基本情報

写真a

竹中 健人(タケナカ ケント)

TAKENAKA Kento


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  2008年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  博士課程  2016年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2017年04月
    -
    2018年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 医員
  • 2018年03月
    -
    2018年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 特任助教
  • 2018年05月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 消化器連携医療学講座 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 消化器連携医療学講座 講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本炎症性腸疾患学会

  • 日本小腸学会

  • 日本カプセル内視鏡学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本内科学会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 組織学的治癒を目指したIBD病態リセット機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • クローン病の腸管MR画像におけるマルチベンダー対応AI画像診断支援システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 炎症性腸疾患における小腸難治化機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 難治性消化管疾患に対する統合オルガノイド医療の創成

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Shiori Oshima, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Deep Neural Network Accurately Predicts Prognosis of Ulcerative Colitis Using Endoscopic Images. Gastroenterology. 2021.05; 160 (6): 2175-2177.e3. ( PubMed, DOI )

  2. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Mariko Negi, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Shiori Oshima, Shintaro Akiyama, Maiko Motobayashi, Masakazu Nagahori, Eiko Saito, Katsuyoshi Matsuoka, Mamoru Watanabe. Development and Validation of a Deep Neural Network for Accurate Evaluation of Endoscopic Images From Patients With Ulcerative Colitis. Gastroenterology. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  3. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Makoto Naganuma, Akihiro Araki, Mamoru Watanabe. Comparison of magnetic resonance and balloon enteroscopic examination of the small intestine in patients with Crohn's disease. Gastroenterology. 2014.08; 147 (2): 334-342.e3. ( PubMed, DOI )

  4. Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Small bowel healing detected by endoscopy in patients with Crohn's disease after treatment with antibodies against tumor necrosis factor. Clin Gastroenterol Hepatol. 2020.06; 18 (7): 1545-1552. ( PubMed, DOI )

  5. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Mamoru Watanabe. Utility of Magnetic Resonance Enterography For Small Bowel Endoscopic Healing in Patients With Crohn's Disease Am. J. Gastroenterol. 2018.02; 113 (2): 283-294. ( PubMed, DOI )

  6. Miyuki Kaneshiro, Kento Takenaka, Kohei Suzuki, Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Ami Kawamoto, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Masakazu Nagahori, Eiko Saito, Ryuichi Okamoto, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Pancolonic endoscopic and histologic evaluation for relapse prediction in patients with ulcerative colitis in clinical remission. Aliment Pharmacol Ther. 2021.04; 53 (8): 900-907. ( PubMed, DOI )

  7. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Akihiro Araki, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance evaluation for small bowel strictures in Crohn's disease: comparison with balloon enteroscopy. J. Gastroenterol.. 2017.08; 52 (8): 879-888. ( PubMed, DOI )

  8. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tomoyuki Fujioka, Katsuyoshi Matsuoka, Makoto Naganuma, Mamoru Watanabe. Correlation of the Endoscopic and Magnetic Resonance Scoring Systems in the Deep Small Intestine in Crohn's Disease. Inflamm. Bowel Dis.. 2015.08; 21 (8): 1832-1838. ( PubMed, DOI )

  9. Shuji Hibiya, Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Yusuke Matsuyama, Yumi Udagawa, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Mucosal healing of small intestinal stricture is associated with improved prognosis post-dilation in Crohn's disease. BMC Gastroenterol. 2022.05; 22 (1): 218. ( PubMed, DOI )

  10. Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Artificial intelligence for endoscopy in inflammatory bowel disease. Intest Res. 2022.04; 20 (2): 165-170. ( PubMed, DOI )

  11. Ami Kawamoto, Kento Takenaka, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Systematic review of artificial intelligence-based image diagnosis for inflammatory bowel disease. Dig Endosc. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  12. Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Kenji Kinoshita, Ami Kawamoto, Shuji Hibiya, Kento Takenaka, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Intravenous tacrolimus is a superior induction therapy for acute severe ulcerative colitis compared to oral tacrolimus. BMC Gastroenterol. 2021.12; 21 (1): 494. ( PubMed, DOI )

  13. Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Ami Kawamoto, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Chiaki Maeyashiki, Osamu Yamaji, Maiko Motobayashi, Akira Igarashi, Ryoichi Hanazawa, Shuji Hibiya, Masakazu Nagahori, Eiko Saito, Ryuichi Okamoto, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Deep neural network for video colonoscopy of ulcerative colitis: a cross-sectional study. Lancet Gastroenterol Hepatol. 2021.11; ( PubMed, DOI )

  14. Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Kazuo Ohtsuka. Editorial: higher concentrations of cytokine blockers are needed to obtain small bowel mucosal healing during maintenance therapy in Crohn's disease-authors' reply. Aliment Pharmacol Ther. 2021.10; 54 (8): 1087. ( PubMed, DOI )

  15. Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Shuji Hibiya, Kohei Suzuki, Toshimitsu Fujii, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Masakazu Nagahori, Eiko Saito, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Higher concentrations of cytokine blockers are needed to obtain small bowel mucosal healing during maintenance therapy in Crohn's disease. Aliment Pharmacol Ther. 2021.07; 54 (8): 1052-1060. ( PubMed, DOI )

  16. Yoshio Kitazume, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Koichiro Kimura, Yusuke Ogihara, Tomoyuki Fujioka, Junichi Tsuchiya, Toshimitsu Fujii, Mamoru Watanabe, Ukihide Tateisi. Crohn disease: magnetic resonance enterocolonography features of endoscopic ulcer stages reclassified with the healing process and the relationships to prognoses. Jpn J Radiol. 2021.05; 39 (5): 459-476. ( PubMed, DOI )

  17. Hibiya Shuji, Matsuyama Yusuke, Fujii Toshimitsu, Maeyashiki Chiaki, Saito Eiko, Ito Kimiko, Shimizu Hiromichi, Kawamoto Ami, Motobayashi Maiko, Takenaka Kento, Nagahori Masakazu, Kurosaki Masayuki, Yauchi Tsunehito, Ohtsuka Kazuo, Fujiwara Takeo, Okamoto Ryuichi, Watanabe Mamoru. 5-aminosalicylate-intolerant patients are at increased risk of colectomy for ulcerative colitis ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS. 2021.01; 53 (1): 103-113. ( DOI )

  18. Yoshio Kitazume, Junichi Tsuchiya, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Koichiro Kimura, Ryosuke Watanabe, Tomoyuki Fujioka, Toshimitsu Fujii, Mamoru Watanabe, Ukihide Tateisi. High b-value computed diffusion-weighted imaging for differentiating bowel inflammation in Crohn's disease. Eur J Radiol. 2020.10; 133 109362. ( PubMed, DOI )

  19. Takenaka Kento, Ohtsuka Kazuo, Suzuki Kohei, Watanabe Mamoru. Assessing Disease Activity in Ulcerative Colitis Using Artificial Intelligence: Can "Equally Good" Be Seen as "Better"? Reply GASTROENTEROLOGY. 2020.10; 159 (4): 1626-1627. ( DOI )

  20. Kento Takenaka, Yoshio Kitazume, Toshimitsu Fujii, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Objective evaluation for treat to target in Crohn's disease. J. Gastroenterol. 2020.06; 55 (6): 579-587. ( PubMed, DOI )

  21. Shigeki Bamba, Ryosuke Sakemi, Toshimitsu Fujii, Teruyuki Takeda, Shin Fujioka, Kento Takenaka, Hiroki Kitamoto, Shotaro Umezawa, Hirotake Sakuraba, Toshihiro Inokuchi, Norimasa Fukata, Shinta Mizuno, Masaki Yamashita, Shinichiro Shinzaki, Hiroki Tanaka, Hidetoshi Takedatsu, Ryo Ozaki, Kei Moriya, Manabu Ishii, Tetsu Kinjo, Keiji Ozeki, Makoto Ooi, Ryohei Hayashi, Kazuki Kakimoto, Yuichi Shimodate, Kazuya Kitamura, Akihiro Yamada, Akira Sonoda, Yu Nishida, Kyouko Yoshioka, Shinya Ashizuka, Fumiaki Takahashi, Toshio Shimokawa, Taku Kobayashi, Akira Andoh, Toshifumi Hibi. A nationwide, multi-center, retrospective study of symptomatic small bowel stricture in patients with Crohn's disease. J Gastroenterol. 2020.06; 55 (6): 615-626. ( PubMed, DOI )

  22. Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Rapid prediction of 1-year efficacy of tofacitinib for treating refractory ulcerative colitis. Intest Res. 2020.06; Online ahead of print.. ( PubMed, DOI )

  23. Kento Takenaka, Yoshio Kitazume, Toshimitsu Fujii, Kiichiro Tsuchiya, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Objective evaluation for treat to target in Crohn’s disease. J Gastroenterol. 2020.03; 55 (3): 579-587.

  24. Kento Takenaka, Maiko Kimura, Kazuo Ohtsuka. Colonic strictures mimicking Crohn's disease. Gut. 2019.11; Online ahead of print.. ( PubMed, DOI )

  25. Motobayashi Maiko, Matsuoka Katsuyoshi, Takenaka Kento, Fujii Toshimitsu, Nagahori Masakazu, Ohtsuka Kazuo, Iwamoto Fumihiko, Tsuchiya Kiichiro, Negi Mariko, Eishi Yoshinobu, Watanabe Mamoru. Predictors of mucosal healing during induction therapy in patients with acute moderate-to-severe ulcerative colitis JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY. 2019.06; 34 (6): 1004-1010. ( DOI )

  26. Shintaro Akiyama, Katsuyoshi Matsuoka, Kyoko Fukuda, Shunsuke Hamada, Mikiko Shimizu, Kosaku Nanki, Shinta Mizuno, Hiroki Kiyohara, Mari Arai, Shinya Sugimoto, Yasushi Iwao, Haruhiko Ogata, Tadakazu Hisamatsu, Makoto Naganuma, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mayumi Mochizuki, Mamoru Watanabe, Masayuki Hashiguchi, Takanori Kanai. Long-term effect of NUDT15 R139C on hematologic indices in inflammatory bowel disease patients treated with thiopurine. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.05; ( PubMed, DOI )

  27. Kaho Yamasaki, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka. Laterally spreading tumor-like early cancer in ileum. Intern Med. 2019.03; 58 (6): 885-886. ( PubMed, DOI )

  28. Yoshio Kitazume, Tomoyuki Fujioka, Kento Takenaka, Jun Oyama, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Ukihide Tateisi. Crohn Disease: A 5-point MR enterocolonography classification using enteroscopic findings. Am J Roentgenol. 2019.01; 212 (1): 67-76. ( PubMed, DOI )

  29. Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Go Ito, Toru Nakata, Satoru Fujii, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Konomi Kuwabara, Junichi Takahashi, Minami Hama, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Kento Takenaka, Shiro Yui, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Single cell analysis of Crohn's disease patient-derived small intestinal organoids reveals disease activity-dependent modification of stem cell properties. J. Gastroenterol.. 2018.09; 53 (9): 1035-1047. ( PubMed, DOI )

  30. Fumihiko Iwamoto, Katsuyoshi Matsuoka, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Toru Kuno, Keisuke Tanaka, Yuya Tsukui, Shoji Kobayashi, Takashi Yoshida, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tatsuya Yamaguchi, Masakazu Nagahori, Tadashi Sato, Kazuo Ohtsuka, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Prediction of disease activity of Crohn's disease through fecal calprotectin evaluated by balloon-assisted endoscopy. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  31. Shintaro Akiyama, Masakazu Nagahori, Shinya Oooka, Mariko Negi, Takashi Ito, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Small intestinal obstruction due to the metastasis of intrahepatic cholangiocarcinoma: A case report. Medicine (Baltimore). 2018.03; 97 (12): e0190. ( PubMed, DOI )

  32. Akiyama Shintaro, Fujii Toshimitsu, Matsuoka Katsuyoshi, Yusuke Ebana, Negi Mariko, Takenaka Kento, Nagahori Masakazu, Ohtsuka Kazuo, Isobe Mitsuaki, Watanabe Mamoru. Endoscopic features and genetic background of inflammatory bowel disease complicated with Takayasu arteritis JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY. 2017.05; 32 (5): 1011-1017. ( PubMed, DOI )

  33. Endo Y., Ohtsuka K., Yoshida A., Ueno F., Takenaka K., Watanabe M.. A novel small-caliber deep enteroscope can overcome technical difficulty of insertion in patients with Crohn's disease JOURNAL OF CROHNS & COLITIS. 2017.02; 11 S164-S165.

  34. Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Yoshio Kitazume, Toshimitsu Fujii, Katsuyoshi Matsuoka, Maiko Kimura, Takashi Nagaishi, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance enterography for the evaluation of the deep small intestine in Crohn's disease. Intest Res. 2016.04; 14 (2): 120-126. ( PubMed, DOI )

  35. 竹中健人. クローン病小腸粘膜治癒に対する抗TNFα抗体製剤の効果 腸INTESTINE. 2021.07; 25 (2): 230-232.

  36. 竹中健人、北詰良雄. MR Enterography 胃と腸. 2021.05; 56 (5): 698-699.

  37. 河本亜美、竹中健人、岡本隆一. 炎症性腸疾患患者におけるロイシンリッチ α2グリコプロテイン測定について Modern Media. 2021.02; 67 (2): 37-39.

  38. 河本 亜美, 竹中 健人, 岡本 隆一. 臨床検査アップデート 炎症性腸疾患患者におけるロイシンリッチα2グリコプロテイン測定について Modern Media. 2021.02; 67 (2): 61-63. ( 医中誌 )

  39. 竹中健人、北詰良雄、大塚和朗、藤井俊光、渡辺 守、岡本隆一. MR enterographyの実際と有用性 臨床消化器内科. 2021.01; 36 (2): 208-214.

  40. 竹中健人、大塚和朗、大島志織、渡辺 守. 人工知能(AI)により潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価が可能に 消化器病サイエンス. 2020.12; 4 (4): 228-230.

  41. 竹中健人、大塚和朗、大島志織、渡辺 守. 人工知能(AI)による潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価の開発 腸INTESTINE. 2020.11; 24 (4): 363-365.

  42. 竹中健人、大塚和朗. 症例から学ぶIBD鑑別診断のコツ「小腸悪性リンパ腫」 IBD Reasearch. 2020.06; 14 (2): 133-136.

  43. 大塚和朗、竹中健人、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、清水寛路、日比谷秀爾、長堀正和、土屋輝一郎、渡辺 守. 重症度評価と粘膜治癒の意義 消化器内視鏡. 2020.02; 32 (2): 256-261.

  44. 竹中健人、大塚和朗. MRIを用いた小腸疾患の診断 診断と治療. 2020.01; 108 (1): 55-59.

  45. 竹中健人、北詰良雄、大塚和朗. シリーズ基本の基本、診断編:MREによるクローン病評価 IBDクリニカルカンファレンス. 2020.01; 2 (1): 17-19.

  46. 竹中健人. IBDクリニカルカンファレンス「CDにおける抗TNFα抗体製剤の効果減弱」 IBDクリニカルカンファレンス. 2019.09; 1 (3): 88-95.

  47. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、藤井俊光、渡辺 守. クローン病におけるCross-Sectional Imaging. IBD research. 2019.03; 13 (1): 32-37.

  48. 竹中健人. クローン病における小腸内視鏡的治癒に対するMRI検査の有用性 IBDクリニカルカンファレンス. 2019.02; 1 (1): 25-28.

  49. 大塚和朗、福田将義、竹中健人、鈴木康平、長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、小林正典、渡辺 守. 【大腸内視鏡の話題-機器と挿入法】 挿入補助具 バルーン内視鏡 a.シングルバルーン Intestine. 2018.11; 22 (6): 567-569. ( 医中誌 )

  50. 竹中健人、渡辺 守. 【内科疾患における生物学的製剤の使い分け】 内科疾患における生物学的製剤の使い方:炎症性腸疾患 Modern Physician. 2018.09; 38 (9): 925-927. ( 医中誌 )

  51. 大塚和朗、竹中健人、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、齊藤詠子、鈴木康平、北詰良雄、渡辺 守. 【小腸出血性疾患の診断と治療-最近の進歩】 出血を主徴とする小腸非腫瘍性病変の診断と治療 出血を主な臨床像とするCrohn病 胃と腸. 2018.05; 53 (6): 823-828. ( 医中誌 )

  52. 藤井俊光、北詰良雄、竹中健人、渡辺 守. 【炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-】 炎症性腸疾患の検査・診断 炎症性腸疾患の画像診断 CT・MRI診断 MRI 日本臨床. 2018.04; 76 (増刊3 炎症性腸疾患): 231-237. ( 医中誌 )

  53. 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-】 炎症性腸疾患の検査・診断 炎症性腸疾患の画像診断 小腸内視鏡検査 バルーン小腸内視鏡検査 日本臨床. 2018.04; 76 (増刊3 炎症性腸疾患): 209-214. ( 医中誌 )

  54. 藤井俊光、北詰良雄、竹中健人、渡辺 守. 【炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-】 炎症性腸疾患の検査・診断 炎症性腸疾患の画像診断 CT・MRI診断 MRI 日本臨床. 2018.04; 76 (3): 231-237.

  55. 大塚和朗、福田将義、竹中健人、鈴木康平、齊藤詠子、松岡克善、藤井俊光、長堀正和、岡田英里子、渡辺 守. 【大腸内視鏡挿入法を極める-機器の進化と手技の進歩】 偶発症の予防と対策 消化器内視鏡. 2018.03; 30 (3): 396-402. ( 医中誌 )

  56. 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【炎症性腸疾患診療の最前線】 炎症性腸疾患の診断と活動性評価における内視鏡・画像診断の進歩 日本消化器病学会雑誌. 2018.03; 115 (3): 254-261. ( 医中誌 )

  57. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、勝倉暢洋、福田将義、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、松岡克善、長堀正和、北詰良雄、藤岡友之、渡辺 守. 【IBDの内視鏡的粘膜治癒-評価法と臨床的意義】 Crohn病の内視鏡的重症度評価 小腸病変の評価法 内視鏡とほかのモダリティの比較 胃と腸. 2018.02; 53 (2): 203-210. ( 医中誌 )

  58. 山本 哲久, 那須 聡果, 岡本 耕一, 森田 大作, 竹中 健智, 竹中 健人, 大塚 和朗. Cronkhite-Canada症候群の1例 埼玉県医学会雑誌. 2017.12; 52 (1): np64. ( 医中誌 )

  59. 大塚 和朗, 竹中 健人, 渡辺 守. クローン病活動性モニタリングにおける小腸内視鏡とMREの役割 日本消化器病学会雑誌. 2017.09; 114 (臨増大会): A432. ( 医中誌 )

  60. 大塚 和朗, 竹中 健人, 福田 将義, 根木 真理子, 渡辺 守. 【内視鏡データリファレンスブック2017】 十二指腸・小腸 小腸腫瘍 消化器内視鏡. 2017.08; 29 (8): 1454-1457. ( 医中誌 )

  61. 福田 将義, 和田 祥城, 木村 麻衣子, 竹中 健人, 岡田 英理子, 荒木 昭博, 大塚 和朗, 渡辺 守. 10mm未満のポリープに対するCold Polypectomy Gastroenterological Endoscopy. 2017.04; 59 (Suppl.1): 948. ( 医中誌 )

  62. 大塚和朗, 荒木昭博, 竹中健人, 藤井俊光, 渡辺 守. 【消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック】 小腸 小腸検査法の適応と使い分け 消化器内視鏡. 2017.03; 29 (3): 478-480. ( 医中誌 )

  63. 大塚和朗, 竹中健人, 福田将義, 木村麻衣子, 勝倉暢洋, 荒木昭博, 岡田英理子, 永石宇司, 渡辺 守. 【小腸出血-診断・治療の最前線-】 シングルバルーン内視鏡を用いた小腸出血の診断と治療 消化器・肝臓内科. 2017.01; 1 (1): 14-20. ( 医中誌 )

  64. 竹中健人、長堀正和、渡辺 守. 【特集:炎症性腸疾患(IBD)の内科的治療,最近の話題から】5-ASA製剤の改良・多様化によってIBD治療はどう変わるか - 潰瘍性大腸炎の治療 消化器の臨床. 2016.12; 19 (6): 428-432.

  65. 北詰良雄, 竹中健人, 藤井俊光, 中江康太, 浜中隆宏, 大塚和朗, 渡辺 守, 立石宇貴秀. クローン病に対するMR enterocolonography 実践のポイント 映像情報Medical. 2016.12; 48 (14): 77-82. ( 医中誌 )

  66. 大塚和朗, 藤井俊光, 竹中健人, 松岡克善, 長堀正和, 木村麻衣子, 冨井翔平, 渡辺 守. 【診断に迷うIBDの非典型例】 非典型像を呈したクローン病 Intestine. 2016.11; 20 (6): 559-564. ( 医中誌 )

  67. 北詰 良雄, 竹中 健人, 大塚 和朗, 藤井 俊光, 松岡 克善, 木村 麻衣子, 長堀 正和, 立石 宇貴秀. 【非腫瘍性消化管疾患の画像診断-beyond barium study and endoscopy-】 MR enterography 画像診断. 2016.08; 36 (10): 1028-1037. ( 医中誌 )

  68. 大塚和朗、竹中健人、北詰良雄、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、木村麻衣子、岩本史光、齊藤詠子、渡辺 守. 【新しい小腸・大腸画像診断-現状と将来展望】 MR entero-colonographyの有用性 胃と腸. 2016.06; 51 (7): 899-908. ( 医中誌 )

  69. 大塚 和朗、竹中健人、長堀正和、松岡克善、藤井俊光、齊藤詠子、渡辺 守. 【特集 下部消化管:炎症からの発癌】炎症発癌の診断(4)小腸のサーベイランス INTESTINE. 2015.08; 19 (4): 381-384.

  70. 大塚 和朗, 竹中 健人, 渡辺 守. 【生物学的製剤が拓くIBD診療の新時代】 TNF抗体治療後の粘膜治癒の評価方法 Mebio. 2015.08; 32 (8): 54-63. ( 医中誌 )

  71. 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【特集 生物学的製剤が拓くIBD診療の新時代】抗TNFα抗体治療後の粘膜治癒の評価方法 Mebio Graphic Medical Magazine. 2015.07; 32 (8): 54-63.

  72. 大塚 和朗, 竹中 健人, 長堀 正和, 松岡 克善, 藤井 俊光, 齊藤 詠子, 渡辺 守. 【下部消化管:炎症からの発癌】 炎症発癌の診断 小腸のサーベイランス Intestine. 2015.07; 19 (4): 381-384. ( 医中誌 )

  73. 竹中健人,大塚和朗,北詰良雄,藤井俊光,渡辺 守. クローン病の小腸病変に対するMR所見とバルーン内視鏡所見の比較 INTESRINE. 2015.05; 19 (3): 312-314.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【実臨床に役立つIBD内視鏡ー診断・モニタリング・サーベイランス】第5章 内視鏡によるIBDモニタリング <各論>小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?. 臨床医学出版, 2015.10 第5章 内視鏡によるIBDモニタリング【各論】小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Ryuichi Okamoto. Balloon assisted enteroscopy and Magnetic resonance enterograpy for Small bowel Crohn’s disease. JDDW2021 2021.11.06

  2. Kento Takenaka. Balloon assisted enteroscopy and Magnetic resonance enterograpy for Small bowel Crohn’s disease. JDDW2021 2021.11.06 ポートピアホテル南館(兵庫)

  3. Kent Tkenaka. Higher Concentrations of TNF antibodies are associated with better healing of the small bowel in crohn's disease. JDDW2021 2021.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  4. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一 . 【誌面発表】COVID-19蔓延下におけるスマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和3年度 第1回総会 2021.07.15 Web開催

  5. Kento Takenaka. Deep Neural Network for Accurate Evaluation of Endoscopic Images from Patients with Ulcerative Colitis. IMKASID 2021 2021.04.16 Online

  6. Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kento Takenaka, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Mamoru Watanabe. Intolerance to 5-aminosalicylate is a risk of poor prognosis in Ulcerative colitis patients.. ECCO2020 2020.02.14 Vienna(Austria)

  7. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe. Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. AOCC2019 2019.06.15 Taipei(Taiwan)

  8. Eiko Saito, Kohei Suzuki, Shuuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Nobukatsu Horita, Hiromichi Shimizu, Michio Onizawa, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. The clinical efficacy of ustekinumab (UST) in patients with Crohn’s disease (CD). AOCC2019 2019.06.15 台北

  9. 齊藤詠子、秋山慎太郎、鈴木康平、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、鬼澤道夫、藤井俊光、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. クローン病における抗TNF-α抗体二次無効時のウステキヌマブの治療成績について. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  10. Takenaka K, Ohtsuka K, Fujii T, Nagahori M, Saito E, Motobayashi M, Suzuki K, Watanabe M. Small bowel mucosal healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. FALKsymposium 2018.09.07 Kyoto(JAPAN)

  11. Saito E, Suzuki K, Shimizu H, Motobayashi M, Takenaka K, Onizawa M, Fujii T, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. The clinical efficacy of switching cases between Infliximab(IFX) andAdalimumab(ADA) in patients with ulcerative colitis. AOCC2018 2018.06.22 Shanghai

  12. Ohtsuka K, Takenaka K, Suzuki K, Fujii T, Nagahori M, Matsuoka K, Saito E, Katsukura N, Fukuda M, Araki A, Watanabe M. Usefulness of single-balloon enteroscopy: from a single center 990 experiences. DDW2018 2018.06.03 Washington D.C (USA)

  13. T. Fujii Y. Kitazume K. Takenaka M. Kimura E. Saito K. Matsuoka M. Nagahori K. Ohtsuka M. Watanabe. Simplified MR enterocolonography Classification Based on Endoscopic Findings for Activity Assessment of Crohn’s Disease. UEGW2017 (欧州消化器病学会週間2017) 2017.11.01 Barcelona(Spain)

  14. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Fujii T, Matsuoka K, Kimura M, Nagahori M, Watanabe M. Utility of Magnetic Resonance Evaluation for Small Bowel Endoscopic Healing in Patients with Crohn’s Disease. UEGW2017 2017.10.30 Barcelona(Spain)

  15. YOHEI FURUMOTO, AKIHIRO ARAKI, SAYURI NITTA, HIROKO NAGATA, KENTO TAKENAKA, KOUHEI SUZUKI, ERIKO OKADA, TAKAO HORIUCHI, MAMORU WATANABE. Report of successful rescue of disrupted capsafter rule endoscopy retention. Asian Pacific Digestive Week 2017.09.26 Hongkong

  16. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Matsuoka K, Fujii T, Nagahori M, Kimura M, Watanabe M. Magnetic resonance enterography for small bowel mucosal healing in patients with Crohn’s disease. APDW2017 2017.09.23 (Hong Kong)

  17. Motobayashi M, Matsuoka K, Iwamoto F, Takenaka K, Fujii T, Nagahori M, Enomoto N, Ohtsuka K, Watanabe M. Correlation of Fecal Calprotectin Levels with Endoscopic Severity Evaluated with Balloon-assisted Endoscopy in Patients with Crohn’s Disease. . AOCC2017 2017.06.17 Seoul, Korea

  18. Fujii T, Kitazume Y, Takenaka K, Kimura M, Matsuoka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. The 5-point MR enterocolonography classification based on endoscopic findings for activity assessment of Crohn's disease. AOCC2017 2017.06.16 Seoul, Korea

  19. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Matsuoka K, Fujii T, Nagahori M, Kimura M, Watanabe M. Magnetic resonance evaluation for small bowel endoscopic remission in patients with crohn’s disease. AOCC2017 2017.06.15 Seoul (Korea)

  20. Takenaka K, Ohtsuka K, Watanabe M. Magnetic resonance evaluation for small bowel strictures of Crohn’s disease: comparison with balloon enteroscopy. APDW2016 2016.11.05 Kobe convention center, KOBE(JAPAN)

  21. Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. MR enterocolonography evaluation for small bowel strictures in patients with Crohn’s disease: comparison with balloon enteroscopy. UEGW2016 2016.10.18 Vienna(Austria)

  22. Fujii T, Takenaka K, Kitazume Y, Kimura M, Matsuoka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. MR enterocolonography can detect small bowel strictures and predict surgery in patients with Crohn’s disease: Comparison with balloon enteroscopy. APDW2016 2016.10.03 Kobe convention center, KOBE(JAPAN)

  23. Ohtsuka K, Takenaka K, Fujii T, Matsuoka K, Nagahori M, Kimura M, Fukuda M, Katsukura N, Watanabe M. Mucosal healing improves prognosis of endoscopic balloon dilatatiion for small intestinal strictures of Crohn's disease. AOCC2016 2016.07.09 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  24. Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. The evaluation for small bowel strictures on MR enterocolonography in patients with Crohn’s disease. AOCC2016 2016.07.08 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  25. Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Masayoshi Fukuda, Nobuhiro Katsukura, Mamoru Watanabe. Mucosal healing improves prognosis of endoscopic balloon dilatation for small intestinal strictures of Crohn’s disease. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  26. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Mamoru Watanabe. Enteroscopic and MR findings of small bowel in Crohn’s disease. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  27. Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Eiko Saito, Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Salvage therapy for corticosteroid-refractory ulcerative colitis patients.. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  28. Kentaro Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka Mamoru Watanabe. Magnetic resonance evaluation for deep small intestinal strictures in patients with Crohn’s disease. 第102回日本消化器病学会総会_The 5th International Forum 2016.04.21 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  29. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Nagahori M, Matsuoka K, Fujii T, Kimura M, Fujioka T, Watanabe M. Enteroscopic and MR findings of small intestine in Crohn’s disease.. 7th APTC 2016.04.20 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  30. 竹中 健人、河本 亜美、日比谷 秀爾、大塚 和朗、岡本 隆一. クローン病小腸病変とサイトカイン阻害薬との関係. 第113 回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2021.12.05

  31. 竹中健人. 一般演題(口頭発表):座長. 第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  32. 竹中健人. 深層学習による潰瘍性大腸炎の内視鏡評価の開発. 第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  33. 宇田川 祐実、藤井 俊光、清水 寛路、日比谷 秀爾、竹中 健人、河本 亜美、齊藤 詠子、長堀 正和、大塚 和朗、田中 真琴、岡本 隆一. IBDセンター初診時に患者が感じていた不安の変化:IBD Nurseの活動評価 . 第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2021.11.27

  34. 日比谷秀爾、土屋輝一郎、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、岡本隆一、渡邉 守、長堀正和. スマートデバイスを用いた軽症潰瘍性大腸炎患者の病診連携システム構築の試み. 第12回日本炎症性腸疾患学会 学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  35. 河本亜美、竹中健人、岡本隆一. クローン病における小腸潰瘍に対するLRGの有効性. JDDW2021 2021.11.06 神戸国際展示場(兵庫)

  36. 竹中健人. クローン病小腸病変と抗TNFα製剤血中濃度との関係. JDDW2021 2021.11.04 神戸国際展示場(兵庫)

  37. 竹中健人、河本亜美、日比谷秀爾、大塚和朗、岡本隆一. クローン病の小腸潰瘍に対するLRGの有効性. 第112回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2021.06.12 Web開催

  38. 竹中健人, 河本亜美, 大塚和朗. クローン病小腸潰瘍に対する LRG の有効性. 第101回日本消化器内視鏡学会総会 2021.05.04 リーガロイヤルホテル広島(広島県)

  39. 竹中健人、大塚和朗、岡本隆一. AIによる潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価の開発. 第107回 日本消化器病学会総会 2021.04.15 Web開催

  40. 五月女浩子、河本亜美、竹中健人、日比谷秀爾、清水寛路、伊藤 剛、水谷知裕、油井史郎、根本泰宏、藤井俊光、齊藤詠子、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、岡本隆一、小金井一隆、冨井翔平. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第363回例会 2021.02.27 Web開催

  41. 竹中健人. 人工知能(AI)による潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価の開発. 第17回 日本消化管学会総会学術集会 2021.02.19 Web開催

  42. 竹中健人、鈴木康平、日比谷秀爾、大塚和朗、渡辺 守. AIによる潰瘍性大腸炎内視鏡画像の評価の開発. 第111回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2020.12.20 Web開催

  43. 竹中健人. 医師セミナー「IBDの新規治療薬 ~作用機序、効果、副作用~」. 第11回 日本炎症性腸疾患学会学術集会 2020.12.05 Web開催

  44. 竹中健人. コメディカルセミナー「IBDの新規治療薬を知ろう ~作用機序、効果、副作用~」. 第11回 日本炎症性腸疾患学会学術集会 2020.12.05 Web開催

  45. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、河本亜美、日比谷秀爾、清水寛路、本林麻衣子、藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守、岡本隆一. 潰瘍性大腸炎内視鏡画像の評価に関するAIシステム開発. 第11回 日本炎症性腸疾患学会学術集会 2020.12.05 Web開催

  46. 竹中健人. クローン病のバルーン内視鏡による小腸粘膜治癒評価. 第58回 日本小腸学会学術集会 2020.10.24 JPタワー名古屋(愛知県名古屋市)

  47. 竹中健人. 日本小腸学会支援 クローン病小腸病変に対する生物学的製剤の効果に関する前向き多施設共同研究(SEBIO study)について. 第58回 日本小腸学会学術集会 2020.10.24 JPタワー名古屋(愛知県名古屋市)

  48. 竹中健人. クローン病に対する生物学的製剤による小腸粘膜治癒検討 . 第58回 日本小腸学会学術集会 2020.10.24 JPタワー名古屋(愛知県名古屋市)

  49. 竹中健人. 症例検討 2下部消化管. 第99回 日本消化器内視鏡学会総会 2020.09.02 Web開催

  50. 竹中健人. 寛解期潰瘍性大腸炎における適切な内視鏡評価の検討. 第99回 日本消化器内視鏡学会総会 2020.09.02 Web開催

  51. 竹中健人、大塚和朗、土屋輝一郎、渡辺 守、安藤 朗、馬場重樹、大宮直木、小林 拓、猿田雅之、櫻井俊之、田中信治、林 亮平、久松理一、松浦 稔、平井郁仁、松岡克善、松本主之、梁井俊一、山本博徳、矢野智則. 【その他臨床研究プロジェクト】クローン病に対する生物学的製剤による小腸粘膜治癒検討. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  52. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一. 【誌面発表】スマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  53. 小山文一、植田 剛、藤井久男、杉田 昭、池内浩基、福島浩平、石原聡一郎、板橋道朗、篠崎 大、大北喜基、小金井一隆、内野 基、渡辺和宏、品川貴秀、荒木俊光、高橋賢一、根津理一郎、橋本可成、舟山裕士、水島恒和、飯島英樹、山本博徳、加藤 順、小林 拓、藤谷幹浩、佐々木誠人、松岡克善、竹中健人、田中信治、上野義隆、東 大二郎、二見喜太郎、畑 啓介. 【誌面発表】クローン病術後吻合部潰瘍に関する調査研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  54. 穂苅量太、成松和幸、国崎玲子、長沼 誠、本谷 聡、平岡佐規子、松岡克善、内野 基、細見周平、二木 了、竹中健人、河口貴昭、志賀永嗣、番場嘉子、渡辺知佳子、村島温子、青木 茂、日比紀文. 【重点プロジェクト】IBD患者における妊娠・出産のレジストリ. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  55. 牟田口真、緒方晴彦、高林 馨、細江直樹、福原佳代子、水野慎大、長沼 誠、金井隆典、渡辺英伸、前田康晴、笹沼靖子、森 悠一、三澤将史、小形典之、工藤進英、竹中健人、大塚和朗、渡辺 守、伊東隼人、森 健策. 【誌面発表】潰瘍性大腸炎の組織学的治癒予測のための内視鏡自動診断システムの開発(UC-CAD study). 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  56. 竹中健人. クローン病の小腸評価. 第110回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2020.05.31 Web開催

  57. 竹中健人、金城美幸、福田将義、大塚和朗、渡辺守. 寛解期の潰瘍性大腸炎における 適切な内視鏡評価. 第110回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2020.05.30 Web開催

  58. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. クローン病に対する小腸バルーン内視鏡. 第110回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2020.05.30 Web開催

  59. 河﨑 翔、清水寛路、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、油井史郎、根本泰宏、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、岡本隆一、土屋輝一郎、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、松山貴俊、加藤恒平. 抗TNFα製剤治療が有効であった潰瘍性大腸炎術後に発症した壊疽性膿皮症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第359回例会 2020.05.01 Web開催

  60. 清水寛路、藤井俊光、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎におけるトファシチニブの治療成績. 第16回日本消化管学会総会学術集会 2020.02.07 ホテル日航姫路(兵庫県姫路市)

  61. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 【バイオマーカーと創薬に関するプロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第2回総会 2020.01.24 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  62. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、本林麻衣子、清水寛路、藤井俊光、斎藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 軽症炎症性腸疾患患者のスマートデバイスを用いた病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 令和元年度第2回総会 2020.01.23 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  63. 竹中健人. 実践!炎症性腸疾患・画像と病理の対比. 第19回大腸画像アカデミー(CIA) 2020.01.18 経団連会館(東京)

  64. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. クローン病に対する小腸バルーン内視鏡. 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2019.12.14 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  65. 渡邊沙希、三好正人、小林正典、加藤 周、日比谷秀爾、本林麻衣子、清水寛路、竹中健人、福田将義、新田沙由梨、齊藤詠子、藤井俊光、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡田英理子、柿沼 晴、長堀正和、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に合併した2型自己免疫性膵炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第357回例会 2019.12.07 海運クラブ

  66. 藤井俊光、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に対するベドリズマブのreal world experience. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  67. 清水寛路、藤井俊光、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. トファシチニブによる潰瘍性大腸炎治療における実臨床の成績. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  68. 日比谷秀爾、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎治療における 5-ASA 不耐の予後への影響の検討. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  69. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. クローン病小腸病変 に対するアプローチ. JDDW2019 2019.11.22 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  70. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. JDDW2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  71. 竹中健人. クローン病に対する小腸バルーン内視鏡. 第57回日本小腸学会学術集会 2019.11.21 リーガロイヤルホテル大阪(大阪府大阪市)

  72. 藤井俊光、日比谷秀爾、齊藤詠子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎における5ASA不耐は予後不良因子となる. 日本消化器病関連学会週間(JDDW)2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  73. 竹中健人. 当院でのクローン病小腸病変 に対するアプローチ. JDDW2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  74. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、高橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第1回総会 2019.07.26 コングレスクエア日本橋(東京)

  75. 内田 仁、加藤 周、三好正人、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、福田将義、油井史郎、藤井俊光、根本泰宏、齊藤詠子、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. Epstein-Barr Virusの再活性化を伴った難治性潰瘍性大腸炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第355回例会 2019.07.13

  76. 竹中健人. UC治療新時代~新規治療を考える~. 第52回IBDClubJr.研究会 2019.06.22 経団連会館(東京都千代田区)

  77. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. 【パネルディスカッション1:小腸疾患に対する効率的アプローチ】当院でのクローン病小腸病変に対するアプローチ. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  78. 竹中健人. 【シンポジウム1:日本から発信されたIBD研究】Utility of Magnetic Resonance Enterography For Small Bowel Endoscopic Healing in Patients With Crohn’s Disease. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  79. 竹中健人. クローン病小腸病変の評価アプローチ. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  80. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 【シンポジウム6】クローン病における小腸内視鏡的重症度の検討 . JDDW2018 2018.11.02 ポートピアホテル本館(兵庫県神戸市)

  81. 川内結加里、秋山慎太郎、福田将義、鈴木康平、竹中健人、鬼澤道夫、北畑冨貴子、村川美也子、新田沙由梨、藤井俊光、岡田英理子、中川美奈、柿沼 晴、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 回腸瘻から大量出血を来した小腸型クローン病の1例. 日本消化器病学会関東支部第350回例会 2018.07.14 海運クラブ(東京都千代田区)

  82. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. 【シンポジウム1:バルーン内視鏡による診断・治療の進歩】当院でのクローン病に対するバルーン内視鏡. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.17 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  83. 山﨑佳穗、竹中健人、日比谷秀爾、勝倉暢洋、仁部洋一、根本泰宏、鬼澤道夫、新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、藤井俊光、岡田英里子、柿沼 晴、岡本隆一、中川美奈、大島 茂、福田正義、山内慎一、大西威一郎、大塚和朗、渡辺 守. 貧血を契機に小腸バルーン内視鏡で診断されたLST様回腸腫瘍の一例. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  84. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 【ワークショップ11:バルーン内視鏡診断と治療の現況と将来】当院でのバルーン内視鏡によるクローン病小腸病変評価方法. 第95回日本消化器内視鏡学会総会 2018.05.12 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール(東京都港区)

  85. 豊田早織、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、福田将義、根本泰宏、永石宇司、井津井康浩、大島 茂、東 正新、松岡克善、土屋輝一郎、中村哲也、岡本隆一、大塚和朗、渡辺 守、青山 慧、坂下千瑞子、倉田盛人、江石義信. 【専修医Ⅳ 小腸】日和見感染を契機に診断された消化管T 細胞性リンパ腫の1例. 日本消化器病学会関東支部第349回例会 2018.04.28 海運クラブ(東京都千代田区)

  86. 竹中健人. 【ハンズオンセミナー:2. 小腸ハンズオン】インストラクター. 第104回 日本消化器病学会総会 2018.04.21 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  87. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、鈴木康平、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、齋藤詠子、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. 当院でのクローン病小腸病変評価のアプローチ. 第14回日本消化管学会総会 2018.02.10 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  88. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、鈴木康平、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、齋藤詠子、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. 【小腸内視鏡の限界と可能性】クローン病評価における小腸内視鏡の有用性と限界. 第55回日本小腸学会学術集会 2017.10.21 メルパルク京都(京都府京都市)

  89. 大塚和朗、 竹中健人、 渡辺 守. 【統合プログラム5:内科と外科による炎症性腸疾患のトータルマネージメント】クローン病活動性モニタリングにおける小腸内視鏡とMREの役割 . JDDW 2017 2017.10.14 福岡サンパレス(福岡県福岡市)

  90. 北澤優美、 松岡克善、 藤井俊光、 木村麻衣子、 竹中健人、 長堀正和、 檀 直彰、 大塚和朗、 渡辺 守. 【デジタルポスターセッション72:大腸(潰瘍性大腸炎)8】潰瘍性大腸炎における便中バイオマーカーによる組織学的治癒の評価 . JDDW 2017 2017.10.12 マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)

  91. 藤井俊光、秋山慎太郎、松岡克善、江花有亮、根木真理子、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、磯部光章、渡辺 守. 【腸管免疫,常在細菌叢】高安動脈炎に合併した炎症性腸疾患の遺伝的背景と腸炎の表現形. 第45回日本臨床免疫学会 2017.09.29 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  92. 小山文一、植田 剛、藤井久男、杉田 昭、池内浩基、福島浩平、渡邉聡明、荒木俊光、板橋道朗、篠崎 大、楠 正人、小金井一隆、内野 基、渡辺和宏、畑 啓介、高橋賢一、根津理一郎、橋本可成、舟山裕士、水島恒和、飯島英樹、山本博徳、加藤 順、小林 拓、藤谷幹浩、佐々木誠人、松岡克善、竹中健人、田中信治、上野義隆、東 大二郎、二見喜太郎. 【合併症・副作用対策プロジェクト:誌上発表】クローン病術後吻合部潰瘍に関する調査研究. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成29年度第1回総会 2017.07.19 TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区)

  93. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. クローン病におけるシングルバルーン内視鏡所見と患者予後との関係に関する検討. 第93回日本消化器内視鏡学会総会 2017.05.12 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  94. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 【パネルディスカッション6:新たなモダリティーが解明した小腸疾患の診断と治療】クローン病小腸病変に対するMRI によるEndoscopic remission 評価. 第103回日本消化器病学会総会 2017.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  95. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. クローン病小腸病変に対する MRIによるEndoscopic remission評価. 第103回日本消化器病学会総会 2017.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  96. 竹中健人. 【症例検討セッション】十二指腸・小腸(症例提示). 第103回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.12.18 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  97. 竹中健人、大塚和朗. 腹痛および皮疹を主訴に受診しバルーン内視鏡にて回腸病変を認めた一例. 第103回日本紹介内視鏡学会関東支部例会 2016.12.18 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  98. 大科枝里、竹中健人、松岡克善 木村麻衣子、根木真理子、伊藤 崇、野崎賢吾、勝倉暢洋、福田将義、鬼澤道夫、新田沙由梨、岡田英理子 東 正新、大岡真也、土屋輝一郎 、長堀正和、中村哲也、荒木昭博 、朝比奈靖浩、大塚和朗、渡辺 守. 【研修医セッション:大腸1】S状結腸に巨大な粘膜下腫瘤を形成した原発性アミロイドーシスの一例. 第103回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.12.17 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  99. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、渡辺守. クローン病におけるMRIによる小腸Endoscopic remission評価. 第54回小腸研究会 2016.11.12 ソニックシティ(埼玉県さいたま市)

  100. 福田将義、和田祥城、野崎賢吾、竹中健人、岡田英理子、荒木昭博、大塚和朗、渡辺 守. 【デジタルポスターセッション】大腸(大腸腺腫・リンパ腫)_Cold Polypectomyによる大腸ポリープ治療戦略. JDDW2016 2016.11.04 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  101. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 【パネルディスカッション2】クローン病でのバルーン内視鏡による小腸評価と患者予後との関係に関する検討. JDDW2016 2016.11.03 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  102. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、松岡克善、長堀正和、藤井俊光、岩本史光、木村麻衣子、福田将義、渡辺 守. クローン病小腸狭窄に対するMR所見と内視鏡下バルーン拡張術の手術回避との関係に対する検討.. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2016.07.10 国立京都国際会館(京都府京都市)

  103. 松川直樹、武井ゆりあ、大塚和朗、新宅 洋、伊藤 崇、明石 巧、三浦夏希、堀家英之、並木 伸、竹中健人、村川美也子、藤井俊光、井津井康浩、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、永石宇司、渡辺 守. 【研修医セッション:小腸・大腸】小腸内視鏡による観察を行った小腸粘膜内癌を有した里吉病の1例. 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.12 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  104. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、松岡克善、渡辺 守. クローン病におけるバルーン内視鏡所見と患者予後との関係に関する検討. 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.11 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  105. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. クローン病小腸病変の評価における外来シングルバルーン内視鏡の有効性. 第91回日本消化器内視鏡学会 2016.05.12 東京

  106. 福田将義、和田祥城、野崎賢吾、竹中健人、岡田英理子、荒木昭博、渡辺 守. 【大腸腫瘍1】当院におけるCold Polypectomy の治療成績に関する検討. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.21 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  107. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、福田将義、野崎賢吾、渡辺 守、岩本史光、木村麻衣子、藤井俊光、松岡克善、長堀正和. クローン病小腸狭窄に対するMREC所見と内視鏡下バルーン拡張術の手術回避に対する検討. 第12回日本消化管学会総会 2016.02.26 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  108. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、福田将義、野崎賢吾、岩本史光、木村麻衣子、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. クローン病小腸病変に対するバルーン内視鏡およびMRI所見. 第53回小腸研究会 2015.11.07 岩手

  109. 福田将義,和田祥城,松沢 優、 竹中健人,秋山慎太郎,井上恵美、勝倉暢宏,木村麻衣子,村川美代子、浅野 侑,宍戸華子,鈴木康平、渡部太郎,岡田英理子,荒木昭博、大塚和朗,渡辺 守. 当院におけるCold Polypectomyの治療成績. 第100回 日本消化器内視鏡学会関東地方会 2015.06.14 東京

  110. 竹中健人,松沢 優,渡辺 守. 当院におけるクローン病を疑った症例に対するシングルバルーン内視鏡の結果のまとめ. 第89回日本消化器内視鏡学会総会 2015.05.31 名古屋

  111. 秋山慎太郎、藤井俊光、長堀正和、竹中健人、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 高安動脈炎に合併した潰瘍性大腸炎症例の検討. 第101回日本消化器病学会総会 2015.04.25 仙台

  112. 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 当院における生物学的製剤の長期予後とクローン画像評価の重要性. 第101回日本消化器病学会総会 2015.04.23 仙台

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • JDDW2021 日本消化器病学会・会長賞「クローン病小腸病変と抗TNFα製剤血中濃度との関係」受賞者:竹中健人,2021年11月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K08003「炎症性腸疾患における小腸難治化機構の解明」研究代表者:竹中健人 研究分担者:土屋輝一郎、岡本隆一,2021年04月

  • 2021年度 土田直樹研究助成金「クローン病に対する生物学的製剤による小腸粘膜治癒検討(SEBIO study)」 受賞者:竹中健人,2021年03月

  • 2020年度 東京医科歯科大学医学研究奨励賞 受賞者:竹中健人,2021年01月

  • 日本消化器病学会臨床研究助成「クローン病に対する生物学的製剤による小腸粘膜治癒検討 (SEBIO study)」 受賞者:竹中健人,2020年12月

  • 日本内科学会関東支部関東地方会指導医賞「下部消化管内視鏡検査にてクローン病様所見を認めたスキルス胃癌の一例」 受賞者:竹中健人,2020年10月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07902 「炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明」 研究代表者:竹中健人 分担研究者:大塚和朗、土屋輝一郎,2020年04月

  • JSGE-UEG Rising Stars2019 「Magnetic resonance enterography and balloon enteroscopy for Crohn's disease」 受賞者:竹中健人,2019年10月

  • JSIBD Travel Award for AOCC 2019 「Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies」 受賞者:竹中健人,2019年06月

  • 東京医科歯科大学・ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社包括連携プログラム 研究サポートファンド 「潰瘍性大腸炎における内視鏡画像に基づく人工知能システム(DNUC)の確立」 受賞者:竹中健人,2019年06月

  • AOCC 2019 Excellent Poster 「Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies」 受賞者:竹中健人,2019年06月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07902 「炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明」 研究代表者:竹中健人 研究分担者:大塚和朗、土屋輝一郎,2019年04月

  • 第20回田中道子臨床医学研究奨励賞 受賞者:竹中健人,2019年03月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 「炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明」研究代表者:竹中健人,2018年04月

  • 日本消化器病学会:若手研究者のための国際学会参加費用の一部助成(APDW2017)「Magnetic resonance enterography for small bowel mucosal healing in patients with Crohn’s disease」受賞者:竹中健人,2017年09月

  • Confirmation of APDWF Posters of Distinction Award Presentation 「Magnetic resonance enterography for small bowel mucosal healing in patients with Crohn’s disease」受賞者:竹中健人,2017年09月

  • 5th Congress of Gastroenterology China.Best of gastroenterology「Magnetic resonance enterocolonography can detect small intestinal active lesions in crohn's disease;comparison with balloon enteroscopy.」研究代表者:Takenaka K,2015年09月

  • 平成26年度東京医科歯科大学医師会賞「Comparison of magnetic resonance and balloon enteroscopic examination of the small intestine in patients with Crohn's disease.」受賞者:竹中健人,2015年06月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年12月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「 人工知能(AI)により潰瘍性大腸炎の内視鏡動画評価が可能に! 」― コンピューター画像支援システム(DNUC)を試験的に開発―,2021年11月

    The Lancet Gastroenterology and Hepatology

  • 「人工知能(AI)により潰瘍性大腸炎の内視鏡画像評価が可能に!」―コンピューター画像支援システム(DNUC)を試験的に開発―,2020年02月

    Gastroenterology