基本情報

写真a

岡田 卓也(オカダ タクヤ)

OKADA Takuya


職名

特任准教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年07月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 食道外科 助教
  • 2014年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 助教
  • 2016年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 講師
  • 2018年04月
    -
    2019年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 講師
  • 2019年08月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 統合国際機構 グローバル企画・推進部門 特任講師
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合国際機構 グローバル企画・推進部門 特任准教授

▼全件表示

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Sono Ito, Naoto Fujiwara, Yuichiro Kume, Fumio Tsukamoto, Katsumasa Saito, Akihiro Hoshino, Kenro Kawada, Takuya Okada, Keisuke Okuno, Yuya Sato, Takatoshi Matsuyama, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa . Mucosal Congestion on the First Day Following Endoscopy Predicts Anastomotic Stricture After Esophagectomy World journal of surgery. 2022.03; 46 (3): 631-638. ( DOI )

  2. Yutaka Tokairin, Kagami Nagai, Yudai Kawamura, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Satoru Muro, Keiichi Akita, Yusuke Kinugasa. Histological study of the thin membranous dense connective tissue around the middle and lower thoracic esophagus, caudal to the bifurcation of the trachea General thoracic and cardiovascular surgery. 2021.06; 69 (6): 983-992.

  3. Yudai Kawamura, Kenro Kawada, Takashi Ito, Katsumasa Saito, Naoto Fujiwara, Takuya Okada, Akihiro Hoshino, Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Tatsuyuki Kawano, Masanori Tokunaga, Yusuke Kinugasa. Histological changes in the human esophagus following triamcinolone injection to prevent esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection Esophagus. 2021.03; Online ahead of print

  4. Yutaka Tokairin, Kagami Nagai, Yudai Kawamura, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Satoru Muro, Keiichi Akita, Yusuke Kinugasa. Histological study of the thin membranous dense connective tissue around the middle and lower thoracic esophagus, caudal to the bifurcation of the trachea General thoracic and cardiovascular surgery. 2021.03; Online ahead of print

  5. Akihiro Hoshino, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Yutaka Tokairin, Takuya Okada, Toshihiro Matsui, Kazuya Yamaguchi, Tatsuyuki Kawano, Yusuke Kinugasa. The Impact of Hybrid Minimally Invasive Esophagectomy with Neck-Abdominal First Approach on the Short- and Long-Term Outcomes for Esophageal Squamous Cell Carcinoma World journal of surgery. 2020.06; Online ahead of print

  6. Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawad, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Toshihiro, Matsui, Kazuya Yamaguchi, Kagami Nagai, Yusuke Kinugasa. Mediastinoscopic esophagectomy with lymph node dissection using a bilateral transcervical and transhiatal pneumomediastinal approach Mini-invasive Surgery. 2020.05; 4 (32):

  7. Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Tairo Ryotokuji, Toshihiro Matsui, Kagami Nagai, Tatsuyuki Kawano, Yusuke Kinugasa. The usefulness of a bilateral trans-cervical pneumomediastinal approach for mediastinoscopic radical esophagectomy: a right transcervical approach is an available option General Thoracic and Cardiovascular Surgery. 2019.07; Epub ahead of print ( DOI )

  8. Andres Mora, Kenro Kawada, Yasuaki Nakajima, Takuya Okada, Yutaka Tokairin, and Tatsuyuki Kawano. Mid-and long term outcomes of endoscopic resection for submucosal esophageal cancer types pT1b-SM1 and pT1b SM2 Endoscopy International Open. 2019.06; 7 (6): E733-E742. ( PubMed, DOI )

  9. Tokairin Y, Nakajima Y, Kawada K, Hoshino A, Okada T, Ryotokuji T, Ogo T, Okuda M, Kume Y, Kawamura Y, Yamaguchi K, Nagai K, Kawano T, Kinugasa Y.. A feasibility study of mediastinoscopic radical esophagectomy for thoracic esophageal cancer from the viewpoint of the dissected mediastinal lymph nodes validated with thoracoscopic procedure: a prospective clinical trial Esophagus. 2019.04; 16 (2): 214-219. ( PubMed, DOI )

  10. Kobayashi M, Kawachi H, Hurtado C, Wielandt AM, Ponce A, Karelovic S, Pasternak S, Delgado C, Pinto P, Carrasco H, Ito T, Okada T, Tanaka K, Odagaki T, Zárate AJ, Kronberg U, López-Köstner F, Tsubaki M, Kawano T, Eishi Y.. A Pilot Trial to Quantify Plasma Exosomes in Colorectal Cancer Screening from the International Collaborative Study between Chile and Japan Digestion. 2018.08; 98 (4): 270-274. ( PubMed, DOI )

  11. Toshihiro Matsui, Takuya Okada, Kenro Kawada, Masahumi Okuda, Taichi Ogo, Yutaka Nakajima, Yuichiro Kume, Tairo Ryotokuji, Akihiro Hoshino, Yutaka Tokairin, Yasuyuki Michi, Hiroyuki Harada, Yasuaki Nakajima , Tatsuyuki Kawano. Detection of second primary malignancies of the esophagus and hypophraynx in oral squamous cell carcinoma patients Laryngoscope Investigative Otolaryngology. 2018.08; Epub ahead ( DOI )

  12. Maki Kobayashi; Hiroshi Kawachi; Samara Pasternak; Carlos Delgado; Pablo Pinto; Takashi Ito; Stanko Karelovic; Hernan Carrasco; Koji Tanaka; Takuya Okada; Tomoyuki Odagaki; Alejandro J. Zárate; Alejandra Ponce; Udo Kronberg; Francisco López-Köstner; Masahiro Tsubaki; Tatsuyuki Kawano; Yoshinobu Eishi. Histopathologic study from a colorectal cancer screening in Chile European Journal of Cancer Prevention. 2018.06; Epub ahead ( PubMed, DOI )

  13. Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Tairo Ryotokuji, Masafumi Okuda, Yuichiro Kume, Yudai Kawamura, Kazuya Yamaguchi, Kagami Nagai, Keiichi Akita, Yusuke Kinugasa. Histological study of the thin membranous structure made of dense connective tissue around the esophagus in the upper mediastinum Esophagus. 2018.06; 15 (4): 272-280.

  14. Takuya Okada, Kenro Kawada, Taro Sugimoto, Takashi Ito, Kazuya Yamaguchi, Yudai Kawamura, Masafumi Okuda, Yuichiro Kume, Tairo Ryotokuji, Akihiro Hoshino, Yutaka Tokairin & Yasuaki Nakajima. Asymptomatic marginal zone lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue in the hypopharynx, detected with esophagogastroduodenoscopy Acta Oto-Laryngologica Case Reports. 2018.05; 3 (1): 19-23. ( DOI )

  15. Yuichiro Kume, Yasuaki Nakajima, Takuya Okada, Akihiro Hoshino, Yutaka Tokairin, Kenro Kawada, Yusuke Kinugasa . A comparative analysis between pegfilgrastim and lenograstim administered to patients receiving cytotoxic chemotherapy for squamous cell carcinoma of the esophagus. Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.04; 65 (1): 19-26. ( DOI )

  16. Yuichiro Kume, Kenro Kawada, Takuya Okada, Akihiro Hoshino, Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Takashi Ito, Yusuke Kinugasa, Tatsuyuki Kawano . The macroscopic and histological effects of argon plasma coagulation followed by subepithelial ablation on early esophageal squamous cell carcinoma using magnifying endoscopy with blue laser imaging Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.04; 65 (1): 1-8. ( DOI )

  17. Ling Chang, Akihiro Hoshino, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Yutaka Tokairin, Takuya Okada, Tatsuyuki Kawano, Yusuke Kinugasa. Flexible spectral imaging color enhancement markedly reduces the iodine concentration required for the endoscopic diagnosis of superficial esophageal cancer Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.03; 65 (1): 27-33. ( DOI )

  18. Kenro Kawada, Taro Sugimoto, Ryuhei Okada,Kazuya Yamaguchi, Yudai Kawamura,Masafumi Okuda, Yuuichiro Kume,Andres Mora,Tairo Ryotokuji,Takuta Okada,Akihiro Hoshino,Yutaka Tokairin,Yausaki Nakajima,Yusuke kiyokawa,Fuminori Nomura,Yosuke Ariizumi, Shohei Tomii, Takashi Ito, Takahiro Asakage, Yusuke Kinugasa, Tatsuyuki Kawano. A case of simultaneous triple primary cancers of the hypopharynx, esophagus and stomach which were dissected by endoscopic laryngo-pharyngeal surgery combined with endoscopic submucosal dissection Open Journal of Gastroenterilogy. 2018.03; 8 (3): 94-102. ( DOI )

  19. Mora A. · Nakajima Y. · Okada T. · Tokairin Y. · Kawada K. · Kawano T. . Comparative Study of Predictive Mortality Scores in Esophagectomy with Three-Field Lymph Node Dissection in Patients with Esophageal Cancer Digestive Surgery. 2018.01; Epub ahead ( PubMed, DOI )

  20. Kenro Kawada, Tatsuyuki Kawano, Takuya Okada, Kazuya Yamaguchi, Yuudai Kawamura, Toshihiro Matsui, Masafumi Okuda, Taichi Ogo, Yuuichiro Kume, Yutaka Nakajima, Andres Mora, Takuya Okada, Akihiro Hoshino, Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Ryuhei Okada, Yusuke Kiyokawa, Fuminori Nomura,Yosuke Ariizumi, Taro Sugimoto, Takahiro Asakage, Takashi Ito . The Usefulness of an Intra-Oropharyngeal U-turn Method using Trans-Nasal Endoscopy for Detecting Superficial Squamous Cell Carcinoma of the Base of the Tongue Journal of Otolaryngology-ENT Research. 2017.08; 8 (2): 240. ( DOI )

  21. Kenro Kawada, Takuya Okada, Taro Sugimoto, Kazuya Yamaguchi, Yuudai Kawamura, Toshihiro Matsui, Masafumi Okuda, Taichi Ogo, Yuuichiro Kume, Andres Mora, Akihiro Hoshino, Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Ryuhei Okada, Yusuke Kiyokawa, Fuminori Nomura, Yosuke Ariizumi, Takahiro Asakage, Takashi Ito and Tatsuyuki Kawano. Observation of the Pharynx to the Cervical Esophagus Using Trans-nasal Endoscopy with Image-enhanced Endoscopy for Early Detection of Head and Neck Cancers Journal of Gastrointestinal & Digestive System. 2017.08; 7 (4): ( DOI )

  22. Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Hoshino A, Okada T, Kawano T.. A Pilot Trial of S-1 and Paclitaxel in Unresectable or Postoperative Recurrent Esophageal Squamous Cell Carcinoma Pretreated by Fluorouracil, Cisplatin, and Docetaxel Chemotherapy Dig Surg (Epub ahead of print). 2017.05; 35 (2): 131-137.

  23. Miyawaki Y, Nakajima Y, Kawada K, Okada T, Tokairin Y, Kawano T.. Efficacy of docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil chemotherapy for superficial esophageal squamous cell carcinoma. Dis Esophagus. 2017.02; 30 (2): 1-8.

  24. Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Taichi Ogo, Masafumi Okuda, Yuichiro Kume, Yutaka Nakajima, Toshihiro Matsui, Yudai Kawamura, Kazuya Yamaguchi, Kagami Nagai, Keiichi Akita,Tatsuyuki Kawano. A mediastinoscopic approach with bilateral cervico-pneumomediastinum in radical thoracic esophagectomy International Surg. 2017.02; Epub ahead

  25. Okada T, Nakajima Y, Nishikage T, Ryotokuji T, Miyawaki Y, Hoshino A, Tokairin Y, Kawada K, Nagai K, Kawano T.. A prospective study of nutritional supplementation for preventing oral mucositis in cancer patients receiving chemotherapy. Asia Pac J Clin Nutr.. 2017.01; 26 (1): 42-48.

  26. kawada k, Kawano T, Sugimoto T,Yamaguchi K,Kawamura Y,Matsui T,Okuda M,Ogo T,Kume Y,Nakajima Y,Andres Mora, Okada T,Hoshino A, Tokairin Y,Nakajima Y,Okada R,Kiyokawa Y,Nomura F,Asakage T,Shimoda R,Ito T. Case of Superficial Cancer Located at the Pharyngoesophageal Junction Which Was Dissected by Endoscopic Laryngopharyngeal Surgery Combined with Endoscopic Submucosal Dissection. Case Rep Otolaryngol. 2017.01; ( PubMed, DOI )

  27. Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Miyawaki Y, Okada T, Miyake S, Kawano T.. Retrospective Analyses of Esophageal Bypass Surgery for Patients with Esophagorespiratory Fistulas Caused by Esophageal Carcinomas. World J Surg. 2016.05; 40 (5): 1158-1164.

  28. Okada T, Tanaka K, Kawachi H, Ito T, Nishikage T, Odagaki T, Zárate AJ, Kronberg U, López-Köstner F, Karelovic S, Flores S, Estela R, Tsubaki M, Uetake H, Eishi Y, Kawano T. International collaboration between japan and chile to improve detection rates in colorectal cancer screening. Cancer. 2016; 1 (122): 71-77.

  29. Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Hoshino A, Miyawaki Y, Okada T, Miyake S, Kawano T.. “Larynx-preserving surgery” for cervical esophageal carcinoma can preserve the vocal function and improve the clinical outcome. Esophagus. 2016;

  30. 星野明弘、篠原元、井垣尊弘、山口和哉、松井俊大、岡田卓也、松山貴俊、徳永正則、東海林裕、川田研郎、中島康晃、田邉稔、絹笠祐介. 特集【特殊な鼠径部ヘルニアに対する治療戦略】de novo型Ⅰ型ヘルニアに対するTAPP法 臨床外科. 2019.11; 74 (12): 1298-1304.

  31. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、山口和哉、川村雄大、岡田卓也、星野明弘、絹笠祐介. 消化器手術後の内視鏡検査 咽頭・食道術後の内視鏡検査 消化器内視鏡. 2019.09; 31 (9): 1288-1292.

  32. 星野明弘、山口和哉、久米雄一郎、了徳寺大郎、岡田卓也、松山貴俊、東海林裕、川田研郎、中島康晃、小嶋一幸、大橋直樹、田邉稔、絹笠祐介. 【あたらしい外科局所解剖全図-ランドマークとその出し方】ヘルニア 腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術に必要な局所解剖 TAPP法 臨床外科. 2018.10; 73 (11): 292-297. ( DOI 医中誌 )

  33. 星野 明弘, 中島 康晃, 川田 研郎, 東海林 裕, 岡田 卓也, 河野 辰幸. 手術手技 食道癌に対する完全腹腔鏡・縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清における手技の工夫 食道牽引と縦隔内食道離断の有用性 日本内視鏡外科学会雑誌. 2018.07; 23 (4): 557-562. ( DOI 医中誌 )

  34. 星野明弘,山口和哉,川村雄大,久米雄一郎,奥田将史,了徳寺大郎,岡田卓也,松山貴俊,東海林裕,川田研郎,中島康晃,小嶋一幸,絹笠祐介. 【成人鼠径部ヘルニア2018】 再発鼠径ヘルニア 腹腔鏡下手術 消化器外科. 2018.03; 41 (3): 381-389. ( 医中誌 )

  35. 川田研郎、岡田卓也、中島康晃、山口和哉、川村雄大、奥田将史、久米雄一郎、了徳寺大郎、星野明弘、東海林裕、岡田隆平、清川祐介、有泉陽介、朝影孝宏、伊藤崇、河野辰幸. 咽頭癌の内視鏡診断 胃と腸. 2017.12; 52 (13): 1665-1673.

  36. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也. 咽頭癌 内視鏡データリファレンスブック2017. 2017.08; 29 (8): 1334-1338.

  37. 川田研郎、河野辰幸、杉本太郎、岡田卓也、星野明弘、千葉哲磨、中島康晃. 下咽頭・頸部食道癌の診断と治療方針 消化器内視鏡. 2016; 28 (1): 89-98.

  38. 東海林裕,中島康晃,川田研郎,宮脇 豊,岡田卓也,了徳寺大郎,藤原直人,齋藤賢将,藤原尚志, 小郷泰一,奥田将史,中嶌 雄高,久米 雄一郎,松井俊大,永井 鑑,秋田恵一,河野辰幸. 頸部食道癌における気縦隔を用いた上縦隔郭清-Thiel法固定献体での検討 日本気管食道科学会会報. 2015.12; 66 (6): 380-384.

  39. 東海林裕,中島康晃,川田研郎,宮脇 豊,岡田卓也,了徳寺太郎,藤原直人,齋藤賢将,藤原尚志, 小郷泰一,奥田将史,中嶌 雄高,久米 雄一郎,松井俊大,永井 鑑,秋田恵一,河野辰幸. 頸部食道癌における気縦隔を用いた上縦隔郭清の試み 日本気管食道科学会会報. 2015.12; 66 (6): 406-410.

  40. 中島康晃, 川田研郎, 東海林 裕, 宮脇 豊, 岡田卓也, 了徳寺大郎, 藤原直人, 齋藤賢将, 藤原尚志, 久米雄一郎, 奥田将史, 小郷泰一, 中嶌雄高, 松井俊大, 河野辰幸. 食道癌の術前・術後補助療法 消化器外科. 2015; 38 559-562.

  41. 中島康晃, 川田研郎, 東海林 裕, 千葉哲磨, 宮脇 豊, 星野明弘, 岡田卓也, 太田俊介, 了徳寺大郎, 藤原直人, 齋藤賢将, 藤原尚志, 小郷泰一, 久米雄一郎, 奥田将史, 松井俊大, 河野辰幸. 頸部食道癌手術 臨床外科. 2015; 70 6-11.

  42. 川田 研郎, 河野 辰幸, 中島 康晃, 奥田 将史, 小郷 泰一, 藤原 尚志, 齋藤 賢将, 藤原 直人, 了徳寺 大郎, 岡田 卓也, 宮脇 豊, 東海林 裕, 永井 鑑, 伊藤 崇, 河内 洋, 熊谷 洋一. 【表面型表層拡大型食道癌の診断と治療戦略】 表面型表層拡大型食道癌の深達度診断 超音波内視鏡の立場から 胃と腸. 2014.07; 49 (8): 1173-1181. ( 医中誌 )

  43. 中島康晃, 川田研郎, 東海林 裕, 宮脇 豊, 岡田卓也, 了徳寺大郎, 藤原直人, 齋藤賢将, 藤原尚志, 小郷泰一, 奥田将史, 松井俊大, 永井 鑑, 河野辰幸.. 頸部食道癌に対する手術治療ー喉頭温存を目指した手術戦略 日本気管食道科学会会報. 2014; 65 447-456.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yasuaki Nakajima, Kazuo Ogiya, Sadao Takahashi, Katsumasa Saito, Naoto Fujiwara, Takuya Okada, Akihiro Hoshino, Kenro Kawada. Larynx-preserving cervical esophagectomy using the "larynx rotation method". 第75回日本食道学会学術集会 2021.09.23 Tokyo

  2. 山口和哉、熊谷洋一、齋藤賢将、山崎繁、松井俊大、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 食道癌切除胃管再建術におけるICG蛍光法での胃管血流評価と「90秒ルール」の有用性(他施設共同前向き研究). Japan Digestive Disease Week 2020 (JDDW2020) 2020.11.05 WEB

  3. Kenro Kawada, Yasuaki Nakajima, Yutaka Tokairin, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Toshihiro Matsui, Kazuya Yamaguchi, Yusuke Kinugasa. The accuracy of the preoperative diagnosis of lymph node metastasis using computed tomography for T1B esophageal cancer patients receiving esophagectomy after endoscopic treatment. UEG Week 2019(United European Gastroenterology) 2019.10.21 Barcelona

  4. Kazuya Yamaguchi, Kenro Kawada, Kazuharu Aoyama, Toshihiro Matsui, Takuya Okada, Akihiro Hoshino, Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa, Youichi Kumagai, Tomohiro Tada. The application of artifical intelligence using a convolutional neural network for detecting head and neck cancer in endoscopic images. UEG Week 2019(United European Gastroenterology) 2019.10.21 Barcelona

  5. Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Tairo Ryotokuji, Kazuya Yamaguchi, Kagami Nagai, Tatsuyuki Kawano, Yusuke Kinugasa. A feasibility study of mediastinoscopic radical esophagectomy for thoracic esophageal cancer. The 73d Annual Meeting of the Japan Esophageal Society 2019.06.07 Fukuoka

  6. Kawada K., Nakajima Y., Tokairin Y., Hoshino A., Okada T., Ryotokuji T., Kume Y., Mora A., Yamaguchi K., Ito T.. The mid-term outcomes of endoscopic treatment for superficial cervical esophageal cancer. UEG Week 2018(United European Gastroenterology) 2018.10.24 Vienna, Austria

  7. Ymaguchi K., Kawada K., Nakajima Y., Tokairin T., Hoshino A., Okada T., Ryotokuji T., Kume Y., Ito T.. Planned semi-circular endoscopic submucosal dissection for widespread superficial esophageal cancer. UEG Week 2018(United European Gastroenterology) 2018.10.24 Vienna, Austria

  8. Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Tairo Ryotokuji, Masafumi Okuda, Yuichiro Kume, Yudai Kawamura, Kazuya Yamaguchi, Kagami Nagai, Keiichi Akita, Yusuke Kinugasa. The Method and the Short Outcome of Mediastinal Lymph Nodes Dissection for Esophageal Cancer Using a Trans-Bicervical and Transhiatal Approach under the Pneumomediastinum. ISDE2018 (The International Society for Diseases of the Esophagus) 2018.09.17 Vienna, Austria

  9. Akihiro Hoshino, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Yutaka Tokairin, Takuya Okada, Tairo Ryotokuji, Yuichiro Kume, Kazuya Yamaguchi, Yusuke Kinugasa. A Method for Totally Mediastinoscopic Transhiatal Middle and Lower Mediastinal Lymph Node Dissection for Esophageal Cancer. ISDE2018 (The International Society for Diseases of the Esophagus) 2018.09.17 Vienna, Austria

  10. Y.Nakajima, K.Kawada, Y.Tokairin, A.Hoshino, T.Okada, T.Ryotokuji, M.Okuda, Y.Kume, Y.Kawamura, K.Yamaguchi. A pilot of S1 and Paclitaxel in esophageal carcinoma pretreated by 5FU, CISPLATIN and docetaxel-Follow-up report. IASGO World Congress 2017 2017.11.17 Lyon(France)

  11. Tokairin Y, Kawada K, Hoshino A, Okada T, Okuda M, Nakajima Y, Akita K, Nakajima Y. Nontransthoracic radical esophagectomy using cervical and transhiatal approach under peneumomediastinum.. IASGO World Congress 2017 2017.11.17 Lyon(France)

  12. Kume Yuichiro, Hoshino Akihiro, Yamaguchi Kazuya, Kawamura Yudai, Okuda Masafumi, Ryotokuji Tairo, Okada Takuya, Tokairin Yutaka, Kawada Kenro, Nakajima Yasuaki. Clinicopathological features of reconstructed gastric tube cancer after esophagectomy. ESDE Annual Meeting 2017 2017.11.08 Utrecht(the Netherlands)

  13. Hoshino A, Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Okada T, Ryotokuji T, Kume Y, Okuda M, Kawamura Y, Yamaguchi K.. Strategies for initiating early oral ingestion in thoracoscopic esophagectomy.. The Congress of the European Society for Diseases of the Esophagus (ESDE) 2017 2017.11.08 Utrecht(the Netherlands)

  14. Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Hoshino A, Okada T, Ryotokuji T, Okuda M, Kume Y, Kawamura Y, Yamaguchi K. Clinical outcomes of larynx-preserving surgery for resectable cervical esophageal carcinoma. APDW2017 2017.09.25 Hong Kong

  15. Kenro kawada, Yausaki Nakajima, Yutaka Tokairin, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Yudai Kawamura. Observation of the oral cavity of patients with esophageal cancer using trans-nasal esophagogastroduodenoscopy with image enhanced endoscopy.. OESO 14th World Conference, CICG (International Conference center of Geneva) 2017.09.03 Geneva(Switzerland)

  16. Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Hoshino A, Okada T, Kawano T. THE “LARYNX ROTATION METHOD” – A NOVEL SURGICAL PROCEDURE FOR LARYNX-PRESERVING CERVICAL ESOPHAGECTOMY. World Congress of Surgery (WCS) 2017 2017.08.16 Basel(Switzerland)

  17. Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Hoshino A, Okada T, Okuda M, Kume Y, Kawamura Y, Yamaguchi K, Kawano T. The therapeutic strategy for esophageal bypass surgery followed by definitive chemoradiotherapy for patients with locally advanced esophageal carcinoma. 52nd International Meeting of the European Society for Surgical Research (ESSR) 2017.06.16 Amsterdam(the Netherlands)

  18. Masafumi Okuda,Kenro Kawada,Toshihiro Matsui,Yuichiro Kume,Yutaka Nakajima,Naoto Fujiwara,Takuya Okada,Akihiro Hoshino,Tetsuma Chiba,Yutaka Tokairin,Yasuaki Nakajima,Tatsuyuki Kawano. Removal of a “huge” foreign object using Esophagogastroduodenoscopy combined with a curved laryngoscope.. OESO 13th World Conference 2015.08.31 Monaco

  19. Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Miyawaki Y, Okada T, Ryotokuji T, Fujiwara N, Saito K, Fujiwara H, Ogo T, Okuda M, Nagai K, Kawano T.. The evaluation of the clinical validity of "Salvage CRT": A therapeutic strategy for locally advanced esophageal carcinoma diagnosed to be unresectable based on the intraoperative findings.. 14th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus 2014.09.22 Vancouver

  20. 奥田 将史,川田 研郎, 杉本太郎,小郷 泰一,藤原 尚志,岡田 卓也,宮脇 豊,東海林 裕,中島 康晃,永井 鑑,河野 辰幸. The utility of observation of the oral cavity of patients with esophageal cancer using transnasal Esophagogastroduodenoscop. 5th World Congress of IFHNOS & Annual Meeting of the AHNS 2014.07.26 New York

  21. 東海林裕、永井鑑、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、川村雄大、Suthasinee Tharnmanularp、Areeya Jiamjunyasiri、室生暁、秋田恵一、絹笠祐介. 食道周囲密性結合織についての組織学的発生学的研究. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.15 熊本

  22. 藤原直人、星野明弘、角田龍太、滋野高史、塩原寛之、篠原元、冨井知春、斎藤賢将、佐藤雄哉、岡田卓也、川田研郎、徳永正則、絹笠祐介. 他臓器重複癌を有する食道癌手術症例におけるリスクファクターの検討. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.15 熊本

  23. 島野瑠美、徳永正則、松永史穂、石橋直弥、滋野高史、篠原元、塩原寛之、冨井知春、斎藤賢将、佐藤雄哉、藤原直人、星野明弘、岡田卓也、川田研郎、絹笠祐介. 当科における進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の長期予後の検討. 第122回日本外科学会定期学術集会 2022.04.14 熊本

  24. 角田 龍太、藤原 直人、滋野 高史、篠原 元、塩原 寛之、齋藤 賢将、冨井 知春、佐藤 雄哉、星野 明弘、岡田 卓也、川田 研郎、徳永 正則、絹笠 祐介. 食道癌手術における鏡視下手術が体液バランスに与える影響. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.04 神戸

  25. 藤原 直人、星野 明弘、角田 龍太、滋野 高史、塩原 寛之、篠原 元、冨井 知春、齋藤 賢将、佐藤 雄哉、岡田 卓也、川田 研郎、徳永 正則、絹笠 祐介. 食道癌手術における腹腔鏡下リンパ節郭清の検討. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.04 神戸

  26. 東海林 裕、永井 鑑、飯田 聡、今井 健一郎、川村 雄大、豊島 幸憲、川田 研郎、星野 明弘、岡田 卓也、絹笠 祐介. 縦隔鏡下食道切除術における合理的な剥離層について. 第34回日本内視鏡外科学会総会(JSES2021) 2021.12.03 神戸

  27. 中島康晃、荻谷一男、中田豊、馬場裕信、遠藤晴久、佐伯伊知郎、高橋定雄、齋藤賢将、藤原直人、岡田卓也、星野明弘、川田研郎. 食道狭窄,食道瘻に対する抜去可能な食道ステントによる緩和的食道ステント留置術の成績ー食道バイパス術との比較を含めて. JDDW2021(消化器外科学会) 2021.11.06 神戸(ハイブリッド)

  28. 星野 明弘、篠原 元、齋藤 賢将、藤原 直人、佐藤 雄哉、岡田 卓也、川田 研郎、徳永 正則、絹笠祐介. 食道切除術における胃管吻合部の術中ICG蛍光法と術後内視鏡による血流評価の対比. 第75回日本食道学会学術集会 2021.09.23 東京

  29. 藤原直人、星野明弘、奥野圭祐、斎藤賢将、佐藤雄哉、岡田卓也、川田研郎、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 他臓器重複癌を有する食道癌手術症例の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.09 WEB

  30. 東海林裕、永井鑑、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、川村雄大、Suthasinee Tharnmanularp、Areeya Jiamjunyasiri、室生暁、秋田恵一、絹笠祐介. 食道周囲蜜性結合織についての組織学的発生学的研究. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  31. 中島康晃、荻谷一男、中田豊、田澤美也子、明石浩和、馬場裕信、遠藤晴久、佐伯伊知郎、高橋定雄、斎藤賢将、藤原直人、岡田卓也、星野明弘、川田研郎. 胃管再建術におけるわれわれのこだわりーFlex胃管形成法、ICG蛍光法による胃管血流評価、術後吻合部・胃管内視鏡観察の「胃管三点セット」による縫合不全ゼロへの取り組み. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  32. 篠原元、星野明弘、新井聡大、角田龍太、斎藤賢将、藤原直人、岡田卓也、川田研郎、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. ロボット支援下食道切除術と胸腔鏡下食道切除術の短期成績の比較検討. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  33. 角田龍太、星野明弘、篠原元、斎藤賢将、藤原直人、岡田卓也、川田研郎、徳永正則、絹笠祐介. 頸部食道癌に対する喉頭温存手術における口側吻合部の高さが嚥下機能へ及ぼす影響. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 WEB

  34. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、松井俊大、山口和哉、永井鑑、秋田恵一、絹笠祐介. Thiel固定法による解剖体を用いた縦隔鏡下食道切除術のための臨床解剖研究について. 第74回日本食道学会学術集会 2020.12.11 WEB

  35. 中島康晃、荻谷一男、遠藤晴久、岡田卓也、星野明弘、川田研郎、佐伯伊知郎、高橋定雄. 喉頭回転法による術野展開下での超高位食道吻合法. 第74回日本食道学会学術集会 2020.12.10 WEB

  36. 山口和哉、中島康晃、松井俊大、奥田将史、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、川田研郎、河野辰幸、絹笠祐介. 食道切除再建術における新規血行動態評価装置を用いた当科の胃管の血流評価. 第74回日本食道学会学術集会 2020.12.10 WEB

  37. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、松井俊大、山口和哉、永井鑑、絹笠祐介. 右横隔膜前方ルートを用いた胸腔鏡手術から両側頸部気縦隔法を用いる縦隔鏡手術へ. 第74回日本食道学会学術集会 2020.12.10 WEB

  38. 東海林 裕、福田 晃、飯田 聡、今井 健一郎、鴈野 秀明、天笠 秀俊、前田 文、川村 雄大、川口 真智子、梶山 大介、棚橋 亨、芥田 壮平、川田 研郎、星野 明弘、岡田 卓也、永井 鑑、絹笠 祐介、安藤 昌之. Poor risk症例に対する縦隔鏡手技を用いた食道癌手術の検討. 第73回日本胸部外科学会総会 2020.10.29 WEB

  39. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、松井俊大、山口和哉、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 頸部食道癌に対する機能温存手術ー咽頭回転法を用いた咽頭温存頸部食道切除術. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

  40. 星野明弘、山口和哉、松井俊大、岡田卓也、松山貴俊、徳永正則、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 腹腔鏡下食道切除術における胸部操作時間短縮のための腹腔鏡下裂孔的中下縦隔郭清術とその有用性. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

  41. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、松山貴俊、松井俊大、山口和哉、川村雄大、永井鑑、徳永正則、河野辰幸、絹笠祐介. 中下縦隔での食道周囲密性結合織についての組織学的研究. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.14 WEB

  42. 星野明弘、山口和哉、松井俊大、岡田卓也、松山貴俊、東海林裕、川田研郎、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. ロボット支援下食道切除術における保険収載までの導入経験とその成績. 第12回日本ロボット外科学会学術集会 2020.04.17 WEB

  43. 星野明弘、山口和哉、松井俊大、岡田卓也、松山貴俊、徳永正則、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 呼吸器合併症低減につながる胸腔鏡下食道切除術における腹腔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清術. 第16回日本消化管学会総会学術集会 2020.02.08 姫路

  44. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、山口和哉、川村雄大、永井鑑、絹笠祐介. 縦隔鏡下食道切除術の利点と課題および当院での手術成績の報告. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.06 横浜

  45. 星野明弘、山口和哉、岡田卓也、松山貴俊、東海林裕、川田研郎、中島康晃、徳永正則、絹笠祐介. 占拠部位や再建方法を考慮した腹腔鏡下食道癌根治術の術式選択. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.06 横浜

  46. 山内慎一、高岡亜弓、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、佐藤雄哉、中川正敏、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、川田研郎、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. Stage Ⅳ大腸癌に対する開腹および腹腔鏡下原発切除の手術成績に関する検討. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.06 横浜

  47. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、松井俊大、山口和哉、永井鑑、絹笠祐介. Poor risk症例に対する縦隔鏡手技を用いた食道癌手術の検討. 第71回日本気管食道科学会 2019.11.28 宇都宮

  48. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、松山貴俊、了徳寺大郎、松井俊大、山口和哉、永井鑑、河野辰幸、絹笠祐介. 縦隔鏡食道切除術における両側頸部気縦隔法の有用性について ー右頸部気縦隔は必須であるー. JDDW 2019 KOBE 2019.11.23 神戸

  49. 星野明弘、山口和哉、松井俊大、了徳寺大郎、岡田卓也、松山貴俊、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 腹腔鏡下食道切除術における腹腔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清術の有用性. JDDW 2019 KOBE 2019.11.23 神戸

  50. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、松井俊大、山口和哉、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. 喉頭回転法を用いた術野展開による超高位食道吻合法. 第81回日本臨床外科学会総会 2019.11.16 高知

  51. 星野明弘、山口和哉、松井俊大、岡田卓也、松山貴俊、徳永正則、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 腹腔鏡下食道切除術における呼吸器合併症軽減のための腹腔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清術および誤嚥性肺炎と縫合不全に着目した周術期管理の工夫. 第81回日本臨床外科学会総会 2019.11.15 高知

  52. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、松井俊大、川村雄大、山口和哉、永井鑑、秋田恵一、絹笠祐介. CSTの準備としての寒天注入による胸部大動脈拡張手技はより生体に近い縦隔解剖を再現するのに有用である. 第81回日本臨床外科学会総会 2019.11.15 高知

  53. 松井俊大、中島康晃、山口和哉、星野明弘、岡田卓也、東海林裕、川田研郎、大井啓司、水野友裕、荒井裕国. 大動脈食道瘻に対して異なる治療にて改善した3例. 第72回日本胸部外科学会 定期学術集会 2019.11.02 京都

  54. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、松井俊大、山口和哉、川村雄大、永井鑑、河野辰幸、絹笠祐介. 縦隔鏡下食道根治術における両側頸部気縦隔法の有用性についてー右頸部気縦隔操作が推奨されるー. 第72回日本胸部外科学会 定期学術集会 2019.11.02 京都

  55. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、松井俊大、山口和哉、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介. R2手術となった局所進行食道癌に対する根治的化学放射線療法の治療実績. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  56. 山口和哉、中島康晃、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、川田研郎、河野辰幸、松山貴俊、井ノ口幹人、絹笠祐介. 食道切除再建術における新規血行動態評価法を用いた当科の胃管作成法の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  57. 星野明弘、山口和哉、松井俊大、了徳寺大郎、岡田卓也、松山貴俊、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 胸腔鏡下食道癌根治術における早期経口摂取を目指したERASプロトコルの取り組み. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  58. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、松山貴俊、永井鑑、河野辰幸、絹笠祐介. 右横隔膜前方ルート(APMA)を用いた胸腔鏡手術から両側頸部気縦隔法を用いる縦隔鏡手術への変遷. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17 東京

  59. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、松井俊大、山口和哉、松山貴俊、絹笠祐介. 咽頭回転法による頸部食道癌手術は、咽頭温存を図りつつ、良好な治療成績を得ることができる. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17 東京

  60. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、松井俊大、山口和哉、永井鑑、秋田恵一、絹笠祐介. 上縦隔における食道周囲密性結合織の検討. 第28回日本癌病態治療研究会 2019.06.28 川越市

  61. 松井俊大、川田研郎、山口和哉、了徳寺大郎、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、中島康晃、絹笠祐介、道泰之、原田浩行. 食道癌・下咽頭癌~口腔癌との重複頻度と拾い上げ~. 第28回日本癌病態治療研究会 2019.06.28 川越市

  62. 星野明弘、山口和哉、松井俊大、了徳寺大郎、岡田卓也、松山貴俊、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 腹腔鏡下食道切除術における腹部先行による経裂孔的中下縦隔郭清術の工夫と成績. 第28回日本癌病態治療研究会 2019.06.28 川越市

  63. 松井俊大、山口和哉、了徳寺大郎、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、川田研郎、中島康晃. 切除不能進行食道癌における治療戦略としての食道バイパス術. 第73回日本食道学会学術集会 2019.06.07 福岡

  64. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、松井俊大、山口和哉. 切除不能局所進行食道癌に対する救済手術 ―適切なタイミングと術式の検討―. 第73回日本食道学会学術集会 2019.06.07 福岡

  65. 山口和哉、星野明弘、松井俊大、了徳寺大郎、岡田卓也、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 当教室における若手外科医への手術・内視鏡治療の指導およびその成績. 第73回日本食道学会学術集会 2019.06.06 福岡

  66. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、山口和哉、松井俊大、了徳寺大郎、岡田卓也、星野明弘、絹笠祐介. 下咽頭癌・食道癌同時性重複例の治療成績. 第73回日本食道学会学術集会 2019.06.06 福岡

  67. 星野明弘、中島康晃、川田研郎、東海林裕、岡田卓也、了徳寺大郎、松井俊大、山口和哉、松山貴俊、絹笠祐介. 腹腔鏡下食道切除術における早期経口摂取を目指したクリティカルパス. 第73回日本食道学会学術集会 2019.06.06 福岡

  68. 星野明弘、大橋直樹、山口和哉、松井俊大、了徳寺大郎、岡田卓也、松山貴俊、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 再発ヘルニアに対する術式の要点と腹膜前脂肪の扱いを重視した再発防止の工夫. 第17回日本ヘルニア学会学術集会 2019.05.25 四日市市

  69. 松井俊大、東海林裕、山口和哉、了徳寺大郎、岡田卓也、星野明弘、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 当院で経験した前立腺全摘後人工尿道括約筋植え込み術後の鼠経ヘルニアの2例. 第17回日本ヘルニア学会学術集会 2019.05.25

  70. 松井俊大、東海林裕、山口和哉、了徳寺大郎、岡田卓也、星野明弘、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. 当院で経験した前立腺全摘後人工尿道括約筋植え込み術後の鼠経ヘルニアの2例. 第17回日本ヘルニア学会学術集会 2019.05.25 四日市市

  71. 星野明弘、大橋直樹、山口和哉、松井俊大、了徳寺大郎、岡田卓也、松山貴俊、東海林裕、川田研郎、中島康晃、絹笠祐介. de novo型鼠経ヘルニアに対するTAPP法における再発防止の工夫としてのsac全翻転と滑脱脂肪の還納. 第17回日本ヘルニア学会学術集会 2019.05.24 四日市市

  72. 川村雄大、東海林裕、川田研郎、星野明弘、松山貴俊、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、山口和哉、永井鑑、中島康晃、小嶋一幸、河野辰幸、秋田恵一、絹笠祐介. 左側気管気管支リンパ節周囲の密性結合組織に関する研究. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.20 大阪

  73. 山口和哉、川田研郎、久米雄一郎、了徳寺大郎、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、中島康晃、松山貴俊、小嶋一幸、絹笠祐介. 食道切除胃管再建術後に生じた胃管癌の臨床病理学的特徴. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  74. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、山口和哉、松山貴俊、小嶋一幸、絹笠祐介. 切除不能局所進行食道癌に対するConversion Surgeryはどう行うべきか、行うならばそのタイミングは?. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  75. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、松山貴俊、了徳寺大郎、久米雄一郎、山口和哉、川村雄大、永井鑑、小嶋一幸、河野辰幸、絹笠祐介. 縦隔リンパ節郭清度から見た縦隔鏡下食道切除術の実行可能性と有用性に関する前向き臨床試験. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  76. 星野明弘、中島康晃、川田研郎、東海林裕、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、山口和哉、松山貴俊、小嶋一幸、絹笠祐介. 胸腔鏡下食道切除術後における早期経口摂取開始のためのパスの成績. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.18 大阪

  77. 川田研郎、松井俊大、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、山口和哉、絹笠祐介. 口腔外科と食道外科の連携 食道咽頭早期癌の拾い上げ、内視鏡治療と術後管理. お茶の水SCクラブ 第9回学術集会(OSCC) 2019.03.22 東京

  78. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、山口和哉、川村雄大、永井鑑、秋田恵一、河野辰幸、絹笠祐介. Thiel固定法による解剖体を用いた臨床解剖研究ー縦隔鏡悪性腫瘍手術法開発の経緯ー. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.07 福岡

  79. 星野明弘、中島康晃、川田研郎、東海林裕、岡田卓也、山口和哉、松山貴俊、小嶋一幸、絹笠祐介. 腹腔鏡下食道切除術に対する術後早期経口摂取開始のためのクリニカルパスとその成績. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06 福岡

  80. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、山口和哉、松山貴俊、小嶋一幸、絹笠祐介. 頭頚部癌放射線治療後の遺残・再燃例へのサルベージ経口的手術. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06 福岡

  81. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、山口和哉、川村雄大、永井鑑、秋田恵一、絹笠祐介. 上縦隔における食道周囲の密性結合織による模様構造の組織学的検討. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  82. 星野明弘、中島康晃、山口和哉、久米雄一郎、了徳寺大郎、岡田卓也、松山貴俊、東海林裕、川田研郎、小嶋一幸、絹笠祐介. 完全縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清術を安全に行うための工夫とトラブルへの対応策. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.22 東京

  83. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、山口和哉、川村雄大、永井 鑑、秋田恵一、絹笠祐介. 縦隔アプローチ食道癌根治術での気管拳上鈎を用いた106tbLリンパ節郭清手技. 第70回日本気管食道科学会総会 2018.11.09 東京

  84. 星野明弘、中島康晃、川田研郎、東海林裕、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、川村雄大、松山貴俊、小嶋一幸、絹笠祐介. 縫合不全と誤嚥性肺炎に着目した胸腔鏡下食道切除術後における早期経口摂取開始のためのパスの導入とその成績. JDDW2018 (Japan Digestive Disease Week)第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.03 神戸

  85. 山口和哉、中島康晃、久米雄一郎、了徳寺大郎、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、川田研郎、絹笠祐介. 食道癌術後に生じた声帯麻痺の評価とその後の経過. 第71回日本胸部外科学会定期学術集会 2018.10.06 東京

  86. 星野明弘、山口和哉、久米雄一郎、了徳寺大郎、岡田卓也、東海林裕、川田研郎、河野辰幸、中島康晃. 縦隔鏡下食道癌根治術における完全鏡視下経裂孔的中下縦隔郭清術の工夫. 第71回日本胸部外科学会定期学術集会 2018.10.05 東京

  87. 東海林裕、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、山口和哉、川村雄大、永井鑑、秋田恵一、中島康晃、絹笠祐介. 両側頸部気縦隔法を用いた縦隔鏡による食道癌根治術. 第71回日本胸部外科学会定期学術集会 2018.10.05 東京

  88. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、山口和也、Andres Mora,伊藤崇、絹笠祐介. 生検の影響で深逹度診断が困難であった食道表在癌の1例. 第79回食道色素研究会 2018.08.18 東京

  89. 星野明弘、中島康晃、川田研郎、東海林裕、岡田卓也、了徳寺大郎、河野辰幸、松山貴俊、小嶋一幸、絹笠祐介. 食道癌根治術の縦隔鏡下経裂孔手技におけるヒヤリハットを予防するための工夫と成績. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  90. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、奥田将史、小嶋一幸、絹笠祐介. T1b食道癌内視鏡治療後の根治手術例におけるCT転移リンパ節診断. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  91. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、松山貴俊、永井鑑、小嶋一幸、秋田恵一、絹笠祐介. 両側頸部気縦隔法を用いた縦隔鏡による食道癌根治術. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  92. 久米雄一郎、岡田卓也、中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、了徳寺大郎、松山貴俊、井ノ口幹人、絹笠祐介. エレンタールを用いた食道癌化学療法における口内炎軽減効果の前向き比較検討. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  93. 山口和哉、星野明弘、中島康晃、川田研郎、東海林裕、岡田卓也、了徳寺大郎、松山貴俊、小嶋一幸、絹笠祐介. 胸腔鏡下食道切除術後における早期経口摂取開始のための評価法とパスの導入. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.11 鹿児島

  94. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、松山貴俊、井ノ口幹人、絹笠祐介. 切除不能局所進行食道癌に対するサルベージ手術ーその施行時期、適応に迫るー. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.11 鹿児島

  95. 了徳寺大郎、中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、川村雄大、松山貴俊、小嶋一幸、絹笠祐介. 当院におけるサルコペニア合併食道癌切除症例の検討. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.11 鹿児島

  96. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、松山貴俊、小嶋一幸、永井鑑、秋田恵一、絹笠祐介. 上縦隔における食道周囲の密性結合織の組織学的検討. 第72回日本食道学会学術集会 2018.06.29 宇都宮

  97. 山口和哉、中島康晃、奥田将史、久米雄一郎、了徳寺大郎、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、川田研郎、絹笠祐介. 食道癌手術の周術期管理における当院でのチーム医療の取り組み. 第72回日本食道学会学術集会 2018.06.29 宇都宮

  98. 久米雄一郎、川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、井ノ口幹人、小嶋一幸、絹笠祐介. 食道胃接合部癌の治療戦略. 第72回日本食道学会学術集会 2018.06.28 宇都宮

  99. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、川村雄大、山口和哉. 下咽頭浸潤を伴う頸部食道癌に対する咽頭温存手術ー術式の工夫と治療成績の報告ー. 第72回日本食道学会学術集会 2018.06.28 宇都宮

  100. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、奥田将史、川村雄大、山口和哉. 咽頭食道接合部、頸部食道表在癌に対する内視鏡治療を中心とした咽頭温存治療. 第72回日本食道学会学術集会 2018.06.28 宇都宮

  101. 川村雄大、川田研郎、東海林裕、星野明弘、松山貴俊、岡田卓也、了徳寺大郎、中島康晃、伊藤崇、絹笠祐介. 食道ESD後トリアムシノロン局注療法の狭窄予防効果に関する組織学的検討. 第72回日本食道学会学術集会 2018.06.28 宇都宮

  102. 星野明弘、中島康晃、川田研郎、東海林裕、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、奥田将史、川村雄大、山口和哉. 胸腔鏡手術における胸部操作時間の短縮のための完全縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清術. 第72回日本食道学会学術集会 2018.06.28 宇都宮

  103. 奥田将史、星野明弘、山口和哉、川村雄大、久米雄一郎、了徳寺大郎、岡田卓也、東海林裕、川田研郎、中島康晃. 胸腔鏡下食道切除術後における、クリニカルパスを用いた経口摂取開始評価と管理. 第72回日本食道学会学術集会 2018.06.28 宇都宮

  104. 星野 明弘, 中島 康晃, 川田 研郎, 東海林 裕, 岡田 卓也, 了徳寺 大郎, 久米 雄一郎, 山口 和哉, 松山 貴俊, 小嶋 一幸, 絹笠 祐介. 胸部食道癌に対する定型化した完全縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清の工夫と成績. 第43回日本外科系連合学会学術集会 2018.06.23 東京

  105. 川田研郎、岡田卓也、中島康晃. 下咽頭表在癌存在・範囲診断における経鼻内視鏡の有用性. 第95回日本消化器内視鏡学会総会 2018.05.11 東京

  106. 川村雄大、東海林裕、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、中嶌雄高、奥田将史、久米雄一郎、山口和哉、永井鑑、中島康晃、河野辰幸、秋田恵一、絹笠祐介. 縦隔における膜構造とその変化についての解剖学的検討. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  107. 山口和哉、星野明弘、川村雄大、奥田将史、久米雄一郎、了徳寺大郎、岡田卓也、東海林裕、川田研郎、中島康晃、河野辰幸、絹笠祐介. 胸腔鏡下食道切除術における早期経口摂取パスの導入とその成績. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  108. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、川村雄大、山口和哉. 切除不能局所進行食道癌集学的治療における手術療法ーバイパス手術、救済手術の可能性の探求. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  109. 星野明弘、中島康晃、川田研郎、東海林裕、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、奥田将史、川村雄大、山口和哉、小嶋一幸、安野正道、河野辰幸、絹笠祐介. 胸腔鏡下食道癌根治術における完全縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清手技の工夫と成績. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  110. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、川村雄大、山口和哉、Andres Mora、絹笠祐介. 食道咽頭癌の内視鏡治療. お茶の水SCクラブ 第7回学術集会(OSCC) 2018.03.09 東京

  111. 川田研郎、久米雄一郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、AndresMora,了徳寺大郎、奥田将史、山口和哉、川村雄大、伊藤崇. 食道癌CRT後の照射範囲内に発症した下咽頭浸潤を伴う頸部食道癌へ化学療法+内視鏡治療にて喉頭温存を試みた1例. 第41回食道癌集学的治療法検討会 2018.02.16 東京

  112. 東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、山口和哉、永井鑑. 非胸腔アプローチを用いた根治的食道切除術. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.09 京都

  113. 星野明弘,中島康晃,川田研郎,東海林裕,岡田卓也,了徳寺大郎,久米雄一郎,奥田将史,川村雄大,山口和哉,河野辰幸. 非開胸アプローチによる食道癌根治術につながる完全腹腔鏡縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清術の手技と工夫.. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.07 京都

  114. 東海林裕、星野明弘、岡田卓也、奥田将史、久米雄一郎、松井俊大、川村雄大、山口和哉、永井鑑、伊藤崇、中島康晃. 脂肪高含有経腸栄養負荷による乳糜胸胸発症予測因子の探索的研究. 第79回日本臨床外科学会総会 2017.11.24 東京

  115. 星野明弘,中島康晃,川田研郎,東海林裕,岡田卓也,久米雄一郎,奥田将史,松井俊大,川村雄大,山口和哉,河野辰幸. 食道癌における完全腹腔鏡縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清術 ―縦隔内食道離断と糸による食道牽引―.. 第79回日本臨床外科学会総会 2017.11.24 東京

  116. 久米雄一郎、中島康晃、川村雄大、山口和哉、奥田将史、了徳寺大郎、岡田卓也、星野明弘、東海林裕. 食道癌術後の鎮痛効果に関するアセトアミノフェン静注液(アセリオ)とオピオイドの比較検討. 第79回日本臨床外科学会総会 2017.11.24 東京

  117. 川村雄大、星野明弘、東海林裕、岡田卓也、了徳寺大郎、久米雄一郎、奥田将史、山口和哉、中島康晃. 高度肺気腫合併の高齢者食道胃接合部癌に対し気管開窓術を併施し腹腔鏡下非開胸食道抜去術を施行した一例. 第79回日本臨床外科学会総会 2017.11.23 東京

  118. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、川村雄大、山口和哉、石橋洋則、大久保憲一. 気道浸潤を伴う食道癌手術における起死回生の一手. 第79回日本臨床外科学会総会 2017.11.23 東京

  119. 山口和哉、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、A. Mora、長齢、奥田将史、久米雄一郎、中嶌雄高、小郷泰一、松井俊大、川村雄大、中島康晃、河野辰幸. 食道癌術後の胃食道逆流症. 第25回日本消化器関連学会週間(JDDW2017) 2017.10.14 福岡

  120. 星野明弘,山口和哉,川村雄大,松井俊大,久米雄一郎,奥田将史,小郷泰一,中嶌雄高,岡田卓也,東海林 裕,川田研郎,中島康晃. 食道癌手術における工夫としての縦隔内食道離断と食道牽引による完全腹腔鏡・縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清術. 第25回日本消化器関連学会週間JDDW2017 2017.10.13 福岡

  121. 中島 康晃, 川田 研郎, 東海林 裕, 星野 明弘, 岡田 卓也, 了徳寺大郎, 奥田 将史, 久米 雄一郎, 川村 雄大, 山口 和哉. 局所進行食道癌集学的治療における手術療法の位置付けー手術+Salvage CRT,バイパス+根治的化学放射線療法,根治的化学放射線療法+Salvage手術による手術を含めた治療戦略. 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 2017.09.29 札幌

  122. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、中嶌 雄高、奥田将史、永井 鑑、秋田恵一、河野辰幸. 非胸腔アプローチによる食道癌根治術-新たな視野で見えてくる縦隔解剖を踏まえて-. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22 金沢

  123. 星野明弘,中島康晃,川田研郎,東海林裕,岡田卓也,久米雄一郎,奥田将史,小郷泰一,中嶌雄高,松井俊大,川村雄大,山口和哉,長齢,Andres Mora,河野辰幸. 胸部食道癌における完全腹腔鏡・縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清の工夫―食道牽引と縦隔内食道離断―. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

  124. 川村雄大、川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、奥田将史、久米雄一郎、山口和哉、河野辰幸. 食道癌術後異時性残食道癌の臨床病理学的検討. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21 金沢

  125. 東海林裕、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、中嶌雄高、奥田将史、久米雄一郎、松井俊大、川村雄大、山口和哉、永井鑑、秋田恵一、河野辰幸、中島康晃. 非胸腔アプローチにおけるpitfall-至適剥離層による周囲臓器損傷の予防-. 第4回非胸腔アプローチによる食道癌根治術研究会 2017.07.21 金沢

  126. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、Andres Mora、川村雄大、山口和哉、河野辰幸. バレット食道癌の手術適応と私的リンパ節郭清. 第72回日本消化器外科学会 2017.07.21 金沢

  127. 中島 康晃, 川田 研郎, 東海林 裕, 星野 明弘, 岡田 卓也, 奥田 将史, 久米 雄一郎, 川村 雄大, 山口 和哉, 河野 辰幸. もれない胃管作成法ー血流の良い胃管形成・吻合法および吻合 部・胃管内視鏡観察に基づく術後管理法. 第 72 回日本消化器外科学会総会 2017.07.21 金沢

  128. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、Andres Mora、川村雄大、山口和哉、岡田隆平、野村文敬、清川佑介、有泉陽介、朝蔭孝宏、伊藤崇、河野辰幸. ELPS+ESDを行った下咽頭〜食道を往来する下咽頭癌の1例. 第18回頭頸部表在癌研究会 2017.07.01 東京

  129. 星野明弘,山口和哉,川村雄大,松井俊大,久米雄一郎,奥田将史,小郷泰一,中嶌雄高,岡田卓也,東海林 裕,川田研郎,中島康晃. 食道癌に対する完全腹腔鏡・縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清の工夫. 第42回日本外科系連合学会学術集会 2017.06.30

  130. 東海林裕、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、小郷泰一、中嶌雄高、奥田将史、久米雄一郎、松井俊大、川村雄大、山口和哉、永井 鑑、秋田恵一、中島康晃. 非胸腔アプローチによる食道癌根治術―大動脈弓を境とした膜構造の変化を踏まえて―. 第71回日本食道学会学術集会 2017.06.16 軽井沢

  131. 星野明弘,中島康晃,川田研郎,東海林裕,岡田卓也,久米雄一郎,奥田将史,小郷泰一,中嶌雄高,松井俊大,川村雄大,山口和哉,長齢,Andres Mora,河野辰幸. 食道牽引と縦隔内食道離断による食道癌に対する完全腹腔縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清. 第71回日本食道学会学術集会 2017.06.16

  132. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、Andres Mora、川村雄大、山口和哉、河野辰幸. 食道癌における他臓器重複癌のしんだんと治療〜同時性下咽頭癌を中心に. 第71回日本食道学会 2017.06.15 軽井沢

  133. 星野明弘,山口和哉,川村雄大,松井俊大,久米雄一郎,奥田将史,小郷泰一,中嶌雄高,岡田卓也,東海林裕,川田研郎,中島康晃. 腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術TAPP法における修練医への教育に関する検討. 第15回日本ヘルニア学会学術集会 2017.06.03

  134. 星野明弘,山口和哉,川村雄大,松井俊大,久米雄一郎,奥田将史,小郷泰一,中嶌雄高,岡田卓也,東海林 裕,川田研郎,中島康晃. 食道癌における腹腔鏡縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清の工夫と実際. 第174回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2017.06.03

  135. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、小郷泰一、中嶌雄高、奥田将史、松井俊大、川村雄大、山口和哉、永井 鑑、中嶋昭、河野辰幸. 腹膜前腔操作で行う鼠径ヘルニア手術の最終形は単孔TEP法である. 第15回日本ヘルニア学会学術総会 2017.06.02 東京

  136. 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、Andres Mora、川村雄大、山口和哉、河野辰幸. BLI拡大内視鏡による食道表在癌深逹度診断. 第93回日本消化器内視鏡学会総会 2017.05.12 大阪

  137. 東海林裕、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、小郷泰一、中嶌雄高、奥田将史、久米雄一郎、松井俊大、川村雄大、山口和哉、永井 鑑、秋田恵一、中島康晃. 非胸腔アプローチによる食道癌縦隔郭清の手技と治療成績. 第117回日本外科学会総会 2017.04.28 横浜

  138. 星野明弘,中島康晃,川田研郎,東海林裕,岡田卓也,久米雄一郎,小郷泰一,奥田将史,中嶌雄高,松井俊大,川村雄大,山口和哉,長齢,Andres Mora,安野正道,小嶋一幸,河野辰幸 . 胸腔鏡下食道切除術における早期経口摂取開始のための工夫. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.28

  139. 中島 康晃, 川田 研郎, 東海林 裕, 星野 明弘, 岡田 卓也, 奥田 将史, 小郷 泰一, 久米 雄一郎, 川村 雄大, 山口 和哉, 河野 辰幸. 局所進行食道癌に対する治療戦略―食事摂取早期改善を目指した食道バイパス術先行根治的化学放射 線療法を中心に. 第 117 回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  140. 東海林裕、永井 鑑、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、中嶌雄高、小郷泰一、奥田将史、松井俊大、川村雄大、山口和哉、秋田恵一、中島康晃. 頸部食道癌における気縦隔を用いた上縦隔郭清−Thiel法固定献体での検討. 第27回日本気管食道科学会専門医大会 2017.04.09 仙台

  141. 東海林裕,中島康晃,川田研郎,星野明弘),岡田卓也,中嶌 雄高,藤原尚志, 奥田将史,久米 雄一郎,松井俊大,川村雄大,山口和哉,永井鑑,秋田恵一,河野辰幸. 非胸腔アプローチを用いた食道切除術-両側頸部からの気縦隔操作により徹底した上縦隔リンパ節郭清が可能となる-. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.08 横浜

  142. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、小郷泰一、奥田将史、中嶌雄高、松井俊大、川村雄大、山口和哉、永井鑑、中嶋昭、河野辰幸.. 腹腔内観察を併用した単孔TEP法.. 第78回日本臨床外科学会総会 2016.11.25 東京

  143. 東海林裕、中島康晃、川田研郎、星野明弘、岡田卓也、小郷泰一、奥田将史、中嶌雄高、久米雄一郎、松井俊大、川村雄大、山口和哉、永井鑑、秋田恵一、河野辰幸.. 非開胸下食道癌根治術を意図した両側頸部からの気縦隔下上縦隔郭清手技.. 第78回日本臨床外科学会総会 2016.11.25 東京

  144. 星野明弘、中島康晃、川田研郎、東海林裕、岡田卓也、小郷泰一、奥田将史、中嶌雄高、久米雄一郎、松井俊大、川村雄大、山口和哉、長齢、Mora Andres.. 食道胃頸部吻合術における術後早期の経鼻内視鏡による消化管観察.. 第78回日本臨床外科学会総会 2016.11.25 東京

  145. 中島康晃、川田研郎、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、小郷泰一、奥田将史、川村雄大、山口和哉、河野辰幸.. 切除不能局所進行食道癌に対する救済手術―救済手術はどのような症例に,どのタイミングで行うのがよいか.. 第78回日本臨床外科学会総会 2016.11.24 東京

  146. 川村雄大、川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、小郷泰一、奥田将史、中嶌雄高、久米雄一郎、松井俊大、長齢、Andres Mora、山口和哉、河野辰幸.. 食道癌術後22年目に生じた高齢者下咽頭~頸部食道表在癌の1例. 第68回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2016.11.18 東京

  147. 中嶌雄高、川田研郎、杉本太郎、山口和哉、川村雄大、久米雄一郎、小郷泰一、奥田将史、清川佑介、岡田卓也、星野明弘、東海林裕、中島康晃、朝蔭孝宏、河野辰幸.. 下咽頭癌と同時性に重複した食道癌の治療成績.. 第68回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2016.11.18 東京

  148. 山口和哉、川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、小郷泰一、奥田将史、中嶌雄高、久米雄一郎、松井俊大、長齢、Andres Mora、川村雄大、河野辰幸.. 下咽頭・食道・胃・肺の同時性4臓器5重複癌の1例.. 第68回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2016.11.18 東京

  149. 岡田卓也.. 国際医療協力、臨床・研究・学生教育の観点から.. 第68回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2016.11.17 東京

  150. 中島康晃, 川田研郎, 東海林 裕, 千葉哲磨, 星野明弘, 岡田卓也, 藤原直人, 奥田将史, 小郷泰一, 中嶌雄高, 松井俊大, 河野辰幸.. 根治のために反回神経合併切除が必要な進行食道癌に対する治療戦略.. 第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016) 2016.11.05 神戸

  151. 東海林 裕、中島 康晃、川田 研郎、星野 明弘、岡田 卓也、小郷 泰一、奥田 将史、中嶌 雄高、松井 俊大、川村 雄大、山口 和哉、永井  鑑、中嶋  昭、河野 辰幸. より確実な診断のための腹腔内観察を併用した単孔TEP法. 第14回日本ヘルニア学会学術集会 2016.10.29 東京

  152. 中島康晃, 川田研郎, 東海林 裕, 星野明弘, 岡田卓也, 奥田将史, 小郷泰一, 中嶌雄高, 川村雄大, 山口和哉, 河野辰幸.. DCF時代の食道癌化学療法-S1+パクリタキセル療法による二次治療成績の検証.. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10.21 横浜

  153. 丘 佳恵,岡田卓也,東海林裕,中島康晃,川田研郎,千葉哲磨,星野明弘,奥田将史,小郷泰一,中嶌雄高,久米雄一郎,松井俊大,河野辰幸. 頸部食道神経鞘腫の1切除例. 第839回外科集談会 2015.12.12 東京

  154. 奥田 将史,中島 康晃,松井 俊大,小郷 泰一,藤原 尚志,齋藤 賢将,藤原 直人,了徳寺 大郎,岡田 卓也,宮脇 豊,東海林 裕,川田 研郎,永井 鑑,河野 辰幸. cT3 食道癌における病理学的癌遺残度の検討. 第115回日本外科学会定期学術集会 2015.04.16 名古屋

  155. 中島康晃, 川田研郎, 東海林 裕, 宮脇 豊, 岡田卓也, 藤原直人, 了徳寺大郎, 齋藤賢将, 藤原尚志, 小郷泰一, 奥田将史, 永井 鑑, 河野辰幸.. Stage II/III食道癌に対する術前化学療法の功罪.. 第52回日本癌治療学会学術集会 2014.08.28

  156. 奥田 将史, 東海林 裕, 中嶋 昭, 川村 徹, 佐藤 康, 中島 康晃, 川田 研郎, 星野 明弘, 宮脇 豊, 岡田 卓也, 太田 俊介, 藤原 直人, 齋藤 賢将, 藤原 尚志, 小郷 泰一, 永井 鑑, 河野 辰幸. 鼠径ヘルニアにおけるCTおよび ヘルニオグラフィーでの診断能の TAPPでの検証. 第12回日本ヘルニア学会学術集会 2014.06.07 東京

  157. 中島康晃, 川田研郎, 東海林 裕, 宮脇 豊, 岡田卓也, 了徳寺大郎, 藤原直人, 齋藤賢将, 藤原尚志, 小郷泰一, 永井 鑑, 河野辰幸.. R2手術となった局所進行食道癌に対する治療ーSalvage CRTという治療概念とその成績.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.05 京都

  158. 奥田 将史, 東海林 裕, 中嶋 昭, 川村 徹, 佐藤 康, 中島 康晃, 川田 研郎, 星野 明弘, 宮脇 豊, 岡田 卓也, 太田 俊介, 藤原 直人, 齋藤 賢将, 藤原 尚志, 小郷 泰一 , 永井 鑑, 河野 辰幸. 鼠径ヘルニアにおけるCTおよびヘルニオグラフィーでの診断能のTAPPでの検証. 第3回お茶の水ヘルニア研究会 2014.03.08 東京

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウィルス感染症治療と外国人患者対応について,EURO NEWS,Spotlight,2020年11月04日