基本情報

写真a

藤井 俊光(フジイ トシミツ)

FUJII Toshimitsu


職名

准教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 消化器内科 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 消化器連携医療学講座 准教授

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脂質応答性リンパ球の制御によるIBD新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 病原性メモリーリンパ球の包括的制御によるIBD新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 炎症性腸疾患の寛解期に果たす口腔ケアの役割:口腔と腸内細菌叢に着目した研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 腸炎関連性発癌予防に寄与する専門的口腔ケア方法の可能性

    文部科学省/日本学術振興会

  • 炎症性腸疾患の病態進行に関与する口腔細菌の探索と制御方法

    文部科学省/日本学術振興会

  • NK細胞サブセットによるクローン病新規治療標的の抽出

    文部科学省/日本学術振興会

  • クローン病の腸管MR画像におけるマルチベンダー対応AI画像診断支援システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Ryuichi Okamoto, Akihiro Yamada, Reiko Kunisaki, Minoru Matsuura, Kenji Watanabe, Hisashi Shiga, Noritaka Takatsu, Shigeki Bamba, Yohei Mikami, Takayuki Yamamoto, Takahiro Shimoyama, Satoshi Motoya, Takehiro Torisu, Taku Kobayashi, Naoki Ohmiya, Masayuki Saruta, Koichiro Matsuda, Takayuki Matsumoto, Hiroshi Nakase, Atsuo Maemoto, Shinichiro Shinzaki, Yoko Murata, Shinichi Yoshigoe, Ayako Sasaki, Tsutomu Yajima, Tadakazu Hisamatsu. Characteristics of adult patients newly diagnosed with Crohn's disease: interim analysis of the nation-wide inception cohort registry study of patients with Crohn's disease in Japan (iCREST-CD). J Gastroenterol. 2022.11; 57 (11): 867-878. ( PubMed, DOI )

  2. Ami Kawamoto, Toshimitsu Fujii, Ryuji Mitani, Yasuhiro Suzuki, Tsunehito Yauchi, Ryuichi Okamoto. Serum Levels of Infliximab Biosimilar in a Child Delivered From a Mother Treated for Ulcerative Colitis.( Online ahead of print.) Inflamm Bowel Dis. 2022.06; ( PubMed, DOI )

  3. Shuji Hibiya, Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Ami Kawamoto, Yusuke Matsuyama, Yumi Udagawa, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Mucosal healing of small intestinal stricture is associated with improved prognosis post-dilation in Crohn's disease. BMC Gastroenterol. 2022.05; 22 (1): 218. ( PubMed, DOI )

  4. Yoshio Kitazume, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yasuo Ozawa, Koichiro Kimura, Ryosuke Watanabe, Junichi Tsuchiya, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe, Ukihide Tateishi. Motility Mapping Quantification Using the Classical Optical Flow Algorithm for Small Bowel Crohn's Disease: Comparison with Balloon-assisted Enteroscopy Findings. Magn Reson Med Sci. 2022.05; Online ahead of print. ( PubMed, DOI )

  5. Kaoru Suzuki, Yoichi Kakuta, Takeo Naito, Tetsuya Takagawa, Hiroyuki Hanai, Hiroshi Araki, Yu Sasaki, Hirotake Sakuraba, Makoto Sasaki, Tadakazu Hisamatsu, Satoshi Motoya, Takayuki Matsumoto, Motoyuki Onodera, Yoh Ishiguro, Hiroshi Nakase, Akira Andoh, Sakiko Hiraoka, Masaru Shinozaki, Toshimitsu Fujii, Takehiko Katsurada, Taku Kobayashi, Mikihiro Fujiya, Takafumi Otsuka, Naoki Oshima, Yasuo Suzuki, Yuichirou Sato, Ryota Hokari, Mitsunori Noguchi, Yuki Ohta, Minoru Matsuura, Yosuke Kawai, Katsushi Tokunaga, Masao Nagasaki, Hisaaki Kudo, Naoko Minegishi, Daisuke Okamoto, Yusuke Shimoyama, Rintaro Moroi, Masatake Kuroha, Hisashi Shiga, Dalin Li, Dermot P B McGovern, Yoshitaka Kinouchi, Atsushi Masamune, . Genetic Background of Mesalamine-induced Fever and Diarrhea in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease. Inflamm Bowel Dis. 2022.01; 28 (1): 21-31. ( PubMed, DOI )

  6. Takeo Yoshihara, Shinichiro Shinzaki, Takahiro Amano, Hideki Iijima, Tetsuo Takehara, Nagamu Inoue, Motoi Uchino, Motohiro Esaki, Taku Kobayashi, Masayuki Saruta, Ken Sugimoto, Shiro Nakamura, Keisuke Hata, Fumihito Hirai, Sakiko Hiraoka, Toshimitsu Fujii, Minoru Matsuura, Katsuyoshi Matsuoka, Kenji Watanabe, Hiroshi Nakase, Mamoru Watanabe. Concomitant use of an immunomodulator with ustekinumab as an induction therapy for Crohn's disease: A systematic review and meta-analysis. J Gastroenterol Hepatol. 2021.07; 36 (7): 1744-1753. ( PubMed, DOI )

  7. Hiroshi Nakase, Motoi Uchino, Shinichiro Shinzaki, Minoru Matsuura, Katsuyoshi Matsuoka, Taku Kobayashi, Masayuki Saruta, Fumihito Hirai, Keisuke Hata, Sakiko Hiraoka, Motohiro Esaki, Ken Sugimoto, Toshimitsu Fuji, Kenji Watanabe, Shiro Nakamura, Nagamu Inoue, Toshiyuki Itoh, Makoto Naganuma, Tadakazu Hisamatsu, Mamoru Watanabe, Hiroto Miwa, Nobuyuki Enomoto, Tooru Shimosegawa, Kazuhiko Koike. Evidence-based clinical practice guidelines for inflammatory bowel disease 2020. J Gastroenterol. 2021.06; 56 (6): 489-526. ( PubMed, DOI )

  8. Yoshio Kitazume, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Koichiro Kimura, Yusuke Ogihara, Tomoyuki Fujioka, Junichi Tsuchiya, Toshimitsu Fujii, Mamoru Watanabe, Ukihide Tateisi. Crohn disease: magnetic resonance enterocolonography features of endoscopic ulcer stages reclassified with the healing process and the relationships to prognoses. Jpn J Radiol. 2021.05; 39 (5): 459-476. ( PubMed, DOI )

  9. Motoi Uchino, Hiroki Ikeuchi, Keisuke Hata, Tomohiro Minagawa, Yuki Horio, Ryuichi Kuwahara, Shiro Nakamura, Kenji Watanabe, Masayuki Saruta, Toshimitsu Fujii, Taku Kobayashi, Ken Sugimoto, Fumihito Hirai, Motohiro Esaki, Sakiko Hiraoka, Katsuyoshi Matsuoka, Shinichiro Shinzaki, Minoru Matsuura, Nagamu Inoue, Hiroshi Nakase, Mamoru Watanabe. Does anti-tumor necrosis factor alpha prevent the recurrence of Crohn's disease? Systematic review and meta-analysis. J Gastroenterol Hepatol. 2021.04; 36 864-872. ( PubMed, DOI )

  10. Motoi Uchino, Hiroki Ikeuchi, Keisuke Hata, Tomohiro Minagawa, Yuki Horio, Ryuichi Kuwahara, Shiro Nakamura, Kenji Watanabe, Masayuki Saruta, Toshimitsu Fujii, Taku Kobayashi, Ken Sugimoto, Fumihito Hirai, Motohiro Esaki, Sakiko Hiraoka, Katsuyoshi Matsuoka, Shinichiro Shinzaki, Minoru Matsuura, Nagamu Inoue, Hiroshi Nakase, Mamoru Watanabe. Intestinal cancer in patients with Crohn's disease: A systematic review and meta-analysis. J Gastroenterol Hepatol. 2021.02; 36 329-336. ( PubMed, DOI )

  11. Chikako Watanabe, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Kaoru Yokoyama, Naoki Yoshimura, Taku Kobayashi, Hirokazu Yamagami, Kazuya Kitamura, Kagaya Takashi, Shiro Nakamura, Makoto Naganuma, Shunji Ishihara, Motohiro Esaki, Maria Yonezawa, Reiko Kunisaki, Atsushi Sakuraba, Naoaki Kuji, Soichiro Miura, Toshifumi Hibi, Yasuo Suzuki, Ryota Hokari. Non-adherence to medications in pregnant ulcerative colitis patients contributes to disease flares and adverse pregnancy outcomes. Dig Dis Sci. 2021.02; 66 577-586. ( PubMed, DOI )

  12. Shuji Hibiya, Yusuke Matsuyama, Toshimitsu Fujii, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kimiko Ito, Hiromichi Shimizu, Ami Kawamoto, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Masakazu Nagahori, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Kazuo Ohtsuka, Takeo Fujiwara, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. 5-aminosalicylate-intolerant patients are at increased risk of colectomy for ulcerative colitis. Aliment Pharmacol Ther. 2021.01; 53 (1): 103-113. ( PubMed, DOI )

  13. Yoshio Kitazume, Junichi Tsuchiya, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Koichiro Kimura, Ryosuke Watanabe, Tomoyuki Fujioka, Toshimitsu Fujii, Mamoru Watanabe, Ukihide Tateisi. High b-value computed diffusion-weighted imaging for differentiating bowel inflammation in Crohn's disease. Eur J Radiol. 2020.10; 133 109362. ( PubMed, DOI )

  14. Shigeki Bamba, Ryosuke Sakemi, Toshimitsu Fujii, Teruyuki Takeda, Shin Fujioka, Kento Takenaka, Hiroki Kitamoto, Shotaro Umezawa, Hirotake Sakuraba, Toshihiro Inokuchi, Norimasa Fukata, Shinta Mizuno, Masaki Yamashita, Shinichiro Shinzaki, Hiroki Tanaka, Hidetoshi Takedatsu, Ryo Ozaki, Kei Moriya, Manabu Ishii, Tetsu Kinjo, Keiji Ozeki, Makoto Ooi, Ryohei Hayashi, Kazuki Kakimoto, Yuichi Shimodate, Kazuya Kitamura, Akihiro Yamada, Akira Sonoda, Yu Nishida, Kyouko Yoshioka, Shinya Ashizuka, Fumiaki Takahashi, Toshio Shimokawa, Taku Kobayashi, Akira Andoh, Toshifumi Hibi. A nationwide, multi-center, retrospective study of symptomatic small bowel stricture in patients with Crohn's disease. J. Gastroenterol. 2020.06; 55 (6): 615-626. ( PubMed, DOI )

  15. Hiromichi Shimizu, Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Rapid prediction of 1-year efficacy of tofacitinib for treating refractory ulcerative colitis. Intest Res. 2020.06; Online ahead of print.. ( PubMed, DOI )

  16. Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe, Kazuo Ohtsuka. Small Bowel Healing Detected by Endoscopy in Patients With Crohn's Disease After Treatment With Antibodies Against Tumor Necrosis Factor. Clin. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.08; ( PubMed, DOI )

  17. Shintaro Akiyama, Katsuyoshi Matsuoka, Kyoko Fukuda, Shunsuke Hamada, Mikiko Shimizu, Kosaku Nanki, Shinta Mizuno, Hiroki Kiyohara, Mari Arai, Shinya Sugimoto, Yasushi Iwao, Haruhiko Ogata, Tadakazu Hisamatsu, Makoto Naganuma, Maiko Motobayashi, Kohei Suzuki, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mayumi Mochizuki, Mamoru Watanabe, Masayuki Hashiguchi, Takanori Kanai. Long-term effect of NUDT15 R139C on hematologic indices in inflammatory bowel disease patients treated with thiopurine. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2019.05; ( PubMed, DOI )

  18. Atsushi Yoshida, Noriko Kamata, Akihiro Yamada, Yoko Yokoyama, Teppei Omori, Toshimitsu Fujii, Ryohei Hayashi, Tetsu Kinjo, Akira Matsui, Norimasa Fukata, Sakuma Takahashi, Ryosuke Sakemi, Noriyuki Ogata, Shinya Ashizuka, Shigeki Bamba, Makoto Ooi, Shuji Kanmura, Katsuya Endo, Takuya Yoshino, Hiroki Tanaka, Toshio Morizane, Shinichiro Shinzaki, Taku Kobayashi. Pneumonia in patients with inflammatory bowel disease. Inflamm Intest Dis. 2019.04; 3 (4): 167-172. ( PubMed, DOI )

  19. Shinichiro Shinzaki, Toshimitsu Fujii, Shigeki Bamba, Maiko Ogawa, Taku Kobayashi, Masahide Oshita, Hiroki Tanaka, Keiji Ozeki, Sakuma Takahashi, Hiroki Kitamoto, Kazuhito Kani, Sohachi Nanjo, Takeshi Sugaya, Yuko Sakakibara, Toshihiro Inokuchi, Kazuki Kakimoto, Akihiro Yamada, Hisae Yasuhara, Yoko Yokoyama, Takuya Yoshino, Akira Matsui, Misaki Nakamura, Taku Tomizawa, Ryosuke Sakemi, Noriko Kamata, Toshifumi Hibi. Seven days triple therapy for eradication of Helicobacter pylori does not alter the disease activity of patients with inflammatory bowel disease. Intest Res. 2018.10; 16 (4): 609-618. ( PubMed, DOI )

  20. Fumihiko Iwamoto, Katsuyoshi Matsuoka, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Toru Kuno, Keisuke Tanaka, Yuya Tsukui, Shoji Kobayashi, Takashi Yoshida, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tatsuya Yamaguchi, Masakazu Nagahori, Tadashi Sato, Kazuo Ohtsuka, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Prediction of disease activity of Crohn's disease through fecal calprotectin evaluated by balloon-assisted endoscopy. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  21. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Mamoru Watanabe. Utility of Magnetic Resonance Enterography For Small Bowel Endoscopic Healing in Patients With Crohn's Disease. Am. J. Gastroenterol.. 2018.02; 113 (2): 283-294. ( PubMed, DOI )

  22. Taku Kobayashi, Asahi Hishida, Hiroki Tanaka, Yoichiro Nuki, Shigeki Bamba, Akihiro Yamada, Toshimitsu Fujii, Shinichiro Shinzaki, Yoko Yokoyama, Atsushi Yoshida, Keiji Ozeki, Shinya Ashizuka, Noriko Kamata, Sohachi Nanjo, Kazuki Kakimoto, Misaki Nakamura, Akira Matsui, Ryosuke Yamauchi, Sakuma Takahashi, Taku Tomizawa, Takuya Yoshino, Toshifumi Hibi. Real-world Experience of Anti-tumor Necrosis Factor Therapy for Internal Fistulas in Crohn's Disease: A Retrospective Multicenter Cohort Study. Inflamm. Bowel Dis.. 2017.12; 23 (12): 2245-2251. ( PubMed, DOI )

  23. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Akihiro Araki, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance evaluation for small bowel strictures in Crohn's disease: comparison with balloon enteroscopy. [Epub ahead of print] J. Gastroenterol.. 2017.08; 52 (8): 879-888. ( PubMed, DOI )

  24. Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Yoshio Kitazume, Toshimitsu Fujii, Katsuyoshi Matsuoka, Maiko Kimura, Takashi Nagaishi, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance enterography for the evaluation of the deep small intestine in Crohn's disease. Intest Res. 2016.04; 14 (2): 120-126. ( PubMed, DOI )

  25. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tomoyuki Fujioka, Katsuyoshi Matsuoka, Makoto Naganuma, Mamoru Watanabe. Correlation of the Endoscopic and Magnetic Resonance Scoring Systems in the Deep Small Intestine in Crohn's Disease. Inflamm. Bowel Dis.. 2015.05; ( PubMed, DOI )

  26. Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Efficacy of salvage therapy and its effect on operative outcomes in patients with ulcerative colitis. Digestion. 2014.01; 89 (1): 55-60. ( PubMed, DOI )

  27. Toshimitsu Fujii, Makoto Naganuma, Yoshio Kitazume, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Advancing magnetic resonance imaging in Crohn's disease. Digestion. 2014.01; 89 (1): 24-30. ( PubMed, DOI )

  28. Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Biologics treatment for ulcerative colitis. Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2013.11; 110 (11): 1909-1915. ( PubMed )

  29. Makoto Naganuma, Toshimitsu Fujii, Reiko Kunisaki, Naoki Yoshimura, Masakazu Takazoe, Yoshiaki Takeuchi, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Keiko Asakura, Toru Takebayashi, Mamoru Watanabe. Incidence and characteristics of the 2009 influenza (H1N1) infections in inflammatory bowel disease patients. J Crohns Colitis. 2013.05; 7 (4): 308-313. ( PubMed, DOI )

  30. Makoto Naganuma, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Junko Morio, Eiko Saito, Mamoru Watanabe. Poor recall of prior exposure to varicella zoster, rubella, measles, or mumps in patients with IBD. Inflamm. Bowel Dis.. 2013.02; 19 (2): 418-422. ( PubMed, DOI )

  31. 河本亜美、藤井俊光. 炎症性腸疾患の分子標的治療を総括する〜抗TNF-α抗体製剤〜 INTESTINE. 2021.09; 25 (3): 259-266.

  32. 藤井 俊光, 岡本 隆一. 【同種・同効薬の使い分け 疾患×基本薬のエビデンスを整理する】(第4章)消化器系の基本薬の使い分け 潰瘍性大腸炎への分子標的薬はどう選ぶ? 薬事. 2021.05; 63 (7): 1387-1394. ( 医中誌 )

  33. 日比谷 秀爾, 藤井 俊光, 岡本 隆一. 【炎症性腸疾患診療の新たな展開】鑑別すべき腸疾患 臨牀と研究. 2021.05; 98 (5): 569-572. ( 医中誌 )

  34. 日比谷秀爾、藤井俊光、岡本隆一、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎における5-ASA不耐は予後不良である 腸INTESTINE. 2021.05; 25 (1): 115-118.

  35. 日比谷秀爾、藤井俊光、岡本隆一. 特集/炎症性腸疾患診療の新たな展開 鑑別すべき腸疾患 臨牀と研究. 2021.05; 98 (5): 569-572.

  36. 竹中健人、北詰良雄、大塚和朗、藤井俊光、渡辺 守、岡本隆一. MR enterographyの実際と有用性 臨床消化器内科. 2021.01; 36 (2): 208-214.

  37. 大島 茂、藤井俊光、渡辺 守. 炎症性腸疾患とサイトカインを標的とした生物学的製剤 炎症と免疫. 2020.10; 28 (6): 66-71.

  38. 藤井俊光、長堀正和、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎、クローン病 臨床と研究. 2020.04; 97 (4): 32-38.

  39. 藤井俊光. 抗TNFα抗体 消化器外科. 2020.03; 43 (3): 333-336.

  40. 大塚和朗、竹中健人、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、清水寛路、日比谷秀爾、長堀正和、土屋輝一郎、渡辺 守. 重症度評価と粘膜治癒の意義 消化器内視鏡. 2020.02; 32 (2): 256-261.

  41. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、藤井俊光、渡辺守. クローン病におけるCross-Sectional Imaging IBD research. 2019.03; 13 (1): 32-37.

  42. 大塚和朗、福田将義、竹中健人、鈴木康平、長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、小林正典、渡辺 守. 【大腸内視鏡の話題-機器と挿入法】 挿入補助具 バルーン内視鏡 a.シングルバルーン Intestine. 2018.11; 22 (6): 567-569. ( 医中誌 )

  43. 藤井俊光、北詰良雄、竹中健人、渡辺 守. 【炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-】 炎症性腸疾患の検査・診断 炎症性腸疾患の画像診断 CT・MRI診断 MRI 日本臨床. 2018.04; 76 (3): 231-237.

  44. 藤井俊光. 【特集:IBD治療薬の最適化とは?】IBD治療におけるカルシニューリン阻害薬の最適化 IBD Research. 2018.03; 12 (1): 32-36.

  45. 藤井俊光、渡辺 守. 【病態から考え出されたIBD治療の進歩】 序説 Intestine. 2018.03; 22 (3): 221-224.

  46. 藤井俊光, 渡辺 守. 【クローン病の最新薬物療法】 クローン病のステロイド治療 プレドニゾロン、ブデソニドの使い方 消化器の臨床. 2018.02; 21 (1): 19-26. ( 医中誌 )

  47. 藤井俊光. 【コモンな難病 炎症性腸疾患の薬物療法】 IBD治療薬の選び方、使い方 新規治療法 薬事. 2018.01; 60 (1): 58-65. ( 医中誌 )

  48. 藤井俊光、渡辺 守. 【潰瘍性大腸炎-診断治療のアップデート】 潰瘍性大腸炎の病因・疫学 消化器・肝臓内科. 2018.01; 3 (1): 1-7. ( 医中誌 )

  49. 大塚和朗, 荒木昭博, 竹中健人, 藤井俊光, 渡辺 守. 【消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック】 小腸 小腸検査法の適応と使い分け 消化器内視鏡. 2017.03; 29 (3): 478-480. ( 医中誌 )

  50. 藤井俊光、渡辺 守. 【炎症性腸疾患-最近の診断・治療-】 炎症性腸疾患の定義・疫学 日本臨床. 2017.03; 75 (3): 357-363. ( 医中誌 )

  51. 北詰良雄, 竹中健人, 藤井俊光, 中江康太, 浜中隆宏, 大塚和朗, 渡辺 守, 立石宇貴秀. クローン病に対するMR enterocolonography 実践のポイント 映像情報Medical. 2016.12; 48 (14): 77-82. ( 医中誌 )

  52. 大塚和朗, 藤井俊光, 竹中健人, 松岡克善, 長堀正和, 木村麻衣子, 冨井翔平, 渡辺 守. 【診断に迷うIBDの非典型例】 非典型像を呈したクローン病 Intestine. 2016.11; 20 (6): 559-564. ( 医中誌 )

  53. 藤井俊光、渡辺 守. 【炎症性腸疾患を解き明かす-今後の解決すべき問題に向けて-】炎症性腸疾患モニタリング・画像診断の変遷 新たな低侵襲検査への挑戦 MRI検査の有用性 The GI Forefront. 2016.09; 12 (1): 35-37. ( 医中誌 )

  54. 北詰 良雄, 竹中 健人, 大塚 和朗, 藤井 俊光, 松岡 克善, 木村 麻衣子, 長堀 正和, 立石 宇貴秀. 【非腫瘍性消化管疾患の画像診断-beyond barium study and endoscopy-】 MR enterography 画像診断. 2016.08; 36 (10): 1028-1037. ( 医中誌 )

  55. 大塚和朗、竹中健人、北詰良雄、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、木村麻衣子、岩本史光、齊藤詠子、渡辺 守. 【新しい小腸・大腸画像診断-現状と将来展望】 MR entero-colonographyの有用性 胃と腸. 2016.06; 51 (7): 899-908. ( 医中誌 )

  56. 藤井俊光. 【臨床各科 差分解説:内科 消化器】クローン病におけるMRIの役割 日本医事新報. 2016.04; (4081): 54.

  57. 藤井俊光、渡辺 守. IBD治療のピットフォール(第9回) IBD患者の深部静脈血栓症/肺塞栓症のリスクと診断 IBD Research. 2016.03; 10 (1): 52-57. ( 医中誌 )

  58. 藤井俊光、渡辺 守. 【クローン病治療の最前線】 Mucosal healingの評価方法 Intestine. 2016.03; 20 (2): 181-189. ( 医中誌 )

  59. 大塚 和朗、竹中健人、長堀正和、松岡克善、藤井俊光、齊藤詠子、渡辺 守. 【特集 下部消化管:炎症からの発癌】炎症発癌の診断(4)小腸のサーベイランス INTESTINE. 2015.08; 19 (4): 381-384.

  60. 藤井俊光、渡辺 守. クローン病画像モダリティとしてのMRI 日本消化器病学会雑誌. 2015.07; 112 (7): 15-22.

  61. 藤井 俊光, 渡辺 守. 【クローン病診療における画像診断・内視鏡診断の活用法】 クローン病画像モダリティーとしてのMRI 日本消化器病学会雑誌. 2015.07; 112 (7): 1251-1258. ( 医中誌 )

  62. 大塚和朗、竹中健人、松沢 優、 前田康晴、小形典之、林 靖子、土屋 輝一郎、和田祥城、福田将義、長堀正和、齊藤詠子、藤井俊光、松岡克善、工藤進英、渡辺 守. 【診断困難な炎症性腸疾患】 潰瘍性大腸炎・Crohn病の副病変 胃と腸. 2015.06; 50 (7): 907-915. ( 医中誌 )

  63. 竹中健人,大塚和朗,北詰良雄,藤井俊光,渡辺 守. クローン病の小腸病変に対するMR所見とバルーン内視鏡所見の比較 INTESRINE. 2015.05; 19 (3): 312-314.

  64. 藤井 俊光. MRIによる腸管評価法 Medical Science Digest. 2015.05; 41 (5): 199-200. ( 医中誌 )

  65. 藤井俊光. 【New Technology】MRIによる腸管評価法 (MRI for inflammatory bowel disease) Medical Science Digest. 2015.04; 41 (5): 5-6.

  66. 竹中健人, 大塚和朗, 北詰良雄, 藤井俊光, 齊藤詠子, 長堀正和, 松岡克善, 藤岡友之, 渡辺 守. 診断講座 症例から学ぶIBD鑑別診断のコツ 新規モダリティによる画像診断のポイントシリーズ(その1) MREを用いたIBDの診断のポイント IBD Research. 2015.03; 9 (1): 66-73. ( 医中誌 )

  67. 藤井俊光, 渡辺 守. 巻頭3. 炎症性腸疾患ム生物学的製剤の課題と展望 消化器疾患 最新の治療 2015-2016. 2015.02;

  68. 長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 【潰瘍性大腸炎診療のトピックス】 潰瘍性大腸炎に対する生物学的製剤による治療 日本消化器病学会雑誌. 2013.11; 110 (11): 1909-1915. ( 医中誌 )

  69. 大塚和朗、藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守. 【Colitic cancerにどう立ち向かうか】 Dysplasiaをどう取り扱うか 消化器の臨床. 2013.06; 16 (3): 271-275. ( 医中誌 )

  70. 藤井 俊光, 北詰 良雄, 長沼 誠, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 大塚 和朗、渡辺 守. 【小腸疾患の臨床-最近の進歩】 クローン病に対するMREC(MR enterocolonography)の有用性 臨床消化器内科. 2013.05; 28 (7): 1069-1075. ( 医中誌 )

  71. 藤井 俊光, 長沼 誠, 森尾 純子, 齊藤 詠子, 長堀 正和, 渡辺 守. 【炎症性腸疾患の薬物療法の極意】 免疫調節薬/分子生物製剤を用いた難治性潰瘍性大腸炎に対する治療戦略 消化器内科. 2012.01; 54 (1): 28-33. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Toshimitsu Fujii. Carrent Progress of Endoscopy in Inflammatory Bowel Dosease:MR Enterography. Springer, 2018.11 Part Ⅰ The Role of Endoscopy in IBD

  2. 藤井俊光、渡辺 守. 【病気・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第4版】第3章 消化器疾患 22:潰瘍性大腸炎 . 医学書院, 2020.11

  3. 藤井俊光、渡辺 守. 【病気・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第4版】第3章 消化器疾患 23:クローン病. 医学書院, 2020.11

  4. 藤井俊光、長堀正和、渡辺 守. 【病気・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第3版】第3章 消化器疾患 22:潰瘍性大腸炎. 医学書院, 2016.12 第3章 消化器疾患 22:潰瘍性大腸炎

  5. 藤井俊光、長堀正和、渡辺 守. 【病気・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第3版】第3章 消化器疾患 23:クローン病 . 医学書院, 2016.12 第3章 消化器疾患 23:クローン病

  6. 藤井俊光. 【炎症性腸疾患Imaging Atlas-診断の極意と鑑別のポイント】4章:クローン病のImaging Atlas クローン病典型例_小腸病変(内視鏡・MR). 臨床医学出版, 2016.05 4章:クローン病のImaging Atlas クローン病典型例_小腸病変(内視鏡・MR)

  7. 藤井俊光. 【消化器研修ノート改訂第2版】C:その他の画像検査 1.X線検査─上部消化管・小腸. 診断と治療社, 2016.05 C:その他の画像検査 1.X線検査─上部消化管・小腸

  8. 藤井俊光、渡辺 守. 【消化管疾患診療のギモン・シツモン・アンコモン】2章 消化器疾患別Q&A Crohn病. 2015.10 2章 消化器疾患別Q&A Crohn病

  9. 藤井俊光、渡辺 守. 【消化管疾患診療のギモン・シツモン・アンコモン】2章 消化器疾患別Q&A 潰瘍性大腸炎. 日本医事新報社, 2015.10 2章 消化器疾患別Q&A 潰瘍性大腸炎

  10. 藤井俊光、渡辺 守. 【チェックリストで分かる! IBD治療薬の選び方・使い方ー重症度と患者背景から導く炎症性腸疾患の処方】第2章 治療薬の使い方 コツと落とし穴 その他の治療「現在開発中の新規治療」. 羊土社, 2015.10 第2章 治療薬の使い方 コツと落とし穴 その他の治療「現在開発中の新規治療」

  11. 藤井俊光、渡辺 守. 【チェックリストで分かる! IBD治療薬の選び方・使い方ー重症度と患者背景から導く炎症性腸疾患の処方】第2章 治療薬の使い方 コツと落とし穴 薬物治療 カルシニューリン阻害薬「タクロリムス・シクロスポリン」. 羊土社, 2015.10 【チェックリストで分かる! IBD治療薬の選び方・使い方ー重症度と患者背景から導く炎症性腸疾患の処方】第2章 治療薬の使い方 コツと落とし穴 薬物治療 カルシニューリン阻害薬「タクロリムス・シクロスポリン」

  12. 藤井俊光、中村哲也. 一冊できわめるステロイド診療ガイド. 文光堂, 2015.03 II.病気・病態に応じた使い方 5.消化器疾患患者に投与するときの注意 (ISBN : 978-4-8306-1019-6)

  13. 藤井俊光、渡辺 守. 【消化器疾患最新の治療 2015-2016】巻頭3. 炎症性腸疾患—生物学的製剤の課題と展望 . 南江堂, 2015.02 巻頭3. 炎症性腸疾患—生物学的製剤の課題と展望

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Marc Ferrante, Laurent Peyrin-Biroulet, Axel Dignass, David T. Rubin, Silvio Danese, Geert D'Haens, Kristina Kligys, Sofie Berg, Jasmina Kalabic, Javier Zambrano, Yafei Zhang, Toshimitsu Fujii, and Remo Panaccione. Clinical and Endoscopic Improvements with Risankizumab Induction and Maintenance Dosing Versus Placebo are Observed Irrespective of Number of Prior Failed Biologics. American College of Gastroenterology Annual Scientific Meeting 2022.10.25

  2. B. Feagan, J.-F. Colombel, J. Torres, T. Fujii, W. Zhou, X. Yao, Y. Sanchez Gonzalez, D. Ilo, X. Roblin. IMPACT OF INFLAMMATORY BURDEN ON EFFICACY OF UPADACITINIB MAINTENANCE THERAPY IN ULCERATIVE COLITIS: RESULTS FROM THE PHASE 3 U-ACHIEVE STUDY. UEGW2022 2022.10.11

  3. Ferrante, M.;Cao, Q.;Fujii, T.;Rausch, A.;Neimark, E.;Song, A.;Wallace, K.;Kligys, K.;Zhou, Q.;Kalabic, J.;Feagan, B.G.. Patients with moderate to severe Crohn’s Disease with and without prior biologic failure demonstrate improved endoscopic outcomes with risankizumab: Results from phase 3 induction and maintenance trials. ECCO2022 2022.02.18

  4. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一 . 【誌面発表】COVID-19蔓延下におけるスマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和3年度 第1回総会 2021.07.15 Web開催

  5. Toshimitsu Fujii, Shuji Hibiya, Chiaki Maeyashiki, Eiko Saito, Kento Takenaka, Maiko Motobayashi, Hiromichi Shimizu, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Masayuki Kurosaki, Tsunehito Yauchi, Mamoru Watanabe. Intolerance to 5-aminosalicylate is a risk of poor prognosis in Ulcerative colitis patients.. ECCO2020 2020.02.14 Vienna(Austria)

  6. Naoya Tsugawa, Takashi Nagaishi, Daiki Yamada, Toshimitsu Fujii, Yudai Kojima, Arisa Tokai, Taro Watabe, Shuang Wang, Michio Onizawa, Takahiro Adachi, Mamoru Watanabe. BCR signaling in the activated B cells may be regulated by the long isoform of Ceacam1. 第48回日本免疫学会学術集会 2019.12.11 アクトシティ浜松

  7. Eiko Saito, Kohei Suzuki, Shuuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Nobukatsu Horita, Hiromichi Shimizu, Michio Onizawa, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. The clinical efficacy of ustekinumab (UST) in patients with Crohn’s disease (CD). AOCC2019 2019.06.15 台北

  8. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe. Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. The 7th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis (AOCC 2019) 2019.06.15 台北

  9. 齊藤詠子、秋山慎太郎、鈴木康平、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、鬼澤道夫、藤井俊光、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. クローン病における抗TNF-α抗体二次無効時のウステキヌマブの治療成績について. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  10. Takenaka K, Ohtsuka K, Fujii T, Nagahori M, Saito E, Motobayashi M, Suzuki K, Watanabe M. Small bowel mucosal healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. FALKシンポジウム 2018.09.07 京都ホテルオークラ(京都府京都市)

  11. Saito E, Suzuki K, Shimizu H, Motobayashi M, Takenaka K, Onizawa M, Fujii T, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. The clinical efficacy of switching cases between Infliximab(IFX) andAdalimumab(ADA) in patients with ulcerative colitis. AOCC2018 2018.06.22 Shanghai

  12. Ohtsuka K, Takenaka K, Suzuki K, Fujii T, Nagahori M, Matsuoka K, Saito E, Katsukura N, Fukuda M, Araki A, Watanabe M. Usefulness of single-balloon enteroscopy: from a single center 990 experiences. DDW2018 2018.06.03 Washington D.C (USA)

  13. Fujii T, Kitazume Y, Takenaka K, Kimura M, Saito E, Matsuoka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. Simplified MR enterocolonography Classification Based on Endoscopic Findings for Activity Assessment of Crohn’s Disease. UEGW2017 2017.11.01 Barcelona(Spain)

  14. Tanaka H, Kamata N, Yamada A, Fujii T, Endo K, Yoshino T, Bamba S, Sugaya T, Kawaguchi T, Ishii M, Shinzaki S, Toya Y, Yanai Y, Yokoyama Y, Umeno J, Okada T, Kobayashi T, Nojima M, Hibi T. Usefulness of combination therapy with adalimumab and immunomodulators in patients with crohn’s disease: a large, multi-centre cohort study. UEGW2017 2017.10.31 Barcelona(Spain)

  15. Shinzaki S, Fujii T, Bamba S, Kobayashi T, Tanaka T, Yoshino T, Yamada A, Kamata N, Hibi T. Safety and efficacy of Helicobacter pylori eradication in patients with inflammatory bowel disease. UEGW2017 2017.10.31 Barcelona(Spain)

  16. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Fujii T, Matsuoka K, Kimura M, Nagahori M, Watanabe M. Utility of Magnetic Resonance Evaluation for Small Bowel Endoscopic Healing in Patients with Crohn’s Disease. UEGW2017 (欧州消化器病学会週間2017) 2017.10.30 Barcelona(Spain)

  17. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Matsuoka K, Fujii T, Nagahori M, Kimura M, Watanabe M.. Magnetic resonance enterography for small bowel mucosal healing in patients with Crohn’s disease.. APDW2017 2017.09.23 Hong Kong Convention and Exhibition Centre(香港)

  18. Motobayashi M, Matsuoka K, Iwamoto F, Takenaka K, Fujii T, Nagahori M, Enomoto N, Ohtsuka K, Watanabe M. Correlation of Fecal Calprotectin Levels with Endoscopic Severity Evaluated with Balloon-assisted Endoscopy in Patients with Crohn’s Disease. . AOCC2017 2017.06.17 Seoul, Korea

  19. Fujii T, Kitazume Y, Takenaka K, Kimura M, Matsuoka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. The 5-point MR enterocolonography classification based on endoscopic findings for activity assessment of Crohn's disease. AOCC2017 2017.06.16 Seoul (Korea)

  20. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance evaluation for small bowel endoscopic remission in patients with crohn’s disease.. AOCC2017 2017.06.15 Seoul, Korea

  21. Nibe Y, Oshima S, Aonuma E, Matsuda H, Otsubo K, Maeyashiki C, Kobayashia M, Matsuzawa Y , Nakada S, Watanabe M. Novel polyubiquitin imaging reveals that atypical polyubiquitin contribute to autophagy.. GI research Academy 2017 2017.06.09 経団連会館(東京都千代田区)

  22. Fujii T, Takenaka K, Kitazume Y, Kimura M, Matsuoka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. MR enterocolonography can detect small bowel strictures and predict surgery in patients with Crohn’s disease: Comparison with balloon enteroscopy. APDW2016 2016.11.03 Kobe convention center, KOBE(JAPAN)

  23. Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. MR enterocolonography evaluation for small bowel strictures in patients with Crohn’s disease: comparison with balloon enteroscopy. UEGW2016 2016.10.18 Vienna(Austria)

  24. Ohtsuka K, Takenaka K, Fujii T, Matsuoka K, Nagahori M, Kimura M, Fukuda M, Katsukura N, Watanabe M. Mucosal healing improves prognosis of endoscopic balloon dilatatiion for small intestinal strictures of Crohn's disease. AOCC2016 2016.07.09 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  25. Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. The evaluation for small bowel strictures on MR enterocolonography in patients with Crohn’s disease. AOCC2016 2016.07.08 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  26. Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Mamoru Watanabe. Enteroscopic and MR findings of small bowel in Crohn’s disease. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  27. Maiko Kimura, Katsuyoshi Matsuoka, Eiko Saito, Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Salvage therapy for corticosteroid-refractory ulcerative colitis patients.. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  28. Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Masayoshi Fukuda, Nobuhiro Katsukura, Mamoru Watanabe. Mucosal healing improves prognosis of endoscopic balloon dilatation for small intestinal strictures of Crohn’s disease. AOCC2016 2016.07.07 Kyoto International Conference Center, Kyoto(JAPAN)

  29. Kazuo Ohtsuka, Kento Takenaka, Toshimitsu Fujii, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kengo Nozaki, Masayoshi Fukuda, Mamoru Watanabe. Mucosal Healing is imoietant for better outcomes of endosdopic balloon dilatation for smakk intestinal stricture of crohn's disease. DDW2016 2016.05.23 San Diego(USA)

  30. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Nagahori M, Matsuoka K, Fujii T, Kimura M, Fujioka T, Watanabe M. Enteroscopic and MR findings of small intestine in Crohn’s disease.. 7th APTC 2016.04.20 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  31. K. Matsuoka, E. Saito, T. Fujii, K. Takenaka, F. Iwamoto, M. Kimura, M. Nagahori, K. Ohtsuka, M. Watanabe. Efficacy and safety of sequential rescue therapy with infliximab and tacrolimus in patients with corticosteroid-refractory Ulcerative Colitis. 11th Congress of ECCO - European Crohn‘s and Colitis Organisation 2016.03.19 Amsterdam(Nederland)

  32. Fujii T,Takenaka K,Kitazume Y,Saito E,Matsuoka K,Nagahori M,Ohtsuka K,Watanabe M.. Modifying and validating endoscopic and magnetic resonance scoring systems for the deep small intestine in Crohn’s disease.. AOCC2015 2015.06.19 Beijing

  33. Toshimitsu Fujii, Kento Takenaka, Eiko Saito, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. Modifying and Validating Endoscopic and Magnetic Resonance Scoring Systems for the Deep Small Intestine in Crohn's Disease. DDW 2015 2015.05.17 Washington, D.C.

  34. Matsuoka K, Saito E, Fujii T, Takenaka K, Nagahori M, Ohtsuka K, Watanabe M. The Ulcerative Colitis Endscopic Index of Severity (UCEIS) is useful to evaluate endoscopic improvement and to predict medium-term prognosis in Ulcerative Colitis patients treated with tacrolimus. 10th Congress of ECCO - Inflammatory Bowel Diseases 2015 2015.02.20 Barcelona

  35. Fujii T, Naganuma M, Kitazume Y, Takenaka K, Nagahori M, Saito E, Ohtsuka K, Watanabe M. MR enterocolonography can identify patients who need additional treatment by predicting recurrence, hospitalization and surgey of Crohn's disease patients in remission. UEGW2014 2014.10.20 Vienna

  36. Takenaka K, Ohtsuka K, Kitazume Y, Nagahori M, Fujii T, Saito E, Watanabe M. Magnetic resonance enterocolonography can detect small intestinal active lesions in crohn's disease;comparison with balloon enteroscopy. UEGW2014 2014.10.20 Vienna

  37. Takenaka K, Otsuka K, Nagahori M, Fujii T, Saito E, Watanabe M. Comparison of Magnetic Resonance and Balloon Enteroscopic Examination of Deep Small Intestine in Patients with Crohn's Disease. The 2nd Annual Meeting of AOCC 2014.06.20 Seoul

  38. Takenaka K, Otsuka K, Nagahori M, Fujii T, Saito E, Watanabe M. Comparing MR enterocolonography to enteroscopy in Crohn's disease, especially focusing on small intestinal findings. 9th congress of European Crohn's and Colitis Organisation 2014.02.20 Copenhagen

  39. Fujii T, Naganuma M, Saito E, Nagahori M, Watanabe M. Intravenous tacrolimus therapy can rapidly induce remission in refractory ulcerative colitis. DDW2012 2012.05.19 San Diego

  40. 清水寛路,青沼優子,河本亜美,日比谷秀爾,竹中健人,藤井俊光,齊藤詠子,長堀正和,大塚和朗,岡本隆一. 当院における潰瘍性大腸炎に対するフィルゴチニブの治療成績. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.26

  41. 宇田川 祐実,藤井 俊光,日比谷 秀爾,清水 寛路,竹中 健人,河本 亜美,齊藤 詠子,長堀 正和,大塚 和朗,岡本 隆一. 炎症性腸疾患が患者の労働生産性に与える影響についての検討. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.26

  42. 河本 亜美,竹中 健人,日比谷 秀爾,藤井 俊光,齊藤 詠子,清水 寛路,本林 麻衣子,長堀 正和,大塚 和朗,渡辺 守,岡本 隆一. クローン病の小腸病変モニタリングにおける新規バイオマーカーの有効性. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.26

  43. 藤原 俊,日比谷 秀爾,前屋舗 千明,藤井 俊光,宇田川 祐実,河本 亜美,竹中 健人,清水 寛路,齊藤 詠子,長堀 正和,大塚 和朗,岡本 隆一. 潰瘍性大腸炎の急性重症例にに対するustekinumabの有効性. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.25

  44. 藤井俊光. 臨床試験から読み解く、スキリージによるUlcer-freeへの期待. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.25

  45. 青沼 優子.清水 寛路,河本 亜美,日比谷 秀爾,竹中 健人,藤井 俊光,齊藤 詠子,長堀 正和,大塚 和朗,岡本 隆一. 難治性潰瘍性大腸炎治療におけるトファシチニブの長期使用成績. 第13回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2022.11.25

  46. 藤井 崇, 日比谷 秀爾, 藤井 俊光. COVID-19入院症例における消化管出血リスク因子の検討. JDDW2022 2022.10.28

  47. 前屋舖 千明, 玉城 信治, 石堂 舜, 延澤 翼, 松本 浩明, 樋口 麻友, 高浦 健太, 田中 将平, 安井 豊, 藤井 俊光, 土谷 薫, 中西 裕之, 黒崎 雅之, 泉 並木. 再燃寛解型潰瘍性大腸炎に対する最適な治療法の検討. JDDW2022 2022.10.28

  48. 田中 将平, 藤井 俊光, 中西 裕之, 石堂 舜, 稲田 賢人, 桐野 桜, 山下 洸司, 延澤 翼, 松本 浩明, 早川 優香, 掛川 達矢, 樋口 麻友, 高浦 健太, 金子 俊, 前屋舗 千明, 玉城 信治, 安井 豊, 土谷 薫, 黒崎 雅之, 泉 並木. 潰瘍性大腸炎直腸病変に対する局所製剤治療効果の比較検討. JDDW2022 2022.10.27

  49. 藤井 俊光, Marc Ferrante, Qian Cao, Astrid Rausch, Ezequiel Neimark, Alexandra Song, Kori Wallace, Kristina Kligys, Qing Zhou, Jasmina Kalabic, Brian Feagan. 生物学的製剤無効歴の有無を問わず中等症から重症のクローン病患者においてリサンキズマブによる内視鏡的評価項目の改善が示された:第3相寛解導入・維持試験の結果. JDDW2022 2022.10.17

  50. 藤井俊光. 内科と外科でクローン病を診る クローン病診療における小腸病変の重要性とTreat to Target. 第77回日本大腸肛門病学会学術集会 2022.10.15

  51. 藤井俊光. IMID(免疫介在性炎症性疾患)におけるT2Tの共通点 炎症性腸疾患におけるタイトコントロールの重要 藤井俊光 性について. 第50回日本臨床免疫学会総会 2022.10.14

  52. 藤井 俊光, 村越 かおる, 大野 浩太, 久松 理一. 中等症から重症のクローン病患者に対するリサンキズマブ導入療法による内視鏡的寛解/改善 の効果:国際共同第3 相導入療法試験(ADVANCE). 第108回日本消化器内視鏡学会総会 2022.04.21

  53. 日比谷秀爾、土屋輝一郎、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、岡本隆一、渡邉 守、長堀正和. スマートデバイスを用いた軽症潰瘍性大腸炎患者の病診連携システム構築の試み. 第12回日本炎症性腸疾患学会 学術集会 2021.11.27 ホテルイースト21東京(東京)

  54. 宇田川 祐実、藤井 俊光、清水 寛路、日比谷 秀爾、竹中 健人、河本 亜美、齊藤 詠子、長堀 正和、大塚 和朗、田中 真琴、岡本 隆一. IBDセンター初診時に患者が感じていた不安の変化:IBD Nurseの活動評価 . 第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2021.11.27

  55. 藤井 俊光, 桂田 武彦, 岡本 隆一. クローン病におけるMRenterocolonographyによるTight Control. JDDW 2021 2021.11.06 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  56. 藤井俊光. 分子標的薬時代の潰瘍性大腸炎治療戦略. JDDW2021 2021.11.06 ポートピアホテル(兵庫)

  57. 藤井俊光. 大腸(クローン病・その他腸炎):座長. JDDW2021 2021.11.05 神戸国際展示場(兵庫)

  58. 藤井俊光. クローン病小腸病変モニタリングの重要性. JDDW2021 2021.11.04 ポートピアホテル(兵庫)

  59. 五月女浩子、河本亜美、竹中健人、日比谷秀爾、清水寛路、伊藤 剛、水谷知裕、油井史郎、根本泰宏、藤井俊光、齊藤詠子、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、岡本隆一、小金井一隆、冨井翔平. 回腸に多発潰瘍を伴い診断に苦慮した腸管子宮内膜症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第363回例会 2021.02.27 Web開催

  60. 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、河本亜美、日比谷秀爾、清水寛路、本林麻衣子、藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、渡辺 守、岡本隆一. 潰瘍性大腸炎内視鏡画像の評価に関するAIシステム開発. 第11回 日本炎症性腸疾患学会学術集会 2020.12.05 Web開催

  61. 藤井俊光. 【Lecture&Discussion】治療方針の判断に悩むポイントがあるUC症例. Academy of Crohn's & colitis Young Experts (ACE) Round 9 2020.10.31 Web開催

  62. 藤井俊光. 潰瘍性大腸炎診療の新展開 ーベドリズマブのリアルワールドデータも含めてー. Takeda IBD 全国Webセミナー 2020.10.26 Web開催

  63. 藤井俊光. 令和元年度版 潰瘍性⼤腸炎・クローン病診断基準 治療指針のポイント. Live Webセミナー(Zoomウェビナー) 2020.10.19 Web開催

  64. 藤井俊光. 【ディスカッションPart】Ustekinumabの適正な位置づけを考える. STELARA®︎CD Expert Round Table Discussion 2020.10.17 Web開催

  65. 藤井俊光. CDにおけるMREの実際 ー小腸病変評価の重要性とTransmural Healingの意義についてー. Entyvio Global Web Seminar 2020.10.03 Web開催

  66. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、河本亜美、清水寛路、藤井俊光、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守、岡本隆一. 【誌面発表】スマートデバイスを用いたIBD病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  67. 松浦 稔、長沼 誠、松岡克善、小林 拓、猿田雅之、藤井俊光、加藤 順、加藤真吾、平井郁仁、渡辺憲治、内野 基、新崎信一郎、高木智久、新井勝大、虻川大樹、中村志郎、久松理一. 【治療指針・ガイドラインの改訂】腸管外合併症治療指針 腸管外合併症治療指針の改訂. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  68. 小林 拓、松岡克善、藤谷幹浩、竹内 健、東山正明、新崎信一郎、藤井俊光、三好 潤、山崎 大、内野 基、野島正寛、久松理一. 【重点プロジェクト】高齢者IBD患者データベース(レジストリ)作成. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  69. 松岡克善、小林 拓、新崎信一郎、高津典孝、藤井俊光、三好 潤、河口貴昭、山崎 大、内野 基、岩間 達、岩田直美、野島正寛、長沼 誠、久松理一. 【重点プロジェクト】炎症性腸疾患に対する分子標的薬レジストリの構築. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  70. 平井郁仁、芦塚伸也、新井勝大、飯島英樹、石毛 崇、江﨑幹宏、小金井一隆、田邉 寛、長沼 誠、馬場重樹、東 大二郎、久部高司、平岡佐規子、藤井俊光、松本主之、渡辺憲治. 【診断基準改訂プロジェクト】潰瘍性大腸炎とクローン病の診断基準改訂プロジェクト-診療の現状に基づいた現行診断基準の改訂. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和2年度 第1回総会 2020.07.09 Web開催

  71. 河﨑 翔、清水寛路、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、油井史郎、根本泰宏、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、岡本隆一、土屋輝一郎、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、松山貴俊、加藤恒平. 抗TNFα製剤治療が有効であった潰瘍性大腸炎術後に発症した壊疽性膿皮症の一例. 日本消化器病学会 関東支部第359回例会 2020.05.01 Web開催

  72. 清水寛路、藤井俊光、日比谷秀爾、本林麻衣子、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎におけるトファシチニブの治療成績. 第16回日本消化管学会総会学術集会 2020.02.07 ホテル日航姫路(兵庫県姫路市)

  73. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、髙橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 【バイオマーカーと創薬に関するプロジェクト】培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第2回総会 2020.01.24 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  74. 土屋輝一郎、長堀正和、日比谷秀爾、竹中健人、本林麻衣子、清水寛路、藤井俊光、斎藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 軽症炎症性腸疾患患者のスマートデバイスを用いた病診連携に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 令和元年度第2回総会 2020.01.23 コングレスクエア日本橋(東京都中央区)

  75. 渡邊沙希、三好正人、小林正典、加藤 周、日比谷秀爾、本林麻衣子、清水寛路、竹中健人、福田将義、新田沙由梨、齊藤詠子、藤井俊光、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡田英理子、柿沼 晴、長堀正和、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に合併した2型自己免疫性膵炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第357回例会 2019.12.07 海運クラブ

  76. 藤井俊光、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に対するベドリズマブのreal world experience. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡(福岡県福岡市)

  77. 日比谷秀爾、藤井俊光、齊藤詠子、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎治療における 5-ASA 不耐の予後への影響の検討. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  78. 清水寛路、藤井俊光、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. トファシチニブによる潰瘍性大腸炎治療における実臨床の成績. 第10回日本炎症性腸疾患学会 2019.11.29 アクロス福岡

  79. 馬場重樹、酒見亮介、藤井俊光. 症候性クローン病小腸狭窄に関する国内多施設共同研究:初回内視鏡的バルーン拡張術後の手術回避因子を含めて. 日本消化器病関連学会週間(JDDW)2019 2019.11.22 神戸コンベンションセンター

  80. 藤井俊光、日比谷秀爾、齊藤詠子、竹中健人、清水寛路、長堀正和、大塚和朗、黒崎雅之、矢内常人、泉 並木、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎における5ASA不耐は予後不良因子となる. JDDW2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  81. 吉田篤史、小林 拓、藤井俊光、山田哲弘、横山陽子、大森鉄平、林 亮平、金城 徹、松井 啓、高橋索真、芦塚伸也、上村修司、吉野琢哉、鎌田紀子、馬場重樹、新崎信一郎. IBDにおけるPJPによる死亡と免疫抑制薬についての検討. 日本消化器病関連学会週間(JDDW)2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  82. 藤井俊光. IBD治療の基本~応用まで-H30年度治療指針をひもとく 潰瘍性大腸炎. JDDW2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  83. 藤井俊光. 潰瘍性大腸炎合併大腸癌の問題 ー寛解維持、粘膜治癒の重要性についてー. 第74回日本大腸肛門病学会 2019.10.12 ヒルトン東京お台場(東京都港区)

  84. 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、高橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第1回総会 2019.07.26 コングレスクエア日本橋(東京)

  85. 内田 仁、加藤 周、三好正人、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、福田将義、油井史郎、藤井俊光、根本泰宏、齊藤詠子、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. Epstein-Barr Virusの再活性化を伴った難治性潰瘍性大腸炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第355回例会 2019.07.13

  86. 藤井俊光. 潰瘍性大腸炎治療 up to date. 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2019.06.08 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  87. 藤井俊光. IBD診療の最新動向 –低侵襲モダリティによる活動性モニタリングと新規治療-. 第97回日本消化器内視鏡学会総会 2019.06.01 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)

  88. 藤井俊光. 【ランチョンセミナー33 炎症性腸疾患診療のツボを知る!―そのモニタリングと治療の最適化―】炎症性腸疾患のモニタリング~長期予後改善を目指して~. 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.11 ホテル日航金沢(石川県金沢市)

  89. 山田倫子、秋山慎太郎、堀田伸勝、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、中村哲也、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎経過中に血球貪食症候群を契機に判明したT 細胞性リンパ腫の一例. 日本消化器病学会関東支部第352回例会 2018.12.01 海運クラブ(東京都千代田区)

  90. 藤井俊光. 【エキスパートと学ぶ若手のための症例検討】パネリスト. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  91. 藤井俊光. 【ポスターセッション:グループ11】座長. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  92. 藤井俊光. 【潰瘍性大腸炎治療戦略】潰瘍性大腸炎治療におけるキードラッグ5-ASA製剤の最適化. JDDW2018 2018.11.02 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  93. 伊藤 晃、伊東詩織、渡部太郎、小林正典、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、東 正新、岡本隆一、土屋輝一郎、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎の経過中に原発性硬化性胆管炎を併発した一例. 日本消化器病学会関東支部第351回例会 2018.09.22 海運クラブ(東京都千代田区)

  94. 川内結加里、秋山慎太郎、福田将義、鈴木康平、竹中健人、鬼澤道夫、北畑冨貴子、村川美也子、新田沙由梨、藤井俊光、岡田英理子、中川美奈、柿沼 晴、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 回腸瘻から大量出血を来した小腸型クローン病の1例. 日本消化器病学会関東支部第350回例会 2018.07.14 海運クラブ(東京都千代田区)

  95. 藤井俊光. 【症例検討セッション:大腸】炎症 ミニレクチャー. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.17 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  96. 山﨑佳穗、竹中健人、日比谷秀爾、勝倉暢洋、仁部洋一、根本泰宏、鬼澤道夫、新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、藤井俊光、岡田英里子、柿沼 晴、岡本隆一、中川美奈、大島 茂、福田正義、山内慎一、大西威一郎、大塚和朗、渡辺 守. 貧血を契機に小腸バルーン内視鏡で診断されたLST様回腸腫瘍の一例. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  97. 藤井俊光. クローン病におけるMRenterocolonographyによる治療最適化についての研究. 第14回日本消化管学会総会 2018.02.10 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  98. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、鈴木康平、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、齋藤詠子、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. 当院でのクローン病小腸病変評価のアプローチ. 第14回日本消化管学会総会 2018.02.10 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  99. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、鈴木康平、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、齋藤詠子、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. 【⼩腸内視鏡の限界と可能性】クローン病評価における⼩腸内視鏡の有⽤性と限界. 第55回日本小腸学会学術集会 2017.10.21 メルパルク京都(京都府京都市)

  100. 北澤優美、 松岡克善、 藤井俊光、 木村麻衣子、 竹中健人、 長堀正和、 檀 直彰、 大塚和朗、 渡辺 守. 【デジタルポスターセッション72:大腸(潰瘍性大腸炎)8】潰瘍性大腸炎における便中バイオマーカーによる組織学的治癒の評価 . JDDW 2017 2017.10.13 マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)

  101. 藤井俊光、秋山慎太郎、松岡克善、江花有亮、根木真理子、竹中健人、齊藤詠子、長堀正和、大塚和朗、磯部光章、渡辺 守. 【腸管免疫,常在細菌叢】高安動脈炎に合併した炎症性腸疾患の遺伝的背景と腸炎の表現形. 第45回日本臨床免疫学会 2017.09.29 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  102. 仲瀬裕志、松浦稔、竹内 健、鈴木康夫、長沼 誠、松岡克善、藤井俊光、福井寿朗、高津典孝. 【合併症・副作用対策プロジェクト:誌上発表】炎症性腸疾患におけるステロイド治療に伴う骨代謝障害に関する前向き多施設共同研究. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成29年度第1回総会 2017.07.19 TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区)

  103. 仲瀬裕志、松浦 稔、竹内 健、鈴木康夫、長沼 誠、松岡克善、藤井俊光、福井寿朗、高津典孝. 【合併症・副作用対策プロジェクト】CMV感染合併潰瘍性大腸炎を対象とした定量的PCR法に基づく抗ウイルス療法の適応選択と有効性に関する臨床試験. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成29年度第1回総会 2017.07.19 TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区)

  104. 鈴木美麗, 桑原小の実, 福田将義, 和田祥城, 岡田英理子, 松岡克善, 山内 慎一, 安野正道, 和田あかね, 倉田盛人, 仁部洋一, 北畑富貴子, 根本泰宏, 藤井俊光, 大島 茂, 中川美奈, 永石宇司, 柿沼 晴, 岡本隆一, 大塚和朗, 渡辺 守. 直腸絨毛腫瘍により電解質異常を認めた一例. 第104回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2017.06.11 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  105. 松岡克善、藤井俊光、渡辺 守. 【シンポジウム4:IBD 治療における生物学的製剤これからの課題と対策】抗TNFα 抗体製剤治療中のクローン病患者におけるMREC スコアによる予後予測. 第103回日本消化器病学会総会 2017.04.20 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  106. 森崎晶子、松本太一、大岡真也、東正新仁部洋一、根本康宏、藤井俊光、大島 茂、岡田英里子、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、長堀正和、中村哲也、渡辺 守、福田将義、大塚和朗、荒木昭博、冨井翔平、明石 巧. 原発切除から20 年以上経過して認めた血管外皮腫肝転移の1例. 日本消化器病学会関東支部第343回例会 2017.02.04 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  107. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、木村麻衣子、藤岡友之、福田将義、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、渡辺守. クローン病におけるMRIによる小腸Endoscopic remission評価. 第54回小腸研究会 2016.11.12 ソニックシティ(埼玉県さいたま市)

  108. 黄野雅恵、矢内真人、大谷賢志、仁部洋一、根本康宏、藤井俊光、大島 茂、岡田英里子、松岡克善、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、長堀正和、中村哲也、渡辺  守. OS-1注入下での観察で出血点を特定し内視鏡的止血を得た小腸出血の一例. 日本消化器病学会関東支部第341回例会 2016.09.24 海運クラブ(東京都千代田区)

  109. 藤井俊光. 【横浜で考える炎症性腸疾患と就労:講演1】炎症性腸疾患の最新の内科治療. 日本炎症性腸疾患協会 市民公開講座 2016.09.17 三井生命 横浜集合教育センター(神奈川県横浜市)

  110. 仲瀬裕志、松浦 稔、小野寺 馨、鈴木康夫、竹内 健、山田哲弘、長沼 誠、松岡克善、藤井俊光、福井寿朗、高津典孝. 【合併症/副作用への対策プロジェクト】炎症性腸疾患における骨代謝障害に関する多施設共同研究の提案. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成28年度第1回総会 2016.07.21 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)

  111. 仲瀬裕志、松浦 稔、小野寺 馨、鈴木康夫、竹内 健、山田哲弘、長沼 誠、松岡克善、藤井俊光、福井寿朗、高津典孝. 【合併症/副作用への対策プロジェクト】mucosal PCR法をマーカーとしたCMV感染合併潰瘍性大腸炎の治療適正化. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成28年度第1回総会 2016.07.21 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)

  112. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、松岡克善、長堀正和、藤井俊光、岩本史光、木村麻衣子、福田将義、渡辺 守. クローン病小腸狭窄に対するMR所見と内視鏡下バルーン拡張術の手術回避との関係に対する検討.. 第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2016.07.10 国立京都国際会館(京都府京都市)

  113. 松川直樹、武井ゆりあ、大塚和朗、新宅 洋、伊藤 崇、明石 巧、三浦夏希、堀家英之、並木 伸、竹中健人、村川美也子、藤井俊光、井津井康浩、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、永石宇司、渡辺 守. 【研修医セッション:小腸・大腸】小腸内視鏡による観察を行った小腸粘膜内癌を有した里吉病の1例. 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.12 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  114. 藤井俊光. 【症例検討セッション】大腸・炎症:ミニレクチャー. 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.12 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  115. 丘 佳恵、武井ゆりあ、松岡克善、藤井俊光、野崎賢吾、根本泰宏、福島啓太、岡田英里子、大島 茂、永石宇司、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、朝比奈靖浩、渡辺 守、福田将義、大塚和朗. 特異な内視鏡所見より5-アミノサリチル酸製剤によるアレルギーを疑った潰瘍性大腸炎の一例. 日本消化器病学会関東支部第339回例会 2016.05.21 海運クラブ(東京都千代田区)

  116. 藤井俊光、大塚和朗、渡辺 守. 【パネルディスカッション3:IBD モニタリングツールをいかに使いこなすか?】MRenterocolonography(MREC)の開発とクローン病診療における疾患活動性モニタ リングツールとしての応用. 第101回 日本消化器病内視鏡学会関東支部例会 2016.04.23 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  117. 長堀正和、藤井俊光、渡辺 守. 【シンポジウム3:炎症性腸疾患の既存治療を徹底的に見直す】潰瘍性大腸炎患者の副腎皮質ステロイド薬投与後の予後(大学および一般病院において). 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  118. 木村麻衣子、長堀正和、松岡克善、竹中健人、岩本史光、藤井俊光、大塚和朗、渡辺 守. 【消化管良性疾】腹痛で発症した自己炎症症候群5 例の検討. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.21 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  119. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、福田将義、野崎賢吾、渡辺 守、岩本史光、木村麻衣子、藤井俊光、松岡克善、長堀正和. クローン病小腸狭窄に対するMREC所見と内視鏡下バルーン拡張術の手術回避に対する検討. 第12回日本消化管学会総会 2016.02.26 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  120. 藤井俊光. Case study:腸炎症状からのIBDの診察に至るまで. 【明日から実践!】医療スフタッフIBD勉強会-基礎編- 2016.02.13 東京都

  121. 仲瀬裕志、松浦 稔、鈴木康夫、竹内 健、山田哲弘、長沼 誠、松岡克善、藤井俊光、福井寿朗、高津典孝. 【合併症/副作用への対策プロジェクト】mucosal PCR法をマーカーとしたCMV感染合併潰瘍性大腸炎の治療適正化. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班平成28年度第2回総会 2016.01.21 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)

  122. 仲瀬裕志、松浦 稔、鈴木康夫、竹内 健、山田哲弘、長沼 誠、松岡克善、藤井俊光、福井寿朗、高津典孝. 【合併症/副作用への対策プロジェクト】炎症性腸疾患における骨代謝障害に関する多施設共同研究の提案. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班平成28年度第2回総会 2016.01.21 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(東京都文京区)

  123. 武市瑛子、大谷賢志、藤井俊光、松岡克善、櫻井 幸、藤田めぐみ、野崎賢吾、福田将義、根本泰宏、井津井康浩、中川美奈、東 正新、土屋輝一郎、大岡真也、長堀正和、渡辺 守、荒木昭博、大塚和朗、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 潰瘍性大腸炎に対するinflixmab投与により間質性肺炎が誘発されたと考えられる一例. 日本消化器病学会関東支部第337回例会 2015.12.05 東京

  124. 竹中健人、大塚和朗、北詰良雄、福田将義、野崎賢吾、岩本史光、木村麻衣子、藤井俊光、松岡克善、長堀正和、渡辺 守. クローン病小腸病変に対するバルーン内視鏡およびMRI所見. 第53回小腸研究会 2015.11.07 岩手

  125. 堤 大樹, 秋山慎太郎, 松岡克善, 和田祥城, 北畑富貴子, 福島啓太, 水谷知裕, 新田沙由梨, 藤井俊光, 岡田英里子, 大島 茂, 岡本隆一, 東 正新, 土屋輝一郎, 永石宇司, 長堀正和, 中村哲也, 朝比奈靖浩, 渡辺 守, 大塚和朗. 鋸歯状病変を合併した潰瘍性大腸炎関連大腸腫瘍の一例. 日本消化器病学会関東支部第336回例会 2015.09.26 東京

  126. 仲瀬裕志、松浦 稔、鈴木康夫、竹内 健、山田哲弘、長沼 誠、松岡克善、藤井俊光、福井寿朗、高津典孝. 【合併症/副作用への対策プロジェクト】炎症性腸疾患における骨代謝障害に関する実態調査. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班 平成27年度第1回総会 2015.07.23 東京

  127. 引山智香、大谷賢志、勝倉暢洋、藤井俊光、松岡克善、水谷知裕、大島 茂、土屋輝一郎、岡本隆一、東 正新、永石宇司、長堀正和、荒木昭博、中村哲也、渡邊 守、岡田英里子、福田将義、大塚和朗、渡邊 健、石田信也. クローン病で免疫調節薬による加療中に好中球減少を認め、自己免疫性無顆粒球症と診断した一例 . 日本消化器病学会関東支部第335回例会 2015.07.18 東京

  128. 秋山慎太郎,大岡真也,水谷知裕、松岡克善,藤井俊光,岡田英理子、大島 茂,井津井康浩,中川美奈、岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴、東 正新,永石宇司,中村哲也、長堀正和,荒木昭博,大塚和朗、朝比奈靖浩,渡辺 守. 免疫染色が診断の一助となった肝内胆管癌小腸転移の1例. 第100回 日本消化器内視鏡学会関東地方会 2015.06.14 東京

  129. 三代博之,井上恵美,藤井俊光,齊藤詠子,井津井康浩,岡田英里子,大島 茂,松岡克善,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,大岡真也,永石宇司,中村哲也,長堀正和,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈靖浩,渡辺 守. 周期的な腹痛・発熱を主訴としMEFV遺伝子変異を認めた否定型家族性地中海熱の1例. 第334回日本消化器病学会関東支部例会 2015.05.23 東京

  130. 秋山慎太郎、藤井俊光、長堀正和、竹中健人、齊藤詠子、大塚和朗、渡辺 守. 高安動脈炎に合併した潰瘍性大腸炎症例の検討. 第101回日本消化器病学会総会 2015.04.25 仙台

  131. 勝倉暢洋、秋山慎太郎、井上恵美、竹中健人、木村麻衣子、松沢 優、水谷知裕、福田将義、村川美也子、清水寛路、和田祥城、藤井俊光、櫻井 幸、斎藤詠子、渡辺貴子、藤田めぐみ、井津井康浩、岡田英里子、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、大岡真也、中村哲也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 肺血栓塞栓症を合併した潰瘍性大腸炎の一例. 第23回 御茶の水消化器セミナー 2015.03.25 東京

  132. 齊藤詠子、長堀正和、竹中健人、藤井俊光、大塚和朗、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎におけるインフリキシマブ(IFX)濃度と短期の治療効果に関する検討. 第11回日本消化管学会総会学術集会 2015.02.13 東京

  133. 藤井俊光,北詰良雄,竹中健人,斎藤詠子,長堀正和,大塚和朗,渡辺 守. クローン病における内視鏡的粘膜治癒とMRentercolonography (MREC) 活動性の関係と長期予後についての検討. 第11回日本消化管学会総会学術集会 2015.02.13 東京

  134. 齊藤詠子、長堀正和、竹中健人、藤井俊光、松岡克善、大塚和朗、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎(UC)における内科治療および手術例の予後の検討. JSIBD 2014.12.14 東京

  135. 藤井俊光、北詰良雄、齋藤詠子、竹中健人、松岡克善、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. クローン病におけるMRenterocolonography(MREC)での疾患活動性評価と予後予測. 第6回日本炎症性腸疾患研究会学術集会 2014.12.14 東京

  136. 峠 千晶,村川美也子,齊藤詠子,藤井俊光,和田祥城,藤田めぐみ,井津井靖浩,大島 茂,岡田英理子,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,永石宇司,大岡真也,長堀正和,中村哲也,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈康浩,渡辺 守. 転移性骨髄腫の免疫染色で診断し得た原発性小腸癌の一例. お茶の水消化器病セミナー 2014.08.30 東京

  137. 堤 大樹,竹中健人,長堀正和,大塚和朗,藤井俊光,荒木昭博,永石宇司,東 正新,大島 茂,齊藤詠子,朝比奈靖浩,柿沼 晴,中村哲也,土屋輝一郎,岡本隆一,大岡真也,中川美奈,井津井康浩,岡田英理子,渡辺 守. 慢性偽性腸閉塞においてバルーン内視鏡にて回腸の炎症性腸疾患様の粘膜変化を観察できた一例. 日本消化器病学会 関東支部 第330回例会 2014.07.26 東京

  138. 七松 東, 鈴木康平, 水谷知裕, 和田祥城, 藤井俊光, 井津井康浩, 大島 茂, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 大岡真也, 長堀正和, 中村哲也, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守, 新田沙由梨. 家族性地中海熱の2例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第329回例会 2014.05.10 東京

  139. 杉本京子, 勝倉暢洋, 藤井俊光, 斎藤詠子, 松岡克善, 水谷知裕, 藤田めぐみ, 岡田英里子, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 岡本隆一, 東 正新, 大岡真也, 永石宇司, 中村哲也, 長堀正和, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に肺血栓塞栓症を合併した一例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第333回例会 2014.02.28 東京

  140. 福与涼介, 鈴木康平, 斎藤詠子, 水谷知裕, 和田祥城, 藤井俊光, 井津井康浩, 大島 茂, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 大岡真也, 長堀正和, 中村哲也, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 慢性的な水様便および発熱を契機に発見された小腸原発perpheral T-cell lymphoma, not otherwise specified(PTCL-NOS)の一例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第328回例会 2014.02.22 東京

  141. 長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、渡辺 守、大塚和朗. クローン病診療における当院でのMREC(MR enterocolonography)の試み モニタリングとしての有用性. 第30回日本大腸検査学会総会 2012.09.01 東京

  142. 藤井俊光、齊藤詠子、長堀正和、長沼 誠、大塚和朗、渡辺 守. MR enterocolonography (MREC)の実際とクローン病小腸大腸病変の評価における有用性. 第30回日本大腸検査学会総会 2012.09.01 東京

  143. 三好正人、藤井俊光、櫻井 幸、齊藤詠子、大島 茂、土屋輝一郎、岡本隆一、永石宇司、中村哲也、岡田英理子、柿沼 晴、東 正新、大岡真也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、鈴木伸治、伴 大輔、河内 洋. 経口胆道内視鏡下生検にて確定診断にいたり自然経過を追えた粘液産生胆管腫瘍の1例. 第320回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.07.07 東京

  144. 武井ゆりあ、吉野耕平、東 正新、藤木純子、藤井俊光、森尾純子、齊藤詠子、櫻井 幸、中川美奈、大岡真也、長堀正和、土屋輝一郎、渡辺 守、裴 有安、小林大輔. 非典型的な画像所見を呈し診断に難渋した転移性肝血管肉腫の一例. 第319回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.05.26 東京

  145. 長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、森尾純子、長沼 誠、渡辺 守. 炎症性腸疾患患者における抗TNFα受容体拮抗薬の選択に関する研究. 第98回 日本消化器病学会総会 2012.04.21 東京

  146. 藤井俊光、齊藤詠子、森尾純子、長堀正和、長沼 誠、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎に対するTacrolimus静注療法の有用性と安全性の検討. 第98回 日本消化器病学会総会 2012.04.21 東京

  147. 田川泰寛、斎藤詠子、石川喜也、江頭徹哉、福島啓太、河合富貴子、藤木純子、藤井俊光、櫻井 幸、土屋輝一郎、東 正新、長堀正和、渡辺 守、鈴木伸治、長沼 誠、森尾純子、岡田英理子、荒木昭博、吉岡篤史. 空腸に限局した小腸結核をダブルバルーン小腸内視鏡にて観察し得た一例. 第318回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.02.25 東京

  148. 藤井俊光、金井隆典、富田貴之、亀山佳織、篠原玉子、根本泰宏、戸塚輝治、渡辺 守. S1P受容体アゴニストの新しい作用機序の解明と慢性大腸炎に対する効果. 第17回浜名湖シンポジウム 2009.12.22 アクトシティ浜松コングレスセンター(静岡県浜松市)

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):20K08304 「NK細胞サブセットによるクローン病新規治療標的に抽出」 研究代表者:藤井俊光 分担研究者:永石宇司,2020年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09372 「脂質応答性リンパ球の制御によるIBD新規治療法の開発」 研究代表者:藤井俊光 研究分担者:永石宇司、渡辺 守,2019年04月

  • 平成30年度 国立医療研究開発機構 医療研究開発革新基盤創成事業「クローン病を対象とした産学連携による本邦発バイオ医薬品と新規薬効予測マーカーの開発」分担研究者:藤井俊光,2018年07月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)「脂質応答性リンパ球の制御によるIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光 分担研究者:永石宇司、渡辺 守 ,2018年04月

  • UEGW2017 Posters of excellence「Simplified MR enteroclonography Classification Based on Endoscopic Findings for Activity Assessment of Crohn's Disease」受賞者:藤井俊光,2017年11月

  • 平成29年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09372「脂質応答性リンパ球の制御によるIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光 ,2017年04月

  • APDWF Posters of Distinction Award.「MR enterocolonography can detect small bowel strictures and predict surgery in patients with Crohn's disease:Comparison with baloon enteroscopy.」受賞者:藤井俊光,2016年11月

  • 平成28年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):課題番号26460963「病原性メモリーリンパ球の包括的制御によるIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光,2016年04月

  • 平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):課題番号26460963「病原性メモリーリンパ球の包括的制御によるIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光,2015年04月

  • 平成26年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):課題番号26460963「病原性メモリーリンパ球の包括的制御によるIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光,2014年04月

  • 平成25年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):課題番号23590934「S1P受容体を標的としたIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光,2013年04月

  • 平成24年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):課題番号23590934「S1P受容体を標的としたIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光,2012年04月

  • 平成23年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):課題番号23590934「S1P受容体を標的としたIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光,2011年04月

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 亜細亜大学・田中幹也さんの病状と治療について,TBS,速報!ドラフト会議2021The 運命の1日,2022年09月30日 - 現在