基本情報

写真a

辻岡 政経(ツジオカ マサツネ)

TSUJIOKA Masatsune


職名

講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年04月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 特任講師
  • 2017年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 講師
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規接着斑構成因子 FAP1 依存的ながん転移メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Honda Shinya, Arakawa Satoko, Yamaguchi Hirofumi, Torii Satoru, Sakurai Hajime Tajima, Tsujioka Masatsune, Murohashi Michiko, Shimizu Shigeomi. Association Between Atg5-independent Alternative Autophagy and Neurodegenerative Diseases JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY. 2020.04; 432 (8): 2622-2632. ( PubMed, DOI )

  • Koushiro Fujimoto, Masahito Tanaka, A Y K Md Masud Rana, Md Golam Sarowar Jahan, Go Itoh, Masatsune Tsujioka, Taro Q P Uyeda, Shin-Ya Miyagishima, Shigehiko Yumura. Contributes to Cytokinesis Cooperatively with Other Dynamins. Cells. 2019.07; 8 (8): ( PubMed, DOI )

  • Masatsune Tsujioka, Taro Q P Uyeda, Yoshiaki Iwadate, Hitesh Patel, Keitaro Shibata, Tenji Yumoto, Shigenobu Yonemura. Actin-binding domains mediate the distinct distribution of two Dictyostelium Talins through different affinities to specific subsets of actin filaments during directed cell migration. PLoS ONE. 2019; 14 (4): e0214736. ( PubMed, DOI )

  • Meruna Nagata, Satoko Arakawa, Hirofumi Yamaguchi, Satoru Torii, Hazuki Endo, Masatsune Tsujioka, Shinya Honda, Yuya Nishida, Akimitsu Konishi, Shigeomi Shimizu. Dram1 regulates DNA damage-induced alternative autophagy. Cell Stress. 2018.03; 2 (3): 55-65. ( PubMed, DOI )

  • 遠藤 葉月, 辻岡 政経, 清水 重臣. アポトーシス非依存的な新たなアノイキス機構の解析 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [1P-0453]. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 辻岡政経. 接着斑構成分子 talin の機能と局在機構. 第1回分子モーター研究会 2018.12.08 東京

  • 辻岡政経、吉田達士、本田真也、田中正人、清水重臣. RhoA活性化因子GEF-H1の分解を介したオートファジーの細胞運動制御. 第4回新学術「オートファジー班会議」第10回オートファジー研究会 2016.11.14 新潟県越後湯沢