基本情報

写真a

齊藤 詠子(サイトウ エイコ)

SAITOU Eiko


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 非常勤講師
  • 2016年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 非常勤講師
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 消化器内科 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本炎症性腸疾患学会

  • 日本肝臓病学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本内科学会

  • 日本消化器病学会

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患発症におけるミオシン軽鎖キナーゼの役割

    文部科学省/日本学術振興会

  • 炎症性腸疾患病態におけるT-T presentationの役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Shuji Hibiya, Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Yusuke Matsuyama, Yumi Udagawa, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Mucosal healing of small intestinal stricture is associated with improved prognosis post-dilation in Crohn's disease. BMC Gastroenterol. 2022.05; 22 (1): 218. ( PubMed, DOI )

  2. Takenaka Kento, Kawamoto Ami, Hibiya Shuji, Suzuki Kohei, Fujii Toshimitsu, Motobayashi Maiko, Shimizu Hiromichi, Nagahori Masakazu, Saito Eiko, Okamoto Ryuichi, Watanabe Mamoru, Ohtsuka Kazuo. Higher concentrations of cytokine blockers are needed to obtain small bowel mucosal healing during maintenance therapy in Crohn's disease ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS. 2021.07; ( DOI )

  3. Kaneshiro Miyuki, Takenaka Kento, Suzuki Kohei, Fujii Toshimitsu, Hibiya Shuji, Kawamoto Ami, Motobayashi Maiko, Shimizu Hiromichi, Nagahori Masakazu, Saito Eiko, Okamoto Ryuichi, Ohtsuka Kazuo, Watanabe Mamoru. Pancolonic endoscopic and histologic evaluation for relapse prediction in patients with ulcerative colitis in clinical remission ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS. 2021.04; 53 (8): 900-907. ( DOI )

  4. Hibiya Shuji, Matsuyama Yusuke, Fujii Toshimitsu, Maeyashiki Chiaki, Saito Eiko, Ito Kimiko, Shimizu Hiromichi, Kawamoto Ami, Motobayashi Maiko, Takenaka Kento, Nagahori Masakazu, Kurosaki Masayuki, Yauchi Tsunehito, Ohtsuka Kazuo, Fujiwara Takeo, Okamoto Ryuichi, Watanabe Mamoru. 5-aminosalicylate-intolerant patients are at increased risk of colectomy for ulcerative colitis ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS. 2021.01; 53 (1): 103-113. ( DOI )

  5. Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Rapid prediction of 1-year efficacy of tofacitinib for treating refractory ulcerative colitis. Intest Res. 2020.06; Online ahead of print.. ( PubMed, DOI )

  6. Takenaka Kento, Ohtsuka Kazuo, Fujii Toshimitsu, Negi Mariko, Suzuki Kohei, Shimizu Hiromichi, Oshima Shiori, Akiyama Shintaro, Motobayashi Maiko, Nagahori Masakazu, Saito Eiko, Matsuoka Katsuyoshi, Watanabe Mamoru. Development and Validation of a Deep Neural Network for Accurate Evaluation of Endoscopic Images From Patients With Ulcerative Colitis GASTROENTEROLOGY. 2020.06; 158 (8): 2150-2157. ( DOI )

  7. Fujii T., Hibiya S., Maeyashiki C., Saito E., Takenaka K., Motobayashi M., Shimizu H., Nagahori M., Ohtsuka K., Kurosaki M., Yauchi T., Watanabe M.. Intolerance to 5-aminosalicylate is a risk of poor prognosis in ulcerative colitis patients JOURNAL OF CROHNS & COLITIS. 2020.01; 14 S409-S410.

  8. Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Small Bowel Healing Detected by Endoscopy in Patients With Crohn's Disease After Treatment With Antibodies Against Tumor Necrosis Factor. Clin. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.08; ( PubMed, DOI )

  9. Shintaro Akiyama, Katsuyoshi Matsuoka, Kyoko Fukuda, Shunsuke Hamada, Mikiko Shimizu, Kosaku Nanki, Shinta Mizuno, Hiroki Kiyohara, Mari Arai, Shinya Sugimoto, Yasushi Iwao, Haruhiko Ogata, Tadakazu Hisamatsu, Makoto Naganuma, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mayumi Mochizuki, Mamoru Watanabe, Masayuki Hashiguchi, Takanori Kanai. Long-term effect of NUDT15 R139C on hematologic indices in inflammatory bowel disease patients treated with thiopurine. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.05; ( PubMed, DOI )

  10. Ozaki R, Kobayashi T, Okabayashi S, Nakano M, Morinaga S, Hara A, Ohbu M, Matsuoka K, Toyonaga T, Saito E, Hisamatsu T, Hibi T. Histological Risk Factors to Predict Clinical Relapse in Ulcerative Colitis With Endoscopically Normal Mucosa. Journal of Crohn's & colitis. 2018.11; 12 (11): 1288-1294. ( PubMed, DOI )

  11. Fumihiko Iwamoto, Katsuyoshi Matsuoka, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Toru Kuno, Keisuke Tanaka, Yuya Tsukui, Shoji Kobayashi, Takashi Yoshida, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tatsuya Yamaguchi, Masakazu Nagahori, Tadashi Sato, Kazuo Ohtsuka, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Prediction of disease activity of Crohn's disease through fecal calprotectin evaluated by balloon-assisted endoscopy. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  12. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Mamoru Watanabe. Utility of Magnetic Resonance Enterography For Small Bowel Endoscopic Healing in Patients With Crohn's Disease.[Epub ahead of print] Am. J. Gastroenterol.. 2017.12; ( PubMed, DOI )

  13. Okabayashi S, Kobayashi T, Sujino T, Ozaki R, Umeda S, Toyonaga T, Saito E, Nakano M, Tablante MC, Morinaga S, Hibi T. Steroid-refractory extensive enteritis complicated by ulcerative colitis successfully treated with adalimumab. Intestinal research. 2017.10; 15 (4): 535-539. ( PubMed, DOI )

  14. Ozaki R., Kobayashi T., Saito E., Toyonaga T., Okabayashi S., Umeda S., Nakano M., Matsuoka K., Morinaga S., Hisamatsu T., Hibi T.. Histological risk factors to predict clinical relapse in ulcerative colitis in mucosal healing JOURNAL OF CROHNS & COLITIS. 2017.02; 11 S226.

  15. Toyonaga T, Kobayashi T, Nakano M, Saito E, Umeda S, Okabayashi S, Ozaki R, Hibi T. Usefulness of fecal calprotectin for the early prediction of short-term outcomes of remission-induction treatments in ulcerative colitis in comparison with two-item patient-reported outcome. PloS one. 2017; 12 (9): e0185131. ( PubMed, DOI )

  16. Toshimitsu Fujii, Makoto Naganuma, Yoshio Kitazume, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Advancing magnetic resonance imaging in Crohn's disease. Digestion. 2014.01; 89 (1): 24-30. ( PubMed, DOI )

  17. Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Efficacy of salvage therapy and its effect on operative outcomes in patients with ulcerative colitis. Digestion. 2014.01; 89 (1): 55-60. ( PubMed, DOI )

  18. Makoto Naganuma, Toshimitsu Fujii, Reiko Kunisaki, Naoki Yoshimura, Masakazu Takazoe, Yoshiaki Takeuchi, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Keiko Asakura, Toru Takebayashi, Mamoru Watanabe. Incidence and characteristics of the 2009 influenza (H1N1) infections in inflammatory bowel disease patients. J Crohns Colitis. 2013.05; 7 (4): 308-313. ( PubMed, DOI )

  19. Makoto Naganuma, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Junko Morio, Eiko Saito, Mamoru Watanabe. Poor recall of prior exposure to varicella zoster, rubella, measles, or mumps in patients with IBD. Inflamm. Bowel Dis.. 2013.02; 19 (2): 418-422. ( PubMed, DOI )

  20. Kyohei Fujita, Makoto Naganuma, Eiko Saito, Shinji Suzuki, Akihiro Araki, Mariko Negi, Hiroshi Kawachi, Mamoru Watanabe. Histologically confirmed IgG4-related small intestinal lesions diagnosed via double balloon enteroscopy. Dig. Dis. Sci.. 2012.12; 57 (12): 3303-3306. ( PubMed, DOI )

  21. Hea Saeng Koh, Atsushi Matsui, Sumie Mimura, Mie Inao, Eiko Saitoh, Akihiko Ohno, Sumiko Nagoshi, Takayuki Yoshimoto, Satoshi Mochida, Kenji Fujiwara. Increased cytoprotective function in the liver of transgenic mice expressing osteopontin in hepatocytes. Hepatol Res. 2005.05; 32 (1): 46-51. ( PubMed, DOI )

  22. Eiko Saitoh, Atsushi Matsui, Mie Inao, Sumie Mimura, Heasaeng Koh, Akihiko Ohno, Sumiko Nagoshi, Hidekazu Kayano, Takayuki Yoshimoto, Satoshi Mochida, Kenji Fujiwara. Extrahepatic manifestations in transgenic mice of osteopontin in hepatocytes-A clue to advent of pathological state in various organs of chronic hepatitis C patients. Hepatol Res. 2005.04; 31 (4): 197-202. ( PubMed, DOI )

  23. Satoshi Mochida, Takayuki Yoshimoto, Sumie Mimura, Mie Inao, Atsushi Matsui, Akihiko Ohno, HeaSaeng Koh, Eiko Saitoh, Sumiko Nagoshi, Kenji Fujiwara. Transgenic mice expressing osteopontin in hepatocytes as a model of autoimmune hepatitis. Biochem Biophys Res Commun. 2004.04; 317 (1): 114-120. ( PubMed, DOI )

  24. 大塚 和朗, 竹中 健人, 齊藤 詠子, 日比谷 秀爾, 河本 亜美, 藤井 俊光, 長堀 正和, 小形 典之, 渡辺 守. 【クローン病小腸狭窄病変に対する内視鏡的バルーン拡張術-基本からピットフォールまで】ローン病小腸狭窄病変に対するバルーン拡張術 クローン病におけるバルーン拡張術のコツ b.シングルバルーン内視鏡の立場から Intestine. 2020.08; 24 (3): 203-207. ( 医中誌 )

  25. 前本 篤男, 横山 薫, 内野 基, 齊藤 詠子, 清水 泰岳, 新崎 信一郎, 高津 典孝, 長堀 正和, 山田 哲弘, 日比 紀文. 【皆で診る!IBD:多職種連携と地域医療】多職種連携の現状と今後の課題 チーム医療の現状に関する全国アンケートの調査結果をふまえて IBD Research. 2020.06; 14 (2): 87-94. ( 医中誌 )

  26. 大塚 和朗, 竹中 健人, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 本林 麻衣子, 清水 寛路, 日比谷 秀爾, 長堀 正和, 土屋 輝一郎, 渡辺 守. 【すべてがわかるIBDの内視鏡】Crohn病の内視鏡 重症度評価と粘膜治癒の意義 消化器内視鏡. 2020.02; 32 (2): 256-261. ( 医中誌 )

  27. 齊藤 詠子, 長沼 誠, 根木 真理子, 大塚 和朗, 渡辺 守. 【知っておきたい小腸疾患】小腸潰瘍を認めたIgG4関連疾患の1例 胃と腸. 2019.04; 54 (4): 537-542. ( 医中誌 )

  28. 大塚 和朗, 福田 将義, 竹中 健人, 鈴木 康平, 長堀 正和, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 小林 正典, 渡辺 守. 【大腸内視鏡の話題-機器と挿入法】挿入補助具 バルーン内視鏡 a.シングルバルーン Intestine. 2018.11; 22 (6): 567-569. ( 医中誌 )

  29. 齊藤 詠子, 渡辺 守. 実地医家のためのバイオマーカーの最新知識(No.7) 炎症性腸疾患のバイオマーカー 日本医師会雑誌. 2018.06; 147 (3): 538-539. ( 医中誌 )

  30. 大塚 和朗, 竹中 健人, 藤井 俊光, 松岡 克善, 長堀 正和, 齊藤 詠子, 鈴木 康平, 北詰 良雄, 渡辺 守. 【小腸出血性疾患の診断と治療-最近の進歩】出血を主徴とする小腸非腫瘍性病変の診断と治療 出血を主な臨床像とするCrohn病 胃と腸. 2018.05; 53 (6): 823-828. ( 医中誌 )

  31. 齊藤 詠子, 長堀 正和. 【炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-】炎症性腸疾患の内科的治療 炎症性腸疾患治療薬の使い方と特性 5-ASA(5-アミノサリチル酸)製剤 日本臨床. 2018.04; 76 (増刊3 炎症性腸疾患): 309-313. ( 医中誌 )

  32. 齊藤詠子、松岡克善、渡辺 守. 炎症性腸疾患に対する抗TNF-α抗体治療薬導入により見えてきた臨床課題 潰瘍性大腸炎における抗TNF-α抗体製剤の臨床経過について 日本消化器病学会雑誌. 2018.04; 115 (臨増総会): A97. ( 医中誌 )

  33. 大塚 和朗, 福田 将義, 竹中 健人, 鈴木 康平, 齊藤 詠子, 松岡 克善, 藤井 俊光, 長堀 正和, 岡田 英里子, 渡辺 守. 【大腸内視鏡挿入法を極める-機器の進化と手技の進歩】偶発症の予防と対策 消化器内視鏡. 2018.03; 30 (3): 396-402. ( 医中誌 )

  34. 竹中 健人, 大塚 和朗, 鈴木 康平, 勝倉 暢洋, 福田 将義, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 本林 麻衣子, 松岡 克善, 長堀 正和, 北詰 良雄, 藤岡 友之, 渡辺 守. 【IBDの内視鏡的粘膜治癒-評価法と臨床的意義】Crohn病の内視鏡的重症度評価 小腸病変の評価法 内視鏡とほかのモダリティの比較 胃と腸. 2018.02; 53 (2): 203-210. ( 医中誌 )

  35. 大塚 和朗, 福田 将義, 和田 祥城, 松岡 克善, 長堀 正和, 藤井 俊光, 竹中 健人, 齊藤 詠子, 本林 麻衣子, 渡辺 守. 手技の解説 潰瘍性大腸炎関連腫瘍の拾い上げ Gastroenterological Endoscopy. 2018.01; 60 (1): 57-63. ( 医中誌 )

  36. 尾崎 良, 小林 拓, 齊藤 詠子, 豊永 貴彦, 岡林 慎二, 梅田 智子, 中野 雅, 松岡 健太郎, 森永 正二郎, 久松 理一, 日比 紀文. 潰瘍性大腸炎における組織学的再燃リスク因子の探索 日本消化器病学会雑誌. 2017.09; 114 (臨増大会): A802. ( 医中誌 )

  37. 藤井 俊光, 秋山 慎太郎, 松岡 克善, 江花 有亮, 根木 真理子, 竹中 健人, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗, 磯部 光章, 渡辺 守. 高安動脈炎に合併した炎症性腸疾患の遺伝的背景と腸炎の表現形 日本臨床免疫学会会誌. 2017.08; 40 (4): 320. ( 医中誌 )

  38. 尾崎 良, 小林 拓, 齊藤 詠子, 豊永 貴彦, 岡林 慎二, 梅田 智子, 中野 雅, 森永 正二郎, 日比 紀文. 潰瘍性大腸炎における大腸内視鏡下生検組織による臨床的再燃予測 日本大腸検査学会雑誌. 2017.04; 33 (2): 112. ( 医中誌 )

  39. 齊藤 詠子, 日比 紀文. 【小児・妊婦・高齢者に対するIBD診療】妊娠・授乳期における炎症性腸疾患治療薬の使い方 Intestine. 2017.03; 21 (2): 155-160. ( 医中誌 )

  40. 齊藤 詠子, 小林 拓, 日比 紀文. IBD治療における生物学的製剤 これからの課題と対策 炎症性腸疾患におけるインフリキシマブ血中濃度測定は最適化に役立つか? 日本消化器病学会雑誌. 2017.03; 114 (臨増総会): A45. ( 医中誌 )

  41. 梅田 智子, 芹澤 宏, 小林 拓, 豊永 貴彦, 齊藤 詠子, 中野 雅, 樋口 肇, 常松 令, 渡邊 憲明, 日比 紀文, 森永 正二郎. 腸管スピロヘータ症(human intestinal spirochetosis;HIS)の臨床的意義についての検討 日本消化器病学会雑誌. 2017.02; 114 (2): 230-237. ( 医中誌 )

  42. Umeda S, Serizawa H, Kobayashi T, Toyonaga T, Saito E, Nakano M, Higuchi H, Tsunematsu S, Watanabe N, Hibi T, Morinaga S. Clinical significance of human intestinal spirochetosis: a retrospective study. Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology. 2017; 114 (2): 230-237. ( PubMed, DOI )

  43. 大塚 和朗, 竹中 健人, 北詰 良雄, 藤井 俊光, 松岡 克善, 長堀 正和, 木村 麻衣子, 岩本 史光, 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【新しい小腸・大腸画像診断-現状と将来展望】MR entero-colonographyの有用性 胃と腸. 2016.06; 51 (7): 899-908. ( 医中誌 )

  44. 小林 拓, 豊永 貴彦, 齊藤 詠子, 中野 雅, 日比 紀文. 【難治性潰瘍性大腸炎の適切な治療戦略を考える!】チオプリン系免疫調節薬による難治性潰瘍性大腸炎の治療戦略 IBD Research. 2016.06; 10 (2): 85-89. ( 医中誌 )

  45. 齊藤 詠子. 【炎症性腸疾患 新しい考えかたに基づく実地診療の実践】治療 実地医家が知っておくべき治療の進歩とその活用 炎症性腸疾患に対する免疫調節薬の使用法 Medical Practice. 2016.05; 33 (5): 787-791. ( 医中誌 )

  46. 小林 拓, 豊永 貴彦, 齊藤 詠子, 中野 雅, 日比 紀文. 【炎症性腸疾患 IBDと合併症に対する治療薬の考え方と使い方】徹底解説!抗TNF-α抗体に関するギモンを解決! 抗TNF-α抗体を「中止する」ときを見極めるポイント 薬局. 2016.05; 67 (6): 2174-2177. ( 医中誌 )

  47. 齊藤 詠子. 【炎症性腸疾患のいま】疫学と研究の進展 炎症性腸疾患における疾患活動性評価方法 Treat-to-targetをめざして 医学のあゆみ. 2016.03; 256 (10): 1035-1043. ( 医中誌 )

  48. 小林 拓, 豊永 貴彦, 齊藤 詠子, 中野 雅, 日比 紀文. 【IBDチーム医療におけるメンバーの役割と問題点を明らかにする!】IBDチーム医療における医師(消化器医)の役割 IBD Research. 2015.12; 9 (4): 238-242. ( 医中誌 )

  49. 小林 拓, 中野 雅, 齊藤 詠子, 豊永 貴彦, 日比 紀文. 【炎症性腸疾患-ファーストタッチから長期マネジメントまで】炎症性腸疾患の診断 病型と重症度の判定 内科. 2015.10; 116 (4): 565-568. ( 医中誌 )

  50. 日比 紀文, 久松 理一, 齊藤 詠子, 豊永 貴彦, 小林 拓. 【生物学的製剤が拓くIBD診療の新時代】これから期待される生物学的製剤 Mebio. 2015.08; 32 (8): 78-85. ( 医中誌 )

  51. 大塚 和朗, 竹中 健人, 長堀 正和, 松岡 克善, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【下部消化管:炎症からの発癌】炎症発癌の診断 小腸のサーベイランス Intestine. 2015.07; 19 (4): 381-384. ( 医中誌 )

  52. 大塚 和朗, 竹中 健人, 松沢 優, 前田 康晴, 小形 典之, 林 靖子, 土屋 輝一郎, 和田 祥城, 福田 将義, 長堀 正和, 齊藤 詠子, 藤井 俊光, 松岡 克善, 工藤 進英, 渡辺 守. 【診断困難な炎症性腸疾患】潰瘍性大腸炎・Crohn病の副病変 胃と腸. 2015.06; 50 (7): 907-915. ( 医中誌 )

  53. 竹中 健人, 大塚 和朗, 北詰 良雄, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 松岡 克善, 藤岡 友之, 渡辺 守. 診断講座 症例から学ぶIBD鑑別診断のコツ 新規モダリティによる画像診断のポイントシリーズ(その1) MREを用いたIBDの診断のポイント IBD Research. 2015.03; 9 (1): 66-73. ( 医中誌 )

  54. 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【IBD診療におけるインフォームド・コンセントのためのエビデンスを見直す】(Part I)IBD患者へのインフォームド・コンセントに有用な大規模臨床試験 治療面 クローン病の大規模臨床試験成績 IBD Research. 2014.12; 8 (4): 244-250. ( 医中誌 )

  55. 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【最新・薬物治療の実際】潰瘍性大腸炎における薬物療法 Clinic Magazine. 2014.08; 41 (8): 33-36. ( 医中誌 )

  56. 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【炎症性腸疾患診療の新たな展開】Crohn病 抗TNF-α抗体療法抵抗例に対する戦略 臨牀と研究. 2014.08; 91 (8): 1056-1059. ( 医中誌 )

  57. 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【Intestinal Failureへの挑戦】クローン病におけるIntestinal Failureとその対策 内科の立場から 消化と吸収. 2014.07; 36 (3): 318-321. ( 医中誌 )

  58. 大塚 和朗, 渡辺 大輔, 小形 典之, 長堀 正和, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 和田 祥城, 荒木 昭博, 渡辺 守. 【日常遭遇する大腸炎の鑑別-内視鏡を中心に】サルモネラ腸炎 Intestine. 2014.07; 18 (4): 373-377. ( 医中誌 )

  59. 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【ここまで来た、炎症性腸疾患の新展開】Crohn病の内科的療法 近年の変化 成人病と生活習慣病. 2014.03; 44 (3): 321-326. ( 医中誌 )

  60. 長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 【潰瘍性大腸炎診療のトピックス】 潰瘍性大腸炎に対する生物学的製剤による治療 日本消化器病学会雑誌. 2013.11; 110 (11): 1909-1915. ( 医中誌 )

  61. 大塚和朗、藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守. 【Colitic cancerにどう立ち向かうか】 Dysplasiaをどう取り扱うか 消化器の臨床. 2013.06; 16 (3): 271-275. ( 医中誌 )

  62. 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 長沼 誠, 大塚 和朗, 渡辺 守. MR enterocolonography(MREC)の実際とクローン病小腸大腸病変の評価における有用性 日本大腸検査学会雑誌. 2013.06; 30 (1): 15. ( 医中誌 )

  63. 長堀 正和, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 渡辺 守, 大塚 和朗. クローン病診療における当院でのMREC(MR enterocolonography)の試み モニタリングとしての有用性 日本大腸検査学会雑誌. 2013.06; 30 (1): 14. ( 医中誌 )

  64. 藤井 俊光, 北詰 良雄, 長沼 誠, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗、渡辺 守. 【小腸疾患の臨床-最近の進歩】 クローン病に対するMREC(MR enterocolonography)の有用性 臨床消化器内科. 2013.05; 28 (7): 1069-1075. ( 医中誌 )

  65. 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【炎症性腸疾患のすべて-新しい治療戦略】クローン病 クローン病の診断と内科治療 臨床外科. 2012.10; 67 (10): 1250-1256. ( 医中誌 )

  66. 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【消化器救急疾患-的確に診断するために】クローン病 臨床消化器内科. 2012.05; 27 (7): 920-925. ( 医中誌 )

  67. 藤井 俊光, 長沼 誠, 森尾 純子, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 渡辺 守. 【炎症性腸疾患の薬物療法の極意】免疫調節薬/分子生物製剤を用いた難治性潰瘍性大腸炎に対する治療戦略 消化器内科. 2012.01; 54 (1): 28-33. ( 医中誌 )

  68. 山岡 稔, 菅原 通子, 水野 芳枝, 高谷 広章, 近山 琢, 中澤 学, 渡邊 一弘, 安藤 さつき, 中村 有香, 齊藤 詠子, 藤盛 健二, 稲生 実枝, 中山 伸朗, 今井 幸紀, 名越 澄子, 持田 智. 空腸憩室出血の2例 Progress of Digestive Endoscopy. 2009.12; 75 (2): 86-87,5. ( 医中誌 )

  69. 高谷 広章, 今井 幸紀, 渡邊 一弘, 中澤 学, 近山 琢, 安藤 さつき, 水野 芳枝, 菅原 通子, 齊藤 詠子, 濱岡 和宏, 藤盛 健二, 稲生 実枝, 多賀 誠, 篠塚 望, 持田 智. 内視鏡的止血とIVRがともに無効で外科的治療を施行した出血性胃潰瘍の1例 消化器の臨床. 2009.10; 12 (5): 569-572. ( 医中誌 )

  70. 菅原 通子, 今井 幸紀, 齊藤 詠子, 藤盛 健二, 新井 晋, 稲生 実枝, 中山 伸朗, 名越 澄子, 伴 慎一, 持田 智. プロトンポンプ阻害薬長期投与中に増大した胃底腺ポリープの検討 Gastroenterological Endoscopy. 2009.08; 51 (8): 1686-1691. ( 医中誌 )

  71. 濱岡 和宏, 中村 有香, 渡辺 一弘, 高谷 広章, 中澤 学, 近山 琢, 安藤 さつき, 水野 芳枝, 菅原 通子, 齊藤 詠子, 今井 幸紀, 今村 雅俊, 名越 澄子, 持田 智. 心臓近傍の肝癌に対するLeVeen針を用いたRFAの有用性と安全性 医学と薬学. 2009.01; 61 (1): 61-63. ( 医中誌 )

  72. 今井 幸紀, 中澤 学, 渡邊 一弘, 安藤 さつき, 菅原 通子, 齊藤 詠子, 濱岡 和宏, 藤盛 健二, 稲生 実枝, 名越 澄子, 持田 智. B-RTOの安全かつ効果的治療法 マイクロバルーンカテーテルを用いたB-RTO 日本門脈圧亢進症学会雑誌. 2008.12; 14 (3): 277-278. ( 医中誌 )

  73. 齊藤 詠子, 今井 幸紀, 高谷 広章, 近山 琢, 中澤 学, 渡辺 一弘, 水野 芳枝, 安藤 さつき, 菅原 通子, 中村 有香, 濱岡 和宏, 藤盛 健二, 稲生 実枝, 持田 智. Helicobacter pyloriが原因の出血性潰瘍は減っているのか? 消化器の臨床. 2008.10; 11 (5): 588-591. ( 医中誌 )

  74. 菅原 通子, 今井 幸紀, 安藤 さつき, 水野 芳枝, 中村 有香, 齊藤 詠子, 中尾 将光, 濱岡 和宏, 藤盛 健二, 柿沼 徹, 稲生 実枝, 中山 伸朗, 名越 澄子, 持田 智. 下横隔静脈の発達した胃静脈瘤に対してDual Balloon-Occluded Retrograde Transvenous Obliteration(dual B-RTO)を施行した2例 日本門脈圧亢進症学会雑誌. 2007.10; 13 (2): 99-102. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 齊藤詠子. 【その患者・その症例にいちばん適切な使い方がわかるステロイド療法の極意】第3章 疾患・病態別にみたステロイドの選び方・使い方:消化器疾患. じほう社, 2017.09 消化器疾患

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一 . 【誌面発表】COVID-19蔓延下におけるスマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和3年度 第1回総会 2021.07.15 Web開催

  2. Takashi Nagaishi, Daiki Yamada, Naoya Tsugawa, Taro Watabe, Eiko Saito, Masayoshi Fukuda, Ayako Arai, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. A case of villous atrophy with CCR4+ T cell infiltration in the small intestine.. UEGW2020 2020.10.10 Web開催

  3. Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kento Takenaka, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Mamoru Watanabe. Intolerance to 5-aminosalicylate is a risk of poor prognosis in Ulcerative colitis patients.. ECCO2020 2020.02.14 Vienna(Austria)

  4. Eiko Saito, Kohei Suzuki, Shuuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Nobukatsu Horita, Hiromichi Shimizu, Michio Onizawa, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. The clinical efficacy of ustekinumab (UST) in patients with Crohn’s disease (CD). AOCC2019 2019.06.15 Taipei(Taiwan)

  5. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe. Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. The 7th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis (AOCC 2019) 2019.06.15 台北

  6. Takenaka K, Ohtsuka K, Fujii T, Nagahori M, Saito E, Motobayashi M, Suzuki K, Watanabe M. Small bowel mucosal healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. FALKシンポジウム 2018.09.07 京都ホテルオークラ(京都府京都市)

  7. Saito E, Suzuki K, Shimizu H, Motobayashi M, Takenaka K, Onizawa M, Fujii T, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. The clinical efficacy of switching cases between Infliximab(IFX) andAdalimumab(ADA) in patients with ulcerative colitis. AOCC2018 2018.06.22 Shanghai (China)

  8. Ohtsuka K, Takenaka K, Suzuki K, Fujii T, Nagahori M, Matsuoka K, Saito E, Katsukura N, Fukuda M, Araki A, Watanabe M. Usefulness of single-balloon enteroscopy: from a single center 990 experiences. DDW2018 2018.06.03 Washington D.C (USA)

  9. T. Fujii Y. Kitazume K. Takenaka M. Kimura E. Saito K. Matsuoka M. Nagahori K. Ohtsuka M. Watanabe. Simplified MR enterocolonography Classification Based on Endoscopic Findings for Activity Assessment of Crohn’s Disease. UEGW2017 (欧州消化器病学会週間2017) 2017.11.01 Barcelona(Spain)

  10. Toyonaga T, Kobayashi T, Kuronuma S, Takeuchi O, Nakano M, Saito E, Umeda S, Okabayashi S, Ozaki R, Hibi T . Patient-Reported outcome is more reliable than fecal calprotectin in detecting early response to remission induction treatment in ulcerative colities. AOCC2017 2017.06.17 Seoul (Korea)

  11. Saito E, Kobayashi T, Ozaki R, Okabayashi S, Umeda S, Nakano M, Toyonaga T, Kuronuma S, Takeuchi O, Hibi T. Is inflliximab blood concentration measurement of patients with IBD useful for optimization?. AOCC2017 2017.06.16 Seoul (Korea)

  12. Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Eiko Saito, Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Salvage therapy for corticosteroid-refractory ulcerative colitis patients. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  13. Fujii T, Naganuma M, Saito E, Nagahori M, Watanabe M. Intravenous tacrolimus therapy can rapidly induce remission in refractory ulcerative colitis. DDW2012 2012.05.19 San Diego

  14. 齊藤詠子. 潰瘍性大腸炎(UC)に対するトファシチニブ(TOF)・ベドリズマブ(VDZ)・ウステキヌマブ(UST)の実臨床データについて. 第107回 日本消化器病学会総会 2021.04.16 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  15. 五月女浩子、河本亜美、竹中健人、日比谷秀爾、清水寛路、伊藤 剛、水谷知裕、油井史郎、根本泰宏、藤井俊光、齊藤詠子、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、岡本隆一、小金井一隆、冨井翔平. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第363回例会 2021.02.27 Web開催

  16. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、河本亜美、日比谷秀爾、清水寛路、本林麻衣子、藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守、岡本隆一. 潰瘍性大腸炎内視鏡画像の評価に関するAIシステム開発. 第11回 日本炎症性腸疾患学会学術集会 2020.12.05 Web開催

  17. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一. 【誌面発表】スマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  18. 河﨑 翔、清水寛路、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、油井史郎、根本泰宏、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、岡本隆一、土屋輝一郎、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、松山貴俊、加藤恒平. 抗TNFα製剤治療が有効であった潰瘍性大腸炎術後に発症した壊疽性膿皮症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第359回例会 2020.05.01 Web開催

  19. 清水寛路、藤井俊光、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎におけるトファシチニブの治療成績. 第16回日本消化管学会総会学術集会 2020.02.07 ホテル日航姫路(兵庫県姫路市)

  20. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 【バイオマーカーと創薬に関するプロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第2回総会 2020.01.24 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  21. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、本林麻衣子、清水寛路、藤井俊光、斎藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 軽症炎症性腸疾患患者のスマートデバイスを用いた病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 令和元年度第2回総会 2020.01.23 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  22. 渡邊沙希、三好正人、小林正典、加藤 周、日比谷秀爾、本林麻衣子、清水寛路、竹中健人、福田将義、新田沙由梨、齊藤詠子、藤井俊光、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡田英理子、柿沼 晴、長堀正和、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に合併した2型自己免疫性膵炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第357回例会 2019.12.07 海運クラブ

  23. 日比谷秀爾、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎治療における 5-ASA 不耐の予後への影響の検討. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  24. 清水寛路、藤井俊光、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. トファシチニブによる潰瘍性大腸炎治療における実臨床の成績. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  25. 藤井俊光、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に対するベドリズマブのreal world experience. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  26. 齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に対するベドリズマブの実臨床における治療成績について. JDDW2019 第27回日本消化器関連学会 2019.11.21 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  27. 藤井俊光、日比谷秀爾、齊藤詠子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎における5ASA不耐は予後不良因子となる. 日本消化器病関連学会週間(JDDW)2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  28. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、高橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第1回総会 2019.07.26 コングレスクエア日本橋(東京)

  29. 内田 仁、加藤 周、三好正人、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、福田将義、油井史郎、藤井俊光、根本泰宏、齊藤詠子、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. Epstein-Barr Virusの再活性化を伴った難治性潰瘍性大腸炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第355回例会 2019.07.13

  30. 清水寛路、齊藤詠子、渡辺 守. 【シンポジウム6:難治性潰瘍性大腸炎の治療戦略における外科と内科のコラボレーション】当院における難治性潰瘍性大腸炎における内科治療とその限界,手術症例を含めた検討. 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.11 ANAクラウンプラザホテル金沢(石川県金沢市)

  31. 堀田伸勝、齋藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 【シンポジウム1:炎症性腸疾患診療における内視鏡の役割】潰瘍性大腸炎における3つの内視鏡スコアに基づいた再燃リスクの検討. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.15 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  32. 山田倫子、秋山慎太郎、堀田伸勝、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、中村哲也、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎経過中に血球貪食症候群を契機に判明したT 細胞性リンパ腫の一例. 日本消化器病学会関東支部第352回例会 2018.12.01 海運クラブ(東京都千代田区)

  33. 齊藤詠子、秋山慎太郎、鈴木康平、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、鬼澤道夫、藤井俊光、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. クローン病における抗TNF-α抗体二次無効時のウステキヌマブの治療成績について. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  34. 伊藤 晃、伊東詩織、渡部太郎、小林正典、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、東 正新、岡本隆一、土屋輝一郎、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎の経過中に原発性硬化性胆管炎を併発した一例. 日本消化器病学会関東支部第351回例会 2018.09.22 海運クラブ(東京都千代田区)

  35. 齋藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 【ワークショップ:炎症性大腸疾患診療における内視鏡の役割-感染症からIBDまで】免疫不全症に伴う大腸炎の3例. 第106回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  36. 豊田早織、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、福田将義、根本泰宏、永石宇司、井津井康浩、大島 茂、東 正新、松岡克善、土屋輝一郎、中村哲也、岡本隆一、大塚和朗、渡辺 守、青山 慧、坂下千瑞子、倉田盛人、江石義信. 【専修医Ⅳ 小腸】日和見感染を契機に診断された消化管T 細胞性リンパ腫の1例. 日本消化器病学会関東支部第349回例会 2018.04.28 海運クラブ(東京都千代田区)

  37. 齊藤詠子、松岡克善、渡辺 守. 【パネルディスカッション6:炎症性腸疾患に対する抗TNF-α抗体治療薬導入により見えてきた臨床課題】潰瘍性大腸炎における抗TNF-α抗体製剤の臨床経過について. 第104回 日本消化器病学会総会 2018.04.21 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  38. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、鈴木康平、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、齋藤詠子、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. 当院でのクローン病小腸病変評価のアプローチ. 第14回日本消化管学会総会 2018.02.10 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  39. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、鈴木康平、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、齋藤詠子、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. 【⼩腸内視鏡の限界と可能性】クローン病評価における⼩腸内視鏡の有⽤性と限界. 第55回日本小腸学会学術集会 2017.10.21 メルパルク京都(京都府京都市)

  40. 藤井俊光、秋山慎太郎、松岡克善、江花有亮、根木真理子、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、磯部光章、渡辺 守. 【腸管免疫,常在細菌叢】高安動脈炎に合併した炎症性腸疾患の遺伝的背景と腸炎の表現形. 第45回日本臨床免疫学会 2017.09.29 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  41. 齊藤詠子. 【研修医セッション】評価者. 日本消化器病学会関東支部第345回例会 2017.07.15 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  42. 齊藤詠子、小林 拓、日比紀文. 炎症性腸疾患におけるインフリキシマブ血中濃度測定は最適化に役立つか?. 第103回日本消化器病学会 2017.04.20 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  43. 齊藤詠子、松岡克善、渡辺 守. 【シンポジウム3:炎症性腸疾患の既存治療を徹底的に見直す】潰瘍性大腸炎における免疫調節薬の有効性・安全性に関する検討. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  44. 秋山慎太郎、藤井俊光、長堀正和、竹中健人、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 高安動脈炎に合併した潰瘍性大腸炎症例の検討. 第101回日本消化器病学会総会 2015.04.25 仙台

  45. 勝倉暢洋、秋山慎太郎、井上恵美、竹中健人、木村麻衣子、松沢 優、水谷知裕、福田将義、村川美也子、清水寛路、和田祥城、藤井俊光、櫻井 幸、斎藤詠子、渡辺貴子、藤田めぐみ、井津井康浩、岡田英里子、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、大岡真也、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 肺血栓塞栓症を合併した潰瘍性大腸炎の一例. 第23回 御茶の水消化器セミナー 2015.03.25 東京

  46. 齊藤詠子、長堀正和、竹中健人、藤井俊光、松岡克善、大塚和朗、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎(UC)における内科治療および手術例の予後の検討. JSIBD 2014.12.14 東京

  47. 藤井俊光、北詰良雄、齋藤詠子、竹中健人、松岡克善、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. クローン病におけるMRenterocolonography(MREC)での疾患活動性評価と予後予測. 第6回日本炎症性腸疾患研究会学術集会 2014.12.14 東京

  48. 長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、渡辺 守、大塚和朗. クローン病診療における当院でのMREC(MR enterocolonography)の試み モニタリングとしての有用性. 第30回日本大腸検査学会総会 2012.09.01 東京

  49. 藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、長沼 誠、大塚和朗、渡辺 守. MR enterocolonography (MREC)の実際とクローン病小腸大腸病変の評価における有用性. 第30回日本大腸検査学会総会 2012.09.01 東京

  50. 三好正人、藤井俊光、櫻井 幸、齊藤詠子、大島 茂、土屋輝一郎、岡本隆一、永石宇司、中村哲也、岡田英理子、柿沼 晴、東 正新、大岡真也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、鈴木伸治、伴 大輔、河内 洋. 経口胆道内視鏡下生検にて確定診断にいたり自然経過を追えた粘液産生胆管腫瘍の1例. 第320回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.07.07 東京

  51. 武井ゆりあ、吉野耕平、東 正新、藤木純子、藤井俊光、森尾純子、齊藤詠子、櫻井 幸、中川美奈、大岡真也、長堀正和、土屋輝一郎、渡辺 守、裴 有安、小林大輔. 非典型的な画像所見を呈し診断に難渋した転移性肝血管肉腫の一例. 第319回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.05.26 東京

  52. 藤井俊光、齊藤詠子、森尾純子、長堀正和、長沼 誠、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎に対するTacrolimus静注療法の有用性と安全性の検討. 第98回 日本消化器病学会総会 2012.04.21 東京

  53. 長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、森尾純子、長沼 誠、渡辺 守. 炎症性腸疾患患者における抗TNFα受容体拮抗薬の選択に関する研究. 第98回 日本消化器病学会総会 2012.04.21 東京

  54. 田川泰寛、斎藤詠子、石川喜也、江頭徹哉、福島啓太、河合富貴子、藤木純子、藤井俊光、櫻井 幸、土屋輝一郎、東 正新、長堀正和、渡辺 守、鈴木伸治、長沼 誠、森尾純子、岡田英理子、荒木昭博、吉岡篤史. 空腸に限局した小腸結核をダブルバルーン小腸内視鏡にて観察し得た一例. 第318回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.02.25 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08364 「炎症性腸疾患発症におけるミオシン軽鎖キナーゼの役割」 研究代表者:齊藤詠子 分担研究者:鬼澤道夫、永石宇司、渡辺 守,2020年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08364 「炎症性腸疾患発症におけるミオシン軽鎖キナーゼの役割」 研究代表者:齊藤詠子 研究分担者:渡辺 守、鬼澤道夫、永石宇司,2019年04月