基本情報

写真a

土屋 淳(ツチヤ ジュン)

TSUCHIYA Jun


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学分野 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Shun Kaneko, Yasuhiro Asahina, Miyako Murakawa, Seishin Azuma, Kento Inada, Tomohiro Mochida, Keiya Watakabe, Taro Shimizu, Jun Tsuchiya, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Sayuri Nitta, Marie Takahashi, Tomoyuki Fujioka, Mitsuhiro Kishino, Tatsuhiko Anzai, Sei Kakinuma, Mina Nakagawa, Ryuichi Okamoto. Analysis of prognosis and background liver disease in non-advanced hepatocellular carcinoma in two decades. PLoS One. 2024; 19 (3): e0297882. ( PubMed, DOI )

  2. Shun Kaneko, Yasuhiro Asahina, Miyako Murakawa, Shunsuke Ueyama, Chiaki Maeyashiki, Hideki Watanabe, Akiko Kusano-Kitazume, Ayako Sato, Kozue Uchidate, Takehito Asakawa, Sho Watanabe, Yasuhiro Iizuka, Isamu Shibata, Shinya Oooka, Yuko Karakama, Takashi Fujii, Taro Watabe, Keiichi Akahoshi, Minoru Tanabe, Kento Inada, Tomohiro Mochida, Keiya Watakabe, Taro Shimizu, Jun Tsuchiya, Masato Miyoshi, Fukiko Kitahata-Kawai, Sayuri Nitta, Mina Nakagawa, Sei Kakinuma, Ryuichi Okamoto, . Prognostic Significance of C-Reactive Protein in Unresectable Hepatocellular Carcinoma treated with Atezolizumab and Bevacizumab. Hepatol Res. 2023.12; Online ahead of print. ( PubMed, DOI )

  3. Shun Kaneko, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Miyako Murakawa, Yasunari Miyazaki, Takahiro Asakage, Shohei Fukuda, Takeshi Namiki, Yoshito Kano, Masashi Nagata, Jun Tsuchiya, Masato Miyoshi, Fukiko Kitahata-Kawai, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Sei Kakinuma, Ryuichi Okamoto. Factors associated with liver injury and prognosis in advanced cancer patients treated with immune checkpoint inhibitors. Hepatol Res. 2023.01; ( PubMed, DOI )

  4. Mina Nakagawa, Nobutoshi Nawa, Eiko Takeichi, Taro Shimizu, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Takeo Fujiwara, Mamoru Watanabe, Yujiro Tanaka, Yasuhiro Asahina, . Mac-2 binding protein glycosylation isomer as a novel predictive biomarker for patient survival after hepatitis C virus eradication by DAAs. J. Gastroenterol. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  5. Sayuri Nitta, Kazuaki Takahashi, Fukiko Kawai-Kitahata, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Miyako Murakawa, Yasuhiro Istui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe, Yasuhiro Asahina. Time course alterations of virus sequences and immunoglobulin titers in a chronic hepatitis E patient Hepatology Research. 2020; 50 (4): 524-531.

  6. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina, Shun Kaneko, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Minoru Tanabe, Emiko Sugawara, Akira Takemoto, Hidenori Ojima, Michiie Sakamoto, Masaru Muraoka, Shinichi Takano, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Comprehensive genetic analysis of cholangiolocellular carcinoma with a coexistent hepatocellular carcinoma-like area and metachronous hepatocellular carcinoma. Hepatol. Res.. 2019.07; ( PubMed, DOI )

  7. Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Kazumoto Murata, Masashi Mizokami, Mamoru Watanabe. Association of serum interferon-λ3 levels with hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents. Hepatol. Res.. 2019.05; 49 (5): 500-511. ( PubMed, DOI )

  8. Sayuri Nitta, Yasuhiro Asahina, Takanobu Kato, Jun Tsuchiya, Emi Inoue-Shinomiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Hayato Hikita, Tetsuo Takehara, Mamoru Watanabe. Impact of novel NS5A resistance-associated substitutions of hepatitis C virus detected in treatment-experienced patients. Sci Rep. 2019.04; 9 (1): 5722. ( PubMed, DOI )

  9. Tomoyuki Tsunoda, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Akihide Kamiya, Shun Kaneko, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Tsuyoshi Sogo, Haruki Komatsu, Ryutaro Mukouchi, Ayano Inui, Tomoo Fujisawa, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Loss of fibrocystin promotes interleukin-8-dependent proliferation and CTGF production of biliary epithelium. J. Hepatol.. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  10. Masato Miyoshi, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Tomoyuki Tsunoda, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Shun Kaneko, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. LIM homeobox 2 promotes interaction between human iPS-derived hepatic progenitors and iPS-derived hepatic stellate-like cells. Sci Rep. 2019.02; 9 (1): 2072. ( PubMed, DOI )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina , Sei Kakinuma, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Masato Miyoshi, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Taro Shimizu, Eiko Takeichi, Mina Nakagawa, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Shinji Tanaka , Minoru Tanabe, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto and Mamoru Watanabe. Comprehensive analysis of cancer-related genes and aav/hepatitis b virus integration into genome on development of hepatocellular carcinoma in patients with prior hepatitis b virus infection. EASL The Digital International Liver Congress 2020 2020.08.28 Web開催

  2. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Emi Inoue, Mina Nakagawa, Jun Tuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Fukiko Kitahata-Kawai, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe. The association of serum IFN-lambda 3 levels with liver fibrosis and hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents . EASL, The International Liver Congress 2019 2019.04.13 Vienna (Austria)

  3. MIna Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Msato Miyosh, Emi Inoue, Fukiko Kawai-Kitahata, MIyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Makoto Tomita, Mamoru Watanabe. Impact of HCV clearance on HCC development and patient survival: Propensity score-matched analysis of an ongoing database of 2173 CHC patients. EASL, The International Liver Congress 2019 2019.04.13 Messe Wien Congress and Exhibition Center(Vienna (Austria))

  4. Nitta S, Kato T, Tuchiya J, Shinomiya-Inoue E, Sato A, Tsunoda T, Miyoshi M, Kitahata-Kawai F, Murakawa M, Istui Y, Azuma S, Nakagawa M, Kakinuma S, Asahina Y. The in vitro analysis of NS5A resistance-associated substitutions (RAS) observed in DAA treatment failure patients. 25th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses 2018.10.09 Dublin(Ireland)

  5. 土屋 淳, 三好 正人, 柿沼 晴, 志水 太郎, 北畑 富貴子, 金子 俊, 村川 美也子, 中川 美奈, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一. KMT2B領域へのB型肝炎ウイルスゲノム挿入による発癌プロセスの解析. 第110回日本消化器病学会総会 2024.05.11 アスティとくしま

  6. 志水 太郎, 三好 正人, 柿沼 晴, 土屋 淳, 金子 俊, 北畑 富貴子, 村川 美也子, 中川 美奈, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆. ヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイド長期培養系の開発と形質解析. 第110回日本消化器病学会総会 2024.05.10 アスティとくしま

  7. 土屋 淳, 三好 正人, 柿沼 晴, 志水 太郎, 渡壁 慶也, 持田 知洋, 稲田 賢人, 金子 俊, 北畑 富貴子, 新田 沙由梨, 村川 美也子, 中川 美奈, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一. B型肝炎ウイルスゲノムのKMT2B領域へのintegrationによる発癌プロセスの解析. 第8回 Gastro-PLUS 2023.12.16 東京コンファレンスセンター・品川

  8. 土屋 淳, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. B型肝炎ウイルスゲノムのMLL4領域へのintegrationによる発癌プロセスの解析. JDDW2023 2023.11.02 神戸コンベンションセンター

  9. 北畑 富貴子, 朝比奈 靖浩, 柿沼 晴, 稲田 賢人, 持田 知洋, 渡壁 慶也 , 志水 太郎, 土屋 淳, 三好 正人, 金子 俊, 新田 沙由梨, 村川 美也子, 中川 美奈, 田中 真二, 田邊 稔, 前川 伸哉, 榎本 信幸, 岡本 隆一. 代謝要因が関連する肝細胞癌遺伝子変異プロファイルの解析. 第59回肝癌研究会 2023.07.28 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)

  10. 金子 俊, 朝比奈 靖浩, 村川 美也子, 稲田 賢人, 持田 知洋, 渡壁 慶也, 志水 太郎, 土屋 淳, 三好 正人, 北畑 富貴子, 新田 沙由梨, 中川 美奈, 柿沼 晴, 岡本 隆一. 肝細胞癌への応用を目指した抗CTLA-4抗体薬における免疫関連有害事象肝障害の特徴と生存期間の解析. 第59回日本肝癌研究会 2023.07.27

  11. 渡壁 慶也,三好 正人,柿沼 晴,稲田 賢人,持田 知洋,志水 太郎,土屋 淳,金子 俊,北畑 富貴子,新田 沙由梨,村川 美也子,井津井 康浩,中川 美奈,朝比奈 靖浩,岡本 隆一. 肝星細胞におけるTNFAIP3の機能解析. 第59回日本肝臓学会総会 2023.06.16

  12. 土屋 淳, 三好 正人, 朝比奈 靖浩. MLL4領域へのB型肝炎ウイルスゲノム挿入による肝発癌のメカニズムの解析. 第59回日本肝臓学会総会 2023.06.15 奈良県コンベンションセンター

  13. 土屋淳,柿沼晴,朝比奈靖浩. B型肝炎ウイルスのMLL4領域へのintegrationによる発癌メカニズムの解析. JDDW2022 2022.10.27

  14. 新田 沙由梨, 柿沼 晴, 持田 知洋, 渡壁 慶也 ,志水 太郎, 土屋 淳, 三好 正人,北畑 富貴子, 村川 美也子, 井津井 康浩, 中川 美奈, 東 正新, 朝比奈 靖浩. TERT領域へのHBVゲノム挿入が癌形質獲得に与える影響. 第58回日本肝臓学会総会 2022.06.02

  15. 志水 太郎, 三好 正人, 柿沼 晴, 土屋 淳, 持田 知洋, 渡壁 慶也, 北畑 富貴子, 新田 沙由梨, 村川 美也子, 井津井 康浩, 東 正新, 中川 美奈, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一. ヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイドの樹立と疾患モデルへの応用. 第58回日本肝臓学会総会 2022.06.02

  16. 土屋 淳, 柿沼 晴, 三好 正人, 志水 太郎, 渡壁 慶也, 持田 知洋, 北畑 富貴子, 新田 沙由梨, 村川 美也子, 井津井 康浩, 東 正新, 中川 美奈, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一. ヒトiPS細胞を利用したB型肝炎ウイルス関連肝細胞癌発癌におけるMLL4の機能解析. 第58回日本肝臓学会総会 2022.06.02

  17. 土屋 淳. ヒトiPS細胞を利用したHBV関連肝細胞癌におけるMLL4の機能的意義の検討. 第107回 日本消化器病学会総会 2021.04.15 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  18. 村川美也子、朝比奈靖浩、中川美奈、北畑富貴子、志水太郎、土屋 淳、佐藤綾子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴. 核酸アナログによるHBV制御後の発癌予測因子の検討. 第56回日本肝癌研究会 2020.12.22

  19. 柿沼晴、佐藤綾子、三好正人、紙谷聡英、土屋 淳、志水太郎、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. 肝間葉系細胞によるvasoactive intestinal peptideを介した胆管形成調節機構. 第27回 肝細胞研究会 2020.12.15 Web開催

  20. 土屋 淳、柿沼 晴、朝比奈靖浩. ヒトiPS細胞培養系を利用した肝細胞癌発生におけるMLL4の機能的意義の検討. 第43回 日本肝臓学会東部会 2020.12.03 Web開催

  21. 佐藤綾子、柿沼 晴、志水太郎、土屋 淳、三好正人、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩. Vasoactive intestinal peptideの肝内胆管形成および胆汁うっ滞性肝障害への寄与. 第24回 日本肝臓学会大会 2020.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  22. 柿沼 晴、角田知之、三好正人、紙谷聡英、土屋 淳、志水太郎、新田沙由梨、東 正新、中川美奈、朝比奈靖浩、渡辺 守. ヒトiPS細胞を用いた疾患モデルの開発と先天性肝線維症の病態解明. 第57回日本消化器免疫学会総会 2020.07.02 Web開催

  23. 村川美也子、中川美奈、土屋 淳、佐藤綾子、三好正人、北畑富貴子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、朝比奈靖浩. B型肝炎ウイルスキャリアにおけるHBs高原陰性化および発がんに関わる臨床因子の検討. JDDW2019 第23回日本肝臓学会大会 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  24. 柿沼 晴、角田知之、渡辺 守. ヒトiPS細胞による疾患モデルを利用した先天性肝線維症分子標的の探索. JDDW2019(第23回日本肝臓学会大会) 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  25. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、村川美也子、新田沙由梨、柿沼晴、角田知之 、三好正人、四宮恵美、佐藤綾子、土屋淳、井津井康浩、中川美奈、 東正新、田中真二、田邉稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺守. 背景肝の線維化からみた肝細胞癌における癌関連遺伝子変異とviral integrationの検討. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル

  26. 村川美也子、朝比奈靖浩、四宮恵美、中川美奈、土屋 淳、佐藤綾子、三好正人、角田知之、北畑富貴子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、渡辺 守. C型慢性肝疾患におけるSVR後肝発癌とIFN-λ3の関連. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル(東京)

  27. 角田知之、柿沼 晴、三好正人、紙谷聡英、佐藤綾子、土屋 淳、金子 俊、四宮恵美、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. ヒトiPS細胞疾患モデルを利用した先天性肝線維症における病態と分子標的の解明. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル(東京)

  28. 柿沼 晴、角田知之、三好正人、紙谷聡英、土屋 淳、佐藤綾子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. ヒトiPS細胞疾患モデルに基づく先天性肝線維症の病態と分子標的の解明. 第26回肝細胞研究会 2019.05.24 横浜市開港記念会館

  29. 佐藤綾子、柿沼 晴、土屋 淳、三好正人、角田知之、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. Vasoactive intestinal peptideによる胆管形成調節の分子機序. 第26回肝細胞研究会 2019.05.24 横浜市開港記念会館

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • JDDW2023 若手奨励賞「B型肝炎ウイルスゲノムのMLL4領域へのintegrationによる発癌プロセスの解析」受賞者:土屋 淳,2023年11月

  • 第28回肝細胞研究会 優秀発表賞「ヒトiPS 細胞培養系を利用したB 型肝炎ウイルスゲノム組込みによる発癌プロセスの解析」受賞者:土屋 淳,2021年09月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「ヒトiPS細胞誘導性肝オルガノイドを用いた革新的疾患モデルの開発および肝線維化と発がんを抑止する治療法の創成」 研究開発代表者:朝比奈靖浩 研究開発分担者:柿沼 晴 研究参加者:新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、三好正人、東 正新、井津井康浩、土屋 淳、志水太郎,2020年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策事業 「ヒトiPS細胞誘導性肝オルガノイドを用いた革新的疾患モデルの開発および肝線維化と発がんを抑止する治療法の創成」 研究開発代表者:朝比奈靖浩 研究開発分担者:柿沼晴 研究参加者:新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、三好正人、佐藤綾子、土屋 淳,2019年04月