基本情報

写真a

藤田 恭平(フジタ キョウヘイ)

Fujita Kyohei


職名

非常勤講師

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

臨床神経、脳卒中

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 大学院生
  • 2020年04月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 血管内治療科 医員
  • 2020年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 血管内治療学 助教
  • 2020年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 血管内治療科 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 認知行動医学講座 血管内治療学分野 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本神経学会

  • 日本脳神経血管内治療学会

  • 日本脳卒中学会

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脳梗塞患者におけるPAD4・NETsを介した血栓形成の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Fujita Kyohei, Tanaka Kanta, Yamagami Hiroshi, Ide Toshihiro, Ishiyama Hiroyuki, Sonoda Kazutaka, Satow Tetsu, Takahashi Jun C., Ihara Masafumi, Koga Masatoshi, Yokota Takanori, Toyoda Kazunori. Detrimental Effect of Chronic Hypertension on Leptomeningeal Collateral Flow in Acute Ischemic Stroke STROKE. 2019.07; 50 (7): 1751-1757. ( DOI )

  2. Fujita K, Tanaka K, Yamagami H, Yoshimoto T, Uchida K, Morimoto T, Imamura H, Sakai N, Ohara N, Matsumoto Y, Takeuchi M, Shigeta K, Toyoda K, Yoshimura S. Outcomes of Large Vessel Occlusion Stroke in Patients Aged ≥90 Years. Stroke. 2021.03; 52 (5): STROKEAHA120031386-1569. ( PubMed, DOI )

  3. Fujita K, Tanaka K, Toyoda K. Response by Fujita et al to Letter Regarding Article, "Detrimental Effect of Chronic Hypertension on Leptomeningeal Collateral Flow in Acute Ischemic Stroke". Stroke. 2019.10; 50 (10): e302. ( PubMed, DOI )

  4. Fujita K, Sonoda K, Miyata T, Ihara M, Toyoda K, Koga M. Early Identification of Protein S K196E Mutation in a Patient With Cerebral Venous Thrombosis: A Case Report. Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association. 2019.01; 28 (1): 232-233. ( PubMed, DOI )

  5. Fujita K, Naganuma M, Saito E, Suzuki S, Araki A, Negi M, Kawachi H, Watanabe M. Histologically confirmed IgG4-related small intestinal lesions diagnosed via double balloon enteroscopy. Digestive diseases and sciences. 2012.12; 57 (12): 3303-6. ( PubMed, DOI )

  6. Yoshimoto T, Inoue M, Yamagami H, Fujita K, Tanaka K, Ando D, Sonoda K, Kamogawa N, Koga M, Ihara M, Toyoda K. Use of Diffusion-Weighted Imaging-Alberta Stroke Program Early Computed Tomography Score (DWI-ASPECTS) and Ischemic Core Volume to Determine the Malignant Profile in Acute Stroke. Journal of the American Heart Association. 2019.11; 8 (22): e012558. ( PubMed, DOI )

  7. Tokunaga K, Koga M, Itabashi R, Yamagami H, Todo K, Yoshimura S, Kimura K, Sato S, Terasaki T, Inoue M, Shiokawa Y, Takagi M, Kamiyama K, Tanaka K, Takizawa S, Shiozawa M, Okuda S, Okada Y, Kameda T, Nagakane Y, Hasegawa Y, Shibuya S, Ito Y, Matsuoka H, Takamatsu K, Nishiyama K, Kario K, Yagita Y, Fujita K, Ando D, Kumamoto M, Arihiro S, Toyoda K, SAMURAI Study Investigators.. Prior Anticoagulation and Short- or Long-Term Clinical Outcomes in Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack Patients With Nonvalvular Atrial Fibrillation. Journal of the American Heart Association. 2019.02; 8 (3): e010593. ( PubMed, DOI )

  8. Tokunaga K, Koga M, Yoshimura S, Okada Y, Yamagami H, Todo K, Itabashi R, Kimura K, Sato S, Terasaki T, Inoue M, Shiokawa Y, Takagi M, Kamiyama K, Tanaka K, Takizawa S, Shiozawa M, Okuda S, Kameda T, Nagakane Y, Hasegawa Y, Shibuya S, Ito Y, Matsuoka H, Takamatsu K, Nishiyama K, Kario K, Yagita Y, Mizoguchi T, Fujita K, Ando D, Kumamoto M, Miwa K, Arihiro S, Toyoda K, for the SAMURAI Study Investigators.. Left Atrial Size and Ischemic Events after Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack in Patients with Nonvalvular Atrial Fibrillation. Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland). 2020; 49 (6): 619-624. ( PubMed, DOI )

  9. Yamaguchi Y, Koga M, Sato S, Yamagami H, Todo K, Okuda S, Okada Y, Kimura K, Shiokawa Y, Kamiyama K, Itabashi R, Hasegawa Y, Kario K, Fujita K, Kumamoto M, Kamimura T, Ando D, Ide T, Yoshimoto T, Shiozawa M, Matsubara S, Yoshimura S, Nagatsuka K, Toyoda K, for the SAMURAI Study Investigators.. Early Achievement of Blood Pressure Lowering and Hematoma Growth in Acute Intracerebral Hemorrhage: Stroke Acute Management with Urgent Risk-Factor Assessment and Improvement-Intracerebral Hemorrhage Study. Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland). 2018; 46 (3-4): 118-124. ( PubMed, DOI )

  10. Yoshimura S, Koga M, Sato S, Todo K, Yamagami H, Kumamoto M, Itabashi R, Terasaki T, Kimura K, Yagita Y, Shiokawa Y, Kamiyama K, Okuda S, Okada Y, Takizawa S, Hasegawa Y, Kameda T, Shibuya S, Nagakane Y, Ito Y, Matsuoka H, Takamatsu K, Nishiyama K, Fujita K, Kamimura T, Ando D, Ide T, Yoshimoto T, Shiozawa M, Matsubara S, Yamaguchi Y, Kinoshita N, Matsuki T, Takasugi J, Tokunaga K, Higashida K, Homma K, Kario K, Arihiro S, Toyoda K, SAMURAI Study Investigators.. Two-Year Outcomes of Anticoagulation for Acute Ischemic Stroke With Nonvalvular Atrial Fibrillation - SAMURAI-NVAF Study. Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society. 2018.06; 82 (7): 1935-1942. ( PubMed, DOI )

  11. Iwase Ryo, Ishiguro Taro, Fujita Kyohei, Ishibashi Satoru, Yokota Takanori. Dupilumab for Atopic Dermatitis, a Possible Risk Factor of Juvenile Ischemic Stroke: A Case Report JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2020.06; 29 (6): ( DOI )

  12. Tanaka K, Miwa K, Takagi M, Sasaki M, Yakushiji Y, Kudo K, Shiozawa M, Tanaka J, Nishihara M, Yamaguchi Y, Fujita K, Honda Y, Kawano H, Ide T, Yoshimura S, Koga M, Hirano T, Toyoda K. Increased Cerebral Small Vessel Disease Burden With Renal Dysfunction and Albuminuria in Patients Taking Antithrombotic Agents: The Bleeding With Antithrombotic Therapy 2. Journal of the American Heart Association. 2022.03; 11 (6): e024749. ( PubMed, DOI )

  13. Ayabe Fuga, Sumita Kazutaka, Fujii Shoko, Fujita Kyohei, Miki Kazunori, Aizawa Yuki, Karakama Jun, Maehara Taketoshi, Nemoto Shigeru. Simulation Model of Arteriovenous Malformation Embolization Using Onyx Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.11; 15 (11): 741-746. ( 医中誌 )

  14. Miki Kazunori, Sumita Kazutaka, Fujii Shoko, Fujita Kyohei, Aizawa Yuki, Karakama Jun, Yoshino Yoshikazu, Emoto Hirofumi, Nemoto Shigeru. A Case of Idiopathic Intracranial Hypertension Treated by Transverse Sinus Stenting Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.10; 15 (10): 653-658. ( 医中誌 )

  15. Fujii S, Fujita K, Yamaoka H, Miki K, Hirai S, Nemoto S, Sumita K. Refractory in-stent stenosis after flow diverter stenting associated with delayed cobalt allergic reaction. Journal of neurointerventional surgery. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  16. Masataka Yoshimura, Kazutaka Sumita, Shoko Fujii, Kazunori Miki, Yuki Aizawa, Kyohei Fujita, Shinji Yamamoto, Shigeru Nemoto, Taketoshi Maehara. Periprocedural Variability of Platelet Functions in Carotid Artery Stenting: An Analysis Using VerifyNow Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.08; 15 (8): 505-516. ( DOI )

  17. Kyohei Fujita,Shoko Fujii,Hiroto Yamaoka,Fuga Ayabe,Sakyo Hirai,Kittipong Srivatanakul,Kazutaka Sumita. Results of an International Questionnaire Investigating Changes in Acute Stroke Management between Before and During the COVID-19 Pandemic Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.08; 15 (8): 498-504. ( DOI )

  18. Fujii Shoko, Miki Kazunori, Aizawa Yuki, Karakama Jun, Fujita Kyohei, Maehara Taketoshi, Nemoto Shigeru, Sumita Kazutaka. Mid-/Long-Term Outcome of Neuroendovascular Treatment for Chronic Carotid Artery Total Occlusion Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.05; 15 (5): 288-294. ( 医中誌 )

  19. Miki Kazunori, Aizawa Yuki, Fujii Shoko, Karakama Jun, Fujita Kyohei, Sasaki Yoshiyuki, Nemoto Shigeru, Sumita Kazutaka. 急性期脳梗塞再開通治療におけるガイディングカテーテルを中心とした治療デバイス改変効果の検討(Combined Technique Thrombectomy with a Long Balloon-Guiding Catheter and Long Sheath Aids in Rapid and Stable Recanalization in Patients with Anterior Circulation Acute Ischemic Stroke) JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2021.05; 15 (5): 281-287. ( 医中誌 )

  20. Numa Soichiro, Takagi Toshinori, Ono Shun, Fujita Kyohei, Miura Masatomo, Yoshimura Shinichi. 急性期血栓回収療法を施行した後に再度閉塞をきたしたプロテインC欠損症による脳梗塞の一例(A Case Report of Re-occlusion after Mechanical Thrombectomy to the Patient with Protein C Deficiency-associated Cerebral Infarction) JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2019.07; 13 (7): 293-298. ( 医中誌 )

  21. Yoshimura Sohei, Koga Masatoshi, Sato Shoichiro, Todo Kenichi, Yamagami Hiroshi, Kumamoto Masaya, Itabashi Ryo, Terasaki Tadashi, Kimura Kazumi, Yagita Yoshiki, Shiokawa Yoshiaki, Kamiyama Kenji, Okuda Satoshi, Okada Yasushi, Takizawa Shunya, Hasegawa Yasuhiro, Kameda Tomoaki, Shibuya Satoshi, Nagakane Yoshinari, Ito Yasuhiro, Matsuoka Hideki, Takamatsu Kazuhiro, Nishiyama Kazutoshi, Fujita Kyohei, Kamimura Teppei, Ando Daisuke, Ide Toshihiro, Yoshimoto Takeshi, Shiozawa Masayuki, Matsubara Soichiro, Yamaguchi Yoshitaka, Kinoshita Naoto, Matsuki Takayuki, Takasugi Junji, Tokunaga Keisuke, Higashida Kyoko, Homma Kazunari, Kario Kazuomi, Arihiro Shoji, Toyoda Kazunori, the SAMURAI Study Investigators. 非弁膜症性心房細動を有する急性期脳梗塞患者に対する抗凝固療法の2年転帰 SAMURAI-NVAF研究(Two-Year Outcomes of Anticoagulation for Acute Ischemic Stroke With Nonvalvular Atrial Fibrillation: SAMURAI-NVAF Study) Circulation Journal. 2018.06; 82 (7): 1935-1942. ( 医中誌 )

  22. 相澤 有輝, 藤田 恭平, 藤井 照子, 山岡 寛人, 三木 一徳, 根本 繁, 壽美田 一貴. 【AIS高難度病変-私はこう治療する!】Tandem lesionの治療戦略 頭蓋内外主幹動脈閉塞に対する血行再建術における治療戦略 脳神経外科速報. 2021.05; 31 (3): 461-466. ( 医中誌 )

  23. 相澤 有輝, 三木 一徳, 藤井 照子, 岩瀬 遼, 藤田 恭平, 澤田 佳奈, 三枝 邦康, 前原 健寿, 根本 繁, 壽美田 一貴. 高安動脈炎を背景とした脳梗塞に対して経皮的血管形成術および血栓回収術を施行した1例 脳神経外科ジャーナル. 2021.02; 30 (2): 139-145. ( 医中誌 )

  24. 藤井 照子, 藤田 恭平, 相澤 有輝, 三木 一徳, 根本 繁, 壽美田 一貴. ステントを用いた動脈瘤治療における術後抗血小板療法継続期間の検討 脳血管内治療. 2020.11; 5 (Suppl.): 28. ( 医中誌 )

  25. 相澤 有輝, 三木 一徳, 藤井 照子, 室田 祐大, 岩瀬 遼, 藤田 恭平, 唐鎌 淳, 前原 健寿, 根本 繁, 壽美田 一貴. 頭蓋内外主幹動脈閉塞に対して逆行性アプローチを第一選択とした血行再建術における治療戦略 脳神経外科ジャーナル. 2020.11; 29 (11): 795-804. ( 医中誌 )

  26. 三木 一徳, 藤井 照子, 藤田 恭平, 根本 繁, 壽美田 一貴. 頭蓋内動脈狭窄症に対する自己拡張型ステント留置併用血管形成術治療後の遅発性拡張効果と予後の検討 脳血管内治療. 2020.11; 5 (Suppl.): 57. ( 医中誌 )

  27. 藤田 恭平, 藤井 照子, 三木 一徳, 横田 隆徳, 根本 繁, 壽美田 一貴. 血管内治療周術期の合併症予測におけるP2Y12 reaction unitの有用性 脳血管内治療. 2020.11; 5 (Suppl.): 28. ( 医中誌 )

  28. 壽美田 一貴, 藤井 照子, 三木 一徳, 藤田 恭平, 根本 繁. 硬膜動静脈瘻における経動脈的および経静脈的塞栓の利点、欠点 脳血管内治療. 2020.11; 5 (Suppl.): 50. ( 医中誌 )

  29. 藤木 修子, 玉木 香菜, 藤田 恭平, 小林 大輔, 菅原 貴志, 稲次 基希, 西田 陽一郎, 三條 伸夫, 石川 欽也, 内原 俊記, 柿田 明美, 横田 隆徳. 11C-Methionine-PETで高集積を認め脳幹gliomaが疑われたが脳生検で脱髄性疾患の診断となった53歳女性の一例 臨床神経学. 2020.05; 60 (5): 375. ( 医中誌 )

  30. 藤田 恭平, 山上 宏. 【高齢者を脳卒中から守る・救う】非心原性脳梗塞予防における薬物療法の実際 Geriatric Medicine. 2019.05; 57 (5): 447-450. ( 医中誌 )

  31. 藤田 恭平, 田中 寛大, 園田 和隆, 高木 正仁, 山上 宏, 豊田 一則, 古賀 政利. 感染性心内膜炎による左中大脳動脈閉塞に対して経皮的血栓回収術を行い、術後に血管狭窄が進行した一例 臨床神経学. 2019.04; 59 (4): 230. ( 医中誌 )

  32. 藤田 恭平, 山上 宏, 田中 寛大, 園田 和隆, 内田 和孝, 森本 剛, 坂井 信幸, 豊田 一則, 吉村 紳一. 90歳以上の前方循環主幹動脈閉塞に対する血管内治療の有効性 脳血管内治療. 2018.11; 3 (Suppl.): S228. ( 医中誌 )

  33. 蒔田 直輝, 佐藤 祥一郎, 有水 琢朗, 藤田 恭平, 黒嵜 健一, 猪原 匡史, 豊田 一則. 小児・若年性心疾患と脳卒中 成人先天性心疾患を有する虚血性脳卒中の特徴 The Mt. Fuji Workshop on CVD. 2018.07; 36 75-79. ( 医中誌 )

  34. 藤田 恭平, 園田 和隆, 宮田 敏行, 古賀 政利, 豊田 一則. プロテインSK196E変異によるプロテインS活性低下が原因となった脳静脈洞血栓症の一例 臨床神経学. 2018.04; 58 (4): 264. ( 医中誌 )

  35. 藤田 恭平, 豊田 一則. 【Stroke-脳卒中を診る】急性期管理におけるSCUの役割 臨床検査. 2018.02; 62 (2): 150-154. ( 医中誌 )

  36. Fujita Kyohei, Ichijo Masahiko, Yokote Hiroaki, Amino Takeshi, Kamata Tomoyuki. 中大脳動脈閉塞において脳軟髄膜側副血行発達と関連した因子(Factors associated with leptomeningeal collateral development in Middle Cerebral Artery Occlusion) 臨床神経学. 2016.12; 56 (Suppl.): S294. ( 医中誌 )

  37. Ichijo Masahiko, Ishibashi Satoru, Miki Kazunori, Iwasawa Eri, Fujita Kyohei, Yokote Hiroaki, Amino Takeshi, Kamata Tomoyuki, Yokota Takanori. 静脈内血栓溶解療法後の転帰における側副血行路の発達と動的変化の重要性(Significance of Development and Reversion of Collaterals in outcome after Intravenous Thrombolysis) 臨床神経学. 2016.12; 56 (Suppl.): S309. ( 医中誌 )

  38. 船津 奈保子, 早川 幹人, 橋本 哲也, 藤田 恭平, 岩崎 優子, 山上 宏, 佐藤 徹, 高橋 淳, 長束 一行, 植田 初江, 豊田 一則. 血栓回収療法により得られた検体中の血管壁成分についての検討 脳血管内治療. 2016.11; 1 (Suppl.): S119. ( 医中誌 )

  39. 藤田 恭平, 佐藤 祥一郎. 【抗血栓療法の進歩と展望】心房細動と心原性脳塞栓症への抗凝固療法 現状と展望 Medical Science Digest. 2016.10; 42 (11): 525-528. ( 医中誌 )

  40. 藤田 恭平, 一條 真彦, 横手 裕明, 網野 猛志, 鎌田 智幸, 水野 敏樹. NOTCH3遺伝子のexon19に塩基変異を認めたCADASILの1例 臨床神経学. 2016.07; 56 (7): 517. ( 医中誌 )

  41. 一條 真彦, 藤田 恭平, 横手 裕明, 網野 猛志, 鎌田 智幸. タクロリムスが著効した抗LRP4抗体単独陽性全身型重症筋無力症の52歳女性例 臨床神経学. 2016.03; 56 (3): 219. ( 医中誌 )

  42. 藤田 恭平, 一條 真彦, 横手 裕明, 網野 猛志, 鎌田 智幸. 著しい髄液IL-6上昇と脳室周囲病変を呈し、自然寛解した49歳女性例 臨床神経学. 2016.02; 56 (2): 133. ( 医中誌 )

  43. 藤田 恭平, 横手 裕明, 網野 猛志, 渡辺 有希子, 鎌田 智幸. 後期高齢発症重症筋無力症の臨床的特徴 臨床神経学. 2015.12; 55 (Suppl.): S264. ( 医中誌 )

  44. 沼沢 祥行, 服部 高明, 石合 純夫, 小林 禅, 藤田 恭平, 八木 洋輔, 網野 猛志, 大津 信一, 町田 明, 石原 正一郎, 鎌田 智幸, 冨滿 弘之, 新谷 周三, 小寺 実, 石橋 哲, 三條 伸夫, 水澤 英洋, 横田 隆徳. 橋・中脳梗塞で注意障害・前頭葉機能障害・構成障害・アパシー・うつが生じうる 臨床神経学. 2015.12; 55 (Suppl.): S276. ( 医中誌 )

  45. 鎌田 智幸, 網野 猛志, 横手 裕明, 渡辺 有希子, 藤田 恭平. 救急搬送患者地域連携紹介システムが脳卒中地域医療連携システムへ与えた影響 臨床神経学. 2015.12; 55 (Suppl.): S417. ( 医中誌 )

  46. 藤田 恭平, 一條 真彦, 横手 裕明, 網野 猛志, 鎌田 智幸. 統合失調症様の幻聴・被害妄想で発症したV180I変異Creutzfeldt-Jakob病の75歳女性例 臨床神経学. 2015.10; 55 (10): 777. ( 医中誌 )

  47. 岩谷 智子, 網野 猛志, 藤田 恭平, 一條 真彦, 渡辺 有希子, 横手 裕明, 鎌田 智幸. IgG4関連疾患が疑われた急性迷走神経麻痺の70歳男性例 日本内科学会関東地方会. 2015.06; 615回 30. ( 医中誌 )

  48. 三宅 美佐代, 網野 猛志, 藤田 恭平, 渡辺 有希子, 横手 裕明, 鎌田 智幸. 脊髄炎にて発症し診断に苦慮した血管内リンパ腫の69歳男性剖検例 臨床神経学. 2015.04; 55 (4): 284. ( 医中誌 )

  49. 小林 みどり, 横手 裕明, 藤田 恭平, 渡辺 有希子, 網野 猛志, 鎌田 智幸. Campylobacter fetus髄膜炎を発症した24歳健常女性の1例 臨床神経学. 2015.01; 55 (1): 70. ( 医中誌 )

  50. 藤田 恭平, 三木 一徳, 石橋 哲, 有村 公一, 吉野 義一, 根本 繁, 水澤 英洋. 急性期脳梗塞患者での頭蓋内血流動態画像を用いた側副血行路の灌流時間の検討 臨床神経学. 2014.12; 54 (Suppl.): S42. ( 医中誌 )

  51. 三木 一徳, 藤田 恭平, 吉野 義一, 石橋 哲, 唐鎌 淳, 根本 繁. 急性期脳梗塞患者での頭蓋内血流動態画像を用いた側副血行路の灌流時間の検討 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2014.12; 8 (6): 202. ( 医中誌 )

  52. 藤田 恭平, 大久保 卓哉, 石原 正一郎, 今田 安津子, 水澤 英洋, 江石 義信, 横田 隆徳. Fusobacterium nucleatumu感染による多発脳膿瘍の1剖検例 NEUROINFECTION. 2014.08; 19 (2): 178. ( 医中誌 )

  53. 藤田 恭平, 銭谷 怜史, 日詰 正樹, 金澤 俊郎, 田中 宏明. 市中病院神経内科における水痘・帯状疱疹ウイルス感染症による入院症例の検討 臨床神経学. 2013.12; 53 (12): 1628. ( 医中誌 )

  54. 藤田 恭平, 齊藤 詠子, 長沼 誠, 江頭 徹哉, 福島 啓太, 河合 富貴子, 藤木 純子, 藤井 俊光, 櫻井 幸, 中川 美奈, 土屋 輝一郎, 東 正新, 鈴木 伸治, 長堀 正和, 森尾 純子, 岡田 英里子, 荒木 昭博, 渡辺 守. ダブルバルーン小腸内視鏡検査にて小腸病変を確認し得たIgG4関連疾患の一例 Progress of Digestive Endoscopy. 2011.12; 80 (1): 106. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 藤田恭平, 山岡寛人, 藤井照子, 綾部風雅, 平井作京, キッティポン· スィーワッタナクン, 壽美田一貴. COVID-19 蔓延が急性期脳卒中診療に与えた影響について 国際アンケート調査. 第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2021.11.25 福岡

  2. 藤田恭平 山岡寛人 藤井照子 平井作京 壽美田一貴. COVID-19に関連した脳卒中の2症例. 第2回日本脳神経内科血管治療研究会学術集会 2021.08.22

  3. 藤田恭平 山岡寛人 藤井照子 平井作京 壽美田一貴. 屈曲した狭窄病変に対し、 CASPERを用いて 頸動脈ステント留置術を行った2例. 第20回 日本脳神経血管内治療学会 関東地方会 2021.08.21

  4. 藤田恭平 山岡寛人 藤井照子 平井作京 壽美田一貴. 穿刺部合併症低減に向けたエコーガイド下穿刺の試み. 第7回軽井沢脳血管内治療セミナー 2021.07.31

  5. 野田 浩太郎, 八木 洋輔, 藤田 恭平, 野坂 宜之, 長島 道生, 壽美田 一貴, 重光 秀信, 大友 康裕, 横田 隆徳. 上行大動脈血栓により脳梗塞、脾臓梗塞を発症した重症COVID-19の一例. Journal of Japan Society of Neurological Emergencies & Critical Care 2021.06.01

  6. 藤田恭平,藤井照子,山岡寛人,三木一徳,横田隆徳,根本繁,壽美田一貴. 血管内治療周術期の虚血性合併症予防に対するP2Y12 reaction unitのカットオフ値の検討. 第46回日本脳卒中学会学術集会 2021.03.12

  7. 藤田恭平,藤井照子,三木一徳,横田隆徳,根本繁,壽美田一貴. 血管内治療周術期の合併症予測におけるP2Y12 reaction unitの有用性. 第36回日本脳神経血管内治療学会学術集会 2020.11.19

  8. 藤田 恭平、三木 一徳、藤井 照子、唐鎌 淳、根本 繁、壽美田 一貴. 難治性の横静脈洞部硬膜動静脈瘻に対して複合的治療を行い、シャントを閉塞した一例. 第18回 日本脳神経血管内治療学会 関東地方会 2020.09.05

▼全件表示