基本情報

写真a

平光 史朗(ヒラミツ シロウ)

HIRAMITSU Shirou


職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 周産・女性診療科 助教
  • 2013年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 周産・女性診療科助教
  • 2017年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 周産・女性診療科 助教
  • 2019年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Dickkopf-4が閉経後骨粗鬆症に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 平光 史朗, 尾臺 珠美, 廣瀬 明日香, 岩原 由樹, 大島 乃里子, 寺内 公一, 宮坂 尚幸. 内因性SERMである27-HydroxycholesterolはERβを介し、肺癌の細胞増殖に関与する 日本女性医学学会雑誌. 2020.10; 28 (1): 105. ( 医中誌 )

  • 平光 史朗, 石川 智則, 辰巳 嵩征, 齊藤 和毅, 中筋 貴史, 岩原 由樹, 川井 清考, 宮坂 尚幸. 不妊症に対する子宮鏡下内膜ポリープ切除術の有用性 日本受精着床学会雑誌. 2020.03; 37 (1): 7-11. ( 医中誌 )

  • 平光 史朗, 石川 智則, 辰巳 嵩征, 齊藤 和毅, 岩原 由樹, 宮坂 尚幸. 慢性活動性EBウイルス感染症と妊孕性温存について 日本がん・生殖医療学会誌. 2020.01; 3 (1): 118. ( 医中誌 )

  • 平光 史朗, 辰巳 嵩征, 齊藤 和毅, 中筋 貴史, 岩原 由樹, 石川 智則, 宮坂 尚幸. 慢性活動性EBウィルス感染症患者に対する妊孕性温存 日本生殖医学会雑誌. 2019.10; 64 (4): 439. ( 医中誌 )

  • Asghari A, Ishikawa T, Hiramitsu S, Lee WR, Umetani J, Bui L, Korach KS, Umetani M. 27-Hydroxycholesterol Promotes Adiposity and Mimics Adipogenic Diet-Induced Inflammatory Signaling. Endocrinology. 2019.10; 160 (10): 2485-2494. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 平光 史朗, 石川 智則 ,辰巳 嵩征, 齊藤 和毅, 岩原 由樹, 宮坂 尚幸. 胚移植後に流産となったが、hCG陽性持続と血流を伴う腫瘤像を認めた2例. 日本生殖医学会 2020.12

  • 平光 史朗, 尾臺 珠美, 廣瀬 明日香, 岩原 由樹, 大島 乃里子, 寺内 公一, 宮坂 尚幸 . 内因性SERMである27-HydroxycholesterolはERβを介し、肺癌の細胞増殖に関与する . 日本女性医学学会 2020.10

  • 平光 史朗, 石川 智則, 辰巳 嵩征, 齊藤 和毅, 中筋 貴史, 岩原 由樹, 宮坂 尚幸. 慢性活動性EB ウィルス感染症患者に対する妊孕性温存. 第64回日本生殖医学学会学術講演会 2019.11.07 神戸

  • 平光史朗. 更年期障害 ホルモン補充療法を中心に. 第2回薬物療法専門薬剤師集中講義 2019.10.14 東京

  • 平光史朗 辰巳嵩征 齊藤和毅 中筋貴史 岩原由樹 石川智則 宮坂尚幸. 子宮鏡下手術後の妊娠転帰についての検討. 第59回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 2019.09.12 京都

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • JSOG Congress Encouragement Award ,日本産科婦人科学会 (平光 史朗),2019年04月

  • 平成25年度日本産婦人科学会優秀論文賞,2014年04月

  • Travel Grant Award,2013年

  • 平成 25年度日本女性医学学会優秀演題賞,日本女性医学学会,2013年

  • 学術奨励賞,婦人科骨粗鬆症研究会学術集会,2011年

全件表示 >>