, Yamada A, Minakuchi S. . Association between tongue and lip motor functions and mixing ability in complete denture wearers. Aging Clinical and Experimental Research. 2018.11; ( PubMed, DOI )

  15. Manabu Kanazawa, Hiroyuki Suzuki, Yuriko Komagamine, Maiko Iwaki, Noriko Amagai, Shunsuke Minakuchi. Combined effects of new complete denture fabrication and simplified dietary advice on nutrient intake in edentulous elderly patients for 6 months. Clin Oral Investig. 2018.10; ( PubMed, DOI )

  16. Seki N, Kanazawa M, Komagamine Y, Mizutani K, Hosaka K, Komada W, Moross J, Kuroda S, Sunaga M, Kawaguchi Y, Morio I, Kinoshita A. International Dental Education Course for Clinical Expertise at Tokyo Medical and Dental University Graduate School Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.09; 65 123-130.

  17. Seki Naoko, Kanazawa Manabu, Komagamine Yuriko, Mizutani Koji, Hosaka Keiichi, Komada Wataru, Moross Janelle, Kuroda Shinji, Sunaga Masayo, Kawaguchi Yoko, Morio Ikuko, Kinoshita Atsuhiro. International Dental Education Course for Clinical Expertise at Tokyo Medical and Dental University Graduate School(和訳中) Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.09; 65 (3): 123-130. ( 医中誌 )

  18. Manabu Kanazawa, Mariko Tanoue, Anna Miyayasu, Shin Takeshita, Daisuke Sato, Mari Asami, Thuy Vo Lam, Khaing Myat Thu, Ken Oda, Yuriko Komagamine, Shunsuke Minakuchi, Jocelyne Feine. The patient general satisfaction of mandibular single-implant overdentures and conventional complete dentures: Study protocol for a randomized crossover trial. Medicine (Baltimore). 2018.05; 97 (20): e10721. ( PubMed, DOI )

  19. Seki Naoko, Kanazawa Manabu, Komagamine Yuriko, Moross Janelle, Mizutani Koji, Hosaka Keiichi, Komada Wataru, Kuroda Shinji, Sunaga Masayo, Kawaguchi Yoko, Morio Ikuko, Kinoshita Atsuhiro. TMDUの大学院における臨床専門知識習得のための国際的歯学教育コースの評価(Assessment of International dental education course for clinical expertise at TMDU graduate school) 口腔病学会雑誌. 2018.03; 85 (1): 27. ( 医中誌 )

  20. Noriko Amagai, Yuriko Komagamine, Manabu Kanazawa, Maiko Iwaki, Ayami Jo, Hiroyuki Suzuki, Shunsuke Minakuchi. The effect of prosthetic rehabilitation and simple dietary counseling on food intake and oral health related quality of life among the edentulous individuals: A randomized controlled trial. J Dent. 2017.10; 65 89-94. ( PubMed, DOI )

  21. Kubota Chieko, Kanazawa Manabu, Hama Yohei, Komagamine Yuriko, Minakuchi Shunsuke. アトロピン作用下における咀嚼刺激唾液分泌量と、色変わりチューインガムを用いて評価した咀嚼混合能力との関連性(Association between chewing-stimulated salivary flow under the effects of atropine and mixing ability assessed using a color-changeable chewing gum) Journal of Prosthodontic Research. 2017.10; 61 (4): 387-392. ( 医中誌 )

  22. Yuhei Matsuda, Manabu Kanazawa, Yuriko Komagamine, Masashi Yamashiro, Sumio Akifusa, Shunsuke Minakuchi. Reliability and Validity of the MD Anderson Dysphagia Inventory Among Japanese Patients. Dysphagia. 2017.08; ( PubMed, DOI )

  23. Y Hama, A Hosoda, Y Komagamine, S Gotoh, C Kubota, M Kanazawa, S Minakuchi. Masticatory performance-related factors in preschool children: establishing a method to assess masticatory performance in preschool children using colour-changeable chewing gum. J Oral Rehabil. 2017.08; ( PubMed, DOI )

  24. Komagamine Yuriko, Kanazawa Manabu, Sasaki Yoshiyuki, Sato Yusuke, Minakuchi Shunsuke. Prognoses of new complete dentures from the patient's denture assessment of existing dentures CLINICAL ORAL INVESTIGATIONS. 2017.06; 21 (5): 1495-1501. ( PubMed, DOI )

  25. Chieko Kubota, Manabu Kanazawa, Yohei Hama, Yuriko Komagamine, Shunsuke Minakuchi. Association between chewing-stimulated salivary flow under the effects of atropine and mixing ability assessed using a color-changeable chewing gum. J Prosthodont Res. 2017.01; ( PubMed, DOI )

  26. Komagamine Y, Kanazawa M, Iwaki M, Jo A, Suzuki H, Amagai N, Minakuchi S. Combined effect of new complete dentures and simple dietary advice on nutritional status in edentulous patients: study protocol for a randomized controlled trial. Trials. 2016.11; 17 (1): 539-546.

  27. Komagamine Y, Kanazawa M, Sasaki Y, Sato Y, Minakuchi S. Prognoses of new complete dentures from the patient's denture assessment of existing dentures. Clinical Oral Investigations. 2016.07;

  28. Ayako Yamada, Manabu Kanazawa, Yuriko Komagamine, Shunsuke Minakuchi. Association between tongue and lip functions and masticatory performance in young dentate adults Journal of Oral Rehabilitation. 2015.06; ( PubMed )

  29. T Horie, M Kanazawa, Y Komagamine, Y Hama, S Minakuchi. Association between near occlusal contact areas and mixing ability. J Oral Rehabil. 2014.11; 41 (11): 829-835. ( PubMed, DOI )

  30. Yuriko Komagamine, Manabu Kanazawa, Yoshinori Kaiba, Yusuke Sato, Shunsuke Minakuchi. Reliability and validity of a questionnaire for self-assessment of complete dentures. BMC Oral Health. 2014; 14 45. ( PubMed, DOI )

  31. Y Komagamine, M Kanazawa, Y Kaiba, Y Sato, S Minakuchi, Y Sasaki. Association between self-assessment of complete dentures and oral health-related quality of life. J Oral Rehabil. 2012.11; 39 (11): 847-857. ( PubMed, DOI )

  32. Y Komagamine, M Kanazawa, S Minakuchi, T Uchida, Y Sasaki. Association between masticatory performance using a colour-changeable chewing gum and jaw movement. J Oral Rehabil. 2011.08; 38 (8): 555-563. ( PubMed, DOI )

  33. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第12回)(最終回) オーバーデンチャー 歯界展望. 2022.07; 140 (1): 148-155. ( 医中誌 )

  34. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第11回) コンビネーションシンドローム 歯界展望. 2022.06; 139 (6): 1232-1239. ( 医中誌 )

  35. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第10回) 義歯治療における嘔吐反射について(後編) 歯界展望. 2022.05; 139 (5): 1032-1038. ( 医中誌 )

  36. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第9回)義歯治療における嘔吐反射について(前編) 歯界展望. 2022.04; 139 (4): 798-804. ( 医中誌 )

  37. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第8回) 全部床義歯の支持 歯界展望. 2022.03; 139 (3): 612-617. ( 医中誌 )

  38. Hada Tamaki, Kanazawa Manabu, Miyamoto Nanako, Liu Hengyi, Iwaki Maiko, Komagamine Yuriko, Minakuchi Shunsuke. Effect of Different Filler Contents and Printing Directions on the Mechanical Properties for Photopolymer Resins INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES. 2022.02; 23 (4): ( PubMed, DOI )

  39. Katheng Awutsadaporn, Kanazawa Manabu, Komagamine Yuriko, Iwaki Maiko, Namano Sahaprom, Minakuchi Shunsuke. Effect of post-rinsing time and method on accuracy of denture base manufactured with stereolithography JOURNAL OF ADVANCED PROSTHODONTICS. 2022.02; 14 (1): 45-55. ( PubMed, DOI )

  40. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第7回) 全部床義歯の安定 歯界展望. 2022.02; 139 (2): 394-400. ( 医中誌 )

  41. Komagamine Yuriko, Kanazawa Manabu, Sato Daisuke, Iwaki Maiko, Miyayasu Anna, Minakuchi Shunsuke. Patient-reported outcomes with immediate- loaded two-implant-supported mandibular overdentures: Results of a 5-year prospective study JOURNAL OF DENTAL SCIENCES. 2022.01; 17 (1): 70-77. ( PubMed, DOI )

  42. Komagamine Yuriko, Kanazawa Manabu, Sato Daisuke, Iwaki Maiko, Miyayasu A., Minakuchi Shunsuke. Patient-reported outcomes for the immediate loading of mandibular overdentures supported by two implants soon after implant surgery JOURNAL OF DENTAL SCIENCES. 2022.01; 17 (1): 560-567. ( PubMed, DOI )

  43. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第6回) 全部床義歯の維持 歯界展望. 2022.01; 139 (1): 170-177. ( 医中誌 )

  44. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第5回) 義歯装着後のトラブルシューティング 歯界展望. 2021.12; 138 (6): 1232-1235. ( 医中誌 )

  45. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第4回) ニュートラルゾーンテクニックについて 歯界展望. 2021.11; 138 (5): 1028-1038. ( 医中誌 )

  46. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第3回) 対応に困る義歯患者 歯界展望. 2021.10; 138 (4): 828-839. ( 医中誌 )

  47. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第2回) 全部床義歯の印象採得 各種印象法 歯界展望. 2021.09; 138 (3): 597-606. ( 医中誌 )

  48. 駒ヶ嶺 友梨子, 松田 謙一, 金澤 学. 全部床義歯、古典文献への誘い(第1回) 全部床義歯の印象採得 レビュー 歯界展望. 2021.08; 138 (2): 392-398. ( 医中誌 )

  49. 野原 佳織, 貨泉 朋香, 黒川 亜紀子, 小林 利彰, 片田 治子, 根來 大幹, 駒ヶ嶺 友梨子, 金澤 学, 水口 俊介. 超高齢社会における口腔機能低下症の予防法の確立 口腔乾燥の新たな治療方法の確立に向けた5症例の検討 老年歯科医学. 2021.03; 35 (4): 321. ( 医中誌 )

  50. Hosoda Akemi, Komagamine Yuriko, Kanazawa Manabu, Hama Yohei, Kojo Akiko, Minakuchi Shunsuke. The Association between Dietary Habits and Periodontal Disease in Young Adult Women JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY. 2021; 67 (1): 48-56. ( PubMed, DOI )

  51. 駒ヶ嶺 友梨子. 過蓋咬合の患者に対して可撤性義歯による機能回復を行った症例 日本補綴歯科学会誌. 2020.10; 12 (4): 360-363. ( 医中誌 )

  52. 駒ヶ嶺 友梨子. 特集 超高齢社会に必須 理解 活用したい キーワード+機器・器材23 Part2 活用したい機器・器材 7.咀嚼能力の測定(咀嚼チェックガム/咀嚼能力測定用グミゼリー) 日本歯科評論. 2020.04; 80 (4): 70-71.

  53. 駒ヶ嶺 友梨子. 特集 超高齢社会に必須 理解 活用したい キーワード+機器・器材23 Part2 活用したい機器・器材 8.最大咬合力の測定(デンタルプレスケール). 日本歯科評論. 2020.04; 80 (4): 72-73.

  54. 駒ヶ嶺 友梨子. 【超高齢社会に必須 理解・活用したい キーワード+機器・器材23】(Part 2)活用したい機器・器材 咀嚼能力の測定(咀嚼チェックガム/咀嚼能力測定用グミ) 日本歯科評論. 2020.04; 80 (4): 70-71. ( 医中誌 )

  55. 駒ヶ嶺 友梨子. 【超高齢社会に必須 理解・活用したい キーワード+機器・器材23】(Part 2)活用したい機器・器材 最大咬合力の測定(デンタルプレスケール) 日本歯科評論. 2020.04; 80 (4): 72-73. ( 医中誌 )

  56. 浅見 茉里, 宮安 杏奈, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, 岩城 麻衣子, 水口 俊介. 下顎シングルインプラントオーバーデンチャーにおける咀嚼能力 2年経過報告 日本咀嚼学会雑誌. 2019.11; 29 (2): 112. ( 医中誌 )

  57. 駒ヶ嶺 友梨子, 金澤 学. 【はじめての全部床義歯】(Chapter 2)診療1日目 問診、診査診断、必要な検査. 歯界展望. 2019.11; 別冊 (はじめての全部床義歯): 10-24. ( 医中誌 )

  58. 駒ヶ嶺 友梨子, 金澤 学. 【はじめての全部床義歯】(Chapter 17)術後 検査・評価. 歯界展望. 2019.11; 別冊 (はじめての全部床義歯): 145-147. ( 医中誌 )

  59. 金澤 学, 駒ヶ嶺友梨子, 浅見茉里. インプラントオーバーデンチャーの最新エビデンスと臨床(第3回) IODにおけるアタッチメントの選択基準 歯界展望. 2019.08; 134 (2): 294-308.

  60. 浅見 茉里, 宮安 杏奈, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, 水口 俊介. 下顎シングルインプラントオーバーデンチャーにおける咀嚼能力 日本咀嚼学会雑誌. 2018.11; 28 (2): 102. ( 医中誌 )

  61. 鈴木 啓之, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, 岩城 麻衣子, 天海 徳子, 下山 和弘, 水口 俊介. 全部床義歯新製と簡便な食事指導が無歯顎者の栄養素摂取に与える影響 6ヵ月経過報告 日本補綴歯科学会誌. 2018.06; 10 (特別号): 203. ( 医中誌 )

  62. 鈴木 啓之, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, 岩城 麻衣子, 天海 徳子, 水口 俊介. 簡便な食事指導を伴う全部床義歯新製が無歯顎高齢者のタンパク質摂取量に与える影響 日本咀嚼学会雑誌. 2017.11; 27 (2): 86. ( 医中誌 )

  63. 駒ヶ嶺 友梨子, 金澤 学, 岩城 麻衣子, 宮安 杏奈, 水口 俊介. 即時荷重2インプラントオーバーデンチャーの5年前向き試験 咀嚼能力について 日本咀嚼学会雑誌. 2017.11; 27 (2): 99. ( 医中誌 )

  64. 關 奈央子, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, ジャネル・モロス , 水谷 幸嗣, 保坂 啓一, 駒田 亘, 須永 昌代, 川口 陽子, 森尾 郁子, 木下 淳博. 東京医科歯科大学大学院における国際歯科臨床教育コースの導入と取り組み(第1報) 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2017.07; 36回 104. ( 医中誌 )

  65. 鈴木 啓之, 金澤 学, 天海 徳子, 駒ヶ嶺 友梨子, 岩城 麻衣子, 城 彩実, 水口 俊介. 全部床義歯新製と簡便な栄養指導が無歯顎高齢者の栄養素摂取と咀嚼能力に与える影響 日本補綴歯科学会誌. 2017.06; 9 (特別号): 121. ( 医中誌 )

  66. 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, 山田 理子, 水口 俊介. 簡単にできる咀嚼機能検査 色変わりガムを用いた咀嚼能力評価法 日本咀嚼学会雑誌. 2017.05; 27 (1): 25-26. ( 医中誌 )

  67. 駒ヶ嶺  友梨子. 咀嚼の基礎知識. 臨床栄養. 2017.04; 130 (4): 441-447.

  68. 鈴木 啓之, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, 岩城 麻衣子, 城 彩実, 天海 徳子, 水口 俊介. 全部床義歯新製に伴う歯科医師による簡便な食事指導が無歯顎高齢者の栄養素摂取量に与える影響 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2017.04; 71回 226. ( 医中誌 )

  69. 駒ヶ嶺 友梨子. 【歯と口をもっと知ろう!-栄養から歯科につなぐための基礎知識】 咀嚼の基礎知識 臨床栄養. 2017.04; 130 (4): 441-447. ( 医中誌 )

  70. 駒ヶ嶺友梨子. 第27回ハイドロコロイドシンポジウム「加齢等による口腔機能の変化と色変わりチューイングガムによる評価」 日本咀嚼学会雑誌第26巻2号. 2016.11; 26 (2): 70-73.

  71. 浜 洋平,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,山賀栄次郎,水口俊介. 小児から高齢患者まで大活躍!簡単にできる咀嚼能力評価 the Quintessence. 2014.11; 33 (11): 46-56.

  72. 駒ヶ嶺 友梨子, 水口 俊介. 歯科臨床次の一手 全部床義歯臨床 基本の"き" 人工歯の排列と試適(審美、機能) DENTAL DIAMOND. 2014.08; 39 (11): 77-83. ( 医中誌 )

  73. 咀噛後の保管方法が色変わりガムの咀嚼後経時的色変化に与える影響 2013.11; 23 (2): 75-80. ( 医中誌 )

  74. 山賀栄次郎,金澤 学,内田達郎,駒ヶ嶺友梨子,濵 洋平,掘江 毅,水口俊介. 咀嚼後の保管方法が色変わりガムの咀嚼後経時的色変化に与える影響 咀嚼後の保管方法が色変わりガムの咀嚼後経時的色変化に与える影響 日本咀嚼学会雑誌. 2013; 23 (2): 75-80.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 金澤 学, 駒ヶ嶺友梨子, 浅見茉里. インプラントオーバーデンチャーの最新エビデンスと臨床. 2019.08

  2. 水口俊介,古屋純一(監著)駒ヶ嶺(分担). 学校では習わなかった義歯と義歯ケアの話. クインテッセンス社, 2018.09

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. BUI Ngoc Huyen Trang. Masticatory Function With Implant-assisted Removable Partial Dentures Using Short Implants. 2022 IADR/APR General Session 2022.06.22

  2. 關奈央子,水谷幸嗣,保坂啓一,駒田 亘,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,ジャネルモロス,須永昌代,川口陽子,森尾郁子,木下淳博. 医歯学総合研究科歯学系大学院生対象の国際歯科臨床教育コース(Essential Expertise for Clinical Dentistry)に対する評価. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京

  3. Maiko Iwaki , Manabu Kanazawa, Anna Miyayasu, Thuy Vo Lam, Khaing Myat Thu, Mari Asami, Ryo Shimada, Masatoshi Negoro, Awutsadaporn Katheng, Sai Tun Naing, Yoko Uehara, Yuriko Komagamine, Daisuke Sato, Shohei Kasugai, Shunsuke Minakuchi.. Complications of Immediate Loading of Two-implant Mandibular Overdentures: 5-year prospective study. ICP/EPA 2019 2019.09.05 Amsterdam, The Netherlands

  4. 「道家碧, 駒ヶ嶺友梨子, 金澤学, 岩城麻衣子, 鈴木啓之, 水野哲也, 水口俊介」. 歯科介入によるメタボリックシンドローム改善効果について -無作為化臨床試験プロトコル-. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.12 札幌コンベンションセンター

  5. Kanazawa M, Komagamine Y. Oral Hypofunction. International Faculty Development Course 2018 2018.12.03

  6. Yuriko Komagamine. Evaluation for Masticatory Performance and Nutrition. Lecture in University of Dental Medicine, Mandalay 2018.10.02 Mandalay

  7. Komagamine Y, Kanazawa M, Seki N, Mizutani K, Hosaka K, Komada W, Janelle Moross, Kuroda S, Morio I, Kinoshita A. Effort Toward International Dental Education By Tokyo Medical And Dental University. 32nd IADR-SEA & 29th SEAADE 2018.09.11 Da Nang, Vietnam

  8. Yuriko Komagamine. Masticatory Performance in Elders─How to Evaluate. CU-TMDU Joint Symposium The 3rd International Symposium in Geriatric Dentistry: Application from Research to Clinic for the Elders 2018.09.07 Bankok

  9. 關奈央子、保坂啓一、駒田亘、金澤学、水谷幸嗣、駒ヶ嶺友梨子、Janelle Moross、森尾郁子. 第一回外国人留学生フォーラム 留学生の指導について. 日本歯科医学会連合主催 第一回外国人留学生フォーラム 2018.08.02 東京

  10. Yuriko Komagamine, Manabu Kanazawa, Maiko Iwaki, Hiroyuki Suzuki, Noriko Amagai. The Effect of New Complete Denture and Simple Dietary Advice . 96th General Session & Exhibition of the IADR 2018.07.28 London

  11. SUZUKI H, KANAZAWA M, KOMAGAMINE Y, IWAKI M, AMAGAI N, MINAKUCHI S. The effect of prosthesis and dietary intervention for edentulous persons. IADR GORG Symposium with the European College of Gerodontology (ECG) and the Japanese Society of Gerodontology (JSG) 2018.07.24 London

  12. 關奈央子,金澤学,駒ヶ嶺友梨子,ジャネルモロス,水谷幸嗣,保坂啓一,駒田亘,黒田真司,須永昌代,川口陽子,森尾郁子,木下淳博. 本学大学院医歯学総合研究科における国際歯科臨床教育コースに対する評価. 第82回 口腔病学会学術大会 2017.11.19 東京

  13. Y. Komagamine, M. Kanazawa, D. Sato, A. Miyayasu, M. Asami, R Shimada, KM Thu, VL Thuy, S. Kasugai, S. Minakuchi. Comparison of patient-reported outcomes between immediately and conventionally loaded mandibular two-implant overdentures: A preliminary study. . 17th biennial meeting of the International College of Prosthodontists 2017.09.08

  14. Yuriko Komagamine, Manabu Kanazawa, Anna Miyayasu, Vo Lam. Thuy, Yuri Omura, Daisuke Sato, Shohei Kasugai, Shunsuke Minakuchi. Masticatory Performance with Magnet Retained Mandibular Two Implant Overdentures. 31st ISDR-SEA 2017.08.12 Taipei International Convention Center, Chinese Taipei

  15. Anna Miyayasu, Manabu Kanazawa, Yuriko Komagamine, Naoko Seki. Decision making for prosthodontics treatment in a case of multiple tooth loss.. Essential Expertise for Clinical Dentistry 2 2016.10.27 Tokyo, Japan

  16. Y. Komagamine, M. Kanazawa, H. Suzuki, N. Amagai, S. Minakuchi.. Effect of New Removable Dentures on Foods and Nutrients Intakes . 94th General Session & Exhibition of the IADR 2016.06.25 Seoul, Republic of Korea

  17. Y. Komagamine, M. Kanazawa, Y. Sasaki, S. Minakuchi. Prognosis of new complete dentures from Patient's Denture Assessment (PDA) of existing dentures. International College of Prosthodontists, 16th Biennial Meeting 2015.09.17 Souel, Korea

  18. Akemi Hosoda, Manabu Kanazawa, Yohei Hama, Yuriko Komagamine, Akiko Kojo, Shunsuke Minakuchi. The influence of the periodontal disease on dietary intake and in young females. 12th Asian Congress of Nutrition 2015.05.17 横浜

  19. 久保田チエコ,金澤 学,濵 洋平,駒ヶ嶺友梨子,山賀栄次郎, 山田理子,鈴木啓之,細田明美、水口俊介. 唾液量が色変わりガムを用いた咀嚼能力評価に与える影響. 2014.09

  20. 掘江 毅,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,濱 洋平,山賀栄次郎,藤本理子,水口俊介. ガムの色変わりと咀嚼時の咬合力・咬合接触面積の関連. 日本補綴歯科学会第122回学術大会 2013.05 福岡

  21. 駒ケ嶺友梨子. 色変わりガムを用いた咀嚼能力評価. 連携機能を活用したQOLを目指す研究 平成23年度摂食・嚥下カテゴリーシンポジウム 『咀嚼を末梢から科学する』 2012.01 大阪

  22. 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,佐藤佑介,飼馬祥頼,越智 恵,齋藤真理絵,濵 洋平,山賀栄次郎,水口俊介. 無歯顎患者の義歯に関する主観的評価と口腔関連QOLに全部床義歯新製が与える影響. 第4回義歯ケア学会学術大会 2012.01 長崎

  23. 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,佐藤佑介,飼馬祥頼,山賀栄次郎,内田達郎,安藤一夫,平野滋三, 田中慎二,森山 旭,水口俊介. 全部床義歯新製時における義歯に関する患者の主観的評価と口腔関連QOLの関連. 日本補綴歯科学会東京支部総会・第15 回学術大会 2011.11 東京

  24. 柏﨑健汰,駒ヶ嶺友梨子,Bui Ngoc Huyen Trang,安藤智教, 江村耕司,小巻 翔,菅野 範,金澤 学,水口俊介. ガムによる咀嚼トレーニングが口腔機能に及ぼす影響. 第33回日本咀嚼学会学術大会 2022.10.01 徳島

  25. 駒ヶ嶺友梨子,金 澤  学,Namano Shaprom,Qi Keyu,Bui Ngoc Huyen Trang,Khin Pyae Sone,水口俊介. デジタル全部床義歯の臨床研究に関するsystematic review. 日本補綴歯科学会第131回学術大会 2022.07.17 大阪

  26. 清水健登,鈴木啓之,柳原有依子,磯山直也,金澤学,駒ヶ嶺友梨子,濵洋平,添田ひとみ,宮安杏奈,守澤正幸,水口俊介. 無歯顎高齢者における全部床義歯装着が歩行運動時の頭部の安定に及ぼす影響. 公益社団法人日本補綴歯科学会第131回学術大会 2022.07.16 大阪国際会議場

  27. 駒ヶ嶺友梨子. AIで全部床義歯のデザインは自動化されるか?. 日本補綴歯科学会第131回学術大会 2022.07.16 大阪

  28. 羽田多麻木,金澤 学,岩城麻衣子,駒ヶ嶺友梨子, 副田弓夏,大竹涼介,秋山 洋,柏崎健汰, Sahaprom Namano,Keyu Qi, Pyae Sone Khin,水口俊介. フィラー添加量の違いが3Dプリント用光硬化性樹脂の機械的物性に与える影響. 第131回日本補綴歯科学会 2022.07.16 大阪

  29. 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,佐藤佑介,水口俊介. 無歯顎補綴におけるマルコフモデル構築と費用対効果分析.. 第13回日本義歯ケア学会学術大会 2021.02.28 オンライン学会

  30. 柳原有依子,鈴木啓之,清水健登,浅見茉里,添田ひとみ,駒ヶ嶺友梨子,金澤学,水口俊介. 簡便な食事・運動指導を伴う全部床義歯新製が無歯顎高齢者の食品摂取および握力へ与える影響. 日本咀嚼学会第31回学術大会 2020.10.24 オンライン

  31. 荒木田 俊夫,金澤 学,鈴木 啓之,岩城 麻衣子,駒ヶ嶺 友梨子,浜 洋平,水口 俊介 . Webアプリケーションを用いたオンライン全部床義歯デジタル排列実習の効果. 第39回日本歯科医学教育学会学術大会 2020.09.26

  32. 關奈央子, ジャネルモロス, 金森ゆうな, 金澤学, 駒ヶ嶺友梨子, 水谷幸嗣, 廖信如, 樺沢勇司, 井関祥子, 森尾郁子. 東京医科歯科大学歯学部における学生短期海外派遣とその派遣前教育について. 第39回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 2020.09.25 オンライン開催

  33. 荒木田 俊夫, 金澤 学, 鈴木 啓之, 岩城 麻衣子, 駒ヶ嶺 友梨子, 浜 洋平, 水口 俊介. Webアプリケーションを用いたオンライン全部床義歯デジタル排列実習の効果. 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2020.09.01

  34. 關 奈央子, 水谷 幸嗣, 保坂 啓一, 駒田 亘, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, ジャネル・モロス , 須永 昌代, 川口 陽子, 森尾 郁子, 木下 淳博. 医歯学総合研究科歯学系大学院生対象の国際歯科臨床教育コース(Essential Expertise for Clinical Dentistry)に対する評価. 口腔病学会雑誌 2020.03.01

  35. 浅見茉里, 宮安杏奈, 金澤 学, 駒ヶ嶺友梨子, 岩城麻衣子,水口俊介. 下顎シングルインプラントオーバーデンチャーにおける咀嚼能力:2年経過報告. 日本咀嚼学会第30回記念学術大会 2019.10.06 東京

  36. 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,岩城麻衣子,鈴木啓之,安藤一夫,水口俊介. 下顎無歯顎欠損補綴と栄養摂取・認知機能との関連性の検討. 第11回日本義歯ケア学会第学術大会 2019.02.02 東京

  37. 浅見茉里,宮安杏奈,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,水口俊介 . 下顎シングルインプラントオーバーデンチャーにおける咀嚼能力. 日本咀嚼学会第29回学術大会 2018.10.13 まつもと市民芸術館

  38. 鈴木啓之,金澤 学,天海徳子,駒ヶ嶺友梨子,岩城麻衣子,下山和弘,水口俊介. 全部床義歯新製と簡便な食事指導が無歯顎者の栄養素摂取に与える影響:6か月経過報告. 公益社団法人日本補綴歯科学会 第127回学術大会 2018.06.16 岡山

  39. 駒ヶ嶺 友梨子. 「義歯を測る」義歯の咀嚼能率. 第10回日本義歯ケア学会学術大会 2018.01.28 徳島

  40. 島田 亮,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,田上真理子,水口俊介. 下顎両側遊離端欠損患者にショートインプラントを応用した部分床義歯の1例. 第10回日本義歯ケア学会学術大会 2018.01.27 徳島

  41. 天海徳子,駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,岩城麻衣子,城 彩実,鈴木啓之,水口俊介 . 義歯新製に伴う簡便な食事指導が無歯顎高齢者の食品摂取と口腔関連QoLに与える影響. 2018.01.27 徳島

  42. 天海徳子,駒ヶ嶺友梨子,金澤学,鈴木啓之,岩城麻衣子,城彩実,水口俊介. 全部床義歯製作に伴う簡便な食事指導が無歯顎高齢者の食品摂取に与える影響. 平成29年度公益社団法人日本補綴歯科学会東北・北海道支部 総会・学術大会 2017.10.29 仙台

  43. 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,岩城麻衣子,宮安杏奈,水口俊介. 即時荷重2インプラントオーバーデンチャーの5年前向き試験:咀嚼能力について. 日本咀嚼学会第28回学術大会 2017.09.24 東京

  44. 鈴木啓之,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,岩城麻衣子,天海徳子,水口俊介. 簡便な食事指導を伴う全部床義歯新製が無歯顎高齢者のタンパク質摂取量に与える影響. 特定非営利活動法人 日本咀嚼学会第28回学術大会 2017.09.23

  45. 關奈央子, 金澤 学, 駒ヶ嶺友梨子, ジャネルモロス, 水谷幸嗣, 保坂啓一, 駒田 亘, 須永昌代, 川口陽子, 森尾郁子, 木下淳博. 東京医科歯科大学大学院における国際歯科臨床教育コースの導入と取り組み―第1報―. 第36回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 2017.07.28 長野

  46. 鈴木啓之,金澤 学,天海徳子,駒ヶ嶺友梨子,岩城麻衣子,城 彩実,水口俊介. 全部床義歯新製と簡便な栄養指導が無歯顎高齢者の栄養素摂取と咀嚼能力に与える影響. 公益社団法人日本補綴歯科学会第126回学術大会 2017.07.01 横浜

  47. 鈴木啓之,金澤学,駒ヶ嶺友梨子,岩城麻衣子,城彩実,天海徳子,水口俊介. 全部床義歯新製に伴う歯科医師による簡便な食事指導が無歯顎高齢者の栄養素摂取量に与える影響. 第71回日本栄養・食糧学会大会 2017.05.20 沖縄

  48. 田上真理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,佐々木好幸,水口俊介. 日本における上下顎および片顎無歯顎者率の推移. 第9回日本義歯ケア学会学術大会 2017.02.11 鹿児島大学学習交流プラザ学習交流ホール

  49. 山田理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,城 彩美,田上真理子,水口俊介. 全部床義歯装着者における舌と口唇の運動機能・最大咬合力と混合能力との関連. 日本義歯ケア学会第9回学術大会 2017.02.11 鹿児島

  50. 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,岩城麻衣子,城 彩実,鈴木啓之,天海徳子,佐藤佑介,水口俊介. 義歯に関する質問票(Patients’ Denture Assessment)による術後の口腔関連QoLの予測. 第9回日本義歯ケア学会学術大会 2017.02.11 鹿児島

  51. 山田理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,水口俊介 . 全部床義歯装着者における舌圧・咬合力と混合能力との関連. 2016.11.05 広島大学

  52. 鈴木啓之,金澤学,駒ヶ嶺友梨子,岩城麻衣子,天海徳子,水口俊介. 簡便な食事指導を伴う全部床義歯新製が咀嚼能力とエネルギー摂取量に与える影響. 日本咀嚼学会第27回学術大会 2016.11.05 広島

  53. 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,秋葉徳寿,佐藤佑介,大久保 舞,濵 洋平,水口俊介. 無歯顎者の全部床義歯新製前後での栄養状態の比較. 第23回日本歯科医学会総会 2016.10.21 福岡国際会議場,博多,福岡

  54. 全部床義歯製作時の簡便な食事指導の効果-無作為化臨床試験プロトコル-. 日本補綴学会第125回学術大会 2016.07.09 金沢

  55. 大和田学,秋葉徳寿,市川哲雄,岩城麻衣子,大久保舞,岡崎定司,金澤 学,河相安彦,木本克彦,木本 統,洪 光,駒ヶ嶺友梨子,近藤尚知,佐藤佑介,鈴木哲也,添田ひとみ, 坪井明人,西村正宏,西 恭宏,濵 洋平,馬場優也,濱田泰三,細井紀雄,村田比呂司,山賀栄次郎,米山喜一,水口俊介. 義歯安定剤使用の影響に関する多施設無作為化比較試験−サブグループ解析による検討−. 日本補綴歯科学会第125回学術大会 2016.07.09

  56. 駒ヶ嶺友梨子. 加齢等による口腔機能の変化と色変わりチューイングガムによる評価. 第27回食品ハイドロコロイドシンポジウム 2016.05.13 東京海洋大学,品川,東京

  57. 城彩実,金澤学,佐藤佑介,秋葉徳寿,岩城麻衣子,駒ヶ嶺友梨子,水口俊介. 全部床義歯製作における印象法の違いが咀嚼能力に与える影響. 日本義歯ケア学会 第8回学術大会 2016.01.24 東北大学

  58. 大和田学,秋葉徳寿,市川哲雄,岩城麻衣子,大久保舞,岡崎定司,金澤 学,河相安彦,木本克彦,木本 統,洪 光,駒ヶ嶺友梨子,近藤尚知,佐藤佑介,鈴木哲也,添田ひとみ, 坪井明人,西村正宏,西 恭宏,濵 洋平,馬場優也,濱田泰三,細井紀雄,村田比呂司,山賀栄次郎,米山喜一,水口俊介. 義歯安定剤利用ガイドライン構築に関する多施設無作為化比較試験—咀嚼能力への影響—. 日本補綴歯科学会第19回東京支部学術大会 2015.11.29 東京医科歯科大学M&Dタワー鈴木章夫記念講堂

  59. 天海徳子,浜 洋平, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, 久保田 チエコ, 鈴木 啓之, 細田 明美, 大久保 舞, 水口 俊介. 色変わりガム1/3片咀嚼時の色変わりについて. 日本咀嚼学会第26回学術大会 2015.09.27 神奈川

  60. 浜 洋平,金澤 学,久保田チエコ,鈴木啓之,天海徳子,細田明美,駒ヶ嶺友梨子,大久保 舞,水口俊介. 未就学児童における咀嚼能力関連因子の検討. 日本咀嚼学会第26回学術大会 2015.09.27 神奈川

  61. 久保田チエコ,金澤学,濵洋平,駒ヶ嶺友梨子,山賀栄次郎,山田理子,鈴木啓之,天海徳子,細田明美,星子謙,大久保舞,水口俊介. 硫酸アトロピン服用による唾液量の変化と色変わりガムを用いた混和能力評価. 日本咀嚼学会第26回学術大会,神奈川,9月26日-27日 2015.09.26 鶴見大学

  62. 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,佐々木好幸,尾澤絵美,水口俊介. 義歯に関する質問票(Patients' Denture Assessment)による調整回数の予測. 第7回日本義歯ケア学会学術大会 2015.01.24 千葉

  63. 山田理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,浜 洋平,山賀栄次郎, 鈴木啓之,天海徳子,渡辺一騎,内田達郎,水口俊介 . 口唇と舌の運動機能と咀嚼能力との関連性. 日本補綴歯科学会第18回東京支部学術大会 2014.11.09 昭和大学旗の台キャンパス

  64. M. Kanazawa, Y. Komagamine, Y. Hama, E. Yamaga, A. Yamada, S. Minakuchi. Evaluation of Masticatory Performance using Color Changeable Chewing Gum with Colorimeter and Colour Scale. Indonesia Japan Prosthodontic Society Joint Meeting 2014 2014.11 インドネシア

  65. 山田理子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,浜 洋平,山賀栄次郎,鈴木啓之, 天海徳子,細田明美,久保田チエコ,水口俊介. 口腔運動機能と混合能力の関連性. 日本咀嚼学会第25回学術大会 2014.09.20 静岡県立大学谷田キャンパス

  66. 山田理子,駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,掘江 毅,浜 洋平,山賀栄次郎,鈴木啓之,水口俊介. 口腔運動機能と咀嚼能力との関連性. 第24回日本咀嚼学会学術大会 2013.10.05 新潟大学南キャンパスときめいと・チサンホテル新潟

  67. 濵 洋平,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,山賀栄次郎,掘江 毅,山田理子,鈴木啓之,水口俊介. カラースケールと色変わりガムを用いた咀嚼能力評価法の妥当性—無歯顎患者における新旧義歯の比較—. 日本咀嚼学会第24回学術大会 2013.10 新潟

  68. 濵 洋平,内田達郎,金澤 学,佐藤佑介,駒ヶ嶺友梨子,山賀栄次郎,水口俊介. 咀嚼力判定ガムのためのインターネットシステムの構築. 日本咀嚼学会第23回学術大会 2012.10 北海道

  69. 濵 洋平,内田達郎,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,山賀栄次郎,掘江 毅,林由希子,渡辺一騎,水口俊介,佐々木好幸. 比率尺度を用いた咀嚼力判定ガム用カラースケールの開発. 日本補綴歯科学会第121回学術大会 2012.05 神奈川

  70. 濵 洋平,内田達郎,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,山賀栄次郎,掘江 毅,佐々木好幸,水口俊介. 比率尺度を用いた咀嚼力判定ガム用カラースケールの開発. 口腔病学会第76回学術大会 2011.12 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞,公益社団法人日本補綴歯科学会,2022年07月

  • 課題口演賞,日本補綴歯科学会,2022年07月

  • 日本補綴歯科学会奨励論文賞,公益社団法人日本補綴歯科学会,2018年06月

  • 日本咀嚼学会第28回学術大会 優秀ポスター賞(駒ヶ嶺友梨子),2017年09月

  • 課題口演優秀賞,公益社団法人日本補綴歯科学会,2017年07月

  • 優秀口演賞,第9回日本義歯ケア学会学術大会,2017年02月

  • 論文奨励賞,鶴見大学歯学部同窓会,2017年02月

  • 山田理子,優秀口演賞,日本咀嚼学会第27回学術大会,2016年11月

  • 駒ヶ嶺友梨子,日本義歯ケア学会優秀口演賞,日本義歯ケア学会第8回学術大会,2016年01月

  • 駒ヶ嶺友梨子,日本義歯ケア学会優秀口演賞,日本義歯ケア学会,2015年01月

  • 優秀発表賞,日本補綴歯科学会東京支部,2014年11月

  • 優秀ポスター賞,日本補綴歯科学会東京支部,2011年11月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C) 駒ヶ嶺友梨子,2021年04月

    高齢者における食前ガム咀嚼は血糖値上昇を抑制するか?

  • 水口俊介(代表),金澤 学(分担),駒ヶ嶺友梨子(分担).科学研究費(基盤研究(B)),2019年04月

    欠損補綴はメタボリックシンドロームを改善させるか?-無作為化比較試験による検討-(2016-2019 )

  • 駒ヶ嶺友梨子.『加齢に伴う歯の喪失に対する欠損補綴は栄養摂取と認知機能を改善するか?』,2018年04月

    公益財団法人ロッテ財団 2016年度奨励研究助成(2016-2018)

  • 駒ヶ嶺友梨子.平成29年度科学研究費(若手研究(B)) ,2018年04月

    無歯顎補綴におけるマルコフモデル構築とモンテカルロ法による費用対効果分析 (2017-2019)

  • 水口俊介(代表),金澤 学(分担),駒ヶ嶺友梨子(分担).科学研究費(基盤(B)),2017年04月

    欠損補綴はメタボリックシンドロームを改善させるか?-無作為化比較試験による検討-
    2016-2019

  • 駒ヶ嶺友梨子.『加齢に伴う歯の喪失に対する欠損補綴は栄養摂取と認知機能を改善するか?』,2017年04月

    公益財団法人ロッテ財団 2016年度奨励研究助成(2016-2018)

  • 駒ヶ嶺友梨子.平成29年度科学研究費(若手研究(B)),2017年

    無歯顎補綴におけるマルコフモデル構築とモンテカルロ法による費用対効果分析

  • 駒ヶ嶺友梨子.『加齢に伴う歯の喪失に対する欠損補綴は栄養摂取と認知機能を改善するか?』,2016年

    公益財団法人ロッテ財団 2016年度奨励研究助成 

  • 水口俊介(代表),金澤 学(分担),駒ヶ嶺友梨子(分担).科学研究費(基盤(B)),2016年

    欠損補綴はメタボリックシンドロームを改善させるか?-無作為化比較試験による検討-
    2016-2019

  • 駒ヶ嶺友梨子.科学研究費(若手研究(B)),2015年

    欠損補綴と食事指導が高齢者の栄養状態に与える影響-バイオマーカーによる評価- .2014-2017

  • 欠損補綴と食事指導が高齢者の栄養状態に与える影響-バイオマーカーによる評価- ,2014年04月

    文部科学省科学研究補助金(若手B)平成26年度〜平成28年度 (駒ヶ嶺友梨子)

  • 義歯による欠損補綴が高齢者の栄養摂取に与える効果,2013年

    平成25年度8020研究助成

▼全件表示