基本情報

写真a

竹中 健人(タケナカ ケント)

TAKENAKA Kento


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  2008年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  博士課程  2016年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2017年04月
    -
    2018年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 医員
  • 2018年03月
    -
    2018年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 特任助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本炎症性腸疾患学会

  • 日本小腸学会

  • 日本カプセル内視鏡学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本消化器病学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Makoto Naganuma, Akihiro Araki, Mamoru Watanabe. Comparison of magnetic resonance and balloon enteroscopic examination of the small intestine in patients with Crohn's disease. Gastroenterology. 2014.08; 147 (2): 334-342.e3. ( PubMed, DOI )

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Mamoru Watanabe. Utility of Magnetic Resonance Enterography For Small Bowel Endoscopic Healing in Patients With Crohn's Disease Am. J. Gastroenterol. 2018.02; 113 (2): 283-294. ( PubMed, DOI )

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Akihiro Araki, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance evaluation for small bowel strictures in Crohn's disease: comparison with balloon enteroscopy. J. Gastroenterol.. 2017.08; 52 (8): 879-888. ( PubMed, DOI )

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tomoyuki Fujioka, Katsuyoshi Matsuoka, Makoto Naganuma, Mamoru Watanabe. Correlation of the Endoscopic and Magnetic Resonance Scoring Systems in the Deep Small Intestine in Crohn's Disease. Inflamm. Bowel Dis.. 2015.08; 21 (8): 1832-1838. ( PubMed, DOI )

  • 竹中健人、大塚和朗. MRIを用いた小腸疾患の診断 診断と治療. 2020.01; 108 (1): 55-60.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【実臨床に役立つIBD内視鏡ー診断・モニタリング・サーベイランス】第5章 内視鏡によるIBDモニタリング <各論>小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?. 臨床医学出版, 2015.10 第5章 内視鏡によるIBDモニタリング【各論】小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 【バイオマーカーと創薬に関するプロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第2回総会 2020.01.24 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  • 竹中健人. 実践!炎症性腸疾患・画像と病理の対比. 第19回大腸画像アカデミー(CIA) 2020.01.18 経団連会館(東京)

  • 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. クローン病に対する小腸バルーン内視鏡. 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2019.12.14 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  • 渡邊沙希、三好正人、小林正典、加藤 周、日比谷秀爾、本林麻衣子、清水寛路、竹中健人、福田将義、新田沙由梨、齊藤詠子、藤井俊光、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡田英理子、柿沼 晴、長堀正和、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に合併した2型自己免疫性膵炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第357回例会 2019.12.07 海運クラブ

  • 日比谷秀爾、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎治療における 5-ASA 不耐の予後への影響の検討. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • JSGE-UEG Rising Stars2019 「Magnetic resonance enterography and balloon enteroscopy for Crohn's disease」 受賞者:竹中健人,2019年10月

  • JSIBD Travel Award for AOCC 2019 「Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies」 受賞者:竹中健人,2019年06月

  • 東京医科歯科大学・ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社包括連携プログラム 研究サポートファンド 「潰瘍性大腸炎における内視鏡画像に基づく人工知能システム(DNUC)の確立」 受賞者:竹中健人,2019年06月

  • AOCC 2019 Excellent Poster 「Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies」 受賞者:竹中健人,2019年06月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07902 「炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明」 研究代表者:竹中健人 研究分担者:大塚和朗、土屋輝一郎,2019年04月

全件表示 >>